2024/05/11 更新

写真a

ミタカ ユウキ
三高 雄希
MITAKA Yuki
所属
大学院生命農学研究科 動物科学専攻 動物科学 助教
学部担当
農学部 資源生物科学科
職名
助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 3

  1. 博士(農学) ( 2017年9月   京都大学 ) 

  2. 修士(農学) ( 2014年3月   京都大学 ) 

  3. 学士(農学) ( 2012年3月   京都大学 ) 

研究キーワード 6

  1. 遺伝子発現

  2. 社会性昆虫

  3. 抗菌物質

  4. 労働分業

  5. フェロモン

  6. シロアリ

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 生態学、環境学  / 化学生態学

  2. 環境・農学 / 昆虫科学

  3. ライフサイエンス / 分子生物学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. シロアリの化学コミュニケーションメカニズムの解明

経歴 5

  1. 名古屋大学   大学院生命農学研究科 動物科学専攻   助教

    2024年4月 - 現在

      詳細を見る

  2. テキサスA&M大学   昆虫学部   日本学術振興会海外特別研究員

    2022年7月 - 2024年2月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

    researchmap

  3. 京都大学   大学院農学研究科   特定研究員

    2021年4月 - 2022年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  4. 京都工芸繊維大学   生物資源フィールド科学教育研究センター   日本学術振興会特別研究員(PD)

    2018年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  5. 京都大学   大学院農学研究科   特定研究員

    2017年10月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

学歴 3

  1. 京都大学   大学院農学研究科   応用生物科学専攻

    2014年4月 - 2017年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 博士課程

    researchmap

  2. 京都大学   大学院農学研究科   応用生物科学専攻

    2012年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 修士課程

    researchmap

  3. 京都大学   農学部   資源生物科学科

    2008年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会 5

  1. アジア太平洋化学生態学会

    2019年6月 - 現在

      詳細を見る

  2. 国際社会性昆虫学会

    2018年8月 - 現在

      詳細を見る

  3. 日本生態学会

    2014年10月 - 現在

      詳細を見る

  4. 日本動物行動学会

    2013年8月 - 現在

      詳細を見る

  5. 日本応用動物昆虫学会

    2012年12月 - 現在

      詳細を見る

 

論文 20

  1. An antifungal compound secreted by termite workers, phenylacetic acid, inhibits the growth of both termite egg-mimicking fungus and entomopathogenic fungi 査読有り

    M. Nakashima, Y. Mitaka, T. Inagaki, K. Matsuura

    Insectes Sociaux     2024年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00040-024-00966-3

    researchmap

  2. Dehydroabietic acid, an aromatic abietane diterpenoid, attracts termite workers 査読有り

    Yuki Mitaka, Kenji Matsuura, Toshiharu Akino

    Applied Entomology and Zoology     2024年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13355-024-00869-6

    researchmap

  3. DESI-IMS coupled with triple quadrupole mass spectrometry demonstrated the capability of NMN imaging in Shelfordella lateralis tissue 査読有り

    Yuki Mitaka

    Medical Mass Spectrometry   8 巻 ( 1 ) 頁: 2 - 10   2024年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.24508/mms.2024.06.001

    researchmap

  4. Even- and odd-numbered fatty acids used as worker arrestant aggregation pheromone components in the Formosan subterranean termite Coptotermes formosanus 査読有り

    Yuki Mitaka, Kenji Matsuura, Toshiharu Akino

    Chemoecology     2024年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00049-023-00396-w

    researchmap

  5. Media made from brown-rotted elm and pine wood for rearing Reticulitermes termites 査読有り

    Y. Mitaka, E. L. Vargo

    Insectes Sociaux     2023年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00040-023-00928-1

    researchmap

  6. The royal food of termites shows king and queen specificity 査読有り

    Eisuke Tasaki, Yuki Mitaka, Yutaka Takahashi, A S M Waliullah, Zinat Tamannaa, Takumi Sakamoto, Ariful Islam, Masaki Kamiya, Tomohito Sato, Shuhei Aramaki, Kenji Kikushima, Makoto Horikawa, Katsumasa Nakamura, Tomoaki Kahyo, Mamoru Takata, Mitsutoshi Setou, Kenji Matsuura

    PNAS Nexus     2023年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    Abstract

    Society in eusocial insects is based on the reproductive division of labor, with a small number of reproductive individuals supported by a large number of non-reproductive individuals. Because inclusive fitness of all colony members depends on the survival and fertility of reproductive members, sterile members provide royals with special treatment. Here we show that termite kings and queens each receive special food of a different composition from workers. Sequential analysis of feeding processes demonstrated that workers exhibit discriminative trophallaxis, indicating their decision-making capacity in allocating food to the kings and queens. LC-MS/MS analyses of the stomodeal food and midgut contents revealed king- and queen-specific compounds including diacylglycerols and short-chain peptides. DESI-MSI analyses of 13C-labelled termites identified phosphatidylinositol and acetyl-L-carnitine in the royal food. Comparison of the digestive tract structure showed remarkable differences in the volume ratio of the midgut-to-hindgut among castes, indicating that digestive division of labor underlies reproductive division of labor. Our demonstration of king- and queen-specific food in termites provides insight into the nutritional system that underpins the extraordinary reproduction and longevity of royals in eusocial insects.

    DOI: 10.1093/pnasnexus/pgad222

    researchmap

  7. Development of a standard medium for culturing the termite Reticulitermes speratus 査読有り

    Yuki Mitaka, Toshiharu Akino, Kenji Matsuura

    Insectes Sociaux     2023年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00040-023-00907-6

    researchmap

  8. A Review of Termite Pheromones: Multifaceted, Context-Dependent, and Rational Chemical Communications 招待有り 査読有り

    Yuki Mitaka, Toshiharu Akino

    Frontiers in Ecology and Evolution   8 巻   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers Media {SA}  

    <jats:p>Termite colonies, composed of large numbers of siblings, develop an important caste-based division of labor; individuals in these societies interact via intra- or intercaste chemical communications. For more than 50 years, termites have been known to use a variety of pheromones to perform tasks necessary for maintenance of their societies, similar to eusocial hymenopterans. Although trail-following pheromones have been chemically identified in various termites, other types of pheromones have not been elucidated chemically or functionally. In the past decade, however, chemical compositions and biological functions have been successfully identified for several types of termite pheromones; accordingly, the details of the underlying pheromone communications have been gradually revealed. In this review, we summarize both the functions of all termite pheromones identified so far and the chemical interactions among termites and other organisms. Subsequently, we argue how termites developed their sophisticated pheromone communication. We hypothesize that termites have diverted defensive and antimicrobial substances to pheromones associated in caste recognition and caste-specific roles. Furthermore, termites have repeatedly used a pre-existing pheromone or have added supplementary compounds to it in accordance with the social context, leading to multifunctionalization of pre-existing pheromones and emergence of new pheromones. These two mechanisms may enable termites to transmit various context-dependent information with a small number of chemicals, thus resulting in formation of coordinated, complex, and rational chemical communication systems.</jats:p>

    DOI: 10.3389/fevo.2020.595614

    Scopus

    researchmap

  9. Age-Dependent Increase in Soldier Pheromone of the Termite Reticulitermes speratus 査読有り

    Yuki Mitaka, Kenji Matsuura

    Journal of Chemical Ecology     2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10886-020-01182-6

    researchmap

  10. Chemical identification of an aggregation pheromone in the termite Reticulitermes speratus 査読有り

    Yuki Mitaka, Shigeru Matsuyama, Nobuaki Mizumoto, Kenji Matsuura, Toshiharu Akino

    Scientific Reports   10 巻 ( 1 )   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media {LLC}  

    Social behaviours in termites are regulated by sophisticated chemical communication systems. The majority of subterranean termites continuously forage for new wood resources to expand their nesting areas; an aggregation pheromone is presumed to regulate this process. However, the chemical components of this pheromone have never been determined. We identified the chemical properties of the aggregation pheromone that signals nestmate presence and induces arrest in the termite Reticulitermes speratus. The results of gas chromatography-mass spectrometry analyses and bioassays indicated that R. speratus worker release the pheromone to their nesting site. The pheromone consists of an aromatic compound (2-phenylundecane), cuticular hydrocarbons (pentacosane and heptacosane), fatty acids (palmitic acid and trans-vaccenic acid), and cholesterol; the pheromone induces long-term aggregation at new nesting and feeding sites. Although 2-phenylundecane alone attracted workers, the combination of all six compounds showed greater arrestant activity than 2-phenylundecane alone. This suggests that 2-phenylundecane functions as an attractant, whereas the remaining five components function as arrestants. Our results indicate that foraging worker termites produce a multi-component aggregation pheromone by combining a volatile hydrocarbon and non-volatile lipids with cuticular hydrocarbons. This pheromone enables rapid, long-lasting aggregation of termite workers, which contributes to efficient feeding and colonisation of new wood. Our work furthers the understanding of chemical communication systems underlying social assembly in social insects.

    DOI: 10.1038/s41598-020-64388-4

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  11. A Parental Volatile Pheromone Triggers Offspring Begging in a Burying Beetle 査読有り

    Mamoru Takata, Yuki Mitaka, Sandra Steiger, Naoki Mori

    iScience   19 巻   頁: 1260 - 1278   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier {BV}  

    DOI: 10.1016/j.isci.2019.06.041

    researchmap

  12. High expression of the breast cancer susceptibility gene BRCA1 in long-lived termite kings 査読有り

    Eisuke Tasaki, Yuki Mitaka, Tomonari Nozaki, Kazuya Kobayashi, Kenji Matsuura, Yoshihito Iuchi

    Aging   10 巻 ( 10 ) 頁: 2668 - 2683   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Impact Journals, {LLC}  

    DOI: 10.18632/aging.101578

    researchmap

  13. A termite fungistatic compound, mellein, inhibits entomopathogenic fungi but not egg-mimicking termite ball fungi 査読有り

    Yuki Mitaka, Naoki Mori, Kenji Matsuura

    Applied Entomology and Zoology   54 巻 ( 1 ) 頁: 39 - 46   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Nature America, Inc  

    DOI: 10.1007/s13355-018-0589-1

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s13355-018-0589-1.pdf

  14. Transcriptomic analysis of epigenetic modification genes in the termite Reticulitermes speratus. 査読有り

    Mitaka Y, Tasaki E, Nozaki T, Fuchikawa T, Kobayashi K, Matsuura K

    Insect science   27 巻 ( 2 ) 頁: 202 - 211   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1111/1744-7917.12640

    PubMed

    researchmap

  15. Age-based soldier polyethism: old termite soldiers take more risks than young soldiers 査読有り

    Saki Yanagihara, Wataru Suehiro, Yuki Mitaka, Kenji Matsuura

    Biology Letters   14 巻 ( 3 ) 頁: 20180025 - 20180025   2018年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Royal Society  

    DOI: 10.1098/rsbl.2018.0025

    researchmap

  16. A Genomic Imprinting Model of Termite Caste Determination: Not Genetic but Epigenetic Inheritance Influences Offspring Caste Fate 査読有り

    Kenji Matsuura, Nobuaki Mizumoto, Kazuya Kobayashi, Tomonari Nozaki, Tadahide Fujita, Toshihisa Yashiro, Taro Fuchikawa, Yuki Mitaka, Edward L. Vargo

    The American Naturalist   191 巻 ( 6 ) 頁: 000 - 000   2018年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:University of Chicago Press  

    DOI: 10.1086/697238

    researchmap

  17. Chemical and molecular identification of the invasive termite Zootermopsis nevadensis (Isoptera: Archotermopsidae) in Japan 査読有り

    Toshihisa Yashiro, Yuki Mitaka, Tomonari Nozaki, Kenji Matsuura

    Applied Entomology and Zoology   53 巻 ( 2 ) 頁: 215 - 221   2018年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Nature  

    DOI: 10.1007/s13355-018-0545-0

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s13355-018-0545-0.pdf

  18. Multi-functional roles of a soldier-specific volatile as a worker arrestant, primer pheromone and an antimicrobial agent in a termite 査読有り

    Yuki Mitaka, Naoki Mori, Kenji Matsuura

    Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences   284 巻 ( 1859 ) 頁: 20171134 - 20171134   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Royal Society  

    Division of labour in eusocial insects is characterized by efficient communication systems based on pheromones. Among such insects, termites have evolved specialized sterile defenders, called soldiers. Because they are incapable of feeding themselves, it has been suggested that soldiers are sustained by workers and emit the pheromone arresting workers. However, such a soldier pheromone has not been identified in any termite species, and the details of the soldier–worker interaction remain to be explored. Here, we identified a soldier-specific volatile sesquiterpene as a worker arrestant, which also acts as a primer pheromone regulating soldier differentiation and fungistatic agent in a termite
    <italic>Reticulitermes speratus</italic>
    . Chemical analyses revealed that (−)-
    <italic>β</italic>
    -elemene is the major component of soldier extract, and its authentic standard exhibited arrestant activity to workers and inhibited the differentiation from workers to soldiers. This compound also showed fungistatic activity against entomopathogenic fungi. These suggest that (−)-
    <italic>β</italic>
    -elemene secreted by soldiers acts not only as a worker arrestant but also as one component of inhibitory primer pheromone and an anti-pathogenic agent. Our study provides novel evidence supporting the multi-functionality of termite soldier pheromone and provides new insights into the role of soldiers and the evolutionary mechanisms of pheromone compounds.

    DOI: 10.1098/rspb.2017.1134

    researchmap

    その他リンク: https://royalsocietypublishing.org/doi/full-xml/10.1098/rspb.2017.1134

  19. Caste-, sex-, and age-dependent expression of immune-related genes in a Japanese subterranean termite, Reticulitermes speratus 査読有り

    Mitaka Yuki, Kobayashi Kazuya, Matsuura Kenji

    PLOS ONE   12 巻 ( 4 )   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Public Library of Science  

    Insects protect themselves from microbial infections through innate immune responses, including pathogen recognition, phagocytosis, the activation of proteolytic cascades, and the synthesis of antimicrobial peptides. Termites, eusocial insects inhabiting microbe-rich wood, live in closely-related family groups that are susceptible to shared pathogen infections. To resist pathogenic infection, termite families have evolved diverse immune adaptations at both individual and societal levels, and a strategy of trade-offs between reproduction and immunity has been suggested. Although termite immune-inducible genes have been identified, few studies have investigated the differential expression of these genes between reproductive and neuter castes, and between sexes in each caste. In this study, we compared the expression levels of immune-related genes among castes, sexes, and ages in a Japanese subterranean termite, Reticulitermes speratus. Using RNA-seq, we found 197 immune-related genes, including 40 pattern recognition proteins, 97 signalling proteins, 60 effectors. Among these genes, 174 showed differential expression among castes. Comparing expression levels between males and females in each caste, we found sexually dimorphic expression of immune-related genes not only in reproductive castes, but also in neuter castes. Moreover, we identified age-related differential expression of 162 genes in male and/or female reproductives. In addition, although R. speratus is known to use the antibacterial peptide C-type lysozyme as an egg recognition pheromone, we determined that R. speratus has not only C-type, but also P-type and I-type lysozymes, as well as other termite species. Our transcriptomic analyses revealed immune response plasticity among all castes, and sex-biased expression of immune genes even in neuter castes, suggesting a sexual division of labor in the immune system of R. speratus. This study heightens the understanding of the evolution of antimicrobial strategies in eusocial insects, and of sexual roles in insect societies as a whole.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0175417

    PubMed

    researchmap

  20. Caste-specific and sex-specific expression of chemoreceptor genes in a termite 査読有り

    Mitaka Yuki, Kobayashi Kazuya, Mikheyev Alexander, Tin Mandy M. Y., Watanabe Yutaka, Matsuura Kenji

    PLOS ONE   11 巻 ( 1 )   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Public Library of Science  

    役割によって異なるシロアリの化学受容体の発現 : 高度な分業体制を支えるコミュニケーション機構解明へ期待. 京都大学プレスリリース. 2016-02-17.The sophisticated colony organization of eusocial insects is primarily maintained through the utilization of pheromones. The regulation of these complex social interactions requires intricate chemoreception systems. The recent publication of the genome of Zootermopsis nevadensis opened a new avenue to study molecular basis of termite caste systems. Although there has been a growing interest in the termite chemoreception system that regulates their sophisticated caste system, the relationship between division of labor and expression of chemoreceptor genes remains to be explored. Using high-throughput mRNA sequencing (RNA-seq), we found several chemoreceptors that are differentially expressed among castes and between sexes in a subterranean termite Reticulitermes speratus. In total, 53 chemoreception-related genes were annotated, including 22 odorant receptors, 7 gustatory receptors, 12 ionotropic receptors, 9 odorant-binding proteins, and 3 chemosensory proteins. Most of the chemoreception-related genes had caste-related and sex-related expression patterns; in particular, some chemoreception genes showed king-biased or queen-biased expression patterns. Moreover, more than half of the genes showed significant age-dependent differences in their expression in female and/or male reproductives. These results reveal a strong relationship between the evolution of the division of labor and the regulation of chemoreceptor gene expression, thereby demonstrating the chemical communication and underlining chemoreception mechanism in social insects.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0146125

    Scopus

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物 4

  1. 化学と生物

    田端純, 高田守, 三高雄希( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 昆虫のフェロモン1-2:その農業利用と新しいフェロモンカテゴリ)

    日本農芸化学会  2019年11月 

     詳細を見る

  2. しろあり

    三高雄希( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ヤマトシロアリの兵蟻の役割とフェロモンコミュニケーション)

    日本しろあり対策協会  2019年7月 

     詳細を見る

  3. 動物学の百科事典

    日本動物学会( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 11章-3 フェロモン)

    丸善出版  2018年9月  ( ISBN:9784621303092

     詳細を見る

    総ページ数:xxv, 770p, 図版 [8] p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  4. 昆虫と自然

    三高雄希( 担当: 分担執筆 ,  範囲: シロアリのフェロモンと化学受容システム)

    北隆館  2018年2月 

     詳細を見る

講演・口頭発表等 38

  1. 地下性シロアリにおける集合フェロモンの種特異性

    三高雄希

    日本昆虫学会第84回大会・第68回日本応用動物昆虫学会 合同大会  2024年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  2. ロイヤルフードの世界初解明:シロアリの王と女王は何を食べているのか?

    松浦健二, 田崎英祐, 三高雄希, 高橋豊, Waliullah A.S.M, Tamannaa Zina, 坂本匠, Islam Ariful, Kamiya Masaki, 佐藤智仁, 荒牧修平, 菊島健児, 堀川誠, Nakamura Katsumasa, 華表友暁, 高田守, 瀬藤光利

    日本昆虫学会第84回大会・第68回日本応用動物昆虫学会 合同大会  2024年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  3. シロアリの王と女王の特別食「ロイヤルフード」を世界初解明

    松浦健二, 田崎英祐, 三高雄希, 高橋豊, A.S.M. Waliullah, Zinat Tamannaa, 坂本匠, Ariful Islam, Masaki Kamiya, 佐藤智仁, 荒牧修平, 菊島健児, 堀川誠, Katsumasa Nakamura, 華表友暁, 高田守, 瀬藤光利

    第42回日本動物行動学会大会  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  4. Identification of a worker aggregation pheromone in the termite Reticulitermes flavipes

    Yuki Mitaka, Anjel M. Helms, Edward L. Vargo

    ESA Entomology 2023  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  5. Identification of an attractant aggregation pheromone used by workers of the termite Reticulitermes virginicus

    Yuki Mitaka, Anjel M. Helms, Edward L. Vargo

    3rd International Conference of the subterranean termite: Dr. Minoru Tamashiro Memorial Symposium  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  6. A non-invasive method for estimating termite colony size using CO2 sensors

    矢部清隆, 三高雄希, 高田守, 松浦健二

    第67回日本応用動物昆虫学会大会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  7. ブロイラー雛の成長及び飼料摂取量におけるオオシロアリ(Hodotermopsis sjostedti)粉末添加の効果

    塚原洋子, 友永奈美, 田﨑英祐, 三高雄希, 友永省三, 熊谷元, 広岡博之, 松浦健二

    関西畜産学会第72回大会  2022年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  8. 養鶏飼料におけるタンパク源の代替としてのシロアリの可能性

    塚原洋子, 友永奈美, 田﨑英祐, 三高雄希, 友永省三, 熊谷元, 広岡博之, 松浦健二

    日本畜産学会第130回大会  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  9. Identification of an aggregation pheromone in a termite

    Yuki Mitaka, Shigeru Matsuyama, Nobuaki Mizumoto, Kenji Matsuura, Toshiharu Akino

    International Union for the Study of Social Insects (IUSSI) 2022  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  10. シロアリ飼育用人工餌の開発

    三高雄希, 松浦健二, 秋野順治

    第66回日本応用動物昆虫学会大会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  11. 大阪市におけるクロヤマアリ種群の分布~分布を拡大するミナミクロヤマアリ~

    藤井星渚, 三高雄希, 秋野順治

    第65回日本応用動物昆虫学会大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  12. 再利用と文脈依存的な成分追加で生じるシロアリのフェロモン

    三高雄希

    第65回日本応用動物昆虫学会大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  13. どこに集まるか:フェロモンによって制御されるシロアリの集合行動

    三高雄希, 秋野順治

    第68回日本生態学会大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  14. 移住するときは皆と一緒に:集合フェロモンで密となるシロアリの職蟻

    三高雄希, 秋野順治

    第39回日本動物行動学会大会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  15. シロアリの職蟻を誘引・拘束させる集合フェロモンの同定

    三高雄希, 松山茂, 水元惟暁, 松浦健二, 秋野順治

    第64回日本応用動物昆虫学会大会  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  16. 高い生産性の維持を実現するシロアリの王と女王のエネルギー代謝機構

    田崎 英祐, 三高 雄希, 小林 和也, 井内 良仁, 松浦 健二

    第42回日本分子生物学会年会  2019年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  17. ヤマトシロアリにおけるエピジェネティック修飾関連遺伝子の王・女王特異的発現

    三高雄希, 田﨑英祐, 野崎友成, 渕側太郎, 小林和也, 松浦健二

    第42回日本分子生物学会年会  2019年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  18. Provisioning pheromone: Parents regulate larval begging by the pheromone in a burying beetle

    Yuki Mitaka, Mamoru Takata

    APACE 2019  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  19. シロアリの王の活動的長寿を実現するDNA修復関連遺伝子の特定

    田﨑英祐, 三高雄希, 野崎友成, 小林和也, 井内良仁, 松浦健二

    第63回日本応用動物昆虫学会大会  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  20. シデムシの親はフェロモンで子の餌乞いを操作する

    三高雄希, 高田守

    第63回日本応用動物昆虫学会大会  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  21. It’s time to eat: offspring begging is triggered by a parental pheromone

    Mamoru Takata, Yuki Mitaka

    第66回 日本生態学会大会  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  22. 親による子の操作:子の餌乞いを促す給餌フェロモン同定

    高田守, 三高雄希

    第37回 日本動物行動学会大会  2018年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  23. Multifunctionality of soldier pheromone in a termite

    Yuki Mitaka, Saki Yanagihara, Naoki Mori, Kenji Matsuura

    International Union for the Study of Social Insects (IUSSI) 2018  2018年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  24. 多面的機能を発揮するシロアリの兵蟻フェロモンの同定

    三高雄希, 森直樹, 松浦健二

    第65回 日本生態学会大会  2018年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  25. Pheromone communication and age-based polyethism in termite soldiers

    Yuki Mitaka, Saki Yanagihara, Naoki Mori, Kenji Matsuura

    第62回 日本応用動物昆虫学会大会  2018年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  26. 老兵最前線:老いるほどに勇ましくなる兵隊シロアリ

    柳原早希, 末広亘, 三高雄希, 松浦健二

    行動2017  2017年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  27. Multifunctional roles of soldier pheromone in a termite

    Yuki Mitaka, Naoki Mori, Kenji Matsuura

    2017 ISCE/APACE  2017年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  28. ヤマトシロアリにおける免疫関連遺伝子のカースト・性・年齢特異的な発現

    三高雄希, 小林和也, 松浦健二

    第61回 日本応用動物昆虫学会大会  2017年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  29. 複数の機能を持つシロアリの兵蟻フェロモン:衛生兵としての兵蟻の役割

    三高雄希, 森直樹, 松浦健二

    第35回 日本動物行動学会大会  2016年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  30. Caste-specific and sex-specific expression of chemoreceptor genes in a termite

    Mitaka Y, Kobayashi K, Mikheyev A, Tin MMY, Watanabe Y, Matsuura K

    XXV International Congress of Entomology  2016年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  31. Caste-specific and sex-specific expression of chemoreceptor genes in a termite

    Mitaka Y, Kobayashi K, Mikheyev A, Tin MYM, Watanabe Y, Matsuura K

    第63回 日本生態学会大会  2016年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  32. Caste- and sex-specific expression of chemoreceptor genes in a termite

    Yuki Mitaka, Kazuya Kobayashi, Alexander Mikheyev, Mandy Tin, Yutaka Watanabe, Kenji Matsuura

    日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会 合同大会  2016年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  33. シロアリの女王認識に関わる接触化学物質同定のためのバイオアッセイ法

    三高雄希, 森直樹, 松浦健二

    第59回 日本応用動物昆虫学会大会  2015年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  34. 触角と尾葉、どっちが大事なの!? ~ゴキブリはどの部位で風を感じるか~

    三高雄希, 佐久間正幸

    第58回 日本応用動物昆虫学会大会  2014年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  35. 匂いによる走風性で風と匂いを別々に操作する

    辻本渉, 三高雄希, 佐久間正幸

    第57回 日本応用動物昆虫学会大会  2013年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  36. ゴキブリの匂い源定位メカニズム:止まるのには理由がある

    三高雄希, 辻本渉, 佐久間正幸

    第57回 日本応用動物昆虫学会大会  2013年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  37. ゴキブリはどのようにして匂い源に向かうのか?

    三高雄希, 佐久間正幸

    第31回 日本動物行動学会大会  2012年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  38. ゴキブリは時々停まって何をしているのか?

    辻本渉, 三高雄希, 佐久間正幸

    第56回 日本応用動物昆虫学会大会  2012年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

科研費 1

  1. シロアリの集合フェロモンの同定とその作用機構・受容機構の解明

    研究課題/研究課題番号:18J00399  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    三高 雄希

      詳細を見る

    シロアリは餌である朽木の内部で、たとえ王と女王が不在でもワーカーどうし集合している。このことからワーカーは集合フェロモンを用いていることが予想されるが、これまで社会性昆虫でワーカーの集合フェロモンを同定した例は無かった。本研究では、日本に広く分布するヤマトシロアリの集合行動に着目し、本種の集合フェロモンを同定し、その受容機構を解明することを目的とする。
    昨年度の研究によって、ヤマトシロアリの集合フェロモンは6種類の成分から成ることが明らかとなった。本年度に行なった実験により、6成分で唯一明らかな揮発性を示す化合物が単体でも弱い誘引活性を示すことが判明し、誘引効果の持続にはその他5種類の化合物も併せて必要であることが明らかとなった。そこで、6種類全て混ぜた場合の拘束活性の持続時間を調べた結果、フェロモン成分の濃度が低い場合も濃い場合も、5分後の時点でワーカーは誘引され、さらに集合率が時間とともに上昇する傾向も見られた。よって、ワーカーを誘引し長時間拘束するには6種類の化合物を全て混合することが望ましいと考えられた。本研究成果は、シロアリ誘引剤として特許出願され、論文も2020年度に掲載予定である。
    上記以外にも、この集合フェロモンは王と女王と兵蟻に対しては誘引効果を示さないことが判明した。このことから、王、女王、兵蟻の集合には別のフェロモンが関与していることが示唆された。
    さらに、ヤマトシロアリと近縁なイエシロアリの集合フェロモン成分の探索も行なった。ワーカー抽出液を分画し各分画液の誘引活性を調べた結果、微極性画分において高い誘引活性が見られた。GC-MS分析の結果、ヤマトシロアリの集合フェロモン成分とは異なる成分が集合フェロモンとして機能することが強く示唆された。

    researchmap

産業財産権 1

  1. シロアリ防除剤及びその利用

    三高 雄希, 秋野 順治, 松山 茂, 松浦 健二, 水元 惟暁

     詳細を見る

    出願人:京都工芸繊維大学

    出願番号:特願2019-151064  出願日:2019年8月

    公開番号:特開2021-31419  公開日:2021年3月

    researchmap