2024/04/01 更新

写真a

セキ カツノリ
関 能徳
SEKI Katsunori
所属
大学院国際開発研究科 国際開発協力専攻 国際開発協力 准教授
大学院担当
大学院国際開発研究科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 3

  1. 博士(政治学) ( 2015年5月   テキサスA&M大学 ) 

  2. 修士(政治学) ( 2006年3月   早稲田大学 ) 

  3. 学士(社会科学) ( 2004年3月   早稲田大学 ) 

研究キーワード 7

  1. 比較政治学

  2. 政治経済学

  3. 計量政治学

  4. 実験社会科学

  5. 政治体制変動

  6. 選挙アカウンタビリティ

  7. 所得再分配選好

研究分野 1

  1. 人文・社会 / 政治学

経歴 8

  1. 名古屋大学   大学院国際開発研究科   准教授

    2023年10月 - 現在

      詳細を見る

  2. 世界政治学会・シンガポール国立大学   社会科学研究方法夏期講座   非常勤講師

    2018年6月 - 現在

      詳細を見る

    国名:シンガポール共和国

    researchmap

  3. 筑波大学   社会・国際学群   非常勤講師

    2023年10月 - 2024年3月

      詳細を見る

  4. 明治大学   専門職大学院 ガバナンス研究科   兼任講師

    2023年4月 - 2023年9月

      詳細を見る

  5. 筑波大学   人文社会系   助教

    2018年4月 - 2023年9月

      詳細を見る

  6. マンハイム大学   Collaborative Research Center SFB 884   Post-doctoral Research Fellow

    2015年2月 - 2018年3月

      詳細を見る

  7. テキサスA&M大学   Office of Graduate and Professional Studies   Dissertation Fellow

    2014年1月 - 2014年12月

      詳細を見る

  8. 日本学術振興会   特別研究員(DC2)

    2008年4月 - 2009年8月

      詳細を見る

▼全件表示

学歴 5

  1. テキサスA&M大学   政治学部(博士課程)

    2009年8月 - 2015年5月

      詳細を見る

  2. 早稲田大学   政治学研究科(博士後期課程; 単位取得退学)

    2006年4月 - 2014年9月

      詳細を見る

  3. 早稲田大学   政治学研究科(修士課程)

    2004年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  4. 早稲田大学   社会科学部   社会科学科

    1999年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  5. パリ政治学院   国際プログラム

    2002年9月 - 2003年6月

      詳細を見る

    国名: フランス共和国

    researchmap

所属学協会 2

  1. Midwest Political Science Association

      詳細を見る

  2. American Political Science Association

      詳細を見る

委員歴 2

  1. 教務学生委員  

    2024年4月 - 現在   

  2. 情報委員  

    2023年10月 - 2024年3月   

受賞 1

  1. Bryan D. Jones Best Graduate Student Paper Award

    2012年   Department of Political Science, Texas A&M University  

    関 能徳

     詳細を見る

 

論文 12

  1. 再分配選好の規定要因としての社会的アイデンティティの役割:日本における在留外国人の生活保護受給に関するコンジョイント実験 査読有り

    関能徳

    理論と方法(数理社会学会)   38 巻 ( 2 ) 頁: 307 - 324   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11218/ojjams.38.307

  2. マクロな不平等がもたらす負の外部性は所得再分配選好を規定するのか : 日本の有権者を対象としたコンジョイント分析による実証研究 査読有り

    関能徳

    国際日本研究   15 巻   頁: 37 - 52   2023年3月

  3. Social Identification and Redistribution Preference: A Survey Experiment in Japan 査読有り

    Katsunori Seki

    Social Science Japan Journal   26 巻 ( 1 ) 頁: 47 - 60   2023年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ssjj/jyac029

    researchmap

  4. Assessing the public understanding of democracy through conjoint analysis 査読有り

    Katsunori Seki

    Frontiers in Political Science   5 巻   2023年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpos.2023.976756

    researchmap

    その他リンク: https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fpos.2023.976756/full

  5. Mixed-Member Electoral Systems, Best Loser Rules, and the Descriptive Representation of Women 査読有り 国際共著

    Yann P. Kerevel, Austin S. Matthews, Katsunori Seki

    Electoral Studies   57 巻   頁: 153 - 162   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.electstud.2018.11.006

    researchmap

  6. Good times, bad times: Taxation and electoral accountability 査読有り 国際共著

    Martial Foucault, Katsunori Seki, Guy D. Whitten

    Electoral Studies   45 巻   頁: 191 - 200   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    In this article we address two important and related questions. First, do economic hard times make defeat inevitable for any incumbent? And, second, do voters sanction incumbents for a poor economy whatever the economic policy pursued? To answer these questions, we propose a new theory about the ways in which taxation policies, clarity of responsibility, government ideology, and economic conditions come together to shape election outcomes. We address these questions with a new set of data collected on elections, government policies, and economic measures before and during the current economic crisis. Our findings indicate that taxation policies have effects on incumbent electoral patterns net of economic performance measures, but that these effects differ in theoretically-expected fashions depending on clarity of responsibility, government ideology, and whether or not there has been a recession in the year before an election is held. (C) 2016 Published by Elsevier Ltd.

    DOI: 10.1016/j.electstud.2016.10.003

    Web of Science

    researchmap

  7. Merkwürdig oder nicht? What Economic Voting Models and the 2013 Bundestag Elections Have to Say about Each Other 査読有り 国際共著

    Katsunori Seki, Guy D. Whitten

    German Politics   26 巻 ( 1 ) 頁: 65 - 82   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09644008.2016.1186164

    Web of Science

    researchmap

  8. You've Got Some Explaining to Do: The Influence of Economic Conditions and Spatial Competition on Party Strategy 査読有り 国際共著

    Laron K. Williams, Katsunori Seki, Guy D. Whitten

    Political Science Research and Methods   4 巻 ( 1 ) 頁: 47 - 63   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/psrm.2015.13

    researchmap

  9. Updating the Party Government data set 査読有り 国際共著

    Katsunori Seki, Laron K. Williams

    Electoral Studies   34 巻   頁: 270 - 279   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    Scholars have identified the crucial role of government characteristics in studies of political behavior, comparative institutions, and political economy. An invaluable data source for government characteristics is the Woldendorp et al. (2000) Party Government in 48 Democracies data set. We describe our update to this data set from the late-1990s through 2011. We then present a variety of additions to the data set that are intended to increase its usage by reducing the obstacles associated with using the data in conjunction with other popular data sets. We illustrate the utility of this update by providing a variety of means of conceptualizing government stability. (C) 2013 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.electstud.2013.10.001

    Web of Science

    researchmap

  10. Democracy and Quality of Life in Asian Societies 査読有り

    Shinya Sasaoka, Katsunori Seki

    Japanese Journal of Political Science   12 巻 ( 3 ) 頁: 343 - 357   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CAMBRIDGE UNIV PRESS  

    This article examines whether democracy affects quality of life. Scholars have conducted surveys to investigate whether democracy is likely to lead to good quality of life. There are two contested views to the relationship: some suggest that democracy has a positive causal effect on quality of life, whereas others contend that democracy does not play such a role. Previous findings are supported by cross-national statistical analysis with aggregated survey data. However, aggregated survey data may cause ecological fallacy. Also, in order to ascertain the extant research, it would be beneficial to test the hypothesis by incorporating both individual-and country-level variables. Therefore, this paper applied hierarchical modeling to investigate the regularity. Both individual-level perception of democracy and country-level political regime data were incorporated in our empirical model. Our findings suggest that individual-level satisfaction with democracy has positive causal effect on one's quality of life, whereas the country-level characteristic of the political regime has no effect.

    DOI: 10.1017/S1468109911000156

    Web of Science

    researchmap

  11. 潜在クラス分析による政治体制の類型化 -民主制と非民主制の間の「グレー・ゾーン」をどのように把握できるのか- 査読有り

    関能徳

    早稻田政治經濟學雜誌   ( 369 ) 頁: 17 - 42   2007年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:早稻田大學政治經濟學會  

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2065/30575

  12. 政治体制を類型化する ―概念をめぐる論争とポスト共産主義諸国の類型化―

    関能徳

    早稲田政治公法研究   ( 85 ) 頁: 147 - 178   2007年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:早稲田大学大学院政治学研究科  

    CiNii Books

    researchmap

▼全件表示

書籍等出版物 6

  1. Parties and Voters at the 2013 German Federal Election

    Robert Rohrschneider, Rüdiger Schmitt-Beck( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Merkwürdig oder nicht? What Economic Voting Models and the 2013 Bundestag Elections Have to Say about Each Other (co-authored with Guy D. Whitten))

    Springer  2017年12月  ( ISBN:1138566802

     詳細を見る

  2. Encyclopedia of Quality of Life and Well-Being Research

    Alex C. Michalos, ed, Alex C. Michalos( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Democracy and Quality of Life in Asian Societies (Co-authored with Shinya Sasaoka))

    Springer  2014年3月  ( ISBN:9400707541

     詳細を見る

    総ページ数:9625  

    ASIN

    researchmap

  3. アジアの情報分析大事典―幸福・信頼・医療・政治・国際関係・統計

    猪口孝編( 担当: 分担執筆 ,  範囲: アジア社会における民主主義と生活の質(笹岡伸矢との共著))

    西村書店  2013年9月  ( ISBN:4890136916

     詳細を見る

    総ページ数:477  

    ASIN

    researchmap

  4. 民主化と選挙の比較政治学: 変革期の制度形成とその帰結

    田中愛治監修, 久保慶一, 河野勝編, 田中 愛治, 久保 慶一, 河野 勝( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 非民主制における選挙の情報収集能力:理論と実証)

    勁草書房  2013年3月  ( ISBN:432630216X

     詳細を見る

    総ページ数:209  

    ASIN

    researchmap

  5. 期待、制度、グローバル社会

    田中愛治監修, 河野勝編, 田中 愛治, 田中 愛治, 河野 勝( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 選挙権威主義体制の持続と崩壊の論理:経験的検証)

    勁草書房  2009年9月  ( ISBN:4326301813

     詳細を見る

    総ページ数:255  

    ASIN

    researchmap

  6. せめぎあう構造と制度:体制変動の諸相

    伊東孝之編( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 多民族社会における市民の民主主義への支持態度の規定要因-セルビア共和国における世界価値観調査データの分析-)

    正文社  2008年  ( ISBN:9784901404020

     詳細を見る

▼全件表示

MISC 4

  1. Elections in Nondemocratic Settings: When and Why Do They Help Regime Survival?

    Katsunori Seki  

    F1000Research11 巻   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    DOI: 10.12688/f1000research.103076.1

  2. Whom to Elect? Causes of Elections in Nondemoracies

    Katsunori Seki  

    SSRN Working Paper Series   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:会議報告等  

    researchmap

  3. 政治体制変動と国民的統一 -旧ソ連・東欧諸国の比較分析から-

    関 能徳  

    安武裕和編『欧州政治研究会 2006年度研究報告集』(名古屋大学「魅力ある大学院教育イニシアティブ」、早稲田大学「開かれた政治経済制度の構築」合同プロジェクト)   頁: 158 - 193   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  4. Waseda and Asian Political Science

    Ryoko Ishikawa, Katsunori Seki  

    The Asian Political Science Graduate Conference Proceeding   頁: 38 - 41   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:会議報告等  

    researchmap

講演・口頭発表等 42

  1. Assessing Public Understandings of Democracy through a Conjoint Analysis 招待有り 国際会議

    Katsunori Seki

    Workshop on Democratic Representation in Comparative Perspectives  2022年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  2. Why Income Redistribution? A Conjoint Analysis in Japan 国際共著 国際会議

    Katsunori Seki, Guy D. Whitten

    Midwest Political Science Association  2022年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  3. The Role of Prime Ministers on Government Survival 国際共著 国際会議

    Thomas Koenig, Katsunori Seki, Thiago N. Silva, Galina Zudenkova

    Midwest Political Science Association  2022年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  4. 所得再分配政策に対する市民の選好形成についての実験研究

    関能徳

    筑波大学ICR・プレ戦略イニシアティブ共同セミナー  2021年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  5. Group Belongingness and Redistribution Preference: A Survey Experiment in Japan. 国際会議

    Katsunori Seki

    American Political Science Association  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  6. Group Belongingness and Redistribution Preference: A Survey Experiment in Japan 国際会議

    Katsunori Seki

    Midwest Political Science Association  2021年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  7. Mixed-Member Electoral Systems, Best Loser Rules, and the Descriptive Representation of Women 招待有り 国際共著 国際会議

    Yann P. Kerevel, Austin S. Matthews, Katsunori Seki

    SFB 884 Seminar Series. University of Mannheim  2017年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  8. Challenging Governments: Committee Leadership and the Role of the Opposition in Parliamentary Democracies 国際共著 国際会議

    Thomas Koenig, Nick Lin, Katsunori Seki

    The Annual Conference of the European Political Science Association  2017年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  9. Unfulfilled Pledges and Responsibility Attribution in Coalition Governments 国際共著 国際会議

    Nick Lin, Katsunori Seki, Nikoleta Yordanova

    The Annual Conference of the Midwest Political Science Association  2017年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  10. Consequences of Elections in Dictatorships: The Role of Electoral Competition and Competitiveness of Elections 国際会議

    Katsunori Seki

    The Conference on "The Political Economy of Democracy and Dictatorship" held at the University of Münster  2017年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  11. Good Times, Bad Times: Taxation and Electoral Accountability 招待有り 国際共著 国際会議

    Martial Foucault, Katsunori Seki, Guy D. Whitten

    Department of Political Science, University of São Paulo  2016年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  12. Challenging Governments: Committee Leadership and the Role of the Opposition in Parliamentary Democracies 国際共著 国際会議

    Thomas Koenig, Nick Lin, Katsunori Seki

    The Conference on "Inequality and Fairness of Political Reforms" held at the University of Mannheim. Mannheim  2016年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  13. Unfulfilled Pledges and Responsibility Attribution in Coalition Governments 国際共著 国際会議

    Nick Lin, Katsunori Seki, Nikoleta Yordanova

    The Annual Conference of the American Political Science Association  2016年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  14. Unfulfilled Pledges and Responsibility Attribution in Coalition Governments 国際共著 国際会議

    Nick Lin, Katsunori Seki, Nikoleta Yordanova

    The Annual Conference of the European Political Science Association  2016年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  15. Committee Chairs and Opposition Policy Influence in Parliamentary Democracies 国際共著 国際会議

    Thomas Koenig, Nick Lin, Katsunori Seki

    Workshop on Multiparty Governance and Policymaking in Parliamentary Democracies" held at the University of Mannheim  2016年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  16. Committee Chairs and Opposition Policy Influence in Parliamentary Democracies 国際共著 国際会議

    Thomas Koenig, Nick Lin, Katsunori Seki

    The Annual Conference of the Midwest Political Science Association  2016年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  17. Good Times, Bad Times: Taxation and Electoral Accountability 国際共著 国際会議

    Martial Foucault, Katsunori Seki, Guy D. Whitten

    The conference on “Fat Politics, Lean Politics: Political Survival in Good and Bad Economic Times” held at Texas A&M University  2016年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  18. A Closer Look at Coalition Governance: Party Size and Parliamentary Scrutiny 国際共著 国際会議

    Thomas Koenig, Nick Lin, Katsunori Seki

    The Annual Conference of Public Choice Society  2016年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  19. Good Times, Bad Times: Taxation and Electoral Accountability 国際共著 国際会議

    Martial Foucault, Katsunori Seki, Guy D. Whitten

    The Annual Conference of the European Political Science Association  2015年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  20. Coalition Governance under Parliamentary Scrutiny 国際共著 国際会議

    Serra Boranbay, Thomas Koenig, Sven Oliver-Proksch, Nick Lin, Katsunori Seki

    The Annual Conference of the European Political Science Association  2015年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  21. Good Times, Bad Times: Taxation and Electoral Accountability 国際共著 国際会議

    Martial Foucault, Katsunori Seki, Guy D. Whitten

    The conference on "Fat Politics, Lean Politics: Political Survival in Good and Bad Economic Times" held at the University of Maryland  2015年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  22. Clarity in Chaos? Economic Voting in Transitional Polities 招待有り 国際共著 国際会議

    Guy D. Whitten, Katsunori Seki

    "Workshop on Economic Voting in Developing Democracies" held at the University of São Paulo  2015年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  23. Whom to Elect? Causes of Elections in Nondemoracies 国際会議

    Katsunori Seki

    The Annual Conference of the American Political Science Association  2014年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  24. Electoral Accountability in European Hard Times 国際共著 国際会議

    Martial Foucault, Katsunori Seki, Guy D. Whitten

    The Annual Conference of the Midwest Political Science Association  2014年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  25. Electoral Accountability in European Hard Times 国際共著 国際会議

    Martial Foucault, Katsunori Seki, Guy D. Whitten

    2013 EUDO Dissemination Conference  2013年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  26. Clarity in Chaos? Economic Voting in Transitional Polities 国際共著 国際会議

    Guy D. Whitten, Katsunori Seki

    Midwest Political Science Association  2013年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  27. The Final Frontier? The Spatial Dynamics of Party Competition 国際共著 国際会議

    Guy D. Whitten, Laron K. Williams, Katsunori Seki

    Conference on "Spatial Models of Politics in Europe and Beyond" sponsored by the European Union Center, Texas A&M University  2013年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  28. Clarity in Chaos? Economic Voting in Transitional Polities 国際共著 国際会議

    Guy D. Whitten, Katsunori Seki

    Conference on "New Developments in the Cross-National Study of Political Economy and Public Policy" sponsored by the Project for Equity, Representation, and Governance (PERG) and the European Union Center, Texas A&M University  2012年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  29. The Political Economy of Global Economic Shocks and Consumer Confidence 国際共著 国際会議

    Raymond Duch, Paul Kellstedt, Katsunori Seki

    European Political Science Association  2012年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  30. Elections, Post-Electoral Redistribution, and the Survival of Authoritarian Governments: An Empirical Study of Serbia in the 1990's 国際会議

    Katsunori Seki

    The Annual Conference of the Midwest Political Science Association  2011年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  31. The Logic of Persistence and Breakdown of Rigged Electoral System and Democratization: An Empirical Exploration

    Katsunori Seki

    International Symposium, Waseda University Global COE GLOPEII, "Expectations, Institutions and Global Society"  2009年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  32. 平等・組織性・体制変動 -不平等は民主化を阻害するのか

    関能徳・東島雅昌

    比較経済体制学会(自由論題分科会II『体制転換の比較政治経済学』)  2008年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  33. 国家横断的な政治制度・選挙データセットの構築 −マクロ政治分析のフロンティア−

    萩森正尊・尾崎敦司・笹岡伸矢・関能徳・三上了

    日本政治学会  2008年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  34. 平等・組織性・体制変動 -不平等は民主化を阻害するのか

    関能徳・東島雅昌

    第8回(2007年度)早稲田政治学会自由論題2-A  2008年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  35. 比較政治研究における共分散構造分析の適用可能性:民主化研究を題材に

    関能徳

    早稲田大学21COE-GLOPE政治経済学方法論セミナー(2007年度後期第8回)  2007年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  36. 市民の政治意識と政治体制の存続可能性 -ロシア・セルビアの事例研究と世界価値調査データに基づく統計的検証

    笹岡伸矢・関能徳・三上了

    日本政治学会  2007年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  37. 「グレー・ゾーン」の政治体制変動 -選挙権威主義体制期セルビアの事例研究と多項ロジスティック回帰による国家横断的な因果効果の推定-

    関能徳

    日本国際政治学会(ロシア・東欧分科会)  2007年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  38. When the Manipulation of Authoritarian Election Has No Benefit to Citizens and Induces Democratic Transition: Political Economy of Electoral Fraud and Welfare of Citizen

    Katsunori Seki

    The 2007 Waseda – Korea Inter-University Research Seminar, Waseda University, Tokyo  2007年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  39. 潜在クラス分析による政治体制の類型化 -民主制と非民主制の間の「グレー・ゾーン」をどのように把握できるのか-

    関能徳

    政研イニシアティブ最終コンフェレンス(国際比較研究の創生 -アジアの視座から-)、早稲田大学  2007年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  40. Waseda and Asian Political Science 国際会議

    Ryoko Ishikawa, Katsunori Seki

    The Asian Political Science Graduate Conference "Graduate Political Studies at Major Asian Universities: Students' Viewpoints," Seoul National University, Seoul  2006年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  41. Is Democracy Possible without National Unity?: Comparative Analysis of Post-Communist States after 1989

    Katsunori Seki

    日本政治学会(世界政治学会と共催)  2006年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  42. 政治体制変動と国民的統一 -旧ソ連・東欧諸国の比較分析から-

    関能徳

    欧州政治研究会(早稲田大学21COE-GLOPE「開かれた政治経済制度の構築」、名古屋大学魅力ある大学院教育イニシアティブと共催)、早稲田大学  2006年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

▼全件表示

その他研究活動 1

  1. 査読業務

     詳細を見る

    American Journal of Political Science, American Political Science Review, British Journal of Political Science, Electoral Studies, European Political Science Review, Japanese Journal of Political Science, 国際日本研究, 国際公共政策論集, Journal of Politics, Legislative Studies Quarterly, Political Behavior, Political Psychology, Public Opinion Quarterly

    researchmap

科研費 3

  1. 民主主義の危機と崩壊のメカニズムに関する実証研究

    研究課題/研究課題番号:20K13392  2020年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    関 能徳

      詳細を見る

    本研究の目的は、民主主義の危機と崩壊を説明する理論を特に経済的不平等の役割に注目して構築し、世論調査データおよび実験データによって実証することである。具体的には、経済格差や不平等が (1) 有権者の民主制についての理解と評価を形成するメカニズム、(2) 国政選挙において民主制/独裁を争点化させる(させない)メカニズムの解明を目指す。
    <BR>
    初年度の2020年度は、理論構築のために特に (a) 所得再分配についての政策選好の形成メカニズムと (b) 民主主義に対する支持態度の規定要因に関する先行研究を整理・外観した。(c) あわせて民主主義の危機と崩壊についての過去10年の研究成果についても整理した。(a) 所得再分配の選好形成メカニズムについては、物質的自己利益だけでなく、近年では社会心理学の知見も踏まえ内集団・外集団バイアスなどアイデンティティの役割も理論に組み込まれていることがわかった。日本の有権者を対象とした予備的なサーベイ実験を独自に行い、再分配選好における内集団・外集団バイアスの存在を確認した(ワーキングペーパー "Group Belongingness and Redistribution Preference: A Survey Experiment in Japan” を初年度に執筆)。(b) 民主主義に対する支持態度については、そもそも有権者が民主主義をどのように理解しているかを観察した上で、その支持や評価を測定する必要があることが明らかとなった。近年の政治知識や誤情報に関する研究を参考に、サーベイ実験においてどのように民主主義の支持態度などを測定すべきかを検討することがきた。(c) 民主主義の危機と崩壊に関する先行研究については、特に民主主義の危機についての近年の著作を収集・整理することができた。

    researchmap

  2. 機会と結果の政治的不平等に関する総合的実証研究:政治的不平等生成メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:20H00061  2020年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    山本 英弘, 竹中 佳彦, 海後 宗男, 明石 純一, 関 能徳, 濱本 真輔, 久保 慶明, 柳 至, 大倉 沙江

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、政治参加の側面(政治的機会)と政策応答の側面(政治的結果)に焦点を合わせ、政治的不平等の実態とその生成メカニズムの解明を目指している。初年度は、一連の調査研究を本格的に実施するための準備を行った。
    まず、次年度に行う予定の質問紙調査に向けて、政治行動や政治意識に関する予備調査を実施した(ウェブ調査、4,000サンプル、2021年1月実施)。この調査には試験的な質問を数多く設けるととともに、異なる形式の質問を比較できるように2種類の調査票を用意し、本調査に必要な質問を十分に吟味可能なように設計した。また、covid-19への政府の対応に対する評価など、調査時点での現状を把握する質問を盛り込んだ。現在、その分析を進めている。
    利益団体の政策選好については、対象とする日本の頂上団体63団体および45の政策項目を決定した。具体的な団体はこれまでの圧力団体調査の対象、政府の審議会や国会への出席などを勘案して決定した。政策項目については安倍政権および菅政権下の重要政策(消費増税、TPP交渉参加、集団的自衛権、携帯電話値下げなど)とcovid-19対策を取り上げることとした。そのうえで、ウェブサイト、新聞記事、会議録などからの情報収集を行うための方法を定め、作業に着手した。さらに、政策形成過程における影響力の行使から不平等の生成プロセスを分析するために、原子力政策、消費税導入・増税政策を取り上げることとし、情報収集を進めている。
    この他、非制度的な形態である社会運動による政治参加という点からも、政治的不平等の生成メカニズムを補完的に捉えることとした。具体的には、新聞記事等の文書資料から社会運動イベントを収集し、数量的データを作成したうえで、運動の発生数および取り上げられるイッシュー、そして帰結を明らかにする。現在までに2006~20年の記事収集を終え、コーディングを行っている。

    researchmap

  3. 選挙権威主義体制における政治変動 -その生成・維持・崩壊の論理-

    研究課題/研究課題番号:08J06879   2008年4月 - 2009年8月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 特別研究員奨励費 

    関 能徳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

 

担当経験のある科目 (本学) 5

  1. 途上国政治論

    2023

  2. 国際開発協力演習 Ia

    2023

  3. 国際開発協力演習 Ib

    2023

  4. 国際開発協力演習 IIa

    2023

  5. 国際開発協力演習 IIb

    2023

担当経験のある科目 (本学以外) 22

  1. Modern Regression Analysis

    2018年 - 現在 IPSA-NUS Summer School for Social Science Research Methods)

     詳細を見る

  2. Governance Studies

    2023年 明治大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  3. 政治学の最前線チュートリアル

    2022年 - 2023年 筑波大学)

     詳細を見る

  4. 政治学の最前線

    2022年 - 2023年 筑波大学)

     詳細を見る

  5. Academic Discussion Seminar I

    2018年 筑波大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

    researchmap

  6. Democratization

    2019年 - 2023年 筑波大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

    researchmap

  7. Fundamentals of Japanese Studies

    2018年 筑波大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

    researchmap

  8. Global Political Economy

    2018年 - 2019年 筑波大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

    researchmap

  9. International Social Studies II

    2019年 - 2020年 筑波大学)

     詳細を見る

  10. Introduction to Political Science

    2021年 - 2023年 筑波大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

    researchmap

  11. Japanese Politics

    2020年 - 2022年 筑波大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

    researchmap

  12. Politics and Society

    2018年 - 2019年 筑波大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

    researchmap

  13. Quantitative Methods for Social Sciences

    2019年 - 2023年 筑波大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

    researchmap

  14. Topics in Social Sciences

    2018年 - 2019年 筑波大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

    researchmap

  15. 比較政治1, 2

    2020年 - 2023年 筑波大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

    researchmap

  16. Comparative Politics 1, 2

    2020年 - 2023年 筑波大学)

     詳細を見る

  17. 複合研究基礎論

    2023年 筑波大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院教養科目 

    researchmap

  18. グローバル社会の比較政治 1A, 1B, 2A, 2B, 3A, 3B, 4A, 4B

    2018年 - 2022年 筑波大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

    researchmap

  19. 比較政治3, 4

    2020年 - 2023年 筑波大学)

  20. Comparative Politics 3, 4

    2020年 - 2023年 筑波大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  21. グローバル社会の比較政治 5A, 5B, 6A, 6B, 7A

    2018年 - 2022年 筑波大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

    researchmap

  22. Introduction to Political Science Research

    2013年 Texas A&M University)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

    researchmap

▼全件表示