2024/04/03 更新

写真a

イ キョンキ
李 炅耆
LEE Kyungki
所属
大学院工学研究科 航空宇宙工学専攻 構造・創製 助教
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 機械・航空宇宙工学科
職名
助教

学位 3

  1. 博士(工学) ( 2023年3月   名古屋大学 ) 

  2. 修士(工学) ( 2021年3月   名古屋大学 ) 

  3. 学士(工学) ( 2019年3月   名古屋大学 ) 

研究分野 1

  1. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 加工学、生産工学

経歴 1

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科 航空宇宙工学専攻 構造・創製   助教

    2023年5月 - 現在

学歴 3

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科   航空宇宙工学専攻

    2021年4月 - 2023年3月

  2. 名古屋大学   大学院工学研究科   航空宇宙工学専攻

    2019年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   工学部   航空・宇宙工学科

    2013年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 精密工学会   正会員

    2023年5月 - 現在

  2. 日本機械学会   正会員

    2023年5月 - 現在

受賞 2

  1. The 12th NCHU-GMT Capstone Competition for Precision Machine Tool and Intelligent Manufacturing Technology

    2023年10月   Goodway Machine Corp.   Second prize

    Koichi Hayashi, Yuta Kondo, Hiroki Kura, Kyungki Lee

     詳細を見る

    受賞国:台湾

  2. マザック高度生産システム優秀論文賞

    2023年5月   公益財団法人マザック財団  

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

 

論文 2

  1. Novel real-time monitoring method of depths of cut and runout for milling process utilizing FFT analysis of cutting torque 査読有り

    Lee Kyungki, Hayasaka Takehiro, Shamoto Eiji

    PRECISION ENGINEERING-JOURNAL OF THE INTERNATIONAL SOCIETIES FOR PRECISION ENGINEERING AND NANOTECHNOLOGY   81 巻 ( 81 ) 頁: 36 - 49   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Precision Engineering  

    For smart manufacturing systems, it is required to monitor the cutting process in real-time to recognize the present state of the process. In this study, a novel method to monitor important parameters (i.e., axial/radial depths of cut and end mill runout) in the square end milling process by analyzing frequency components of the cutting torque is proposed. The proposed method assumes easily achievable information about the cutting conditions (i.e., spindle speed and feed rate) and tool parameters (i.e., helix angle, nominal radius, and number of flutes) as the given inputs. The presented method only utilizes measured torque data and the given inputs; therefore, it does not require any previously tuned information (e.g., specific cutting forces). From the perspective of the cutting torque model, analytical relationships between the process parameters to monitor and the frequency components of the cutting torque are clarified. On the basis of the mathematical expressions derived from the model, the proposed method offers a monitoring scheme of axial/radial depths of cut and runout. In addition, an index is suggested to offer information on reliability of the monitored outputs to the user. As results of experimental tests, the proposed method successfully monitored axial/radial depths of cut and runout and evaluated the reliability of the outputs.

    DOI: 10.1016/j.precisioneng.2023.01.010

    Web of Science

    Scopus

  2. Novel rotational center self-identification of machine tool by utilizing multiple tool-workpiece contacts with redundant-axis movement 査読有り

    Lee Kyungki, Hayasaka Takehiro, Nam Soohyun, Shamoto Eiji

    PRECISION ENGINEERING-JOURNAL OF THE INTERNATIONAL SOCIETIES FOR PRECISION ENGINEERING AND NANOTECHNOLOGY   79 巻 ( 79 ) 頁: 185 - 189   2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Precision Engineering  

    In the general turning process, solutions for attaining the tool-workpiece relative position such as in-situ touch probes, external devices mounted with air/electric micrometers, and cameras are either indirect or cost/space-consuming. In this paper, a novel direct contact detection method based on the internal data of the machine tool servo and the self-identification strategy of the rotational center as an application of the detection method are proposed. The former method compares the internal data of the non-contact and contact motions, and then precisely identifies the contact position by processing it backwardly. The latter method makes multiple contacts on the pre-machined surface of the workpiece with a redundant-axis movement, and the rotational center identification is realized using the coordinates of contacts achieved by the former method. The effectiveness of the proposed methods is verified experimentally.

    DOI: 10.1016/j.precisioneng.2022.09.012

    Web of Science

    Scopus

MISC 1

  1. 精密・微細切削とスマート化 招待有り

    早坂健宏、Lee Kyungki、社本英二  

    日刊工業新聞   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

講演・口頭発表等 4

  1. One-dimensional chatter stability analysis and simplified FRF measurement for three-dimensional cutting 国際会議

    Nam Soohyun, Lee Kyungki, Hayasaka Takehiro, Shamoto Eiji

    20th Machining Innovations Conference for Aerospace Industry 2020  2020年12月2日  Hanover

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  2. 工作機械のサーボ情報を利用した工具・工作物間の接触検知技術の開発

    2020年度精密工学会春季大会  2020年3月  東京農工大学

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. Novel machining-relevant data acquisition method by tool-workpiece contact detection utilizing servo data of machine tool 国際会議

    1. Kyungki Lee, Hongjin Jung, Soohyun Nam, Takehiro Hayasaka, Eiji Shamoto

    VMPT2020 9th International Conference on Virtual Machining Process Technology  2020年  Waterloo

     詳細を見る

    国名:カナダ  

  4. Proposal of Ultrasonic Multi-Mode Vibration Cutting for High-Efficiency Surface Texturing 国際会議

    Hongjin Jung, Kyungki Lee, Takehiro Hayasaka, Eiji Shamoto, H Ishii, T Ueyama, S Hamada

    International Symposium on Precision Engineering and Sustainable Manufacturing  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Da Nang   国名:ベトナム社会主義共和国  

共同研究・競争的資金等の研究課題 5

  1. サーボ情報による工具―工作物間接触検知を利用した工作機械の幾何誤差同定方法の提案

    2024年5月 - 2025年4月

    公益財団法人マザック財団 研究開発助成 

    Lee Kyungki

      詳細を見る

    資金種別:その他

  2. 難削鋼切削の高度化

    2024年4月 - 2025年3月

    早坂健宏,社本英二,李炅耆

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:産学連携による資金

  3. 鏡面切削加工への鋼材の影響に関する研究

    2023年6月 - 2024年5月

    李炅耆,水谷雄大,早坂健宏,社本英二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 精密加工のための段取り省力化・自動化・高精度化

    2023年4月 - 2027年3月

    地方大学・地域産業創生交付金/岐阜県航空宇宙産業生産技術人材育成・研究開発事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 超精密加工のための段取り省力化・自動化・高精度化

    2023年4月 - 2027年3月

    地方大学・地域産業創生交付金/岐阜県航空宇宙産業生産技術人材育成・研究開発事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

産業財産権 2

  1. ミリング加工監視方法

    李炅耆,早坂健宏,社本英二

     詳細を見る

    出願番号:2024-000250  出願日:2024年1月

  2. 接触位置検出方法および加工装置

    社本英二,早坂健宏,李炅耆

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2023/002880  出願日:2023年1月