2021/05/28 更新

写真a

オガワ ヤスシ
小川 靖
OGAWA, Yasushi
所属
医学部附属病院 先端医療開発部 講師
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
講師

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2004年11月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. ケミカルバイオロジー

  2. エピジェネティクス

  3. 炎症性角化症

  4. 皮膚科学

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 皮膚科学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. ケミカルバイオロジー的手法による皮膚疾患の解析

  2. 皮膚疾患におけるDFS70/LEDGFの役割

経歴 3

  1. 東京医科歯科大学大学院疾患生命科学研究部形質発現制御学 特任助教

    2007年1月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. テキサス大学サウスウエスタンメディカルセンター 病理学ポストドクトラルフェロー

    2005年4月 - 2007年1月

  3. テキサス大学サウスウエスタンメディカルセンター 皮膚科学ポストドクトラルフェロー

    2004年4月 - 2005年3月

学歴 1

  1. 名古屋大学   医学部

    - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

 

論文 44

  1. More than keratitis, ichthyosis, and deafness: Multisystem effects of lethal GJB2 mutations

    Lilly Evelyn, Bunick Christopher G., Maley Alexander M., Zhang Shali, Spraker Mary K., Theos Amy J., Vivar Karina L., Seminario-Vidal Lucia, Bennett Adam E., Sidbury Robert, Ogawa Yasushi, Akiyama Masashi, Binder Barbara, Hadj-Rabia Smail, Morotti Raffaella A., Glusac Earl J., Choate Keith A., Richard Gabriele, Milstone Leonard M.

    JOURNAL OF THE AMERICAN ACADEMY OF DERMATOLOGY   80 巻 ( 3 ) 頁: 617 - 625   2019年3月

  2. Survey on patients with undiagnosed diseases in Japan: potential patient numbers benefiting from Japan's initiative on rare and undiagnosed diseases (IRUD).

    Adachi T, Imanishi N, Ogawa Y, Furusawa Y, Izumida Y, Izumi Y, Suematsu M

    Orphanet journal of rare diseases   13 巻 ( 1 ) 頁: 208   2018年11月

     詳細を見る

  3. Pansclerotic morphea associated with hypohidrosis and anti-M3 muscarinic acetylcholine receptor antibodies 査読有り

    Fujita-Tanaka H., Ogawa Y., Muro Y., Ogawa-Momohara M., Asashima H., Tsuboi H., Sumida T., Akiyama M.

    BRITISH JOURNAL OF DERMATOLOGY   178 巻 ( 3 ) 頁: E210 - E211   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/bjd.16021

    Web of Science

  4. Biallelic Mutations in KDSR Disrupt Ceramide Synthesis and Result in a Spectrum of Keratinization Disorders Associated with Thrombocytopenia

    Takeichi Takuya, Torrelo Antonio, Lee John Y. W., Ohno Yusuke, Luisa Lozano Maria, Kihara Akio, Liu Lu, Yasuda Yuka, Ishikawa Junko, Murase Takatoshi, Belen Rodrigo Ana, Fernandez-Crehuet Pablo, Toi Yoichiro, Mellerio Jemima, Rivera Jose, Vicente Vicente, Kelsell David P., Nishimura Yutaka, Okuno Yusuke, Kojima Daiei, Ogawa Yasushi, Sugiura Kazumitsu, Simpson Michael A., McLean W. H. Irwin, Akiyama Masashi, McGrath John A.

    JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY   137 巻 ( 11 ) 頁: 2344 - 2353   2017年11月

  5. Image Gallery: Unilaterally dominant acrokeratoelastoidosis (punctate palmoplantar keratoderma type 3)

    Taki T., Ogawa Y., Sakakibara A., Kono M., Akiyama M.

    BRITISH JOURNAL OF DERMATOLOGY   177 巻 ( 4 ) 頁: E157 - E157   2017年10月

     詳細を見る

  6. Pigmented macules in Waardenburg syndrome type 2 due to KITLG mutation 査読有り

    Ogawa Yasushi, Kono Michihiro, Akiyama Masashi

    PIGMENT CELL & MELANOMA RESEARCH   30 巻 ( 5 ) 頁: 501 - 504   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pcmr.12597

    Web of Science

    PubMed

  7. Image Gallery: Palmoplantar hyperkeratosis in dermatomyositis with anti-PM/Scl antibodies

    Taki T., Muro Y., Ogawa Y., Akiyama M.

    BRITISH JOURNAL OF DERMATOLOGY   176 巻 ( 5 ) 頁: E94 - E94   2017年5月

     詳細を見る

  8. Epstein-Barr Virus-associated Natural Killer/T-cell Lymphoma in a Patient Receiving Therapy with Anti-Tumour Necrosis Factor and Thiopurine

    Murase Chiaki, Ogawa Yasushi, Yamamoto Azusa, Iriyama Chisako, Akiyama Masashi

    ACTA DERMATO-VENEREOLOGICA   97 巻 ( 2 ) 頁: 273 - 274   2017年2月

  9. Pityriasis Rubra Pilaris Type V as an Autoinflammatory Disease by CARD14 Mutations

    Takeichi Takuya, Sugiura Kazumitsu, Nomura Toshifumi, Sakamoto Taiko, Ogawa Yasushi, Oiso Naoki, Futei Yuko, Fujisaki Aki, Koizumi Akiko, Aoyama Yumi, Nakajima Kimiko, Hatano Yutaka, Hayashi Kei, Ishida-Yamamoto Akemi, Fujiwara Sakuhei, Sano Shigetoshi, Iwatsuki Keiji, Kawada Akira, Suga Yasushi, Shimizu Hiroshi, McGrath John A., Akiyama Masashi

    JAMA DERMATOLOGY   153 巻 ( 1 ) 頁: 66 - 70   2017年1月

  10. IgE-independent pathophysiology of severe atopic dermatitis demonstrated in an IgE-deficient patient. 査読有り

    Ogawa Y, Kono M, Tsujikawa M, Tsujiuchi H, Akiyama M.

    J Dermatol Sci.   82 巻 ( 2 ) 頁: 139-141   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jdermsci.2016.01.008.

  11. Design and synthesis of a potent inhibitor of class 1 DYRK kinases as a suppressor of adipogenesis. 査読有り

    Masaki S, Kii I, Sumida Y, Kato-Sumida T, Ogawa Y, Ito N, Nakamura M, Sonamoto R, Kataoka N, Hosoya T, Hagiwara M.

    Bioorg Med Chem.   23 巻 ( 15 ) 頁: 4434-4441   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2015.06.018.

  12. Anti-PM/Scl antibodies are found in Japanese patients with various systemic autoimmune conditions besides myositis and scleroderma. 査読有り

    Muro Y, Hosono Y, Sugiura K, Ogawa Y, Mimori T, Akiyama M.

    Arthritis Res Ther.   17 巻 ( 1 ) 頁: 57   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13075-015-0573-x.

  13. A Palindromic Motif in the -2084 to -2078 Upstream Region is Essential for ABCA12 Promoter Function in Cultured Human Keratinocytes 査読有り

    Yoshitaka Shimizu, Yasushi Ogawa, Kazumitsu Sugiura, Jun-ichi Takeda, Kaori Sakai-Sawada, Teruki Yanagi, Atsushi Kon, Daisuke Sawamura, Hiroshi Shimizu, Masashi Akiyama

    Scientific Reports   4 巻   頁: 6737   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Revertant mutation releases confined lethal mutation, opening Pandora's box: a novel genetic pathogenesis 査読有り

    Ogawa, Y. Takeichi, T. Kono, M. Hamajima, N. Yamamoto, T. Sugiura, K. Akiyama, M.

    PLoS Genet   10 巻 ( 5 ) 頁: e1004276   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Establishment of an ELISA to detect anti-glycyl-tRNA synthetase antibody (anti-EJ), a serological marker of dermatomyositis/polymyositis and interstitial lung disease 査読有り

    Hane, H. Muro, Y. Watanabe, K. Ogawa, Y. Sugiura, K. Akiyama, M.

    Clin Chim Acta   431 巻   頁: 9-14   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Nuclear envelope localization of Ran-binding protein 2 and Ran-GTPase-activating protein 1 in psoriatic epidermal keratinocytes 査読有り

    Yasuda, K. Sugiura, K. Takeichi, T. Ogawa, Y. Muro, Y. Akiyama, M.

    Exp Dermatol   23 巻 ( 2 ) 頁: 119-124   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. High survival rate of harlequin ichthyosis in Japan 査読有り

    Shibata, A. Ogawa, Y. Sugiura, K. Muro, Y. Abe, R. Suzuki, T. Akiyama, M.

    J Am Acad Dermatol   70 巻 ( 2 ) 頁: 387-388   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. The majority of generalized pustular psoriasis without psoriasis vulgaris is caused by deficiency of interleukin-36 receptor antagonist 査読有り

    Sugiura, K. Takemoto, A. Yamaguchi, M. Takahashi, H. Shoda, Y. Mitsuma, T. Tsuda, K. Nishida, E. Togawa, Y. Nakajima, K. Sakakibara, A. Kawachi, S. Shimizu, M. Ito, Y. Takeichi, T. Kono, M. Ogawa, Y. Muro, Y. Ishida-Yamamoto, A. Sano, S. Matsue, H. Morita, A. Mizutani, H. Iizuka, H. Muto, M. Akiyama, M.

    J Invest Dermatol   133 巻 ( 11 ) 頁: 2514-2521   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Possible roles of barrier-to-autointegration factor 1 in regulation of keratinocyte differentiation and proliferation

    Takama, H. Sugiura, K. Ogawa, Y. Muro, Y. Akiyama, M.

    J Dermatol Sci   71 巻 ( 2 ) 頁: 100-106   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Novel ABCA12 missense mutation p.Phe2144Ser underlies congenital ichthyosiform erythroderma 査読有り

    Shimizu, Y. Sugiura, K. Aoyama, Y. Ogawa, Y. Hitomi, K. Iwatsuki, K. Akiyama, M.

    J Dermatol Sci   40 巻 ( 7 ) 頁: 581-582   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Severe chilblain lupus is associated with heterozygous missense mutations of catalytic amino acids or their adjacent mutations in the exonuclease domains of 3'-repair exonuclease 1. 査読有り

    Sugiura, K. Takeichi, T. Kono, M. Ito, Y. Ogawa, Y. Muro, Y. Akiyama, M.

    J Invest Dermatol   132 巻 ( 12 ) 頁: 2855-7   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/jid.2012.210

  22. A novel IL36RN/IL1F5 homozygous nonsense mutation, p.Arg10X, in a Japanese patient with adult-onset generalized pustular psoriasis 査読有り

    Sugiura, K. Takeichi, T. Kono, M. Ogawa, Y. Shimoyama, Y. Muro, Y. Akiyama, M. Br J Dermatol

    Br J Dermatol   167 巻 ( 3 ) 頁: 699-701   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Severe Chilblain Lupus Is Associated with Heterozygous Missense Mutations of Catalytic Amino Acids or their Adjacent Mutations in the Exonuclease Domains of 3'-Repair Exonuclease 1. 査読有り

    Sugiura K, Takeichi T, Kono M, Ito Y, Ogawa Y, Muro Y and Akiyama M

    J Invest Dermatol     頁: In press   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Challenges to congenital genetic disorders with "RNA-targeting" chemical compounds 招待有り 査読有り

    Ogawa Y and Hagiwara M.

    Pharmacol Ther   134 巻 ( 3 ) 頁: 298-305   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. LEDGF/DFS70 activates the MK2/IL6/STAT3 pathway in HaCaT. 査読有り

    Takeichi T, Sugiura K, Muro Y, Ogawa Y, Akiyama M

    J Dermatol Sci   63 巻 ( 3 ) 頁: 203-5   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Leucettines, a class of potent inhibitors of cdc2-like kinases and dual specificity, tyrosine phosphorylation regulated kinases derived from the marine sponge leucettamine B: modulation of alternative pre-RNA splicing. 査読有り

    Debdab M, Carreaux F, Renault S, Soundararajan M, Fedorov O, Filippakopoulos P, Lozach O, Babault L, Tahtouh T, Baratte B, Ogawa Y, Hagiwara M, Eisenreich A, Rauch U, Knapp S, Meijer L, Bazureau JP.

    J Med Chem   54 巻 ( 12 ) 頁: 4172-86   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Overexpression of LEDGF/DFS70 Induces IL-6 via p38 Activation in HaCaT Cells, Similar to that Seen in the Psoriatic Condition. 査読有り

    Takeichi T, Sugiura K, Muro Y, Matsumoto K, Ogawa Y, Futamura K, Kaminuma O, Hashimoto N, Shimoyama Y, Saito H, Tomita Y.

    J Invest Dermatol   130 巻 ( 12 ) 頁: 2760-7   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Development of a novel selective inhibitor of the Down syndrome-related kinase Dyrk1A. 査読有り

    Ogawa Y, Nonaka Y, Goto T, Ohnishi E, Hiramatsu T, Kii I, Yoshida M, Ikura T, Onogi H, Shibuya H, Hosoya T, Ito N, Hagiwara M.

    Nature Communications   1 巻   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Intravital imaging of IL-1beta production in skin 査読有り

    Matsushima H, Ogawa Y, Miyazaki T, Tanaka H, Nishibu A, Takashima A.

    J Invest Dermatol.   130 巻 ( 6 ) 頁: 1571-1580   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Tissue-specific expression of betaKlotho and fibroblast growth factor (FGF) receptor isoforms determines metabolic activity of FGF19 and FGF21. 査読有り

    Kurosu H, Choi M, Ogawa Y, Dickson AS, Goetz R, Eliseenkova AV, Mohammadi M, Rosenblatt KP, Kliewer SA, Kuro-o M.

    J Biol Chem.   282 巻 ( 37 ) 頁: 26687-26695   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Molecular insights into the klotho-dependent, endocrine mode of action of fibroblast growth factor 19 subfamily members. 査読有り

    Goetz R, Beenken A, Ibrahimi OA, Kalinina J, Olsen SK, Eliseenkova AV, Xu C, Neubert TA, Zhang F, Linhardt RJ, Yu X, White KE, Inagaki T, Kliewer SA, Yamamoto M, Kurosu H, Ogawa Y, Kuro-o M, Lanske B, Razzaque MS, Mohammadi M.

    Mol Cell Biol.   27 巻 ( 9 ) 頁: 3417-3728   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. BetaKlotho is required for metabolic activity of fibroblast growth factor 21 査読有り

    Ogawa Y, Kurosu H, Yamamoto M, Nandi A, Rosenblatt KP, Goetz R, Eliseenkova AV, Mohammadi M, Kuro-o M.

    Proc Natl Acad Sci U S A.   104 巻 ( 18 ) 頁: 7432-7437   2007年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. HLA-associated production of anti-DFS70/LEDGF autoantibodies and systemic autoimmune disease. 査読有り

    Muro Y, Ogawa Y, Sugiura K, Tomita Y.

    J Autoimmun.   26 巻 ( 4 ) 頁: 252-257   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Regulation of fibroblast growth factor-23 signaling by klotho.

    Kurosu H, Ogawa Y, Miyoshi M, Yamamoto M, Nandi A, Rosenblatt KP, Baum MG, Schiavi S, Hu MC, Moe OW, Kuro-o M.

    J Biol Chem.   281 巻 ( 10 ) 頁: 6120-6123   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Anti-p80 coilin autoantibodies react with a conserved epitope and are associated with anti-DFS70/LEDGF autoantibodies. 査読有り

    Goto N, Sugiura K, Ogawa Y, Watanabe A, Onouchi H, Tomita Y, Muro Y.

    J Autoimmun.   26 巻 ( 1 ) 頁: 42-51   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Identification of novel pharmacological activities of an antifungal agent, nystatin, to promote dendritic cell maturation. 査読有り

    Ogawa Y, Mizumoto N, Tanaka H, Matsushima H, Takashima A.

    J Invest Dermatol.   126 巻 ( 2 ) 頁: 349-353   2006年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Regulation of oxidative stress by the anti-aging hormone klotho. 査読有り

    Yamamoto M, Clark JD, Pastor JV, Gurnani P, Nandi A, Kurosu H, Miyoshi M, Ogawa Y, Castrillon DH, Rosenblatt KP, Kuro-o M.

    J Biol CHem   280 巻 ( 45 ) 頁: 38029-34   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Discovery of novel immunostimulants by dendritic-cell-based functional screening. 査読有り

    Mizumoto N, Gao J, Matsushima H, Ogawa Y, Tanaka H, Takashima A.

    Blood   106 巻 ( 9 ) 頁: 3082-3089   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Autoantibodies to DFS70/LEDGF are increased in alopecia areata patients. 査読有り

    Okamoto M, Ogawa Y, Watanabe A, Sugiura K, Shimomura Y, Aoki N, Nagasaka T, Tomita Y, Muro Y.

    J Autoimmun.   23 巻 ( 3 ) 頁: 221-231   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Autoantigenicity of DFS70 is restricted to the conformational epitope of C-terminal alpha-helical domain. 査読有り

    Ogawa Y, Sugiura K, Watanabe A, Kunimatsu M, Mishima M, Tomita Y, Muro Y.

    J Autoimmun   23 巻 ( 3 ) 頁: 221-231   2004年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. A case of refractory bullous pemphigoid with plasmapheresis-associated thrombopenia: efficacy of pulsed intravenous cyclophosphamide therapy. 査読有り

    Ogawa Y, Adachi A, Okamoto M, Hashimoto T, Tomita Y.

    J Dermatol.   31 巻 ( 8 ) 頁: 651-654   2004年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. The successful use of topical tacrolimus treatment for a chronic actinic dermatitis patient with complications of idiopathic leukopenia. 査読有り

    Ogawa Y, Adachi A, Tomita Y.

    J Dermatol   30 巻 ( 11 ) 頁: 805-809   2003年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Autoantibody to thioredoxin reductase in an ovarian cancer patient. 査読有り

    Muro Y, Ogawa Y, Kato Y, Hagiwara M.

    Biochem Biophys Res Commun.   252 巻 ( 2 ) 頁: 267-271   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Calmodulin-dependent protein kinase II potentiates transcriptional activation through activating transcription factor 1 but not cAMP response element-binding protein. 査読有り

    Shimomura A, Ogawa Y, Kitani T, Fujisawa H, Hagiwara M.

    J Biol Chem.   271 巻 ( 30 ) 頁: 17957-17960   1996年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

科研費 3

  1. 中鎖脂肪酸トリグリセリド食を基盤とした先天性魚鱗癬の治療法開発

    研究課題/研究課題番号:17K10206  2017年4月 - 2018年3月

    小川 靖

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    Neutrallipidstoragediseasewithichthyosis(NLSDI, 別 名 Chanarin-Dorfman 症候群)は細胞内のトリグリセリド(TG) 代 謝 に 必 須 の 酵 素 で あ る CGI- 58/ABHD5 の欠損による、重症型の魚鱗癬症候群である。NLSDI のモデル動物である CGI-58 ノックアウトマウスでは表皮ケラチノサイト(KC)の分化が胎生期早 期から予想外に大きく障害されていた。食事療法の一つである、Middle-chain triglyceride diet(MCT食)は全身性に脂肪を異化し、肥満患者の体脂肪の減少を もたらし、てんかん等の治療に用いられている。NLSDI症例において、MCT食が皮膚を含めた全身の症状緩和をもたらした報告があるが、1例のみの短報にとど まっている。また、NLSDIにおける細胞内脂質蓄積による表皮分化障害については、その存在は想定されるものの、詳細な研究はなされていない。 本研究ではMCT dietがNLSDIモデルマウスの皮膚形成にもたらす影響を細胞生物学的に検討し、本療法の有用性の理論的基盤を確立する事を目的とした。MCT食を マウスに投与する事により、血清中の遊離脂肪酸およびTG濃度は減少した。NLSDIモデル仔マウスでは正常仔マウスに比べて、経費水分蒸散量は上昇したが、MCT 食を与えられた母マウスから出生したモデル仔マウスでは、上昇は抑制された。それぞれの仔マウスの表皮構造と角層内に蓄積する脂肪滴について組織学的に比 較検討したが、明らかな変化を認めなかった。また、表皮の分化マーカーであるインボルクリン、ロリクリンの発現レベルについて、有為な差異は認められな かった。本研究により、MCT食がNLSDIの皮膚症状を改善させる可能性が示唆されるものの、その機序については更なる検討が必要である。

  2. 表皮における脂質メディエーターの役割の解明と角化異常症の新規治療戦略への展開

    研究課題/研究課題番号:15H04887  2015年4月 - 2018年3月

    秋山 真志

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究計画において、研究代表者らは、遺伝性角化異常症患者家系を集積し、次世代シークエンサーを用いた全エクソーム・シークエンシング、全ゲノム・シークエンシングによる病因遺伝子変異解析を網羅的行い、病因遺伝子を同定し、角化異常症患者データバンクを作成した。
    表皮脂質動態と表皮細胞の分化、増殖との関係性の解明を目指し、疾患モデルマウスで、脂質関連分子、脂質メディエーターと表皮細胞の分化とのクロストークを分析した。今回の研究によって得られた結果から、表皮脂質による表皮細胞の分化・角化に対する影響を包括的にまとめ、それらのデータを総括し、実際に臨床応用可能な角化異常症の治療法を検討した。
    本研究の成果から、表皮脂質メディエーターと表皮細胞の分化との相互作用が包括的に解明されることは、表皮細胞の細胞生物学における大きなブレイク・スルーである。
    また、角化異常症の多くの症例では、脂質関連分子の異常が病因となっている。本研究で表皮細胞の脂質動態が明らかになることにより、多くの角化異常症の発症機序が詳細に解明され、原因療法への手がかりが得られる。今回の成果は、近い将来、角化異常症の患者さんにとって大きな福音となることが期待される。さらに、表皮の脂質動態の是正という治療戦略は、皮膚バリア機能障害によるアトピー・アレルギー性疾患の治療、予防への応用が大いに期待できる。

  3. 炎症性皮膚疾患ケラチノサイトにおけるエピゲノミクス異常の動的変化の解析

    研究課題/研究課題番号:26461657  2014年4月 - 2018年3月

    小川 靖

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    本研究は、乾癬の皮膚病変を誘導可能なモデルマウスを用いて、炎症性皮膚疾患におけるケラチノサイトのエピジェネティクス変化の病変形成における意義を検討する事を目指した。Imiquimod塗布乾癬皮膚病変モデルマウスにおいてクロマチン修飾に影響を及ぼす様々な薬剤をモデルマウス系に投与し症状の変化を検討する、リバースケミカルゲノミクス的な方法論を取る事とした。病態の形成を促進するヒストン脱メチル化酵素阻害剤と抑制するリン酸化酵素阻害剤を新たに同定した。

産業財産権 2

  1. DYRKを阻害するベンゾチアゾール誘導体を含有する医薬組成物

     詳細を見る

    出願人:萩原 正敏、 澁谷 浩司、 大西 英理子、 小川 靖、細谷 孝充、 平松 俊行、 吉田 実代

    出願番号:2008-190277  出願日:2008年7月

    出願国:国内  

  2. FGF21 Upregulates Expression of GLUT-1 in a βKlotho-Dependent Manner.

     詳細を見る

    出願人:Kuro-o M, Ogawa Y, Kurosu H, Rosenblatt K

    出願番号:U.S. Patent Number: 7,537,903 

    登録日:2009年5月 

    出願国:外国