2021/11/02 更新

写真a

マツダ ナオユキ
松田 直之
MATSUDA, Naoyuki
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 生体管理医学 教授
減災連携研究センター 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部
職名
教授
ホームページ

学位 1

  1. 医学博士 ( 2001年3月   北海道大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 全身性炎症反応症候群,SIRS,敗血症,ショック,急性肺障害,多臓器不全,播種性血管内凝固症候群,感染症,抗菌薬,転写因子,遺伝子治療,血管内皮細胞,肺胞上皮細胞,心筋細胞,アポトーシス,オートファジー,救急医療システム,集中治療システム,Ai開発

研究分野 5

  1. ライフサイエンス / 救急医学  / 救急医学,集中治療医学

  2. ライフサイエンス / 麻酔科学  / 麻酔・蘇生学

  3. ライフサイエンス / 救急医学  / 集中治療医学

  4. ライフサイエンス / 薬理学  / 薬理学

  5. ライフサイエンス / 感染症内科学  / 感染症管理

現在の研究課題とSDGs 4

  1. 敗血症の病態生理学的解明と創薬

  2. 全身性炎症におけるインターロイキン6受容体シグナルの分子制御に関する研究

  3. 敗血症性ショックの病態生理学的アセスメントの確定と細胞再生理論の構築

  4. 急性期蛋白異化制御の遺伝子治療

経歴 10

  1. 名古屋大学   名古屋大学減災連携研究センター 教授

    2010年12月

  2. 名古屋大学医学系研究科救急・集中治療医学分野・教授

    2010年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 京都大学大学院医学研究科・初期診療・救急医学分野・准教授

    2007年9月 - 2010年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 富山大学医学部附属病院麻酔科・診療教授

    2007年1月 - 2007年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 富山大学医学薬学研究部分子医科薬理学講座・准教授

    2006年2月 - 2007年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 北海道大学大学院医学研究科・救急医学分野・学内講師

    2004年4月 - 2006年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 北海道大学病院 救急部・集中治療部・助手

    2000年10月 - 2006年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 北海道大学医学部附属病院 救急部・集中治療部・医員

    2000年4月 - 2000年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 北海道砂川市立病院・医員

    1994年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 北海道大学医学部附属病院・研修医

    1993年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 北海道大学   医学研究科   外科系

    1995年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 北海道大学   医学部   医学科

    1986年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 29

  1. 日本集中治療医学会   理事

    2014年3月 - 現在

  2. 日本救急医学会   評議員

    2016年4月 - 現在

  3. 日本心臓血管麻酔学会   理事

    2013年9月 - 現在

  4. 日本心臓血管麻酔学会   集中治療部会・委員長

    2015年4月 - 現在

  5. 米国心臓血管麻酔学会   編集委員

    2010年4月 - 現在

  6. 日本集中治療医学会   集中治療薬剤委員会・委員長

    2021年4月 - 現在

  7. 日本集中治療医学会   広報委員会・委員長

    2014年4月 - 現在

  8. 日本集中治療医学会   Global Sepsis Alliance委員会・担当理事

    2019年1月 - 現在

  9. 日本救急医学会中部地方会   理事

    2011年4月 - 現在

  10. 日本臨床麻酔学会   理事

    2010年4月 - 現在

  11. 日本感染症学会

  12. 日本化学療法学会

  13. 日本外傷学会

  14. 日本呼吸器学会

  15. 日本薬理学会   評議員

    2005年4月 - 2006年3月

  16. 日本炎症・再生医学会

  17. 日本ペインクリニック学会

  18. 日本集中治療医学会   国際交流委員会・委員長

    2013年4月 - 2017年3月

  19. 日本心臓血管麻酔学会   編集委員長

    2011年4月 - 2016年3月

  20. 日本集中治療医学会   専門医委員会 委員

    2010年4月 - 2011年3月

  21. 日本臨床麻酔学会   査読委員

    2007年4月 - 現在

  22. 日本外科感染症学   医の質・安全委員会 副委員長

    2007年4月 - 現在

  23. 日本循環制御医学会   機関誌編集委員

    2007年4月 - 2013年3月

  24. 米国集中治療医学会   内科関連領域評価委員

    2007年4月 - 2008年3月

  25. 日本外科感染症学会誌   編集委員・査読委員

    2006年4月 - 2012年3月

  26. 日本心臓血管麻酔学会   文献レビュー委員会 委員長

    2006年4月 - 2010年3月

  27. 日本集中治療医学会   評議員

    2005年4月 - 現在

  28. 日本麻酔科学会   評議員

    2005年4月 - 2010年3月

  29. 米国麻酔科学会

▼全件表示

委員歴 3

  1. 救急外来及び救急・内科系集中治療部運営協議会   議長  

    2011年4月 - 現在   

  2. 災害対策専門委員会   委員長  

    2013年4月 - 現在   

  3. 移植検討委員会   委員長  

    2012年4月 - 現在   

受賞 10

  1. 日本麻酔科学会 第28回山村記念賞

    2009年8月   日本麻酔科学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    敗血症病態における転写因子NF-kBの機能解析

  2. 2009年日本集中治療医学会 優秀論文賞

    2010年3月   日本集中治療医学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    Nuclear factor-κB decoy oligodeoxynucleotides ameliorate impaired glucose tolerance and insulin resistance in mice with cecal ligation and puncture-induced sepsis. Crit Care Med 37:2791-2799,2009.

  3. 39th米国集中治療医学会 Annual Scientific Award

    2010年1月   米国集中治療医学会  

     詳細を見る

    Inhaled TAK1 siRNA Improves Lung Inflammation and Apoptosis by Reduced Transcriptional Activity of NF-kB and AP-1

  4. 40th米国集中治療医学会 Reserch Citation Award

    2010年1月   米国集中治療医学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:アメリカ合衆国

  5. 35th米国集中治療医学会 Reserch Citation Award

    2006年1月   米国  

  6. 2004年日本集中治療医学会 優秀論文賞

    2005年2月   日本集中治療医学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    Therapeutic effect of in vivo transfection of transcription factor decoy to NF-kB on septic lung in mice. Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol 287: L1248-L1255,2004.

  7. 日本ヒスタミン研究会 第1回和田記念賞

    2004年12月   日本ヒスタミン研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    敗血症に合併する急性肺障害の増悪機構 ―ヒスタミン受容体発現の変化―

  8. 33th米国集中治療医学会 Annual Scientific Award

    2004年2月   米国集中治療医学会  

  9. 日本救急医学会 丸茂賞

    2003年11月   日本救急医学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  10. 北海道麻酔科学会 第15回高橋賞

    2002年9月   北海道麻酔科学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 124

  1. *Regulation of histamine H4 receptors contributes to splenic apoptosis in septic mice: counteraction of the anti-apoptotic action of nuclear factor-kB. 査読有り

    Matsuda N, Teramae H, Futatsugi M, Takano KI, Yamamoto S, Tomita K, Suzuki T, Yokoo H, Koike K, Hattori Y.

    J Pharmacol Exp Ther   109 巻   頁: 1635-1643   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Increased death receptor pathway of apoptotic signaling in septic mouse aorta: effect of systemic delivery of FADD siRNA. 査読有り

    Matsuda N, Teramae H, Yamamoto S, Takano KI, Takano Y, Hattori Y.

    Am J Physiol Heart Circ Physiol   298 巻   頁: 92-101   2010年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. *Nuclear factor-kB decoy oligodeoxynucleotides ameliorate impaired glucose tolerance and insulin resistance in mice with cecal ligation and puncture-induced sepsis. 査読有り

    Matsuda N, Yamamoto S, Yokoo H, Tobe K, Hattori Y.

    Crit Care Med   37 巻   頁: 2791-2799   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. *Silencing of Fas-associated Death Domain Protects Mice from Septic Lung Inflammation and Apoptosis. 査読有り

    Matsuda N,Yamamoto S, Takano KI, Kageyama SI, Kurobe Y, Yoshiwara Y, Takano Y, Hattori Y.

    Am J Respir Crit Care Med   79 巻   頁: 806-815   2009年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Priming by lipopolysaccharide exaggerates acute lung injury and mortality in responses to peptidoglycan through up-regulation of Toll-like receptor-2 expression in mice. 査読有り

    Matsuda N, Yamazaki H, Takano KI, Matsui K, Takano Y, Kemmotsu O, Hattori Y.

    Biochem Pharmacol   75 巻   頁: 1065-1075   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Modulation of glucocorticoid receptor expression, inflammation, and cell apoptosis in septic guinea-pig lungs using methylprednisolone. 査読有り

      295 巻   頁: L998-L1006   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Roles of phosphatidylinositol 3-kinase and NADPH oxidase in ATP-sensitive K+ channel function impaired by high glucose in the human artery. 査読有り

    Hypertension   52 巻   頁: 507-513   2008年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. *Silencing of caspase-8 and caspase-3 by RNA interference prevents vascular endothelial cell injury in mice with endotoxic shock. 査読有り

    Matsuda N,Takano Y,Kageyama S,Hatakeyama N,Shakunaga K,Kitajima I,Yamazaki M,Hattori Y.

    Cardiovasc Res   76 巻   頁: 132-140   2007年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Phosphorylation of endothelial nitric-oxide synthase is diminished in mesenteric arteries from septic rabbits depending on the altered phosphatidylinositol 3-kinase/Akt pathway: reversal effect of fluvastatin therapy. 査読有り

    Matsuda N,Hayashi Y, Takahashi Y,Hattori Y.

    J Pharmacol Exp Ther   319 巻   頁: 1348-1354   2006年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Role of MIF in acute lung injury in mice with acute pancreatitis complicated by endotoxemia. 査読有り

    Matsuda N,Nishihira J,Takahashi Y,Kennmotsu O,Hattori Y.

    Am J Respir Cell Mol Biol   35 巻   頁: 198-205   2006年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. *Nuclear Factor-kB decoy oligonucleotides prevent acute lung injury in mice with cecal ligation and puncture-induced sepsis. 査読有り

    Matsuda N,Hattori Y,Takahashi Y,Subrina Jesmin,Gando S.

    Mol Pharmacol   67 巻   頁: 1018-1025   2005年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Therapeutic effect of in vivo transfection of transcription factor decoy to NF-kB on septic lung in mice.

    Matsuda N,Hattori Y,Takahashi Y,Nishihira J,Jesmin S,Kobayashi M,Gando S.

    Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol   287 巻   頁: L1248-L1255   2004年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. The modulation of vascular ATP-sensitive K+ channel function via phosphatidylinositol 3-kinase-Akt pathway activated by phenylephrine. 査読有り

    Haba M, Hatakeyama N, Kinoshita H, Teramae H, Azma T, Hatano Y, Matsuda N.

    J Pharmacol Exp Ther   334 巻   頁: 673-678   2010年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Clinical paper The rCAST score is useful for estimating the neurological prognosis in pediatric patients with post-cardiac arrest syndrome before ICU admission: External validation study using a nationwide prospective registry

    Yasuda Yuma, Nishikimi Mitsuaki, Matsui Kota, Numaguchi Atsushi, Nishida Kazuki, Emoto Ryo, Matsui Shigeyuki, Matsuda Naoyuki

    RESUSCITATION   168 巻   頁: 103 - 109   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resuscitation.2021.09.025

    Web of Science

    PubMed

  15. Clinical impact of visually assessed right ventricular dysfunction in patients with septic shock

    Hiraiwa Hiroaki, Kasugai Daisuke, Ozaki Masayuki, Goto Yukari, Jingushi Naruhiro, Higashi Michiko, Nishida Kazuki, Kondo Toru, Furusawa Kenji, Morimoto Ryota, Okumura Takahiro, Matsuda Naoyuki, Matsui Shigeyuki, Murohara Toyoaki

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 18823   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-98397-8

    Web of Science

    PubMed

  16. The Japanese Clinical Practice Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock 2020 (J-SSCG 2020).

    Egi M, Ogura H, Yatabe T, Atagi K, Inoue S, Iba T, Kakihana Y, Kawasaki T, Kushimoto S, Kuroda Y, Kotani J, Shime N, Taniguchi T, Tsuruta R, Doi K, Doi M, Nakada TA, Nakane M, Fujishima S, Hosokawa N, Masuda Y, Matsushima A, Matsuda N, Yamakawa K, Hara Y, Sakuraya M, Ohshimo S, Aoki Y, Inada M, Umemura Y, Kawai Y, Kondo Y, Saito H, Taito S, Takeda C, Terayama T, Tohira H, Hashimoto H, Hayashida K, Hifumi T, Hirose T, Fukuda T, Fujii T, Miura S, Yasuda H, Abe T, Andoh K, Iida Y, Ishihara T, Ide K, Ito K, Ito Y, Inata Y, Utsunomiya A, Unoki T, Endo K, Ouchi A, Ozaki M, Ono S, Katsura M, Kawaguchi A, Kawamura Y, Kudo D, Kubo K, Kurahashi K, Sakuramoto H, Shimoyama A, Suzuki T, Sekine S, Sekino M, Takahashi N, Takahashi S, Takahashi H, Tagami T, Tajima G, Tatsumi H, Tani M, Tsuchiya A, Tsutsumi Y, Naito T, Nagae M, Nagasawa I, Nakamura K, Nishimura T, Nunomiya S, Norisue Y, Hashimoto S, Hasegawa D, Hatakeyama J, Hara N, Higashibeppu N, Furushima N, Furusono H, Matsuishi Y, Matsuyama T, Minematsu Y, Miyashita R, Miyatake Y, Moriyasu M, Yamada T, Yamada H, Yamamoto R, Yoshida T, Yoshida Y, Yoshimura J, Yotsumoto R, Yonekura H, Wada T, Watanabe E, Aoki M, Asai H, Abe T, Igarashi Y, Iguchi N, Ishikawa M, Ishimaru G, Isokawa S, Itakura R, Imahase H, Imura H, Irinoda T, Uehara K, Ushio N, Umegaki T, Egawa Y, Enomoto Y, Ota K, Ohchi Y, Ohno T, Ohbe H, Oka K, Okada N, Okada Y, Okano H, Okamoto J, Okuda H, Ogura T, Onodera Y, Oyama Y, Kainuma M, Kako E, Kashiura M, Kato H, Kanaya A, Kaneko T, Kanehata K, Kano KI, Kawano H, Kikutani K, Kikuchi H, Kido T, Kimura S, Koami H, Kobashi D, Saiki I, Sakai M, Sakamoto A, Sato T, Shiga Y, Shimoto M, Shimoyama S, Shoko T, Sugawara Y, Sugita A, Suzuki S, Suzuki Y, Suhara T, Sonota K, Takauji S, Takashima K, Takahashi S, Takahashi Y, Takeshita J, Tanaka Y, Tampo A, Tsunoyama T, Tetsuhara K, Tokunaga K, Tomioka Y, Tomita K, Tominaga N, Toyosaki M, Toyoda Y, Naito H, Nagata I, Nagato T, Nakamura Y, Nakamori Y, Nahara I, Naraba H, Narita C, Nishioka N, Nishimura T, Nishiyama K, Nomura T, Haga T, Hagiwara Y, Hashimoto K, Hatachi T, Hamasaki T, Hayashi T, Hayashi M, Hayamizu A, Haraguchi G, Hirano Y, Fujii R, Fujita M, Fujimura N, Funakoshi H, Horiguchi M, Maki J, Masunaga N, Matsumura Y, Mayumi T, Minami K, Miyazaki Y, Miyamoto K, Murata T, Yanai M, Yano T, Yamada K, Yamada N, Yamamoto T, Yoshihiro S, Tanaka H, Nishida O

    Journal of intensive care   9 巻 ( 1 ) 頁: 53   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40560-021-00555-7

    PubMed

  17. Impact of a long-term high-glucose environment on pro-inflammatory responses in macrophages stimulated with lipopolysaccharide

    Suzuki Tokiko, Yamashita Shigeyuki, Hattori Kohshi, Matsuda Naoyuki, Hattori Yuichi

    NAUNYN-SCHMIEDEBERGS ARCHIVES OF PHARMACOLOGY     2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00210-021-02137-8

    Web of Science

    PubMed

  18. Outcome Related to Level of Targeted Temperature Management in Postcardiac Arrest Syndrome of Low, Moderate, and High Severities: A Nationwide Multicenter Prospective Registry

    Nishikimi Mitsuaki, Ogura Takayuki, Nishida Kazuki, Hayashida Kei, Emoto Ryo, Matsui Shigeyuki, Matsuda Naoyuki, Iwami Taku

    CRITICAL CARE MEDICINE   49 巻 ( 8 ) 頁: E741 - E750   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/CCM.0000000000005025

    Web of Science

    PubMed

  19. Relative platelet reductions provide better pathophysiologic signatures of coagulopathies in sepsis

    Kasugai Daisuke, Ozaki Masayuki, Nishida Kazuki, Goto Yukari, Takahashi Kunihiko, Matsui Shigeyuki, Matsuda Naoyuki

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 14033   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-93635-5

    Web of Science

    PubMed

  20. Failure of non-invasive respiratory support after 6 hours from initiation is associated with ICU mortality

    Nishikimi Mitsuaki, Nishida Kazuki, Shindo Yuichiro, Shoaib Muhammad, Kasugai Daisuke, Yasuda Yuma, Higashi Michiko, Numaguchi Atsushi, Yamamoto Takanori, Matsui Shigeyuki, Matsuda Naoyuki

    PLOS ONE   16 巻 ( 4 ) 頁: e0251030   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0251030

    Web of Science

    PubMed

  21. A case of reexpansion pulmonary edema and acute pulmonary thromboembolism associated with diffuse large B-cell lymphoma treated with venovenous extracorporeal membrane oxygenation.

    Kazama S, Hiraiwa H, Kimura Y, Ozaki R, Shibata N, Arao Y, Oishi H, Kato H, Kuwayama T, Yamaguchi S, Kondo T, Furusawa K, Morimoto R, Okumura T, Bando YK, Sato T, Shimada K, Kiyoi H, Nakamura G, Yasuda Y, Kasugai D, Ogawa H, Higashi M, Yamamoto T, Jingushi N, Ozaki M, Numaguchi A, Goto Y, Matsuda N, Murohara T

    Journal of cardiology cases   23 巻 ( 1 ) 頁: 53 - 56   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2020.08.013

    PubMed

  22. Relative bradycardia as a clinical feature in patients with coronavirus disease 2019 (COVID-19): A report of two cases.

    Hiraiwa H, Goto Y, Nakamura G, Yasuda Y, Sakai Y, Kasugai D, Jinno S, Tanaka T, Ogawa H, Higashi M, Yamamoto T, Jingushi N, Ozaki M, Numaguchi A, Kondo T, Morimoto R, Okumura T, Matsuda N, Murohara T

    Journal of cardiology cases   22 巻 ( 6 ) 頁: 260 - 264   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2020.07.015

    PubMed

  23. Vascular endothelial growth factor contributes to lung vascular hyperpermeability in sepsis-associated acute lung injury

    Tomita Kengo, Saito Yuna, Suzuki Tokiko, Imbaby Samar, Hattori Kohshi, Matsuda Naoyuki, Hattori Yuichi

    NAUNYN-SCHMIEDEBERGS ARCHIVES OF PHARMACOLOGY   393 巻 ( 12 ) 頁: 2365 - 2374   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00210-020-01947-6

    Web of Science

    PubMed

  24. Impact of patient characteristics on the efficacy and safety of landiolol in patients with sepsis-related tachyarrhythmia: Subanalysis of the J-Land 3S randomised controlled study

    Matsuda Naoyuki, Nishida Osamu, Taniguchi Takumi, Okajima Masaki, Morimatsu Hiroshi, Ogura Hiroshi, Yamada Yoshitsugu, Nagano Tetsuji, Ichikawa Akira, Kakihana Yasuyuki

    ECLINICALMEDICINE   28 巻   頁: 100571   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.eclinm.2020.100571

    Web of Science

    PubMed

  25. Beneficial effect of STAT3 decoy oligodeoxynucleotide transfection on organ injury and mortality in mice with cecal ligation and puncture-induced sepsis

    Imbaby Samar, Matsuda Naoyuki, Tomita Kengo, Hattori Kohshi, Palikhe Sailesh, Yokoo Hiroki, Hattori Yuichi

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 ) 頁: 15316   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-72136-x

    Web of Science

    PubMed

  26. Efficacy and safety of landiolol, an ultra-short-acting beta 1-selective antagonist, for treatment of sepsis-related tachyarrhythmia (J-Land 3S): a multicentre, open-label, randomised controlled trial

    Kakihana Yasuyuki, Nishida Osamu, Taniguchi Takumi, Okajima Masaki, Morimatsu Hiroshi, Ogura Hiroshi, Yamada Yoshitsugu, Nagano Tetsuji, Morishima Eiichiro, Matsuda Naoyuki

    LANCET RESPIRATORY MEDICINE   8 巻 ( 9 ) 頁: 863 - 872   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S2213-2600(20)30037-0

    Web of Science

    PubMed

  27. STAT3 decoy oligodeoxynucleotides improve end-organ tissue injury and survival in septic mice

    Matsuda Naoyuki, Imbaby Samar, Hattori Kohshi, Hattori Yuichi

    FASEB JOURNAL   34 巻   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1096/fasebj.2020.34.s1.03240

    Web of Science

  28. Delving into the caregiver burden associated basic activity of daily living disability among caregivers of patients with mild-to-moderate Alzheimer's disease

    Kawaharada Rika, Sugimoto Taiki, Tsuboi Yamato, Matsuda Naoka, Sakurai Takashi, Ono Rei

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   20 巻 ( 3 ) 頁: 263 - 265   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.13862

    Web of Science

  29. Relationship Between Serum Norepinephrine Levels at ICU Admission and the Risk of ICU-Acquired Delirium: Secondary Analysis of the Melatonin Evaluation of Lowered Inflammation of ICU Trial.

    Yasuda Y, Nishikimi M, Nishida K, Takahashi K, Numaguchi A, Higashi M, Matsui S, Matsuda N

    Critical care explorations   2 巻 ( 2 ) 頁: e0082   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/CCE.0000000000000082

    PubMed

  30. Clinical Frailty Scale Score Before ICU Admission Is Associated With Mobility Disability in Septic Patients Receiving Early Rehabilitation.

    Nakajima H, Nishikimi M, Shimizu M, Hayashi K, Inoue T, Nishida K, Takahashi K, Matsui S, Nishida Y, Matsuda N

    Critical care explorations   1 巻 ( 12 ) 頁: e0066   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/CCE.0000000000000066

    PubMed

  31. External validation of a risk classification at the emergency department of post-cardiac arrest syndrome patients undergoing targeted temperature management.

    Nishikimi M, Ogura T, Nishida K, Takahashi K, Nakamura M, Matsui S, Matsuda N, Iwami T

    Resuscitation   140 巻   頁: 135-141   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resuscitation.2019.05.028

    PubMed

  32. Timing of administration of epinephrine predicts the responsiveness to epinephrine in norepinephrine-refractory septic shock: a retrospective study

    Kasugai Daisuke, Nishikimi Mitsuaki, Nishida Kazuki, Higashi Michiko, Yamamoto Takanori, Numaguchi Atsushi, Takahashi Kunihiko, Matsui Shigeyuki, Matsuda Naoyuki

    JOURNAL OF INTENSIVE CARE   7 巻   頁: 20   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40560-019-0377-1

    Web of Science

    PubMed

  33. miR-146a targeted to splenic macrophages prevents sepsis-induced multiple organ injury.

    Funahashi Y, Kato N, Masuda T, Nishio F, Kitai H, Ishimoto T, Kosugi T, Tsuboi N, Matsuda N, Maruyama S, Kadomatsu K

    Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology     2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41374-019-0190-4

    PubMed

  34. Hemodynamics of cardiac tamponade during extracorporeal membrane oxygenation support in a patient with fulminant myocarditis.

    Kondo T, Morimoto R, Yokoi T, Yamaguchi S, Kuwayama T, Haga T, Hiraiwa H, Sugiura Y, Watanabe N, Kano N, Ichii T, Fukaya K, Sawamura A, Okumura T, Yoshizumi T, Mutsuga M, Fujimoto K, Matsuda N, Usui A, Murohara T

    Journal of cardiology cases   19 巻 ( 1 ) 頁: 22-24   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2018.08.009

    PubMed

  35. Different involvement of the MAPK family in inflammatory regulation in human pulmonary microvascular endothelial cells stimulated with LPS and IFN-gamma

    Suzuki Tokiko, Sakata Kimimasa, Mizuno Natsumi, Palikhe Sailesh, Yamashita Shigeyuki, Hattori Kohshi, Matsuda Naoyuki, Hattori Yuichi

    IMMUNOBIOLOGY   223 巻 ( 12 ) 頁: 777-785   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.imbio.2018.08.003

    Web of Science

    PubMed

  36. Sleep, the Missing Link? Reply

    Nishikimi Mitsuaki, Numaguchi Atsushi, Takahashi Kunihiko, Matsui Shigeyuki, Matsuda Naoyuki

    CRITICAL CARE MEDICINE   46 巻 ( 12 ) 頁: E1225-E1226   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/CCM.0000000000003452

    Web of Science

    PubMed

  37. Early Administration of Ramelteon in the ICU: Effects Deserve Further Study Reply

    Nishikimi Mitsuaki, Numaguchi Atsushi, Takahashi Kunihiko, Matsui Shigeyuki, Matsuda Naoyuki

    CRITICAL CARE MEDICINE   46 巻 ( 10 ) 頁: E1010-E1011   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/CCM.0000000000003315

    Web of Science

    PubMed

  38. Anti-inflammatory properties of cilostazol: Its interruption of DNA binding activity of NF-kappa B from the Toll-like receptor signaling pathways

    Sakamoto Takuya, Ohashi Wakana, Tomita Kengo, Hattori Kohshi, Matsuda Naoyuki, Hattori Yuichi

    INTERNATIONAL IMMUNOPHARMACOLOGY   62 巻   頁: 120-131   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.intimp.2018.06.021

    Web of Science

    PubMed

  39. Cardioprotective and functional effects of levosimendan and milrinone in mice with cecal ligation and puncture-induced sepsis

    Yamashita Shigeyuki, Suzuki Tokiko, Iguchi Keisuke, Sakamoto Takuya, Tomita Kengo, Yokoo Hiroki, Sakai Mari, Misawa Hiroki, Hattori Kohshi, Nagata Toshi, Watanabe Yasuhide, Matsuda Naoyuki, Yoshimura Naoki, Hattori Yuichi

    NAUNYN-SCHMIEDEBERGS ARCHIVES OF PHARMACOLOGY   391 巻 ( 9 ) 頁: 1021-1032   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00210-018-1527-z

    Web of Science

    PubMed

  40. Nucleic-acid based gene therapy approaches for sepsis

    Hattori Yuichi, Hattori Kohshi, Suzuki Tokiko, Palikhe Sailesh, Matsuda Naoyuki

    EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY   833 巻   頁: 403-410   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejphar.2018.06.031

    Web of Science

    PubMed

  41. Promising method for management of venoarterial extracorporeal membrane oxygenation: A case of severe heart failure successfully stabilized by "high-flow/vasodilation method".

    Kondo T, Sawamura A, Okumura T, Kano N, Morimoto R, Watanabe N, Hiraiwa H, Kuwayama T, Sugiura Y, Haga T, Yamaguchi S, Fukaya K, Yokoi T, Fujimoto K, Mutsuga M, Yoshizumi T, Matsuda N, Usui A, Murohara T

    Journal of cardiology cases   18 巻 ( 2 ) 頁: 81-84   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2018.05.002

    PubMed

  42. Differential effect of mild therapeutic hypothermia depending on the findings of hypoxic encephalopathy on early CT images in patients with post-cardiac arrest syndrome

    Nishikimi Mitsuaki, Ogura Takayuki, Nishida Kazuki, Takahashi Kunihiko, Fukaya Kenji, Liu Keibun, Nakamura Mitsunobu, Matsui Shigeyuki, Matsuda Naoyuki

    RESUSCITATION   128 巻   頁: 11-15   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resuscitation.2018.04.029

    Web of Science

    PubMed

  43. Effect of Administration of Ramelteon, a Melatonin Receptor Agonist, on the Duration of Stay in the ICU: A Single-Center Randomized Placebo-Controlled Trial

    Nishikimi Mitsuaki, Numaguchi Atsushi, Takahashi Kunihiko, Miyagawa Yasuhiro, Matsui Kota, Higashi Michiko, Makishi Go, Matsui Shigeyuki, Matsuda Naoyuki

    CRITICAL CARE MEDICINE   46 巻 ( 7 ) 頁: 1099-1105   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/CCM.0000000000003132

    Web of Science

    PubMed

  44. Role of G protein-coupled receptor kinase 2 in oxidative and nitrosative stress-related neurohistopathological changes in a mouse model of sepsis-associated encephalopathy

    Kawakami Masaaki, Hattori Mizuki, Ohashi Wakana, Fujimori Toshio, Hattori Kohshi, Takebe Mariko, Tomita Kengo, Yokoo Hiroki, Matsuda Naoyuki, Yamazaki Mitsuaki, Hattori Yuichi

    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY   145 巻 ( 6 ) 頁: 474-488   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jnc.14329

    Web of Science

    PubMed

  45. MIR-146A TARGETING SPLENIC MACROPHAGES PREVENTS SEPSIS-INDUCED MULTIPLE ORGAN INJURY INCLUDING ACUTE KIDNEY INJURY

    Funahashi Yoshio, Kato Noritoshi, Kitai Hiroki, Ishimoto Takuji, Kosugi Tomoki, Tsuboi Naotake, Matsuda Naoyuki, Maruyama Shoichi, Kadomatsu Kenji

    SHOCK   49 巻 ( 6 ) 頁: 21-21   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  46. Activator Protein-1 Decoy Oligodeoxynucleotide Transfection Is Beneficial in Reducing Organ Injury and Mortality in Septic Mice

    Imaizumi Takahiro, Matsuda Naoyuki, Tomita Kengo, Palikhe Sailesh, Ohashi Wakana, Hattori Kohshi, Hattori Yuichi

    CRITICAL CARE MEDICINE   46 巻 ( 5 ) 頁: E435-E442   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/CCM.0000000000003009

    Web of Science

    PubMed

  47. Inducible nitric oxide synthase during the late phase of sepsis is associated with hypothermia and immune cell migration

    Takatani Yudai, Ono Kenji, Suzuki Hiromi, Inaba Masato, Sawad Makoto, Matsuda Naoyuki

    LABORATORY INVESTIGATION   98 巻 ( 5 ) 頁: 629-639   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41374-018-0021-z

    Web of Science

    PubMed

  48. Accuracy of the first interpretation of early brain CT images for predicting the prognosis of post-cardiac arrest syndrome patients at the emergency department

    Nishikimi Mitsuaki, Ogura Takayuki, Matsui Kota, Takahashi Kunihiko, Fukaya Kenji, Liu Keibun, Morita Hideo, Nakamura Mitsunobu, Matsui Shigeyuki, Matsuda Naoyuki

    JOURNAL OF INTENSIVE CARE   6 巻   頁: 26   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40560-018-0296-6

    Web of Science

    PubMed

  49. The Japanese Clinical Practice Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock 2016 (J-SSCG 2016)

    Nishida Osamu, Ogura Hiroshi, Egi Moritoki, Fujishima Seitaro, Hayashi Yoshiro, Iba Toshiaki, Imaizumi Hitoshi, Inoue Shigeaki, Kakihana Yasuyuki, Kotani Joji, Kushimoto Shigeki, Masuda Yoshiki, Matsuda Naoyuki, Matsushima Asako, Nakada Taka-aki, Nakagawa Satoshi, Nunomiya Shin, Sadahiro Tomohito, Shime Nobuaki, Yatabe Tomoaki, Hara Yoshitaka, Hayashida Kei, Kondo Yutaka, Sumi Yuka, Yasuda Hideto, Aoyama Kazuyoshi, Azuhata Takeo, Doi Kent, Doi Matsuyuki, Fujimura Naoyuki, Fuke Ryota, Fukuda Tatsuma, Goto Koji, Hasegawa Ryuichi, Hashimoto Satoru, Hatakeyama Junji, Hayakawa Mineji, Hifumi Toru, Higashibeppu Naoki, Hirai Katsuki, Hirose Tomoya, Ide Kentaro, Kaizuka Yasuo, Kan'o Tomomichi, Kawasaki Tatsuya, Kuroda Hiromitsu, Matsuda Akihisa, Matsumoto Shotaro, Nagae Masaharu, Onodera Mutsuo, Ohnuma Tetsu, Oshima Kiyohiro, Saito Nobuyuki, Sakamoto So, Sakuraya Masaaki, Sasano Mikio, Sato Norio, Sawamura Atsushi, Shimizu Kentaro, Shirai Kunihiro, Takei Tetsuhiro, Takeuchi Muneyuki, Takimoto Kohei, Taniguchi Takumi, Tatsumi Hiroomi, Tsuruta Ryosuke, Yama Naoya, Yamakawa Kazuma, Yamashita Chizuru, Yamashita Kazuto, Yoshida Takeshi, Tanaka Hiroshi, Oda Shigeto

    JOURNAL OF INTENSIVE CARE   6 巻   頁: 7   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40560-017-0270-8

    Web of Science

    PubMed

  50. The Japanese Clinical Practice Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock 2016 (J-SSCG 2016)

    Nishida Osamu, Ogura Hiroshi, Egi Moritoki, Fujishima Seitaro, Hayashi Yoshiro, Iba Toshiaki, Imaizumi Hitoshi, Inoue Shigeaki, Kakihana Yasuyuki, Kotani Joji, Kushimoto Shigeki, Masuda Yoshiki, Matsuda Naoyuki, Matsushima Asako, Nakada Taka-aki, Nakagawa Satoshi, Nunomiya Shin, Sadahiro Tomohito, Shime Nobuaki, Yatabe Tomoaki, Hara Yoshitaka, Hayashida Kei, Kondo Yutaka, Sumi Yuka, Yasuda Hideto, Aoyama Kazuyoshi, Azuhata Takeo, Doi Kent, Doi Matsuyuki, Fujimura Naoyuki, Fuke Ryota, Fukuda Tatsuma, Goto Koji, Hasegawa Ryuichi, Hashimoto Satoru, Hatakeyama Junji, Hayakawa Mineji, Hifumi Toru, Higashibeppu Naoki, Hirai Katsuki, Hirose Tomoya, Ide Kentaro, Kaizuka Yasuo, Kan'o Tomomichi, Kawasaki Tatsuya, Kuroda Hiromitsu, Matsuda Akihisa, Matsumoto Shotaro, Nagae Masaharu, Onodera Mutsuo, Ohnuma Tetsu, Oshima Kiyohiro, Saito Nobuyuki, Sakamoto So, Sakuraya Masaaki, Sasano Mikio, Sato Norio, Sawamura Atsushi, Shimizu Kentaro, Shirai Kunihiro, Takei Tetsuhiro, Takeuchi Muneyuki, Takimoto Kohei, Taniguchi Takumi, Tatsumi Hiroomi, Tsuruta Ryosuke, Yama Naoya, Yamakawa Kazuma, Yamashita Chizuru, Yamashita Kazuto, Yoshida Takeshi, Tanaka Hiroshi, Oda Shigeto

    ACUTE MEDICINE & SURGERY   5 巻 ( 1 ) 頁: 3-89   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ams2.322

    Web of Science

    PubMed

  51. High-Flow Nasal Cannula Therapy for Acute Respiratory Failure in Patients with Interstitial Pneumonia: A Retrospective Observational Study

    Omote N., Hashimoto N., Matsuda N., Nishida K., Sakamoto K., Ando A., Nakahara Y., Nishikimi M., Higashi M., Matsui S., Hasegawa Y.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   197 巻   頁: .   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  52. Recent advances in the pathophysiology and molecular basis of sepsis-associated organ dysfunction: Novel therapeutic implications and challenges

    Hattori Yuichi, Hattori Kohshi, Suzuki Tokiko, Matsuda Naoyuki

    PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS   177 巻   頁: 56-66   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pharmthera.2017.02.040

    Web of Science

    PubMed

  53. A subset of cerebrovascular pericytes originates from mature macrophages in the very early phase of vascular development in CNS

    Yamamoto Seiji, Muramatsu Masashi, Azuma Erika, Ikutani Masashi, Nagai Yoshinori, Sagara Hiroshi, Koo Bon-Nyeo, Kita Satomi, O'Donnell Erin, Osawa Tsuyoshi, Takahashi Hiroyuki, Takano Ken-ichi, Dohmoto Mitsuko, Sugimori Michiya, Usui Isao, Watanabe Yasuhide, Hatakeyama Noboru, Iwamoto Takahiro, Komuro Issei, Takatsu Kiyoshi, Tobe Kazuyuki, Niida Shumpei, Matsuda Naoyuki, Shibuya Masabumi, Sasahara Masakiyo

    SCIENTIFIC REPORTS   7 巻 ( 1 ) 頁: 3855   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-03994-1

    Web of Science

    PubMed

  54. Diminished responsiveness to dobutamine as an inotrope in mice with cecal ligation and puncture-induced sepsis: attribution to phosphodiesterase 4 upregulation

    Sakai Mari, Suzuki Tokiko, Tomita Kengo, Yamashita Shigeyuki, Palikhe Sailesh, Hattori Kohshi, Yoshimura Naoki, Matsuda Naoyuki, Hattori Yuichi

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-HEART AND CIRCULATORY PHYSIOLOGY   312 巻 ( 6 ) 頁: H1224-H1237   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpheart.00828.2016

    Web of Science

    PubMed

  55. Plasmapheresis therapy has no triglyceride-lowering effect in patients with hypertriglyceridemic pancreatitis

    Miyamoto Kyohei, Horibe Masayasu, Sanui Masamitsu, Sasaki Mitsuhito, Sugiyama Daisuke, Kato Seiya, Yamashita Takahiro, Goto Takashi, Iwasaki Eisuke, Shirai Kunihiro, Oe Kyoji, Sawano Hirotaka, Oda Takuya, Yasuda Hideto, Ogura Yuki, Hirose Kaoru, Kitamura Katsuya, Chiba Nobutaka, Ozaki Tetsu, Oshima Taku, Yamamoto Tomonori, Nagata Keiji, Mine Tetsuya, Saito Koji, Sekino Motohiro, Furuya Tomoki, Matsuda Naoyuki, Hayakawa Mineji, Kanai Takanori, Mayumi Toshihiko

    INTENSIVE CARE MEDICINE   43 巻 ( 6 ) 頁: 949-951   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00134-017-4722-3

    Web of Science

    PubMed

  56. A novel scoring system for predicting the neurologic prognosis prior to the initiation of induced hypothermia in cases of post-cardiac arrest syndrome: the CAST score

    Nishikimi Mitsuaki, Matsuda Naoyuki, Matsui Kota, Takahashi Kunihiko, Ejima Tadashi, Liu Keibun, Ogura Takayuki, Higashi Michiko, Umino Hitoshi, Makishi Go, Numaguchi Atsushi, Matsushima Satoru, Tokuyama Hideki, Nakamura Mitsunobu, Matsui Shigeyuki

    SCANDINAVIAN JOURNAL OF TRAUMA RESUSCITATION & EMERGENCY MEDICINE   25 巻 ( 1 ) 頁: 49   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13049-017-0392-y

    Web of Science

    PubMed

  57. Regulation of the Cardiovascular System by Histamine

    Hattori Yuichi, Hattori Kohshi, Matsuda Naoyuki

    HISTAMINE AND HISTAMINE RECEPTORS IN HEALTH AND DISEASE   241 巻   頁: 239-258   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/164_2016_15

    Web of Science

    PubMed

  58. CAST: a new score for early prediction of neurological outcomes after cardiac arrest before therapeutic hypothermia with high accuracy

    Nishikimi Mitsuaki, Matsuda Naoyuki, Matsui Kota, Takahashi Kunihiko, Ejima Tadashi, Liu Keibun, Ogura Takayuki, Higashi Michiko, Umino Hitoshi, Makishi Go, Numaguchi Atsushi, Matsushima Satoru, Tokuyama Hideki, Nakamura Mitsunobu, Matsui Shigeyuki

    INTENSIVE CARE MEDICINE   42 巻 ( 12 ) 頁: 2106-2107   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00134-016-4492-3

    Web of Science

    PubMed

  59. Critical role of endogenous histamine in promoting end-organ tissue injury in sepsis.

    Hattori M, Yamazaki M, Ohashi W, Tanaka S, Hattori K, Todoroki K, Fujimori T, Ohtsu H, Matsuda N, Hattori Y

    Intensive care medicine experimental   4 巻 ( 1 ) 頁: 36   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40635-016-0109-y

    PubMed

  60. In vitro reduction of antibacterial activity of tigecycline against multidrug-resistant Acinetobacter baumannii with host stress hormone norepinephrine

    Inaba Masato, Matsuda Naoyuki, Banno Hirotsugu, Jin Wanchun, Wachino Jun-ichi, Yamada Keiko, Kimura Kouji, Arakawa Yoshichika

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS   48 巻 ( 6 ) 頁: 680-689   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijantimicag.2016.09.022

    Web of Science

    PubMed

  61. The International Activities in Taiwan by the Joint Burn Care Assistance Team of Physicians from Japan Medical Association and Three Medical Societies.

    Matsuda N, Yamada S, Hinoshita T, Sasaki J, Ikeda H, Harunari N, Sakamoto T

    Japan Medical Association journal : JMAJ   59 巻 ( 1 ) 頁: 12-16   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  62. Alert cell strategy in SIRS-induced vasculitis: sepsis and endothelial cells

    Matsuda Naoyuki

    JOURNAL OF INTENSIVE CARE   4 巻   頁: 21   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40560-016-0147-2

    Web of Science

    PubMed

  63. [Severe infection in critical emergency care].

    Matsuda N, Takatani Y, Higashi T, Inaba M, Ejima T

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   74 巻 ( 2 ) 頁: 245-51   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  64. Anti-Inflammatory Profile of Levosimendan in Cecal Ligation-Induced Septic Mice and in Lipopolysaccharide-Stimulated Macrophages

    Wang Qiang, Yokoo Hiroki, Takashina Michinori, Sakata Kimimasa, Ohashi Wakana, Abedelzaher Lobna A., Imaizumi Takahiro, Sakamoto Takuya, Hattori Kohshi, Matsuda Naoyuki, Hattori Yuichi

    CRITICAL CARE MEDICINE   43 巻 ( 11 ) 頁: E508-E520   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/CCM.0000000000001269

    Web of Science

    PubMed

  65. Radial artery cannulation decreases the distal arterial blood flow measured by power Doppler ultrasound

    Numaguchi Atsushi, Adachi Yushi U., Aoki Yoshitaka, Ishii Yasuhiro, Suzuki Katsumi, Obata Yukako, Sato Shigehito, Nishiwaki Kimitoshi, Matsuda Naoyuki

    JOURNAL OF CLINICAL MONITORING AND COMPUTING   29 巻 ( 5 ) 頁: 653-657   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10877-014-9648-5

    Web of Science

    PubMed

  66. New drug discovery for surviving sepsis from multiple organ failure

    Matsuda Naoyuki

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   128 巻 ( 3 ) 頁: S44-S44   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  67. Inflammation-induced endothelial cell-derived extracellular vesicles modulate the cellular status of pericytes

    Yamamoto Seiji, Niida Shumpei, Azuma Erika, Yanagibashi Tsutomu, Muramatsu Masashi, Huang Ting Ting, Sagara Hiroshi, Higaki Sayuri, Ikutani Masashi, Nagai Yoshinori, Takatsu Kiyoshi, Miyazaki Kenji, Hamashima Takeru, Mori Hisashi, Matsuda Naoyuki, Ishii Yoko, Sasahara Masakiyo

    SCIENTIFIC REPORTS   5 巻   頁: 8505   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep08505

    Web of Science

    PubMed

  68. Ultrasonography-guided radial artery catheterization and further optimal sequences

    Adachi Yushi U., Numaguchi Atsushi, Matsuda Naoyuki

    JOURNAL OF CLINICAL MONITORING AND COMPUTING   29 巻 ( 1 ) 頁: 201-202   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10877-014-9608-0

    Web of Science

    PubMed

  69. Lingual tonsil hypertrophy diagnosed by post-mortem computed tomography in a difficult airway case

    Hinoshita T., Numaguchi A., Adachi Y. U., Nakahara K., Matsuda N.

    ACTA ANAESTHESIOLOGICA SCANDINAVICA   58 巻 ( 9 ) 頁: 1162-1163   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/aas.12388

    Web of Science

  70. Continuous administration of landiolol reduced QT dispersion in postoperative patients

    Suzuki Katsumi, Numaguchi Atsushi, Adachi Yushi U., Obata Yukako, Hatano Toshiyuki, Ejima Tadashi, Sato Shigehito, Matsuda Naoyuki

    JOURNAL OF CLINICAL ANESTHESIA   26 巻 ( 6 ) 頁: 438-442   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jclinane.2014.01.017

    Web of Science

    PubMed

  71. Ubiquitin is phosphorylated by PINK1 to activate parkin

    Koyano Fumika, Okatsu Kei, Kosako Hidetaka, Tamura Yasushi, Go Etsu, Kimura Mayumi, Kimura Yoko, Tsuchiya Hikaru, Yoshihara Hidehito, Hirokawa Takatsugu, Endo Toshiya, Fon Edward A., Trempe Jean-Francois, Saeki Yasushi, Tanaka Keiji, Matsuda Noriyuki

    NATURE   510 巻 ( 7503 ) 頁: 162-+   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nature13392

    Web of Science

  72. Not only bupivacaine but also propofol is sinking in lipid?

    Adachi Yushi U., Numaguchi Atsushi, Matsuda Naoyuki

    JOURNAL OF ANESTHESIA   28 巻 ( 3 ) 頁: 476-476   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00540-013-1725-2

    Web of Science

    PubMed

  73. Alert Cell Strategy: Mechanisms of Inflammatory Response and Organ Protection. 査読有り

    Noboru Hatakeyama, Naoyuki Matsuda

    Curr Pharm Des   20 巻   頁: 5766-5778   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Alert cell strategy: mechanisms of inflammatory response and organ protection.

    Hatakeyama N, Matsuda N

    Current pharmaceutical design   20 巻 ( 36 ) 頁: 5766-78   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  75. The Japanese guidelines for the management of sepsis.

    Oda S, Aibiki M, Ikeda T, Imaizumi H, Endo S, Ochiai R, Kotani J, Shime N, Nishida O, Noguchi T, Matsuda N, Hirasawa H, Sepsis Registry Committee of The Japanese Society of Intensive Care Medicine.

    Journal of intensive care   2 巻 ( 1 ) 頁: 55   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40560-014-0055-2

    PubMed

  76. Landiolol reduces hemodynamic responses to bronchoscopy-assisted suctioning in intubated ICU patients.

    Tochikubo J, Adachi YU, Ejima T, Numaguchi A, Matsuda N, Sato S, Shiiya N

    Journal of intensive care   2 巻 ( 1 ) 頁: 6   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/2052-0492-2-6

    PubMed

  77. Alert Cell Strategy: Mechanisms of Inflammatory Response and Organ Protection

    Hatakeyama Noboru, Matsuda Naoyuki

    CURRENT PHARMACEUTICAL DESIGN   20 巻 ( 36 ) 頁: 5766-5778   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  78. The advanced radial artery cannulation using Insyte-A (TM) with real-time ultrasound guidance

    Adachi Yushi U., Hatano Toshiyuki, Hashimoto Shinsuke, Ejima Tadashi, Murase Kichiro, Matsuda Naoyuki

    JOURNAL OF CLINICAL MONITORING AND COMPUTING   27 巻 ( 6 ) 頁: 703-704   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10877-013-9482-1

    Web of Science

    PubMed

  79. BUNDLE-BASED MANAGEMENT OF SEPTIC SHOCK IN NAGOYA UNIVERSITY EMERGENCY AND MEDICAL ICU

    Matsuda N., Matsushima S., Hashimoto S., Ejima M., Takatani Y., Higashi M., Inaba M., Ohbayashi M., Asada K., Umino J., Hinoshita T., Numaguchi A., Kado M., Adachi Y., Takahashi H.

    INTENSIVE CARE MEDICINE   39 巻   頁: S480-S480   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  80. INFLAMMATION-INDUCED AUTOPHAGY HUMAN VASCULAR ENDOTHELIAL CELLS

    Matsuda N., Konishi Y., Itoh R., Tochikubo J., Adachi Y.

    INTENSIVE CARE MEDICINE   39 巻   頁: S239-S240   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  81. The principal PINK1 and Parkin cellular events triggered in response to dissipation of mitochondrial membrane potential occur in primary neurons

    Koyano Fumika, Okatsu Kei, Ishigaki Shinsuke, Fujioka Yusuke, Kimura Mayumi, Sobue Gen, Tanaka Keiji, Matsuda Noriyuki

    GENES TO CELLS   18 巻 ( 8 ) 頁: 672-681   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/gtc.12066

    Web of Science

  82. Recurarization after sugammadex following a prolonged rocuronium infusion for induced hypothermia

    Murata Tetsuya, Kubodera Toshi, Ohbayashi Masakazu, Murase Kichiro, Adachi Yushi U., Matsuda Naoyuki

    CANADIAN JOURNAL OF ANESTHESIA-JOURNAL CANADIEN D ANESTHESIE   60 巻 ( 5 ) 頁: 508-509   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12630-013-9909-7

    Web of Science

    PubMed

  83. Intravenous droperidol decreases the bispectral index during general anesthesia with sevoflurane and remifentanil.

    Adachi YU, Tanaka K, Suzuki S, Nishiwaki K, Matsuda N

    Masui. The Japanese journal of anesthesiology   62 巻 ( 1 ) 頁: 71-4   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  84. Subcutaneous emphysema and ultrasound sonography.

    Kubodera T, Adachi YU, Hatano T, Ejima T, Numaguchi A, Matsuda N

    Journal of intensive care   1 巻 ( 1 ) 頁: 8   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/2052-0492-1-8

    PubMed

  85. The effect of aging on dopamine release and metabolism during sevoflurane anesthesia in rat striatum: An in vivo microdialysis study

    Kimura-Kuroiwa Kaori, Adachi Yushi U., Mimuro Soichiro, Obata Yukako, Kawamata Mikito, Sato Shigehito, Matsuda Naoyuki

    BRAIN RESEARCH BULLETIN   89 巻 ( 5-6 ) 頁: 223-230   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.brainresbull.2012.08.006

    Web of Science

    PubMed

  86. NOX1/NADPH oxidase is involved in endotoxin-induced cardiomyocyte apoptosis.

    Matsuno K, Iwata K, Matsumoto M, Katsuyama M, Cui W, Murata A, Nakamura H, Ibi M, Ikami K, Zhang J, Matoba S, Jin D, Takai S, Matsubara H, Matsuda N, Yabe-Nishimura C

    Free radical biology & medicine   53 巻 ( 9 ) 頁: 1718-28   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2012.08.590

    PubMed

  87. [ECG changes after the induction of general anesthesia with remifentanil: a report of three case].

    Tanaka K, Adachi Y, Suzuki S, Nishiwaki K, Matsuda N

    Masui. The Japanese journal of anesthesiology   61 巻 ( 10 ) 頁: 1128-32   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  88. TAK-1 SIRNA NORMALIZES AUTOPHAGY AND APOPTOSIS IN SEPTIC MOUSE LUNG

    Matsuda N., Tochikubo J., Tamura T., Tsuzuki M., Murase K., Adachi Y.

    INTENSIVE CARE MEDICINE   38 巻   頁: S18-S18   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  89. MODULATION OF EXPRESSION AND FUNCTION OF ION CHANNELS IN ATRIAL MYOCYTE FROM SEPTIC GUINEA PIG

    Hatakeyama N., Aoki Y., Sakakibara K., Matsuda N., Kinoshita H., Fujiwara Y.

    INTENSIVE CARE MEDICINE   38 巻   頁: S103-S103   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  90. Epidural catheter insertion during general anesthesia

    Adachi Yushi U., Matsuda Naoyuki

    JOURNAL OF ANESTHESIA   26 巻 ( 4 ) 頁: 633-633   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00540-012-1382-x

    Web of Science

    PubMed

  91. Is it constantly possible to penetrate only the anterior vessel wall against hydrostatic strain?

    Adachi Yushi U., Tuzuki Michitaka, Matsuda Naoyuki

    CRITICAL CARE MEDICINE   40 巻 ( 8 ) 頁: 2534-2535   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/CCM.0b013e31825453ff

    Web of Science

    PubMed

  92. Is it fluid or air causing anesthesia mumps?

    Adachi Yushi U., Matsuda Naoyuki

    JOURNAL OF ANESTHESIA   26 巻 ( 4 ) 頁: 638-639   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00540-012-1387-5

    Web of Science

    PubMed

  93. Evaluating patient self-assessment of health as a predictor of hospital admission in emergency practice: a diagnostic validity study

    Miyamichi Ryosuke, Mayumi Toshihiko, Asaoka Mineo, Matsuda Naoyuki

    EMERGENCY MEDICINE JOURNAL   29 巻 ( 7 ) 頁: 570-575   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/emj.2010.105247

    Web of Science

    PubMed

  94. Isoflurane Pretreatment Preserves Adenosin Triphosphate-Sensitive K+ Channel Function in the Human Artery Exposed to Oxidative Stress Caused by High Glucose Levels

    Kinoshita Hiroyuki, Matsuda Naoyuki, Iranami Hiroshi, Ogawa Koji, Hatakeyama Noboru, Azma Toshiharu, Kawahito Shinji, Yamazaki Mitsuaki

    ANESTHESIA AND ANALGESIA   115 巻 ( 1 ) 頁: 54-61   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1213/ANE.0b013e318254270d

    Web of Science

    PubMed

  95. Dexmedetomidine and hydroxyzine synergistically potentiate the hypnotic activity of propofol in mice

    Kimura-Kuroiwa Kaori, Adachi Yushi U., Obata Yukako, Kawamata Mikito, Sato Shigehito, Matsuda Naoyuki

    JOURNAL OF ANESTHESIA   26 巻 ( 3 ) 頁: 422-428   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00540-012-1344-3

    Web of Science

    PubMed

  96. Role of ion channels in sepsis-induced atrial tachyarrhythmias in guinea pigs

    Aoki Yuta, Hatakeyama Noboru, Yamamoto Seiji, Kinoshita Hiroyuki, Matsuda Naoyuki, Hattori Yuichi, Yamazaki Mitsuaki

    BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY   166 巻 ( 1 ) 頁: 390-400   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1476-5381.2011.01769.x

    Web of Science

    PubMed

  97. Pentobarbital Decreased Nitric Oxide Release in the Rat Striatum but Ketamine Increased the Release Independent of Cholinergic Regulation

    Kimura-Kuroiwa Kaori, Adachi Yushi U., Mimuro Soichiro, Kawamata Mikito, Sato Shigehito, Matsuda Naoyuki

    EXPERIMENTAL ANIMALS   61 巻 ( 2 ) 頁: 165-170   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  98. Cochlear Blood Flow and Speech Perception Ability in Cochlear Implant Users

    Nakashima Tsutomu, Hattori Taku, Sone Michihiko, Asahi Kiyomitsu, Matsuda Naoko, Teranishi Masaaki, Yoshida Tadao, Kato Ken, Sato Eisuke

    OTOLOGY & NEUROTOLOGY   33 巻 ( 2 ) 頁: 165-168   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MAO.0b013e318241c0db

    Web of Science

  99. The effect of insulin may not be so simple.

    Kinoshita H, Matsuda N

    Anesthesiology   116 巻 ( 2 ) 頁: 488; author reply 489-90   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/ALN.0b013e31823fd04d

    PubMed

  100. [Sudden increases and decreases in bispectral index values more than 30 within 1 minute during general anesthesia].

    Toriyama W, Adachi Y, Obata Y, Sato S, Matsuda N

    Masui. The Japanese journal of anesthesiology   61 巻 ( 2 ) 頁: 210-3   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  101. Roles of neuronal nitric oxide synthase, oxidative stress, and propofol in N-methyl-D-aspartate-induced dilatation of cerebral arterioles

    Hama-Tomioka K., Kinoshita H., Nakahata K., Kondo T., Azma T., Kawahito S., Hatakeyama N., Matsuda N.

    BRITISH JOURNAL OF ANAESTHESIA   108 巻 ( 1 ) 頁: 21-29   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/bja/aer368

    Web of Science

  102. ENDOPLASMIC RETICULUM STRESS SENSOR PROTEINS EXPRESSION AND ITS ALTERATION IN SEPSIS DEPEND ON CELL TYPES IN PANCREAS AND ADRENAL GLAND

    Suzuki T., Matsuda N., Teramae H., Sato N., Koike K.

    SHOCK   37 巻   頁: 111-111   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  103. Pentobarbital decreased nitric oxide release in the rat striatum but ketamine increased the release independent of cholinergic regulation.

    Kimura-Kuroiwa K, Adachi YU, Mimuro S, Kawamata M, Sato S, Matsuda N

    Experimental animals   61 巻 ( 2 ) 頁: 165-70   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1538/expanim.61.165

    PubMed

  104. [Inflammatory alert cell strategy in septic acute lung injury].

    Matsuda N, Tsuzuki M, Ichikawa S, Tochikubo J, Tamura T, Adachi Y

    Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   138 巻 ( 4 ) 頁: 151-4   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  105. High glucose-induced apoptosis in human coronary artery endothelial cells involves up-regulation of death receptors.

    Kageyama S, Yokoo H, Tomita K, Kageyama-Yahara N, Uchimido R, Matsuda N, Yamamoto S, Hattori Y

    Cardiovascular diabetology   10 巻   頁: 73   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1475-2840-10-73

    PubMed

  106. Successful recovery from delayed amniotic fluid embolism with prolonged cardiac resuscitation.

    Hosono K, Matsumura N, Matsuda N, Fujiwara H, Sato Y, Konishi I

    The journal of obstetrics and gynaecology research   37 巻 ( 8 ) 頁: 1122-5   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1447-0756.2010.01470.x

    PubMed

  107. Modification of endotracheal intubation using AirwayScope (TM) videolaryngoscope for straight reinforced tubes

    Minonishi T., Kinoshita H., Hirayama M., Hatakeyama N., Matsuda N.

    MINERVA ANESTESIOLOGICA   77 巻 ( 8 ) 頁: 850-851   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  108. LEVELS OF ANTITHROMBIN ACTIVITY AFTER ANTITHROMBIN ADMINISTRATION INDICATE PROGNOSIS OF SEPTIC DIC PATIENTS

    Mayumi T., Suzuki S., Yamamoto T., Ichikawa T., Onodera M., Tsuzuki M., Kin B., Inoue T., Kainuma M., Takahashi H., Matsuda N., Nishiwaki K.

    SHOCK   35 巻   頁: 13-13   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  109. Successful treatment of acute lung injury with pitavastatin in septic mice: potential role of glucocorticoid receptor expression in alveolar macrophages.

    Takano K, Yamamoto S, Tomita K, Takashina M, Yokoo H, Matsuda N, Takano Y, Hattori Y

    The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   336 巻 ( 2 ) 頁: 381-90   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1124/jpet.110.171462

    PubMed

  110. Issues regarding propofol concentrations within the clinical range.

    Kinoshita H, Matsuda N

    Anesthesiology   114 巻 ( 1 ) 頁: 218; author reply 218-9   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/ALN.0b013e3181ff728d

    PubMed

  111. Alert cell strategy for inflammation and cell death in septic ALI/ARDS

    Matsuda Naoyuki

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   115 巻   頁: 38P-38P   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  112. Origin of the cerebral microvascular pericytes in the neurogenesis period

    Yamamoto Seiji, Muramatsu Masashi, Azuma Erika, Dohmoto Mitsuko, Takano Ken-ichi, Kita Satomi, Iwamoto Takahiro, Komuro Issei, Niida Shumpei, Shibuya Masabumi, Matsuda Naoyuki, Hattori Yuichi

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   115 巻   頁: 86P-86P   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  113. FADD SIRNA REDUCES AUTOPHAGY AND APOPTOSIS IN SEPTIC MICE

    Matsuda Naoyuki, Teramae Hiroki

    CRITICAL CARE MEDICINE   38 巻 ( 12 ) 頁: U20-U20   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  114. Insights Into Sepsis Therapeutic Design Based on the Apoptotic Death Pathway

    Hattori Yuichi, Takano Ken-ichi, Teramae Hiroki, Yamamoto Seiji, Yokoo Hiroki, Matsuda Naoyuki

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   114 巻 ( 4 ) 頁: 354-365   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1254/jphs.10R04CR

    Web of Science

  115. MODULATION ON EXPRESSION AND FUNCTION OF CALCIUM AND POTASSIUM CHANNELS IN SEPTIC GUINEA PIG ATRIUM

    Hatakeyama Noboru, Aoki Yuta, Kinoshita Hiroyuki, Matsuda Naoyuki, Yamazaki Mitsuaki

    CRITICAL CARE MEDICINE   38 巻 ( 12 ) 頁: U51-U51   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  116. Endothelial detachment, caused by low-shear stress and resulting in neointima formation in mice

    Tsuzuki M., Matsuda N., Okumura K., Murohara T.

    EUROPEAN HEART JOURNAL   31 巻   頁: 403-404   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  117. The Modulation of Vascular ATP-Sensitive K+ Channel Function via the Phosphatidylinositol 3-Kinase-Akt Pathway Activated by Phenylephrine

    Haba Masanori, Hatakeyama Noboru, Kinoshita Hiroyuki, Teramae Hiroki, Azma Toshiharu, Hatano Yoshio, Matsuda Naoyuki

    JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS   334 巻 ( 2 ) 頁: 673-678   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1124/jpet.110.167775

    Web of Science

    PubMed

  118. Up-regulation of histamine H4 receptors contributes to splenic apoptosis in septic mice: counteraction of the antiapoptotic action of nuclear factor-kappaB.

    Matsuda N, Teramae H, Futatsugi M, Takano K, Yamamoto S, Tomita K, Suzuki T, Yokoo H, Koike K, Hattori Y

    The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   332 巻 ( 3 ) 頁: 730-7   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1124/jpet.109.163543

    PubMed

  119. Beneficial effect of the oligomerized polyphenol oligonol on high glucose-induced changes in eNOS phosphorylation and dephosphorylation in endothelial cells

    Zhang Xiao-Hong, Yokoo Hiroki, Nishioka Hiroshi, Fujii Hajime, Matsuda Naoyuki, Hayashi Toshio, Hattori Yuichi

    BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY   159 巻 ( 4 ) 頁: 928-938   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1476-5381.2009.00594.x

    Web of Science

    PubMed

  120. Tracheal intubation with the AirwayScope videolaryngoscope using straight vs curved reinforced tubes.

    Minonishi T, Kinoshita H, Tange K, Hatakeyama N, Matsuda N, Azma T, Hatano Y

    Canadian journal of anaesthesia = Journal canadien d'anesthesie   57 巻 ( 1 ) 頁: 92-3   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12630-009-9210-y

    PubMed

  121. Increased death receptor pathway of apoptotic signaling in septic mouse aorta: effect of systemic delivery of FADD siRNA.

    Matsuda N, Teramae H, Yamamoto S, Takano K, Takano Y, Hattori Y

    American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   298 巻 ( 1 ) 頁: H92-101   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpheart.00069.2009

    PubMed

  122. Possible involvement of brain cytokines-modulating signaling pathways in hypothalamus in encephalopathy and development of sepsis in mice

    Imai Satoshi, Narita Minoru, Ishiwata Sayuri, Narita Michiko, Honda Natsuki, Niikura Keiichi, Kuzumaki Naoko, Matsuda Naoyuki, Suzuki Tsutomu

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   112 巻   頁: 25P-25P   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  123. Insights into sepsis therapeutic design based on the apoptotic death pathway.

    Hattori Y, Takano K, Teramae H, Yamamoto S, Yokoo H, Matsuda N

    Journal of pharmacological sciences   114 巻 ( 4 ) 頁: 354-65   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  124. Possible involvement of central cytokines and chemokines in the development of sepsis following cecal ligation and puncture in mice

    Ishiwata Sayuri, Narita Minoru, Narita Michiko, Honda Natsuki, Imai Satoshi, Niikura Keiichi, Kuzumaki Naoko, Matsuda Naoyuki, Suzuki Tsutomu

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   112 巻   頁: 107P-107P   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. 救急・集中治療・生体侵襲と臓器管理

    編集・執筆 松田直之( 担当: 共著)

    総合医学社,東京  2008年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. Histamine and sepsis. Histamine: Biology and Medical Aspects.

    Matsuda N,Hattori Y,Gando S.( 担当: 共著)

    Karger Spring Med Publishing Ltd.  2004年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  3. Pathological significance of over-production of histamine and altered transcriptional regulation of H1- and H2-receptors during septic shock.

    Matsuda N,Hattori Y,Kemmotsu O,Gando S.( 担当: 共著)

    Elsevier Science  2001年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

科研費 15

  1. 敗血症性多臓器不全におけるSTAT3の遺伝子治療による創薬科学医療イノベーション

    2019年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    【概 要】インターロイキン6(IL-6:Interleukin-6)は,救急・集中治療領域などの急性期管理で,炎症に随伴して上昇する血清マーカーである。本研究は,様々な細胞におけるIL-6受容体シグナルについて,「敗血症動物モデル」および「ヒト培養細胞」の2つの研究系で解析する。以下の4つの内容を主目的として,IL-6受容体シグナルを解析する。
     ①  敗血症病態で血中濃度の上昇するIL-6が,「どの細胞に作用し」,「どのような作用をもたらすか」を,IL-6受容体シグナルを持つ「細胞同定」として明らかとする。
     ② IL-6受容体シグナルで活性化される主要な転写因子であるSignal Transducers and Activator of Transcription-3(STAT-3)を,各種の臓器系細胞や血球系細胞において「どの強度まで活性化できるか」を比較解析し,IL-6受容体発現細胞における「STAT-3活性強度」を評価する。
     ③ IL-6受容体シグナルとして活性化される「転写因子STAT-3」の結合する転写領域GAS(γ-interferon-activated site;5’-TTTCCnGGAAA-3’,n:任意)およびSIE(c-sis-inducible element; 5’-GATCTACGGATTTCCGGGAAATGAAGCT-3’)の活性を,「デコイ核酸などの遺伝子治療」で抑制し,様々な細胞のSTAT-3の役割を明確とする。
     ④ 慢性関節リウマチへの適応がある「抗IL-6α抗体」である「サリルマブ」や「トシリズマブ」の敗血症病態における効果を転写因子活性の「遺子治療」と比較する。

  2. 敗血症性多臓器不全における性差を切り口とした分子基盤の開発

    研究課題/研究課題番号:21H03035  2021年4月 - 2025年3月

    坂本 多穂

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    敗血症の発症・死亡リスクは男性よりも女性で低く、性ホルモン以外に性染色体の関与も示唆されるが、治療への応用が可能な分子基盤は得られていない。本研究では、性差を考慮した敗血症治療への応用を全体の目標とし、敗血症多臓器不全での心筋・骨格筋等の機能障害について、細胞表面に存在する膜タンパク質に着目した分子機構の探索を行う。
    本研究では、(1)敗血症病態モデル動物における性ホルモンと性染色体の影響の評価と差別化、 (2) 膜タンパク質プロテオミクスによる性差発現分子の探索、(3) 遺伝子編集マウス・細胞系による病態解析の3つの解析で医薬標的を探る。

  3. 敗血症病態における血小板減少症への補体系活性化の関与とその治療戦略の開発

    研究課題/研究課題番号:21K09065  2021年4月 - 2024年3月

    渡邉 栄三

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    血小板減少症を伴う敗血症患者の全身性炎症反応の背景には,高サイトカイン血症や血液凝固線溶異常などが存在するが,その中での補体制御異常の関与は明らかではない.そこで,敗血症時の凝固異常の病態として広く注目されている播種性血管内凝固症候群(DIC)の患者データベースを作成し,それらの患者における補体制御異常の関与を検討する.さらに,凝固線溶系・補体活性の検査データのみならず,補体制御ならびに凝固線溶系に関わる分子の遺伝子変異や遺伝子多型を解析可能な遺伝子解析チップをデザイン・開発し,その臨床応用も目指す.以上で得た知見によって,敗血症患者の臓器不全に対して,補体制御を介した臓器不全防止策を講じる.

  4. 敗血症病態における心筋細胞内Ca2+動態の解析

    2017年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  5. 敗血症性心筋障害の炎症制御と陽性変力作用改善を目的とした創薬基盤形成

    2015年4月 - 2017年4月

    科学研究費補助金 

    松田直之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    敗血症に合併する心筋障害の機序を分子薬理学的に解析する。

  6. 敗血症性心筋の炎症制御と陽性変力作用改善を目的とした創薬基盤形成

    研究課題/研究課題番号:15K15661  2015年4月 - 2017年3月

    松田 直之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    BALB / cマウスにおいて盲腸結紮穿刺(CLP)を施し,敗血症モデルマウスとして,アドレナリン作動性β受容体シグナルの変容を解析した。 β1-アドレナリン受容体およびG蛋白の発現に統計学的有意差を認めなかったが,敗血症の進行によりβ受容体シグナルが減じることを確認した。敗血症病態の心筋では,ドブタミン刺激によるcAMPレベルは減少しており,敗血症においてドブタミンへの応答性が損なわれていた。細胞内情報伝達分子の解析では,PDE4Dが敗血症における心機能応答を調節する可能性を確認できた。敗血症性ショックに合併する低心拍出量患者に対して,PDE4D標的療法の有効性が本研究より示唆された。

  7. 敗血症性多臓器不全における主要臓器再生への遺伝子治療とiPS細胞の応用

    2013年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 敗血症病態に合併するタンパク異化病態の分子生化学的解明と遺伝子治療の開発

    2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    松田直之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 敗血症病態に合併する蛋白異化病態の分子生化学的解明と遺伝子治療の開発

    研究課題/研究課題番号:22249059  2010年 - 2012年

    松田 直之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:48750000円 ( 直接経費:37500000円 、 間接経費:11250000円 )

    敗血症は,救急・集中治療の対応する重症病態として知られている。敗血症は,菌やウイルスに対する全身性炎症であるが,未だに抗菌薬以外に炎症を制御する有効な治療法が確立されていない。本研究では,敗血症モデルマウスおよびヒト血管内皮細胞培養細胞の敗血症病態の急性期において,オートファジー関連分子が増加し、特に LC3 が活性化し,オートファゴソーム形成が促進することを見出した。これらは、アミノ酸投与により抑制される程度は低く,炎症系転写因子により制御されると結論された。血管内皮細胞のオートファジーは,FADD,TAK-1,さらに NK-κB や AP-1 などの転写因子の活性に影響を受け,これらの抑制により,敗血症病態のオートファジーが抑制されることが確認された。

  10. 高齢者の健康及び疾病状態の把握のための新たなマーカー(遺伝子・蛋白等)の探索と分析に係る研究

    2009年9月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  厚生労働省長寿医療研究委託費 課題番号 21指-22

    新飯田俊平

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    重症敗血症病態における血管内皮細胞のバイオマーカーとして,circulating endothelial cellとマイクロパーティクルの同定を行った。これらを敗血症病態の血管内皮細胞障害と播種性血管内凝固症候群の早期診断バイオマーカーとして臨床応用すべく,次年度は臨床研究に移行する予定である。

  11. 敗血症における血管内皮細胞病態の解明と新規遺伝子核酸試薬の開発に関する研究

    研究課題/研究課題番号:21390482  2009年 - 2011年

    小池 薫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    敗血症は現在も単一の根治的治療法が存在せず,死亡率の高い病態として知られている。敗血症の重症化には,血管内皮細胞障害が関与することが知られているものの,血管内皮細胞の分子レベルでの創薬には,未だ根治的なものが認められない。本研究は,敗血症モデル動物として盲腸結紮穿孔による雄性BALB-Cマウスを用い,敗血症の時系列で遊離型血管内皮細胞(CEC:circulating endothelial cell)が出現することを明らかとした。このCECの発現には, nuclear factor-κB(NF-κB)が強く関与すること, FADDやTAK-1のsiRNAが部分的に抑制効果を持つこと, activator protein-1(AP-1)のデコイ核酸はCECの発現を干渉しないことなどが確認された。敗血症病態においてCECの増加は,血管内皮細胞障害による播種性血管内凝固の指標となる可能性を確認した。

  12. 敗血症病態における骨髄由来上皮分化細胞を用いた組織再生理論の確立

    2008年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  科学研究費補助金 萌芽研究 課題番号 20659282

    松田直之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    敗血症病態では,Gr-1陽性のサイトケラチン陽性細胞が,骨髄より障害臓器に誘導される。この誘導の機序に関して,検討を進めている。

  13. 転写因子AP-1を分子標的とした敗血症治療とその作用機序の解明

    研究課題/研究課題番号:20590250  2008年 - 2010年

    服部 裕一

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    8-12週齢の雄性BALB-Cマウスに盲腸結紮穿孔(cecum ligation and puncture:CLP)を行い,敗血症を生じさせた.EMSAゲルシフトアッセイにより,AP-1活性はCLP後時間とともに肺組織において顕著に上昇することが認められ,AP-1デコイ核酸をCLPマウスに投与しておくと,敗血症誘発性の肺AP-1活性刺激は大きく低下した.CLP後24時間の肺組織および大動脈において,デス受容体であるTNF-R1,Fas,DR4,DR5の膜表面への発現は増加し,デス受容体経路のアダプター蛋白であるFADDの発現も増加した.肺組織におけるこれらの変化は,AP-1デコイ核酸導入により著名に抑制された.TUNELおよびDNA ladderアッセイにより,CLP誘発性敗血症により肺組織のみならず大動脈,脾臓においてアポトーシスが有意に増加しており,肺でのアポトーシス増加はAP-1デコイ核酸投与により阻止された。アポトーシスのみならず,炎症反応もAP-1デコイ核酸導入により抑えられた.すなわち,炎症性受容体や炎症物質であるIL-1R,IL-6R,HMGB-1,gp130の発現は,LPS刺激をしたマウスの肺組織において著名に増加したが,AP-1デコイにより減弱した.LPS 10mg/kgを投与したマウスの生存率は,無処置だと48時間以内にすべて死亡したが,AP-1デコイ核酸により著名に改善した。以上の結果から,AP-1活性をブロックしてデス受容体ならびにアポトーシス関連蛋白ならびに炎症性関連物質の発現を抑える転写因子デコイを用いた戦略は敗血症にとって新しい治療方法であることが示唆される.さらに,AP-1により転写されることが見出されたデスシグナルで重要な役割を担っているFADD遺伝子をノックダウンしたところ,CLPマウスにみられる急性肺傷害や血管内皮障害所見は有意に治療効果が認められ,結果的に生存率も著明に改善した.このことは,FADD siRNAは敗血症治療の効果的な治療戦略として有用であるかもしれない.

  14. 敗血症病態における転写因子群の機能解析と遺伝子治療の確立

    2007年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    松田直之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    敗血症病態における転写因子群の抑制による病態修飾を評価した。

  15. ライブセルイメージングによる脳微小循環制御機構の解明と麻酔薬及び遺伝子治療の研究

    研究課題/研究課題番号:19390409  2007年 - 2010年

    木下 浩之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ラット脳スライス中の微小血管の反応性を評価するためにライブコンピューターイメージングシステムを用いた。ラット脳スライスに電気刺激を加えると、内因性物質(20-HETE)が放出され、脳微小細動脈は収縮することが明らかとなった。一方、興奮制アミノ酸の一つNMDA は脳血管を拡張させ、この拡張には、血管平滑筋細胞内のスーパーオキシド産生と一酸化窒素合成を伴っていた。臨床使用濃度内の静脈麻酔薬プロポフォールはこれらの反応をいずれも抑制することが明らかとなった。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 16

  1. 救急医学

    2021

     詳細を見る

    1 総論 救急・集中治療医学
    2 多臓器不全の病態と管理
    3 心肺蘇生の管理とエビデンス
    4 多発外傷の診断と治療
    5 広範囲熱傷の管理と治療
    6 急性薬物中毒の診断と治療
    7 災害医療・減災医療システム
    8 救急初期診療ER:診断と治療(1)
    9 救急初期診療ER:診断と治療(2)

  2. 救急医学

    2020

     詳細を見る

    1 総論 救急・集中治療医学
    2 多臓器不全の病態と管理
    3 心肺蘇生の管理とエビデンス
    4 多発外傷の診断と治療
    5 広範囲熱傷の管理と治療
    6 急性薬物中毒の診断と治療
    7 災害医療・減災医療システム
    8 救急初期診療ER:診断と治療(1)
    9 救急初期診療ER:診断と治療(2)

  3. 救急医学

    2019

     詳細を見る

    大講堂講義内容
     本講では、総論として「救急医学」と「集中治療医学」の学術背景を解説し、各講義の中で救急患者の診断と治療、集中治療の診断と治療の考える根底を作ることを目的としています。講義数が9コマであり、救急医学と集中治療の学習の基盤を形成するための系統講義としています。

    臨床実習内容
     臨床実習では、救急科専門医および集中治療専門医により、実践的テーマを設定した講義と演習、そして患者さんを受け持つことによる実習が行われます。臨床実習は、医学部附属病院での診療に即した実習です。救急搬入の実際、急性期ベッドサイドでの診察などを通じて、急性期医療の診断と治療を学び、急性期管理医学の根底を整理して頂いています。院内外の実習を直接担当し、実習の最終日のまとめも担当させていただいています。また、臨床実習Ⅱでは、将来、救急医学に進みたいと考える希望者が、他病院での救急実習を含めて、より深く急性期医療を学ぶことができる内容とします。

  4. ALI/ARDSの病態と治療

    2010

     詳細を見る

    2010年より毎年継続

  5. ショックの病態と治療

    2010

     詳細を見る

    ショックの病態と治療

  6. 急性腎不全の管理

    2010

     詳細を見る

    2010年より毎年継続

  7. 急性期抗菌薬の適正使用

    2010

     詳細を見る

    2010年より毎年継続

  8. 急性期栄養管理の学術とポイント

    2010

     詳細を見る

    2010年より毎年継続

  9. 敗血症の病態生理学的研究と創薬

    2010

     詳細を見る

    2010年より毎年継続

  10. 人工呼吸器のモニタリング

    2010

     詳細を見る

    2010年より臨床実習中の講義および医師教育として通年の施行としている。年50回程度。

  11. 教養科目 生命科学と現代医療

    2021

     詳細を見る

    救急医療と集中治療に関する全学教養としての解説講義

  12. 特別講義 急性期多臓器不全の全身管理と研究

    2021

     詳細を見る

    集中治療医学に関する特別講義

    講義内容

    (1)総論:多臓器不全の病態学   救急・集中治療医学分野 教授 松田直之

     多臓器不全が進行する過程として,臓器を構成する上皮系細胞や血管内皮細胞の炎症を感知する細胞内情報伝達を考察する。脳,脊椎,筋骨格系,肺,心臓,血管,肝臓,腎臓,末梢神経,血液細胞の相互連関を解説する。今後の創薬研究の方向性について,広く討議する。
    Key word: damage-associated molecular patterns(DAMPs),pathogen-associated molecular patterns(PAMPs),Toll-like受容体,nucleotide-binding oligomerization domain(NOD), NOD-like receptors (NLRs),AIM2-like receptors(ALRs),retinoic acid-inducible gene-Ⅰ(RIG-Ⅰ)like receptors(RLRs),C型レクチン受容体,交感神経緊張,細胞内Ca2+過負荷,ミトコンドリア死,など

    (2)急性肺傷害の診断と治療    救急・集中治療医学分野 教授 松田直之

     急性肺傷害は,医師になれば必ず誰もが自身の担当している患者さんで遭遇する病態である。急性肺傷害に対しては,その原因となるDAMPsシグナルの主因の評価が大切であり,この緩和が治療の鍵となる。現在の急性肺傷害の定義,そして急性肺傷害の病態と治療を解説し,呼吸機能回復のための今後の研究を含めた討議とする。
    Key word: ARDS,ARDS Berlin定義,PaO2/FIO2,転写因子,Deathシグナル,Ⅱ型肺胞上皮細胞,骨髄由来多能性分化細胞,繊維芽細胞の細胞内情報伝達シグナル,血管透過性亢進,少量ステロイド療法,人工呼吸器の適正使用,PEEP,high flow nasal cannula,NPPVなど。

    (3)ショックの診断と治療      救急・集中治療医学分野 教授 松田直之

     ショックは急性循環不全と同義である。このショックの定義,ショックを呈する4つ病態,さらにショックがもたらす虚血と細胞死について解説し,各ショック分類に適した治療,播種性血管内凝固症候群を合併した際の病態と管理の方向性について解説する。
    Key word: 血流分布異常性ショック,循環血液量減少性ショック,心原性ショック,拘束性ショック,early goal-directed therapy,warm shock,cold shock, 細胞内Ca2+過負荷,網状皮斑(livedo),播種性血管内凝固症候群(DIC),など。

    (4)急性腎傷害の診断と治療   救急・集中治療医学分野 教授 松田直之

     腎臓の解剖学と生理学を復習し,その上で急性腎傷害の定義,急性腎傷害の病態学的解釈と治療を解説する。その上で,血液浄化法を用いる場合についての指針,透析療法と濾過療法の区分,吸着療法の3つのエッセンスをまとめる。腎機能回復のための今後の研究を含めた討議とする。
    Key word: KIDGOガイドライン,RIFLE criteria,AKIN criteria,クレアチニン,BUN,クレアチニン-クリアランス,ネフロン,たこ足細胞,メサンギウム細胞,持続血液濾過透析,CRRT,限外濾過,吸着,クリアランス,など。

    (5)急性期における消化管および栄養の管理  救急・集中治療医学分野 教授 松田直之
     消化管および肝胆膵の解剖と生理学および消化管ホルモンの作用を復習し,他の臓器傷害との関連性を論じる。また,急性期の栄養管理について,今後の研究を含めた討議とする。
    Key word: 消化管出血,輪状筋,縦走筋,消化管免疫,消化管内のpH管理,カルシウム感受性,急性肝不全,伊東細胞,急性膵炎ガイドライン,TOKYOガイドライン,急性期栄養管理,など。

  13. 救急医学

    2021

     詳細を見る

    講義内容

    (1)総論 救急・集中治療医学    救急・集中治療医学分野  教授 松田直之 
       救急医学と集中治療医学の対象とする緊急性と重症性の高い病態について、病態生理学的観点から診断と治療の概念を総括します。この講義の聴講により、救急医学のテキストを読みやすいものとします。本講では、さらに急性期管理医学としての管理システム構築方法や救急医療法制を解説し、救急医療を国における方向性と立ち位置、今後の形体や方策を論じます。重症感染症、多発外傷、広範囲熱傷、気道熱傷、肺挫傷、心肺停止などの実例を紹介し、救急医学と集中治療医学の概要を解説します。
      理解すべき内容とキイ・ワード:救急科専門医制度、救急医療システム、内因性疾患の急性増悪、交通外傷、広範囲熱傷、ヘリ搬送、ショック、救命、心肺停止、全身性炎症反応、交感神経症候群、サイトカインストーム、緊急性、重症度。

    (2)多臓器不全の病態と管理     救急・集中治療医学分野  教授 松田直之
       救急医学は、critical careおよびintensive careとして急性期病態を救命救急センターや集中治療室で管理する。この病態は、多臓器不全であり、生体侵襲に対して急性期の生体反応として生じる統一性が認められる。このような急性相反応、自律神経活性、全身性炎症と多臓器不全の関連について解説する。
      理解すべき内容とキイ・ワード:多臓器不全症候群、敗血症、全身性炎症案脳症候群、ARDS、肺線維症、ショック、AKI、急性脊髄傷害、急性消化管症候群、オートファジー、アポトーシス、炎症性サイトカイン、カテコラミン受容体シグナル、急性期再生医療。

    (3)心肺蘇生の管理エッセンス      救急・集中治療医学分野  教授 松田直之
       心肺停止の評価方法、2015年に改定された心肺蘇生ガイドラインに準じた心肺蘇生法、2015年までの心肺蘇生法などを解説します。既に実習では、basic life support(BLS)を習得していると思います。現在の心肺蘇生管理の仕組みを解説すします。この内容の理論的解釈に加えて、advanced life support(ACLS)の要点を整理し、心肺蘇生の重要内容を説明できることを目標とします。
      理解すべき内容とキイ・ワード:来院時心肺停止、CPAPA、気道確保、心臓マッサージ、BLS、ACLS、AED、交感神経症候群、接触感染予防、ARDS、AKI、蘇生後低酸素性脳症、低体温療法、脳蘇生。

    (4)多発外傷の診断と治療    救急・集中治療医学分野  教授 松田直之
       外傷診療は、救急医学における重要な診療内容の一つです。特に、全身管理を必要とする多発外傷の特徴、外傷患者の初期診療における標準化された診療内容、および「システム化」と「仕組み化」における知識を整理します。講義は、実際の多発外傷の症例提示を含めて、視覚的に、かつ管理における最先端内容を提示し、教科書を読みやすいものとします。
      理解すべき内容とキイ・ワード:JATEC、JPTEC、PAD、ABCDEアプローチ、ダブルアイ、primary survey、secondary survey、tertiary survey、病院前救護体制、AMPLE、FAST、PATBED2X、FIXES。

    (5)熱傷の管理と治療          救急・集中治療医学分野  教授 松田直之   熱傷の定義、深度分類、熱傷範囲の診断、重症度評価としてburn indexの求め方、輸液法、創処置と治療、再生医療の導入について解説します。その上で、広範囲熱傷における炎症管理としての集中治療について解説します。
      理解すべき内容とキイ・ワード:深達度、Ⅰ度熱傷、Ⅱ度熱傷、Ⅲ度熱傷、burn index、気道熱傷、シアン中毒、一酸化炭素中毒、皮膚移植。

    (6)急性薬物中毒の診断と治療    救急・集中治療医学分野  教授 松田直之
       急性薬物中毒は、救急疾患として頻回に認められる病態です。呼吸、循環、代謝を含めた適切な初期診療が必要となります。急性薬物中毒の一般的な診断と治療について解説し、薬理作用の復習とする一方で、全身管理の基本を整理します。特に臨床に用いられる薬物の中毒物質の種類、胃洗浄の具体的な方法、応急処置、および治療について解説します。
      理解すべき内容とキイ・ワード:気道確保、管制支障、胃洗浄、活性炭、血液浄化法、誤嚥性肺炎。

    (7)災害医療・減災医療システム   救急・集中治療医学分野  教授 松田直之
       南海地震、東南海連動地震が迫っていると言われていますが、このような震災が起きた際に、病院でどのような初動が行われるかを解説します。その一方で、バイオテロ、核対策も不可欠な時代となっています。阪神淡路大震災、東日本大震災、大規模犯罪、テロなどの実例を提示しながら、現在の災害医療システムについて概説し、救急医療、集中治療、ヘリコプターによる広域搬送システム、在宅医療との密接な関連として、救急医療の平素からの活動性の重要性を学術として解説します。講義内容としては、トリアージ方法、広域搬送の方法について、さらに疾病としては多発外傷、Crush症候群、一酸化炭素中毒、熱傷、溺水などとの関連について解説します。
      理解すべき内容とキイ・ワード:自然災害、人為的災害、救急医療、DMAT、JMAT、CSCATTT、METHANE、多発外傷診療、PTD、STARTトリアージ、PATトリアージ、広域搬送。

    (8)救急初期診療ER:診断と治療(1)  救急・集中治療医学分野  教授 松田直之
    (9)救急初期診療ER:診断と治療(2)  救急・集中治療医学分野  教授 松田直之
       救急外来を徒歩で来院する患者さんの主訴に対して、緊急性の高い鑑別診断として考えなければならない内容について、鑑別診断のアセスメントと治療を解説します。この代表的な主訴として、意識障害、発熱、胸痛、腹痛について、バイタルサインの時系列での評価方法を提示し、詳細な評価方法を解説します。一方、ER(Emergency Room)では、迅速診断に加えて、緊急性を形成する病態解釈と治療が不可欠です。臨床実習に先立った基礎形成期として、急性肺傷害、ショック、急性腎傷害、重症感染症、環境異常症について解説します。
      理解すべき内容とキイ・ワード:鑑別診断、緊急性、重症性,アセスメント、治療指針。

  14. 現代医療と生命科学

    2021

     詳細を見る

    救急医療と集中治療についての講義

  15. 現代医療と生命科学

    2019

     詳細を見る

    全学教養授業として,90分2コマ,180分の講義を担当した。

  16. 現代医療と生命科学

    2011

     詳細を見る

    名古屋大学における全学教養講義(90分1コマ)

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 11

  1. 救急処置学

    2021年4月 - 2022年3月 愛知みずほ大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国


    1 総論:倒れている人を見たらどうするか?

    2 救急医療とは:救急医療システムについて

    3 重症度と緊急度:この症状ではこれを考える

    4 意識の評価法

    5 呼吸の評価法

    6 気道確保と酸素投与

    7 循環の評価法

    8 ショックとは何ですか?

    9 緊急時における全身観察の方法

    10 救急処置における医療機器を知ろう

    11 外傷の初期対応を知ろう:外傷と熱傷

    12 環境異常症の初期対応を知ろう

    13 感染症と敗血症を知ろう

    14 心肺蘇生の方法を知ろう

    15 心肺蘇生の実践(実習):ABCの管理と心肺蘇生

  2. 麻酔・蘇生学「敗血症/SIRS研究の基礎と臨床」

    2009年4月 - 2010年3月 東北大学医学部)

  3. 救急医学「急性薬物中毒の診断と治療」

    2009年4月 - 2010年3月 京都府立医科大学)

  4. 臨床薬理学「救急医療と薬理学」

    2009年4月 - 2010年3月 京都府立医科大学)

  5. 循環管理・ショック

    2009年4月 - 2010年3月 徳島大学医学部)

  6. 麻酔科学「呼吸管理」

    2009年4月 - 2010年3月 富山大学医学部)

  7. 呼吸器内科「急性肺障害の診断と治療」

    2009年4月 - 2010年3月 富山大学医学部)

  8. 臨床薬理学「救急・集中治療におけるEBMの実践」

    2009年4月 - 2010年3月 富山大学医学部)

  9. 早期体験学習「救急・集中治療」

    2009年4月 - 2010年3月 星薬科大学)

  10. 大学院特別講義

    2019年4月 - 2020年3月 静岡県立大学)

  11. 大学院特別講義

    2019年4月 - 2020年3月 富山大学)

▼全件表示

 

社会貢献活動 4

  1. 世界敗血症フォーラム in 名古屋 World Sepsis Dayイベント開催

    役割:出演, パネリスト, コメンテーター, 司会, 取材協力, 講師, 助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援, 実演, 寄稿

    松田直之・CBCラジオ等  各種インタビュー,記事掲載,CBCラジオ/きくラジオ 等  2012年9月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 市民団体, メディア

    種別:テレビ・ラジオ番組

  2. 世界敗血症デー 敗血症告知活動 Global Sepsis Alliance

    役割:出演, コメンテーター, 講師, 寄稿

    CBCラジオ・ラジオNIKKEI  きくラジオ,その他  - 現在

  3. 敗血症フェス2019 in Nagoya

    役割:パネリスト, コメンテーター, 司会, 取材協力, インタビュアー, 編集, 講師, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 実演, 寄稿

    松田直之・日本医学会総会2019  ポートメッセなごや  2019年3月 - 2019年4月

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 市民団体, 行政機関, メディア

    種別:フェスティバル

    2019年3月30日より4月7日までの9日間,午前10時より午後5時まで,市民の皆さまに向けた敗血症についての展示と解説,さらにパネリストとして合計24の講演を行い,広く敗血症を知って頂く内容とした。また,国内で活躍する医療従事者を呼び,市民に皆さんに向けた敗血症の講演会を3回に渡り開催した。

  4. Global Sepsis Alliance 世界敗血症デイ運営 in NAGOYA

    2011年9月 - 現在

     詳細を見る

    敗血症の診療成績を高めるために,Global Sepsis Allianceに所属し,東海地方にGlobal Sepsis Alliance in NAGOYAを設立しました。年1回9月13日を世界敗血症デイとし,世界と連携して東海および日本の敗血症診療キャンペーンを実施しています。「Global Sepsis Alliance in NAGOYA」の代表として,感染症診療の適正化に向けた国際連携を展開しています。

メディア報道 3

  1. 世界と連携した集中治療教育 テレビ・ラジオ番組

    松田直之  2007年1月

     詳細を見る

    集中治療の教育活動を,講演,メディア,誌上掲載などの方策として,世界と連携して行っています。

  2. 救急医療を知るための会 テレビ・ラジオ番組

    松田直之  2005年4月

     詳細を見る

    救急医療のすべてについて,仕組み作り,重要な管理内容,救急医療の詳細等について,講演,実演,アドバイスなどを,日本救急医学会指導医・専門医として広く行っています。

  3. 敗血症という病態を知っていただくための会

    1998年4月

     詳細を見る

    敗血症について,医療従事者のみではなく,広く市民の皆さまに情報提供しています。

学術貢献活動 2

  1. 救急医療に関する報道協力 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等, 監修, 審査・評価, 学術調査立案・実施, 査読

    テレビ局・ラジオ局  2000年4月 - 現在

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

    救急医療のかかえる現在の課題,そして将来の展望について,さまざまなインタビューに協力し,本邦および世界の救急医療の発展に貢献する方針としています。

  2. 感染症と敗血症の管理に関する報道協力

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等, 監修, 審査・評価, 学術調査立案・実施, 査読

    松田直之,さまざまな報道局,行政  2010年2月 - 現在

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

    感染症と敗血症の管理について,多くの理解を教授し,本邦と世界に貢献します。