2021/11/22 更新

写真a

クトゥビ モハマド シャハジャハン
KUTUBI Md. Shahajahan
KUTUBI Md. Shahajahan
所属
大学院工学研究科 化学システム工学専攻 先進化学工学システム 特任講師
職名
特任講師
連絡先
メールアドレス

学位 4

  1. エネルギー物質科学専攻・博士(工学) ( 2012年3月   佐賀大学 ) 

  2. 循環物質工学専攻博士前期課程 ( 2009年3月   佐賀大学 ) 

  3. 化学専攻(研究グループ)理学修士 ( 数理物理科学部ジャハンギルナガル大学(バングラデシュ) ) 

  4. 化学理学士期課程 ( 数理物理科学部ジャハンギルナガル大学(バングラデシュ) ) 

研究キーワード 1

  1. 人工炭化水素/燃料、FT合成、希土類金属、遷移金属; エコマテリアル触媒:鉄、酸塩基、均質・異質触媒、有機金属、均質・異質のハイバード触媒;有機合成:C-H/N-H/C-H結合の活性化、マイクロ波合成; 工業的方法:モノマーの製造・精製;

研究分野 4

  1. ナノテク・材料 / 有機合成化学  / Organic Synthesis: C-H / N-H bond activation, coupling reaction,

  2. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 反応工学、プロセスシステム工学  / Monomer manufacturing method/purification method

  3. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 加工学、生産工学  / Industrially Monomer Manufacturing/purification process/Analysis

  4. その他 / その他  /  Eco-material catalysts: iron, homogeneous/ heterogeneous hybrid catalyst; Organo-metallic Catalyst

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 二酸化炭素から人工炭化水素/燃料合成

経歴 4

  1. 名古屋大学   化学システム工学専攻   特任講師

    2021年10月 - 現在

  2. KJ ケミカルズ株式会社   研究開発部   主任研究員   グループリーダー / 主任 研究者

    2017年4月 - 2021年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 大分大学   応用化学科   講師

    2016年4月 - 2017年3月

  4. 大分大学   応用化学科   講師

    2012年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 佐賀大学   エネルギー物質科学専攻・博士(工学)   博士

    2009年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 佐賀大学   循環物質工学専攻   博士前期課程

    2007年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. The Royal Society of Chemistry (RSC)   member

    2016年 - 現在

  2. 有機合成化学協会   member

    2015年 - 2017年

  3. American Chemical Society (ACS)   member

    2014年 - 2020年

  4. 日本化学会   member

    2013年 - 2017年

  5. 触媒学会 (日本)   member

    2012年 - 2019年

受賞 1

  1. The Best Award for the Research on Fe–Catalyzed Hydroarylation, C-H functionalization of Indoles.

    2011年11月   Saga University-Invitation Program for Foreign Excellent Researchers on Globalization Program of Graduate School of Science and Engineering,  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 7

  1. Dual Lewis acidic/basic Pd0.5Ru0.5–PVP alloyed nanoparticle: outstanding catalytic activity and selectivity in Suzuki-Miyaura cross-coupling reaction 査読有り

    Md. Shahajahan Kutubi*, Katsutoshi Sato, Kenji Wada, Tomokazu Yamamoto, Syo Matsumura, Kohei Kusada, Hirokazu Kobayashi, Hiroshi Kitagawa* and Katsutoshi Nagaoka*

    ChemCatChem   7 巻   頁: 3887 - 3894   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Direct measurement of equilibrium constants for water-soluble porphyrin with Cu(II) and Co(II) by differential pulse anodic stripping voltammetry (DPASV) 査読有り

    Md. Shahajahan Kutubi and Masaaki Tabata

    Journal of Porphyrins and Phthalocyanines   16 巻 ( 2 ) 頁: 235 - 243   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1142/S1088424612004550

    DOI: doi.org/10.1142/S1088424612004550

  3. Regioselective synthesis of 3,3-bis(indolyl)propanoic acid derivatives by iron(III)-catalyzed hydroarylation of propynoic acid derivatives with indoles 査読有り

    Md. Shahajahan Kutubi and Tsugio Kitamura

    Tetrahedron   67 巻 ( 42 ) 頁: 8140 - 8145   2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Improved synthesis of coumarins by iron(III)–catalyzed cascade reaction of propiolic acids and phenols 査読有り

    Md. Shahajahan Kutubi , Takuya Hashimoto and Tsugio Kitamura*

    Synthesis   2011 巻 ( 8 ) 頁: 1283 - 1289   2011年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s00301258473

    DOI: 10.1055/s00301258473

  5. Catalytic hydroarylation of alkynes with arenes in the presence of FeCl 3 and AgOTf 査読有り

    Takuya Hashimoto, Shahajahan Kutubi, Takayuki Izumi, Ataur Rahman and Tsugio Kitamura *

    Journal of Organometallic Chemistry   696 巻 ( 1 ) 頁: 99 - 105   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.jorganchem.2010.08.009

    DOI: doi.org/10.1016/j.jorganchem.2010.08.009

  6. Iron(III)-catalyzed hydroarylation of propiolic acid with activated arenes 査読有り

    Takuya Hashimoto, Takayuki Izumi, Md. Shahajahan Kutubi and Tsugio Kitamura*

    Tetrahedron Letters   51 巻 ( 4 ) 頁: 761 - 763   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.tetlet.2009.11.130

    DOI: doi.org/10.1016/j.tetlet.2009.11.130

  7. 鉄(Fe)触媒使用にてC–H官能基化による有機合成の開発 査読有り

    Md. Shahajahan Kutubi

    佐賀大学大学院工学系研究科エネルギー物質科学専攻     2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 12

  1. Development of Bimetallic Solid Solution Catalyst for Organic Synthesis 招待有り 国際会議

    Md. Shahajahan Kutubi*, Katsutoshi Sato and Katsutoshi Nagaoka

    World Congress and Expo on Nanotechnology and Nanoengineering 2017  2017年3月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Dubai   国名:アラブ首長国連邦  

  2. Heterogeneous PdRu Alloy Catalyzed Solvent-free Domino Reactions: C–H Alkylenation of Indoles by Aerobic Oxidation of Eco-friendly Alcohol Reagents 国際会議

    Md. Shahajahan Kutubi*, Katsutoshi Sato and Katsutoshi Nagaoka

    RSC symposium on Late-Stage Functionalisation for Synthesis and Medicines  2016年12月5日  Royal Society of Chemistry

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:University of Oxford, Oxford   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  3. 担持貴金属触媒とエタノールを用いたインドールのカップリング反応

    今留 大貴*, 加藤 宙子, KUTUBI Md. Shahajahan, 今村 和也, 佐藤 勝俊, 永岡勝俊,

    第118回触媒討論会  2016年9月  日本触媒学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手大学(盛岡)   国名:日本国  

  4. Oxidant/Solvent-Free Dehydrogenative C–C Coupling between Indole and EtOH/MeOH

    Md. Shahajahan Kutubi*, K. Sato, K. Kusada, H. Kobyashi, H. Kitagawa and K. Nagaoka

    第117回触媒討論会  2016年3月  ⼀般社団法⼈触媒学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪府立大学   国名:日本国  

  5. Dual Lewis Acidic/Basic Pd0.5Ru0.5–PVP Alloyed Nanoparticle: Outstanding Catalytic Efficiency in Suzuki-Miyaura Cross–Coupling 招待有り 国際会議

    Md. Shahajahan Kutubi*, Katsutoshi Sato and Katsutoshi Nagaoka

    16th Asian Chemical Congress 2016   2016年3月18日  Asian Chemical Congress

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Dhaka   国名:バングラデシュ人民共和国  

  6. Pd-Ru/PVP Nanoparticle-catalyzed Cascade Reaction: Alkylation of Indoles with MeOH and EtOH under Ambient Condition

    Md. Shahajahan Kutubi*, K. Sato, T. Yamamoto, S. Matsumura, K. Kusada, H. Kobayashi, H. Kitagawa and K. Nagaoka

    日本化学会 第95春季年会  2015年3月  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 理工学部船橋キャンパス   国名:日本国  

  7. Ligand/Support Free Active Catalysts of PVP–Stabilized Pd Alloy for Suzuki-Miyaura Cross-Coupling

    Md. Shahajahan Kutubi*, S. Naoya, K. Sato, T. Shoichi, S. Matsumura, K. Kusada, H. Kitagawa and K. Nagaoka

    第111回触媒討論会  2013年3月  ⼀般社団法⼈ 触媒学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:関西大学千里山キャンパス   国名:日本国  

  8. Direct Functionalization of Benzofuranyl C-H bond by Microwave Promoted Iron(III)-Catalyzed Hydroarylation of Propiolic Acid Derivatives

    Md. Shahajahan Kutubi*, S. Kobayashi and T. Kitamura

    Conference of West Japan of The Chemical Society of Japan  2012年11月  West Japan of The Chemical Society of Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:佐賀大学   国名:日本国  

  9. Regioselective Synthesis of 3,3́-Bis(indolyl)- propanoic Acid Derivatives by Fe-Catalyzed Hydroarylation of Propiolic Acid Derivatives with Indoles 国際会議

    Md. Shahajahan* Kutubi and T. Kitamura

    Seminar on Globalization Program of Graduate School of Science and Engineering, Saga University-Invitation Program for Foreign Excellent Researchers  2011年11月  The Graduate School of Science and Engineering, Saga University

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Saga University, Saga   国名:日本国  

  10. Regioselective Synthesis of 3,3́-Bis(indolyl)-propanoic Acid by Iron(III)-Catalyzed Hydroarylation

    Md. Shahajahan Kutubi* and T. Kitamura

    41th Congress of Heterocyclic Chemistry  2011年10月  Heterocyclic Chemistry Japan

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kumamoto   国名:日本国  

  11. 鉄触媒存在下フェノールとプロピオル酸の反応によるクマリンの合成

    Md. Shahajahan Kutubi* and T. Kitamura

    第21回万有福岡シンポジウム:進化する機能性分子  2011年5月21日  万有生命科学振興国際交流財団

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Centennial Hall Kyushu University School of Medicine, Fukuoka   国名:日本国  

  12. Hydroarylation of Heteroaromatic Compounds using Iron Catalyst

    Md. Shahajahan Kutubi* and T. Kitamura

    第47回化学関連支部合同九州大会 International Meeting on Chemistry in Kitakyushu  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北九州国際会議場  

▼全件表示

その他研究活動 5

  1. モノマー溶媒及び試薬の製造するための費用効果が高くリサイクル可能なハイブリッド触媒システムの開発

    2017年7月
    -
    2018年11月

     詳細を見る

    This Catalytic System showed very cheaper with >95% selectivity to target product with >90% yield. This work has been carried out in Industry and was registered as industrial internal ノウハウin December 2018。

  2. アクリルアミドモノマーの製造において廃棄物還元工業製造法の開発

    2017年4月
    -
    2020年3月

     詳細を見る

    This is an industrial research and development work. This manufacturing method revealed the reduction of industrial inorganic waste in >85% comparing to present existing method. In addition, this one is also recognized as applicable to recycle of by-products produced in present method used. The company recognized this process for implementation in near future.

  3. Development of purification process to ensure metal-free organic products without industrial waste loading

    2021年4月
    -
    2021年7月

     詳細を見る

    This development revealed the >99% Metallic catalyst cutoff from Organo-metal catalyzed Organic synthesis and the initial extraction step showed < 100 ppm in organic product.

  4. 工業的に新しいモノマー製造の遷移金属ベースの有機金属触媒システムの開発。

    2020年8月
    -
    2021年6月

     詳細を見る

    This work is also industrial Process, and it is recognized for sample preparation for its future market evaluation globally. Progressive research is also continued for implementation in future.

  5. Preconcentration of Lead and Cadmium in Aqueous Media Using Functionalized Amberlite XAD–16 Resin and Their Speciation in the River Water of Bangladesh

    2003年
    -
    2005年

     詳細を見る

    This research revealed the picture of water pollution by hazardous heavy metal: Cd and Pb.

産業財産権 2

  1. Pd-Ru固溶体型合金微粒子を用いた触媒

    北川 宏、草田 康平、永岡 勝俊、佐藤 勝俊、クトゥビ モハマド シャハジャハン

     詳細を見る

    出願人:科学技術振興機構

    出願番号:2014-536592 and PCT/JP2013/005512   出願日:2013年9月

    公開番号:WO2014/045570  公開日:2015年6月

    公表番号:WO2014/045570   公表日:2014年3月

    特許番号/登録番号:5737699   登録日:2015年5月  発行日:2015年6月

    出願国:国内 , 外国 , 特許協力条約より出願   取得国:国内

  2. インドール誘導体の合成方法

    永岡 勝俊、 クトゥビ モハマド シャハジャハン、北川 宏、草田 康平

     詳細を見る

    出願番号:2015-164995  出願日:2015年8月

    公表番号:2017-43545 (A)  公表日:2017年3月

    特許番号/登録番号:6579545 (B2)  登録日:2019年9月  発行日:2019年9月

    出願国:国内   取得国:国内

 

メディア報道 1

  1. Covid-19 treatment 'One Medicine One Target' formula, a Research in Bangladesh Field Study 新聞・雑誌

    Editorial and commentary News  The Daily Samakal, Bangladesh  Bangladesh  2020年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

    Covid-19 treatment 'One Medicine One Target' formula discloses only Levosalbutamol (Levalbuterol) 2 mg or 1 mg tablet use with supplementary medicines: multivitamine, acetophenone 300-500 mg (if high fever) and montelukast 10 mg (if high breathing problem) revealed very high effective medication in treatment of COVID-19, exploring to the best of field study data and knowledge, all patients with COVID-19 positive and COVID symptoms (with data more than 5000 patients) having got recovery within 5-10 days without i) any hospitalization and ii) negative results. The field studies were carried out by different physician doctors (Medical Doctors) working in Bangladesh. This research is based on existing medicine applications under a literature study on different medicines and on their corresponding chemical characteristics.