2022/05/12 更新

写真a

オガワ ヤスシ
小川 靖
OGAWA, Yasushi
所属
医学部附属病院 先端医療開発部 講師
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
講師

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2004年11月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. ケミカルバイオロジー

  2. エピジェネティクス

  3. 炎症性角化症

  4. 皮膚科学

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 皮膚科学

  2. ライフサイエンス / 皮膚科学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. ケミカルバイオロジー的手法による皮膚疾患の解析

  2. 皮膚疾患におけるDFS70/LEDGFの役割

経歴 5

  1. 名古屋大学   医学部附属病院 先端医療開発部   講師

    2020年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構   戦略推進部難病研究科 等   主幹

    2018年4月 - 2020年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 東京医科歯科大学大学院疾患生命科学研究部形質発現制御学 特任助教

    2007年1月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. テキサス大学サウスウエスタンメディカルセンター 病理学ポストドクトラルフェロー

    2005年4月 - 2007年1月

  5. テキサス大学サウスウエスタンメディカルセンター 皮膚科学ポストドクトラルフェロー

    2004年4月 - 2005年3月

学歴 3

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科   皮膚病態学

    2000年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   医学部

    1992年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 加齢皮膚医学研究会

  2. 公益社団法人 日本薬理学会

  3. 公益社団法人 日本皮膚科学会

  4. 一般社団法人 日本研究皮膚科学会

委員歴 1

  1. 日本皮膚科学会   医療戦略委員  

    2018年6月   

受賞 3

  1. 第1回 高木賞

    2017年   公益財団法人マルホ・高木皮膚科学振興財団  

  2. 第16回ガルデルマ賞

    2015年  

  3. 加齢皮膚医学研究基金(ロート賞)

    2011年   加齢皮膚医学研究会  

 

論文 81

  1. Research impact analysis of international funding agencies in the realm of allergy and immunology 査読有り

    Takeya Adachi, Yasushi Ogawa, Tamami Fukushi, Kei Ito, Amane Koizumi, Masashi Shirabe, Masako Toriya, Jun Hirako, Takenori Inomata, Katsunori Masaki, Ryohei Sasano, Sakura Sato, Keigo Kainuma, Masaki Futamura, Keiko Kan-O , Yosuke Kurashima, Saeko Nakajima, Masafumi Sakashita, Hideaki Morita, Aikichi Iwamoto, Sankei Nishima, Mayumi Tamari, Hajime Iizuka

    Allergy     2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/all.15249

  2. Evaluation of adrenaline auto-injector prescription profiles: A population-based, retrospective cohort study within the National Insurance Claims Database of Japan 査読有り

    Sakura Sato, Keigo Kainuma, Tatsuya Noda, Motohiro Ebisawa, Masaki Futamura, Tomoaki Imamura, Akihiro Miyagawa, Saeko Nakajima, Yasushi Ogawa, Takenori Inomata, Keiko Kan-O, Yosuke Kurashima, Katsunori Masaki, Tomoya Myojin, Yuichi Nishioka, Masafumi Sakashita, Mayumi Tamari, Hideaki Morita, Takeya Adachi

        2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.alit.2022.02.002

  3. More than keratitis, ichthyosis, and deafness: Multisystem effects of lethal GJB2 mutations 査読有り

    Lilly Evelyn, Bunick Christopher G., Maley Alexander M., Zhang Shali, Spraker Mary K., Theos Amy J., Vivar Karina L., Seminario-Vidal Lucia, Bennett Adam E., Sidbury Robert, Ogawa Yasushi, Akiyama Masashi, Binder Barbara, Hadj-Rabia Smail, Morotti Raffaella A., Glusac Earl J., Choate Keith A., Richard Gabriele, Milstone Leonard M.

    JOURNAL OF THE AMERICAN ACADEMY OF DERMATOLOGY   80 巻 ( 3 ) 頁: 617 - 625   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jaad.2018.09.042

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Pansclerotic morphea associated with hypohidrosis and anti-M3 muscarinic acetylcholine receptor antibodies 査読有り

    Fujita-Tanaka H., Ogawa Y., Muro Y., Ogawa-Momohara M., Asashima H., Tsuboi H., Sumida T., Akiyama M.

    BRITISH JOURNAL OF DERMATOLOGY   178 巻 ( 3 ) 頁: E210 - E211   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/bjd.16021

    Web of Science

    Scopus

  5. Survey on patients with undiagnosed diseases in Japan: potential patient numbers benefiting from Japan's initiative on rare and undiagnosed diseases (IRUD). 査読有り

    Adachi T, Imanishi N, Ogawa Y, Furusawa Y, Izumida Y, Izumi Y, Suematsu M

    Orphanet journal of rare diseases   13 巻 ( 1 ) 頁: 208   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13023-018-0943-y

    Scopus

    PubMed

  6. Pigmented macules in Waardenburg syndrome type 2 due to KITLG mutation 査読有り

    Ogawa Yasushi, Kono Michihiro, Akiyama Masashi

    PIGMENT CELL & MELANOMA RESEARCH   30 巻 ( 5 ) 頁: 501 - 504   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pcmr.12597

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Pityriasis Rubra Pilaris Type V as an Autoinflammatory Disease by CARD14 Mutations 査読有り 国際誌

    Takeichi Takuya, Sugiura Kazumitsu, Nomura Toshifumi, Sakamoto Taiko, Ogawa Yasushi, Oiso Naoki, Futei Yuko, Fujisaki Aki, Koizumi Akiko, Aoyama Yumi, Nakajima Kimiko, Hatano Yutaka, Hayashi Kei, Ishida-Yamamoto Akemi, Fujiwara Sakuhei, Sano Shigetoshi, Iwatsuki Keiji, Kawada Akira, Suga Yasushi, Shimizu Hiroshi, McGrath John A., Akiyama Masashi

    JAMA DERMATOLOGY   153 巻 ( 1 ) 頁: 66 - 70   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1001/jamadermatol.2016.3601

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. Image Gallery: Unilaterally dominant acrokeratoelastoidosis (punctate palmoplantar keratoderma type 3) 査読有り

    Taki T., Ogawa Y., Sakakibara A., Kono M., Akiyama M.

    BRITISH JOURNAL OF DERMATOLOGY   177 巻 ( 4 ) 頁: E157 - E157   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/bjd.15817

    Web of Science

    Scopus

  9. Image Gallery: Palmoplantar hyperkeratosis in dermatomyositis with anti-PM/Scl antibodies 査読有り

    Taki T., Muro Y., Ogawa Y., Akiyama M.

    BRITISH JOURNAL OF DERMATOLOGY   176 巻 ( 5 ) 頁: E94 - E94   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/bjd.15371

    Web of Science

    Scopus

  10. Epstein-Barr Virus-associated Natural Killer/T-cell Lymphoma in a Patient Receiving Therapy with Anti-Tumour Necrosis Factor and Thiopurine 査読有り

    Murase Chiaki, Ogawa Yasushi, Yamamoto Azusa, Iriyama Chisako, Akiyama Masashi

    ACTA DERMATO-VENEREOLOGICA   97 巻 ( 2 ) 頁: 273 - 274   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2340/00015555-2529

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. Biallelic Mutations in KDSR Disrupt Ceramide Synthesis and Result in a Spectrum of Keratinization Disorders Associated with Thrombocytopenia 査読有り

    Takeichi Takuya, Torrelo Antonio, Lee John Y. W., Ohno Yusuke, Luisa Lozano Maria, Kihara Akio, Liu Lu, Yasuda Yuka, Ishikawa Junko, Murase Takatoshi, Belen Rodrigo Ana, Fernandez-Crehuet Pablo, Toi Yoichiro, Mellerio Jemima, Rivera Jose, Vicente Vicente, Kelsell David P., Nishimura Yutaka, Okuno Yusuke, Kojima Daiei, Ogawa Yasushi, Sugiura Kazumitsu, Simpson Michael A., McLean W. H. Irwin, Akiyama Masashi, McGrath John A.

    JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY   137 巻 ( 11 ) 頁: 2344 - 2353   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jid.2017.06.028

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. IgE-independent pathophysiology of severe atopic dermatitis demonstrated in an IgE-deficient patient. 査読有り

    Ogawa Y, Kono M, Tsujikawa M, Tsujiuchi H, Akiyama M.

    J Dermatol Sci.   82 巻 ( 2 ) 頁: 139-141   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jdermsci.2016.01.008.

  13. IgE-independent pathophysiology of severe atopic dermatitis demonstrated in an IgE-deficient patient 査読有り

    Ogawa, Y., Kono, M., Tsujikawa, M., Tsujiuchi, H., Akiyama, M.

    Journal of Dermatological Science   82 巻 ( 2 )   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jdermsci.2016.01.008

    Scopus

  14. Unilateral generalized linear porokeratosis with nail dystrophy 査読有り

    Kono, M., Yokoyama, N., Ogawa, Y., Takama, H., Sugiura, K., Akiyama, M.

    Journal of Dermatology   43 巻 ( 3 )   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1346-8138.13204

    Scopus

  15. Non-infectious panniculitis during hydroxyurea therapy in a patient with myeloproliferative disease 査読有り

    Ogawa, Y., Akiyama, M.

    Acta Dermato-Venereologica   96 巻 ( 4 )   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2340/00015555-2292

    Scopus

  16. Design and synthesis of a potent inhibitor of class 1 DYRK kinases as a suppressor of adipogenesis. 査読有り

    Masaki S, Kii I, Sumida Y, Kato-Sumida T, Ogawa Y, Ito N, Nakamura M, Sonamoto R, Kataoka N, Hosoya T, Hagiwara M.

    Bioorg Med Chem.   23 巻 ( 15 ) 頁: 4434-4441   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2015.06.018.

  17. Anti-PM/Scl antibodies are found in Japanese patients with various systemic autoimmune conditions besides myositis and scleroderma. 査読有り

    Muro Y, Hosono Y, Sugiura K, Ogawa Y, Mimori T, Akiyama M.

    Arthritis Res Ther.   17 巻 ( 1 ) 頁: 57   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13075-015-0573-x.

  18. Anti-PM/Scl antibodies are found in Japanese patients with various systemic autoimmune conditions besides myositis and scleroderma 査読有り

    Muro, Y., Hosono, Y., Sugiura, K., Ogawa, Y., Mimori, T., Akiyama, M.

    Arthritis Research and Therapy   17 巻 ( 1 )   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13075-015-0573-x

    Scopus

  19. Design and synthesis of a potent inhibitor of class 1 DYRK kinases as a suppressor of adipogenesis 査読有り

    Masaki, S., Kii, I., Sumida, Y., Kato-Sumida, T., Ogawa, Y., Ito, N., Nakamura, M., Sonamoto, R., Kataoka, N., Hosoya, T., Hagiwara, M.

    Bioorganic and Medicinal Chemistry   23 巻 ( 15 ) 頁: 4434 - 4441   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Dysregulation of dual-specificity tyrosine-phosphorylation-regulated kinase 1A (DYRK1A) has been demonstrated in several pathological conditions, including Alzheimer's disease and cancer progression. It has been recently reported that a gain of function-mutation in the human DYRK1B gene exacerbates metabolic syndrome by enhancing obesity. In the previous study, we developed an inhibitor of DYRK family kinases (INDY) and demonstrated that INDY suppresses the pathological phenotypes induced by overexpression of DYRK1A or DYRK1B in cellular and animal models. In this study, we designed and synthesized a novel inhibitor of DYRK family kinases based on the crystal structure of the DYRK1A/INDY complex by replacing the phenol group of INDY with dibenzofuran to produce a derivative, named BINDY. This compound exhibited potent and selective inhibitory activity toward DYRK family kinases in an in vitro assay. Furthermore, treatment of 3T3-L1 pre-adipocytes with BINDY hampered adipogenesis by suppressing gene expression of the critical transcription factors PPARc and C/EBPa. This study indicates the possibility of BINDY as a potential drug for metabolic syndrome. (C) 2015 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bmc.2015.06.018

    Web of Science

    Scopus

  20. A Palindromic Motif in the -2084 to -2078 Upstream Region is Essential for ABCA12 Promoter Function in Cultured Human Keratinocytes 査読有り

    Yoshitaka Shimizu, Yasushi Ogawa, Kazumitsu Sugiura, Jun-ichi Takeda, Kaori Sakai-Sawada, Teruki Yanagi, Atsushi Kon, Daisuke Sawamura, Hiroshi Shimizu, Masashi Akiyama

    Scientific Reports   4 巻   頁: 6737   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Revertant mutation releases confined lethal mutation, opening Pandora's box: a novel genetic pathogenesis 査読有り

    Ogawa, Y. Takeichi, T. Kono, M. Hamajima, N. Yamamoto, T. Sugiura, K. Akiyama, M.

    PLoS Genet   10 巻 ( 5 ) 頁: e1004276   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Establishment of an ELISA to detect anti-glycyl-tRNA synthetase antibody (anti-EJ), a serological marker of dermatomyositis/polymyositis and interstitial lung disease 査読有り

    Hane, H. Muro, Y. Watanabe, K. Ogawa, Y. Sugiura, K. Akiyama, M.

    Clin Chim Acta   431 巻   頁: 9-14   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. High survival rate of harlequin ichthyosis in Japan 査読有り

    Shibata, A. Ogawa, Y. Sugiura, K. Muro, Y. Abe, R. Suzuki, T. Akiyama, M.

    J Am Acad Dermatol   70 巻 ( 2 ) 頁: 387-388   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Nuclear envelope localization of Ran-binding protein 2 and Ran-GTPase-activating protein 1 in psoriatic epidermal keratinocytes 査読有り

    Yasuda, K. Sugiura, K. Takeichi, T. Ogawa, Y. Muro, Y. Akiyama, M.

    Exp Dermatol   23 巻 ( 2 ) 頁: 119-124   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. A palindromic motif in the -2084 to -2078 upstream region is essential for ABCA12 promoter function in cultured human keratinocytes 査読有り

    Shimizu, Y., Ogawa, Y., Sugiura, K., Takeda, J.-I., Sakai-Sawada, K., Yanagi, T., Kon, A., Sawamura, D., Shimizu, H., Akiyama, M.

    Scientific Reports   4 巻   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep06737

    Scopus

  26. Establishment of an ELISA to detect anti-glycyl-tRNA synthetase antibody (anti-EJ), a serological marker of dermatomyositis/polymyositis and interstitial lung disease 査読有り

    Hane, H., Muro, Y., Watanabe, K., Ogawa, Y., Sugiura, K., Akiyama, M.

    Clinica Chimica Acta   431 巻   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cca.2014.01.005

    Scopus

  27. Revertant Mutation Releases Confined Lethal Mutation, Opening Pandora's Box: A Novel Genetic Pathogenesis 査読有り

    Ogawa, Y., Takeichi, T., Kono, M., Hamajima, N., Yamamoto, T., Sugiura, K., Akiyama, M.

    PLoS Genetics   10 巻 ( 5 )   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pgen.1004276

    Scopus

  28. Nuclear envelope localization of Ran-binding protein 2 and Ran-GTPase-activating protein 1 in psoriatic epidermal keratinocytes 査読有り

    Yasuda, K., Sugiura, K., Takeichi, T., Ogawa, Y., Muro, Y., Akiyama, M.

    Experimental Dermatology   23 巻 ( 2 )   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/exd.12324

    Scopus

  29. High survival rate of harlequin ichthyosis in Japan 査読有り

    Shibata, A., Ogawa, Y., Sugiura, K., Muro, Y., Abe, R., Suzuki, T., Akiyama, M.

    Journal of the American Academy of Dermatology   70 巻 ( 2 )   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jaad.2013.10.055

    Scopus

  30. The majority of generalized pustular psoriasis without psoriasis vulgaris is caused by deficiency of interleukin-36 receptor antagonist 査読有り

    Sugiura, K. Takemoto, A. Yamaguchi, M. Takahashi, H. Shoda, Y. Mitsuma, T. Tsuda, K. Nishida, E. Togawa, Y. Nakajima, K. Sakakibara, A. Kawachi, S. Shimizu, M. Ito, Y. Takeichi, T. Kono, M. Ogawa, Y. Muro, Y. Ishida-Yamamoto, A. Sano, S. Matsue, H. Morita, A. Mizutani, H. Iizuka, H. Muto, M. Akiyama, M.

    J Invest Dermatol   133 巻 ( 11 ) 頁: 2514-2521   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Possible roles of barrier-to-autointegration factor 1 in regulation of keratinocyte differentiation and proliferation

    Takama, H. Sugiura, K. Ogawa, Y. Muro, Y. Akiyama, M.

    J Dermatol Sci   71 巻 ( 2 ) 頁: 100-106   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Novel ABCA12 missense mutation p.Phe2144Ser underlies congenital ichthyosiform erythroderma 査読有り

    Shimizu, Y. Sugiura, K. Aoyama, Y. Ogawa, Y. Hitomi, K. Iwatsuki, K. Akiyama, M.

    J Dermatol Sci   40 巻 ( 7 ) 頁: 581-582   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Novel ABCA12 missense mutation p.Phe2144Ser underlies congenital ichthyosiform erythroderma 査読有り

    Shimizu, Y., Sugiura, K., Aoyama, Y., Ogawa, Y., Hitomi, K., Iwatsuki, K., Akiyama, M.

    Journal of Dermatology   40 巻 ( 7 )   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1346-8138.12169

    Scopus

  34. The majority of generalized pustular psoriasis without psoriasis vulgaris Is caused by deficiency of interleukin-36 receptor antagonist 査読有り 国際誌

    Sugiura, K., Takemoto, A., Yamaguchi, M., Takahashi, H., Shoda, Y., Mitsuma, T., Tsuda, K., Nishida, E., Togawa, Y., Nakajima, K., Sakakibara, A., Kawachi, S., Shimizu, M., Ito, Y., Takeichi, T., Kono, M., Ogawa, Y., Muro, Y., Ishida-Yamamoto, A., Sano, S., Matsue, H., Morita, A., Mizutani, H., Iizuka, H., Muto, M., Akiyama, M.

    Journal of Investigative Dermatology   133 巻 ( 11 ) 頁: 2514 - 2521   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Generalized pustular psoriasis (GPP) is a rare inflammatory skin disease that can be life-threatening. Recently, it has been reported that familial GPP is caused by homozygous or compound heterozygous mutations of IL36RN. However, the majority of GPP cases are sporadic and it is controversial whether IL36RN mutations are a causative/predisposing factor for sporadic GPP. We searched for IL36RN mutations in two groups of GPP patients in the Japanese population in this study: GPP without psoriasis vulgaris (PV), and GPP with PV. Eleven cases of GPP without PV (GPP alone) and 20 cases of GPP accompanied by PV (GPP with PV) were analyzed. Surprisingly, 9 out of 11 cases of GPP alone had homozygous or compound heterozygous mutations in IL36RN. In contrast, only 2 of 20 cases of GPP with PV had compound heterozygous mutations in IL36RN. The two cases of GPP with PV who had compound heterozygous mutations in IL36RN are siblings, and both cases had PV-susceptible HLA-A*0206. We determined that GPP alone is a distinct subtype of GPP and is etiologically distinguished from GPP with PV, and that the majority of GPP alone is caused by deficiency of the interleukin-36 receptor antagonist due to IL36RN mutations.

    DOI: 10.1038/jid.2013.230

    Scopus

    PubMed

  35. Possible roles of barrier-to-autointegration factor 1 in regulation of keratinocyte differentiation and proliferation 査読有り

    Takama, H., Sugiura, K., Ogawa, Y., Muro, Y., Akiyama, M.

    Journal of Dermatological Science   71 巻 ( 2 )   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jdermsci.2013.04.007

    Scopus

  36. A novel IL36RN/IL1F5 homozygous nonsense mutation, p.Arg10X, in a Japanese patient with adult-onset generalized pustular psoriasis 査読有り

    Sugiura, K. Takeichi, T. Kono, M. Ogawa, Y. Shimoyama, Y. Muro, Y. Akiyama, M. Br J Dermatol

    Br J Dermatol   167 巻 ( 3 ) 頁: 699-701   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Severe Chilblain Lupus Is Associated with Heterozygous Missense Mutations of Catalytic Amino Acids or their Adjacent Mutations in the Exonuclease Domains of 3'-Repair Exonuclease 1. 査読有り

    Sugiura K, Takeichi T, Kono M, Ito Y, Ogawa Y, Muro Y and Akiyama M

    J Invest Dermatol     頁: In press   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Challenges to congenital genetic disorders with "RNA-targeting" chemical compounds 招待有り 査読有り

    Ogawa Y and Hagiwara M.

    Pharmacol Ther   134 巻 ( 3 ) 頁: 298-305   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Severe chilblain lupus is associated with heterozygous missense mutations of catalytic amino acids or their adjacent mutations in the exonuclease domains of 30-repair exonuclease 1 査読有り

    Sugiura, K., Takeichi, T., Kono, M., Ito, Y., Ogawa, Y., Muro, Y., Akiyama, M.

    Journal of Investigative Dermatology   132 巻 ( 12 ) 頁: 2855-7   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/jid.2012.210

    Scopus

  40. A novel IL36RN/IL1F5 homozygous nonsense mutation, p.Arg10X, in a Japanese patient with adult-onset generalized pustular psoriasis 査読有り

    Sugiura, K., Takeichi, T., Kono, M., Ogawa, Y., Shimoyama, Y., Muro, Y., Akiyama, M.

    British Journal of Dermatology   167 巻 ( 3 )   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2133.2012.10953.x

    Scopus

  41. Challenges to congenital genetic disorders with "RNA-targeting" chemical compounds 査読有り

    Ogawa, Y., Hagiwara, M.

    Pharmacology and Therapeutics   134 巻 ( 3 )   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pharmthera.2012.02.001

    Scopus

  42. LEDGF/DFS70 activates the MK2/IL6/STAT3 pathway in HaCaT. 査読有り

    Takeichi T, Sugiura K, Muro Y, Ogawa Y, Akiyama M

    J Dermatol Sci   63 巻 ( 3 ) 頁: 203-5   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Leucettines, a class of potent inhibitors of cdc2-like kinases and dual specificity, tyrosine phosphorylation regulated kinases derived from the marine sponge leucettamine B: modulation of alternative pre-RNA splicing. 査読有り

    Debdab M, Carreaux F, Renault S, Soundararajan M, Fedorov O, Filippakopoulos P, Lozach O, Babault L, Tahtouh T, Baratte B, Ogawa Y, Hagiwara M, Eisenreich A, Rauch U, Knapp S, Meijer L, Bazureau JP.

    J Med Chem   54 巻 ( 12 ) 頁: 4172-86   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. LEDGF/DFS70 activates the MK2/IL6/STAT3 pathway in HaCaT 査読有り

    Takeichi, T., Sugiura, K., Muro, Y., Ogawa, Y., Akiyama, M.

    Journal of Dermatological Science   63 巻 ( 3 )   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jdermsci.2011.05.004

    Scopus

  45. Leucettines, a class of potent inhibitors of cdc2-like kinases and dual specificity, tyrosine phosphorylation regulated kinases derived from the marine sponge leucettamine B: Modulation of alternative pre-RNA splicing 査読有り

    Debdab, M., Carreaux, F., Renault, S., Soundararajan, M., Fedorov, O., Filippakopoulos, P., Lozach, O., Babault, L., Tahtouh, T., Baratte, B., Ogawa, Y., Hagiwara, M., Eisenreich, A., Rauch, U., Knapp, S., Meijer, L., Bazureau, J.-P.

    Journal of Medicinal Chemistry   54 巻 ( 12 )   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jm200274d

    Scopus

  46. Overexpression of LEDGF/DFS70 Induces IL-6 via p38 Activation in HaCaT Cells, Similar to that Seen in the Psoriatic Condition. 査読有り

    Takeichi T, Sugiura K, Muro Y, Matsumoto K, Ogawa Y, Futamura K, Kaminuma O, Hashimoto N, Shimoyama Y, Saito H, Tomita Y.

    J Invest Dermatol   130 巻 ( 12 ) 頁: 2760-7   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Development of a novel selective inhibitor of the Down syndrome-related kinase Dyrk1A. 査読有り

    Ogawa Y, Nonaka Y, Goto T, Ohnishi E, Hiramatsu T, Kii I, Yoshida M, Ikura T, Onogi H, Shibuya H, Hosoya T, Ito N, Hagiwara M.

    Nature Communications   1 巻   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Intravital imaging of IL-1beta production in skin 査読有り

    Matsushima H, Ogawa Y, Miyazaki T, Tanaka H, Nishibu A, Takashima A.

    J Invest Dermatol.   130 巻 ( 6 ) 頁: 1571-1580   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Development of a novel selective inhibitor of the Down syndrome-related kinase Dyrk1A 査読有り

    Ogawa, Y., Nonaka, Y., Goto, T., Ohnishi, E., Hiramatsu, T., Kii, I., Yoshida, M., Ikura, T., Onogi, H., Shibuya, H., Hosoya, T., Ito, N., Hagiwara, M.

    Nature Communications   1 巻 ( 7 )   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Dyrk1A (dual-specificity tyrosine-(Y)-phosphorylation-regulated kinase 1A) is a serine/threonine kinase essential for brain development and function, and its excessive activity is considered a pathogenic factor in Down syndrome. The development of potent, selective inhibitors of Dyrk1A would help to elucidate the molecular mechanisms of normal and diseased brains, and may provide a new lead compound for molecular-targeted drug discovery. Here, we report a novel Dyrk1A inhibitor, INDY, a benzothiazole derivative showing a potent ATP-competitive inhibitory effect with IC50 and K-i values of 0.24 and 0.18 mu M, respectively. X-ray crystallography of the Dyrk1A/INDY complex revealed the binding of INDY in the ATP pocket of the enzyme. INDY effectively reversed the aberrant tau-phosphorylation and rescued the repressed NFAT (nuclear factor of activated T cell) signalling induced by Dyrk1A overexpression. Importantly, proINDY, a prodrug of INDY, effectively recovered Xenopus embryos from head malformation induced by Dyrk1A overexpression, resulting in normally developed embryos and demonstrating the utility of proINDY in vivo.

    DOI: 10.1038/ncomms1090

    Web of Science

    Scopus

  50. Overexpression of LEDGF/DFS70 induces IL-6 via p38 activation in HaCaT cells, similar to that seen in the psoriatic condition 査読有り

    Takeichi, T., Sugiura, K., Muro, Y., Matsumoto, K., Ogawa, Y., Futamura, K., Kaminuma, O., Hashimoto, N., Shimoyama, Y., Saito, H., Tomita, Y.

    Journal of Investigative Dermatology   130 巻 ( 12 )   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/jid.2010.203

    Scopus

  51. Intravital imaging of IL-1Β production in skin 査読有り

    Matsushima, H., Ogawa, Y., Miyazaki, T., Tanaka, H., Nishibu, A., Takashima, A.

    Journal of Investigative Dermatology   130 巻 ( 6 )   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/jid.2010.11

    Scopus

  52. Tissue-specific expression of betaKlotho and fibroblast growth factor (FGF) receptor isoforms determines metabolic activity of FGF19 and FGF21. 査読有り

    Kurosu H, Choi M, Ogawa Y, Dickson AS, Goetz R, Eliseenkova AV, Mohammadi M, Rosenblatt KP, Kliewer SA, Kuro-o M.

    J Biol Chem.   282 巻 ( 37 ) 頁: 26687-26695   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Molecular insights into the klotho-dependent, endocrine mode of action of fibroblast growth factor 19 subfamily members. 査読有り

    Goetz R, Beenken A, Ibrahimi OA, Kalinina J, Olsen SK, Eliseenkova AV, Xu C, Neubert TA, Zhang F, Linhardt RJ, Yu X, White KE, Inagaki T, Kliewer SA, Yamamoto M, Kurosu H, Ogawa Y, Kuro-o M, Lanske B, Razzaque MS, Mohammadi M.

    Mol Cell Biol.   27 巻 ( 9 ) 頁: 3417-3728   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. BetaKlotho is required for metabolic activity of fibroblast growth factor 21 査読有り

    Ogawa Y, Kurosu H, Yamamoto M, Nandi A, Rosenblatt KP, Goetz R, Eliseenkova AV, Mohammadi M, Kuro-o M.

    Proc Natl Acad Sci U S A.   104 巻 ( 18 ) 頁: 7432-7437   2007年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Molecular insights into the Klotho-dependent, endocrine mode of action of fibroblast growth factor 19 subfamily members 査読有り

    Goetz, R., Beenken, A., Ibrahimi, O.A., Kalinina, J., Olsen, S.K., Eliseenkova, A.V., Xu, C., Neubert, T.A., Zhang, F., Linhardt, R.J., Yu, X., White, K.E., Inagaki, T., Kliewer, S.A., Yamamoto, M., Kurosu, H., Ogawa, Y., Kuro-o, M., Lanske, B., Razzaque, M.S., Mohammadi, M.

    Molecular and Cellular Biology   27 巻 ( 9 )   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/MCB.02249-06

    Scopus

  56. βKlotho is required for metabolic activity of fibroblast growth factor 21 査読有り

    Ogawa, Y., Kurosu, H., Yamamoto, M., Nandi, A., Rosenblatt, K.P., Goetz, R., Eliseenkova, A.V., Mohammadi, M., Kuro-O, M.

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   104 巻 ( 18 )   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.0701600104

    Scopus

  57. Tissue-specific expression of βklotho and Fibroblast Growth Factor (FGF) receptor isoforms determines metabolic activity of FGF19 and FGF21 査読有り

    Kurosu, H., Choi, M., Ogawa, Y., Dickson, A.S., Goetz, R., Eliseenkova, A.V., Mohammadi, M., Rosenblatt, K.P., Kliewer, S.A., Kuro-O, M.

    Journal of Biological Chemistry   282 巻 ( 37 )   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M704165200

    Scopus

  58. HLA-associated production of anti-DFS70/LEDGF autoantibodies and systemic autoimmune disease. 査読有り

    Muro Y, Ogawa Y, Sugiura K, Tomita Y.

    J Autoimmun.   26 巻 ( 4 ) 頁: 252-257   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Regulation of fibroblast growth factor-23 signaling by klotho.

    Kurosu H, Ogawa Y, Miyoshi M, Yamamoto M, Nandi A, Rosenblatt KP, Baum MG, Schiavi S, Hu MC, Moe OW, Kuro-o M.

    J Biol Chem.   281 巻 ( 10 ) 頁: 6120-6123   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Anti-p80 coilin autoantibodies react with a conserved epitope and are associated with anti-DFS70/LEDGF autoantibodies. 査読有り

    Goto N, Sugiura K, Ogawa Y, Watanabe A, Onouchi H, Tomita Y, Muro Y.

    J Autoimmun.   26 巻 ( 1 ) 頁: 42-51   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Identification of novel pharmacological activities of an antifungal agent, nystatin, to promote dendritic cell maturation. 査読有り

    Ogawa Y, Mizumoto N, Tanaka H, Matsushima H, Takashima A.

    J Invest Dermatol.   126 巻 ( 2 ) 頁: 349-353   2006年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Anti-p80 coilin autoantibodies react with a conserved epitope and are associated with anti-DFS70/LEDGF autoantibodies 査読有り

    Goto, N., Sugiura, K., Ogawa, Y., Watanabe, A., Onouchi, H., Tomita, Y., Muro, Y.

    Journal of Autoimmunity   26 巻 ( 1 )   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jaut.2005.09.001

    Scopus

  63. HLA-associated production of anti-DFS70/LEDGF autoantibodies and systemic autoimmune disease 査読有り

    Muro, Y., Ogawa, Y., Sugiura, K., Tomita, Y.

    Journal of Autoimmunity   26 巻 ( 4 )   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jaut.2006.03.005

    Scopus

  64. Regulation of fibroblast growth factor-23 signaling by Klotho 査読有り

    Kurosu, H., Ogawa, Y., Miyoshi, M., Yamamoto, M., Nandi, A., Rosenblatt, K.P., Baum, M.G., Schiavi, S., Hu, M.-C., Moe, O.W., Kuro-o, M.

    Journal of Biological Chemistry   281 巻 ( 10 )   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.C500457200

    Scopus

  65. Identification of novel pharmacological activities of an antifungal agent, nystatin, to promote dendritic cell maturation 査読有り

    Ogawa, Y., Mizumoto, N., Tanaka, H., Matsushima, H., Takashima, A.

    Journal of Investigative Dermatology   126 巻 ( 2 )   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/sj.jid.5700081

    Scopus

  66. Regulation of oxidative stress by the anti-aging hormone klotho. 査読有り

    Yamamoto M, Clark JD, Pastor JV, Gurnani P, Nandi A, Kurosu H, Miyoshi M, Ogawa Y, Castrillon DH, Rosenblatt KP, Kuro-o M.

    J Biol CHem   280 巻 ( 45 ) 頁: 38029-34   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Discovery of novel immunostimulants by dendritic-cell-based functional screening. 査読有り

    Mizumoto N, Gao J, Matsushima H, Ogawa Y, Tanaka H, Takashima A.

    Blood   106 巻 ( 9 ) 頁: 3082-3089   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Discovery of novel immunostimulants by dendritic-cell-based functional screening 査読有り

    Mizumoto, N., Gao, J., Matsushima, H., Ogawa, Y., Tanaka, H., Takashima, A.

    Blood   106 巻 ( 9 )   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2005-03-1161

    Scopus

  69. Regulation of oxidative stress by the anti-aging hormone klotho 査読有り

    Yamamoto, M., Clark, J.D., Pastor, J.V., Gurnani, P., Nandi, A., Kurosu, H., Miyoshi, M., Ogawa, Y., Castrillon, D.H., Rosenblatt, K.P., Kuro-O, M.

    Journal of Biological Chemistry   280 巻 ( 45 )   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M509039200

    Scopus

  70. Autoantibodies to DFS70/LEDGF are increased in alopecia areata patients. 査読有り

    Okamoto M, Ogawa Y, Watanabe A, Sugiura K, Shimomura Y, Aoki N, Nagasaka T, Tomita Y, Muro Y.

    J Autoimmun.   23 巻 ( 3 ) 頁: 221-231   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Autoantigenicity of DFS70 is restricted to the conformational epitope of C-terminal alpha-helical domain. 査読有り

    Ogawa Y, Sugiura K, Watanabe A, Kunimatsu M, Mishima M, Tomita Y, Muro Y.

    J Autoimmun   23 巻 ( 3 ) 頁: 221-231   2004年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. A case of refractory bullous pemphigoid with plasmapheresis-associated thrombopenia: efficacy of pulsed intravenous cyclophosphamide therapy. 査読有り

    Ogawa Y, Adachi A, Okamoto M, Hashimoto T, Tomita Y.

    J Dermatol.   31 巻 ( 8 ) 頁: 651-654   2004年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. A case of refractory bullous pemphigoid with plasmapheresis-associated thrombopenia: Efficacy of pulsed intravenous cyclophosphamide therapy 査読有り

    Ogawa, Y., Adachi, A., Okamoto, M., Hashimoto, T., Tomita, Y.

    Journal of Dermatology   31 巻 ( 8 )   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1346-8138.2004.tb00571.x

    Scopus

  74. Autoantigenicity of DFS70 is restricted to the conformational epitope of C-terminal alpha-helical domain 査読有り

    Ogawa, Y., Sugiura, K., Watanabe, A., Kunimatsu, M., Mishima, M., Tomita, Y., Muro, Y.

    Journal of Autoimmunity   23 巻 ( 3 )   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jaut.2004.07.003

    Scopus

  75. Autoantibodies to DFS70/LEDGF are increased in alopecia areata patients 査読有り 国際誌

    Okamoto, M., Ogawa, Y., Watanabe, A., Sugiura, K., Shimomura, Y., Aoki, N., Nagasaka, T., Tomita, Y., Muro, Y.

    Journal of Autoimmunity   23 巻 ( 3 ) 頁: 257 - 66   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Alopecia areata (AA) has been suspected to be an autoimmune disease, although there is no distinct evidence, we investigated the relationship between AA and autoantibodies against dense fine speckles 70 kDa (DFS70) in 111 patients with alopecia and 105 healthy controls. The sera from 59 out of 111 (53%) Japanese alopecia patients were positive for anti-nuclear antibody (ANA), as compared to the sera of 16 out of 105 (15%) healthy controls (p < 0.001). Twenty percent (22/111) of the alopecia patients were shown to be positive for the prevalence of anti-DFS70 antibodies, as compared to 8% (8/105) of the healthy controls (p < 0.01). IgG subclass analysis by ELISA showed that IgG1 and IgG2-anti-DFS70 antibodies were dominant in alopecia patients. The DFS70 gene expression in the hair structures was clearly detected in both those with and those without the anti-DFS70 antibody by RT-PCR. Immunohistochemical techniques showed that the DFS70 was localized predominantly in the outer root sheath (ORS) cells. The elevated anti-DFS70 antibodies in alopecia patients and the localization of the DFS70 in the ORS suggest that autoantibodies against the DFS70 are related to the etiology in a certain population of AA.

    DOI: 10.1016/j.jaut.2004.07.004

    Scopus

    PubMed

  76. The successful use of topical tacrolimus treatment for a chronic actinic dermatitis patient with complications of idiopathic leukopenia. 査読有り

    Ogawa Y, Adachi A, Tomita Y.

    J Dermatol   30 巻 ( 11 ) 頁: 805-809   2003年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. The Successful Use of Topical Tacrolimus Treatment for a Chronic Actinic Dermatitis Patient with Complications of Idiopathic Leukopenia 査読有り

    Ogawa, Y., Adachi, A., Tomita, Y.

    Journal of Dermatology   30 巻 ( 11 )   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1346-8138.2003.tb00482.x

    Scopus

  78. Autoantibody to thioredoxin reductase in an ovarian cancer patient. 査読有り

    Muro Y, Ogawa Y, Kato Y, Hagiwara M.

    Biochem Biophys Res Commun.   252 巻 ( 2 ) 頁: 267-271   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Autoantibody to thioredoxin reductase in an ovarian cancer patient 査読有り

    Muro, Y., Ogawa, Y., Kato, Y., Hagiwara, M.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   242 巻 ( 2 )   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1006/bbrc.1997.7914

    Scopus

  80. Calmodulin-dependent protein kinase II potentiates transcriptional activation through activating transcription factor 1 but not cAMP response element-binding protein. 査読有り

    Shimomura A, Ogawa Y, Kitani T, Fujisawa H, Hagiwara M.

    J Biol Chem.   271 巻 ( 30 ) 頁: 17957-17960   1996年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Calmodulin-dependent protein kinase II potentiates transcriptional activation through activating transcription factor 1 but not cAMP response element-binding protein 査読有り

    Shimomura, A., Ogawa, Y., Kitani, T., Fujisawa, H., Hagiwara, M.

    Journal of Biological Chemistry   271 巻 ( 30 )   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.271.30.17957

    Scopus

▼全件表示

科研費 9

  1. 中鎖脂肪酸トリグリセリド食を基盤とした先天性魚鱗癬の治療法開発

    研究課題/研究課題番号:17K10206  2017年4月 - 2018年3月

    小川 靖

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    Neutrallipidstoragediseasewithichthyosis(NLSDI, 別 名 Chanarin-Dorfman 症候群)は細胞内のトリグリセリド(TG) 代 謝 に 必 須 の 酵 素 で あ る CGI- 58/ABHD5 の欠損による、重症型の魚鱗癬症候群である。NLSDI のモデル動物である CGI-58 ノックアウトマウスでは表皮ケラチノサイト(KC)の分化が胎生期早 期から予想外に大きく障害されていた。食事療法の一つである、Middle-chain triglyceride diet(MCT食)は全身性に脂肪を異化し、肥満患者の体脂肪の減少を もたらし、てんかん等の治療に用いられている。NLSDI症例において、MCT食が皮膚を含めた全身の症状緩和をもたらした報告があるが、1例のみの短報にとど まっている。また、NLSDIにおける細胞内脂質蓄積による表皮分化障害については、その存在は想定されるものの、詳細な研究はなされていない。 本研究ではMCT dietがNLSDIモデルマウスの皮膚形成にもたらす影響を細胞生物学的に検討し、本療法の有用性の理論的基盤を確立する事を目的とした。MCT食を マウスに投与する事により、血清中の遊離脂肪酸およびTG濃度は減少した。NLSDIモデル仔マウスでは正常仔マウスに比べて、経費水分蒸散量は上昇したが、MCT 食を与えられた母マウスから出生したモデル仔マウスでは、上昇は抑制された。それぞれの仔マウスの表皮構造と角層内に蓄積する脂肪滴について組織学的に比 較検討したが、明らかな変化を認めなかった。また、表皮の分化マーカーであるインボルクリン、ロリクリンの発現レベルについて、有為な差異は認められな かった。本研究により、MCT食がNLSDIの皮膚症状を改善させる可能性が示唆されるものの、その機序については更なる検討が必要である。

  2. 表皮における脂質メディエーターの役割の解明と角化異常症の新規治療戦略への展開

    研究課題/研究課題番号:15H04887  2015年4月 - 2018年3月

    秋山 真志

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究計画において、研究代表者らは、遺伝性角化異常症患者家系を集積し、次世代シークエンサーを用いた全エクソーム・シークエンシング、全ゲノム・シークエンシングによる病因遺伝子変異解析を網羅的行い、病因遺伝子を同定し、角化異常症患者データバンクを作成した。
    表皮脂質動態と表皮細胞の分化、増殖との関係性の解明を目指し、疾患モデルマウスで、脂質関連分子、脂質メディエーターと表皮細胞の分化とのクロストークを分析した。今回の研究によって得られた結果から、表皮脂質による表皮細胞の分化・角化に対する影響を包括的にまとめ、それらのデータを総括し、実際に臨床応用可能な角化異常症の治療法を検討した。
    本研究の成果から、表皮脂質メディエーターと表皮細胞の分化との相互作用が包括的に解明されることは、表皮細胞の細胞生物学における大きなブレイク・スルーである。
    また、角化異常症の多くの症例では、脂質関連分子の異常が病因となっている。本研究で表皮細胞の脂質動態が明らかになることにより、多くの角化異常症の発症機序が詳細に解明され、原因療法への手がかりが得られる。今回の成果は、近い将来、角化異常症の患者さんにとって大きな福音となることが期待される。さらに、表皮の脂質動態の是正という治療戦略は、皮膚バリア機能障害によるアトピー・アレルギー性疾患の治療、予防への応用が大いに期待できる。

  3. 炎症性皮膚疾患ケラチノサイトにおけるエピゲノミクス異常の動的変化の解析

    研究課題/研究課題番号:26461657  2014年4月 - 2018年3月

    小川 靖

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    本研究は、乾癬の皮膚病変を誘導可能なモデルマウスを用いて、炎症性皮膚疾患におけるケラチノサイトのエピジェネティクス変化の病変形成における意義を検討する事を目指した。Imiquimod塗布乾癬皮膚病変モデルマウスにおいてクロマチン修飾に影響を及ぼす様々な薬剤をモデルマウス系に投与し症状の変化を検討する、リバースケミカルゲノミクス的な方法論を取る事とした。病態の形成を促進するヒストン脱メチル化酵素阻害剤と抑制するリン酸化酵素阻害剤を新たに同定した。

  4. 皮膚角化異常症の治療標的としての脂質代謝-皮膚角化制御カップリング機構の解明

    研究課題/研究課題番号:25670502  2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    小川 靖, 杉浦 一充, 秋山 真志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    遺伝性角化異常症である道化師様魚鱗癬とNLSDIのモデルマウスについて研究を行った。初代培養ケラチノサイト(KC)に対してPPARδアゴニストを投与する事により、一部の表皮分化マーカーの発現が回復した。一方で、全般的な症状改善にはいたらなかった。マウス胎仔にin uteroで薬剤を投与する実験をおこなったが、子宮内治療は成功しなかった。皮膚KCに存在する未知TGリパーゼの検索を、PNPLAファミリーを対象として行ったが、同定はできなかった。これら以外に未知リパーゼが存在すると考えられた。今回作成した実験系は、今後更なる研究を行う上での有用なツールであり、今後更なる研究が必要であると考えられる。

  5. 皮膚表皮老化メカニズムの新概念phosphate toxicityの解明

    研究課題/研究課題番号:24659527  2012年4月 - 2013年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    小川 靖

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    高リン血症を伴う慢性腎不全などの疾患では表皮の老化様変化が認められる。本研究では、高リン血症が表皮ケラチノサイトに老化様変化を引き起こす可能性を検討した。成人皮膚ケラチノサイトを様々なリン濃度で培養した結果、4 mMの濃度において、最も長く増殖を続けることが判明した。至適濃度以外では細胞分裂回数が低下し、表皮分化マーカーの発現が亢進した。しかし、老化関連分泌タンパクの発現上昇は認めなかった。本研究により、過剰な高リン濃度はケラチノサイトへの分化ストレスとなり、早期の細胞老化をもたらすことが示唆された。

  6. 乾癬病変のエピジェネティック制御機構解明による新規治療戦略の開発

    研究課題/研究課題番号:23689054  2011年4月 - 2015年3月

    科学研究費助成事業  若手研究(A)

    小川 靖, 杉浦 一充, 秋山 真志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:25090000円 ( 直接経費:19300000円 、 間接経費:5790000円 )

    本研究では、乾癬ケラチノサイトにおいて転写活性化因子LEDGFが媒介するエピジェネティクス異常による病態形成機序を検討した。乾癬ケラチノサイトではLEDGFが核内に移行し、そこでトリメチル化されたヒストン蛋白(H3K36me3)と結合し、MLL等の重要なクロマチン修飾複合体を同部に誘導する。その結果として同部位のH3K4me3という転写活性化に関わる修飾パターンの亢進をもたらし、乾癬関連遺伝子の転写の安定化に至る機序の存在が示唆された。

  7. 悪性腫瘍合併皮膚筋炎におけるTIF1-γが関与する二段階病態仮説の検証

    研究課題/研究課題番号:23591618  2011年4月 - 2015年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    室 慶直, 杉浦 一充, 小川 靖

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    悪性腫瘍が合併する皮膚筋炎における病態形成機構は未だ持って解明されていない。しかし、悪性腫瘍合併という皮膚筋炎の病型に特異的な自己抗体の対応抗原がTIF1-γであることが判明している。抗体陽性例の悪性腫瘍組織においてTIF1-γ分子の異常発現が存在するのか、その組織内では関連分子との相互作用によってTIF1-γが免疫制御機構に重要な役割を果たすTGFβなどの分子と強調する可能性についても調べた。腫瘍組織中のTIF1-γは高発現していることが示され、IL-6を介したSTAT3のリン酸化により腫瘍進展の可能性も示唆された。

  8. 脂質輸送蛋白ABCA12をターゲットとした、魚鱗癬各病型に対する新規治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:23249058  2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    秋山 真志, 小川 靖, 河野 通浩, 阿部 理一郎, 杉浦 一充, 室 慶直

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究において、我々は、ABCA12遺伝子変異を持つ、先天性魚鱗癬様紅皮症モデルマウスを作成し、ABCA12発現増強因子の解析を行った。ABCA12の発現増強効果が認められた薬剤につき、先天性魚鱗癬様紅皮症モデルマウスに対する治療実験を施行し、ABCA12の発現増強効果、および、皮膚表現型の改善を臨床的に評価し、また、皮膚のバリア機能の改善度も客観的に評価した。
    さらに、ABCA12の機能喪失変異を有する道化師様魚鱗癬モデルマウスを作成し、モデルマウスでのABCA12変異に対するリードスルー活性が期待できる各種のリードスルー候補薬剤について、ABCA12の発現の回復と表現形の改善を評価した。

  9. 悪性黒色腫の化学療法抵抗性成立機序の解明

    研究課題/研究課題番号:23659548  2011年 - 2012年

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    小川 靖

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    悪性黒色腫などの進行癌が化学療法抵抗性を来す機序として、静止期細胞(quiescent cell, QC)の存在が提唱されている。QCは細胞周期G0に静止しており、現在使用されている抗癌剤に対して抵抗性を示す。しかし、研究手段の不足もあり、十分な研究がなされていない状態である。QCのG0期静止を強制的に離脱させる手法の開発と、体内でのQCの動態を生体イメージングにより追跡する技術を開発する事は、腫瘍QCの病理的意義を直接的に証明しうる、強力な研究手段となりうる。
    DYRK1B(dual-specificity tyrosine-(Y)-phosphorylation regulated kinase 1B)は腫瘍細胞のG0期離脱を調整し、細胞ストレスに対する抵抗性を高めることからsurvival kinaseとして働くと考えられている。申請者はこのリン酸化酵素に対する特異的阻害剤INDYを開発してきたが、この阻害剤が QCを標的として、悪性腫瘍の抗癌剤への感受性を高めると想定した。DYRK1Bは、実際の悪性黒色腫の病理標本で発現が確認され、扁平上皮癌、膵癌、横紋筋肉腫、神経芽細胞腫など多くの悪性腫瘍細胞株でも発現が認められた。INDYとその関連分子を投与したところ、腫瘍細胞の抗癌剤への感受性が増加した。この効果は、抗癌剤の作用機序に非依存的であった。本研究はINDYがQCを標的として、悪性黒色腫をはじめとする、化学療法抵抗性の腫瘍のアジュバントとして有用である事を示唆しており、今後、INDYは、様々な悪性腫瘍の治療アジュバント薬としての開発リードとして期待される。また、DYRK1BがG0期に10倍以上集積する性質を利用して、QC細胞のin vivo イメージング系の作成を試みたが、現在まで、実用に堪える実験系を樹立するには至っていない。

▼全件表示

産業財産権 2

  1. DYRKを阻害するベンゾチアゾール誘導体を含有する医薬組成物

     詳細を見る

    出願人:萩原 正敏、 澁谷 浩司、 大西 英理子、 小川 靖、細谷 孝充、 平松 俊行、 吉田 実代

    出願番号:2008-190277  出願日:2008年7月

    出願国:国内  

  2. FGF21 Upregulates Expression of GLUT-1 in a βKlotho-Dependent Manner.

     詳細を見る

    出願人:Kuro-o M, Ogawa Y, Kurosu H, Rosenblatt K

    出願番号:U.S. Patent Number: 7,537,903 

    登録日:2009年5月 

    出願国:外国