2022/07/15 更新

写真a

シバタ ヨシアキ
柴田 好章
SHIBATA, Yoshiaki
所属
大学院教育発達科学研究科 教育科学専攻 学校情報環境学 教授
アジア共創教育研究機構 教授
大学院担当
大学院教育発達科学研究科
学部担当
教育学部 人間発達科学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 博士(教育学) ( 名古屋大学 ) 

  2. 修士(教育学) ( 名古屋大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 授業分析 授業研究 教師教育

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 教育学

  2. その他 / その他  / 教育工学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 逐語記録を対象とした量的手法による授業分析

  2. 協同的問題解決型の校内授業研究の組織と方法に関する研究

経歴 5

  1. 名古屋大学   大学院教育発達科学研究科   教授

    2015年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院教育発達科学研究科   准教授

    2007年4月 - 2015年3月

  3. 名古屋大学   大学院教育発達科学研究科   助教授

    2001年4月 - 2007年3月

  4. 上越教育大学 学校教育学部 講師

    2000年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 上越教育大学 学校教育研究センター 助手

    1997年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 名古屋大学   教育学研究科   教育学

    - 1997年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   教育学部   教育学科

    - 1991年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本教育学会

  2. 中部教育学会

  3. 日本教育方法学会

  4. 日本教育工学会

  5. 日本カリキュラム学会

受賞 1

  1. 日本教育工学会研究奨励賞

    1997年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 69

  1. The principles of teacher's decision-making in Japanese board writing (bansho) process

    Tan Shirley, Nozaki Shiho, Fu Hongxue, Shibata Yoshiaki

    ASIA PACIFIC JOURNAL OF EDUCATION     2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1080/02188791.2021.1924119

    Web of Science

  2. 一人一人の子どもの豊かな学びを実現するための授業研究の役割 (公開シンポジウム)

    柴田好章

    中部教育学会紀要   20 巻   頁: 53 - 60   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  3. 授業における子どもの認識の展開過程の可視化 : オントロジーを利用して

    坂本 將暢・丹下 悠史・ 柴田 好章・埜嵜, 志保:他16名

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 教育科学   66 巻 ( 2 ) 頁: 157 - 172   2020年3月

  4. 名古屋大学教育方法研究室における「授業分析」と「R.R. 方式」の教育評価論としての意義の再検討

    柴田 好章・石原 正敬

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 教育科学   66 巻 ( 2 ) 頁: 139 - 155   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: https://doi.org/10.18999/nueduca.66.2.139

  5. 新学習指導要領の理論的課題 : 問題解決学習の立場から

    柴田好章

    社会科の初志をつらぬく会『考える子ども』   396 巻   頁: 6 - 11   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. From "chalk and talk" to "guide on the side": A cross-cultural analysis of pedagogy that drives customised teaching for personalised learning

    Arani Mohammad Reza Sarkar, Lander Bruce, Shibata Yoshiaki, Lee Christine Kim-Eng, Kuno Hiroyuki, Lau Andrew

    EUROPEAN JOURNAL OF EDUCATION   54 巻 ( 2 ) 頁: 233 - 249   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ejed.12340

    Web of Science

  7. 一人一人の子どもに応じた教育実践を展開するために : 授業記録にもとづく授業研究による教師の発達

    柴田好章

    社会科の初志をつらぬく会『考える子ども』   392 巻   頁: 22 - 28   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. 教師の問題解決学習としての授業改善と授業分析

    柴田好章

    社会科の初志をつらぬく会『考える子ども』   390 巻   頁: 39 - 46   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. 初志の会にとっての理論とは

    柴田好章

    社会科の初志をつらぬく会『考える子ども』   383 巻   頁: 31 - 35   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. 新学習指導要領と初志の会の問題解決学習

    柴田好章

    社会科の初志をつらぬく会『考える子ども』   379 巻   頁: 16 - 17   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. How teachers respond to students' mistakes in lessons A cross-cultural analysis of a mathematics lesson

    Arani Mohammad Reza Sarkar, Shibata Yoshiaki, Sakamoto Masanobu, Iksan Zanaton, Amirullah Aini Haziah, Lander Bruce

    INTERNATIONAL JOURNAL FOR LESSON AND LEARNING STUDIES   6 巻 ( 3 ) 頁: 249-267   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1108/IJLLS-12-2016-0058

    Web of Science

  12. 教科書の中の問題解決学習 : 生きている子どもの姿が教科書に見出せるか?

    柴田好章

    社会科の初志をつらぬく会『考える子ども』   371 巻   頁: 20 - 23   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. 「中間項による授業の記述とデータ解析に関わる諸問題の検討」

    柴田好章・中道豊彦・水野正朗・副島孝・坂本篤志・中島淑子・須田昂宏・埜崎志保・丹下悠史・付洪雪・堀田貴之・横山真理・近藤茂明・深谷久美・タン シャーリー・野村昂平・満田清恵・キラン チワリ

    『名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要—教育科学—』   60 巻 ( (2) ) 頁: 105-128   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. 高等学校における多様な学習成果の評価手法のあり方−能力観に着目して− 招待有り

    柴田好章

    愛知県教育委員会 平成25年度「高等学校における多様な学習成果の評価手法に関する調査研究」(文部科学省委嘱事業)     頁: 7-21   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  15. 授業洞察力を高める校内授業研究のあり方 招待有り 査読有り

    柴田好章

    考える子ども   ( 356 ) 頁: 18-22   2014年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  16. Reorienting the cultural script of teaching: cross cultural analysis of a science lesson 査読有り

    Mohammad Reza Sarkar Arani , Yoshiaki Shibata , Kim-Eng Christine Lee , Hiroyuki Kuno , Masami Matoba , Fong Lay Lean , John Yeo

    International Journal for Lesson and Learning Studies   3 巻 ( 3 ) 頁: 215 – 235   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1108/IJLLS-10-2013-0056

  17. 生徒の主体的な学びを実現している教師の実践知 : ナラティブとエビデンスを統合した研究アプローチの提案

    清道亜都子・水野正朗・柴田好章

    日本教育方法学会紀要『教育方法学研究』   38 巻   頁: 109-119   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. 問題解決学習の討論場面の中間記述言語を用いた授業分析 −江口武正「耕地整理」を対象にして−

    柴田好章

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要—教育科学—   57 巻 ( 1 ) 頁: 1-14   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  19. 江口武正『耕地整理』の今日的意義と地域に根ざした教育の課題-社会問題への教育実践からのアプローチの可能性-

    上越教育大学学校教育実践研究センター研究報告書(平成21年度版)     頁: 20-27   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  20. 授業研究における理論知と実践知の統合に関する研究(2)-理論に基づく協同学習と作文教育の授業モデルの提案-

    柴田好章・水野正朗・清道亜都子

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要 ―教育科学―   56 巻 ( 1 ) 頁: 119-134   2009年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  21. 専門課程におけるキャリア教育科目を対象とした授業研究

    坂本將暢・鈴木庸介・柴田好章・寺田盛紀

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要 ―教育科学―   56 巻 ( 1 ) 頁: 135-147   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  22. 授業分析における児童発言の多様な解釈の問題性

    柴田好章

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要 ―教育科学―   56 巻 ( 1 ) 頁: 43-55   2009年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  23. 教師の専門性を高め合う授業研究のあり方―「ぶれない専門性」と「さらなる専門性」を求めて―

    平成20年度上越教育大学学校教育実 践研究センター研究報告書     頁: 18-35   2009年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  24. *授業分析用中間記述言語に関する予備的研究

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要ー教育科学ー   55 巻 ( 2 ) 頁: 37 - 45   2009年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  25. 「活用型」学力を問う-2008年改訂学習指導要領の学力観をもとに-

    柴田好章

    社会科の初志をつらぬく会編『考える子ども』   ( 320 ) 頁: 23-28   2009年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  26. 授業研究に おける理論知と実践知の統合に関する研究( 1 ) ―理論的根拠にもとづく協同学習と作文教育の構想ー

    柴田好章・水野正朗・清道亜都子

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要ー教育科学ー   55 巻 ( 1 ) 頁: 175-186   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  27. *教育学研究における知的生産としての授業分析の可能性 -重松鷹泰・日比裕の授業分析の方法を手がかりに- 査読有り

    教育学研究   74 巻 ( 2 ) 頁: 189-202   2007年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    重松鷹泰の授業分析の方法やそれにもとづく日比裕らによる授業諸要因の関連構造の考え方を参考にしながら、教育学の基礎研究として、授業の理論的構造を記述するための方法を検討した。解釈学的で質的な授業分析の条件として、(1)事実にもとづく理論構成、(2)教育実践からの参照可能性のある理論構成、(3)可塑性のある理論構成、(4)子どもの思考過程の解明、(5)動的な把握の5つを導き出した。これまでの研究を振り返ると、特に(3)の可塑性のある理論構成を満たすまでに至っておらず、関連構造の新しい記述法が開発される必要がある。

  28. Quantitative Analysis of Student Communication Practice: An Alternative Perspective on Lesson Study Approach

    Redesigning Pedagogy 2007 Conference Abstract, Singapore     頁: 212   2007年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  29. School-university partnerships: a new recipe for creating professional knowledge in school 査読有り

    Masami Matoba, Yoshiaki Shibata and Mohammad Reza Sarkar Arani

    Educational Research for Policy and Practice   6 巻 ( 1 ) 頁: 55-65   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. 名古屋大学におけるキャリア教育の体系化と評価のあり方 ー現代GP「専門教育型キャリア教育体系の構築」ー

    名古屋大学キャリア教育効果検討プロジェクト(名古屋大学学生相談総合センター、名古屋大学キャリア支援・教育開発センター準備室)『キャリア教育の効果をどう把握すればよいのか』     頁: 1-19   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    平成18年度に、現代GPとして採択された、名古屋大学のキャリア教育の取組の概要と、その評価のあり方について論じた。名古屋大学では、研究大学、総合大学としての特性をいかし、専門教育型キャリア教育体系の構築をめざしている。1)院生・学生が系統的にアクセスできるキャリア基礎教育・支援プログラム体系の創出、2)キャリア志向の専門科目群の構築、3)SD・FDのプログラムの考案と実施、4)実施体制の整備を、主な事業内容としている。

  31. Delivering Jugyou Kenkyuu for Reframing Schools as Learning Organizations: An Examination of the Process of Japanese School Change

    Mohammd Reza Sarkar Arani, Yoshiaki Shibata and Masami Matoba

    Nagoya Journal of Education and Human Development   ( 3 )   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  32. Leardership for Learning: An Examination of Lesson Study in Fukisima District School

    Yoshiaki Shibata, Takenobu Fukaya, Takateru Yamamoto, Kenji Asano, Hikozou Takeuchi, Takahiro Mouri, Eiki Ooka, Chikako Kuroda and Masami Matoba

    The 2nd Annual Conference on Learning Study, Program Book, Center for Learning-study And School Partnership, The Hong Kong Institute of Education     頁: -   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  33. 内在的な価値に基づく学力への転換

    社会科の初志をつらぬく会『考える子ども』   ( 304 ) 頁: 54-57   2006年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    本論文では、価値と結びついた豊かな学力の重要性について論じている。社会がグローバル化し、成果主義、実力主義、競争主義が浸透する中、学校での成功が、社会での成功を約束するというモデルが崩壊した。これによって、子どもを学習へと駆り立ててきた、将来の報酬というインセンティブの機能が弱まり、学ぶ意欲の減退が見られるようになってきた。しかし、以前は「乗り遅れない」ために、子どもは将来のためだけに学ばざるを得なかったのであり、本来的な学習の意味や意義を感じる機会が剥奪されていたのである。学校での成功が社会での成功に結びつくメカニズムが崩壊した今こそ、学習や学力を手段から目的へと転換し、こうした剥奪から子どもを解放できる好機である。将来のためだけに今があるのではなく、今、これを学ぶこと自体に価値が感じられるような学びを追究すべきである。このようにして身につけた知識や能力は、価値と結びついた豊かな学力を形成する。

  34. *子どもの思考を顕在化するための発言の分析表示法の提案 ―中間項を用いた授業分析による事例,概念,構想の関連構造の可視化―

    柴田 好章・坂本 將暢・石原 正敬

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要―教育科学―   52 巻 ( 2 ) 頁: 135-148   2006年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    名古屋大学教育方法研究室において、1990年から継続されてきた、中間項を用いた授業分析の研究にもとづき、新たな授業諸要因の関連構造の表記方法提案を行った。

  35. 中等教育における授業分析

    田代裕一・柴田好章

    社会科の初志をつらぬく会『考える子ども』   ( 156 ) 頁: 57-60   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  36. 高校生が教える立場を体験するワークショップの実践 査読有り

    柴田好章・内田良・山川法子・坂本將暢

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要(教育科学)   51 巻 ( 1 ) 頁: 99-132   2004年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  37. 教育実践問題の協同的研究体制の構築 ー名古屋大学と東海市教育委員会の連携ー

    的場正美・柴田好章・山川法子・安達仁美

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要(教育科学)   50 巻 ( 2 ) 頁: 141-170   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    地域貢献事業として行った東海市教育委員会との連携によるプロジェクトに関する論文である。柴田は、協同的問題解決型の校内授業研究会の方法の基盤となる研究方法の原理について分担執筆した。

  38. 高等学校の総合的な学習における課題追究とキャリア形成との関わり ー名大附属「総合人間科」経験者の語りの分析ー

    柴田好章・安達仁美

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科『中等教育研究センター紀要』   ( 4 ) 頁: 95-109   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  39. 逐語記録にもとづく質的な授業分析への量的手法の統合に関する研究

    平成10~11年度科学研究費補助金(奨励研究(A))研究成果報告書     2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  40. SCSを活用した大学教育方法の改善に関する研究(3) -平成11年度上半期遠隔共同講義「SCS教育工学特講1」の実践とその分析-(共著)

    上越教育大学研究紀要   19 巻 ( 2 ) 頁: 603-615   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  41. 学習者相互のコミュニケーション過程における内容と機能の分析 -談話内容の構造化と発話のカテゴリー分析-

    上越教育大学研究紀要   18 巻 ( 2 ) 頁: 901-917   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  42. 情報教育を支える背景の諸要因に関する検討(共著)

    上越教育大学研究紀要   18 巻 ( 2 ) 頁: 865-885   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  43. SCSを活用した大学教育方法の改善に関する研究(2) -遠隔共同講義「教育工学特別講義」の試みとその分析-(共著)

    上越教育大学研究紀要   18 巻 ( 2 ) 頁: 887-899   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  44. 中学校社会科グループ討論におけるコミュニケーション過程の分析(共著)

    日本教育工学会研究報告集   JET99-2 巻   頁: 67-72   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  45. 話し合いを中心とする授業の分析手法の開発と適用 -語の出現頻度による授業の分節構造の特徴化-

    日本教育工学会論文誌/日本教育工学雑誌   23 巻 ( 1 ) 頁: 1-21   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  46. 授業改善に役立つ情報を引き出すための授業研究のあり方 -授業分析における知見の共有と累積について-

    日本教育工学会研究報告集   JET99-3 巻   頁: 61-66   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  47. SCSを活用した大学教育方法の改善に関する研究(1) -大学間遠隔共同授業の試みとその分析-

    上越教育大学研究紀要   17 巻 ( 2 ) 頁: 603-618   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  48. 学習者相互のコミュニケーション過程のカテゴリー分析 -中学校社会科授業のグループ討論を対象として-

    日本教育工学会研究報告書   JET98 巻 ( 2 ) 頁: 33-38   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  49. グループ討論のカテゴリー分析における現職教育の判断(共著)

    日本教育工学会第14回大会講演論文集     頁: 227-230   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  50. 教員養成課程における体験実習の意義 -自然体験実習の試みを通して-(共著)

    上越教育大学研究紀要   18 巻 ( 1 ) 頁: 91-104   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  51. SCSを用いて多地点をむすんだ研究発表会の試み(共著)

    日本科学教育学会研究会研究報告   12 巻 ( 6 ) 頁: 19-24   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  52. 多地点遠隔共同授業のためのSCS環境とその利用における課題(共著)

    岐阜大学カリキュラム開発研究センター研究報告   17 巻 ( 2 ) 頁: 1-11   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  53. 授業諸要因の関連構造と子どもの思考(共著)

    名古屋大学教育学部紀要-教育学科-   43 巻 ( 2 ) 頁: 243-272   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  54. 逐語記録にもとづく授業分析における量的手法の意義の検討

    日本教育工学会研究報告集   JET97 巻 ( 4 ) 頁: 71-78   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  55. 逐語記録にもとづく授業分析の諸手法の検討-質的分析への量的分析の統合をめざして-

    名古屋大学教育学部紀要-教育学科-   43 巻 ( 2 ) 頁: 217-228   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  56. SCSを活用した遠隔共同授業の試みとその分析

    教育工学関連学協会連合第5回大会講演論文集   1 巻   頁: 149-151   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  57. 授業逐語記録を対象とした語の出現パターンの分析

    日本教育工学会論文誌/日本教育工学雑誌   21 巻 ( 1 ) 頁: 1-12   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  58. 語の出現パターンに着目した授業の分節化・構造化

    日本教育工学会第12回大会講演論文集     頁: 111-112   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  59. 授業諸要因の関連構造にもとづく子どもの思考の構造的把握(共著)

    名古屋大学教育学部紀要-教育学科-   42 巻 ( 2 ) 頁: 263-299   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  60. 名古屋大学教育学部と附属学校におけるインターネット利用の試み -学部,大学院,附属中・高等学校のための情報環境の整備・充実とその運用について-(共著)

    名古屋大学教育学部紀要-教育学科-   42 巻 ( 1 ) 頁: 213-227   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  61. 概念の出現パターンに着目した授業の量的分析研究 -小学校6年社会科「沖縄戦」の授業の分析-

    名古屋大学教育学部紀要-教育学科-   42 巻 ( 1 ) 頁: 185-195   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  62. 授業分析のための概念の出現パターンの指標化

    日本教育工学会第11回大会講演論文集     頁: 143-144   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  63. 発言に含まれる諸概念の関連構造に着目した授業分析-クラスター分析を用いた関連構造の抽出の試み-

    教育工学関連学協会連合第4回全国大会講演論文集   第一分冊 巻   頁: 165-168   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  64. ERICデータベースを用いたコンピュータの教育利用に関する研究動向の調査(2) -多変量解析によるディスクリプタの付与パターンの分析-(共著)

    教育工学関連学協会連合第4回全国大会講演論文集   第二分冊 巻   頁: 261-262   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  65. 子どもの表現過程の相互関連と授業の構造 -小5図工「自然のリズム(ステンドグラス)」の分析-(共著)

    名古屋大学教育学部紀要-教育学科-   40 巻 ( 2 ) 頁: 181-217   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  66. 教材構造化の考えをとりいれた授業展開の特徴化

    日本教育工学会研究報告集   JET93-5 巻   頁: 31-38   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  67. ERICデータベースを用いたコンピュータの教育利用に関する研究動向の調査(共著)

    日本教育工学会第9回大会講演論文集     頁: 408-409   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  68. 子どもの表現過程にみる子どもの類型とその相互関係 -小5図工「ステンドグラス-自然のリズム-」の分析-(共著)

    名古屋大学教育学部紀要-教育学科-   40 巻 ( 1 ) 頁: 123-169   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  69. 児童発言の中間項への転換(発言の再構成)にもとづく子どもの思考過程の相互関連の顕在化(共著)

    名古屋大学教育学部紀要-教育学科-   39 巻 ( 2 ) 頁: 127-156   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

書籍等出版物 14

  1. 「ウィズコロナ,ポストコロナ時代の学校での学びの展望と課題 -『今,ここにいる,私たちの学び』を求めて-」, 日本教育方法学会編『教育方法50 パンデミック禍の学びと教育実践 : 学校の困難と変容を検討する』

    柴田好章( 担当: 単著)

    図書文化  2021年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:78-91   記述言語:日本語

  2. 「シンガポールにおけるLesson Study」、日本教育工学会 監修、小柳 和喜雄 編著、柴田 好章 編著『教育工学選書 Lesson Study』

    柴田好章( 担当: 共編者(共編著者))

    ミネルヴァ書房  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. 「日本の授業研究と世界のLesson Study」、日本教育工学会 監修、小柳 和喜雄 編著、柴田 好章 編著『教育工学選書 Lesson Study』

    柴田好章( 担当: 共編者(共編著者))

    ミネルヴァ書房  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  4. 「中学校におけるアクティブ・ラーニングの可能性と課題」, 日本教育方法学会編『教育方法45 アクティブ・ラーニングの教育方法学的検討』

    柴田好章( 担当: 単著)

    図書文化  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 「授業設計・授業分析における学習内容へのアプローチ」日本教育工学会 監修 西之園晴夫・生田考至・小柳和喜雄 編『教育工学選書 教育工学における教育実践研究』

    柴田好章( 担当: 単著)

    ミネルヴァ書房  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 「協同の学びをどうデザインしていくか」”, 和井田節子・柴田好章 編『協同の学びをつくる -幼児教育から大学まで-』

    柴田好章( 担当: 単著)

    三恵社  2012年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 「学校教育の情報化の動向 −ICTの活用を中心に-」, 日本教育方法学会編『教育方法40 デジタルメディア時代の教育方法』

    柴田好章( 担当: 単著)

    図書文化  2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 翻訳  ジェニファー C. グリーン「評価による社会的プログラムの理解」(平山満義 監訳, 大谷尚・伊藤 勇 編訳『質的研究ハンドブック3巻 質的研究資料の収集と解釈』、第15章)

    ( 担当: 共著)

    北大路書房  2006年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. (一部分担)犬山教育委員会編著 自ら学ぶ力を育む教育文化の創造 ―犬山市の教育改革のさらなる展開ー

    ( 担当: 共著)

    黎明書房  2005年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    第2部第2章「学びの環境づくり」を、笠井尚・片山信吾・中山弘之らと共同執筆

  10. (共同研究)授業記録による授業改革のプロセス(名古屋大学・東海市教育委員会)

    ( 担当: 共著)

    黎明書房  2004年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. 「情報通信技術(ICT)による学習の変化」(日本教育方法学会編『子ども参加の学校と授業改革』)

    ( 担当: 共著)

    図書文化  2002年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. *授業分析における量的手法と質的手法の統合に関する研究

    ( 担当: 単著)

    風間書房  2002年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. 量的手法を取り入れた授業分析(授業分析の方法と課題 日比裕・的場正美編)

    ( 担当: 共著)

    黎明書房  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. 「授業分析を通した子どもの再発見」千々布敏弥 編『結果が出る小・中OJT実践プラン20+9』

    柴田好章( 担当: 分担執筆)

    教育開発研究所 

▼全件表示

MISC 1

  1. 書評 添田晴雄著『文字と音声の比較教育文化史研究』

    柴田好章  

    教育学研究87 巻 ( 3 ) 頁: 402 - 404   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

Works(作品等) 6

  1. オープンコースウェア「 教育方法学講義II―授業分析と教育の科学化―」

    2006年3月

     詳細を見る

    発表場所:名古屋大学オープン・コース・ウェア「名大の授業」、http://ocw.nagoya-u.jp/  

  2. 「校内授業研究リーダ育成講座用テキスト」

    2006年8月

     詳細を見る

    発表場所:名古屋大学大学院教育発達科学研究科教育方法学研究室  

    独立行政法人 教員研修センター の平成18年度教員研修モデルカリキュラム開発プログラムに採択された東海市教育委員会との連携プロジェクト:「参加型授業研究会を基盤とする校内研究のリーダ育成」

  3. 書評「授業研究と教師の成長」(木原俊行著)

    2006年3月

     詳細を見る

    発表場所:日本教育方法学会紀要『教育方法学研究』、第31巻、135-138  

  4. 学び合うことの意義の探究 ー授業におけるコミュニケーションの分析ー

    2005年7月

     詳細を見る

    発表場所:『名大トピックス』第156号, 12頁  

  5. 事典項目「教育用ソフトウェア」

    2004年10月

     詳細を見る

    発表場所:日本教育方法学会編『現代教育方法辞典』図書文化 389頁  

  6. 事典項目「データベース」

    2004年10月

     詳細を見る

    発表場所:日本教育方法学会編『現代教育方法辞典』図書文化 405頁  

▼全件表示

科研費 15

  1. 「学習指導要領体制」の構造的変容に関する総合的研究

    研究課題/研究課題番号:20H00103  2020年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    植田 健男, 山崎 雄介, 光本 滋, 石井 英真, 中村 清二, 富樫 千紘, 川地 亜弥子, 坂本 將暢, 山口 真希, 井上 明美, 濱口 輝士, サルカルアラニ モハメドレザ, 中嶋 哲彦, 中妻 雅彦, 日永 龍彦, 石井 拓児, 磯田 文雄, 井上 憲雄, 柴田 好章, 長谷 範子, 中 善則, 小池 由美子, 姉崎 洋一, 中田 康彦, 松永 康史, 木村 裕

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    戦後初めて学習指導要領が出された1947年から、その部分改訂となった1951年版に至るまでに確立、確認されていった学習指導要領そのものの意義と内容について、その到達点を改めて明確にする。そこにおいて、最も本質的な意味を託されるかたちで「教育課程」という概念そのものが生み出され、学習指導要領はあくまでもその「基準」にすぎないことが明確に確認されたことについて、改めて歴史的な回顧を行い、併せて、この時期に試行された教育課程づくりの実践やそれにもとづく教育実践についても掘り起こしを行う。

  2. 国境を超えた教育実践学の構築:レッスンスタディにおける東と西アジアの対話を通して

    研究課題/研究課題番号:19KK0058  2019年10月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    サルカルアラニ モハメドレザ, 坂本 將暢, 久野 弘幸, 坂本 篤史, 柴田 好章

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究の目的は、日本型授業研究「Lesson Study」を導入した東アジアと西アジアの対話(ローカルな知見の交流)を通して現代社会における授業実践の質向上の様相とその機能を解明し、国境を超えた「教育実践学」(グローバルな知見の創出)を構築することである。
    国際比較という「レンズ」を通して、科学的、工学的、文化的、哲学的に教育実践を問い直し、教育思想の独自性と普遍性を明らかにし、授業実践の質向上の様相とその機能(特に、知識基盤社会におけるよりよい社会の実現への教育実践の使命)と学びの本質(子どもの可能性を最大限引き出す質の高い教育の可能性)を解明する。
    本研究の目的は、日本型授業研究「レッスンスタディ(Lesson Study)」を導入した東アジアと西アジアの対話(ローカルな知見の交流)を通して現代社会における授業実践の質向上の様相とその機能を解明し、国境を超えた「教育実践学」(グローバルな知見の創出)を構築することである。そのために、本研究の研究課題2「レッスン・スタディの方針についての暗黙的に構成された信念の解明」として、2020年度においては、東アジア地域として中国と韓国を、西アジア地域としてイランを対象にしたフィールドワーク・調査組織・プロジェクトチームを発足させ、学校現場の教員や研究協力者とのオンライン・リサーチ会議などを開催した。特に、「テキスト」としての授業記録が海外の教師たちや教育学者に新たな気づきをもたらしたことを解明した。
    具体的には、韓国の小学校の算数の授業記録を分析対象として、その記録が含み込む韓国の社会的背景が埋め込まれている授業記録をテキスト解釈(教材・内容・評価・教師観など)によって検討すると日本からもたらされた授業記録へのコメントを結びつけ、比較授業分析における新しい研究方法論を創出することの可能性を見出すとともに、異なる文化の「レンズ」から見ることを軸にした日本型授業研究の学術的意義も明らかにした。
    本研究の主題である「東アジアと西アジアの対話」という目的を達成するために、イランと韓国の教育者の目(レンズ)から算数授業実践の記録やその分析記録などを再検討した。この分析結果を先に述べた日本と韓国との比較分析の結果と再確認した上で、彼らのレンズから他の国の授業の特徴や文化構造を比較分析することによって、日本の授業の文化的なコード、すなわち日本における“The DNA of Teaching”を再検討した。この一連の過程によって、授業における「教える」と「学ぶ」の本質を比較的に再評価することができた。
    新型コロナウイルス対策の影響により、予定していた海外(特に、中国、韓国、イランなど)のフィールドワーク・調査などや海外・国内研究打ち合わせ会、授業研究過程の実施などが中止や延期となった。
    これまでに東アジア地域と西アジア地域の両方において、すでに学校での授業実施の観察(オンラインで実施)ならびに記録と授業逐語記録の作成を実施した。今後は、授業記録にもとづいて比較授業分析の共同研究会、およびその成果を踏まえた比較分析セミナーなどを行う予定である。こうしたフィールド調査、検討・分析会の成果を基に、授業実践の基礎理論を構築し、授業の文化的基底とその質向上の様相ならびにその機能を解明する。さらに、環アジアとアジア地域以外の諸国との知見の交流により、新たな研究方法論(特に、国際比較授業分析)を応用しながら国境を超えた「教育実践学」を構築する。

  3. 授業分析の学術的高度化と国際化による授業理論の再構築

    研究課題/研究課題番号:19H01627  2019年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    柴田 好章, 坂本 將暢, サルカルアラニ モハメドレザ, 埜嵜 志保, 丹下 悠史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    本研究は、教育実践現場を教育学的概念の発見ないしは再発見の場として位置付け、教育学の基礎研究としての授業分析の学術的高度化と国際化を図る。〈納得の学び〉や〈協同の学び〉を一人一人の児童・生徒に保証するために、社会的・文化的・歴史的な要因の相対性と普遍性を明らかにし、教育理念や教育技術の体系的な理論を構築することを目的とする。このために、【A1授業論的課題】【A2研究方法論的課題】【B1研究倫理に適合する標準プロトコル開発】【B2授業分析システムの開発】の4つの課題を設定し、研究代表者が、4名の研究分担者や研究協力者とともに、研究を遂行する。
    【A1 授業論的課題】本研究では〈納得の学び〉〈協同の学び〉のような質の高い学びを創造するために、拠りどころとなる授業論の再構築を図ることを目指している。そのために、日本の学校の授業や、今年度はモンゴルの学校の授業を中心に、収集した授業記録(逐語記録・映像記録)をもとに、授業の詳細な事実にもとづいた授業分析を行った。そして、授業諸要因の関連構造を顕在化し、社会的・文化的・歴史的要因の相対性と普遍性を検討した。特に、Society5.0を展望した授業のあり方や、問題解決学習の今日的意義について明らかにした。その成果の一部を、新学習指導要領の動向も研究代表者が中部教育学会のシンポジウムで発表し、同学会紀要などに執筆した。また、研究分担者も関連する論文を名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要に執筆した。
    【A2 研究方法論的課題】個別性と一般性を統合するために相対主義的なパラダイムや、授業諸要因の関連構造」の究明や、授業分析のための記述形式として提案されてきた名古屋大学方法学研究室の授業分析の方法(「R.R.方式」や「中間項」を含む)を、教育評価における独自性も視野に入れながら、文献に基づき検討した。また、「オントロジー」を活用した、新たな授業分析方法の開発と適用を試みた。これら成果を、中部教育学会、日本教育方法学会で発表し、名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要の論文2本を執筆した。
    【B1 研究倫理に適合する標準プロトコル開発】研究参加者への説明と同意を含む標準プロトコルを開発するための、情報収集と検討を開始した。
    【B2 授業分析システムの開発】研究情報の蓄積・配信機能と、授業分析(データ解析)の支援機能を有するシステムの基本設計の検討を開始した。システムに包含される手法の開発を進め、研究分担者が名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要に論文を執筆した。
    本研究は、理論的研究課題として2点、開発的研究課題として2点を挙げて研究を進めている。うち、理論的研究課題については、当初の計画をこえて具体的な研究成果を発表することができた。ただし、開発的研究課題については、検討を開始し今後の研究の方向性を見出すとともに、授業分析システムに関する成果の一部は発表した。以上を総合的に判断し、「おおむね順調に進展している」と評価できる。
    新型コロナウイルス感染防止の観点から、海外での研究活動や、学校での授業記録の収集に影響を受けると考えられる。これまで取得した授業記録の分析・再分析によって、これらの著しい研究の停滞をうまないよう工夫して研究を推進する。特に、中間記述言語(中間項)の研究が大きく飛躍できる可能性が見出されている。問題解決学習、納得のある学び、協同のある学びなどの豊かな学びの具体的なありようを、授業における具体的な発言記録から裏付けるための分析方法へと発展できる可能せがある。名古屋大学教育方法学研究室の中間項研究30周年を迎える2020年を一つの区切りとして、研究成果をまとめることに注力する予定である。

  4. 授業研究を発展させるための授業研究ポータルサイトの設計と運用研究

    研究課題/研究課題番号:19H01726  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    藤本 義博, 野内 頼一, 岡本 弥彦, 藤枝 秀樹, 益田 裕充, 小倉 恭彦, 木原 俊行, 柴田 好章, 遠山 一郎, 後藤 文博

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、平成29年告示の学習指導要領が目指す主体的・対話的で深い学びの実現による資質・能力の育成や国内外の学力調査の結果から明らかになった課題を解決する授業研究を発展させるために、「授業支援ツールを活用した授業研究ポータルサイト」の開発と運用のあり方を明らかにすることである。
    授業研究ポータルサイトは、木原・島田・寺嶋(2015)の「学校研究発展要因の3層モデル」の研究成果を援用して設計し、国立教育政策研究所(2017)の「理科の学習指導の改善・充実に関する指導事例集」に示された映像資料をマルチプラットフォーム仕様のコンテンツにして授業改善の重要な視点を共有し、優れた授業デザインを開発する。
    研究1年目にGoogleが提供するClassroomで実証を行って授業研究リレーの成果を得たが、gmailに依存する環境のため利用しにくいことが課題となった。そこで、2年目の本年度はビジネスチャットの一つであるslackをプラットフォームとすることで、ユーザーが日頃利用しているメールアカウントを変更することなく「授業研究ポータルサイト」で授業研究を進展できるように改善して授業研究リレーに取り組んだ。具体的には、①日本の天気の特徴、②電磁誘導(無接点充電)、③地層を観察し大地の変動を推論、④気象災害(ロールプレイング)の4つをワークグループとして授業研究に取り組んだ。これらの授業研究リレーでの意見交換のチャットデータを取り出し、KH Coder3を用いてテキストマイニングを行った。特徴的な語を基にコンセプトを抽出し、授業研究の前半と後半で、出現の頻度や結びつくテキストの変化を比較して分析した。その結果、「日本の天気の特徴」の授業研究の分析結果について述べる。単元末のパフォーマンス課題を授業研究としたため、「知識」「思考」「生活」「課題」「活用」がコンセプトとして抽出された。これらをコードとして授業研究の前半と後半で出現の頻度のクロス集計を行った結果をバブルプロットしたところ、授業研究の前半は、漠然とした授業イメージであったものが後半には「生徒が身に付けた知識を生徒の生活に根ざした文脈の中で活用し、課題を設定して解決する」という、理科で育成する資質・能力に基づいた授業コンセプトへと明確化したことが明らかとなった。このことから、本研究のSlackを活用した授業研究ポータルサイトは、学校と外部組織の多様な他者との協働による授業研究を可能にし、有効に機能すると考えられる。
    新型コロナウイルス感染禍という想定外の事態が発生したが、本研究はもともとオフラインとオンラインのハイブリッドでの授業研究を基盤構築したものであったため、「授業研究ポータルサイト」上で授業研究を進展させることができた。
    本研究で開発した「授業研究ポータルサイト」のプラットフォームの構築・運用の教師教育に対する教育効果を一層汎用性のあるように、その理論と手続きならびに成果と課題を抽出することで、GIGAスクール元年でありかつ新型コロナウイルス感染禍の真っただ中の困難な状況を克服する明るい指針を示すよう、都道府県教育委員会の教員研修講座と協働して研究に取り組むことが次年度の研究の推進方策である。

  5. 学校を基盤とする協働型授業研究のための授業構造化システムの開発と評価

    研究課題/研究課題番号:19K02998  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    坂本 將暢, 柴田 好章, サルカルアラニ モハメドレザ

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    2019年度から3ヶ年度の計画で、1)授業構造化システムの開発と、2)ソフトウェアの評価を実施する。
    具体的には、先行研究の調査、蓄積している授業記録の分析、授業諸要因の解明、授業構造化システムの開発、学校を基盤とする研究の実現を目指した研修に適用したシステムの評価という課題を設定し、それを遂行する。
    本研究では、国内の研究者・実践者の協力を得て、本システムの検証を行う。また、Lesson StudyやLesson Analysisに熱心に取り組んでいる海外の研究者・実践者の協力も得て、海外における研修でも本システムが利用できるか否かを検証する。
    本研究の目的は、授業構造化システムの開発と、ソフトウェアの評価を実施することである。
    2020年度は、covid-19の影響で計画していた国際調査や、海外の研究協力者との共同研究等が進展しなかったが、授業記録の作成や先行研究の整理、そしてプログラムの構築などを実施することができた。とくに、教師の言動に注目した分析プログラムの開発に注力した。5秒ごとに教師の立ち位置を計測し、その時点で何をしているか(話す・書く・聞く・その他)に分け、それらを可視化するグラフ表現の開発も含んでいる。
    当初予定の内容の一部は進め方を見直す必要があるが、全体的には順調に進めることができており、三年度目に授業構造化システムの評価研究を行う。
    covid-19の影響で、海外調査や海外の研究協力者との共同研究が実施できていない。
    1)先行研究の調査、2)蓄積している授業記録の分析、3)授業諸要因の解明、4)授業構造化システムの開発、5)学校を基盤とする研究の実現を目指した研修に適用したシステムの評価のうち、1~3は継続して展開する。とくに三年度目は5に焦点を当てて推進する。covid-19の影響を考慮して、5のうち国内の学校教員を対象にした調査を進める。

  6. 授業研究を通じたプロフェッショナル・キャピタルの構築に関する実証的研究

    研究課題/研究課題番号:17H02674  2017年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    千々布 敏弥, 小柳 和喜雄, 久野 弘幸, サルカルアラニ モハメドレザ, 木原 俊行, 木村 優, 柴田 好章

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    昨年度は研究の3年目として、プロフェッショナル・キャピタルの主要要素である意志決定資本の有効性を検証する調査研究を実施した。国内の教師約1000名を対象に授業研究における集団意志決定場面、自己効力感、協働状況等を尋ねる質問紙を送付し、因子分析したところ、おおむね調査票の枠組みどおりの因子が抽出された。共分散構造分析の結果、協働は意志決定を通じて自己効力感に影響し、自己効力感に最も強く影響するのは集団意志決定であることが示された。調査票設計においては、個人レベルの意志決定場面を問う設問も設けていたが、それが因子として抽出されることはなかった。調査票設計上の問題なのか、枠組みの問題であるのかは今後の課題として残った。
    授業研究の効果を示す先行研究は多いが、授業研究の取り組み内容とその効果の連関を構造的に示すものはない。このたびの作業を通じ、授業研究における目標設定、指導案検討等の集団意志決定過程が教師の自己効力感に影響する構造を明らかにすることができた。
    本研究のこれまでの取り組みを通じ、日本で実践されている授業研究には多様な類型が見られることが明らかになったが、その効果を比較分析する視点が得られていなかった。今年度の成果により、多様な類型の授業研究の効果を検証する上で、意志決定過程という視点が有効であることを示すことができた。
    最終年度に向けて、授業研究の類型とプロフェッショナル・キャピタルを把握する枠組みを確定し、相互の連関構造を明らかにしていく予定である。
    プロフェッショナル・キャピタルの枠組みにおいて最も先行研究が不足している意志決定資本の構造を明らかにできたことは本研究の大きな成果である。授業研究の類型についてはこれまでの事例調査で仮説的な枠組みはできているものの、質問紙調査を実施する枠組みとしては不十分であり、その点の練り上げが今年度の課題である。
    今後の最大の課題は授業研究の類型を把握する枠組みである。先行研究及び本研究のこれまでの取り組みにより、技術志向対内省志向、教科の目的志向対子供の学び志向、外部指導者の専門家的指導対コンサルテーション的指導等の対立軸を明らかにしているところであるが、別の軸の探索と教育委員会の指導が与える影響も視野に入れた枠組み構築を目指している。

  7. 板書の構成の解明と保存・再現のための記述言語の開発

    研究課題/研究課題番号:16K12787  2016年4月 - 2019年3月

    柴田 好章

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3380000円 ( 直接経費:2600000円 、 間接経費:780000円 )

    板書には、教師による知識の伝達のみならず、社会構成主義的な学習を進める手段としての機能がある。児童・生徒の発言を関連付けながら知識の関連構造を板書として呈示し、共有することによって、教室での集団的な思考が活性化される。その際、教室で議論されていることや、児童・生徒の発言を授業者がまとめ、整理し、関連付けるには、教師としての高い力量が必要とされる。本研究では、小中学校の授業を対象に、1)板書過程を記述・再現する可視化手法と板書記述言語の開発を通して、2)児童・生徒の話し合いを中心とする授業を分析し、3)授業における板書の役割と教師の実践知を解明した。
    板書は、日本の教育技術として世界でも注目されている。主体的・対話的で深い学びの重要性が叫ばれる中、子どもの発言を中心とする授業の重要性に改めて注目が集まっている。板書は、単に教師が子どもに伝達したい内容を書き子どもがそれをノートに書き写すだけでなく、子どもたちの発言内容を教師が書き留め、相互の話し合いを活発にさせる役割を有している。こうした質の高い教師の教育技術を対象に研究し、またデータとして蓄積するために、本研究では、板書を保存・再現するための記述言語を開発した。これにより、板書に関する基礎的応用的な研究の発展が期待できるとともに、教師の教育技術・実践知の継承に役立てられる可能性がある。

  8. 授業実践学の文化的基底に関する比較開発研究

    研究課題/研究課題番号:15H03477  2015年4月 - 2020年3月

    サルカルアラニ モハメドレザ

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究の目的は、国際比較授業分析の方法を開発しながら、グローバルな現代社会におけるペダゴジーの文化的基底の様相とその機能を解明することであった。各国のペダゴジーにおけるローカル知・理論とグローバル知・理論の検討・比較の結果を基に、学習デザイン、授業観、教授法、教師観、教授技術などを基礎とした研究成果から、授業実践の背後にある心象、価値観、信念や習慣化された行動様式、およびそれらの相互関連の構造を明確にした上で、ペダゴジー・コレクトネスの構築を検討し、よりよい社会の顕在化のためのペダゴジーの働き・役割と文化的基底(cultural foundation of pedagogy)を解明した。
    ①宗教、言語、教育制度、学校文化の異なる様々な国を研究対象としたことで、トランスカルチャルな問題を明らかにできる。②実証的な検証を基礎にした比較開発研究、特に国際比較授業分析にある。③教えるということは「何であるか・何であるべきか」を国際的なディスコースと日本的なディスコースを結びつけることができる。
    具体的に、国境を越えてトランスナショナル・ラーニングの解明に向かう基礎を築くところに、本研究の意義はある(ローカル知とグローバル知が結びつく)。例えば、アクティブ・ラーニングの学校文化の創造や知識の活用は、日本において焦眉な教育課題であるが、これは形を変えて他国にも存在している。

  9. 比較授業分析によるペダゴジカル・コレクトネスの解明と構築

    研究課題/研究課題番号:15K13189  2015年4月 - 2018年3月

    サルカルアラニ モハメドレザ

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究の目的は、国際比較授業分析という研究手法を通して、授業の文化的構造を解明し、ペタゴジカル・コレクトネスの概念を解明することであった。具体的に、授業分析を通して、現場教師と研究者の授業の分析視点や評価基準(レンズ)の違いがどこにあり、それはなぜ生じるのか。現場教師の中にもレンズの違いが見られるが、どの点に違いがあって、それらの違いはなぜ生じるのか。研究者間にも違いが見られるが、それらはどのような違いがあって、それらの違いはなぜ生じるのか、その一端を明らかにすることができた。

  10. 対話による知識の共同構築過程の形成的評価に関する実証的研究

    研究課題/研究課題番号:15K04260  2015年4月 - 2018年3月

    水野 正朗

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    本研究の目的は、対話を通して深まる学習過程の本質を明らかにし、授業における知識の共同構築過程の形成的な評価法を開発することである。
    研究の結果、日常の授業や研究授業において無理なく実施でき、形成的評価を通して持続的な改善が可能になる新しい授業研究のアプローチを開発し、これをFAMアプローチと名付けた。授業者が自ら評価項目を設定し、生徒の学びの姿を具体的にイメージして表内に記述する。最大の特徴は知識構築の深まりに即し、評価尺度を「知る・分かる」「つながる」「深まる」としたところにある。この工夫によって、対話によって深まる授業デザインと形成的評価を通した授業研究とが一体的に運用できるようになった。

  11. 日本型授業研究の独自性とその再文脈化に関する開発研究

    研究課題/研究課題番号:26285182  2014年4月 - 2020年3月

    的場 正美

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、日本型授業研究の独自性を解明することを目的としている。
    研究成果として次の結果が得られた。(1)日本型授業研究の類型を3類型に区分し、その段階の特徴を明らかにした。 (2)歴史的には、1990年代から日本の授業研究は、科学志向から教師と研究者の協働研究に移行している。(3)カリキュラム・マネジメント研究において、授業研究が組み込まれている。(4)日本の授業研究における座席表授業案やカルテが子ども理解と深い関係がある。(5) 「社会科も初志をつらぬく会」の授業研究においては、授業計画・実施・評価において、上田薫の思想が基盤にある。
    世界各国で多様に展開されている授業研究を背景として、日本型授業研究の理論、理念、方法、手法の独自性を解明することは、今後の日本の授業研究の展開にとって実践的・学術的意義がある。教育効果を測定する諸外国の測定ツールに対して、日本のカルテ、座席表などのツールは子どもの質的理解である。子どもの人間関係、家庭環境、個性を視野に入れた授業計画と実践の背後にある教師の思考体制の解明は、今後の個を重視する授業実践にとって意義がある。
    学術的には、授業研究は、事例の解釈にともなうアブダクション、パラ言語、分析単位、叙述形式の開発等の研究に基礎データと仮説を提供できる利点がある。

  12. 教育専門職の授業洞察力の向上のための授業過程可視化技法の体系化

    2013年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. 教育専門職の授業洞察力の向上のための授業過程可視化技法の体系化

    研究課題/研究課題番号:25282052  2013年4月 - 2018年3月

    柴田 好章

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    教育専門職の主要な力量である「授業洞察力」の向上に資するよう、授業過程の可視化技法を体系化することを目的として、(1)授業洞察力の構造の明確化、(2)既存の授業分析手法の改良と可視化手法の新規開発、(3)授業過程の可視化技法のシステム化、(4)授業過程の洞察(気付き、価値付け、説明)における可視化技法の効果の検証、(5)授業洞察力への転移の効果の検証に取り組んだ。

  14. 授業分析用中間記述言語の開発

    2009年 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:21500934

    柴田 好章

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  15. 量的手法と質的手法を統合した授業分析システムの開発

    2005年 - 2007年

    科学研究費補助金  若手研究(A),課題番号:17680049

    柴田 好章

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示