2022/06/14 更新

写真a

ツジ トクジ
辻 徳治
TSUJI Tokuji
所属
大学院創薬科学研究科 基盤創薬学専攻 創薬生物科学 助教
大学院担当
大学院創薬科学研究科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(生命科学) ( 2017年3月   京都大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 表皮分化

  2. 亜鉛

  3. リン脂質

  4. トランスポーター

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 応用分子細胞生物学

  2. ライフサイエンス / 細胞生物学

  3. ライフサイエンス / 分子生物学

経歴 5

  1. 名古屋大学   大学院創薬科学研究科   助教

    2021年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 京都大学   大学院生命科学研究科   特定研究員

    2020年6月 - 2021年9月

  3. 滋賀医科大学   医学部附属病院薬剤部   特任助教

    2019年4月 - 2020年5月

  4. 滋賀医科大学   医学部附属病院薬剤部   博士研究員

    2017年4月 - 2019年3月

  5. 日本学術振興会   特別研究員 (DC2)

    2015年4月 - 2017年3月

学歴 3

  1. 京都大学   大学院生命科学研究科   統合生命科学専攻 博士後期課程

    2013年4月 - 2017年3月

  2. 京都大学   大学院生命科学研究科   統合生命科学専攻 修士課程

    2011年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 京都大学   農学部   食品生物化学科

    2007年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本薬学会

  2. 日本農芸化学会

  3. 日本膜学会

  4. 日本脂質生化学会

受賞 3

  1. 第34回滋賀医大シンポジウム 審査員特別賞

    2017年12月   滋賀医科大学  

    辻 徳治

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  2. 第11回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム 優秀発表賞

    2017年10月   日本薬学会医療薬科学部会  

    辻 徳治

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  3. メタルバイオサイエンス研究会2015 若手優秀賞

    2015年8月   日本毒性学会 生体金属部会  

    辻 徳治

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

 

論文 9

  1. Application of enzymatic fluorometric assays to quantify phosphatidylcholine, phosphatidylethanolamine and sphingomyelin in human plasma lipoproteins. 査読有り

    Tsuji T, Yuri T, Terada T, Morita SY

    Chemistry and physics of lipids   238 巻   頁: 105102 - 105102   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chemphyslip.2021.105102

    PubMed

  2. Alterations in cellular and organellar phospholipid compositions of HepG2 cells during cell growth. 査読有り 国際誌

    Tsuji T, Morita SY, Nakamura Y, Ikeda Y, Kambe T, Terada T

    Scientific reports   11 巻 ( 1 ) 頁: 2731   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-81733-3

    PubMed

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s41598-021-81733-3

  3. Enzymatic fluorometric assays for quantifying all major phospholipid classes in cells and intracellular organelles 査読有り

    Tokuji Tsuji, Shin-ya Morita, Yoshito Ikeda, Tomohiro Terada

    Scientific Reports   9 巻 ( 1 ) 頁: 8607   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1038/s41598-019-45185-0

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s41598-019-45185-0

  4. Dissecting the Process of Activation of Cancer-promoting Zinc-requiring Ectoenzymes by Zinc Metalation Mediated by ZNT Transporters 査読有り

    Tokuji Tsuji, Yayoi Kurokawa, Johanna Chiche, Jacques Pouyssegur, Hiroshi Sato, Hideya Fukuzawa, Masaya Nagao, Taiho Kambe

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   292 巻 ( 6 ) 頁: 2159 - 2173   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC  

    Zinc-requiring ectoenzymes, including both secreted and membrane-bound enzymes, are considered to capture zinc in their active site for their activation in the early secretory pathway. This idea has been confirmed by our studies conducted using tissue-nonspecific alkaline phosphatase (TNAP), which is elaborately activated by means of a two-step mechanism by zinc transporter 5 (ZNT5)-ZNT6 heterodimers and ZNT7 homodimers, through protein stabilization followed by enzyme activation with zinc in the early secretory pathway. However, the molecular basis of the activation process in other zinc-requiring ectoenzymes remains largely unknown. In this study, we investigated this activation process by using three cancer- promoting zinc-requiring ectoenzymes, autotaxin (ATX), matrix metalloproteinase 9 (MMP9), and carbonic anhydrase IX (CAIX), and the chicken DT40 cell mutants that we generated; we specifically focused on clarifying whether the same or a similar activation mechanism operates in these ectoenzymes. ATX activation required ZNT5-ZNT6 heterodimers and ZNT7 homodimers in a manner similar to TNAP activation, although the protein stability of ATX was differently regulated from that of TNAP. MMP9 required ZNT5-ZNT6 heterodimers and ZNT7 homodimers for its activation as well as secretion; MMP9 was not secreted into the spent medium unless both zinc-transport complexes were present. Finally, CAIX activation by zinc was mediated not only by ZNT5-ZNT6 heterodimers and ZNT7 homodimers but also by ZNT4 homodimers; thus, these three zinc-transport complexes redundantly contribute to CAIX activation. Our results provide pivotal insights into the activation processes of zinc-requiring ectoenzymes, and furthermore, they offer novel insights for potential cancer therapy applications given the cancer-promoting potencies of ATX, MMP9, and CAIX.

    DOI: 10.1074/jbc.M116.763946

    Web of Science

  5. Early secretory pathway-resident Zn transporter proteins contribute to cellular sphingolipid metabolism through activation of sphingomyelin phosphodiesterase 1 査読有り

    Sachiko Ueda, Yuki Manabe, Naoya Kubo, Naho Morino, Hana Yuasa, Miku Shiotsu, Tokuji Tsuji, Tatsuya Sugawara, Taiho Kambe

      322 巻 ( 5 ) 頁: C948 - C959   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Detailed analyses of the crucial functions of Zn transporter proteins in alkaline phosphatase activation. 査読有り 国際誌

    Eisuke Suzuki, Namino Ogawa, Taka-Aki Takeda, Yukina Nishito, Yu-Ki Tanaka, Takashi Fujiwara, Mayu Matsunaga, Sachiko Ueda, Naoya Kubo, Tokuji Tsuji, Ayako Fukunaka, Tomohiro Yamazaki, Kathryn M Taylor, Yasumitsu Ogra, Taiho Kambe

    The Journal of biological chemistry   295 巻 ( 17 ) 頁: 5669 - 5684   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Numerous zinc ectoenzymes are metalated by zinc and activated in the compartments of the early secretory pathway before reaching their destination. Zn transporter (ZNT) proteins located in these compartments are essential for ectoenzyme activation. We have previously reported that ZNT proteins, specifically ZNT5-ZNT6 heterodimers and ZNT7 homodimers, play critical roles in the activation of zinc ectoenzymes, such as alkaline phosphatases (ALPs), by mobilizing cytosolic zinc into these compartments. However, this process remains incompletely understood. Here, using genetically-engineered chicken DT40 cells, we first determined that Zrt/Irt-like protein (ZIP) transporters that are localized to the compartments of the early secretory pathway play only a minor role in the ALP activation process. These transporters included ZIP7, ZIP9, and ZIP13, performing pivotal functions in maintaining cellular homeostasis by effluxing zinc out of the compartments. Next, using purified ALP proteins, we showed that zinc metalation on ALP produced in DT40 cells lacking ZNT5-ZNT6 heterodimers and ZNT7 homodimers is impaired. Finally, by genetically disrupting both ZNT5 and ZNT7 in human HAP1 cells, we directly demonstrated that the tissue-nonspecific ALP-activating functions of both ZNT complexes are conserved in human cells. Furthermore, using mutant HAP1 cells, we uncovered a previously-unrecognized and unique spatial regulation of ZNT5-ZNT6 heterodimer formation, wherein ZNT5 recruits ZNT6 to the Golgi apparatus to form the heterodimeric complex. These findings fill in major gaps in our understanding of the molecular mechanisms underlying zinc ectoenzyme activation in the compartments of the early secretory pathway.

    DOI: 10.1074/jbc.RA120.012610

    PubMed

  7. Protocols for Enzymatic Fluorometric Assays to Quantify Phospholipid Classes 招待有り 査読有り

    Shin-ya Morita, Tokuji Tsuji, Tomohiro Terada

    Int. J. Mol. Sci.   21 巻 ( 3 ) 頁: 1032   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Enhancing effect of taurohyodeoxycholate on ABCB4-mediated phospholipid efflux. 査読有り

    Yoshito Ikeda, Shin-ya Morita, Ryo Hatano, Tokuji Tsuji, Tomohiro Terada

    BBA-Mol. Cell Biol. Lipids   1864 巻 ( 10 ) 頁: 1495 - 502   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Molecular Mechanisms for Protection of Hepatocytes against Bile Salt Cytotoxicity 招待有り 査読有り

    Shin-ya Morita, Yoshito Ikeda, Tokuji Tsuji, Tomohiro Terada

    Chem. Pharm. Bull.   67 巻 ( 4 ) 頁: 333 - 340   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC 2

  1. 亜鉛の生体機能と亜鉛の細胞輸送機構

    神戸大朋, 辻徳治  

    金属91 巻 ( 9 ) 頁: 752 - 758   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  2. 酵素蛍光定量法を用いた主要リン脂質クラスの網羅的定量法の開発と疾患バイオマーカーの探索 招待有り

    辻徳治  

    薬学研究の進歩37 巻   頁: 91 - 97   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

講演・口頭発表等 12

  1. Quantitative analysis of major phospholipid classes in cells and organelles by novel enzymatic fluometric methods 国際会議

    Tokuji Tsuji, Shin-ya Morita, Yoshito Ikeda, Tomohiro Terada

    60th International Conference on the Bioscience of Lipids  2019年6月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  2. 酵素蛍光法を用いたオルガネラ膜における主要リン脂質クラスの定量分析

    辻 徳治, 森田真也, 池田義人, 寺田智祐

    日本膜学会第41年会  2019年5月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. 酵素蛍光定量法を用いた細胞小器官における主要リン脂質組成の分析

    辻徳治, 森田真也, 池田義人, 寺田智祐

    第60回日本脂質生化学会  2018年5月31日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. 酵素蛍光定量法を用いた細胞小器官における主要リン脂質クラスの定量分析

    辻徳治

    第40回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム  2018年10月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. 酵素蛍光定量法を用いた細胞増殖に伴う細胞内リン脂質組成変化の定量分析

    辻徳治, 森田真也, 中村吉伸, 寺田智祐

    第62回日本脂質生化学会  2020年5月14日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  6. 全主要リン脂質クラスを網羅的に解析する酵素蛍光定量法の開発

    辻 徳治, 森田真也, 池田義人, 寺田智祐

    第11回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム  2017年10月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  7. 全主要リン脂質クラスを網羅的に解析する酵素蛍光定量法の開発 招待有り

    辻 徳治, 森田真也, 池田義人, 寺田智祐

    医療薬学フォーラム2018  2018年7月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  8. 主要リン脂質クラスを網羅的に定量する酵素蛍光定量法の開発

    辻 徳治, 森田真也, 池田義人, 寺田智祐

    第34回滋賀医大シンポジウム  2017年12月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  9. ホスファチジルイノシトール酵素蛍光定量法の開発と細胞内全リン脂質クラス組成に関する定量的解析

    辻 徳治, 森田真也, 池田義人, 寺田智祐

    第39回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム  2017年10月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  10. ホスファチジルイノシトール定量法の新規開発と細胞内主要リン脂質クラスの定量的解析

    辻 徳治, 森田真也, 池田義人, 寺田智祐

    日本農芸化学会2018年度大会  2018年3月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  11. ホスファチジルイノシトールに対する酵素蛍光定量法の開発と細胞内リン脂質クラスの網羅的定量

    辻 徳治, 森田真也, 池田義人, 寺田智祐

    日本薬学会第138年会  2018年3月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  12. ホスファチジルイノシトールに対する新規定量法の開発と細胞内全リン脂質クラスの定量的解析

    辻 徳治

    2017年度第8回学際的脂質創生研究部会講演会  2018年1月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. 酵素蛍光法を用いた主要リン脂質クラスの網羅的定量法の開発と疾患バイオマーカーの探索 国際共著

    2018年4月 - 2020年3月

    平成29年度薬学研究奨励財団研究助成金 

    辻 徳治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 新規リン脂質定量分析法を用いた腸上皮細胞のリン脂質代謝機構に関する研究

    2018年4月 - 2019年3月

    平成30年度滋賀医科大学学長裁量経費 (若手萌芽研究)  新規リン脂質定量分析法を用いた腸上皮細胞のリン脂質代謝機構に関する研究

    辻 徳治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  3. 主要リン脂質クラスを網羅的に定量する酵素蛍光定量法の開発

    2018年4月 - 2019年3月

    第34回滋賀医大シンポジウムによる研究助成金 

    辻 徳治

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 2

  1. 新規リン脂質定量分析法を用いた動脈硬化性冠動脈疾患の発症抑制因子の探索

    研究課題/研究課題番号:19K23799  2019年10月 - 2021年3月

    日本学術振興会  2019年度科学研究費助成事業 研究活動スタート支援 (19K23799) 

    辻 徳治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2860000円 ( 直接経費:2200000円 、 間接経費:660000円 )

  2. がん関連酵素の活性化に関わる亜鉛トランスポーターに着目したがん抑制に関する研究

    研究課題/研究課題番号:15J08286  2015年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 (特別研究員奨励費) 

    辻 徳治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:170000円 ( 直接経費:170000円 )