2022/11/01 更新

写真a

ヤマモト カズヒロ
山本 和弘
YAMAMOTO, Kazuhiro
所属
大学院工学研究科 機械システム工学専攻 機械理工学 准教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 機械・航空宇宙工学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(工学) ( 1996年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 熱工学一般

  2. エネルギー変換

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 工学@機械工学@熱工学

  2. その他 / その他  / 火災シミュレーション,避難安全

現在の研究課題とSDGs 6

  1. 有害成分の抑制と高い燃焼効率を両立した新しい燃焼方式の検討

  2. ディーゼル微粒子の後処理技術の開発

  3. 実数型CAモデルを利用した避難シミュレーションと安全評価

  4. レーザ計測を用いた燃焼場の計測

  5. 画像診断法を組み合わせた熱流体解析技術

  6. 格子ボルツマン法による燃焼場の解析

▼全件表示

経歴 5

  1. 公益財団法人・名古屋産業科学研究所   非常勤所員

    2015年7月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 豊田理化学研究所   研究員(嘱託)

    2007年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学大学院工学研究科・機械理工学専攻   准教授(旧 助教授)

    2003年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. アメリカ・ロスアラモス研究所・客員研究員

    1999年8月 - 2000年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 豊橋技術科学大学・機械システム工学系・助手

    1996年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 東京大学   工学研究科

    - 1996年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   工学部

    - 1991年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. The Combustion Institute

  2. 日本機械学会   東海支部運営委員

    2010年4月 - 2011年3月

  3. 日本燃焼学会

  4. 日本自動車技術会

  5. 日本火災学会

  6. 日本流体力学会   中部支部幹事

    2004年4月 - 2010年3月

▼全件表示

委員歴 11

  1. 日本燃焼学会先進的燃焼技術の調査研究委員会   燃焼排出物小委員会幹事  

    2009年4月 - 2010年3月   

  2. 日本燃焼学会広報情報化委員会   広報情報化委員会委員  

    2007年4月 - 2009年3月   

  3. 日本機械学会計算力学技術者認定試験実行委員会   実行委員会(熱流体分野)幹事  

    2006年4月 - 2010年3月   

  4. Computational Heat and Mass Transfer International Committee   Committee member  

    2005年4月 - 現在   

  5. 日本機械学会論文集編集委員会   校閲委員  

    2003年4月 - 現在   

  6. 日本燃焼学会先進的燃焼技術の調査研究委員会   燃焼シミュレーション小委員会委員長  

    2010年4月 - 2011年3月   

  7. 日本機械学会東海支部運営委員   支部運営委員  

    2010年4月 - 2011年3月   

  8. 日本機械学会計算力学技術者認定試験実行委員会   試験対策講習会講師  

    2006年4月 - 現在   

  9. NEDO基盤技術研究促進事業「次世代型バーナシステムの開発」技術検討会   検討委員  

    2006年4月 - 2007年3月   

  10. Discrete Simulation Fluid Dynamics Local Committee   Local committee member  

    2005年4月 - 2006年3月   

  11. 日本機械学会流体工学部門格子ボルツマン法の基礎と応用に関する研究分科会   研究分科会研究会委員  

    2004年4月 - 現在   

▼全件表示

受賞 11

  1. 第17回アジア太平洋自動車技術会議最優秀論文賞

    2013年4月   タイ自動車技術会  

     詳細を見る

    受賞国:タイ王国

  2. 日本機械学会東海支部支部賞(研究賞)

    2011年3月   日本機械学会東海支部  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 日本燃焼学会ベストプレゼンテーション賞

    2008年12月   日本燃焼学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 日本混相流学会優秀講演賞

    2006年5月   日本混相流学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. 日本燃焼学会奨励賞

    2005年12月   日本燃焼学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 日本流体力学会会長賞(中部支部優秀講演賞)

    2003年12月   日本流体力学会中部支部  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. 日本燃焼学会美しい炎の写真展最優秀作品賞

    2009年12月   日本燃焼学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  8. 日本燃焼学会美しい炎の写真展最優秀作品賞

    2008年12月   日本燃焼学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  9. 日本燃焼学会ベストプレゼンテーション賞

    2007年12月   日本燃焼学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  10. 日本燃焼学会ベストプレゼンテーション賞

    2005年12月   日本燃焼学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  11. 日本機械学会東海支部特別功労賞

    2021年3月   日本機械学会東海支部  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 254

  1. Hydrogen reactivity factor and effects of oxygen on methane conversion rate by chemical equilibrium calculation 査読有り

    K. Yamamoto, K. Sakaguchi

    International Journal of Thermofluids   15 巻   頁: 1 - 10   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.ijft.2022.100186

  2. Development of Gasoline Particulate Filter by SiC Sponge 招待有り 査読有り

    K. Yamamoto

    Symposium for the Promotion of Applied Research Collaboration in Asia     2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

  3. Simulation of soot removal by catalyzed diesel particulate filter 招待有り 査読有り

    K. Yamamoto

    The First International Symposium on Catalytic Removal of Soot Particles from Engine Exhaust Emissions     2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

  4. Fuel supply system to DOC by nanopore-ceramic tube and measurement of fuel evaporation rate

    Yamamoto Kazuhiro, Yoshizawa Kenju

    FUEL   298 巻 ( 14 )   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.fuel.2021.120793

    Web of Science

  5. Updating emission factors for in-use motorcycles fueled by gasoline, E5 and E10 in Vietnam 査読有り 国際共著

    Pham Huu Tuyen, Pham Minh Tuan, Kazuhiro Yamamoto, Preechar Karin

    Asian Engineering   11 巻 ( 3 ) 頁: 199 - 206   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  6. Simulation on Soot Deposition in In-wall and On-wall Catalyzed Diesel Particulate Filters 査読有り

    H. Kong, K. Yamamoto

    Catalysis Today   332 巻   頁: 89 - 93   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cattod.2018.07.022

  7. Filtration and regeneration performances of SiC fiber potentially applied to gasoline particulates

    Yamamoto Kazuhiro, Kondo Shinichi, Suzuki Kazuya

    FUEL   243 巻   頁: 28 - 33   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fuel.2019.01.099

    Web of Science

  8. Flow and Pressure Variations through Porous Filter during Soot Filtration and Regeneration 査読有り

    K. Yamamoto, R. Komiyama, T. Sakai

    ASME Journal of Thermal Science and Engineering Applications   11 巻 ( 5 ) 頁: 1-10   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Simulation of Continuously Regenerating Trap with Catalyzed DPF 査読有り

    K. Yamamoto, T. Sakai

    Catalysis Today   242 巻   頁: 357 - 362   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Behaviors of tribrachial edge flames and their interactions in a triple-port burner 査読有り 国際共著

    K. Yamamoto, Y. Isobe, N. Hayashi, H. Yamashita

    Combustion and Flame   162 巻   頁: 1653 - 1659   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. New development environment based on digital materials and a case study of PM filter 招待有り 査読有り

    K. Yamamoto

    Asia Pacific Society for Materials Research 2022 (APSMR2022)     2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  12. Proposal of Non-catalytic Methanation and Evaluation of Methane Conversion Rate by Chemical Equilibrium Calculation 査読有り

    K. Yamamoto, K. Sakaguchi

    Proc. Thirteenth International Conference on Thermal Engineering: Theory and Applications     2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

  13. Numerical simulation of SiC sponge potentially applied for gasoline particulate filter 招待有り 査読有り

    K. Yamamoto, M. Hitota, Y. Inui

    25th ETH conference     2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  14. Simulation of soot oxidation in catalyzed Diesel Particulate Filter (cDPF) 招待有り 査読有り

    K. Yamamoto, H. Kong

    2022 Cambridge Particle Meeting     2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  15. スス堆積層を考慮したGPFのCO触媒反応シミュレーション 査読有り

    山本和弘,大竹陸郎

    日本自動車技術会論文集   53 巻 ( 5 ) 頁: 827 - 832   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Effects of Wall-Ash and Plug-Ash on Pressure Drop and Soot Deposition in Diesel Particulate Filter

    Yamamoto Kazuhiro, Morimoto Takuya

    EMISSION CONTROL SCIENCE AND TECHNOLOGY     2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1007/s40825-022-00214-9

    Web of Science

  17. 排気ガスの流速と粒径がガソリン車用PMフィルタの初期捕集率と圧損に及ぼす影響 査読有り

    山本和弘,青井智弥

    日本自動車技術会論文集   53 巻 ( 4 ) 頁: 764 - 770   2022年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. 隔壁平行流れを考慮したGPFのスス堆積シミュレーション 査読有り

    山本和弘,梅村佳汰

    日本自動車技術会論文集   53 巻 ( 3 )   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Numerical simulation of methane-hydrogen premixed flames on a Bunsen burner

    Moriyama Tatsuya, Yamamoto Kazuhiro

    JOURNAL OF THERMAL SCIENCE AND TECHNOLOGY   17 巻 ( 3 )   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1299/jtst.22-00129]

    Web of Science

  20. Correlation of OH fluorescence and OH chemiluminescence with burning velocity of methane-hydrogen premixed flames

    Yamamoto Kazuhiro, Sakaguchi Kohei, Kimura Wataru, Sawada Wataru, Moriyama Tatsuya

    JOURNAL OF THERMAL SCIENCE AND TECHNOLOGY   17 巻 ( 3 )   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1299/jtst.22-00032]

    Web of Science

  21. Numerical simulation of particle-laden flow and soot layer formation in porous filter

    K. Yamamoto, S. Yagasaki

    Solids   3 巻   頁: 282 - 294   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Effects of dielectric-barrier-discharge plasma on soot and NOx in diffusion flame

    K. Yamamoto, S. Nakata

      17 巻 ( 3 ) 頁: 1 - 14   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  23. Preparation of Metal-Immobilized Methacrylate-Based Monolithic Columns for Flow-Through Cross-Coupling Reactions

    Sabarudin Akhmad, Shu Shin, Yamamoto Kazuhiro, Umemura Tomonari

    MOLECULES   26 巻 ( 23 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3390/molecules26237346

    Web of Science

  24. SiCスポンジによるPM捕集の可視化と現象理解 査読有り

    中津朋寛,横山翔平,浅井隆弘,西保裕司,山本和弘

    日本自動車技術会論文集   52 巻 ( 4 ) 頁: 732 - 737   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. OH chemiluminescence of methane-hydrogen premixed flames

    Moriyama Tatsuya, Kimura Wataru, Asai Hiroki, Yamamoto Kazuhiro

    JOURNAL OF THERMAL SCIENCE AND TECHNOLOGY   16 巻 ( 3 )   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1299/jtst.2021jtst0032

    Web of Science

  26. メタン-水素予混合火炎のOH濃度と燃焼速度(第一報) 査読有り

    森山達也,浅井弘樹,木村航,山本和弘

    燃焼学会誌   63 巻 ( 204 ) 頁: 167 - 174   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Diesel Particulate Filterの再生時における触媒反応シミュレーション 査読有り

    山本和弘,孔炫吾

    日本自動車技術会論文集     頁: 1-6   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 1-6

  28. ガソリン車用フィルタ内の流れとすす堆積過程の数値シミュレーション 査読有り

    乾祐子,山本和弘

    日本自動車技術会論文集     頁: 1-8   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 1-8

  29. Triple flameと浮き上がり火炎,特集-様々な炎- 招待有り

    林直樹,山本和弘,山下博史

    燃焼学会誌   62 巻 ( 201 ) 頁: 212-217   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Combustion characteristics and burning velocity of CH4/H2-air mixtures in a city gas burner 査読有り

    K. Yamamoto, T. Moriyama, K. Kizawa, N. Yamada

    Proc. Ryerson Library   2020 巻 ( 1 ) 頁: 1-3   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

  31. Simulation on soot deposition in in-wall and on-wall catalyzed diesel particulate filters

    Kong Hyeonoh, Yamamoto Kazuhiro

    CATALYSIS TODAY   332 巻   頁: 89-93   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cattod.2018.07.022

    Web of Science

  32. SiCスポンジを用いたガソリン車用フィルタの開発 査読有り

    浅井隆宏,山本和弘,西保裕司

    日本自動車技術会論文集   50 巻 ( 4 ) 頁: 1036-1041   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Effect of Hydrogen Addition on Flames Formed in a City Gas Burner 査読有り

    K. Yamamoto, K. Kizawa, N. Yamada, T. Moriyama

    The Proceeding of the 12th Asia-Pacific Conference on Combustion     頁: 1-4   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 1-4

  34. Evaluation of Pressure Drop during Filtration of Gasoline Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto, S. Matsumoto

    23th ETH conference, Book of Abstracts Paper     頁: 1-2   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 1-2

  35. 異なる当量比を持つ混合気により保炎された予混合火炎の燃焼特性と挙動 査読有り

    山本和弘,山田直

    燃焼学会誌     頁: 1-6   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Pressure Response during Filtration and Oxidation in Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto, H. Kato, D. Suzuki

    Emission Control Science and Technology   5 巻 ( 1 ) 頁: 24 - 30   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. ガソリン車用PMフィルタの圧損と捕集性能の評価 査読有り

    山本和弘,吉澤健樹

    日本自動車技術会論文集   50 巻 ( 2 ) 頁: 309-316   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Modelling and Simulation of Evacuation Dynamics in Fire by Cellular Automata Model 査読有り

    K. Yamamoto, Y. Takeuchi

    World Journal of Modelling and Simulation   15 巻 ( 1 ) 頁: 1-10   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Mechanism for pressure drop variation caused by filtration of diesel particulates 査読有り

    Yamamoto Kazuhiro, Tajima Yuta

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ENGINE RESEARCH   22 巻 ( 2 ) 頁: 632 - 639   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1468087419853738

    Web of Science

  40. Developing emission factor models for in-use motorcycles fueled by gasoline, E5 and E10 査読有り 国際共著

    Pham Huu Tuyen, Kazuhiro Yamamoto, Preechar Karin

    Journal of Science & Technology   130 巻   頁: 50 - 54   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Numerical Simulation on Flow Dynamics and Pressure Variation in Porous Ceramic Filter 査読有り

    K. Yamamoto, Y. Toda

    Computation   64 巻 ( 5 ) 頁: 1 - 14   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Simulation of Tunnel Fire for Evacuation Safety Assessment

    Yamamoto Kazuhiro, Sawaguchi Yuusuke, Nishiki Shinnosuke

    SAFETY   4 巻 ( 2 )   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/safety4020012

    Web of Science

  43. 自動車排出微粒子への適用を想定したSiC繊維フィルタの捕集特性 査読有り

    山本和弘,鈴木大介

    日本自動車技術会論文集   49 巻 ( 3 ) 頁: 542-548   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. PAH, Sootの計測と排気ガス診断への応用,特集-エンジン燃焼の諸問題とその対策- 招待有り 査読有り

    山本和弘

    日本燃焼学会誌   59 巻 ( 188 ) 頁: 109-115   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  45. Flow field and flame surface density of turbulent flames by simultaneous PIV/OH-PLIF measurements

    Yamamoto Kazuhiro, Yamamori Kenta, Asada Yasuo

    JOURNAL OF THERMAL SCIENCE AND TECHNOLOGY   13 巻 ( 1 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/jtst.2018jtst0009

    Web of Science

  46. Numerical Simulation of Fluid Dynamics in a Monolithic Column

    Yamamoto Kazuhiro, Tajima Yuuta

    SEPARATIONS   4 巻 ( 1 )   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/separations4010003

    Web of Science

  47. Numerical Study on Filtration of Soot Particulates in Gasoline Exhaust Gas by SiC Fiber Filter 査読有り

    K. Yamamoto, Y. Toda

    Key Engineering Materials   735 巻   頁: 119-126   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Numerical Simulation of Fluid Dynamics in Monolithic Column 査読有り

    K. Yamamoto, Y. Tajima

    Separation   4 巻 ( 1 ) 頁: 1-9   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. 異なる空孔構造を持つDPFの圧損と再生過程の検討 査読有り

    山本和弘,田島祐太

    日本自動車技術会論文集     頁: 印刷中   2016年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. OH-PLIF/ステレオPIVによる火炎形状と流れ場の同時計測 査読有り

    山本和弘,山森健太,林直樹

    日本機械学会論文集     頁: 印刷中   2016年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. DPFの捕集性能とカーボン粒子の堆積過程 査読有り

    鈴木大介,山本和弘

    日本自動車技術会論文集     頁: 印刷中   2016年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Evacuation Dynamics in Room with Multiple Exits by Real-Coded Cellular Automata (RCA) 査読有り

    Kazuhiro Yamamoto and Riku Nonomura

    Lecture Notes in Computer Science   9863 巻   頁: 1-9   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, we have simulated evacuation dynamics in a room with multiple exits by Real-Coded Cellular Automata (RCA). Here, we have focused on the number of exits which is related with the evacuation dynamics. For comparison, the room without corridors was also considered. Evacuation time and the size of bottleneck formed at the exit were examined by changing the number of exits. Especially, we discussed the evacuation dynamics toward the exit, which could be affected by the corridors in the room. As the number of evacuees was increased, it took more time for evacuation, but it was observed that the evacuation time unexpectedly depended on the number of exits, which was caused by each exit location. Apparently, less effects of corridors on the evacuation time was found. This is because the evacuation time without corridors was decreased when all evacuees could move freely but were forced to concentrate at the exit.

  53. Flow Field and Pressure Drop in Particulate Filter with Durability for Ash Accumulation 査読有り

    K. Yamamoto, Y. Toda

    9th i-CIPEC (International Conference on Combustion, Incineration/Pyrolysis, Emission and Climate Change)     頁: 1-9   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Flow Dynamics and Pressure Drop during Filtration Process in DPF 査読有り

    K. Yamamoto, Y. Tajima

    Proc. Cambridge Particle Meeting (CPM2016)     頁: in press   2016年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Effect of Pore Structure on Soot Deposition in Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto, T. Sakai

    Computation   3 巻 ( 2 ) 頁: 274-284   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. 避難状況の数値シミュレーションと出口数の影響 査読有り

    野々村陸,山本和弘

    日本火災学会論文集     頁: 55-58   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    災害発生時の被害を抑制するためには、発生源の早期発見と適切な避難経路の確保が求められる。しかし、入手できる情報が限られていることから、避難を円滑に進めることは実用上難しい。そこで、非常時緊急救命避難支援システム (ERESS: Emergency Rescue Evacuation Support System)の開発が行われている。本システムを実現するためには被災者の行動を分析し、災害が発生したかどうかの判定を行う必要があるが、実際の災害を想定したデモ実験を行うことは、費用や安全面の観点から困難である。そこで本研究では、実数型セルオートマトン法(RCA法)を用いた避難シミュレーションを行い、使用する出口の数を変化させて初期配置人数や出口幅が避難状況に与える影響を検討した。

  57. Measurements of Size Distribution and Oxidation Rate of PM with NO2 査読有り

    K. Yamamoto, Y. Kanamori

    SAE Technical Paper   1 巻 ( 1995 ) 頁: 1-9   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Numerical Simulation of Fluid Dynamics in Column Chromatography 査読有り

    K. Yamamoto, Y. Tajima

    Proc. 24th Int. Conference on the Discrete Simulation of Fluid Dynamics     頁: in press   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Effects of a Sprinkler on Evacuation Dynamics in Fire 査読有り

    K. Yamamoto, Y. Takeuchi, S. Nishiki

    Computation   3 巻 ( 2 ) 頁: 274-284   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. ディーゼル車に含まれる微粒子のレーザ診断法とフィルタの評価 招待有り

    山本和弘

    ケミカルエンジニアリング~次世代環境技術開発の創製~   60 巻 ( 1 ) 頁: 30-37   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  61. 三重管バーナの流れ場と浮き上がり火炎の干渉 査読有り

    山本和弘,加藤慎也,林直樹,山下博史

    日本機械学会論文集   80 巻 ( 820 ) 頁: TEP0372   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. 区画火災の避難行動に及ぼすスプリンクラーの影響 査読有り

    竹内裕,山本和弘,錦慎之助

    日本火災学会論文集   64 巻 ( 3 ) 頁: 21-28   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. 三重管バーナに形成される浮き上がり火炎の実験的検討 査読有り

    奥洋平,山本和弘,林直樹,山下博史

    燃焼学会誌   178 巻   頁: 364-371   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Thermal structure of flame spread in partially premixed atmospheres and effects of fuel Lewis number 査読有り

    K. Yamamoto, Satoshi Seo, Koichi Mori

    Proceedings of the Combustion Institute   35 巻   頁: 2589-2596   2014年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. DPFによるディーゼル排気ガスの後処理の現状と開発,特集-エンジン燃焼の諸問題とその対策- 招待有り

    山本和弘

    日本燃焼学会誌   56 巻 ( 178 ) 頁: 317-323   2014年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  66. Size distribution and oxidation rate of carbon nanoparticles 査読有り

    K. Yamamoto, Y. Kanamori

    18th ETH conference, Book of Abstracts Paper     頁: 68   2014年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. レーザを用いたディーゼル微粒子の計測とフィルタの評価 招待有り 査読有り

    山本和弘

    自動車技術会会誌「自動車技術」   68 巻 ( 7 ) 頁: 48-53   2014年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  68. Diesel Exhaust After-Treatment by Silicon Carbide Fiber Filter 査読有り

    K. Yamamoto, K. Matsui

    Fibers   2 巻 ( 2 ) 頁: 128-141   2014年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Reductions of PAH and Soot by Center Air Injection 査読有り

    K. Yamamoto, M. Takemoto

    Environments   1 巻 ( 1 ) 頁: 42-53   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Evaluation of Soot Layer Formation on Initial PM Filtration Process of SiC Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Tsuneyoshi, K. Yamamoto

    Journal of the Technical Association of Refractories   34 巻 ( 3 ) 頁: 166-172   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. カーボン粒子を用いたDPFの捕集及び再生性能の評価 査読有り

    鈴木一也,山本和弘

    日本機械学会論文集(B編)   79 巻 ( 803 ) 頁: 1333-1341   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. SiCディーゼル微粒子フィルタの耐久性能 査読有り

    常吉孝治,山本和弘

    日本自動車技術会論文集   44 巻 ( 4 ) 頁: 1015-1020   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. 乱流燃焼場における火炎構造と火炎の安定性に及ぼす旋回流の影響 査読有り

    鈴木啓夢,山本和弘

    日本機械学会論文集(B編)   79 巻 ( 804 ) 頁: 1714-1723   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. 避難行動に及ぼす避難者同士の干渉の影響 査読有り

    竹内裕,山本和弘

    第19回交通流のシミュレーションシンポジウム論文集   19 巻   頁: 37-40   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Simulation of Continuously Regenerating Trap with Catalyzed DPF 査読有り

    K. Yamamoto, T. Sakai

    The 6th Japan- China Workshop on Environmental Catalysis and Eco-material, Book of Abstracts   34 巻   頁: 16-17   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. PIV/OH-PLIF同時計測によるスリットバーナの燃焼場の検討 査読有り

    奥洋平,伊藤雄貴,山本和弘,林直樹,山下博史

    日本燃焼学会誌   55 巻 ( 174 ) 頁: 395-402   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Evacuation Dynamics in Fire: Modeling and Applications 査読有り

    K. Yamamoto, Y. Takeuchi, S. Nishiki

    Proceedings of Seventh International Symposium on Scale Modeling (ISSM-7)     頁: in press   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Simulation on Soot Oxidation in Catalyzed DPF 査読有り

    K. Yamamoto

    17th ETH conference     頁: 1   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Soot Combustion in Wall-Flow Diesel Particulate Filter under Controlled and Uncontrolled Regenerations 査読有り

    K. Tsuneyoshi, K. Yamamoto

    Proceeding of 9th Asia-Pacific Conference on Combustion     頁: 64   2013年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Flow Field and Interaction of Two Lifted Flames in a Triple Port Burner 査読有り

    K. Yamamoto, Y. Isobe, N. Hayashi, H. Yamashita

    Proceeding of 9th Asia-Pacific Conference on Combustion     頁: 285   2013年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Microfluidic Simulation of Diesel Exhaust Gas and Soot Oxidation in Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto, Y. Hanaki

    SAE Technical Paper 2013-01-0009   2013 巻 ( 1 ) 頁: DOI: 10.4271/2013-01-0009   2013年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.4271/2013-01-0009

  82. Microfluidic Simulation of Diesel Exhaust Gas and Soot Oxidation in Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto, Y. Hanaki

    17th Asia-Pacific Automotive Engineering Conference (APAC-17)     頁: 89   2013年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. 多噴孔ノズルバーナの燃焼特性と燃焼排出物の評価 査読有り

    山本和弘,鈴木祐夢,商海

    日本機械学会論文集(B編)   79 巻 ( 802 ) 頁: 1122-1134   2013年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Boundary Conditions for Combustion Field and LB Simulation of Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto

    Communications in Computational Physics   13 巻 ( 3 ) 頁: 769-779   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A diesel particulate filter (DPF) is a key technology to meet future emission standards of particulate matters (PM), mainly soot. It is generally consists of a wall-flow type filter positioned in the exhaust stream of a diesel cars. It is difficult to simulate the thermal flow in DPF, because we need to consider the soot deposition and combustion in the complex geometry of filter wall. In our previous study, we proposed an approach for the simulation of gas-solid flow. That is, the gas phase was simulated by the lattice Boltzmann method (LBM), coupled with the equation of heat conduction inside the solid filter substrate. However, its numerical procedure was slightly complex. In this study, to reduce numerical costs, we have proposed a new boundary condition with chemical equilibrium in soot combustion at the surface of filter substrate. Based on the soot oxidation rate with catalysts evaluated in experiments, the lattice Boltzmann simulation of soot combustion in catalyzed DPF is firstly presented to consider the process in the after-treatment of diesel exhaust gas. The heat and mass transfer is discussed to validate our approach.

  85. Numerical simulation of continuously regenerating diesel particulate filter 査読有り

    K. Yamamoto, K. Yamauchi

    Proceedings of the Combustion Institute   34 巻   頁: 3083-3090   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Measurement of PAH and Soot of Diffusion Flames in a Triple Port Burner 査読有り

    K. Yamamoto, M. Takemoto

    Fuel Processing Technology   107 巻   頁: 99-106   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Microfluidic Simulation of Diesel Exhaust Gas and Soot Oxidation in Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto, Y. Hanaki

    SAE Technical Paper   1 巻 ( 9 )   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4271/2013-01-0009

  88. Simulation on Flow and Soot Deposition in Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto, S. Ohori

    Int. J. Engine Research   14 巻 ( 4 ) 頁: 333-340   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Non-catalytic After-treatment for Diesel Particulates Using Carbon-fiber Filter and Experimental Validation 査読有り

    K. Yamamoto, F. Fujikake, K. Matsui

    Proceedings of the Combustion Institute   34 巻   頁: 2865-2875   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Experimental study of hexagonal and square diesel particulate filters under controlled and uncontrolled catalyzed regeneration 査読有り

    K. Tsuneyoshi, and K. Yamamoto

    Energy   60 巻   頁: 325-332   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Numerical Simulation on Flow in Column Chromatography 査読有り

    K. Yamamoto, R. Komiyama, T. Umemura

    Int. J. Modern Physics C   24 巻 ( 11 ) 頁: 1340003   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. パニック時の避難行動シミュレーション 査読有り

    竹内裕,山本和弘,錦慎之助

    交通流のシミュレーションシンポジウム論文集   18 巻   頁: 17-20   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. 三重管バーナに形成される浮き上がり火炎の挙動に関する研究 査読有り

    山本和弘・磯部佑介・林直樹・山下博史

    日本燃焼学会誌   54 巻 ( 170 ) 頁: 285-290   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. SiCディーゼル微粒子フィルタの初期PM捕集性能についての研究 査読有り

    常吉孝治,山本和弘

    環境と耐火物誌   64 巻 ( 8 ) 頁: 367-373   2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. LII 法によるディーゼル微粒子の計測とDPF の評価 査読有り

    近藤真一,山本和弘,常吉孝治

    日本機械学会論文集(B編)   78 巻 ( 789 ) 頁: 1143-1150   2012年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Measurement of PAH and Soot of Diffusion Flames in a Triple Port Burner 査読有り

    K. Yamamoto, M. Takemoto

    Proc. 11th Int. Conference on Combustion and Energy Utilization     頁: in press   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Conjugate Simulation of Flow and Heat Transfer in Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto, and M. Nakamura

    Progress in Computational Fluid Dynamics (PCFD)     頁: in press   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Measurement of PAH and Soot of Diffusion Flames in a Triple Port Burner 査読有り

    K. Yamamoto, M. Takemoto

    Fuel Processing Technology     頁: in press   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Effects of Cell Geometry on PM Filtration Efficiency and Regeneration Rate 査読有り

    K. Tsuneyoshi, and K. Yamamoto

    Energy   48 巻   頁: 492-499   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. A Study on the Cell Structure and the Performances of Wall-flow Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Tsuneyoshi, and K. Yamamoto

    Energy   48 巻   頁: 492-499   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. 火災時の避難行動のモデル化と延焼シミュレーション 査読有り

    山本和弘,左高秀多,錦慎之助

    第17回交通流のシミュレーションシンポジウム論文集   17 巻   頁: 117-120   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Conjugate Simulation of Flow and Heat Transfer in Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto, and M. Nakamura

    Proc. 7th Int. Conf. Computational Heat and Mass Transfer     頁: CD-ROM   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Simulation on Flow and Heat Transfer in Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto, M. Nakamura

    ASME Journal of Heat Transfer   133 巻 ( 6 ) 頁: 060901   2011年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1115/1.4003448

  104. Effects of Washcoat on Initial PM Filtration Efficiency and Pressure Drop in SiC DPF 査読有り

    K. Tsuneyoshi, O. Takagi, K. Yamamoto

    SAE Technical Paper   1 巻 ( 817 ) 頁: 297-305   2011年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Lifted Flame Structure of Coannular Jet Flames in a Triple Port Burner 査読有り

    K. Yamamoto, S. Kato, Y. Isobe, N. Hayashi, H. Yamashita

    Proceedings of the Combustion Institute   33 巻   頁: 1195-1201   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.proci.2010.06.008

  106. Local Flame Structure and Turbulent Burning Velocity by Joint PLIF Imaging 査読有り

    K. Yamamoto, S. Ishii, and M. Ohnishi

    Proceedings of the Combustion Institute   33 巻   頁: 1285-1292   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.proci.2010.06.087

  107. Lattice Boltzmann Simulation on Continuously Regenerating Diesel Filter 査読有り

    K. Yamamoto, K. Yamauchi, N. Takada, M. Misawa, H. Furutani, O. Shinozaki

    Philosophical Transactions A (The Royal Society, London)   369 巻   頁: 2584-2591   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1098/rsta.2011.0031

  108. Flame Structure and Flame Spread Rate over a Solid Fuel in Partially Premixed Atmospheres 査読有り

    K. Yamamoto, Y. Ogata, H. Yamashita

    Proceedings of the Combustion Institute   33 巻   頁: 2441-2448   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.proci.2010.06.089

  109. 転炉内二次燃焼に及ぼす炉内水素濃度の影響 査読有り

    転炉内二次燃焼に及ぼす炉内水素濃度の影響

    鉄と鋼   97 巻 ( 5 ) 頁: 245-251   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Numerical Simulation on Oxidation Reaction of NO in Exhaust Gas by Pt Catalyst 査読有り

    H. Yamashita, H. Yane, and K. Yamamoto

    Journal of Environment and Engineering   6 巻 ( 3 ) 頁: 437-451   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. A New Technique for Non-Catalytic After-Treatment System of Diesel Particulates 査読有り

    K. Yamamoto, F. Fujikake, and K. Matsui

    IEEE Xplore Digital Library   11990084 巻   頁: 145-150   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. 2速度RCAモデルによる避難過程のシミュレーション 査読有り

    左高秀多,山本和弘

    交通流のシミュレーションシンポジウム論文集   16 巻   頁: 41-44   2010年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. 酸素噴流による高温CO-H2混合ガス燃焼の数値解析 査読有り

    奥山悟郎・山本和弘・林直樹・山下博史

    日本燃焼学会誌   52 巻 ( 162 ) 頁: 322-328   2010年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. PLIF法による拡散火炎の熱発生速度の検討 査読有り

    麻田泰生, 山本和弘, 林直樹, 山下博史

    日本燃焼学会誌   50 巻 ( 151 ) 頁: 146-152   2010年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. 間欠燃料噴射を利用した燃焼場の検討 査読有り

    磯部佑介,山本和弘,山下博史,上島光浩

    日本機械学会論文集(B編)   75 巻 ( 760 ) 頁: 2528-2534   2010年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. Simulation on Catalytic Reaction in Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto, M. Nakamura, H. Yane, and H. Yamashita

    Catalysis Today   153 巻   頁: 118-124   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cattod.2010.02.064

  117. 転炉内二次燃焼に及ぼす炉内水素濃度の影響 査読有り

    奥山悟郎・山田敏雄・岸本康夫・山本和弘・林直樹・山下博史

    鉄と鋼   97 巻 ( 5 ) 頁: 245-251   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. SiC-Diesel Particulate Filterのウオッシュコート処理による初期PM捕集性能への影響 査読有り

    常吉孝治,高木修,山本和弘

    日本自動車技術会論文集   41 巻 ( 6 ) 頁: 1365-1370   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. DPFの初期PM捕集性能と表面粗度の影響 査読有り

    常吉孝治,高木修,山本和弘

    日本機械学会論文集(B編)   76 巻 ( 767 ) 頁: 1110-1117   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. The Numerical Simulation of Fuel-Lean Counterflow Premixed Flame with Flame Curvature 査読有り

    N. Hayashi, C. Miyata, H. Yamashita, and K. Yamamoto

    Progress in Computational Fluid Dynamics   10 巻 ( 4 ) 頁: 225-231   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. 連続再生式ディーゼルフィルターにおけるすすの燃焼と堆積の数値解析 査読有り

    松井健太,山本和弘

    日本機械学会論文集(B編)   76 巻 ( 765 ) 頁: 896-902   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Numerical Study on Spark Ignition Characteristics of Methane-air Mixture Using Detailed Chemical Kinetics(Effect of Electrode Temperature and Energy Channel Length on Flame Propagation and Relationship between Minimum Ignition Energy and Equivalence Ratio) 査読有り

    J. Han, H. Yamashita and K. Yamamoto

    Int. J. Thermal Sciences   4 巻 ( 2 ) 頁: 305-313   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. センターエアーバーナによる燃焼器の小型化に関する数値解析 査読有り

    槙田雄一郎,山下博史,山本和弘

    日本機械学会論文集(B編)   75 巻 ( 760 ) 頁: 2535-2543   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. Two-sheet OH-PLIF法による乱流予混合火炎の火炎構造および局所消炎の検討 査読有り

    石井慎治,山本和弘,林直樹,山下博史

    日本機械学会論文集(B編)   75 巻 ( 759 ) 頁: 2315-2320   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. Simulation on Catalytic Reaction in Diesel Particulate Filter

    K. Yamamoto, M. Nakamura, H. Yane, and H. Yamashita

    Abstract: The 4th Japan- China Workshop on Environmental Catalysis and Eco-material   1 巻   頁: 30-31   2009年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. 噴霧燃焼の燃焼形態に与える液滴の大きさと数密度の影響に関する数値解析 査読有り

    萩原康太,山下博史,山本和弘

    日本燃焼学会誌   50 巻 ( 158 ) 頁: 343-353   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. Combustion Simulation in Ultra-micro Combustor 査読有り

    K. Yamamoto and N. Hayashi

    Abstract: 2009 China-Japan Workshop on Combustion in Micro Power System   1 巻   頁: 1-6   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  128. 格子ボルツマン法による燃焼場の解析

    山本和弘

    日本計算工学会学会誌   14 巻 ( 3 ) 頁: 2107-2110   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  129. 排気ガス中のNOの触媒による酸化反応に関する数値解析 査読有り

    家根弘好,山下博史,山本和弘

    日本機械学会論文集(B編)   75 巻 ( 756 ) 頁: 1669-1677   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. Simulation on Gas-Solid Flow with Heat Transfer in Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto, and M. Nakamura

    Abstract: 18th Int. Conference on the Discrete Simulation of Fluid Dynamics   1 巻   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To reduce particulate matters (PM) including soot in diesel exhaust gas, a diesel particulate filter (DPF) has been developed for the after-treatment of exhaust gas. In simple explanation of DPF, it traps PM when exhaust gas passes its porous wall. However, since the filter would be plugged with particles to cause an increase of filter back-pressure, filter regeneration process is needed. In this study, we have simulated the flow with soot combustion by the lattice Boltzmann method (LBM). Here, the real filter was used in the simulation. The inner structure of the filter sample was scanned by a 3D X-ray CT technique. By conducting tomography-assisted simulation, we obtained local velocity and pressure distributions in the filter, which is hardly obtained by measurements. Especially, to consider the heat transfer to the solid wall of the filter, the equation of heat conduction was solved, simultaneously. That is, the approach for the simulation of gas-solid flow is presented. Based on the temperature change and reaction in DPF, the heat and mass transfer in the filter regeneration process was discussed.

  131. 火災時の避難行動のモデル化と解析

    山本和弘

    豊田研究報告   62 巻   頁: 153-155   2009年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  132. Combustion Characteristics and Flame Structure in a Triple Port Burner 査読有り

    G. Okuyama, K. Yamamoto, N. Hayashi, and H. Yamashita

    Proc. 6th Int. Conf. Computational Heat and Mass Transfer     頁: 373-378   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Diffusion flames are widely used in practical combustors such as furnaces and diesel engines. To increase the combustion efficiency and reduce the harmful products to the environments, fundamental researches are needed for improving the design and operation of the combustor. In this study, we have focused on a triple port burner to provide plurality of combustion air jets. The burner consists of three concentric tubes. Air flows in both inner (central) and outer tubes, and fuel (propane) flows in the annulus between these air tubes. Then, two diffusion flames are formed in the boundary of fuel and air streams. We have numerically investigated combustion characteristics in the triple port burner. For comparison, some experiments including the temperature measurement have been conducted. Based on numerical and experimental results, the flame structure has been discussed.

  133. The Numerical Simulation of Fuel-Lean Counterflow Premixed Flame with Flame Curvature 査読有り

    N. Hayashi, C. Miyata, H. Yamashita, and K. Yamamoto

    Proc. 6th Int. Conf. Computational Heat and Mass Transfer     頁: 367-372   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The influence of flame curvature and unsteady behavior on the local extinction and flame structure is investigated by numerical simulation of the counterflow premixed flame using chemical kinetics model. To impart a curvature to the flame front, the premixed gas is spouted with axial velocities varying in the transverse direction at the nozzle. The methane-air premixed gas with near flammability limit (equivalence ratio is 0.55) is considered. The heat release rate begins to fall immediately after a part of spout velocity is changed from surrounding
    velocity, and the local extinction occurs. However, the flame is recovered by propagating from surroundings. In this study, the flame structures (i.e. heat release rte, temperature and mole concentrations) at this local extinction are investigated, and by comparing with the experimental results by OH-CH2O simultaneous PLIF (Planar Laser-Induced Fluorescence) technique, it is shown that the measurement is the quite useful tool to evaluate the local extinction.

  134. Numerical Study on Ignition Characteristics of Methane-air Mixture Using Detailed Chemical Kinetics (Effect of Equivalence Ratio and Heat Loss to Electrode on Ignition Characteristics), 査読有り

    J. Han, H. Yamashita, and K. Yamamoto

    Proc. 6th Int. Conf. Computational Heat and Mass Transfer     頁: 165-170   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Ignition is a transient combustion phenomenon and one of the most difficult and complex problems, which includes a lot of physical and chemical processes, so that it has not yet been explained sufficiently. In the present study, the ignition characteristics of methane-air mixture were investigated by numerical analysis using detailed chemical kinetics. Minimum Ignition Energy (MIE) is an important parameter of ignition ability of the system. In order to investigate the effect of the equivalence ratio, electrode gap and size on MIE in the quiescent methane/air mixture, ignition processes were examined considering the heat loss to electrode for axisymmetric numerical model, in which the temperatures of electrode wall were set at 300K, 1000K and 2000K. The GRI-mech 3.0 consisting of 53 species and 325 elementary reactions was applied to the chemical kinetics model. The obtained calculation results were compared with experimental results. The results with heat loss to electrode of wall temperature 300K showed good agreement with experimental results for the relationships of MIE to the equivalence ratio and electrode gap.

  135. After-treatmentof Diesel Particles by Diesel Exhaust Gas Perfect Burning System 査読有り

    K. Yamamoto, K. Matsui, M. Nakamura, and H. Yamashita

    Proc. 6th Int. Conf. Computational Heat and Mass Transfer     頁: 361-366   2009年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Diesel engines have been used in a wide variety of commercial vehicles. Since the pollution emitted by diesel cars causes environmental problems, stricter diesel emissions standards are being set in many counties. To meet future PM emission standards, we have focused on diesel exhaust gas perfect burning system (DEGPBS), which is the after-treatment of exhaust gas developed by COTEC Company, Ltd. in Japan. So far, it is difficult to observe the phenomena in the filter experimentally, and there is not enough information on the particle combustion in the filter regeneration process. In this study, we conducted simulation of soot combustion by the lattice Boltzmann method. The inner structure of the filter was obtained by a 3D X-ray CT technique. Results show that the combustion reaction is well simulated to discuss the soot oxidation inside the filter.

  136. DPF内のすす堆積を考慮した流れの数値解析 査読有り

    大堀晋也,山本和弘,山下博史,大道重樹

    日本機械学会論文集(B編)   75 巻 ( 750 ) 頁: 370-377   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. *Burning Velocity and OH Concentration in Premixed Combustion 査読有り

    K. Yamamoto, M. Ozeki, N. Hayashi, H. Yamashita

    Proceedings of the Combustion Institute   32 巻   頁: 1227-1235   2009年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In the present paper, we have simulated laminar premixed flames in several types of flow configuration. The counter-flow flame, 1D flame in uniform flow, and 2D flame on a slot burner have been considered. The fuel is propane, and detailed chemistry has been used. We have obtained burning velocity in these flames to examine the response of peak OH concentration in flame zone to burning velocity (SL). In case of counter-flow flame, peak OH concentration is decreased at the larger stretch rate. At the same time, the burning velocity is decreased. The peak OH concentration of 1D flame in uniform flow is decreased at lower equivalence ratio, with smaller burning velocity. It is interesting to note that, for both flames as well as 2D flame, the same linear relationship is observed between two parameters of peak OH and SL . Thus, consistent with earlier findings of turbulent flames, peak OH concentration can be a good measure of burning velocity. In the experiments, we have estimated local burning velocity in turbulent combustion with a cyclone-jet combustor. The slot burner has been used for calibration. It is found that the peak OH concentration in the flame becomes smaller with an increase of turbulence. The local burning velocity is monotonically decreased at higher turbulence. In some cases, its value is almost zero, which could be local extinction. When the fuel is propane, Markstein number is positive for lean mixture. In that case, the burning velocity is decreased due to the stretch effect, which is well in accordance with the fact that the turbulence always suppresses the burning velocity in our measurements.

  138. Microstructure and Particle-laden Flow in Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto, S. Satake, H. Yamashita

    Int. J. Thermal Sciences   48 巻   頁: 303-307   2009年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Due to the public awareness with regard to harmful diesel emissions, more strict diesel emissions standards such as Euro V in 2008 are being set in the world. As one of the key technologies, a diesel particulate filter (DPF) has been developed to reduce particulate matters (PM) in the after-treatment of exhaust gas. Since the structure of the filter is small and complex, it is impossible to examine the phenomena inside the filter experimentally. In this study, we conducted fluid simulation in DPF. We used the lattice Boltzmann method (LBM). The microstructure of DPF was taken into account. The complex flow pattern appears by using the non-slip boundary condition on the filter wall surface. The soot accumulation was simulated to consider the PM trap in the diesel filter. Results show that the flow is largely changed due to soot deposition. As the soot concentration inside the filter is increased, the filter backpressure is increased.

  139. *Fluid Simulation and X-ray CT Images for Soot Deposition in a Diesel Filter 査読有り

    K. Yamamoto, S. Satake, H. Yamashita, N. Takada, M. Misawa

    European Physical Journal   171 巻   頁: 205-212   2009年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Recently, more strict diesel particulate emissions standards have been set in many countries. As for the after-treatment of exhaust gas, a diesel filter has been developed to trap diesel particles with small-scale porous structure. Since measurement of flow inside the filter is impossible, the phenomena of particle deposition in the filter are not well understood. In this study, we conducted Lattice Boltzmann simulation on flow in the newly developed diesel filter. The soot deposition was included to consider the particle trap inside the filter. The inner structure of the diesel filter as well as trapped soot region was scanned by a X-ray CT technique. Results show that the flow pattern is largely changed when the soot is attached to the filter surface. By comparing simulation results with CT images, soot accumulation region is well predicted. The amount of trapped soot is proportional to the filter back-pressure.

  140. *Simulation on Soot Deposition and Combustion in Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto, S. Oohori, H. Yamashita, S. Daido

    Proceedings of the Combustion Institute   32 巻   頁: 1965-1972   2009年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have simulated the flow in a real cordierite DPF using the lattice Boltzmann method. Inner structure of the filter is analyzed by a 3D X-ray CT technique. Two processes of soot deposition for PM trap and soot combustion for filter regeneration process are considered. Especially, the effect of NO2 on the soot oxidation is examined, which is recently proposed as on-board regeneration system. The reaction rate has been determined based on previous experimental data. Results show that, the flow field and pressure change inside the filter are clearly visualized. The pressure distribution depends on the non-uniformity of pore structure. The flow is largely changed with soot deposition, with higher pressure drop across the filter (filter back-pressure). The obtained correlation between total accumulated soot and the filter back-pressure is well in accordance with reported experimental results. In combustion simulation, the effect of NO2 addition to promote the soot oxidation is confirmed. These are useful information to develop the future regenerating DPF system.

  141. 三重管バーナの燃焼特性と火炎構造の検討 査読有り

    大島久治,山本和弘,林直樹,山下博史,奥山悟郎

    日本機械学会論文集(B編)   74 巻 ( 748 ) 頁: 2731-2737   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. Simulation on Flow and Heat Transfer in Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto, M. Nakamura, and H. Yamashita

    Proc. 2nd Thermal Issues in Emerging Technologies     頁: 245-250   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, we simulate the flow in DPF by the lattice Boltzmann method (LBM). So far, the LBM has been widely used in fluid simulation, and has been an alternative and promising numerical scheme. It has been confirmed that, through the Chapman-Enskog procedure, the Navier-Stokes equations are derived from LB equations. In the LBM, the treatment of boundary conditions is simple and easy, and it is appropriate to simulate porous media flows such as DPF. In this paper, our approach for LB simulation of combustion is briefly explained. Here, the real filter is used in the simulation. The inner structure of the filter sample is scanned by a 3D X-ray CT technique. By conducting tomography-assisted simulation, we obtain local velocity and pressure distributions in the filter, which is hardly obtained by measurements. First, the flow and pressure profiles are visualized, compared with the empirical equation of the Ergun equation. Then, the soot combustion is simulated. Based on the temperature change and reaction inside the filter, the heat and mass transfer in the filter regeneration process is discussed.

  143. セルラオートマトンによる火災時の避難行動のシミュレーション 査読有り

    小久保聡,山本和弘,山下博史

    日本機械学会論文集(B編)   74 巻 ( 748 ) 頁: 2724-2730   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. 実数型セルオートマトン法による火災時の避難シミュレーション 査読有り

    山本和弘,小久保聡,山下博史

    第14回交通流のシミュレーションシンポジウム論文集     頁: 9-12   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. ランキン渦中での予混合火炎伝播に与える渦核半径の影響に関する数値解析 査読有り

    近藤周司,山下博史,篠田昌久,山本和弘

    日本機械学会論文集(B編)   74 巻 ( 747 ) 頁: 2387-2392   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  146. 非定常対向流予混合火炎の火炎構造に与える流入速度変動の影響に関する数値解析 査読有り

    野々村一樹,山下博史,林直樹,山本和弘

    日本機械学会論文集(B編)   74 巻 ( 747 ) 頁: 2393-2400   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. Simulation of Fire Evacuation by Real-Coded Cellular Automata (RCA) 査読有り

    K. Yamamoto, S. Kokubo, H. Yamashita, K. Nishinari

    Lecture Notes in Computer Science   5191 巻   頁: 447-454   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We present simulation of fire evacuation by real-coded Cellular Automata (RCA), which is a new approach for pedestrian dynamics. Here, we consider the evacuation from a relatively large room with one or two exits. To describe the flame spread in fire, a percolation model is applied, where the flame position is determined stochastically. In the simulation, we focus on several parameters including the number of people in room, the route keeping away from the flame, and the location of the exit.

  148. Evacuation Simulation in Fire by Real-Coded Cellular Automata 査読有り

    K. Yamamoto, S. Kokubo, H. Yamashita

    Proceedings of CSI SymposiumInstitute     頁: in press   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    Fire is one of the most serious disasters. The damage in fire is mainly caused by high heat fluxes from the flame, accidental explosions, and toxic species in smoke generated by combustion reaction, which causes fatalities, destruction of houses and buildings, and air pollution. In order to mitigate these losses, it is important to design the room size and exit location in the building for the fire evacuation to set the evacuation route and provide effective instruments including fire extinguishers and alarms. Additionally, an appropriate management for safety such as dairy training for fire evacuation is needed. In planning individual actions for safety and evaluating the effectiveness of facilities and instruments, it is plausible to understand the phenomena in fire and validate the fire evacuation plan in advance. However, it is difficult to conduct experiments inside the building in fire, because the costs are expectedly huge, and the people are exposed to danger. Therefore, the simulation of fire evacuation is needed. For this purpose, we need to describe the evacuee's behaviors in fire. Since its dynamics is caused by collective crowd behavior, we have difficulties to handle directly each motion by solving coupled differential equations. In this study, we present simulation of fire evacuation by real-coded Cellular Automata (RCA), which is our new approach for pedestrian dynamics. Here, we consider the evacuation from a relatively large room with one or two exits. To describe the flame spread in fire, a percolation model is applied, where the flame position is determined stochastically. In the simulation, we focus on several parameters including the number of people in room, the distance of evacuation route from the flame, and the location of the exit.

  149. Evacuation Simulation in Floor Field by Real-Coded Cellular Automata 査読有り

    K. Yamamoto

    Lecture Notes in Computer Science   5191 巻   頁: 571-574   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper presented the simulation of room evacuation by the real-coded cellular automata (RCA). The motion of each evacuee was determined by the floor. Only static floor field was used, corresponding to the shortest distance to the exit. We considered two cases with and without obstacle. We changed the initial number of people in the room and the exit width. We concluded that RCA can be a good tool to discuss the total evacuation time and the evacuation route.

  150. Flame Spread over a Solid Fuel and Lewis Number Effect in Partially Premixed Atmospheres 査読有り

    K. Yamamoto, Yoshinori Ogata, H. Yamashita

    32nd International Symposium on Combustion     頁: 68   2008年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    We have investigated the downward flame spread over a thin solid fuel. Hydrogen, methane, and propane, included in the gaseous product of pyrolysis reaction, are added in the ambient air. The fuel concentration is kept below the lean flammability limit to observe the partially premixing effect. Both experimental and numerical studies have been conducted. Results show that, in the partially premixed atmospheres, the flame region is expanded vertically and horizontally, and the flame spread rate is increased. It is interesting to note that, based on the flame index, the premixed flame is formed next to the original diffusion flame. Here, we focus on the heat input by adding the fuel in the opposed air, which could be the direct effect to intensify the reaction in the flame region. The dependence of the flame spread rate on the heat input is almost the same for methane and propane/air mixtures, but larger effect is observed for hydrogen/air mixture. Since the deficient reactant in lean mixture is fuel, the larger effect of hydrogen could be explained based on the Lewis number consideration. That is, the combustion is surely intensified for all cases, but this effect is larger for lean hydrogen/air mixture (Le < 1), because more fuel diffuses toward the flame zone to increase the reaction rate. It is concluded that due to the heat input of the added fuel in partially premixed mixture, the larger heat transfer to the unburned region occurs, resulting in an increase of the flame spread rate.

  151. Local Flame Structure and Turbulent Burning Velocity by OH-HCHO PLIF Technique 査読有り

    K. Yamamoto, M. Ohnishi, S. Ishii, N. Hayashi, H. Yamashita

    32nd International Symposium on Combustion     頁: 86   2008年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    In this study, we have examined local flame structure and heat release rate by simultaneous OH-HCHO PLIF technique. We have used a cyclone-jet combustor to establish turbulent premixed flames for propane/air mixtures in a wide range of turbulence, covering the flamelet regime and thin reaction zones regime on combustion diagram. Results show that as the mean velocity at the combustor exit is increased, more complex flame structure is observed with multiple flamelets. Near the global extinction, peak OH concentration in reaction zone becomes almost zero, whereas HCHO concentration in preheat zone still remains. As a result, the large reduction of heat release rate occurs, resulting in local extinction. The turbulent burning velocity determined by the mean flame shape is increased with turbulence, and the bending effect is observed in thin reaction zones regime. On the other hand, the flame surface area is monotonically increased. The estimated local burning velocity based on peak OH concentration is decreased. Thus, in thin reaction zones regime, the alteration of the flame structure appears with overall reduction of combustion rate. This bending effect can be explained with a decrease of local burning velocity, which is unrecoverable from the increase of flame surface area.

  152. 超小型燃焼器の開発に関する詳細素反応機構を考慮した数値解析 査読有り

    鈴木新,山下博史,山本和弘

    日本機械学会論文集(B編)   74 巻 ( 743 ) 頁: 1641-1648   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  153. メタルハニカム内のディーゼル微粒子燃焼シミュレーション 査読有り

    山本和弘

    日本機械学会論文集(B編)   74 巻 ( 742 ) 頁: 1318-1823   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  154. 火災時の避難行動のモデル化と解析

    山本和弘

    豊田研究報告   61 巻   頁: 189-192   2008年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  155. LII法によるすす計測とディーゼル排気ガスへの適用 査読有り

    山本和弘,藤掛文裕,田谷幸洋,林直樹,山下博史,可計重英

    日本機械学会論文集(B編)   74 巻 ( 738 ) 頁: 498-504   2008年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  156. 部分予混合雰囲気中における可燃性固体上の火炎の燃え拡がり解析 査読有り

    緒方佳典・山本和弘・山下博史

    日本燃焼学会誌   50 巻 ( 151 ) 頁: 64-71   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. 旋回噴流燃焼器のすすとNOxの測定および数値解析による火炎構造の検討 査読有り

    金川裕司,山本和弘,大島久治,山下博史,上島光浩

    日本機械学会論文集(B編)   74 巻 ( 738 ) 頁: 505-512   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. 圧縮性モデルを用いた部分予混合雰囲気中の火炎の燃え拡がり解析 査読有り

    緒方佳典,山本和弘,山下博史

    日本機械学会論文集(B編)   73 巻 ( 736 ) 頁: 2565-2571   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  159. 水素-空気予混合気の流路内触媒燃焼に関する素反応機構による数値解析 査読有り

    高下峻一,山下博史,松永秀一,山本和弘

    日本機械学会論文集(B編)   73 巻 ( 735 ) 頁: 2345-2353   2007年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  160. ディーゼル微粒子の堆積とフィルターの再生過程の数値解析 査読有り

    佐竹真吾,山本和弘,山下博史

    日本機械学会論文集(B編)   73 巻 ( 733 ) 頁: 1950-1957   2007年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  161. OH-HCHO同時PLIF法による乱流予混合火炎の可視化と火炎構造 査読有り

    山本和弘,大西將博,林直樹,尾関賢宏,山下博史

    日本機械学会論文集(B編)   73 巻 ( 733 ) 頁: 1943-1949   2007年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  162. Microstructure and Particle-laden Flow in Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto, S. Satake, H. Yamashita

    Proceedings of 5th Int. Conference on Computational Heat and Mass Transfer     頁: 217-222   2007年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  163. A Study on Turbulent Premixed Flames in a Cyclone-Jet Combustor Using OH-HCHO PLIF Technique 査読有り

    M. Ohnishi, S. Ishii, K. Yamamoto, N. Hayashi, H. Yamashita

    Proceedings of Sixth Asia-Pacific Conference on Combustion     頁: 340-343   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  164. Numerical Simulation on Continuously Regenerating DPF System (Investigation of NO2 Formation by Platinum Catalyst) 査読有り

    T. Aikawa, H. Yamashita, K. Yamamoto H. YANE

    Proceedings of Sixth Asia-Pacific Conference on Combustion     頁: 686-689   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  165. Turbulent Burning Velocity and Flame Structure by PLIF Technique 査読有り

    K. Yamamoto, M. Ozeki, N. Hayashi and H. Yamashita

    Proceedings of Sixth Asia-Pacific Conference on Combustion     頁: 344-347   2007年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  166. Lattice Boltzmann Simulation on Soot Combustion in Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto, S. Oohori, S. Satake and H. Yamashita

    Proceedings of Sixth Asia-Pacific Conference on Combustion     頁: 102-105   2007年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  167. Flow Field of Turbulent Premixed Combustion in a Cyclone-Jet Combustor 査読有り

    K. Yamamoto, S. Inoue, H. Yamashita, D. Shimokuri, S. Ishizuka

    Journal of Thermal Science and Technology   2 巻 ( 1 ) 頁: 90-101   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  168. *Simulation for Pedestrian Dynamics by Real-Coded Cellular Automata (RCA) 査読有り

    K. Yamamoto, S. Kokubo, K. Nishinari

    Physica A   379 巻   頁: 654-660   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  169. 多孔体構造の生成と流れ解析 査読有り

    大堀晋也,山本和弘,山下博史

    流体力学会誌ながれ   26 巻 ( 1 ) 頁: 41-47   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  170. 乱流予混合火炎の燃焼診断に対するアセトン-OH同時PLIF計測手法の有効性の検討 査読有り

    馬目聡,中村祐二,林直樹,山本和弘,山下博史

    日本機械学会論文集(B編)   73 巻 ( 725 ) 頁: 350-356   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  171. 部分予混合化によるPAHs抑制メカニズムの検討 査読有り

    石井大祐,中村祐二,林直樹,山本和弘,山下博史

    日本機械学会論文集(B編)   72 巻 ( 724 ) 頁: 3174-3182   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  172. 流路内触媒反応に関する素反応機構を用いた数値解析(触媒反応による燃焼ガス中のNOの還元に与えるガス組成の影響) 査読有り

    相川司,山下博史,山本和弘

    日本燃焼学会誌   49 巻 ( 148 ) 頁: 128-136   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  173. メタン-空気混合気の三次元不均一濃度・温度場での燃焼過程の数値解析 査読有り

    椴山由貴・山下博史・山本和弘

    日本燃焼学会誌   49 巻 ( 150 ) 頁: 258-266   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  174. Simulation on Soot Oxidation with NO2 and O2 in a Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto, S. Satake, H. Yamashita, A. Obuchi, and J. Uchisawa

    Journal of Thermal Science and Technology   2 巻 ( 2 ) 頁: 245-255   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  175. Lattice Boltzmann Simulation on Flow with Soot Accumulation in Diesel Particulate Filter 査読有り

    K. Yamamoto, S. Satake, H. Yamashita, N. Takada, and M. Misawa

    Int. J. Modern Physics C   18 巻 ( 4 ) 頁: 528-535   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Since diesel exhaust gas has more ambient air pollutants such as NOx and particulate matters (PM) including soot, the special treatment for exhaust emission standards is needed. Recently, a diesel particulate filter (DPF) has been developed to reduce PM in the after-treatment of exhaust gas. However, since the structure of the filter is small and complex, it is impossible to examine the phenomena inside the filter experimentally. In this study, we conduct fluid simulation in the diesel filter. We use the lattice Boltzmann method. The soot accumulation is considered to simulate the PM trap in the Filter. For the wall-boundary in the simulation, the inner structure of the filter is obtained by a 3D-CT technique. Results show complex flow pattern in the diesel filter. Due to the soot accumulation, the velocity is changed and the pressure is increased. The pressure drop becomes larger as soot concentration at the inlet is higher.

  176. 多孔体内部構造の可視化と新しい燃焼解析の試み 招待有り 査読有り

    山本和弘

    日本燃焼学会誌   45 巻 ( 131 ) 頁: 14-15   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  177. 対向流予混合火炎中のOH濃度と燃焼速度 査読有り

    山本和弘,伊佐山勉,林直樹,山下博史

    日本燃焼学会誌   49 巻 ( 149 ) 頁: 181-186   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  178. A Study on Turbulent Premixed Flames in a Cyclone-jet Combustor Using OH-HCHO PLIF technique 査読有り

    K. Yamamoto, M. Ohnishi, N. Hayashi, H. Yamashita

    31st International Symposium on Combustion     頁: 101   2006年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  179. Dominant Parameters of Flame Structure in Unsteady Counterflow Premixed Combustion for Various Equivalence Ratios 査読有り

    N. Hayashi, H. Yamashita, Y. Nakamura, K. Yamamoto

    31st International Symposium on Combustion     頁: 411   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  180. 格子ボルツマン法による転炉内2次燃焼の解析 査読有り

    古賀輝久,山本和弘,岸本康夫,山下博史

    日本機械学会論文集(B編)   72 巻 ( 723 ) 頁: 2798-2804   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  181. メタン・空気予混合気の着火特性に関する詳細素反応機構を考慮した数値解析 査読有り

    松山竜佐,山下博史,山本和弘

    日本機械学会論文集(B編)   72 巻 ( 722 ) 頁: 2547-2553   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  182. *PIV Measurement and Turbulence Scale in Turbulent Combustion 査読有り

    K. Yamamoto, S. Inoue, H. Yamashita, D. Shimokuri, S. Ishizuka, and Y. Onuma

    Heat Transfer Asian Research   35 巻 ( 7 ) 頁: 501-512   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  183. Soot Accumulation and Combustion in Porous Media 査読有り

    K. Yamamoto and F. Ochi

    J. Energy Institute   79 巻 ( 4 ) 頁: 195-199   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  184. New Approach for Pedestrian Dynamics by Real-Coded Cellular Automata (RCA) 査読有り

    K. Yamamoto, S. Kokubo, K. Nishinari

    Lecture Notes in Computer Science   LNCS4173 巻   頁: 728-731   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  185. 反応進行度とその勾配による非定常対向流予混合火炎の火炎構造の整理 査読有り

    林直樹,山下博史,中村祐二,山本和弘

    日本機械学会論文集(B編)   72 巻 ( 713 ) 頁: 208-215   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  186. Lattice Boltzmann Simulation on Porous Structure and Soot Accumulation 査読有り

    K. Yamamoto, S. Satake, H. Yamashita, N. Takada, and M. Misawa

    Mathematics and Computers in Simulation   72 巻   頁: 257-263   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, using the lattice Boltzmann method, we simulate soot accumulation in porous media to examine the particle trap in a diesel particulate filter (DPF). The porous structure is numerically formed for different inner structure with given porosity. The porous media similar to the real sample, Ni-Cr metal, can be obtained, where the pressure fields in both cases are almost the same. In the simulation of soot accumulation, the velocity field is changed when the soot is attached to the porous wall. The pressure drop is largely increased. Interestingly, the friction factor is smaller than experimentally predicted value by Ergun equation.

  187. LB Simulation on Soot Combustion in Porous Media 査読有り

    K.Yamamoto and N.Takada

    Physica A   362 巻   頁: 111-117   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Although diesel engines have an advantage of low fuel consumption in comparison with gasoline engines, several problems must be solved. One of the major concerns is that diesel exhaust gas has more particle matters (PM) including soot, which are suspected to be linked to human carcinogen. As one of the key technologies, a diesel particulate filter (DPF) has been developed to reduce PM in the after-treatment of exhaust gas. In this study, we conduct Lattice Boltzmann simulation on combustion in porous media. Results show that the combustion reaction is well simulated to observe the decrease of soot attached to the porous wall. This information is indispensable for the better design of DPF, and LBM can be a good tool for combustion simulation in porous media.

  188. ディーゼル微粒子除去フィルターによる環境負荷低減の評価

    山本和弘

    生活環境向上のための研究報告書   8 巻   頁: 183-189   2005年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  189. 二次元非定常予混合火炎に関する素反応機構による数値解析(予混合火炎構造を支配する物理量としての反応進行度とその勾配の妥当性) 査読有り

    加藤敏宏,林直樹,山下博史,中村祐二,山本和弘

    日本機械学会論文集(B編)   71 巻 ( 712 ) 頁: 3038-3045   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  190. すすの堆積を考慮した多孔体内の流れ解析 査読有り

    越智文洋,山本和弘,山下博史

    流体力学会誌ながれ   24 巻 ( 5 ) 頁: 535-541   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  191. 乱流燃焼場のPIV計測と乱れスケールの算出 査読有り

    山本和弘,井上聡,山下博史,下栗大右,石塚悟,小沼義昭

    日本機械学会論文集(B編)   71 巻 ( 711 ) 頁: 2741-2747   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本研究では,旋回噴流燃焼器によって発生させた乱流予混合火炎を対象に,粒子画像流速測定法(PIV)の測定結果に対する妥当性について検討を行った.その結果,速度の頻度分布からPIV特有の誤差を特定し,それらを取り除くことによってLDVの測定結果とよく一致することを確認した.そして,サンプル数がおよそ2000程度あれば十分信頼性のある各種統計量(平均流速や乱れのRMS値など)が得られ,解像度が得られた速度の測定結果に影響を与えることから適切な解像度での測定が必要であることを明らかにした.さらに,2次元速度場から積分空間スケールを算出し,LDVからの結果と比較したところよく一致した.

  192. メタン-空気予混合気の流路内触媒燃焼に関する素反応機構による数値解析 査読有り

    太田稔,山下博史,趙黛青,松永秀一,山本和弘

    日本燃焼学会誌   45 巻 ( 131 ) 頁: 137-145   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  193. 部分予混合雰囲気中に形成された火炎の燃え拡がりの実験と解析 査読有り

    山本和弘,東城博之,小沼義昭

    日本燃焼学会誌   47 巻 ( 140 ) 頁: 129-136   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  194. 格子ボルツマン法による燃焼場の解析方法と応用例 招待有り

    山本和弘

    計算数理工学レビュー     頁: 29-38   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  195. Soot Accumulation and Combustion in Porous Media 査読有り

    K. Yamamoto and F. Ochi

    Progress in Computational Heat and Mass Transfer   1 巻   頁: 566-571   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  196. Combustion Simulation with Lattice Bolzmann Method in a Three-Dimensional Porous Structure 査読有り

    K. Yamamoto, N. Takada, and M. Misawa

    Proceedings of the Combustion Institute   30 巻   頁: 1509-1515   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To simulate the flow in three dimensional porous structure, we have applied the Lattice Boltzmann method (LBM), using a D3Q15 model. The distribution function for flow, temperature, and concentration fields are solved to simulate the regeneration process of DPF. For a benchmark study, we have conducted the calculation in simple geometry. To change the flow characteristics such as porosity and tortuosity, the obstacles of different number and size are selected, which are randomly placed in the duct. The flow pattern is changed with different size of obstacles even at the same porosity. To confirm the validity of our calculation, the results are compared in the non-dimensional form with the Blake-Kozeny and Ergun equations, using the Ergun coordinates of Reynolds number and friction factor. Numerical results show good agreements with the Blake-Kozeny equation, although the friction factor is increased with larger obstacles. The soot combustion is well simulated to show the effects of oxygen on the reaction rate. Finally, the real porous geometry has been tested. The 3D CT technique is used to obtain tomography data of Ni-Cr metal. Results show that, the inhomogeneous flow is observed, and there are regions where the temperature is locally higher. This information is indispensable for the better design of DPF. LBM can be a good tool for combustion simulation in porous media.

  197. Two-phase Automaton for Porous Structure and Combustion Simulation 査読有り

    K. Yamamoto

    Lecture Notes in Computer Science, 3305     頁: 220-229   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  198. Discrete Simulation of Reactive Flow with Lattice GasAutomata 査読有り

    Kazuhiro Yamamoto

    IEICE Trans. on Inf. Systems, Special Issue of IEICE on Cellular Automata, Vol.E87-D, No.3   87 巻 ( 3 ) 頁: 740-744   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  199. Combustion Simulation using the Lattice Boltzmann Method 査読有り

    K. Yamamoto, X. He, and G. D. Doolen

    JSME International Journal, Series B   47 巻 ( 2 ) 頁: 403-409   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Even though laser diagnostics have significantly improved and can obtain an instantaneous 2D flame image of the velocity field, it is still difficult to obtain data such as scalar flux or reaction rates experimentally. It is also essential to understand 3D flame structures in turbulent combustion. Chemically non-reacting turbulent flows are complex and chemical reactions make the problem more complicated. Due to practical limitations of computational costs, conventional numerical methods are very expensive for carrying out 3D numerical simulations at high Reynolds numbers with detailed chemical reactions. In this study, we have used the lattice Boltzmann method (LBM) to simulate a combustion field. The LBM is an efficient alternative for the numerical simulation of this type of flow. To confirm the validity of the LBM, a flame in simple flow geometry is simulated and the laminar burning velocity is obtained. Both 2D and 3D simulations have been completed. A jet flame has been also simulated to demonstrate the LBM capability of simulating unsteady flames with vortices. The scheme with detailed chemistry has been tested for simulation of a counter-flow flame.

  200. 多孔体内部の流れと燃焼反応の数値計算 査読有り

    山本和弘

    流体力学会誌ながれ23     頁: 295-302   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  201. Two-Phase Automata for Porous Structure and Combustion Simulation 査読有り

    K. Yamamoto

    Sixth Int. Conference on Cellular Automata for Research and and Industry     2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  202. Combustion Simulation with Lattice Bolzmann Method in a Three-Dimensional Porous Structure 査読有り

    K. Yamamoto, N. Takada, and M. Misawa

    30th Int. Symposium on Combustion, Book of abstract     頁: 96-97   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  203. LB Simulation on Soot Combustion in Porous Media 査読有り

    K. Yamamoto, and N. Takada

    13th Int. Conference on the Discrete Simulation of Fluid Dynamics     2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  204. 燃料を添加した部分予混合雰囲気中の可燃性固体の燃え拡がり 査読有り

    山本和弘,瀬尾哲,森幸一,小沼義昭

    日本機械学会論文集(B編)   69 巻 ( 684 ) 頁: 1951-1957   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  205. 部分予混合雰囲気中における可燃性固体の燃え拡がり,―火炎先端への燃料の拡散の重要性― 査読有り

    山本和弘・瀬尾哲・小沼義昭

    日本燃焼学会誌   45 巻 ( 131 ) 頁: 41-48   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  206. Persistence of Laminar Flamelet Structure Under Highly Turbulent Combustion 査読有り

    K. Yamamoto, Y. Nishizawa, Y. Onuma

    JSME International Journal,Series B   147 巻 ( 6 ) 頁: 408-415   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  207. 格子ボルツマン法による燃焼場の計算 招待有り

    山本和弘

    日本燃焼学会誌   45 巻 ( 131 ) 頁: 34-39   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  208. Temperature of Positively and Negatively Stretched Flam 査読有り

    K. Yamamoto, S. Ishizuka

    JSME International Journal, Series B   146 巻 ( 1 ) 頁: 198-205   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  209. LB Simulation on Combustion with Turbulence 査読有り

    K. Yamamoto

    InternationalJournal of Modern Physics B, Nos. 1&2,     頁: 197-200   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  210. 可燃性固体の燃え拡がりに及ぼす周囲雰囲気の影響(第2報,希釈の影響と気相の温度測定) 査読有り

    山本和弘,森幸一,小沼義昭

    日本機械学会論文集(B編)   69 巻 ( 680 ) 頁: 946-953   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  211. 可燃性固体の燃え拡がりに対するモデルの検討 査読有り

    山本和弘

    日本機械学会論文集   69 巻 ( 680 ) 頁: 954-961   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  212. 格子ボルツマン法による燃焼場の計算,連載講座-燃焼の新しいシミュレーション法Ⅲ- 査読有り

    山本和弘

    日本燃焼学会誌   45 巻 ( 131 ) 頁: 34-39   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  213. Combustion Simulation using the Lattice Boltzmann Method 査読有り

    K. Yamamoto, X. He, and G. D. Doolen

    3rd Joint Meeting of the U.S. Sections of the Combustion Institute, B33     頁: 41   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  214. 可燃性固体の燃え拡がりに及ぼす周囲雰囲気の影響(周囲温度の影響と鉛直下方燃え拡がり限界酸素濃度) 査読有り

    山本和弘,森幸一,小沼義昭

    日本機械学会論文集(B編)   68 巻 ( 672 ) 頁: 2437-2443   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  215. Simulation of Combustion Field with Lattice Boltzmann Method 査読有り

    K. Yamamoto, X. He, and G. D. Doolen

    Journal of Statistical Physics   7 巻   頁: 367-383   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  216. 強乱流予混合火炎の流れ場と構造 査読有り

    山本和弘,西澤泰樹

    日本機械学会論文集(B編)   68 巻 ( 665 ) 頁: 238-245   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  217. 旋回噴流燃焼器を用いた強乱流予混合火炎の研究(第3報,Slot-Correlation法による燃焼場の乱れスケールの計測) 査読有り

    山本和弘,西澤泰樹,小沼義昭

    日本機械学会論文集(B編)   68 巻 ( 666 ) 頁: 603-609   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  218. 格子ボルツマン法による燃焼場の数値計算 査読有り

    山本和弘

    日本機械学会論文集(B編)   68 巻 ( 674 ) 頁: 2908-2913   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  219. Flameletモデルを適用した燃焼場の格子ガスシミュレーション 査読有り

    山本和弘

    日本燃焼学会誌   44 巻 ( 128 ) 頁: 97-102   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  220. Lattice Boltzmann Simulation on Combustion 査読有り

    Kazuhiro Yamamoto

    11th International Conference on Discrete Simulation of Fluid Dynamics and Soft Condensed Matter     頁: 54   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  221. 格子ガスオートマトン法による燃焼場の数値計算 査読有り

    山本和弘,小沼義昭

    日本機械学会論文集(B編)   67 巻 ( 663 ) 頁: 2871-2876   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  222. Reaction Zone Thickness of Turbulent Premixed Flame 査読有り

    K. Yamamoto, Y. Nishizawa, and Y. Onuma

    Journal of the Korean Society of Combustion   6 巻 ( 2 ) 頁: 36-42   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  223. 乱流予混合火炎の流れ場と火炎構造日本流体力学会年会2001,ワークショップ講演 査読有り

    山本和弘

    日本流体力学会誌「ながれ」20巻別冊     頁: 35-36   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  224. Reaction Zone Thickness of Turbulent Premixed Flame 査読有り

    K. Yamamoto, Y. Nishizawa, and Y. Onuma

    The Proceeding of the Third Asia-Pacific Conference on Combustion     頁: 63-66   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  225. Lattice Boltzmann Simulation of Combustion with Detailed Chemistry 査読有り

    Kazuhiro, Yamamoto

    International Conference on Discrete Simulation of FluidDynamics     頁: 64   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  226. 格子ガスオートマトン法による反応性流体の離散シミュレーション(第二報),2成分LGAモデルを用いた反応性流体の数値計算 査読有り

    山本和弘,松永陽一,小沼義昭

    燃焼の科学と技術   8 巻   頁: 87-95   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  227. 希薄燃焼に及ぼす水素添加の影響 査読有り

    山本和弘, 小沼義昭

    燃焼の科学と技術   7 巻   頁: 163-173   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  228. 旋回噴流燃焼器を用いた強乱流予混合火炎の研究(第2報,静電探針を用いた火炎の微細構造の検討) 査読有り

    山本和弘,阿知波朝士,小沼義昭

    日本機械学会論文集(B編)   66 巻 ( 642 ) 頁: 585-590   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  229. 格子ガスオートマトン法による反応性流体の離散シミュレーション(第一報),基本理論と非反応性流体の数値計算 査読有り

    山本和弘

    燃焼の科学と技術   8 巻   頁: 73-85   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  230. 廃棄物の焼却処理に関する基礎的研究

    山本和弘,小沼義昭

    豊橋技術科学大学3センター年報     頁: 148-150   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  231. Highly Turbulent Premixed Flame Stabilized in a Cyclone-Jet Combustor 査読有り

    K. Yamamoto, T. Achiha, and Y. Onuma

    38th Aerospace Sciences Meeting & Exhibit, AIAA paper 2000-0186     頁: 1-8   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  232. Modeling of Reactive Flow with Two-Component LGA (Lattice Gas Automata) 査読有り

    Kazuhiro, Yamamoto

    Eighth International Conference on Numerical Combustion, Proceeding of Conference     頁: 32   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  233. Discrete Model for Simulating Fluids at Mesoscopic Level 査読有り

    Kazuhiro, Yamamoto

    Third International Symposium on Scale Modeling     頁: 52-53   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  234. Simulation of Combustion Field with Incompressible Lattice Boltzmann Method 査読有り

    K. Yamamoto, X. He, and G. D. Doolen

    9th Annual International Conference Discrete Simulation of Fluid Dynamics     2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  235. Discrete Simulation of Reactive Flow with Two-Component LGA 査読有り

    Kazuhiro, Yamamoto

    Technical Meeting of the Central States Section of the Combustion Institute     頁: 459-464   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  236. 旋回噴流燃焼器を用いた強乱流予混合火炎の研究(第1報,レーザートモグラフィー法による火炎構造の可視化) 査読有り

    山本和弘,阿知波朝士,小沼義昭

    日本機械学会論文集(B編)   65 巻 ( 637 ) 頁: 3185-3190   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  237. 希薄燃焼に及ぼす水素添加の効果(第三報)―反応機構に着目した管状火炎の数値計算― 査読有り

    山本和弘,小沼義昭

    日本機械学会論文集(B編)   65 巻 ( 636 ) 頁: 2895-2901   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  238. 希薄燃焼に及ぼす水素添加の効果(第二報)―管状火炎の特性と輸送過程に及ぼす回転強さの影響― 査読有り

    山本和弘,丸山昌幸,小沼義昭

    日本機械学会論文集(B編)   65 巻 ( 629 ) 頁: 351-356   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  239. Highly Turbulent Premixed Flames Stabilized in a Cyclone-Jet Combust 査読有り

    K. Yamamoto, T. Achiha, and Y. Onuma

    The Proceeding of the SecondAsia-Pacific Conference on Combustion     頁: 480-483   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  240. Temperatures of Positively and Negatively Stretched Flames 査読有り

    K. Yamamoto and S. Ishizuka

    The Fall Meeting of the Eastern States Section of the Combustion Institute     頁: 353-358   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  241. A Study on Flame Structure in a Highly Turbulent Flow with a Cyclone-jet Combust 査読有り

    K. Yamamoto, T., Achiha, and Y. Onuma

    The Fall Meeting of theWestern States Section of the Combustion Institute, 99F58     1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  242. Pressure Change and Transport Process on Flames Formed in a Stretched, Rotating Flow 査読有り

    K. Yamamoto

    Combustion and Flame   118 巻   頁: 431-444   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  243. 希薄燃焼に及ぼす水素添加の効果 査読有り

    山本和弘,丸山昌幸,小沼義昭

    日本機械学会論文集(B編)   64 巻 ( 622 ) 頁: 1919-1924   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  244. Transport Process and Reaction Scheme on Combustion in a Stretched, Swirling Flow

    K. Yamamoto

    5th ASME/JSME Thermal Eng. Joint Conference     頁: 52   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  245. 伸長・回転流れにおける圧力変化と火炎特性 査読有り

    山本和弘,石塚悟

    日本機械学会論文集(B編)   63 巻 ( 615 ) 頁: 3751-3757   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  246. Effects of Pressure Diffusion on the Characteristics and Structure of Tubular Flames for Propane-Air Mixture 査読有り

    K. Yamamoto, and S. Ishizuka

    The Proceeding of the First Asia-Pacific Conference on Combustion     頁: 142-145   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  247. Flame Structure and Transport Process in a Stretched, Vortex Flow 査読有り

    K. Yamamoto, S. Ishizuka

    The Tenth International Symposium on Transport Phenomena in Thermal Science and Progress Engineering     頁: 577-582   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  248. 軸対称流れ場に形成される管状火炎に及ぼす回転強さの影響 査読有り

    山本和弘,石塚悟,平野敏右

    日本機械学会論文集(B編)   62 巻 ( 600 ) 頁: 3185-3190   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  249. Effects of Pressure Diffusion on the Characteristics of Tubular Flames 査読有り

    K. Yamamoto, S. Ishizuka, and T. Hirano

    Proceedings of the Combustion Institute   26 巻   頁: 1129-1135   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  250. 管状火炎の構造に関する研究-火炎構造に及ぼす回転強さの数値計算 査読有り

    山本和弘,石塚悟,平野敏右

    燃焼の科学と技術   3 巻   頁: 191-211   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  251. Effects of Rotation on the Stability and Structure of Tubular Flame 査読有り

    K. Yamamoto, S. Ishizuka, and T. Hirano

    Proceedings of the Combustion Institute   25 巻   頁: 1399-1406   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  252. LIF法を用いた管状火炎の構造に関する研究 査読有り

    山本和弘,石塚悟,平野敏右

    東京大学工学部紀要A-31     頁: 68-69   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  253. 回転流中における火炎の安定機構 ―水素・空気混合気中に形成される管状火炎の燃焼特性― 査読有り

    山本和弘,浅井寛志,石塚悟,小沼義昭

    日本機械学会論文集(B編)   64 巻 ( 624 ) 頁: 2677-2682   1988年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  254. 渦流中での輸送現象と火炎特性 査読有り

    山本和弘

    燃焼の科学と技術   6 巻   頁: 211-218   1988年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 5

  1. Lecture Notes in Computer Science

    K. Yamamoto, S. Kokubo, H. Yamashita, and K. Nishinari( 担当: 共著)

    Springer  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Evacuation Dynamics in Room with by Real-Coded Cellular Automata (RCA)

  2. Lecture Notes in Computer Science

    K. Yamamoto, S. Kokubo, H. Yamashita, and K. Nishinari( 担当: 共著)

    Springer  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Simulation of Fire Evacuation by Real-Coded Cellular Automata (RCA)

  3. Lecture Notes in Computer Science

    K. Yamamoto( 担当: 共著)

    Springer  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Evacuation Simulation in Floor Field by Real-Coded Cellular Automata

  4. Lecture Notes in Computer Science

    K. Yamamoto, S. Kokubo, K. Nishinari( 担当: 共著)

    Springer  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    New Approach for Pedestrian Dynamics by Real-Coded Cellular Automata (RCA)

  5. Lecture Notes in Computer Science

    K. Yamamoto( 担当: 共著)

    Springer  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Two-phase Automaton for Porous Structure and Combustion Simulation

講演・口頭発表等 64

  1. メタン–水素予混合火炎の燃焼速度とOH蛍光強度

    阪口滉平

    第59回燃焼シンポジウム  2021年11月22日  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  2. メタン-水素空気予混合火炎におけるOHとCH自発光の計測

    澤田航

    第59回燃焼シンポジウム  2021年11月24日  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. ガソリン車用PMフィルタにおける細孔構造が捕集率と圧損に及ぼす影響

    青井智弥

    第59回燃焼シンポジウム  2021年11月23日  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. メタン-水素予混合火炎のOH濃度についての数値解析

    森山達也

    第59回燃焼シンポジウム  2021年11月22日  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  5. 無触媒メタネーションの提案とメタン転換率の評価

    森山達也山本和弘

    第59回燃焼シンポジウム  2021年11月22日  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  6. ストレートフローを考慮した流れとスス堆積のGPFシミュレーション

    梅村佳汰,山本和弘

    日本機械学会東海支部第70期総会講演会  2021年3月  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. SiCスポンジを用いたガソリン車用微粒子除去フィルタの開発

    山本和弘

    第58回燃焼シンポジウム  2020年12月  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  8. メタン-水素混合火炎のOH自発光強度およびOH濃度についての研究

    森山達也,木村航,浅井弘樹,山本和弘

    第58回燃焼シンポジウム  2020年12月  日本燃焼学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. SiCスポンジによるPM捕集の可視化と現象理解

    中津朋寛,横山翔平,浅井隆弘,西保裕司,山本和弘

    2020年度自動車技術会秋季大会  2020年10月  日本自動車技術会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  10. Diesel Particulate Filterの再生時における触媒反応シミュレーション

    山本和弘

    2020年度自動車技術会春季大会  2020年5月  日本自動車技術会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  11. Flow Field and Pressure Drop in Particulate Filter with Durability for Ash Accumulation 国際会議

    K. Yamamoto, Y. Toda

    9th International Conference on Combustion, Incineration/Pyrolysis, Emission and Climate Change  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. Flow Dynamics and Pressure Drop during Filtration Process in DPF 国際会議

    K. Yamamoto

    2016 Cambridge Particle Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Cambridge   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  13. Measurements of Size Distribution and Oxidation Rate of PM with NO2 国際会議

    K. Yamamoto, Y. Kanamori

    2015 JSAE/SAE powertrains, Fuels and Lubricants 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. Numerical Simulation of Fluid Dynamics in Column Chromatography 国際会議

    K. Yamamoto, Y. Tajima

    24th Int. Conference on the Discrete Simulation of Fluid Dynamics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Edinburgh   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  15. hermal structure of flame spread in partially premixed atmospheres and effects of fuel Lewis number 国際会議

    K. Tsuneyoshi, O. Takagi, K. Yamamoto

    34th Int. Symp. on Combustion 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月 - 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Francisco   国名:アメリカ合衆国  

  16. Size distribution and oxidation rate of carbon nanoparticles 国際会議

    K. Yamamoto, Y. Kanamori

    18th ETH conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:スイス連邦  

  17. Simulation of Continuously Regenerating Trap with Catalyzed DPF 国際会議

    K. Yamamoto

    The 6th Japan- China Workshop on Environmental Catalysis and Eco-material 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. Evacuation Dynamics in Fire: Modeling and Applications 国際会議

    K. Yamamoto, Y. Takeuchi, S. Nishiki

    Seventh International Symposium on Scale Modeling (ISSM-7) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. Simulation on Soot Oxidation in Catalyzed DPF 国際会議

    K. Yamamoto

    17th ETH conference, in press 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:スイス連邦  

  20. Soot Combustion in Wall-Flow Diesel Particulate Filter under Controlled and Uncontrolled Regenerations 国際会議

    K. Tsuneyoshi, K. Yamamoto

    9th Asia-Pacific Conference on Combustion 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  21. Flow Field and Interaction of Two Lifted Flames in a Triple Port Burner 国際会議

    K. Yamamoto, Y. Isobe, N. Hayashi, H. Yamashita

    9th Asia-Pacific Conference on Combustion 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  22. Microfluidic Simulation of Diesel Exhaust Gas and Soot Oxidation in Diesel Particulate Filter 国際会議

    K. Yamamoto, Y. Hanaki

    17th Asia-Pacific Automotive Engineering Conference (APAC-17) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:タイ王国  

  23. Numerical simulation of continuously regenerating diesel particulate filter 国際会議

    K. Yamamoto, K. Yamauchi

    34th Int. Symp. on Combustion 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月 - 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ポーランド共和国  

  24. Non-catalytic After-treatment for Diesel Particulates Using Carbon-fiber Filter and Experimental Validation 国際会議

    K. Yamamoto, F. Fujikake, K. Matsui

    34th Int. Symp. on Combustion 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月 - 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ポーランド共和国  

  25. Measurement of PAH and Soot of Diffusion Flames in a Triple Port Burner 国際会議

    K. Yamamoto, M. Takemoto

    11th Int. Conference on Combustion and Energy Utilization (ICCEU) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ポルトガル共和国  

  26. Boundary Conditions for Combustion Field and LB Simulation of Diesel Particulate Filter 国際会議

    K. Yamamoto

    20th Int. Conference on the Discrete Simulation of Fluid Dynamics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  27. Conjugate Simulation of Flow and Heat Transfer in Diesel Particulate Filter 国際会議

    K. Yamamoto, M. Nakamura

    7th Int. Conf. Computational Heat and Mass Transfer 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:トルコ共和国  

  28. Effects of Washcoat on Initial PM Filtration Efficiency and Pressure Drop in SiC DPF 国際会議

    K. Tsuneyoshi, O. Takagi, K. Yamamoto

    SAE 2011 World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  29. A New Technique for Non-Catalytic After-Treatment System of Diesel Particulates 国際会議

    K. Yamamoto, F. Fujikake, and K. Matsui

    3rd Thermal Issues in Emerging Technologies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:エジプト・アラブ共和国  

  30. Effects of Flame Curvature and Heat Loss on Methane-Air Premixed Flame Characteristics: OH-HCHO PLIF Measurement 国際会議

    N. Hayashi, Y. Suzuki, H. Yamashita, and K. Yamamoto

    33rd Int. Symp. on Combustion 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:中華人民共和国  

  31. Flame Structure and Flame Spread Rate over a Solid Fuel in Partially Premixed Atmospheres 国際会議

    K. Yamamoto, Y. Ogata, and H. Yamashita

    33rd Int. Symp. on Combustion 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  32. Lifted Flame Structure of Coannular Jet Flames in a Triple Port Burner 国際会議

    K. Yamamoto, S. Kato, Y. Isobe, N. Hayashi, and H. Yamashita

    33rd Int. Symp. on Combustion 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  33. Local Flame Structure and Turbulent Burning Velocity by Multi-Line PLIF Imaging 国際会議

    K. Yamamoto, S. Ishii, and M. Ohnishi

    33rd Int. Symp. on Combustion 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  34. Lattice Boltzmann Simulation on Continuously Regenerating Diesel Filter 国際会議

    K. Yamamoto, K. Yamauchi, N. Takada, M. Misawa, H. Furutani, O. Shinozaki

    19th Int. Conference on the Discrete Simulation of Fluid Dynamics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:イタリア共和国  

  35. Simulation on Catalytic Reaction in Diesel Particulate Filter 国際会議

    The 4th Japan- China Workshop on Environmental Catalysis and Eco-material 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. K. Yamamoto and N. Hayashi 国際会議

    K. Yamamoto and N. Hayashi

    2009 China-Japan Workshop on Combustion in Micro Power System 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  37. Simulation on Soot Deposition and Combustion in Diesel Particulate Filter 国際会議

    Research Seminar in Tsighua University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  38. Diesel Particulate Filter with Carbon Fiber Structure 国際会議

    Research Seminar in National University of Singapore 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  39. Simulation on Gas-Solid Flow with Heat Transfer in Diesel Particulate Filter 国際会議

    K. Yamamoto, and M. Nakamura

    18th Int. Conference on the Discrete Simulation of Fluid Dynamics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  40. After-treatmentof Diesel Particles by Diesel Exhaust Gas Perfect Burning System 国際会議

    K. Yamamoto, K. Matsui, M. Nakamura, and H. Yamashita

    6th Int. Conf. Computational Heat and Mass Transfer 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  41. Numerical Study on Ignition Characteristics of Methane-air Mixture Using Detailed Chemical Kinetics (Effect of Equivalence Ratio and Heat Loss to Electrode on Ignition Characteristics) 国際会議

    J. Han, H. Yamashita, and K. Yamamoto

    6th Int. Conf. Computational Heat and Mass Transfer 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  42. Combustion Characteristics and Flame Structure in a Triple Port Burner 国際会議

    G. Okuyama, K. Yamamoto, N. Hayashi, and H. Yamashita

    6th Int. Conf. Computational Heat and Mass Transfer 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  43. The Numerical Simulation of Fuel-Lean Counterflow Premixed Flame with Flame Curvature 国際会議

    N. Hayashi, C. Miyata, H. Yamashita, and K. Yamamoto

    6th Int. Conf. Computational Heat and Mass Transfer 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  44. Evacuation Simulation in Fire by Real-Coded Cellular Automata 国際会議

    Research Seminar in Nanyang Technological University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  45. ディーゼルフィルターのシミュレーションと連続再生方式の検討

    山本和弘

    持続可能な社会のためのエンジン技術研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  46. X線CT法によるDPFの構造分析とシミュレーション

    山本和弘

    PM測定評価部門委員会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  47. 画像診断手法を組み合わせた熱流体解析技術

    山本和弘

    nanotech2008国際ナノテクノロジー総合展 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. 非定常対向流予混合火炎の燃焼速度に与える流入速度変動の影響に関する数値解析

    野々村一樹,山下博史,林直樹,山本和弘

    第45回燃焼シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    地球環境問題やエネルギー問題が深刻化するなか,多くの実用的な燃焼器に用いられる乱流燃焼の現象解明は重要な課題となっている.そこで,本研究では,対向流の流入速度に時間変動と空間変動を与えることで,非定常場での予混合燃焼を模擬し,燃焼速度変化について検討した.また,火炎面の位置を熱発生速度の極値の点とすることで,その面積を算出した.そして,燃焼速度と火炎面積に良い相関があることが分かった.

  49. LII法によるすす濃度計測とDPFの性能評価

    藤掛文裕,山本和弘,林直樹,山下博史,可計重英

    第45回燃焼シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    近年,自動車の排気ガスに対する規制が強化されてきている.その中でも特に,すすなどの粒子状物質(PM)は呼吸器系に対して悪影響を及ぼすことが懸念されており,喘息や肺癌の原因と考えられている.株式会社コーテックは,ディーゼル排ガス完全燃焼システム(Diesel Exhaust Gas Perfect Burning System;DEGPBS)を提案している.これは排気ガス中のPM をフィルタ内で焼却することにより,排気ガスを後処理する技術である.このようなPM低減技術の性能評価を行うためには,排気ガス中のPMの濃度を正確に計測できるシステムを確立する必

  50. 火災時の避難行動のシミュレーション

    小久保聡,山本和弘,山下博史,西成活裕

    第45回燃焼シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    近年の建築物の多様化に伴い,災害時の避難行動の予測をすることは重要な問題になっている.実際に火災のような災害を想定した訓練やデモ実験を行うことは安全面から不可能である.そこで,建物内での火災を想定し,セルオートマトンモデルを用いた数値シミュレーションにより群集の避難行動の模擬を行った.また,パーコレーション理論により火炎の燃え拡がり現象を再現し,群集の避難経路や避難時間について検討した.

  51. ディーゼルフィルター内の流れとすす堆積の数値解析

    大堀晋也,山本和弘,山下博史,大道重樹

    第45回燃焼シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    本研究では,コージェライト製の交互目封じ型ディーゼルフィルター内の流れをLBMにより数値解析した.今回は実際のフィルターを対象とし,その内部を3次元X線CT法により分析し,得られた画像から内部構造を求めて,すす粒子がフィルターに吸着する現象を計算した.

  52. 固気界面の熱輸送を考慮したディーゼル微粒子除去フィルターの解析

    山本和弘,山下博史

    第45回燃焼シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    近年,ディーゼルフィルターが開発されたが,内部に微粒子が捕集されると次第に排圧が増加するため,フィルターを交換するか,粒子を焼却除去する必要がある.ただし,走行条件によっては微粒子が自然に着火し,燃焼により内部に亀裂や溶損が生じる.この点を改良するためには,フィルター内部の温度を正確に予測する必要がある.本研究では,フィルター内部(固相)と流路(気相)を連成問題として扱うことにより現象を解析した.

  53. ランキン渦中での火炎伝播に与える渦核半径の影響に関する数値解析

    近藤周司,山下博史,山本和弘,篠田昌久

    第45回燃焼シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    エンジンやガスタービンなどの実用燃焼器では乱流燃焼となり,その高い燃焼速度を説明する機構の一つとして渦流中の高速火炎伝播が注目され,その伝播機構の解明を目指し数多くの研究が行われてきた.本研究では,渦核半径の大きさが火炎伝播に与える影響を明らかにすることを目的とし,ランキン渦の場合について最大周速度とともに渦核半径も変化させて数値計算を行い,実験では測定が困難な火炎内外の温度,速度および圧力の分布を求め,伝播機構について検討を行った.

  54. 超小型燃焼器の開発に関する数値解析

    鈴木新,山下博史,山本和弘

    第45回燃焼シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    ウルトラマイクロガスタービン(UMGT)について数値解析を行う.首都大学東京湯浅グループにて実験されている燃料に水素を用いたUMGTと,燃料の供給方式を変化させたUMGTについて同条件で解析する.2種類の燃焼器に対して,燃焼機構について比較検討し,さらに燃料の供給方式と供給流量の変化が燃焼負荷率に及ぼす影響を,詳細な素反応機構を用いて検討する.

  55. 三重管バーナの燃焼特性と火炎構造の検討

    大島久治,山本和弘,林直樹,山下博史

    第45回燃焼シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    燃料噴流の内側と外側に空気ノズルを配置した同軸の噴流火炎バーナ(本研究ではセンターエアバーナとよぶことにする)を用いた.このように,空気ノズルを燃料の両側に配置することで,燃料と空気の接触面積を大きくしている.実験では レーザ誘起赤熱法(LII法)を用いたすす濃度計測とサンプリングによるNOx濃度計測,NO-LIF法を用いた燃料と空気の混合領域の可視化を行い,燃焼特性と火炎構造を調べた.

  56. 画像診断法を組み合わせた熱流体解析技術

    山本和弘,高田尚樹,三澤雅樹,山下博史

    第5回日本流体力学会中部支部講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    X線CT法を利用した画像診断技術と数値シミュレーションを融合した手法を開発した.対象とする固体(多孔体など)の内部構造を3次元で撮影し,取得した構造データを解析コードに組み込むことにより,その内部の熱流体現象を予測・評価する.その一例として,複雑な空孔構造を持つディーゼルフィルターに本手法を適用した解析結果を紹介する.フィルター内部の流れやすす粒子の吸着・燃焼反応を定量的に評価できることが実証された.これらの知見は,現象の理解と製品の改善に有効であり,本手法は,新機能触媒や環境浄化技術の開発等に役

  57. 炭素繊維ディーゼルフィルターの流れ解析

    松井健太,山本和弘,山下博史

    第5回日本流体力学会中部支部講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    格子ボルツマン法(LBM)を用いて,すす粒子の吸着過程とフィルターの再生過程を数値的に模擬した.今回は,実際のフィルターを対象に計算を行った.フィルターは円錐形状をしており,排気ガスをフィルターに通すことで,PMを吸着・除去する仕組みである.本研究では,実際のフィルターを3次元X線CT法により分析し,得られた画像から内部構造を求めて,すす粒子が堆積する現象を3次元で解析した.

  58. 火災の燃え拡がりと避難行動のシミュレーション

    小久保聡,山本和弘,西成活裕,山下博史

    日本機械学会年会2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    建築物の多様化に伴い,災害時の避難行動の予測をすることは重要な問題になっている.そのため,災害に備えて様々な状況を想定した避難データを蓄積しておく必要がある.そこで本研究では,建物内での火災時の避難行動を模擬するための第一段階として,部屋内に障害物を配置した場合の避難シミュレーションを,Floor field modelを考慮したRCAモデルにより解析した.また,離散モデルによる火災時の火炎の燃え拡がり現象を再現するため,パーコレーション理論を用いた手法を提案した.

  59. LII法によるディーゼル排気ガス中のすす計測

    藤掛文裕,田谷幸弘,山本和弘,林直樹,山下博史,可計重英

    日本機械学会年会2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    すす粒子の計測手法としてレーザ誘起赤熱法(Laser Induced Incandescence;LII)に着目し,ディーゼル車から排出されるすすの測定を行った.排気管の途中に穴の空いたパッキンやDPFを設置することで様々な圧力条件を作り出し,圧力差とすす濃度の関係について検討を行った.また,DPFの有効性を確認した.

  60. メタルハニカム内の流れとディーゼル微粒子の燃焼過程の数値解析

    山本和弘

    日本機械学会年会2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    近年,ディーゼル微粒子が大きな環境問題となっており,その
    対策が急務である.DPF(ディーゼル微粒子除去フィルター)が
    提案され,既に一部が製品化されているが,微粒子が吸着する
    とフィルターが目詰まりを起すため,従来のフィルターは再生
    過程が必要であった.本研究では,メタルハニカムを想定した
    ディーゼル微粒子の焼却処理を検討するため,すす粒子の燃焼
    反応を数値解析を用いて模擬した.

  61. 旋回噴流燃焼器を用いたすすとNOxの同時低減

    大島久治,山本和弘,山下博史,上島光浩

    日本機械学会年会2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    実用燃焼器に広く用いられている拡散燃焼において,すすやNOxを低減させる燃焼技術が必要とされている.旋回噴流燃焼器を用いて,燃料と空気の混合を促進することで(部分予混合化),拡散燃焼においても予混合燃焼と同程度のすすやNOxの低排出燃焼が可能となる.本研究では,NOx測定を行い,NOx排出特性がこれまでの実験結果と同様であることを確認した.また,燃焼場のすす濃度計測をレーザを用いたLII法により行い,すすの排出量は総括当量比が2以下でほぼゼロであることを確認した.

  62. Formation of Porous Structure and Fluid Simulation by Lattice Boltzmann Method 国際会議

    Research Seminar in Los Alamos National Laboratory 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  63. Microstructure and Particle-laden Flow in Diesel Particulate Filter 国際会議

    Research Seminar in Argonne National Laboratory 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  64. 多孔体内部構造の可視化と新しい燃焼解析の試み

    山本和弘

    日本燃焼学会平成18年度研究討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    X線による画像診断技術と数値シミュレーションを融合した手法を開発した.対象とする場を3次元で撮影し,取得した内部構造を解析コードに組み込むことにより,実際の熱流体現象を予測・評価する.これまでに,複雑な微細構造を持つディーゼルフィルターに本手法を適用した.内部の流れやすす粒子の反応速度を定量的に評価した.これらの知見は,現象の理解と製品の改善に有用であり,例えば新機能触媒や環境浄化技術の開発に役立つ.

▼全件表示

Works(作品等) 14

  1. PAH, Sootの計測と排気ガス診断への応用,特集-エンジン燃焼の諸問題とその対策-

    2017年5月

     詳細を見る

    発表場所:日本燃焼学会誌第59巻187号, pp.109-115  

  2. ディーゼル車に含まれる微粒子のレーザ診断法とフィルタの評価

    2015年

     詳細を見る

    発表場所:ケミカルエンジニアリング~次世代環境技術開発の創製~,第60巻1号, pp.30-37  

  3. DPFによるディーゼル排気ガスの後処理の現状と開発,特集-エンジン燃焼の諸問題とその対策-

    2014年

     詳細を見る

    発表場所:日本燃焼学会誌第56巻178号, pp.317-323  

  4. ガソリンエンジン車用の微粒子捕集装置

    2014年

     詳細を見る

    発表場所:特許出願  

  5. ハニカムフィルタ

    2012年
    -
    2014年

     詳細を見る

    発表場所:特許出願  

  6. レーザを用いたディーゼル微粒子の計測とフィルタの評価

    2014年

     詳細を見る

    発表場所:自動車技術会・会誌「自動車技術」特集:進化する環境対応車の計測技術,第68巻7号, pp.48-53  

  7. メタンおよびプロパン乱流予混合火炎の可視化と火炎構造の解明

    2010年3月

     詳細を見る

    発表場所:高圧ガス  

  8. 触媒フリーのディーゼル排ガス浄化

    2009年10月

     詳細を見る

    発表場所:日経産業新聞10月05日朝刊  

  9. 触媒フリーのディーゼル微粒子後処理技術

    2009年9月

     詳細を見る

    発表場所:イノベーション・ジャパン2009  

  10. 実数型CAモデルを利用した避難シミュレーションと安全評価

    2008年9月

     詳細を見る

    発表場所:イノベーション・ジャパン2008  

  11. 微細構造の物質内の現象,排ガス吸収材に応用

    2007年11月

     詳細を見る

    発表場所:日経産業新聞11月22日朝刊  

  12. 環境保護に対応する技術を調べてみよう!

    2007年11月

     詳細を見る

    発表場所:キッズエネルギーシンポジウム2007  

    企画幹事・講演者

  13. 画像診断法を組み合わせた熱流体解析技術

    2007年9月

     詳細を見る

    発表場所:イノベーション・ジャパン2007  

  14. セルオートマトン法を用いた避難行動のモデル化と予測

    2006年6月

     詳細を見る

    発表場所:日本機械学会熱工学部門ニュースレター  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 7

  1. バーナを用いたメタン-水素混焼時の火炎に関する共同研究

    研究課題番号:2721D0101c  2021年4月 - 2022年3月

    共同研究  共同研究

    山本和弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:2000000円 ( 直接経費:1540000円 、 間接経費:462000円 )

  2. タン・水素混合燃料を用いた火炎のOH・CH計測と燃焼診断

    研究課題番号:2720000620  2021年4月 - 2022年3月

    研究助成  環境技術助成

    山本和弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:その他

    配分額:2750000円 ( 直接経費:2000000円 、 間接経費:250000円 )

  3. 予混合燃焼バーナにおけるメタン-水素混焼時の火炎に関する共同研究

    研究課題番号:2720D0101c  2020年4月 - 2021年3月

    共同研究  共同研究

    山本和弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:2600000円 ( 直接経費:2000000円 、 間接経費:600000円 )

  4. セラミック繊維を用いたGPF開発における圧損と捕集率の評価

    2020年4月 - 2021年3月

    受託研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:その他

    配分額:1050000円

    格子ボルツマン法による簡易モデルの検証と基材構造の最適化

  5. クリーンディーゼルエンジン技術の高度化に関する研究開発

    2015年4月 - 2017年3月

    受託研究 

      詳細を見る

    格子ボルツマン法による簡易モデルの検証と基材構造の最適化

  6. 炭素繊維を用いた触媒担持型DPFの開発

    2011年6月 - 2012年3月

    研究シーズ探索プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 排ガス浄化向け白金族使用料低減技術開発及び代替材料開発

    2009年4月 - 2011年3月

    希少金属代替プロジェクト 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 8

  1. 触媒フリーのディーゼル微粒子処理技術の開発

    2009年7月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  平成21年度シーズ発掘試験研究

    山本和弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    バスやトラックなどのディーゼル車は産業や我々の生活に欠かせないが,その排気ガスに含まれるディーゼル微粒子は,喘息,肺がん,生殖器への影響などの健康被害が懸念されている.特に東京都などの都市部では,非常に厳しいディーゼル微粒子の排ガス規制が導入された.しかし白金などの触媒に頼る従来の後処理技術では,貴金属の高騰や資源量の制約から今後の需要の増加に対応できない.そこで本研究では,触媒を用いないディーゼル微粒子処理技術の開発を行う.

  2. 固気界面の熱輸送とディーゼル微粒子燃焼過程の練成解析

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究C・20560188

    山本和弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    ディーゼル微粒子除去フィルター(DPF)を用いた場合,PMが捕集されると次第に排気圧力が増大して燃費が悪化し,最悪の場合エンジン停止に至る可能性がある.そこで,ある程度PMが捕集された時点でフィルターを交換するか,PMを焼却除去(フィルターの再生過程)する必要がある.フィルターを効率的に開発するには,フィルター内部の現象を予測する必要があるが,フィルターの平均的な空孔の大きさは約10mmであり,その内部の現象を計測すること自体ができないため,これまではPMの吸着過程や吸着した粒子の燃焼過程が不明であった.本研究では,フィルター(固相)と排気ガス(気相)を連成問題として扱うことにより現象を解析する.フィルターの素材を想定した検証実験を行い,モデルの妥当性を検討する.これにより,内部の現象をあらかじめ予測することができ,実験と数値解析を融合させた効率的なフィルターの開発が可能となる.

  3. すす粒子赤熱法を利用した小型ディーゼル微粒子濃度計の開発

    2007年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  JST・27-J-J6525

    山本和弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    ディーゼル排気ガス中のすす粒子は健康被害の一因となっていることから,その排出低減が強く望まれている.近年,ディーゼル車の排気ガス規制が次第に強化されており,走行車両の排ガスや微粒子の高精度測定は重要な課題となっている.従来の測定装置は大型で非常に高価であり,またデータを解析するのにかなりの時間が必要であった.そこで我々は,小型で安価なディーゼル微粒子濃度計の開発を行う.

  4. 触媒反応による連続再生方式DPFの数値解析と内部構造の最適化

    2005年7月 - 2009年12月

    科学研究費補助金  NEDO産業技術研究助成事業・05A18020d

    山本和弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    ディーゼル車の排気ガス中には、粒子状物質(PM)が含まれ問題となっている。その対策としてフィルター(DPF)が開発されているが、より小さい微粒子が除去できないことや再生過程が必要であるなど課題は多い。これまでDPFの開発は主に実験により行われてきた。内部の現象を理解し、また製品を効率的に設計するためには、数値的に現象を予測・検討することが望ましい。本研究では触媒による反応計算を行い、連続再生フィルターを数値的に解析する。これにより内部の反応機構を直接検討することが可能となる。また、並行して多孔体構造のCT分析やすすの計測を行い、より最適なDPF形状を検討する。

  5. 革新的な超小型燃焼器を用いたマイクロパワーシステムに関する基礎研究

    2007年12月

    科学研究費補助金  JST・戦略的国際科学技術協力推進事業

    山下博史

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    高効率かつ高エネルギー密度化された次世代マイクロパワーシステムを開発する.

  6. 乱流予混合火炎の火炎構造に与える火炎面の形状と非定常挙動の影響

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  基盤研究C・18560196

    山下博史

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    実用的に最も多く用いられている乱流火炎は,時間的および空間的に激しく変動し極めて複雑な構造となるため,未だほとんど解明されていない.このような乱流火炎における火炎構造(火炎温度や化学種濃度の分布,予熱帯や反応帯の厚さ等)に与える火炎面の形状(曲率の正負と大きさ等)やその非定常挙動(火炎伝播速度,火炎の進行方向等)の影響を明らかにすることを目的とする.このため,同期した2台のパルスレーザを用いて,OH・アセトン-PLIF法による近接した2つの瞬間の二次元火炎面画像から局所の火炎面曲率と伝播速度を計測し,一方,同時に得られるOH蛍光強度から火炎構造の特性量として, OH濃度の極大値や予熱帯の幅を算出し,これらの関係を明らかにする.

  7. メタルハニカムによるディーゼル微粒子の処理と内部構造の最適化

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    山本 和弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 多孔質フィルター内の排気ガスの流れと微粒子の吸着・燃焼過程の解析

    2003年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:15760131

    山本 和弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 4

  1. ハニカムフィルタ(PCT国際出願)

    山本和弘

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学・住友化学

    出願番号:PCT/JP2015/083866  出願日:2016年6月

    出願国:国内  

  2. ガソリンエンジン車用の微粒子捕集装置

    山本和弘

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学

    出願番号:2014-237422  出願日:2015年11月

    公開番号:特開2016-98747 

    出願国:国内  

  3. ハニカムフィルタ

    山本和弘

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学・住友化学

    出願番号:2014-244279  出願日:2014年12月

    出願国:国内  

  4. フィルタの評価方法及び評価装置

    山本和弘,常吉孝治

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学

    出願番号:2010-099564  出願日:2010年4月

    特許番号/登録番号:特許第5526973号  登録日:2014年4月 

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 22

  1. 力学Ⅱ

    2020

  2. 反応性流体力学特論

    2020

  3. 熱力学及び演習

    2020

  4. 燃焼工学

    2020

  5. 基礎セミナーA

    2020

  6. 力学Ⅱ

    2019

  7. 反応性流体力学特論

    2019

  8. 燃焼工学

    2019

  9. 基礎セミナーA

    2019

  10. 力学Ⅱ

    2018

  11. 反応性流体力学特論

    2017

  12. 力学Ⅱ

    2017

  13. 力学Ⅱ

    2016

  14. 熱力学及び演習

    2015

  15. 力学Ⅱ

    2015

  16. 反応性流体力学特論

    2015

  17. 力学Ⅱ

    2014

  18. 反応性流体力学特論

    2013

  19. 力学Ⅱ

    2013

  20. 力学Ⅱ

    2012

  21. 力学Ⅱ

    2011

  22. 反応性流体力学特論

    2011

▼全件表示

 

社会貢献活動 4

  1. 愛知県立大学横須賀高等学校・模擬講義

    役割:講師

    愛知県立横須賀高等学校  2021年10月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業, 行政機関

    種別:出前授業

    試験対策講習会講師

  2. 日本機械学会総会講演会第69期東海支部運営委員

    役割:企画, 運営参加・支援

    日本機械学会  2021年3月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業, 行政機関

    種別:講演会

    試験対策講習会講師

  3. 第6回アジア太平洋燃焼会議(6th ASPACC)

    役割:企画, 運営参加・支援

    日本燃焼学会  2007年1月 - 2007年10月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 行政機関

    種別:講演会

  4. 計算力学技術者認定試験実行委員会(熱流体分野)試験対策講習会

    役割:企画, 運営参加・支援

    日本機械学会  2006年4月 - 2010年3月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業, 行政機関

    試験対策講習会講師

メディア報道 1

  1. 微細構造の物質内の現象,排ガス吸収材に応用 新聞・雑誌

    日経産業新聞  日経産業新聞  日経産業新聞11月22日朝刊  2007年11月

学術貢献活動 1

  1. キッズエネルギーシンポジウム

    日本伝熱学会  2007年