2022/12/25 更新

写真a

マツザキ テツオ
松﨑 哲郎
MATSUZAKI Tetsuo
所属
医学部附属病院 薬剤部 特任助教
職名
特任助教

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 細胞生物学

  2. ライフサイエンス / 神経機能学

  3. ライフサイエンス / 分子生物学

経歴 1

  1. 名古屋大学医学部附属病院   薬剤部/医療薬学研究室   特任助教/薬剤師

    2022年4月 - 現在

所属学協会 4

  1. 日本化学療法学会

    2022年1月

  2. 日本医療薬学会

    2019年4月 - 現在

  3. 日本病院薬剤師会

    2019年4月

  4. 日本分子生物学会

    2014年7月 - 現在

委員歴 2

  1. 愛知県病院薬剤師会   薬学生病院実習検討委員会  

    2022年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構   医薬品等規制調和・評価研究事業「乱用防止に資する医薬品の開発のための製剤学的アプローチ に関する研究」  

    2019年7月 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

受賞 1

  1. 第141回日本薬理学会近畿部会最優秀発表賞

    2022年7月   日本薬理学会   Phosphorylation of twinfilin-1 involved in the reelin signaling plays a crucial role in spine development

    Geyao Dong, Norimichi Itoh, Tetsuo Matsuzaki, Hiroyuki Mizoguchi, Daisuke Mori, Taku Nagai, Toshitaka Nabeshima, Norio Ozaki, Kiyofumi Yamada

 

論文 2

  1. Inhibition of Rho-kinase ameliorates decreased spine density in the medial prefrontal cortex and methamphetamine-induced cognitive dysfunction in mice carrying schizophrenia-associated mutations of the Arhgap10 gene 査読有り

    Tanaka R., Liao J., Hada K., Mori D., Nagai T., Matsuzaki T., Nabeshima T., Kaibuchi K., Ozaki N., Mizoguchi H., Yamada K.

    Pharmacological Research   187 巻   頁: 106589 - 106589   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pharmacological Research  

    Copy-number variations in the ARHGAP10 gene encoding Rho GTPase–activating protein 10 are associated with schizophrenia. Model mice (Arhgap10 S490P/NHEJ mice) that carry “double-hit” mutations in the Arhgap10 gene mimic the schizophrenia in a Japanese patient, exhibiting altered spine density, methamphetamine-induced cognitive dysfunction, and activation of RhoA/Rho-kinase signaling. However, it remains unclear whether the activation of RhoA/Rho-kinase signaling due to schizophrenia-associated Arhgap10 mutations causes the phenotypes of these model mice. Here, we investigated the effects of fasudil, a brain permeable Rho-kinase inhibitor, on altered spine density in the medial prefrontal cortex (mPFC) and on methamphetamine-induced cognitive impairment in a touchscreen‑based visual discrimination task in Arhgap10 S490P/NHEJ mice. Fasudil (20 mg/kg, intraperitoneal) suppressed the increased phosphorylation of myosin phosphatase–targeting subunit 1, a substrate of Rho-kinase, in the striatum and mPFC of Arhgap10 S490P/NHEJ mice. In addition, daily oral administration of fasudil (20 mg/kg/day) for 7 days ameliorated the reduced spine density of layer 2/3 pyramidal neurons in the mPFC. Moreover, fasudil (3–20 mg/kg, intraperitoneal) rescued the methamphetamine (0.3 mg/kg)-induced cognitive impairment of visual discrimination in Arhgap10 S490P/NHEJ mice. Our results suggest that Rho-kinase plays significant roles in the neuropathological changes in spine morphology and in the vulnerability of cognition to methamphetamine in mice with schizophrenia-associated Arhgap10 mutations.

    DOI: 10.1016/j.phrs.2022.106589

    Scopus

    PubMed

  2. A machine learning model that emulates experts' decision making in vancomycin initial dose planning 査読有り

    Matsuzaki Tetsuo, Kato Yoshiaki, Mizoguchi Hiroyuki, Yamada Kiyofumi

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   148 巻 ( 4 ) 頁: 358 - 363   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Pharmacological Sciences  

    Vancomycin is a glycopeptide antibiotic that is a primary treatment for methicillin-resistant Staphylococcus aureus infections. To enhance its clinical effectiveness and prevent nephrotoxicity, therapeutic drug monitoring (TDM) of trough concentrations is recommended. Initial vancomycin dosing regimens are determined based on patient characteristics such as age, body weight, and renal function, and dosing strategies to achieve therapeutic concentration windows at initial TDM have been extensively studied. Although numerous dosing nomograms for specific populations have been developed, no comprehensive strategy exists for individually tailoring initial dosing regimens; therefore, decision making regarding initial dosing largely depends on each clinician's experience and expertise. In this study, we applied a machine-learning (ML) approach to integrate clinician knowledge into a predictive model for initial vancomycin dosing. A dataset of vancomycin initial dose plans defined by pharmacists experienced in vancomycin TDM (i.e., experts) was used to build the ML model. Although small training sets were used, we established a predictive model with a target attainment rate comparable to those of experts, another ML model, and commonly used vancomycin dosing software. Our strategy will help develop an expert-like predictive model that aids in decision making for initial vancomycin dosing, particularly in settings where dose planning consultations are unavailable.

    DOI: 10.1016/j.jphs.2022.02.005

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

講演・口頭発表等 9

  1. Gemcitabine + nab-paclitaxel (GnP) 療法による 好中球減少症が切除不能膵癌患者の予後に 与える影響について

    長岡侑里, 今俊介, 松﨑哲郎, 溝口博之, 山田清文

    第32回日本医療薬学会年会  2022年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    会議種別:ポスター発表  

  2. アメリカにおける医療用麻薬乱用防止製剤の審査 招待有り

    松﨑哲郎, 永井拓, 山田清文

    2022年度アルコール・薬物依存症関連学会合同学術総会  2022年9月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  3. Phosphorylation of twinfilin-1 involved in the reelin signaling plays a crucial role in spine development

    Geyao Dong, Norimichi Itoh, Tetsuo Matsuzaki, Hiroyuki Mizoguchi, Daisuke Mori, Taku Nagai, Toshitaka Nabeshima, Norio Ozaki, Kiyofumi Yamada

    第141回日本薬理学会近畿部会  2022年7月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  4. 専門家知識を組み入れたバンコマイシン初期投与設計用人工知能アプリケーションの樹立

    松﨑哲郎, 加藤善章, 溝口博之, 山田清文

    第5回フレッシャーズ・カンファレンス  2022年6月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  5. 医薬品副作用データベース(JADER)を用いた高齢者における抗微生物薬の安全性の検討

    加藤 善章, 北川 佳奈子, 井口 光孝, 岡 圭輔, 松崎 哲郎, 八木 哲也, 山田 清文

    第70回日本化学療法学会総会  2022年6月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  6. 当院におけるE. cloacae complex菌血症例に対する治療の検討

    岡 圭輔, 森岡 悠, 井口 光孝, 矢田 吉城, 松崎 哲郎, 北川 佳奈子, 加藤 善章, 八木 哲也

    第70回日本化学療法学会総会  2022年6月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  7. 専門家知識を組み入れたバンコマイシン初期投与設計用人工知能アプリケーションの樹立

    松﨑哲郎、加藤善章、溝口博之、山田清文

    第70回日本化学療法学会総会  2022年6月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  8. A machine learning model that emulates experts' decision making in vancomycin initial dose planing

    Tetsuo Matsuzaki, Yoshiaki Kato, Hiroyuki Mizoguchi, Kiyofumi Yamada

    Asian Conference on Clinical Pharmacy 2022  2022年2月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    会議種別:ポスター発表  

  9. 病院薬剤師から見た 薬剤師/博士号の意義 招待有り

    松﨑 哲郎

    令和3年度第1回「国公立大学高度薬学人材育成ワークショップ」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

▼全件表示

科研費 1

  1. 令和3年度AI活用臨床研究助成

    2022年4月 - 2023年3月

    東海国立大学機構 医療健康データ統合研究教育拠点 (C-HiT) 

    松﨑 哲郎

 

担当経験のある科目 (本学以外) 3

  1. 薬学実務実習 (病院実務実習)

    2022年4月 - 現在 名古屋大学医学部附属病院)

  2. ベーシックトレーニング (名古屋大学大学院医学系研究科)

    2022年4月

  3. 基礎医学セミナー (名古屋大学医学部)

    2022年4月