2022/10/27 更新

写真a

イトウ アキラ
伊藤 章
ITO Akira
所属
大学院工学研究科 (G30自動車工学プログラム(機械系)担当) 准教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 機械・航空宇宙工学科
職名
准教授

学位 3

  1. 博士(工学) ( 2016年3月   名古屋大学 ) 

  2. 修士(工学) ( 1998年3月   大阪府立大学 ) 

  3. 学士(工学) ( 1996年3月   大阪府立大学 ) 

研究分野 1

  1. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 制御、システム工学

委員歴 1

  1. 計測自動制御学会 制御部門   モデル予測制御の理論と応用調査研究会  

    2022年1月 - 2023年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

 

論文 2

  1. Multi-phase synchronization for peak power reduction in energy storage oscillators coupled with delayed power price 査読有り

    Tomoaki Imasaka, Akira Ito, Yoshiki Sugitani, Keiji Konishi, Naoyuki Hara

    Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE     2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1587/nolta.13.544

  2. Connection of nonlinear model predictive controllers for smooth task switching in autonomous driving 査読有り

    ASIAN JOURNAL OF CONTROL     2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Asian Journal of Control  

    Motion planning, decision making, and control are vital functions in autonomous driving for accomplishing the desired driving task while considering passenger comfort, road infrastructure, and surrounding traffic participants. Model predictive control (MPC) is a promising method for simultaneously realizing these functions. However, formulating a single MPC that can run through all driving scenarios is difficult, and previous research has often been conducted to design an MPC for a specific driving task. To extend the availability of MPC for all driving tasks, smooth switching between different MPCs designed for each driving task must be addressed. One of the difficulties in switching between MPCs is guiding the state to a feasible set of optimization problems after switching. In this paper, we present a new framework to realize the smooth connection of MPCs, that is, to reduce the optimization infeasibility at the time of MPC switching. In our proposed method, two general nonlinear MPCs with different state spaces, cost functions, constraints, and formulations can be systematically switched via automatically generated intermediate-MPCs without requiring any particular alterations. This can help reduce the system complexity of the hybrid MPC system.

    DOI: 10.1002/asjc.2892

    Web of Science

    Scopus

講演・口頭発表等 2

  1. Vehicle Motion Planning and Control with Road Geography Information for Energy Reduction 国際会議

    Akira Ito

    The 15th International Symposium on Advanced Vehicle Control (AVEC'22)  2022年9月13日  Society of Automotive Engineers of Japan, Inc.

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kanagawa Institute of Technology, Kanagawa, Japan   国名:日本国  

  2. 走行エネルギ低減のための地形情報を活用した軌道・速度計画と4輪制駆動力・操舵量配分法

    伊藤 章

    第9回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  2022年3月9日  計測自動制御学会制御部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

 

担当経験のある科目 (本学) 5

  1. 先進モビリティ学基礎

    2022

  2. 自動車ダイナミクスと制御

    2022

  3. 自動車の電子機器

    2022

  4. 振動学及び演習

    2022

  5. 振動学及び演習

    2022

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. Design of Vehicle Control Systems

    2022年9月 Tashkent State Technical University)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:ウズベキスタン共和国

  2. Introduction to Automotive Engineering

    2022年9月 Tashkent State Technical University)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:ウズベキスタン共和国

 

社会貢献活動 2

  1. システム・制御コミュニティ活動支援

    役割:助言・指導

    株式会社デンソー  2022年6月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 企業

    種別:研究指導

  2. 企業内研修講師、企画支援

    役割:講師, 助言・指導, 企画, 運営参加・支援

    株式会社デンソー  テクニカルスキル研修【技術リーダ育成コース】「システム工学」  2022年6月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:出前授業