2024/05/20 更新

写真a

シオタニ カズキ
塩谷 和基
SHIOTANI Kazuki
所属
大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻 応用生命科学 助教
学部担当
農学部 応用生命科学科
職名
助教
外部リンク

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2021年3月   同志社大学 ) 

研究キーワード 13

  1. 食行動

  2. 風味

  3. 電気生理

  4. 行動解析

  5. 神経科学

  6. 感覚統合

  7. 情動

  8. 嗅覚

  9. 嗅皮質

  10. 光遺伝学

  11. ポピュレーション解析

  12. ニューロン

  13. おいしさ

研究分野 8

  1. ライフサイエンス / 認知脳科学

  2. ライフサイエンス / 神経科学一般

  3. ライフサイエンス / 神経機能学

  4. ライフサイエンス / 生理学

  5. 人文・社会 / 実験心理学

  6. ライフサイエンス / 実験動物学

  7. ライフサイエンス / 基盤脳科学

  8. ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学

▼全件表示

経歴 3

  1. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   助教

    2024年4月 - 現在

      詳細を見る

  2. 立命館大学   生命科学部 生命情報学科   助教

    2021年4月 - 2024年3月

      詳細を見る

  3. 日本学術振興会特別研究員(DC1)

    2018年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

学歴 1

  1. 同志社大学   大学院 脳科学研究科

    2016年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

所属学協会 4

  1. 日本神経科学学会

      詳細を見る

  2. 日本神経回路学会

      詳細を見る

  3. 日本生理学会

      詳細を見る

  4. 日本味と匂学会

      詳細を見る

委員歴 1

  1. 日本味と匂学会 評議員  

    2022年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

受賞 6

  1. 優秀発表賞

    2023年9月   日本味と匂学会 第57回大会  

    福本 慎吾, 北村 菜々, 江原 健悟, 谷隅 勇太, 廣川 純也, 櫻井 芳雄, 木津川 尚史, 塩谷 和基, 眞部 寛之

     詳細を見る

  2. 生命科学部長賞

    2023年3月   立命館大学  

    塩谷 和基

     詳細を見る

  3. 若手道場優秀発表賞

    2022年7月   日本神経科学学会・日本神経化学学会・日本神経回路学会  

    塩谷 和基, 谷隅 勇太, 村田 航志, 大迫 優真, 大貫 朋哉, 高宮 渉吾, 廣川 純也, 櫻井 芳雄, 眞部 寛之

     詳細を見る

  4. JNS-FENS Forum 2022 Travel Award

    2022年2月   日本神経科学学会  

    谷隅 勇太, 塩谷 和基, 大迫 優真, 大貫 朋哉, 高宮 渉吾, 廣川 純也, 櫻井 芳雄, 眞部 寛之

     詳細を見る

  5. 最優秀発表賞

    2021年9月   日本味と匂学会 第55回大会  

    塩谷 和基, 谷隅 勇太, 村田 航志, 大迫 優真, 大貫 朋哉, 廣川 純也, 櫻井 芳雄, 眞部 寛之

     詳細を見る

  6. JNS-SfN Exchange Travel Award

    2021年9月   日本神経科学学会  

    大迫 優真, 大貫 朋哉, 谷隅 勇太, 塩谷 和基, 眞部 寛之, 櫻井 芳雄, 廣川 純也

     詳細を見る

▼全件表示

 

論文 5

  1. An intra-oral flavor detection task in freely moving mice 査読有り 国際誌

    Shiotani, K; Tanisumi, Y; Osako, Y; Murata, K; Hirokawa, J; Sakurai, Y; Manabe, H

    ISCIENCE   27 巻 ( 2 ) 頁: 108924   2024年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:iScience  

    Flavor plays a critical role in the pleasure of food. Flavor research has mainly focused on human subjects and revealed that many brain regions are involved in flavor perception. However, animal models for elucidating the mechanisms of neural circuits are lacking. Herein, we demonstrate the use of a novel behavioral task in which mice are capable of flavor detection. When the olfactory pathways of the mice were blocked, they could not perform the task. However, behavioral accuracy was not affected when the gustatory pathway was blocked by benzocaine. These results indicate that the mice performed this detection task mainly based on the olfaction. We conclude that this novel task can contribute to research on the neural mechanisms of flavor perception.

    DOI: 10.1016/j.isci.2024.108924

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  2. Auditory cortex neurons show task-related and learning-dependent selectivity toward sensory input and reward during the learning process of an associative memory task. 査読有り 国際誌

    Shogo Takamiya, Kazuki Shiotani, Tomoya Ohnuki, Yuma Osako, Yuta Tanisumi, Shoko Yuki, Hiroyuki Manabe, Junya Hirokawa, Yoshio Sakurai

    eNeuro     2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The activity of primary auditory cortex (A1) neurons is modulated not only by sensory inputs but also by other task-related variables in associative learning. However, it is unclear how A1 neural activity changes dynamically in response to these variables during the learning process of associative memory tasks. Therefore, we developed an associative memory task using auditory stimuli in rats. In this task, rats were required to associate tone frequencies (high and low) with a choice of ports (right or left) to obtain a reward. The activity of A1 neurons in the rats during the learning process of the task was recorded. A1 neurons increased their firing rates either when the rats were presented with a high or low tone (frequency-selective cells) before they chose either the left or right port (choice-direction cells), or when they received a reward after choosing either the left or right port (reward-direction cells). Furthermore, the proportion of frequency-selective cells and reward-direction cells increased with task acquisition and reached the maximum level in the last stage of learning. These results suggest that A1 neurons have task- and learning-dependent selectivity toward sensory input and reward when auditory tones and behavioral responses are gradually associated during task training. This selective activity of A1 neurons may facilitate the formation of associations, leading to the consolidation of associative memory.Significance StatementThe activity of the primary auditory cortex (A1) neurons is modulated not only by sensory inputs but also by other task-related variables in associative learning. However, it is unclear how A1 neural activity changes dynamically in response to these variables during the learning processes of associative memory tasks. This study showed that neurons in A1 have the task-related and learning-dependent selectivity toward sensory inputs and rewards when auditory tones and behavioral responses are gradually associated during the training of an associative memory task. We conclude that this selective activity of A1 neurons might facilitate the formation of associations, leading to the consolidation of associative memory.

    DOI: 10.1523/ENEURO.0046-22.2022

    PubMed

    researchmap

  3. Hippocampal CA1 Neurons Represent Positive Feedback During the Learning Process of an Associative Memory Task 査読有り

    Shogo Takamiya, Kazuki Shiotani, Tomoya Ohnuki, Yuma Osako, Yuta Tanisumi, Shoko Yuki, Hiroyuki Manabe, Junya Hirokawa, Yoshio Sakurai

    Frontiers in Systems Neuroscience   15 巻   2021年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers Media SA  

    The hippocampus is crucial for forming associations between environmental stimuli. However, it is unclear how neural activities of hippocampal neurons dynamically change during the learning process. To address this question, we developed an associative memory task for rats with auditory stimuli. In this task, the rats were required to associate tone pitches (high and low) and ports (right and left) to obtain a reward. We recorded the firing activity of neurons in rats hippocampal CA1 during the learning process of the task. As a result, many hippocampal CA1 neurons increased their firing rates when the rats received a reward after choosing either the left or right port. We referred to these cells as “reward-direction cells.” Furthermore, the proportion of the reward-direction cells increased in the middle-stage of learning but decreased after the completion of learning. This result suggests that the activity of reward-direction cells might serve as “positive feedback” signal that facilitates the formation of associations between tone pitches and port choice.

    DOI: 10.3389/fnsys.2021.718619

    researchmap

  4. Contribution of non-sensory neurons in visual cortical areas to visually guided decisions in the rat 査読有り

    Yuma Osako, Tomoya Ohnuki, Yuta Tanisumi, Kazuki Shiotani, Hiroyuki Manabe, Yoshio Sakurai, Junya Hirokawa

    Current Biology   31 巻 ( 13 ) 頁: 2757 - 2769.e6   2021年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.cub.2021.03.099

    researchmap

  5. Bi-directional encoding of context-based odors and behavioral states by the nucleus of the lateral olfactory tract 査読有り

    Yuta Tanisumi, Kazuki Shiotani, Junya Hirokawa, Yoshio Sakurai, Hiroyuki Manabe

    iScience   24 巻 ( 4 ) 頁: 102381 - 102381   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier {BV}  

    DOI: 10.1016/j.isci.2021.102381

    researchmap

書籍等出版物 1

MISC 2

  1. An intra-oral flavor discrimination task in freely moving mice

    Kazuki Shiotani, Yuta Tanisumi, Yuma Osako, Koshi Murata, Junya Hirokawa, Yoshio Sakurai, Hiroyuki Manabe  

    bioRxiv   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   出版者・発行元:Cold Spring Harbor Laboratory  

    Flavor plays a critical role in the pleasure of food. Flavor research has mainly focused on human subjects and revealed that many brain regions are involved in flavor perception. However, animal models for elucidating the mechanisms of neural circuits are lacking. Herein, we demonstrate the use of a novel behavioral task in which mice are capable of flavor discrimination. When the olfactory pathways of the mice were blocked, they could not perform the task. However, behavioral accuracy was not affected when the gustatory pathway was blocked by benzocaine. These results indicate that the mice performed this discrimination task mainly based on the intraoral flavor. We conclude that this novel task can contribute to research on the neural mechanisms of flavor perception.

    DOI: 10.1101/2023.05.26.542382

    researchmap

  2. 嗅皮質腹側テニアテクタの機能解明

    塩谷 和基  

    日本味と匂学会誌29 巻 ( 1 ) 頁: 33 - 35   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

講演・口頭発表等 33

  1. チョコレート摂食に関連したラット超音波発声サブタイプの機械学習による分類

    深澤有吾, 池戸優希, 領家崇, 塩谷和基, 眞部寛之, 黒田一樹, 吉村仁志, 村田航志

    第129回日本解剖学会総会・全国学術集会  2024年3月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  2. げっ歯類の風味知覚課題の確立と発展

    塩谷 和基

    第7回深奥質感 領域班会議  2024年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  3. げっ歯類における食を豊かにする風味知覚課題の開発 招待有り

    塩谷 和基, 谷隅 勇太, 村田 航志, 大迫 優真, 大貫 朋哉, 高宮 渉吾, 廣川 純也, 櫻井 芳雄, 眞部 寛之

    食欲・食嗜好を形成する感覚・内分泌・神経基盤研究会 2023  2023年12月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  4. Identification of subtypes of ultrasonic vocalizations associated with chocolate eating in rats using machine learning

    Koshi Murata, Yuki Ikedo, Takashi Ryoke, Kazuki Shiotani, Hiroyuki Manabe, Kazuki Kuroda, Hitoshi Yoshimura, Yugo Fukazawa

    52st Society for Neuroscience Annual Meeting  2023年11月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  5. げっ歯類の風味知覚課題の確立

    塩谷 和基

    第6回深奥質感 領域班会議  2023年9月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  6. Prefrontal cortex flexibly integrates odor cue information into deliberative decision-making based on behavioral strategy. 招待有り

    Tomoya Ohnuki, Yuma Osako, Kazuki Shiotani, Yuta Tanisumi, Shogo Takamiya, Nagi Matsui, Hiroyuki Manabe, Yoshio Sakurai, Junya Hirokawa

    2023年度 日本味と匂学会第57回大会  2023年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  7. 匂い弁別行動課題において前扁桃野は行動状態の変化を表象する

    福本 慎吾, 北村 菜々, 江原 健悟, 谷隅 勇太, 廣川 純也, 櫻井 芳雄, 木津川 尚史, 塩谷 和基, 眞部 寛之

    2023年度 日本味と匂学会第57回大会  2023年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  8. チョコレート摂食に関連したラット超音波発声サブタイプの機械学習による分類

    池戸 優希, 村田 航志, 領 家崇, 塩谷 和基, 眞部 寛之, 黒田 一樹, 吉村 仁志, 深澤 有吾

    2023年度 日本味と匂学会第57回大会  2023年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  9. 嗅覚と味覚の多感覚統合による風味感覚の解明 招待有り

    塩谷 和基, 谷隅 勇太, 村田 航志, 大迫 優真, 大貫 朋哉, 高宮 渉吾, 廣川 純也, 櫻井 芳雄, 眞部 寛之

    第46回 日本神経科学大会  2023年8月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  10. 知覚情報処理過程における様々な生理指標の固有情報変化

    江原 健悟, 福本 慎吾, Wang Tingyu, 谷隅 勇太, 廣川 純也, 櫻井 芳雄, 木津川 尚史, 塩谷 和基, 眞部 寛之

    第46回 日本神経科学大会  2023年8月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  11. 眼窩前頭前野における意思決定変数の表現は行動方略に応じ変化する

    大貫 朋哉, 大迫 優真, 塩谷 和基, 谷隅 勇太, 高宮 渉吾, 松井 凪, 眞部 寛之, 櫻井 芳雄, 廣川 純也

    第46回 日本神経科学大会  2023年8月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  12. 匂い情報処理過程における前扁桃野の機能

    福本 慎吾, 北村 菜々, 江原 健悟, 谷隅 勇太, 廣川 純也, 櫻井 芳雄, 木津川 尚史, 塩谷 和基, 眞部 寛之

    日本生理学会第100回記念大会  2023年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  13. 行動課題に依存した眼窩前頭前野における意思決定変数の符号化

    大貫 朋哉, 大迫 優真, 塩谷 和基, 谷隅 勇太, 高宮 渉吾, 松井 凪, 眞部 寛之, 櫻井 芳雄, 廣川 純也

    日本生理学会第100回記念大会  2023年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  14. Wide range of behavioral state tunings and the functions in sensory cortex

    Yuta Tanisumi, Kazuki Shiotani, Junya Hirokawa, Yoshio Sakurai, Hiroyuki Manabe

    51st Society for Neuroscience Annual Meeting  2022年11月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    researchmap

  15. Development of a task to recover visual acuity in mice with grating stimuli

    Nana, K, Fukumoto, S, Ehara, K, Koike, C, Kitsukawa, T, Shiotani, K

    Joint French-Japanese Scientific Seminar 2022  2022年11月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  16. Inherent information in pupil changes during perceptual information processing process

    Ehara, K, Fukumoto, S, Tanisumi, Y, Sakurai, Y, Kitsukawa, T, Shiotani, K, Manabe, H

    Joint French-Japanese Scientific Seminar 2022  2022年11月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  17. 匂い弁別行動課題における前扁桃野ニューロンの機能解明

    福本 慎吾, 北村 菜々, 江原 健悟, 谷隅 勇太, 廣川 純也, 櫻井 芳雄, 木津川 尚史, 塩谷 和基, 眞部 寛之

    2022年度 日本味と匂学会第56回大会  2022年8月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    researchmap

  18. 前部扁桃皮質核における匂い情報と行動の関連性の解明

    北村 菜々, 福本 慎吾, 江原 健悟, 谷隅 勇太, 廣川 純也, 櫻井 芳雄, 木津川 尚史, 塩谷 和基, 眞部 寛之

    2022年度 日本味と匂学会第56回大会  2022年8月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    researchmap

  19. 扁桃体領域である前扁桃野ニューロンの匂い弁別行動課題における役割

    福本 慎吾, 北村 菜々, 江原 健悟, 谷隅 勇太, 廣川 純也, 櫻井 芳雄, 木津川 尚史, 塩谷 和基, 眞部 寛之

    第1回JASTS若手の会  2022年8月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    researchmap

  20. Prefrontal to olfactory cortex ventral tenia tecta inputs share odor-evoked behavioral-state signals to affect context-dependent learning

    Yuta Tanisumi, Kazuki Shiotani, Yuma Osako, Tomoya Ohnuki, Shogo Takamiya, Junya Hirokawa, Yoshio Sakurai, Hiroyuki Manabe

    FENS Forum 2022  2022年7月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    researchmap

  21. 感覚皮質ニューロンのバラエティ豊かな行動状態表象とその機能

    谷隅 勇太, 塩谷 和基, 大迫 優真, 大貫 朋哉, 高宮 渉吾, 廣川 純也, 櫻井 芳雄, 眞部 寛之

    NEURO2022(第45回 日本神経科学大会・第65回 日本神経化学会大会・第32回 神経回路学会大会)  2022年7月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月 - 2022年7月

    researchmap

  22. 自由行動下のマウスにおける風味弁別行動課題

    塩谷 和基, 谷隅 勇太, 村田 航志, 大迫 優真, 大貫 朋哉, 高宮 渉吾, 廣川 純也, 櫻井 芳雄, 眞部 寛之

    NEURO2022(第45回 日本神経科学大会・第65回 日本神経化学会大会・第32回 神経回路学会大会)  2022年7月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月 - 2022年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  23. Olfactory cortex neurons encode cue odor and predicted behavioral state signals

    谷隅 勇太, 塩谷 和基, 廣川 純也, 櫻井 芳雄, 眞部 寛之

    生理学研究所研究会"大脳皮質を中心とした神経回路:構造と機能、その作動原理"  2021年12月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    researchmap

  24. State representation of non-sensory neuron in the visual cortical area

    Osako, Y, Ohnuki, T, Tanisumi, Y, Shiotani, K, Manabe, H, Sakurai, Y, Hirokawa, J

    50th Society for Neuroscience Annual Meeting  2021年11月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    researchmap

  25. 匂いを感じる脳のメカニズム 招待有り

    塩谷 和基

    ふれデミックカフェ@KRP with立命館大学 Vol.21  2022年8月2日 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  26. 内側前頭前野 →腹側テニアテクタへと伝わる行動シーン信号

    谷隅勇太, 塩谷和基, 大迫優真, 大貫朋哉, 廣川純也, 櫻井芳雄, 眞部寛之

    第44回 日本神経科学大会  2021年7月29日 

     詳細を見る

  27. ラット超音波発声によるおいしさ反応測定の試み

    池戸優希, 村田航志, 領家崇, 塩谷和基, 眞部寛之, 黒田一樹, 吉村仁志, 深澤有吾

    2022年度 日本味と匂学会第56回大会  2022年8月24日 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  28. Significant contributions of non-sensory neurons to visually-guided decision-making in the visual cortical area

    大迫優真, 大貫朋哉, 塩谷和基, 谷隅勇太, 眞部寛之, 櫻井芳雄, 廣川純也

    第44回 日本神経科学大会  2021年7月30日 

     詳細を見る

  29. Odor-evoked behavioral signal map in each olfactory cortex subarea: ventral tenia tecta, the nucleus of the lateral olfactory tract, and anterior cortical amygdaloid nucleus

    Tanisumi,Y, Shiotani, K, Osako, Y, Ohnuki, T, Takamiya, S, Hirokawa, J, Sakurai, Y, Manabe, H

    50th Society for Neuroscience Annual Meeting  2021年11月8日 

     詳細を見る

  30. Dynamic recruitment of functional clusters in orbitofrontal cortex during a complex decision-making task

    大貫朋哉, 大迫優真, 塩谷和基, 谷隅勇太, 眞部寛之, 櫻井芳雄, 廣川純也

    第44回 日本神経科学大会  2021年7月31日 

     詳細を見る

  31. Context-dependent behavioral state response in ventral tenia tecta

    塩谷和基, 谷隅勇太, 村田航志, 大迫優真, 大貫朋哉, 廣川純也, 櫻井芳雄, 眞部寛之

    日本味と匂学会 第55回大会  2021年9月22日 

     詳細を見る

  32. 感覚皮質ニューロンの行動状態に対する応答とその機能 ~ニューロンの個性を打ちわける未来~

    谷隅 勇太, 塩谷 和基, 櫻井 芳雄, 渋下 碧, 加藤 大輔, 和氣 弘明, 眞部 寛之

    第8回極みプロジェクトシンポジウム/第7回CRESTミーティング  2022年3月25日 

     詳細を見る

  33. 嗅皮質の腹側テニアテクタ神経細胞は、目標指向的行動において行動状態をコードする

    塩谷和基, 谷隅勇太, 村田航志, 廣川純也, 櫻井芳雄, 眞部寛之

    第44回 日本神経科学大会  2021年7月29日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

科研費 5

  1. 風味知覚時の生体リズムと神経活動のシンフォニー

    研究課題/研究課題番号:24K18244  2024年4月 - 2027年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究

    塩谷 和基

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    researchmap

  2. おいしさを生み出す風味知覚の脳内メカニズム

    研究課題/研究課題番号:23H04369  2023年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  学術変革領域研究(A)

    塩谷 和基

      詳細を見る

  3. 嗅覚系における感覚情報-文脈情報-行動をつなぐ神経メカニズム

    研究課題/研究課題番号:22K15232  2022年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    塩谷 和基

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    researchmap

  4. 嗅結節による摂食行動制御の神経メカニズムとホメオスタシス

    研究課題/研究課題番号:21K06440  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    村田 航志, 眞部 寛之, 塩谷 和基

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    どんなにおいしそうな匂いでも、お腹がいっぱいになると不快に感じることがある。空腹・満腹に応じて嗅覚の情動体験は変化するが、その神経メカニズムはよくわかっていない。近年の研究で、ドーパミン神経系の一部である嗅結節(olfactory tubercle)には機能ドメインが存在し、特定のドメインが匂いの誘引性および忌避性の形成に関わることが示唆された。本研究では① 嗅結節機能ドメインが摂食行動の制御に関わるか、② 機能ドメインの食べ物の匂いへの応答性が空腹-満腹間でホメオスタティックに調整を受けるか、③ 受けるとしたらどのような分子メカニズムによるかを明らかにする。オプトジェネティクスで嗅結節を領域かつ細胞種特異的に操作し、摂食行動の変化を評価する。細胞外ユニット活動記録で嗅結節ドメインの匂いの応答性を測定し、空腹・満腹状態と摂食関連ホルモンの影響を検討する。組織化学解析により、摂食関連ホルモン受容体を発現する嗅結節の神経細胞種を同定する。
    本年度は当初の予定に沿って①と③に関する研究をまず実施した。①. DREADD(Designer Receptors Exclusively Activated by Designer Drugs)は特定の神経細胞集団を薬理遺伝学的に操作するシステムである。DREADDを用いて嗅結節の神経細胞群を操作することで、摂食量が変化する傾向がみられた。③. 摂食促進に作用するホルモンであるオレキシンの受容体に着目し、嗅結節における発現を調査した。DIG標識を用いた標準的なin situハイブリダイゼーション法によるオレキシン受容体mRNA検出では感度が不十分であり、嗅結節におけるオレキシン受容体発現の組織化学的な確認はできなかった。

    researchmap

  5. 感覚入力から摂食行動に至る神経回路機構の解明~嗅覚系をモデルにして~

    研究課題/研究課題番号:18J21358  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  特別研究員奨励費

    塩谷 和基

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2800000円 ( 直接経費:2800000円 )

    1.Go/No-Go学習時の嗅皮質の一部であるTenia Tecta (TT)ニューロンの情報解明: TTニューロンが、匂いで摂食行動が惹起される際に何をコードしているのかを明らかにするために、匂いが提示される匂いポートと報酬(水)が得られる水ポートが壁に設置されているオペラントボックスを用い、匂いを手掛かりとしたGo/No-Go学習課題を行わせた。学習成立後、上記の行動課題中にTTニューロンの活動の記録を行った。ニューロン活動の解析を行った結果、TTニューロンが匂い、報酬の期待時、報酬の獲得時等の様々な行動状態(シーン)に対して応答することが判明した。この結果は、TTニューロンが単にボトムアップからの匂い情報をコードしているだけではなく、TTは内側前頭前野(medial prefrontal cortex, mPFC)と直接の接続があることからmPFCからのトップダウンの入力を受けることが示唆される。
    2.光遺伝学による、匂いで惹起される摂食行動に対するTTの関与の検証: TTが匂いで惹起される摂食行動の表出に必須であることを確かめるために、上記の行動課題時に光ファイバーを通じてレーザー光を照射し、マウスの行動にどのような変化が起こるのかを検証を現在行っている。
    3.光遺伝学による、匂いで惹起される摂食行動に対するmPFCからTTへの入力の役割解明: mPFCからTTへ投射するmPFCニューロンのみを光制御し、上記の行動がどのように調節されるのかを明らかにするために、軸索から逆行的に感染し、感染細胞にCreタンパクを発現するAAVをTTに投与した。その後、Cre存在下オプシンを発現するAAVをmPFCに投与することで、TTに軸索を伸ばすmPFCニューロンにのみオプシンを発現させた。

    researchmap

 

担当経験のある科目 (本学以外) 7

  1. 英語 JP2

    立命館大学)

     詳細を見る

  2. 英語 JP1

    立命館大学)

     詳細を見る

  3. 生物統計学

    立命館大学)

     詳細を見る

  4. 数値シミュレーション実験

    立命館大学)

     詳細を見る

  5. 卒業研究2

    立命館大学)

     詳細を見る

  6. 卒業研究1

    立命館大学)

     詳細を見る

  7. ゲノムシミュレーション実験(生命情報学実験3)

    立命館大学)

     詳細を見る

▼全件表示

 

社会貢献活動 3

  1. サマースクール

    役割:実演

    立命館大学  2022年8月 - 2023年8月

     詳細を見る

  2. OPEN CAMPUS 立命館大学

    役割:実演

    2021年 - 2023年

     詳細を見る

    種別:施設一般公開

    researchmap

  3. けいはんなリサーチコンプレックス 脳科学基礎講座 実験デモ

    役割:実演

    2018年6月

     詳細を見る

学術貢献活動 1

  1. 日本味と匂学会 若手の会 実行委員

    役割:企画立案・運営等

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap