Updated on 2022/04/12

写真a

 
NAKAMURA, Yasuko
 
Organization
Graduate School of Humanities Department of Humanities Professor
Graduate School
Graduate School of Humanities
Undergraduate School
School of Humanities
Title
Professor

Degree 1

  1. 博士(文学) ( 2010.11   名古屋大学 ) 

Research Interests 4

  1. テキストマイニングを用いた文學研究

  2. フロイト

  3. マックス・フリッシュ

  4. リルケ

Research Areas 2

  1. Others / Others  / History of Thought

  2. Others / Others  / European Language Literature

Current Research Project and SDGs 1

  1. フロイト、マックス・フリッシュ、リルケ、トラークル、テキストマイニングを用いた文学研究

Professional Memberships 2

  1. 日本独文学会

  2. 日本独文学会阪神支部

Committee Memberships 1

  1.   教務委員  

       

 

Papers 36

  1. Invention of the Affect -- Literature and history-- Invited Reviewed

      ( 5 ) page: 74 - 84   2020.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  2. Text mining 'Malte's notebooks': Quantigtative analysis of 'change' in the first-person narrative

      ( 3 ) page: 39−63   2020.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  3. 共感し推論し予測する機会—ニュートン以後、フロイト、そしてそののち—

    中村靖子

    人文学研究論集   Vol. 1   page: 73−97   2018.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  4. 種としての人間のゆくさき——フロイト、ラマルク、レム Reviewed

    中村靖子

    名古屋大学文学部研究論集 文学篇   ( 63 ) page: 55-76   2017.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. Die Freudsche Methode. Zwischen Beobachtung und Spekulation Reviewed

    Yasuko Nakamura

      ( 62 ) page: 83−105   2016.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  6. 『監獄はただ心の中に……』——マックス・フリッシュのスイス批判 Reviewed

    中村靖子

    『名古屋大学文学部研究論集』   Vol. 文学篇 ( 61 ) page: 1-17   2015.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  7. 「証拠不十分につき、無罪」──マックス・フリッシュ『青髭』における「妻殺しの夢」のあと── Reviewed

    中村靖子

    『名古屋大学文学部研究論集』   Vol. 文学篇 ( 60 ) page: 51-84   2014.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  8. 物語と虚構——フロイトのモーセ論

    中村靖子

    名古屋大学文学研究科公開シンポジウム報告書『虚構とは何か——ありそうでなさそうで、やっぱりあるものの形而上学』   Vol. 2014年版   page: 7-18   2014.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  9. Die Ethologie des "Affekts" --- Von Spinoza bis Freud Reviewed

    Yasuko Nakamura

      ( 9 ) page: 33-45   2013.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:German   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  10. ポエジーの成立

    中村靖子

    思想   ( 1068 ) page: 97-124   2013.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  11. "Du sollst dir kein Bildnis machen": Eine Überlegung zum Falun-Motiv bei M. Frisch aus affekttheoretischer Hinsicht Reviewed

      ( 58 ) page: 25-67   2012.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  12. Zur Topologie des Irrealen bei Max Frisch Reviewed

    Yasuko Nakamura

      ( 56 ) page: 49-82   2010.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  13. Freudの『失語論』(1891)––––一つの結節点として Invited Reviewed

    中村靖子

    日本精神医学史研究   ( 13-1 ) page: 42-47   2009.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  14. *「歴史叙述の実験室」–––– M・フリッシュの『テル』が示す「接続法的空間」 Reviewed

    中村靖子

    独文学報   ( 24 ) page: 219-244   2008.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  15. 「情念引力」の統べる世界−−−−もう一つのユートピア

    中村靖子

    『言語表象と脳機能から見た環境生成のメカニズム——「生きられる空間」の複相性をめぐって』(平成18-19年度科学研究費補助金研究成果報告書)     page: 279-286   2008.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  16. フロイトのターニング・ポイント––––19世紀における言語思想と脳研究の合流点としての『失語論』(1891)

    中村靖子

    言語表象と脳機能から見た環境生成のメカニズム––––生きられる空間の複相性をめぐって     page: 471-484   2008.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  17. 「観念的」な環境から「リアル」な環境へ––––ジャクソンの「解体」説とクスマウルの「語」論

    中村靖子

    言語表象と脳機能から見た環境生成のメカニズム––––生きられる空間の複相性をめぐって     page: 287-295   2008.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  18. Das Universum der Diskurse um Freud's Aphasie-Studien Reviewed

      ( 23 ) page: 47-97   2007.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  19. Der Körper im sprachlich evozierten Zeitraum: Überlegungen zur Metamorphose in Trakls "An den Knaben Elis" Reviewed

    Yasuko Nakamura

    Journal of the School of Letters   ( 3 ) page: 49-68   2007.3

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  20. <今・ここ>から<ここではない場所>へ

    中村靖子

    「言語表象と脳機能から見た環境哲学の拠点形成」報告書     page: 135-140   2006.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  21. 完全性としての両性具有と漂白する魂

    中村靖子

    ヨーロッパ文学における身体表象とセクシュアリティについての研究     page: 29-47   2006.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  22. Die Sehnsucht nach dem nie gewesenen Leben: Die Aufzeichnungen von Anatol Ludwig Stiller und Malte Laurids Brigge Reviewed

    中村靖子

      ( 2 ) page: 43-58   2006.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:German   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  23. Ein Geschlecht als Utopie----das Gedenken der Seele im Gedicht von Trakl "An den Knaben Elis"----

      ( 52 ) page: 55-85   2006.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  24. 帰ってきた放蕩息子たち----『シュティラー』と『マルテの手記』を繋ぐもの

    中村靖子

    名古屋大学文学部研究論集 文学篇   ( 51 ) page: 67-101   2005.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  25. *メランコリー、ムネモジュネー、ユートピア--ゲオルク・トラークルの『グローデク』解釈の試み--

    中村靖子

    名古屋大学文学部研究論集文学   ( 50 ) page: 95-118   2004.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  26. *「おまえはそのときどこにいたか」--フリッシュにおける「戦後」と村上春樹における「オウム的なるもの」以後 Reviewed

    中村靖子

    独文学報   ( 20 ) page: 139-164   2004.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  27. 「生まれ出ざる者」の抵抗--不在、もしくは不在の彼方で

    中村靖子

    名古屋大学文学部研究論集 文学   ( 49 ) page: 63-90   2003.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  28. 「実存の経験」から「主体の死の後の主観性」へと辿り着くまで

    中村靖子

    名古屋大学文学部研究論集 文学   ( 48 ) page: 135-158   2002.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  29. 『マルテの手記』に示された不可能な未来への関与の仕方--レヴィナスにおける他者性の捉え方を手がかりとして Reviewed

    中村靖子

    ドイツ文学論攷   ( 39 ) page: 35-55   1997.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  30. 有ることの呪縛--リルケの詩『ナルシス』における自己への回帰--

    中村靖子

    独文学報   ( 11 ) page: 217-232   1995.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  31. 思い出は身に残りて--謡曲『砧』における時間の現れ-- Reviewed

    中村靖子

    Quelle   ( 46 ) page: 77-89   1993.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  32. 「わたしが、ここに、いること--リルケ『橄欖園』における神の存在否定--」

    中村靖子

    独文学報   ( 8 ) page: 33-52   1992.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  33. 「出来事」から「留まるもの」へ--リルケ『新詩集』より『別れ』の詩を手がかりにして」 Reviewed

    中村靖子

    ドイツ文学論攷   ( 33 ) page: 97-110   1991.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  34. 書かれなかった「マルテの死」--ブリッゲとしての根拠

    中村靖子

    Quelle     page: 1-25   1991.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  35. 記憶が出現するとき——フロイトの思考と〈現実〉

    中村靖子

    名古屋大学人文学研究論集   ( 5 ) page: 29 - 45   2022.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  36. Affective Neuroscience for Psychologists 8:-感情の神経科学と人文学‐

    大平 英樹, 立花 幸司, 中村 靖子

    日本心理学会大会発表論文集   Vol. 72 ( 0 ) page: WS036-WS036   2008

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.4992/pacjpa.72.0_WS036

▼display all

Books 14

  1. 文学と言語コーパスのマイニング International journal

    金明哲、中村靖子、上坂彩香、孫昊、劉雪琴、李広微、入江さやか( Role: Joint editor ,  第四章 リルケでテキストマイニング!)

    岩波書店  2021.6  ( ISBN:978-4000299022

     More details

    Total pages:237   Responsible for pages:83-109   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  2. 『フロイトという症例』 Reviewed

    中村靖子( Role: Sole author)

    松籟社  2011.2  ( ISBN:978-4-87984-291-6

     More details

    Total pages:372   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    本書は、精神分析の創始者フロイトが神経病理学者時代に出版した最初の著作である『失語症の理解にむけて』を取り上げ、これを言語思想と近代神経科学の系譜の結節点として位置づけて論じたものである。この後、フロイトはヒステリー研究を経て言語分析へと舵を切ってゆくが、その思想的基盤はすべてこの処女作に萌芽があることを明らかにした。本書は、著者が所属するすべての学会(日本独文学会、日本独文学会東海支部、日本独文学会阪神支部)の機関誌において書評に取り上げられ、高く評価された。

  3. ナチスと闘った劇場ー精神的国土防衛とチューリヒ劇場の「伝説」 Reviewed International journal

    葉柳和則、中村靖子、市川明、増本浩子、ヴェルナー・ヴュートリヒ( Role: Joint author ,  第3章「アルカディア」というプロジェクション、第6章メーリケを愛する殺戮者)

    春風社  2021.2  ( ISBN:978-4-86110-719-1

     More details

    Total pages:473頁   Responsible for pages:157-182、269-298頁   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  4. 『非在の場を拓く——文学が紡ぐ科学の歴史』 Reviewed

    中村靖子、大平英樹、三浦俊彦、越智和宏、H・M・シュラルプ、池野絢子、松井裕美、他( Role: Edit ,  始まりの言葉、第一章、あとがき)

    春風社  2019.2  ( ISBN:978-4-86110-635-4

     More details

    Total pages:583   Responsible for pages:5-11, 16-98, 575-580   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  5. 日本独文学会研究叢書 チューリヒ劇場と文化の政治 International journal

    葉柳和則、市川明、Werner Wüthrich、中村靖子、増本浩子( Role: Joint author ,  テル神話解体を試みるフリッシュのスイス像)

    日本独文学会  2016.10  ( ISBN:978-4908452079

     More details

    Total pages:99   Responsible for pages:63-80   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  6. 虚構の形而上学—「あること」と「ないこと」のあいだで Reviewed

    中村靖子、戸田山和久、三浦俊彦、大平英樹、和田壽弘、H・M・シュラルプ、木俣元一、坂本貴志、他( Role: Edit ,  はじめに、第五章、あとがき)

    春風社  2015.2  ( ISBN:978-4-86110-436-7

     More details

    Total pages:457   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  7. 『「妻殺し」の夢を見る夫たち——ドイツ・ロマン派から辿る<死の欲動>の生態学——』 Reviewed

    中村靖子( Role: Sole author)

    松籟社  2013.3  ( ISBN:978-4-87984-314-2

     More details

    Total pages:418   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  8. 「悪]の文学史——グリム、ホフマン、トラークル、イェリネクを指標として———— International journal

    中村靖子、H・M・シュラルプ他( Role: Joint editor)

    日本独文学会研究叢書  2010.10  ( ISBN:978-4-901909-71-6

     More details

    Total pages:75   Responsible for pages:I-ii, 41-58   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  9. 交響するコスモスー人文学・自然科学編 環境からマクロコスモスへ Reviewed

    中村靖子、戸田山和久、吉武純夫、伊東伸行、畝部俊也、葉柳和則、福井康夫、宇沢達、大越翼( Role: Edit ,  はじめに、第四章言葉が拓く次元ー言語起源論から初期フロイトまで)

    松籟社  2010.3  ( ISBN:978-4-87984-282-4

     More details

    Total pages:284   Responsible for pages:I-vii, 80-107頁   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  10. 交響するコスモスー脳科学・社会科学編 ミクロコスモスから環境へ Reviewed

    中村靖子、今福龍太、大平英樹、畝部俊也、吉武純夫、兼本浩祐、H・M・シュラルプ、柴田正良、葉柳和則( Role: Edit ,  第15章「観念的な」環境表象から「リアルな」環境表象へー神経学者たちの人間観、おわりに)

    松籟社  2010.3  ( ISBN:978-4-87984-283-1

     More details

    Total pages:333   Responsible for pages:132-149、319-327頁   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  11. Zur Auffassung der Aphasien. eine kritische Studie

    ( Role: Sole author)

    2009.2  ( ISBN:978-4-00-092661-4

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  12. 日本独文学会研究叢書 ハイデガーにおける「詩作と思索」 : 「被投性」の視点から

    斧谷彌守一、中橋誠、我田広之、中村靖子、光末紀子、三木正之(詩が拓く場、もしくは、いま・ここに存在することと思索とのいわれなき関係)

    日本独文学会  2008.10  ( ISBN:9784901909587

     More details

    Total pages:69   Responsible for pages:20-32   Language:Japanese

  13. 環境と人間

    中村靖子、葉柳和則、井手義則、佐久間正他( Role: Joint author ,  第8章詩的に人間は住まうートラークルのおける「パンと葡萄酒」のユートピア)

    九州大学出版会  2004.3  ( ISBN:4-87378-835-8

     More details

    Total pages:20040331   Responsible for pages:177-200頁   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  14. 幻想のディスクール————ロマン派以降のドイツ文学

    中村靖子、北島玲子、山本佳樹他( Role: Joint author ,  思い出という魔窟ー『マルテの手記』における時間化作用)

    鳥影社  1994.2  ( ISBN:4-7952-7563-7

     More details

    Total pages:478   Responsible for pages:221-247頁   Language:Japanese Book type:Scholarly book

▼display all

Presentations 15

  1. 次元を拓くー文学と感情ー International conference

    中村靖子

    日本認知科学会第36回大会 オーガナイズド・セッション 

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:静岡大学浜松キャンパス   Country:Japan  

  2. アルカディアとしてのスイス

    中村靖子

    日本独文学会春季研究発表会シンポジウム 

     More details

    Event date: 2019.6

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:学習院大学   Country:Japan  

  3. 感情機械:非言語的プロセスと言語表現 Invited

    中村靖子

    名古屋大学公開講座:人間と機械 

     More details

    Event date: 2018.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学   Country:Japan  

  4. 感情起動のプログラム——神経科学的方法論を参照して

    中村靖子、森田直子、Hans-Michael Schlarb他

    感情:表現と操作 

     More details

    Event date: 2018.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学東山キャンパス   Country:Japan  

  5. 偶像破壊の罠 ——『アンドラ』におけるユダヤ人の創り方—— Invited

    中村靖子

    マックス・フリッシュ『アンドーラ』を学ぶ 

     More details

    Event date: 2017.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:一心寺シアター倶楽   Country:Japan  

  6. 文学と感情 Invited

    伊東剛史、森田直子、中村靖子、大平英樹

    日本感情心理学会セミナー「感情と歴史」 

     More details

    Event date: 2017.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学   Country:Japan  

  7. 種としての人間のゆきさき——フロイト、ラマルク、レム

    松井裕美、中村靖子、他

    シンポジウム「人間と記憶」 

     More details

    Event date: 2017.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学文系総合館   Country:Japan  

  8. テル神話解体を試みるフリッシュのスイス像について

    中村靖子

    シンポジウム「チューリヒ劇場と文化の政治」 

     More details

    Event date: 2015.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:鹿児島大学郡元キャンパス   Country:Japan  

  9. 公的な記憶と個人の記憶——マックス・フリッシュのスイス批判

    葉柳和則、市川明、増本浩子、中村靖子

    阪神ドイツ文学会シンポジウム「20世紀スイスにおける文化の政治–––チューリヒ劇場に集う芸術家を軸にして」 

     More details

    Event date: 2014.12

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    Venue:大阪教育大学天王寺キャンパス   Country:Japan  

    フリッシュの最初のベストセラー小説『シュティラー』(1954)は、筆記者の内面世界を舞台として繰り広げられる法廷劇である。裁かれるのは筆記者であるが、その筆記者自身が批判者でもある。それは、「近代法治国家であり自由で安全で清潔な国」スイスという、スイス人の自国像に対する批判でありその自国像に安寧とする彼らのメンタリティ(心性)に対する批判である。フリッシュは『学校版ヴィルヘルム・テル』(1971)ではスイス建国神話を取り上げて、この「作られた神話」の解体を試みた。意図されたのは、同様に「自由発祥の地」スイスという自国像とスイス人のメンタリティに対する批判である。フリッシュ最後の文学作品となった『青髭』(1982)は再び法廷劇の形をとる。ただしそれは、容疑により逮捕され10ヶ月の拘留ののち無罪判決を受けて釈放された主人公が、チューリヒの町中を自由に散策しつつ仮想的に自己審問を続行するという内的な裁きである。ここでフリッシュは公的な「作られた記憶」から、きわめて個人的な記憶へと再び戻ったのだと言える。それはまた、「監獄は内面にある」といったシュティラーの釈放後の姿を変奏したものでもあるのである。

  10. 物語と虚構——フロイトのモーセ論

    三浦俊彦、戸田山和久

    文学研究科公開シンポジウム「虚構とは何か」 

     More details

    Event date: 2013.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (keynote)  

    Venue:名古屋大学文学部237室   Country:Japan  

  11. 「妻殺し」の夢を見る夫たち––––M・フリッシュにおけるリップ・ヴァン・ヴィンクルの変奏 Invited

    中村靖子

    大阪大学独文学会 

     More details

    Event date: 2009.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:大阪大学豊中キャンパス   Country:Japan  

  12. 「情感の内的重力」としてのメランコリー––––トラークルの詩「啓示と没落」に見る悪と狂気

    中村靖子、Hans-Michael Schlarb、山尾涼、福岡麻子、鶴田涼子

    日本独文学会秋季研究発表会シンポジウム「悪の文学史––––グリム、ホフマン、カフカ、トラークル、イェリネクを道標として」 

     More details

    Event date: 2009.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋市立大学   Country:Japan  

  13. フロイトの『失語論』(1891)––––一つの結節点として Invited

    中村靖子、大東祥孝、鈴木國文、内海 健、

    精神医学概念の歴史とアクチュアリティ 

     More details

    Event date: 2008.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:愛知医科大学   Country:Japan  

  14. フロイトの『失語論』––––19世紀における言語思想と脳研究の合流点 Invited

    中村靖子、大平英樹

    日本心理学会WS「感情の神経科学と人文学」 

     More details

    Event date: 2008.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:北海道大学   Country:Japan  

  15. 詩が拓く場––––「詩的に住まう」ということ

    中村靖子、三木正之、我田広之、斧谷 彌守一、中橋 誠

    日本ドイツ文学会秋季研究発表会シンポジウムIV「ハイデガーにおける「詩作と思索」––––「被投性」の視点から––––」 

     More details

    Event date: 2007.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:大阪市立大学   Country:Japan  

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 5

  1. 予測と創発——理知と感情の人文学 International coauthorship

    2021.9 - 2022.9

    名古屋大学学術図書出版助成 

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\1500000

  2. 予測的符号化の原理による心性の創発と共有-認知科学・人文学・情報学の統合的研究

    2017.7 - 2023.3

    課題設定による先導的人文学・社会科学推進事業  領域開拓プログラム

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  3. 「妻殺し」の夢を見る夫たち

    2012.3 - 2013.3

    ドイツ語ドイツ文学振興会  刊行助成

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

  4. 交響するコスモス

    2009.4 - 2010.3

    名古屋大学学術振興基金  出版助成

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  5. 言語表象と脳機能に基づく環境哲学の拠点形成

    2006

    名古屋大学総長最良経費プロジェクト 

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 15

  1. 「アルプス神話」の形成と脱構築―スイスの国民統合における文化的表象のポリティクス

    Grant number:20H01248  2020.4 - 2024.3

    科学研究費補助金  基盤B

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

    Grant amount:\2080000 ( Direct Cost: \1600000 、 Indirect Cost:\480000 )

  2. ナチスと闘った劇場ー精神的国土防衛とチューリヒ劇場の「伝説」

    2020.4 - 2021.3

    科学研究費補助金  研究成果公開促進費

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  3. 言説を動かす情動とファシズムの変貌:テキストマイニングによる独伊仏日の資料分析

    Grant number:19KT0002  2019.7 - 2022.3

    科学研究費補助金  基盤B(特設)

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\18330000 ( Direct Cost: \14100000 、 Indirect Cost:\4230000 )

  4. 予測を生み出す推論装置―文学・数学・美術史・科学哲学史・認知科学からの展望

    Grant number:19H01201  2019.4 - 2023.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    中村 靖子

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\16510000 ( Direct Cost: \12700000 、 Indirect Cost:\3810000 )

  5. 非在の場を拓く International coauthorship

    2018.4 - 2019.3

    科学研究費補助金  研究成果公開促進費(学術図書)、課題番号:18HP5002

    中村 靖子

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

  6. ナチス時代のスイスと精神的国土防衛―「順応と抵抗」をめぐる文化の政治を軸に

    Grant number:16H03400  2016.4 - 2019.3

    科学研究費補助金 

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  7. 確率共鳴理論と集合的記憶概念の接続の試み:身体現象を指標として

    2016.4 - 2017.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    中村 靖子

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

  8. 精神性の進歩に関する自然発生的説明の検証―フロイトのモーセ論が示す推論装置の射程

    Grant number:15K12816  2015.4 - 2018.3

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  9. 『虚構の形而上学』

    2014.4 - 2015.3

    科学研究費補助金 

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

  10. 認識の成立・知の探求・社会生活・幸福のための記憶の役割と可能性に関する学際的研究

    Grant number:25284003  2013.4 - 2017.3

    科学研究費補助金  基盤B

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  11. 20世紀スイスの国民統合と文化の政治―チューリヒ劇場をめぐる諸言説を手がかりに

    Grant number:25284063  2013.4 - 2016.3

    科学研究費補助金  基盤B

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  12. 死の欲動理論の新展開ーー脳機能画像研究に基づく身体表象と情動理論の接続の試み

    2011.4 - 2014.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

  13. フロイトという症例

    2010 - 2011.3

    科学研究費補助金  成果公開(学術図書),課題番号:to225261

    中村 靖子

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

  14. 戦後スイスの国民統合と共同体----作家たちの未公刊ドキュメントを手がかりにして

    2006.4 - 2009.3

    科学研究費補助金 

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  15. 言語表象と脳機能から見た環境生成のメカニズム--生きられる空間の複相性をめぐって

    2006.4 - 2008.3

    科学研究費補助金  萌芽研究

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

▼display all

 

Teaching Experience (On-campus) 18

  1. German 1

    2020

  2. German 4

    2020

  3. Graduation Thesis

    2020

  4. Seminar in German Literature

    2020

  5. Seminar in German Literature

    2020

  6. Seminar in German Literature

    2020

  7. Seminar in German Literature

    2020

  8. Lecture on German Literature Ib

    2020

  9. Lecture on German Literature Ia

    2020

  10. Basic Seminar on German Literature b

    2020

  11. Specialized Studies in German Literature Ib

    2020

  12. Advanced Seminar on German Literature Ib

    2020

  13. Studies in German Literature Ib

    2020

  14. PhD Thesis Seminar Ib

    2020

  15. ドイツ文学特殊研究Ⅰa

    2020

  16. 博士論文研究Ⅰa

    2020

  17. ドイツ文学研究Ⅰa

    2020

  18. Literature

    2011

▼display all