Updated on 2021/08/27

写真a

 
FURUKAWA, Nobuhiko
 
Organization
Graduate School of Law Department of the Combined Graduate Program in Law and Political Science Contemporary Legal Systems Professor
Graduate School
Graduate School of Law
Undergraduate School
School of Law -
Title
Professor

Degree 1

  1. 学士(法学) ( 2001.3   東京大学 ) 

Research Interests 1

  1. Criminal Law

Research Areas 1

  1. Humanities & Social Sciences / Criminal law  / Criminal Law

Research History 4

  1. Professor, Graduate School of Law, Nagoya University

    2017.4

      More details

    Country:Japan

  2. Associate Professor, Graduate School of Law, Nagoya University

    2007.4 - 2017.3

      More details

    Country:Japan

  3. Associate Professor, Graduate School of Law, Nagoya University

    2004.10 - 2007.3

      More details

    Country:Japan

  4. Research Associate, Graduate Schools for Law and Politics, the University of Tokyo

    2001.4 - 2004.9

      More details

    Country:Japan

 

Papers 51

  1. 未遂罪における「客観的危険性」の意味

    古川伸彦

    研修   ( 878 ) page: 3-14   2021.8

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  2. 予見可能性の意義(3)

    古川伸彦

    佐伯仁志=橋爪隆(編)『刑法判例百選Ⅰ総論[第8版]』(別冊ジュリスト250号)     page: 108-109   2020.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  3. 2項詐欺における処分行為と利得との関係

    古川伸彦

    佐伯仁志=橋爪隆(編)『刑法判例百選Ⅱ各論[第8版]』(別冊ジュリス ト251号)     page: 116-117   2020.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  4. 自動運転車、死傷事故、刑事過失責任

    古川伸彦

    刑法雑誌   Vol. 59 ( 2 ) page: 170-183   2020.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. 福島第一原発水素爆発事件・東電元副社長ら強制起訴事案第1審判決と過失犯についての見せかけのドグマ

    古川伸彦

    判例時報2431・2432合併号     page: 46-47   2020.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  6. 自動車運転致死傷3条2項・自動車運転致死傷令3条2号所定の危険運転致死傷罪が成立する旨の主位的訴因が、被告人の車両暴走行為が認知症の影響によるものであった可能性も否定できないことから、それがてんかんの影響によるものであったと認めるには合理的な疑いを入れる余地があるとされて斥けられ、同法5条所定の過失運転致死傷罪が成立する旨の予備的訴因が容れられ、懲役6年の実刑が言い渡された事例(宮崎地判平成30・1・19)

    古川伸彦

    判例評論730号(判例時報2421号)     page: 33-38   2019.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  7. 御殿場市東富士入会地野焼き3名焼死事件(東京高判平成31・1・23)

    古川伸彦

    名古屋大学法政論集   ( 283 ) page: 275-288   2019.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  8. 過失犯における結果回避可能性(最判平成15・1・24)

    古川伸彦

    法学教室   ( 466 ) page: 10-14   2019.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  9. あおり運転と危険運転致死傷罪

    古川伸彦

    刑事法ジャーナル   ( 60 ) page: 10-17   2019.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  10. 渋谷温泉施設ガス爆発事件に現れた予見可能性の問題―「因果関係の基本的部分」テーゼの克服に向けて

    古川伸彦

    法学セミナー   ( 769 ) page: 17-23   2019.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  11. 浜松市天竜川川下り船転覆死亡事件(東京高判平成29・9・20)

    古川伸彦

    名古屋大学法政論集   ( 279 ) page: 245-263   2018.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  12. JR福知山線脱線事故とJR西日本歴代社長らの刑事責任(最決平成29・6・12)

    古川伸彦

    名古屋大学法政論集   ( 278 ) page: 279-293   2018.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  13. 危険運転致死傷罪およびいわゆる準危険運転致死傷罪について

    古川伸彦

    名古屋大学法政論集   ( 274 ) page: 39-51   2017.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  14. 危険運転致死傷罪は結果的加重犯の一種ではない

    古川伸彦

    高橋則夫=只木誠=田中利幸=寺崎嘉博(編)『刑事法学の未来』長井圓先生古稀記念     page: 267-284   2017.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  15. 温泉施設爆発事故における保守管理に関する情報を確実に説明すべき設計担当者の業務上の注意義務

    古川伸彦

    平成28年度重要判例解説(ジュリスト臨時増刊1505号)     page: 162-163   2017.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  16. 業務上過失・自動車運転過失の加重根拠

    古川伸彦

    山口厚=佐伯仁志=今井猛嘉=橋爪隆(編)『西田典之先生献呈論文集』     page: 115-135   2017.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  17. 過失犯はいかにして「共同して」「実行」されうるか―明石歩道橋事件を機縁として検討の道筋を洗い直す―

    古川伸彦

    刑事法ジャーナル   ( 51 ) page: 4-10   2017.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  18. 西条市加茂川園児3名死傷事件(松山地判平成28・5・30)

    古川伸彦

    名古屋大学法政論集   ( 268 ) page: 271-282   2016.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  19. 自動車運転死傷行為処罰法について―新設犯罪類型の批判的検討―

    古川伸彦

    名古屋大学法政論集   ( 264 ) page: 1-41   2015.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  20. いわゆる製造物責任事案における過失不作為犯の認定について―三菱自工製トラック車輪脱落事件上告審決定を素材として

    古川伸彦

    研修   ( 803 ) page: 3-16   2015.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  21. 明石砂浜陥没死事件第2次上告審決定(姫路工事事務所工務第一課課長関係)

    古川伸彦

    判例セレクト2014[Ⅰ](法学教室413号別冊付録)     page: 28   2015.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  22. [刑事裁判例批評]国から占用許可を得て市が公園の一部として開放し維持管理していた人工砂浜での埋没事故について、同砂浜を含む海岸の工事、管理に関する事務を担当していた国土交通省職員に同砂浜に関する安全措置を講ずべき業務上の注意義務があったとされた事例―最一小決平成26・7・22

    古川伸彦

    刑事法ジャーナル   ( 43 ) page: 133-139   2015.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  23. 医的侵襲行為の正当化と「仮定的同意」論―ドイツ刑事判例に現れた考え方を中心に

    古川伸彦

    髙山佳奈子=島田聡一郎(編)『山口厚先生献呈論文集』     page: 37-91   2014.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  24. いわゆる赤信号無視類型の危険運転致死傷の罪における「殊更に無視し」の意義

    古川伸彦

    井田良=高橋則夫=只木誠=中空壽雅=山口厚(編)『川端博先生古稀記念論文集[下巻]』     page: 427-453   2014.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  25. 早すぎた結果の発生

    古川伸彦

    山口厚=佐伯仁志(編)『刑法判例百選Ⅰ総論[第7版]』(別冊ジュリスト220号)     page: 130-131   2014.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  26. 2項詐欺における処分行為と利得との関係

    古川伸彦

    山口厚=佐伯仁志(編)『刑法判例百選Ⅱ各論[第7版]』(別冊ジュリスト221号)     page: 114-115   2014.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  27. [刑事判例研究]人工の砂浜の管理等の業務に従事していた者につき砂浜での埋没事故発生の予見可能性が認められた事例―最二小決平成21・12・7

    古川伸彦

    論究ジュリスト   ( 8 ) page: 226-231   2014.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  28. 比較的近時の刑事裁判例における製造物責任と過失の認定について

    古川伸彦

    刑事法ジャーナル   ( 37 ) page: 17-24   2013.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  29. 鉄道・航空機事故の最新判例を「読む」

    古川伸彦

    法学教室   ( 395 ) page: 11-19   2013.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  30. 過失競合事案における注意義務の重畳関係の論定

    古川伸彦

    刑法雑誌   Vol. 52 ( 2 ) page: 155-171   2013.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  31. 三菱自動車車輪脱落事件上告審決定

    古川伸彦

    判例セレクト2012[Ⅰ](法学教室389号別冊付録)     page: 29   2013.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  32. いわゆる過失競合事案における過失認定の在り方について

    古川伸彦

    理論刑法学の探究   ( 5 ) page: 1-32   2012.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  33. 刑法―振り込め詐欺から刑法入門

    古川伸彦

    法学教室   ( 379 ) page: 17-23   2012.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  34. [刑事裁判例批評]スノーボードのジャンプ台からフロントフリップ(前方宙返り)でジャンプ後、ジャンプ台下にいた児童に衝突し、傷害を負わせたことにつき重過失傷害罪に問われたが、重過失は認められないとして無罪が言い渡された事例―松山地判平成22・5・12

    古川伸彦

    刑事法ジャーナル   ( 29 ) page: 108-114   2011.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  35. ドイツにおける事故と過失―医師の刑事責任の限定?―

    古川伸彦

    刑事法ジャーナル   ( 28 ) page: 22-28   2011.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  36. 便名を言い間違えた実地訓練中の航空管制官およびその指導監督者と過失犯―日航機ニアミス事件

    古川伸彦

    平成22年度重要判例解説(ジュリスト臨時増刊1420号)     page: 196-197   2011.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  37. 『法学教室』と私

    古川伸彦

    法学教室   ( 361 ) page: 63   2010.10

     More details

    Language:Japanese  

  38. 理論刑法学を業とするということ

    川人博(編)『東大は誰のために』     page: 93-97   2010.9

     More details

    Language:Japanese  

  39. Tödlicher Unfall bei Feuerwehreinsatz nach Brandstiftung ― Zugleich Besprechung von OLG Stuttgart, Beschluss vom 20.2.2008

    古川伸彦

    Goltdammer's Archiv für Strafrecht   Vol. 157 ( 3 ) page: 169-181   2010.3

     More details

    Language:German   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  40. 暴行の意義

    古川伸彦

    西田典之=山口厚=佐伯仁志(編)『刑法判例百選Ⅱ各論[第6版]』(別冊ジュリスト190号)     page: 10-11   2008.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  41. 予見可能性の意義(1)―北大電気メス事件

    古川伸彦

    西田典之=山口厚=佐伯仁志(編)『刑法判例百選Ⅰ総論[第6版]』(別冊ジュリスト189号)     page: 102-103   2008.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  42. 監禁罪の保護法益

    古川伸彦

    西田典之=山口厚=佐伯仁志(編)『刑法の争点』(Jurist増刊 新・法律学の争点シリーズ2)     page: 146-147   2007.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  43. [刑事判例研究]時差式信号機の設置された交差点での右折進行と対向直進車両の運転についての信頼の原則―最三小決平成16・7・13

    古川伸彦

    ジュリスト   ( 1341 ) page: 183-187   2007.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  44. 過失犯における注意義務の内容

    古川伸彦

    刑法雑誌   Vol. 46 ( 3 ) page: 47-60   2007.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  45. 過失犯における注意義務の内容(4・完)

    古川伸彦

    法学協会雑誌   Vol. 123 ( 11 ) page: 67-145   2006.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  46. 過失犯における注意義務の内容(3)

    古川伸彦

    法学協会雑誌   Vol. 123 ( 10 ) page: 50-146   2006.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  47. 過失犯における注意義務の内容(2)

    古川伸彦

    法学協会雑誌   Vol. 123 ( 9 ) page: 122-216   2006.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  48. 過失犯における注意義務の内容(1)

    古川伸彦

    法学協会雑誌   Vol. 123 ( 8 ) page: 1-98   2006.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  49. [刑事判例研究]自動車の保管場所の確保等に関する法律11条2項2号・17条2項2号の罪の主観的要件―最二小判平成15・11・21

    古川伸彦

    ジュリスト   ( 1331 ) page: 204-208   2006.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  50. [刑事判例研究]1 刑法110条1項にいう「公共の危険」の意義/2 市街地の駐車場において放火された自動車から付近の2台の自動車に延焼の危険が及んだことなどをもって刑法110条1項にいう「公共の危険」の発生が認められた事例―最三小決平成15・4・14

    古川伸彦

    ジュリスト   ( 1275 ) page: 179-183   2004.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  51. [刑事判例研究]簡易生命保険証書の騙取と詐欺罪の成否―最二小決平成12・3・27

    古川伸彦

    ジュリスト   ( 1221 ) page: 169-173   2002.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books 11

  1. 刑法演習サブノート210問

    井田良=大塚裕史=城下裕二=髙橋直哉(編著)( Role: Contributor)

    弘文堂  2020.4 

     More details

    Language:Japanese

  2. 判例プラクティス刑法Ⅰ総論[第2版]

    成瀬幸典=安田拓人(編)( Role: Contributor)

    信山社  2020.2 

     More details

    Language:Japanese

  3. Japanese Penal Code Annotated, Vol. 2

    ( Role: Contributor)

    Yuhikaku  2016.12 

     More details

    Language:Japanese

  4. 新・判例ハンドブック刑法総論

    高橋則夫=十河太朗(編)( Role: Contributor)

    日本評論社  2016.9 

     More details

    Language:Japanese

  5. The Dictionary of Law (5th edition)

    ( Role: Contributor)

    Yuhikaku  2016.3 

     More details

    Language:Japanese

  6. 経済刑法

    山口厚(編著)( Role: Contributor)

    商事法務  2012.11 

     More details

    Language:Japanese

  7. 判例プラクティス刑法Ⅱ各論

    成瀬幸典=安田拓人=島田聡一郎(編)( Role: Contributor)

    信山社  2012.3 

     More details

    Language:Japanese

  8. 刑法の判例〔総論〕

    松原芳博(編)( Role: Contributor)

    成文堂  2011.10 

     More details

    Language:Japanese

  9. Keywords of Criminal Law

    ( Role: Contributor)

    Seibundoh  2011.3 

     More details

    Language:Japanese

  10. Japanese Penal Code Annotated, Vol. 1

    ( Role: Contributor)

    Yuhikaku  2010.12 

     More details

    Language:Japanese

  11. 刑事過失論序説

    古川伸彦( Role: Sole author)

    成文堂  2007.6 

     More details

    Language:Japanese

▼display all

Presentations 18

  1. 過失犯における予見可能性・概観

    古川伸彦(オーガナイザー), 齊藤彰子, 皆川剛二

    ⽇本刑法学会第99回⼤会ワークショップ1「過失犯における予見可能性」 

     More details

    Event date: 2021.5

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:オンライン   Country:Japan  

    古川伸彦「過失犯における予見可能性・概観」
    齊藤彰子「JR福知山線脱線事件および福島第一原発水素爆発事件の検討」
    皆川剛二「実例紹介」

  2. 自動運転車、死傷事故、刑事過失責任

    今井猛嘉(オーガナイザー), 佐久間修, 古川伸彦, 中村芳生, 森田果

    ⽇本刑法学会第97回⼤会共同研究分科会Ⅰ「AIと刑法―自動車運転に係る事故処理を中心として」 

     More details

    Event date: 2019.5

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:一橋大学   Country:Japan  

    今井猛嘉「共同研究の趣旨」
    佐久間修「AIの刑事責任―否定説の観点から」
    古川伸彦「自動運転車、死傷事故、刑事過失責任」
    中村芳生「自動運転車に係る事故と罰則の適用―実務家の観点から」
    森田果「自動運転・AIをめぐる望ましい法ルールのあり方」

  3. 判例研究(最二小決平成29・6・12刑集71巻5号315頁)

    古川伸彦

    刑事判例研究会 

     More details

    Event date: 2018.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京大学   Country:Japan  

  4. 危険運転致死傷罪・準危険運転致死傷罪について

    杉本一敏(オーガナイザー), 古川伸彦, 松尾誠紀, 野村健太郎

    ⽇本刑法学会第95回⼤会ワークショップ4「自動車運転死傷行為等処罰法」 

     More details

    Event date: 2017.5

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:慶應義塾大学   Country:Japan  

    古川伸彦「危険運転致死傷罪・準危険運転致死傷罪について」
    杉本一敏「アルコール影響危険運転致死傷罪の理論構成」
    松尾誠紀「過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪(4条)の罪質とその要件解釈」
    野村健太郎「危険運転致死罪の量刑動向」
    記録として刑法雑誌57巻3号(2018)130-137頁[杉本一敏]

  5. 判例研究(最二小判平成26・11・7刑集68巻9号963頁)

    古川伸彦

    刑事判例研究会 

     More details

    Event date: 2015.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京大学   Country:Japan  

  6. 比較的近時の刑事裁判例における製造物責任と過失の認定について

    岩間康夫(オーガナイザー), 岡部雅人, 古川伸彦, 前嶋匠

    日本刑法学会第91回大会ワークショップ2「刑事製造物責任」 

     More details

    Event date: 2013.5

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:中央大学   Country:Japan  

    岩間康夫「刑事製造物責任の諸論点」
    岡部雅人「刑事製造物責任における回収義務の発生根拠―わが国の議論状況をめぐって―」
    古川伸彦「比較的近時の刑事裁判例における製造物責任と過失の認定について」
    前嶋匠「製造物責任における背後者の責任」
    記録として刑法雑誌53巻3号(2014)107-112頁[岩間康夫]

  7. 判例研究(最二小決平成21・12・7刑集63巻11号2641頁)

    古川伸彦

    刑事判例研究会 

     More details

    Event date: 2013.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京大学   Country:Japan  

  8. 過失競合事案における注意義務の重畳関係の論定

    甲斐克則(オーガナイザー), 古川伸彦, 北川佳世子, 松宮孝明

    日本刑法学会第90回大会共同研究分科会Ⅰ「過失の競合」 

     More details

    Event date: 2012.5

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:大阪大学   Country:Japan  

    甲斐克則「過失の競合」
    古川伸彦「過失競合事案における注意義務の重畳関係の論定」
    北川佳世子「過失の競合と責任主体の特定問題」
    松宮孝明「過失の競合―とりわけ過失不作為の競合に関して」

  9. いわゆる過失競合事案における過失認定上の問題に関する管見 Invited International conference

    古川伸彦

    最高検察庁特殊過失専門委員会 

     More details

    Event date: 2011.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:最高検察庁   Country:Japan  

  10. 過失の競合と予見可能性

    大塚裕史(オーガナイザー), 古川伸彦, 北川佳世子, 嶋矢貴之

    日本刑法学会第89回大会ワークショップ1「過失の競合」 

     More details

    Event date: 2011.5

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:法政大学   Country:Japan  

    古川伸彦「過失の競合と予見可能性」
    北川佳世子「過失の競合と不作為犯」
    嶋矢貴之「過失競合と過失正犯・共犯論―特に共同正犯との関係―について」
    記録として刑法雑誌51巻3号(2012)104-109頁[大塚裕史]

  11. 判例研究(最一小決平成20・10・16刑集62巻9号2797頁)

    古川伸彦

    刑事判例研究会 

     More details

    Event date: 2010.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京大学   Country:Japan  

  12. Tödlicher Unfall bei Feuerwehreinsatz nach Brandstiftung

    古川伸彦

    Kolloquium des Instituts für Kriminologie 

     More details

    Event date: 2009.3

    Language:German   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Universität Heidelberg   Country:Germany  

  13. Die Selbstverantwortung des Opfers als ein möglicher Ausschlussgrund für die Verantwortlichkeit des Täters

    古川伸彦

    Winterschule des Marsilius-Kollegs „Verantwortlichkeit ― eine nützliche Illusion?“ 

     More details

    Event date: 2009.2

    Language:German   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Universität Heidelberg   Country:Germany  

  14. 判例研究(最三小決平成16・7・13刑集58巻5号360頁)

    古川伸彦

    刑事判例研究会 

     More details

    Event date: 2007.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京大学   Country:Japan  

  15. 過失犯における注意義務の内容

    古川伸彦

    日本刑法学会第84回大会研究報告VII 

     More details

    Event date: 2006.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:立命館大学   Country:Japan  

  16. 判例研究(最二小判平成15・11・21刑集57巻10号1043頁)

    古川伸彦

    刑事判例研究会 

     More details

    Event date: 2006.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京大学   Country:Japan  

  17. 判例研究(最三小決平成15・4・14刑集57巻4号445頁)

    古川伸彦

    刑事判例研究会 

     More details

    Event date: 2004.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京大学   Country:Japan  

  18. 判例研究(最二小決平成12・3・27刑集54巻3号402頁)

    古川伸彦

    刑事判例研究会 

     More details

    Event date: 2002.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京大学   Country:Japan  

▼display all

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 5

  1. CASE新時代を見据えた交通刑事法のアレンジメント

    Grant number:21K01197  2021.4 - 2024.3

    古川 伸彦

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  2. 交通刑法のグランドデザイン構築へ向けた基礎的研究

    Grant number:16K03363  2016.4 - 2021.3

    古川 伸彦

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  3. Comprehensive study about specifing who shall be punished from persons who fail to avoid harm non-willfully in an organisation

    Grant number:25285023  2013.4 - 2016.3

    SHIOMI Jun

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  4. Comparative Studies in Grounds and Limits of Legal Justification in Criminal Law for Medical Interferences

    Grant number:22730056  2010.4 - 2014.3

    FURUKAWA NOBUHIKO

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  5. Comparative Study of Current Problems on Criminal Negligence

    Grant number:19730054  2007 - 2008

    FURUKAWA Nobuhiko

      More details

    Authorship:Principal investigator 

 

Teaching Experience (On-campus) 13

  1. Law

    2020

  2. Criminal Law II

    2020

  3. Seminar IA

    2020

  4. Seminar IB

    2020

  5. Seminar IIA

    2020

  6. Seminar IIB

    2020

  7. Seminar IIIA

    2020

  8. Seminar IIIB

    2020

  9. Studies in Criminal Law Ⅰ

    2020

  10. Fundamental Studies in Criminal Law ⅡA

    2020

  11. Fundamental Studies in Criminal Law ⅡB

    2020

  12. General Studies in Criminal Law and Procedure A

    2020

  13. General Studies in Criminal Law and Procedure B

    2020

▼display all