2024/03/27 更新

写真a

トマル ノブヒロ
戸丸 信弘
TOMARU Nobuhiro
所属
大学院生命農学研究科 森林・環境資源科学専攻 森林・環境資源科学 教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(農学) ( 1992年3月   筑波大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 森林遺伝

  2. 集団遺伝

  3. 分子生態

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 森林科学

  2. 環境・農学 / 生物資源保全学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 森林樹木の集団ゲノミクス

  2. 樹木集団の繁殖

  3. 森林樹木の保全遺伝

経歴 10

  1. 日本学術振興会   学術システム研究センター   研究員

    2018年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院生命農学研究科 附属フィールド科学教育研究センター   所長(センター長)

    2013年4月 - 2019年3月

  3. 北海道立林業試験場   客員研究員

    2007年9月 - 2007年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   教授

    2005年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 総合地球環境学研究所   共同研究員

    2005年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 岐阜県森林科学研究所   客員研究員

    2001年6月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   助教授

    1999年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 名古屋大学   農学部   助教授

    1997年10月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 科学技術振興事業団   科学技術特別研究員

    1995年10月 - 1997年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 筑波大学   農林学系   助手

    1992年8月 - 1995年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 筑波大学   農学研究科

    - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 筑波大学   第二学群   農林学類

    - 1987年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 9

  1. 日本森林学会 JFR編集委員2000-01、理事2008-13、日林誌編集委員長2008-11、評議員2008-11、代議員2012-13、監事2020-2021   代議員

    2016年4月 - 2022年3月

  2. 森林遺伝育種学会 理事2012-17、森林遺伝育種編集委員長2012-17   会長

    2018年4月 - 2020年3月

  3. 日本生態学会 日本生態学会誌編集委員2014-19

  4. Tree Genetics & Genomes   Associate Editor

    2019年12月 - 現在

  5. Botanical Society of America

  6. 日本植物学会

  7. 種生物学会

  8. 日本植生史学会

  9. 中部森林学会   会長

    2021年6月 - 2024年3月

▼全件表示

受賞 2

  1. 林木育種賞

    2009年5月   社団法人林木育種協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 平成3年度環境保全功労者表彰受賞 環境保全推進功労

    2021年6月   愛知県  

 

論文 109

  1. Climate-related variation in leaf size and phenology of <i>Betula ermanii</i> in multiple common gardens 査読有り

    Aihara, T; Araki, K; Sarmah, R; Cai, YH; Paing, AMM; Goto, S; Hisamoto, Y; Taneda, H; Tomaru, N; Homma, K; Takagi, M; Yoshida, T; Iio, A; Nagamatsu, D; Kobayashi, H; Hirota, M; Tsumura, Y

    JOURNAL OF FOREST RESEARCH   29 巻 ( 1 ) 頁: 62 - 71   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13416979.2023.2289731

    Web of Science

  2. Divergent mechanisms of reduced growth performance in Betula ermanii saplings from high-altitude and low-latitude range edges 査読有り

    Aihara, T; Araki, K; Onuma, Y; Cai, YH; Paing, AMM; Goto, S; Hisamoto, Y; Tomaru, N; Homma, K; Takagi, M; Yoshida, T; Iio, A; Nagamatsu, D; Kobayashi, H; Hirota, M; Uchiyama, K; Tsumura, Y

    HEREDITY   131 巻 ( 5-6 ) 頁: 387 - 397   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41437-023-00655-0

    Web of Science

    PubMed

  3. Low-elevation warm-edge <i>Fagus crenata</i> populations in the core of the species range are glacial relicts with high conservation value 査読有り

    Worth, JRP; Shitara, T; Kitamura, K; Kikuchi, S; Kanetani, S; Matsui, T; Uchiyama, K; Tomaru, N

    ECOLOGICAL RESEARCH   38 巻 ( 6 ) 頁: 764 - 781   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1440-1703.12378

    Web of Science

  4. The evolutionary history of rice azaleas (<i>Rhododendron tschonoskii</i> alliance) involved niche evolution to a montane environment 査読有り

    Yoichi, W; Tamaki, I; Oh, SH; Nagano, AJ; Uehara, K; Tomaru, N; Abe, H

    AMERICAN JOURNAL OF BOTANY   110 巻 ( 4 ) 頁: e16166   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ajb2.16166

    Web of Science

    PubMed

  5. 5S-IGS rDNA in wind-pollinated trees (<i>Fagus</i> L.) encapsulates 55 million years of reticulate evolution and hybrid origins of modern species 査読有り

    Cardoni, S; Piredda, R; Denk, T; Grimm, GW; Papageorgiou, AC; Schulze, ED; Scoppola, A; Shanjani, PS; Suyama, Y; Tomaru, N; Worth, JRP; Simeone, MC

    PLANT JOURNAL   109 巻 ( 4 ) 頁: 909 - 926   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/tpj.15601

    Web of Science

    PubMed

  6. Determination of intraspecific variation in seed weight, leaf functional traits, and sapling size of <i>Betula ermanii</i> using a common garden experiment 査読有り

    Paing, AMM; Chen, SF; Tsumura, Y; Tomaru, N; Homma, K; Kadomatsu, M; Yoshida, T; Kobayashi, H; Iio, A; Osumi, K; Taneda, H; Hisamoto, Y; Goto, S

    JOURNAL OF FOREST RESEARCH   26 巻 ( 6 ) 頁: 419 - 426   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13416979.2021.1964151

    Web of Science

  7. Reciprocal crosses between <i>Magnolia stellata</i> and <i>Magnolia kobus</i> do not show significant reproductive barriers in seed formation 査読有り

    Tamaki, I; Wadasaki, N; Ishida, K; Tomaru, N

    PLANT SPECIES BIOLOGY   36 巻 ( 4 ) 頁: 596 - 601   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1442-1984.12344

    Web of Science

  8. Assessments of fine-scale spatial patterns of SNPs in an old-growth beech forest 査読有り

    Tsukamoto Masashi, Akada Shinji, Matsuda Shuichi, Jouyu Hitomi, Kisanuki Hiromitsu, Tomaru Nobuhiro, Torimaru Takeshi

    HEREDITY   125 巻 ( 4 ) 頁: 240 - 252   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41437-020-0334-8

    Web of Science

    PubMed

  9. Hotspots of stream tadpole diversity in forest and agricultural landscapes in Ranomafana, Madagascar 査読有り

    Ramamonjisoa Noelikanto, Sakai Masaru, Ndriantsoa Serge Herilala, Kakehashi Ryosuke, Kurabayashi Atsushi, Tomaru Nobuhiro, Natuhara Yosihiro

    LANDSCAPE AND ECOLOGICAL ENGINEERING   16 巻 ( 3 ) 頁: 207 - 221   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11355-020-00407-w

    Web of Science

  10. Spatial variation in bird pollination and its mitigating effects on the genetic diversity of pollen pools accepted by Camellia japonica trees within a population at a landscape level 査読有り

    Nakanishi Atsushi, Takeuchi Tomoe, Ueno Saneyoshi, Nishimura Naoyuki, Tomaru Nobuhiro

    HEREDITY   124 巻 ( 1 ) 頁: 170 - 181   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41437-019-0262-7

    Web of Science

    PubMed

  11. The origin and genetic variability of vegetatively propagated clones identified from old planted trees and plantations of Thujopsis dolabrata var. hondae in Ishikawa Prefecture, Japan 査読有り

    Ikeda Torazo, Mishima Kentaro, Takata Katsuhiko, Tomaru Nobuhiro

    TREE GENETICS & GENOMES   15 巻 ( 6 ) 頁: 80   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11295-019-1391-0

    Web of Science

  12. Population genetic structure and demography of Magnolia kobus: variety borealis is not supported genetically 査読有り

    Tamaki Ichiro, Kawashima Naomichi, Setsuko Suzuki, Lee Jung-Hyun, Itaya Akemi, Yukitoshi Kyohei, Tomaru Nobuhiro

    JOURNAL OF PLANT RESEARCH   132 巻 ( 6 ) 頁: 741 - 758   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10265-019-01134-6

    Web of Science

    PubMed

  13. The complete chloroplast genome of Fagus crenata (subgenus Fagus) and comparison with F. engleriana (subgenus Engleriana) 査読有り

    Worth James R. P., Liu Luxian, Wei Fu-Jin, Tomaru Nobuhiro

    PEERJ   7 巻   頁: e7026   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7717/peerj.7026

    Web of Science

    PubMed

  14. Development of microsatellite markers from genomic DNA of Parashorea malaanonan (Diptero-carpaceae) using next-generation sequencing 査読有り

    Tinio Crusty E., Ueno Saneyoshi, Uchiyama Kentaro, San-Jose Maldia Lerma, Tomaru Nobuhiro

    SILVAE GENETICA   68 巻 ( 1 ) 頁: 22-25   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2478/sg-2019-0004

    Web of Science

  15. Morphological and genetic divergence between two lineages of Magnolia salicifolia (Magnoliaceae) in Japan 査読有り

    Tamaki Ichiro, Kawashima Naomichi, Setsuko Suzuki, Itaya Akemi, Tomaru Nobuhiro

    BIOLOGICAL JOURNAL OF THE LINNEAN SOCIETY   125 巻 ( 3 ) 頁: 475-490   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/biolinnean/bly139

    Web of Science

  16. Identification of Thujopsis dolabrata var. hondae clones and their distribution across plantations in Ishikawa prefecture 査読有り

    Ikeda Torazo, Tokuda Noriko, Tomaru Nobuhiro

    JOURNAL OF FOREST RESEARCH   23 巻 ( 2 ) 頁: 105-111   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13416979.2017.1396419

    Web of Science

  17. Development and characterization of EST-SSR markers for the genus Rhododendron section Brachycalyx (Ericaceae) 査読有り

    Yoichi Watanabe, Sakaguchi Shota, Ueno Saneyoshi, Tomaru Nobuhiro, Uehara Koichi

    PLANT SPECIES BIOLOGY   32 巻 ( 4 ) 頁: 455 - 459   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1442-1984.12155

    Web of Science

  18. Reduced incompatibility in the production of second generation hybrids between two Magnolia species revealed by Bayesian gene dispersal modeling 査読有り

    Tamaki Ichiro, Tani Saori, Setsuko Suzuki, Ueno Saneyoshi, Wadasaki Naotaka, Tomaru Nobuhiro

    AMERICAN JOURNAL OF BOTANY   104 巻 ( 10 ) 頁: 1546 - 1555   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3732/ajb.1700138

    Web of Science

    PubMed

  19. Contrasting diversification history between insular and continental species of three-leaved azaleas (Rhododendron sect. Brachycalyx) in East Asia 査読有り

    Yoichi Watanabe, Jin Xiao-Feng, Peng Ching-I, Tamaki Ichiro, Tomaru Nobuhiro

    JOURNAL OF BIOGEOGRAPHY   44 巻 ( 5 ) 頁: 1065 - 1076   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jbi.12924

    Web of Science

  20. Sex change in the subdioecious shrub Eurya japonica (Pentaphylacaceae) 査読有り

    Wang Hui, Matsushita Michinari, Tomaru Nobuhiro, Nakagawa Michiko

    ECOLOGY AND EVOLUTION   7 巻 ( 7 ) 頁: 2340 - 2345   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ece3.2745

    Web of Science

    PubMed

  21. Genetic diversity and structure of remnant Magnolia stellata populations affected by anthropogenic pressures and a conservation strategy for maintaining their current genetic diversity 査読有り

    Tamaki, I., Setsuko, S., and Tomaru, N.

    Conservation Genetics   17 巻   頁: 715-725   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10592-016-0817-6

  22. Thinning operations increase the demographic performance of the rare subtree species Magnolia stellata in a suburban forest landscape 査読有り

    Matsushita, M., Setsuko, S., Tamaki, I., Nakagawa, M., Nishimura, N., and Tomaru, N.

    Landscape and Ecological Engineering   12 巻   頁: 179-186   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11355-015-0281-3

  23. Pollen dispersal patterns and population persistence in a small isolated population of Fagus crenata 査読有り

    Inanaga. M., Koyama, Y., Ida, H., Okada, M., Nakanishi, A., Takahashi, M., and Tomaru, N.

    Tree Genomes & Genetics   12 巻   頁: 69   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11295-016-1026-7

  24. High male fertility in males of a subdioecious shrub in hand-pollinated crosses 査読有り

    Wang, H., Matsushita, M., Tomaru N., and Nakagawa, M.

    AoB Plants   8 巻   頁: plw067   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/aobpla/plw067

  25. Population demographic history of a temperate shrub, Rhododendron weyrichii (Ericaceae), on continental islands of Japan and South Korea 査読有り

    Yoichi, W., Tamaki, I., Sakaguchi, S., Song, Yamamoto, J., and Tomaru, N.

    Ecology and Evolution   6 巻   頁: 8800-8810   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ece3.2576

  26. 愛知県海上の森におけるナラ枯れ被害林分の森林動態 査読有り

    渡辺直登, 岡田知也, 戸丸信弘, 西村尚之, 中川弥智子

    日本森林学会誌   98 巻   頁: 273-278   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4005/jjfs.98.273

  27. Family-specific responses in survivorship and phenotypic traits to different light environments in a seedling population of Fagus crenata in a cool-temperate forest 査読有り

    Torimaru, T., Takeda, Y., Matsushita, M., Tamaki, I., Sano, J., and Tomaru, N.

    Population Ecology   57 巻   頁: 77-91   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Differences in female reproductive success between female and hermaphrodite individuals in the subdioecious shrub Eurya japonica (Theaceae) 査読有り

    Wang, H., Matsushita, M., Tomaru N., and Nakagawa M.

    Plant Biology   17 巻   頁: 194-200   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Inbreeding depression at the sapling stage and its genetic consequences in a population of the outcrossing dominant tree species, Castanopsis sieboldii. 査読有り

    Nakanishi, A., Yoshimaru, H., Tomaru, N., Miura, M., Manabe, T., and Yamamoto S.

    Tree Genetics & Genomes   11 巻   頁: 62   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Distance-dependent but genetically random mating in a Japanese beech (Fagus crenata) population 査読有り

    Inanaga, M., Nakanishi, A., Torimaru, T., Nishimura, N., and Tomaru, N.

    Botany   92 巻   頁: 795-803   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Conflict in outcomes for conservation based on population genetic diversity and genetic divergence approaches: a case study in the Japanese relictual conifer Sciadopitys verticillata (Sciadopityaceae) 査読有り

    Worth, J. R. P., Yokogawa, M., Pérez-Figueroa, A., Tsumura, Y., Tomaru, N., Janes, J. K., and Isagi, Y.

    Conservation Genetics   15 巻   頁: 1243-1257   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. シデコブシとタムシバの正逆種間交配間における種子形成と発芽率の差異 査読有り

    谷早央理・玉木一郎・鈴木節子・戸丸信弘

    日本森林学会誌   96 巻   頁: 200-205   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. 静岡県内に植栽されたブナ個体の遺伝的系統と遺伝的多様性 査読有り

    片井秀幸・山田晋也・平岡宏一・星川健史・戸丸信弘・高橋誠

    森林遺伝育種   3 巻   頁: 101-110   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Patterns of geographic distribution have a considerable influence on population genetic structure in one common and two rare species of Rhododendron (Ericaceae) 査読有り

    Yoichi, W. and Tomaru, N.

    Tree Genetics & Genomes   10 巻   頁: 827-837   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Pollen flow and effects of population structure on selfing rates and female and male reproductive success in fragmented Magnolia stellata populations 査読有り

    Setsuko, S., Nagamitsu, T., and Tomaru, N.

    BMC Ecology   13 巻   頁: 10   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Indigenous genetic lineages of Fagus crenata found in the Izu Peninsula suggest that there was one of refugia for the species during the last glacial maximum 査読有り

    Katai, H., Takahashi, M., Hiraoka, K., Yamada, Y., and Tomaru, N.

    Journal of Forest Research   18 巻   頁: 418-429   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Asymmetric introgression between Magnolia stellata and M. salicifolia at a site where the two species grow sympatrically 査読有り

    Muranishi, S., Tamaki, I., Setsuko, S., and Tomaru, N.

    Tree Genetics & Genomes   9 巻   頁: 1005-1015   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. 日本に広域分布する落葉広葉樹における遺伝的多様性と集団遺伝構造 招待有り 査読有り

    戸丸信弘

    地球環境   18 巻   頁: 119-126   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Japanese beech (Fagus crenata) plantations established from seedlings of non-native genetic lineages 査読有り

    Koyama, Y., Takahashi, M., Murauchi, Y., Fukatsu, E., Watanabe, A., and Tomaru, N.

    Journal of Forest Research   17 巻 ( 1 ) 頁: 116-120   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Reproductive investment at stem and genet levels in male and female plants of the clonal dioecious shrub Ilex leucoclada (Aquifoliaceae) 査読有り

    Torimaru, T. and Tomaru, N.

    Botany   90 巻 ( 4 ) 頁: 301-310   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Effects of pollen availability on pollen immigration and pollen donor diversity in riparian dioecious trees (Salix arbutifolia) 査読有り

    Hoshikawa, T., Nagamitsu, T., and Tomaru, N.

    Botany   90 巻 ( 6 ) 頁: 481-489   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Patterns of pollen flow in a dense population of the insect-pollinated canopy tree species Castanopsis sieboldii 査読有り

    Nakanishi, A., Yoshimaru, H., Tomaru, N., Miura, M., Manabe, T., and Yamamoto S.

    Journal of Heredity   103 巻 ( 4 ) 頁: 547-556   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Differences in clonal integration between the sexes: long term demographic patterns in the dioecious, multi-stemmed shrub Lindera triloba 査読有り

    Matsushita, M. and Tomaru, N.

    Botany   90 巻 ( 10 ) 頁: 1028-1035   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Sexual differences in year-to-year flowering trends in the dioecious multi-stemmed shrub Lindera triloba: effects of light and clonal integration 査読有り

    Matsushita, M., Nakagawa, M., and Tomaru, N.

    Journal of Ecology   99 巻 ( 6 ) 頁: 1520–1530   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. The effects of plant size and light availability on male and female reproductive success and functional gender in a hermaphrodite tree species, Magnolia stellata 査読有り

    Setsuko, S. and Tomaru, N.

    Botany   89 巻 ( 9 ) 頁: 593-604   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. 葉緑体DNAと核マイクロサテライト変異にもとづく静岡県内ブナ集団の遺伝的系統の推定 査読有り

    片井秀幸, 高橋誠, 平岡宏一, 山田晋也, 山本茂弘, 加藤公彦, 袴田哲司, 戸丸信弘

    日本森林学会誌   93 巻 ( 2 ) 頁: 73-78   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Factors affecting the production, growth and survival of sprouting stems in the multi-stemmed understory shrub, Lindera triloba 査読有り

    Matsushita, M, Tomaru, N, Hoshino, D, Nishimura, N., and Yamamoto, S.

    Botany   88 巻 ( 2 ) 頁: 174-184   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Genetic structure of an endemic Japanese conifer, Sciadopitys verticillata (Sciadopityaceae), by using microsatellite markers 査読有り

    Kawase, D., Tsumura, Y., Tomaru, N., Seo, A., and Yumoto, T.

    Journal of Heredity   101 巻 ( 3 ) 頁: 292-297   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. *Genetic divergence in nuclear genomes between populations of Fagus crenata along the Japan Sea and Pacific sides of Japan 査読有り

    Hiraoka, K. and Tomaru, N.

    Journal of Plant Research   122 巻 ( 3 ) 頁: 269-282   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Development and characterization of EST-SSR markers for Sciadopitys verticillata (Sciadopityaceae) 査読有り

    Kawase, D., Ueno, S., Tsumura, T., Tomaru, N., Seo, A., and Yumoto, T.

    Conservation Genetics   10 巻 ( 6 ) 頁: 1997-1999   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Mitochondrial DNA variation in natural populations of Japanese larch (Larix kaempferi) 査読有り

    San Jose-Maldia, L., Uchida, K., and Tomaru, N.

    Silvae Genetica   58 巻 ( 5/6 ) 頁: 234-241   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Development of EST-SSR markers from an inner bark cDNA library of Fagus crenata (Fagaceae). 査読有り

    Ueno, S. Taguchi, Y., Tomaru, N., and Tsumura, Y.

    Conservation Genetics   10 巻 ( 5 ) 頁: 1477-1485   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Population genetic structure of Fagus japonica revealed by nuclear microsatellite markers 査読有り

    Hiraoka, K. and Tomaru, N.

    International Journal of Plant Sciences   170 巻 ( 6 ) 頁: 748-758   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Eighteen microsatellite loci in Salix arbutifolia (Salicaceae) and cross-species amplification in Salix and Populus species 査読有り

    Hoshikawa, T, Kikuchi, S., Nagamitsu, T., and Tomaru, N.

    Molecular Ecology Resources   9 巻 ( 4 ) 頁: 1202-1205   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. *Effects of seed- and pollen-mediated gene dispersal on genetic structure among Quercus salicina saplings 査読有り

    Nakanishi, A., Tomaru, N., Yoshimaru, H., Manabe, T., and Yamamoto S.

    Heredity   102 巻 ( 2 ) 頁: 182-189   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Estimation of outcrossing rates at hierarchical levels of fruits, individuals, populations and species in Magnolia stellata 査読有り

    Tamaki, I., Setsuko, S. and Tomaru, N.

    Heredity   102 巻 ( 4 ) 頁: 381-388   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. *Inter-population variation in mating system and late-stage inbreeding depression in Magnolia stellata 査読有り

    Tamaki, I., Ishida, K., Setsuko, S., and Tomaru, N.

    Molecular Ecology   18 巻 ( 6 ) 頁: 2365-2374   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Relationships between flowering phenology and female reproductive success in the Japanese tree species Magnolia stellata 査読有り

    Setsuko, S., Tamaki, I., Ishida, K., and Tomaru, N.

    Botany   86 巻 ( 3 ) 頁: 248-258   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. *Genetic variation and differentiation in populations of a threatened tree, Magnolia stellata: factors influencing the level of within-population genetic variation 査読有り

    Tamaki, I., Setsuko, S., and Tomaru, N.

    Heredity   100 巻 ( 4 ) 頁: 415-423   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. The soil seed bank of the threatened plant Magnolia stellata is subordinate to emergence of current-year seedlings 査読有り

    Kisanuki, H., Oguro, H., Nakai, A., Setsuko, S., Nishimura, N., and Tomaru, N.

    Journal of Forest Research   13 巻 ( 2 ) 頁: 143-146   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Population differentiation and gene flow within a metapopulation of a threatened tree, Magnolia stellata (Magnoliaceae). 査読有り

    Setsuko, S., Ishida, K., Ueno, S., Tsumura Y., and Tomaru, N.

    American Journal of Botany   94 巻 ( 1 ) 頁: 128-136   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. *Effects of kin-structured seed dispersal on the genetic structure of the clonal shrub Ilex leucoclada 査読有り

    Torimaru, T., Tani, N., Tsumura, Y. Nishimura, N., and Tomaru, N.

    Evolution   61 巻 ( 6 ) 頁: 1289-1300   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Pollen-mediated gene flow in a small, fragmented natural population of Fagus crenata Blume. 査読有り

    Hanaoka, S., Yuzurihara, J., Asuka, Y., Tomaru, N., Tsumura, Y. Kakubari, T., and Mukai, Y.

    Canadian Journal of Botany   85 巻 ( 4 ) 頁: 404-413   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Reduced seed production, inbreeding, and pollen shortage in a small population of a threatened tree, Magnolia stellata 査読有り

    Hirayama, K. Ishida, K., Setsuko, S., and Tomaru, N.

    Biological Conservation   136 巻 ( 2 ) 頁: 315-323   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Effects of canopy gaps on the genetic structure of Camellia japonica saplings in a Japanese old-growth evergreen forest 査読有り

    Ueno, S., Tomaru, N., Yoshimaru, H., Manabe, T., and Yamamoto, S.

    Heredity   96 巻 ( 4 ) 頁: 304-310   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Relationships between flowering phenology, plant size and female reproductive output in a dioecious shrub, Ilex leucoclada (Aquifoliaceae) 査読有り

    Torimaru, T. and Tomaru, N.

    Canadian Journal of Botany   84 巻 ( 12 ) 頁: 1860-1869   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Development and polymorphisms of microsatellite markers for hinoki (Chamaecyparis obtusa) 査読有り

    Matsumoto, A., Tani, N., Li, X-G, Nakao, Y., Tomaru, N., and Tsumura, Y.

    Molecular Ecology Notes   6 巻 ( 2 ) 頁: 310-312   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Fine-scale clonal structure and diversity within patches of a clone-forming dioecious shrub, Ilex leucoclada (Aquifoliaceae) 査読有り

    Torimaru, T. and Tomaru, N.

    Annals of Botany   95 巻 ( 2 ) 頁: 295-304   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Interannual genetic heterogeneity of pollen pools accepted by Quercus salicina individuals 査読有り

    Nakanishi, A., Tomaru, N., Yoshimaru, H., Manabe, T., and Yamamoto S.

    Molecular Ecology   14 巻 ( 15 ) 頁: 4469-4478   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Half-sib family structure of Fagus crenata saplings in an old-growth beech-dwarf bamboo forest 査読有り

    Asuka, Y, Tomaru, N., Munehara, Y., Tani, N., Tsumura, Y., and Yamamoto S.

    Molecular Ecology   14 巻 ( 8 ) 頁: 2565-2575   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Development of microsatellite markers in Magnolia stellata. (Magnoliaceae), a threatened Japanese tree 査読有り

    Setsuko, S., Ueno, S., Tsumura Y., and Tomaru, N.

    Conservation Genetics   6 巻 ( 2 ) 頁: 317-320   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Effects of pollen shortage and self-pollination on seed production of an endangered tree, Magnolia stellata 査読有り

    Hirayama, K. Ishida, K., and Tomaru, N.

    Annals of Botany   95 巻 ( 6 ) 頁: 1009-1015   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Development and characterization of microsatellite markers for Fagus crenata Blume 査読有り

    Asuka, Y., Tani, N., Tsumura, Y., and Tomaru, N.

    Molecular Ecology Notes   4 巻 ( 1 ) 頁: 101-103   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Patterns of pollen flow and genetic differentiation among pollen pools in Quercus salicina in a warm temperate old-growth evergreen broad-leaved forest 査読有り

    Nakanishi, A., Tomaru, N., Yoshimaru, H., Kawahara, T., Manabe, T. and Yamamoto, S

    Silvae Genetica   53 巻 ( 5/6 ) 頁: 258-264   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Development and polymorphism of simple sequence repeat DNA markers for the evergreen shrub Ilex leucoclada M. 査読有り

    Torimaru, T., Tani, N., Tsumura, Y., Hiraoka K., and Tomaru, N.

    Molecular Ecology Notes   4 巻 ( 3 ) 頁: 531-533   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Size distribution and genetic structure in relation to clonal growth within a population of Magnolia tomentosa Thunb. (Magnoliaceae) 査読有り

    Setsuko, S., Ishida, K., and Tomaru, N.

    Molecular Ecology   13 巻 ( 9 ) 頁: 2645-2653   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Stem distribution and clonal structure of Chamaecyparis pisifera growing in an old-growth beech-conifer forest 査読有り

    Hayakawa, T., Tomaru, N., and Yamamoto, S.

    Ecological Research   19 巻 ( 4 ) 頁: 411-420   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Heterogeneous genetic structure in a Fagus crenata population in an old-growth beech forest revealed by microsatellite markers 査読有り

    Asuka, Y., Tomaru, N., Nishimura, N., Tsumura, Y., and Yamamoto, S.

    Molecular Ecology   13 巻 ( 5 ) 頁: 1241-1250   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Comparison of the fine-scale genetic structure of three dipterocarp species 査読有り

    Takeuchi, Y., Ichikawa, S., Konuma, A., Tomaru, T., Niiyama, K., Lee, S. L., Muhammad, N., and Tsumura, Y.

    Heredity   92 巻 ( 4 ) 頁: 323-328   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Clonal diversity and genetic differentiation in Ilex leucoclada M. pathces in an old-growth beech forest 査読有り

    Torimaru, T., Tomaru, N., Nishimura N., and Yamamoto S.

    Molecular Ecology   12 巻 ( 4 ) 頁: 809-818   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Genetic diversity of nuclear and mitochondrial genomes in Pinus parviflora Sieb. & Zucc. (Pinaceae) populations 査読有り

    Tani, N., Maruyama, K., Tomaru, N., Uchida, K., Araki, M., Tsumura, Y., Yoshimaru, Y., and Ohba, K.

    Heredity   91 巻 ( 11 ) 頁: 510-518   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Genetic structure in the northernmost marginal population of Japanese beech (Fagus crenata Blume): Influence of the founding event on genetic structure 査読有り

    Takahashi, M., Tomaru, N., Ubukata, M., and Koono, K.

    Silvae Genetica   51 巻 ( 5-6 ) 頁: 219-225   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Size-class differences in genetic structure and individual distribution of Camellia japonica L. in a Japanese old-growth evergreen forest 査読有り

    Ueno, S., Tomaru, N., Yoshimaru, H., Manabe, T., and Yamamoto, S.

    Heredity   89 巻 ( 2 ) 頁: 120-126   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Chloroplast DNA phylogeography of Fagus crenata (Fagaceae) in Japan 査読有り

    Fujii N., Tomaru, N., Okuyama, K., Koike, T, Mikami, T., and Ueda, K.

    Plant Systematics and Evolution   232 巻 ( 1-2 ) 頁: 21-33   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Highy polymorphic microsatellite markers in Chamaecyparis obtusa 査読有り

    Nakao, U., Iwata, H., Matsumoto, Y., Tsumura, Y., and Tomaru, N

    Canadian Journal of Forest Research   31 巻 ( 12 ) 頁: 2248-2251   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Genetic structure of Camellia japonica L. in an old-growth evergreen forest, Tsushima, Japan 査読有り

    Ueno, S., Tomaru, N., Yoshimaru, H., Manabe, T., and Yamamoto, S.

    Molecular Ecology   9 巻 ( 7 ) 頁: 647-656   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Genetic diversity and differentiation of Taxodium in the south-eastern United States using cleaved amplified polymorphic sequences 査読有り

    Tsumura, Y., Tomaru, T., Suyama, Y., and Bacchus, S.

    Heredity   83 巻 ( 3 ) 頁: 229-238   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Genetic diversity of Cryptomeria japonica using co-dominant DNA markers based on Sequenced-Tagged Site 査読有り

    Tsumura, Y. and Tomaru, N.

    Theoretical and Applied Genetics   98 巻 ( 3-4 ) 頁: 396-404   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Development and characterization of microsatellite markers in Camellia japonica L. 査読有り

    Ueno S, Yoshimaru H, Tomaru N, and Yamamoto S.

    Molecular Ecology   8 巻 ( 2 ) 頁: 335-336   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Genetic structure within a Japanese stone pine (Pinus pumila Regel) population on Mt. Aino-dake in central Honshu, Japan 査読有り

    Tani, N., Tomaru, N., Tsumura, Y., Araki, M., and Ohba, K

    Journal of Plant Research   111 巻 ( 1101 ) 頁: 7-15   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Detection of quantitative trait loci for juvenile growth, flower bearing and rooting ability based on a linkage map in sugi 査読有り

    Yoshimaru, H, Ohba, K., Tsurumi, K., Tomaru, N., Murai, M, Mukai, Y., Suyama, Y., Tsumura. Y., Kawahara, T., and Sakamaki, Y.

    Theoretical and Applied Genetics   97 巻 ( 1-2 ) 頁: 45-50   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Intraspecific variation and phylogeographic patterns of Fagus crenata (Fagaceae) mitochorial DNA 査読有り

    Tomaru, N., Takahashi, M., Tsumura, Y., Takahashi, M., and Ohba, K

    American Journal of Botany   85 巻 ( 5 ) 頁: 629-636   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Genetic diversity in Fagus crenata (Japanese beech): influence of the distributional shift during the late-Quaternary 査読有り

    Tomaru, N., Mitsutsuji, T., Takahashi, M., Tsumura, Y., Uchida, K., and Ohba, K.

    Heredity   78 巻 ( 3 ) 頁: 241-251   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. スギのアイソザイム遺伝子座と矮性遺伝子座間の連鎖分析および致死遺伝子の検出 査読有り

    倉本哲嗣・戸丸信弘・村井正文・大庭喜八郎

    育種学雑誌   47 巻 ( 3 ) 頁: 259-266   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Regeneration system and genetic diversity of Cryptomeria japonica at different growing altitudes 査読有り

    Taira, H., Tsumura, Y., Tomaru, N., and Ohba, K.

    Canadian Journal of Forest Research   27 巻 ( 4 ) 頁: 447-452   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Allozyme variation in natural populations of hinoki, Chamaecyparis obtusa and its comparison with hinoki plus-trees selected from artificial stands 査読有り

    Uchida, K., Tomaru, N., Tomaru, T., Yamamoto, C., and Ohba, K.

    Breeding Science   47 巻 ( 1 ) 頁: 7-14   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Genetic diversity and differentiation in populations of Japanese stone pine (Pinus pumila) in Japan 査読有り

    Tani, N., Tomaru, N., Araki, M., and Ohba, K.

    Canadian Journal of Forest Research   26 巻 ( 8 ) 頁: 1454-1462   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. スギのアイソザイム遺伝子4座の遺伝子分析および矮性遺伝子(dw)と夏期白緑葉遺伝子(swl)の連鎖 査読有り

    倉本哲嗣・戸丸信弘・村井正文・大庭喜八郎

    育種学雑誌   46 巻 ( 4 ) 頁: 379-384   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. The genetic variation of isozyme in natural populations of masson pine. 査読有り

    Huang, Q., Wang, L., Tomaru, N., and Ohba, K.

    Acta Genetica Sinica   22 巻 ( 2 ) 頁: 142-151   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. カラマツ根株心腐病菌の菌系におけるアロザイム変異と遺伝子型の水平分布 査読有り

    黒田吉男・戸丸信弘・羽生充

    日本林学会誌   77 巻 ( 5 ) 頁: 480-485   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Molecular phylogeny of conifers using RFLP analysis of PCR-amplified specific chloroplast genes 査読有り

    Tsumura, Y., Yoshimura, K., Tomaru, N., and Ohba, K.

    Theoretical and Applied Genetics   91 巻 ( 8 ) 頁: 1222-1236   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. A linkage map for sugi(Cryptomeria japonica)based on RFLP, RAPD and isozyme loci 査読有り

    Mukai, Y., Suyama, Y., Tsumura, Y., Kawahara, T., Yoshimaru, H., Kondo, T., Tomaru, N., Kuramoto, N., and Murai, M.

    Theoretical and Applied Genetics   90 巻 ( 6 ) 頁: 835-840   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Correlations between the growth vigour and isozyme phenotypes of Pinus massoniana Lamb. 査読有り

    Huang, Q., Wang, L., Tomaru, N. and Ohba, K.

    Scientia Silvae Sinicae   30 巻 ( 3 ) 頁: 214-219   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Genetic variation and population differentiation in natural populations of Cryptomeria japonica 査読有り

    Tomaru, N., Tsumura, Y., and Ohba, K.

    Plant Species Biology   9 巻 ( 3 ) 頁: 191-199   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. アイソザイムによるスギの人工林および精英樹の遺伝的変異に関する研究 査読有り

    戸丸信弘

    筑波大学農林学研究   6 巻   頁: 1-66   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  106. Genetic control of isozyme variation in masson pine, Pinus massoniana Lamb 査読有り

    Huang, Q.-Q., Tomaru. N., Wang, L.-H., and Ohba, K.

    Silvae Genetica   43 巻 ( 5-6 ) 頁: 285-292   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Allozyme variation in plus-tree of hinoki, Chamaecyparis obtusa, selected from artificial stands 査読有り

    Uchida, K., Tomaru, N., Tsumura, Y., Takahashi, C. and Ohba, K.

    Japanese Journal of Breeding   43 巻 ( 4 ) 頁: 485-494   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Allozyme variation in artificial stands and a plus-tree group of sugi, Cryptomeria japonica in Ibaraki Prefecture 査読有り

    Tomaru, N., Tsumura, Y. and Ohba, K.

    Journal of the Japanese Forestry Society   74 巻 ( 1 ) 頁: 44-48   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. チョウセンゴヨウのアイソザイムの遺伝 査読有り

    戸丸信弘・津村義彦・大庭喜八郎

    日本林学会誌   72 巻 ( 3 ) 頁: 194-200   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 13

  1. 日本における森林樹木の遺伝的多様性と地理的遺伝構造

    戸丸信弘・内山憲太郎・玉木一郎・阪口翔太( 担当: 共編者(共編著者))

    森林遺伝育種学会  2022年4月  ( ISBN:978-4-944005-32-1

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 森林学の百科事典. 日本森林学会編

    戸丸信弘( 担当: 分担執筆)

    丸善出版  2021年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  3. 地図でわかる樹木の種苗移動ガイドライン. 津村義彦・陶山佳久編

    戸丸信弘( 担当: 分担執筆 ,  範囲: カラマツ、シデコブシ、ブナ、イヌブナ)

    文一総合出版  2015年6月 

     詳細を見る

    著書種別:一般書・啓蒙書

  4. 森林樹木の遺伝的変異と地史的分布変遷. 井出雄二・大河内勇・井上真編 教養として森林学

    戸丸信弘( 担当: 分担執筆)

    文永堂出版  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 種内の遺伝的変異 –適応的変異−. 井出雄二・白石進編 森林遺伝育種学

    津村義彦, 戸丸信弘( 担当: 分担執筆)

    文永堂出版  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 種内の遺伝的変異−中立変異−. 井出雄二・白石進編 森林遺伝育種学

    戸丸信弘, 津村義彦( 担当: 分担執筆)

    文永堂出版  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 保全遺伝学的アプローチによる生物遺伝資源の保全. 井村秀文編 資源としての生物多様性

    戸丸信弘( 担当: 分担執筆)

    国際書院  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. ブナ集団の遺伝的変異と遺伝的構造. 寺澤和彦・小山浩正編 ブナ林再生の応用生態学

    戸丸信弘( 担当: 分担執筆)

    文一総合出版  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. 植物育種学事典. 日本育種学会編

    戸丸信弘( 担当: 分担執筆)

    培風館  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. ブナ、スギ、ヒノキ. 小池孝良編 樹木生理生態学

    戸丸信弘( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. Forest management and conservation using microsatellite markers: the example of Fagus (Biotechnology in Agriculture and Forestry, Vol. 55 Molecular Marker Systems. Lorz, H. L. and Wenzel, G. eds.)

    Tsumura, Y., Takahashi, M., Takahashi, T., Tani, N., Asuka Y. and Tomaru N.( 担当: 分担執筆)

    Springer-Verlag  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  12. 生態学事典. 巖佐庸・松本忠夫・菊沢喜八郎・日本生態学会編

    戸丸信弘( 担当: 分担執筆)

    共立出版  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. 遺伝子の来た道: ブナ集団の歴史と遺伝的変異. 種生物学会編 森の分子生態学 –遺伝子が語る森林のすがた–

    戸丸信弘( 担当: 分担執筆)

    文一総合出版  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 広葉樹における遺伝的多様性の評価手法の開発

    2010年4月 - 2012年3月

    森林環境保全総合対策事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 自然再生事業のための遺伝的多様性の評価技術を用いた植物の遺伝的ガイドラインに関する研究

    2005年4月 - 2010年3月

    環境省地球環境保全等試験研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 人為的要因によって小集団化した希少樹種の保全管理技術に関する研究

    2005年4月 - 2008年3月

    環境省地球環境保全等試験研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 絶滅が危惧される希少樹種の生息域内保全に関する基礎的研究

    2002年4月 - 2005年3月

    環境省地球環境保全等試験研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 21

  1. 日本産針葉樹全種の遺伝的多様性統合解析

    研究課題/研究課題番号:23H00337  2023年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    陶山 佳久, 北村 系子, 津村 義彦, Worth James, 内山 憲太郎, 青木 裕一, 戸丸 信弘, 岩泉 正和, 高橋 大樹, 逢沢 峰昭, 玉城 聡

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    日本産針葉樹を対象として、これまでに個々の研究者が収集して従来技術により分析してきたDNAサンプルを集約する。また、これまでの未着手種・地域分を新規・追加採取し、日本産針葉樹全種(39種)のほぼ全分布域を網羅する。これらから次世代DNA分析技術により高精度・高解像度な遺伝的多様性情報を取得してデータベースを構築するとともに、それらの個別解析・統合解析を実施する。統合解析では、共通評価軸によって各種の遺伝的多様性を種間比較する。また、地域集団の情報を全種で重ね合わせ、日本列島における日本産針葉樹の遺伝的多様性・分化の分布パターンを視覚化して統合解析する。

  2. 集団・比較ゲノミクスアプローチを用いたブナとイヌブナの集団の歴史と適応進化の比較

    研究課題/研究課題番号:23H02252  2023年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    戸丸 信弘, 鳥丸 猛, 内山 憲太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18980000円 ( 直接経費:14600000円 、 間接経費:4380000円 )

    ブナ属のブナとイヌブナは分布域が異なり、これは環境適応性の差異を反映していると考えられる。本研究では、イヌブナを対象としてゲノムレベルの遺伝解析を行い、種内の進化を明らかにして、すでに研究が進められているブナの結果と比較する。また、両種のゲノムを比較して、種特性としての環境適応性の差異をもたらした自然選択の解明を試みる。以上から、種としてのブナとイヌブナの成り立ちを集団の歴史と環境適応性から理解することを目指す。本研究は、樹木の進化を明らかにするだけでなく、地球温暖化に対する樹木と森林生態系の脆弱性とレジリエンスを評価し、それらの保全策を検討するための重要な知見を提供すると期待される。

  3. 種内の遺伝的変異の考慮による気候変動影響予測の改良

    研究課題/研究課題番号:21K05643  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    石濱 史子, 岩崎 貴也, 戸丸 信弘, 竹内 やよい

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、気候変動影響予測の改善を目的として、種内の遺伝変異を考慮する予測モデルを構築する。適応的一塩基変異、目視可能な表現形質、中立変異の3つのレベルの種内変異の情報を収集した上で、これらを考慮した布推定モデルを構築し、推定結果や精度を比較することで、各レベルの変異に基づくモデルの特徴を明らかにするとともに、気候変動影響予測の改善に有用なレベルを明らかにする。構築した改良モデルにより気候変動影響予測を行い、種内変異を考慮しない予測との比較により、種内変異が気候変動への応答にどのように寄与するかを評価する。
    本研究では、気候変動影響予測の改善を目的として、種内の遺伝変異を考慮する予測モデルを構築する。適応的一塩基変異(SNP)、目視可能な表現形質、中立変 異の3つのレベルの種内変異の地理的分布情報を収集した上で、これらを考慮した分布推定モデルを構築し、推定結果や精度を比較することで、各レベルの変異 に基づくモデルの特徴を明らかにし、気候変動影響予測の改善に有用なレベルを特定する。
    今年度は、中立変異に関するモデルについて、昨年度開発した、複数の遺伝タイプの分布推定を同時に推定行うモデルの高度化を行った。遺伝タイプもモデリングを行う際の大きな制約条件として、遺伝データがある地点数が通常20地点程度と、分布推定モデルを構築するには少ないことが挙げられる。種の分布情報であれば、より多くの地点のが利用可能であるが、いずれの遺伝タイプなのかの情報がない。そこで、種の分布と遺伝タイプの分布を同時に1つのモデルで記述し、種の分布はいずれかの遺伝タイプが分布する確率であるとして推定する階層モデルを構築した。この階層化モデルをブナのデータに適用し、それぞれの遺伝タイプの分布が妥当な推定であること、また、遺伝タイプごとの環境応答変数の推定精度が、個別に推定した場合よりも向上していることを確認した。
    データ収集については、引き続きGBIF等のデータベースからブナ等の標本画像データ収集、開花展葉時期の読み取り、 葉の形状等の形態形質の画像解析による情報収集の効率化手法の検討を行った。また、適応的SNPについてはブナの追加解析を進めた。
    伝的変異の追加データ収集や形質情報の収集のためには、各地でのサンプリングや博物館標本での計測が必要であり、新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため、現地調査に制約があり、収集にやや遅れが生じた。
    中立変異と分布情報との階層モデルの改良を進めるとともに、SNPや表現形質に関するモデルの構造と、これまでに収集データしたデータへの適用の検討を進める。

  4. 環境適応遺伝変異の空間モデリングによる主要高木種11種の将来気候下でのリスク評価

    研究課題/研究課題番号:21H02240  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    内山 憲太郎, 津村 義彦, 戸丸 信弘, 加藤 珠理

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    今後数十年の間に予想される急速な温暖化に対する森林樹木の脆弱性の評価は、森林生態系保全上の喫緊の課題である。そこで本研究では、日本全国に広く分布する森林の主要構成樹種11種を対象に、気候変動に対する樹木の応答を、環境適応に関わる遺伝変異と気候データの空間モデリングを通して明らかにする。また、それらの解析を通して、それぞれの樹種において、気候変動の影響を特に強く受ける地域を地図上で明らかにし、今後の森林管理の指針に資する情報を提供する。
    本研究は、気候変動が日本の主要な高木種11種に与える影響をゲノム内の適応度遺伝成分と気候情報の空間モデリングを通して明らかにすることを目的とする。
    研究対象種のうち、本年度はミズナラ天然林33集団524個体、アラカシ天然林22集団350個体、モミ天然林19集団295個体について、ddRAD-seqにより、ゲノムワイドなDNA多型情報を取得した。これにより計画していた11種のうち9種についてゲノムワイドなDNA多型情報の取得が終了した。検出されたSNP数は樹種により幅があるが、クオリティフィルタリング実施後の数値で、スギ31676座、ヒノキ8500座、ブナ4329座、ミズナラ27973座、アラカシ33815座、モミ6837座となった。スダジイ、ツブラジイ、タカネザクラはシーケンスは終わっており、現在多型検出中である。
    スギとブナについて、DNA多型情報と過去の生物気候変数(bioclimatic variables, World Clim v2)との関連解析を行い、気候環境への適応が予想される遺伝子(適応候補遺伝子セット)を抽出した。そのうちのスギについて、Gradient Forestモデルを用いて、適応候補遺伝子セットと生物気候変数との空間モデリングを行い、適応度遺伝成分の空間分布を明らかにした。その結果、スギでは太平洋側の端および日本海側の全域で適応遺伝成分が大きく変化し、スギではこれらの地域において自然選択が強く働いている可能性が示された。この作成したモデルを用いて、複数のCO2排出シナリオに基づいた将来気候条件下で、適応度遺伝成分がどのように攪乱されるかをgenetic offset(遺伝的脆弱性)として評価した。その結果、九州、四国の一部内陸域および東北地方の一部地域においてgenetic offsetが上昇することが予測された。
    対象とする11種のうち、9種においてゲノムワイドなDNA多型情報の取得が終了し、順調に進展している。残す2種はカスミザクラとヤマザクラであるが、サンプルの採取はほぼ終わっており、次年度の早い段階でこれらの種においてもDNA多型情報の取得は終了する予定である。また、Gradient Forestによる将来気候下での脆弱性評価についても、スギにおいて計算が終わり、他の樹種でも同様の解析を行う目途がたった。以上より、データの取得はほぼ終了が見えており、また解析についても順調に進展していると言える。
    対象種である11種のうち、残す2種のサクラ属について、DNA多型情報を取得する。同じサクラ属のタカネザクラにおいて十分な多型情報が得られていることから、残す2種についても同様の手法を用いる予定である。また、既に多型情報の取得が終了している樹種に関しては、順次、適応候補遺伝子セットの抽出ならびに、適応度低下の予測を行う予定である。

  5. 大規模産地試験林を用いた樹木の局所環境適応遺伝子の解明

    研究課題/研究課題番号:21H04732  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    津村 義彦, 永松 大, 小林 元, 内山 憲太郎, 戸丸 信弘, 本間 航介, 吉田 俊也, 後藤 晋, 久本 洋子, 高木 正博, 森 英樹, 廣田 充, 種子田 春彦, 飯尾 淳弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    地球温暖化などの環境の急激な変化に樹木がどのように応答するかを明らかにするため、ダケカンバの天然分布域全体の11 産地から集めた種子を用いて、世界的に見ても大規模なダケカンバの産地試験林を北海道から九州までの11 箇所に設定した。ダケカンバは主に森林限界周辺の寒冷地に分布するために、温暖化の影響を特に受けやすく、実際にどの程度の温度上昇で生存や成長ができなくなるかは不明である。これらの産地試験林では、樹木の成長と形態形質や光合成関連などの生理形態形質の調査、DNA 解析、遺伝子発現解析を行い、形質の環境適応の程度とその遺伝的支配の強さを明らかにし、地域環境に適応的な候補遺伝子の検出を試みる。
    本研究は、気候変動の影響を強く受ける山岳地上部に生育するダケカンバの葉形質・フェノロジーの種内変異を、11産地・8試験地からなる産地試験を用いて検出し、関連する環境要因や遺伝的要因を推定することを目的とした。8試験地の生存953個体の春葉の乾燥葉重・葉面積・SLA(比葉面積)を測定し、4試験地にて計145個体の開葉日を記録し、それと関連する気候値を解析した。その結果、8試験地中3試験地で北の産地ほど乾燥重が有意に重く、6試験地で北の産地ほど有意に葉面積の広い葉を持ち、5試験地で北の産地ほどSLAが大きいことが分かった。また、開葉日は4試験地中3試験地で北の産地ほど早い傾向があった。主成分分析の結果、葉形質と開葉日は産地の降水量や日射量と関連することが推定された。これら11集団8試験地の苗木からDNAサンプル用の葉を採取し、RAD-seq解析を行なって遺伝的多様性や遺伝的地域性を調査した。これら11産地の潜在生育域の年平均気温、年降水量の頻度分布を算出して、各産地の気候的位置付けを調査した。その結果、釈迦ヶ岳集団の遺伝的多様性は他の10集団と比較して著しく低かった。また気候的には中央アルプス集団は低温域95%区間外に位置し、釈迦ヶ岳は多雨側の95%区間外に位置した。中央アルプス集団の苗木は全集団の平均以下の生存率、樹高、幹直径を示し、釈迦ヶ岳集団の苗木は全集団の平均以下の生存率、樹高、幹直径、成長率を示した。これらの結果から森林限界及び南限集団の成長の悪さは異なる要因によることが示唆された。中央アルプス集団は森林限界に位置して、高山環境に適応するために淘汰を受けた結果であり、また釈迦ヶ岳集団は集団の隔離と孤立で遺伝的多様性が極端に地位遺作なった結果、近親交配が進んだために苗木の成長や生残が悪くなったことが原因であると考えられた。
    北の産地ほど葉面積が広く、開葉日が早く、SLAが大きいことは予測できたことであった。しかし当初考えていた予測よりも興味深い知見も得られている。それは天然分布の端の集団でも森林限界の集団と南限の集団では、同じように成長や生残が悪いにも関わらずその原因が異なることが明らかになった。これらは予測していなかった成果であり、今後、その要因について掘り下げて研究を行なっていく予定である。
    最終年度である今年度も成長や生残は全ての試験地で調査を継続する。またこれまでの2年間で得られた成長、形質や遺伝の調査から分かった南限集団と高標高集団の特異性について掘り下げて研究を行う。そのため南限集団については追加のDNA用の葉の採取と産地試験用の種子の採取を行い、これらで新たな試験地を設定して昨年度までに得られた結果と同じ結果が得られるかの検証を行う。

  6. 集団ゲノミクスによるブナ種内の適応・中立進化プロセスの解明

    研究課題/研究課題番号:20H03027  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    戸丸 信弘, 鳥丸 猛, 内山 憲太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18070000円 ( 直接経費:13900000円 、 間接経費:4170000円 )

    最新の集団ゲノミクス研究の手法を用いることにより、集団の歴史を推定することだけでなく、これまで困難であった適応進化に関わる遺伝子を探索することも可能となった。本研究では、この手法を用いて、日本列島に広く分布し、落葉広葉樹林の優占種であるブナがどのように進化してきたかを明らかにすることを目的とする。本研究は、樹木の進化を明らかにするだけでなく、地球温暖化に対して、樹木や森林生態系をどのように保全していくのかという課題を検討するための基礎データを提供すると期待される。
    日本列島に広く分布し、冷温帯落葉広葉樹林の優占種であるブナを対象として、集団ゲノミクスの手法を用いて、リファレンスゲノムの作成、遺伝的多様性と集団遺伝構造の把握、集団動態の歴史推定、および適応進化に関わる遺伝子の探索を行った。種内には3つの集団系統(日本海側、太平洋北東側、太平洋南西側)による明瞭な集団遺伝構造が存在し、それは主に中立進化の帰結であると考えられる。一方、集団系統の間には気候勾配に関連した多様化選択による適応的差異が生じていることが示唆され、これは適応進化の結果である可能性がある。
    本研究は、森林樹木における種内の中立進化と適応進化を理解することに寄与すると考えられる。また、近年、急激な気候変動に対する生態系やそれを構成する生物の存続が危惧され、様々な生物の適応ポテンシャルを明らかにするための集団ゲノミクス研究が行われている。本研究は、現在起きている急激な気候変動に対する森林生態系と森林樹木の脆弱性とレジリエンスを評価し、それらの保全策を検討するための重要な知見を提供すると期待される。

  7. 国内外来種コブシが希少種シデコブシの存続に及ぼす影響

    研究課題/研究課題番号:17H03830  2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    戸丸 信弘, 石田 清, 中川 弥智子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:15210000円 ( 直接経費:11700000円 、 間接経費:3510000円 )

    シデコブシの自生地周辺にはコブシは分布しないが、植栽個体や逸出した個体が存在することがあるため、両種の間で交雑が生じている可能性がある。この交雑を介してシデコブシの絶滅リスクが高められている恐れがある。本研究では、国内外来種コブシとの交雑が希少種シデコブシの存続に及ぼす影響を評価した。調査の結果、種間交配によって雑種が形成されていること、さらにシデコブシと雑種の戻し交配によりコブシからシデコブシへ遺伝子浸透が生じる可能性があること、コブシや雑種からの送粉により繁殖干渉を受けて純粋なシデコブシの種子数が減少することなどが明らかとなり、コブシはシデコブシの存続に悪影響を及ぼすことがわかった。
    樹木の遺伝子汚染を明らかにした研究はあまり見当たらない中で、様々な技術・手法を用いてシデコブシとコブシの交雑がもたらす遺伝子汚染の可能性を指摘した点に学術的意義が見出される。
    東海地方の湧水湿地では落葉広葉樹が芽吹く前に、シデコブシの美しい花が一斉に開花し、早春の里山を彩る。シデコブシは湿地保全をアピールする象徴的な種である。コブシとの交雑がシデコブシの絶滅リスクを高めることが明らかになったため、コブシを安易に植栽することやコブシが逸出することの危険性を社会に知らしめることは、シデコブシの保全に繋がるだけでなく、象徴種であることから樹木の外来種問題や関連する問題を社会に周知するよい機会にもなる。

  8. ブナ林の断片化がブナ集団の遺伝的多様性と繁殖に及ぼす影響

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    戸丸信弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. ブナ集団における適応的遺伝子の探索と生態的意義

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    戸丸 信弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 針葉樹の雑種苗の分子識別と起源推定

    2007年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    津村義彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  11. 葉緑体ゲノムのSNPを用いたブナの分子系統地理学的・環境適応的研究

    2007年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    高橋誠

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  12. フタバガキ科の系統地理学的研究と産地識別のための塩基配列データベースの構築

    2006年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)(海外学術調査)

    津村義彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  13. 湿地林を構成する希少木本種の繁殖と更新に及ぼす遺伝的荷重の影響の解明

    2006年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    石田清

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  14. 絶滅危惧種シデコブシの保全を目指した遺伝子流動と近交弱勢に関する研究

    2004年4月 - 2006年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    戸丸 信弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  15. アマゾン川流域およびギニア高地における木本植物の進化と木部形態形成

    2003年4月 - 2006年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    福島 和彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  16. 森林生態系の維持機構に関する個体群統計学・分子集団遺伝学的研究

    2003年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(1)(企画調査)

    山本進一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  17. 分子生態遺伝学的手法による森林動態に関する研究

    2002年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    山本進一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  18. メソスケールでの森林現象動態モニタリング技術の基盤確立

    2001年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)(2)(展開)

    山本進一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  19. 日本海側ブナ林構成樹種における地理的分布と遺伝的構造の歴史的関連性

    2000年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(2)(一般)

    戸丸信弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  20. マイクロサテライトマーカーによる照葉樹天然林の繁殖構造解析

    1999年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(2)(一般)

    山本進一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  21. オルガネラDNA解析によるブナ集団の系統地理学的研究

    1998年4月 - 2000年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    戸丸信弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 31

  1. 保全遺伝学

    2023

  2. 生物学基礎Ⅰ

    2023

  3. 生命農学基盤実験(森林生物調査法)

    2023

  4. 森林生物学特論

    2023

  5. 森林資源管理学1

    2023

  6. 生物環境科学実験実習1

    2023

  7. 生命農学序説

    2023

  8. 生物学基礎Ⅰ

    2022

  9. 植物分類・植生学

    2022

  10. 生命農学基盤実験(森林生物調査法)

    2022

  11. 森林生物学特論

    2022

  12. 保全遺伝学

    2022

  13. 森林資源管理学1

    2022

  14. 生命農学序説

    2022

  15. 生物環境科学実験実習1

    2022

  16. 生物環境科学実験実習2

    2022

  17. 環境問題と人間

    2021

  18. 生命農学基盤実験(森林生物調査法)

    2021

  19. 森林生物学特論

    2021

  20. 生物環境科学実験実習1

    2021

  21. 植物分類・植生学

    2021

  22. 保全遺伝学

    2021

  23. 生物環境科学実験実習2

    2021

  24. 森林資源管理学1

    2021

  25. 森林資源管理学1

    2020

  26. 保全遺伝学

    2020

  27. 森林生物学特論

    2020

  28. 生物環境科学実験実習2

    2020

  29. 生物環境科学実験実習1

    2020

  30. 環境問題と人間

    2020

  31. 生命農学基盤実験(森林生物調査法)

    2020

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 3

  1. 森林資源環境学特論

    2014年4月 - 2015年3月 三重大学)

  2. 特別講義

    2000年4月 - 2001年3月 愛媛大学)

  3. 特別講義

    1999年4月 - 2000年3月 新潟大学)