2021/03/22 更新

写真a

サワベ キヨウイチ
沢邊 恭一
SAWABE, Kyoichi
所属
大学院工学研究科 応用物質化学専攻 応用物理化学 講師
職名
講師
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 理学博士 ( 東京大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 触媒

  2. 表面

  3. 量子化学

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 薄膜・表面界面物性

  2. その他 / その他  / 物理化学

  3. ナノテク・材料 / ナノ構造化学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 窒素還元反応を可能とする酸化物触媒特性に関する理論研究

  2. 金属ナノ粒子触媒と担体酸化物の相互作用に関する理論研究

経歴 1

  1. 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所助手

    1990年12月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 1

  1. 東京大学   理学系研究科   化学専攻

    - 1988年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 分子シミュレーション学会

    2020年12月

  2. 分子科学会

  3. 触媒学会

  4. American Chemical Society

  5. 理論化学研究会

委員歴 3

  1. 化学グランプリ二次選考運営   学内調整  

    2015年3月 - 2016年2月   

  2. 化学教育協議会東海支部   庶務幹事  

    2014年4月 - 2016年3月   

  3. 化学グランプリ東海支部実行委員   委員長  

    2012年4月 - 2013年3月   

 

論文 48

  1. How to Constrain Metal-Oxyl Bonds on a Solid Surface? Lesson from Isovalent Zn(II)-Oxyl and Ga(III)-Oxyl Bonds Isolated in Zeolite Matrix

    Oda Akira, Tanaka Tomoyasu, Sawabe Kyoichi, Satsuma Atsushi

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY LETTERS   11 巻 ( 21 ) 頁: 9426 - 9431   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physical Chemistry Letters  

    DOI: 10.1021/acs.jpclett.0c02980

    Web of Science

    Scopus

  2. Spectroscopic Evidence of Efficient Generation of Dicopper Intermediate in Selective Catalytic Reduction of NO over Cu-Ion-Exchanged Zeolites

    Oda Akira, Shionoya Hitomi, Hotta Yuusuke, Takewaki Takahiko, Sawabe Kyoichi, Satsuma Atsushi

    ACS CATALYSIS   10 巻 ( 20 ) 頁: 12333 - 12339   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Catalysis  

    DOI: 10.1021/acscatal.0c03425

    Web of Science

    Scopus

  3. Effects of carbon number and bond saturation on hydrocarbon combustion over a diesel oxidation catalyst

    Tsuchiya Akihiro, Masaoka Sota, Ohyama Junya, Sawabe Kyoichi, Satsuma Atsushi

    CATALYSIS SCIENCE & TECHNOLOGY   10 巻 ( 12 ) 頁: 3868 - 3874   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Catalysis Science and Technology  

    DOI: 10.1039/d0cy00017e

    Web of Science

    Scopus

  4. Selective Hydrogenation of Cinnamaldehyde over the Stepped and Plane Surface of Pd Nanoparticles with Controlled Morphologies by CO Chemisorption

    Murata Kazumasa, Ogura Keiji, Ohyama Junya, Sawabe Kyoichi, Yamamoto Yuta, Arai Shigeo, Satsuma Atsushi

    ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES   12 巻 ( 23 ) 頁: 26002 - 26012   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Applied Materials and Interfaces  

    DOI: 10.1021/acsami.0c05938

    Web of Science

    Scopus

  5. Structure-Activity Relationship of Iron Oxides for NO Reduction in the Presence of C3H6, CO, and O-2

    Ueda Kakuya, Ohyama Junya, Sawabe Kyoichi, Satsuma Atsushi

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   25 巻 ( 61 ) 頁: 13964 - 13971   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemistry - A European Journal  

    DOI: 10.1002/chem.201902994

    Web of Science

    Scopus

  6. 金属酸化物とバイメタルで開拓する非貴金属自動車触媒 招待有り

    植田格弥,馬原優治,大山順也,沢邊恭一,薩摩篤

    ファインケミカル   48 巻 ( 4 ) 頁: 31-37   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  7. Synthesis of Supported Bimetal Catalysts using Galvanic Deposition Method 査読有り

    Mahara, Yuji and Ohyama, Junya and Sawabe, Kyoichi and Satsuma, Atsushi

    The Chemical Record     頁: 1527-8999   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/tcr.201700084

  8. A Theoretical Insight into Enhanced Catalytic Activity of Au by Multiple Twin Nanoparticles 招待有り 査読有り

    Kyoichi Sawabe, Taiki Koketsu, Junya Ohyama and Atsushi Satsuma

    Catalysts   7 巻   頁: 191   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.3390/catal7060191

  9. A Theoretical Insight into Enhanced Catalytic Activity of Au by Multiple Twin Nanoparticles

    Sawabe Kyoichi, Koketsu Taiki, Ohyama Junya, Satsuma Atsushi

    CATALYSTS   7 巻 ( 6 )   2017年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Catalysts  

    DOI: 10.3390/catal7060191

    Web of Science

    Scopus

  10. Ag-M (M: Ni, Co, Cu, Fe) bimetal catalysts prepared by galvanic deposition method for CO oxidation 査読有り

    Yuji Mahara, Hiroyuki Ishikawa1, Junya Ohyama, Kyoichi Sawabe, Atsushi Satsuma

    Catalysis Totay   265 巻   頁: 2-6   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Substrate-Specific Heterogeneous Catalysis of CeO2 by Entropic Effects via Multiple Interactions 査読有り

    Masazumi Tamura, Kyoichi Sawabe, Keiichi Tomishige, Atsushi Satsuma, Ken-ichi Shimizu

    ACS Catal.   5 巻   頁: 20-26   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Density-Functional Theoretical Study on the Role of Lewis and Brønsted Acid Sites on CeO2(110) Surfaces for Nitrile Hydration 査読有り

    Kyoichi Sawabe , Yukio Yoshikawa, Atsushi Satsuma

    Top. Catal.   57 巻   頁: 1094-1102   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Hydration of cyanopyridine on CeO2(110) surfaces was studied using periodic DFT+U calculations.One of two adsorption modes of 2-cyanopyridine occurs with two-point interaction which causes substrate specificity. A catalytic cycle for the hydration of 2-cyanopyridine was proposed. Cooperativity of Lewis and Brønsted acid sites was found to stabilize the intermediates for the hydration.

    DOI: 10.1007/s11244-014-0274-8

  13. Enhanced CO Oxidation Activity of Ni@Ag Core Shell Nanoparticles 査読有り

    Yuji Mahara,Hiroyuki Ishikawa, Junya Ohyama,Kyoichi Sawabe,Yuta Yamamoto,Shigeo Arai,,Atsushi Satsuma

    Chem. Lett.   43 巻   頁: 910-912   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. 自動車排ガス浄化用Agクラスター触媒の開発と作用機構研究 査読有り

    清水研一,沢邊恭一,薩摩篤

    触媒   54 巻   頁: 228-234   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  15. 自動車排ガス浄化用時の再生型Agナノクラスター触媒 査読有り

    清水研一,沢邊恭一,薩摩篤

    化学工業   63 巻   頁: 213-218   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  16. Hydration of nitriles to amides in water by SiO2-supported Ag catalysts promoted by adsorbed oxygen atom 査読有り

    Ken-ichi Shimizu, Naomichi Imaiida, Kyoichi Sawabe, Atsushi Satsuma

    Appl. Catal.   421/422 巻   頁: 114-120   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Unique catalytic features of Ag nanoclusters for selective NOx reduction and green chemical reactions 招待有り 査読有り

    Ken-ichi Shimizu, Kyoichi Sawabe, Atsushi Satsuma

    Catal. Sci. Technol.   1 巻   頁: 331-341   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Self-Regenerative Silver Nanocluster Catalyst for CO Oxidation 査読有り

    Ken-ichi Shimizu, Kyoichi Sawabe, and Atsushi Satsuma

    ChemCatChem   3 巻   頁: 1290-1293   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cctc.201100122

  19. Density functional theory calculation on the promotion effect of H2 in the selective catalytic reduction of NOx over Ag-MFI zeolite 査読有り

    Kyoichi Sawabe, Taisuke Hiro, Ken-ichi Shimizu, Atsushi Satsuma

      153 巻   頁: 90-94   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Mechanism of Helix Induction in Poly(4-carboxyphenyl isocyanide) with Chiral Amines and Memory of the Macromolecular Helicity and Its Helical Structures 査読有り

    Yoko Hase, Kanji Nagai, Hiroki Iida, Katsuhiro Maeda, Noriaki Ochi, Kyoichi Sawabe, Koichi Sakajiri, Kento Okoshi, and Eiji Yashima

    J. Am. Chem. Soc.   131 巻   頁: 10719-10732   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Oxidant-Free Dehydrogenation of Alcohols Heterogeneously Catalyzed by Cooperation of Silver Clusters and Acid–Base Sites on Alumina 査読有り

    Ken-ichi Shimizu, Kenji Sugino, Kyoichi Sawabe, and Atsushi Satsuma

    Chem. Eur. J.   15 巻   頁: 2341-2351   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. *Adsorption structure of thiophene on Si(100)-2x1 studied by scanning tunneling microscopy and densitity functional theory 査読有り

    Naoki Isobe, Tsutomu Shibayama, Yuichiro Mori, Kosuke Shobatake, Kyoichi Sawabe

    Chem. Phys. Lett.   443 巻   頁: 347-351   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Removal of PCDDs/DFs and dl-PCBs in MWI fly ash by heating under vacuum 査読有り

    Y. Misaka, K. Yamanaka, K. Takeuchi, K. Sawabe and K. Shobatake

    Chemosphere   64 巻   頁: 619-627   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Dechlorination/hydrogenation and destruction reactions of PCDDs in OCDD-added fly ash 査読有り

    Y. Misaka, T. Abe, K. Takeuchi, K. Ohba, K. Sawabe and K. Shobatake

    Chemosphere   65 巻   頁: 419-426   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. *ロジウム錯体触媒を用いたアルキンのシリルホルミル化反応機構の理論的研究

      48 巻   頁: 147-149   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  26. Energy transfer in hyperthermal Xe-graphite surface scattering 査読有り

    Y. Watanabe, H. Yamaguchi, M. Hashinokuchi1, K. Sawabe, S. Maruyama, Y. Matsumoto, and K. Shobatake

    Eur. Phys. J. D   38 巻   頁: 103-109   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. *Trampoline motions in Xe-graphite(0001) surface scattering 査読有り

    Y. Watanabe, H. Yamaguchi, M. Hashinokuchi, K. Sawabe, S. Maruyama, Y. Matsumoto and K. Shobatake

    Chem. Phys. Lett.   413 巻   頁: 331-334   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Thermal reaction of polycrystalline SiC with XeF<SUB>2</SUB> 査読有り

    M. Watanabe, Y. Mori, H. Sakai, T. Iida, S. Koide, E. Maeta, K. Sawabe, and K. Shobatake

    J. Vac. Sci. Technol. A   23 巻   頁: 1638-1646   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Thermal reaction of polycrystalline AlN with XeF<SUB>2</SUB> 査読有り

    M. Watanabe, Y. Mori, T. Ishikawa, H. Sakai, T. Iida, K. Akiyama, S. Narita, K. Sawabe, and K. Shobatake

    J. Vac. Sci. Technol. A   23 巻   頁: 1647-1656   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Surface Characterization of 3C-SiC Exposed to XeF<SUB>2</SUB> 査読有り

    M. Watanabe, Y. Mori, H. Sakai, T. Iida, S. Koide, E. Maeta, K. Sawabe, and K. Shobatake

    Japanese Journal of Applied Physics   43 巻 ( 406 ) 頁: L346-L348   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Identification of Desorption Products from the Thermal Reaction of AlN with XeF<SUB>2</SUB> Vapor Using Molecular Beam Mass Spectrometry and a Time-of-Flight Technique 査読有り

    M. Watanabe, T. Iida, K. Akiyama, S. Narita, T. Ishikawa, H. Sakai, K. Sawabe, and K. Shobatake

    Japanese Journal of Applied Physics   42 巻   頁: L356-L358   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. X-ray photoelectron spectroscopy of polycrystalline AlN surface exposed to the reactive environment of XeF<SUB>2</SUB> 査読有り

    M. Watanabe, Y. Mori, T. Ishikawa, T. Iida, K. Akiyama, K. Sawabe, and K. Shobatake

    Applied Surface Science   217 巻 ( 1-4 ) 頁: 82-87   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Thermal Desorption Behavior of AlF<SUB>3</SUB> Formed on Al<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> 査読有り

    M. Watanabe, T. Iida, K. Akiyama, T. Ishikawa, H. Sakai, K. Sawabe, and K. Shobatake

    Japanese Journal of Applied Physics   42 巻 ( 391 ) 頁: L680-L682   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Removal of Dioxins in Fly Ash by Vacuum Heat Treatment II. Temperature Dependence and The Outcome Of OCDD 査読有り

    T. Abe, K. Takeuchi, Y. Misaka, H. Hattori, M. Itoh, K. Ohba, M. ; Watanabe, T. Imura, K. Sawabe, and K. Shobatake

    Organohalogen Compounds   58 巻   頁: 149-152   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Removal of Dioxins from Fly Ash by Vacuum Heat Treatment I. Temperature Dependence 査読有り

    K. Shobatake, K. Yamanaka, K. Takeuchi, T. Seki, T. Imura, T. Abe, and K. Sawabe

    Organohalogen Compounds   54 巻   頁: 230-233   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Laser-Induced Photochemistry of Methane on Pt(111): ExcitationMechanism and Dissociation Dynamics 査読有り

    Y. Matsumoto, Y. A. Gruzdkov, K. Watanabe and K. Sawabe

    Journal of Chemical Physics   105 巻   頁: 4775-4788   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Angular Distributions of N<SUB>2</SUB> in Photodissociation of N<SUB>2</SUB>O Adsorbed on a Partially Oxidized Si(100) Surface at 95K 査読有り

    J. Lee, H. Kato, K. Sawabe, and Y. Matsumoto

    Chemical Physics Letters   240 巻   頁: 417-422   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. The Reactivity of Molecular and Atomic Oxygen in Oxygen-Exchange Reaction between NO and O<SUB>2</SUB> Coadsorbed on a Pt(111) Surface 査読有り

    K. Sawabe, Y. Matsumoto, J. Yoshinobu and M. Kawai

    Journal of Chemical Physics   103 巻   頁: 4757-4764   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Oxygen-Exchange Reaction between O<SUB>2</SUB> and NO Coadsorbed on a Pt(111) Surface: Reactivity of Molecularly Adsorbed Oxygen 査読有り

    K. Sawabe and Y. Matsumoto

    Surface Science   303 巻   頁: L385-L391   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. An Ab Initio Molecular Orbital Study on Adsorption at the MgO surface. II. Site Dependency of Hydrogen Chemisorption on the (MgO)<SUB>4,6,8</SUB> clusters 査読有り

    K. Sawabe, N. Koga, K. Morokuma, and Y. Iwasawa

    Journal of Chemical Physics   101 巻   頁: 4819-4825   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. An Ab Initio Molecular Orbital Study on Adsorption at the MgO surface. III. Cooperativity of Ionic Adsorbates 招待有り 査読有り

    K. Sawabe, K. Morokuma, and Y. Iwasawa

    Journal of Chemical Physics   101 巻   頁: 7095-7100   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Photochemical C-H Bond Activation of Methane on a Pt(111) Surface 査読有り

    Y. A. Gruzdkov, K. Watanabe, K. Sawabe and Y. Matsumoto

    Chemical Physics Letters   227 巻   頁: 243-247   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Dynamics of Photochemical Processes of N<SUB>2</SUB>O Adsorbed on Metal and Semiconductor Surfaces

    Y. Matsumoto, J. Lee, H. Kato, K. Sawabe

    SPIE Proceedings   2125 巻   頁: 303-311   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Photochemistry and Photodissociation Dynamics of N<SUB>2</SUB>O on Metal Surfaces

    Y. Matsumoto, K. Sawabe, and J. Lee

    SPIE Proceedings   1858 巻   頁: 378-389   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Laser-Induced Photochemistry of Nitrous Oxide on a Pt(111) Surface 査読有り

    K. Sawabe and Y. Matsumoto

    Surface Science   283 巻   頁: 12-131   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Dynamics of the Oxygen Combination Reaction on Pt(111) Initiated by Photodissociation of N<SUB>2</SUB>O at 193 nm: O<SUP>*</SUP>+O(ad) → O<SUB>2</SUB>(g) 査読有り

    K. Sawabe, J. Lee, and Y. Matsumoto

    Journal of Chemical Physics   99 巻   頁: 3143-3146   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Structure of Adsorbed N<SUB>2</SUB>O on a Pt(111) Surface and Photodissociation at 193 nm: Effective Formation of Oxygen Adatoms 査読有り

    K. Sawabe and Y. Matsumoto

    Chemical Physics Letters   194 巻   頁: 45-50   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Influence of Pre- and Postdeposited Au on Coadsorbed CO on Ru(001) 査読有り

    K. Sawabe, C. Egawa, T. Aruga, and Y. Iwasawa

    Langmuir   5 巻   頁: 348-352   1989年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. 第5版実験化学講座 第7巻電気物性、磁気物性

    日本化学会( 担当: 共著)

    丸善株式会社  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 機器分析化学

    ( 担当: 共著)

    朝倉書店  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 80

  1. 触媒計算化学 招待有り

    沢邊恭一

    触媒道場  2020年9月28日  触媒学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  2. 還元ガス圧依存性を考慮したPdナノ粒子形状変化の理論研究

    沢邊 恭一・村田 和優・薩摩 篤

    第126回触媒討論会  2020年9月17日  触媒学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月16日 - 2020年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. 金属ナノ粒子触媒の形態効果に関する理論研究 招待有り

    沢邊恭一

    化学反応経路探索のニューフロンティア2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  4. Agナノ粒子の双晶構造における CO 酸化反応活性向上に関する理論研究

    沢邊 恭一,田村 武裕,薩摩 篤

    第22回理論化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月24日 - 2019年5月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道大学   国名:日本国  

  5. COガス処理によって調製した双晶Agナノ粒子上でのCO酸化活性

    田村 武裕・沢邊 恭一・大山 順也・薩摩 篤

    第30回触媒学会キャラクタリゼーション講習会  2020年12月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  6. 固相イオン交換法により調製されたRh(II)担持ゼオライト触媒のメタン部分酸化反応特性

    堀江瑞希・織田晃・青野康志郎・沢邊恭一・薩摩篤

    第36回ゼオライト研究発表会  2020年11月  ゼオライト学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月19日 - 2020年11月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. COガス処理で形態制御された担持Agナノ粒子上でのCO酸化反応

    田村 武裕・沢邊 恭一・大山 順也・薩摩 篤

    第50回石油・石油化学討論会  2020年11月  石油学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月12日 - 2020年11月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本城ホール  

  8. CO前処理により形態制御されたPdナノ粒子上でのシンナムアルデヒド選択的水

    村田 和優・小椋 啓司・山本 悠太・荒井 重勇・沢邊 恭一・大山 順也・薩摩 篤

    触媒学会  2020年9月  触媒学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月16日 - 2020年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. ゼオライト場を利用した異常原子価の創出ならびにそれらによる安定小分子の活性化

    織田晃,黒田泰重,沢邊恭一,薩摩篤

    第35回ゼオライト研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月5日 - 2019年12月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. COガス処理による双晶Agナノ粒子の調製法とそのCO酸化反応活性

    田村 武裕,沢邊 恭一,大山順也,薩摩 篤

    第124回触媒討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月18日 - 2019年9月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎大学   国名:日本国  

  11. Pd(111)とPt(111)表面上での飽和および不飽和炭化水素吸着とその燃焼活性に関する理論的研究

    政岡 壮太,土屋 明宏,薩摩 篤,沢邊 恭一

    第13回分子科学討論会2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月17日 - 2019年9月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  12. ディーゼル酸化触媒の炭化水素被毒における炭素数と不飽和結合の影響

    土屋 明宏,政岡 壮太,沢邊 恭一,薩摩 篤

    第123回触媒討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月20日 - 2019年3月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪市立大学 杉本キャンパス   国名:日本国  

  13. A Computational Study of Shape Effect of Metal Nanoparticles on CO Adsorption 招待有り 国際会議

    Kyoichi Sawabe

    International Congress on Pure & Applied Chemistry Langkawi 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月30日 - 2018年11月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Langkawi, Malaysia   国名:マレーシア  

  14. ディーゼル酸化触媒表面上での飽和および不飽和炭化水素による被毒作用に関する研究

    政岡 壮太・土屋 明宏・薩摩 篤・沢邊 恭一

    第122回触媒討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月26日 - 2018年9月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道教育大学   国名:日本国  

  15. ディーゼル酸化触媒(DOC)上での炭化水素吸着に関するDFT-D3計算

    政岡 壮太・薩摩 篤・沢邊 恭一

    第121回触媒討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月22日 - 2018年3月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  16. CO還元処理で調製したAu, Pd, Pd-Au触媒によるシンナムアルデヒド水素化

    服部 美月、大山 順也、沢邊 恭一、山本 悠太、荒井 重勇、薩摩 篤

    第47回石油・石油化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月16日 - 2017年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鳥取   国名:日本国  

  17. Density Functional Study on Enhancement Factor of CO Oxidation Catalysis by Multiply Twin Structure of Au Nanoparticles 国際会議

    Kyoichi Sawabe

    BIT's 8th Annual Global Congress of Catalysis-2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月20日 - 2017年10月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  18. ナノ粒子構造柔軟性の定量評価によるAu双晶構造の触媒活性に関する理論研究

    沢邊 恭一、服部 美月、大山 順也、薩摩 篤

    第11回分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月15日 - 2017年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  19. A Theoretical Insight into the Enhanced Catalytic Activity of Au by Multiple Twin Nanoparticles 国際会議

    Kyoichi Sawabe, Mizuki Hattori, Taiki Koketsu, Junya Ohyama, Atsushi Satsuma

    16th Korea-Japan Symposium on Catalysis & 3rd International Symposium of Institute for Catalysis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月15日 - 2017年5月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. Enhanced Hydrogenation of Cinnamaldehyde by Twinned Structure of Au Nanoparticles 国際会議

    Mizuki Hattori, Taiki Koketsu, Junya Ohyama, Kyoichi Sawabe, Yuta Yamamoto, Shigeo Arai, Atsushi Satsuma

    16th Korea-Japan Symposium on Catalysis & 3rd International Symposium of Institute for Catalysis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月15日 - 2017年5月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. CO還元処理によって調製した担持Au触媒の構造とCO酸化反応活性

    纐纈 太希・大山 順也・沢邊 恭一・山本 悠太 ・荒井 重勇、薩摩 篤

    第46回石油・石油化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月17日 - 2016年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都リサーチパーク   国名:日本国  

  22. Co系複合酸化物のNO-CO反応

    辻雅史・廣瀬哲・三上仁志・迫田昌史・堂坂健児・大島正己・大山順也・沢邊恭一・薩摩篤

    第118回触媒討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月21日 - 2016年9月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手大学(盛岡)   国名:日本国  

  23. 双晶型および単結晶型Auナノ粒子によるCO酸化反応のサイズ依存性に関する密度汎関数法計算

    沢邊 恭一・纐纈 太希・大山 順也・薩摩 篤

    第118回触媒討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月21日 - 2016年9月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手大学(盛岡)   国名:日本国  

  24. 担持双晶Auナノ粒子触媒を用いた不飽和アルデヒドの水素化反応

    服部美月・纐纈太希・大山順也・ 沢邊恭一・山本悠太・荒井重勇・ 薩摩篤

    第118回触媒討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月21日 - 2016年9月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. Au双晶ナノクラスターによる触媒反応活性向上因子の理論研究

    沢邊 恭一、纐纈 太希、大山 順也、薩摩 篤

    第19回理論化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月23日 - 2016年5月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  26. Influence of galvanic deposition method for Ag-M (M: Ni, Co, Cu, Fe) bimetal catalyst on CO oxidation 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月26日 - 2015年5月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  27. Ni@Agバイメタル触媒のCO酸化反応に関する密度汎関数法計算 国際会議

    沢邊 恭一,馬原 優治,大山 順也,薩摩 篤

    第18回理論化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月20日 - 2015年5月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪大学   国名:日本国  

  28. CO酸化反応におけるAg island/Ni(111)のバイメタル効果に 関する密度汎関数法計算

    馬原 優治, 沢邊 恭一, 大山 順也, 薩摩 篤

    第115回触媒討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月23日 - 2015年3月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:成蹊大学   国名:日本国  

  29. Ni@Agバイメタル触媒のCO酸化反応に関する密度汎関数法計算

    沢邊 恭一,馬原 優治,大山 順也,薩摩 篤

    第8回分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月21日 - 2014年9月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島大学   国名:日本国  

  30. Influence of reduction temperature on CO oxidation activity over Ag-Ni bimetal catalysts 国際会議

    Yuji Mahara, Hiroyuki Ishikawa,Junya Ohyama,Kyoichi Sawabe, Atsushi Satsuma

    The 11th International Symposium on the "Scientific Bases for the Preparation of Heterogeneous Catalysts" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月6日 - 2014年6月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ベルギー王国  

  31. CO Oxidation over Ni@Ag/SiO2 prepared by Galvanic Deposition Method 国際会議

    Yuji Mahara, Hiroyuki Ishikawa,Junya Ohyama,Kyoichi Sawabe, Atsushi Satsuma

    The Seventh Tokyo Conference on Advanced Catalytic Science and Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月1日 - 2014年6月6日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. シアノピリジンの水和反応に対するCeO2触媒表面の面方位の違いによる反応性 国際会議

    沢邊恭一、薩摩篤

    第17回理論化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月22日 - 2014年5月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  33. CO酸化反応におけるNi(111)上のAg islandの役割に関する密度汎関数法計算

    馬原 優治・大山 順也・沢邊 恭一・薩摩 篤

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月27日 - 2014年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  34. Theoretical study on role of Lewis acid of CeO2 on selective nitrile hydration 国際会議

    Kyoichi Sawabe, Yukio Yoshikawa, Atsushi Satsum

    The Sixteenth International Symposium on Relations between Homogeneous and Heterogeneous Catalysis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月4日 - 2013年8月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. Property of small Ag clusters governed by the topology of molecular orbital composed of s orbitals 国際会議

    Kyoichi Sawabe

    Collaborative Conference on Materials Research 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月24日 - 2013年6月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  36. CeO2(110)表面におけるシアノピリジンの水和反応に関する理論研究

    沢邊 恭一,吉川 幸男,薩摩 篤

    第16回理論化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月15日 - 2013年5月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡市健康づくりサポートセンター(あいれふ)   国名:日本国  

  37. Theoretical study on role of Lewis acid of CeO2 on selective nitrile hydration 国際会議

    Kyoichi Sawabe,Yukio Yoshikawa, Junya Ohyama, Atsushi Satsuma

    7th International Symposium on Acid-Base Catalysis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月12日 - 2013年5月15日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  38. DFT計算を用いたニトリルの水和反応におけるCeO2触媒の基質特異性の検討

    吉川幸男, 沢邊恭一, 薩摩篤

    第6回分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月18日 - 2012年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  39. ニトリルの水和反応におけるO/Ag、Ag2O表面の酸素による促進効果に関する理論研究

    松本 望、薩摩 篤、沢邊 恭一

    第15回理論化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月24日 - 2012年5月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台市福祉プラザ   国名:日本国  

  40. Theoretical Study on the Substrate-Specific Hydration of Cyanopyridine over a CeO2 Catalyst

    Kyoichi Sawabe, Yukio Yoshikawa, Ken-ichi Shimizu, and Atsushi Satsuma

    International symposium on elusidation and design of materials and molecular function 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月28日 - 2011年11月30日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  41. 酸化セリウムによる基質特異的ニトリル水和反応とその機構解明

    田村 正純・若杉 浩子・殿村 拓也・吉川 幸男・清水 研一・沢邊 恭一・薩摩 篤

    第108回触媒討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月20日 - 2011年9月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北見工業大学   国名:日本国  

  42. アルミナ上へのAgの自発的分散化現象を利用した自己再生型酸化触媒の開発

    清水研一・沢邊恭一・薩摩篤

    第107回触媒討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月29日 - 2011年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. CeO2(111)上でのシアノピリジンミド化反応機構理論計算による解明

    吉川幸男・田村正純・清水研一・薩摩篤・沢邊恭一

    第107回触媒討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月29日 - 2011年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  44. DNA機能の可視光制御を目指したアゾベンゼン修飾の分子設計

    石川 顕慎・西岡 英則・沢邊 恭一・梁 興国・浅沼 浩之

    日本化学会第91春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月26日 - 2011年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神奈川大学横浜キャンパス   国名:日本国  

  45. NBO計算によるパラメータの多重回帰分析を用いた塩基性度の定量予測とその応用

    志村 直隆、沢邊 恭一

    日本化学会第91春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月26日 - 2011年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川大学横浜キャンパス   国名:日本国  

  46. 金属酸化物上でのアルドール縮合反応における活性因子の計算化学的検討

    志村 直隆, 清水 研一, 沢邊 恭一, 薩摩 篤

    第107回触媒討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. アルキルチオアゾベンゼンによるDNA二重鎖形成と解離の可視光制御

    石川 顕慎 , 西岡 英則 , 沢邊 恭一 , 梁 興国 , 浅沼 浩之

    第4回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  48. Unique catalytic behavior of Ag cluster in selective NOx reduction and greener chemical reactions 国際会議

    Japan-UK Symposium: Catalysis for a Sustainable World 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  49. 化学的相互作用の多重回帰分析による酸性度の定量的予測

    沢邊 恭一,大崎 薫

    第13回理論化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  50. Density functional theory calculation on the promotion effect of H2 in the selective catalytic reduction of NOx over Ag-MFI zeolite 国際会議

    The 4th Japan China Workshop on Environmental Catalysis and Eco-Materials 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. AgクラスターによるCO酸化反応の理論的研究

    沢邊 恭一

    第3回分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  52. NBOを用いた相互作用の個別評価による酸・塩基性の定量的予測とその応用

    志村 直隆,沢邊 恭一

    第3回分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  53. DNA鎖中の色素会合形成で誘起されたUV吸収ピークシフトに関する理論研究

    久保 淳一,沢邊 恭一

    第3回分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  54. NBOを用いた相互作用の個別評価による酸・塩基性の定量的予測

    志村直隆・沢邊恭一

    第12回 理論化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  55. CH活性化に関与するAgクラスターの構造と反応性について

    沢邊 恭一、春日部 秀明、清水 研一、薩摩 篤

    第12回 理論化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. Si表面上に吸着したトルエンの熱反応による一次元ナノ構造制御

    西森 友昭,沢邊恭一

    第2回分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  57. Quantum Chemical Study on the Promotion Effect of H2 in the Selective Catalytic Reduction of NOx over Ag-MFI Zeolite 国際会議

    WATOC2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  58. 密度汎関数法を用いた Ag13 クラスターによる C-H 活性化機構の解明

    春日部 秀明・沢邊 恭一・清水 研一・薩摩 篤

    第2回分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  59. TALH による TiO2結晶成長の初期反応及び水和の影響に関する理論的研究

    第2回分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  60. Role of Ag Cluster on Hydrogen Effect of HC-SCR over Ag/alumina 国際会議

    5th International Conference on Environmental Catalysis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  61. TALHによるTiO2結晶成長の初期反応に関する理論的研究

    久保淳一 沢邊恭一

    第11回理論化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  62. Ag/MFI触媒による脱硝反応の活性種とその触媒サイクルに関する密度汎関数法を用いた研究

    沢邊 恭一・岩田 泰高・清水 研一・薩摩 篤

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. Si(100)表面上におけるベンゼンの吸着状態選別

    西森 友昭, 久保 淳一, 沢邊 恭一

    第1回分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  64. GNUPLOTのフロントエンドIDEエディタの開発

    沢辺恭一

    日本コンピュータ化学会2006秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. 密度汎関数法を用いたゼオライト上のAgクラスター生成とその反応性に関する研究

    沢辺 恭一・広 泰介・清水 研一・薩摩 篤

    第98回触媒討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  66. ポリフェニルイソシアニド誘導体へのらせん誘起と記憶およびらせん構造

    長谷陽子・飯田拡基・前田勝浩・沢辺恭一・越智紀章・坂尻浩一・大越研人・八島栄次

    第55回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  67. 擬似的周期構造モデルを適用したポリフェニルイソシアニドのらせん構造に関する研究

    沢辺恭一、越智紀章、長谷陽子、前田勝浩、八島栄次

    日本化学会第86春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. ロジウム錯体触媒を用いたアルキンのシリルホルミル化反応機構の理論的研究

    越智紀章、沢辺恭一、薩摩篤、松田勇

    第97回触媒討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. Theoretical study on adsorption of thiophene on the Si(100) surface and structural conversion between the adsorption configurations 国際会議

    Pacifichem2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  70. STM observation on thermal aggregation of thiophene on Si(100) surface 国際会議

    Pacifichem2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  71. ポリイソシアニドのらせん構造に関する理論的研究

    越智紀章、長谷陽子、沢辺恭一

    日本コンピュータ化学会2005秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. 分子線散乱法によるKr,ベンゼン,n-ヘキサンとグラファイト表面の衝突散乱過程の研究

    渡部 佳優,橋本 良知,橋之口 道宏,平間 芳輝,沢邊 恭一,正畠 宏祐

    2005分子構造総合討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. チオフェン分子のSi(100)面上への吸着および吸着構造変換の理論的研究

    森祐一郎・沢辺恭一・正畠宏祐

    日本化学会第85春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  74. Rh錯体触媒を用いたアルキンのシリルホルミル化反応機構の理論的研究

    越智紀章・沢辺恭一・松田勇・正畠宏祐

    日本化学会第85春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  75. Si(100)表面上におけるチオフェン熱分解反応のSTM観察

    加藤薫子・磯部直希・石井淳史・沢辺恭一・正畠宏祐

    日本化学会第85春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  76. Rh錯体触媒を用いたアルキンのシリルホルミル化反応機構の理論的研究

    越智 紀章, 沢辺 恭一, 松田 勇, 正畠 宏祐

    2004分子構造総合討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  77. Si(100)-2×1表面上におけるチオフェン吸着構造のSTM観察

    加藤薫子・磯部直希・石井淳史・沢辺恭一・正畠宏祐

    第35回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  78. Si(100)表面に吸着したビチオフェン熱分解反応のXPS観察

    望月 雅由, 元矢 佳保里, 沢辺 恭一, 正畠 宏祐

    第20回化学反応討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  79. Si(100)表面上でのチオフェン吸着構造及びトンネル電流誘起構造変化の研究

    磯部 直希, 柴山 勉, 沢辺 恭一, 正畠 宏祐

    第20回化学反応討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  80. Rh錯体触媒を用いたアルキンのシリルホルミル化反応機構の理論的研究

    越智紀章、沢辺恭一、松田 勇、正畠宏祐

    日本化学会第84春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. DOC再生制御中に供給されたミストを含む燃料の排気管および酸化触媒上の現象解明とモデル化研究

    2017年04月 - 2018年03月

    学内共同研究 

科研費 2

  1. In-situ/operando分光法に立脚した精密環境触媒設計

    研究課題/研究課題番号:18H01787  2018年04月 - 2021年03月

    薩摩 篤

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    [課題1]タンデム型貴金属フリー自動車三元触媒:スピネル型鉄酸化物のNO還元活性が高い理由が、Feサイト上へのNOの強い吸着にあることをin-situ/operando IR, DFT計算により明らかにした(成果1)。貴金属触媒を超えるNO還元活性を示すタンデム触媒(成果5)の現時点の問題は、前段の炭化水素選択酸化触媒に毒性の高いCrを含む材料を使っている点にある。このため、本年度から来年度にかけて低毒性の酸化物をベースとする触媒の開発を目指した。アナターゼ担持V2O5が良好なHC選択酸化触媒として働くことを見いだし、選択的な炭化水素の燃焼が強いプロピレンの吸着にあることを明らかにした(投稿準備中)。
    [課題2] 担体-貴金属相互作用による触媒活性の制御:アルミナ担持Pdナノ粒子状でのCO酸化反応においてPdコーナーサイトとPd(111)が高活性を示すことをin-situ IRにより明らかにした(成果2)。均一なPdナノ粒子を用いることによりPd粒子サイズと形態の影響を排除して、担持Pd触媒における担体効果を明らかにした。メタン燃焼活性は担体の酸化物形成エンタルピーに対して火山型の相関を示した。メタン酸化に高い活性を示したPdナノ粒子は、Pd金属コア-酸化物シェルの構造を持つことをSTEM-EELS, XPSにより明らかにした(成果3)。
    [課題3]アルカリ電解液中での水素酸化反応の活性制御: 陰イオン交換膜燃料電池用のPt/Cアノード触媒をRuやFeで表面修飾することにより、OH被毒が緩和されて水素酸化反応の触媒活性が向上すすることをin-situ XAFSにより明らかにした (成果4)。この成果により、当初目標である「合金化による基質配位状態の制御による高活性触媒の設計」を達成した。
    昨年度掲げた3つの課題において、計画に沿った成果を上げ、論文としての成果の発表を行っている。
    2018年度、2019年度の成果を踏まえて、最終年度の2020年度は以下の検討行って成果をまとめる。
    [課題1]金属酸化物による貴金属フリー自動車三元触媒:タンデム触媒の現時点の問題は、前段の炭化水素選択酸化触媒に毒性の高いCrを含む材料を使っている点にある。このため、本年度から来年度にかけて低毒性の酸化物をベースとする触媒を開発する。アナターゼ担持V2O5が良好なHC選択酸化触媒として働くことを見いだし、選択的な炭化水素の燃焼が強いプロピレンの吸着にあることを明らかにした。この成果を、国際会議および学術論文として発表する。
    [課題2]担体-貴金属相互作用による触媒活性の制御:これまで、CO酸化、メタン酸化といった環境汚染物質除去の反応により、担体-貴金属相互作用を調べてきた。これらは活性のみでしか判断できず、担体-貴金属相互作用の量は議論できても質的な議論が十分出来ていない。このため、選択性が議論できる系をモデル反応として、担体-貴金属相互作用を議論する。具体的にはシンアムアルデヒドの水素化反応(C=CとC=Oのどちらが水素化されるか)を題材とする予定である。

  2. 金属酸化物とバイメタルで開拓する非貴金属自動車触媒

    研究課題/研究課題番号:15H04186  2015年04月 - 2018年03月

    薩摩 篤

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    自動車触媒は白金族が用いられているが、希少資源の資源枯渇によるリスクを避けるためには自動車触媒の脱・省貴金属化が必須である。本研究では、金属酸化物触媒では、スピネル型金属酸化物のNiFe2O4が既報の10倍のNO還元活性を示し、acetateなどの含酸素吸着種を中間体として進行する反応機構を明らかにした。またバイメタル触媒ではGalvanic deposition法で調製したRu-Co, Ag-Ni, Pd-Co触媒が、自動車三元反応、CO酸化、メタン酸化に高い活性を示すことを見いだした。上記により、非・省貴金属自動車三元触設計の可能性を示した。

 

担当経験のある科目 (本学) 12

  1. 数学2および演習

    2018

  2. 無機物質制御基礎論

    2012

  3. 量子化学

    2012

  4. 化学基礎I

    2012

  5. 化学基礎Ⅰ

    2011

  6. 無機物制基礎論

    2011

  7. アドバンス物理化学

    2011

  8. 量子化学

    2011

  9. 量子化学2

    2000

  10. 材料設計化学特論2

    2000

  11. 無機物理化学演習2

    2000

  12. 無機物理化学実験

    2000

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. 化学1

    2012年4月 - 現在 南山大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  2. 化学2

    2012年4月 - 現在 南山大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

 

社会貢献活動 2

  1. 化学グランプリ・オリンピック委員会

    2012年4月 - 現在

     詳細を見る

    2012年 東海支部実行委員長

  2. 化学協議会東海支部

    2012年4月 - 現在