2022/06/03 更新

写真a

フジカワ ケンタロウ
藤川 健太郎
FUJIKAWA Kentaro
所属
大学院国際開発研究科 国際開発協力専攻 国際開発協力 准教授
大学院担当
大学院国際開発研究科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 4

  1. Doctor of Philosophy ( 2021年3月   London School of Economics and Political Science ) 

  2. 修士(法学) ( 2015年3月   東京大学 ) 

  3. Master of Science ( 2013年11月   London School of Economics and Political Science ) 

  4. 学士(法学) ( 2012年3月   東京大学 ) 

研究分野 2

  1. 人文・社会 / 政治学

  2. 人文・社会 / 国際関係論

経歴 2

  1. 名古屋大学   国際開発研究科   准教授

    2021年8月 - 現在

  2. ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス   国際関係論学科   フェロー

    2020年9月 - 2021年7月

学歴 4

  1. ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス   国際関係論学科博士課程

    2015年9月 - 2020年9月

  2. 東京大学   法学政治学研究科総合法政専攻修士課程

    2012年4月 - 2015年3月

  3. ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス   政府学科比較政治(紛争研究)専攻修士課程

    2012年10月 - 2013年9月

  4. 東京大学   法学部   第2類(公法コース)

    2008年4月 - 2012年3月

所属学協会 3

  1. 日本比較政治学会

  2. International Studies Association

  3. 日本国際政治学会

受賞 1

  1. 卓越

    2012年3月   東京大学法学部  

     詳細を見る

    主領域(実定法系)・副領域(政治系)共に「最優秀」による。

 

論文 3

  1. Settling with Autonomy after Civil Wars: Lessons from Aceh, Indonesia 査読有り

    Kentaro Fujikawa

    Global Policy   12 巻 ( 2 ) 頁: 204 - 213   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1111/1758-5899.12949

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/1758-5899.12949

  2. Drifting between accommodation and repression: explaining Indonesia's policies toward its separatists 査読有り

    Kentaro Fujikawa

    Pacific Review   30 巻 ( 5 ) 頁: 655 - 673   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD  

    A central government facing separatist activities adopts various policies to respond to them. In some cases, the government represses them harshly, while in other cases, it tries to accommodate the separatists' demands. We currently have two strands in the literature to understand which policies are implemented by the government: the reputation theory and the cost-benefit calculation model. However, neither of them is sufficient to explain Indonesia's policies toward its separatists in Aceh and Papua following democratization. Indonesia's policies toward separatists have been drifting between accommodation and repression. To understand these policy shifts, this paper emphasizes the importance of the inner workings of the central government, introducing two variables: the preferences of national leaders and the existence of veto players. This paper demonstrates that these perspectives are essential in order to fully explain the Indonesian government's policies toward its separatists.

    DOI: 10.1080/09512748.2017.1293713

    Web of Science

  3. 「土着の民」型紛争とその終結 : アチェ紛争のケーススタディ

    藤川 健太郎

    国家学会雑誌 = The journal of the Association of Political and Social Sciences   129 巻 ( 5 ) 頁: 526 - 601   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京大学大学院法学政治学研究科  

    CiNii Books

 

担当経験のある科目 (本学以外) 3

  1. Security Studies

    Nagoya University)

  2. Peacebuilding

    Nagoya University)

  3. Conflict and Peacebuilding

    London School of Economics and Political Science)