2022/04/25 更新

写真a

ヘンミ ヒサシ
邊見 久
HEMMI Hisashi
所属
大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻 応用生命科学 教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部
職名
教授

学位 1

  1. 博士(工学) ( 1998年3月   東北大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 分子進化

  2. 脂質

  3. 酵素

  4. イソプレノイド

  5. アーキア

研究分野 5

  1. その他 / その他  / 応用微生物学

  2. その他 / その他  / 応用生物化学

  3. その他 / その他  / 生物機能・バイオプロセス

  4. その他 / その他  / 機能生物化学

  5. その他 / その他  / 構造生物化学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 環境からの有用酵素遺伝子探索技術の開発

  2. イソプレノイド生合成酵素の探索、機能解析、機能改変

経歴 4

  1. 名古屋大学大学院生命農学研究科・准教授

    2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学大学院生命農学研究科・助教授

    2005年8月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 米国ネブラスカ大学リンカーン校・客員研究員

    2004年9月 - 2005年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 東北大学大学院工学研究科・助手

    1998年4月 - 2005年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 東北大学   工学研究科   生物工学専攻

    1995年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東北大学   工学研究科   生物工学専攻

    1993年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東北大学   工学部   分子化学工学科

    1989年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 9

  1. 日本農芸化学会   代議員

    2020年6月 - 2022年5月

  2. 日本生物工学会   英文誌編集委員

    2007年6月 - 2011年5月

  3. 日本ビタミン学会   代議員

    2013年11月 - 現在

  4. 日本生化学会   生化学教育委員

    2010年10月 - 2012年9月

  5. イソプレノイド研究会

  6. 日本Archaea研究会   幹事

    2015年7月 - 現在

  7. 極限環境生物学会

  8. American Society for Biochemistry and Molecular Biology

  9. American Society for Microbiology

▼全件表示

委員歴 10

  1. 第31回イソプレノイド研究会例会実行委員会   実行委員長  

    2021年9月   

  2. 日本ビタミン学会第72回大会実行委員会   委員  

    2020年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本農芸化学会2018年度大会実行委員会   委員  

    2018年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. Italy-Japan Symposium New Trends in Enzyme Science and Engineering of Enzyme and Microbiology for Sustainable Society Organizing Committee   Organizing committee member, organizing secretariat  

    2014年11月   

  5. 農芸化学会中部支部第168回例会実行委員会   世話人  

    2013年10月   

  6. 第20回ドリコールおよびイソプレノイド研究会例会実行委員会   実行委員長  

    2010年10月   

  7. Italy-Japan Symposium New Trends in Enzyme Science and Technology Organizing Committee   Committee member  

    2009年10月   

  8. 第61回日本生物工学会大会実行委員会   委員  

    2009年9月   

  9. 日本農芸化学会2008年度大会実行委員会   委員  

    2008年3月   

  10. Japan-Italy Symposium of New Trends in Enzyme Science and Technology Organizing Committee   Committee member  

    2006年11月   

▼全件表示

受賞 3

  1. 長瀬研究振興賞

    2019年4月   長瀬科学技術振興財団  

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  2. 日本ビタミン学会奨励賞

    2010年6月   日本ビタミン学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 酵素応用シンポジウム研究奨励賞

    2009年6月   酵素応用シンポジウム事務局  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 116

  1. Identification and characterization of a serine racemase in the silkworm Bombyx mori. 査読有り

    Tanaka Y, Yoshimura T, Hakamata M, Saito C, Sumitani M, Sezutsu H, Hemmi H, Ito T

    Journal of Biochemistry     2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvac026

    PubMed

  2. Mechanism of Pyridoxine 5'-Phosphate Accumulation in Pyridoxal 5'-Phosphate-Binding Protein Deficiency. 査読有り

    Ito T, Ogawa H, Hemmi H, Downs DM, Yoshimura T

    Journal of Bacteriology   204 巻 ( 3 ) 頁: e0052121   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JB.00521-21

    PubMed

  3. Identification and functional analysis of a new type of Z,E-mixed prenyl reductase from mycobacteria. 査読有り

    Abe T, Hakamata M, Nishiyama A, Tateishi Y, Matsumoto S, Hemmi H, Ueda D, Sato T

    The FEBS journal     2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/febs.16412

    PubMed

  4. Identification and biochemical characterization of a heteromeric cis-prenyltransferase from the thermophilic archaeon Archaeoglobus fulgidus. 査読有り

    Sompiyachoke K, Nagasaka A, Ito T, Hemmi H

    Journal of Biochemistry     2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvac022

    PubMed

  5. Isopentenyl diphosphate/dimethylallyl diphosphate-specific Nudix hydrolase from the methanogenic archaeon Methanosarcina mazei. 査読有り

    Ishibashi Y, Matsushima N, Ito T, Hemmi H

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   86 巻 ( 2 ) 頁: 246 - 253   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/bbb/zbab205

    PubMed

  6. Evolution and properties of alanine racemase from Synechocystis sp. PCC6803 査読有り

    Ashida Hiroyuki, Murakami Kaho, Inagaki Kenji, Sawa Yoshihiro, Hemmi Hisashi, Iwasaki Yugo, Yoshimura Tohru

    JOURNAL OF BIOCHEMISTRY     2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1093/jb/mvab155

    Web of Science

    PubMed

  7. Enzymatic determination of d-alanine with l-alanine dehydrogenase and alanine racemase 査読有り

    Ashida Hiroyuki, Sawa Yoshihiro, Yoshimura Tohru

    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   85 巻 ( 11 ) 頁: 2221 - 2223   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/bbb/zbab148

    Web of Science

  8. Total Synthesis and Structure Confirmation of trans-Anhydromevalonate-5-phosphate, a Key Biosynthetic Intermediate of the Archaeal Mevalonate Pathway 査読有り

    Yasuno Yoko, Nakayama Atsushi, Saito Kai, Kitsuwa Kohei, Okamura Hironori, Komeyama Mutsumi, Hemmi Hisashi, Shinada Tetsuro

    JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS   84 巻 ( 10 ) 頁: 2749 - 2754   2021年10月

     詳細を見る

  9. Urinary l-erythro-β-hydroxyasparagine-a novel serine racemase inhibitor and substrate of the Zn2+-dependent d-serine dehydratase. 査読有り

    Ito T, Tono M, Kitaura Y, Hemmi H, Yoshimura T

    Bioscience reports   41 巻 ( 4 )   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1042/BSR20210260

    PubMed

  10. A versatile cis-prenyltransferase from Methanosarcina mazei catalyzes both C- and O-prenylations 査読有り

    Okada Miyako, Unno Hideaki, Emi Koh-Ichi, Matsumoto Mayuko, Hemmi Hisashi

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   296 巻   頁: 100679   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbc.2021.100679

    Web of Science

    PubMed

  11. 古細菌型メバロン酸経路の発見 招待有り 査読有り

    邊見 久

    生化学   93 巻 ( 2 ) 頁: 221 - 224   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  12. Mechanism of eukaryotic serine racemase-catalyzed serine dehydration 査読有り

    Ito Tomokazu, Matsuoka Mai, Goto Masaru, Watanabe Soichiro, Mizobuchi Taichi, Matsushita Kazuma, Nasu Ryoma, Hemmi Hisashi, Yoshimura Tohru

    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-PROTEINS AND PROTEOMICS   1868 巻 ( 9 ) 頁: 140460   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbapap.2020.140460

    Web of Science

    PubMed

  13. Reconstruction of the "Archaeal" Mevalonate Pathway from the Methanogenic Archaeon Methanosarcina mazei in Escherichia coli Cells 査読有り

    Yoshida Ryo, Yoshimura Tohru, Hemmi Hisashi

    APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY   86 巻 ( 6 )   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/AEM.02889-19

    Web of Science

    PubMed

  14. Inhibition of glycine cleavage system by pyridoxine 5 '-phosphate causes synthetic lethality in glyA yggS and serA yggS in Escherichia coli 査読有り 国際共著

    Ito Tomokazu, Hori Ran, Hemmi Hisashi, Downs Diana M., Yoshimura Tohru

    MOLECULAR MICROBIOLOGY   113 巻 ( 1 ) 頁: 270 - 284   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/mmi.14415

    Web of Science

    PubMed

  15. Construction of an artificial biosynthetic pathway for hyperextended archaeal membrane lipids in the bacterium Escherichia coli 査読有り

    Yoshida Ryo, Hemmi Hisashi

    SYNTHETIC BIOLOGY   5 巻 ( 1 ) 頁: ysaa018   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/synbio/ysaa018

    Web of Science

    PubMed

  16. A heteromeric cis-prenyltransferase is responsible for the biosynthesis of glycosyl carrier lipids in Methanosarcina mazei 査読有り

    Emi Koh-ichi, Sompiyachoke Kitty, Okada Miyako, Hemmi Hisashi

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   520 巻 ( 2 ) 頁: 291 - 296   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2019.09.143

    Web of Science

    PubMed

  17. Conserved Pyridoxal 5 '-Phosphate-Binding Protein YggS Impacts Amino Acid Metabolism through Pyridoxine 5 '-Phosphate in Escherichia coli 査読有り 国際共著

    Ito Tomokazu, Yamamoto Kana, Hori Ran, Yamauchi Ayako, Downs Diana M., Hemmi Hisashi, Yoshimura Tohru

    APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY   85 巻 ( 11 )   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/AEM.00430-19

    Web of Science

    PubMed

  18. Conversion of Mevalonate 3-Kinase into 5-Phosphomevalonate 3-Kinase by Single Amino Acid Mutations 査読有り

    Motoyama Kento, Sobue Fumiaki, Kawaide Hiroshi, Yoshimura Tohru, Hemmi Hisashi

    APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY   85 巻 ( 9 )   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/AEM.00256-19

    Web of Science

    PubMed

  19. Modified mevalonate pathway of the archaeon <i>Aeropyrum pernix</i> proceeds via <i>trans</i>-anhydromevalonate 5-phosphate. 査読有り

    Hayakawa H, Motoyama K, Sobue F, Ito T, Kawaide H, Yoshimura T, Hemmi H

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   115 巻 ( 40 ) 頁: 10034-10039   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1809154115

    PubMed

  20. D-Serine Metabolism and Its Importance in Development of Dictyostelium discoideum 査読有り

    Ito Tomokazu, Hamauchi Natsuki, Hagi Taisuke, Morohashi Naoya, Hemmi Hisashi, Sato Yukie G., Saito Tamao, Yoshimura Tohru

    FRONTIERS IN MICROBIOLOGY   9 巻   頁: 784   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fmicb.2018.00784

    Web of Science

    PubMed

  21. Production of Ophthalmic Acid Using Engineered Escherichia coli 査読有り

    Ito Tomokazu, Tokoro Maiko, Hori Ran, Hemmi Hisashi, Yoshimura Tohru

    APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY   84 巻 ( 7 )   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/AEM.02806-17

    Web of Science

    PubMed

  22. Biosynthetic machinery for C-25,C-25-diether archaeal lipids from the hyperthermophilic archaeon Aeropyrum pernix 査読有り

    Yoshida Ryo, Yoshimura Tohru, Hemmi Hisashi

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   497 巻 ( 1 ) 頁: 87-92   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.02.028

    Web of Science

    PubMed

  23. Utilization of an intermediate of the methylerythritol phosphate pathway, (E)-4-hydroxy-3-methylbut-2-en-1-yl diphosphate, as the prenyl donor substrate for various prenyltransferases 査読有り

    Hayashi Yoshifumi, Ito Tomokazu, Yoshimura Tohru, Hemmi Hisashi

    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   82 巻 ( 6 ) 頁: 993-1002   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09168451.2017.1398064

    Web of Science

    PubMed

  24. Occurrence of the (2R,3S) -Isomer of 2-Amino-3,4-dihydroxybutanoic Acid in the Mushroom Hypsizygus marmoreus 査読有り

    Ito Tomokazu, Yu Zhuoer, Yoshino Issei, Hirozawa Yurina, Yamamoto Kana, Shinoda Kiyotugu, Watanabe Akira, Hemmi Hisashi, Asada Yasuhiko, Yoshimura Tohru

    JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY   65 巻 ( 30 ) 頁: 6131-6139   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jafc.7b01893

    Web of Science

    PubMed

  25. Identification of enzymes involved in the mevalonate pathway of Flavobacterium johnsoniae 査読有り

    Hayakawa Hajime, Sobue Fumiaki, Motoyama Kento, Yoshimura Tohru, Hemmi Hisashi

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   487 巻 ( 3 ) 頁: 702-708   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.04.120

    Web of Science

    PubMed

  26. A Single Amino Acid Mutation Converts (R)-5-Diphosphomevalonate Decarboxylase into a Kinase 査読有り

    Motoyama Kento, Unno Hideaki, Hattori Ai, Takaoka Tomohiro, Ishikita Hiroshi, Kawaide Hiroshi, Yoshimura Tohru, Hemmi Hisashi

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   292 巻 ( 6 ) 頁: 2457-2469   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M116.752535

    Web of Science

    PubMed

  27. メバロン酸経路の多様性 招待有り

    邊見 久

    バイオサイエンスとインダストリー   74 巻 ( 1 ) 頁: 15-20   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  28. 大腸菌をプラットフォームとしたアーキア膜脂質生合成研究 招待有り

    邊見 久

    酵素工学ニュース   ( 76 ) 頁: 11-15   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  29. A cis-prenyltransferase from Methanosarcina acetivorans catalyzes both head-to-tail and nonhead-to-tail prenyl condensation 査読有り

    Ogawa, T., Emi, K., Koga, K., Yoshimura, T. & Hemmi, H.

    FEBS Journal   283 巻   頁: 2369-2383   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Ophthalmic acid accumulation in an Escherichia coli mutant lacking the conserved pyridoxal 5'-phosphate-binding protein YggS 査読有り

    Ito, T., Yamauchi, A., Hemmi, H. & Yoshimura, T.

    Journal of Bioscience and Bioengineering   122 巻   頁: 689-693   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. A new member of MocR/GabR-type PLP-binding regulator of D-alanyl-D-alanine ligase in Brevibacillus brevis 査読有り

    Takenaka, T., Ito, T., Miyahara, I., Hemmi, H. & Yoshimura T.

    FEBS Journal   282 巻   頁: 4201-4217   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/febs.13415

  32. Domain characterization of Bacillus subtilis GabR, a pyridoxal 5'-phosphate-dependent transcriptional regulator 査読有り

    Okuda, K., Ito, T., Goto, M., Takenaka, T., Hemmi, H. & Yoshimura T.

    Journal of Biochemistry   158 巻 ( 3 ) 頁: 225-234   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. A highly selective biosynthetic pathway to non-natural C50 carotenoids assembled from moderately selective enzymes 査読有り

    Furubayashi, M., Ikezumi, M., Takaichi, S., Maoka, T., Hemmi, H., Ogawa, T., Saito, K., Tobias, A.V. & Umeno, D.

    Nature Communications   6 巻   頁: 7534   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. A phytoene desaturase homolog gene from the methanogenic archaean Methanosarcina acetivorans is responsible for hydroxyarchaeol biosynthesis 査読有り

    Mori, T., Isobe, K., Ogawa, T., Yoshimura, T. & Hemmi, H.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   466 巻   頁: 186-191   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. In vivo formation of the protein disulfide bond that enhances the thermostability of diphosphomevalonate decarboxylase, an intracellular enzyme from the hyperthermophilic archaean Sulfolobus solfataricus 査読有り

    Hattori, A., Unno, H., Goda, S., Motoyama, K., Yoshimura, T. & Hemmi, H.

    Journal of Bacteriology   197 巻 ( 21 ) 頁: 3463-3471   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. PEGylated D-serine dehydratase as a D-serine reducing agent 査読有り

    Ito, T., Takada, H., Isobe, K., Suzuki, M., Kitaura, Y., Hemmi, H., Matsuda, T. & Yoshimura T.

    Journal of Pharmaceutical and Biomedical Analysis   116 巻   頁: 34-39   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Role of the aminotransferase domain in Bacillus subtilis GabR, a pyridoxal 5'-phosphate-dependent transcriptional regulator 査読有り

    Okuda, K., Kato, S., Ito, T., Shiraki, S., Kawase, Y., Goto, M., Kawashima, S., Hemmi, H., Fukada H. & Yoshimura T.

    Molecular Microbiology   95 巻 ( 2 ) 頁: 245-257   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Reaction mechanism of Zn2+-dependent D-serine dehydratase: role of a conserved tyrosine residue interacting with pyridine ring nitrogen of pyridoxal 5'-phosphate 査読有り

    Ito, T., Matsuoka, M., Koga, K., Hemmi, H. & Yoshimura, T.

    Journal of Biochemistry   156 巻   頁: 173-180   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. A novel geranylgeranyl reductase from the methanogenic archaeon Methanosarcina acetivorans displays unique regiospecificity 査読有り

    Ogawa, T., Isobe, K., Mori, T., Asakawa, S., Yoshimura, T. & Hemmi, H.

    FEBS Journal   281 巻   頁: 3165-3176   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. (R)-mevalonate 3-phosphate is an intermediate of the mevalonate pathway in Thermoplasma acidophilum 査読有り

    Azami, Y., Hattori, A., Nishimura, H., Kawaide, H., Yoshimura, T. & Hemmi, H.

    Journal of Biological Chemistry   289 巻   頁: 15957-15967   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Geranylgeranyl reductase and ferredoxin from Methanosarcina acetivorans are required for the synthesis of fully reduced archaeal membrane lipid in Escherichia coli cells 査読有り

    Isobe, K., Ogawa, T., Hirose, K., Yokoi, T., Yoshimura, T. & Hemmi, H.

    Journal of Bacteriology   196 巻   頁: 417-423   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Conserved pyridoxal protein that regulates Ile nad Val metabolism 査読有り

    Ito, T., Iimori, J., Takayama, S., Moriyama, A., Yamauchi, A., Hemmi, H. & Yoshimura, T.

    Journal of Bacteriology   195 巻   頁: 5439-5449   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Substrate specificity of undecaprenyl diphosphate synthase from the hyperthermophilic archaeon Aeropyrum pernix 査読有り

    Mori, T., Ogawa, T., Yoshimura, T. & Hemmi, H.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   436 巻   頁: 230-234   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Biochemical evidence supporting the presence of the classical mevalonate pathway in the thermoacidophilic archaeon Sulfolobus solfataricus 査読有り

    Nishimura, H., Azami, Y., Miyagawa, M., Hashimoto, C., Yoshimura, T. & Hemmi, H.

    Journal of Biochemistry   153 巻   頁: 415-420   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Catalytic mechanism of serine racemase from Dictyostelium discoideum 査読有り

    Ito, T., Maekawa, M., Hayashi, S., Goto, M., Hemmi, H. & Yoshimura, T.

    Amino Acids   44 巻   頁: 1073-1084   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Archaeal phospholipid biosynthetic pathway reconstructed in Escherichia coli 査読有り

    Yokoi, T., Isobe, K., Yoshimura, T. & Hemmi, H.

    Archaea   2012 巻   頁: ID 438931   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Substrate-induced change in the quaternary structure of type 2 isopentenyl diphosphate isomerase from Sulfolobus shibatae 査読有り

    Nakatani, H., Goda, S., Unno, H., Nagai, T., Yoshimura, T. & Hemmi, H.

    Journal of Bacteriology   194 巻   頁: 3216-3224   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Quantitative analyses of the behavior of exogenously added bacteria during an acidulocomposting process 査読有り

    Suematsu, T., Yamashita, S., Hemmi, H., Yoshinari, A., Shimoyama, T., Nakayama, T. & Nishino, T.

    Journal of Bioscience and Bioengineering   114 巻   頁: 70-72   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Metal ion dependency of serine rasemase from Dictyostelium discoideum 査読有り

    Ito, T., Murase, H., Maekawa, M., Goto, M., Hayashi, S., Saito, H., Maki, M., Hemmi, H., & Yoshimura, T.

    Amino Acids   43 巻   頁: 1567-1576   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Role of Zinc Ion for Catalytic Activity in D-Serine Dehydratase from Saccharomyces cerevisiae 査読有り

    Ito, T., Koga, K., Hemmi, H., & Yoshimura, T.

    FEBS Journal.   279 巻   頁: 612-624   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Lysine racemase from a lactic acid bacterium, Oenococcus oeni: Structural basis of substrate specificity 査読有り

    Kato, S., Hemmi, H. & Yoshimura, T.

    Journal of Biochemistry   152 巻   頁: 505-508   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Enzymatic assay for D-aspartic acid using D-aspartate oxidase and oxaloacetate decarboxylase 査読有り

    Kato, S., Ikuta, T., Hemmi, H., Takahashi, S., Kera, Y & Yoshimura, T.

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   76 巻   頁: 2150-2152   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Covalent modification of reduced flavin mononucleotide in type-2 isopentenyl diphosphate isomerase by active-site-directed inhibitors 査読有り

    Nagai, T., Unno, H., Janczak, M.W., Yoshimura, T., Poulter, C.D. & Hemmi, H.

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   108 巻   頁: 20461-20466   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Connected cavity structure enables prenyl elongation across the dimer interface in mutated geranylfarnesyl diphosphate synthase from Methanosarcina mazei 査読有り

    Ogawa, T., Yoshimura, T. & Hemmi, H.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   409 巻   頁: 333-337   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Structure and mutation analysis of archaeal geranylgeranyl reductase 査読有り

    Sasaki, D., Fujihashi, M., Iwata, Y., Murakami, M., Yoshimura, T., Hemmi, H. & Miki, K.

    Journal of Molecular Biology   409 巻   頁: 543-557   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Alterations in D-amino acid concentrations and microbial community structures during the fermentation of red and white wines

    Kato, S., Ishihara, T., Hemmi, H., Kobayashi, H. & Yoshimura, T.

    Journal of Bioscience and Bioengineering   111 巻   頁: 104-108   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. ユニークなフラビン酵素:タイプ2イソペンテニル二リン酸イソメラーゼ 招待有り

    邊見 久

    生化学   83 巻 ( 4 ) 頁: 304-307   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  58. 古細菌イソプレノイド生合成に関わるタイプ2イソペンテニル二リン酸イソメラーゼにおけるフラビン補酵素の特異な機能 招待有り 査読有り

    邊見 久

    ビタミン   85 巻 ( 1 ) 頁: 1-8   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  59. Simultaneous determination of D-amino acids by the coupling method of D-amino acid oxidase with high-performance liquid chromatography 査読有り

    Kato, S., Kito, Y., Hemmi, H., & Yoshimura, T.

    Journal of Chromatography B   111 巻   頁: 104-108   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Bacillus subtilis spore coat protein LipC is a phospholipase B 査読有り

    Masayama, A., Kato, S., Terashima, T., Molgaard, A., Hemmi, H., Yoshimura, T. & Moriyama, R.

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   74 巻   頁: 24-30   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. アーキアにおける膜脂質生合成 招待有り 査読有り

    邊見 久

    化学と生物   48 巻 ( 9 ) 頁: 614-621   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  62. A highly sensitive enzymatic assay for D- and total serine detection using D-serine dehydratase from Saccharomyces cerevisiae 査読有り

    Naka, T., Ito, T., Hemmi, H. & Yoshimura, T.

    Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic   67 巻   頁: 150-154   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Biochemical analysis of a novel lipolytic enzyme YvdO from Bacillus subtilis 168 査読有り

    Kato, S., Yoshimura, T., Hemmi, H. & Moriyama, R.

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   74 巻   頁: 701-706   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Geranylfarnesyl diphosphate synthase from Methanosarcina mazei: Different role, different evolution 査読有り

    Ogawa, T., Yoshimura, T. & Hemmi, H.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   393 巻   頁: 16-20   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. フラビン酵素の新機能?

    邊見 久

    生物工学会誌   88 巻 ( 3 ) 頁: 122   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  66. イソプレノイド代謝にみるフラビン補酵素のユニークな機能

    邊見 久

    バイオサイエンスとインダストリー   68 巻 ( 6 ) 頁: 421-423   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  67. Flavin's new role as a general acid-base catalyst with no redox function in type 2 isopentenyl diphosphate isomerase 査読有り

    Unno, H., Yamashita, S., Ikeda, Y., Sekiguchi, S., Yoshida, N., Yoshimura, T., Kusunoki, M., Nakayama, T., Nishino, T. & Hemmi, H.

    Journal of Biological Chemistry   284 巻   頁: 9160-9167   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Physiological role of carbon dioxide in spore germination of Clostridium perfringens S40 査読有り

    Kato, S., Masayama, A., Yoshimura, T., Hemmi, H., Tsunoda, H., Kihara, T. & Moriyama, R.

    Journal of Bioscience and Bioengineering   108 巻   頁: 477-483   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Polymerase chain reaction-denaturing gradient gel electrophoresis analysis of microbial community structure in landfill leachate 査読有り

    Uchida, M., Hatayoshi, H., Syuku-nobe, A., Shimoyama, T., Nakayama, T., Okuwaki, A., Nishino, T. & Hemmi, H.

    Journal of Hazardous Materials   164 巻   頁: 1503-1508   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Effect of mutagenesis at the region upstream from the G(Q/E) motif of three types of geranylgeranyl diphosphate synthase on product chain-length 査読有り

    Noike, M., Katagiri, T., Nakayama, T., Nishino, T. & Hemmi, H.

    Journal of Bioscience and Bioengineering   107 巻   頁: 235-239   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. The implication of YggT of Escherichia coli in osmotic regulation 査読有り

    Ito, T., Uozumi, N., Nakamura, T., Takayama, S., Matsuda, N., Aiba, H., Hemmi, H. & Yoshimura, T.

    Journal of Bioscience and Bioengineering   73 巻   頁: 2698-2704   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1271/bbb.90558

  72. A novel zinc-dependent D-serine dehydratase from Saccharomyces cerevisiae 査読有り

    Ito, T., Hemmi, H., Kataoka, K., Mukai, Y. & Yoshimura, T.

    Biochemical Journal   409 巻   頁: 399-406   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. タイプ2イソペンテニル二リン酸イソメラーゼの反応機構 招待有り 査読有り

    邊見 久

    ビタミン   82 巻 ( 11 ) 頁: 581-588   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    タイプ2イソペンテニル二リン酸イソメラーゼはFMNとNAD(P)Hを活性に要求する奇妙な異性化酵素である。イソプレノイド代謝におけるその重要性、同酵素とタイプ1酵素の生物学的分布、反応機構に関する最新の知見について概説した。

  74. The product chain length determination mechanism of type II geranylgeranyl diphosphate synthase requires subunit interaction 査読有り

    Noike, M., Katagiri, T., Nakayama, T., Koyama, T., Nishino, T. & Hemmi, H.

    FEBS Journal   275 巻   頁: 3921-3933   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Specific partial reduction of geranylgeranyl diphosphate by an enzyme from the thermoacidophilic archaeon Sulfolobus acidocaldarius yields a reactive prenyl-donor, not a dead-end product 査読有り

    Sato, S., Murakami, M., Yoshimura, T. & Hemmi, H.

    Journal of Bacteriology   190 巻   頁: 3923-3929   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Geranylgeranyl reductase involved in the biosynthesis of archaeal membrane lipids in the hyperthermophilic archaeon Archaeoglobus fulgidus 査読有り

    Murakami, M., Shibuya, K., Nakayama, T., Nishino, T., Yoshimura, T., Hemmi, H.

    FEBS Journal   274 巻   頁: 805-814   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. アーキアにおけるイソプレノイド脂質の生合成:生体化合物の進化の歴史は解明可能だろうか?

    邊見 久

    化学と生物   45 巻 ( 9 ) 頁: 596-598   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  78. タイプ2イソペンテニル二リン酸イソメラーゼにおけるFMNの役割

    邊見 久、吉村 徹

    ビタミン   81 巻 ( 10 ) 頁: 504-506   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  79. Enzyme assay of D-serine dehydratase from Saccharomyces cerevisiae 査読有り

    Ito, T., Takahashi, K., Naka, T., Hemmi, H. & Yoshimura, T.

    Analytical Biochemistry   371 巻   頁: 167-172   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Structural and kinetic evidence for an extended hydrogen-bonding network in catalysis of methyl group transfer 査読有り

    Doukov, T.I., Hemmi, H., Drennan, C.L., Ragsdale, S.W.

    Journal of Biological Chemistry   282 巻   頁: 6609-6618   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. A novel lipolytic enzyme, YcsK (LipC), located in the spore coat of Bacillus subtilis, is involved in spore germination 査読有り

    Masayama, A., Kuwana, R., Takamatsu, H., Hemmi, H., Yoshimura, T., Watabe, K., Moriyama, R.

    Journal of Bacteriology   189 巻   頁: 2369-2375   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Total synthesis of geranylgeranylglyceryl phosphate enantiomers: substrates for characterization of 2,3-O-digeranylgeranylglyceryl phosphate synthase 査読有り

    Zhang, H., Shibuya, K., Hemmi, H., Nishino, T. & Prestwich, G.D.

    Organic Letters   8 巻   頁: 943-946   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Microbacterium natoriense sp. nov., a novel D-aminoacylase-producing bacterium isolated from soil in Natori, Japan 査読有り

    Liu, J., Nakayama, T., Hemmi, H., Asano, Y., Tsuruoka, N., Shimomura, K., Nishijima, M. & Nishino, T.

    International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology   55 巻   頁: 611-615   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Menaquinone-specific prenyl reductase from the hyperthermophilic archaeon Archaeoglobus fulgidus 査読有り

    Hemmi, H., Takahashi, Y., Shibuya, K., Nakayama, T. & Nishino, T.

    Journal of Bacteriology   187 巻   頁: 1937-1944   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. UDP-glucuronic acid: Anthocyanin glucuronosyltransferase from red daisy (Bellis perennis) flowers enzymology and phylogenetics of a novel glucuronosyltransferase involved in flower pigment biosynthesis 査読有り

    Sawada, S., Suzuki, H., Ichimaida, F., Yamaguchi, M. A., Iwashita, T., Fukui, Y., Hemmi, H., Nishino, T. & Nakayama, T.

    Journal of Biological Chemistry   280 巻   頁: 899-906   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Microbial diversity in bio-degradation and re-utilization processes of garbage 査読有り

    Haruta, S., Nakayama, T., Nakamura, K., Hemmi, H., Ishii, M., Igarashi, Y. & Nishino, T.

    Journal of Bioscience and Bioengineering   99 巻   頁: 1-11   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  87. Molecular biological analysis of microflora in a garbage treatment process under thermoacidophilic conditions 査読有り

    Hemmi, H., Shimoyama, T., Nakayama, T., Hoshi, K. & Nishino, T.

    Journal of Bioscience and Bioengineering   97 巻   頁: 119-126   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Molecular cloning and characterization of a thermostable carboxylesterase from an archaeon, Sulfolobus shibatae DSMZ5389: a non-linear kinetic behavior of a hormone-sensitive lipase family enzyme 査読有り

    Ejima, K., Liu, J., Oshima, Y., Hirooka, K., Shimanuki, S., Hemmi, H., Nakayama, T. & Nishino, T.

    Journal of Bioscience and Bioengineering   98 巻   頁: 445-451   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. (S)-2,3-Di-O-geranylgeranylglyceryl phosphate synthase from the thermoacidophilic archaeon Sulfolobus solfataricus. Molecular cloning and characterization of a membrane-intrinsic prenyltransferase involved in the biosynthesis of archaeal ether-linked membrane lipids 査読有り

    Hemmi, H., Shibuya, K., Takahashi, Y., Nakayama, T. & Nishino, T.

    Journal of Biological Chemistry   279 巻   頁: 50197-50203   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Catalytic mechanism of type 2 isopentenyl diphosphate:dimethylallyl diphosphate isomerase: verification of a redox role of the flavin cofactor in a reaction with no net redox change 査読有り

    Hemmi, H., Ikeda, Y., Yamashita, S., Nakayama, T. & Nishino, T.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   322 巻   頁: 905-910   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Type 2 isopentenyl diphosphate isomerase from a thermoacidophilic archaeon Sulfolobus shibatae 査読有り

    Yamashita, S., Hemmi, H., Ikeda, Y., Nakayama, T. & Nishino, T.

    European Journal of Biochemistry   271 巻   頁: 1087-1093   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Acidulocomposting, an accelerated composting process of garbage under thermoacidophilic conditions for prolonged periods 査読有り

    Nishino, T., Nakayama, T., Hemmi, H., Shimoyama, T., Yamashita, S., Akai, M., Kanagawa, T., & Hoshi, K.

    Journal of Environmental Biotechnology   3 巻   頁: 33-36   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. An alternative mechanism of product chain-length determination in type III geranylgeranyl diphosphate synthase 査読有り

    Hemmi, H., Noike, M., Nakayama, T. & Nishino, T.

    European Journal of Biochemistry   270 巻   頁: 2186-2194   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Fusion-type lycopene β-cyclase from a thermoacidophilic archaeon Sulfolobus solfataricus 査読有り

    Hemmi, H., Ikejiri, S., Nakayama, T. & Nishino, T.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   305 巻   頁: 586-591   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Introduction of the archaebacterial geranylgeranyl pyrophosphate synthase gene into Chlamydomonas reinhardtii chloroplast 査読有り

    Fukusaki, E. I., Nishikawa, T., Kato, K., Shinmyo, A., Hemmi, H., Nishino, T. & Kobayashi, A.

    Journal of Bioscience and Bioengineering   95 巻   頁: 283-287   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Collagenolytic serine-carboxyl proteinase from Alicyclobacillus sendaiensis strain NTAP-1: Purification, characterization, gene cloning, and heterologous expression 査読有り

    Tsuruoka, N., Nakayama, T., Ashida, M., Hemmi, H., Nakao, M., Minakata, H., Oyama, H., Oda, K. & Nishino, T.

    Applied and Environmental Microbiology   69 巻   頁: 162-169   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Alicyclobacillus sendaiensis sp nov., a novel acidophilic, slightly thermophilic species isolated from soil in Sendai, Japan 査読有り

    Tsuruoka, N., Isono, Y., Shida, O., Hemmi, H., Nakayama, T. & Nishino, T.

    International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology   53 巻   頁: 1081-1084   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Altering the substrate chain-length specificity of an α-glucosidase 査読有り

    Noguchi, A., Nakayama, T., Hemmi, H. & Nishino, T.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   304 巻   頁: 684-690   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Deciphering the molecular basis of the broad substrate specificity of α-glucosidase from Bacillus sp SAM1606 査読有り

    Noguchi, A., Yano, M., Ohshima, Y., Hemmi, H., Inohara-Ochiai, M., Okada, M., Min, K. S., Nakayama, T. & Nishino, T.

    Journal of Biochemistry   134 巻   頁: 543-550   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Deletion and insertion of a 192-residue peptide in the active-site domain of glycosyl hydrolase family-2 β-galactosidases 査読有り

    Inohara-Ochiai, M., Hasegawa, S., Iguchi, S., Ashikari, T., Shibano, Y., Hemmi, H., Nakayama, T. & Nishino, T.

    Journal of Bioscience and Bioengineering   93 巻   頁: 575-583   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Novel medium-chain prenyl diphosphate synthase from the thermo acidophilic archaeon Sulfolobus solfataticus 査読有り

    Hemmi, H., Ikejiri, S., Yamashita, S. & Nishino, T.

    Journal of Bacteriology   184 巻   頁: 615-620   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Novel sugar phosphotransferase system applicable to the efficient labeling of the compounds synthesized via the non-mevalonate pathway in Escherichia coli 査読有り

    Hemmi, H., Yamashita, S., Nakayama, T. & Nishino, T.

    Journal of Bioscience and Bioengineering   93 巻   頁: 515-518   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Change of product specificity of hexaprenyl diphosphate synthase from Sulfolobus solfataricus by introducing mimetic mutations 査読有り

    Hemmi, H., Noike, M., Nakayama, T. & Nishino, T.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   297 巻   頁: 1096-1101   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Site-specific mutagenesis at positions 272 and 273 of the Bacillus sp SAM1606 α-glucosidase to screen mutants with altered specificity for oligosaccharide production by transglucosylation 査読有り

    Okada, M., Nakayama, T., Noguchi, A., Yano, M., Hemmi, H., Nishino, T. & Ueda, T.

    Journal of Molecular Catalysis B-Enzymatic   16 巻   頁: 265-274   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Dramatic changes in the substrate specificities of prenyltransferase by a single amino acid substitution 査読有り

    Maki, Y., Komabayashi, M., Gotoh, Y., Ohya, N., Hemmi, H., Hirooka, K., Nishino, T. & Koyama, T.

    Journal of Molecular Catalysis B-Enzymatic   19 巻   頁: 431-436   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Cloning, expression, and characterization of cis-polyprenyl diphosphate synthase from the thermoacidophilic archaeon Sulfolobus acidocaldarius 査読有り

    Hemmi, H., Yamashita, S., Shimoyama, T., Nakayama, T. & Nishino, T.

    Journal of Bacteriology   183 巻   頁: 401-404   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. ホスミドマイシンー抗マラリア薬としての再発見

    邊見 久

    生物工学会誌   78 巻 ( 8 ) 頁: 338   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  108. The role of histidine-114 of Sulfolobus acidocaldarius geranylgeranyl diphosphate synthase in chain-length determination 査読有り

    Hirooka, K., Kato, T., Matsu-ura, J., Hemmi, H. & Nishino, T.

    FEBS Letters   481 巻   頁: 68-72   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Zinc biosorption by a zinc-resistant bacterium, Brevibacterium sp strain HZM-1 査読有り

    Taniguchi, J., Hemmi, H., Tanahashi, K., Amano, N., Nakayama, T. & Nishino, T.

    Applied Microbiology and Biotechnology   54 巻   頁: 581-588   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. An active-site mutation causes enhanced reactivity and altered regiospecificity of transglucosylation catalyzed by the Bacillus sp SAM1606 α-glucosidase 査読有り

    Inohara-Ochiai, M., Okada, M., Nakayama, T., Hemmi, H., Ueda, T., Iwashita, T., Kan, Y., Shibano, Y., Ashikari, T. & Nishino, T.

    Journal of Bioscience and Bioengineering   89 巻   頁: 431-437   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. Identification of genes affecting lycopene formation in Escherichia coli transformed with carotenoid biosynthetic genes: Candidates for early genes in isoprenoid biosynthesis 査読有り

    Hemmi, H., Ohnuma, S., Nagaoka, K. & Nishino, T.

    Journal of Biochemistry   123 巻   頁: 1088-1096   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Overexpression of an archaeal geranylgeranyl diphosphate synthase in Escherichia coli cells 査読有り

    Ohto, C., Nakane, H., Hemmi, H., Ohnuma, S., Obata, S. & Nishino, T.

    Bioscience Biotechnology and Biochemistry   62 巻   頁: 1243-1246   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Recognition of allylic substrates in Sulfolobus acidocaldarius geranylgeranyl diphosphate synthase: Analysis using mutated enzymes and artificial allylic substrates 査読有り

    Ohnuma, S., Hemmi, H., Koyama, T., Ogura, K. & Nishino, T.

    Journal of Biochemistry   123 巻   頁: 1036-1040   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Effects of random mutagenesis in a putative substrate-binding domain of geranylgeranyl diphosphate synthase upon intermediate formation and substrate specificity 査読有り

    Ohnuma, S., Hemmi, H., Ohto, C., Nakane, H. & Nishino, T.

    Journal of Biochemistry   121 巻   頁: 696-704   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Conversion from farnesyl diphosphate synthase to geranylgeranyl diphosphate synthase by random chemical mutagenesis 査読有り

    Ohnuma, S. I., Nakazawa, T., Hemmi, H., Hallberg, A. M., Koyama, T., Ogura, K. & Nishino, T.

    Journal of Biological Chemistry   271 巻   頁: 10087-10095   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. Conversion of product specificity of archaebacterial geranylgeranyl-diphosphate synthase - Identification of essential amino acid residues for chain length determination of prenyltransferase reaction 査読有り

    Ohnuma, S., Hirooka, K., Hemmi, H., Ishida, C., Ohto, C. & Nishino, T.

    Journal of Biological Chemistry   271 巻   頁: 18831-18837   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 5

  1. ビタミン・バイオファクター総合事典

    邊見 久( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 2.2.2 ビタミンB2 構造・化学)

    朝倉書店  2021年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  2. 生体膜の分子機構:リピッドワールドが先導する生命科学

    邊見 久( 担当: 共著)

    化学同人  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. Handbook of Flavoproteins

    Hisashi Hemmi( 担当: 共著)

    Walter de Gruyter  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  4. Comprehensive Natural Products II Chemistry and Biology

    Kuzuyama, T., Hemmi, H. & Takahashi, S.( 担当: 共著)

    Elsevier  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  5. 酵素ハンドブック 第3版

    ( 担当: 共著)

    朝倉書店  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 63

  1. アーキア型メバロン酸経路の鍵酵素であるホスホメバロン酸脱水酵素は[4Fe-4S]型鉄硫黄クラスターを有する

    米山睦、三野広幸、保野陽子、品田哲郎、伊藤智和、邊見久

    第33回日本Archaea研究会講演会  2021年7月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. 未培養真正細菌に存在する古細菌型メバロン酸経路

    邊見 久, Riko Kuriki, 吉田 稜

    第30回イソプレノイド研究会例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. アーキア膜脂質:生合成研究とエンジニアリングへの展開 招待有り

    邊見 久

    2019年度卓越大学院GTR成果報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学理学部坂田・平田ホール   国名:日本国  

  4. 「緩い」基質認識が可能にするプレニル基転移反応のリデザイン 招待有り

    邊見 久

    生合成リデザイン第7回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:北里大学白金プラチナタワー   国名:日本国  

  5. 超好熱性アーキアAeropyrum pernix由来ホスホ-trans-アンヒドロメバロン酸デカルボキシラーゼの特性評価

    邊見 久, 松嶋夏海, 品田哲郎, 吉村 徹

    第20回極限環境生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  6. Discovery of a 'fourth' mevalonate pathway from the hyperthermophilic archaeon Aeropyrum pernix 招待有り 国際会議

    Hisashi Hemmi

    Thermophiles 2019 15th International Congress on Thermophiles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:日本国  

  7. 超好熱アーキアに見出した「第4の」メバロン酸経路 招待有り

    邊見 久

    微生物ウィーク2019 シンポジウム「好熱菌研究最前線」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  8. 古細菌型メバロン酸経路の発見 招待有り

    邊見 久

    2019年度日本農芸化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  9. Creation of mevalonate decarboxylase for the production of a second-generation biofuel, isoprenol 招待有り

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  10. 超好熱性アーキアから見出された新奇な変形メバロン酸経路

    邊見 久, 早川 祝, 本山 賢人, 祖父江史明, 川出 洋, 吉村 徹

    第91回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  11. A novel modified mevalonate pathway identified from a hyperthemophilic archaeon Aeropyrum pernix 国際会議

    Hisashi Hemmi, Hajime Hayakawa, Kento Motoyama, Fumiaki Sobue, Tomokazu Ito, Hiroshi Kawaide, and Tohru Yoshimura

    Extremophiles 2018: 12th International Congress of Extremophiles 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:イタリア共和国  

  12. RIトレーサー実験による古細菌メバロン酸経路の解明 招待有り

    邊見 久

    第42回国立大学ラジオアイソトープ総合センター長会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  13. アーキアにおけるメバロン酸経路の多様性 招待有り

    邊見 久

    第12回日本ゲノム微生物学会シンポジウム「アーキアのゲノムバイオロジー〜ゲノム研究が解き明かす新しいアーキアの姿〜」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  14. 古細菌の耐熱性と膜脂質の関係 招待有り

    邊見 久

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  15. Diversity and evolution of the mevalonate pathways in archaea 招待有り 国際会議

    Hisashi Hemmi, Kento Motoyama, Ai Hattori, Hideaki Unno, Hiroshi Kawaide, Tohru Yoshimura

    Japan-Italy Joint Symposium: New Trends in Enzyme and Microbial Science in the Translational Biology Era 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:National Research Council of Italy, Naples   国名:イタリア共和国  

  16. Mutation-induced conversion of diphosphomevalonate decarboxylase into a kinase 国際会議

    Hisashi Hemmi, Kento Motoyama, Hiroshi Kawaide and Tohru Yoshimura

    TERPNET 2017 13th International Meeting on Biosynthesis, Function and Synthetic Biology of Isoprenoids 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Dalian International Conference Centre   国名:中華人民共和国  

  17. 部位特異的変異導入による好熱性古細菌由来メバロン酸3-キナーゼの基質特異性および触媒機能の改変

    本山健人、川出 洋、吉村 徹、邊見 久

    2017年度酵素補酵素研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. Evolution of the mevalonate pathways in Archaea 国際会議

    Hisashi Hemmi

    2nd US-Japan Seminar on the Biosynthesis of Natural Products for Young Researchers 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. アーキアにおけるメバロン酸経路の多様性とその進化

    邊見 久

    第89回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  20. Conversion of 5-diphosphomevalonate decarboxylase into 3-kinase 国際会議

    Hisashi Hemmi, Kento Motoyama, Ai Hattori, and Tohru Yoshimura

    The 5th International Conference on Cofactors and Active Enzyme Molecule 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  21. 好熱性アーキアSulfolobus solfataricus由来ジホスホメバロン酸デカルボキシラーゼの耐熱性に寄与するサブユニット間ジスルフィド結合

    邊見 久,服部 愛,海野英昭,郷田秀一郎,本山賢人,吉村 徹

    日本Archaea研究会第29回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. 分岐型プレニル二リン酸を与えるメタン生成古細菌由来酵素の研究

    邊見 久、小川拓哉、江見晃一、吉村 徹

    2015年度日本農芸化学会中部・関西支部合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. メタン生成アーキアのシス型プレニルトランスフェラーゼホモログによる分 岐型プレニル二リン酸の合成

    邊見 久、小川拓哉、吉村 徹

    第25回 イソプレノイド研究会例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. Thermoplasma型変形メバロン酸経路とメバロン酸3-キナーゼ

    邊見 久、生明 靖裕、本山 健人、服部 愛、吉村 徹

    2015年度 酵素補酵素研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. Thermoplasma-type modified mevalonate pathway and mevalonate 3-kinase 国際会議

    Hisashi Hemmi, Yasuhiro Azami, Kento Motoyama, Ai Hattori and Tohru Yoshimura

    TERPNET 2015 12th International Meeting on Biosynthesis, Function and Synthetic Biology of Isoprenoids 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  26. Mevalonate 3-phosphate is an intermediate of the mevalonate pathway in the thermophilic archaeon Thermoplasma acidophilus 国際会議

    Hisashi Hemmi, Yasuhiro Azami, Ai Hattori, Hiroto Nishimura, Hiroshi Kawaide and Tohru Yoshimura

    Japan-Italy Joint Symposium: New Trends in Science and Engineering of Enzyme and Microbiology for Sustainable Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  27. Thermoplasma acidophilumより見出された第3のメバロン酸経路

    邊見 久、生明靖裕、服部 愛、西村泰斗、川出 洋、吉村 徹

    日本Archaea研究会第27回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス   国名:日本国  

  28. 大腸菌をプラットフォームとしたアーキア特異的イソプレノイド脂質の生合成研究

    邊見 久

    2014年度日本農芸化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:明治大学生田キャンパス   国名:日本国  

  29. A third alternative mevalonate pathway from Thermoplasma acidophilum 国際会議

    Hisashi Hemmi, Yasuhiro Azami, Ai Hattori, Hiroshi Kawaide and Tohru Yoshimura

    1st US-Japan Seminar on the Biosynthesis of Natural Products for Young Researchers 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  30. 新規なアプローチによるアーキア膜脂質の生合成研究

    邊見 久

    第86回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  31. Biosynthesis of intact archaeal membrane lipid in bacterial cells 国際会議

    Hisashi Hemmi, Keisuke Isobe, Takeru Yokoi and Tohru Yoshimura

    Gordon Research Conference on Archaea: Ecology, Metabolism & Molecular Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月 - 2013年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:イタリア共和国  

  32. バクテリア細胞中における完全飽和アーキア脂質の生合成 国際会議

    邊見 久、磯部圭祐、吉村 徹

    日本Archaea研究会第26回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  33. アーキア膜脂質生合成に関わる新奇フラビン酵素(1)

    邊見 久、磯部圭祐、吉村 徹

    日本ビタミン学会第65回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. タイプ2イソペンテニル二リン酸イソメラーゼにおけるフラビン補酵素の触媒機能

    邊見 久

    2013年度日本農芸化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  35. Substrate-induced change in the quaternary structure of type 2 isopentenyl diphosphate isomerase from Sulfolobus shibatae

    Hisashi Hemmi

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  36. mechanism-based inhibitorを用いたタイプ2イソペンテニル二リン酸イソメラーゼの反応機構解析

    邊見 久

    2012年度酵素・補酵素研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  37. Archaeal phospholipid biosynthesis pathway reconstructed in E. coli 国際会議

    Takeru Yokoi, Keisuke Isobe, Tohru Yoshimura and Hisashi Hemmi

    The International Conference of Natural Product Biosynthesis (8th US-Japan Seminar on the Biosynthesis of Natural Products: Enzymology, Structural Biology, Drug Discovery, Genome Mining) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. アーキア膜脂質生合成に関わるゲラニルゲラニルレダクターゼの構造機能相関

    邊見 久

    第84回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:国立京都国際会館   国名:日本国  

  39. Structure-function relationship in archaeal geranylgeranyl reductase 国際会議

    Hisashi Hemmi, Yuki Iwata, Daisuke Sasaki, Masahiro Fujihashi, Motomichi Murakami, Tohru Yoshimura, and Kunio Miki

    Gordon Research Conference on Archaea: Ecology, Metabolism & Molecular Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月 - 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  40. Non-redox catalysis by reduced flavin mononucleotide in type 2 isopentenyl diphosphate isomerase 国際会議

    Hisashi Hemmi

    17th International Symposium on Flavins and Flavoproteins 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  41. タイプ2イソペンテニル二リン酸イソメラーゼにおけるフラビン補酵素の機能

    邊見 久

    新学術領域「生合成マシナリー」第2回若手シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:理研鈴木梅太郎ホール、和光市   国名:日本国  

  42. 不可逆阻害剤となる基質アナログを用いたタイプ2イソペンテニル二リン酸イソメラーゼの反応機構解析

    邊見 久、長井拓也、海野英昭、吉村 徹

    日本ビタミン学会第63回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島 安田女子大学   国名:日本国  

  43. 古細菌イソプレノイド生合成に関わるタイプ2イソペンテニル二リン酸イソメラーゼにおけるフラビン補酵素の特異な機能

    邊見 久

    日本ビタミン学会第62回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  44. タイプ2イソペンテニル二リン酸イソメラーゼの反応における還元型FMNの分子触媒機構

    邊見 久、長井拓也、海野英昭、吉村 徹

    日本ビタミン学会第62回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. Type 2 isopentenyl diphosphate isomerase: unusual reaction mechanism of a flavoenzyme 国際会議

    Italy-Japan Symposium of New Trends in Enzyme Science and Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  46. 古細菌膜脂質生合成に関わるフラビン酵素の分子機構解明と応用

    邊見 久

    第10回酵素応用シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  47. 部位特異的変異導入によるタイプ2イソペンテニル二リン酸イソメラーゼの反応機構解析

    邊見 久、長井拓也、海野英昭、吉村 徹

    日本ビタミン学会第61回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. The reaction mechanism of type 2 isopentenyl diphosphate isomerase 国際会議

    TERPNET 2009 9th International Meeting: Biosynthesis and Function of Isoprenoids in Plants, Microorganisms and Parasites 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. タイプ2イソペンテニル二リン酸イソメラーゼの反応機構:一般酸塩基触媒としてのフラビンの機能

    邊見 久、海野英昭、山下 哲、池田陽介、関口信哉、吉田宜永、吉村 徹、楠木正巳、中山 亨、西野徳三

    2009年度日本農芸化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  50. タイプ2イソペンテニル二リン酸イソメラーゼの反応機構

    邊見 久、海野英昭、山下 哲、池田陽介、関口信哉、吉田宜永、中山 亨、西野徳三、楠木正巳、吉村 徹

    第18回ドリコールおよびイソプレノイド研究会例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. タイプ2イソペンテニル二リン酸イソメラーゼの結晶構造と予想される反応機構

    邊見 久、海野英昭、池田陽介、関口信哉、吉田宜永、中山 亨、西野徳三、楠木正巳、吉村 徹

    第60回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. Geranylgeranyl Reductases Responsible for Archaeal Membrane Lipid Biosynthesis 国際会議

    7th US-Japan Seminar on the Biosynthesis of Natural Products: Enzymology, Structural Biology, and Drug Discovery 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  53. 好熱性アーキア由来タイプ2イソペンテニル二リン酸イソメラーゼの結晶構造解析

    邊見 久、海野英昭、池田陽介、関口信哉、吉田宜永、中山 亨、西野徳三、楠木正巳、吉村 徹

    日本ビタミン学会第60回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  54. メタゲノムスクリーニングへのGC-enriching MDA法の応用

    邊見 久、鳴川晃生、中根修平、吉村 徹

    日本農芸化学会2008年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. 好熱性アーキア由来ゲラニルゲラニルレダクターゼの反応特異性解析

    邊見 久、村上真通、佐藤 翔、吉村 徹

    第17回ドリコールおよびイソプレノイド研究会例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. Catalytic Specificity of Membrane Lipid Biosynthetic Gerenylgeranyl Reductase from The Thermoacidophilic Archaeon Sulfolobus acidocaldarius 国際会議

    Gordon Research Conference on Archaea: Ecology, Metabolism & Molecular Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  57. タイプ2イソペンテニル二リン酸イソメラーゼにおける基質および補酵素の結合様式

    邊見 久、関口信哉、池田陽介、山下 哲、中山 亨、吉村 徹、西野徳三

    日本ビタミン学会第59回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. タイプ2イソペンテニル二リン酸イソメラーゼにおける基質結合残基の探索

    邊見 久、関口信哉、池田陽介、山下 哲、中山 亨、西野徳三、吉村 徹

    日本農芸化学会2007年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  59. Geranylgeranyl reductase responsible for the biosynthesis of archaeal membrane lipids 国際会議

    Hisashi Hemmi, Motomichi Murakami, Kyohei Shibuya, Toru Nakayama, Tokuzo Nishino, Tohru Yoshimura

    Japan-Italy Symposium of New Trends in Enzyme Science and Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    Hisashi Hemmi, Motomichi Murakami, Kyohei Shibuya, Toru Nakayama, Tokuzo Nishino, Tohru Yoshimura

  60. アーキアの膜脂質生合成に関わるゲラニルゲラニルレダクターゼ

    邊見 久、村上真通、渋谷恭平、中山 亨、西野徳三

    第16回ドリコールおよびイソプレノイド研究会例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. タイプ2イソペンテニル二リン酸イソメラーゼへの部位特異的変異導入

    邊見 久、池田陽介、山下 哲、中山 亨、西野 徳三

    日本農芸化学会2006年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  62. 超好熱性アーキアArchaeoglobus fulgidus由来ゲラニルゲラニルレダクターゼ

    邊見 久、渋谷恭平、中山 亨、西野徳三

    第57回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. 好熱性アーキアのプレニル基還元酵素

    邊見 久、渋谷恭平、高橋義洋、西野徳三

    第15回ドリコールおよびイソプレノイド研究会例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 9

  1. 古細菌型メバロン酸経路を利用したイソプレノイドの微生物生産

    2019年4月 - 2020年3月

    2019年度野田産研研究助成 

    邊見 久

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 省エネルギー型メバロン酸経路の有用物質生産への応用

    2019年4月 - 2020年3月

    長瀬科学技術振興財団 2019年度研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. アーキア膜脂質によるバクテリア膜脂質の置換に基づく大腸菌の細胞膜エンジニアリング

    2018年4月 - 2020年3月

    発酵研究所平成30年度一般研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. Creation of mevalonate decarboxylase for the production of a second-generation biofuel, isoprenol

    2017年10月 - 2018年3月

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 古細菌膜資質生合成における未知の炭素−炭素結合形成反応の解明

    2014年11月 - 2017年3月

    武田科学振興財団ライフサイエンス研究奨励 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 応用を目指した古細菌膜脂質およびその類縁化合物の生合成研究

    2009年8月 - 2012年3月

    旭硝子財団 若手継続グラント 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 温泉をアクセスポイントとした地下水圏微生物の多様性評価

    2006年11月 - 2008年3月

    住友財団 基礎科学研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. 新しい機能性材料としての古細菌膜脂質に関する研究

    2006年8月 - 2008年3月

    旭硝子財団 自然科学系研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. 生ゴミの微生物分解プロセスの強化を目的とした有用微生物および酵素遺伝子の探索

    2001年9月 - 2004年3月

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 産業技術研究助成事業費助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 12

  1. イソプレノイド生産に向けた革新的シャーシとなる微生物細胞の創製

    研究課題/研究課題番号:20H02899  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    邊見 久, 海野 英昭, 伊藤 智和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18070000円 ( 直接経費:13900000円 、 間接経費:4170000円 )

    イソプレノイドは自然界最大の天然化合物群であり、その中には膨大な数の有用物質が含まれる。これまでに、微生物による有用イソプレノイドの発酵生産を高効率化する目的で、その前駆体供給経路であるメバロン酸経路を使った代謝工学的な試みがなされてきた。しかし、微生物に対するそれらの代謝経路のエネルギー負荷は大きく、生産量の向上には限界があった。本研究では、最近申請者らが古細菌から見出した、ATP 消費量の少ない「低エネルギー負荷型」メバロン酸経路を大腸菌に導入し、イソプレノイド生産のシャーシ(土台)として広範な目的に利用可能な微生物株の作製を目指すと同時に、同経路を構成する酵素に関する理解を深める。

  2. 「緩い」基質認識が可能にするプレニル基転移反応のリデザイン

    研究課題/研究課題番号:19H04651  2019年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  新学術領域研究(研究領域提案型)

    邊見 久

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:7670000円 ( 直接経費:5900000円 、 間接経費:1770000円 )

    プレニル基転移反応は、イソプレノイドという自然界で最大の天然化合物群の生合成に関わる酵素反応であり、この反応の生成物を変化させることでイソプレノイドの構造多様性を拡張することが可能となる。最近我々は通常の酵素が受け入れない化合物を基質とするプレニル基転移酵素を見出している。その基質認識機構を解明し、その知見をもとに他の酵素の厳格な基質認識を変化させることで、非天然イソプレノイドの合成を試みる。
    各種プレニル基転移酵素を対象として、それらの「緩い」基質特異性の物質生産への応用、およびその特異性の分子機構の解明を目指した研究を実施した。シス型プレニル基転移酵素に関しては、メタン生成古細菌より見出した、基質特異性の緩い同酵素であるMM_0014が、通常の基質であるイソペンテニル二リン酸の4位炭素へのプレニル基転移(C-プレニル化)反応だけでなく、グリセロールなど小分子アルコールの水酸基へのプレニル基転移(O-プレニル化)反応を触媒できることを、X線結晶構造解析や質量分析などにより明らかにした。また、古細菌膜脂質の生合成に関わるプレニル基転移酵素の緩い基質特異性を利用し、天然には存在しないC30という長い炭素鎖を有する古細菌膜脂質アナログの酵素合成、および大腸菌による生産に成功した。その他、近年我々が見出した古細菌型メバロン酸経路の中間体を、野生型および変異型の各種プレニル基転移酵素の基質とする実験も実施した。期待した結果を得ることはできなかったものの、その研究の過程で、同経路に関わる新奇酵素について、いくつかの新しい発見を行うことができた。例えばホスホメバロン酸脱水酵素が、真正細菌由来の近縁酵素に関する報告とは異なり、[4Fe-4S]型の鉄硫黄クラスターを活性中心に保持していることをEPR解析により証明した。また、ホスホトランスアンヒドロメバロン酸脱炭酸酵素がプレニル化フラビンを補酵素とすることを再構成実験により証明した。
    令和2年度が最終年度であるため、記入しない。
    令和2年度が最終年度であるため、記入しない。

  3. 超好熱性古細菌膜脂質を使った大腸菌の細胞膜エンジニアリング

    研究課題/研究課題番号:18K19170  2018年6月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    邊見 久

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6240000円 ( 直接経費:4800000円 、 間接経費:1440000円 )

    超好熱性古細菌Aeropyrum pernixの持つ、炭化水素鎖の長いイソプレノイド膜脂質を大腸菌に大量生産させ、その膜の物性を変化させる「細胞膜エンジニアリング」技術の確立を目指して研究を進めた。同時期にA. pernixから新奇なイソプレノイド生合成前駆体供給経路である古細菌型メバロン酸経路を見出したため、イソプレノイドの微生物生産に対する同経路の導入の効果を検討した結果、準嫌気条件で宿主を培養した場合にイソプレノイド生産が向上することが示された。また、A. pernixと他生物の遺伝子を組み合わせて大腸菌に導入することで、より長い炭化水素鎖を持つ非天然型古細菌膜脂質の合成に成功した。
    本研究で取り扱った古細菌型メバロン酸経路は、既知のメバロン酸経路と比べ、エネルギー低消費型の代謝経路である。そのため、薬品や工業原料などの有用化合物を多く含むイソプレノイドの微生物生産に同経路を利用することで、宿主から生育に必要なエネルギーを大量に奪うことなく物質生産をさせることが可能になるかもしれない。また、本研究で合成に成功した非天然型古細菌膜脂質は、より厚く安定な細胞膜を構成することが予想される。したがって、大腸菌などの生体膜の性質を変化させて強い微生物を作る「細胞膜エンジニアリング」を今後確立する上で有用なツールとなりうる。

  4. イソプレノイドの構造多様性を生み出すイソプレン単位間縮合反応のマシナリー

    研究課題/研究課題番号:17H05437  2017年4月 - 2019年3月

    科学研究費助成事業  新学術領域研究(研究領域提案型)

    邊見 久

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:7540000円 ( 直接経費:5800000円 、 間接経費:1740000円 )

    メタン生成古細菌Methanosarcina mazeiに由来するシス型プレニル二リン酸合成酵素について、主に基質特異性に関する解析を進めた結果、同酵素が通常の基質を用いたC-プレニル化反応に加えて、短鎖アルコールをプレニル基受容体基質としたO-プレニル化反応をも触媒できることを明らかにした。このような広い反応性を示すシス型プレニル二リン酸合成酵素の報告は無く、それを可能にする基質認識機構に興味が持たれた。そこでX線結晶構造解析を実施し、同酵素の立体構造を明らかにすることに成功した。
    超好熱性古細菌Aeropyrum pernixは炭素数25のプレニル基を疎水性炭素鎖として有するC25古細菌膜脂質を特異的に生産する。我々はすでに、その生合成に関わるプレニル基転移酵素の遺伝子を同一の大腸菌に導入することで、C25古細菌膜脂質を生産させることに成功している。この系の遺伝子の一部を真正細菌由来のプレニル基転移酵素に入れ替えることにより、天然には存在しない、一部C30の炭素鎖を有する古細菌膜脂質の合成に成功した。
    古細菌の比較ゲノム解析を行うことで、過去に見出された複数種類のメバロン酸経路のいずれとも異なる変形メバロン酸経路に関与する候補遺伝子を見出し、組換えタンパク質を用いてその酵素活性を明らかにし、メバロン酸経路への関与を証明した。新奇な代謝中間体であるホスホ-trans-アンヒドロメバロン酸を経由する同経路は、大部分の古細菌に分布していると予想されたため、古細菌型メバロン酸経路と命名した。
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。

  5. アーキア膜脂質の生産によるバクテリア細胞膜強化の試み

    研究課題/研究課題番号:16K14882  2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    邊見 久, 本山 賢人, 小久保 拓也, 吉田 稜

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    アーキアの膜脂質の構造は、バクテリアや真核生物といった他生物の膜脂質とは大きく異なっている。その構造の違いにより、アーキア膜脂質で構成された膜はイオンなどの小分子の透過性が低く、その性質が極限環境におけるアーキアの生育を可能にしていると考えられている。そこで我々はアーキア膜脂質をバクテリアである大腸菌に生産させることで、その細胞膜の強化を図っている。本研究では、アーキア膜脂質の生産量を向上させるために、前駆体生合成経路の大腸菌への導入を実施した。また、膜の強化に対してより高い効果が期待される、超好熱性アーキア特異的な膜脂質の生合成経路を明らかにし、同脂質の大腸菌における生産系を構築した。

  6. 非メバロン酸経路中間体を基質とするプレニル基転移酵素の探索と高分子合成への応用

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 新奇アーキア酵素を活用した非天然イソプレノイドの生合成マシナリー

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 代謝工学利用を目指したアーキア由来新奇メバロン酸経路の解明

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 生合成マシナリーヘのアーキア酵素組み込みによる非天然イソプレノイド化合物の創出

    2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. イソプレノイド代謝研究におけるアーキアからの新展開

    2008年9月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    邊見 久

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. アーキアのイソプレノイド脂質代謝―酸化還元反応の視点から―

    2006年9月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    邊見 久

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. プレニルトランスフェラーゼにおける分子進化経路の解明

    2002年9月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    邊見 久

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 6

  1. 新規な亜鉛吸着菌及び該菌を用いた亜鉛を除去・回収する方法

    西野徳三、中山 亨、邊見 久

     詳細を見る

    出願人:科学技術振興事業団

    出願番号:特願2000-127333  出願日:2000年4月

    公開番号:特開2001-299332 

    出願国:国内  

  2. Process for the production of prenyl diphosphate using mutants of geranylgeranyl diphosphate synthase

     詳細を見る

    出願日:1998年4月

    特許番号/登録番号:US5885810  登録日:1999年3月 

    出願国:外国  

  3. Nucleic acid encoding mutant geranylgeranyl diphosphate synthase

     詳細を見る

    出願日:1998年4月

    特許番号/登録番号:US5882909  登録日:1999年3月 

    出願国:外国  

  4. Long-chain prenyl diphosphate synthase

     詳細を見る

    出願番号:EP19960113930  出願日:1996年8月

    特許番号/登録番号:EP0763542  登録日:1999年11月 

    出願国:外国  

  5. Long-chain prenyl diphosphate synthase

     詳細を見る

    出願日:1996年8月

    特許番号/登録番号:US5807725  登録日:1998年9月 

    出願国:外国  

  6. 長鎖プレニル二燐酸合成酵素

    大沼信一、広岡和丈、邊見 久、浅田千佳、大音 徳、西野徳三

     詳細を見る

    出願人:トヨタ自動車

    出願番号:特願平7-247043  出願日:1995年9月

    公開番号:特開平9-65878 

    出願国:国内  

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 42

  1. 化学基礎II

    2021

  2. 化学基礎II

    2020

  3. 化学基礎II

    2019

  4. 化学基礎II

    2018

  5. 化学基礎II

    2017

  6. 化学基礎II

    2016

  7. 化学基礎II

    2015

  8. 化学基礎II

    2014

  9. 化学基礎II

    2013

  10. 化学基礎II

    2012

  11. 化学基礎II

    2011

  12. 生命物理化学1

    2019

  13. 生命物理化学1

    2018

  14. 生命物理化学1

    2017

  15. 生命物理化学1

    2016

  16. 生命物理化学1

    2015

  17. 生命物理化学1

    2014

  18. 生命物理化学1

    2013

  19. 生命物理化学1

    2012

  20. 生命物理化学1

    2011

  21. 応用生命科学実験実習

    2021

  22. 応用生命科学実験実習

    2020

  23. 応用生命科学実験実習

    2019

  24. 応用生命科学実験実習

    2018

  25. 応用生命科学実験実習

    2017

  26. 応用生命科学実験実習

    2016

  27. 応用生命科学実験実習

    2015

  28. 応用生命科学実験実習

    2014

  29. 応用生命科学実験実習

    2013

  30. 応用生命科学実験実習

    2012

  31. 応用生命科学実験実習

    2011

  32. 酵素学特論2

    2020

  33. 酵素学特論2

    2019

  34. 酵素学特論2

    2018

  35. 応用生命化学特論

    2017

  36. 応用生命化学特論

    2016

  37. 応用生命化学特論

    2015

  38. 応用生命化学特論

    2014

  39. 応用生命化学特論

    2013

  40. 応用生命化学特論

    2012

  41. 応用生命化学特論

    2011

  42. 応用生命化学特論

    2005

▼全件表示