2023/10/10 更新

写真a

ウラベ チヨリ
占部 千由
URABE Chiyori
所属
大学院工学研究科 電気工学専攻 電気エネルギー 助教
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 電気電子情報工学科
職名
助教
外部リンク

学位 1

  1. 博士(人間・環境学) ( 2006年3月   京都大学 ) 

所属学協会 3

  1. 電気学会

  2. IEEE

  3. 日本物理学会

 

論文 22

  1. 風力発電と火力発電の協調した調整力提供の検討 査読有り

    占部 千由, Joao Gari da Silva Fonseca Junior, 竹内 知哉, 今中 政輝, 荻本 和彦, 紺谷 怜央, 林 一尭, 星平 祐吾

    エネルギー・資源学会論文誌   44 巻 ( 5 ) 頁: 200 - 210   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 エネルギー・資源学会  

    DOI: 10.24778/jjser.44.5_200

    CiNii Research

  2. Optimal Allocation of Curtailment Levels of PV Power Output in Different Regions in Consideration of Reduction of Aggregated Fluctuations 査読有り 国際誌

    Harag Noha, Urabe Chiyori T. T., Kato Takeyoshi

    IEEE ACCESS   11 巻   頁: 76020 - 76033   2023年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Access  

    Due to the high penetration of photovoltaic power generation system (PV) anticipated in the future, the curtailment of PV power output becomes crucial, not only to maintain supply-demand balance but also to preserve an adequate capacity for the frequency control. When the curtailment level (CL) of the aggregated PV power output is determined in a day-ahead unit commitment (UC) scheduling, different CL should be applied to different regions with distinctive weather modes in the power system area so that the fluctuations of aggregated PV power output are minimized. The objective of this study is to optimally allocate the CL to each region based on the short-term forecasting of the weather modes so that the hourly maximum fluctuation of the aggregated PV power output (MFagg) is minimized as long as the aggregated average power output (Avgagg) becomes the same as the scheduled value in UC. Based on the past observations of PV power output, the proposed method employs relations between the regions' MF and CL (MF-CL patterns), and relations between the regions' Avg and CL (Avg-CL patterns) for several typical weather modes. Thus, a specific MF-CL pattern and Avg-CL pattern are determined for each region based on the short-term forecasting of the weather mode, and the CL optimization is proceeded by using these patterns. The proposed methods are tested by using the time-series of PV power output at 61 observation points in the central region of Japan for one year. As a result, it is demonstrated that merely acknowledging the weather mode of each region enabled the proposed methods to reduce MFagg significantly and these results are practically similar to the method where perfect short-term forecasting of PV power output was utilized in the entire year.

    DOI: 10.1109/ACCESS.2023.3296091

    Web of Science

    Scopus

  3. Mitigation of Short-Term Fluctuations in Wind Power Output in a Balancing Area on the Road Toward 100% Renewable Energy 査読有り 国際誌

    Chiyori T. Urabe, Takashi Ikegami, Kazuhiko Ogimoto

    IEEE ACCESS   10 巻   頁: 111210 - 111220   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    The rapid growth of the share of variable renewable energy (VRE) may make it difficult to operate power systems incorporating these sources, due to fluctuations in VRE output. In this paper, we focus on the short-term fluctuations (STFs) in wind power total outputs in several balancing areas (BAs) in Japan. We propose five methods to mitigate STFs, utilizing innate functions of wind turbines that use neither battery systems nor any other additional systems or equipment. In addition, the methods suggested do not require predictions of the wind power output. The efficiency of the method was measured based on the relationship between the mitigation of STFs and associated energy loss. Historical wind power output data from three BAs in Japan (the Hokkaido, Tohoku, and Kyushu BAs) were used to conduct numerical simulations. One of the proposed methods effectively mitigated STFs in the total wind power output. The proposed approach is applicable to solar power and will help overcome challenges on the road toward 100% renewable energy.

    DOI: 10.1109/ACCESS.2022.3215740

    Web of Science

    researchmap

  4. 2050年の電力需給における 低炭素化の可能性 査読有り

    荻本和彦, 岩船由美子, 占部千由, 東仁, 黒沢厚志

    エネルギー・資源学会論文誌   42 巻 ( 4 ) 頁: 204 - 214   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.24778/jjser.42.4_204

  5. 電力需給モデルの限界費用によるスポット市場価格分析 査読有り

    荻本和彦, 岩船由美子, 占部千由, 東仁, 礒永彰

    エネルギー・資源学会論文誌   42 巻 ( 4 ) 頁: 185 - 193   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.24778/jjser.42.4_185

  6. Positive Correlations between Short-Term and Average Long-Term Fluctuations in Wind Power Output 査読有り

    Chiyori T. Urabe, Tetsuo Saitou, Kazuto Kataoka, Takashi Ikegami, and Kazuhiko Ogimoto

    Energies   14 巻 ( 7 ) 頁: 1861   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/en14071861

  7. 同期機の運用容量による系統慣性の特性分析 査読有り

    荻本和彦, 岩船由美子, 占部千由, 東仁, 礒永彰

    エネルギー・資源学会論文誌   42 巻 ( 1 ) 頁: 30 - 37   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.24778/jjser.42.1_30

  8. Comparing catch-up vaccination programs based on analysis of 2012–13 rubella outbreak in Kawasaki City, Japan 査読有り

    Chiyori T. Urabe, Gouhei Tanaka,Takahiro Oshima, Aya Maruyama, Takako Misaki, Nobuhiko Okabe, Kazuyuki Aihara

    PLoS ONE   15 巻 ( 8 ) 頁: e0237312   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0237312

  9. Active Power Control for Mitigation of Very-Short-term and Short-term Fluctuation of Wind Power 査読有り

    C. T. Urabe, T. Saitou, and K. Ogimoto

    17 th wind Integration workshop     頁: WIW-108   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  10. Mitigation Control of Very-short-term and Short-term Fluctuations of Wind Power Output 査読有り

    C. T. Urabe, T. Saitou, and K. Ogimoto

    Grand Renewable Energy 2018 International Conference and Exhibition     頁: a90338   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  11. Regional photovoltaic power fluctuations within frequency regulation control time frames: A study with high-resolution data 査読有り

    Joao Gari da Silva Fonseca Junior, Yuki Nishitsuji, Yusuke Udagawa, Chiyori T. Urabe, Tetsuo Saito, Fumichika Uno, Hideaki Ohtake, Takashi Oozeki, Kazuhiko Ogimoto

    Progress in Photovoltaics   26 巻   頁: 402 - 413   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/pip.2999

  12. Geographical smoothing effects on wind power output variation in Japan 査読有り

    T. Enomoto, T. Ikegami, C. T. Urabe, T. Saitou, and K. Ogimoto

    International Journal of Smart Grid and Clean Energy   7 巻 ( 3 ) 頁: 188 - 194   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12720/sgce.7.3.188-194

  13. Active Power Control for Mitigation of Short-term Fluctuation of Wind Power 査読有り

    C. T. Urabe, T. Saitou, K. Kataoka, K. Ogimoto, and T. Ikegami

    16th Wind Integration Workshop     頁: WIW17-96   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  14. Numerical definitions of wind power output fluctuations for power system operations 査読有り

    Takashi Ikegami, Chiyori T. Urabe, Tetsuo Saitou, and Kazuhiko Ogimoto

    Renewable Energy   115 巻   頁: 6 - 15   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.renene.2017.08.009

  15. Parameter Scaling for Epidemic Size in a Spatial Epidemic Model with Mobile Individuals 査読有り

    Chiyori T. Urabe, Gouhei Tanaka, Kazuyuki Aihara, and Masayasu Mimura

    PLoS ONE   11 巻   頁: e0168127   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0168127

  16. Case Study of Sequential Wind Power Cut-out Occurrences in Japan 査読有り

    C. Urabe, S. Tetsuo, K. Kataoka, and K. Ogimoto

    14th Wind Integration Workshop     頁: WIW15-45   2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  17. Predicting the characteristics of the aetiological agent for Kawasaki disease from other paediatric infectious diseases in Japan 査読有り

    Y. Nagao, C. Urabe, H. Nakamura, and N. Hatano

    Epidemiology & Infection   144 巻 ( 3 ) 頁: 478 - 492   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/S0950268815001223

  18. Random and Targeted Interventions for Epidemic Control in Metapopulation Models 査読有り

    Gouhei Tanaka, Chiyori Urabe, and Kazuyuki Aihara

    Scientific Reports   4 巻   頁: 5522   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep05522

  19. A link between microscopic and macroscopic models of self-organized aggregation 査読有り

    Tadahisa Funaki, , Hirofumi Izuhara, , Masayasu Mimura, and Chiyori Urabe

    Networks and Heterogeneous Media   7 巻 ( 4 ) 頁: 705 - 740   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3934/nhm.2012.7.705

  20. Fracture toughness and maximum stress in a disordered lattice system 査読有り

    Chiyori Urabe and Shinji Takesue

    Physical Review E   82 巻 ( 1 ) 頁: 016106   2010年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevE.82.016106

  21. Fluctuation of the Top Location and Avalanches in the Formation Process of a Sandpile 査読有り

    Chiyori Urabe

    Journal of the Physical Society of Japan   76 巻 ( 9 ) 頁: 094401   2007年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.76.094401

  22. Dynamics of Fluctuation of the Top Location of a Sandpile 査読有り

    Chiyori Urabe

    Journal of the Physical Society of Japan   74 巻 ( 9 ) 頁: 2475 - 2479   2005年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.74.2475

▼全件表示

書籍等出版物 4

  1. 再生可能エネルギーのシステム統合 - ベストプラクティスの最新情報

    国際エネルギー機関 (著)、荻本和彦, 占部千由, 戸田直樹(監訳)( 担当: 共訳)

    新エネルギー・産業技術総合開発機構   2018年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:154   担当ページ:154   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  2. 電力市場のリパワリング

    国際エネルギー機関(著), 荻本和彦, 占部千由, 大橋弘, 岡本浩, 戸田直樹, 矢部彰, 吉川信明(監訳)( 担当: 共訳)

    新エネルギー・産業技術総合開発機構   2017年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:266   担当ページ:266   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  3. 電力の変革

    国際エネルギー機関(著), 荻本和彦, 占部千由, 岡本浩, 岩田章裕 (監訳)( 担当: 共訳)

    新エネルギー・産業技術総合開発機構   2017年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:235   担当ページ:235   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  4. 暮らしを変える驚きの数理工学

    合原 一幸:編者 , 占部 千由 , 近江 崇宏 , 阿部 力也 , 長谷川 幹雄 , 鈴木 大慈( 担当: 共著 ,  範囲: 第2章)

    ウェッジ出版  2015年5月 

     詳細を見る

    総ページ数:281   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

MISC 14

  1. 風力発電等の再生可能エネルギーの最大活用に向けた取り組み 招待有り

    占部 千由  

    太陽エネルギー学会 学会誌48 巻 ( 6 ) 頁: 13 - 19   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  2. 再生可能エネルギーの大量導入に伴う課題解決のための機械学習の活用

    占部 千由, Joao Gari da Silva Fonseca Junior, 竹内 知哉  

    電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌)142 巻 ( 6 ) 頁: 283 - 286   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejpes.142.283

  3. 再生可能エネルギーの大量導入に伴う課題解決のための機械学習の活用—Machine Learning Applications on Integration of Renewable Energy to Power Systems

    占部 千由, Joao Gari da Silva Fonseca Junior, 竹内 知哉  

    電気学会論文誌. B, 電力・エネルギー部門誌 = IEEJ transactions on power and energy142 巻 ( 6 ) 頁: 283 - 286   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Books

    researchmap

  4. 風力発電等の再生可能エネルギーの最大活用に向けた取り組み—Approaches to maximize the use of wind power and other renewable energy—特集 再生可能エネルギー分野で活躍する女性たちセミナー特集 招待有り

    占部 千由  

    太陽エネルギー = Journal of Japan Solar Energy Society48 巻 ( 6 ) 頁: 13 - 19   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Books

    researchmap

  5. 特集I グリッドコードの整備に向けた現状と期待『グリッドコードの意義と取り組み』

    荻本和彦,占部千由  

    太陽エネルギー学会 学会誌46 巻 ( 1 ) 頁: 7 - 13   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  6. 再生可能エネルギーの大量導入に向けた風力発電の短周期およびランプ変動の分析

    片岡和人, 池上貴志, 占部千由, 斉藤哲夫, 宇田川佑介, 荻本和彦  

    生産研究69 巻 ( 1 ) 頁: 35 - 43   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    DOI: 10.11188/seisankenkyu.69.35

  7. <国内情報>風疹流行に伴う川崎市の緊急ワクチン接種事業

    三﨑貴子, 大嶋孝弘, 根津甫, 丸山絢, 占部千由, 田中剛平, 合原一幸, 金子幸江, 小泉祐子, 平岡真理子, 瀬戸成子  

    病原微生物検出情報(IASR) 37 巻 ( 10 ) 頁: 204 - 206   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  8. 風力発電の最大出力抑制制御と出力上昇率制限制御

    斉藤 哲夫, 占部 千由  

    風力エネルギー39 巻 ( 2 ) 頁: 184 - 190   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    DOI: 10.11333/jwea.39.2_184

  9. 感染症伝播抑止ー数理モデルによるスケーリングの視点から

    占部千由  

    数理生物学会ニュースレター69 巻   頁: 12 - 14   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  10. 多結晶構造の破壊ダイナミクのシミュレーション

    占部 千由, 中谷 彰宏  

    計算力学講演会講演論文集2008.21 巻   頁: 428 - 429   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.1299/jsmecmd.2008.21.428

  11. 砂山形成過程における頂点移動となだれのダイナミクス

    占部千由  

    物性研究88 巻 ( 2 ) 頁: 151 - 154   2007年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  12. 砂山形成過程における頂点移動のダイナミクス II

    占部 千由  

    数理解析研究所講究録1472 巻   頁: 71 - 80   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  13. 学位論文紹介『砂山形成過程におけるゆらぎのダイナミクス』

    占部 千由  

    粉体工学会誌43 巻 ( 8 ) 頁: 598   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  14. 砂山形成過程における頂点移動のダイナミクス

    占部 千由  

    数理解析研究所講究録1413 巻   頁: 70 - 74   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

▼全件表示

講演・口頭発表等 20

  1. 系統用蓄電池のLFC/GF利用におけるSOC時間変化の違い

    伊勢貴洋,占部千由,加藤丈佳,山口遼,中地芳紀

    令和5年電気学会 電力・エネルギー部門大会  2023年9月6日  電気学会 電力・エネルギー部門(B部門)

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊橋   国名:日本国  

  2. EV普及率と民生電化シフト率に応じた再エネ電力で賄える充電需要の評価

    渡邉雅俊,占部千由,加藤丈佳

    令和5年電気学会 電力・エネルギー部門大会  2023年9月6日  電気学会 電力・エネルギー部門(B部門)

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊田   国名:日本国  

  3. 2台のPV用PCSによる自立運転に関する実験的検討

    加藤丈佳,石井勇気,占部千由,中川雅也,藤田悠,小林浩

    令和5年電気学会 電力・エネルギー部門大会  2023年9月6日  電気学会 電力・エネルギー部門(B部門)

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊田   国名:日本国  

  4. 系統用蓄電池のLFC/GF利用における周波数変動抑制効果とSOC時間変化の違い

    伊勢貴洋,占部千由,加藤丈佳,山口遼,栄田真吾

    令和5年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会  2023年8月28日  電気学会東海支部,電子情報通信学会東海支部, 情報処理学会東海支部,照明学会東海支部, 映像情報メディア学会東海支部,日本音響学会東海支部, IEEE名古屋支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊橋   国名:日本国  

  5. メッシュデータに基づいた配電エリア単位における将来の太陽光発電の導入分布想定 国際会議

    志村征輝,占部千由,加藤丈佳

    令和5年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会  2023年8月28日  電気学会東海支部,電子情報通信学会東海支部, 情報処理学会東海支部,照明学会東海支部, 映像情報メディア学会東海支部,日本音響学会東海支部, IEEE名古屋支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊橋   国名:日本国  

  6. 2次調整力必要量推定のための日射量予測値に対する短周期変動特性の解析

    渥美信哉,占部千由,加藤丈佳

    令和5年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会  2023年8月28日  電気学会東海支部,電子情報通信学会東海支部, 情報処理学会東海支部,照明学会東海支部, 映像情報メディア学会東海支部,日本音響学会東海支部, IEEE名古屋支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊橋   国名:日本国  

  7. PV余剰電力活用のためのPV-水素製造協調制御方法の提案

    内田文也,片岡良彦,須藤飛竜,占部千由,加藤丈佳

    令和5年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会  2023年8月28日  電気学会東海支部,電子情報通信学会東海支部, 情報処理学会東海支部,照明学会東海支部, 映像情報メディア学会東海支部,日本音響学会東海支部, IEEE名古屋支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊橋   国名:日本国  

  8. FIT認定の太陽光発電に関する設置場所の土地利用形態の傾向分析

    志村征輝, 山内貴翔, 加藤丈佳, 占部千由

    令和5年電気学会全国大会  2023年3月16日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  9. メリットオーダに基づく負荷周波数制御における蓄電池の優先順位および容量に関する基礎検討

    笹田直希, 伊勢貴洋, 斉田 賢, 占部千由, 加藤丈佳, 山口 遼, 中地芳紀

    令和5年電気学会全国大会  2023年3月17日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  10. 系統用蓄電池kW容量のLFCとGF利用による周波数変動の抑制効果

    伊勢貴洋, 笹田直希, 斉田 賢, 占部千由, 加藤丈佳, 山口 遼, 中地芳紀

    令和5年電気学会全国大会  2023年3月17日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  11. 翌日の運行計画に基づく電気自動車からの電力供給による小規模事業所の電力コスト削減効果

    中村美友, 占部千由, 加藤丈佳, 原田耕佑, 有賀暢幸, 小西充峻

    令和5年電気学会全国大会  2023年3月15日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  12. Cooperative provision of operating reserves from photovoltaic power , wind power, and thermal power 国際会議

    Chiyori T. Urabe, Joao Gari da Silva Fonseca Junior, Tomoya Takeuchi, Masaki Imanaka, Kazuhiko Ogimoto

    PVSEC-33  2022年11月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya  

  13. On the performance of unit commitment scheduling integrated with PV power forecasts: A case-study on the Kyushu region, Japan 国際会議

    Joao Gari da Silva Fonseca Junior, Yuki Nishitsuji, Chiyori T. Urabe, Kazuto Kataoka, Yusuke Udagawa, Kazuhiko Ogimoto

    PVSEC-33  2022年11月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya  

  14. パラメータアンサンブルによる予測値のばらつきを用いた日射量予測大外し予見

    河合美咲,占部千由,加藤丈佳,宇野史睦

    日本太陽エネルギー学会 2022年度研究発表会  2022年11月11日  日本太陽エネルギー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井  

  15. 抑制時の太陽光発電出力の前日予測精度の評価

    加藤丈佳,占部千由

    日本太陽エネルギー学会 2022年度研究発表会  2022年11月11日  日本太陽エネルギー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井  

  16. ソフトリンクによる2050年のエネルギー需給分析 その3(3)電力システムモデルによる複数シナリオ分析

    荻本和彦, 岩船由美子, 占部千由, 瀬川周平, 東仁, 井上智弘, 黒沢厚志, 加藤悦史, 山口容平, 内田英明, 太田豊, 下田吉之

    第41回エネルギー・資源学会研究発表会  2022年8月9日  エネルギー・資源学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  17. 風力発電と火力発電の協調した調整力提供の検討

    占部千由, Joao Gari da Silva Fonseca Junior, 竹内知哉, 今中政輝, 荻本和彦, 紺谷怜央, 林一尭, 星平祐吾

    第41回エネルギー・資源学会研究発表会  2022年8月9日  エネルギー・資源学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  18. 再生エネ大量導入時のスポット市場価格分析

    荻本和彦, 岩船由美子, 占部千由, 東仁, 礒永彰

    令和3年電気学会全国大会  2021年3月  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  19. PV および風力発電の出力制御と既設発電機のLFC 制御との協調に関する経済性の検討

    片岡和人, 占部千由, 荻本和彦

    令和3年電気学会全国大会  2021年3月  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  20. 電力需給モデルの限界費用によるスポット市場価格分析

    荻本和彦, 岩船由美子, 占部千由, 東仁, 礒永彰

    第37回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス  2021年1月  エネルギー・資源学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

▼全件表示

科研費 1

  1. 再生可能エネルギーからの調整力提供による電力システムへの貢献の評価

    研究課題/研究課題番号:23K03816  2023年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    占部 千由

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    将来、再生可能エネルギーが主力電源化したときに備えて、電力システム全体を安定に安全に運用できるように、風力発電・太陽光発電・蓄電池などの多種多様な分散型電源群を分散制御する手法を開発する。さらに、それらの分散型電源群から需給バランスを維持するために用いられる調整力を提供できる場合について、複数の電力需給エリアにおける効果的な提供手法に関しても広域需給シミュレーションを用いた検討を行う。

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 電気電子情報工学実験第1

    2022

  2. 電気電子情報工学実験第2

    2022

 

社会貢献活動 2

  1. 風力発電とカーボンニュートラル

    役割:講師

    イオンチアーズクラブ 江別  2023年7月

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生

    種別:セミナー・ワークショップ

  2. 風力発電等の再生可能エネルギーの最大活用に向けた取り組み

    役割:講師

    日本太陽エネルギー学会  太陽光発電部会第34回セミナー「再生可能エネルギー分野で活躍する女性たち」  2022年8月