2021/05/14 更新

写真a

ホウシヤマ ミノル
寳珠山 稔
HOSHIYAMA, Minoru
所属
大学院医学系研究科 総合保健学専攻 予防・リハビリテーション科学 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部(保健学科)
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学)

研究キーワード 11

  1. 脳波、脳磁図、筋電図、誘発筋電図、事象関連脳反応

  2. AEP

  3. 事象関連脳反応

  4. VEP

  5. P300

  6. MEG

  7. EMG

  8. 誘発筋電図

  9. 脳磁図

  10. 脳波

  11. 筋電図

研究分野 4

  1. その他 / その他  / 神経内科学

  2. その他 / その他  / 臨床神経生理学

  3. その他 / その他  / 神経科学

  4. ライフサイエンス / 神経内科学  / 臨床神経生理学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. ヒトの感覚・運動系における脳内情報処理機構に関する研究

経歴 4

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科 総合保健学専攻 予防・リハビリテーション科学   教授

    2020年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院医学系研究科 リハビリテーション療法学専攻 作業療法学   教授

    2018年4月 - 2020年3月

  3. 名古屋大学   脳とこころの研究センター 基盤整備部門   教授

    2013年12月 - 2018年3月

  4. 名古屋大学   教授

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学研究科   内科系神経内科学

    - 1994年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    - 1986年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 12

  1. 日本臨床神経生理学会   評議員

    2009年4月 - 現在

  2. 日本神経学会   評議員

    2009年4月 - 現在

  3. 日本内科学会

  4. 日本生体磁気学会   評議員

    2007年4月 - 現在

  5. 日本生理学会

  6. 日本てんかん学会

  7. 日本てんかん学会

  8. 日本内科学会

  9. 日本臨床神経生理学会

  10. 日本神経学会

  11. 日本生理学会

  12. 日本生体磁気学会

▼全件表示

 

論文 185

  1. Relationship between lower limb function and functional connectivity assessed by EEG among motor-related areas after stroke

    Hoshino Takashi, Oguchi Kazuyo, Inoue Kenji, Hoshino Aiko, Hoshiyama Minoru

    TOPICS IN STROKE REHABILITATION     頁: 1 - 10   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Topics in Stroke Rehabilitation  

    DOI: 10.1080/10749357.2020.1864986

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Identifying the brain's connector hubs at the voxel level using functional connectivity overlap ratio

    Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Ohdake Reiko, Masuda Michihito, Ogura Aya, Kato Toshiyasu, Koyama Shuji, Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Ozaki Norio, Sobue Gen

    NEUROIMAGE   222 巻   頁: 117241   2020年11月

     詳細を見る

  3. Aging Impacts the Overall Connectivity Strength of Regions Critical for Information Transfer Among Brain Networks

    Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Taoka Toshiaki, Koyama Shuji, Tanabe Hiroki C., Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Ozaki Norio, Sobue Gen

    FRONTIERS IN AGING NEUROSCIENCE   12 巻   頁: 592469   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Frontiers in Aging Neuroscience  

    DOI: 10.3389/fnagi.2020.592469

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Effects of Head Motion on the Evaluation of Age-related Brain Network Changes Using Resting State Functional MRI.

    Kato S, Bagarinao E, Isoda H, Koyama S, Watanabe H, Maesawa S, Mori D, Hara K, Katsuno M, Hoshiyama M, Naganawa S, Ozaki N, Sobue G

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine     2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本磁気共鳴医学会  

    <p>Purpose: The estimation of functional connectivity (FC) measures using resting state functional MRI (fMRI) is often affected by head motion during functional imaging scans. Head motion is more common in the elderly than in young participants and could therefore affect the evaluation of age-related changes in brain networks. Thus, this study aimed to investigate the influence of head motion in FC estimation when evaluating age-related changes in brain networks.</p><p>Methods: This study involved 132 healthy volunteers divided into 3 groups: elderly participants with high motion (OldHM, mean age (±SD) = 69.6 (±5.31), <i>N</i> = 44), elderly participants with low motion (OldLM, mean age (±SD) = 68.7 (±4.59), <i>N</i> = 43), and young adult participants with low motion (YugLM, mean age (±SD) = 27.6 (±5.26), <i>N</i> = 45). Head motion was quantified using the mean of the framewise displacement of resting state fMRI data. After preprocessing all resting state fMRI datasets, several resting state networks (RSNs) were extracted using independent component analysis (ICA). In addition, several network metrics were also calculated using network analysis. These FC measures were then compared among the 3 groups.</p><p>Results: In ICA, the number of voxels with significant differences in RSNs was higher in YugLM vs. OldLM comparison than in YugLM vs. OldHM. In network analysis, all network metrics showed significant (<i>P</i> < 0.05) differences in comparisons involving low vs. high motion groups (OldHM vs. OldLM and OldHM vs. YugLM). However, there was no significant (<i>P</i> > 0.05) difference in the comparison involving the low motion groups (OldLM vs. YugLM).</p><p>Conclusion: Our findings showed that head motion during functional imaging could significantly affect the evaluation of age-related brain network changes using resting state fMRI data.</p>

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2020-0081

    PubMed

    CiNii Article

  5. Relationship Between Psychological Factors and Wound Occurrence in Patients With Peripheral Arterial Disease in the Leg

    Onoyama Ayaka, Hoshiyama Minoru, Yabe Hiroki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF LOWER EXTREMITY WOUNDS     頁: 1534734620943813   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Lower Extremity Wounds  

    DOI: 10.1177/1534734620943813

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Changes in white matter fiber density and morphology across the adult lifespan: A cross-sectional fixel-based analysis

    Choy Shao Wei, Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Ho Eric Tatt Wei, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Taoka Toshiaki, Koyama Shuji, Tanabe Hiroki C., Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Ozaki Norio, Sobue Gen

    HUMAN BRAIN MAPPING   41 巻 ( 12 ) 頁: 3198 - 3211   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Human Brain Mapping  

    DOI: 10.1002/hbm.25008

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Action performance in children with autism spectrum disorder at preschool age: a pilot study

    Sano Misako, Yamaguchi Kaori, Fukatsu Reiko, Hoshiyama Minoru

    INTERNATIONAL JOURNAL OF DEVELOPMENTAL DISABILITIES   66 巻 ( 4 ) 頁: 289 - 295   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Developmental Disabilities  

    DOI: 10.1080/20473869.2019.1580472

    Web of Science

    Scopus

  8. Apathy and depression during the recovery stage after stroke

    Kawasaki Megumi, Hoshiyama Minoru

    INTERNATIONAL JOURNAL OF THERAPY AND REHABILITATION   27 巻 ( 5 )   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Therapy and Rehabilitation  

    DOI: 10.12968/ijtr.2018.0070

    Web of Science

    Scopus

  9. y Distributed source analysis of magnetoencephalography using a volume head model combined with statistical methods improves focus diagnosis in epilepsy surgery

    Ishizaki Tomotaka, Maesawa Satoshi, Nakatsubo Daisuke, Yamamoto Hiroyuki, Takai Sou, Shibata Masashi, Kato Sachiko, Natsume Jun, Hoshiyama Minoru, Wakabayashi Toshihiko

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 ) 頁: 5263   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-020-62098-5

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Subsecond EEG-fMRI analysis for presurgical evaluation in focal epilepsy. 国際誌

    Ito Y, Maesawa S, Bagarinao E, Okai Y, Nakatsubo D, Yamamoto H, Kidokoro H, Usui N, Natsume J, Hoshiyama M, Wakabayashi T, Sobue G, Ozaki N

    Journal of neurosurgery   134 巻 ( 4 ) 頁: 1 - 10   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Neurosurgery  

    DOI: 10.3171/2020.1.JNS192567

    Scopus

    PubMed

  11. Electroencephalographic Functional Connectivity With the Tacit Learning System Prosthetic Hand: A Case Series Using Motor Imagery

    Iwatsuki Katsuyuki, Hoshiyama Minoru, Oyama Shintaro, Yoneda Hidemasa, Shimoda Shingo, Hirata Hitoshi

    FRONTIERS IN SYNAPTIC NEUROSCIENCE   12 巻   頁: 7   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Frontiers in Synaptic Neuroscience  

    DOI: 10.3389/fnsyn.2020.00007

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. Electroencephalographic Functional Connectivity with the Tacit Learning System Prosthetic Hand: a case series using motor imagery 査読有り

    Katsuyuki Iwatsuki, Minoru Hoshiyama, Shintaro Oyama, Hidemasa Yoneda, Shingo Shimoda, Hitoshi Hirata

    Front. Synaptic Neurosci.     2020年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Relationship between upper limb function and functional neural connectivity among motor related-areas during recovery stage after stroke

    Hoshino Takashi, Oguchi Kazuyo, Inoue Kenji, Hoshino Aiko, Hoshiyama Minoru

    TOPICS IN STROKE REHABILITATION   27 巻 ( 1 ) 頁: 57 - 66   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Topics in Stroke Rehabilitation  

    DOI: 10.1080/10749357.2019.1658429

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  14. Disturbance of somatotopic spatial cognition and extra-territorial pain in carpal tunnel syndrome

    Yoshida Akihito, Iwatsuki Katsuyuki, Hoshiyama Minoru, Hirata Hitoshi

    NEUROREHABILITATION   46 巻 ( 3 ) 頁: 423 - 431   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:NeuroRehabilitation  

    DOI: 10.3233/NRE-193007

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  15. Effect of environmental music on autonomic function in infants in intensive and growing care units

    Hasegawa Y.

    Journal of Neonatal-Perinatal Medicine   13 巻 ( 3 ) 頁: 395 - 401   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Neonatal-Perinatal Medicine  

    DOI: 10.3233/NPM-180174

    Scopus

  16. 運動関連領域脳波のfunctional connectivityによる脳卒中後の上肢機能の予後予測:麻痺の重症度を考慮した検討

    星野 高志, 小口 和代, 井上 健二, 寳珠山 稔

    理学療法学Supplement   47 巻 ( 0 ) 頁: F - 83_2-F-83_2   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本理学療法士協会  

    DOI: 10.14900/cjpt.47S1.F-83_2

    CiNii Article

  17. A magnetoencephalographic study of longitudinal brain function alterations following carpal tunnel release

    Iwatsuki Katsuyuki, Hoshiyama Minoru, Yoshida Akihito, Shinohara Takaaki, Hirata Hitoshi

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻 ( 1 ) 頁: 19776   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-019-56190-8

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  18. Meaningful occupation: A self-awareness intervention for patients with unilateral spatial neglect 査読有り

    Kaori KAWABATA and Minoru HOSHIYAMA

    New Zealand Journal of Occupational Thearpy     頁: in press   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Action performance in children with autism spectrum disorder at preschool age: A pilot study 査読有り

    Misako Sano, Kaori Yamaguchi, Reiko Fukatsu, Minoru Hoshiyama

    International Journal of Developmental Dissabilities     頁: in press   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Action performance in children with autism spectrum disorder at preschool age: A pilot study 査読有り

    Misako Sano, Kaori Yamaguchi, Reiko Fukatsu, Minoru Hoshiyama

    International Journal of Developmental Dissabilities     頁: in press   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Meaningful occupation: A self-awareness intervention for patients with unilateral spatial neglect 査読有り

    Kaori KAWABATA, Minoru HOSHIYAMA

    New Zealand Journal of Occupational Thearpy     頁: in press   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Reorganization of brain networks and its association with general cognitive performance over the adult lifespan 査読有り 国際誌

    Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Taoka Toshiaki, Koyama Shuji, Tanabe Hiroki C., Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Ozaki Norio, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Sobue Gen

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻 ( 1 ) 頁: 11352 - 11352   2019年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-019-47922-x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  23. Magnetoencephalographic evaluation for the myoelectric hand prosthesis with tacit learning system

    Iwatsuki Katsuyuki, Hoshiyama Minoru, Oyama Shintaro, Shimoda Shingo, Hirata Hitoshi

    NEUROREHABILITATION   44 巻 ( 1 ) 頁: 19 - 23   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NeuroRehabilitation  

    DOI: 10.3233/NRE-182514

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  24. Anatomo-electro-clinical correlations of hypermotor seizures with amygdala enlargement: Hippocampal seizure origin identified using stereoelectroencephalography

    Ishizaki Tomotaka, Maesawa Satoshi, Nakatsubo Daisuke, Yamamoto Hiroyuki, Shibata Masashi, Kato Sachiko, Yoshida Mari, Natsume Jun, Hoshiyama Minoru, Wakabayashi Toshihiko

    EPILEPSY & BEHAVIOR CASE REPORTS   11 巻   頁: 10 - 13   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Epilepsy and Behavior Case Reports  

    DOI: 10.1016/j.ebcr.2018.09.011

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  25. 脳卒中後の運動機能とfunctional connectivityの変化:-脳波の運動関連領域6電極による一症例での検討-

    星野 高志, 小口 和代, 寳珠山 稔

    理学療法学Supplement   46 巻 ( 0 ) 頁: E - 63_1-E-63_1   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本理学療法士協会  

    <p>【はじめに・目的】 </p><p>脳活動のネットワークとしての機能が明らかにされつつある中で、皮質各領域間のfunctional connectivity (FC) が重要視されている。脳卒中後は主に半球内,半球間のFCの低下が報告されており,運動機能のバイオマーカーとして注目されている。FC は研究領域では測定されているものの,機器や費用面からリハビリテーション領域への応用には課題が多い。脳波 (EEG) は比較的安価でベッドサイド等でも簡便に測定可能である。本研究では脳卒中1症例を対象にEEGを用い,運動関連領域6電極に限定してFCを解析し,運動機能との関連を調べた。</p><p>【方法】 </p><p>対象は脳梗塞 (左内包後脚~放線冠) で右片麻痺を呈した40歳代男性1名とした。運動機能はSIAS運動項目 (SIAS-m) ,Fugl-Meyer 評価法 上肢項目 (FMAU) ・下肢項目 (FMAL) ,簡易上肢機能検査 (STEF) を用いて評価した。EEGは日本電気三栄社製 Biotop (6R-12) を用い,国際10-10法に準じてC3, C4, FC3, FC4, Cz, FCzの6電極で測定した (sampling周波数1000Hz) 。課題条件は麻痺側手指運動 (手指条件) および足関節底背屈運動 (足条件) 各30秒間とした。解析はBrainstormを用い,notch filter,band pass filter 0.5-100Hzで前処理後,β帯域 (12-30Hz) における各電極間のFCをamplitude envelope correlation (AEC) にて分析した。評価・測定は発症後1ヶ月,2ヶ月および9ヶ月に実施した。</p><p>【結果】 </p><p>運動機能に関してSIAS-mは発症後1 / 2 / 9ヶ月の順に 3-1,4-4-1 / 3-1,4-4-1 / 4-4,4-4-1だった。上肢はFMAU 45 / 53 / 66,STEF 36 / 51 / 81と経時的に改善,下肢はFMAL 20 / 25 / 27であった。AECは,手指条件では機能改善に伴い半球間 (C3-C4,FC3-FC4) および非損傷半球内 (C4-FC4) で減少,損傷半球内 (C3-FC3) は変化なかった。一方,足条件では半球間および損傷半球内は機能変化に伴い若干増加し,非損傷半球内は変化なかった。また運動前領域正中~損傷半球 (FCz-C3,FCz-FC3) および非損傷半球 (FCz-C4,FCz-FC4) では2条件とも経時的に増加した。</p><p>【考察】 </p><p>上肢機能は手指で顕著に改善した。機能回復レベルには非損傷半球からの半球間抑制が関与する (Silasi et al., 2014) ため,手指条件での半球間および非損傷半球内のAECの減少は半球間抑制の減弱を反映していると推察した。一方,足条件のAECは手指と異なり半球間抑制の減弱に値する変化を示さなかった。これは手指と足での半球間抑制の違い (Volz et al., 2015) や,足関節の麻痺の残存などが原因と考えた。また手指条件での損傷半球内AECが初期から高値で変化がないことから,手指の機能予後を反映する可能性も考えられた。運動前領域正中~損傷半球および非損傷半球間のAECは2条件とも経時的に大きく増加した。この変化は脳卒中後の運動発現に関する神経機序の回復や再構築を示していると推察した。Wu et al. (2015) は機能回復の程度は損傷側の運動野と運動前野のFCに相関すると報告しており,本研究でも類似の変化が認められた。今後多数症例でこれらの仮説の検証を行いたい。</p><p>【倫理的配慮,説明と同意】</p><p>本研究はヘルシンキ宣言を遵守し,名古屋大学医学部医学系研究科生命倫理審査委員会(承認番号17-602),および刈谷豊田総合病院倫理委員会(第302号)の承認を得て実施した。対象者には書面にて本人に研究の趣旨を説明し,同意を得た。</p>

    DOI: 10.14900/cjpt.46S1.E-63_1

    CiNii Article

  26. Evaluation of the Brain Function for the Myoelectric Hand Prosthesis with Tacit Learning System

    Iwatsuki Katsuyuki, Oyama Shintaro, Hoshiyama Minoru, Shimoda Shingo, Hirata Hitoshi

    CONVERGING CLINICAL AND ENGINEERING RESEARCH ON NEUROREHABILITATION III   21 巻   頁: 248 - 251   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Biosystems and Biorobotics  

    DOI: 10.1007/978-3-030-01845-0_49

    Web of Science

    Scopus

  27. Assessment of attention function recovery in patients after stroke using sequential desk-top tasks

    Tanikaga Miki, Muzuno Jumpei, Tanaka Masahiro, Hoshiyama Minoru

    INTERNATIONAL JOURNAL OF THERAPY AND REHABILITATION   25 巻 ( 12 ) 頁: 665 - 674   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Therapy and Rehabilitation  

    DOI: 10.12968/ijtr.2018.25.12.665

    Web of Science

    Scopus

  28. Brain Activity on Observation of Another Person's Action: A Magnetoencephalographic Study

    Mizuno Jumpei, Kawamura Masashi, Hoshiyama Minoru

    MOTOR CONTROL   22 巻 ( 4 ) 頁: 377 - 390   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Motor Control  

    DOI: 10.1123/mc.2017-0053

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  29. Use of parametric speaker for older people with dementia in a residential care setting: A preliminary study of two cases

    Nishiura Yuko, Hoshiyama Minoru, Konagaya Yoko

    HONG KONG JOURNAL OF OCCUPATIONAL THERAPY   31 巻 ( 1 ) 頁: 30 - 35   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Hong Kong Journal of Occupational Therapy  

    DOI: 10.1177/1569186118759611

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  30. An unbiased data-driven age-related structural brain parcellation for the identification of intrinsic brain volume changes over the adult lifespan 国際誌

    Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Ozaki Norio, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Sobue Gen

    NEUROIMAGE   169 巻   頁: 134 - 144   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NeuroImage  

    DOI: 10.1016/j.neuroimage.2017.12.014

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  31. Detecting sub-second changes in brain activation patterns during interictal epileptic spike using simultaneous EEG-fMRI 国際誌

    Bagarinao Epifanio, Maesawa Satoshi, Ito Yuji, Usui Naotaka, Natsume Jun, Watanabe Hirohisa, Hoshiyama Minoru, Wakabayashi Toshihiko, Sobue Gen, Naganawa Shinji, Isoda Haruo

    CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY   129 巻 ( 2 ) 頁: 377 - 389   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Clinical Neurophysiology  

    DOI: 10.1016/j.clinph.2017.11.018

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  32. Feed-forward-related neural activity for vocalization: A pilot study using magnetoencephalography

    Kawamura M.

    Neurology Psychiatry and Brain Research   27 巻   頁: 21 - 26   2018年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Neurology Psychiatry and Brain Research  

    DOI: 10.1016/j.npbr.2017.12.006

    Scopus

  33. Study on Estimation of MMSE Score by Using the Latency of P300 and Alpha Wave

    Miwa Koki, Yoshikawa Tomohiro, Furuhashi Takeshi, Hoshiyama Minoru, Makino Taeko, Yanagawa Madoka, Suzuki Yusuke, Umegaki Hiroyuki, Kuzuya Masafumi

    2018 JOINT 10TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOFT COMPUTING AND INTELLIGENT SYSTEMS (SCIS) AND 19TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ADVANCED INTELLIGENT SYSTEMS (ISIS)     頁: 195 - 199   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Proceedings - 2018 Joint 10th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 19th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, SCIS-ISIS 2018  

    DOI: 10.1109/SCIS-ISIS.2018.00041

    Web of Science

    Scopus

  34. MMSEスコア推定におけるα波の偏回帰係数の同定

    三輪 晃暉, 吉川 大弘, 古橋 武, 寳珠山 稔, 牧野 多恵子, 柳川 まどか, 鈴木 祐介, 梅垣 宏之, 葛谷 雅文

    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集   34 巻 ( 0 ) 頁: 15 - 18   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本知能情報ファジィ学会  

    <p>高齢認知症患者数は年々増加し,2030年には65歳以上の約20%が認知症患者となると推定されている.また認知症は,症状が進んでからの治療が困難であるため,早期発見が重要とされている.脳波の特徴量であるP300頂点潜時は,認知症スクリーニング検査のMMSE(Mini Mental State Examination)スコア,課題の難易度,年齢,教育歴とそれぞれ関係があることが,個々に報告されている.そのため,P300頂点潜時を計測することでMMSEスコアを推定できれば,認知症の兆候を捉えられ,認知症早期発見につながると期待される.しかしMMSEスコアとP300頂点潜時等との関係は,これまで定量的には同定されていない.そこで本研究では,名古屋大学医学部附属病院老年内科に通院している患者を対象に,オドボール課題による脳波計測実験を行い,MMSEスコアとP300頂点潜時,課題の難易度,年齢,教育歴,更に認知症と関係性があるといわれているα波の重回帰式を同定した.同定の結果,α波はMMSEスコアの推定に統計的に有意な変数であることがわかった.この重回帰式におけるMMSEスコア推定誤差の 95%信頼区間は±3.19であった.</p>

    DOI: 10.14864/fss.34.0_15

    CiNii Article

  35. Association between changes in visual evoked magnetic fields and non-motor features in Parkinson's disease

    Fujisawa Yoshiro, Minato Tomomi, Uemura Jun-ichi, Hoshiyama Minoru, Watanabe Hirohisa, Hirayama Masaaki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 2 ) 頁: 147 - 155   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nagoya Journal of Medical Science  

    DOI: 10.18999/nagjms.79.2.147

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  36. Functional inter-cortical connectivity among motor-related cortices during motor imagery: A magnetoencephalographic study

    Obayashi Yota, Uemura Jun-ichi, Hoshiyama Minoru

    SOMATOSENSORY AND MOTOR RESEARCH   34 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 8   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Somatosensory and Motor Research  

    DOI: 10.1080/08990220.2016.1257985

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  37. The temporal stability and variability across frequency bands in neural synchrony between primary and secondary somatosensory areas following somatosensory stimulation

    Uemura Jun-ichi, Hoshiyama Minoru

    CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY PRACTICE   2 巻   頁: 119 - 123   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Clinical Neurophysiology Practice  

    DOI: 10.1016/j.cnp.2017.05.002

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  38. 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症患者に生じた多発性単神経炎とステロイドミオパチーに対する理学療法

    星野 高志, 小口 和代, 寳珠山 稔

    理学療法学   44 巻 ( 3 ) 頁: 226 - 231   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本理学療法士学会  

    <p>【目的】多発性単神経炎とステロイドミオパチー(以下,SM)を呈した好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(以下,EGPA)患者への理学療法(以下,PT)について報告することである。【方法】症例はEGPA を発症した40 歳代男性で多発性単神経炎により感覚障害を伴う右下垂足と左握力低下に加え,SM が疑われる近位筋力低下を呈していた。入院13 日目より開始したPT ではステロイド量および好酸球数を指標として病勢に応じて低強度の運動からはじめ,下垂足には早期から短下肢装具を使用した。SM に対する筋力強化の是非には議論があるためADL 維持程度に留めた。【結果】右下垂足と左握力低下は残存したが,近位筋力は改善し,装具装着下での歩行が可能となり,入院50 日目に退院した。【結論】EGPA に対し,1)病勢に応じた運動負荷の調節,2)多発性単神経炎による局所症状への対応,3)SM の可能性に留意すること,以上を考慮してPT を実施した。</p>

    DOI: 10.15063/rigaku.11240

    CiNii Article

  39. Visual function assessment in stroke patients using a dynamic three-dimensional visual tasks

    Suzuki Megumi, Hoshiyama Minoru, Yamada Masayuki, Maeda Akiko, Saitoh Eiichi

    Fujita Medical Journal   3 巻 ( 3 ) 頁: 67 - 71   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:藤田学園医学会  

    <p><b>Objectives:</b> Patients with right-hemisphere brain lesions often show unilateral neglect, which causes various difficulties in their daily lives. Disturbances in visuospatial cognition, including unilateral neglect, can be tested quantitatively using questionnaires, yet visuospatial cognition is related not only to the visual system, but also to other cognitive and behavioral functions. Such functions should be assessed by integrative visuo-cognitive tasks. Therefore, the objective of the present study was to clarify visual disturbances in patients with brain lesions using multi-modal visual function tests including three-dimensional and dynamic visual tasks.</p><p><b>Methods:</b> We recruited 29 patients, 14 with right- and 15 with left-hemispheric brain lesions, and age-matched control subjects. We conducted depth perception tests and static and active motion detection tests to clarify subjects' three-dimensional visual recognition performance.</p><p><b>Results:</b> There were no significant differences between the patients and controls on any of the visual function tests, except for the static detection test with a mosaic background. However, patients' total scores on the visual function tests were lower than those of the controls.</p><p><b>Discussion:</b> The observed decline in total visual function scores suggests that visual dysfunction caused by stroke should be evaluated not by a single visual function test, but by a series of such tests. We propose that visual functioning in daily life should be evaluated using multi-modal visual function tests.</p>

    DOI: 10.20407/fmj.3.3_67

    CiNii Article

  40. Neuroscientific evidence for multisensory convergence and interaction 招待有り 査読有り

    Tanaka Emi, Kida Tetsuo, Kakigi Ryusuke, Hoshiyama Minoru

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   6 巻 ( 5 ) 頁: 301 - 310   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本体力医学会  

    <p>Effective behaviors optimized for various situations are enabled by various sensory information. How does the brain deal simultaneously with information from different sensory systems? Investigation of multisensory processing began from neuroanatomical and neurophysiological studies at the level of single neurons. Accumulation of knowledge concerning neurons and progress in recording techniques of human brain activity have led to a massive expansion in recent neuroscientific studies using various combinations of brain activity recording and cognitive tasks. In this paper, we briefly review recent neuroscientific studies related to multisensory convergence and interaction, focusing on electrophysiological and imaging studies in humans.</p>

    DOI: 10.7600/jpfsm.6.301

    CiNii Article

  41. 急性期脳卒中者の自律神経機能の回復過程:糖尿病の影響

    星野 高志, 小口 和代, 寳珠山 稔

    理学療法学Supplement   2016 巻 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本理学療法士協会  

    <p>【はじめに】</p><p></p><p>急性期脳卒中では自律神経機能(autonomic nervous function,ANF)の低下が報告されているが詳細は明らかではない(Orlandi, 2000)。脳卒中早期のリハビリテーション(リハ)において,姿勢変化による血圧変動は脳血流に直接影響するため十分考慮すべき点であり,ANFの測定には非侵襲性,簡便性から心拍変動(heart rate variability,HRV)がよく用いられる(Raedt, 2015)。また,脳卒中の主な併存症である糖尿病(DM)患者においてもANFは低下する(Stuckey, 2013)。本研究ではHRVを用いて急性期脳卒中におけるANFの回復過程をDMの併存に着目して検討した。</p><p></p><p></p><p>【方法】</p><p></p><p>対象は急性期初発脳卒中者のうち,自律神経作動薬の使用者や,著明な不整脈,DM性末梢神経障害を有するものを除外した30名とし,DMのないS群DMを有するDM群に分けた。第7病日までを評価期間とし,各回背臥位(pre),端座位(sit),背臥位(post)の順に姿勢変換した。HRVは各姿勢5分間の心拍データを周波数解析し,高周波成分(HF:0.15~0.4Hz)のnormalized unit(HFnu)を副交感神経,低周波成分(LF:0.04~0.15Hz)とHFの比(LF/HF比)を交感神経の指標とした。心拍数(HR),血圧(SBP,DBP)は3回の平均を用いた。各指標の姿勢変換による影響と経時的変化を検討した。統計処理はTukey-Kramer法,Spearmanの順位相関係数を用い,有意水準は5%未満とした。</p><p></p><p></p><p>【結果】</p><p></p><p>S群は23名(平均60±11歳,NIHSS 8点(中央値)),DM群は7名(59±13歳,NIHSS 5点,HbA1c 6.7%(中央値))であった。S群では第3病日以降,HFnuはsitで低下しpostで上昇,LF/HF比,DBP,HRはsitで上昇しpostで低下する一定の変化を示した。経時的にはLF/HF比,HFnu,SBPおよびHRで第2,第3病日に比べ第7病日で有意差が見られ,HFnuは経過日数と正の相関,LF/HF比,SBP,HRは負の相関を示した。一方,DM群では姿勢変換に対し,第4病日以降,HRのみsitで上昇を示したが,他の指標は第7病日においても一定しなかった。SBPのみ経過日数と負の相関を示した。</p><p></p><p></p><p>【結論】</p><p></p><p>DMのない急性期脳卒中者のANFは,第3病日には交感神経,副交感神経とも姿勢変換に適応して変化し,経時的に副交感神経は第7病日まで日ごとに上昇,交感神経は低下していた。これは,発症直後は交感神経活動が亢進しておりSBP,HRが高値となるが,1週までに副交感神経活動が徐々に上昇することを示唆していた。またDM併存症例では一定の傾向を示さず,1週後でもANFは安定していないと考えられた。これらは脳卒中早期リハ実施におけるリスク管理上,考慮すべき点と考えられた。</p>

    DOI: 10.14900/cjpt.2016.1023

    CiNii Article

  42. Biomechanical Reconstruction Using the Tacit Learning System: Intuitive Control of Prosthetic Hand Rotation 査読有り

    Shintaro Oyama,Shingo Shimoda,Fady SK Alnajjar,Katsuyuki Iwatsuki,Minoru Hoshiyama,Hirotaka Tanaka,Hitoshi Hirata

    Frontiers in Neurorobotics   00 巻 ( 00 ) 頁: in press   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Distinctive distribution of brain volume reductions in MELAS and mitochondrial DNA A3243G mutation carriers: A voxel-based morphometric study. 査読有り

    Tsujikawa K, Senda J, Yasui K, Hasegawa Y, Hoshiyama M, Katsuno M, Sobue G.

    Mitochondrion   30 巻   頁: 229-235   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Recovery function of somatosensory evoked brain response in patients with carpal tunnel syndrome: A magnetoencephalographic study. 査読有り

    Iwatsuki K, Yoshida A, Shinohara T, Nakano T, Uemura J, Goto S, Hirayama M, Hoshiyama M, Hirata H.

    Clin Neurophysiol   127 巻 ( 8 ) 頁: 2733-2738   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Disinhibitory shift of recovery curve of somatosensory-evoked response in elderly: A magnetoencephalographic study. 査読有り

    Goto S, Fujisawa Y, Uemura J, Yamada S, HOSHIYAMA M, Hirayama M.

    Clinical Neurophysiology   126 巻 ( 6 ) 頁: 1228-1233   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.clinph.2014.09.018

  46. Effect of Cognitive Load on Seating Posture in Children. 査読有り

    Igarashi Go, Karashima Chieko, HOSHIYAMA Minoru

    Occupational Thererapy International     2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/oti.1405

  47. Compensatory postural sway while seated posture during tasks in children with autism spectrum disorder. 査読有り

    FUNAHASHI Yoshimi, KARASHIMA Chieko, HOSHIYAMA Minoru

    Occupational Thererapy International   21 巻 ( 4 ) 頁: 166-175   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/oti.1375

  48. Effectiveness of midazolam for L-arginine-resistant headaches during stroke-like episodes in MELAS: a case report. 査読有り

    Tsujikawa K, Yokoi S, Yasui K, Hasegawa Y, HOSHIYAMA M, Yanagi T.

    Rinsho Shinkeigaku   2014 巻 ( 54 ) 頁: 882-887   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Behavioral and physiological observation during the daytime: How patients with advanced dementia spend the time in a care facility. 査読有り

    YAMAGUCHI Kaori, HOSHIYAMA Minoru

    Asian J Occup Ther     頁: in press   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Effects of emotional music on visual processes in inferior temporal area. 査読有り

    JOMORI Izumi, HOSHIYAMA Minoru, UEMURA Jun-ichi, NAKAGAWA Yoshiro, HOSHINO Aiko, IWAMOTO Yuko.

    Cognitive Neuroscience   4 巻 ( 1 ) 頁: 21-30   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Time orientation during the day in the elderly with dementia. 査読有り

    IWAMOTO Yuko, HOSHIYAMA Minoru.

    Physical and Occupational Therapy in Geriatrics     頁: in press   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Auditory mismatch response modified by visual stimulation accompanied with auditory stimulation. 査読有り

    NAKAGAWA Yoshiro, HOSHIYAMA Minoru, UEMURA Jun-ichi, JOMORI Izumi

    Neurophysiology   44 巻 ( 3 ) 頁: in press   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Virbroarthrography in patients with knee arthropathy. 査読有り

    TANAKA Noriyuki, HOSHIYAMA Minoru

    J Back Musculoskelet Rehab   in press 巻   頁: 000-001   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Articular sound and clinical stages in knee arthropathy. 査読有り

    TANAKA Noriyuki, HOSHIYAMA Minoru

    J Musculoskelet Res   14 巻 ( 1 ) 頁: 1-9   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1142/S021895771500060

  55. Kinematic analysis of sit to stand by persons with rheumatoid arthritis supported by a service dog. 査読有り

    NOGUCHI Hiromi, TAGAWA Yoshikatsu, HOSHIYAMA Minoru

    Disab Rehab Assist Tech   7 巻 ( 1 ) 頁: 45-54   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Alteration of time perception in young and elderly people during jigsaw puzzle tasks with different complexities. 査読有り

    IWAMOTO Yuko, HOSHIYAMA Minoru, TAGAWA Yoshikatsu

    Occup Ther Int   18 巻   頁: 194-200   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Difference in P300 response between hemi-field visual stimulation 査読有り

    SUZUKI Megumi, HOSHIYIAMA Minoru

    Neurol Sci   32 巻   頁: 603-308   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Biological observation during the daytime of elderly patients with advanced dementia cared for with and without artificial nutrition by percutaneous endoscopic gastrostomy (PEG). 査読有り

    YAMAGUCHI Kaori, HOSHIYAMA Minoru, TAKANO Masanori

    Geriat Geron Int   11 巻 ( 2 ) 頁: 221-228   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. An integration of color and motion information in visual scene analyses.

    NOGUCHI Yasuyuki, KAKIGI Ryusuke, HOSHIYAMA Minoru

    Psychol Sci   22 巻 ( 2 ) 頁: 153-158   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Frontal activity during imagination of rhythm: An event-related potential study. 査読有り

    JOMORI Izumi, UEMURA Jun-Ichi, NAKAGAWA Yoshiro, HOSHIYAMA Minoru

    J Clin Neurosci     頁: in press   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Kinematic analysis of seating maneuver: Digitalization of movement in daily living. 査読有り

    TAKEI Maki, SHIMIZU Hideki, HOSHIYAMA Minoru.

    Hum Mov   11 巻 ( 2 ) 頁: 114-118   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Effect of task-irrelevant high-speed verbal stimulation on a visual/verbal word-discrimination task: An event-related potential study. 査読有り

    UEMURA Jun-Ichi, HOSHIYAMA Minoru.

    Clin Neurophysiol   121 巻 ( 12 ) 頁: 2065-2069   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Does self-efficacy to falls in hip-protector users affect quality of life (QOL) and physical activity in nursing homes in Japan? 査読有り

    KATO Chikako, IDA Kunio, HOSHIYAMA Minoru, HARADA Atsushi

    J Am Geriat Soc   58 巻 ( 9 ) 頁: 1810-1812   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. *Effects of music therapy on involuntary swallowing. 査読有り

    Jomori I, Hoshiyama M.

    Nord J Music Ther.   19 巻 ( 1 ) 頁: 51-62   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. *Auditory brain response modified by temporal deviation of language rhythm: an auditory event-related potential study. 査読有り

    Jomori I, Hoshiyama M.

    Neurosci Res   65 巻 ( 2 ) 頁: 187-193   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. The characteristics of no-go potentials with intraepidermal stimulation. 査読有り

    Nakata H, Sakamoto K, Inui K, Hoshiyama M, Kakigi R.

    Neuroreport   20 巻 ( 13 ) 頁: 1149-1154   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. *Attention deficits of patients with chronic-stage traumatic brain injury: a behavioral study involving a dual visuo-spatial task. 査読有り

    Hasegawa J, Hoshiyama M.

    J Clin Exp Neuropsychol   31 巻 ( 3 ) 頁: 1227-1237   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Centrifugal modulation of human LEP components to a task-relevant noxious stimulation triggering voluntary movement. 査読有り

    Nakata H, Sakamoto K, Honda Y, Mochizuki H, Hoshiyama M, Kakigi R.

    Neuroimage   45 巻 ( 1 ) 頁: 129-142   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Event-related potentials for gender discrimination: an examination between differences in gender discrimination between males and females. 査読有り

    Suyama N, Hoshiyama M, Shimizu H, Saito H.

    Int J Neurosci.   118 巻 ( 9 ) 頁: 1227-1237   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Evoked magnetic fields following noxious laser stimulation of the thigh in humans. 査読有り

    LinksNakata H, Tamura Y, Sakamoto K, Akatsuka K, Hirai M, Inui K, Hoshiyama M, Saitoh Y, Yamamoto T, Katayama Y, Kakigi R.

    Neuroimage   42 巻 ( 2 ) 頁: 858-868   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. *Temporal dynamics of adaptation to natural sounds in the human auditory cortex. 査読有り

    Altmann CF, Nakata H, Noguchi Y, Inui K, Hoshiyama M, Kaneoke Y, Kakigi R.

    Cereb Cortex   18 巻 ( 6 ) 頁: 1350-1360   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Spatial contexts can inhibit a mislocalization of visual stimuli during smooth pursuit. 査読有り

    Noguchi Y, Shimojo S, Kakigi R, Hoshiyama M.

    J Vis   7 巻 ( 13 ) 頁: 1-15   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Objective examination for two-point stimulation using a somatosensory oddball paradigm: an MEG study. 査読有り

    Akatsuka K, Wasaka T, Nakata H, Kida T, Hoshiyama M, Tamura Y, Kakigi R.

    Clin Neurophysiol.     頁: 118(2):403-11.   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Priority of repetitive adaptation to mismatch response following undiscriminable auditory stimulation: a magnetoencephalographic study. 査読有り

    Hoshiyama M, Okamoto H, Kakigi R.

    Eur J Neurosci.     頁: 25(3):854-62.   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. *Variability of P300 in elderly patients with dementia during a single day. 査読有り

    Uemura J, Hoshiyama M.

    Int J Rehabil Res.     頁: 30(2):167-70.   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Voluntary attention changes the speed of perceptual neural processing. 査読有り

    Noguchi Y, Tanabe HC, Sadato N, Hoshiyama M, Kakigi R.

    Eur J Neurosci.     頁: 25(10):3163-72   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Backward-masking: the effect of the duration of the second stimulus on recognition of the first stimulus. 査読有り

    Hashimoto A, Watanabe S, Inui K, Hoshiyama M, Murase S, Kakigi R.

    Neuroscience.     頁: 137(4):1427-37   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Functional changes in cortical components of somatosensory evoked responses by stimulus repetition. 査読有り

    Hoshiyama M, Kakigi R.

    Clin Neurophysiol.     頁: S59:149-57.   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Priority of face perception during subliminal stimulation using a new color-opponent flicker stimulation. 査読有り

    Hoshiyama M, Kakigi R, Takeshima Y, Miki K, Watanabe S.

    Neurosci Lett.     頁: 402(1-2):57-61.   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Cognitive mechanism for meaning of emotive words in depressed personality: an event-related potential study. 査読有り

    Shimizu H, Saito H, Hoshiyama M.

    Nagoya J Med Sci.     頁: 68(1-2):35-44.   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Characteristics of processing for trait adjectives in depressive persons: an event-related potential study. 査読有り

    Shimizu H, Saito H, Hoshiyama M.

    Nagoya J Med Sci.     頁: 68(1-2):27-33.   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Differential priming effects of color-opponent subliminal stimulation on visual magnetic responses. 査読有り

    Hoshiyama M, Kakigi R, Takeshima Y, Miki K, Watanabe S.

    Hum Brain Mapp.     頁: 27(10):811-8.   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. 発声時の聴覚誘発反応

    軍司敦子, 柿木隆介, 宝珠山 稔

    臨床脳波     頁: 48(6) : 355-359   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  84. 意識閾値以下の顔刺激による脳反応

    寳珠山 稔, 柿木隆介

    臨床脳波     頁: 48(8) : 468-473   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  85. Functional relationship between human rolandic oscillations and motor cortical excitability: an MEG study. 査読有り

    Tamura Y, Hoshiyama M, Nakata H, Hiroe N, Inui K, Kaneoke Y, Inoue K, Kakigi R.

    Eur J Neurosci.     頁: 21(9):2555-62.   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Mismatch responses related to temporal discrimination of somatosensory stimulation. 査読有り

    Akatsuka K, Wasaka T, Nakata H, Inui K, Hoshiyama M, Kakigi R.

    Clin Neurophysiol.     頁: 116(8):1930-7.   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Face representation in the human secondary somatosensory cortex. 査読有り

    Nguyen BT, Inui K, Hoshiyama M, Nakata H, Kakigi R.

    Clin Neurophysiol.     頁: 116(6):1247-53.   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. 微小磁場計測装置を用いた末梢神経活動磁場の計測

    寳珠山稔, 柿木隆介

    臨床脳波     頁: 47(4) : 215-220   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  89. 調音をともなう発声時のヒト脳磁場反応

    軍司敦子, 柿木隆介, 宝珠山稔

    臨床脳波     頁: 46(8) : 487-491   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  90. Facilitation of A[delta]-fiber-mediated acute pain by repetitive transcranial magnetic stimulation. 査読有り

    Tamura Y, Hoshiyama M, Inui K, Nakata H, Qiu Y, Ugawa Y, Inoue K, Kakigi R.

    Neurology.     頁: 62(12):2176-81.   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Temporal discrimination threshold on various parts of the body. 査読有り

    Hoshiyama M, Kakigi R, Tamura Y.

    Muscle Nerve.     頁: 29(2):243-7.   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Cognitive processes in two-point discrimination: an ERP study. 査読有り

    Tamura Y, Hoshiyama M, Inui K, Nakata H, Wasaka T, Ojima S, Inoue K, Kakigi R.

    Clin Neurophysiol.     頁: 115(8):1875-84.   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Human brain processing and central mechanisms of pain as observed by electro- and magneto-encephalography. 査読有り

    Kakigi R, Inui K, Tran DT, Qiu Y, Wang X, Watanabe S, Hoshiyama M.

    J Chin Med Assoc.     頁: 67(8):377-86   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Face representation in the human primary somatosensory cortex. 査読有り

    Nguyen BT, Tran TD, Hoshiyama M, Inui K, Kakigi R.

    Neurosci Res.     頁: 50(2):227-32.   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. 正中神経刺激による体性感覚誘発電位のRecovery function-短時間Interstimulus intervalでの検討-

    宝珠山稔, 柿木隆介

    臨床脳波     頁: 46(7) : 424-429   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  96. 自己発声音に対する聴覚反応

    軍司敦子, 柿木隆介, 宝珠山稔

    日本生体磁気学会誌     頁: 16(1) : 34-35   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Changes in somatosensory evoked responses by repetition of the median nerve stimulation. 査読有り

    Hoshiyama M, Kakigi R.

    Clin Neurophysiol.     頁: 114(12):2251-7.   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Gating of somatosensory evoked magnetic fields during the preparatory period of self-initiated finger movement. 査読有り

    Wasaka T, Hoshiyama M, Nakata H, Nishihira Y, Kakigi R.

    Neuroimage.     頁: 20(3):1830-8   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Sensory perception during sleep in humans: a magnetoencephalograhic study. 査読有り

    Kakigi R, Naka D, Okusa T, Wang X, Inui K, Qiu Y, Tran TD, Miki K, Tamura Y, Nguyen TB, Watanabe S, Hoshiyama M.

    Sleep Med.     頁: 4(6):493-507   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Effect of tactile interference stimulation of the ear in human primary somatosensory cortex: a magnetoencephalographic study. 査読有り

    Nihashi T, Kakigi R, Hoshiyama M, Miki K, Kajita Y, Yoshida J, Yatsuya H.

    Clin Neurophysiol.     頁: 114(10):1866-78.   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Electrical-induced pain diminishes somatosensory evoked magnetic cortical fields. 査読有り

    Tran TD, Hoshiyama M, Inui K, Kakigi R.

    Clin Neurophysiol     頁: 114(9):1704-14   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Cortical activities relating to modulation of sound frequency: how to vocalize? 査読有り

    Gunji A, Kakigi R, Hoshiyama M. Related Articles, Links

    Brain Res Cogn Brain Res.     頁: 17(2):495-506   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Effects of sleep on pain-related somatosensory evoked magnetic fields in humans. 査読有り

    Wang X, Inui K, Qiu Y, Hoshiyama M, Tran TD, Nguyen TB, Kakigi R.

    Brain Res Cogn Brain Res     頁: 17(2):388-99   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Brain responses for the subconscious recognition of faces. 査読有り

    Hoshiyama M, Kakigi R, Watanabe S, Miki K, Takeshima Y.

    Neurosci Res     頁: 46(4):435-42   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. A comparative magnetoencephalographic study of cortical activations evoked by noxious and innocuous somatosensory stimulations. 査読有り

    Inui K, Tran TD, Qiu Y, Wang X, Hoshiyama M, Kakigi R.

    Neuroscience.     頁: 120(1):235-48   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Central mechanisms for two-point discrimination in humans. 査読有り

    Tamura Y, Hoshiyama M, Inui K, Kakigi R.

    Neurosci Lett.     頁: 342(3):187-90   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Cerebral responses following stimulation of unmyelinated C-fibers in humans: electro- and magneto-encephalographic study. 査読有り

    Kakigi R, Tran TD, Qiu Y, Wang X, Nguyen TB, Inui K, Watanabe S, Hoshiyama M.

    Neurosci Res     頁: 45(3):255-75   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Effects of sleep on pain-related somatosensory evoked potentials in humans. 査読有り

    Wang X, Inui K, Qiu Y, Hoshiyama M, Tran TD, Kakigi R.

    Neurosci Res.     頁: 45(1):53-7   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. 聴覚系高次脳機能の脳磁図

    宝珠山稔, 柿木隆介

    臨床脳波     頁: 45(6) : 359-364   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  110. 着脱可能な乗用車(タクシー)用移乗補助椅子の開発とその有効性

    原和子, 宝珠山稔, 渡辺崇史

    作業療法     頁: 22 : 5600   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. 痛覚関連体性感覚誘発脳磁場に対する睡眠の影響

    王暁宏, 乾幸二, 秋雲海, 宝珠山稔, Tuan Diep Tran, 柿木隆介

    日本生体磁気学会誌     頁: 15(1) : 159-160   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Cerebral activation by the signals ascending through unmyelinated C-fibers in humans: a magnetoencephalographic study. 査読有り

    Tran TD, Inui K, Hoshiyama M, Lam K, Qiu Y, Kakigi R.

    Neuroscience     頁: 113(2):375-86   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. 痛覚認知機能の生理学的研究

    柿木隆介, 乾幸二, 宝珠山稔, 渡辺昌子, Tran Diep Tuan, 秋云海, 王暁宏

    麻酔     頁: 51 : 5115-5124   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  114. 正中神経刺激による短潜時体性感覚誘発脳磁界と脳電位の対応

    宝珠山稔, 柿木隆介

    臨床脳波     頁: 44(2) : 91-96   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  115. 痛覚関連脳冒位と皮膚刺激領域との関連について 査読有り

    堀内万起子, 猪田邦雄, 宝珠山稔

    理学療法の医学的基礎     頁: 6(1) : 24   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. 表皮内電気刺激法による痛覚関連誘発脳磁場

    乾幸二, Tuan Diep Tran, 秋雲海, 王暁宏, 宝珠山稔, 柿木隆介

    日本生体磁気学会誌     頁: 15(1) : 101-102   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Conduction velocity of the spinothalamic tract following CO2 laser stimulation of C-fibers in humans. 査読有り

    Tran TD, Inui K, Hoshiyama M, Lam K, Kakigi R.

    Pain     頁: 95(1-2):125-31.   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Preferential stimulation of Adelta fibers by intra-epidermal needle electrode in humans. 査読有り

    Inui K, Tran TD, Hoshiyama M, Kakigi R.

    Pain     頁: 96(3):247-52   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. New concept for the recovery function of short-latency somatosensory evoked cortical potentials following median nerve stimulation. 査読有り

    Hoshiyama M, Kakigi R.

    Clin Neurophysiol.     頁: 113(4):535-41.   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. Pain-related magnetic fields evoked by intra-epidermal electrical stimulation in humans. 査読有り

    Inui K, Tran TD, Qiu Y, Wang X, Hoshiyama M, Kakigi R.

    Clin Neurophysiol.     頁: 113(2):298-304.   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. 音想起に関する脳内活動の脳磁場解析

    宝珠山稔、軍司敦子, 柿木隆介

    日本生体磁気学会誌     頁: 14(1) : 96-97   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. 耳の第一次体性感覚野における受容野の検討

    二橋尚志, 柿木隆介, 宝珠山稔, 梶田泰一, 吉田純

    臨床脳波     頁: 43(9) : 577-582   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  123. Representation of the ear in human primary somatosensory cortex. 査読有り

    Nihashi T, Kakigi R, Kawakami O, Hoshiyama M, Itomi K, Nakanishi H, Kajita Y, Inao S, Yoshida J.

    Neuroimage.     頁: 13(2):295-304.   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. A unique area of the homonculus: the topography of the primary somatosensory cortex in humans following posterior scalp and shoulder stimulation. 査読有り

    Itomi K, Kakigi R, Hoshiyama M, Watanabe K.

    Brain Topogr     頁: 14(1):15-23.   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. Effects of attention on pattern-reversal visual evoked potentials: foveal field stimulation versus peripheral field stimulation. 査読有り

    Hoshiyama M, Kakigi R.

    Brain Topogr.     頁: 13(4):293-8   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. Two evoked responses with different recovery functions in the primary somatosensory cortex in humans. 査読有り

    Hoshiyama M, Kakigi R.

    Clin Neurophysiol.     頁: 112(7):1334-42   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. Neural activities during Wisconsin Card Sorting Test--MEG observation. 査読有り

    Wang L, Kakigi R, Hoshiyama M.

    Brain Res Cogn Brain Res     頁: 12(1):19-31.   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. Correspondence between short-latency somatosensory evoked brain potentials and cortical magnetic fields following median nerve stimulation. 査読有り

    Hoshiyama M, Kakigi R.

    Brain Res.     頁: 908(2):140-8.   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. Hearing the sound of silence: a magnetoencephalographic study. 査読有り

    Hoshiyama M, Gunji A, Kakigi R.

    Neuroreport     頁: 12(6):1097-102   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. A new method for measuring the conduction velocities of Abeta-, Adelta- and C-fibers following electric and CO(2) laser stimulation in humans.. 2001 Apr 6; 査読有り

    Tran TD, Lam K, Hoshiyama M, Kakigi R.

    Neurosci Lett     頁: 301(3):187-90.   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. Auditory response following vocalization: a magnetoencephalographic study. 査読有り

    Gunji A, Hoshiyama M, Kakigi R.

    Clin Neurophysiol     頁: 112(3):514-20.   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. 聴覚マスキング条件下の発声関連脳磁場

    軍司敦子, 宝珠山稔, 柿木隆介

    日本生体磁気学会誌     頁: 13(1) : 222-223   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. Transcutaneous electrical nerve stimulation(TENS)後の痛覚関連脳反応の変化

    柿木隆介,宝珠山稔

    PAIN RESEARCH     頁: 15(3) : 155   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  134. 耳電気刺激による体性感覚誘発脳磁界反応

    二橋尚志, 柿木隆介, 川上治, 宝珠山稔, 梶田泰一, 稲尾意秀, 吉田純

    日本生体磁気学会誌     頁: 13(1) : 182-183   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. 後頚部、肩部の体性感覚誘発脳磁図

    糸見和也, 柿木隆介, 宝珠山稔

    日本生体磁気学会誌     頁: 13(1) : 184-185   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. Identification of auditory evoked potentials of one's own voice. 査読有り

    Gunji A, Hoshiyama M, Kakigi R.

    Clinical Neurophysiology     頁: 111,2,214-219   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. Vibratory stimulation of proximal muscles does not affect cortical components of somatosensory evoked potential following distal nerve stimulation. 査読有り

        頁: 111(9):1607-10   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. Effects of check size on pattern reversal visual evoked magnetic field and potential. 査読有り

    Nakamura M, Kakigi R, Okusa T, Hoshiyama M, Watanabe K.

    Brain Res     頁: 28;872(1-2):77-86.   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. The somatosensory evoked magnetic fields. 査読有り

    Kakigi R, Hoshiyama M, Shimojo M, Naka D, Yamasaki H, Watanabe S, Xiang J, Maeda K, Lam K, Itomi K, Nakamura A.

    Prog Neurobiol     頁: 61(5):495-523   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  140. Effects of distraction on pain-related somatosensory evoked magnetic fields and potentials following painful electrical stimulation. 査読有り

    Yamasaki H, Kakigi R, Watanabe S, Hoshiyama M.

    Brain Res Cogn Brain Res     頁: 9(2):165-75.   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. Spatiotemporal source analysis of vocalization-associated magnetic fields. 査読有り

    Gunji A, Kakigi R, Hoshiyama M.

    Brain Res Cogn Brain Res     頁: 9,2,157-163   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. After-effect of transcutaneous electrical nerve stimulation (TENS) on pain-related evoked potentials and magnetic fields in normal subjects. 査読有り

    Hoshiyama M, Kakigi R.

    Clinical Neurophysiology     頁: 111,4,717-724   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. Dermatome versus homunculus; detailed topography of the primary somatosensory cortex following trunk stimulation. 査読有り

    Itomi K, Kakigi R, Maeda K, Hoshiyama M.

    Clinical Neurophysiology     頁: 111,3,405-12   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. 電気刺激による痛覚関連脳磁場に対する注意効果

    山崎浩, 柿木隆介, 宝珠山稔

    日本生体磁気学会誌     頁: 12(1) : 42-43   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. 随伴陰性変動課題におけるcortical silent periodの変化

    宝珠山稔,柿木隆介

    臨床脳波     頁: 41(11) : 713-717   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  146. Peripheral nerve conduction study by small multi-channel gradiometers(micro-SQUID).

    Neuroscience Letters   272 巻   頁: 199-202   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  147. Structure of the auditory evoked magnetic fields during sleep. 査読有り

    Neuroscience   93 巻 ( 2 ) 頁: 573-783   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. Shortening of the cortical silent period following transcranial wagnetic brain stimulation during an experimental paradigm for generating contingent negative variation(CNV).

    Electroencephalography and Clinical Neurophysiology   110 巻   頁: 1394-1398   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  149. Changes of somatoseusory evoked potentials(SEP)during writing with dominant and non-aominant hands.

    Brain Research   833 巻   頁: 10-19   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  150. Topography of the secondary somatosensory cortex in humans: a magnetoencephalo-graphic study.Neuroreport. 査読有り

    NeuroReport   10 巻 ( 2 ) 頁: 301-306   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. Pain processing traced by magnetoencephalography in the human brain.

    Brain Topography   10 巻   頁: 255-246   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  152. Reading of Japanese Kanji (morphograms) and Kana (syllabogram) : a magnetoencephalographic study.

    Neuropsychologica   36 巻   頁: 83-98   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  153. Changes of somatosensory evoked potentials preceding rapid voluntary movement in GO/No-go choice reaction time task.

    Brain Research, Cognitive Brain Research   7 巻   頁: 137-142   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  154. Visual evoked magnetic responses to central and peripheral stimulation : simultaneous VEP recordings.

    Brain topography   10 巻   頁: 227-237   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  155. Somatosensory evoked magnetic fields following passive finger movement.

    Brain Research, Cognitive brain research   6 巻   頁: 73-82   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  156. Effects of movement and movement imagery on somatosensory evoked magnetic fields following posterior tibial nerve stimulation.

    Brain Research, Cognitive brain Research   5 巻   頁: 241-253   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  157. Magnetoencephalographic study of intracerebral interactions caused by bilateral posterior tibial nerve stimulation in man.

    Neuroscience Research   28 巻   頁: 41-47   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  158. Smoatosensory magnetic fields and potentials following passive toe movement in humans.

    Electroencephalography and Clinical Neurophysiology   104 巻   頁: 393-401   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  159. Activity in posterior parietal cortex following somatosensory stimulation in man : magnetoencephalographic study using spatio-temporal source analysis.

    Brain Topography   10 巻   頁: 23-30   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  160. Temporal changes of pyramidal tract activities after decision of movement : a study using transcranial magnetic stimulation of the motor cortex in humans.

    Electroencephalography and Clinical Neurophysiology   105 巻   頁: 255-261   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  161. Odorant evoked magnetic fields in humans.

    Neuroscience Research   27 巻   頁: 115-122   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  162. Visual evoked cortical magnetic fields to pattern reversal stimulation.

    Brain Research, Cognitive Brain Research   6 巻   頁: 9-22   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  163. Identification of motor and sensory brain actiivities during unilateral finger movement : spatio-temporal source analysis of movement-associated magnetic fields.

    Experimental Brain Research   115 巻   頁: 6-14   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  164. ヒトの痛覚認知に及ぼす侵害的冷覚刺激の影響

    渡邊昌子,柿木隆介,宝珠山稔,北村吉宏,小山幸子,下条素子

    臨床脳波     頁: 38(10) : 679-685,   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  165. Differentiation of receptive fields in the sensory cortex following various areas of the lower limb in humans : a magnetoencephalographic study.

    Journal of Neurosurgery   85 巻   頁: 255-262   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  166. 生理学的手法(脳磁図・脳波)を用いたヒト脳機能の非侵襲的研究

    柿木隆介,宝珠山稔,小山幸子,北村吉宏,下条素子,渡邊昌子

    インナービジョン     頁: 11(8) : 24,   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  167. Intracerebral interactions caused by bilateral median nerve stimulation in man : a magnetoencephalographic study.

    Neuroscience Research   24 巻   頁: 175-181   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  168. Topography of somatosensory evoked magnetic fields following posterior tibial nerve stimulation.

    Electroencephalography and Clinical Neurophysiology   95 巻   頁: 127-134   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  169. Pain-related somatosensory evoked magnetc fields following lower limb stimulation.

    Electroencephalography and Clinical Neurophysiology   145 巻   頁: 187-194   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  170. Effects of noxious cooling of the skin on pain perception in man.

    Journal of Neurological Sciences   135 巻   頁: 68-73   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  171. Somatosensory evoked magnetic fields following stimulation of the lip in humans.

    Electroencephalography and Clinical Neurophysiology   96 巻   頁: 96-104   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  172. Reciprocal changes of motor evoked potential preceding voluntary movement.

    Muscle and Nerve   19 巻   頁: 125-131   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  173. Effects of tactile interference stimulation on somatosensory evoked magnetic fields.

    Neuro Report   7 巻   頁: 405-408   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  174. Effects of judgment process on motor evoked potentials in Go/No-go hand movement task.

    Neuroscience Research   24 巻   頁: 427-430   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  175. Pain related responses following CO2 laserstimulation : magnetoencephalographic studies.

    Electroencephalography and Clinical Neurophysiology   47 巻   頁: 111-120   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  176. Effects of sleep on somatosensory evoked responses in humans : a magnetoencephalographic study.

    Brain Resaerch, Cognitive Brain Research   4 巻   頁: 275-279   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  177. Pain-related somatosensory evoked magnetic fields.

    Electroencephalography and Clinical Neurophysiology   95 巻   頁: 463-474   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  178. Gating of somatosernsory evoked responses during active finger movements : magnetoencephalographic studies.

    Journal of Neurological Sciences   128 巻   頁: 195-204   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  179. Pain-related magnetic fields following painful CO2 laser stimulation in man.

    Neuroscience Letters   192 巻   頁: 45-48   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  180. Somatosensory evoked magnetic fields following mechanical stimulation of the scalp in humans.

    Neuroscience Letters   195 巻   頁: 29-32   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  181. Effect of Optokinetic stimulation on the Hneflex in humans

    Japanese Journal of Physiology   44 巻   頁: 67-73   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  182. Hypokinesia of associated movement in Parkinson's disease : a symptom in early stapes of the disease

    Journal of Neunology   241 巻   頁: 517-521   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  183. 血管破壊性リンパ腫およびneoplastic angioendotheliosis様の浸潤形態をとった悪性リンパ腫の一例 査読有り

    谷田部恭, 中川温子, 橋詰良夫, 竹内有子, 広瀬善清, 宝珠山稔, 森尚義, 浅井淳平

    現代医学     頁: 41(2) : 375-380   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  184. Effect of optokinetic stimulation on human balance recovery in unexpected forward fall.

    Neunoscieuce Research   18 巻   頁: 121-127   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  185. Modulation of human balanciup recovery in forward fall by optokinetic stimulation 査読有り

    Environmental Medicine   36 巻   頁: 191-194   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. Spatio-temporal source analysis of movement associated magnetic fields.

    Brain Topography, Elsevier, Amsterdam  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  2. Clinical evaluation of Brain Damape by Proton density dynamics

    Advance in Brain Resustation  1991年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

MISC 1

  1. 安静時脳磁図ネットワークの加齢性変化の検討

    加藤 隼康, 渡辺 宏久, 大嶽 れい子, 蝦名 潤哉, 吉田 有佑, 小倉 礼, 川畑 和也, 桝田 道人, 原 一洋, 寳珠山 稔, 勝野 雅央, 祖父江 元  

    臨床神経学59 巻 ( Suppl. ) 頁: S318 - S318   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

講演・口頭発表等 4

  1. 体性感覚誘発電位(SEP)

    寳珠山 稔

    第40回日本臨床神経生理学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    SEP の特性、記録のしかた、反応成分の意味についての教育講演。

  2. Two-point discrimination: evaluation using neurophysiological methods

    29th International Congress of Clinical Neurophysiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    Cognitive mechanisms for two-point discrimination (TPD) were investigated,
    using new methods of stimulation and evoked potentials.
    (1) Electrical two-point stimulation. Using six ball-shaped electrodes
    placed in line on the dorsal surface of a hand, two points were electrically
    stimulation at a time. The reaction time for TPD was measured for each
    two-point stimulation. The subjects' responses were significantly affected
    by the preceding stimuli as well as the distance of the stimuli: for

  3. Feature binding in the ventral visual pathway revealed bycolor-motion misbinding

    29th International Congress of Clinical Neurophysiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    Objective: Mounting evidence indicates that visual features such as
    shape, color, and motion are processed in specialized regions of the
    brain, while these features are coherently integrated in our conscious
    experiences. How our brain links the features associated with the same
    object is an important problem in neuroscience. Previous studies have
    indicated a critical role of top-down attention in integrating features
    and thus reported an involvement of the dorsal pathway of the visual
    pro

  4. 顔刺激による誘発脳反応の成分とその優位性について

    寳珠山 稔

    日本顔学会「顔学フォーラム2007」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

科研費 17

  1. 慢性感覚障害とその評価に関する脳ネットワーク機能異常の検出と慢性疼痛評価法の開発

    研究課題/研究課題番号:20K07881  2020年4月 - 2023年3月

    寳珠山 稔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    持続的なしびれや疼痛など、他覚的評価が困難な自覚的慢性疼痛の病態を明らかにし適切な治療法を見出すことは、疾患や研究手法を問わず永年の課題となっているものの、未だ解決に至っていない。本研究では、慢性疼痛としての自覚的感覚障害を生じている脳機能状態と機能異常を非侵襲的に検出することを目的とする。本研究ではMEGとEEGでの検出を比較検証することにより、一般臨床での脳活動からの感覚障害評価手法も開発呈示する。本研究成果は、自覚的症状の定量的客観診断手法となるとともに、慢性感覚障害の病態を明らかにすることで治療に関する情報を提供するものと期待される。

  2. 脳機能解析を応用した疼痛評価システムの開発

    研究課題/研究課題番号:19K09647  2019年4月 - 2022年3月

    岩月 克之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    神経障害性疼痛中枢性感作の病態を解明し、臨床データ、患者立脚型機能評価等を脳機能解析と組み合わせ、客観的な重症度評価を行う。さらに発展させ、一般病院で使用している機器で測定可能なパラメータを利用することにより、臨床の汎用性が生まれる。本研究の目的は、疼痛の種類・重症度別にパターン化可能な客観的指標の解析を行い、最終的には一般病院に還元可能な疼痛評価法およびそのシステムを構築することである。本研究により信頼性の高い疼痛研究の手法が確立でき、病態解明、臨床評価、治療効果判定までが可能となり、疼痛分野における研究を飛躍的に向上できる。
    神経障害性疼痛の患者として手根管症候群の患者を登録して解析を行っている。他難治性疼痛である複合性局所疼痛症候群患者なども登録し解析を行っている。
    手根管症候群においては、手術前および手根管開放後半年での脳磁図検査を解析した。母指および中指の皮膚電気刺激によって得られる体性感覚誘発脳磁場(SEF)の推定電流源間距離を比較した。また正中神経を手関節部で電気刺激しSEFを計測した。単発刺激に加え10, 40, 80, 200 msの刺激間隔(ISI)の2発刺激により誘発されたSEFより刺激後20msに出現するSEF成分(N20m)の振幅(RMS)の回復曲線を算出し、年齢対照群における値と比較した。
    正中神経の皮膚感覚支配領域からの感覚入力が障害されるため、対応する皮質受容野内での機能構築が不明瞭となり、母指中指の皮膚電気刺激によって得られるSEFの推定電流源間距離は手根管症候群で年齢対照群より短く、電気生理学的重症度と相関していた。しかし術後半年でこの変化は健常群に近い距離に回復していた。
    また10 ms間隔刺激により得られるSEFの回復曲線は手根管症候群で早期の回復が認められ、電気生理学的中等度群は重症度群と比較して早期の回復であった。特に中等度群で感覚皮質での抑制的神経活動が減少していることが示唆された。しかしこの変化は術後半年でほとんど回復はしなかった。
    皮質受容野内で機能構築が不明瞭となる事は神経障害における不適合性変化であり、障害が改善すると元に戻る。一方、感覚皮質での抑制的神経活動の減少は、知覚低下に伴う適合性変化とも考えられ、手術後においても刺激に対する脱抑制は比較的長時間にわたり残存している可能性がある。さらに中程度群で、脳が回復機能と適応変化に対する感度を高めようとしているが、重症だとそれもできなくなるという可能性が考えられた。
    昨年末までは順調に研究を遂行可能であった。年度末にかけて新型コロナウイルスの問題が生じてやや研究遂行が減速はしている。
    今年度に引き続き疼痛における脳機能解析を行っていく予定である。昨年度末にかけて新型コロナウイルスの問題が生じ、今後の研究に問題が生じる可能性も懸念はしている。

  3. 機能連絡解析を駆使したてんかん外科コネクトームマップと定位的脳波記録による実証

    研究課題/研究課題番号:17K10890  2017年4月 - 2020年3月

    前澤 聡

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    焦点性てんかんに対して安静時fMRIやEEG-fMRI、MEGの新規ネットワーク解析を行い、コネクトームマップを作成しSEEGにて検証した。安静時fMRIの複層的解析では焦点側に強いhubを形成し、対側に向かっての促通性の、またDMNへ抑制性の結合を形成して病態に関連する事が分かった。MEGでは修正DS法を開発しEEG-fMRIではsubsecond解析を開発して、ネットワーク的な焦点診断をより正確にした。Hubより各ネットワークへの結合性の強さを示す新しい指標を開発しコネクトームマップとした。SEEGではまたcoherenceを解析で焦点が形成するネットワークを評価可能である事が分かった。
    学術的意義としては、焦点性てんかんはネットワーク疾患である、という仮説に基づいてネットワーク的な解析を行う事で、てんかんの焦点、及び焦点より形成されるてんかん性ネットワークを明らかにした事が挙げられる。特に安静時fMRI、EEG-fMRI、MEGといったモダリティは非侵襲的であり、改良を加え新規解析を開発した点は、てんかん患者にとって非侵襲的で有効な検査法が増えた事となり、社会的意義が高い。SEEG(定位的頭蓋内電極による脳波記録)は海外で導入が始まっているが日本は遅れをとっており、その安全且つ有効な手法を確立し日本で最初に示し、更に脳波解析の可能性を示した点も意義がある。

  4. 多様なmodalityによる振戦の病態解明とFUSやDBSによる病態修飾

    研究課題/研究課題番号:17K10891  2017年4月 - 2020年3月

    中坪 大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本態性振戦などの不随意運動の治療において、非侵襲的な凝固術として、MRガイド下集束超音波治療MRgFUS(MR-guided focused ultrasound)が日本でも可能となった。本研究では、治療後1年後の上肢の改善率が約65%であり、重篤な合併症は認めなかった。また、安静時fMRIによるネットワーク解析により、振戦が重度であるほど、ネットワークの結合性が低下していることが判明し、前頭葉を中心とした高次脳機能の障害も進む傾向にあることが明らかになった。
    本態性振戦の病因、病態に関してはまだ不明な点が多く、小脳―下オリーブ核系の機能異常の関与が示唆されているものの、視床Vim核の治療により、どのように改善するか不明である。安静時fMRIによる本研究では、そのネットワーク異常を可視化し、治療による病態修飾の解明に繋がると考えられる。また、本態性振戦は有効な薬剤がなく、振戦が進行するとMRgFUSなど外科治療でしか症状を緩和することができない。高次脳機能障害を伴うことも多く、どのような患者に治療が有効となるかバイオマーカーを確立することで、振戦で困っている患者の助けとなる。

  5. 脳磁計を用いた安静時および刺激誘発脳活動における脳内神経接続の測定に関する研究

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 脳磁計を用いた安静時および刺激誘発脳活動における脳内神経接続の測定に関する研究

    2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 高齢者、パーキンソン病患者における抑制系回路の加齢および疾患による変化

    研究課題/研究課題番号:15K09350  2015年4月 - 2018年3月

    平山 正昭

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    脳磁図、MRIを用いて、パーキンソン病(PD )患者の痛みに関する研究を行なった.
    健常人高齢者と PD での体性感覚誘発脳磁場の測定を行い、反回曲線を測定した。健常人高齢者と PD、若年者の1秒間隔での80msの反回抑制を測定した。被検者には安静仰臥位にて右手首正中神経に電極をあて 0.2ms の定電流で 2 回連続刺激を行い電流推定を行った。反回曲線は、若年者と高齢者で1波2波に有意な差が見られた。また、PDと高齢者では1波2波の反応は、1波の抑制が異なっていた。しかし、2波の反応は同様であった。PD患者では加齢に伴う反回抑制の機構の障害が解離していると考えられた。

  8. 脳科学を応用した疼痛関連SNP解析技術の確立

    研究課題/研究課題番号:15K10400  2015年4月 - 2018年3月

    岩月 克之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    手根管症候群で母指と中指刺激で体性感覚誘発脳磁場の推定電流源間距離は短いことが認められた。正中神経の2連続刺激により得られるSEFの回復曲線は手根管症候群で早期の回復が認められ、感覚皮質での抑制的神経活動が減少していることが示唆された。coherence解析で島皮質での周波数対応に差が認められ、脳内の接続性異常を検出することが可能になった。同様にCRPS患者においてVASと皮質間coherence値の相関を解析し、帯状回および島皮質、前頭葉などでVAS値とcoherenceが高い負の相関を示し、脳内の接続性異常を検出した。これらの検出結果と生化学的な結果についての相関解析を行った。

  9. 脳磁計を用いた安静時および刺激誘発脳活動における脳内神経接続の測定に関する研究

    研究課題/研究課題番号:15K09349  2015年4月 - 2018年3月

    寳珠山 稔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    安静時および課題遂行時の誘発脳磁活動における神経接続性(connectivity)について脳磁計を用いて明らかにした。研究では、健常人の体性感覚、聴覚、運動の各課題遂行時の脳各皮質領域の接続性を最新の手法を用いて電流分布計算およびconnectivity解析した。病態の解析としては末梢神経障害(手根管症候群)および中枢性疾患(パーキンソン病)を対象に研究を実施した。一連の研究結果は11編の英文専門誌に掲載発表された。本研究によって脳磁場解析手法の確立と大脳皮質接続性の解析から病態の解明に寄与する成果を残すことができた。
    本研究は臨床脳波解析に利用可能な手法であり今後の臨床応用が期待された。

  10. 非侵襲的生理学的手法による大脳内神経伝導に関する研究

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C), 課題番号:24591292

    寳珠山 稔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. 健常人および神経疾患患者における大脳情報処理能力に関する神経生理学的研究

    2002年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C), 課題番号:14570588

    珠山 稔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. 機能回復過程における大脳機能の非侵襲電気生理学的手法による研究

    2000年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C), 課題番号:12832024

    寳珠山 稔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. 随意運動制御機構の大脳生理学的研究

    1998年4月 - 2000年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C), 課題番号:10670614

    寳珠山 稔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  14. 大型及び超小型磁場計測装置を用いたヒト高次脳機能の研究

    1998年4月 - 1999年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究(A), 課題番号:10164246

    柿木隆介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  15. 脳磁図を用いたヒト痛覚認知機構の研究

    1996年4月 - 1999年3月

    科学研究費補助金  萌芽的研究, 課題番号:08878160

    柿木 隆介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  16. 生理学的手法(脳磁図,脳波)を用いたヒト脳機能の非侵襲的研究

    1995年4月 - 1997年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B), 課題番号:07458215

    柿木 隆介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  17. 生理学的手法(脳磁図,脳波,誘発筋電図)を用いた随意運動発現機構に関する研究

    1995年4月 - 1996年3月

    科学研究費補助金  奨励研究(A), 課題番号:07770485

    寳珠山 稔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 生物学実験

    2011