2024/05/30 更新

写真a

シミズタニ サトシ
清水谷 諭
SHIMIZUTANI Satoshi
所属
大学院国際開発研究科 国際開発協力専攻 国際開発協力 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 3

  1. 経済学博士 ( 2002年12月   ミシガン大学 ) 

  2. 応用経済学修士 ( 1999年4月   ミシガン大学 ) 

  3. 法学士 ( 1990年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 開発経済学

  2. 応用マクロ・ミクロ経済学

  3. 日本経済

  4. 政策評価

研究分野 4

  1. 人文・社会 / 公共経済、労働経済

  2. 人文・社会 / 経済政策

  3. 人文・社会 / 経済統計

  4. 人文・社会 / 食料農業経済

経歴 2

  1. 名古屋大学   大学院国際開発研究科   教授

    2024年 - 現在

      詳細を見る

  2. 経済企画庁・内閣府

    1990年 - 2023年

      詳細を見る

学歴 2

  1. ミシガン大学   大学院経済学研究科

    1997年9月 - 2002年12月

      詳細を見る

  2. 東京大学   法学部

    1986年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

 

論文 114

  1. Health Capacity to Work among Older Persons in Asia: Key Findings from a Regional Comparative Study 査読有り

    Kikkawa, Aiko, Takashi Oshio, Yasuyuki Sawada, Satoshi Shimizutani, Naohiro Ogawa, Albert Park, Tetsushi Sonobe

    Asian Development Review   41 巻 ( 1 ) 頁: 5 - 37   2024年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  2. Health Capacity to Work among Older Japanese Persons 招待有り 査読有り

    Oshio, Takashi, Satoshi Shimizutani, Aiko Kikkawa

    Asian Development Review   41 巻 ( 1 ) 頁: 95 - 120   2024年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  3. Long-term Consequences of Civil War in Tajikistan: The Gendered Impact on Education and Labor Market Outcomes 査読有り

    Shimizutani,Satoshi, Eiji Yamada

    Defence and Peace Economics   35 巻 ( 1 ) 頁: 72 - 85   2024年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  4. Social Security and Retirement Around the World: Lessons from a Long-Term Collaboration 査読有り

    Coile, Courtney, David Wise, Axel Börsch-Supan, Johathan Gruber, Satoshi Shimizutani, seventy-seven authors

    Journal of Pension Economics and Finance     2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  5. On the Inclusiveness of Rural Road Improvement: Evidence from Morocco 査読有り

    Shimamura, Yasuharu, Satoshi Shimizutani, Eiji Yamada, Hiroyuki Yamada

    Review of Development Economics   27 巻 ( 3 ) 頁: 1721 - 1745   2023年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    researchmap

  6. Relationship between Social Security Programs and Elderly Employment in Japan 招待有り

    Oshio, Takashi, Satoshi Shimizutani, Akiko Oishi

    Axel Börsch-Supan and Courtney Coile editors. Social Security Programs and Retirement around the World: The Effects of Reforms on Retirement Behavior, University of Chicago Press     2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  7. Do TV-aided Model Lessons in Class Improve Student Performance? Evidence from Public Primary Schools in Papua New Guinea 査読有り

    Shimizutani, Satoshi, Shimpei Taguchi, Hiroyuki Yamada

    Australian Economic Papers   62 巻 ( 2 ) 頁: 349 - 361   2023年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1467-8454.12285

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/1467-8454.12285

  8. The Gendered Impact of Rural Road Improvement on Schooling Decisions and Youth Employment in Morocco 査読有り

    Shimamura, Yasuharu, Satoshi Shimizutani, Eiji Yamada, Hiroyuki Yamada

    Journal of Development Studies   59 巻 ( 3 ) 頁: 413 - 429   2023年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  9. Transformation of International Migrants in Head Wind: Evidence from Tajikistan in the 2010s 査読有り

    Shimizutani, Satoshi, Eiji Yamada

    Review of Development Economics   27 巻 ( 1 ) 頁: 525 - 549   2023年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  10. Do Orphaned Girls Spend More Time on Water Collection? Evidence from Rural Zambia 査読有り

    Shimamura, Yasuharu, Satoshi Shimizutani, Shimpei Taguchi, Hiroyuki Yamada

    Vulnerable Children and Youth Studies   18 巻 ( 1 ) 頁: 124 - 130   2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/17450128.2022.2083281

    researchmap

  11. Will Working Longer Enhance the Health of Older Adults? A Pooled Analysis of Repeated Cross-sectional Data in Japan 査読有り

    Oshio, Takashi, Satoshi Shimizutani

    Journal of Epidemiology   33 巻 ( 1 ) 頁: 15 - 22   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2188/jea.JE20210030

    PubMed

    researchmap

  12. Remittances, Household Welfare and the COVID-19 Pandemic in Tajikistan 査読有り

    Yamada, Eiji, Satoshi Shimizutani, Enerelt Murakami

    Asian Development Review   39 巻 ( 2 ) 頁: 147 - 174   2022年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  13. The COVID 19 Pandemic, Daily Mobility and Household Welfare: Evidence from Tajikistan 査読有り

    Yamada, Eiji, Satoshi Shimizutani

    Transportation Research Interdisciplinary Perspectives   15 巻   頁: 100641   2022年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    researchmap

  14. The Impact of Better Access to Improved Water Sources on Health, Schooling, and Water Collection of Girls and Boys in Rural Zambia 査読有り

    Shimamura,Yasuharu, Satoshi Shimizutani, Shimpei Taguchi, Hiroyuki Yamada

    Journal of Development Studies   58 巻 ( 9 ) 頁: 1750 - 1771   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00220388.2022.2048650

    researchmap

  15. Economic Valuation of Safe Water from New Boreholes in Rural Zambia: A Coping Cost Approach 査読有り

    Shimamura,Yasuharu, Satoshi Shimizutani, Shimpei Taguchi, Hiroyuki Yamada

    Water Resources and Economics   37 巻   頁: 100192   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wre.2021.100192

    researchmap

  16. Resilience against the Pandemic: The Impact of COVID-19 on Migration and Household Welfare in Tajikistan 査読有り

    Shimizutani, Satoshi, Eiji Yamada

    PLoS ONE   16 巻 ( 9 ) 頁: e0257469   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

    researchmap

  17. Long-term Consequences of the Atomic Bombing in Hiroshima 査読有り

    Shimizutani, Satoshi, Hiroyuki Yamada

    Journal of the Japanese and International Economies   59 巻 ( 1 ) 頁: 101119   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjie.2020.101119

    researchmap

  18. Projection of the Effects of the COVID-19 Pandemic on the Welfare of Remittance-Dependent Households in the Philippines 査読有り

    Murakami, Enerelt, Satoshi Shimizutani, Eiji Yamada

    Economics of Disasters and Climate Change   5 巻 ( 1 ) 頁: 97 - 110   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  19. Social Security Programs and the Elderly Employment in Japan 招待有り

    Oshio, Takashi, Akiko S. Oishi, Satoshi Shimizutani

    Axel Börsch-Supan and Courtney Coile editors. Social Security Programs and Retirement around the World: Reforms and Retirement Incentives, University of Chicago Press     頁: 271 - 296   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  20. Examining How Elderly Employment is Associated with Institutional Disincentives in Japan 査読有り

    Oshio, Takashi, Satoshi Shimizutani, Akiko Oishi

    Journal of the Japanese and International Economies   56 巻   頁: 101078   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjie.2020.101078

    researchmap

  21. Financial Literacy of Middle-Aged and Older Individuals: Comparison of Japan and the United States 査読有り

    Shimizutani, Satoshi, Hiroyuki Yamada

    Journal of Economics of Ageing   16 巻   頁: 100214   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jeoa.2019.100214

    researchmap

  22. The Potential Impact of the COVID-19 Pandemic on the Welfare of Remittance-Dependent Households in the Philippines 査読有り

    Murakami, Enerelt, Satoshi Shimizutani, Eiji Yamada

    Covid Economics: Vetted and Real-Time Papers   24 巻   頁: 183 - 204   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  23. The COVID-19 Pandemic, Remittances and Financial Inclusion in the Philippines 査読有り

    Yamada, Eiji, Satoshi Shimizutani, Enerelt Murakami

    Philippine Review of Economics   57 巻 ( 1 ) 頁: 18 - 41   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  24. Labor Force Participation of the Elderly in Japan 招待有り

    Oshio, Takashi, Emiko Usui, Satoshi Shimizutani

    Courtney Coile, Kevin Milligan, and David Wise editors. Social Security Programs and Retirement around the World: Working Longer, University of Chicago Press     頁: 163 - 178   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  25. New Evidence on Predictable Validity of Grip Strength on Later Life Outcomes in Japan 査読有り

    Matsushima, Midori, Satoshi Shimizutani, Hiroyuki Yamada

    Applied Economics Letters   26 巻 ( 19 ) 頁: 1572 - 1578   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  26. Male and Female Happiness in Japan during the 2000s: Trends during Era of Promotion of Active Participation by Women in Society 査読有り

    Mitsuyama, Nahoko, Satoshi Shimizutani

    Japanese Economic Review   70 巻 ( 2 ) 頁: 189 - 209   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  27. Health Capacity to Work and its Long-term Trend among the Japanese Elderly 査読有り

    Oshio, Takashi, Satoshi Shimizutani

    Journal of the Japanese and International Economies   51 巻   頁: 76 - 86   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  28. Life Course Consequences of Low Birth Weight: Evidence from Japan 査読有り

    Matsushima, Midori, Satoshi Shimizutani, Hiroyuki Yamada

    Journal of the Japanese and International Economies   50 巻   頁: 37 - 47   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjie.2018.07.001

    researchmap

  29. Untapped Work Capacity among Old Persons and Their Potential Contributions to the “Silver Dividend” in Japan 査読有り

    Matsukura, Rikiya, Satoshi Shimizutani, Nahoko Mitsuyama, Sang-Hyop Lee, Naohiro Ogawa

    Journal of the Economics of Ageing   12 巻   頁: 236 - 249   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  30. The Incidence of the Tuition-free High School Program in Japan 査読有り

    Hori, Masahiro, Satoshi Shimizutani

    Education Economics   26 巻 ( 1 ) 頁: 93 - 108   2018年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  31. Health Capacity to Work at Older Ages: Evidence from Japan 招待有り

    Usui, Emiko, Satoshi Shimizutani, Takashi Oshio

    David Wise editor. Social Security Programs and Retirement around the World: The Capacity to Work at Older Ages, University of Chicago Press     頁: 219 - 241   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  32. College Tuition Payment and Household Consumption in Japan 査読有り

    Shimizutani, Satoshi

    Review of Economics of the Household   15 巻 ( 1 ) 頁: 265 - 285   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11150-014-9257-6

    Web of Science

    researchmap

  33. Public Pension Benefits Claiming Behaviour: New Evidence from the Japanese Study on Ageing and Retirement 査読有り

    Shimizutani, Satoshi, Takashi Oshio

    Japanese Economic Review   67 巻 ( 3 ) 頁: 235 - 256   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jere.12100

    Web of Science

    researchmap

  34. Are Japanese Men of Pensionable Age Underemployed or Overemployed? 査読有り

    Usui, Emiko, Satoshi Shimizutani, Takashi Oshio

    Japanese Economic Review   67 巻 ( 2 ) 頁: 150 - 168   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jere.12094

    Web of Science

    researchmap

  35. Conference on Economics of Ageing in Japan and other Societies: Introduction

    Ichimura, Hidehiko, Yasuyuki Sawada, Satoshi Shimizutani

    Japanese Economic Review   67 巻 ( 2 ) 頁: 147 - 149   2016年6月

     詳細を見る

  36. New Evidence on Intra-Household Allocation of Resources in Japanese Households 査読有り

    Hori, Masahiro, Nahoko Mitsuyama, Satoshi Shimizutani

    Japanese Economic Review   67 巻 ( 1 ) 頁: 77 - 95   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jere.12076

    Web of Science

    researchmap

  37. Option Value of Work, Health Status, and Retirement Decisions in Japan: Evidence from the Japanese Study on Aging and Retirement (JSTAR) 招待有り

    Shimizutani, Satoshi, Takashi Oshio, Mayu Fujii

    David Wise editor. Social Security Programs and Retirement around the World: Disability Insurance Programs and Retirement, University of Chicago Press     頁: 497 - 535   2016年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  38. Labor Market Outcomes of Informal Care Provision in Japan 査読有り

    Yamada, Hiroyuki, Satoshi Shimizutani

    Journal of the Economics of Ageing   6 巻   頁: 79 - 88   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jeoa.2015.02.003

    Web of Science

    researchmap

  39. Stock Market Reaction to ESG Oriented Management: An Event Study Analysis on a Disclosing Policy in Japan 査読有り

    Mitsuyama, Nahoko, Satoshi Shimizutani

    Economics Bulletin   35 巻 ( 2 ) 頁: 1098 - 1108   2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  40. Exploring the causal relationship between hospital length of stay and re-hospitalization among Japanese AMI patients 査読有り

    Shimizutani, S; Yamada, H; Noguchi, H; Masuda, Y; Kuzuya, M

    APPLIED ECONOMICS   47 巻 ( 22 ) 頁: 2307 - 2325   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Applied Economics  

    We explore the causal relationship between hospital length of stay (LOS) and re-hospitalization for Acute Myocardial Infarction (AMI) patients in Japan, where the average LOS is the longest among OECD countries. Using chart-based data, we address the endogeneity between LOS and re-hospitalization probability by using an exogenous variation based on Rokuyo (the six basic labels allocated to each day), which is found to be irrelevant to admission day but relevant to discharge day. While we do find a significant and positive association between LOS and re-hospitalization probability in the OLS estimation, we do not find a significant relationship once LOS is instrumented by Rokuyo in various instrumental variable estimations. This implies that additional stay that was induced owing to patient’s choice of preferred Rokuyo at discharge has no effect on re-hospitalization probability.

    DOI: 10.1080/00036846.2015.1005824

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  41. Retirement Transitions in Japan

    Clark, Robert, Rikiya Matsukura, Naohiro Ogawa, Satoshi Shimizutani

    Public Policy and Aging Report   25 巻 ( 4 ) 頁: 129 - 131   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  42. Self-rated Health Status of Japanese and Europeans in Later Life: Evidence from JSTAR and SHARE 査読有り

    Fujii, Mayu, Takashi Oshio, Satoshi Shimizutani

    Japanese Economic Review   65 巻 ( 4 ) 頁: 483 - 498   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jere.12029

    Web of Science

    researchmap

  43. Long-term Consequences of Birth in an “Unlucky” Year: Evidence from Japanese Women Born in 1966 査読有り

    Shimizutani, Satoshi, Hiroyuki Yamada

    Applied Economics Letters   21 巻 ( 16 ) 頁: 1174 - 1178   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13504851.2014.916377

    Web of Science

    researchmap

  44. The Future of Long-term Care in Japan

    Shimizutani, Satoshi

    Asia Pacific Review   21 巻 ( 1 ) 頁: 88 - 119   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13439006.2014.925199

    researchmap

  45. Revisiting the Labor Supply Effect of Social Security Earnings Test: New Evidence from its Elimination and Reinstatement in Japan 査読有り

    Shimizutani, Satoshi, Takashi Oshio

    Japan and the World Economy   28 巻   頁: 99 - 111   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.japwor.2013.08.003

    Web of Science

    researchmap

  46. Stock Market Response to Women’s Active Participation in Japan: An Event Study Analysis on a Disclosing Policy 査読有り

    Mitsuyama, Nahoko, Satoshi Shimizutani

    Economics Bulletin   33 巻 ( 4 ) 頁: 2596 - 2606   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  47. Social Security Earnings Test and the Labour Supply of the Elderly: New Evidence from Unique Survey Responses in Japan 査読有り

    Shimizutani, Satoshi

    Japanese Economic Review   64 巻 ( 3 ) 頁: 399 - 413   2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1468-5876.2012.00580.x

    Web of Science

    researchmap

  48. Population Aging in Postwar Japan: Processes and prospects

    Shimizutani, Satoshi

    Asia Pacific Review   22 巻 ( 2 ) 頁: 53 - 76   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13439006.2015.1107261

    Scopus

    researchmap

  49. Disability Pension Program and Labor Force Participation in Japan: A Historical Perspective 招待有り

    Oshio, Takashi, Satoshi Shimizutani

    David Wise editor. Social Security Programs and Retirement around the World: Historical Trends in Mortality and Health, Employment, and Disability Insurance Participation and Reforms, University of Chicago Press     頁: 391 - 417   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  50. Do Households Smooth Expenditure over Anticipated Income Changes? Evidence from Bonus Payments to Public Employees in Japan 査読有り

    Hori, Masahiro, Satoshi Shimizutani

    Journal of the Japanese and International Economies   26 巻 ( 3 ) 頁: 405 - 433   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjie.2012.06.001

    Web of Science

    researchmap

  51. Quality Growth: New Evidence from Japanese Household-level Data 査読有り

    Shimizutani, Satoshi

    Economics Letters   114 巻 ( 1 ) 頁: 76 - 79   2012年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.econlet.2011.08.028

    Web of Science

    researchmap

  52. Retirement Process in Japan: New Evidence from Japanese Study on Aging and Retirement (JSTAR) 査読有り

    Ichimura, Hidehiko, Satoshi Shimizutani

    Aging in Asia: Findings from New and Emerging Data Initiatives. James P. Smith and Malay Majmundar, Editors. Panel on Policy Research and Data Needs to Meet the Challenge of Aging in Asia. Committee on Population, Division of Behavioral and Social Science     頁: 173 - 204   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  53. Changes in Durable Stocks, Portfolio Allocation and Consumption Expenditure in the Aftermath of the Kobe Earthquake 査読有り

    Sawada, Yasuyuki, Satoshi Shimizutani

    Review of Economics of the Household   9 巻 ( 4 ) 頁: 429 - 443   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11150-011-9124-7

    Web of Science

    researchmap

  54. Education Reform in Japan: A Course for Lifelong Learning

    Shimizutani, Satoshi

    Asia Pacific Review   18 巻 ( 2 ) 頁: 105 - 114   2011年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13439006.2011.630853

    Scopus

    researchmap

  55. A New Anatomy of the Retirement Process in Japan 査読有り

    Shimizutani, Satoshi

    Japan and the World Economy   23 巻 ( 3 ) 頁: 141 - 152   2011年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.japwor.2011.07.002

    Web of Science

    researchmap

  56. Social Security Reforms and Labour Force Participation of the Elderly in Japan 査読有り

    Oshio, Takashi, Akiko Oishi, Satoshi Shimizutani

    Japanese Economic Review   62 巻 ( 2 ) 頁: 248 - 271   2011年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1468-5876.2009.00505.x

    Web of Science

    researchmap

  57. The Determinants of Exit from Institutions and the Price Elasticity of Institutional Care: Evidence from Japanese Micro-level Data 査読有り

    Noguchi, Haruko, Satoshi Shimizutani

    Journal of the Japanese and International Economies   25 巻 ( 2 ) 頁: 131 - 142   2011年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjie.2011.03.002

    Web of Science

    researchmap

  58. Local Government in Japan: New Directions in Governance toward Citizens’ Autonomy

    Shimizutani, Satoshi

    Asia Pacific Review   17 巻 ( 2 ) 頁: 99 - 117   2010年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13439006.2010.531115

    researchmap

  59. Did Japan's Shopping Coupon Program Increase Spending? 査読有り

    Hsieh, Chang-Tai, Satoshi Shimizutani, Masahiro Hori

    Journal of Public Economics   94 巻 ( 7-8 ) 頁: 523 - 529   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpubeco.2010.03.001

    Web of Science

    researchmap

  60. Does Social Security Induce Withdrawal of the Old from the Labor Force and Create Jobs for the Young? The Case of Japan 招待有り

    Oshio, Takashi, Satoshi Shimizutani, Akiko Oishi

    Jonathan Gruber and David Wise editors. Social Security Programs and Retirement around the World: The Relationship to Youth Employment, University of Chicago Press     頁: 217 - 241   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    researchmap

  61. New Evidence on Initial Transition from Career Job to Retirement in Japan 査読有り

    Shimizutani, Satoshi, Takashi Oshio

    Industrial Relations   49 巻 ( 2 ) 頁: 248 - 274   2010年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1468-232X.2010.00598.x

    Scopus

    researchmap

  62. Deposit Insurance and Depositor Discipline: Direct Evidence on Bank Switching Behaviour in Japan 査読有り

    Inakura, Noriko, Satoshi Shimizutani

    Applied Economics   42 巻 ( 26 ) 頁: 3401 - 3415   2010年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00036840802112398

    Web of Science

    researchmap

  63. Supplier Density and At-home Care Use in Japan: Evidence from a Micro-level Survey on Long-term Care Receivers 査読有り

    Noguchi, Haruko, Satoshi Shimizutani

    Japan and the World Economy   21 巻 ( 4 ) 頁: 365 - 372   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.japwor.2009.04.003

    Web of Science

    researchmap

  64. Asian Common Currency as a Driving Force of Economic Integration in East Asia: A Prospect

    Shimizutani, Satoshi

    Asia Pacific Review   16 巻 ( 2 ) 頁: 26 - 41   2009年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  65. Has Japan’s Long-Term Employment Practice Survived? Developments since the 1990s 査読有り

    Shimizutani, Satoshi, Izumi Yokoyama

    Industrial and Labor Relations Review   62 巻 ( 3 ) 頁: 311 - 324   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  66. R&D Intensity for Innovative and Adaptive Purposes in Overseas Subsidiaries: Evidence from Japanese Multinational Enterprises 査読有り

    Todo, Yasuyuki, Satoshi Shimizutani

    Research in International Business and Finance   23 巻 ( 1 ) 頁: 31 - 45   2009年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ribaf.2008.03.002

    Scopus

    researchmap

  67. The Effectiveness of Bank Recapitalization Policies in Japan 査読有り

    Montgomery, Heather, Satoshi Shimizutani

    Japan and the World Economy   21 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 25   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.japwor.2007.07.004

    Web of Science

    researchmap

  68. The Response of Household Expenditure to Anticipated Income Changes: Bonus Payments and the Seasonality of Consumption in Japan 査読有り

    Hori, Masahiro, Satoshi Shimizutani

    B.E. Journal of Macroeconomics   9 巻 ( 1 )   2009年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  69. Overseas R&D Activities and Home Productivity Growth: Evidence from Japanese Firm-level Data 査読有り

    Todo, Yasuyuki, Satoshi Shimizutani

    Journal of Industrial Economics   56 巻 ( 4 ) 頁: 752 - 777   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1467-6451.2008.00363.x

    Web of Science

    researchmap

  70. An Empirical Analysis of Patterns in the Japanese Long-Term Care Insurance System 査読有り

    Mitchell, Olivia S, John Piggott, Satoshi Shimizutani

    Geneva Papers on Risk and Insurance - Issues and Practice   33 巻 ( 4 ) 頁: 694 - 709   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1057/gpp.2008.25

    Web of Science

    researchmap

  71. Did Lower Interest Rates Reduce Japan’s Household Savings Rate since the 1990s? Evidence Based on the Maturation of Postal Savings Certificates 査読有り

    Inakura, Noriko, Satoshi Shimizutani

    Economics Bulletin   5 巻 ( 22 ) 頁: 1 - 8   2008年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  72. Regional variations in medical expenditure and hospitalization days for heart attack patients in Japan: evidence from the Tokai Acute Myocardial Study (TAMIS) 査読有り

    Noguchi, H; Shimizutani, S; Masuda, Y

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEALTH CARE FINANCE & ECONOMICS   8 巻 ( 2 ) 頁: 123 - 144   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Health Care Finance and Economics  

    In Japan, the use of percutaneous transluminal coronary angioplasty (PTCA) for the treatment of acute myocardial infarction (AMI) is extraordinarily frequent, resulting in large medical expenditure. Using chart-based data and exploiting regional variations, we explore what factors explain the frequent use of PTCA, employing propensity score matching to estimate the average treatment effects on hospital expenditure and hospital days. We find that the probability of receiving PTCA is affected by the density of medical resources in a region. Moreover, expenditure is higher for treated patients while there are no significant differences in hospitalization days, implying that the frequent use of PTCA is economically motivated. © Springer Science+Business Media, LLC 2008.

    DOI: 10.1007/s10754-007-9031-x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  73. What Determines Overseas R&D Activities? The Case of Japanese Multinational Firms 査読有り

    Shimizutani, Satoshi, Yasuyuki Todo

    Research Policy   37 巻 ( 3 ) 頁: 530 - 544   2008年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.respol.2007.11.010

    Web of Science

    researchmap

  74. How do People Cope with Natural Disasters? Evidence from the Great Hanshin-Awaji (Kobe) Earthquake in 1995 査読有り

    Sawada, Yasuyuki, Satoshi Shimizutani

    Journal of Money, Credit and Banking   40 巻 ( 2-3 ) 頁: 463 - 488   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1538-4616.2008.00122.x

    Web of Science

    researchmap

  75. The Socialization of At-home Elderly Care and Female Labor Market Participation: Micro-level Evidence from Japan 査読有り

    Shimizutani, Satoshi, Wataru Suzuki, Haruko Noguchi

    Japan and the World Economy   20 巻 ( 1 ) 頁: 82 - 96   2008年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.japwor.2006.08.003

    Web of Science

    researchmap

  76. Nonprofit Wage Premium in the Japanese Child Care Market: Evidence from Employer-employee Matched Data 査読有り

    Noguchi, Haruko, Satoshi Shimizutani, Wataru Suzuki

    Applied Economics Letters   15 巻 ( 14 ) 頁: 1089 - 1092   2008年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13504850600993671

    Web of Science

    researchmap

  77. Are Tax Cuts Effective even in Anticipation of a Future Tax Increase? Evidence from Japan's Unique Episodes in the 1990s 査読有り

    Hori, Masahiro, Satoshi Shimizutani

    Singapore Economic Review   52 巻 ( 2 ) 頁: 167 - 177   2007年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  78. Employment Policy and Corporate Governance –An Empirical Comparison of the Stakeholder and the Profit-Maximization Model– 査読有り

    Abe, Naohito, Satoshi Shimizutani

    Journal of Comparative Economics   35 巻 ( 2 ) 頁: 346 - 368   2007年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jce.2007.02.006

    Web of Science

    researchmap

  79. Consumption Insurance against Natural Disasters: Evidence from the Great Hanshin-Awaji (Kobe) Earthquake 査読有り

    Sawada, Yasuyuki, Satoshi Shimizutani

    Applied Economics Letters   14 巻 ( 4 ) 頁: 303 - 306   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13504850500447364

    Web of Science

    researchmap

  80. Japan’s Public Long-term Care Insurance and the Financial Condition of Insurers: Evidence from Municipality-level Data

    Shimizutani, Satoshi, Noriko Inakura

    Government Auditing Review   14 巻   頁: 27 - 40   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  81. Nonprofit/for-profit Status and Earning Differentials in the Japanese At-home Elderly Care Industry: Evidence from Micro-level Data on Home Helpers and Staff Nurses 査読有り

    Noguchi,Haruko, Satoshi Shimizutani

    Journal of the Japanese and International Economies   21 巻 ( 1 ) 頁: 106 - 120   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjie.2005.07.004

    Web of Science

    researchmap

  82. Non-Profit Status, Earnings Premium and Quality of Care Evidence from Micro-Level Data on Home Helpers and Staff Nurses in Japanese Nursing Home Industry 査読有り

    Noguchi,Haruko, Satoshi Shimizutani

    Journal of the Japanese and International Economies   21 巻 ( 1 ) 頁: 106 - 120   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    researchmap

  83. 年功賃金は生産性と乖離しているか:工業統計調査・賃金構造基本調査個票データによる実証分析

    川口大司, 神林龍, 金榮愨, 権赫旭, 清水谷諭, 深尾京司, 牧野達治, 横山泉

    一橋大学経済研究所『経済研究』   58 巻 ( 1 ) 頁: 61 - 90   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  84. Why Has Japan’s Fertility Rate Declined? An Empirical Literature Survey with an Emphasis on Policy Implications

    Date, Yusuke, Satoshi Shimizutani

    The Japanese Economy   34 巻 ( 1 ) 頁: 4 - 45   2007年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  85. 公的介護保険制度の運用と保険者財政:市町村レベルデータによる検証

    清水谷諭, 稲倉典子

    会計検査院『会計検査研究』   34 巻 ( 34 ) 頁: 83 - 95   2006年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:会計検査院事務総長官房上席研究調査官  

    CiNii Books

    researchmap

  86. New Economics of Aging - From the Perspective of the Elderly 招待有り

    Shimizutani, Satoshi

    RIETI Report   ( 073 )   2006年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

    researchmap

  87. Consumer Response to the 1998 Tax Cut: Is a Temporary Tax Cut Effective? 査読有り

    Shimizutani, Satoshi

    Journal of the Japanese and International Economies   20 巻 ( 2 ) 頁: 269 - 287   2006年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjie.2005.04.001

    Web of Science

    researchmap

  88. Do Non-profit Operators Provide Higher Quality of Care? Evidence from Micro-Level Data for Japan’s Long-term Care Industry

    Noguchi, Haruko, Satoshi Shimizutani

    Hitotsubashi Journal of Economics   47 巻 ( 1 ) 頁: 125 - 135   2006年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  89. Did Japanese Consumers Become More Prudent During 1998-1999? Evidence from Household Level Data 査読有り

    Hori, Masahiro, Satoshi Shimizutani

    International Economic Journal   20 巻 ( 2 ) 頁: 197 - 209   2006年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  90. Aged-Care Support in Japan: Perspectives and Challenges 査読有り

    Mitchell, Olivia, John Piggott, Satoshi Shimizutani

    Benefits Quarterly     頁: 7 - 18   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  91. Japan’s Long-term Care Insurance Program: An Overview 招待有り

    Shimizutani, Satoshi

    Swiss Journal of Economics and Statistics     頁: 23 - 28   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  92. The Expansion in Long-Term Care Use in Japan: A Case of Supplier-Induced Demand? 招待有り

    Shimizutani, Satoshi

    Swiss Journal of Economics and Statistics     頁: 91 - 95   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  93. The Impact of Public Pension Benefits on Income and Poverty of the Elderly in Japan 査読有り

    Oshio, Takashi, Satoshi Shimizutani

    Japanese Journal of Social Security Policy   4 巻 ( 2 ) 頁: 54 - 66   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  94. 沖縄県における保育サービスの質及び供給効率性の定量的評価:ミクロデータによる検証 査読有り

    清水谷諭, 野口晴子

    内閣府経済社会総合研究所『経済分析』   177 巻   頁: 23 - 45   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  95. Price Expectations and Consumption under Deflation: Evidence from Japanese Household Survey Data 査読有り

    Hori, Masahiro, Satoshi Shimizutani

    International Economics and Economic Policy   2 巻 ( 2-3 ) 頁: 127 - 151   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10368-005-0030-4

    Scopus

    researchmap

  96. ボーナス制度と家計貯蓄率:サーベイデータによる再検証

    清水谷諭, 堀雅博

    一橋大学経済研究所『経済研究』   56 巻 ( 3 ) 頁: 234 - 247   2005年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:岩波書店  

    日本の高貯蓄率の要因については,これまで多くの仮説が提示されてきた.本研究は,その中からボーナス制度が家計貯蓄率を高めていると主張する「ボーナス仮説」を選び,金融広報中央委員会が毎年実施している「家計の金融資産に関する世論調査」のミクロデータを用いて,その検証を行った.実証結果によると,貯蓄率に影響を与える諸要因をコントロールしても,ボーナスを受け取っている世帯の貯蓄率は受け取っていない世帯に比べて明らかに高いことがわかった.しかし貯蓄率がプラスあるいはマイナスのサンプルに絞った場合には,ボーナスの受け取りが貯蓄率を有意に高めているという結果は得られず,ボーナス制度が貯蓄率に与えるプラスの影響は,ボーナスを受け取っていない世帯の中では貯蓄率がマイナスの世帯が不均等に多いという事実によってもたらされていることも明らかになった.A number of hypotheses have been proposed to examine why Japan's household saving rate was high. This paper takes advantage of a micro-level data from Public Opinion Survey on Household Financial Assets and Liabilities to reexamine the effects of the bonus system on households' savings. We find the average saving rate of households with bonus payments is significantly higher than that of households not receiving a bonus, after controlling for several factors that might affect saving patterns. However, this observation reflects the fact that households with negative saving rate are unevenly clustered on the non-bonus group. The positive effect of bonus payments on household saving rate disappears once the sample is divided into households with positive and those with negative saving rate.

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10086/19930

  97. Consumer Response to the 1994 Tax Cut: Evaluating Japan's First Tax Cut in the 1990s

    Hori, Masahiro, Satoshi Shimizutani

    Hitotsubashi Journal of Economics   46 巻 ( 1 ) 頁: 85 - 97   2005年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  98. Quality and Efficiency of Home Help Elderly Care in Japan: Evidence from Micro-level Data 査読有り

    Shimizutani,Satoshi, Wataru Suzuki

    Journal of the Japanese and International Economies   21 巻 ( 2 ) 頁: 287 - 301   2005年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjie.2006.08.002

    Web of Science

    researchmap

  99. Nonprofit and For-profit Providers in Japan’s At-home Care Industry: Evidence on Quality of Service and Household Choice 査読有り

    Noguchi, Haruko, Satoshi Shimizutani

    Economics Bulletin   9 巻 ( 3 ) 頁: 1 - 13   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  100. 要介護者世帯調査に基づく在宅介護サービスの将来需要予測-2003年度データによる再推計-

    清水谷諭, 野口晴子

    Economic and Social Research Institute (ESRI) Discussion Paper Series   128 巻   2005年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    researchmap

  101. どうすればデフレ期待を反転できるか?:国民生活モニター調査(個票)による検証 査読有り

    清水谷諭, 堀雅博

    内閣府経済社会総合研究所『経済分析』 (浜田宏一、原田泰、内閣府経済社会総合研究所『長期不況の理論と実証』東洋経済新報社 第10章)   172 巻 ( 172 ) 頁: 58 - 79   2004年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:内閣府経済社会総合研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  102. 経皮的冠動脈形成術(PTCA)実施後の急性心筋梗塞疾患患者に対する治療選択と治療成績の定量的検証:「ESRI・急性心筋梗塞患者データ2003」による実証分析結果

    野口晴子, 清水谷諭, 茅野真男

    日本経済研究センター『日本経済研究』   49 巻 ( 49 ) 頁: 86 - 116   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本経済研究センタ-  

    CiNii Books

    researchmap

  103. 保育サービスの利用は女性労働供給をどの程度刺激するか?-ミクロデータによる検証-

    清水谷諭, 野口晴子

    Economic and Social Research Institute (ESRI) Discussion Paper Series   89 巻   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  104. 介護労働市場における非営利賃金プレミアム:ミクロデータによる検証 査読有り

    清水谷諭, 野口晴子

    日本経済研究センター『日本経済研究』   48 巻 ( 48 ) 頁: 1 - 17   2004年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本経済研究センタ-  

    CiNii Books

    researchmap

  105. Asset Holding and Consumption: Evidence from Japanese Panel Data in the 1990s 査読有り

    Hori, Masahiro, Satoshi Shimizutani

    Seoul Journal of Economics   17 巻 ( 2 ) 頁: 153 - 179   2004年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  106. デフレ期待と実質資本コスト:ミクロデータによる90年代の設備投資関数の推計 査読有り

    清水谷諭, 寺井晃

    内閣府経済社会総合研究所『経済分析』(浜田宏一、原田泰、内閣府経済社会総合研究所『長期不況の理論と実証』東洋経済新報社 第9章)   171 巻 ( 171 ) 頁: 85 - 107   2003年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:内閣府経済社会総合研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  107. 保育サービス需要の価格弾力性と潜在需要推計-仮想市場法(CVM)によるアプローチ-

    清水谷諭, 野口晴子

    Economic and Social Research Institute (ESRI) Discussion Paper Series   83 巻   2003年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  108. Is Non-profit Status a Signal of Better Quality?: Micro-level Evidence from Japan’s At-home Care Industry

    Noguchi, Haruko, Satoshi Shimizutani

    Economic and Social Research Institute (ESRI) Discussion Paper Series   80 巻   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  109. Quality of child care in Japan: Evidence from micro-level data

    Satoshi Shimizutani, Haruko Noguchi

    Economic and Social Research Institute (ESRI) Discussion Paper Series   54 巻   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  110. 保育サービス供給の効率性-ミクロデータによる費用関数の推計-

    清水谷諭, 野口晴子

    Economic and Social Research Institute (ESRI) Discussion Paper Series   57 巻   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  111. Wage determinants and age profiles in the Japanese child care industry : Evidence from employee-level data

    Haruko Noguchi, Satoshi Shimizutani, Wataru Suzuki

    Economic and Social Research Institute (ESRI) Discussion Paper Series   33 巻   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  112. Earnings and Quality Differentials in For-profit versus Nonprofit Long-term Care

    Shimizutani, Satoshi, Haruko Noguchi

    Economic and Social Research Institute (ESRI) Discussion Paper Series   17 巻   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  113. The Determinants of Nursing Home Exit and the Price Elasticity of Institutional Care: Evidence from Micro-level Data

    Satoshi Shimizutani, Haruko Noguchi

    Economic and Social Research Institute (ESRI) Discussion Paper Series   24 巻   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  114. Consumption and Tax Policy In Japan During the 1990s: Evidence from Household Data

    Shimizutani, Satoshi

    Ph.D. dissertation submitted to University of Michigan     2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物 4

  1. Japanese study of aging and retirement : JSTAR first results 2009 report

    市村 英彦, 橋本 英樹 , 清水谷 諭

    Research Institute of Economy, Trade and Industry  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    CiNii Books

  2. 期待と不確実性の経済学-デフレ経済のミクロ実証分析

    清水谷諭( 担当: 単著)

    日本経済新聞社  2005年 

     詳細を見る

  3. 介護・保育サービス市場の経済分析 : ミクロデータによる実態解明と政策提言

    清水谷 諭 , 野口 晴子

    東洋経済新報社  2004年  ( ISBN:9784492313411

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  4. Consumption and tax policy in Japan during the 1990s : evidence from household data

    Shimizutani Satoshi

    UMI  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    CiNii Books

MISC 45

  1. Social Security Reforms and Elderly Employment in Japan 招待有り

    Shimizutani, Satoshi  

    VOX EU column   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  2. 男性高齢者の就業余力大

    清水谷諭  

    日本経済新聞朝刊『経済教室』   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  3. The Future of Japan’s Long-term Care Insurance Program 招待有り

    Shimizutani, Satoshi  

    VoxEU column   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  4. 介護保険制度の将来

    清水谷諭  

    RIETIコラム ( 376 )   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  5. 世界標準の中高年パネル「くらしと健康の調査」(JSTAR)の意義

    清水谷諭  

    日本統計協会『統計』64 巻 ( 4 ) 頁: 24 - 30   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本統計協会  

    CiNii Books

    researchmap

  6. 介護保険の将来

    清水谷諭  

    世界平和研究所『IIPS Quarterly』3 巻 ( 1 ) 頁: 7 - 9   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  7. ミクロデータから見た社会保障 第10回

    清水谷諭  

    日本経済新聞朝刊『やさしい経済学』   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  8. ミクロデータから見た社会保障 第9回

    清水谷諭  

    日本経済新聞朝刊『やさしい経済学』   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  9. ミクロデータから見た社会保障 第8回

    清水谷諭  

    日本経済新聞朝刊『やさしい経済学』   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  10. ミクロデータから見た社会保障 第7回

    清水谷諭  

    日本経済新聞朝刊『やさしい経済学』   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  11. ミクロデータから見た社会保障 第6回

    清水谷諭  

    日本経済新聞朝刊『やさしい経済学』   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  12. ミクロデータから見た社会保障 第5回

    清水谷諭  

    日本経済新聞朝刊『やさしい経済学』   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  13. ミクロデータから見た社会保障 第4回

    清水谷諭  

    日本経済新聞朝刊『やさしい経済学』   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  14. ミクロデータから見た社会保障 第3回

    清水谷諭  

    日本経済新聞朝刊『やさしい経済学』   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  15. ミクロデータから見た社会保障 第2回

    清水谷諭  

    日本経済新聞朝刊『やさしい経済学』   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  16. ミクロデータから見た社会保障 第1回

    清水谷諭  

    日本経済新聞朝刊『やさしい経済学』   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  17. 科学的な社会保障政策の企画立案に向けて

    清水谷諭  

    世界平和研究所『IIPS Quarterly』2 巻 ( 2 ) 頁: 5 - 6   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  18. 「くらしと健康の調査」が明らかにする那覇市中高年の生活実像

    清水谷諭  

    琉球銀行『りゅうぎん調査』 ( 497 ) 頁: 8 - 15   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:りゅうぎん総合研究所  

    CiNii Books

    researchmap

  19. 教育改革への視点

    清水谷諭  

    世界平和研究所『IIPS Quarterly』2 巻 ( 1 ) 頁: 10 - 11   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  20. 日本人の引退行動の分析-新しいアプローチの提案-

    清水谷諭  

    世界平和研究所『IIPS Quarterly』1 巻 ( 1 ) 頁: 7 - 8   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  21. 急がれる「物価期待」の研究 デフレ脱却に不可欠

    清水谷諭  

    日本経済新聞朝刊『経済教室』   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  22. Book review: Fiscal Policy and Management in East Asia, edited by Takatoshi Ito and Andrew K. Rose, University of Chicago Press, 2007 招待有り

    Shimizutani, Satoshi  

    Journal of Pension Economics and Finance8 巻 ( 3 ) 頁: 398 - 399   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  23. 健康格差の議論深めよ

    清水谷諭  

    日本経済新聞朝刊『経済教室』   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  24. Fiscal Policy and Management in East Asia

    Satoshi Shimizutani  

    JOURNAL OF PENSION ECONOMICS & FINANCE8 巻 ( 3 ) 頁: 398 - 399   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:CAMBRIDGE UNIV PRESS  

    DOI: 10.1017/S1474747209004090

    Web of Science

    researchmap

  25. THE LABOR SUPPLY EFFECT OF SOCIAL SECURITY EARNINGS TEST REVISITED: NEW EVIDENCE FROM ITS ELIMINATION AND REVIVAL IN JAPAN

    Shimizutani Satoshi, Oshio Takashi  

    神戸大学経済学研究科 Discussion Paper822 巻   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:神戸大学大学院経済学研究科 / 神戸大学経済学部  

    researchmap

  26. 米欧銀への資本注入 日本の教訓から

    清水谷諭, ヘザー・モンゴメリ  

    日本経済新聞朝刊『経済教室』   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  27. 常勤保育士の年功賃金 目立つ生産性との乖離

    清水谷諭  

    日本経済新聞朝刊『経済教室』   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  28. Social Security Reforms and Labor Force Participation of the Elderly in Japan

    Oshio Takashi, Sato Oishi Akiko, Shimizutani Satoshi  

    神戸大学経済学研究科 Discussion Paper819 巻   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:神戸大学大学院経済学研究科 / 神戸大学経済学部  

    researchmap

  29. Book review: Health Care Issues in the United States and Japan, edited by David A. Wise and Naohiro Yashiro, University of Chicago Press, 2006 招待有り

    Shimizutani, Satoshi  

    Journal of Pension Economics and Finance6 巻 ( 3 ) 頁: 345 - 346   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  30. 中国の経済発展と日本の対応 社会インフラ整備支援を

    清水谷諭  

    日本経済新聞朝刊『経済教室』   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  31. 社会保障制度の再設計へ 「世界標準」のデータの整備を

    清水谷諭  

    日本経済新聞朝刊『経済教室』   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  32. いま求められる「新しい」高齢化の経済学

    清水谷諭  

    RIETIコラム ( 199 )   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  33. “New” Economics of Aging Needed Now

    Shimizutani, Satoshi  

    RIETI Columns ( 0152 )   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  34. 書評 宮川努著『長期停滞の経済学 グローバル化と産業構造の変容』

    清水谷諭  

    日本評論社『経済セミナー』   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  35. 介護改革への視点 財源論より市場原理徹底

    清水谷諭  

    日本経済新聞朝刊『経済教室』   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  36. どうすればデフレ期待を反転できるか?

    清水谷諭  

    日本評論社『経済セミナー』 ( 593 ) 頁: 48 - 51   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本評論社  

    CiNii Books

    researchmap

  37. 要介護認定率の上昇と在宅介護サービスの将来需要予測-要介護世帯への介護サービス利用調査による検証

    清水谷諭  

    財経詳報社『財経詳報』 ( 2347 ) 頁: 13 - 18   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:財経詳報社  

    CiNii Books

    researchmap

  38. 介護サービス市場のミクロ実証分析(上)

    清水谷諭  

    経済企画協会『ESP』 ( 447 ) 頁: 70 - 76   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:経済企画協会  

    CiNii Books

    researchmap

  39. 一時的需要喚起策とわが国家計の消費行動

    清水谷諭, 堀雅博  

    経済企画協会『ESP』 ( 444 ) 頁: 35 - 39   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:経済企画協会  

    CiNii Books

    researchmap

  40. 平成11年度経済白書のポイント-経済再生への挑戦

    清水谷諭  

    『信用保険月報』42 巻 ( 11 ) 頁: 2 - 8   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:中小企業総合研究機構  

    CiNii Books

    researchmap

  41. 企業系列

    清水谷諭  

    経済企画協会『ESP』   頁: 64 - 65   1997年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  42. 貿易構造の変化

    清水谷諭  

    経済企画協会『ESP』   頁: 42 - 43   1997年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  43. マークアップ率の国際比較について

    清水谷諭  

    経済企画協会『ESP』   頁: 69 - 73   1996年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  44. 円高と海外直接投資-アジア地域を中心に

    清水谷諭, 梅沢史宏  

    経済企画庁調査局『経済月報』 ( 511 ) 頁: 21 - 50   1994年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:内閣府  

    CiNii Books

    researchmap

  45. 「巡航速度」に移行する日本経済-民間予測機関による平成3年度経済見通しから

    清水谷諭  

    経済企画協会『ESP』   1991年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▼全件表示

講演・口頭発表等 64

  1. Session chair: Session 6: Japan and Taiwan 招待有り

    清水谷諭

    “Demographic Change and Wellbeing in Japan and Asian Economies” Japanese Economic Review (JER) special issue conference  2024年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  2. Does Social Security Induce Withdrawal of the Elderly from the Labor Force and Create Jobs for the Young? The Case of Japan 招待有り 国際会議

    清水谷諭, 小塩隆士

    NBER International Social Security Project (Phase V). Taormina, Italy  2007年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  3. Does Social Security Induce Withdrawal of the Elderly from the Labor Force and Create Jobs for the Young? The Case of Japan 招待有り 国際会議

    清水谷諭, 小塩隆士

    NBER International Social Security Project (Phase V). Lisbon, Portugal  2008年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  4. Did the Shopping Coupon Program Stimulate Consumption? Evidence from Japanese Micro Data New Evidence on the Response of Expenditures to Anticipated Income Changes: Panel Data Estimates on Japanese Bonus System 招待有り

    清水谷諭

    学習院大学経済学部  2004年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  5. Developments in Long-Term Care Insurance in Japan 国際会議

    清水谷諭

    内閣府経済社会総合研究所国際共同プロジェクト報告会  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  6. Consumer Response to Temporary Tax Policy Change: Evidence from Japanese Panel Data 国際会議

    清水谷諭

    内閣府「税制改革に関する国際フォーラム」  2002年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  7. Claiming Behavior of Public Pension Benefits: New Evidence from Japanese Study on Aging and Retirement (JSTAR) 国際会議

    清水谷諭

    RIETI-RAND Symposium “What Have We Learned from the Panel Data of the Elderly? : For better life and health”  2011年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  8. Capacity to work in Japan: preliminary analysis 招待有り 国際会議

    清水谷諭

    NBER International Social Security Project (Phase VIII). Aix-en-Provence, France  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  9. Bonus Payments and Expenditure Patterns of Government Employees in Japan: Further Evidence on Consumer Response to Predicted Income Changes 国際会議

    清水谷諭

    一橋大学COE International Conference on Consumption  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  10. Association between Social Security Programs and Elderly Employment in Japan 招待有り

    清水谷諭

    NBER International Social Security Project (Phase X). Barcelona, Spain  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  11. Aging in Japan: Elderly Heterogeneity 招待有り 国際会議

    清水谷諭

    Research Challenges for Global Pensions: Trends and Heterogeneity (OECD), Paris, France  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  12. Aged-Care Support in Japan: Perspectives and Challenges 国際会議

    清水谷諭

    内閣府国際共同研究プロジェクト研究報告会「持続的成長と社会システム改革(社会保障制度改革, 財政改革, ITの活用)  2004年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  13. Aged-Care Support in Japan: Perspectives and Challenge Supplier-Induced Demand in Japan' s At-home Care Industry: Evidence from Micro-level Study on Care Receiverss 招待有り 国際会議

    清水谷諭

    European Conference on Long Term Care, Mannheim, Germany  2005年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  14. Active Aging in Japan: Policies and Plans for Elderly People 招待有り 国際会議

    清水谷諭

    Forum 2008: Third economy: More values from the elders, Stresa, Italy  2008年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  15. 2030年代を見据えた国際経済・金融体制の展望―アジア共通通貨導入とその工程表 招待有り

    清水谷諭

    2010年度日本金融学会春季大会国際金融パネル  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  16. Employment Policy and Corporate Governance: An Empirical Comparison of the Stockholder versus the Profit-Maximization Model 招待有り 国際会議

    清水谷諭

    RIETI-CEPR コンファレンス「コーポレートファイナンスとコーポレートガバナンス:日本と欧州の比較」  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  17. 長時間介護はなぜ解消しないのか?---要介護者世帯への介護サービス利用調査による検証

    清水谷諭

    第3回医療経済学研究会議  2003年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  18. 討論者:「第二段階に入ったワークライフバランスの課題について」 招待有り

    清水谷諭

    日本学術会議公開シンポジウム  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  19. 現代日本における健康格差-世界標準データによる解析- 招待有り

    清水谷諭

    東京大学エグゼクティブマネジメントプログラム(EMP)第3期  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  20. 為替レートの減価とインフレ期待---70年代初頭の沖縄の教訓

    清水谷諭

    2003年度日本金融学会秋季大会  2003年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  21. 為替レートの減価とインフレ期待---70年代初頭の沖縄の教訓

    清水谷諭

    琉球大学法文学部  2003年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  22. 沖縄県における保育サービスの質及び供給効率性の経営主体別比較:ミクロデータによる検証

    清水谷諭

    2004年度日本経済学会春季大会  2004年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  23. デフレ期待と実質資本コスト---ミクロデータによる90年代の設備投資関数の推計

    清水谷諭

    2003年度日本金融学会春季大会  2003年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  24. 「くらしと健康の調査」(JSTAR)の研究成果 招待有り

    清水谷諭

    医療科学研究所・医療経済研究会  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  25. What survived and what collapsed in the long-term employment and wage seniority during the Lost decade?: Evidence from micro-level data 国際会議

    清水谷諭

    内閣府国際フォーラム「新しい成長の始まり」  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  26. What Changes Deflationary Expectations? Evidence from Japanese Household-level Data 国際会議

    清水谷諭

    内閣府「デフレからの脱却と経済再生に関する国際フォーラム」  2003年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  27. Understanding Health, Economic and Social Status of the Elderly: Starting Japanese version of HRS/SHARE/ELSA 招待有り

    清水谷諭

    RIETI政策シンポジウム「日本の年金制度改革:16年度改正の評価と新たな改革の方向性」  2005年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  28. The Work Capacity of Older Adults in Japan 招待有り 国際会議

    清水谷諭

    NBER International Social Security Project (Phase VIII). Taormina, Italy  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  29. The Work Capacity of Older Adults in Japan 招待有り 国際会議

    清水谷諭

    NBER International Social Security Project (Phase VIII). Paris, France  2015年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  30. The Wage Determinants and Age Profile in the Japanese Child Care Industry: Evidence from Employee-level Data Nonprofit Wage Premium in the Japanese Child Care Market: Evidence from Employer-Employee Matched Data 招待有り

    清水谷諭

    東京大学経済学部(マクロワークショップ)  2003年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  31. The Wage Determinants and Age Profile in the Japanese Child Care Industry: Evidence from Employee-level Data Nonprofit Wage Premium in the Japanese Child Care Market: Evidence from Employer-Employee Matched Data 招待有り

    清水谷諭

    横浜国立大学経済学部(近経研究会)  2003年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  32. The Wage Determinants and Age Profile in the Japanese Child Care Industry: Evidence from Employee-level Data

    清水谷諭, 野口晴子

    2003年度日本経済学会秋季大会  2003年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  33. The Effectiveness of Bank Recapitalization in Japan 国際会議

    Heather Montgomery, Satoshi Shimizutani

    NBER/CEPR/CIRJE/EIJS Japan Project Meeting, Tokyo  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  34. The Effectiveness of Bank Recapitalization in Japan 国際会議

    清水谷諭

    the 9th International Convention of the East Asian Economic Association. Chinese University of Hong Kong  2004年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  35. Supplier-Induced Demand in Japan' s High-tech Medical Treatment and LTC Market 国際会議

    清水谷諭

    内閣府国際共同研究プロジェクト研究報告会「持続的成長と構造改革(社会保障制度改革、ITの活用)  2005年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  36. Stability of Preference against Aging and Health Shocks: A Comparison between Japan and the U.S. 国際会議

    清水谷諭

    Workshop on Comparative International Research based on HRS, ELSA and SHARE  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  37. Social Security Reforms and Inequality in Japan 招待有り

    清水谷諭, 小塩隆士

    NBER International Social Security Project (Phase XI). London, UK.  2023年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  38. Social Security Reforms and Inequality in Japan 招待有り

    清水谷諭, 小塩隆士

    NBER International Social Security Project (Phase XI). Stockholm, Sweden  2023年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  39. Social Security Programs and the Elderly’s Labor Supply: 招待有り 国際会議

    清水谷諭, 小塩隆士

    NBER International Social Security Project (Phase IX). Munich, Germany  2018年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  40. Social Security Programs and the Elderly Employment in Japan 招待有り 国際会議

    清水谷諭, 小塩隆士

    NBER International Social Security Project (Phase IX). Munich, Germany  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  41. Social Security and Well-being of the Elderly in Japan 招待有り 国際会議

    清水谷諭, 野口晴子

    NBER International Social Security Project (Phase IV), London  2004年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  42. Social Security and Well-being of the Elderly in Japan 招待有り 国際会議

    清水谷諭, 小塩隆士

    NBER International Social Security Project (Phase IV). Bellagio, Italy  2005年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  43. Session chair: Session 4: Reform strategies: the experience of advanced Asian economies 招待有り 国際会議

    清水谷諭

    International Monetary Fund OAP/FAD Conference “Designing equitable pension systems in Asia in the post crisis world,” Tokyo  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  44. Session Chair: Session 3A: Social Protection and Safety Net

    清水谷諭

    Regional Conference on the Health and Socioeconomic Well-Being of Older Persons in Developing Asia: Role of Individual and Household Data  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  45. Retirement process in Japan: New evidence from Japanese Study on Aging and Retirement (JSTAR) 招待有り 国際会議

    清水谷諭

    Policy Research and Data Needs to Meet the Challenges of Population Aging in Asia, New Dehli, India  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  46. Retirement Process and Social Security in Japan 招待有り 国際会議

    清水谷諭

    RIETI-RAND Symposium “What Have We Learned from the Panel Data of the Elderly? : For better life and health”, Tokyo  2011年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  47. Price Expectations of Japanese Households under Deflation: Evidence from Original Survey Data

    清水谷諭

    Macro/Financial Issues and International Economic Relations: Policy Options for Japan and the United States, University of Michigan  2004年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  48. Preview of First Results from the Japanese Study of Aging and Retirement (JSTAR) 国際会議

    清水谷諭

    SHARE Consortium Meeting, Edesheim, Germany  2008年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  49. Option values, health, and retirement in Japan 招待有り 国際会議

    清水谷諭, 小塩隆士

    NBER International Social Security Project (Phase VII). Munich, Germany  2012年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  50. Option values, health, and retirement in Japan 招待有り 国際会議

    清水谷諭

    NBER International Social Security Project (Phase VII). Rome, Italy  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  51. Option values, health, and retirement in Japan 招待有り 国際会議

    清水谷諭

    NBER International Social Security Project (Phase VII). Paris, France  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  52. Option values, health, and labor force participation: Preliminary analysis in Japan 招待有り 国際会議

    清水谷諭, 小塩隆士

    NBER International Social Security Project (Phase VII). Aix en Provence, France  2011年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  53. Option value of work, health status, and retirement decisions in Japan: Evidence from the Japanese Study on Aging and Retirement (JSTAR) 招待有り 国際会議

    清水谷諭, 小塩隆士

    NBER International Social Security Project (Phase VII). Madrid, Spain  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  54. Option value of work, health status and retirement decision in Japan: Evidence from the Japanese Study on Aging and Retirement (JSTAR) 招待有り

    清水谷諭

    慶応大学経済学部公共経済学セミナー  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  55. New Evidence on the Response of Expenditures to Anticipated Income Changes: Panel Data Estimates on Japanese Bonus System 招待有り

    清水谷諭

    一橋大学経済研究所(マクロ・金融ワークショップ)  2004年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  56. New Evidence on the Response of Expenditures to Anticipated Income Changes: Panel Data Estimates on Japanese Bonus System

    清水谷諭, 堀雅博

    2003年度日本経済学会春季大会  2003年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  57. Labor force participation, pathways to retirement and health status: Historical Relationship in Japan 招待有り 国際会議

    清水谷諭, 小塩隆士

    NBER International Social Security Project (Phase VI). Firenze, Italy  2009年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  58. Labor Force Participation of the Elderly in Japan 招待有り 国際会議

    清水谷諭, 小塩隆士

    NBER International Social Security Project (Phase VIII). Paris, France  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  59. JSTAR 招待有り 国際会議

    清水谷諭

    2013 Harmonization Research Network Meeting (RAND), New Delhi, India  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  60. Japanese Study of Aging and Retirement (JSTAR) 第1回分からの報告 招待有り

    清水谷諭, 市村英彦

    経済産業研究所(RIETI)BBL  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  61. Helicopter Drops of Money: Assessing an Unusual Experiment in Japanese Fiscal Policy

    清水谷諭

    第4回TCER-CIEJEマクロコンファレンス  2002年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  62. Health Capacity to Work at Older Ages: Evidence from Japan 招待有り

    清水谷諭

    慶応大学経済学部公共経済学セミナー  2016年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  63. Future of Long-term Care in Japan 招待有り 国際会議

    清水谷諭

    Taipei, National Taiwan University  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  64. Future of Long-term Care in Japan 招待有り 国際会議

    清水谷諭

    Conference on “Long-term Care for the Aged”, Singapore, Singapore Management University  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

▼全件表示

科研費 16

  1. 空間一般均衡モデルに基づく都市交通政策評価手法の開発

    研究課題/研究課題番号:21K01456  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    山田 英嗣, 清水谷 諭, 田渕 隆俊, 岡本 千草, 清水谷 諭, 田渕 隆俊, 岡本 千草

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    マスタープランのパーソントリップ調査個票データ(インドネシア・バングラデシュ・ケニア等)について、データの確認とクリーニングを行ってきた。また、クロスセクションでの回帰分析モデルを検討し個人属性と交通モードチョイスの関係を明らかにするための作業を行ってきた。
    更に、理論モデルについては、Residence-Commute選択モデルを家計の家族構成を明示的に含める形に拡張するための検討を行った。

    researchmap

  2. 多様な個人を前提とする政策評価型国民移転勘定の創成による少子高齢化対策の評価

    研究課題/研究課題番号:15H05692  2015年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金特別推進研究  特別推進研究

    市村英彦, 岩本 康志, 臼井 恵美子, 小川 直宏, 奥村 綱雄, 川口 大司, 北尾 早霧, 澤田 康幸, 清水谷 諭, 高橋 さゆり, 松倉 力也, 山口 慎太郎, 山田 知明, 渡辺 努, 石崎 達郎, 植田 健一, 大森 裕浩, 大湾 秀雄, 小塩 隆士, 加藤 賢悟, グリフエン アンドリュー, 近藤 克則, 近藤 尚己, 佐藤 格, シム スンギュ, 下津 克己, 菅原 慎矢, 鈴木 通雄, 田中 隆一, 寺田 和之, 中嶋 亮, 中田 大悟, 野口 晴子, 橋本 英樹, 原 湖楠, ファビンガー ミハル, 深井 太洋, 福田 節也, 松島 斉, 光山 奈保子, 山田 浩之, 渡辺 広太

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本年度は、少子高齢化政策に関連する諸側面についての実証分析を念頭に置き、昨年度に引き続いて、日本および諸外国で利用可能な各種統計データの整備と分析を進めることができた。
    また、少子高齢化政策を分析するための枠組み作りや、少子高齢化の諸現象を分析する世界標準に沿ったパネルデータの構築を目指し、より精度の高い分析手法の構築を進めることができた。またNTAの構造モデルに関する研究を一層深め、NTAの枠組みに画期的な構造モデルを導入することで新たな発想に基づくNTA分析を引続き目指している。
    今年度の成果は、定期的にグローバルレベルで開催されるNTA研究発表会の中で報告・共有し、意見交換を行なっており、特にアジア諸国におけるバブル崩壊、アジア危機、リーマン・ショックなどのマクロ経済への影響を分析するグループ作業に取り組んでいる。また、アジア開発銀行、スタンフォード大学、東西センターなどの各機関が実施しているアジアの高齢化プロジェクトでは、新定義の確立の必要性をNTAやJSTARを使って分析し、議論を深めている。NTA、JSTARの研究成果の活用は日本だけでなく高齢化が進行するアジア全体の解明にも有効であると考えられ、引き続き世界標準の指標となり政策分析のツールとなり得る新たなNTAの構築を目指していく。
    NTA研究では、小川はUniversity of Malaya Social Wellbeing Research CentreのDistinguished Visiting Research Fellowとして、同研究所が昨年実施したMARS(Malaysian Aging and Retirement Survey)のデータ分析の支援を行い議論を深めている。日本やその他のアジア諸国の高齢者調査データから得られる結果を活用してNTAの各国のフレームワークに導入して国際比較を実施している。
    JSTARについては、前年度に実施した「Life History Survey・ライフヒストリーに関する調査」の調査データ成形作業を完了し、10自治体の調査結果データ分析作業の準備を整えた。今後の社会保障や高齢者への福祉のあり方を考える上で、また実証分析を補完する際に活用する。
    若者調査については、第2回「少子高齢化社会における家族・出生・仕事に関する全国調査」を全国の18歳から49歳までの250地点の世帯を対象に実施し、データ入力準備作業を開始した。
    調査データの分析については、国勢調査の調査票情報を用いて、従来より的確に日本全体を代表する為のウェイトを作成している。
    「少子高齢化社会における家族・出生・仕事に関する全国調査(NSWF)」については、平成29年度実施の第1回調査に引き続き第2回の調査を実施した。
    手法的な研究としては、市村はモデルで利用する関数型に強い仮定を置く必要の少ないセミパラメトリックな方法の一般的分析手法を開発し、Emory大学、Johns Hopkins大学、Pennsylvania State大学、Texas大学Austin校、UCLA、MIT、Chicago大学、Northwestern大学、Maryland大学、Jorgetown大学などで報告をおこなっている。また、Journal of the Economics of AgingとJournal of Human CapitalのAssociate Editorに就任し、本研究課題と密接に関係する高齢化や人的資本の研究分野でも各国の研究者と議論を深めている。

    researchmap

  3. 原子爆弾投下による被ばくの長期的影響分析

    研究課題/研究課題番号:15H01951  2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    清水谷 諭, 澤田 康幸, 光山 奈保子, 市村 英彦, 山田 浩之, 松島 みどり

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:29640000円 ( 直接経費:22800000円 、 間接経費:6840000円 )

    本研究は研究の蓄積が少ない被爆の長期的悪影響の包括的・定量的評価を行った。実証分析によると、被爆者グループとそれ以外のグループの間では、結婚率や教育水準に有意な差がみられないが、従業上の地位、精神的健康、生存確率の点で被爆者グループは不利であり、被爆者同士で結婚する割合が高い。次に、幼少期のショックとして低体重の影響をみると、全般的に高齢期のアウトカムには有意な悪影響は見られないものの、被爆者の場合は、高齢期のうつ状態が高く、生活満足度が低い。また、寿命の予測尺度として用いられる握力についても、被爆者は低い。このように被爆者は長年の間、苦しみ続けてきたことが定量的に明らかになった。

  4. 原子爆弾投下による被ばくの長期的影響分析

    2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金基盤A 

    清水谷諭

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  5. グローバル社会変動下のリスクとくらし:先端ミクロ計量経済学を用いた実証・政策研究

    研究課題/研究課題番号:26245033  2014年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金基盤S  基盤研究(A)

    澤田康幸

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    現代のグローバル社会は、先進国において超高齢化による「人口オーナス」の問題が急速に顕在化する一方、「人口ボーナス」を享受する発展途上国が次々と先進国経済にキャッチアップすることで大きく変動している。本研究では、こうしたグローバル社会の変動を、高齢化リスク・災害リスク・貧困リスクという三大リスクの視点から分析する。日本と途上国における緻密なマイクロデータの収集・データベース構築と先端的な計量経済学を用いた政策分析とを統合することで、人口高齢化先進国・防災先進国であり、第二次大戦後の貧困から脱却した日本の知見を学術研究に基づいたエビデンスとして蓄積し国際公共財とすること、人口ボーナスを享受する発展途上国におけるリスクと暮らしの関係についての新たなエビデンスを蓄積することを目的とした。本年度は、当研究の準備を行うと共に、その一環として中国人民大学Sangui Wang教授、香港科学技術大学Albert Park教授、アジア経済研究所Abu Shonchoy研究員を招聘し、共同研究準備を行った。また、成果の一部については、香港科学技術大学で開催された国際カンファレンス、Conference on Challenges of Population Aging in Asia の招待講演として、"Elderly People's Livelihood in Japan: Evidence Based on the Japanese Study of Ageing and Retirement (JSTAR) Data"と題する研究講演を行った。

    researchmap

  6. ミクロ計量経済分析手法の開発とその実践

    2014年4月 - 2017年4月

    日本学術振興会  科学研究費補助金基盤A 

    市村英彦

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  7. ミクロ計量経済分析手法の開発とその実践

    研究課題/研究課題番号:26245029  2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    市村 英彦, 清水谷 諭, 岩本 康志, 荒井 洋一, 川口 大司

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本年度は4月にシカゴ連銀でのRobert LaLonde教授記念会議へ参加し現在進行中のプログラム評価手法について議論に参加した。またHarvard大学David Wise教授主催のNBER会議に参加し、“Challenges in Controlling Medicare Spending: Treating Highly Complex Patients” by T. MaCurdy and J. Battacharyaへのコメントを行った。現在東京大学医学部康永教授等と共に日本のデータを用いて、関連研究を行っている。
    <BR>
    以上本年度実施した研究であるが、特別推進研究との重複を避けるため、本研究における、(1)個票データの質に関する分析、(2)実証分析手法の開発、(3)その実践としての実証分析という三方面は、より拡大したかたちで、特別推進における研究として実現していくこととする。
    <BR>
    具体的には(1)個票データの質に関する分析については日本におけるパネルデータの質の検証を行う。(2)実証分析手法の開発については本基盤研究で行ってきた政策評価手法の開発を引き続き行うと共に、より構造推定に即した実証分析手法の開発も行う。(3)その実践としての実証分析としては特別推進研究の課題である、多様な個人を前提とする政策評価型国民移転勘定を創成し、それを用いて、少子高齢化対策の評価に関する研究を行っていく。
    27年度が最終年度であるため、記入しない。
    27年度が最終年度であるため、記入しない。

  8. 世代間問題の経済分析:さらなる深化と飛躍

    研究課題/研究課題番号:22000001  2010年4月 - 2015年3月

    科学研究費助成事業  特別推進研究

    高山 憲之, 鈴村 興太郎, 青木 玲子, 玄田 有史, 小椋 正立, 小塩 隆士, 土居 丈朗, 原 千秋, 臼井 恵美子, 清水谷 諭

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    近年、年金をはじめとする世代間問題が緊急性の高い重大な社会問題の1つとなっている。本研究では、くらしと仕事に関するパネル調査等、各種の実態調査を実施して世代間問題の内実を的確に把握した一方、経済理論を駆使して世代間問題の本質をえぐりだした。そして世代間対立を世代間協調に転換するための具体的アイデアを提示した。

  9. プログラム評価手法の開発:高齢者問題を念頭に

    研究課題/研究課題番号:22243020  2010年4月 - 2014年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    市村 英彦, 清水谷 諭, 橋本 英樹, 川口 大司, 荒井 洋一, 赤林 英夫, 澤田 康幸

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    手法:(1)従来のプログラム評価手法は、観察される変数による違いのみを許していたが、適切な操作変数があれば、観察されない変数による違いがある場合にも同様の分析ができることを示した。(2)また(1)の手法を含む非常に一般的な推定量に対する漸近分布の導出手法を示した。特にモデルが真のデータ生成過程を含まない場合に、漸近分布に追加的な項が現れることを示した。その他の手法の開発に取り組んだ。
    高齢者問題:(1)那覇におけるパネル調査を2度実施した。(2)他の都市の調査結果と併せ用い、高齢者の引退行動に、経済面、健康面、家族・社会関係的側面がどのように影響するかを実証分析した。さらに種々の分析を行った。

  10. プログラム評価手法の開発:高齢者問題を念頭に

    2010年4月 - 2013年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金基盤A 

    市村英彦

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  11. 貧困リスクについての先進的経済学研究

    研究課題/研究課題番号:21243022  2009年4月 - 2013年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金基盤A  基盤研究(A)

    澤田康幸

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    本年度は、以下に述べる3つのサブ・プロジェクトについてそれぞれ予備調査・調査準備を行った。第一のサブ・プロジェクトは、「アフリカ・アジアの貧困と人間の安全保障」プロジェクトである。ここでは、アフリカとアジアの最貧国における貧困削減に必要な新しい技術と制度を識別するようなプログラム評価の準備を行った。アフリカについてはマラリア対策についての研究会を開催した。アジアについては、フィリピンの中部ルソン地域を対象として、灌漑整備の貧困削減効果、とりわけリスクシェアリングを通じた効果を明らかにするため、田植えにおける互酬的な共同作業の構造解明のための実験的な手法を設計し、フィールド実験を行った。その成果を国際開発学会の総会において報告した。
    第二のサブ・プロジェクトは、「災害と貧困」プロジェクトである。ここでは、日本と東南アジアにおける災害リスクと人々の災害事前事後の行動に関するミクロデータを整備し、理論的な考察を加えた。成果の一部は、Center for Research of Epidemiology on Disasters (CRED)がベトナムにおいて開催した自然災害に関するカンファレンス(MICRODIS CONFERENCE)において報告された。
    第三のサブ・プロジェクトは、「自殺と貧困リスクの経済分析」である。このプロジェクトでは、元東京大学大学院経済学研究科のYun Jeong Choi講師を連携研究者とし、国立政治大学(台湾)のJoe Chen助理教授を研究協力者として、経済理論の知見とデータによる実証解析という2本の柱から、日本における自殺の決定要因を捉え、有効な政策手段を明らかにする。平成22年度は、これらのメンバーの協力の下で実施した一連の分析を取り纏めた展望論文がJournal of Economic Surveysに採択された。

    researchmap

  12. 年金制度と引退プロセス・受益者の生活水準の相互研究に関する研究

    2007年4月 - 2009年3月

    厚生労働省  厚生労働科学研究費補助金政策科学総合研究事業 

    清水谷諭, 北村行伸

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  13. リスクメネジメント政策研究ユニット

    2006年10月 - 2009年9月

    寄附講座リスクマネジメントと公共政策 

    澤田康幸

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  14. 世代間問題の経済分析

    研究課題/研究課題番号:18002001  2006年4月 - 2011年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金特別推進研究  特別推進研究

    高山憲之, 鈴村 興太郎, 青木 玲子, 玄田 有史, 小掠 正立, 原 千秋, 清水谷 諭, 小椋 正立, 玄田 有史, 原 千秋, 清水谷 諭

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

    本研究では、まず、世代間衡平性について従来の考え方を整理し、その一般化を図りつつ、異時点間にわたる資源の有効配分原理を体系的に考察した。ついで、年金・医療・雇用の3つの問題に着目し、引退プロセスに関するパネル調査をはじめとする各種の調査を実施しながら、世代間問題の内実を的確に把握する一方、経済理論を駆使して世代間問題の本質を抉り出した。そして、世代間対立を世代間協調に転換するための具体的方法をいくつか提言した。

    researchmap

  15. 研究開発活動の国際化が日本の技術進歩に及ぼす効果に関する現状分析および最適な研究開発の国際化のための政策提言

    2005年7月 - 2007年6月

    独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構  平成17年度第1回産業技術研究助成事業 

    清水谷諭

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  16. 人口減少社会に関する経済理論的・計量的研究

    研究課題/研究課題番号:17203020  2005年4月 - 2007年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金基盤A  基盤研究(A)

    高山憲之, 北村行伸

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    1. 結婚問題は決して独立した個人の意思決定の問題ではなく、世代を跨いだ経済決定の問題である。親との同居や親からの所得移転、親の所得の多寡などの要因が結婚確率に無視できない効果を持つからにほかならない。
    2. 学校を卒業する直前時点の失業率が高かった世代ほど、卒業後も持続的に無業もしくは非正社員であり続ける傾向が強いという労働市場の世代効果の存在を確認した。さらに上記の世代効果は中学卒および高校卒で顕著であることを明らかにした。
    3. これまで日本の出生率の低下の主な要因としては、子どもに対する嗜好の低下、女性の高学歴化、労働力化などの女性側の要因が挙げられて来たが、わが国では、これから数年間、戦後のベビーブーム世代が大量に退職するのに伴い、若い男性の労働市場はかなり好転することが見込まれ、これにより、しばらくの間、出生率にもプラスの影響が期待できると予想される。
    4. 賃金の年功カーブが急勾配になっている企業ほど、50代前半で退職する人が多く、企業が高齢者を活用していくためには、年功処遇の見直しが求められる。また、高齢者の仕事の成果をきちんと評価しようとしている企業や高齢者訓練を行なっている企業では退職率が低い。さらに短時間勤務者割合の高い企業では55歳以上になっても退職率は低い。
    5. 2000年度に日本で導入された介護保険の目的は社会的入院を是正し、医療費を効率化させることにあった。その目的が実際に達成されたかを国保レセプトデータを用いて調べた結果、特例許可病院では介護保険導入前と導入後しばらくの間は老人の退院確率が著しく上昇したものの、導入2年後の2002年度には老人の退院確率が低下していたことが確認された。社会的入院を含む長期入院患者に対する介護保険導入の効果は一時的なものにとどまったと推察される。

    researchmap

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. Development Economics(英語)

    名古屋大学大学院国際協力研究科)

     詳細を見る

  2. 応用マクロ経済学

    一橋大学経済研究所)

     詳細を見る