2022/08/23 更新

写真a

ナカゾノ ミキオ
中園 幹生
NAKAZONO, Mikio
所属
大学院生命農学研究科 植物生産科学専攻 植物生産科学 教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(農学) ( 1995年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 植物分子遺伝学

  2. 植物分子生物学

  3. 植物生理学

研究分野 3

  1. 環境・農学 / 遺伝育種科学  / 植物遺伝育種学

  2. ライフサイエンス / 植物分子、生理科学  / 植物分子生物学

  3. ライフサイエンス / 植物分子、生理科学  / 植物生理学

現在の研究課題とSDGs 4

  1. 冠水・過湿ストレスに対するイネ科作物の応答と適応の分子機構の解明

  2. 過湿ストレスに対するダイズの応答と適応の分子機構の解明

  3. トマトの収量向上に寄与する組織構造の解明

  4. 酸性・鉄過剰土壌における安定的な稲作のためのイネの鉄過剰耐性機構の解明

経歴 8

  1. 西オーストラリア大学   理学部 非常勤教授(Adjunct Professor)

    2016年10月 - 2025年8月

      詳細を見る

    国名:オーストラリア連邦

  2. 名古屋大学   生物機能開発利用研究センター センター長

    2015年4月 - 2023年3月

  3. 名古屋大学   大学院生命農学研究科 教授

    2010年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 東京大学   大学院農学生命科学研究科 准教授

    2007年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 東京大学   大学院農学生命科学研究科 助教授

    2003年3月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. アイオワ州立大学   農学部 客員研究員(日本学術振興会海外特別研究員)

    2001年5月 - 2002年5月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  7. 東京大学   大学院農学生命科学研究科 助手

    1996年4月 - 2003年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 東京大学   農学部 助手

    1995年12月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 4

  1. 東京大学   大学院農学系研究科   農業生物学専攻 博士課程

    1993年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   大学院農学研究科   生化学制御専攻 博士課程後期課程

    1992年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   大学院農学研究科   生化学制御専攻 博士課程前期課程

    1990年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  4. 名古屋大学   農学部   農芸化学科

    1986年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本育種学会   副会長

    2022年4月 - 2024年3月

  2. 日本育種学会   幹事長

    2020年4月 - 2022年3月

  3. 日本育種学会   庶務幹事(総務)

    2008年4月 - 2010年3月

  4. 日本育種学会   庶務幹事(科研費・農学会担当)

    2006年4月 - 2008年3月

  5. 日本植物生理学会

  6. International Society for Plant Anaerobiosis

▼全件表示

 

論文 142

  1. Tandemly duplicated genes encoding polygalacturonase inhibitors are associated with bruchid (Callosobruchus chinensis) resistance in moth bean (Vigna aconitifolia). 査読有り 国際共著 国際誌

    Rathnayaka, S., Kaewwongwal, A., Laosatit, K., Yimram, T., Lin, Y., Chen, X., Nakazono, M. and Somta, P.

    Plant Science   323 巻   頁: 111402   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.plantsci.2022.111402

  2. Time-series multi-spectral imaging in soybean for improving biomass and genomic prediction accuracy. 査読有り 国際誌

    Sakurai, K., Toda, Y., Kajiya-Kanegae, H., Omori, Y., Yamasaki, Y., Takahashi, H., Takanashi, H., Tsuda, M., Tsujimoto, H., Kaga, A., Nakazono, M., Fujiwara, T. and Iwata, H.

    The Plant Genome     2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/tpg2.20244

  3. Modeling-based age-dependent analysis reveals the net patterns of ethylene-dependent and -independent aerenchyma formation in rice and maize roots. 査読有り 国際誌

    Yamauchi, T. and Nakazono, M.

    Plant Science   321 巻   頁: 111340   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.plantsci.2022.111340

  4. Genomic prediction of green fraction dynamics in soybean using UAV observations. 査読有り 国際共著 国際誌

    Toda, Y., Sasaki, G., Ohmori, Y., Yamasaki, Y., Takahashi, H., Takanashi, H., Tsuda, M., Kajiya-Kanegae, H., Lopez-Lozano, R., Tsujimoto, H., Kaga, A., Nakazono, M., Fujiwara, T., Baret, F. and Iwata, H

    Frontiers in Plant Science   13 巻   頁: 828864   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpls.2022.828864

  5. Mechanisms of lysigenous aerenchyma formation under abiotic stress. 査読有り 国際誌

    Yamauchi, T. and Nakazono, M.

    Trends in Plant Science   27 巻   頁: 13 - 15   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tplants.2021.10.012

  6. WUSCHEL-related homeobox family genes in rice control lateral root primordium size. 査読有り 国際共著 国際誌

    Kawai, T., Shibata, K., Akahoshi, R., Nishiuchi, S., Takahashi, H., Nakazono, M., Kojima, T., Nosaka-Takahashi, M., Sato, Y., Toyoda, A., Lucob-Agustin, N., Kano-Nakata, M., Suralta, R.R., Niones, J.M., Chen, Y., Siddique, K., Yamauchi, A. and Inukai, Y.

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   119 巻   頁: e2101846119   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.2101846119

  7. Radial oxygen loss from plant roots – methods 査読有り 国際共著 国際誌

    Jiménez, JdlC., Pellegrini, E., Pedersen, O. and Nakazono, M.

    Plants   10 巻   頁: 2322   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/plants10112322

  8. Expression analysis of genes for cytochrome P450 CYP86 and glycerol-3-phosphate acyltransferase related to suberin biosynthesis in rice roots under stagnant deoxygenated conditions. 査読有り 国際誌

    Nishiuchi, S., Watanabe, K., Sato, S., Takahashi, H. and Nakazono, M.

    Plant Root   15 巻   頁: 19 - 35   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3117/plantroot.15.19

  9. Key root traits of Poaceae for adaptation to soil water gradients. 査読有り 国際共著 国際誌

    Yamauchi, T., Pedersen, O., Nakazono, M. and Tsutsumi, N.

    New Phytologist   229 巻   頁: 3133 - 3140   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nph.17093

    PubMed

  10. Genetic regulation of root traits for soil flooding tolerance in genus Zea. 招待有り 査読有り 国際誌

    Mano, Y. and Nakazono, M.

    Breeding Science   71 巻   頁: 30 - 39   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1270/jsbbs.20117

  11. Dissection of root behavior to abiotic stimuli for breeding of climate-resilient crops 国際誌

    Uga, Y. and Nakazono, M.

    Breeding Science   71 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 1   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1270/jsbbs.71.1

    Web of Science

    PubMed

  12. Lateral roots, in addition to the adventitious roots, form a barrier to radial oxygen loss in Zea nicaraguensis and a chromosome segment introgression line in maize. 査読有り 国際共著 国際誌

    Pedersen, O., Nakayama, Y., Yasue, H., Kurokawa, Y., Takahashi, H., Floytrup, A.H., Omori, F., Mano, Y., Colmer, T.D. and Nakazono, M.

    New Phytologist   229 巻   頁: 94-105   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nph.16452

    PubMed

  13. Regulation of root adaptive anatomical and morphological traits during low soil oxygen. 招待有り 査読有り 国際共著 国際誌

    Pedersen, O., Sauter, M., Colmer, T.D. and Nakazono, M.

    New Phytologist   229 巻   頁: 42-49   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nph.16375

    PubMed

  14. Formation of a barrier to radial oxygen loss in L-type lateral roots of rice. 査読有り 国際誌

    Noorrohmah, S., Takahashi, H. and Nakazono, M.

    Plant Root   14 巻   頁: 33-41   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3117/plantroot.14.33

  15. Distance-to-time conversion using Gompertz model reveals age-dependent aerenchyma formation in rice roots. 査読有り 国際共著 国際誌

    Yamauchi, T., Nakazono, M., Inukai, Y. and Tsutsumi N.

    Plant Physiology   183 巻   頁: 1424-1427   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.20.00321

    PubMed

  16. Differences in xylem development between Dutch and Japanese tomato (Solanum lycopersicum) correlate with cytokinin levels in hypocotyls. 査読有り 国際共著 国際誌

    Qi, X., Takahashi, H., Kawasaki, Y., Ohta, Y., Isozaki, M., Kojima, M., Takebayashi, Y., Sakakibara, H., Imanishi, S., Chen, X. and Nakazono, M.

    Annals of Botany   126 巻   頁: 315-322   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/aob/mcaa094

    PubMed

  17. A role for auxin in ethylene-dependent inducible aerenchyma formation in rice roots. 査読有り 国際誌

    Yamauchi, T., Tanaka, A., Tsutsumi, N., Inukai, Y. and Nakazono, M.

    Plants   9 巻 ( 5 ) 頁: e610   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/plants9050610

    PubMed

  18. QTLs for constitutive aerenchyma from Zea nicaraguensis improve tolerance of maize to root-zone oxygen deficiency. 査読有り 国際共著 国際誌

    Gong, F., Takahashi, H., Omori, F., Wang, W., Mano, Y. and Nakazono, M.

    Journal of Experimental Botany   70 巻   頁: 6475-6487   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jxb/erz403

    PubMed

  19. Fine control of aerenchyma and lateral root development through AUX/IAA and ARF-dependent auxin signaling. 査読有り 国際誌

    Yamauchi, T., Tanaka, A., Inahashi, H., Nishizawa, N.K., Tsutsumi, N., Inukai, Y. and Nakazono, M.

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   116 巻 ( 41 ) 頁: 20770-20775   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1907181116

    PubMed

  20. Genetic and tissue-specific RNA-sequencing analysis of self-compatible mutant TSC28 in Brassica rapa L. toward identification of a novel self-incompatibility factor. 査読有り 国際誌

    Osaka M, Nabemoto M, Maeda S, Sakazono S, Masuko-Suzuki H, Ito K, Takada Y, Kobayashi I, Lim YP, Nakazono M, Fujii S, Murase K, Takayama S, Suzuki G, Suwabe K and Watanabe M

    Genes & Genetic Systems   94 巻   頁: 167-176   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1266/ggs.19-00010

    PubMed

  21. Specification of the basal region identity after asymmetric zygotic division requires mitogen-activated protein kinase 6 in rice. 査読有り 国際誌

    Ishimoto, K., Sonohara, S., Kaboshi-Kishi, M., Itoh, J., Hibara, K., Sato, Y., Watanabe, T., Abe, K., Miyao, A., Nosaka-Takahashi, M., Suzuki, T., Ta, N.K., Shimizu-Sato, S., Suzuki, T., Toyoda, A., Takahashi, H., Nakazono, M., Nagato, Y., Hirochika, H. and Sato, Y.

    Development   146 巻   頁: dev176305   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/dev.176305

    PubMed

  22. Rice acclimation to soil flooding: low concentrations of organic acids can trigger a barrier to radial oxygen loss in roots. 査読有り 国際共著 国際誌

    Colmer, T.D., Kotula, L., Malik, A.I., Takahashi, H., Konnerup, D., Nakazono, M. and Pedersen, O.

    Plant, Cell & Environment   42 巻   頁: 2183-2197   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pce.13562

    PubMed

  23. Root cortex provides a venue for gas-space formation and is essential for plant adaptation to waterlogging. 査読有り 国際誌

    Yamauchi, T., Abe, F., Tsutsumi, N. and Nakazono, M.

    Frontiers in Plant Science   10 巻   頁: e259   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpls.2019.00259

  24. Laser microdissection-based tissue specific transcriptome analyses reveals novel regulatory network of genes involved in heat-induced grain chalk in rice endosperm. 査読有り 国際共著 国際誌

    Ishimaru, T., Parween, S., Saito, Y., Shigemitsu, T., Yamakawa, H., Nakazono, M., Masumura, T., Nishizawa, N.K., Kondo, M. and Sreenivasulu, N.

    Plant and Cell Physiology   60 巻   頁: 626-642   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcy233

  25. Sucrose supply from leaves is required for aerenchymatous phellem formation in hypocotyl of soybean under waterlogged conditions. 査読有り 国際共著 国際誌

    Takahashi, H., Qi, X., Shimamura, S., Yanagawa, A., Hiraga, S. and Nakazono, M.

    Annals of Botany   121 巻   頁: 723-731   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/aob/mcx205

  26. Regulation of root traits for internal aeration and tolerance to soil waterlogging-flooding stress. 査読有り 国際共著 国際誌

    Yamauchi, T., Colmer, T.D., Pedersen, O. and Nakazono, M.

    Plant Physiology   176 巻   頁: 1118-1130   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1104/pp.17.01157

  27. A major locus involved in the formation of the radial oxygen loss barrier in adventitious roots of teosinte Zea nicaraguensis is located on the short-arm of chromosome 3. 査読有り 国際共著 国際誌

    Watanabe, K., Takahashi, H., Sato, S., Nishiuchi, S., Omori, F., Malik, A.I., Colmer, T.D., Mano, Y. and Nakazono, M.

    Plant, Cell & Environment   40 巻   頁: 304-316   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pce.12849

  28. Molecular bases for phyllomorph development in a one-leaf plant, Monophyllaea glabra (Gesneriaceae). 査読有り 国際誌

    Ishikawa, N., Takahashi, H., Nakazono, M. and Tsukaya, H.

    American Journal of Botany   104 巻   頁: 233-240   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3732/ajb.1600303

  29. Community recommendations on terminology and procedures used in flooding and low oxygen stress research 査読有り 国際誌

    Sasidharan, R., Bailey-Serres, J., Ashikari, M., Atwell, B., Colmer, T.D., Fagerstedt, K., Fukao, T., Geigenberger, P., Hebelstrup, K., Hill, R.D., Holdsworth, M.J., Ismail, A.M., Licausi, F., Mustroph, A., Nakazono, M., Pedersen, O., Perata, P., Sauter, M., Shih, M.-C., Sorrell, B., Striker, G.G., van Dongen, J.T., Whelan, J., Xiao, S., Visser, E.J.W. and Voesenek, L.A.C.J.

    New Phytologist   214 巻   頁: 1403-1407   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nph.14519

  30. Anatomical and biochemical characterisation of a barrier to radial O2 loss in adventitious roots of two contrasting Hordeum marinum accessions. 査読有り 国際共著 国際誌

    Kotula, L., Schreiber, L., Colmer, T.D. and Nakazono, M.

    Functional Plant Biology   44 巻   頁: 845-857   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1071/FP16327

  31. An NADPH oxidase RBOH functions in rice roots during lysigenous aerenchyma formation under oxygen-deficient conditions. 査読有り 国際誌

    Yamauchi, T., Yoshioka, M., Fukazawa, A., Mori, H., Nishizawa, N.K., Tsutsumi, N., Yoshioka, H. and Nakazono, M.

    Plant Cell   29 巻   頁: 775-790   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.16.00976

  32. METALLOTHIONEIN genes encoding ROS scavenging enzymes are down-regulated in the root cortex during inducible aerenchyma formation in rice. 査読有り 国際誌

    Yamauchi, T., Fukazawa, A. and Nakazono, M.

    Plant Signaling & Behavior   12 巻   頁: e1388976   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15592324.2017.1388976

  33. Rice stomatal closure requires guard cell plasma membrane ATP-binding cassette transporter RCN1/OsABCG5. 査読有り 国際誌

    Matsuda, S., Takano, S., Nagasawa. H., Yoshikawa, S., Tokuji, Y., Yazaki, K., Nakazono, M., Takamure, I. and Kato, K.

    Molecular Plant   9 巻   頁: 417-427   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molp.2015.12.007

  34. Ethylene-dependent aerenchyma formation in adventitious roots is regulated differently in rice and maize. 査読有り 国際誌

    Yamauchi, T., Tanaka, A., Mori, H., Takamure, I., Kato, K. and Nakazono, M.

    Plant, Cell & Environment   39 巻   頁: 2145-2157   2016年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pce.12766

  35. Transcriptional regulatory mechanism of alcohol dehydrogenase 1-deficient mutant of rice for the cell survival under complete submergence. 査読有り 国際共著 国際誌

    Mohanty, B., Takahashi, H., de los Reyes, B.G., Wijaya, E., Nakazono, M. and Lee, D.Y.

    Rice   9 巻   頁: e51   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12284-016-0124-3

  36. Transcripts of two ent-copalyl diphosphate synthase genes differentially localize in rice plants according to their distinct biological roles. 査読有り 国際誌

    Toyomasu, T., Usui, M., Sugawara, C., Kanno, Y., Sakai, A., Takahashi, H., Nakazono, M., Kuroda, M., Miyamoto, K., Morimoto, Y., Mitsuhashi, W., Okada, K., Yamaguchi, S. and Yamane, H.

    Journal of Experimental Botany   66 巻   頁: 369–376   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jxb/eru424

  37. Transcriptional characteristics and differences in Arabidopsis stigmatic papilla cells pre- and post-pollination. 査読有り 国際誌

    Matsuda, T., Matsushima, M., Nabemoto, M., Osaka, M., Sakazono, S., Masuko-Suzuki, H., Takahashi, H., Nakazono, M., Iwano, M., Takayama, S., Shimizu, K.K., Okumura, K., Suzuki, G., Watanabe, M. and Suwabe, K.

    Plant and Cell Physiology   56 巻   頁: 663-673   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcu209

  38. The rice RCN11 gene encodes β1,2-xylosyltransferase and is required for plant responses to abiotic stresses and phytohormones. 査読有り 国際誌

    Takano, S., Matsuda, S., Funabiki, A., Furukawa, J., Yamauchi, T., Tokuji, Y., Nakazono, M., Shinohara, Y., Takamure, I. and Kato, K.

    Plant Science   236 巻   頁: 75-88   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.plantsci.2015.03.022

  39. Transcript profiles in cortical cells of maize primary root during ethylene-induced lysigenous aerenchyma formation under aerobic conditions. 査読有り 国際誌

    Takahashi, H., Yamauchi, T., Rajhi, I., Nishizawa, N.K. and Nakazono, M.

    Annals of Botany   115 巻   頁: 879-894   2015年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/aob/mcv018

  40. Ethylene biosynthesis is promoted by very-long-chain fatty acids during lysigenous aerenchyma formation in rice roots. 査読有り 国際誌

    Yamauchi, T., Shiono, K., Nagano, M., Fukazawa, A., Ando, M., Takamure, I., Mori, H., Nishizawa, N.K., Kawai-Yamada, M., Tsutsumi, N., Kato, K. and Nakazono, M.

    Plant Physiology   169 巻   頁: 180-193   2015年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.15.00106

  41. Laser microdissection-based gene expression analysis in the aleurone layer and starchy endosperm of developing rice caryopses in the early storage phase. 査読有り 国際誌

    Ishimaru, T. Ida, M., Hirose, S., Shimamura, S., Masumura, T., Nishizawa, N.K., Nakazono, M. and Kondo, M.

    Rice   8 巻   頁: e22   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12284-015-0057-2

  42. Molecular cloning and expression analysis of the WEE1 and CCS52A genes in European pear (Pyrus communis L.) and their possible roles in a giant fruit mutant. 査読有り 国際誌

    Hanada, T., Nashima, K., Kato, M., Takashina, T., Ikeda, K., Sakamoto, Y., Takahashi, H., Nakazono, M., Oikawa, A., Shiratake, K. and Isuzugawa, K.

    Journal of Horticultural Science & Biotechnology   90 巻   頁: 511-517   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14620316.2015.11668707

  43. Rice alcohol dehydrogenase 1 promotes survival and has a major impact on carbohydrate metabolism in the embryo and endosperm when seeds are germinated in partially oxygenated water. 査読有り 国際共著 国際誌

    Takahashi, H., Greenway, H., Matsumura, H., Tsutsumi N. and Nakazono, M.

    Annals of Botany   113 巻   頁: 851-859   2014年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/aob/mct305

  44. Strigolactone and cytokinin act antagonistically in regulating rice mesocotyl elongation in darkness. 査読有り 国際誌

    Hu, Z., Yamauchi, T., Yang, J., Jikumaru, Y., Tsuchida-Mayama, T., Ichikawa, H., Takamure, I., Nagamura, Y., Tsutsumi, N., Yamaguchi, S., Kyozuka J. and Nakazono M.

    Plant and Cell Physiology   55 巻   頁: 30-41   2014年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pct150

  45. Ethylene and reactive oxygen species are involved in root aerenchyma formation and adaptation of wheat seedlings to oxygen-deficient conditions. 査読有り 国際誌

    Yamauchi, T., Watanabe, K., Fukazawa, A., Mori, H., Abe, F., Kawaguchi, K., Oyanagi, A. and Nakazono, M.

    Journal of Experimental Botany   65 巻   頁: 261-273   2014年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jxb/ert371

  46. Effects of organic acids on formation of the barrier to radial oxygen loss in roots of Hordeum marinum. 査読有り 国際共著 国際誌

    Kotula, L., Colmer, T.D. and Nakazono, M.

    Functional Plant Biology   41 巻   頁: 187-202   2014年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1071/FP13178

  47. Spatial transcriptomes of iron-deficient and cadmium-stressed rice. 査読有り 国際誌

    Ogo, Y., Kakei, Y., Nakanishi-Itai, R., Kobayashi, T., Nakanishi, H., Takahashi, H., Nakazono, M and Nishizawa, N.K.

    New Phytologist   201 巻   頁: 781-794   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nph.12577

  48. Biochemical and molecular characterization of rice (Oryza sativa L.) roots forming a barrier to radial oxygen loss. 招待有り 査読有り 国際誌

    Kulichikhin, K., Yamauchi, T., Watanabe, K. and Nakazono, M.

    Plant, Cell & Environment,   37 巻   頁: 2406-2420   2014年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pce.12294

  49. Transcriptome analysis of flower receptacle of the European pear (Pyrus communis L.) `La France' and its giant fruit sport using next-generation sequencing technology. 査読有り 国際誌

    Nashima, K., Terakami, S., Nishitani, C., Yamamoto, T., Habu, T., Takahashi, H., Nakazono, M., Isuzugawa, K., Hanada, T., Takashina, T., Matsumoto, S., Otagaki, S., Mori, H., Oikawa, A. and Shiratake, K.

    Journal of Horticultural Science & Biotechnology   89 巻   頁: 293-300   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14620316.2014.11513082

  50. Microarray analysis of laser-microdissected tissues indicates the biosynthesis of suberin in the outer part of roots during formation of a barrier to radial oxygen loss in rice (Oryza sativa). 査読有り 国際共著 国際誌

    Shiono, K., Yamauchi, T, Yamazaki, S., Mohanty, B., Malik, A.I., Nagamura, Y., Nishizawa, N.K., Tsutsumi, N., Colmer, T.D. and Nakazono, M.

    Journal of Experimental Botany   65 巻   頁: 4795-4806   2014年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jxb/eru235

  51. RCN1/OsABCG5, an ATP-binding cassette (ABC) transporter, is required for hypodermal suberization of roots in rice (Oryza sativa). 査読有り 国際誌

    Shiono, K., Ando, M., Nishiuchi, S., Takahashi, H., Watanabe, K., Nakamura, M., Matsuo, Y., Yasuno, N., Yamanouchi, U., Fujimoto, M., Takanashi, H., Ranathunge, K., Franke, R., Shitan, N., Nishizawa, N.K., Takamure, I., Yano, M., Tsutsumi, N., Schreiber, L., Yazaki, K., Nakazono, M. and Kato, K.

    Plant Journal   80 巻   頁: 40-51   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/tpj.12614

  52. Aerenchyma formation in crop species: a review. 招待有り 査読有り 国際誌

    Yamauchi, T., Shimamura, S., Nakazono, M. and Mochizuki, T.

    Field Crops Research   152 巻   頁: 8-16   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.fcr.2012.12.008

  53. Does suberin accumulation in plant roots contribute to waterlogging tolerance? 招待有り 査読有り 国際誌

    Watanabe, K., Nishiuchi, S., Kulichikhin, K. and Nakazono M.

    Frontiers in Plant Science   4 巻   頁: e178   2013年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.3389/fpls.2013.00178

  54. Molecular evidence for phytosiderophore-induced improvement of iron nutrition of peanut intercropped with maize in calcareous soil. 査読有り 国際共著 国際誌

    Xiong, H., Kakei, Y., Kobayashi, T., Guo, X., Nakazono, M., Takahashi, H., Nakanishi, H., Shen, H., Zhang, F., Nishizawa, N.K. and Zuo, Y.

    Plant, Cell & Environment   36 巻   頁: 1888-1902   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pce.12097

  55. Transcriptome analysis of developing ovules in rice isolated by laser microdissection. 査読有り 国際誌

    Kubo, T., Fujita, M., Takahashi, H., Nakazono, M., Tsutsumi, N. and Kurata, N.

    Plant and Cell Physiology   54 巻   頁: 750-765   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pct029

  56. Microarray analysis of gene expression patterns during fruit development in European pear (Pyrus communis). 査読有り 国際誌

    Nashima, K., Shimizu, T., Nishitani, C., Yamamoto, T., Takahashi, H., Nakazono, M., Itai, A., Isuzugawa, K., Hanada, T., Takashina, T., Matsumoto, S., Otagaki, S., Oikawa, A. and Shiratake, K.

    Scientia Horticulturae   164 巻   頁: 466-473   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scienta.2013.09.054

  57. Transcriptome analysis of giant pear fruit with fruit-specific DNA reduplication on a mutant branch. 査読有り 国際誌

    Nashima, K., Takahashi, H., Nakazono, M., Shimizu, T., Nishitani, C., Yamamoto, T., Itai, A., Isuzugawa, K., Hanada, T., Takashina, T., Kato, M., Matsumoto, S., Oikawa, A. and Shiratake, K.

    Journal of the Japanese Society for Horticultural Science   82 巻   頁: 301-311   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2503/jjshs1.82.301

  58. Cell type-specific transcriptome of Brassicaceae stigmatic papilla cells from a combination of laser microdissection and RNA sequencing. 査読有り 国際誌

    Osaka, M., Matsuda, T., Sakazono, S., Masuko-Suzuki, H., Maeda, S., Sewaki, M., Sone, M., Takahashi, H., Nakazono, M., Iwano, M., Takayama, S., Shimizu, K.K.., Yano, K., Lim, Y.P., Suzuki, G., Suwabe, K. and Watanabe, M.

    Plant and Cell Physiology   54 巻   頁: 1894-1906   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pct133

  59. Mechanisms for coping with submergence and waterlogging in rice. 招待有り 査読有り 国際誌

    Nishiuchi, S., Yamauchi, T., Takahashi, H., Kotula, L. and Nakazono, M.

    Rice   5 巻   頁: e2   2012年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: doi:10.1186/1939-8433-5-2

  60. Acquisition of aluminum tolerance by modification of a single gene in barley. 査読有り 国際誌

    Fujii, M., Yokosho, K., Yamaji, N., Saisho, D., Yamane, M., Takahashi, H., Sato, K., Nakazono, M. and Ma, J.F.

    Nature Commun.   3 巻   頁: 713   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1038/ncomms1726

  61. Genome-wide transcriptome dissection of the rice root system: Implications for developmental and physiological functions. 査読有り 国際誌

    Takehisa, H., Sato, Y., Igarashi, M., Abiko, T., Antonio, B., Kamatsuki, K., Minami, H., Namiki, N., Inukai, Y., Nakazono, M. and Nagamura, Y.

    Plant J.   69 巻   頁: 126–140   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-313X.2011.04777.x

  62. Cell-type specific transcriptome analysis in nodules of Lotus japonicas. 査読有り 国際誌

    Takanashi, K., Takahashi, H., Sakurai, N., Sugiyama, A., Shibata , D., Nakazono, M. and Yazaki, K.

    Mol. Plant-Microbe Interact.   25 巻   頁: 869-876   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1094/MPMI-01-12-0011-R

  63. Enhanced formation of aerenchyma and induction of a barrier to radial oxygen loss in adventitious roots of Zea nicaraguensis contribute to its waterlogging tolerance as compared with maize (Zea mays ssp. mays). 査読有り 国際共著 国際誌

    Abiko, T., Kotula, L., Shiono, K., Malik, A.I., Colmer, T.D. and Nakazono, M.

    Plant Cell Environ.   35 巻   頁: 1618–1630   2012年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-3040.2012.02513.x

  64. AhNRAMP1 iron transporter is involved in iron acquisition in peanut. 査読有り 国際共著 国際誌

    Xiong, H., Kobayashi, T., Kakei, Y., Senoura, T., Nakazono, M., Takahashi, H., Nakanishi, H., Shen, H., Duan, P., Guo, X., Nishizawa, N.K. and Zuo, Y.

    J. Exp. Bot.   63 巻   頁: 4437–4446   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jxb/ers117

  65. Screening of candidate genes associated with constitutive aerenchyma formation in adventitious roots of the teosinte Zea nicaraguensis. 査読有り 国際誌

    Abiko, T., Obara, M., Abe, F., Kawaguchi, K., Oyanagi, A., Yamauchi, T. and Nakazono, M.

    Plant Root   6 巻   頁: 19-27   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3117/plantroot.6.19

  66. Lysigenous aerenchyma formation in maize root is confined to cortical cells by regulation of genes related to generation and scavenging of reactive oxygen species. 査読有り 国際誌

    Yamauchi, T., Rajhi, I., and Nakazono, M.

    Plant Signal. Behav.   6 巻   頁: 759-761   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4161/psb.6.5.15417

  67. Contrasting dynamics of radial O2-loss barrier induction and aerenchyma formation in rice roots of two lengths. 査読有り 国際共著 国際誌

    Shiono, K., Ogawa, S., Yamazaki, S., Isoda, H., Fujimura, T., Nakazono, M. and Colmer, T.D.

    Annals of Botany   107 巻   頁: 89–99   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/aob/mcq221

  68. Identification of genes expressed in maize root cortical cells during lysigenous aerenchyma formation using laser microdissection and microarray analyses. 査読有り 国際共著 国際誌

    Rajhi, I., Yamauchi, T., Takahashi, H., Nishiuchi, S., Shiono, K., Watanabe, R., Mliki, A., Nagamura, Y., Tsutsumi, N., Nishizawa, N.K. and Nakazono, M.

    New Phytol.   190 巻   頁: 351-368   2011年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1469-8137.2010.03535.x

  69. Cell division and cell elongation in the coleoptile of rice alcohol dehydrogenase 1-deficient mutant are reduced under complete submergence. 査読有り 国際誌

    Takahashi, H., Saika, H., Matsumura, H., Nagamura, Y., Tsutsumi, N., Nishizawa, N.K. and Nakazono, M.

    Annals of Botany   108 巻   頁: 253-261   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/aob/mcr137

  70. Comprehensive network analysis of anther-expressed genes in rice by the combination of 33 laser microdissection and 143 spatiotemporal microarrays. 査読有り 国際誌

    Aya, K., Suzuki, G., Suwabe, K., Hobo, T., Takahashi, H., Shiono, K., Yano, K., Tsutsumi, N., Nakazono, M., Nagamura, Y., Matsuoka, M. and Watanabe, M.

    PLoS ONE   6 巻   頁: e26162   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0026162

  71. A method for obtaining high quality RNA from paraffin sections of plant tissues by laser microdissection. 査読有り 国際誌

    Takahashi, H., Kamakura, H., Sato, Y., Shiono, K., Abiko, T., Tsutsumi, N., Nagamura, Y., Nishizawa, N.K. and Nakazono, M

    J. Plant Res.   123 巻   頁: 807–813   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10265-010-0319-4

  72. Strigolactones negatively regulate mesocotyl elongation in rice during germination and growth in darkness. 査読有り 国際共著 国際誌

    Hu, Z., Yan, H., Yang, J., Yamaguchi, S., Maekawa, M., Takamure, I., Tsutsumi, N., Kyozuka, J. and Nakazono, M.

    Plant Cell Physiol.   51 巻   頁: 1136-1142   2010年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcq075

  73. Apple phloem cells contain some mRNAs transported over long distances. 査読有り 国際誌

    Kanehira, A., Yamada, K., Iwaya, T., Tsuwamoto, R., Kasai, A., Nakazono, M. and Harada, T.

    Tree Genet. Genomes   6 巻   頁: 635-642   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11295-010-0279-9

  74. Fusion of mitochondria in tobacco suspension cultured cells is dependent on the cellular ATP level but not on actin polymerization. 査読有り 国際誌

    Wakamatsu, K., Fujimoto, M., Nakazono, M., Arimura, S. and Tsutsumi, N.

    Plant Cell Rep.   29 巻   頁: 1139-1145   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00299-010-0897-6

  75. A receptor-like kinase, KLAVIER, mediates systemic regulation of nodulation and non-symbiotic shoot development in Lotus japonicus. 国際誌

    Miyazawa, H., Oka-Kira, E., Sato, N., Takahashi, H., Wu, G. J., Sato, S., Hayashi, M., Betsuyaku, S., Nakazono, M., Tabata, S., Harada, K., Sawa, S., Fukuda, H. and Kawaguchi, M.

    Development   137 巻   頁: 4317-4325   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/dev.058891

  76. Arabidopsis dynamin-related proteins DRP3A and DRP3B are functionally redundant in mitochondrial fission but have distinct roles in peroxisomal fission. 査読有り 国際誌

    Fujimoto, M., Arimura, S., Mano, S., Kondo, M., Saito, C., Ueda, T., Nakazono, M., Nakano, A., Nishimura, M. and Tsutsumi, T.

    Plant J.   58 巻   頁: 388-400   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-313X.2009.03786.x

  77. Rice OsYSL15 is an iron-regulated iron(III)-deoxymugineic acid transporter expressed in the roots and is essential for iron uptake in early growth of the seedlings. 査読有り 国際誌

    Inoue, H., Kobayashi, T., Nozoye, T., Takahashi, M., Kakei, Y., Suzuki, K., Nakazono, M., Nakanishi, H., Mori, S. and Nishizawa, N.K.

    J. Biol. Chem.   284 巻   頁: 3470-3479   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M806042200

  78. Formation of grain chalkiness and changes in water distribution in developing rice caryopses grown under high-temperature stress. 査読有り 国際誌

    Ishimaru, T., Horigane, A.K., Ida, M., Iwasawa, N., San-oh, Y.A., Nakazono, M., Nishizawa, N.K., Masumura, T., Kondo, M. and Yoshida, M.

    J. Cereal Sci.   50 巻   頁: 166-174   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcs.2009.04.011

  79. Nod factor/nitrate-induced CLE genes that drive HAR1-mediated systemic regulation of nodulation. 査読有り 国際誌

    Okamoto, S., Ohnishi, E., Sato, S., Takahashi, H., Nakazono, M., Tabata, S. and Kawaguchi, M.

    Plant Cell Physiol.   50 巻   頁: 67-77   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcn194

  80. Role of ethylene in acclimations to promote oxygen transport in roots of plants in waterlogged soils. 査読有り 国際共著 国際誌

    Shiono, K., Takahashi, H., Colmer, T.D. and Nakazono, M.

    Plant Sci.   175 巻   頁: 52-58   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.plantsci.2008.03.002

  81. Separated transcriptomes of male gametophyte and tapetum in rice: validity of a laser microdissection (LM) microarray. 査読有り 国際誌

    Suwabe, K., Suzuki, G., Takahashi, H., Shiono, K., Endo, M., Yano, K., Fujita, M., Masuko, H., Saito, H., Fujioka, T., Kaneko, F., Kazama, T., Mizuta, Y., Kawagishi-Kobayashi, M., Tsutsumi, N., Kurata, N., Nakazono, M. and Watanabe, M.

    Plant Cell Physiol.   49 巻   頁: 1407-1416   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcn124

  82. Arabidopsis dynamin-related protein DRP2B is co-localized with DRP1A on the leading edge of the forming cell plate. 査読有り 国際誌

    Fujimoto, M., Arimura, S., Nakazono, M. and Tsutsumi, N.

    Plant Cell Rep.   27 巻   頁: 1581-1586   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00299-008-0583-0

  83. Drought induction of Arabidopsis 9-cis-epoxycarotenoid dioxygenase occurs in vascular parenchyma cells. 査読有り 国際誌

    Endo, A., Sawada, Y., Takahashi, H., Okamoto, M., Ikegami, K., Koiwai, H., Seo, M., Toyomasu, T., Mitsuhashi, W., Shinozaki, K., Nakazono, M., Kamiya, Y., Koshiba, T. and Nambara, E.

    Plant Physiol.   147 巻   頁: 1984-1993   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.108.116632

  84. Arabidopsis ELM1 is required for the localization of dynamin-related protein DRP3A to mitochondrial fission sites. 査読有り 国際誌

    Arimura, S., Fujimoto, M., Doniwa, Y., Kadoya, N., Nakazono, M., Sakamoto, W. and Tsutsumi, N.:

    Plant Cell   20 巻   頁: 1555-1566   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.108.058578

  85. Various spatiotemporal expression profiles of anther-expressed genes in rice. 査読有り 国際誌

    Hobo, T., Suwabe, K., Aya, K., Suzuki, G., Yano, K., Ishimizu, T., Fujita, M., Kikuchi, S., Hamada, K., Miyano, M., Fujioka, T., Kaneko, F., Kazama, T., Mizuta, Y., Takahashi, H., Shiono, K., Nakazono, M., Tsutsumi, N., Nagamura, Y., Kurata, N., Watanabe, M. and Matsuoka, M.

    Plant Cell Physiol.   49 巻   頁: 1417-1428   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcn128

  86. Cell type-specific gene expression profiling in plants by using a combination of laser microdissection and high-throughput technologies. 査読有り 国際共著 国際誌

    Ohtsu, K., Takahashi, H., Schnable, P.S. and Nakazono, M.

    Plant Cell Physiol.   48 巻   頁: 3-7   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcl049

  87. Rice tillering dwarf mutant dwarf3 has increased leaf longevity during darkness-induced senescence or hydrogen peroxide-induced cell death. 査読有り 国際誌

    Yan, H., Saika, H., Maekawa, M., Takamure, I., Tsutsumi, N., Kyozuka, J. and Nakazono, M.

    Genes Genet. Syst.   82 巻   頁: 361-366   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1266/ggs.82.361

  88. A method for obtaining high integrity RNA from developing aleurone cells and starchy endosperm in rice (Oryza sativa L.) by laser microdissection. 査読有り 国際誌

    Ishimaru, T., Nakazono, M., Masumura, T., Abiko, M., San-oh, Y., Nishizawa, N. K. and Kondo, M.

    Plant Sci.   173 巻   頁: 321-326   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.plantsci.2007.06.004

  89. Ethylene promotes submergence-induced expression of OsABA8ox1, a gene that encodes ABA 8´-hydroxylase in rice. 国際誌

    Saika, H., Okamoto, M., Miyoshi, K., Kushiro, T., Shinoda, S., Jikumaru, Y., Fujimoto, M., Arikawa, T., Takahashi, H., Ando, M., Arimura, S., Miyao, A., Hirochika, H., Kamiya, Y., Tsutsumi, N., Nambara, E. and Nakazono, M.

    Plant Cell Physiol.   48 巻   頁: 287-298   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcm003

  90. Isolation of MaDEF from Muscari armeniacum and analysis of its expression using laser microdissection. 査読有り 国際誌

    Nakada, M., Komatsu, M., Ochiai, T., Ohtsu, K., Nakazono, M., Nishizawa, N.K., Nitta, K., Nishiyama, R., Kameya, T. and Kanno, A.

    Plant Sci.   170 巻   頁: 143-150   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.plantsci.2005.08.021

  91. Rice plants take up iron as an Fe3+-phytosiderophore and as Fe2+. 査読有り 国際誌

    Ishimaru, Y., Suzuki, M., Tsukamoto, T., Suzuki, K., Nakazono, M., Kobayashi, T., Wada, Y., Watanabe, S., Matsuhashi, S., Takahashi, M., Nakanishi, H., Mori, S. and Nishizawa, N.K.

    Plant J.   45 巻   頁: 335-346   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-313X.2005.02624.x

  92. Analysis of expression of genes for mitochondrial aldehyde dehydrogenase in maize during submergence and following re-aeration. 査読有り 国際誌

    Meguro, N., Tsuji, H., Suzuki, Y., Tsutsumi, N., Hirai, A. and Nakazono, M.

    Breed. Sci.   56 巻   頁: 365-370   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1270/jsbbs.56.365

  93. Dynamic and reversible changes in histone H3-Lys4 methylation and H3 acetylation occurring at submergence-inducible genes in rice. 査読有り 国際誌

    Tsuji, H., Saika, H., Tsutsumi, N., Hirai, A. and Nakazono, M.

    Plant Cell Physiol.   47 巻   頁: 995-1003   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcj072

  94. GAMYB controls different sets of genes and is differentially regulated by microRNA in aleurone cells and anthers. 査読有り 国際誌

    Tsuji, H., Aya, K., Ueguchi-Tanaka, M., Shimada, Y., Nakazono, M., Watanabe, R., Nishizawa, N.K., Gomi, K., Shimada, A., Kitano, H., Ashikari, M. and Matsuoka, M.

    Plant J.   47 巻   頁: 427-444   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-313X.2006.02795.x

  95. A point mutation of Adh1 gene is involved in repression of coleoptile elongation under submergence in rice. 査読有り 国際誌

    Saika, H., Matsumura, H., Takano, T., Tsutsumi, N. and Nakazono, M.

    Breed Sci.   56 巻   頁: 69-74   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1270/jsbbs.56.69

  96. cDNA microarray analysis of gene expression changes during pollination, pollen-tube elongation, fertilization, and early embryogenesis in rice pistils. 査読有り 国際誌

    Yoshida, K.T., Endo, M., Nakazono, M., Fukuda, H., Demura, T., Tsuchiya, T. and Watanabe, M.

    Sex. Plant Reprod.   17 巻   頁: 269-275   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00497-004-0238-4

  97. Anaconda, a new class of transposon belonging to the Mu superfamily, has diversified by acquiring host genes during rice evolution. 査読有り 国際誌

    Ohtsu, K., Hirano, H., Tsutsumi, N., Hirai, A. and Nakazono, M.

    Mol. Genet. Genomics   274 巻   頁: 606-615   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00438-005-0053-0

  98. A transposon-induced spontaneous mutation results in low β-amylase content in rice. 査読有り 国際誌

    Saika, H., Nakazono, M., Ikeda, A., Yamaguchi, J., Masaki, S., Kanekatsu, M. and Nemoto, K.

    Plant Sci.   169 巻   頁: 239-244   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.plantsci.2005.03.022

  99. Global expression profiling applied to plant development. 査読有り 国際共著 国際誌

    Schnable, P.S., Hochholdinger, F. and Nakazono, M.

    Curr. Opin. Plant Biol.   7 巻   頁: 50-56   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pbi.2003.11.001

  100. A rice dynamin-like protein, OsDRP3A, is involved in mitochondrial fission. 査読有り 国際誌

    Fujimoto, M., Arimura, S., Nakazono, M. and Tsutsumi, N.

    Breed. Sci.   54 巻   頁: 367-372   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1270/jsbbs.54.367

  101. Frequent fusion and fission of plant mitochondria with unequal nucleoid distribution. 査読有り 国際誌

    Arimura, S., Yamamoto, J., Aida, G.P., Nakazono, M. and Tsutsumi, N.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   101 巻   頁: 7805-7808   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.0401077101

  102. Arabidopsis dynamin-like protein 2a (ADL2a), like ADL2b, is involved in plant mitochondrial division. 査読有り 国際誌

    Arimura, S., Aida, G.P., Fujimoto, M., Nakazono, M. and Tsutsumi, N.

    Plant Cell Physiol.   45 巻   頁: 236-242   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pch024

  103. The rice pyruvate decarboxylase 3 gene, which lacks introns, is transcribed in mature pollen. 査読有り 国際誌

    Li, Y., Ohtsu, K., Nemoto, K., Tsutsumi, N., Hirai, A. and Nakazono, M.

    J. Exp. Bot.   55 巻   頁: 145-146   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jxb/erh029

  104. Organ-specific expressions and chromosomal locations of two mitochondrial aldehyde dehydrogenase genes from rice (Oryza sativa L.), ALDH2a and ALDH2b. 査読有り 国際誌

    Tsuji, H., Tsutsumi, N., Sasaki, T., Hirai, A. and Nakazono, M.

    Gene   305 巻   頁: 195-204   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0378-1119(03)00383-4

  105. Induction of mitochondrial aldehyde dehydrogenase by submergence facilitates oxidation of acetaldehyde during re-aeration in rice. 査読有り 国際誌

    Tsuji, H., Meguro, N., Suzuki, Y., Tsutsumi, N., Hirai, A. and Nakazono, M.

    FEBS Lett.   546 巻   頁: 369-373   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0014-5793(03)00631-8

  106. Laser capture microdissection, a tool for the global analysis of gene expression in specific plant cell types: Identification of genes differentially expressed in epidermal cells or vascular tissues of maize. 査読有り 国際共著 国際誌

    Nakazono, M., Qiu, F., Borsuk, L.A. and Schnable, P.S.

    Plant Cell   15 巻   頁: 583-596   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.008102

  107. The complete sequence of rice (Oryza sativa L.) mitochondrial genome: frequent DNA sequence acquisition and loss during evolution of flowering plants. 査読有り 国際誌

    Notsu, Y., Masood, S., Nishikawa, T., Kubo, N., Akiduki, G., Nakazono, M., Hirai, A. and Kadowaki, K.

    Mol. Gen. Genomics   268 巻   頁: 434-445   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00438-002-0767-1

  108. AOX1c, a novel rice gene for alternative oxidase; comparison with rice AOX1a and AOX1b. 査読有り 国際誌

    Saika, H., Ohtsu, K., Hamanaka, S., Nakazono, M., Tsutsumi, N. and Hirai, A.

    Genes Genet. Syst.   77 巻   頁: 31-38   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1266/ggs.77.31

  109. ABA-independent expression of rice alternative oxidase genes under environmental stresses. 査読有り 国際誌

    Ohtsu, K., Ito, Y., Saika, H., Nakazono, M., Tsutsumi, N. and Hirai, A.

    Plant Biotechnol.   19 巻   頁: 187-190   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5511/plantbiotechnology.19.187

  110. Decreased transcription of a gene encoding putative mitochondrial aldehyde dehydrogenase in barley (Hordeum vulgare L.) under submerged conditions. 査読有り 国際誌

    Meguro, N., Nakazono, M., Tsutsumi, N. and Hirai, A.

    Plant Biotechnol.   18 巻   頁: 223-228   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5511/plantbiotechnology.18.223

  111. ATP synthesis inhibitors as well as respiratory inhibitors increase steady-state level of alternative oxidase mRNA in Arabidopsis thaliana. 査読有り 国際誌

    Saisho, D., Nakazono, M., Tsutsumi, N. and Hirai, A.

    J. Plant Physiol.   158 巻   頁: 241-245   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1078/0176-1617-00193

  112. Characterization and expression of the genes for cytochrome c oxidase subunit VIb (COX6b) from rice and Arabidopsis thaliana. 査読有り 国際誌

    Ohtsu, K., Nakazono, M., Tsutsumi, N. and Hirai, A.

    Gene   264 巻   頁: 233-239   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0378-1119(01)00334-1

  113. The gene for alternative oxidase-2 (AOX2) from Arabidopsis thaliana consists of five exons unlike other AOX genes and is transcribed at an early stage during germination. 査読有り 国際誌

    Saisho, D., Nakazono, M., Lee, K.H., Tsutsumi, N., Akita, S. and Hirai, A.

    Genes Genet. Syst.   76 巻   頁: 89-97   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1266/ggs.76.89

  114. Expression of a gene encoding mitochondrial aldehyde dehydrogenase in rice increases under submerged conditions. 査読有り 国際誌

    Nakazono, M., Tsuji, H., Li, Y., Saisho, D., Arimura, S., Tsutsumi, N. and Hirai, A.

    Plant Physiol.   124 巻   頁: 587-598   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.124.2.587

  115. Characterization of two cDNA clones encoding isozymes of the F1F0-ATPase inhibitor protein of rice mitochondria. 査読有り 国際誌

    Nakazono, M., Imamura, T., Tsutsumi, N., Sasaki, T. and Hirai, A.

    Planta   210 巻   頁: 188-194   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/PL00008125

  116. Molecular and cellular characterizations of a cDNA clone encoding a novel isozyme of aldehyde dehydrogenase from rice. 査読有り 国際誌

    Li, Y., Nakazono, M., Tsutsumi, N. and Hirai, A.

    Gene   249 巻   頁: 67-74   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0378-1119(00)00152-9

  117. Transcript levels of the nuclear-encoded respiratory genes in rice decrease by oxygen deprivation: evidence for involvement of calcium in expression of the alternative oxidase 1a gene. 査読有り 国際誌

    Tsuji, H., Nakazono, M., Saisho, D., Tsutsumi, N. and Hirai, A.

    FEBS Lett.   471 巻   頁: 201-204   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0014-5793(00)01411-3

  118. AtUCP2: a Novel isoform of the mitochondrial uncoupling protein of Arabidopsis thaliana. 査読有り 国際誌

    Watanabe, A., Nakazono, M., Tsutsumi, N. and Hirai, A.

    Plant Cell Physiol.   40 巻   頁: 1160-1166   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/oxfordjournals.pcp.a029501

  119. A novel plant nuclear gene coding for chloroplast ribosomal protein S9 has a transit peptide related to that of rice chloroplast ribosomal protein L12. 査読有り 国際誌

    Arimura, S., Takusagawa, S., Hatano, S., Nakazono, M., Hirai, A. and Tsutsumi, N.

    FEBS Lett.   450 巻   頁: 231-234   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0014-5793(99)00491-3

  120. Characterization of a cDNA encoding a novel subunit for cytochrome c oxidase (COX6b) from rice. 査読有り 国際誌

    Ohtsu, K., Hamanaka, S., Yamazaki, K., Nakazono, M. and Hirai, A.

    Breed. Sci.   49 巻   頁: 211-215   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1270/jsbbs.49.211

  121. Identification of cDNA encoding cytochrome c oxidase subunit 5c (COX5c) from rice: comparison of its expression with nuclear-encoded and mitochondrial-encoded COX genes. 査読有り 国際誌

    Hamanaka, S., Ohtsu, K., Kadowaki, K., Nakazono, M. and Hirai, A.

    Genes Genet. Syst.   74 巻   頁: 71-75   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1266/ggs.74.71

  122. Transcription of plastid-derived tRNA genes in rice mitochondria. 査読有り 国際誌

    Miyata, S., Nakazono, M. and Hirai, A.

    Curr. Genet.   34 巻   頁: 216-220   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s002940050389

  123. A rapid and efficient method for the isolation of differentially expressed genes: Simplified differential display. 査読有り 国際誌

    Nakazono, M. and Yoshida, K.T.

    Plant Biotechnol.   14 巻   頁: 187-190   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5511/plantbiotechnology.14.187

  124. A chloroplast derived trnH gene is expressed in the mitochondrial genome of gramineous plants. 査読有り 国際誌

    Kanno, A., Nakazono, M., Hirai, A. and Kameya, T.

    Plant Mol. Biol.   34 巻   頁: 353-356   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1023/A:1005828728036

  125. Characterization of the gene family for alternative oxidase from Arabidopsis thaliana. 査読有り 国際誌

    Saisho, D., Nambara, E., Naito, S., Tsutsumi, N., Hirai, A. and Nakazono, M.

    Plant Mol. Biol.   35 巻   頁: 585-596   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1023/A:1005818507743

  126. Maintenance of chloroplast-derived sequences in the mitochondrial DNA of Gramineae. 査読有り 国際誌

    Kanno, A., Nakazono, M., Hirai, A. and Kameya, T.

    Curr. Genet.   32 巻   頁: 413-419   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s002940050296

  127. Transcript levels of tandem-arranged alternative oxidase genes in rice are increased by low temperature. 査読有り 国際誌

    Ito, Y., Saisho, D., Nakazono, M., Tsutsumi, N. and Hirai, A.

    Gene   203 巻   頁: 121-129   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0378-1119(97)00502-7

  128. A chloroplast-derived sequence is utilized as a source of promoter sequences for the gene for subunit 9 of NADH dehydrogenase (nad9) in rice mitochondria. 査読有り 国際誌

    Nakazono, M., Nishiwaki, S., Tsutsumi, N. and Hirai, A.

    Mol. Gen. Genet.   252 巻   頁: 371-378   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF02173001

  129. Multiple initiation sites for transcription of a gene for subunit 1 of F1-ATPase (atp1) in rice mitochondria. 査読有り 国際誌

    Nakazono, M., Ishikawa, M., Yoshida, K.T., Tsutsumi, N. and Hirai, A.

    Curr. Genet.   29 巻   頁: 417-422   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF02221508

  130. The gene for a subunit of an ABC-type heme transporter is transcribed together with the gene for subunit 6 of NADH dehydrogenase in rice mitochondria. 査読有り 国際誌

    Nakazono, M., Ito, Y., Tsutsumi, N. and Hirai, A.

    Curr. Genet.   29 巻   頁: 412-416   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF02221507

  131. RNA editing of transcripts of the gene for apocytochrome b (cob) in rice mitochondria. 査読有り 国際誌

    Ito, Y., Nakazono, M., Kadowaki, K., Tsutsumi, N. and Hirai, A.

    Genes Genet. Syst.   71 巻   頁: 85-89   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1266/ggs.71.85

  132. Homologous recombination mediated by two palindromic repeated sequences in the mitochondrial genome of Oryza. 査読有り 国際誌

    Nakazono, M., Kanno, A., Tsutsumi, N. and Hirai, A.

    Theor. Appl. Genet.   91 巻   頁: 1-8   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF00220851

  133. Structure of a gene for subunit 9 of NADH dehydrogenase (nad9) in rice mitochondria and RNA editing of its transcript. 査読有り 国際誌

    Nishiwaki, S., Nakazono, M., Tsutsumi, N. and Hirai, A.

    Plant Cell Physiol.   36 巻   頁: 1135-1138   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/oxfordjournals.pcp.a078858

  134. A small repeated sequence contains the transcription initiation sites for both trnfM and rrn26 in rice mitochondria. 査読有り 国際誌

    Nakazono, M., Tsutsumi, N., Sugiura, M. and Hirai, A.

    Plant Mol. Biol.   28 巻   頁: 343-346   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF00020253

  135. The CRTA motif is present in the promoters of mitochondrial genes of rice. 査読有り 国際誌

    Nakazono, M., Tsutsumi, N. and Hirai, A.

    Plant Sci.   105 巻   頁: 227-234   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/0168-9452(94)04046-X

  136. The rps3-rpl16-nad3-rps12 gene cluster in rice mitochondrial DNA is transcribed from alternative promoters. 査読有り 国際誌

    Nakazono, M., Itadani, H., Wakasugi, T., Tsutsumi, N., Sugiura, M. and Hirai, A.

    Curr. Genet.   27 巻   頁: 184-189   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF00313433

  137. Palindromic repeated sequences (PRSs) in the mitochondrial genome of rice: evidence for their insertion after divergence of the genus Oryza from the other Gramineae. 査読有り 国際誌

    Nakazono, M., Kanno, A., Tsutsumi, N. and Hirai, A.

    Plant Mol. Biol.   24 巻   頁: 273-281   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF00020167

  138. Nucleotide sequence of a 28 kbp portion of rice mitochondrial DNA: the existence of many sequences that correspond to parts of mitochondrial genes in intergenic regions. 査読有り 国際誌

    Itadani, H., Wakasugi, T., Sugita, M., Sugiura, M., Nakazono, M. and Hirai, A.

    Plant Cell Physiol.   35 巻   頁: 1239-1244   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/oxfordjournals.pcp.a078718

  139. Evolutionary variation in DNA sequences transferred from chloroplast genomes to mitochondrial genomes in the Gramineae. 査読有り 国際誌

    Watanabe, N., Nakazono, M., Kanno, A., Tsutsumi, N. and Hirai, A.

    Curr. Genet.   26 巻   頁: 512-518   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF00309942

  140. Six percent of the mitochondrial genome in rice came from chloroplast DNA. 査読有り 国際誌

    Hirai, A. and Nakazono, M.

    Plant Mol. Biol. Reporter   11 巻   頁: 98-100   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF02670465

  141. Identification of the entire set of transferred chloroplast DNA sequences in the mitochondrial genome of rice. 査読有り 国際誌

    Nakazono, M. and Hirai, A.

    Mol. Gen. Genet.   236 巻   頁: 341-346   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF00277131

  142. Genetic and physical maps and a clone bank of mitochondrial DNA from rice. 査読有り 国際誌

    Iwahashi, M., Nakazono, M., Kanno, A., Sugino, K., Ishibashi, T. and Hirai, A.

    Theor. Appl. Genet.   84 巻   頁: 275-279   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF00229482

▼全件表示

書籍等出版物 16

  1. Roles of phytohormones in morphological and anatomical responses of plants to flooding stress. [Plant Hormones under Challenging Environmental Factors. (Ahammed, G.J. and Yu, J. (eds))]

    Hu, Z., Qi, X., Zhang, M., Chen, X. and Nakazono, M( 担当: 共著)

    Springer  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  2. Aerenchyma formation in plants. [Plant Cell Monographs: Low-Oxygen Stress in Plants. (J. T. van Dongen and F. Licausi (Eds.))]

    Takahashi, H. Yamauchi, T., Colmer, T.D. and Nakazono, M.( 担当: 共著)

    Springer  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  3. 植物の通気組織形成過程におけるメタロチオネインの組織特異的な発現制御. 「生化学」

    山内卓樹、西内俊策、中園幹生( 担当: 共著)

    日本生化学会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 過湿土壌に対する作物の応答と適応機構. 「湿地環境と作物―環境と調和した作物生産をめざして― (坂上 潤一、中園 幹生、島村 聡、伊藤 治、石澤 公明 (編著))」

    塩野克宏、高橋宏和、中園幹生( 担当: 共著)

    養賢堂  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 種子形成・発芽過程におけるヒストン修飾による遺伝子発現調節. 「種子の科学とバイオテクノロジー (原田久也(監修)、種子生理生化学研究会(編))」

    中園幹生( 担当: 単著)

    学会出版センター  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. イネ実生の嫌気応答:冠水下で伸びる謎に迫る. 「発芽生物学―種子発芽の生理・生態・分子機構― (種生物学会(吉岡俊人、清和研二)編)」

    高橋宏和、中園幹生( 担当: 共著)

    文一総合出版  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. Abiotic stress. [Rice Biology in the Genomics Era (Hirai, H., Sasaki, T., Sano, Y. and Hirano, H. (eds))]

    Ohnishi, T., Nakazono, M. and Tsutsumi, N.( 担当: 共著)

    Springer  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  8. Frequent DNA transfer among mitochondrial, plastid and nuclear genomes of rice during evolution. [Rice Biology in the Genomics Era (Hirai, H., Sasaki, T., Sano, Y. and Hirano, H. (eds)) ]

    Nakazono, M. and Hirai, A.( 担当: 共著)

    Springer  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  9. 植物は過湿土壌にどのように適応しているのか 「化学と生物」

    塩野克宏、高橋宏和、中園幹生( 担当: 共著)

    学会出版センター  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. 環境ストレスに応答したヒストン修飾の制御. 「植物のエピジェネティクス(細胞工学別冊 植物細胞工学24)」

    辻 寛之、中園幹生( 担当: 共著)

    秀潤社  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. ヒストン修飾による植物の環境応答. 「化学と生物」

    中園幹生、三好健太郎、松永幸大( 担当: 共著)

    学会出版センター  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. 植物のヒストン翻訳後修飾研究の幕開け. 「化学と生物」

    松永幸大、栗原大輔、中園幹生( 担当: 共著)

    学会出版センター  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. Involvement of aldehyde dehydrogenase in alleviation of post-anoxic injury in rice. [Abiotic stress tolerance in plants --Toward the improvement of global environment and food-- (Rai, A.K. and Takabe, T. (eds))]

    Meguro, N., Tsuji, H., Tsutsumi, N., Nakazono, M. and Hirai, A.( 担当: 共著)

    Springer  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  14. 酸化ストレスとミトコンドリア機能. 「二重膜オルガネラの遺伝学 (蛋白質核酸酵素(2005年11月号増刊))」

    目黒直樹、最相大輔、中園幹生( 担当: 共著)

    共立出版  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. Gene structure and expression of alternative oxidases from Arabidopsis thaliana and Oryza sativa. [Plant mitochondria: from gene to function]

    Nakazono, M., Saisho, D., Ito, Y., Hamanaka, S., Tsujii, T. and Hirai, A.( 担当: 共著)

    Backhuys Publishers  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  16. 高等植物のミトコンドリアゲノム:ゲノム構造とその再編成 「蛋白質核酸酵素」

    中園幹生、平井篤志( 担当: 共著)

    共立出版  1992年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 10

  1. RNA-Seq解析によるZea nicaraguensisの酸素漏出バリア形成に関与する重要遺伝子の探索

    中山洋平、高橋宏和、Maurizio Camagna、佐藤 豊、豊田 敦、大森 史恵、間野吉郎、中園 幹生

    日本育種学会第139回講演会  2021年3月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. Zea nicaraguensisの側根に形成される酸素漏出バリアの遺伝・生理学的解析 国際共著

    中園幹生、中山洋平、安江広樹、黒川裕介、Ole Pedersen、Anja Heidi Floytrup、Timothy David Colmer、高橋宏和、大森史恵、間野吉郎

    日本育種学会第138回講演会  2020年10月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  3. イネの側根による通気組織形成の抑制機構

    中園幹生、清水春衣、高橋宏和、志水(佐藤) 佐江、佐藤 豊

    日本植物学会第84回講演会  2020年9月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. Roles of plant hormones in anatomical responses of roots to flooding stress 招待有り 国際会議

    Mikio Nakazono

    23rd International Conference on Plant Growth Substances   2019年6月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語  

    国名:フランス共和国  

  5. Molecular mechanisms for constitutive and inducible lysigenous aerenchyma formation in rice root 招待有り 国際会議

    Mikio Nakazono

    13th International Society of Plant Anaerobiosis Conference  2019年6月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Taipei   国名:台湾  

  6. Genetic and physiological analyses of root traits for internal aeration of plants under flooded soil conditions 招待有り

    Mikio Nakazono

    Anmeldung zu einem Vortrag im Rahmen des Botanischen Kolloquiums  2019年5月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Bonn   国名:ドイツ連邦共和国  

  7. Root traits that determine waterlogging resilience in rice and maize 招待有り 国際会議

    Mikio Nakazono

    Keystone Symposia Conference - Climate Change-Linked Stress Tolerance in Plants   2019年5月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Hannover   国名:ドイツ連邦共和国  

  8. Characterization of the root traits for internal aeration of rice under flooded soil conditions 招待有り 国際会議

    Mikio Nakazono

    16th International Symposium on Rice Functional Genomics   2018年9月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Tokyo   国名:日本国  

  9. Genetic and physiological analyses of the root traits for internal aeration of crops under flooded soil conditions 招待有り

    Mikio Nakazono

    International Symposium on Crop Roots and Rhizosphere Interactions  2017年10月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Yangling   国名:中華人民共和国  

  10. The roles of ethylene and auxin in constitutive lysigenous aerenchyma formation in rice root 国際会議

    Mikio Nakazono

    12th International Society for Plant Anaerobiosis Conference  2016年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Helsingør   国名:デンマーク王国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 5

  1. 野生遺伝資源を活用したイネ科新奇食糧資源の開拓

    2020年12月 - 2023年3月

    JST未来社会創造事業 

    佐藤 豊 (研究代表者)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  2. 植物環境応答のモデル化に基づく発展型ゲノミックセレクションシステムの開発

    2016年10月 - 2022年3月

    JST CREST 

    岩田洋佳(研究代表者)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  3. 統合オミクス情報を利用したトマトの体系的最適栽培管理技術の開発

    2014年4月 - 2019年3月

    戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)(次世代農林水産業創造技術)  SIP

    坂田好輝(研究代表者)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. Rice and seagrass roots in anoxic sediments: coping with soil phytotoxins for productive wetland crops and aquatic ecosystems 国際共著

    2017年1月 - 2017年12月

    UWA Research Collaboration Awards 

    Tim Colmer, Ole Pedersen, Mikio Nakazono, Hirokazu Takahashi

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  5. ダイズにおける有用トリテルペン(ルペオールおよびベツリン酸)の合成酵素の機能解析

    2013年4月 - 2014年3月

    不二たん白質研究振興財団 研究助成 

    中園幹生

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

科研費 19

  1. トウモロコシ属植物の耐湿性獲得機構の全容解明と分子育種への応用

    研究課題/研究課題番号:21H04724  2021年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(A)

    中園幹生(研究代表者)、間野吉郎、村瀬 潤、高橋秀和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:41860000円 ( 直接経費:32200000円 、 間接経費:9660000円 )

  2. 根圏マイクロバイオームを活用した持続型農業を実現するイネ遺伝子の探索と育種利用

    研究課題/研究課題番号:21K18221  2021年7月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金   挑戦的研究(開拓)

    中園幹生(研究代表者)、村瀬 潤、藤原 徹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:26000000円 ( 直接経費:20000000円 、 間接経費:6000000円 )

  3. 土相・水相・気相の三相をまたぐ不規則な環境変動に対するレジリエンス機構

    研究課題/研究課題番号:20H05912  2020年11月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  学術変革領域研究(A)

    芦苅基行(研究代表者)、打田直行、中園幹生

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. イネの根における酸素漏出バリア形成の遺伝学的・生理学的調節機構の解明

    研究課題/研究課題番号:20F20393  2020年11月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    中園幹生(受入研究者)、Juan De La Cruz Jimenez Serna(JSPS外国人研究員)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  5. 根の通気組織がトウモロコシの環境ストレス耐性向上に及ぼす効果の検証とその機構解明

    研究課題/研究課題番号:20K05976  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    間野吉郎(研究代表者)、中園幹生

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  6. 遺伝型・表現型が支配する水稲根圏の微生物食物連鎖構造と機能

    研究課題/研究課題番号:20H02887  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    村瀬 潤(研究代表者)、中園幹生、土井 一行、 西内 俊策

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 酸素漏出バリア形成機構の解明及びトウモロコシの耐湿性向上への寄与の検証

    研究課題/研究課題番号:18H02175  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    中園幹生(研究代表者)、間野吉郎、高溝 正

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

  8. トウモロコシの耐湿性強化に寄与する酸素漏出バリアの形成機構の解明

    研究課題/研究課題番号:15H04434  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    中園幹生(研究代表者)、間野吉郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:16770000円 ( 直接経費:12900000円 、 間接経費:3870000円 )

  9. ダイズの二次通気組織形成を誘導する葉由来の長距離シグナルの探索

    研究課題/研究課題番号:25660003  2013年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    中園 幹生(研究代表者)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    ダイズの二次通気組織の形成誘導には、湛水・明条件で葉由来のシグナルが胚軸に輸送されることが必要である。本研究では、その葉由来シグナルを同定し、二次通気組織形成の誘導調節機構の解明を目指した。二次通気組織の形成速度の異なるダイズ品種アソアオガリとエンレイを用いて、相互に接木の実験を行った結果、アソアオガリの二次通気組織を早く発達させるという形質の制御には、胚軸そのものが関与していることが示唆された。さらに、光合成産物であるスクロースが、葉から師管を通って胚軸に供給されることによって、二次通気組織の形成が誘導されることが分かり、葉由来シグナルはスクロースであることが明らかになった。

  10. ダイズの耐湿性強化に寄与する二次通気組織の形成機構の解明

    研究課題/研究課題番号:12F02394  2012年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    中園幹生(受入研究者)、QI Xiaohua(JSPS外国人研究員)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    ダイズの耐湿性付与に重要な役割を果たす二次通気組織形成機構を解明することが本研究の目的である。これまでの解析により、二次通気組織形成には葉で合成された糖(スクロース)が湛水条件下で胚軸に輸送されることが重要であることを明らかにした。そのことを確認するために、明条件または暗条件で湛水処理をしたダイズの胚軸内のスクロースの蓄積量を測定した。その結果、明条件下で湛水処理をした場合にのみ、胚軸内でスクロースの蓄積量の増加が観察された。また、湛水条件下で、上胚軸を切断した幼植物体の切断面に糖を添加することによって、二次通気組織形成が観察されるかどうかを調査したところ、グルコース処理時には部分的に、スクロース処理時には非切断時と同程度まで二次通気組織形成能が回復することが明らかとなった。それに対して、ネガティブコントロールの糖として用いたマンニトールで処理した場合では二次通気組織は形成されなかった。これらの結果から、湛水条件下の二次通気組織形成には、葉で光合成によって生合成される糖(スクロース)が師部を通して胚軸に供給されることが、二次通気組織の形成に重要であることを確認できた。
    また、二次通気組織形成に関与する調節因子としてCLEペプチドが考えられているので、二次通気組織形成時に特異的に発現するCLE遺伝子を同定して、組織別の定量RT-PCRを実施した。また、人工合成したCLEペプチドを投与して、二次通気組織形成への効果を確かめた。
    今後、これらの解析を通して、糖やCLEペプチドによる二次通気組織形成の制御機構を明らかにする予定である。
    27年度が最終年度であるため、記入しない。
    27年度が最終年度であるため、記入しない。

  11. アジアの洪水常襲地に適した持続的作物栽培体系の開発

    研究課題/研究課題番号:24405021  2012年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    坂上潤一(研究代表者)、江原 宏、許 東河、中園幹生、八田珠郎、犬飼義明、國分牧衛

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本研究は、インドネシア国内に広がる沼沢地(SWAMP)を対象に、イネとダイズの作物栽培体系の適応可能性を明らかにする目的で行った。まず、イネにおいては、鉄過剰耐性品種を選抜するとともに、QTL解析から鉄無毒化と吸収抑制に関わる機構を明らかにした。また、冠水障害回避に効果的な肥培管理方法を提案した。さらに、現地における、再生二期作の高生産テンシャルを実証した。次に、ダイズにおいて、塩障害を引き起こす生理的メカニズムを明らかにするとともに、耐塩性準同質遺伝子系統の有用性を現地で明らかにした。一方、酸性土壌におけるイネの枯死は低pHが原因と断定し、硫酸酸性土壌生成の原因の一部についても明らかにした。

  12. イネのジテルペン環化酵素遺伝子群の進化・分化に関する研究

    研究課題/研究課題番号:24580155  2012年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    豊増知伸(研究代表者)、岡田憲典、黒田昌治、中園幹生

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    栽培イネ(Oryza sativa)は、植物ホルモンのジベレリンだけでなく、フィトカサン、モミラクトン、オリザレキシンといったフィトアレキシンなど多様なジテルペノイドを生合成することが知られている。本研究では、それらの生合成初期段階に関与する酵素遺伝子は、生長制御あるいは病害抵抗といった生理的役割に応じて発現場所が異なることを示した。さらに、フィトアレキシンのモミラクトンとフィトカサンの生合成は野生イネOryza rufipogonでも検出され、それらの生合成は、人類による栽培化や育種以前に存在していたことを明らかにした。

  13. イネのカスパリー線へのスベリン供給を調節する膜輸送体・転写因子の機能解明

    研究課題/研究課題番号:23380004  2011年4月 - 2014年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    中園幹生(研究代表者)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:19370000円 ( 直接経費:14900000円 、 間接経費:4470000円 )

    本研究では、イネのABCトランスポーターのRCN1が、カスパリー線やスベリンラメラの形成に関わるかどうかを調査し、さらにスベリン合成・輸送系遺伝子の発現を制御する転写因子を同定することで、カスパリー線やスベリンラメラへのスベリン供給メカニズムを明らかにすることを目指した。rcn1変異体を用いて根におけるカスパリー線やスベリンラメラの形成を調べたところ、両方とも野生型と比べ形成が阻害されており、RCN1タンパク質はカスパリー線やスベリンラメラの形成を通してアポプラスティックバリアの形成に重要であることを確認した。また、カスパリー線およびスベリンラメラの形成を調節する転写因子の候補を同定した。

  14. 作物の耐湿性強化に寄与する根への効率的な酸素供給機構の解明

    研究課題/研究課題番号:11F01082  2011年 - 2013年

    日本学術振興会  科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    中園幹生(受入研究者)、 KULICHIKHIN Konstantin(JSPS外国人研究員)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    本研究では、イネの酸素漏出(ROL)バリアの構成成分の解明を目指した。そのために、好気条件下で生育させたイネの幼植物体をさらに嫌気還元条件で14日間処理した根を根端から1㎝毎に分離して、代謝産物を抽出した。各々の代謝産物をNMR (800MHz)解析を行ったところ、糖類、アミノ酸類などの様々な代謝物の蓄積量が、根の部位または生育条件によって異なることが明らかになった。特にリンゴ酸の蓄積パターンがROLバリアの形成パターンと非常に似ていたことから、リンゴ酸がROLバリア形成に関与する可能性が考えられた。スベリンの前駆体になる脂肪酸に関しては、GC-MS分析をした結果、ROLバリア形成条件において、極長鎖脂肪酸の蓄積量が増加していることが明らかになった。この結果から、嫌気還元処理をすることによって、イネの根では極長鎖脂肪酸の生合成が促進され、それらの極長鎖脂肪酸由来のスベリンモノマーが生成されることが示唆された。
    さらに、根の各組織より全RNAを抽出して、マイクロアレイ解析を行ったところ、リンゴ酸代謝関連遺伝子の発現に特徴があることが分かった。つまり、嫌気還元条件下においてプラスチドで働くNADP-Mclic emyme (NADP-ME)とPyruvated ehydrog㎝ase (PDH)をコードする遺伝子の発現が誘導されることが明らかになった。この結果より、細胞内の細胞質で生成されるリンゴ酸がプラスチドに輸送されて、プラスチド内でNADP-MEおよびPDHによってリンゴ酸からアセチルCoAへの変換が促進されることが示唆された。アセチルCoAは脂肪酸生合成の最初のステップの基質となる物質であるので、嫌気還元条件下ではリンゴ酸の蓄積量が増加することで、脂肪酸の生合成が促進されるという可能性が考えられた。
    これらの発見によつて、イネの根で嫌気還元条件特異的に蓄積するスベリンが生合成されるまでにどのような代謝経路を経るのかを示唆することができた。

  15. トウモロコシの通気組織形成過程で合成される組織特異的タンパク質の網羅的解析

    研究課題/研究課題番号:23658008  2011年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    中園幹生(研究代表者)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    植物が過湿環境で正常に生育するためには、根への酸素供給に寄与する通気組織の形成が重要である。本研究課題では、トウモロコシを材料にして、通気組織が形成される組織である皮層組織をLaser Microdissection法によって単離して、タンパク質の網羅的解析を行うために条件検討を行った。そのために、まず固定液の検討を行い、最適な固定液を決定することができた。しかし、タンパク質の回収量が少なく、ウェスタンブロッティングによるAlcohol dehydrogenaseタンパク質の検出はできたものの、網羅的なタンパク質の解析を行うために必要なタンパク質量を得るには至らなかった。

  16. 作物の耐湿性向上に関わる根の酸素漏洩バリア形成の機構解明

    研究課題/研究課題番号:10F00095  2010年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    中園幹生(受入研究者)、KOTULA Lukasz(JSPS外国人研究員)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    畑作物では通気組織はできるものの、Radial O_2 Loss(ROL)バリアが形成されないために、酸素の大部分が根の基部から土壌へと漏洩してしまい、根端が酸欠になることが湿害発生の原因となる。ROLバリアとは、根の基部からの酸素漏洩を防ぐバリアのことで、通気組織を介した酸素輸送過程での酸素損失を最小限に抑えて根端まで効率的に酸素を供給する役割を担っている。本研究の材料であるHordeum marinumは畑作物と異なり、通気組織のほかにROLバリアを形成できるために、根端まで効率よく酸素を運ぶことにより過湿環境に適応することができる。
    平成23年度はH.marinumのROLバリアを形成する系統のH21と形成しない系統のH90を用いて、低酸素処理を行い、ROLバリアの形成パターンを調査した。その結果、H21では顕著にROLバリアが形成されていたのに対して、H90ではROLバリアの形成はほとんど観察されなかった。また、外皮のスベリンラメラの染色を行った結果、H21ではスベリンの蓄積が観察されたのに対して、H90では観察されなかった。さらに、ガスクロマトグラフィーを用いて、H21とH90の根におけるスベリン含量の分析を行った。しかし、スベリンモノマーの組成については、スベリン染色のときほどの明確な差がH21とH90の間で見られなかった。その結果の再現性を確認するために、再度ガスクロマトグラフィー用の試料を調製したので、今後、再度スベリン分析を行う予定である。H.marinumの根の外皮付近の組織のみをレーザーマイクロダイセクションで単離後、網羅的な遺伝子発現解析を行うことになっていたが、これについては今後発展させる予定である。

  17. エンドサイトーシスによる糖蓄積機構解明とその育種利用

    研究課題/研究課題番号:21248002  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(A)

    堤 伸浩(研究代表者)、中園幹生、有村慎一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    シロイヌナズナ培養細胞の実験から,ショ糖によりエンドサイトーシスが誘導されることを示した.その後,ダイナイミン様タンパク質 DRP1と DRP2のそれぞれが,シロイヌナズナの細胞表面にクラスリンと共局在することから,高等植物のエンドサイトーシスのマシナリーとして DRP1と DRP2の両方が利用されていることを明らかにした.さらに,エンドサイトーシスの小胞形成の際に細胞膜近傍に DRP1がリング状に集合し, GTPase活性を利用した機械化学的な方法でピットの切り離しが行われていることを明らかにした.また,シロイヌナズナの遺伝学的な解析から, DRP2が雌性配偶体と雄性配偶体の双方の形成に必須であることを明らかにした.

  18. 細胞質雄性不稔系統を用いたミトコンドリアから核へのシグナル伝達機構の解明

    研究課題/研究課題番号:08F08423  2008年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    中園幹生(受入研究者)、YANG Jing-Hua(JSPS外国人研究員)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    研究材料として用いているBrassica junceaのCMS系統は、細胞質雄性不稔の形質の他に、雄蕊の一部が花弁のような組織に変化する形質が観察されるユニークな材料である。これまで、CMS系統と稔性のある維持系統間のミトコンドリアゲノム構造および遺伝子発現の比較解析を通して、細胞質雄性不稔を引き起こす原因遺伝子orf220を同定した。植物ミトコンドリアへの形質転換系はまだ確立されていないので、orf220遺伝子のCMSへの関与を証明するために、orf220遺伝子にミトコンドリア輸送シグナルを接続し、アグロバクテリウム法でBrassica junceaの稔性系統に導入した。その結果、形質転換体では、CMS系統と同様に雄性不稔のほか雄蕊の形態変化が観察され、orf220遺伝子がこのCMS系統の雄性不稔ミトコンドリア遺伝子であることの証明に成功した。Brassica junceaのCMS系統では雄蕊の形態変化が観察されていることから、雄蕊内の特定の組織でCMSに研異的な遺伝子発現の変化が起きていると予想されるので、さらに、このCMS系統の生殖器官形成過程でどのようなRetrograde調節がなされているかの解明を試みた。そのために、雄蕊の特定の組織を純粋に単離できるLaser Microdissection(LMD)を利用した。これらの組織に対するLMDの実験系を確立し、マイクロアレイ解析を行うために必要なRNAを単離できた。研究期間の途中でYang博士が帰国したために、現時点での本研究の成果はLMDによってRNAを単離できたところまでであるが、今後、マイクロアレイやcDNAの大規模塩基配列解析を進めることで、雄蕊内の特定の組織でCMSに特異的に発現する遺伝子の同定を目指す。

  19. 高等植物のミトコンドリアダイナミクスと生殖戦略

    研究課題/研究課題番号:18075005  2006年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費補助金  特定領域研究

    堤 伸浩(研究代表者)、中園幹生、有村慎一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    (1)タペート崩壊時におけるミトコンドリアの動態
    花粉形成過程のシロイヌナズナおよびイネにおいて,タペート細胞が正常な形態のオルガネラおよび細胞膜を保持したまま,葯室内の花粉粒の間にアメーバ状に陥入していくことがわかった.これまで,イネ,シロイヌナズナはともに,他の多くの被子植物と同様にタペート細胞が葯室周縁に留まる分泌型タペートを有していると考えられてきた.しかし本研究の結果から,崩壊に先行して細胞自体が葯室内へ陥入していく侵入型のタペートであることが明らかとなった.またタペート陥入に先だって,減数分裂期の前から細胞壁が消失し始めることが明らかとなった.今後は,花粉の成熟過程における陥入したタペートからの物質輸送について明らかにしたい.
    (2)イネ雌性配偶体構成細胞における遺伝子発現プロファイリング
    本研究では,イネ雌性配偶体構成細胞の遺伝子発現プロファイリングにより各細胞の機能を解明することを目指し,卵細胞,助細胞中央細胞,反足細胞をそれぞれ生細胞の状態で多数単離し,それぞれの細胞から抽出したRNAを用いてマイクロアレイ解析を行った.その結果,雌性配偶体を構成する細胞の中では助細胞が極めて特異的な発現プロファイルを持つことが明らかとなった.各細胞で特異的に発現量が変化する遺伝子群を本年度報告されたシロイヌナズナのプロファイルと比較すると,イネとの共通性は低かった.また,同様の方法で雌性配偶体構成細胞をそれぞれ単離し,次世代シーケンサを用いて転写産物の配列を網羅的に取得した.現在,得られたデータを解析している.

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 3

  1. 植物育種学

    2021

  2. 遺伝学

    2021

  3. 植物分子遺伝学特論

    2021

 

メディア報道 1

  1. 冠水でも成長するイネの仕組み解明 新聞・雑誌

    毎日新聞社   毎日新聞(朝刊)  2019年10月