2023/04/12 更新

写真a

ホンドウ エイイチ
本道 栄一
HONDO, Eiichi
所属
大学院生命農学研究科 動物科学専攻 動物科学 教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部
職名
教授

学位 1

  1. 博士(獣医学) ( 1999年6月   東京大学 ) 

研究キーワード 3

  1. ウイルス学

  2. 動物形態学

  3. 動物生態学

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 基礎獣医学・基礎畜産学

  2. その他 / その他  / 環境農学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. コウモリ由来人獣共通感染症、脊椎動物ゲノムへのウイルスゲノムの内在化

経歴 4

  1. 名古屋大学生命農学研究科動物形態情報学分野教授

    2010年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 山口大学農学部獣医解剖学講座准教授

    2007年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 山口大学農学部獣医解剖学講座助教授

    2000年5月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 帯広畜産大学畜産学部家畜解剖学講座助手

    1995年4月 - 2000年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 1

  1. 東京大学   農学部   獣医学科

    1988年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本獣医解剖学会   理事

    2022年4月 - 2023年3月

  2. 日本獣医学会   評議員

    2010年4月 - 現在

  3. 日本繁殖生物学会

  4. 日本畜産学会

 

論文 31

  1. Vitellogenin uptake activity in the intestinal ducts of intraovarian embryos in a viviparous teleost Xenotoca eiseni

    Nomura Jumpei, Yokoi Hayato, Hondo Eiichi, Iida Atsuo

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   644 巻   頁: 79 - 84   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2023.01.009

    Web of Science

    PubMed

  2. Endocytosis-mediated vitellogenin absorption and lipid metabolism in the hindgut-derived placenta of the viviparous teleost Xenotoca eiseni

    Iida Atsuo, Nomura Jumpei, Yoshida Junki, Suzuki Takayuki, Yokoi Hayato, Hondo Eiichi

    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR AND CELL BIOLOGY OF LIPIDS   1867 巻 ( 9 ) 頁: 159183   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbalip.2022.159183

    Web of Science

    PubMed

  3. A serological survey and characterization of Getah virus in domestic pigs in Thailand, 2017-2018

    Rattanatumhi Khwankamon, Prasertsincharoen Noppadol, Naimon Nattakarn, Kuwata Ryusei, Shimoda Hiroshi, Ishijima Keita, Yonemitsu Kenzo, Minami Shohei, Supriyono, Tran Ngo Thuy Bao, Kuroda Yudai, Tatemoto Kango, Virhuez Mendoza Milagros, Hondo Eiichi, Rerkamnuaychoke Worawut, Maeda Ken, Phichitraslip Thanmaporn

    TRANSBOUNDARY AND EMERGING DISEASES   69 巻 ( 2 ) 頁: 913 - 918   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/tbed.14042

    Web of Science

    PubMed

  4. Distinct interferon response in bat and other mammalian cell lines infected with Pteropine orthoreovirus

    Tarigan Ronald, Katta Tetsufumi, Takemae Hitoshi, Shimoda Hiroshi, Maeda Ken, Iida Atsuo, Hondo Eiichi

    VIRUS GENES   57 巻 ( 6 ) 頁: 510 - 520   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11262-021-01865-6

    Web of Science

    PubMed

  5. Expression and antimicrobial activity of liver-expressed antimicrobial peptides in the ovaries of the viviparous teleost Xenotoca eiseni

    Iida Atsuo, Nakai Risako, Yoshida Junki, Sano Kaori, Hondo Eiichi

    FISH & SHELLFISH IMMUNOLOGY   118 巻   頁: 405 - 410   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fsi.2021.09.029

    Web of Science

    PubMed

  6. Viral-derived DNA invasion and individual variation in an Indonesian population of large flying fox Pteropus vampyrus

    Iida Atsuo, Takemae Hitoshi, Tarigan Ronald, Kobayashi Ryosuke, Kato Hirokazu, Shimoda Hiroshi, Omatsu Tsutomu, Supratikno, Basri Chaerul, Mayasari Ni Luh Putu Ika, Agungpriyono Srihadi, Maeda Ken, Mizutani Tetsuya, Hondo Eiichi

    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   83 巻 ( 7 ) 頁: 1068 - 1074   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.21-0115

    Web of Science

    PubMed

  7. Cubam receptor-mediated endocytosis in hindgut-derived pseudoplacenta of a viviparous teleost (Xenotoca eiseni)

    Iida Atsuo, Sano Kaori, Inokuchi Mayu, Nomura Jumpei, Suzuki Takayuki, Kuriki Mao, Sogabe Maina, Susaki Daichi, Tonosaki Kaoru, Kinoshita Tetsu, Hondo Eiichi

    JOURNAL OF EXPERIMENTAL BIOLOGY   224 巻 ( 13 )   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/jeb.242613

    Web of Science

    PubMed

  8. Sharply Angled Lateral Curvature Modification in Anal Fin of a Viviparous Fish, Xenotoca variata (Cyprinodontiformes: Goodeidae)

    Iida Atsuo, Nakai Risako, Nomura Jumpei, Tanaka Rieko, Mizuno Nobutoshi, Kurobe Masami, Hondo Eiichi

    ZOOLOGICAL SCIENCE   38 巻 ( 1 ) 頁: 67 - 71   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2108/zs200135

    Web of Science

    PubMed

  9. Dispersal history of Miniopterus fuliginosus bats and their associated viruses in east Asia

    Kimprasit Thachawech, Nunome Mitsuo, Iida Keisuke, Murakami Yoshitaka, Wong Min-Liang, Wu Chung-Hsin, Kobayashi Ryosuke, Hengjan Yupadee, Takemae Hitoshi, Yonemitsu Kenzo, Kuwata Ryusei, Shimoda Hiroshi, Si Lifan, Sohn Joon-Hyuk, Asakawa Susumu, Ichiyanagi Kenji, Maeda Ken, Oh Hong-Shik, Mizutani Tetsuya, Kimura Junpei, Iida Atsuo, Hondo Eiichi

    PLOS ONE   16 巻 ( 1 ) 頁: e0244006   2021年1月

  10. Histological observation of the reproductive system in a viviparous teleostXenotoca eiseniRutter 1896 (Cyprinodontiformes: Goodeidae)

    Iida Atsuo, Nomura Jumpei, Hondo Eiichi

    ANATOMIA HISTOLOGIA EMBRYOLOGIA   50 巻 ( 1 ) 頁: 161 - 168   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ahe.12614

    Web of Science

    PubMed

  11. Innervation of the wing membrane in the bent-winged bat Miniopterus fuliginosus

    Aoyama Asuna, Doysabas Karla Cristine Callano, Iida Atsuo, Hondo Eiichi

    ANATOMIA HISTOLOGIA EMBRYOLOGIA   49 巻 ( 6 ) 頁: 681 - 685   2020年11月

  12. Mosquito-borne viruses, insect-specific flaviviruses (family Flaviviridae, genus Flavivirus), Banna virus (family Reoviridae, genus Seadornavirus), Bogor virus (unassigned member of family Permutotetraviridae), and alphamesoniviruses 2 and 3 (family Mesoniviridae, genus Alphamesonivirus) isolated from Indonesian mosquitoes

    Supriyono, Kuwata Ryusei, Torii Shun, Shimoda Hiroshi, Ishijima Keita, Yonemitsu Kenzo, Minami Shohei, Kuroda Yudai, Tatemoto Kango, Ngo Thuy Bao Tran, Takano Ai, Omatsu Tsutomu, Mizutani Tetsuya, Itokawa Kentaro, Isawa Haruhiko, Sawabe Kyoko, Takasaki Tomohiko, Yuliani Dewi Maria, Abiyoga Dimas, Hadi Upik Kesumawati, Setiyono Agus, Hondo Eiichi, Agungpriyono Srihadi, Maeda Ken

    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 7 ) 頁: 1030 - 1041   2020年7月

  13. Role of pattern recognition receptors and interferon-beta in protecting bat cell lines from encephalomyocarditis virus and Japanese encephalitis virus infection

    Tarigan Ronald, Shimoda Hiroshi, Doysabas Karla Cristine C., Ken Maeda, Iida Atsuo, Hondo Eiichi

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   527 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 7   2020年6月

  14. Generation and evaluation of a transgenic zebrafish for tissue-specific expression of a dominant-negative Rho-associated protein kinase-2

    Iida Atsuo, Wang Zi, Hondo Eiichi, Sehara-Fujisawa Atsuko

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   525 巻 ( 1 ) 頁: 8 - 13   2020年4月

  15. ATeam technology for detecting early signs of viral cytopathic effect

    Doysabas Karla Cristine C., Oba Mami, Ishibashi Tomoki, Shibata Hideki, Takemae Hitoshi, Shimoda Hiroshi, Tarigan Ronald, Mizutani Tetsuya, Iida Atsuo, Hondo Eiichi

    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 3 ) 頁: 387 - 393   2020年3月

  16. Extracellular matrix composition of different spleen compartments of fruit bats

    Hanadhita Desrayni, Rahma Anisa, Wahid Muhammad R., Mayasari Ni Luh Putu I, Satyaningtijas Aryani S., Hondo Eiichi, Agungpriyono Srihadi

    ANATOMIA HISTOLOGIA EMBRYOLOGIA   49 巻 ( 2 ) 頁: 281 - 289   2020年3月

  17. Distribution of Japanese Encephalitis Virus, Japan and Southeast Asia, 2016-2018

    Kuwata Ryusei, Torii Shun, Shimoda Hiroshi, Supriyono, Phichitraslip Thanmaporn, Prasertsincharoen Noppadol, Takemae Hitoshi, Taga Bautista Reu Caesar James, Mendio Ebora Valeen Drex Bendette, Cabiling Abella Jose Alexander, Payot Dargantes Alan, Hadi Upik Kesumawati, Setiyono Agus, Tugbang Baltazar Emmanuel, Tadeja Simborio Luzviminda, Agungpriyono Srihadi, Jittapalapong Sathaporn, Rerkamnuaychoke Worawut, Hondo Eiichi, Maeda Ken

    EMERGING INFECTIOUS DISEASES   26 巻 ( 1 ) 頁: 125 - 128   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3201/eid2601.190235

    Web of Science

    PubMed

  18. Phylogeography of Miniopterus fuliginosus (Chiroptera) with special reference to Jeju Island, South Korea

    Endo Kanako, Iida Keisuke, Nunome Mitsuo, Kim Yoo-Kyung, Han Sang-Hyun, Sohn Joon-Hyuk, Ohmori Yasushige, Oh Hong-Shik, Kimura Junpei, Hondo Eiichi

    MAMMALIA   83 巻 ( 6 ) 頁: 610 - 614   2019年11月

  19. Mother-to-embryo vitellogenin transport in a viviparous teleost Xenotoca eiseni

    Iida Atsuo, Arai Hiroyuki N., Someya Yumiko, Inokuchi Mayu, Onuma Takeshi A., Yokoi Hayato, Suzuki Tohru, Hondo Eiichi, Sano Kaori

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   116 巻 ( 44 ) 頁: 22359 - 22365   2019年10月

  20. The spleen morphophysiology of fruit bats

    Hanadhita Desrayni, Rahma Anisa, Prawira Andhika Yudha, Mayasari Ni Luh Putu Ika, Satyaningtijas Aryani Sismin, Hondo Eiichi, Agungpriyono Srihadi

    ANATOMIA HISTOLOGIA EMBRYOLOGIA   48 巻 ( 4 ) 頁: 315 - 324   2019年7月

  21. Encephalomyocarditis virus is potentially derived from eastern bent-wing bats living in East Asian countries

    Doysabas Karla Cristine C., Oba Mami, Furuta Masaya, Iida Keisuke, Omatsu Tsutomu, Furuya Tetsuya, Okada Takashi, Sutummaporn Kripitch, Shimoda Hiroshi, Wong Min-Liang, Wu Chung-Hsin, Ohmori Yasushige, Kobayashi Ryosuke, Hengjan Yupadee, Yonemitsu Kenzo, Kuwata Ryusei, Kim Yoo-Kyung, Han Sang-Hyun, Sohn Joon-Hyuk, Han Sang-Hoon, Suzuki Kazuo, Kimura Junpei, Maeda Ken, Oh Hong-Shik, Endoh Daiji, Mizutani Tetsuya, Hondo Eiichi

    VIRUS RESEARCH   259 巻   頁: 62 - 67   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.virusres.2018.10.020

    Web of Science

    PubMed

  22. The complete genomic sequence of Rhinolophus gammaherpesvirus 1 isolated from a greater horseshoe bat

    Noguchi Keita, Kuwata Ryusei, Shimoda Hiroshi, Mizutani Tetsuya, Hondo Eiichi, Maeda Ken

    ARCHIVES OF VIROLOGY   164 巻 ( 1 ) 頁: 317-319   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00705-018-4040-2

    Web of Science

    PubMed

  23. Isolation of Pteropine orthoreovirus from Pteropus vampyrus in Garut, Indonesia

    Takemae Hitoshi, Basri Chaerul, Mayasari Ni Luh Putu Ika, Tarigan Ronald, Shimoda Hiroshi, Omatsu Tsutomu, Supratikno, Pramono Didik, Cahyadi Danang Dwi, Kobayashi Ryosuke, Iida Keisuke, Mizutani Tetsuya, Maeda Ken, Agungpriyono Srihadi, Hondo Eiichi

    VIRUS GENES   54 巻 ( 6 ) 頁: 823-827   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11262-018-1603-y

    Web of Science

    PubMed

  24. Seasonal variation in the number of deaths in Pteropus lylei at Wat Pho Bang Khla temple, Thailand

    Hengjan Yupadee, Sae-Koo Nikom, Phichitrasilp Thanmaporn, Ohmori Yasushige, Fujinami Hatsuki, Hondo Eiichi

    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 8 ) 頁: 1364-1367   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.17-0719

    Web of Science

    PubMed

  25. Nighttime behavioral study of flying foxes on the southern coast of West Java, Indonesia

    Hengjan Yupadee, Saputra Vidi, Mirsageri Mirsageri, Pramono Didik, Kasmono Supratikno, Basri Chaerul, Ando Takeshi, Ohmori Yasushige, Agungpriyono Srihadi, Hondo Eiichi

    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 7 ) 頁: 1146-1152   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.17-0665

    Web of Science

    PubMed

  26. Diurnal behavior and activity budget of the golden-crowned flying fox (Acerodon jubatus) in the Subic bay forest reserve area, the Philippines

    Hengjan Yupadee, Iida Keisuke, Doysabas Karla Cristine C., Phichitrasilp Thanmaporn, Ohmori Yasushige, Hondo Eiichi

    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 10 ) 頁: 1667-1674   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.17-0329

    Web of Science

    PubMed

  27. Potential risk of viral transmission from flying foxes to domestic animals and humans on the southern coast of West Java, Indonesia

    Basri Chaerul, Arifin Eko Muhammad Zainal, Takemae Hitoshi, Hengjan Yupadee, Iida Keisuke, Sudarnika Etih, Zahid Abdul, Soejoedono Retno Damayanti, Susetya Heru, Sumiarto Bambang, Kobayashi Ryosuke, Agungpriyono Srihadi, Hondo Eiichi

    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 9 ) 頁: 1615-1626   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.17-0222

    Web of Science

    PubMed

  28. A novel method of gene transduction to the murine endometrium using in vivo electroporation

    Kobayashi Ryosuke, Endo Kanako, Ohmori Yasushige, Hondo Eiichi

    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 9 ) 頁: 1573-1577   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.17-0220

    Web of Science

    PubMed

  29. The genetic diversity of D-loop sequences in eastern bent-winged bats (Miniopterus fuliginosus) living in Wakayama Prefecture, Japan

    Iida Keisuke, Kobayashi Ryosuke, Hengjan Yupadee, Nagata Nao, Yonemitsu Kenzo, Nunome Mitsuo, Kuwata Ryusei, Suzuki Kazuo, Ichiyanagi Kenji, Maeda Ken, Ohmori Yasushige, Hondo Eiichi

    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 6 ) 頁: 1142-1145   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.17-0152

    Web of Science

    PubMed

  30. Daytime behavior of Pteropus vampyrus in a natural habitat: the driver of viral transmission

    Hengjan Yupadee, Pramono Didik, Takemae Hitoshi, Kobayashi Ryosuke, Iida Keisuke, Ando Takeshi, Kasmono Supratikno, Basri Chaerul, Fitriana Yuli Sulistya, Arifin Eko M. Z., Ohmori Yasushige, Maeda Ken, Agungpriyono Srihadi, Hondo Eiichi

    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 6 ) 頁: 1125-1133   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.16-0643

    Web of Science

    PubMed

  31. The Window of Implantation Is Closed by Estrogen via Insulin-Like Growth Factor 1 Pathway.

    Kobayashi R, Terakawa J, Omatsu T, Hengjan Y, Mizutani T, Ohmori Y, Hondo E

    Journal of reproduction & infertility   18 巻 ( 2 ) 頁: 231-241   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物 6

  1. 日本の感染症

    本道栄一( 担当: 共著 ,  範囲: 狂犬病)

    南山堂  2022年10月  ( ISBN:ISBN 978-4-525-18581-7

     詳細を見る

    総ページ数:264   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  2. コウモリからやってくる人獣共通ウイルス感染症

    本道栄一( 範囲: 全部)

    実験医学増刊 Vol.39 No.2 パンデミック時代の感染症研究 羊土社  2021年1月 

  3. コウモリ由来感染症

    本道栄一( 範囲: 全部)

    東京化学同人「現代化学」  2020年7月 

  4. コウモリに由来する人獣共通感染症出現の契機

    本道栄一( 担当: 分担執筆)

    大阪保険医雑誌  2022年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:4   担当ページ:P15-P18   記述言語:日本語

  5. コウモリ由来感染症

    本道栄一( 担当: 分担執筆)

    日本ペストコントロール協会  2021年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:84   担当ページ:P11-P15   著書種別:一般書・啓蒙書

  6. 感染症と人類史

    本道栄一、水谷哲也( 範囲: 半分)

    東京化学同人「現代化学」  2020年7月 

▼全件表示

講演・口頭発表等 2

  1. 研究発表

    本道 栄一

    研究発表 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  2. 糖尿病マウスの血中miRNA (記憶分子としてのmiRNAの可能性) 招待有り

    本道栄一

    2021年度 日本遺伝学会  2021年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

科研費 4

  1. 哺乳類胚の着床における動物種普遍的なメカニズムの探求

    研究課題/研究課題番号:22H02520  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    本道 栄一, 飯田 敦夫, 寺川 純平

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    動物種を問わず、哺乳類の習慣性・反復性流産のほぼすべては胚の着床期に起こる。わが国におけるウシの受胎率の低下は深刻な問題であり、年々低下しているもののそれを食い止める抜本的な解決法は見出されていない。我々はこれまで、マウスを用いて、種普遍的な胚着床のメカニズムの解明を目指して研究を行ってきた。本研究ではマウスと「ウシの実験モデルとしてのシバヤギ」を用いて、両者に共通する胚着床の二つの命題、「胚の子宮内膜への接触から接着への進行(課題1)」、「胚の子宮内でのスペーシング(位置取り)(課題2)」についての解明に挑む。

  2. 植物ウイルスが人や動物に感染する可能性を探る

    研究課題/研究課題番号:20K21519  2020年7月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    水谷 哲也, 大場 真己, 本道 栄一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    「植物ウイルスはヒトを含む動物には感染しない」これは常識と考えても良かった。しかし、少しずつではあるがヒトや動物において増殖している可能性を示唆するデータが出てきている。このことから、生野菜を食べて植物ウイルスが大量に体内に取り込まれた場合にはある種の病気を起こすのではないか、という発想も成り立つ。これまでは常識にとらわれて、植物ウイルスとヒトや動物との関係が真剣に研究されてこなかった。それゆえ、本研究において植物ウイルスがヒトや動物に感染する可能性を科学的に検証する。
    一般に植物に感染するウイルスはヒトや動物には感染しないと考えられている。しかし、1960年代にはタバコモザイクウイルスが喫煙者に肺癌を誘発する可能性についての論文が発表されており、学術的な決着はついていない。そこで、本研究ではトウガラシ微斑ウイルスを用いて哺乳類の培養細胞や鳥類に感染するかについて検討を行った。その結果、培養細胞にトウガラシ微斑ウイルスを添加しても、電気的な処理をして強制的に細胞に導入しても、ウイルスは培養細胞中で増殖することはなかった。トウガラシ微斑ウイルスは鶏雛の腸管内を分解されることなく通過して糞便中に排出され、わずかながらIgAの産生を誘導していることが明らかになった。
    本研究では植物ウイルス(トウガラシ微斑ウイルス)が哺乳類や鳥類に感染するという結果は得られなかった。ヒトや動物においては原因不明の疾患が数多く存在している。これらの原因が植物のウイルスである可能性は極めて低いものの否定もされていない。本研究は原因不明の疾患の原因を探るための基礎研究という一面をもっている。今後、さらに詳細な実験を行って解明を進める必要があると考えられる。

  3. 獲得形質の遺伝メカニズム

    研究課題/研究課題番号:16K15053  2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    本道 栄一, 大松 勉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    本研究は、糖尿病モデルマウスを使ってTransgenerational Epigenetic Inheritanceの分子機構を明らかにするものである。膵島beta細胞株をSTZ処理をした培養上清で上昇したmiRNAは、我々の行った糖尿病モデルマウスの血中エクソソームで上昇するmiRNAと一致した。つまり、beta細胞の崩壊過程で分泌されるmiRNAが血中で上昇し、生殖細胞に影響を及ぼす可能性が示唆された。miRNA投与実験の効果を確かめるため、過去の報告にある糖尿病マウスで変化した精子のメチル化DNAの領域を確認したが、我々の結果と一致しなかった。そこで我々のマウスのプロファイルを確立した。

  4. 東南アジア・オセアニアにおけるオオコウモリ由来新興感染症の出現予測

    研究課題/研究課題番号:25304049  2013年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    本道 栄一, 藤波 初木, 大松 勉, 前田 健

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    東南アジアにおけるオオコウモリ由来新興・再興感染症の発生リスクの分析(予測)を行った。フィリピン、タイ、インドネシアを研究地とし、オオコウモリの持つウイルスの解析、オオコウモリの生態調査を行った。オーストラリアのヘンドラウイルスを主眼に、我が国とフィリピンとのオオコウモリの交通を調査したが、沖縄県-台湾‐フィリピンバタン諸島の空間がオオコウモリにとって亜閉鎖空間となっており、ミンダナオ島中部の開発が障壁となって、オーストラリアのオオコウモリと日本のオオコウモリの交通はないように思われた。インドネシアも同様で、西部ジャワ島のオオコウモリも亜閉鎖空間の中に存在しているように思われた。

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 動植物の科学

    2011

 

社会貢献活動 1

  1. ウイルスを運ぶコウモリは「ワルもの」?

    役割:講師

    豊橋市自然史博物館  2022年11月

メディア報道 9

  1. Virus genes seen invading animal genome and then being inherited 新聞・雑誌

    New Scientist, UK  2020年2月

  2. 新たなコロナ「魔のパズル」発 新聞・雑誌

    日本経済新聞  P26  2022年2月

  3. ウイルスへの抵抗性発見 新聞・雑誌

    毎日新聞  14面  2022年1月

  4. 新規のコウモリコロナウイルス テレビ・ラジオ番組

    TBSテレビ  報道の日2021  2021年12月

  5. コウモリにウイルス抵抗性 新聞・雑誌

    中部経済新聞  15面  2021年11月

  6. ウイルスはなぜコウモリからやってくる インターネットメディア

    名古屋大学  名古屋大学研究フロンティア  podcast  2021年11月

  7. 未知のウイルスハント テレビ・ラジオ番組

    TBSテレビ  JNNニュース  2021年9月

  8. 未知のウイルスハント テレビ・ラジオ番組

    CBCテレビ  チャント  2021年9月

  9. ウイルスとの終わりなき戦い テレビ・ラジオ番組

    日本テレビ  教科書で学べない今そこにある危機  全体  2021年5月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

▼全件表示