2024/02/27 更新

写真a

タネイ タカフミ
種井 隆文
TANEI Takafumi
所属
医学部附属病院 脳神経外科 病院講師
職名
病院講師

学位 1

  1. 名古屋大学大学院医学研究科医学博士(医博第2578号) ( 2010年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 難治性疼痛

  2. 片頭痛

  3. 機能的脳神経外科

  4. 医療安全

研究分野 4

  1. ライフサイエンス / 脳神経外科学  / 難治性疼痛

  2. ライフサイエンス / 脳神経外科学  / 片頭痛

  3. ライフサイエンス / 脳神経外科学  / 機能的脳神経外科

  4. その他 / その他  / 医療安全・医療の質

所属学協会 14

  1. 日本脳神経外科学会   指導医・専門医・代議員

  2. 日本医療安全学会   高度医療安全管理者・代議員

  3. 日本脳神経外傷学会   理事・評議員・指導医

  4. 日本定位・機能神経外科学会   評議員・定位手術技術認定医

  5. 日本脳卒中の外科学会   指導医

  6. 脳神経外科手術と機器学会   学術企画委員

  7. 日本ニューロモデュレーション学会   評議員

  8. 関東機能的脳外科カンファレンス   世話人

  9. 東海脳神経外科領域痛みの研究会   世話人

  10. 医療安全心理・行動学会   評議員

  11. 日本脳神経外科コングレス

  12. 日本頭痛学会

  13. 日本てんかん学会

  14. 日本疼痛学会

▼全件表示

委員歴 8

  1. 日本脳神経外科学会   代議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本脳神経外傷学会   理事・評議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本定位・機能神経外科学会   評議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 日本医療安全学会   代議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 医療安全心理・行動学会   評議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  6. 東海脳神経外科領域痛みの研究会   世話人  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. 日本ニューロモデュレーション学会   評議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. 脳神経外科手術と機器学会   学術企画委員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

 

論文 75

  1. Cerebellar and thalamic connector hubs facilitate the involvement of visual and cognitive networks in essential tremor 査読有り

    Epifanio Bagarinao, Satoshi Maesawa, Sachiko Kato, Manabu Mutoh, Yoshiki Ito, Tomotaka Ishizaki, Takafumi Tanei, Takashi Tsuboi, Masashi Suzuki, Hirohisa Watanabe, Minoru Hoshiyama, Haruo Isoda, Masahisa Katsuno, Gen Sobue, Ryuta Saito

    Parkinsonism Relat Disord .   121 巻   頁: 106034   2024年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Outcomes and Prognostic Factors of Magnetic Resonance-guided Focused Ultrasound Thalamotomy for Essential Tremor at 2-year Follow-up 招待有り 査読有り

    Miki Hashida, Satoshi Maesawa, Sachiko Kato, Daisuke Nakatsubo, Takahiko Tsugawa, Jun Torii, Takafumi Tanei, Tomotaka Ishizaki, Manabu Mutoh, Yoshiki Ito, Takashi Tsuboi, Satomi Mizuno, Masashi Suzuki, Toshihiko Wakabayashi, Masahisa Katsuno, Ryuta Saito

    Neurol Med Chir (Tokyo)     2024年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Boltless nylon-suture technique for stereotactic electroencephalography as a safe, effective alternative when the anchor bolt is inappropriate 査読有り

    Manabu Mutoh, Satoshi Maesawa, Daisuke Nakatsubo, Tomotaka Ishizaki, Takafumi Tanei, Jun Torii, Yoshiki Ito, Miki Hashida, Ryuta Saito

    Acta Neurochir (Wien)   166 巻 ( 1 ) 頁: 18   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Efficacy of intraoperative irrigation with artificial cerebrospinal fluid in chronic subdural hematoma surgery: study protocol for a multicenter randomized controlled trial 査読有り

    Yoshitaka Nagashima, Yoshio Araki, Kazuki Nishida, Shunichiro Kuramitsu, Kenichi Wakabayashi, Shinji Shimato, Takeshi Kinkori, Toshihisa Nishizawa, Takahisa Kano, Toshinori Hasegawa, Atsushi Noda, Kenko Maeda, Yu Yamamoto, Osamu Suzuki, Naoki Koketsu, Takeshi Okada, Masashige Iwasaki, Kiyo Nakabayashi, Shigeru Fujitani, Hideki Maki, Yachiyo Kuwatsuka, Masahiro Nishihori, Takafumi Tanei, Tomohide Nishikawa, Yusuke Nishimura, Ryuta Saito

    Trials   25 巻 ( 1 ) 頁: 6   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Characteristics of deceased subjects transported to a postmortem imaging center due to unusual death related to epilepsy 査読有り

    Yoshiki Ito, Nobuhiro Hata, Satoshi Maesawa, Takafumi Tanei, Tomotaka Ishizaki, Manabu Mutoh, Miki Hashida, Yutaka Kobayashi, Ryuta Saito

    Epilepsia Open     2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Hemifacial spasm caused by multiple vascular attachments due to remote compression effects of a dermoid cyst in the cerebellar hemisphere: illustrative case 招待有り 査読有り

    Kento Hirayama, Takafumi Tanei, Takenori Kato, Toshinori Hasegawa, Eiji Ito, Yusuke Nishimura, Ryuta Saito

    J Neurosurg Case Lessons   6 巻 ( 23 ) 頁: CASE23592   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

  7. Lateral Lumbar Interbody Fusion within Three-level for Patients with Neurological Symptoms due to Vertebral Fragility Fractures in the Lumbar Spine 査読有り

    Yoshitaka Nagashima, Yusuke Nishimura, Tokumi Kanemura, Nobuhiro Hata, Kotaro Satake, Sho Akahori, Motonori Ishii, Takafumi Tanei, Masakazu Takayasu, Ryuta Saito

    Neurol Med Chir (Tokyo)     2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Efficacy of the latest new stimulation patterns of spinal cord stimulation for intractable neuropathic pain compared to conventional stimulation: study protocol for a clinical trial 査読有り

    Takafumi Tanei, Satoshi Maesawa, Yusuke Nishimura, Yoshitaka Nagashima, Tomotaka Ishizaki, Masahiko Ando, Yachiyo Kuwatsuka, Atsushi Hashizume, Shimon Kurasawa, Ryuta Saito

    Trials   24 巻   頁: 604   2023年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Epileptogenic zone in Broca's area is resectable under awake surgery in accordance with the hodotopic framework: A case report 査読有り

    Takahiro Suzuki, Tomotaka Ishizaki, Satoshi Maesawa, Miki Hashida, Manabu Mutoh, Yoshiki Ito, Takafumi Tanei, Ryuta Saito

    Seizure   112 巻   頁: 84 - 87   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Sacral arteriovenous fistula with lower thoracic cord edema without perimedullary vein enlargement 査読有り

    Motonori Ishii, Yusuke Nishimura, Yoshitaka Nagashima, Takafumi Tanei, Masahiro Nishihori, Takashi Izumi, Ryuta Saito

    Surg Neurol Int   14 巻 ( 295 )   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Surgical Outcomes of Common Peroneal Nerve Entrapment Neuropathy Associated with L5 Radiculopathy 査読有り

    Motonori Ishii;Yusuke Nishimura;Masahito Hara;Yu Yamamoto;Yoshitaka Nagashima;Takafumi Tanei;Masakazu Takayasu;Ryuta Saito

    Neurol Med Chir (Tokyo)   63 巻 ( 8 ) 頁: 350 - 355   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Direct Screw Osteosynthesis for an Elderly Osteoporotic Patient With C2 Complex Fracture 査読有り

    Yoshitaka Nagashima, Yusuke Nishimura, Mamoru Matsuo, Takafumi Tanei, Ryuta Saito

    Cureus   15 巻 ( 7 ) 頁: e42510   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Comparative Study of Surgical Outcomes of Occipitocervical and Atlantoaxial Fusion for Retro-Odontoid Pseudotumor 査読有り

    Tomoya Nishii, Yusuke Nishimura, Yoshitaka Nagashima, Takafumi Tanei, Masahito Hara, Masakazu Takayasu, Tokumi Kanemura, Ryuta Saito

    World Neurosurg   178 巻   頁: e230 - e238   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Focus disconnection of the SEEG-identified epileptic network by radiofrequency thermal coagulation 査読有り

    Tomotaka Ishizaki;Satoshi Maesawa;Hiroyuki Yamamoto;Miki Hashida;Manabu Mutoh;Yoshiki Ito;Takafumi Tanei;Jun Natsume;Ryuta Saito

    Seizure: European Journal of Epilepsy   111 巻   頁: 17 - 20   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Efficacy of Spinal Cord Stimulation Using Differential Target Multiplexed Stimulation for Intractable Pain of Hereditary Neuropathy with Liability to Pressure Palsies: A Case Report 査読有り

    Takafumi Tanei, Yusuke Nishimura, Yoshitaka Nagashima, Motonori Ishii, Tomoya Nishii, Nobuhisa Fukaya, Takashi Abe, Hiroyuki Kato, Satoshi Maesawa, Ryuta Saito

    NMC Case Report Journal   10 巻   頁: 203 - 208   2023年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Differential target multiplexed spinal cord stimulation using a paddle-type lead placed at the appropriate site for neuropathic pain after spinal cord injury in patients with past spinal surgical histories: study protocol for an exploratory clinical trial 査読有り

    Takafumi Tanei, Satoshi Maesawa, Yusuke Nishimura, Yoshitaka Nagashima, Tomotaka Ishizaki, Masahiko Ando, Yachiyo Kuwatsuka, Atsushi Hashizume, Shimon Kurasawa, Ryuta Saito

    Trials   24 巻 ( 1 ) 頁: 395   2023年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Secondary aneurysmal bone cyst of the frontal bone with fibrous dysplasia showing rapid expansion: a case report 査読有り

    Yuta Koketsu, Takafumi Tanei, Kyoko Kuwabara, Toshinori Hasegawa, Takenori Kato, Satoshi Maesawa, Yusuke Nishimura, Yoshio Araki and Ryuta Saito

    Nagoya J Med Sci   85 巻 ( 2 ) 頁: 395 - 401   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Clinical Impacts of Stereotactic Electroencephalography on Epilepsy Surgery and Associated Issues in the Current Situation in Japan 招待有り 査読有り

    Neurol Med Chir (Tokyo)   63 巻 ( 5 ) 頁: 179 - 190   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Radiographic Prediction of the Occipito-C2 Angle Variation with Changes in Distance between the Mandible and Cervical Vertebrae: A Preliminary Study 査読有り

    Yoshitaka Nagashima;Yusuke Nishimura;Takayuki Awaya;Nobuhiro Hata;Takafumi Tanei;Motonori Ishii;Takahiro Oyama;Tomoya Nishii;Nobuhisa Fukaya;Takashi Abe;Hiroyuki Kato;Ryuta Saito

    Neurol Med Chir (Tokyo)   63 巻 ( 5 ) 頁: 200 - 205   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Unique vascular structures of a radicular arteriovenous fistula at the craniocervical junction along the first cervical spinal nerve: A case report 査読有り

    Kentaro Wada, Takafumi Tanei, Kenichi Hattori, Hisashi Hatano, Shigeru Fujitani, Risa Ito, Hiroaki Kubo, Yusuke Nishimura, Satoshi Maesawa, Ryuta Saito

    Surg Neurol Int   14 巻   頁: 85   2023年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Pineal parenchymal tumor of intermediate differentiation with late spinal dissemination 13 years after initial surgery: illustrative case 査読有り

    Hiroyuki Kato, Takafumi Tanei, Yusuke Nishimura, Yoshitaka Nagashima, Motonori Ishii, Tomoya Nishii, Nobuhisa Fukaya, Takashi Abe, and Ryuta Saito

    J Neurosurg Case Lessons   5 巻 ( 7 ) 頁: 22475   2023年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Relief of Central Poststroke Pain Affecting Both the Arm and Leg on One Side by Double-independent Dual-lead Spinal Cord Stimulation Using Fast-acting Subperception Therapy Stimulation: A Case Report 査読有り

    Takafumi Tanei, Satoshi Maesawa, Yusuke Nishimura, Yoshitaka Nagashima, Tomotaka Ishizaki, Manabu Mutoh, Yoshiki Ito, Ryuta Saito

    NMC Case Rep J   10 巻   頁: 15 - 20   2023年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Spinal Cord Stimulation for Neuropathic Pain following a Spinal Cord Lesion with Past Spinal Surgical Histories Using a Paddle Lead Placed on the Rostral Side of the Lesion: Report of Three Cases. 査読有り

    Fukaya N, Tanei T, Nishimura Y, Hara M, Hata N, Nagashima Y, Maesawa S, Araki Y, Saito R

    NMC Case Report Journal   9 巻 ( 0 ) 頁: 349 - 355   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本脳神経外科学会  

    DOI: 10.2176/jns-nmc.2022-0218

    PubMed

    CiNii Research

  24. A case report: Dual-lead deep brain stimulation of the posterior subthalamic area and the thalamus was effective for Holmes tremor after unsuccessful focused ultrasound thalamotomy. 査読有り

    Maesawa S, Torii J, Nakatsubo D, Noda H, Mutoh M, Ito Y, Ishizaki T, Tsuboi T, Suzuki M, Tanei T, Katsuno M, Saito R

    Frontiers in human neuroscience   16 巻   頁: 1065459   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnhum.2022.1065459

    PubMed

  25. Comparative Study of Anterior Transvertebral Foraminotomy and Anterior Cervical Discectomy and Fusion for Unilateral Cervical Spondylotic Radiculopathy. 査読有り

    Akahori S, Nishimura Y, Eguchi K, Nagashima Y, Ando R, Awaya T, Tanei T, Hara M, Kanemura T, Takayasu M, Saito R

    World neurosurgery   171 巻   頁: e516 - e523   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2022.12.053

    PubMed

  26. True Angina Pectoris Immediately After Cervical Disc Herniation Surgery for Preoperative Cervical Angina Symptoms: A Case Report 査読有り

    Abe Takashi, Tanei Takafumi, Nishimura Yusuke, Saito Ryuta

    CUREUS JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   14 巻 ( 8 ) 頁: e28313   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7759/cureus.28313

    Web of Science

    PubMed

  27. Achieving good neurological outcome by combining decompressive craniectomy for acute subdural hematoma and transarterial embolization of intraperitoneal injured arteries for multiple severe trauma: a case report. 査読有り

    Okada K, Tanei T, Kato T, Naito T, Koketsu Y, Ito R, Hirayama K, Hasegawa T

    Nagoya journal of medical science   84 巻 ( 3 ) 頁: 640 - 647   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.84.3.640

    PubMed

  28. Long-Term Risks of Hemorrhage and Adverse Radiation Effects of Stereotactic Radiosurgery for Brain Arteriovenous Malformations. 査読有り

    Hasegawa T, Kato T, Naito T, Tanei T, Okada K, Ito R, Koketsu Y, Hirayama K

    Neurosurgery   90 巻 ( 6 ) 頁: 784 - 792   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1227/neu.0000000000001913

    PubMed

  29. Changes in cerebral blood flow in the postoperative chronic phase after combined cerebral revascularization for moyamoya disease with ischaemic onset 査読有り

    Araki Yoshio, Mamiya Takashi, Fujita Naotoshi, Uda Kenji, Yokoyama Kinya, Kanamori Fumiaki, Takayanagi Kai, Ishii Kazuki, Nishihori Masahiro, Takeuch Kazuhito, Tanahashi Kuniaki, Nagata Yuichi, Nishimura Yusuke, Tanei Takafumi, Sumitomo Masaki, Okamoto Sho, Izumi Takashi, Kato Katsuhiko, Saito Ryuta

    NEUROSURGICAL REVIEW   45 巻 ( 3 ) 頁: 2471 - 2480   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10143-022-01774-8

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  30. Spinal cord stimulation for the treatment of pain and toe ulceration associated with systemic sclerosis: a case report. 査読有り

    Ito H, Tanei T, Sugawara K, Sando Y, Hori N

    Fukushima journal of medical science   68 巻 ( 1 ) 頁: 37 - 41   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5387/fms.2021-33

    PubMed

  31. Spatially separate cerebral infarction in the posterior cerebral artery territory after combined revascularization of the middle cerebral artery territory in an adult patient with moyamoya disease and fetal-type posterior communicating artery: illustrative case. 査読有り

    Araki Y, Yokoyama K, Uda K, Kanamori F, Mamiya T, Takayanagi K, Ishii K, Nishihori M, Takeuchi K, Tanahashi K, Nagata Y, Tanei T, Nishimura Y, Izumi T, Saito R

    Journal of neurosurgery. Case lessons   3 巻 ( 12 )   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/CASE21704

    PubMed

  32. Efficacy of Magnetic Resonance Contrast-Enhanced Vessel Wall Imaging as an Ancillary Examination for Subarachnoid Hemorrhage With Bleeding Points Difficult to Determine on Conventional Vascular Imaging: A Report of Three Cases. 査読有り

    Koketsu Y, Tanei T, Kato T, Hasegawa T

    Cureus   14 巻 ( 3 ) 頁: e23313   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7759/cureus.23313

    PubMed

  33. Benefit of spinal cord stimulation for patients with central poststroke pain: a retrospective multicenter study. 査読有り

    Hosomi K, Yamamoto T, Agari T, Takeshita S, Tanei T, Imoto H, Mori N, Oshino S, Kurisu K, Kishima H, Saitoh Y

    Journal of neurosurgery   136 巻 ( 2 ) 頁: 601 - 612   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2020.11.JNS202999

    PubMed

  34. Intravascular Large B-Cell Lymphoma Diagnosed by Open Brain Biopsy and Achievement of Remission After Early Initiation of Chemotherapy: Case Report. 査読有り

    Tsukamoto E, Tanei T, Kato T, Hasegawa T

    Cureus   14 巻 ( 2 ) 頁: e21971   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7759/cureus.21971

    PubMed

  35. Intracranial Idiopathic Acute Epidural Hematoma Presenting with a Stroke-like Attack and Rapid Neurological Deterioration: A Case Report. 査読有り

    Koketsu Y, Tanei T, Kato T, Naito T, Okada K, Ito R, Hirayama K, Hasegawa T

    NMC case report journal   9 巻   頁: 25 - 30   2022年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/jns-nmc.2021-0330

    PubMed

  36. 脳神経外科専攻医に手術イラストを作成させる教育 査読有り

    種井 隆文、加藤 丈典、内藤 丈裕、岡田 航、纐纈 雄太、伊藤 里紗、平山 暄土、長谷川 俊典

    脳神経外科ジャーナル   31 巻   頁: 240 - 245   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Unilateral laminotomy for bilateral decompression and balloon kyphoplasty to decompress lumber canal stenosis aggravated by osteoporotic vertebral compression fractures: A technical note 査読有り

    Nagashima Y., Nishimura Y., Ishii M., Nishii T., Fukaya N., Oyama T., Abe T., Kato H., Tsukamoto E., Tanei T., Saito R.

    Surgical Neurology International   13 巻   頁: 538   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.25259/SNI_971_2022

    Scopus

    PubMed

  38. Primary Dural Mucosa-associated Lymphoid Tissue Lymphoma Mimicking Falx Meningioma: A Case Report. 査読有り

    Takeuchi I, Tanei T, Kuwabara K, Kato T, Naito T, Koketsu Y, Hirayama K, Hasegawa T

    NMC case report journal   9 巻   頁: 123 - 128   2022年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/jns-nmc.2021-0426

    PubMed

  39. The preoperative focal cerebral blood flow status may be associated with slow flow in the bypass graft after combined surgery for moyamoya disease 査読有り

    Araki Y., Yokoyama K., Uda K., Kanamori F., Mamiya T., Takayanagi K., Ishii K., Shintai K., Nishihori M., Tsukada T., Takeuchi K., Tanahashi K., Nagata Y., Nishimura Y., Tanei T., Nagashima Y., Muraoka S., Izumi T., Seki Y., Saito R.

    Surgical Neurology International   13 巻   頁: 511   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.25259/SNI_772_2022

    Scopus

    PubMed

  40. Dural-based Cavernous Malformation at the Temporal Convexity Presenting with Hemorrhage in a Pregnant Woman: Case Report 査読有り

    Kazuki Ishii, Takafumi Tanei, Takenori Kato, Takehiro Naito, Eisuke Tsukamoto, Ko Okada, Toshinori Hasegawa

    NMC Case Rep Journal   8 巻 ( 1 ) 頁: 69 - 73   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmccrj.cr.2020-0116.

  41. Predictors of long-term tumor control after stereotactic radiosurgery for Koos grade 4 vestibular schwannomas 査読有り

    Toshinori Hasegawa, Takenori Kato, Takehiro Naito, Takafumi Tanei, Kazuki Ishii, Eisuke Tsukamoto, Kou Okada, Risa Ito, Yuuta Kouketsu

    J Neurooncol   151 巻 ( 2 ) 頁: 145 - 156   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11060-020-03622-5.

  42. Long-Term Outcomes of Sporadic Vestibular Schwannomas Treated with Recent Stereotactic Radiosurgery Techniques 査読有り

    Toshinori Hasegawa, Takenori Kato, Takehiro Naito, Takafumi Tanei, Kazuki Ishii, Eisuke Tsukamoto, Kou Okada

    Int J Radiat Oncol Biol Phys   108 巻 ( 3 ) 頁: 725 - 733   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijrobp.2020.05.029.

  43. Subarachnoid Hemorrhage After Ischemic Stroke Associated with Systemic Lupus Erythematosus and Antiphospholipid Syndrome 査読有り

    Eisuke Tsukamoto, Takafumi Tanei, Joe Senda, Takenori Kato, Takehiro Naito, Kazuki Ishii, Ko Okada, Toshinori Hasegawa

    World Neurosurg   136 巻   頁: 248 - 250   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2020.01.030.

  44. コイル塞栓術の4週間後に片側の多発性脳浮腫を来した一例 査読有り

    鳥居 潤、種井 隆文、内藤 丈裕、加藤 丈典、石井 一輝、塚本 英祐、長谷川 俊典

    脳神経外科   48 巻 ( 2 ) 頁: 123 - 130   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.1436204148.

  45. 小児脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療の遅発性合併症 招待有り 査読有り

    長谷川 俊典、加藤 丈典、内藤 丈裕、種井 隆文、石井 一輝、塚本 英祐

    定位的放射線治療   24 巻   頁: 47 - 56   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. 直達術後再発した遺残性原始舌下神経動脈関連動脈瘤に対してコイル塞栓術を施行した症例 査読有り

    石井一輝、内藤丈裕、加藤丈典、種井隆文、塚本英祐、岡田航、長谷川俊典

    脳血管内治療   5 巻 ( 3 )   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Simultaneous multiple craniotomies in the management of multifocal malignant brain lesions: case reports 査読有り

    Takafumi Tanei, Masazumi Fujii, Shigenori Takebayashi, Norimoto Nakahara, Toshihiko Wakabayashi

    Fukushima J Med Sci   65 巻 ( 2 ) 頁: 43 - 49   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5387/fms.2019-06.

  48. Repeated Intracranial Hemorrhage After Delivery Induced by Coagulopathy Associated with Multiple Venous Malformations 査読有り

    Eisuke Tsukamoto, Takafumi Tanei, Takenori Kato, Takehiro Naito, Jun Torii, Kazuki Ishii, Toshinori Hasegawa

    World Neurosurg   128 巻   頁: 434 - 437   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2019.05.089.

  49. Predictive Factors Associated with Pain Relief of Spinal Cord Stimulation for Central Post-stroke Pain 査読有り

    Takafumi Tanei, Yasukazu Kajita, Shigenori Takebayashi, Kosuke Aoki, Norimoto Nakahara, Toshihiko Wakabayashi

    Neurol Med Chir (Tokyo)   59 巻 ( 6 ) 頁: 213 - 221   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.oa.2018-0292.

  50. Long-Term Outcomes for Pediatric Patients with Brain Arteriovenous Malformations Treated with Gamma Knife Radiosurgery, Part 2: The Incidence of Cyst Formation, Encapsulated Hematoma, and Radiation-Induced Tumor 査読有り

    Toshinori Hasegawa, Takenori Kato, Takehiro Naito, Takafumi Tanei, Jun Torii, Kazuki Ishii, Eisuke Tsukamoto, Kanako C Hatanaka, Taku Sugiyama

    World Neurosurg   126 巻   頁: e1526 - e1536   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2019.03.177.

  51. Long-Term Outcomes for Pediatric Patients with Brain Arteriovenous Malformations Treated with Gamma Knife Radiosurgery, Part 1: Analysis of Nidus Obliteration Rates and Related Factors 査読有り

    Toshinori Hasegawa, Takenori Kato, Takehiro Naito, Takafumi Tanei, Jun Torii, Kazuki Ishii, Eisuke Tsukamoto

    World Neurosurg   126 巻   頁: e1518 - e1525   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2019.03.176.

  52. 脳動静脈奇形摘出術の手術前後イラストの工夫 査読有り

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元

    脳神経外科ジャーナル   28 巻   頁: 229 - 234   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Long-term Effect and Predictive Factors of Motor Cortex and Spinal Cord Stimulation for Chronic Neuropathic Pain 査読有り

    Takafumi Tanei, Yasukazu Kajita, Satoshi Maesawa, Daisuke Nakatsubo, Kosuke Aoki, Hiroshi Noda, Shigenori Takebayashi, Norimoto Nakahara, Toshihiko Wakabayashi

    Neurol Med Chir (Tokyo)   58 巻 ( 10 ) 頁: 422 - 434   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.oa.2018-0106.

  54. DBSに対する術中MRIの経験 招待有り 査読有り

    種井隆文、竹林 成典、西畑、朋貴、中原 紀元

    CI研究   39 巻 ( 1 ) 頁: 25 - 29   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. 側頭葉内側を主座とするgliomaに対してナビゲーションと術中MRIを用いたsupratentorial-infraoccipital approachが有効であった2例 査読有り

    種井 隆文、藤井 正純、竹林 成典 、中原 紀元、若林 俊彦

    脳神経外科   43 巻 ( 3 ) 頁: 241 - 246   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.1436202994.

  56. 脳実質内病変生検術直後の術中MRI所見 査読有り

    種井隆文、竹林 成典、中原 紀元

    CI研究   37 巻 ( 2 ) 頁: 79 - 84   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. 中枢性脳卒中後疼痛に対するプレガバリン(リリカ®)の有効性と安全性 査読有り

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    脳神経外科ジャーナル   24 巻   頁: 120 - 124   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Combination of spinal cord stimulation and intrathecal baclofen therapy for neuropathic pain of upper limbs and spasticity of lower limbs induced by spinal cord injury 査読有り

    Takafumi Tanei, Shigenori Takebayashi, Norimoto Nakahara, Toshihiko Wakabayashi

    Neurotramatology   38 巻   頁: 125 - 127   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. 重症横紋筋融解症と頭蓋内出血を合併した脱法ハーブ使用者の一例 査読有り

    種井 隆文、森田 良樹、八島 章人, 脇田 寛之, 竹林 成典 、中原 紀元、平野 雅紀、若林 俊彦

    脳神経外科   42 巻 ( 9 ) 頁: 847 - 871   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. 脳実質内病変に対する生検術の術式選択と 査読有り

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元、永谷 哲也、若林 俊彦

    脳神経外科   42 巻 ( 9 ) 頁: 837 - 840   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  61. 運動野近傍グリオーマに対する術中MRI支援画像誘導手術 査読有り

    中原 紀元, 竹林 成典, 種井 隆文, 平野 雅規, 藤井 正純, 若林 俊彦

    脳神経外科   41 巻 ( 1 ) 頁: 1047 - 1063   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. 脳卒中後疼痛に対する経口トラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン配合錠(トラムセット®)の有効性 査読有り

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、竹林 成典、平野 雅規、中原 紀元、若林 俊彦

    脳神経外科   41 巻 ( 8 ) 頁: 679 - 685   2013年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Use of high-field intraoperative magnetic resonance imaging during endoscopic transsphenoidal surgery for functioning pituitary microadenomas and small adenomas located in the intrasellar region 査読有り

    Takafumi Tanei, Tetsuya Nagatani, Norimoto Nakahara, Tadashi Watanabe, Tomoki Nishihata, Matthew L Nielsen, Shigenori Takebayashi, Masaki Hirano, Toshihiko Wakabayashi

    Neurol Med Chir (Tokyo)   53 巻 ( 7 ) 頁: 501 - 510   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.53.501.

  64. 脳卒中後疼痛に対する8極リードを用いたdual lead SCSの経験 査読有り

    種井 隆文、中原 紀元、竹林 成典、平野 雅規、梶田 泰一、若林 俊彦

    脳神経外科   40 巻 ( 4 ) 頁: 325 - 329   2012年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Simultaneous surgical resections of two distant metastatic malignant melanoma lesions--case report 査読有り

    Takafumi Tanei, Norimoto Nakahara, Shigenori Takebayashi, Masaki Hirano, Toshihiko Wakabayashi

    Nagoya J Med Sci   74 巻 ( 1-2 ) 頁: 173 - 179   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Endoscopic biopsy for lesions located in the parenchyma of the brain: preoperative planning based on stereotactic methods. Technical note 査読有り

    Takafumi Tanei, Norimoto Nakahara, Shigenori Takebayashi, Masaki Hirano, Tetsuya Nagatani, Tomoki Nishihata, Toshihiko Wakabayashi

    Neurol Med Chir (Tokyo)   52 巻 ( 8 ) 頁: 617 - 621   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.52.617.

  67. Isolated adrenocorticotropic hormone deficiency associated with Hashimoto's disease and thyroid crisis triggered by head trauma. Case report 査読有り

    Takafumi Tanei, Youko Eguchi, Yuka Yamamoto, Masaki Hirano, Shigenori Takebayashi, Norimoto Nakahara

    Neurol Med Chir (Tokyo)   52 巻 ( 1 ) 頁: 44 - 47   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.52.44.

  68. Primary angiitis of the central nervous system mimicking tumor-like lesion -case report 査読有り

    Takafumi Tanei, Norimoto Nakahara, Shigenori Takebayashi, Masafumi Ito, Yoshio Hashizume, Toshihiko Wakabayashi

    Neurol Med Chir (Tokyo)   51 巻 ( 1 ) 頁: 56 - 59   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.51.56.

  69. Efficacy of motor cortex stimulation for intractable central neuropathic pain: comparison of stimulation parameters between post-stroke pain and other central pain 査読有り

    Takafumi Tanei, Yasukazu Kajita, Hiroshi Noda, Shigenori Takebayashi, Daisuke Nakatsubo, Satoshi Maesawa, Toshihiko Wakabayashi

    Neurol Med Chir (Tokyo)   51 巻 ( 1 ) 頁: 8 - 14   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.51.8.

  70. 錐体路近傍のAVM摘出術に対してneuronavigation systemが有効であった一例 査読有り

    種井 隆文、竹林 成典、西畑 朋貴、中原 紀元、若林 俊彦

    脳神経外科   38 巻 ( 8 ) 頁: 745 - 750   2010年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Motor cortex stimulation for intractable neuropathic facial pain related to multiple sclerosis 査読有り

    Takafumi Tanei, Yasukazu Kajita, Toshihiko Wakabayashi

    Neurol Med Chir (Tokyo)   50 巻 ( 7 ) 頁: 604 - 607   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.50.604.

  72. Changes in regional blood flow induced by unilateral subthalamic nucleus stimulation in patients with Parkinson's disease 査読有り

    Takafumi Tanei, Yasukazu Kajita, Takashi Nihashi, Yoshiki Kaneoke, Shigenori Takebayashi, Daisuke Nakatsubo, Toshihiko Wakabayashi

    Neurol Med Chir (Tokyo)   49 巻 ( 11 ) 頁: 507 - 513   2009年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.49.507.

  73. Staged bilateral deep brain stimulation of the subthalamic nucleus for the treatment of Parkinson's disease 査読有り

    Takafumi Tanei, Yasukazu Kajita, Yoshiki Kaneoke, Shigenori Takebayashi, Daisuke Nakatsubo, Toshihiko Wakabayashi

    Acta Neurochir (Wien)   151 巻 ( 6 ) 頁: 589 - 594   2009年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

    DOI: 10.1007/s00701-009-0293-6.

  74. Dural arteriovenous fistula in the anterior cranial fossa: four case reports 査読有り

    Takafumi Tanei, Kazuhiro Fukui, Kenichi Wakabayashi, Yuki Mitsui, Norio Inoue, Masao Watanabe

    Neurol Med Chir (Tokyo)   48 巻 ( 12 ) 頁: 560 - 563   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.48.560.

  75. Colloid (enterogenous) cyst in the frontal lobe 査読有り

    Takafumi Tanei, Kazuhiro Fukui, Takenori Kato, Kenichi Wakabayashi, Norio Inoue, Masao Watanabe

    Neurol Med Chir (Tokyo)   46 巻 ( 8 ) 頁: 401 - 404   2006年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.46.401.

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. 脳神経外科学レビュー 2023-24

    種井( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 42. 脳炎・髄膜炎)

    総合医学社  2022年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:286-291   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 脳神経外科レジデントマニュアル

    種井 隆文( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 感染症、疼痛をもつ患者の管理、鎮痛薬)

    医学書院  2016年 

     詳細を見る

    総ページ数:363   担当ページ:145-152, 220-222, 260-265   著書種別:教科書・概説・概論

MISC 21

  1. 神経障害性疼痛に対する脊髄刺激療法 ~Paresthesia-freeである新規刺激法の可能性~ 招待有り 査読有り

    種井 隆文、前澤 聡、西村 由介、永島 孝吉、石﨑 友崇、武藤 学、伊藤 芳記、齋藤 竜太  

    機能的脳神経外科62 巻   頁: 71 - 75   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  2. 神経障害性疼痛に対する脊髄刺激療法の手術手技 招待有り

    種井隆文  

    ペインクリニック44 巻 ( 8 ) 頁: 733 - 741   2023年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  3. 中枢性脳卒中後疼痛に対する脊髄刺激療法 本邦における多施設共同研究の結果から 招待有り

    細見 晃一, 山本 隆充, 上利 崇, 竹下 真一郎, 種井 隆文, 井本 浩哉, 森 信彦, 押野 悟, 栗栖 薫, 貴島 晴彦, 齋藤 洋一  

    ペインクリニック42 巻 ( 12 ) 頁: 1371 - 1380   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  4. 医療安全は医療現場における戦略・兵站・危機管理である 招待有り

    種井  

    医療安全レポート61 巻   頁: 9 - 12   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  5. 神経障害性疼痛に対する脊髄刺激療法の手術手技 招待有り

    種井隆文  

    ペインクリニック 42 巻 ( 12 ) 頁: 1417 - 1425   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  6. 強皮症による下腿虚血性潰瘍に脊髄刺激療法を施行した1例 招待有り

    山東 優, 田中 陽奈, 菅原 京子, 伊藤 弘幸, 種井 隆文  

    日本皮膚科学会雑誌 130 巻 ( 3 ) 頁: 1672 - 1672   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  7. 脳卒中後疼痛:薬物治療の実際 招待有り

    種井 隆文, 梶田 泰一, 竹林 成典, 中原 紀元, 若林 俊彦  

    ペインクリニック 別冊春号 41 巻   頁: 260 - 267   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  8. 自己免疫疾患、凝固・線溶系異常と脳卒中 凝固・線溶系からみた急性期脳梗塞診療 査読有り

    千田 譲;塚本 英祐;石井 一輝;鳥居 潤;種井 隆文;内藤 丈裕;加藤 丈典;長谷川 俊典  

    The Mt. Fuji Workshop on CVD37 巻   頁: 58 - 61   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  9. 脳卒中後疼痛:薬物と外科治療 招待有り

    種井 隆文, 梶田 泰一, 若林 俊彦  

    日本臨床77 巻 ( 12 ) 頁: 1964 - 1969   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  10. 医師が医療安全へ非協力的な要因とその対策 ~医師の“6R”に対する行動からの考察~ 査読有り

    種井 隆文;安田 あゆ子;長尾 能雅  

    医療と安全9 巻   頁: 12 - 16   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  11. 脳卒中後疼痛:薬物治療の実際 招待有り

    種井 隆文, 梶田 泰一, 竹林 成典, 中原 紀元, 若林 俊彦  

    ペインクリニック 39 巻 ( 7 ) 頁: 879 - 886   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  12. RestoreSensorTM SureScan® MRIを用いた脊髄刺激による疼痛の治療 招待有り

    種井 隆文, 梶田 泰一, 竹林 成典, 蔵知 麻里奈, 中原 紀元, 若林 俊彦  

    ペインクリニック 37 巻 ( 3 ) 頁: 307 - 313   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  13. 中枢性神経障害性疼痛に対する薬物治療と外科治療 ~脊髄刺激療法の現状と課題~ (総説) 招待有り

    種井 隆文, 梶田 泰一, 若林 俊彦  

    脳神経外科 43 巻 ( 6 ) 頁: 507 - 515   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  14. 医師によるインシデントレポート件数増加への取り組み 査読有り

    種井 隆文, 田中 夕美子  

    患者安全推進ジャーナル33 巻   頁: 37 - 40   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  15. 医師インシデントレポート報告数はなぜ少ないのか?〜医師へのアンケートから判明した実状とその対策結果〜 招待有り 査読有り

    種井隆文, 田中夕美子  

    交通医学66 巻 ( 5・6 ) 頁: 115 - 116   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  16. ニューロモデュレーション技術の進展と疼痛治療への応用 脳卒中後疼痛に対する8極リードを用いたdual lead SCS 招待有り

    種井 隆文, 中原 紀元, 竹林 成典, 平野 雅規, 梶田 泰一, 若林 俊彦  

    ペインクリニック 別冊春号 33 巻   頁: S83 - S88   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  17. 下肢を優位とする上下肢難治性疼痛に対して4極電極を4本用いた脊髄刺激術の一例 招待有り

    種井 隆文, 竹林 成典, 中原 紀元, 前澤 聡, 梶田 泰一, 若林 俊彦  

    機能的脳神経外科50 巻 ( 1 ) 頁: 98 - 99   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  18. 多発性硬化症を原因とする難治性顔面痛に対して運動野刺激術が有効であった1例 招待有り

    種井 隆文, 梶田 泰一, 若林 俊彦  

    機能的脳神経外科 49 巻 ( 1 ) 頁: 38 - 39   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  19. パーキンソン病に対する片側視床下核刺激術による局所脳血流変化 招待有り

    種井 隆文, 梶田 泰 一, 金桶 吉起, 竹林 成典, 中坪 大輔, 二橋 尚志, 若林 俊彦  

    機能的脳神経外科 48 巻 ( 1 ) 頁: 82 - 83   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  20. 進行性パーキンソン病に対する両側視床下核刺激術の成績比較:一期的と二期的手術の比較検討 招待有り

    種井 隆文, 梶田 泰一, 金桶 吉起, 竹林 成典, 中坪 大輔, 藤谷 繁, 吉田 純  

    機能的脳神経外科47 巻 ( 1 ) 頁: 34 - 35   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  21. 感染の関与により巨大化した外傷性浅側頭動脈仮性動脈瘤 査読有り

    加藤 丈典, 福井 一裕, 若林 健一, 種井 隆文, 井上 憲夫, 渡辺 正男, 鈴木 伸行  

    日本救急医学会雑誌17 巻 ( 3 ) 頁: 115 - 119   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 233

  1. 脊髄損傷後疼痛に対する脊髄刺激療法の有効性

    種井 隆文 西村 由介、永島 吉孝 石﨑 友崇 武藤 学  伊藤 芳記 布施 佑太郎 橋田 美紀 鈴木 崇宏 齋藤 竜太

    第47回 日本脳神経外傷学会  2024年2月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年2月 - 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. 痛み治療の最前線と臨床研究(講演) 招待有り

    種井 隆文

    第44回 運動器と痛みの研究会  2024年2月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年2月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:福島市  

  3. 中枢性脳卒中後疼痛に対するSCS再考 ~新規paresthesia-free 刺激がもたらす治療効果~(シンポジウム)

    種井 隆文、前澤 聡、西村 由介、永島 吉孝、石﨑 友崇、武藤 学、伊藤 芳記、橋田 美紀、齋藤 竜太

    第63回 日本定位・機能神経外科学会  2024年2月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:札幌  

  4. 痛み治療の最前線と新たな展開 ~明日から使える治療の秘訣~ 招待有り

    種井 隆文

    かかりつけ医のための脳疾患・疼痛診療 Web Seminar  2024年1月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語  

  5. 仙腸関節障害による疼痛にSCSが有効であった一例

    種井隆文

    第52回 名古屋脊髄・脊椎外科懇話会  2023年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. 薬剤の使用過多による頭痛(MOH)に対するCGRP関連薬の有効性

    種井 隆文 布施 佑太郎 前澤 聡 石﨑 友崇 武藤 学 伊藤 芳記 橋田 美紀 若林 俊彦 齋藤 竜太

    第51回 日本頭痛学会総会  2023年12月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

  7. 頭痛の病態から治療まで ~漢方薬の実際の効果~(講演) 招待有り

    種井 隆文

    Aichi Kampo mini Lecture  2023年11月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  8. 頭痛外来における片頭痛治療 ~抗CGRP製剤の実際の効果~(講演) 招待有り

    種井 隆文

    東区医師会学術講演会  2023年11月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  9. 薬剤の使用過多による頭痛(MOH)に対するCGRP関連薬を用いた治療の新たな展開

    種井 隆文 布施 佑太郎 前澤 聡 石﨑 友崇 武藤 学 伊藤 芳記 橋田 美紀 若林 俊彦 齋藤 竜太

    第82回 日本脳神経外科総会  2023年10月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  10. 難治性疼痛の薬物治療 ~明日から使える治療技術~(講演) 招待有り

    種井隆文

    NP CAMP -season2-  2023年10月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  11. 疼痛の新たな治療 ~片頭痛から神経障害性疼痛~(講演) 招待有り

    種井隆文

    春日井 脳 神経疾患 セミナー 学術講演会  2023年10月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:春日井市  

  12. 痛み治療の最前線 ~大学での歩みと今後の展望~(講演) 招待有り

    種井隆文

    尾張脳神経外科連携の会  2023年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  13. 頭痛の病態から治療まで ~漢方薬の実際の効果~(講演) 招待有り

    種井隆文

    株式会社ツムラ社内勉強会  2023年8月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  14. 難治性疼痛に対する当科の取り組み

    種井 隆文

    第1回名古屋大学・京都大学脳神経外科研究会  2023年7月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡市  

  15. 痛み治療の最前線と新たな展開(講演) 招待有り

    種井隆文

    Pain Live Symposium  2023年7月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  16. 痛み治療でお困りではありませんか?(講演) 招待有り

    種井 隆文

    西区医師会学術講演会  2023年6月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  17. 頭痛外来における片頭痛治療 ~抗CGRP製剤の実際の効果~(講演) 招待有り

    種井 隆文

    中区医師会学術講演会  2023年6月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  18. WaveWriter AlphaTM Experience 招待有り

    種井 隆文

    Meet the Master SCS Symposium  2023年6月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  19. 痛み治療でお困りではありませんか?(講演) 招待有り

    種井隆文

    脳疾患疼痛治療セミナー(web・愛媛)  2023年5月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  20. Relief of Central Poststroke Pain Affecting Both the Arm and Leg on One Side by Double-independent Dual-lead Spinal Cord Stimulation using Fast-acting Subperception Therapy Stimulation: A Case Report

    Takafumi Tanei;Satoshi Maesawa;Yusuke Nishimura;Yoshitaka Nagashima;Tomotaka, Ishizaki;Manabu Mutoh;Yoshiki Ito;Ryuta Saito

    Asian Australasian Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery (AASSFN 2023)  2023年4月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka  

  21. 波形だけじゃないSCS治療のポイント 『Coverage』(特別講演Ⅲ) 招待有り

    種井隆文

    第37回 ニューロモデュレーション学会  2023年4月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  22. 神経障害性疼痛に対する脊髄刺激療法 ~Paresthesia-freeである新規刺激の可能性~

    種井 隆文, 前澤 聡, 西村 由介, 永島 孝吉, 石﨑 友崇, 武藤 学, 伊藤 芳記, 齋藤 竜太

    第32回 脳神経外科手術と機器学会  2023年4月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山市  

  23. 脳血管障害に対する顕微鏡手術 ~手書き手術イラストのススメ~(特別シンポジウム)

    種井 隆文, 齋藤 竜太

    第32回 脳神経外科手術と機器学会   2023年4月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:富山市  

  24. 片頭痛に対する脳外科マインド ~大学・基幹病院~(講演) 招待有り

    種井 隆文

    Head to headache ~脳外科医の視点から見える頭痛診療~(東京・Web)  2023年4月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京   国名:日本国  

  25. 難治性疼痛の治療とこれから(講演) 招待有り

    種井 隆文

    第116回 東三河脳神経外科懇話会  2023年3月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:豊橋市   国名:日本国  

  26. 頭痛難民救済の道のり ~第2次革新を迎えた片頭痛治療~(講演) 招待有り

    種井 隆文

    片頭痛診療Update(Web)  2023年3月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  27. 神経障害性疼痛に対する脊髄刺激療法 ~Paresthesia-freeである新規刺激の可能性~

    種井隆文 西村由介 前澤聡 永島吉孝 石﨑友崇 石井元規 阿部節 深谷宣央 西井智哉 加藤寛之 武藤学 伊藤芳記 齋藤竜太

    東海脳神経外科領域痛みの研究会  2023年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市  

  28. 痛みの最新治療 ~片頭痛から神経障害性疼痛~(講演) 招待有り

    種井 隆文

    千種区医師会学術講演会  2023年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋市  

  29. バクロフェン過量投与事故の教訓 ~ASUISHIから学んだ真因究明と対策立案~(シンポジウム)

    種井 隆文、長尾 能雅、齋藤 竜太

    第9回 日本医療安全学会学術総会  2023年3月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

  30. 脳卒中後疼痛に対する治療再考 ~治療変遷と最新治療~(講演) 招待有り

    種井 隆文

    脳疾患に関する疼痛を再考する  2023年3月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  31. 神経障害性疼痛に対する脊髄刺激療法 ~Paresthesia-freeである新規刺激の可能性~

    種井 隆文、前澤 聡、西村 由介、永島 吉孝、石﨑 友崇、武藤 学、伊藤 芳記、齋藤 竜太

    第25回日本ヒト脳機能マッピング学会  2023年2月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  32. 片頭痛に対する脳外科マインド 招待有り

    種井 隆文

    アドバイザリーボード2023  2023年2月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京  

  33. 第2次革新を迎えた片頭痛治療 ~抗CGRP製剤(2021年)の登場~(講演) 招待有り

    種井

    名古屋市薬剤師会研修会(中区)  2023年2月4日  名古屋市

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  34. 神経障害性疼痛に対する脊髄刺激療法 ~Paresthesia-freeである新規刺激の可能性~

    種井 隆文 前澤 聡 西村 由介 永島 孝吉 石﨑 友崇 武藤 学 伊藤 芳記 齋藤 竜太

    第62回 日本定位・機能神経外科学会   2023年1月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口県  

  35. 難治性疼痛の外科治療(合同教育セミナー) 招待有り

    種井 隆文

    第62回 日本定位・機能神経外科学会   2023年1月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年1月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:山口県  

  36. 片頭痛から神経障害性疼痛の最新治療(講演)

    種井 隆文

    Nagoya Brain Symposium  2023年1月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年1月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  37. 頭痛外来の開設から集患の取り組み ~頭痛難民救済の道のり~(講演) 招待有り

    種井 隆文

    Migraine free seminar in Nagano(Web)  2022年12月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  38. 痛みの最新治療 ~神経障害性疼痛から片頭痛~(講演) 招待有り

    種井 隆文

    稲沢Pain Live Symposium  2022年12月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:稲沢市  

  39. SCS新規刺激法の可能性 ~前向き臨床研究の紹介~

    種井

    第50回 名古屋脊髄・脊椎外科懇話会  2022年12月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  40. 頭痛外来の開設から集患の取り組み ~頭痛難民救済の道のり~ 招待有り

    種井 隆文

    アムジェン社内講演会  2022年12月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

  41. 痛みの最新治療 ~神経障害性疼痛から片頭痛~(講演・Web) 招待有り

    種井 隆文

    知ってもらいたい痛み対応の新たな選択肢  2022年11月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:刈谷市  

  42. 痛みの最新治療 ~神経障害性疼痛から片頭痛~(講演) 招待有り

    種井 隆文

    疼痛治療を考える会  2022年10月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:web  

  43. 頭痛の治療について(市民公開講座) 招待有り

    みんなの健康習慣  2022年10月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  44. 腰の手術を受けた後も腰や足の痛みで苦しんでいるあなたに(講演・オンデマンド) 招待有り

    種井 隆文

    腰の手術を受けた後も腰や足の痛みで苦しんでいるあなたに  2022年10月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  45. 末梢性神経障害性疼痛に対する脊髄刺激療法と内服薬減量の検討(ポスター)

    種井 隆文、前澤 聡、武藤 学、伊藤 芳記、齋藤 竜太

    第80回 日本脳神経外科総会  2022年9月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

  46. 頭痛の話(市民公開講座) 招待有り

    種井隆文

    日本脳神経外科中部地方会 市民公開講座  2022年9月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  47. 頭痛外来の開設 ~頭痛難民救済の道のり~(講演) 招待有り

    種井隆文

    Migraine Premium Symposium in Nagoya -頭痛診療における現状と展望-  2022年9月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  48. 第2次革新を迎えた片頭痛治療 ~抗CGRP製剤(2021年)の登場~ 招待有り

    種井隆文

    西区薬剤師会研修会  2022年9月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  49. 頭痛外来開設と集患 招待有り

    種井 隆文

    頭痛外来開設アドバイザリーミーティング  2022年8月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋(web)  

  50. 中枢性神経障害性疼痛に対する脊髄刺激療法(講演) 招待有り

    種井 隆文

    東海脳神経外科SCS講演会  2022年8月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  51. 新規刺激法の臨床経験 FAST™およびContour™(講演) 招待有り

    種井 隆文

    Meet the Master for SCS(Webセミナー)  2022年8月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  52. 痛みの最新治療 ~神経障害性疼痛から片頭痛~(講演) 招待有り

    種井 隆文

    尾張西部 痛みの診療 webセミナー ~頭痛診療を考える~  2022年8月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  53. 頭痛の治療について(市民公開講座) 招待有り

    種井隆文

    市民公開講座(ノリタケイオン)  2022年8月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  54. 脊髄損傷後痛に対するパドル型電極を用いたDTM刺激の有効性に関する研究

    種井 隆文、西村 由介

    第49回 名古屋脊髄・脊椎外科懇話会  2022年7月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  55. 神経障害性疼痛に対するSCS ~FAST™およびContour™への期待~(講演) 招待有り

    種井 隆文

    第56回 ペインクリニック学会総会 モーニングセミナー  2022年7月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

  56. 神経障害性疼痛の治療~アルゴリズムの変遷~(講演) 招待有り

    種井隆文

    第一三共社内講演会  2022年6月9日  第一三共

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  57. 出血源推定に苦慮したSAHに対してvessel wall imagingが補助的検査として有効であった3例

    種井 隆文、加藤 丈典、内藤 丈裕、竹内 一生、纐纈 雄太、平山 暄土、長谷川 俊典、齋藤 竜太

    第31回 脳神経外科手術と機器学会  2022年4月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:虎ノ門  

  58. 名大における痛み治療(痛みセンター構想) 招待有り

    種井 隆文

    名古屋大学SCSカンファレンス  2022年3月18日  Medtronic

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:Web  

  59. 末梢性神経障害性疼痛に対する脊髄刺激療法の除痛効果と内服薬減量の検討

    種井 隆文、加藤 丈典、内藤 丈裕、竹内 一生、纐纈 雄太、平山 暄土、長谷川 俊典

    第23回 東海脳神経外科領域痛みの研究会  2022年3月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

  60. 脳外科レジデントに手術イラストを作成させる教育(シンポジウム)

    種井 隆文

    第30回 脳神経外科手術と機器学会  2022年3月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:札幌  

  61. 重症多発外傷に対して開頭減圧術と腹腔内血管塞栓術の同時治療で救命しえた一例(シンポジウム)

    種井 隆文

    第45回 日本脳神経外傷学会  2022年2月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:奈良  

  62. 末梢性神経障害性疼痛に対する脊髄刺激療法の除痛効果と内服薬減量の検討

    種井 隆文、加藤 丈典、内藤 丈裕、竹内 一生、纐纈 雄太、平山 暄土、長谷川 俊典

    第61回 日本定位・機能神経外科学会  2022年1月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  63. 脳外科レジデントに手術イラストを作成させる教育

    種井 隆文、加藤 丈典、内藤 丈裕、塚本 英祐、岡田 航、纐纈 雄大、伊藤 里紗、長谷川 俊典

    第79回 日本脳神経外科学会総会  2021年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

  64. 脳外科レジデントに手術イラストを作成させる教育

    種井 隆文、加藤 丈典、内藤 丈裕、塚本 英祐、岡田 航、纐纈 雄大、伊藤 里紗、長谷川 俊典

    第50回 日本脳卒中の外科学会  2021年3月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡(Web)  

  65. 強皮症を原因とする重症下肢虚血に対して脊髄刺激療法が有効であった1例

    種井 隆文、山東 優、伊藤 弘幸、菅原 京子、堀 直博

    第22回 東海脳神経外科領域痛みの研究会  2021年2月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  66. 強皮症を原因とする重症下肢虚血に対して脊髄刺激療法が有効であった1例

    種井 隆文、山東 優、伊藤 弘幸、菅原 京子、堀 直博

    第60回 日本定位・機能神経外科学会  2202年10月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟(Web)  

  67. 強皮症を原因とする重症下肢虚血に対して脊髄刺激療法が有効であった1例

    種井 隆文、山東 優、伊藤 弘幸、菅原 京子、堀 直博

    第1回 日本フットケア・足病医学会年次学術集会  2020年12月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

  68. 脳動静脈奇形摘出術の手術前後の手書きイラストの工夫

    種井 隆文、加藤 丈典、内藤 丈裕、石井 一輝、塚本 英祐、岡田 航、長谷川 俊典

    第79回 日本脳神経外科学会総会  2020年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山(Web)  

  69. 脳動静脈奇形摘出術の手術前後の手書きイラストの工夫

    種井 隆文、加藤 丈典、内藤 丈裕、石井 一輝、塚本 英祐、岡田 航、長谷川 俊典

    第29回 脳神経外科手術と機器学会   2020年9月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜(Web)  

  70. 脳動静脈奇形摘出術の手術前後の手書きイラスト(ポスター)

    種井 隆文、加藤 丈典、内藤 丈裕、石井 一輝、塚本 英祐、岡田 航、長谷川 俊典

    第29回 脳神経外科手術と機器学会   2020年9月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜(Web)  

  71. 神経障害性疼痛の治療(講演) 招待有り

    種井 隆文

    小牧市医師会 生涯教育研修  2020年9月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:小牧  

  72. 神経障害性疼痛の治療(講演) 招待有り

    種井 隆文

    第11回 三重痛みを考える会  2020年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:津(Web)  

  73. 脳動静脈奇形摘出術の手術前後の手書きイラストの工夫

    種井 隆文、加藤 丈典、内藤 丈裕、石井 一輝、塚本 英祐、岡田 航、長谷川 俊典

    第49回 日本脳卒中の外科学会  2020年8月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月 - 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜(Web)  

  74. 上手にインフォームドコンセントをしよう(シンポジウム) 招待有り

    種井 隆文

    第6回 日本医療安全学会学術総会  2020年3月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京(Web)  

  75. 難治性疼痛に対するSCSの有効性

    種井 隆文、梶田 泰一、長谷川 俊典、加藤 丈典、内藤 丈裕、石井 一輝、塚本 英祐、岡田 航、若林 俊彦

    第21回 東海脳神経外科領域痛みの研究会  2020年2月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  76. 難治性疼痛に対するSCSの有効性(シンポジウム)

    種井 隆文、梶田 泰一、長谷川 俊典、加藤 丈典、内藤 丈裕、石井 一輝、塚本 英祐、岡田 航、若林 俊彦

    第59回 日本定位・機能神経外科学会  2020年1月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:浜松  

  77. 痛み治療の現状 招待有り

    種井 隆文

    66回 名古屋大学脳神経外科同門会  2019年12月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋  

  78. 神経障害性疼痛の治療(講演) 招待有り

    種井 隆文

    第15回 脳領域から医療を語る会  2019年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋  

  79. 難治性疼痛に対するSCSの有効性(ポスター)

    種井 隆文、梶田 泰一、長谷川 俊典、加藤 丈典、内藤 丈裕、石井 一輝、塚本 英祐、岡田 航、若林 俊彦

    第78回 日本脳神経外科学会総会  2019年10月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  80. 脳動静脈奇形摘出術の手術前後の手書きイラストの工夫

    種井 隆文、加藤 丈典、内藤 丈裕、石井 一輝、塚本 英祐、岡田 航、長谷川 俊典

    第97回 日本脳神経外科中部地方会  2019年9月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢  

  81. 神経障害性疼痛の治療(講演) 招待有り

    種井 隆文

    倉敷平成記念病院 講演会  2019年9月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:倉敷  

  82. 医師が関与した重大な誤投薬の検証

    種井 隆文、安田 あゆ子、長尾 能雅

    第21回 日本医療マネジメント学会総会  2019年7月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  83. 脊髄刺激療法はどのような脳卒中後疼痛に対して効果を期待できるか(シンポジウム)

    種井 隆文、梶田 泰一、竹林 成典、青木恒介、中原 紀元、若林 俊彦

    第28回 脳神経外科手術と機器学会   2019年4月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:岡山  

  84. 脳卒中後疼痛 ~SCSの有効性と効果予測因子~(講演) 招待有り

    種井 隆文、梶田 泰一、竹林 成典、青木恒介、中原 紀元、若林 俊彦

    東海脊髄刺激療法講演会  2019年4月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋  

  85. 脊髄刺激療法はどのような脳卒中後疼痛に対して効果を期待できるか

    種井 隆文、梶田 泰一、竹林 成典、青木恒介、中原 紀元、若林 俊彦

    第96回 日本脳神経外科中部地方会  2019年4月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜  

  86. 脊髄刺激療法はどのような脳卒中後疼痛に対して効果を期待できるか

    種井 隆文、梶田 泰一、竹林 成典、青木恒介、中原 紀元、若林 俊彦

    第48回 脳卒中の外科学会  2019年3月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

  87. 脳卒中後疼痛 ~SCSの有効性と効果予測因子~(講演) 招待有り

    種井 隆文

    SCS Summit 2019  2019年2月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  88. 医師が関与した重大な誤投薬の検証

    種井 隆文、安田 あゆ子、長尾 能雅

    第5回 日本医療安全学会学術総会  2019年2月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  89. 脊髄刺激療法はどのような脳卒中後疼痛に対して効果を期待できるか

    種井 隆文、梶田 泰一、竹林 成典、青木恒介、中原 紀元、若林 俊彦

    第20回 東海脳神経外科領域痛みの研究会  2019年2月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  90. 脊髄刺激療法はどのような脳卒中後疼痛に対して効果を期待できるか

    種井 隆文、梶田 泰一、竹林 成典、青木恒介、中原 紀元、若林 俊彦

    第58回 日本定位・機能神経外科学会  2019年1月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  91. 医師が関与した重大な誤投薬の検証

    種井 隆文、安田 あゆ子、長尾 能雅

    第13回 医療の質・安全学会学術集会  2018年11月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  92. 医師が関与した重大な誤投薬の検証

    種井 隆文、安田 あゆ子、長尾 能雅

    第14回 日本医療マネジメント学会 愛知県支部学術集会  2018年11月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

  93. 神経障害性疼痛の病態と最新の治療戦略 ~中枢性神経障害性疼痛を中心に~ 招待有り

    種井 隆文

    尾張疼痛セミナー  2018年10月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:小牧市  

  94. 神経障害性疼痛の病態と最新の治療戦略 ~中枢性神経障害性疼痛を中心に~ 招待有り

    種井 隆文

    半田市医師会 学術講演  2018年10月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:半田市  

  95. 脳卒中後疼痛に対する脊髄刺激療法の長期効果(シンポジウム)

    種井 隆文、梶田 泰一、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第77回 日本脳神経外科学会総会  2018年10月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  96. 脳卒中後疼痛に対する脊髄刺激療法の長期効果

    種井 隆文、梶田 泰一、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第95回 日本脳神経外科中部地方会  2018年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市  

  97. 脳卒中後疼痛に対する脊髄刺激療法の長期効果

    種井 隆文、梶田 泰一、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第46回 関東機能外科カンファレンス  2018年9月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  98. 事故のない術中MRI手術をsafety ⅠおよびⅡの視点から検討する

    種井 隆文、安田 あゆ子、長尾 能雅

    第20回 日本医療マネジメント学会総会  2018年7月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

  99. 神経障害性疼痛の病態と最新の治療戦略 ~中枢性神経障害性疼痛を中心に~ 招待有り

    種井 隆文

    痛みしびれセミナー  2018年6月23日  エーザイ

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  100. 多発性脳腫瘍に対する一期的複数開頭摘出術:3例報告

    種井 隆文、藤井 正純、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第94回 日本脳神経外科中部地方会  2018年4月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井市  

  101. 脊髄刺激療法の適応と効果 ~脳神経外科の立場として~ 招待有り

    種井 隆文

    浜松SCS講演会  2018年4月15日  メドトロニック

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:浜松  

  102. 脳腫瘍摘出術における全摘出に対する術中MRIの意義

    種井 隆文、藤井正純、中原 紀元、竹林 成典、若林 俊彦

    第27回 脳神経外科手術と機器学会   2018年4月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:奈良  

  103. 脳卒中後疼痛に対する脊髄刺激療法の長期効果

    種井 隆文、梶田 泰一、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第47回 日本脳卒中の外科学会  2018年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

  104. 脳腫瘍摘出術における全摘出に対する術中MRIの意義

    種井 隆文、藤井正純、中原 紀元、竹林 成典、若林 俊彦

    第40回 日本脳神経CI学会  2018年3月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

  105. 外傷性神経障害性疼痛に対する脊髄刺激療法の長期効果

    種井 隆文、梶田 泰一、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第41回 日本脳神経外傷学会  2018年2月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  106. 事故のない術中MRI手術をsafety ⅠおよびⅡの視点から検討する

    種井 隆文、安田 あゆ子、長尾 能雅

    第4回 日本医療安全学会学術総会  2018年2月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  107. 神経障害性疼痛に対するMCSとSCSの長期効果

    種井 隆文、梶田 泰一、中坪 大輔、野田 寛、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第19回 東海脳神経外科領域痛みの研究会  2018年2月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  108. 神経障害性疼痛に対するMCSとSCSの長期効果への挑戦(シンポジウム)

    種井 隆文、梶田 泰一、中坪 大輔、野田 寛、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第57回 日本定位・機能神経外科学会  2018年1月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:奈良  

  109. 事故のない術中MRI手術をsafety ⅠおよびⅡの視点から検討する

    種井 隆文、安田 あゆ子、長尾 能雅

    第12回 医療の質・安全学会学術集会  2017年11月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張  

  110. 事故のない術中MRI手術をsafety ⅠおよびⅡの視点から検討する

    種井 隆文、安田 あゆ子、長尾 能雅

    第13回 日本医療マネジメント学会 愛知県支部学術集会  2017年11月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  111. パーキンソン病に対するDBS STNかGpiか?(コントラバシーセッション)

    種井 隆文、前澤 聡、中坪 大輔

    第76回 日本脳神経外科学会総会  2017年10月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋  

  112. 神経障害性疼痛に対するmotor cortex stimulationとspinal cord stimulationの長期効果(シンポジウム)

    種井 隆文、梶田 泰一、前澤 聡、中坪 大輔、野田 寛、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第76回 日本脳神経外科学会総会  2017年10月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:名古屋  

  113. 脳腫瘍摘出術における全摘出に対する術中MRIの意義(メインテーマ)

    種井 隆文、藤井正純、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第22回 日本脳腫瘍の外科学会  2017年9月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:鹿児島  

  114. 医師が医療安全に非協力的な原因とその対策 ~医師の6Rに対する行動からの考察~

    種井 隆文、安田 あゆ子、長尾 能雅

    第19回 日本医療マネジメント学会総会  2017年7月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

  115. 神経障害性疼痛に対する神経調節療法の変遷と現状

    種井 隆文、梶田 泰一、中坪 大輔、野田 寛、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第39回 日本疼痛学会  2017年6月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  116. 術中MRIの現状と近未来(シンポジウム)

    種井 隆文、中原 紀元、竹林 成典、若林 俊彦

    第26回 脳神経外科手術と機器学会  2017年4月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:甲府  

  117. 外傷性神経障害性疼痛に対する脊髄刺激療法 4例報告

    種井 隆文、梶田 泰一、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第91回 日本脳神経外科中部地方会  2017年4月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松本  

  118. 法的クライシス・ガバナンスの体制整備の充実と課題- 危機監理の下での院内医療安全管理の向上と改善したい点 ~安全管理者・臨床医がすべきこと~(パネリスト) 招待有り

    種井 隆文

    第3回 日本医療安全学会学術総会  2017年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京  

  119. 医師のみなさん、6Rってなんですか?

    種井 隆文、安田 あゆ子、田中 夕美子、長尾 能雅

    第3回 日本医療安全学会学術総会  2017年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  120. 外傷性神経障害性疼痛に対する脊髄刺激療法 4例報告

    種井 隆文、梶田 泰一、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第40回 日本脳神経外傷学会  2017年3月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:浅草  

  121. 術中MRIの現状と近未来

    種井 隆文、中原 紀元、竹林 成典、若林 俊彦

    第40回 日本脳神経CI学会  2017年3月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  122. 神経障害性疼痛に対する神経調節療法の変遷と現状

    種井 隆文、梶田 泰一、中坪 大輔、野田 寛、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第18回 東海脳神経外科領域痛みの研究会  2017年2月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  123. 神経障害性疼痛に対する神経調節療法の変遷と現状(シンポジウム)

    種井 隆文、梶田 泰一、中坪 大輔、野田 寛、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第56回 日本定位・機能神経外科学会  2017年1月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:大阪  

  124. 医師のみなさん、6Rってなんですか?

    種井 隆文、安田 あゆ子、田中 夕美子、長尾 能雅

    第11回 医療の質・安全学会学術集会  2016年11月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張  

  125. 医師のみなさん、6Rってなんですか?

    種井 隆文、安田 あゆ子、田中 夕美子、長尾 能雅

    第12回 日本医療マネジメント学会愛知県支部会  2016年11月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  126. DBSに対する術中MRIの信頼性と安全性

    種井 隆文、竹林 成典、西畑 朋貴、中原 紀元、若林 俊彦

    第75回 日本脳神経外科学会総会  2016年10月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

  127. 神経障害性疼痛に対する薬物・外科治療 招待有り

    種井 隆文

    日本臓器製薬 社内研修会  2016年10月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  128. 脳実質内病変に対する生検術における術式選択

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第90回 日本脳神経外科中部地方会  2016年9月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:浜松  

  129. 脳実質内病変に対する生検術における術式選択

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第21回 日本脳腫瘍の外科学会  2016年9月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  130. ERでの滞在時間の短縮(シンポジウム) 招待有り

    種井 隆文

    明日の医療の質向上をリードする医師養成プログラム(ASUHISHI) 2016年度人材ハブセンターシンポジウム  2016年6月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋  

  131. DBSに対する術中MRIの信頼性と安全性

    種井 隆文、竹林 成典、西畑 朋貴、中原 紀元、若林 俊彦

    第89回 日本脳神経外科中部地方会  2016年4月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山  

  132. 医師インシデントレポート報告数の推移と重症度の検討

    種井 隆文、香川 陽子

    第2回 日本医療安全学会学術総会  2016年3月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  133. 神経障害性疼痛に対するアルゴリズムに基づいた薬物治療と手術治療の介入時期

    種井 隆文、梶田 泰一、竹林 成典、中原 紀元、蔵地 万里奈、若林 俊彦

    第55回 日本定位・機能神経外科学会  2016年1月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

  134. 難治性神経障害性疼痛に対する脊髄刺激術の成績(講演) 招待有り

    種井 隆文、梶田 泰一、竹林 成典、中原 紀元、蔵地 万里奈、若林 俊彦

    東海脊髄刺激療法講演会  2015年11月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋  

  135. 医師インシデントレポート報告数の推移と重症度の検討

    種井 隆文、香川 陽子

    第10回 医療の質・安全学会学術集会  2015年11月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張  

  136. 神経障害性疼痛の病態と最新の治療戦略 ~中枢性神経障害性疼痛を中心に~(講演) 招待有り

    種井 隆文

    かかりつけ医のための神経障害性疼痛セミナー  2015年10月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  137. 難治性神経障害性疼痛に対する脊髄刺激術の成績(シンポジウム)

    種井 隆文、梶田 泰一、竹林 成典、中原 紀元、蔵地 万里奈、若林 俊彦

    第74回 日本脳神経外科学会総会  2015年10月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:札幌  

  138. 離れて存在する多発性脳腫瘍に対して一期的に別開頭摘出術を行った3例

    種井 隆文、竹林 成典、蔵地 万里奈、中原 紀元、藤井 正純、若林 俊彦

    第20回 日本脳腫瘍の外科学会  2015年9月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋  

  139. 神経障害性疼痛に対する脊髄刺激術の成績

    種井 隆文、梶田 泰一、竹林 成典、中原 紀元、蔵地 万里奈、若林 俊彦

    第88回 日本脳神経外科中部地方会  2015年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  140. 最新の神経障害性疼痛の薬物治療について(講演) 招待有り

    種井 隆文

    日常診療における痛みを考える会  2015年7月30日  ファイザー/エーザイ

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  141. アルゴリズムに基づいた中枢性神経障害性疼痛の治療

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第87回 日本脳神経外科中部地方会  2015年4月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢  

  142. 頸髄損傷による上肢疼痛および下肢痙縮に対してSCSとITBの併用が有効であった一例

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第24回 脳神経外科手術と機器学会  2015年4月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  143. アルゴリズムに基づいた中枢性神経障害性疼痛の集学的治療

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第44回 日本脳卒中の外科学会  2015年3月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

  144. 脳卒中について ~脳梗塞編~(講演) 招待有り

    種井 隆文

    健康セミナー  2015年3月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  145. 頸髄損傷による上肢疼痛および下肢痙縮に対してSCSとITBの併用が有効であった一例

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第38回 日本脳神経外傷学会  2015年3月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:徳島  

  146. 脳実質内病変生検術直後の術中MRI所見(シンポジウム)

    種井 隆文、中原 紀元、竹林 成典、永谷 哲也、若林 俊彦

    第38回 日本脳神経CI学会  2015年2月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:名古屋  

  147. アルゴリズムに基づいた中枢性神経障害性疼痛の集学的治療

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第16回 東海脳神経外科領域痛みの研究会  2015年1月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  148. アルゴリズムに基づいた中枢性神経障害性疼痛の集学的治療(シンポジウム)

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第54回 日本定位・機能神経外科学会  2015年1月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

  149. 脳実質内病変に対する内視鏡下生検術におけるシース挿入による侵襲度の評価

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元、永谷 哲也、若林 俊彦

    第21回 日本神経内視鏡学会  2014年11月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:浅草  

  150. 医師インシデントレポート数増加に向けた対策と結果

    種井 隆文、香川 陽子

    第9回 医療の質・安全学会学術集会  2014年11月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張  

  151. 脳卒中後疼痛に対するプレガバリンの有効性と安全性

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第73回 日本脳神経外科学会総会  2014年10月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:品川  

  152. 脳卒中後疼痛に対するプレガバリンの有効性と安全性

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第87回 日本脳神経外科中部地方会  2014年9月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  153. 脳実質内病変に対する生検術の術式選択と合併症回避の工夫(シンポジウム)

    種井 隆文、中原 紀元、竹林 成典、永谷 哲也、若林 俊彦

    第19回 日本脳腫瘍の外科学会  2014年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

  154. 医師インシデントレポート数増加に向けた対策と結果

    種井 隆文、香川 陽子

    第1回 日本医療安全学会学術総会  2014年9月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  155. 神経障害性疼痛の集学的治療 招待有り

    種井 隆文

    痛みについて考える会  2014年7月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋  

  156. 脳実質内病変生検術直後の術中MRI所見(シンポジウム)

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元、永谷 哲也、若林 俊彦

    第14回 術中画像情報学会  2014年7月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

  157. 脳実質内生検術の術後出血を減らす工夫

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元

    第55回 名古屋大学脳神経外科同門会  2014年6月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  158. 重症横紋筋融解症と頭蓋内出血を合併した脱法ハーブ使用者の一例

    種井 隆文、森田 良樹、八島 章人、 脇田 寛之、竹林 成典、中原 紀元、平野 雅規、若林 俊彦

    第86回 日本脳神経外科中部地方会  2014年4月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢  

  159. 脳実質内病変に対する生検術の術式選択と手術成功へのこだわり(シンポジウム)

    種井 隆文

    第23回 脳神経外科手術と機器学会  2014年4月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:博多  

  160. 脳卒中後疼痛に対するプレガバリンの有効性と安全性

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、竹林 成典、平野 雅規、中原 紀元、若林 俊彦

    第43回 日本脳卒中の外科学会  2014年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  161. 脳実質内病変に対する術前手術計画に基づいたナビゲーション下内視鏡生検術

    種井 隆文、中原 紀元、竹林 成典、平野 雅規、永谷 哲也、若林 俊彦

    第37回 日本脳神経CI学会  2014年2月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:埼玉  

  162. 脳卒中後疼痛に対するトラムセットの有効性

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、竹林 成典、平野 雅規、中原 紀元、若林 俊彦

    第3回 中枢性神経障害性疼痛の治療アルゴリズム検討会  2014年2月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  163. 中枢性障害性疼痛治療アルゴリズムの運用と結果

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、竹林 成典、平野 雅規、中原 紀元、若林 俊彦

    第15回 東海脳神経外科領域痛みの研究会  2014年2月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  164. 脳卒中後疼痛に対するプレガバリンの有効性と安全性

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、竹林 成典、平野 雅規、中原 紀元、若林 俊彦

    第53回 日本定位・機能神経外科学会  2014年2月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  165. 中村区消防救急隊勉強会 ~意識障害~

    種井 隆文

    中村区救急隊勉強会  2014年1月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  166. 脳動静脈奇形摘出から10ヶ月後に脱法ハーブを原因とする重症横紋筋融解症と頭蓋内出血を呈した一例

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元、平野 雅規、若林 俊彦

    第19回 日本脳神経外科救急学会総会  2014年1月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山  

  167. 医師インシデントレポート増加のための取り組み結果と医師の認識変化

    種井 隆文、田中 夕美子

    医療業務研究会  2013年12月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  168. 医師インシデントレポート増加のための取り組み結果と医師の認識変化

    種井 隆文、田中 夕美子

    第8回 医療の質・安全学会  2013年11月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  169. 脳実質内病変に対する内視鏡下生検術と針生検術の比較

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元、平野 雅規、永谷 哲也、若林 俊彦

    第20回 日本神経内視鏡学会  2013年11月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲府  

  170. 下垂体腺腫に対する高磁場術中MRIの描出力と長期的ホルモン寛解に対する有効性

    種井 隆文、中原 紀元、永谷 哲也、渡辺 督、竹林 成典、平野 雅規、若林 俊彦

    第72回 日本脳神経外科学会総会  2013年10月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

  171. 脳実質内病変に対する内視鏡下生検術と針生検術の比較

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元、平野 雅規、永谷 哲也、若林 俊彦

    第85回 日本脳神経外科中部地方会  2013年9月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知  

  172. 左側頭葉内側を主座とし頭頂側に及ぶ大きなgliomaに対してナビゲーションガイド下supratentorial-infraoccipital approachが有効であった一例

    種井 隆文、藤井 正純、竹林 成典、中原 紀元、平野 雅規、若林 俊彦

    第18回 日本脳腫瘍の外科学会  2013年9月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大津  

  173. 下垂体腺腫に対する高磁場術中MRIの描出力と有効性

    種井 隆文、中原 紀元、永谷 哲也、渡辺 督、竹林 成典、平野 雅規、若林 俊彦

    第3回 日本術中画像情報学会  2013年7月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形  

  174. 側頭葉内側oligoastrocytomaと側脳室周囲白質glioblastomaが発生時期、発生部位を異にして発生した一例

    種井 隆文、伊藤 雅文、竹林 成典、中原 紀元、平野 雅規、若林 俊彦

    第31回 日本脳腫瘍病理学会  2013年5月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:両国  

  175. 脳卒中後疼痛に対する薬物治療の有効性とその位置付け

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、竹林 成典、平野 雅規、中原 紀元、若林 俊彦

    第84回 日本脳神経外科中部地方会  2013年4月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:津  

  176. 下垂体腺腫摘出術における術中MRI VIBE法による残存腫瘍描出力の検

    種井 隆文、中原 紀元、永谷 哲也、渡辺 督、西畑 朋貴、竹林 成典、平野 雅規、若林 俊彦

    第22回 脳神経外科手術と機器学会   2013年4月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松本  

  177. 脳卒中後疼痛に対する薬物治療の有効性とその位置付け

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、竹林 成典、平野 雅規、中原 紀元、若林 俊彦

    第42回 日本脳卒中の外科学会  2013年3月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:品川  

  178. 下垂体腺腫摘出術における術中MRI VIBE法による残存腫瘍描出力の検討

    種井 隆文、中原 紀元、永谷 哲也、渡辺 督、西畑 朋貴、竹林 成典、平野 雅規、若林 俊彦

    第36回 日本脳神経CI学会総会  2013年2月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

  179. 脳卒中後疼痛に対する薬物治療の有効性とその位置付け

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、竹林 成典、平野 雅規、中原 紀元、若林 俊彦

    第14回 名古屋脳神経外科領域痛みの研究会  2013年2月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  180. 脳卒中後疼痛に対する薬物治療の有効性とその位置付け(シンポジウム)

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、竹林 成典、平野 雅規、中原 紀元、若林 俊彦

    第52回 日本定位・機能神経外科学会   2013年1月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:岡山  

  181. 医師インシデントレポート数はなぜ少ないのか? ~医師へのアンケートから判明した実状とその対策結果~

    種井 隆文、田中 夕美子

    第7回 医療の質・安全学会学術集会  2012年11月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  182. トルコ鞍内ホルモン産生下垂体腺腫に対する高磁場術中MRIの有効性

    種井 隆文、中原 紀元、永谷 哲也、渡辺 督、平野 雅規、竹林 成典、若林 俊彦

    第19回 日本神経内視鏡学会  2012年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  183. トルコ鞍内ホルモン産生下垂体腺腫に対する高磁場術中MRIの有効性

    種井 隆文、中原 紀元、永谷 哲也、渡辺 督、平野 雅規、竹林 成典、若林 俊彦

    第71回 日本脳神経外科学会総会  2012年9月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  184. トルコ鞍内ホルモン産生下垂体腺腫に対する高磁場術中MRIの有効性

    種井 隆文、中原 紀元、永谷 哲也、渡辺 督、平野 雅規、竹林 成典、若林 俊彦

    第83回 日本脳神経外科中部地方会  2012年9月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  185. トルコ鞍内ホルモン産生下垂体腺腫に対する高磁場術中MRIの有効性

    種井 隆文、中原 紀元、永谷 哲也、渡辺 督、平野 雅規、竹林 成典、若林 俊彦

    第17回 日本脳腫瘍の外科学会  2012年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

  186. 医師インシデントレポート報告数はなぜ少ないのか? ~医師へのアンケートから判明した実状とその対策結果~(シンポジウム)

    種井 隆文

    第66回 日本交通医学会総会  2012年6月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

  187. 脳卒中後疼痛に対するプレガバリンおよび脊髄刺激術の有効性の検討

    種井 隆文、竹林 成典、平野 雅規、中原 紀元、梶田 泰一、若林 俊彦

    第41回 日本脳卒中の外科学会  2012年4月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

  188. 定位的術前planningを用いた脳実質内病変に対する内視鏡下生検術

    種井 隆文、中原 紀元、平野 雅規、竹林 成典、永谷 哲也、若林 俊彦

    第82回 日本脳神経外科中部地方会  2012年4月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜  

  189. 神経障害性疼痛に対する薬物・外科治療の最新情報

    種井 隆文

    第54回病診連携勉強会  2012年4月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  190. 神経障害性疼痛に対する薬物・外科治療の最新情報

    種井 隆文

    第1回 痛みの治療勉強会  2012年4月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  191. 脳実質内腫瘍に対するナビゲーション誘導下内視鏡生検術の工夫

    種井 隆文、中原 紀元、平野 雅規、竹林 成典、永谷 哲也、若林 俊彦

    第21回 脳神経外科手術と機器学会  2012年3月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  192. 中枢性障害性疼痛治療アルゴリズム(名大脳外科版)について

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、竹林 成典、平野 雅規、中原 紀元、若林 俊彦

    第13回 名古屋脳神経外科領域痛みの研究会  2012年2月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  193. 脳卒中後疼痛に対する脊髄刺激術の有効性と効果影響因子の検討

    種井 隆文、竹林 成典、平野 雅規、中原 紀元、梶田 泰一、若林 俊彦

    第51回 日本定位・機能神経外科学会  2012年1月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  194. エビデンスに基づいた脳卒中後疼痛薬物治療

    種井 隆文、梶田 泰一 、野田 寛、中原 紀元、竹林 成典、平野 雅規、 若林 俊彦

    第50回 名古屋大学脳外科同門会  2011年12月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  195. 定位的術前planningを用いた脳実質内病変に対する内視鏡下生検術

    種井 隆文、中原 紀元、平野 雅規、竹林 成典、永谷 哲也、若林 俊彦

    第18回 日本神経内視鏡学会  2011年11月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

  196. 中枢性神経障害性疼痛治療アルゴリズム関連文献

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、若林 俊彦

    慢性疼痛に対する新規薬物治療プロトコール検討会  2011年11月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  197. 神経障害性疼痛の病態・治療 招待有り

    種井 隆文

    ヤンセン社内講演会  2011年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  198. 脳卒中後疼痛に対する最新機器を用いた脊髄刺激術(SCS)の有効性

    種井 隆文、竹林 成典、平野 雅規、中原 紀元、前澤 聡、梶田 泰一、若林 俊彦

    第70回 日本脳神経外科学会総会  2011年10月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形  

  199. 脳卒中後疼痛に対する治療方針2011 version(講演)

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元、前澤 聡、梶田泰一、若林 俊彦

    第2回PSF名古屋ADVANCE講演会  2011年9月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋  

  200. 頭部外傷を契機に橋本病を合併するACTH単独欠損症が診断された一例

    種井 隆文、江口 陽子、山本 祐歌、平野 雅規、竹林 成典、中原 紀元

    第81回 日本脳神経外科中部地方会  2011年9月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井  

  201. 難治性疼痛に対する最新機器を用いた脊髄刺激術(SCS)の有効性

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元、前澤 聡、梶田 泰一、若林 俊彦

    第48回 名古屋大学脳神経外科同門会  2011年6月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  202. 脳卒中後疼痛に対する最新機器を用いた脊髄刺激術(SCS)の有効性

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元、前澤 聡、梶田 泰一、若林 俊彦

    第80回 日本脳神経外科中部地方会  2011年4月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:浜松  

  203. 脳挫傷を原因とする上下肢の難治性疼痛に対して脊髄刺激術が有効であった一例

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元、前澤 聡、梶田 泰一、若林 俊彦

    第34回 日本神経外傷学会  2011年4月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  204. 難治性疼痛に対する最新機器を用いた脊髄刺激術(SCS)の有効性

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元、前澤 聡、梶田 泰一、若林 俊彦

    第12回 名古屋脳神経外科領域痛みの研究会  2011年2月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  205. 下肢を優位とする上下肢難治性疼痛に対して4極電極を4本用いた脊髄刺激術の一例

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元、前澤 聡、梶田 泰一、若林 俊彦

    第50回 日本定位・機能神経外科学会  2011年1月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

  206. 医師のインシデント・アクシデントレポート数はなぜ少ないのか? ~医師アンケート結果から判明した実状と今後の対策~

    種井 隆文、田中 夕美子

    第79回 日本交通医学会東海北陸地方会  2010年12月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  207. 離れた部位に2つ存在する転移性悪性黒色腫に対して一期的摘出術を行った一例

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第79回 日本脳神経外科中部地方会   2010年9月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松本  

  208. 離れた部位に2つ存在する転移性悪性黒色腫に対して一期的摘出術を行った一例

    種井 隆文、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第2回 名古屋市脳神経外科イブニングミーティング  2010年9月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  209. 脳外科専門医試験 口頭試問対策 ~帰局前編~ 招待有り

    種井 隆文

    第47回 名古屋大学脳神経外科同門会   2010年6月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  210. 腫瘍性変化を示したprimary angiitis of the central nervous systemの一例

    種井 隆文、伊藤 雅文、橋詰 良夫、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第28回 日本脳腫瘍病理学会  2010年5月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  211. 腫瘍性変化を示したprimary angiitis of the central nervous systemの一例

    種井 隆文、伊藤 雅文、橋詰 良夫、竹林 成典、中原 紀元、若林 俊彦

    第78回 日本脳神経外科中部地方会  2010年4月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山  

  212. 錐体路近傍のAVMに対して術中neuronavigationが有効であった一例

    種井 隆文、竹林 成典、西畑 朋貴、中原 紀元、若林 俊彦

    第19回 脳神経外科手術と機器学会  2010年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  213. 難治性中枢性疼痛に対する外科的治療

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、中坪 大輔、竹林 成典、若林 俊彦

    第11回 名古屋脳神経外科領域痛みの研究会  2010年1月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  214. 多発性硬化症を原因とする難治性顔面痛に対して運動野刺激術が有効であった一例

    種井 隆文、梶田 泰一、若林 俊彦

    第49回 日本定位・機能神経外科学会  2010年1月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  215. 錐体路近傍のAVMに対して術中neuronavigationが有効であった一例

    種井 隆文、竹林 成典、西畑 朋貴、中原 紀元、若林 俊彦

    第77回 日本脳神経外科中部地方会  2009年10月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  216. 中枢性遮断性疼痛に対する運動野刺激術の有効性 -視床病変 vs 脳幹・脊髄病変の検討-

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、中坪 大輔、竹林 成典、若林 俊彦

    第68回 日本脳神経外科総会  2009年10月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  217. 錐体路近傍のAVMに対してneuronavigationが有効であった一例

    種井 隆文、竹林 成典、西畑 朋貴、中原 紀元、若林 俊彦

    第1回名古屋市脳神経外科イブニングミーティング  2009年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  218. 症候性振戦に対してVim-DBSが有効であった2例

    種井 隆文、梶田 泰 一、金桶 吉起、竹林 成典、中坪 大輔、若林 俊彦

    第25回 不随意運動研究会  2009年7月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  219. 多発性硬化症を原因とする難治性顔面疼痛に対して運動野刺激術が有効であった一例

    種井 隆文、梶田 泰一、若林 俊彦

    第23回 日本ニューロモデゥレーション学会  2009年6月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  220. 難治性中枢性疼痛に対する運動野刺激術の有効性:病巣部位における検討

    種井 隆文、梶田 泰一、野田 寛、中坪 大輔、竹林 成典、若林 俊彦

    第28回 関東機能的脳外科カンファレンス   2009年4月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  221. パーキンソン病に対する片側視床下核刺激術による局所脳血流変化

    種井 隆文、梶田 泰 一、金桶 吉起、竹林 成典、中坪 大輔、 二橋 尚志、若林 俊彦

    第48回 日本定位・機能神経外科学会  2009年1月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  222. DBSにおける基本的解剖学知識と初期設定(講演)

    種井 隆文、梶田 泰一

    第5回 Stereotactic Treatment in Aichi Region  2008年10月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋  

  223. パーキンソン病に対する一側視床下核刺激術前後の局所脳血流変化

    種井 隆文、梶田 泰一、金桶 吉起、竹林 成典、 中坪 大輔、二橋 尚志、加藤 克彦、長縄 慎二、若林 俊彦

    第67回 日本脳神経外科学会総会   2008年10月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:盛岡  

  224. 進行性パーキンソン病に対する両側視床下核刺激術の治療成績:一期的と二期的手術の比較検討(シンポジウム)

    種井 隆文

    第47回 日本定位・機能神経外科学会  2008年1月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:浜松  

  225. 脳梗塞を繰り返し治療・診断に苦慮した一例

    種井 隆文、岡本 奨、荒木 芳生、住友 正樹、吉田 純

    第73回 日本脳神経外科中部地方会  2007年10月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢  

  226. MRI手術室における機能的脳外科手術の有用性と今後の可能性(ポスター)

    種井 隆文、梶田 泰一、竹林 成典、中坪 大輔、藤谷 繁、錦古里 武志、吉田 純

    第66回 日本脳神経外科学会総会  2007年10月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  227. 前頭蓋窩硬膜動静脈瘻の4例

    種井 隆文、渡辺 正男、若林 健一、三井 勇喜、福井 一裕、井上 憲夫

    第71回 日本脳神経外科中部地方会  2006年8月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  228. 両側外傷性硬膜動静脈瘻の一例

    種井 隆文、福井 一裕、若林 健一、三井 勇喜、井上 憲夫、渡辺 正男

    第26回 中部地区脳神経血管内手術懇話会  2006年8月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  229. 前頭蓋窩硬膜動静脈瘻3例報告

    種井 隆文、福井 一裕、若林 健一、三井 勇喜、井上 憲夫、渡辺 正男

    第71回 東三河脳神経外科脳外科懇話会  2006年7月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  230. 小児硬膜動静脈瘻の一例

    種井 隆文、福井 一裕、加藤 丈典、若林 健一、井上 憲夫、渡辺 正男

    第24回 中部地区脳神経血管内手術懇話会  2005年8月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  231. 内頚動脈巨大・大脳動脈瘤に対してTAEによるIC occlusionを行った4例

    種井 隆文、福井 一裕、加藤 丈典、若林 健一、井上 憲夫、渡辺 正男

    第22回 中部地区脳神経血管内手術懇話会  2004年8月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  232. 前頭葉皮質に発生したコロイド嚢胞の一例

    種井 隆文、福井 一裕、加藤 丈典、若林 健一、井上 憲夫、渡辺 正男

    第66回 日本脳神経外科中部地方会  2004年4月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  233. 巨大内頚動脈眼動脈分岐部動脈瘤に対する内頚動脈眼動脈同時塞栓術の一例

    種井 隆文、福井 一裕、加藤 丈典、牛山 智也、岡本 奨、井上 憲夫、渡辺 正男

    第65回 日本脳神経外科中部地方会  2003年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示