Updated on 2021/11/04

写真a

 
WATANABE, Miyuki
 
Organization
Graduate School of Law Department of the Combined Graduate Program in Law and Political Science Core Law and Political Science Professor
Graduate School
Graduate School of Law
Undergraduate School
School of Law
Title
Professor

Degree 1

  1. B.A ( 1995.3   Tohoku University ) 

Research Interests 6

  1. civil procedure

  2. 倒産法

  3. 消費者裁判手続特例法

  4. ADR

  5. res judicata

  6. arbitration

Research Areas 3

  1. Humanities & Social Sciences / Civil law  / Civil Procedure Law

  2. Humanities & Social Sciences / Civil law  / Insolvency Law

  3. Humanities & Social Sciences / Civil law  / Arbitration・ADR

Current Research Project and SDGs 4

  1. ADR

  2. 消費者裁判手続特例法

  3. 判決効

  4. 仲裁

Research History 6

  1. Nagoya University

    2020.4

  2. Nagoya University

    2012.4 - 2020.3

  3. Nagoya University   Professor

    2011.4

      More details

    Country:Japan

  4. コンスタンツ大学客員研究員

    2008.10 - 2010.3

      More details

    Country:Germany

  5. Hosei University   Assistant Professor

    2000.4 - 2004.3

      More details

    Country:Japan

  6. Tohoku University   Assistant

    1995.4 - 2000.3

      More details

    Country:Japan

▼display all

Education 1

  1. Tohoku University   Faculty of Law

    1991.4 - 1995.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 2

  1. 日本民事訴訟法学会

  2. 仲裁ADR法学会

 

Papers 53

  1. 通常実施権者による,特許権者の第三者に対する特許権侵害を理由とする損害賠償請求権不存在確認の訴えの利益 Invited

    渡部美由紀

    令和2年度重要判例解説(別冊ジュリスト)     page: 92 - 93   2021.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  2. 集団的消費者被害回復訴訟における財産保全制度の課題とあり方 Invited

    渡部美由紀

    現代消費者法   ( 50 ) page: 42 - 48   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  3. 訴訟経過に照らして被告の訴訟行為を信義則違反とする原告の主張を採用しなかった原審の判断に違法があるとされた事例 Invited

    渡部美由紀

    新判例解説Watch   ( 27 ) page: 143 - 146   2020.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  4. 書証 Invited

    法学教室   ( 480 ) page: 27 - 31   2020.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. 年金保険金(年金)支払請求権の差押命令の申立てにつき、特に生計の維持のために保険金の受給の必要がなかったとして、差押禁止債権該当性を否定した事例 Invited

    渡部美由紀

    判例評論   ( 736 ) page: 8 - 12   2020.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  6. 取立訴訟(2)―執行債権の存否 Invited Reviewed

    渡部美由紀

    民事執行・保全法判例百選〔第3版〕     page: 122 - 123   2020.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  7. 仲裁判断取消審における審理判断の方法 Invited

    渡部美由紀

    JCAジャーナル   ( 749 ) page: 29 - 35   2019.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  8. 演習・民事訴訟法

    渡部美由紀

    法学教室   ( 462 ) page: 148   2019.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  9. 演習・民事訴訟法 Invited

    渡部美由紀

    法学教室   ( 461 ) page: 148-149   2019.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  10. 演習・民事訴訟法 Invited

    渡部美由紀

    法学教室   ( 460 ) page: 140-141   2019.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  11. 演習・民事訴訟法 Invited

    渡部美由紀

    法学教室   ( 459 ) page: 128-129   2018.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  12. 演習・民事訴訟法 Invited

    渡部美由紀

    法学教室   ( 458 ) page: 134-135   2018.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  13. 演習・民事訴訟法 Invited

    渡部美由紀

    法学教室   ( 457 ) page: 124-125   2018.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  14. 演習・民事訴訟法 Invited

    渡部美由紀

    法学教室   ( 456 ) page: 152-153   2018.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  15. 演習・民事訴訟法 Invited

    渡部美由紀

    法学教室   ( 455 ) page: 134-135   2018.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  16. 演習・民事訴訟法 Invited

    渡部美由紀

    法学教室   ( 453 ) page: 130-131   2018.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  17. 演習・民事訴訟法 Invited

    渡部美由紀

    法学教室   ( 452 ) page: 130-131   2018.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  18. 演習・民事訴訟法 Invited

    渡部美由紀

    法学教室   ( 452 ) page: 126-127   2018.5

     More details

    Language:Japanese  

  19. 演習・民事訴訟法

    渡部美由紀

    法学教室   ( 451 ) page: 130-131   2018.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  20. 確定した執行決定のある仲裁判断に対する請求異議事由 Invited

    渡部美由紀

    私法判例リマークス   ( 56 ) page: 134-137   2018.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  21. 認定司法書士の裁判外の和解代理権の範囲 Invited

    渡部美由紀

    新判例解説Watch【2017年10月】     page: 143-146   2017.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  22. 債権者代位訴訟において債務者の第三債務者に対する先行訴訟等の確定判決の効力が問題となった事例 Invited

    渡部美由紀

    私法判例リマークス   ( 53 ) page: 118-121   2016.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  23. 軽自動車のクレジット販売契約上の占有改定と否認 Invited

    渡部美由紀

    新判例解説Watch(2016年4月)     page: 203-206   2016.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  24. 訴訟上の和解 Invited

    渡部美由紀

    法学教室   ( 427 ) page: 30-34   2016.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  25. 国立大学法人が所持する文書と文書提出命令 Invited

    渡部美由紀

    民商法雑誌   Vol. 151 ( 6 ) page: 37-52   2016

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  26. 米国ネヴァダ州裁判所を専属的合意管轄裁判所とする国際的専属的裁判管轄の合意が公序に違反するとして無効とされた事例

    渡部美由紀

    JCAジャーナル   Vol. 62 ( 7 ) page: 18-25   2015.7

     More details

    Language:Japanese  

  27. 民事再生手続における別除権協定の解除条件の合理的解釈

    渡部美由紀

    法学教室・別冊判例セレクト2014〔Ⅱ〕     page: 36   2015.3

     More details

    Language:Japanese  

  28. 過払金等返還請求と民訴法260条2項の申立て

    渡部美由紀

    民商法雑誌   Vol. 149 ( 6 ) page: 655-661   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  29. 39条・40条・41条

    渡部美由紀

    法学教室   ( 410 ) page: 8-13   2014.10

     More details

    Language:Japanese  

  30. ドイツにおけるADR-メディエーション法の成立 Invited

    渡部美由紀

    法律時報   Vol. 85 ( 4 ) page: 44-49   2013.4

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  31. 過払金返還請求と民訴法260条2項の申立て

    渡部美由紀

    民商法雑誌   Vol. 149 ( 6 ) page: 655-661   2013.3

     More details

    Language:Japanese  

  32. 消費者団体による訴訟と執行を巡る諸問題

    渡部美由紀

    NBL   ( 980 ) page: 115‐123   2012.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  33. 併合請求における訴額と事物管轄(①最二決23・5・18、②最二決23・5・30)

    渡部美由紀

    判例評論   ( 639 ) page: 163-167   2012.5

     More details

    Language:Japanese  

  34. 手続的公序に反するとして、仲裁法44条1項8号により仲裁判断を取り消した事例

    渡部美由紀

    JCAジャーナル   Vol. 59 ( 4 ) page: 14-21   2012.4

     More details

    Language:Japanese  

  35. 国際仲裁における仲裁判断の効力について

    渡部美由紀

    民事訴訟雑誌   ( 58 ) page: 155‐164   2012.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  36. 取立訴訟(2)―執行債権の存否

    渡部美由紀

    民事執行・保全法判例百選〔第2版〕     page: 124-125   2012.3

     More details

    Language:Japanese  

  37. 民事訴訟法の基礎・訴訟要件

    渡部美由紀

    法学教室   ( 375 ) page: 10‐14   2011.12

     More details

    Language:Japanese  

  38. 遺留分減殺請求を受けた受遺者による弁償すべき額の確定を求める訴えの利益

    渡部美由紀

    平成22年度重要判例解説     page: 149-150   2011

     More details

    Language:Japanese  

  39. 判例紹介・確定判決の取得と不法行為の成否

    渡部美由紀

    民商法雑誌   Vol. 143 ( 3 ) page: 141-146   2011

     More details

    Language:Japanese  

  40. 所有権保存登記の共有持分部分の所有権抹消登記手続請求と処分権主義(最判平成22・4・20)

    渡部美由紀

    法学教室別冊付録   ( 366 ) page: 28   2011

     More details

    Language:Japanese  

  41. 訴えの交換的変更

    渡部美由紀

    民事訴訟法判例百選〔第4版〕     page: 72-73   2010.10

     More details

    Language:Japanese  

  42. 既判力の主観的範囲(2)―訴訟担当における判決効

    渡部美由紀

    民事訴訟法の争点(第4版)     page: 226-227   2009

     More details

    Language:Japanese  

  43. 前訴において一個の債権の一部についてのみ判決を求める旨が明示されていたとして、前訴の確定判決の既判力が当該債権の他の部分を請求する後訴に及ばないとされた事例

    渡部美由紀

    判例評論   ( 608 ) page: 160‐164   2009

     More details

    Language:Japanese  

  44. *消費者団体訴訟における判決効

    渡部美由紀

    名古屋大学法政論集   ( 223 ) page: 419-451   2008

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    消費者団体訴訟判決の一般消費者に対する判決効の拡張について検討を加えた。

  45. 明示の一部訴求後の残部訴求

    渡部美由紀

    名古屋大学法政論集   ( 219 ) page: 1-37   2007.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    平成10年6月30日判決後の学説の展開等を踏まえて、いわゆる一部請求論について考察した。とくに、明示の一部訴求後の残部訴求の可否に焦点をしぼって、審判対象との関係から、従来とは異なった用法による信義則を根拠として理由中の判断の拘束力を認めるべきであることを指摘した。

  46. 墓地承継者指定審判に対する再審申立ての即時抗告期間

    渡部美由紀

    民商法雑誌   Vol. 131 ( 4・5 ) page: 729-732   2005

     More details

    Language:Japanese  

  47. 前訴確定判決で敗訴した債務者の相続人が債権者の承継人から改めて提起された再訴においてその後の相続放棄を理由に前訴確定判決の瑕疵を主張することの可否

    渡部美由紀

    私法判例リマークス   ( 30 ) page: 118-120   2005

     More details

    Language:Japanese  

  48. 仲裁判断の既判力について

    渡部美由紀

    法学志林   Vol. 101 ( 2 ) page: 1-40   2004.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    国家裁判所の確定判決の既判力および和解調書・調停調書の拘束力と比較して、仲裁判断の既判力について考察した。私人間の仲裁合意を基礎とするが、第三者による裁断的要素が強い点で仲裁判断には既判力を認めるべきであることを指摘しつつ、判決の既判力との取扱いの相違について指摘した。

  49. 郵便に付する送達

    渡部美由紀

    別冊ジュリスト   ( 169 ) page: 100‐101   2003

     More details

    Language:Japanese  

  50. 判決の遮断効と争点の整理(3・完)

    渡部美由紀

    法学   Vol. 64 ( 3 ) page: 38-76   2000.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  51. 判決の遮断効と争点の整理(2)

    渡部美由紀

    法学   Vol. 63 ( 2 ) page: 99-145   1999.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  52. *判決の遮断効と争点の整理(1)

    渡部美由紀

    法学   Vol. 63 ( 1 ) page: 31-73   1999.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    従来の既判力理論を含めた判決効理論の展開を踏まえて、民事訴訟手続過程における争点決定のプロセスが判決効理論にどのように影響するかを検討した。

  53. 建物収去土地明渡請求訴訟の事実審口頭弁論終結後における建物買取請求権の行使と請求異議の訴え

    渡部美由紀

    法学   Vol. 61 ( 2 ) page: 223‐230   1997

     More details

    Language:Japanese  

▼display all

Books 21

  1. ゼミナール民事訴訟法

    渡部 美由紀, 鶴田 滋, 岡庭 幹司( Role: Joint author)

    日本評論社  2020.11  ( ISBN:9784535522916

     More details

    Book type:Scholarly book

    CiNii Books

  2. 民事手続法の発展:加藤哲夫先生古稀祝賀論文集

    三木浩一ほか編(破産債権者表の効力と開始時現存額主義による超過配当の処理)

    成文堂  2020.4 

     More details

    Responsible for pages:709-726   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  3. Reactive Instruments of Social Governance

    ( Role: Joint author)

    Mohr Siebeck  2019.3  ( ISBN:978-3-16-157654

     More details

    Total pages:185   Language:English Book type:Scholarly book

  4. 問題演習基本七法2019 : 憲法/行政法/民法/商法/民事訴訟法/刑法/刑事訴訟法

    法学教室編集室, 新井 誠, 松戸 浩, 都筑 満雄, 鈴木 隆元, 渡部 美由紀, 豊田 兼彦, 清水 真( Role: Sole author)

    有斐閣  2019  ( ISBN:9784641126138

     More details

    Responsible for pages:.   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  5. 講座実務家事事件手続法(上)

    金子修・山本和彦・松原正明/編著( Role: Joint author ,  第23章 審判の効力)

    日本加除出版  2017.12 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  6. 国際裁判管轄の理論と実務

    小林秀之ほか編( Role: Joint author ,  第2章7 管轄に関する合意と応訴による管轄)

    新日本法規  2017.11 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  7. Preventive Instruments of Social Governance

    ( Role: Joint author)

    2017.8 

     More details

    Language:English Book type:Scholarly book

  8. Realization of Substantive Law through Legal Proceedings

    ( Role: Joint author ,  Dispute resolution and the Primary Purpose of Civil Procedure in Japan)

    2017.1 

     More details

    Language:English Book type:Scholarly book

  9. 徳田和幸先生古稀祝賀論文集・民事手続法の現代的課題と理論的解明

    山本克己・笠井正俊・山田文編( Role: Joint author ,  家事審判の既判力)

    弘文堂  2017 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  10. 上野泰男先生古稀祝賀論文集・現代民事手続の法理

    加藤哲夫, 本間靖規, 高田昌宏編( Role: Joint author ,  国際仲裁における仲裁判断のres judicata)

    弘文堂  2017 

     More details

    Responsible for pages:771-786   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  11. civil procedure

    ( Role: Sole author)

    2016.11  ( ISBN:978-4-535-80675-7

     More details

    Total pages:256   Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  12. 民事訴訟法判例インデックス

    中島弘雅,岡伸浩編著( Role: Sole author)

    商事法務  2015.1 

     More details

    Language:Japanese

  13. Legal framework of multiparty arbitration

    ( Role: Sole author)

    2014.12 

     More details

    Language:Japanese

  14. 集団的消費者利益の実現と法の役割・消費者団体による訴訟と執行を巡る諸問題

    千葉恵美子,長谷部由起子,鈴木将文編( Role: Sole author)

    商事法務  2014.4 

     More details

    Language:Japanese

  15. ADRの実際と展望・ドイツのADR

    仲裁ADR法学会他編・渡部美由紀( Role: Sole author)

    商事法務  2014.4 

     More details

    Language:Japanese

  16. 新基本法コンメンタール 民事執行法

    山本和彦,小林昭彦,浜秀樹,白石哲編( Role: Sole author)

    日本評論社  2014.2 

     More details

    Language:Japanese

  17. 新基本法コンメンタール 人事訴訟法・家事事件手続法

    松川正毅,本間靖規,西岡清一郎編( Role: Sole author)

    日本評論社  2013.9 

     More details

    Language:Japanese

  18. アクチュアル民事訴訟法

    池田辰夫他( Role: Joint author)

    法律文化社  2012.9  ( ISBN:978-4-589-03446-5

     More details

    Language:Japanese

  19. 民事訴訟法

    名津井吉裕、間淵清二、樋渡紀夫、安見ゆかり、村上正子、渡部美由紀( Role: Joint author)

    法律文化社  2007.5 

     More details

    Language:Japanese

    初学者向けの基本的なテキスト。

  20. *新現代民事訴訟法入門

    池田辰夫/編 池田辰夫 仁木恒夫 徳田和幸 内山衛次 本間義信 藤本利一 渡部美由紀 ほか13名 著( Role: Joint author)

    法律文化社  2005.6 

     More details

    Language:Japanese

    民事訴訟法の基本的テキスト。

  21. みぢかな民事訴訟法

    石川明編 石川明・坂本恵三・本田耕一・草鹿晋一・山田明美・金柄学・村上正子・中路善之・秦公正・渡辺森児・鈴木貴博・渡部美由紀・畑宏樹・永井博史・小池和彦( Role: Joint author)

    信山社  2005.5 

     More details

    Language:Japanese

    初学者向けの基本的なテキスト。

▼display all

Presentations 7

  1. 大学におけるハラスメント対応ADR Invited

    渡部美由紀

    仲裁ADR法学会  2021.7.10  仲裁ADR法学会

     More details

    Event date: 2021.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:中央大学(東京)   Country:Japan  

  2. Protection of Collective Interests in Japan: Group Litigation for Injunction International conference

    Joint Symposium of Nagoya University and Freiburg University  

     More details

    Event date: 2016.9

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  3. Dispute resolution and the primary purpose of civil procedure in Japan International conference

    Realization of Substantive Law through Legal Proceedings 

     More details

    Event date: 2015.9 - 2015.10

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  4. The Right to an Effective Enforcement and State Responsibilities International conference

    Miyuki Watanabe

    IAPL Seoul Conference 2014 

     More details

    Event date: 2014.10

    Language:English   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Country:Korea, Republic of  

  5. ADR法改正・手続実施者に関する事項

    渡部美由紀,和田直人

    仲裁ADR法学会 

     More details

    Event date: 2013.7

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:慶応大学   Country:Japan  

  6. ドイツのADR

    渡部美由紀

    仲裁ADR法学会・連続シンポジウム第4回 

     More details

    Event date: 2012.12

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:明治大学   Country:Japan  

  7. 国際仲裁における仲裁判断の効力について

    渡部美由紀

    日本民事訴訟法学会 

     More details

    Event date: 2011.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:一橋大学   Country:Japan  

▼display all

Works 8

  1. 海外文献紹介"Piers/Aschauer ed.,Arbitration in the Digital Age"

    渡部美由紀

    2019.5

  2. 2011年学界回顧・民事訴訟法

    2011.12

  3. ドイツ法系民事訴訟法担当者会議2010年大会に出席して

    2011.3

  4. Taking Evidence Abroad-Understanding American Exceptionalism

    2010.6

  5. (翻訳)グローバル経済におけるクラスアクション

    2010.3

     More details

    ピーター・マリー/渡部美由紀(訳)

  6. (翻訳)ヨーロッパにおける国境を越えた権利保護

    2010.3

     More details

    アストリッド・シュッタッドラー/渡部美由紀(訳)

  7. *(書評)Peter L. Murray/Rolf Stuerner, German Civil Justice, Academic Press2004

    2008

     More details

    マリー教授(アメリカ)とシュトゥルナー教授(ドイツ)という著名な民事訴訟法学者により英語で共同執筆された「ドイツ民事司法制度」の書評。
    日本民事訴訟制度が基礎とするドイツ民事司法制度それ自体の特殊性に注意すべきであることを指摘した。

  8. コンサイス法律用語辞典

    2003

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 4

  1. 国際民商事紛争における対話的紛争解決

    2010.12 - 2011.11

    豊秋奨学会研究助成金 

      More details

    Grant type:Competitive

  2. Die Bindungswirkung der Entscheidungsgründe

    2008.10 - 2010.3

    アレクサンダー・フォン・フンボルト財団 

      More details

    Grant type:Competitive

  3. 団体訴訟における判決の効力

    2008.8 - 2010.3

  4. 仲裁手続における訴訟手続差止命令

    2007.10 - 2009.9

    日東学術振興財団 

      More details

    Grant type:Competitive

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 6

  1. 実効的な民事執行のための債務者情報の獲得

    Grant number:19K01394  2019.4 - 2022.3

    渡部 美由紀

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\2340000 ( Direct Cost: \1800000 、 Indirect Cost:\540000 )

    本研究は、わが国の民事執行制度をより実効的なものにするために、民事執行手続において、債権者が、債務者に係る情報(住所地、財産の有無、その所在地および内容等)を獲得するための方策を調査・分析し、現状を踏まえ、現行制度の問題点を明らかにするとともに、適切かつ有効な情報獲得制度のあり方を提示することを目的とする。財産開示制度、弁護士会照会制度および民事執行法改正の中間試案および要綱案において提案されている第三者からの情報取得制度等、現在議論の俎上に乗っている関連諸制度を中心的な研究対象とし、諸外国の制度を参照しつつ、個人情報保護制度も視野に入れて包括的な研究を行う。
    今年度は、主として、民事執行制度全体の議論状況へ目配りをしつつ、とりわけ債務者情報の取得に関する国内外の文献の収集・分析を行った。財産形態の多様化が進む今日ではとくに債権を典型とする無形の財産についての債務者財産情報を把握するための手続整備は世界各国において重要な課題となっている。まず、国内については、とくに令和元年民事執行法改正に関し、申請課題に係る部分についての立法過程の議論、改正法の検討、現在の議論状況の分析・検討を行った。敷衍すると、今回の改正では、財産開示手続について、手続の実効性を高めるため、①債務名義の制限の廃止(旧197条1項括弧書きの削除)および②罰則の強化(過料ではなく刑事罰とする)がされたほか、債務者以外の第三者からの情報取得手続が新設された。これによって、不動産執行・債権執行に必要な①登記所からの不動産情報、②市町村・年金関係機関からの勤務先情報、③金融機関・振替機関等からの預貯金・振替社債等口座情報の取得が可能になった。従来、この種の情報獲得には弁護士会照会制度の利用しかなく同制度の限界も指摘されていたところ、新設された手続は実務面・理論面で重要な意義を有することが確認された。国外については、ドイツの文献を中心に収集・分析した。ドイツ法では、財産開示手続のほか、債務者の使用者に関する条項、金融機関に保有する口座に関する情報等について執行官の情報取得権が認められているが、情報取得の主体、裁判所の関与のほか日本法と手続的に異なる部分があり、密行性や債務者の手続保障に着目して、さらに比較検討を加えるべきものと思われる。以上の検討の過程で得た知見を基礎として、民事執行法のコンメンタールの分担執筆(未公刊)と判例評釈2本を執筆した。
    2020年2月以降に予定していた調査等を新型コロナウイルスの関係で行うことができず、専ら文献の読解・分析しか行うことができなかった。また、3月に予定していたドイツの民事訴訟法学会への参加もすることができず、海外研究者との意見交換の機会がなかった。
    今後の新型ウイルスに関する社会的動向を踏まえ、研究方法を柔軟にして対応する。対面で外国研究者と意見交換することが困難な場合はオンラインでの意見交換も検討し、文献の分析を中心軸として研究を遂行することを視野に入れる。

  2. 多様な権利内容に応じた実効的な国際的権利保護制度の構築

    Grant number:16H01990  2016.4 - 2020.3

    酒井 一

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    6月9日(大阪大学)、8月30日(慶応大学)、11月25日(慶応大学)及び3月1日(慶応大学)に研究会を実施した。いずれにおいても裁判例研究を行い、直後のJCAジャーナル誌に成果を公表した。また、「国際的民事執行・保全における第三者の手続担当の可能性」をテーマとする研究報告のほか、外国法調査に関して調査担当者により報告され、知識の共有を行った。
    外国法調査として、3名の研究分担者がオーストラリアの実務家及び研究者を訪問し、同国における外国判決の執行に関する法状況及び実務処理についてインタビューを実施し、ハーグ条約事案と金銭執行を中心とした調査を行った。
    11月3日、大阪大学中之島センターにおいて、ルクセンブルグ大学Gilles Cuniberti教授を招聘し、1.The European Account Preservation Order Regulation、2.The Coordination of Insolvency Proceedings in the European Union after the New European Insolvency Regulationをテーマとする講演会を実施した。EUにおける最新の法状況に関する講演会を行った。
    来年度の研究実施に向けた準備として、ドイツ・レーゲンスブルグ大学Gottwald教授を訪れ、来年度のシンポジウムの総括報告(general report)の依頼をするとともに、日程、その他の報告者及びテーマについて打ち合わせを行った。
    研究実績の概要でも記載したとおり、研究会も予定通り年4回実施しており、JCAジャーナル誌への裁判例報告の公表も予定通り行っている。招聘講演会も実施し、活発に議論を行い、情報及び意見の交換を行うことができた。今後も継続的協力を得られることが見込まれる。新たに若手研究者1名が2018年11月30日の研究会からオブザーバーとして参加し、2019年度からは研究分担者として加わることになり、充実した研究会となっている。
    最終年となる来年度の総括シンポジウムの実施に向けた準備も順調に進んでいる。
    来年度は、最終年として総括シンポジウムを実施することになる。これまでの研究によって、テーマはおおむね確定しており、招聘者も内諾を得ている状況であるが、2020年3月の実施に向けた日程調整が課題として残っている。詳細については、研究会において検討し、実施の準備を行う。
    4本の裁判例の研究を行い、成果を公表していく。各研究分担者及び研究協力者において研究の成果をまとめていくことになる。
    総括シンポジウムを含め研究成果の公表について、公表の方法や費用面を含め検討する。

  3. Unit of Dispute Resolution and Binding Effect of Adjudication

    Grant number:16K03399  2016.4 - 2019.3

    WATANABE MIYUKI

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\3250000 ( Direct Cost: \2500000 、 Indirect Cost:\750000 )

    In this research, the relationship between an object of civil procedure (including arbitration and domestic case relations procedure etc) and the binding effect of an adjudication of a neutral third party is examined. As the starting point with the argument over Art.114 Code of Civil Procedure, which stipulates the scope of res judicata, I remarked that the Japanese rule of Res Judicata should be reexamined from the viewpoint of the global standard. In additon based on the development of the argument about the interpretation of "the same effect as a final and binding judgment" in other dispute solution systems, I mentioned that the content and the scope of the binding effect of adjudications are not same as Res Judicata of judgments, but that should be decided from the viewpoint of a prospective dispute solution unit to each system.

  4. 多数当事者仲裁の法的規律

    2012.4 - 2015.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  5. 団体訴訟における判決の効力

    2008.4 - 2010.3

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:20730062

    渡部 美由紀

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  6. 仲裁判断の拘束力について

    2006.4 - 2008.3

    科学研究費補助金  課題種別:3406・課題番号:17730064

    渡部美由紀

      More details

    Authorship:Principal investigator 

▼display all

 

Teaching Experience (On-campus) 61

  1. 演習ⅠB

    2021

  2. 倒産法

    2021

  3. 民事訴訟法特殊研究B(倒産法演習)

    2021

  4. 演習ⅢB

    2021

  5. 演習ⅡB

    2021

  6. 倒産法Ⅱ

    2019

  7. 演習

    2019

  8. 民事訴訟法特殊講義B

    2019

  9. 民事訴訟法特殊講義A

    2019

  10. 倒産法

    2019

  11. 民事訴訟法特殊講義B

    2018

  12. 基礎セミナーB

    2018

  13. 倒産法Ⅰ

    2018

  14. 演習

    2018

  15. 倒産法Ⅱ

    2018

  16. 民事訴訟法特殊講義B

    2017

  17. 基礎セミナーB

    2017

  18. 総合問題研究(民事法)Ⅱ

    2017

  19. 倒産法Ⅰ

    2017

  20. 演習

    2017

  21. 民事訴訟法特殊講義A

    2017

  22. 倒産法Ⅱ

    2017

  23. 倒産法Ⅱ

    2016

  24. 演習

    2016

  25. 民事訴訟法特殊研究A

    2016

  26. 民事訴訟法特殊研究A

    2015

  27. 民事訴訟法基礎研究

    2015

  28. 倒産法Ⅰ

    2015

  29. 民事訴訟法特殊研究B

    2015

  30. 基礎セミナーB

    2015

  31. 総合問題研究Ⅱ(民事法)

    2015

  32. 倒産法Ⅱ

    2014

  33. 倒産法Ⅰ

    2014

  34. 民事執行・保全法

    2014

  35. 総合問題研究(民事法)Ⅱ

    2014

  36. 民事訴訟法特殊研究AB

    2014

  37. 演習

    2014

  38. 民事訴訟法基礎研究

    2014

  39. 基礎セミナー

    2013

  40. 民事実務基礎Ⅰ

    2013

  41. 倒産法Ⅱ

    2013

  42. 民事訴訟法特殊研究

    2013

  43. 民事訴訟法基礎研究

    2013

  44. 現代日本の司法

    2013

  45. 民事訴訟法

    2013

  46. 民事訴訟法基礎研究

    2012

  47. 民事執行・保全法

    2012

  48. 倒産法Ⅰ

    2012

  49. 民事訴訟法特殊研究

    2012

  50. 現代日本の司法

    2012

  51. 現代社会と法

    2012

  52. 民事訴訟法基礎研究

    2011

  53. 民事訴訟法特殊研究

    2011

  54. 演習

    2011

  55. 現代日本の司法

    2011

  56. 現代社会と法

    2011

  57. 倒産法

    2011

  58. 民事訴訟法

    2011

  59. 民事訴訟法

    2008

  60. 民事訴訟法基礎演習

    2008

  61. 倒産法

    2007

▼display all

Teaching Experience (Off-campus) 5

  1. 民事訴訟法

    2018.4 - 2019.3 Nagoya Gakuin University)

  2. 倒産法

    2004.4 - 2005.3 名城大学)

  3. 民事訴訟法

    2004.4 - 2005.3 法政大学法学部)

  4. 民事執行法

    2003.4 - 2004.3 千葉大学法経学部)

  5. 民事訴訟法

    2002.4 - 2003.3 國學院大學法学部)

 

Social Contribution 6

  1. 司法試験考査委員(民事訴訟法)

    2021.6 - 2021.11

  2. 司法試験考査委員(民事訴訟法)

    2020.9 - 2021.3

  3. 司法試験考査委員(民事訴訟法)

    2019.6 - 2019.11

  4. 愛知県労働委員会

    2017.12

     More details

    Audience: General

    Type:Other

    労働委員会公益委員

  5. 豊田市情報公開・個人情報保護審査会委員

    2016.3

     More details

    Audience: Governmental agency

  6. 特定適格消費者団体の認定・監督に関する指針等検討委員会委員

    2014.4 - 2015.3

▼display all