2024/05/15 更新

写真a

カツベ リョウジ
勝部 涼司
KATSUBE Ryoji
所属
大学院工学研究科 物質プロセス工学専攻 物質創成工学 講師
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 マテリアル工学科
職名
講師
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 3

  1. 博士(工学) ( 2018年3月   京都大学 ) 

  2. 修士(工学) ( 2015年3月   京都大学 ) 

  3. 学士(工学) ( 2013年3月   京都大学 ) 

研究キーワード 6

  1. 界面

  2. 太陽電池

  3. 化学熱力学

  4. 化合物半導体

  5. 凝固

  6. その場観察

研究分野 2

  1. ナノテク・材料 / 無機物質、無機材料化学

  2. ナノテク・材料 / 金属生産、資源生産

現在の研究課題とSDGs 4

  1. りん化物太陽電池材料の開拓

  2. 金属材料の凝固初期現象の解明と制御

  3. 高活性合金の凝固・相変態過程のその場観察

  4. 液体金属の完全濡れ現象を活用した半導体薄膜プロセッシング

経歴 5

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科 物質プロセス工学専攻   講師

    2024年3月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  2. 京都大学   大学院工学研究科 材料工学専攻   助教

    2021年3月 - 2024年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  3. 京都大学   大学院工学研究科 材料工学専攻   特定助教

    2020年4月 - 2021年2月

      詳細を見る

  4. 京都大学   大学院工学研究科 材料工学専攻   特定研究員

    2018年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

  5. Arizona State University (Prof. Sefaattin Tongay)   Visiting Faculty

    2017年9月 - 2017年11月

      詳細を見る

学歴 2

  1. 京都大学   大学院工学研究科   材料工学専攻 博士後期課程

    2015年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  2. 京都大学   大学院工学研究科   材料工学専攻 修士課程

    2013年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

所属学協会 5

  1. 日本鋳造工学会

    2022年9月 - 現在

      詳細を見る

  2. 日本鉄鋼協会

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

  3. 日本金属学会

    2021年2月 - 現在

      詳細を見る

  4. 日本太陽光発電学会

    2020年9月 - 現在

      詳細を見る

  5. 応用物理学会

    2014年1月 - 現在

      詳細を見る

受賞 5

  1. 第74回金属組織写真賞 優秀賞

    2024年3月   日本金属学会   Ti-48Al-2Cr-2Nb合金の凝固過程の時間分解CT-XRD観察

    勝部涼司, 鳴海大翔, 安田秀幸

     詳細を見る

  2. Student paper award

    2017年11月   27th International Photovoltaic Science and Engineering Conference (PVSEC-27)  

    Ryoji Katsube, Kenji Kazumi, Yoshitaro Nose

     詳細を見る

  3. 優秀ポスター賞

    2016年1月   日本鉄鋼協会・日本金属学会関西支部 材料物性工学談話会 平成 22 年度第 2 回講演会ならびにポスター発表会  

    勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎, 白井 泰治

     詳細を見る

  4. 馬詰研究奨励賞

    2015年7月   京都大学大学院工学研究科  

    勝部 涼司

     詳細を見る

  5. Presentation Award

    2015年1月   The 2nd JAPAN-KOREA Joint Workshop on Compound Semiconductor based Solar Cells  

    Ryoji Katsube, Akira Nagaoka, Yoshirato Nose, Kenji Yoshino, Yasuharu Shirai

     詳細を見る

 

論文 27

  1. Solidification microstructures of V-Nb-Mo-Ta-W alloys: Insights from non-equiatomic alloys 査読有り

    Ryoji Katsube, Shigehiro Tokuri, Keita Nakano, Taka Narumi, Hideyuki Yasuda

    Journal of Alloys and Compounds   981 巻   頁: 173656   2024年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jallcom.2024.173656

    researchmap

  2. Solidification sequence of CrMnFeCoCu dual-FCC multicomponent alloy 査読有り

    Ryoji Katsube, Litian Luo, Keita Nakano, Taka Narumi, Hideyuki Yasuda

    Scripta Materialia   231 巻   頁: 115459   2023年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scriptamat.2023.115459

    researchmap

  3. In situ observation of solidification in peritectic steels and evaluation of the strains induced in the solidifying shell 査読有り

    H Yasuda, T Narumi, R Katsube, Y Nanri

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   1281 巻 ( 1 ) 頁: 012032 - 012032   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP Publishing  

    Abstract

    In the continuous casting of peritectic steels, unevenness and cracks of the solidifying shell are typical casting defects. This study focuses on the ferrite–austenite transformation and the influence of the transformation on the solidifying shell deformation. In situ observations revealed that the austenite hardly nucleated and, consequently, the undercooled ferrite massively transformed to the austenite in the solid state. Simultaneously, the austenite rapidly solidified in the remaining liquid. The volume changes due to the ferrite–austenite transformation and the solidification shrinkage were measured using time-resolved tomography. On the basis of the observations and measurements, a model that includes the ferrite–austenite transformation and the austenite solidification was proposed to evaluate the volumetric strains in the solidifying shell. There was a sharp peak in the volumetric strains derived from the model at hypo-peritectic compositions. This work demonstrates the need to include the ferrite–austenite transformation in the solid state and the rapid austenite solidification for understanding the solidifying shell deformation in peritectic steels.

    DOI: 10.1088/1757-899x/1281/1/012032

    researchmap

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1757-899X/1281/1/012032/pdf

  4. Reconstruction of dendritic growth by fast tomography and phase field filtering 査読有り

    H Yasuda, A Nishiguchi, H Xue, M Nonomura, K Nakano, R Katsube, T Narumi, T Takaki

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   1281 巻 ( 1 ) 頁: 012064 - 012064   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP Publishing  

    Abstract

    Three dimensional models of dendritic structures during solidification are valuable for building physical models, validating simulated results, estimating some properties such as permeability in the mushy, simulating semisolid deformation and so on. Thus, it is of interest to observe microstructure evolution in situ. Time-resolved tomography combined with X-ray diffraction has allowed us to observe the evolution of dendritic structures and to measure crystallographic orientation in situ. Reconstruction still proves to be difficult for some alloy systems because of the tradeoff between time and spatial resolution. This paper demonstrates the reconstruction of dendritic structures for three different alloy systems (Al-10mass%Cu alloy with a diameter of 4 mm, CrMnFeCoNi alloy with 1 mm, and Zn-4mass%Al alloy with 0.7 mm). The observations were performed in a synchrotron radiation facility SPring-8. A filter using a phase field model was introduced to reconstruct the three-dimensional images. Parameters used in the filtering were consistently determined based on the raw reconstruction images. Evaluation of solid-liquid interface area and curvature was significantly improved by the filter. For the Al-Cu alloy, a three-dimensional model containing approximately 300 million voxels was obtained. For the CrMnFeCoNi alloys, the preferred growth direction <100> was confirmed by tomography and X-ray diffraction. For the Zn-Al alloy, the observed 14 growth directions were not simply defined by the crystallographic orientations, although the directions were consistent with the hexagonal symmetry. This study verifies that time resolved tomography, X-ray diffraction and the filter using a phase field model provide three dimensional models for light metal alloys with rather large diameters and 3d transition-metal alloys with rather large X-ray absorption coefficients. The models are expected to be used for further studies.

    DOI: 10.1088/1757-899x/1281/1/012064

    researchmap

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1757-899X/1281/1/012064/pdf

  5. Crystalline-face-dependent photoelectrochemical properties of single crystalline CuGaSe2 photocathodes for hydrogen evolution under sunlight radiation 査読有り

    Shigeru Ikeda, Wakaba Fujita, Ryoji Katsube, Yoshitaro Nose, Hajime Suzuki, Ryu Abe, Kenji Yoshino

    Electrochimica Acta   454 巻   頁: 142384 - 142384   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.electacta.2023.142384

    researchmap

  6. Microstructure evolution induced by solidification and ferrite–austenite massive-like transformation in Fe–C alloys

    S Tsuji, T Nanri, T Narumi, R Katsube, H Yasuda

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   1274 巻 ( 1 ) 頁: 012055 - 012055   2023年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1088/1757-899x/1274/1/012055

    researchmap

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1757-899X/1274/1/012055/pdf

  7. Observation of grain motion during semisolid deformation by using 4D-CT and 3DXRD

    T Narumi, K Ohta, M Ohta, T Numata, K Asahi, R Katsube, H Yasuda

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   1274 巻 ( 1 ) 頁: 012053 - 012053   2023年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1088/1757-899x/1274/1/012053

    researchmap

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1757-899X/1274/1/012053/pdf

  8. Machine-learning-based phase diagram construction for high-throughput batch experiments 査読有り

    Ryo Tamura, Guillaume Deffrennes, Kwangsik Han, Taichi Abe, Haruhiko Morito, Yasuyuki Nakamura, Masanobu Naito, Ryoji Katsube, Yoshitaro Nose, Kei Terayama

    Science and Technology of Advanced Materials: Methods   2 巻 ( 1 ) 頁: 153 - 161   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa {UK} Limited  

    DOI: 10.1080/27660400.2022.2076548

    researchmap

  9. Synthesis of alkaline-earth Zintl phosphides MZn2P2 (M = Ca, Sr, Ba) from Sn solutions 査読有り

    Ryoji Katsube, Yoshitaro Nose

    High Temperature Materials and Processes   41 巻 ( 1 ) 頁: 8 - 15   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1515/htmp-2022-0019

    researchmap

    その他リンク: https://www.degruyter.com/document/doi/10.1515/htmp-2022-0019/pdf

  10. Fabrication process and device application of chalcopyrite phosphides based on thermodynamics 査読有り

    Yoshitaro Nose, Ryoji Katsube, Taro Kuwano

    JSAP Review   2022 巻   頁: 220411   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11470/jsaprev.220411

    researchmap

  11. Acceleration of phase diagram construction by machine learning incorporating Gibbs' phase rule 査読有り

    Kei Terayama, Kwangsik Han, Ryoji Katsube, Ikuo Ohnuma, Taichi Abe, Yoshitaro Nose, Ryo Tamura

    Scripta Materialia   208 巻   頁: 114335 - 114335   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.scriptamat.2021.114335

    researchmap

  12. Deep level transient spectroscopy and photoluminescence studies of hole and electron traps in ZnSnP2 bulk crystals 査読有り

    Taro Kuwano, Ryoji Katsube, Steve Johnston, Adele Tamboli, Yoshitaro Nose

    Japanese Journal of Applied Physics   61 巻 ( 2 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.35848/1347-4065/ac468a

    Web of Science

    researchmap

  13. Optical and Electrical Transport Evaluations of n-Type Iron Pyrite Single Crystals 査読有り

    Shunsuke Uchiyama, Ryosuke Sato, Ryoji Katsube, Muhammad Monirul Islam, Hideaki Adachi, Takeaki Sakurai, Yoshitaro Nose, Yasuaki Ishikawa

    ACS Omega     2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsomega.1c05232

    researchmap

  14. Performance enhancement of ZnSnP2 solar cells by a Cu3P back buffer layer 査読有り

    Taro Kuwano, Ryoji Katsube, Kenji Kazumi, Yoshitaro Nose

    Solar Energy Materials and Solar Cells   221 巻   頁: 110891 - 110891   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.solmat.2020.110891

    Web of Science

    researchmap

  15. Experimental establishment of phase diagram guided by uncertainty sampling: an application to the deposition of Zn-Sn-P films by molecular beam epitaxy 査読有り

    Ryoji Katsube, Kei Terayama, Ryo Tamura, Yoshitaro Nose

    ACS Materials Letters   2 巻   頁: 571 - 575   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  16. Comparison of Sb, As, and P doping in Cd-rich CdTe single crystals: Doping properties, persistent photoconductivity, and long-term stability 査読有り

    Akira Nagaoka, Kensuke Nishioka, Kenji Yoshino, Ryoji Katsube, Yoshitaro Nose, Taizo Masuda, Michael A. Scarpulla

    APPLIED PHYSICS LETTERS   116 巻 ( 13 )   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    Acceptor doping CdTe with group-V elements is promising for increasing the power conversion efficiency of CdTe photovoltaic devices via an increased hole concentration and open circuit voltage (V-OC). In past work, we have investigated doping with As in Cd-rich CdTe single crystals grown using the Cd-solvent traveling heater method we have developed. In this study, we compare the doping parameters and stability of hole concentration in the light and dark for P, As, and Sb dopants in crystals cooled very slowly from the growth temperature to approximate thermal equilibrium. In contrast to older reports of a high acceptor ionization energy for Sb, our temperature dependent Hall effect experiments reveal an acceptor ionization energy slightly above 90meV for Sb doping in the mid 10(16) cm(-3) range. Room temperature hole concentrations above 10(16) cm(-3) are observed for P, As, and Sb with each dopant type exhibiting only small changes in hole concentrations over 2 years' time at room temperature. Crystals doped with P, As, or Sb exhibit increased conductivity after above-gap illumination, which decays over periods of minutes to hours depending on temperature. Analysis of the photoconductivity decay reveals a barrier attributed to hole capture of 190-280meV for the series P, As, and Sb.

    DOI: 10.1063/5.0004883

    Web of Science

    researchmap

  17. Preparation of a CuGaSe2 single crystal and its photocathodic properties 査読有り

    Shigeru Ikeda, Wakaba Fujita, Riku Okamoto, Yoshitaro Nose, Ryoji Katsube, Kenji Yoshino, Takashi Harada

    RSC Advances   10 巻 ( 66 ) 頁: 40310 - 40315   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0ra07904a

    Web of Science

    researchmap

  18. Experimental investigation of phase equilibria around a ternary compound semiconductor Mg(MgxZn1-x)(2)P-2 in the Mg-P-Zn system at 300 degrees C using Sn flux 査読有り

    Ryoji Katsube, Yoshitaro Nose

    JOURNAL OF SOLID STATE CHEMISTRY   280 巻   頁: 100 - 105   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Mg(MgxZn1-x)(2)P-2 was found to be a key material in Zn3P2-based solar cells, which have attracted attention as an earth-abundant photovoltaic technology. However, Mg(MgxZn1-x)(2)P-2 has not been investigated as a functional material thus far, and even the single-phase range in the Mg-P-Zn equilibrium phase diagram is currently unknown. Thus, in this work, we investigate the phase equilibria around Mg(MgxZn1-x)(2)P-2 in the Mg-P-Zn system using Sn as a flux for equilibrium experiments. We find that Mg(MgxZn1-x)(2)P(2)exists as a single phase with a trigonal P (3) over bar m1 structure from x = 0 to x = 0.55 based on our XRD and the SEM-EDS analyses. The lattice parameters, a and c, monotonically increase with increase in the Mg content. In addition, the Mg(MgxZn1-x)(2)P-2 phase can equilibrate with Zn3P2 only in the case of x = 0 (MgZn2P2) despite the wide composition range available. The lattice mismatch between MgZn2P2 and Zn3P2 is about 0.5%, which is consistent with our previous results of an electron diffraction study on Mg(MgxZn1-x)(2)P-2/Zn3P2 interfaces. We also find that the interface between Mg and Mg(MgxZn1-x)(2)P-2 is unstable and that the interface reaction is expected to result in the formation of the Mg-rich phosphide phase, which is air- and water-sensitive. The instability of the reaction product in the atmosphere can degrade the device via the formation of voids around the interface, which was observed in our previous work. Therefore, we deduce that Mg is not suitable as the surface electrode of Mg(MgxZn1-x)(2)P-2/Zn3P2 solar cells. The phase equilibria established in this study can aid in redesigning the device structure of Zn3P2-based solar cells and in further investigation of the physical properties of Mg(MgxZn1-x)(2)P-2.

    DOI: 10.1016/j.jssc.2019.120983

    Web of Science

    researchmap

  19. Formation mechanism of InP films by phosphidation under controlled chemical potential and wetting behavior 査読有り

    Ryoji Katsube, Yuming Yang, Shigeru Nakatsuka, Yoshitaro Nose

    ACS Applied Electronic Materials   1 巻   頁: 877 - 882   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsaelm.9b00084

    researchmap

  20. Improvement of Ohmic Behavior of Back Contact in ZnSnP2 Solar Cells by Inserting Cu3P 査読有り

    Taro Kuwano, Ryoji Katsube, Yoshitaro Nose

    2019 IEEE 46th Photovoltaic Specialist Conference (PVSC)   accepted 巻   頁: 3007 - 3009   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  21. Reactive Epitaxial Formation of a Mg-P-Zn Ternary Semiconductor in Mg/Zn3P2 Solar Cells 査読有り

    Ryoji Katsube, Kenji Kazumi, Tomo Tadokoro, Yoshirato Nose

    ACS Applied Materials and Interfaces   10 巻   頁: 36102 - 36107   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsami.8b11423

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  22. Investigation on Phase Equilibria in the Mg-P-Zn system Concerning Mg(Mg<inf>x</inf>Zn<inf>1-x</inf>)<inf>2</inf>P<inf>2</inf>/Zn<inf>3</inf>P<inf>2</inf>-Based Photovoltaics 査読有り

    Ryoji Katsube, Yoshitaro Nose

    2018 IEEE 7th World Conference on Photovoltaic Energy Conversion (WCPEC) (A Joint Conference of 45th IEEE PVSC, 28th PVSEC & 34th EU PVSEC)     2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/pvsc.2018.8547932

    researchmap

  23. Ternary phosphide semiconductor in Mg/Zn3P2 solar cells 査読有り

    Ryoji Katsube, Kenji Kazumi, Yoshitaro Nose

    2017 IEEE 44th Photovoltaic Specialist Conference (PVSC)     2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/pvsc.2017.8366757

    researchmap

  24. Orientation of Zn3P2 films via phosphidation of Zn precursors 査読有り

    Ryoji Katsube, Yoshitaro Nose

    JOURNAL OF CRYSTAL GROWTH   459 巻   頁: 95 - 99   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Orientation of solar absorber is an important factor to achieve high efficiency of thin film solar cells. In the case of Zn3P2 which is a promising absorber of low-cost and high-efficiency solar cells, (110)/(001) orientation was only reported in previous studies. We have successfully prepared (101)-oriented Zn3P2 films by phosphidation of (0001)-oriented Zn films at 350 degrees C. The phosphidation mechanism of Zn is discussed through STEM observations on the partially-reacted sample and the consideration of the relationship between the crystal structures of Zn and Zn3P2. We revealed that (0001)-oriented Zn led to nucleation of (101)-oriented Zn3P2 due to the similarity in atomic arrangement between Zn and Zn3P2. The electrical resistivity of the (101)-oriented Zn3P2 film was lower than those of (110)/(001)-oriented films, which is an advantage of the phosphidation technique to the growth processes in previous works. The results in this study demonstrated that well-conductive Zn3P2 films could be obtained by controlling orientations of crystal grains, and provide a guiding principle for microstructure control in absorber materials.

    DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2016.11.040

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  25. Thermodynamic considerations on interfacial reactivity concerning carrier transport characteristics in metal/p-Zn3P2 junctions 査読有り

    Ryoji Katsube, Yoshitaro Nose

    Journal of Materials Chemistry C   5 巻 ( 22 ) 頁: 5538 - 5543   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry  

    Carrier transport across a metal/semiconductor interface plays a key role in electronic devices. It is generally affected by some interactions at interfaces, such as atomic interdiffusion and formation of intermediate compounds
    however, it is hard to consider all possible chemical reactions at the interface. In this work, we adopted a chemical potential diagram for comprehensive discussions on chemical reactions at the interfaces between the metal (M) and p-type zinc phosphide (p-Zn3P2), which is a promising candidate as an absorber in thin-film solar cells. We revealed that Schottky or Ohmic behavior depended on the reaction at the interfaces through the investigations in Al/p-Zn3P2 and Ag/p-Zn3P2 junctions. The interdiffusion was observed at the interface of Al/p-Zn3P2, while the interfacial structure in Ag/p-Zn3P2 was not changed by annealing. Such behaviors were thermodynamically expected from the chemical potential diagrams and determined the transport characteristics considering the similar work functions of Al and Ag. Furthermore, the discussions on other M-P-Zn (M = Au, In, Mn, Cu) systems based on chemical potential diagrams clarified that phosphide semiconductors as intermediate compounds were formed in the M/p-Zn3P2 junctions, which show Schottky behavior, and that Ohmic M/p-Zn3P2 junctions are stable. Therefore, it is concluded that we should discuss the band structures in heterojunctions under the considerations on reactivity at the interfaces, which is comprehensively understood using chemical potential diagrams.

    DOI: 10.1039/c7tc01047h

    Scopus

    researchmap

  26. Growth and characterization of indium-doped Zn3P2 bulk crystals 査読有り

    Ryoji Katsube, Hiroyuki Hayashi, Akira Nagaoka, Kenji Yoshino, Yoshitaro Nose, Yasuharu Shirai

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   55 巻 ( 4 )   2016年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    In this paper, we report the crystal growth of indium-doped zinc phosphide bulk crystals to obtain n-type conduction. The crystal growth experiments were carried out by unidirectional solidification from In-Zn-P ternary solution, and n-type Zn3P2 bulk crystals were successfully obtained. It was also revealed that the electrical properties of indium-doped Zn3P2 crystals could be controlled by heat treatment under controlled partial pressure of phosphorus or zinc. The relationship between the electron concentration and the partial pressure of zinc or phosphorus even in indium-doped Zn3P2 can be understood on the basis of defect equilibria, as in the case of undoped Zn3P2. However, the controllable range of the electron concentration was 10(10)-10(13)cm(-3), which was too low in terms of the concentration of doped indium. This is due to the low formation energy of the intrinsic acceptor, interstitial phosphorus, and carrier compensation should be discussed. According to recent reports on ab initio calculation, a weakly n-type Zn3P2 is expected to be formed under extremely Zn-rich growth conditions. The results obtained in this study coincide with the prediction based on calculations, and provide useful knowledge for the formation of the p-n junction of Zn3P2. (C) 2016 The Japan Society of Applied Physics

    DOI: 10.7567/JJAP.55.041201

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  27. Growth and characterization of Cu2ZnSn(SxSe1-x)(4) single crystal grown by traveling heater method 査読有り

    Akira Nagaoka, Ryoji Katsube, Shigeru Nakatsuka, Kenji Yoshino, Tomoyasu Taniyama, Hideto Miyake, Koichi Kakimoto, Michael A. Scarpulla, Yoshitaro Nose

    JOURNAL OF CRYSTAL GROWTH   423 巻   頁: 9 - 15   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    High-quality Cu(2)ZriSn(SxSe1-x)(4)(CZTS(x)Se(1-x)) single crystals were grown by the traveling heater method (THN1), which is an example of a solution growth process. The CZTS(x)Se(1-x) solute-Sn solvent pseudobinary system was investigated and the ranges of growth temperature and quantity of solvent were determined for THN1 growth. The CZTS(x)Se(1-x) Sel single crystals were obtained from a 70-80 mol% CZTS(x)Se(1-x), solution at growth temperature 900 degrees C and speed 4-5 mmiclay. The structural and compositional analyses of the grown single crystals were carried out by powder X-ray diffraction, Raman spectroscopy and electron probe microanalysis. The grown crystals were kesterite and nearly stoichiometric with slightly Cu poor and Zn-rich despite the excess Sn used as the solvent. As the sulfur content x increases, the carrier concentration increases slightly but systematically between 2 x 10(17) and 3 x 10(17) cm(-3) while the mobility decreases from 35.1 to 104 cm(2) V-1 s(-1). These data provide references for the results of characterization on thin film samples as well as giving insight into the defect equilibrium and resulting quantities such as doping and mobility affecting device performance. Published by Elsevier B.V.

    DOI: 10.1016/j.jcrysgro.2015.04.012

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

▼全件表示

MISC 2

  1. 熱力学に基づくカルコパイライト型リン化物半導体の作製プロセスと太陽電池応用 査読有り

    野瀬 嘉太郎, 勝部 涼司, 桑野 太郎  

    応用物理91 巻 ( 5 ) 頁: 280 - 284   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.11470/oubutsu.91.5_280

    J-GLOBAL

    researchmap

  2. 機械学習による相図作成の効率化 査読有り

    田村 亮, 寺山 慧, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎  

    応用物理91 巻 ( 2 ) 頁: 96 - 100   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

講演・口頭発表等 143

  1. Solidification sequence of practical TiAl-based casting alloys

    Ryoji Katsube, Taka Narumi, Hideyuki Yasuda

    The 11th Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing (PRICM11)  2023年11月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  2. 粒径100μm級の鉄鋼材料におけるδ-γ変態の巨大過冷

    勝部涼司, 大崎正裕, 土井実春, 鳴海大翔, 安田秀幸

    日本鉄鋼協会2023年秋期第186回講演大会  2023年9月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  3. 液体金属の完全濡れ現象の探求とIII-V族りん化物製膜への展開

    勝部涼司, 今宿晋, 鳴海大翔, 安田秀幸

    第70回応用物理学会春季学術講演大会  2023年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  4. Ti-48Al-2Cr-2Nb合金の凝固組織: BCC + HCP協調的デンドライト

    勝部涼司, 鳴海大翔, 安田秀幸

    日本金属学会2023年春期第172回講演大会  2023年3月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  5. Solidification phenomena in CrMnFeCoNi and related alloys revealed by X-ray imaging techniques

    Ryoji Katsube, Shigehiro Tokuri, Takumi Tomiyama, Keita Nakano, Litian Luo, Taka Narumi, Hideyuki Yasuda

    International Workshop on High-entropy Alloys  2023年2月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  6. ハイエントロピー合金の凝固組織形成: Cantor合金とその派生系に着目して

    勝部涼司, 土久里成弘, 冨山拓己, Luo Litian, 中野敬太, 鳴海大翔, 安田秀幸

    2022年度応用物理学会多元化合物・太陽電池研究会年末講演会  2022年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  7. TiAl基合金の凝固過程の時間分解三次元観察

    勝部涼司, 野々村真誉, 鳴海大翔, 安田秀幸

    日本金属学会2022年秋期第171回講演大会  2022年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  8. Formation of binary phosphide films for photovoltaics via phosphidation of precisely-controlled metallic precursors 招待有り

    Ryoji Katsube, Yoshitaro Nose

    The 8th Asian Conference on Crystal Growth and Crystal Technology  2021年3月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  9. 金属溶媒を利用した 第二族元素含有三元リン化物半導体の開拓

    勝部 涼司, 原田 航, 大場 史康, 野瀬 嘉太郎

    第66回応用物理学会春季学術講演会  2019年3月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  10. Ternary phosphide semiconductor in Mg/Zn3P2 solar cells 国際会議

    Ryoji Katsube, Kenji Kazumi, Yoshitaro Nose

    IEEE PVSC-44  2017年6月29日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  11. Thermodynamic Assessments of Reactivity at Metal/p-Zn3P2 Interfaces: Relationship between Interface Structure and Carrier Transport Behavior 国際会議

    Ryoji Katsube, Yoshitaro Nose

    IUMRS-ICAM2017  2017年8月30日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  12. 三元化合物MgxZnyP2形成に伴うMg/p-Zn3P2太陽電池の特性評価

    勝部 涼司, 鹿住 健司, 野瀬 嘉太郎

    第14回「次世代の太陽光発電システム」シンポジウム  2017年7月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  13. 化合物半導体 Zn3P2の III-V 族リン化物半導体との固溶体形成

    勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎, 白井 泰治

    第53回セラミックス基礎科学討論会  2015年1月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  14. 機械学習を援用した効率的な ZnSnP2成膜条件探索

    勝部 涼司, 寺山 慧, 田村 亮, 野瀬 嘉太郎

    第17回「次世代の太陽光発電システム」シンポジウム  2020年10月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  15. 機械学習を援用した効率的な相図構築 -ZnSnP2成膜を例に

    勝部 涼司, 寺山 慧, 田村 亮, 野瀬 嘉太郎

    第67回応用物理学会春季学術講演会  2020年3月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  16. 異原子価金属リン化物間の固溶体Zn3(1-x)M2xP2 (M = Al, Ga, In) の固溶限, 結晶構造, および発光

    勝部 涼司, 鹿住 健司, 峯元 高志, 野瀬 嘉太郎

    2018年3月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  17. 薄膜太陽電池のバッファ層を指向したIIA-Zn-P系化合物群の探索

    勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    第79回応用物理学会秋季学術講演会  2018年9月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  18. 酸化物薄膜上における液体In の完全濡れの機構解明: 任意基板上III-V 族化合物成膜に向けて

    勝部 涼司, 辻 創太, 桑野 太郎, Yang Yuming, 野瀬 嘉太郎

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年9月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  19. 金属/p-Zn3P2接合における界面反応と電子輸送特性

    勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    第77回応用物理学会秋季学術講演会  2016年9月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  20. 金属/p-Zn3P2接合における界面反応と電子輸送特性との相関

    勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    第1回フロンティア太陽電池セミナー  2016年11月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  21. 金属/Zn3P2界面における反応拡散と電子輸送特性

    勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎, 白井 泰治

    材料物性工学談話会平成27年度第2回講演会ならびにポスター発表会  2016年1月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  22. 金属Zn薄膜のリン化による高配向Zn3P2薄膜の作製

    勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎, 白井 泰治

    第63回応用物理学会春季学術講演会  2016年3月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  23. Templated-Liquid-Phase (TLP) 法によるInP成膜におけるキャップ・下地各層の潜在的機能の解明

    勝部 涼司, Yang Yuming, 野瀬 嘉太郎

    第66回応用物理学会春季学術講演会  2019年3月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  24. FORMATION OF A NOVEL MG-P-ZN TERNARY SEMICONDUCTOR: A KEY MATERIAL OF EFFICIENCY ENHANCEMENT IN Zn3P2-BASED SOLAR CELLS 国際会議

    Ryoji Katsube, Kenji Kazumi, Yoshitaro Nose

    27th International Photovoltaic Science and Engineering Conference (PVSEC-27)  2017年11月15日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  25. Growth and electric properties of n-type Zn3P2 bulk crystals 国際会議

    Ryoji Katsube, Akira Nagaoka, Yoshitaro Nose, Kenji Yoshino, Yasuharu Shirai

    2nd Japan-Korea Joint Symposium on Compound Semiconductor Solar Cells  2015年1月29日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  26. Investigation on Phase Equilibria in the Mg-P-Zn system Concerning Mg(MgxZn1-x)2P2-Based Photovoltaics 国際会議

    Ryoji Katsube, Yoshitaro Nose

    WCPEC-7  2018年6月13日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  27. Mg-P-Zn三元系化合物の不定比性と結晶構造の解明

    勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    第78回応用物理学会秋季学術講演会  2017年9月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  28. Mg/Zn3P2太陽電池における新規Mg-P-Zn系化合物

    勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    第64回応用物理学会春季学術講演会  2017年3月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  29. pnictide/pnictide ヘテロ接合に向けた新規三元リン化物半導体の探索

    勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    第15 回 「次世代の太陽光発電システム」シンポジウム  2018年7月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  30. Snを溶媒としたMg(MgxZn1-x)2P2の作製と光学的特性評価

    勝部 涼司, 前田 毅, 和田 隆博, 野瀬 嘉太郎

    第78回応用物理学会秋季学術講演会  2017年9月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  31. Ferrite-Austenite Transformation During/After Solidification in Steels Observed by Time-Resolved Tomography and X-ray Diffractometry

    Yanxin Wang, Masahiro Ohsaki, Taka Narumi, Ryoji Katsube, Hideyuki Yasuda

    The 16th Japan-China Symposium on Science and Technology of Iron and Steel  2024年6月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  32. 超高純度Fe-CおよびFe-C-Si合 金のグラファイト形態変化に及ぼすMgの影響

    杉山明, タロック澪, 安田秀幸, 鳴海大翔, 勝部涼司

    日本鋳造工学会 第183回全国講演大会  2024年5月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  33. 固液共存域における引張変形に及ぼす組織の影響

    庄司雄大, 沼田泰佑, 鳴海大翔, 安田秀幸, 勝部涼司

    日本鋳造工学会 第183回全国講演大会  2024年5月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  34. 時間分解CTによるバルクAl-Cu合金のデンドライト組織の観察に基づいた温度履歴が液相の透過率に及ぼす寄与の検討

    中埜創太, 鳴海大翔, 安田秀幸, 勝部涼司

    日本鋳造工学会 第183回全国講演大会  2024年5月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  35. 時間分解X線トモグラフィによるバルクの Al-Cu合金固液共存体の変形過程の定量解析

    鳴海大翔, 沼田泰佑, 庄司雄大, 笹田智也, 安田秀幸, 勝部涼司

    日本鋳造工学会 第183回全国講演大会  2024年5月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  36. Time-resolved X-ray diffraction measurement of austenite coarsening after a massive-like transformation in Fe-0.45C steel

    王彦鑫, 大﨑正裕, 鳴海大翔, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本鉄鋼協会第187回春季講演大会  2024年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  37. 4D-CT+XRDを用いた炭素鋼のマッシブ的変態の結晶学的解析

    大﨑正裕, 勝部涼司, 鳴海大翔, 安田秀幸

    日本鉄鋼協会第187回春季講演大会  2024年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  38. TiAl基合金のbcc-hcp共存デンドライトの方位解析

    井本侑樹, 勝部涼司, 鳴海大翔, 安田秀幸

    日本鉄鋼協会第187回春季講演大会  2024年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  39. 放射光X線CTによるAl-Cu合金固液共存体の引張変形の三次元観察

    庄司雄大, 沼田泰佑, 鳴海大翔, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本金属学会2024年春期第174回講演大会  2024年3月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  40. Al-10mass%Cuバルク試料のデンドライト組織への温度履歴の影響

    中埜創太, 鳴海大翔, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本金属学会2024年春期第174回講演大会  2024年3月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  41. TiAl基合金におけるα相からの固相変態過程の解明

    井本 侑樹, 勝部 涼司, 鳴海 大翔, 安田 秀幸

    日本金属学会2024年春期第174回講演大会  2024年3月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  42. BCC-FCC変態を生じるCr-Mn-Fe-Co-Ni 合金の凝固組織

    江川 彩斗, 冨山 拓己, 勝部 涼司, 鳴海 大翔, 安田 秀幸

    日本金属学会2024年春期第174回講演大会  2024年3月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  43. Quantifying deformation microstructure inside semisolid Al-Cu alloy using fast synchrotron tomography

    Taka Narumi, Taisuke Numata, Yuta Shoji, Ryoji Katsube, Hideyuki Yasuda

    MRM2023/IUMRS-ICA2023  2023年12月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  44. Solidification and Subsequent Phase Transformations in TiAl-based alloys: An In-situ Time-Resolved X-ray Tomography and X-ray Diffraction Study

    Ryoji Katsube, Yuki Imoto, Taka Narumi, Hideyuki Yasuda

    MRM2023/IUMRS-ICA2023  2023年12月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  45. Time-resolved and in-situ observation of solidification in Fe–22mass%Mn–0.7mass%C alloy using X-ray imaging techniques

    Taka Narumi, Kengo Fujita, Makoto Ohta, Ryoji Katsube, Hideyuki Yasuda

    The 11th Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing (PRICM11)  2023年11月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  46. Time-resolved in-situ X-ray tomography/diffractometry of solidification and phase transformation in γ-TiAl alloys

    Ryoji Katsube, Yuki Imoto, Taka Narumi, Hideyuki Yasuda

    Korea-Japan Joint Symposium on Titanium  2023年10月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  47. 超高純度Fe-CおよびFe-C-Si合金に晶出するグラファイトの形態変化

    杉山明, タロック澪, 安田秀幸, 鳴海大翔, 勝部涼司

    日本鋳造工学会 第182回全国講演大会  2023年10月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  48. X線トモグラフィーを用いたAl-Cu合金の固液共存域に特有なせん断変形の定量解析

    庄司雄大, 鳴海大翔, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本鋳造工学会 第182回全国講演大会  2023年10月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  49. 時間分解三次元観察を用いたAl-Cu合金の液相透過率の評価と冷却条件の関係

    中埜創太, 鳴海大翔, 勝部涼司, 安田秀幸, 杉山明

    日本鋳造工学会 第182回全国講演大会  2023年10月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  50. Al-Cu合金の固液共存体の圧縮過程で起きる不均一変形の定量解析

    沼田泰佑, 鳴海大翔, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本金属学会2023年秋期第173回講演大会  2023年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  51. 粒径100μm級鉄鋼材料のマッシブ的変態におけるδ-γ相間の結晶方位関係

    大崎正裕, 勝部涼司, 鳴海大翔, 安田秀幸

    日本鉄鋼協会2023年秋期第186回講演大会  2023年9月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  52. 時間分解CTを用いたバルクの固液共存体の変形組織の解析

    鳴海大翔, 沼田泰佑, 庄司雄大, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本鉄鋼協会2023年秋期第186回講演大会  2023年9月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  53. Fe-22Mn-0.7C合金の凝固過程におけるγ粒間の結晶方位関係

    藤田健吾, 安田秀幸, 鳴海大翔, 勝部涼司

    日本鉄鋼協会2023年秋期第186回講演大会  2023年9月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  54. Al-10mass%Cu合金デンドライト組織に及ぼす温度履歴の影響

    中埜創太, 西口ありさ, 鳴海大翔, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本金属学会2023年秋期第173回講演大会  2023年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  55. 種々のTi/Al比を有するTi-Al合金の凝固・相変態過程の解明

    井本侑樹, 勝部涼司, 鳴海大翔, 安田秀幸

    日本金属学会2023年秋期第173回講演大会  2023年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  56. 機械学習における回帰手法を援用したCr-Mn-Fe-Co-Ni系におけるミクロ偏析フリー組成の探索

    土久里成弘, 勝部涼司, 鳴海大翔, 安田秀幸

    日本金属学会2023年秋期第173回講演大会  2023年9月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  57. その場観察に基づくAl-Cr-Fe-Co-Ni合金の凝固組織形成過程の理解と制御

    江川彩斗, 片岡宏樹, 勝部涼司, 鳴海大翔, 安田秀幸

    日本金属学会2023年秋期第173回講演大会  2023年9月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  58. X線トモグラフィによるバルクのAl-Cu合金固液共存体におけるせん断帯形成の解明

    庄司雄大, 沼田泰佑, 鳴海大翔, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本金属学会2023年秋期第173回講演大会  2023年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  59. HCP構造を有するMg-Zn合金のデンドライトアームの成長方位

    西口ありさ, 勝部涼司, 鳴海大翔, 安田秀幸

    日本金属学会2023年秋期第173回講演大会  2023年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  60. 3D observation of microstructure evolution and casting defect formation during solidification in Al and Mg Alloy 招待有り

    Hideyuki Yasuda, Arisa Nishiguchi, H Xue, Ryoji Katsube, Taka Narumi

    10th international light metals technology conference (LMT2023)  2023年7月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  61. In situ observation of solidification in peritectic steels and evaluation of the strains induced in the solidifying shell

    Hideyuki Yasuda, Taka Narumi, Ryoji Katsube, Yukihiro Nanri

    16th international conference on Modeling of casting, welding and advanced solidification processes (MCWASP XVI)  2023年6月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  62. Reconstruction of dendritic growth by fast tomography and phase field filtering

    Hideyuki Yasuda, Arisa Nishiguchi, Haoyan Xue, Minori Nonomura, Keita Nakano, Ryoji Katsube, Taka Narumi, Tomohiro Takaki

    16th international conference on Modeling of casting, welding and advanced solidification processes (MCWASP XVI)  2023年6月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  63. 鋳造欠陥につながる固液共存体の不均一変形の4D-CTを用いた三次元 その場観察

    沼田泰佑, 鳴海大翔, 勝部涼司, 安田秀幸

    公益社団法人日本鋳造工学会 第181回全国講演大会  2023年5月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  64. 超高純度Fe-C合金に晶出する グラファイトの形態変化に及ぼす添 加元素の影響

    杉山明, タロック澪, 安田秀幸, 鳴海大翔, 勝部涼司

    公益社団法人日本鋳造工学会 第181回全国講演大会  2023年5月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  65. HCP構造Mg-Zn合金のデンドラ イトの時間分解三次元観察

    西口ありさ, 勝部涼司, 鳴海大翔, 安田秀幸

    公益社団法人日本鋳造工学会 第181回全国講演大会  2023年5月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  66. 時間分解CTによるAl-Cu合金の 凝固組織のゆらぎとマクロ偏析への 影響

    薛浩妍, 西口ありさ, 鳴海大翔, 勝部涼司, 上杉健太朗

    公益社団法人日本鋳造工学会 第181回全国講演大会  2023年5月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  67. デンドライトアームの変形により誘起される分断現象の時間分解透過X線イメージング観察

    鳴海大翔, 太田誠, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本鉄鋼協会2023年春期第185回講演大会、  2023年3月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  68. 時間分解X線回折測定を用いたFe-18Cr-20Ni合金の過冷凝固過程における準安定フェライト選択の実証

    藤田健吾, 安田秀幸, 鳴海大翔, 勝部涼司

    日本鉄鋼協会2023年春期第185回講演大会  2023年3月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  69. 時間分解X線イメージングを用いたFe–22Mn–0.7C合金の凝固パスの解明と非金属介在物による準安定フェライトの核生成制御を活用した凝固組織制御

    鳴海大翔, 藤田健吾, 太田誠, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本鉄鋼協会2023年春期第185回講演大会  2023年3月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  70. 非等モル組成 Cr-Mn-Fe-Co-Ni合金におけるデンドライトの優先成長方位

    土久里成弘, 勝部涼司, 鳴海大翔, 安田秀幸

    日本金属学会2023年春期第172回講演大会  2023年3月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  71. 4D-CT によるAl-10mass%Cuバルク試料の凝固組織の評価

    薛浩妍, 鳴海大翔, 安田秀幸, 勝部涼司, 西口ありさ

    日本金属学会2023年春期第172回講演大会  2023年3月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  72. HCP構造Mg−Zn合金のデンドライトの時間分解三次元観察

    西口ありさ, 勝部涼司, 鳴海大翔, 安田秀幸

    日本金属学会2023年春期第172回講演大会  2023年3月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  73. Al-Cu合金の固液共存体の圧縮試験におけるせん断帯の形成過程の解析

    沼田泰佑, 鳴海大翔, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本金属学会2023年春期第172回講演大会  2023年3月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  74. 鋳造組織の微細化を目指した時間分解X線イメージングを用いた変形によるAl-Cuデンドライトの分断過程の解析

    太田誠, 鳴海大翔, 勝部涼司, 安田秀幸

    令和4年度日本鋳造工学会関西支部秋季講演大会  2022年12月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  75. Fragmentation of Dendrite Arms and Grain Refining: In-Situ Observation Using Synchrotron Radiation X-Rays 招待有り

    Hideyuki Yasuda, Taka Narumi, Ryoji Katsube

    International Workshop on Electromagnetic Metallurgy and Material Science with High Magnetic Field  2022年10月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  76. Direct Observation of Microstructure Evolution During Solidification in Cast Steel and Cast Iron by Synchrotron X-ray Imaging Techniques 招待有り

    Hideyuki Yasuda, Akira Sugiyama, Taka Narumi, Ryoji Katsube

    74th World Foundry Congress  2022年10月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  77. マッシブ的なδ-γ変態により凝固シェルに生じるひずみ

    安田秀幸, 鳴海大翔, 勝部涼司

    日本鉄鋼協会2022年秋期第184回講演大会  2022年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  78. Tiを添加したFe-22Mn-0.7C合金の凝固過程その場観察

    鳴海大翔, 藤田健吾, 太田誠, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本鉄鋼協会2022年秋期第184回講演大会  2022年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  79. デンドライトアームの変形により誘起される分断現象

    太田誠, 鳴海大翔, 沼田泰介, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本鉄鋼協会2022年秋期第184回講演大会  2022年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  80. Fe-22Mn-0.7C鋼の凝固過程における準安定フェライトの選択

    藤田健吾, 鳴海大翔, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本鉄鋼協会2022年秋期第184回講演大会  2022年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  81. 変形によるAl-Cuデンドライトの多結晶化の4D-CT/XRDを用いたその場観察

    沼田泰佑, 太田誠, 鳴海大翔, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本金属学会2022年秋期第171回講演大会  2022年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  82. Mo-Nb-Ta-V-W合金におけるミクロ偏析低減の可能性とBCC二相分離

    土久里成弘, 中野敬太, 勝部涼司, 鳴海大翔, 安田秀幸

    日本金属学会2022年秋期第171回講演大会  2022年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  83. Cr-Mn-Fe-Co-Cu合金の凝固・固相変態による組織形成の特徴

    冨山拓己, 勝部涼司, 鳴海大翔, 安田秀幸

    日本金属学会2022年秋期第171回講演大会  2022年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  84. HCP構造Zn−Al合金のデンドライトの定量的観察

    西口ありさ, 野々村真誉, 勝部涼司, 鳴海大翔, 安田秀幸

    日本金属学会2022年秋期第171回講演大会  2022年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  85. Quantitative Observation of Dendritic Growth in Metallic Alloys by Time-Resolve and In-situ Tomography 招待有り

    Hideyuki Yasuda, Minori Nonomura, Taka Narumi, Ryoji Katsube, Yukihiro Nanri, Sota Tsuji

    6th International Congress on 3D Materials Science  2022年6月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  86. Observation of grain motion during semisolid deformation by using 4D-CT and 3DXRD

    Taka Narumi, Koki Ohta, Makoto Ohta, Taisuke Numata, Kentaro Asahi, Ryoji Katsube, Hideyuki Yasuda

    6th International Conference on Advances in Solidification Processes  2022年6月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  87. Microstructure evolution induced by the solidification and the ferrite - austenite massive-like in Fe-C and Fe-Cr-Ni alloys

    Hideyuki Yasuda, Taka Narumi, Ryoji Katsube, Yukihiro Nanri, Sota Tsuji

    6th International Conference on Advances in Solidification Processes  2022年6月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  88. 4D-CTを用いたAl-Cu合金の固液共存体の圧縮変形におけるポロシティ形成のその場観察

    鳴海大翔, 大田滉貴, 太田誠, 勝部涼司, 安田秀幸

    軽金属学会2022年第142回大会  2022年5月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  89. 放射光を用いたAl-Cu合金固液共存体の変形の時間分解・三次元その場観察

    鳴海大翔, 大田滉貴, 太田誠, 沼田泰祐, 朝日健太郎, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本鋳造工学会2022年第179回全国講演大会  2022年5月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  90. 透過X線イメージングによるFe-22Mn-0.7C合金の凝固過程その場観察

    鳴海大翔, 藤田健吾, 太田誠, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本鉄鋼協会2022年春期第183回講演大会  2022年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  91. 時間分解X線イメージング(2D/3D)による 凝固過程のダイナミクスの解明 招待有り

    安田秀幸, 鳴海大翔, 勝部涼司, 高木知弘, 森下浩平, 南里幸宏, 辻創太, 野々村真誉

    日本金属学会2022年春期第170回講演大会  2022年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  92. 種々のZn濃度でのAl-Zn合金におけるデンドライト成長の定量解析

    鳴海大翔, 野々村真誉, 西口ありさ, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本金属学会2022年春期第170回講演大会  2022年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  93. 等モルCr-Mn-Fe-Co-Ni合金の凝固パスに基づくCr-Fe-Co-Ni系合金の偏析フリー組成探索

    冨山拓己, 勝部涼司, 鳴海大翔, 安田秀幸

    日本金属学会2022年春期第170回講演大会  2022年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  94. 4D-CTによるAl-Cu合金の固液共存体の圧縮過程の定量解析

    鳴海大翔, 大田滉貴, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本金属学会2022年春期第170回講演大会  2022年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  95. 0.18C鋼の凝固・δ-γ変態におけるサイズ効果: δ-γ変態しない凝固条件の発見

    土井実春, 勝部涼司, 辻創太, 南里宏幸, 鳴海大翔, 安田秀幸

    日本鉄鋼協会2022年春期第183回講演大会  2022年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  96. 4D-CTとXRDによる純鉄及びFe-C合金の体積・格子定数の温度変化測定

    鳴海大翔, 南里宏幸, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本鉄鋼協会2022年春期第183回講演大会  2022年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  97. Characterization of dendritic growth in Cr-Mn-Fe-Co-Ni and Cr-Fe-Co-Ni alloys

    Hideyuki Yasuda, Taka Narumi, Ryoji Katgsube, Keita Nakano, Takumi Tomiyama

    Materials Research Meeting 2021  2021年12月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  98. Time-resolved and in-situ observations of Solidification in Ductile Cast Iron

    Kiattisaksri Chatcharit, Akira Sugiyama, Kohei Morishita, Taka Narumi, Ryoji Katsube, Hideyuki Yasuda

    12th International Symposium on Science and Processing of Cast Iron (SPCI-XII) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  99. Solidification sequence in ductile cast iron: time-resolved and in-situ X-ray imaging

    Hideyuki Yasuda, Kiattisaksri Chatcharit, Akira Sugiyama, Kohei Morishita, Taka Narumi, Ryoji Katsube

    12th International Symposium on Science and Processing of Cast Iron (SPCI-XII) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  100. CrMnFeCoNi系、CrMnFeCoCu系ハイエントロピー合金の凝固パスと相選択 招待有り

    安田 秀幸, 勝部 涼司, 鳴海 大翔, Luo Litian, 中野 敬太, 冨山 拓己

    日本金属学会第169回秋季講演大会  2021年9月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  101. 4D-CT/3DXRDによるAl-Cu合金の固液共存体の圧縮過程の定量解析

    大田 滉貴, 鳴海 大翔, 勝部 涼司, 安田 秀幸

    日本金属学会第169回秋季講演大会  2021年9月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  102. 4D-CTと3DXRDによる高固相率のAl-Cu合金等軸晶の固液共存体の変形過程のその場観察

    鳴海大翔, 大田滉貴, 太田誠, 勝部涼司, 安田 秀幸

    日本金属学会第169回秋季講演大会  2021年9月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  103. Biドープによるn-SnSe薄膜の作製

    石谷 康平, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    第82回応用物理学会秋季学術講演会  2021年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  104. 炭素鋼におけるマッシブ的変態後のγ粒の粗大化に及ぼすTiの影響

    辻創太, 鳴海大翔, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本鉄鋼協会第182回秋季講演大会  2021年9月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  105. Fe-18Cr-11Ni合金のマッシブ的変態後のγ粒粗大化に及ぼす残留δ相の影響

    鳴海大翔, 市田晃大, 勝部涼司, 安田秀幸

    日本鉄鋼協会第182回秋季講演大会  2021年9月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  106. 蒸留を用いたSn(S,Se)固溶体の単結晶成長

    石谷 康平, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    資源・素材学会関西支部 第17回「若手研究者・学生のための研究発表会」  2020年12月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  107. 高純度SnSを用いた薄膜太陽電池の作製

    武村 友輝, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    第80回応用物理学会秋季学術講演会  2019年9月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  108. Ti-S鎖状構造を有する硫化物半導体Sr9Ti8S24の合成と熱電特性評価

    田部 考治, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    第78回応用物理学会秋季学術講演会  2017年9月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  109. Time-resolved 2D and 3D Observation of Microstructure Evolution during Solidification and Subsequent Cooling in Steels

    Hideyuki Yasuda, Taka Narumi, Ryoji Katsube, Yukihiro Nanri, Sota Tsuji

    Asia Steel 2021  2021年12月8日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  110. Zn3P2/BaSi2ヘテロ接合太陽電池に向けたダイオード特性評価

    高橋 一真, 勝部 涼司, 黒川 康良, 野瀬 嘉太郎, 宇佐美 徳隆

    第1回フロンティア太陽電池セミナー  2016年11月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  111. ZnSnP2吸収層/Cu電極界面へのCu3Pの挿入による太陽電池の直列抵抗低減と変換効率向上 招待有り

    桑野 太郎, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    第80回応用物理学会秋季学術講演会  2019年9月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  112. ZnSnP2吸収層とCu裏面電極との接合の界面構造とキャリア輸送

    桑野 太郎, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    第79回応用物理学会秋季学術講演会  2018年9月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  113. ZnSnP2太陽電池の裏面電極構造

    桑野 太郎, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    第16回「次世代の太陽光発電システム」シンポジウム  2019年7月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  114. ホットプレス法によるSrTiS3の作製

    上水樽 昂樹, 永岡 章, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎, 吉野 賢二

    第​10​回​半​導​体​材​料​・​デ​バ​イ​ス​フ​ォ​ー​ラ​ム  2018年10月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  115. リン化法によるCdSnP2薄膜の作製

    井上 亮輔, 中塚 滋, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎, 白井 泰治

    資源素材学会関西支部 第12回 若手研究者・学生のための研究発表会  2015年12月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  116. 低融点金属溶媒を利用した (Ge,Sn)Sの作製

    市川 智士, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  117. 凝固組織の定量観察を目指した時間分解三次元観察の応用

    安田秀幸, 鳴海大翔, 勝部涼司, 高木知弘

    日本鉄鋼協会2021年度高温プロセス部会若手フォーラム第二回研究会  2021年11月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  118. 前駆体の濡れ性制御による高平坦性InPの成膜

    楊 宇明, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    第79回応用物理学会秋季学術講演会  2018年9月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  119. 化学ポテンシャルを制御した硫化スズ(II)(SnS)の成膜

    岩田 晃樹, 勝部 涼司, 中塚 滋, 野瀬 嘉太郎

    第78回応用物理学会秋季学術講演会  2017年9月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  120. 単相SnSを用いた薄膜太陽電池セルの作製

    武村 友輝, 勝部 涼司, 桑野 太郎, 野瀬 嘉太郎

    第16回「次世代の太陽光発電システム」シンポジウム  2019年7月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  121. 反応拡散を利用したSnSの成膜

    岩田 晃樹, 勝部 涼司, 中塚 滋, 野瀬 嘉太郎

    第2回フロンティア太陽電池セミナー  2017年11月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  122. 反応拡散を利用した硫化スズ(II)(SnS)の成膜

    岩田 晃樹, 勝部 涼司, 中塚 滋, 野瀬 嘉太郎

    第64回応用物理学会春季学術講演会  2017年3月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  123. 新規熱電硫化物半導体II-Ti-S系化合物の探索

    田部 考治, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    資源・素材学会関西支部「第14回若手研究者・学生のための研究発表会」  2017年12月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  124. 時間分解トモグラフィと結晶方位解析によるAl-Cu合金デンドライトの変形と溶断のその場観察

    太田誠, 鳴海大翔, 大田滉貴, 勝部涼司, 安田秀幸

    軽金属学会第141回秋季大会  2021年11月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  125. 気相成長法を用いたSnS単相バルク結晶作製

    武村 友輝, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    第15 回 「次世代の太陽光発電システム」シンポジウム  2018年7月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  126. 相平衡に基づく化合物太陽電池の研究-リン化物を例に

    野瀬 嘉太郎, 勝部 涼司

    第67回応用物理学会春季学術講演会  2020年3月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  127. 錫モノカルコゲナイド混晶Sn(S,Se) の単結晶作製

    石谷 康平, 武村 友輝, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年9月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  128. SnS単相バルク結晶作製と電気特性評価

    武村 友輝, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    第79回応用物理学会秋季学術講演会  2018年9月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  129. 4D-CTと3DXRDを用いたAl-Cu合金等軸晶の固液共存体の変形のその場観察

    鳴海大翔, 大田滉貴, 太田誠, 勝部涼司, 安田秀幸

    軽金属学会第141回秋季大会  2021年11月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  130. Al-Cu合金の固液共存体の変形によるポロシティ・割れの形成過程の時間分解・三次元その場観察

    鳴海大翔, 大田滉貴, 太田誠, 勝部涼司, 安田秀幸, 杉山明

    日本鋳造工学会関西支部第33回関西鋳造懇話会  2022年3月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  131. Al-Cu合金の固液共存体の変形による鋳造欠陥の形成過程の三次元・時間分解その場観察

    鳴海大翔, 大田滉貴, 太田誠, 勝部涼司, 安田秀幸, 杉山明

    日本鋳造工学会関西支部令和3年度 秋季支部講演大会  2021年12月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  132. Cu(InGa)Se2バルク結晶のオフストイキオメトリー制御と物性

    藤田 わかば, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎, 吉野 賢二, 池田 茂

    第16回「次世代の太陽光発電システム」シンポジウム  2019年7月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  133. CuGaSe2単結晶光電極による水の還元反応

    藤田 わかば, 吉野 賢二, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎, 原田 隆史, 池田 茂

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  134. Development of ZnSnP2-based Photovoltaic Devices 招待有り 国際会議

    Yoshitaro NOSE, Shigeru NAKATSUKA, Taro KUWANO, Ryoji KATSUBE

    European Materials Research Society (E-MRS) 2019 Spring Meeting  2019年5月27日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  135. Fe-S系新規化合物半導体Fe2SnS4の合成

    黒飛 昇, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎, 白井 泰治

    平成27年度資源・素材学会関係学協会合同秋季大会  2015年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  136. Growth and electrical characterization of SnS single crystals 国際会議

    Tomoki Takemura, Ryoji Katsube, Yoshitaro Nose

    International Symposium on Solar Energy Material  2019年1月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  137. Improvement of Ohmic Behavior of Back Contact in ZnSnP2 Solar Cells by Inserting Cu3P 国際会議

    Taro KUWANO, Ryoji KATSUBE, Yoshitaro NOSE

    46th IEEE Photovoltaic Specialists Conference (PVSC 46)  2019年6月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  138. Mg(MgxZn1-x)2P2 : A Key Material in Zn3P2-Based Photovoltaics 国際会議

    Ryoji Katsube, Kenji Kazumi, Yoshitaro Nose

    International Symposium on Solar Energy Material  2019年1月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  139. PLおよびDLTS測定によるZnSnP2バルク結晶の欠陥評価

    桑野 太郎, 勝部 涼司, Steven Johnston, Adele Tamboli, 野瀬 嘉太郎

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  140. Se処理によるCuGaSe2単結晶の光電気化学性能の向上

    藤田 わかば, 吉野 賢二, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎, 池田 茂

    第67回応用物理学会春季学術講演会  2020年3月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  141. SiOx/In/MoOx積層膜のリン化メカニズム

    Yang Yuming, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    資源素材学会関西支部 第15回 若手研究者・学生のための研究発表会  2018年12月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  142. Sn-SnS二相試料を蒸発源に用いたSnS単相薄膜作製

    武村 友輝, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    第79回応用物理学会秋季学術講演会  2018年9月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  143. SnSバルク単結晶作製と電気特性評価

    武村 友輝, 勝部 涼司, 野瀬 嘉太郎

    第3回フロンティア太陽電池セミナー  2018年12月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

▼全件表示

その他研究活動 1

  1. 村田学術振興財団 研究者海外派遣援助

    2018年6月

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. 100μm級の粒径で顕在化する鉄鋼材料のδ-γ変態におけるサイズ効果

    2023年4月 - 2025年3月

    日本鉄鋼協会  第32回 鉄鋼研究振興助成 

    勝部涼司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3000000円

  2. 酸化モリブデン薄膜上における完全濡れ液体金属薄膜の探求

    研究課題番号:0341065-A  2022年4月 - 2023年3月

    2022年度 単年度研究助成 

    勝部涼司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円

科研費 5

  1. 大自由度に起因した多彩な凝固過程の解明に基づくハイエントロピー鋳造合金の設計

    研究課題/研究課題番号:22K14522  2022年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    勝部 涼司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    researchmap

  2. 酸化モリブデン薄膜上における液体インジウムの完全濡れ現象の機構解明

    研究課題/研究課題番号:19K23573  2019年8月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    勝部 涼司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2860000円 ( 直接経費:2200000円 、 間接経費:660000円 )

    液体金属は一般的に表面張力が大きく液滴化しやすいことが知られているが,液体インジウム(In)は酸化モリブデン(MoOx)薄膜上で完全濡れ状態となる。本研究の目的は,この特異な系における濡れのメカニズムを解明することである。
    酸素量xを制御したMoOx薄膜上における液体Inの濡れ性を評価した結果,xが3に近い場合に完全濡れとなり,このときの界面には(111)配向した酸化インジウム(In2O3)が生成していることを見出した。さらに,In2O3が非晶質の場合には液体Inが脱濡れすることも明らかとなり,(111)配向In2O3の生成がIn/MoOx系における完全濡れ発現の鍵であることを示した。

    researchmap

  3. 時間分解X線イメージングによる非構造化データを用いた凝固ダイナミクスの定量的解析

    研究課題/研究課題番号:22H04963  2022年4月 - 2027年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(S)  基盤研究(S)

    安田 秀幸, 森下 浩平, 勝部 涼司, 鳴海 大翔, 高木 知弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  4. 時間分解その場観察・計測手法による凝固ダイナミクスの定量化

    研究課題/研究課題番号:22H00264  2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    安田 秀幸, 勝部 涼司, 鳴海 大翔, 高木 知弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  5. 三次元時間分解・その場観察を基礎とした凝固組織のダイナミクスの構築と展開

    研究課題/研究課題番号:17H06155  2017年5月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(S)  基盤研究(S)

    安田 秀幸, 吉矢 真人, 森下 浩平, 鳴海 大翔, 勝部 涼司, 柳楽 知也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    三次元時間分解・その場観察: 0.5s毎にボクセルサイズ6.5ミクロンの三次元凝固組織観察を実現し,球状黒鉛鋳鉄におけるグラファイトの浮上とオーステナイトへの捕捉を明らかにした.さらに,アルミニウム合金では,浮力による等軸晶の浮上・沈降が凝固組織形成に影響することを明らかにした.また,複数の二次元検出器を使った試料温度の高精度な測定と格子定数の0.01%オーダの変化の検出を初めて実現した.これによりFe-C系においてBCC(デルタ相)からFCC(ガンマ相)へのマッシブ的変態において変態直後の微細なガンマ相が粗大化する過程における体積と格子定数の変化を測定し,変態および粗大化の機構を実証的に検証する段階になった.
    三次元組織解析手法の開発:フェーズフィールドモデルを用いた画像処理について,観察データの解析だけなく,その妥当性を検証した.この画像処理はデンドライト組織の再現に有効であり,界面積や界面曲率の評価に利用できることを確認した.さらに,観察と計算を融合した解析手法の開発への指針が得られた.
    凝固過程の組織の定量化・凝固現象のモデリング・シミュレーション:Fe-C系のマッシブ的変態に及ぼす過剰空孔の影響を計算材料科学から検討した結果,デルターガンマ界面付近の空孔密度の偏析が変態速度に影響する機構を示された.実験と計算の両面からマッシブ的変態の速度を制御する手法を検討している.デンドライトの界面積や界面曲率などの時間発展を定量的に評価し,ミクロ偏析など凝固ダイナミクスにもとづいた凝固モデル構築の基盤を構築した.また,固液共存域の変形では,1000を越える固相粒子について変形過程の粒子運動を三次元で観察し,せん断帯が変形初期に形成することなど固液共存に特有の現象を明らかにした.さらに,変形モデルを高度化するために結晶方位のその場測定にも臨んでいる.

    researchmap

産業財産権 1

  1. 高純度カルコゲナイド材料及びその製造方法

    野瀬 嘉太郎, 武村 友輝, 勝部 涼司

     詳細を見る

    出願番号:特願2018-130688  出願日:2018年7月

    researchmap

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 学生実験1

    2024

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. 材料科学実験および演習2(材)

    2021年10月 - 2024年1月 京都大学)

     詳細を見る

  2. 材料科学実験および演習1(材)

    2021年4月 - 2023年7月 京都大学)

     詳細を見る

 

学術貢献活動 3

  1. 日本太陽光発電学会学術講演会 プログラム委員

    役割:企画立案・運営等

    2024年4月 - 現在

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    researchmap

  2. 日本金属学会2023年秋期(第173回)講演大会 公募シンポジウムS3 ハイエントロピー合金の材料科学(X) テーマ責任者

    役割:企画立案・運営等

    2023年9月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

    researchmap

  3. 第三回フロンティア太陽電池セミナー 実行委員

    役割:企画立案・運営等

    2018年12月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

    researchmap