Updated on 2021/11/17

写真a

 
MACHIDA Naoto
 
Organization
Center for Gender Diversity Designated assistant professor
Title
Designated assistant professor

Degree 1

  1. 博士(人間・環境学) ( 2020.11   京都大学 ) 

Research Interests 2

  1. Transgender

  2. Qualitative inquiry

Research Areas 1

  1. Humanities & Social Sciences / Clinical psychology  / Gender

Awards 2

  1. 2019 年度国際フロンティア奨励賞

    2019.9   日本質的心理学会   日本におけるトランスジェンダーを生きる体験についての探索的検討

     More details

    Award type:Honored in official journal of a scientific society, scientific journal 

  2. 優秀演題賞

    2019.8   GID(性同一性障害)学会   関係論的セクシュアリティ再考─他者とのあいだに立ち上がるものとしての性別違和─

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc. 

 

Papers 6

  1. トランスジェンダーを生きるという体験をめぐる「質感」的心理学―性を他者との関係性から再考する―

    町田, 奈緒子(町田, 奈緒士)

        2020.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Doctoral thesis  

    DOI: 10.14989/doctor.k22856

  2. An Explorative Inquiry into Actual Feelings Involved with Experiences of Living a Transgender Life Reviewed

    Naoto MACHIDA

    The Japanese journal of humanistic psychology   Vol. 37 ( 2 ) page: 169 - 180   2020.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  3. 性を他者との関係性から捉え直す:〈雰囲気〉として感受されるものとしての性 Reviewed

    町田 奈緒士

    GID(性同一性障害)学会雑誌   ( 12 ) page: 7 - 19   2019.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  4. Sexuality Formed by the Relationship with Others : A Relational Exploration into Gender Dysphoria of Transgender Individuals Reviewed

    Naoto Machida

      ( 27 ) page: 17 - 33   2018.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. An explorative examination into Japanese transgender experiences Reviewed

    Annual Review of Critical Psychology   ( 14 ) page: 136 - 153   2018.11

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  6. The effect of concept mapping on L2 writing performance: Examining possible effects of trait-level writing anxiety Reviewed

    Naoko Machida, Dalsky David Jerome

    English Language Teaching   Vol. 7 ( 9 ) page: 28 - 35   2014.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.5539/elt.v7n9p28

▼display all

Books 2

  1. 接面を生きる人間学 :「共に生きる」とはどういうことか

    町田 奈緒士( Role: Contributor ,  トランスジェンダー当事者同士の「語り合い」によって生まれた接面:接面を描く意味とインタビュー調査の特異性)

    ミネルヴァ書房  2021.4  ( ISBN:4623091546

     More details

    Total pages:376   Responsible for pages:219-245   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  2. Special needs education

    2020.10  ( ISBN:9784623090730

     More details

    Total pages:154   Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

MISC 2

  1. 多様で流動的な性を、映画を通して共に体験する Invited

    第14回関西クィア映画祭2021パンフレット     2021.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

  2. 「活躍する若手!」第6回

    町田 奈緒士

    日本心理学会若手の会ニューズレター     2020.8

Presentations 18

  1. トランスジェンダーの人々は青年期にどのような心的風景を生きているのか

    町田 奈緒士

    日本質的心理学会第18回大会withソウル  2021.10.24  日本質的心理学会

     More details

    Event date: 2021.10

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    Venue:オンライン  

  2. 性別違和を再考する:〈雰囲気〉として感受されるものとしての性 Invited

    町田 奈緒士

    第22回GID(性同一性障害)研究大会  2021.4.3  GID(性同一性障害)学会

     More details

    Event date: 2021.4

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:オンライン  

  3. トランスジェンダーを生きるという体験の「質感」:「ビジュアル語り合い」を用いて

    町田 奈緒士

    JPA異分野間協働懇話会2021  2021.3.13 

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン  

  4. トランスジェンダーをめぐる臨床心理学研究のこれまでとこれから

    町田 奈緒士

    セクシュアルマイノリティと医療・福祉・教育を考える 全国大会2021  2021.1.16  「セクシュアルマイノリティと医療・福祉・教育を考える全国大会2021」実行委員会

     More details

    Event date: 2021.1

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:オンライン  

  5. 他者の体験を「了解」するためのインタビューの分析のあり方:トランスジェンダーとの「語り合い」の分析から

    町田 奈緒士

    日本心理臨床学会第 39 回大会  2020.11.20 

     More details

    Event date: 2020.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン  

  6. An Examination into Actual Feelings Involved with Experiences of Living a Transgender Life in Japanese Contexts

    2020.11.6  World Professional Association for Transgender Health (WPATH)

     More details

    Event date: 2020.11

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  7. 実感や身体感覚に迫る「質感」的心理学(qualia-tative psychology)についての構想:トランスジェンダーを生きる体験についての語り合いをもとに

    町田 奈緒士

    日本質的心理学会第17回大会  2020.10.24  日本質的心理学会

     More details

    Event date: 2020.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン  

  8. 調査者の当事者性が研究にもたらすこと:トランスジェンダーを生きる者同士の語り合いを通じて

    町田 奈緒士

    日本心理学会第84回大会   2020.9.8  日本心理学会

     More details

    Event date: 2020.9 - 2020.11

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    Venue:オンライン  

  9. A classroom research into a seminar on reading “The Psychology of Gender

    Naoto Machida

    The 85th Annual Convention of the Japanese Psychological Association  2021.9.1 

     More details

    Event date: 2020.9 - 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  10. セクシュアル・マイノリティ

    町田 奈緒士

    「障害者のリアルに迫る」京大ゼミ  2020.1.9  「障害者のリアルに迫る」京大ゼミ

     More details

    Event date: 2020.1

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:京都大学  

  11. トランスジェンダーの子どもを持つ母親の「受け止め」の諸相について

    町田 奈緒士

    日本心理学会第83回大会  2019.9.13  日本心理学会

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    Venue:立命館大学大阪いばらきキャンパス  

    シンポジウム:「セクシュアル・マイノリティを生きる体験に寄り添う:現象学的視点を手掛かりとして」
    企画者:町田奈緒士
    話題提供者:金智慧, 藤高和輝, 町田奈緒士
    指定討論者:森岡正芳, 高石浩一

  12. 性を関係論的に問い直すートランスジェンダー者の語り合いからー Invited

    町田 奈緒士

    「差異と交感の心理学」プロジェクト  2019.3.27  奈良女子大学文学部

     More details

    Event date: 2019.3

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:奈良女子大学  

  13. 関係論的セクシュアリティ再考ー他者とのあいだに立ち上がるものとしての性別違和ー

    町田 奈緒士

    第21回GID(性同一性障害)研究大会  2019.3.24  GID(性同一性障害)学会

     More details

    Event date: 2019.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:岡山県医師会館  

  14. 学び手の多様性②:セクシュアル・マイノリティ(性の多様性)

    町田 奈緒士

    京都外国語大学「学校教育心理学」ゲスト講師  2019.12.7 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:京都外国語大学  

  15. 語り合い法における自己エスノグラフィ的な記述の持つ意味

    町田 奈緒士

    日本発達心理学会第31回大会 ラウンドテーブル  2020.3.2  日本発達心理学会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    Venue:新型コロナウイルス感染拡大を受け、大会成立・会場不参集  

  16. 私とあなたの セクシュアリティをめぐる語り合い Invited

    町田 奈緒士

    立命館大学大学院授業「多文化研究セミナー」  2020.12.7 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:オンライン  

  17. 学校教育と性の多様性

    町田 奈緒士

    京都外国語大学「学校教育心理学」ゲスト講師  2020.12.19 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:オンライン  

  18. 人間科学の観点と方法(4) 多文化間交流と対話協働 Invited

    町田 奈緒士

    立命館大学大学院授業「社会の中の人間科学」  2021.5.19  立命館大学

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:オンライン  

▼display all

 

Teaching Experience (Off-campus) 4

  1. 心理学文献演習Ⅰ

    2021.4 - 2021.9 Nara Women's University)

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

  2. 教育相談

    2020.4 - 2021.9 Kinki University)

     More details

    Level:Undergraduate (liberal arts) 

  3. こころのしくみ

    2019.9 - 2021.3

     More details

    Level:Undergraduate (liberal arts) 

  4. 心理学

    2017.4 - 2021.9

     More details

    Level:Undergraduate (liberal arts) 

 

Social Contribution 3

  1. セクシュアル・マイノリティ学生にやさしい大学づくり

    Role(s):Commentator, Organizing member

    FDフォーラム  2019.3

  2. 学校におけるLGBTについて考えよう

    Role(s):Lecturer

    三重県伊賀市LGBT人権学習  2017.9

  3. 教員×在校生 座談会 学びの乱

    Role(s):Panelist, Commentator

    京都大学  2015.12