2024/05/24 更新

写真a

ミヤモト タケシ
宮本 健史
MIYAMOTO Takeshi
所属
大学院情報学研究科 心理・認知科学専攻 認知科学 助教
学部担当
情報学部 人間・社会情報学科
職名
助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士 (学術) ( 2021年3月   筑波大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 視覚認知, 眼球運動, 意思決定, 予測, 追跡行動

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 認知脳科学

  2. 人文・社会 / 認知科学

  3. 人文・社会 / 実験心理学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 眼球運動と視覚認知

  2. 巧みな追跡行動を支える行動戦略

  3. 脳波を用いた意思決定のデコーディング

経歴 3

  1. 日本学術振興会   特別研究員PD

    2022年4月 - 2024年3月

  2. 京都大学   大学院医学研究科   特定研究員

    2021年11月 - 2024年3月

  3. 筑波大学   体育系   博士特別研究員

    2021年4月 - 2021年10月

学歴 1

  1. 筑波大学   大学院人間総合科学研究科   体育科学専攻

    2019年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

    備考: 早期修了 (2年)

所属学協会 4

  1. Society for Neuroscience

      詳細を見る

  2. 日本神経科学学会

      詳細を見る

  3. バイオメカニズム学会

  4. 日本認知科学会

受賞 3

  1. 若手優秀発表

    2022年11月   近畿生理学会 第114回近畿生理学談話会  

    宮本健史, 山口玲欧奈, 尾上浩隆, 伊佐正, 佐々木亮

     詳細を見る

  2. 研究科長賞

    2021年3月   筑波大学大学院 人間総合科学研究科  

    宮本健史

     詳細を見る

  3. 優秀発表

    2016年2月   日本体育測定評価学会 第15回大会  

    宮本健史, 林容市, 高橋信二, 速水達也

     詳細を見る

 

論文 15

  1. Prediction error in implicit adaptation during visually- and memory-guided reaching tasks 査読有り 国際誌

    Numasawa K., Miyamoto T., Kizuka T., Ono S.

    Scientific Reports   14 巻   頁: 8582   2024年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1038/s41598-024-59169-2

  2. Balancing risk-return decisions by manipulating the mesofrontal circuits in primates 査読有り 国際誌

    Sasaki R., Ohta Y., Onoe H., Yamaguchi R., Miyamoto T., Tokuda T., Tamaki Y., Isa K., Takahashi J., Kobayashi K., Ohta J., Isa T.

    Science   383 巻   頁: 55 - 61   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.adj6645

    researchmap

  3. The effect of eccentricity on visual motion prediction in peripheral vision 査読有り 国際誌

    Hirano R., Numasawa K., Yoshimura Y., Miyamoto T., Kizuka T., Ono S.

    Physiological Reports   11 巻 ( 22 ) 頁: e15877   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.14814/phy2.15877

    researchmap

  4. Changes in visual speed perception induced by anticipatory smooth eye movements 査読有り 国際誌

    Miyamoto T., Numasawa K., Ono S.

    Journal of Neurophysiology   127 巻 ( 4 ) 頁: 1198 - 1207   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Physiological Society  

    DOI: 10.1152/jn.00498.2021

    PubMed

    researchmap

  5. The effect of explicit cues on smooth pursuit termination 査読有り 国際誌

    Miyamoto T., Miura K., Kizuka T., Ono S.

    Vision Research   189 巻   頁: 27 - 32   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier {BV}  

    DOI: 10.1016/j.visres.2021.08.008

    Scopus

    researchmap

  6. The influence of stimulus and behavioral histories on predictive control of smooth pursuit eye movements 査読有り 国際誌

    Miyamoto T., Hirata Y., Katoh A., Miura K., Ono S.

    Scientific Reports   11 巻 ( 1 ) 頁: 22327   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1038/s41598-021-01733-1

    researchmap

    その他リンク: https://www.nature.com/articles/s41598-021-01733-1

  7. Effects of smooth pursuit and second‐order stimuli on visual motion prediction 査読有り 国際誌

    Miyamoto T., Numasawa K., Hirata Y., Katoh A., Miura K., Ono S.

    Physiological Reports   9 巻 ( 9 ) 頁: e14833   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.14814/phy2.14833

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.14814/phy2.14833

  8. The relationship between the implicit visuomotor control and the motor planning accuracy 査読有り 国際誌

    Numasawa K., Miyamoto T., Kizuka T., Ono S.

    Experimental Brain Research   239 巻 ( 7 ) 頁: 2151 - 2158   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media {LLC}  

    DOI: 10.1007/s00221-021-06120-w

    PubMed

    researchmap

  9. Properties of smooth pursuit adaptation induced by theta motion 査読有り 国際誌

    Miyamoto T., Miura K., Kizuka T., Ono S.

    Physiology and Behavior   229 巻   頁: 113245   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.physbeh.2020.113245

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  10. Properties of smooth pursuit and visual motion reaction time to second-order motion stimuli 査読有り 国際誌

    Miyamoto T., Miura K., Kizuka T., Ono S.

    PLOS ONE   15 巻 ( 12 ) 頁: e0243430   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Public Library of Science ({PLoS})  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0243430

    Scopus

    researchmap

  11. The Influence of Contraction Types on the Relationship Between the Intended Force and the Actual Force 査読有り 国際誌

    Miyamoto T., Kizuka T., Ono S.

    Journal of Motor Behavior   52 巻 ( 6 ) 頁: 687 - 693   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00222895.2019.1680947

    Scopus

    researchmap

  12. Influence of preceding muscle activity on movement-related cortical potential during superimposed ballistic contraction 査読有り 国際誌

    Miyamoto T., Kizuka T., Ono S.

    Neuroscience Letters   735 巻   頁: 135193   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2020.135193

    Scopus

    researchmap

  13. Influence of preceding muscle activity on perceptually guided force production during superimposed ballistic contraction 査読有り 国際誌

    Miyamoto T., Kizuka T., Ono S.

    Physiology and Behavior   222 巻   頁: 112933   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.physbeh.2020.112933

    Scopus

    researchmap

  14. 単純反応課題との複合が垂直跳び高のグレーディングに及ぼす影響 査読有り

    宮本健史, 木塚朝博, 林容市, 小野誠司

    体育学研究   64 巻 ( 1 ) 頁: 49 - 57   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5432/jjpehss.18042

    researchmap

  15. 青年期における垂直跳びの跳躍高調節能力と各就学年代の運動量との関係–開眼および閉眼条件を用いた検討– 査読有り

    宮本健史, 林容市, 高橋信二, 速水達也

    体育測定評価研究   17 巻   頁: 37 - 46   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▼全件表示

MISC 1

  1. シューズサイズの不適合がジュニアにおけるキック・方向転換動作に及ぼす影響

    浅井駿輝, 宮本健史, 林容市  

    法政大学スポーツ研究センター紀要38 巻   2020年

     詳細を見る

講演・口頭発表等 23

  1. Dynamic readout of multiscale reward variables from low-dimensional neural oscillation in frontal cortex during risk-return decision-making

    Takeshi Miyamoto, Tadashi Isa, Ryo Sasaki

    日本神経科学学会  2023年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    researchmap

  2. Decoding oscillatory power signals during risk-return decision-making in the prefrontal and premotor cortices

    Takeshi Miyamoto, Reona Yamaguchi, Hirotaka Onoe, Tadashi Isa, Ryo Sasaki

    日本生理学会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    researchmap

  3. The effect of eccentricity on speed and accuracy in visual motion processing

    Riku Hirano, Kosuke Numasawa, Yusei Yoshimura, Takeshi Miyamoto, Tomohiro Kizuka, Seiji Ono

    Society for Neuroscience  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    researchmap

  4. リスク/リターンのバランスに基づく意思決定に関与する前頭皮質神経振動の解読

    宮本健史, 山口玲欧奈, 尾上浩隆, 伊佐正, 佐々木亮

    近畿生理学会  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    researchmap

  5. Predictive control of smooth pursuit eye movements based on stimulus and behavioral histories

    Takeshi Miyamoto, Yutaka Hirata, Akira Katoh, Kenichiro Miura, Seiji Ono

    Society for Neuroscience  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    researchmap

  6. The effect of the memory-guided task on the MFR amplitude

    Kosuke Numasawa, Takeshi Miyamoto, Tomohiro Kizuka, Seiji Ono

    Society for Neuroscience  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    researchmap

  7. ターゲットの速度変化に対する予測的smooth pursuit

    宮本健史, 小野誠司

    空間認知と運動制御研究会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    researchmap

  8. Properties of movement-related cortical potential during ballistic contraction superimposed on preceding muscle activity

    Takeshi Miyamoto, Tomohiro Kizuka, Seiji Ono

    Federation of European Neuroscience Societies  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    researchmap

  9. Smooth pursuitにおける異なる適応パターンの比較

    小野誠司, 宮本健史, 三浦健一郎, 木塚朝博

    空間認知と運動制御研究会  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    researchmap

  10. 体操競技選手における倒立姿勢制御の特徴

    小野誠司, 宮本健史, 木塚朝博

    空間認知と運動制御研究会  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    researchmap

  11. 音楽に合わせた高強度運動における音楽テンポが生理指標および心理指標に及ぼす影響

    土屋芽生, 若田部舜, 林容市, 宮本健史, 白井祐介

    日本体育測定評価学会  2020年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    researchmap

  12. The influence of the subjective estimation of force production on motor-related cortical potential

    Takeshi Miyamoto, Tomohiro Kizuka, Seiji Ono

    Society for Neuroscience  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    researchmap

  13. 重量挙げ選手およびレジスタンストレーニング実践者の瞬発的な力発揮戦略

    犬走渚, 宮本健史, 平野裕一, 泉重樹

    日本トレーニング科学会  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    researchmap

  14. 反復横跳びにおける下肢筋の筋発揮特性

    山本恭平, 宮本健史, 小野誠司, 木塚朝博

    日本体育学会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    researchmap

  15. 筋収縮様式の違いが努力度に基づく筋出力の調節に及ぼす影響

    宮本健史, 木塚朝博, 小野誠司

    バイオメカニズム・シンポジウム  2019年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    researchmap

  16. The influence of preceding muscle activity on force perception in ballistic contractions

    Takeshi Miyamoto, Tomohiro Kizuka, Seiji Ono

    Neural Control of Movement  2019年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    researchmap

  17. 異なる筋収縮速度でのグレーディング課題における筋活動特性

    宮本健史, 木塚朝博, 小野誠司

    バイオメカニズム学術講演会  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    researchmap

  18. 筋力発揮様式がグレーディングに及ぼす影響

    宮本健史, 木塚朝博, 小野誠司

    日本体育学会  2018年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    researchmap

  19. 最大筋力と力発揮のグレーディング能力との関係

    宮本健史, 小野誠司, 岩間圭祐, 木塚朝博

    バイオメカニズム学術講演会  2017年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    researchmap

  20. 垂直跳び高の調節課題と選択反応課題との複合テストの試作

    宮本健史, 小野誠司, 林容市, 岩間圭祐, 木塚朝博

    日本体育学会  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    researchmap

  21. 強度を自己選択した有酸素性運動中の生理学的および心理学的指標の変化–若齢者と中高齢者の比較­–

    若田部舜, 宮本健史, 林容市

    日本体育測定評価学会  2017年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    researchmap

  22. 選択課題を複合した上肢の調整力テストの試作と選択反応時間との関係

    宮本健史, 若田部舜, 林容市

    日本体育測定評価学会  2017年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    researchmap

  23. 青年期の垂直跳びにおける調整力と各就学年代の運動量との関係

    宮本健史, 林容市, 高橋信二, 速水達也

    日本体育測定評価学会  2016年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 予測的な眼球運動が腕の到達運動に及ぼす影響

    2021年8月 - 2022年3月

    筑波大学研究基盤支援プログラム (A タイプ) 

    宮本健史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:650000円 ( 直接経費:650000円 )

    researchmap

科研費 4

  1. 予測的な滑動性眼球運動がもたらす認知的利点の解明

    研究課題/研究課題番号:23K16671  2023年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  若手研究 

    宮本健史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

  2. アスリートにおける「能動視覚」の機構解明とバイオマーカーの開発

    研究課題/研究課題番号:22H03492  2022年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究 (B) 

    小野誠司, 三浦健一郎, 木塚朝博, 宮本健史

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:15340000円 ( 直接経費:11800000円 、 間接経費:3540000円 )

  3. 巧みな予測性眼球運動を実現する意思決定の神経機構解明

    研究課題/研究課題番号:22KJ1787  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  特別研究員奨励費 

    宮本健史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

  4. 不確実性を含む視標の軌道に対する予測的眼球運動の制御特性の解明

    研究課題/研究課題番号:21K21246  2021年8月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  研究活動スタート支援 

    宮本健史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3120000円 ( 直接経費:2400000円 、 間接経費:720000円 )

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 心理・認知科学実験2

    2024

担当経験のある科目 (本学以外) 5

  1. 生理学実習

    2022年 京都大学医学部)

     詳細を見る

  2. スポーツ生理学

    2021年 法政大学 (SSI専門科目))

     詳細を見る

  3. 専門演習Ⅰ

    2019年 法政大学スポーツ健康学部)

     詳細を見る

  4. 専門演習Ⅲ

    2019年 法政大学スポーツ健康学部)

     詳細を見る

  5. 専門演習Ⅱ

    2019年 法政大学スポーツ健康学部)

     詳細を見る