2022/08/24 更新

写真a

ニシウラ ユウコ
西浦 裕子
NISHIURA Yuko
所属
大学院医学系研究科 総合保健学専攻 予防・リハビリテーション科学 助教
学部担当
医学部(保健学科)
職名
助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 2

  1. 博士(リハビリテーション療法学) ( 2013年3月   名古屋大学 ) 

  2. 修士(リハビリテーション療法学) ( 2010年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 9

  1. 作業療法

  2. 時間

  3. 福祉機器

  4. 認知症

  5. 高齢者

  6. 福祉機器

  7. 時間

  8. 高齢者

  9. 認知症

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 医療福祉工学  / 認知症

  2. ライフサイエンス / リハビリテーション科学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 高齢者を対象とした認知機能支援機器の開発・普及

経歴 2

  1. 国立障害者リハビリテーションセンター研究所   福祉機器開発部   研究員

    2014年7月 - 2022年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 国立障害者リハビリテーションセンター研究所   福祉機器開発部   流動研究員

    2013年4月 - 2014年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 名古屋大学   医学系研究科   リハビリテーション療法学専攻 リハビリテーション療法学分野

    2010年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学系研究科   リハビリテーション療法学専攻 作業療法学分野

    2008年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   医学部   保健学科 作業療法学専攻

    2004年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本リハビリテーション工学協会

    2020年7月 - 現在

  2. 日本認知症ケア学会

    2012年4月 - 現在

  3. 日本作業療法研究学会

    2009年4月 - 現在

  4. 日本作業療法士協会

    2008年4月 - 現在

委員歴 3

  1. 日本福祉用具・生活支援用具協会   認知機能支援機器国際標準分科会 委員  

    2016年4月 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本作業療法士協会   学術部 疾患別ガイドライン 認知症分野検討会 部員  

    2014年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. ISO/TC173/WG10   国際エキスパート  

    2014年4月 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

 

論文 18

  1. Assessment of time-related deficits in older adults: a scoping review protocol. 査読有り 国際共著 国際誌

    Dsouza SA, Ramachandran M, Nishiura Y, Venkatesh BT, Dahlberg L

    BMJ open   11 巻 ( 9 ) 頁: e050521   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bmjopen-2021-050521

    PubMed

  2. Comprehensible instructions from assistive robots for older adults with or without cognitive impairment. 査読有り 国際誌

    Nishiura Y, Nihei M, Takaeda K, Inoue T

    Assistive technology : the official journal of RESNA     頁: 1 - 6   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10400435.2021.1893236

    PubMed

  3. Effectiveness of using assistive technology for time orientation and memory, in older adults with or without dementia. 査読有り 国際誌

    Nishiura Y, Nihei M, Nakamura-Thomas H, Inoue T

    Disability and rehabilitation. Assistive technology   16 巻 ( 5 ) 頁: 1 - 7   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/17483107.2019.1650299

    PubMed

  4. 認知機能の低下した高齢者に対するタブレット版「いきいきリハビリ」の有効性の検討

    水野 純平, 西浦 裕子, 齊藤 千晶, 小長谷 陽子, 井上 剛伸

    作業療法   40 巻 ( 3 ) 頁: 311 - 318   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本作業療法士協会  

    様々な非薬物療法の要素を取り入れた,認知リハビリテーションプログラム「いきいきリハビリ」のタブレット版アプリケーションを開発した.本研究は,タブレット版「いきいきリハビリ」による認知機能の低下した高齢者の認知機能,QOL,ADLへの有効性を明らかにするために,量的・質的評価結果と先行研究を用いて検討することを目的とした.その結果,旧来版で効果の認められた認知機能に関しては改善が認められなかったのに対し,QOL評価の下位領域「落ち着きのなさ」で改善が認められた.タブレット版においても旧来版と同様に,認知機能の低下した高齢者のQOLに対して効果を示したことで,タブレット版の活用可能性が示唆された.

    DOI: 10.32178/jotr.40.3_311

    CiNii Books

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/link/ui/2021304796

  5. The application of an information support robot to reduce agitation in an older adult with Alzheimer's disease living alone in a community dwelling: a case study. 査読有り 国際誌

    Mizuno J, Sadohara K, Nihei M, Onaka S, Nishiura Y, Inoue T

    Hong Kong journal of occupational therapy : HKJOT   34 巻 ( 1 ) 頁: 156918612110050 - 156918612110050   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/15691861211005059

    PubMed

    その他リンク: http://journals.sagepub.com/doi/full-xml/10.1177/15691861211005059

  6. 認知症個別リハビリテーションプログラム「いきいきリハビリ」のタブレット版アプリケーション開発に向けた予備的検証 査読有り

    西浦裕子, 水野純平, 井上剛伸, 齊藤千晶, 小長谷陽子

    リハビリテーション・エンジニアリング   35 巻 ( 3 ) 頁: 110 - 115   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本リハビリテーション工学協会  

    DOI: 10.24691/resja.35.3_110

  7. Reliability and acceptability of using a social robot to carry out cognitive tests for community-dwelling older adults. 査読有り

    Takaeda K, Kamimura T, Inoue T, Nishiura Y

    Geriatrics & gerontology international   19 巻 ( 6 ) 頁: 552 - 556   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.13655

    PubMed

  8. Use of parametric speaker for older people with dementia in a residential care setting: A preliminary study of two cases. 査読有り 国際誌

    Nishiura Y, Hoshiyama M, Konagaya Y

    Hong Kong journal of occupational therapy : HKJOT   31 巻 ( 1 ) 頁: 30 - 35   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Hong Kong Journal of Occupational Therapy  

    Objective/Background: Older people with dementia often show behavioural and psychological symptoms of dementia such as agitation, aggression, and depression that affect their activities of daily living, and hence reduce the quality of life of their caregivers. The aim of this study was to investigate the effects of a new technological intervention—a parametric speaker, creating a narrow personal acoustic environment, which may reduce the manifestation of behavioural and psychological symptoms of dementia symptoms. Methods: A parametric speaker was placed on the ceiling of a large day room, and personally selected pieces of music were provided in a narrow space just under the speaker during the intervention. Two older residents with behavioural and psychological symptoms of dementia participated in the experiment. Results: Playing pieces of favorite music via the parametric speaker decreased their behavioural and psychological symptoms of dementia during the intervention. In addition, this intervention reduced the burden on caregivers. One of the advantages of using parametric speaker was being able to create a personal space in a common room. Conclusion: We considered that the parametric speaker might be useful to reduce behavioural and psychological symptoms of dementia and the burden on caregivers, providing individualized rehabilitation for the improved quality of life of residents.

    DOI: 10.1177/1569186118759611

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. 小集団「いきいきリハビリ」の有効性の検証

    水野 純平, 齊藤 千晶, 山下 英美, 西浦 裕子, 小長谷 陽子

    作業療法 = Japanese occupational therapy research   37 巻 ( 2 ) 頁: 161 - 167   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本作業療法士協会 ; 1982-  

    CiNii Books

  10. Change in the relationship between the elderly and information support robot system living together 査読有り

    Misato Nihei, Yuko Nishiura, Ikuko Mamiya, Hiroaki Kojima, Ken Sadohara, Shinichi Ohnaka, Minoru Kamata, Takenobu Inoue

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   10298 巻   頁: 433 - 442   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer Verlag  

    We developed an interactive communication robot to support the elderly who have mild cognitive impairment with their daily schedule. In this study, we examined how elderly people receiving information from a robot behave according to the robot’s interaction protocol, through an experiment providing schedule information for several days. In addition, we examined the interaction between humans and robots through long-term life intervention experiments and analyzed the quantitative and qualitative changes in their reactions.

    DOI: 10.1007/978-3-319-58536-9_34

    Scopus

  11. 認知症個別リハビリテーションプログラム「いきいきリハビリ」研修会受講者による実践効果 査読有り

    西浦裕子,小長谷陽子,齊藤千晶,山下英美,水野純平

    作業療法ジャーナル   50 巻 ( 6 ) 頁: 609 - 613   2016年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Appropriate talking pattern of an information support robot for people living with dementia: A case study 査読有り

    Yuko Nishiura, Takenobu Inoue, Misato Nihei

    Journal of Assistive Technologies   8 巻 ( 4 ) 頁: 177 - 187   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Emerald Group Publishing Ltd.  

    Purpose – The authors are in the process of exploring an information support robot to support daily activities of people with mild cognitive impairment or dementia. The purpose of this paper is to reveal how the robot should talk to an older woman with dementia to make her perform daily activities. Design/methodology/approach – The robot asked to the participant to do some daily activities
    Task A, taking medicine
    Task B, measuring blood pressure
    and Task C, cleaning up the room in three different ways for each task. In the talking pattern 1 (TP1), the robot simply informed what the tasks were. The talking patterns 2 and 3 (TP2 and TP3) were separated according to the process of activities in two and three steps, respectively. The participant was required to answer “Yes” if she understood what the robot talked to her, and perform the tasks. Findings – The participant was not able to prepare water in the Task A when the robot spoke the TP1 (performance rate (PR) was 71.4 per cent). However, she could perfectly take medicine in the case when the robot spoke the processes of the task by the TP3 (PR was 100.0 per cent). The similar tendencies were observed in the Tasks B and C. Research limitations/implications – Multicenter studies would be required to apply these findings to a larger population. Originality/value – The authors confirmed that it might be important to determine how the robot talked to people with dementia to properly facilitate their daily activities.

    DOI: 10.1108/JAT-12-2013-0035

    Scopus

  13. 認知症短期集中リハビリテーション個別プログラムの考案 査読有り

    岩元 裕子, 河崎 千明

    作業療法 = The Journal of Japanese Occupational Therapy Association   32 巻 ( 2 ) 頁: 177 - 185   2013年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本作業療法士協会 ; 1982-  

    CiNii Books

  14. Effects of emotional music on visual processes in inferior temporal area 査読有り

    Izumi Jomori, Minoru Hoshiyama, Jun-ichi Uemura, Yoshiro Nakagawa, Aiko Hoshino, Yuko Iwamoto

    COGNITIVE NEUROSCIENCE   4 巻 ( 1 ) 頁: 21 - 30   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD  

    To investigate the effects of emotional music on visual processes, we analyzed visual evoked magnetic fields (VEF) on listening to emotional music in 14 healthy subjects. Positive and negative pieces of music were delivered during VEF recording following stimulation by emotionally neutral pictures of faces and landscapes. VEF components at 100 (M100) and 150 (M170)ms after stimulus onset were analyzed, and the estimated current strength for M170 following face stimulation was enhanced with negative compared to positive music in the right hemisphere. The equivalent current dipole for M100 and M170 was estimated in the primary visual cortex (V1) and inferior temporal area (IT), respectively. The present results indicate that background music showed a top-down control of the visual processes in IT, which is a core site responsible for the interpretation of facial expression. The emotional contents of music could alter visual processes, especially those involving the face.

    DOI: 10.1080/17588928.2012.751366

    Web of Science

    PubMed

  15. Time orientation during the day in the elderly with dementia 査読有り

    Iwamoto (Nishiura) Y, Hoshiyama M

    Physical and Occupational Therapy in Geriatrics   30 巻 ( 3 ) 頁: 202 - 213   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/02703181.2012.713453

  16. Alteration of time perception in young and elderly people during jigsaw puzzle tasks with different complexities 査読有り

    Iwamoto (Nishiura) Y, Hoshiyama M

    Occupational Therapy International   18 巻 ( 4 ) 頁: 194 - 200   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/oti.322

  17. ,認知症高齢者に対する個別リハビリテーション・プログラムの効果 査読有り

    森明子,小長谷陽子,加藤健吾,河﨑千明,岩元(西浦)裕子

    臨床作業療法   7 巻 ( 5 ) 頁: 454 - 459   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. 認知症高齢者に対する個別リハビリテーションの効果―「いきいきリハビリ」の開発に向けた予備研究― 査読有り

    森明子,小長谷陽子,加藤健吾,河﨑千明,岩元(西浦)裕子

    愛知作業療法   18 巻   頁: 49 - 56   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 高齢障害者のための介護学

    錦見満, 錦見美穂, 岡潔, 菱田美哉, 稲垣紀代子, 西尾麻由子, 戎弘志, 西浦裕子

    丸善出版  2018年1月 

MISC 4

  1. 認知症のある人の生活を支援する機器の開発研究-利用場面における実証研究の実際と課題- 招待有り

    二瓶美里,西浦裕子  

    日本認知症ケア学会誌21 巻 ( 2 ) 頁: 250 - 256   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  2. ふぉーらむ 高齢者の記憶と認知機能低下に対する生活支援ロボットシステムの開発 : 10年間のプロジェクトに参加して

    西浦 裕子  

    作業療法ジャーナル54 巻 ( 2 ) 頁: 160 - 164   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:三輪書店  

    CiNii Books

  3. 作業療法疾患別ガイドライン 認知症

    竹原 敦, 小川 敬之, 上城 憲司, 高木 雅之, 田平 隆行, 千見寺 貴子, 西浦 裕子, 西田 征治, 安田 大典, 山口 智晴, 磯 ふみ子, 市川 誠, 井上 忠俊, 木下 遥, 高坂 駿, 越當 美智子, 近藤 真知子, 坂上 真理, 坂本 千晶, 渋谷 晋太郎, 下田 佳央莉, 菅沼 一平, 仙波 梨沙, 田中 純子, 爲近 岳夫, 土谷 里織, 新中 浩司, 藤岡 崇, 古井 香苗, 松尾 崇史, 松尾 涼太, 村井 達彦, 山田 真季, 米澤 武人  

    作業療法37 巻 ( 1 ) 頁: 3 - 11   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本作業療法士協会  

  4. 認知症者のための用具 (特集 在宅生活で使える! 福祉用具ガイド) 招待有り

    西浦 裕子  

    総合リハビリテーション45 巻 ( 5 ) 頁: 567 - 570   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:医学書院  

講演・口頭発表等 28

  1. 国内における認知機能支援機器の利用実態調査

    川崎めぐみ, 西浦裕子, 水野純平, 井上剛伸

    第45回日本高次脳機能障害学会学術総会  2021年12月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  2. 臨床と研究をつなぐ認知症作業療法-記憶,時間見当識とIoTの活用- 招待有り

    田平隆行, 池田由里子, 西浦裕子

    第55回日本作業療法学会  2021年9月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  3. 高齢者を対象とした日付とスケジュールを呈示するタブレット版電子カ レンダーの利用効果検証

    西浦裕子, 井上剛伸, 二瓶美里, 大西健太郎

    第54回日本作業療法学会  2020年9月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. 情報支援ロボットシステムの家庭環境における効果検証

    齋藤大輔, 西浦裕子, 大中慎一, 渡部幸一, 森村泰之, 児島宏明, 佐土原健, 濱田浩美, 二瓶美里, 井上剛伸

    LIFE講演概要集(CD-ROM)  2017年9月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  5. 支援機器を利用した早期集中支援事業との連携事例に関する考察 電子カレンダーと服薬支援機器を利用したA夫妻の事例より

    間宮 郁子, 伊藤 光世, 井上 剛伸, 西浦 裕子

    日本認知症ケア学会誌  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  6. 日常生活空間における行動センシングを用いた課題遂行能力評価手法の提案

    玉島佑哉, 二瓶美里, 鎌田実, 井上剛伸, 西浦裕子, 高枝果奈, 児島宏明, 佐土原健, 大中慎一

    LIFE講演概要集(CD-ROM)  2016年9月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  7. 認知機能判定モジュールを実装した情報支援システムの導入事例

    水野純平, 西浦裕子, 齋藤大輔, 二瓶美里, 井上剛伸

    日本作業療法学会抄録集(CD-ROM)  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  8. 認知症高齢者に対する「いきいきリハビリ」の効果 研修会参加者による実践結果の分析から

    山下 英美, 齊藤 千晶, 水野 純平, 西浦 裕子, 上野 菜穂, 小長谷 陽子

    日本認知症ケア学会誌  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  9. 認知症高齢者に対するタブレット版電子カレンダーの利用効果検証

    西浦裕子, 井上剛伸, 間宮郁子, 二瓶美里, 大西健太郎

    日本作業療法研究学会雑誌  2015年3月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  10. 認知症高齢者に対する生活支援ロボットの効果的な情報伝達方法の提案

    西浦裕子, 井上剛伸, 二瓶美里, 大澤由美子, 大中慎一

    日本作業療法学会抄録集(CD-ROM)  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  11. 認知症高齢者に対する認知機能支援機器の適合と開発 招待有り

    西浦 裕子

    第14回日本作業療法研究学会  2020年11月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  12. 認知症高齢者の認知特性に応じた生活情報支援ロボットの適合 記憶障害と見当識障害を認める一症例に適した情報伝達方法

    西浦 裕子, 井上 剛伸, 間宮 郁子, 二瓶 美里, 大中 慎一, 大澤 由美子, 原田 歩

    日本認知症ケア学会誌  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  13. 高齢者の記憶と認知機能低下に対する生活支援ロボットシステムの開発

    井上 剛伸, 大中 慎一, 藤田 善弘, 大澤 由美子, 渡部 幸一, 清水 陽介, 福島 健吾, 原田 歩, 濱田 浩美, 間宮 郁子, 西浦 裕子, 小林 敦, 児島 宏明, 佐土原 健, 熊田 孝恒, 永井 聖剛, 成田 拓也, 二瓶 美里, 鎌田 実

    生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  14. 高齢者施設におけるコミュニケーションロボット「ペッパー」使用場面の抽出―専門職と開発者を交えたワークショップによる検討―

    中村美緒, 中村美緒, 西浦裕子, 吉村英樹, 藤原翔平, 井上剛伸

    日本作業療法学会抄録集(CD-ROM)  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  15. 対話型ロボットによる認知機能検査は高齢者への受け入れがよいか

    高枝果奈, 上村智子, 井上剛伸, 西浦裕子

    第53回日本作業療法学会  2019年9月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  16. Adaptation of talking patterns in information support robot for people with dementia

    NishiuraY

    National Conference of the Occupational Therapy  2015年7月 

  17. BPSDを呈する施設入所認知症高齢者に対するパラメトリックスピーカーの利用

    西浦 裕子, 小長谷 陽子, 寳珠山 稔

    日本作業療法学会抄録集  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  18. BPSDを呈する認知症高齢者への非薬物療法に関する研究 環境設定のためのパラメトリックスピーカーの有用性

    岩元 裕子, 小長谷 陽子, 寳珠山 稔

    日本認知症ケア学会誌  2013年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  19. Information acquisition from a communication robot in older persons with cognitive impairments

    Nakayama Y, Saito D, Nishiura Y, Mizuno J, Ohnaka S, Watabe K, Sadohara K, Hamada H, Nihei M, Ohta Y, Inoue T

    40th International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society  2018年7月 

  20. Time orientation during the day in older people with dementia

    Iwamoto (Nishiura) Y

    National Conference of the Occupational Therapy, Australia  2013年 

  21. Use of parametric speaker for the elderly with BPSD in a residential care setting

    Nishiura Y, Hoshiyama M, Konagaya Y

    16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists in collaboration with the 48th Japanese Occupational Therapy Congress and Expo  2014年6月 

  22. 「にこにこリハ」「いきいきリハビリ」の普及を目的とした研修会とその評価 研修会後のアンケート結果をとおして

    山下 英美, 中村 昭範, 齊藤 千晶, 岩元 裕子, 上野 菜穂, 小長谷 陽子

    日本認知症ケア学会誌  2013年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  23. コミュニケーションロボットによる高齢者のゆるやかな見守りとその影響

    二瓶 美里, 児島 宏明, 佐土原 健, 井上 剛伸, 西浦 裕子, 間宮 郁子, 大中 慎一, 渡部 幸一, 大澤 由美子, 清水 陽介, 原田 歩

    生体医工学  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    There are a large number of elderly who have problems in their daily life as not being able to comprehend date or schedule so give up either at-home life or single life, due to their lowering of cognitive function. This project is to develop robot systems that is able to transmit information necessary for elderly' life to realize their autonomous self-sustaining life longer. On this report issues upon actual practice as well as influences on life or human will be revealed by introducing case study of long-term installed robot that support their scheduling at houses of the senior with mild cognitive impairment.

  24. タブレット版いきいきリハビリの開発に向けた取り組み 半構造化面接によるアプリケーションのユーザビリティ評価

    水野 純平, 西浦 裕子, 齊藤 千晶, 小長谷 陽子, 河崎 千明, 井上 剛伸

    日本認知症ケア学会誌  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  25. フロア内での小領域環境設定:パラメトリックスピーカーの利用と効果

    岩元裕子

    日本作業療法研究学会雑誌  2013年3月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  26. ロボット対話型の認知機能検査における信頼性と受容性

    上村智子, 高枝果奈, 井上剛伸, 西浦裕子

    日本老年医学会雑誌  2019年5月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  27. 介護施設における認知症高齢者の時間感覚の特性 1日の時間認識について

    岩元 裕子, 寳珠山 稔

    日本作業療法学会抄録集  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  28. 在宅高齢者向け情報支援ロボットの導入手法の構築

    齋藤大輔, 西浦裕子, 大中慎一, 渡部幸一, 清水陽介, 原田歩, 大澤由美子, 森村泰之, 濱田浩美, 児島宏明, 佐土原健, 二瓶美里, 井上剛伸

    バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会講演論文集  2016年11月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

科研費 4

  1. 認知症高齢者における時間処理能力の構造解明と新規評価法の提案 国際共著

    研究課題/研究課題番号:16K16458  2017年2月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    西浦 裕子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    平成29年7月から平成31年3月まで産前・産後休暇、育児休暇を取得したため、平成30年度は、本研究は休止していた。
    なお、研究休止前までに、スウェーデンで開発された、発達障害者を対象とした時間処理能力の評価ツール(KaTid)の英語版を日本語に翻訳し、スェーデンの英語版開発者との意見交換を行った。本評価ツールを認知症者に適応するにあたっての注意点を基に、高齢者にあわせた質問項目の抽出を行った。

  2. 三次元スキャナを用いた高齢者世帯の住環境センシングと『自宅感』評価に関する研究

    研究課題/研究課題番号:15KT0001  2015年7月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    鎌田 実, 井上 剛伸, 二瓶 美里, 西浦 裕子, 水野 純平

      詳細を見る

    加齢によって認知機能が低下した高齢者は、訪問介護や介護予防などが必要になる場合が多い。そのため、住環境の時間的な変化、個人差の大きい生活スタイルや居住環境をどうとらえるか、安全で快適かつ環境負荷の低い住環境の実現が重要な問題になっている。本研究では、訪問介護における支援介入の適時的な支援介入やその程度、住宅改修や住み替えを低負担で行うために、認知症を含む高齢者の居住環境の三次元スキャナを用いた住環境センシングシステムの開発と、それによる介護支援の必要性の判断、自立生活環境と認知・心身・生活状況の関係の解明、生理・心理環境計測に基づく安全や快適、環境負荷に関連する『自宅感』の考察を行った。

  3. 測定障害と空間行為に関する実証的検討

    研究課題/研究課題番号:26560302  2014年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    二瓶 美里, 西浦 裕子, 玉井 顯, 鎌田 実, 西浦 裕子, 玉井 顯, 鎌田 実

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

    本研究では、自動車や車いすの運転行動にみられる横傾斜のない平坦走路での著しい片寄りや車間距離不定、不安定な移動行動に着目し、これらに共通した要因を明らかにすることと、その要因に関する能力を評価する手法を提案することを目的とした。具体的には、車線片寄りの評価と測定障害を調査するツールの開発をおこない、空間行為全般において視空間認知機能や空間構成機能などの測定および検討などをおこなってきた。さらに自動車などの移動体を操縦する際に必要となる運動を修正する機能(運動調整機能)に着目した測定法および評価指標を提案し、加齢や軽度認知機能障害(MCI)による適応機能の変化について調べた。

  4. 独居の認知症高齢者に対する情報支援機器の設置効果検証と適応対象群の抽出

    研究課題/研究課題番号:25882053  2013年8月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    西浦 裕子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

    本研究の目的は、認知症高齢者の生活行動を改善するための一手段として、日付やスケジュールを呈示する情報支援機器、電子カレンダーの設置効果をクロスオーバーランダム化比較対照試験にて検証し、その適応対象群の特性を明らかにすることである。結果、機器の設置により、認知機能および個々の生活背景に即した日常生活行動が改善する可能性が示唆された。また適応対象群として、(1)軽度認知症疑いのある者、(2)日常生活行動に何らかの支障がある者、(3)定期的に人による支援を受けられる者、(4)機器利用に対する抵抗が低い者、が抽出された。

産業財産権 1

  1. 情報提示システム、プログラム及び情報提示方法

    大中 慎一, 二瓶 美里, 児島 宏明, 佐土原 健, 井上 剛伸, 西浦 裕子, 大澤 由美子, 渡部 幸一, 清水 陽介, 原田 歩, 濱田 浩美, 山内 閑子

     詳細を見る

    出願人:日本電気株式会社, 国立大学法人 東京大学, 国立研究開発法人産業技術総合研究所, 国立障害者リハビリテーションセンター総長, 株式会社 生活科学運営, フランスベッド株式会社

    出願番号:特願2017-089328  出願日:2017年4月

    公開番号:特開2018-189682  公開日:2018年11月

    J-GLOBAL