2021/09/22 更新

写真a

ニシノ リョウタ
西野 亮太
NISHINO Ryota
所属
大学院法学研究科 特任助教
職名
特任助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 4

  1. 博士(歴史学) ( 2007年2月   西オーストラリア大学 ) 

  2. グラジュエート・ディプロマ(準修士)中等教育教諭免許 ( 2001年11月   クライストチャーチ教育大学 ) 

  3. 優等学士学位 ( 2000年4月   ローズ大学 ) 

  4. 文学士 ( 1999年4月   ローズ大学 ) 

研究キーワード 7

  1. 記憶学

  2. 紀行文

  3. 東アジア史

  4. 太平洋諸島

  5. 太平洋戦争

  6. メディア史

  7. 20世紀史

研究分野 3

  1. 人文・社会 / 地域研究  / オセアニア

  2. 人文・社会 / 日本文学  / 紀行文学

  3. 人文・社会 / 日本史

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 旅する記憶:アジア大平洋戦争記憶のメディア史

経歴 5

  1. 名古屋大学   大学院法学研究科   特任助教

    2021年8月 - 現在

  2. 国際日本文化研究センター   研究員

    2019年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 南太平洋大学   法学社会科学学科   上級講師

    2012年7月 - 2021年7月

      詳細を見る

    国名:フィジー諸島共和国

  4. フィジー国立大学   地理歴史学科   助教

    2011年6月 - 2012年5月

      詳細を見る

    国名:フィジー諸島共和国

  5. クライストチャーチ工科大学 (Ara Institute of Canterbury)   日本語学科   助教

    2009年1月 - 2011年6月

      詳細を見る

    国名:ニュージーランド

学歴 3

  1. 西オーストラリア大学   人文学部   歴史学

    2003年3月 - 2007年2月

      詳細を見る

    国名: オーストラリア連邦

  2. ローズ大学   人文学部   歴史学

    1999年2月 - 1999年12月

      詳細を見る

    国名: 南アフリカ共和国

  3. ローズ大学   人文学部   歴史学・言語学

    1999年2月 - 1999年12月

      詳細を見る

    国名: 南アフリカ共和国

    備考: 2教科専攻

所属学協会 5

  1. Sietar Japan 異文化コミュニュケーション学会

    2021年8月 - 現在

  2. 日本オセアニア学会

    2021年4月 - 現在

  3. British Association of Japanese Studies

    2021年3月 - 現在

  4. 欧州日本学会

    2020年1月 - 現在

  5. Pacific History Association

    2012年12月 - 現在

受賞 9

  1. 外国人研究員

    2019年4月   国際日本文化研究センター  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 学術研究優秀賞 博士号論文を著書としての出版

    2009年12月   ギョーグ・エカート国際教科書研究機関  

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:ドイツ連邦共和国

  3. 研究者奨学金

    2004年4月   ギョーグ・エカート国際教科書研究機関  

     詳細を見る

    受賞国:ドイツ連邦共和国

  4. 研究者奨学金

    2004年4月   ギョーグ・エカート国際教科書研究機関  

  5. 2004年度大学院生研究旅費賞

    2003年4月   西オーストラリア大学  

  6. 外国人学生大学院奨学金:学費全額免除

    2003年3月   西オーストラリア大学  

  7. 大学院外国人学生賞:生活費支給

    2003年3月   西オーストラリア大学  

  8. 日本語教育・教員育成奨学金

    2000年8月   マッセー大学 (ニュージーランド)  

  9. 学業優秀証書

    2000年4月   ローズ大学  

▼全件表示

 

論文 17

  1. 旅する記憶:アジア・太平洋戦争の南太平洋戦線の戦記と紀行文における記憶と歴史認識 招待有り

    西野亮太

      30 巻 ( 1 ) 頁: 55 - 82   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  2. Pacific War Battle Sites through the Eyes of Japanese Travel Writers: Vicarious Consumer Travel and Emotional Performance in Travelogues 査読有り

    Ryota Nishino

    History and Memory   32 巻 ( 2 ) 頁: 146 - 175   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2020 Indiana University Press. All rights reserved. This article analyzes travelogues written by Japanese visitors to the battle sites of the Pacific War. It argues that they tend to turn the destinations into exclusively Japanese zones of emotional performance, thereby promoting an imaginary reconquest of these sites. While most of these travelogues recount deepening empathy toward the Japanese victims and ignore the islander counterparts, a minority imagine the suffering of the islanders and view the Japanese as perpetrators. These conflicting visions reflect the historiographical debates in Japan. In order to establish whether the journeys yielded these visions or reinforced previously held beliefs, the background, styles and motivation of the travelers require careful consideration.

    DOI: 10.2979/histmemo.32.2.06

    Scopus

  3. Better Late than Never? Mizuki Shigeru’s Trans-war Reflections on Journeys to New Britain Island 査読有り

    西野亮太

    Japan Review   32 巻   頁: 107 - 129   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Cultural Identity and Textbooks in Japan: Japanese Ethnic and Cultural Nationalism in Middle-School History Textbooks

    Nishino, Ryota

    The Palgrave Handbook of Ethnicity     2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Springer Singapore  

    DOI: 10.1007/978-981-13-0242-8_111-1

  5. Pacific Islanders Experience the Pacific War: Informants as Historians and Story Tellers 査読有り

    Ryota Nishino

    The Asia-Pacific Journal: JapanFocus     2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. The Awakening of a Journalist’s Historical Consciousness: Sasa Yukie’s Pacific Island Journeys of 2005–2006 査読有り

    Ryota Nishino

    Japanese Studies   37 巻 ( 1 ) 頁: 71 - 88   2017年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa UK Limited  

    DOI: 10.1080/10371397.2017.1296329

    Scopus

  7. From Memory Making to Money Making? Japanese Travel Writers' Impressions of Cross-Cultural Interactions in the Southwestern Pacific Islands Battlesites, 1961-2007 査読有り

    Nishino, Ryota

    Pacific Historical Review   86 巻 ( 3 ) 頁: 443 - 471   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:UNIV CALIFORNIA PRESS  

    © 2017 by the Pacific Coast Branch, American Historical Association. All rights reserved. Of the numerous commercially published Japanese travelogues about the southwestern Pacific Islands, five stand out for their detailed accounts of interactions between the travel writers and the Pacific Islanders. This article explores the common narrative threads in these works. Drawing on the literature on travel writing and dark tourism, it analyzes how the relationship between travelers and the Islanders has evolved over time. The early writers report disturbing encounters with Islanders for whom memories of World War II's Pacific battles were still vivid. The later writers exhibit greater expectations as patrons of battlefield tourism. Their writing displays less interest in a meaningful cultural exchange with the Islanders. This trend may parallel the asymmetry of political and economic power between Japan and the Pacific Islands.

    DOI: 10.1525/phr.2017.86.3.443

    Web of Science

    Scopus

  8. The self-promotion of a maverick travel writer: Suzuki Tsunenori and his Southern Pacific Islands travelogue, Nanyō tanken jikki 査読有り

    Ryota Nishino

    Studies in Travel Writing   20 巻 ( 4 ) 頁: 378 - 391   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2017 Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis Group. Suzuki Tsunenori (1853–1938; also known as Keikun) was one of the pioneering writers on Pacific Islands in the Meiji period. Recent scholarship has exposed flaws in his representation of Pacific Islanders in his landmark travelogue, Nanyō tanken jikki [A True Chronicle of South Seas Exploration] (1892). While the criticism undermined his reputation for his ethnographic eye, this essay employs an alternative critical angle on self-presentation. Suzuki promotes himself as a shrewd multi-talented traveller, culturally astute and willing to venture into the wild. First, this essay sketches the circumstances under which Suzuki embarked on his southern Pacific Islands journey of 1889–1890. Then it analyses how Suzuki projects his desired persona in Jikki. He seeks to develop and exploit these attributes to advertise his performance as a reporter, a cultural interlocutor and a grassroots ambassador. An inward-looking orientation helps us to present a clearer picture of Suzuki’s life and travelogues.

    DOI: 10.1080/13645145.2016.1264356

    Scopus

  9. Dialogues with shadows: Reflections on identity, history and travel 査読有り

    Nishino, Ryota

    Life Writing   12 巻 ( 1 ) 頁: 95 - 105   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD  

    © 2014 Taylor and Francis. After the end of my solo journey in Southeast Asia, I felt shadows from the trip were following me. It took me some time before I began reflecting on the shadows. My reflections attempt to merge the academic and the personal, and bring my motivation and observations into scrutiny. This reflective exercise begins with my motivation for the journey, and moves to a few individuals and their personal life histories. The reflections made me aware of the naivety and shortcomings in my approach to identity, and the need for continuing dialogues with the shadows.

    DOI: 10.1080/14484528.2013.873973

    Web of Science

    Scopus

  10. Talking past each other? A comparative study of the descriptions of the Russo-Japanese War in Japanese and Russian history textbooks, ca. 1997-2010 (プロジェクト報告 Global Education around the Globe: Should World History and Geography become Compulsory Subjects 査読有り

    Kolesova Elena, Nishino Ryota

    Aoyama Journal of International Studies   2 巻 ( 1 ) 頁: 5 - 39   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  11. Political economy of History textbook publishing during apartheid (1948-1994): Towards further historical enquiry into commercial imperatives 査読有り

    Nishino, Ryota

    Yesterday and Today   ( 14 )   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.17159/2223-0386/2015/n14a1

  12. Pacific Islands women in the eyes of the travel journalist Kanetaka Kaoru: Impressions from her first journey to the Pacific Islands in 1961 査読有り

    Nishino, Ryota

    Pacific Asia Inquiry   5 巻 ( 1 )   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他リンク: http://www.v-r.de/en/changing_histories/t-2/1007180/

  13. Tales of two Fijis: Early 1960s’ Japanese travel-writing by Kanetaka Kaoru and Kita Morio 査読有り

    Nishino, Ryota

    Journal of Pacific History   49 巻 ( 4 ) 頁: 440 - 456   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD  

    © 2014 The Journal of Pacific History, Inc. This paper analyses impressions of Fiji in 1961, recorded by two well-known Japanese travel writers: travel journalist Kanetaka Kaoru and writer Kita Morio. Their comments on ethnic Fijians' attitudes to work and on encounters with a variety of Indigenous Fijians, including ratu (hereditary chiefs), made the observed people others' informing the travellers' views on post-war colonial Fiji in an era when little was known about Fiji in Japan. Differing views on colonialism underpinned the two authors' views. At the time, Kita and Kanetaka revised but replicated the assumptions of pre-war Japanese writing about Nanyo¯ (the South Seas) and of Western travelogues on the Pacific Islands. While Kita passed blunt and prejudiced judgements, he demonstrated an awareness of colonialism's adverse effects and of concerns also felt by the colonial administration about the place of Indigenous Fijians in the modern world. Kanetaka, seemingly without awareness of her latent prejudice, praised Fiji as a near-perfect colony that benefitted from colonialism.

    DOI: 10.1080/00223344.2014.974300

    Web of Science

    Scopus

  14. Ukiya tôjirô and his motorcycle journey in August 1957: Crystallising ambitions and identity 査読有り

    Ryôta Nishino

    Studies in Travel Writing   17 巻 ( 4 ) 頁: 384 - 397   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    One of the formative experiences the motorcar racer Ukiya Tôjirô (1942-1965) had was his first long-distance motorcycle journey. His long-selling travelogue, Gamushara 1500 kiro [My frantic 1500-kilometre journey] chronicles his travel and demonstrates his growing awareness as a young member of an elite socio-economic stratum. This article situates his motorcycle journey in Japanese social history. It then analyses his writing from a socio-economic perspective. Of particular importance were the different reactions the sights of the working people triggered in Ukiya. Busy workers embarrassed him and had him reflect on his leisurely status. Episodes at the cinema and films he saw empowered him to arrive at his future ambitions. Yet, idle workers stirred fear in him and left considerations of socio-economic disparity under-explored. The differences in his reflections not only suggest his selective use to elevate and justify his status, but also reveal an attitude he had towards the under-privileged. © 2013 Taylor and Francis.

    DOI: 10.1080/13645145.2013.858806

    Scopus

  15. Narrative strategies regarding Japanese ethnic origins and cultural identities in Japanese middle-school History textbooks 査読有り

    Nishino, Ryota

    Journal of Educational Media, Memory & Society   2 巻 ( 1 ) 頁: 97 - 112   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This article examines how middle school history textbooks published between 1951 and 1995 explain the origins of the Japanese as an ethnic group (minzoku). The analysis shows that despite the relatively long period from which the sample of textbooks was taken, these texts continue to emphasize two categories of Japanese identity: a biologically heterogeneous people through prehistoric immigration and a unified language. Building on the latter theme, the textbooks continued to treat the innovation of the kana as a quintessential development underlying the Japanese cultural achievement. The analysis reveals that the narrative tone shifted from being emotive in the early 1950s texts to somewhat muted in later decades. © GEI.

    DOI: 10.3167/jemms.2010.020106

    Scopus

  16. The political economy of the textbook in Japan: With particular focus on middle-school history textbooks, ca. 1945-1995 査読有り

    Nishino, Ryota

    Internationale Schulbuchforschung (International Textbook Research   30 巻 ( 1 )   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. An oral history project: Recording recollections of the school boycotts c. 1984 -1987 in Grahamstown, South Africa 査読有り

    Nishino, Ryota

    The Australasian African Studies   24 巻 ( 1 )   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 8

  1. Transpacific Vision: Connected Histories of the Pacific across North and South

    Ryota Nishino( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Fantastic and Fanciful Gazes at Pacific Island Women: A Japanese travel journalist Kanetaka Kaoru’s impressions from her journey in 1961)

    Lexington Books  2021年9月 

  2. Pacific insularity : imaginary geography of insular spaces in the Pacific

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: "Unripe Passion Fruit and Memory Laundering? The Thwarted Potential of Sugimura Mitsuko’s Regiman No Hi [Fire over Regiman]")

    立教大学出版会  2021年3月  ( ISBN:9784901988384

     詳細を見る

    総ページ数:296 p.   記述言語:英語

  3. 環太平洋から「日本研究」を考える

    国際日本研究, コンソーシアム( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「太平洋戦争の記憶と歴史を可視化する─南太平洋から見る東アジア」)

    国際日本文化研究センター  2021年3月  ( ISBN:9784910171005

     詳細を見る

    総ページ数:ix, 191p  

    CiNii Books

  4. 太平洋諸島の歴史を知るための60章 : 日本とのかかわり

    石森, 大知, 丹羽, 典生( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「水木しげると『ラバウル戦記』:戦争の地獄と南洋の楽園の狭間で」)

    明石書店  2019年12月  ( ISBN:9784750349091

     詳細を見る

    総ページ数:349p   記述言語:日本語

    CiNii Books

  5. The Palgrave Handbook of Ethnicity 国際共著

    Steven Ratuva

    2019年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:2044   担当ページ:1465-1481  

    DOI: 10.1007/978-981-13-0242-8_111-1

  6. マーシャル、父の戦場 : ある日本兵の日記をめぐる歴史実践

    新井隆( 担当: 共訳 ,  範囲: 「誰が海を閉じたのか?―日米間における記憶喪失(アムネシア)の群島」)

    みずき書林  2018年7月  ( ISBN:9784909710048

     詳細を見る

    総ページ数:406p, 図版 [7] p   記述言語:日本語

    CiNii Books

  7. Changing Histories: Japanese and South African Textbooks in Comparison (1945-1995) (Eckert. Die Schriftenreihe)

    Ryota Nishino

    V&R Unipress  2011年7月  ( ISBN:389971816X

     詳細を見る

    総ページ数:222  

    ASIN

  8. Orb and Sceptre: Studies in British imperialism and its legacies, in Honour of Norman Etherington 国際共著

    ( 担当: 分担執筆)

    2008年7月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp.06.01-06.15   著書種別:学術書

▼全件表示

MISC 3

  1. 旅する記憶:太平洋諸島への旅行、戦争、観光 招待有り

    西野亮太  

    山形国際ドキュメンタリー映画祭2019、AM/NES I A :オセアニアの忘れられた『群島』   頁: 42 - 43   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  2. Japanese Studies Down Under : History, Politics, Literature and Art 招待有り 査読有り

    西野亮太  

    南太平洋から見る日本研究 : 歴史、政治、文学、芸術   頁: 171 - 180   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

  3. White-washing and Brain-washing: A Comparative Study of the Narrative Strategies and Descriptions of the Russo-Japanese War in Japanese and Russian History Textbooks, ca. 1997-2010 招待有り

        頁: 157 - 164   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

講演・口頭発表等 21

  1. White-washing and brain-washing: A comparative study of the narrative strategies and descriptions of the Russo-Japanes“White-washing and brain-washing: A comparative study of the narrative strategies and descriptions of the Russo-Japanese War in Japanese and Russian history textbooks, ca. 1997-2010”e War in Japanese and Russian history textbooks, ca. 1997-2010 国際会議

    西野亮太

    The 19th New Zealand Asian Studies Society International Conference  2011年7月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:マッセー大学   国名:ニュージーランド  

  2. War, trauma and humanity in a Japanese veteran’s New Guinea war memoir: Ogawa Masatsugu’s Shi-no-shima Nyūginia (1969) 招待有り

    西野亮太

    2020年12月5日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. 太平洋戦争の記憶と追体験:南太平洋諸島を中心に 招待有り

    西野亮太

    2020年8月27日  特定非営利活動法人地域文化計画、Equvalent

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  4. 「旅する記憶」太平洋戦争の記憶と追体験:パプアニューギニア戦線を中心に 招待有り

    西野亮太

    第332回日文研フォーラム  2019年11月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:ハートピア京都、京都市  

  5. 「旅する記憶-太平洋戦争の記憶と歴史認識」 招待有り 国際共著 国際会議

    西野亮太

    「太平洋戦争の記憶と平和への道」  2019年11月1日  済州大学平和研究所学術会議

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:済州大学   国名:大韓民国  

  6. Two Japanese War Doctors on Two Islands in the Papua New Guinean Campaign of the Asia- Pacific War 国際会議

    西野亮太

    2019年7月17日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オランダ   国名:オランダ王国  

  7. 「南太平洋地域の紀行文と慰霊」 招待有り

    西野亮太

    ワークショップ:コミュニティのトラウマとメンタルヘルス第二次世界大戦のトラウマとケア  2019年6月25日  全国精神保健福祉連絡協議会主催

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  8. Making, remaking and unmaking military masculinities: Australian and Japanese memoirs of the Papua New Guinean campaign of the Asia-Pacific War 招待有り

    西野亮太

    2018年6月27日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  9. Once a Solider; Always a Family: Mizuki Shigeru and His Journeys to New Britain Island

    西野亮太

    2017年6月29日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  10. Toward a Future of Travel Writing and History: Collecting, Researching and Reflecting on Southwestern Pacific Islanders’ Experiences of the Pacific War 国際会議

    西野亮太

    国際日本文化研究センター・平成28年度海外シンポジウム「南太平洋から見る日本研究:歴史、政治、文学、芸術」  2016年11月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:ニュージーランド   国名:ニュージーランド  

  11. Travel Writers and New History: Japanese Travel Writers’ Discovery of War History from Papua New Guinea. 国際会議

    西野亮太

    2016年5月19日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:グアム大学   国名:アメリカ合衆国  

  12. Commemorative Tours of Pacific War Battlefields. Onna hitori gyokusai no shima o yuku (Toward the Island of Graves)” 国際会議

    西野亮太

    太平洋歴史学会第21回大会  2014年12月3日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:台湾国立大学   国名:台湾  

  13. What does it mean to be a modern worker? An analysis of postwar junior high school history textbook portrayals of female textile factory workers during Japan’s industrial revolution 国際会議

    西野亮太

    Otago Conference on Japanese Modernism  2009年8月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オタゴ大学   国名:ニュージーランド  

  14. Sake and vodka cocktail with school lunch? A comparative study of narrative strategies in school textbook descriptions of the Russo-Japanese War: Japanese and Russian textbooks, ca. 1997-2009 国際会議

    西野亮太

    The 18th Biennial Conference of Asian Studies Association of Australia  2009年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:アデレード大学   国名:オーストラリア連邦  

  15. Making of the empire from the home front or internal colonisation? The Ainu Response to Japanese Colonisation in the Nineteenth Century 国際会議

    西野亮太

    Asian Studies Conference Japan  2007年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:明治学院大学   国名:日本国  

  16. The culture and commerce of the Japanese textbooks industry since 1945 (with particular attention to junior high school history texts)”, 国際会議

    西野亮太

    The 16th Asian Studies Association of Australia Bi-annual Conference,  2006年6月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ウーロンゴン大学   国名:オーストラリア連邦  

  17. The treatment of indigenous peoples in South African and Japanese secondary school history textbooks, ca. 1945-95 国際会議

    西野亮太

    History School Textbook: A Comparative and Historical Perspective  2006年5月26日  Institute of Advanced Studies, the University of Western Australia

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Institute of Advanced Studies, the University of Western Australia   国名:オーストラリア連邦  

  18. From ambiguous Japanese to ambiguous we: The narration of Japanese identity in junior high school history textbooks 国際会議

    西野亮太

    The 14th Biennial Conference of the Japanese Studies Association of Australia  2005年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:アデレード大学   国名:オーストラリア連邦  

  19. Floors van Jaarsveld: Paradox between his public, textbook and private words”, Australian Association of African Studies Conference 国際会議

    西野亮太

    Australasian Association of African Studies Conference  2004年10月1日  Australasian Association of African Studies

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:The University of Western Australia   国名:オーストラリア連邦  

  20. Living through a telescopic or myopic worldview? Nationalism, racism, ethnocentrism and self-images in school history textbooks in Japan and South Africa, c. 1945-1990 国際会議

    西野亮太

    Australasian Association of African Studies Conference  2003年10月1日  Australasian Association of African Studies

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:The University of Adelaide   国名:オーストラリア連邦  

  21. An oral history project: recording recollections of the school boycotts c. 1984 -1987 in Grahamstown, South Africa 国際会議

    西野亮太

    Australasian Association of African Studies Conference  2002年10月1日  Australasian Association of African Studies

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Macquarie University   国名:オーストラリア連邦  

▼全件表示

科研費 2

  1. “Developing Korean awareness at University of the South Pacific”

    2014年7月 - 2017年7月

    Academy of Korean Studies  Seed Program for Korean Studies 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:8000000円

  2. 「日本の太平洋諸島紀行文」

    2012年10月 - 2015年10月

    南太平洋大学 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:450000円

 

社会貢献活動 1

  1. 史跡アドバイザー

    役割:助言・指導

    太平洋諸島フォーラム  2017年9月 - 2017年12月

メディア報道 1

  1. 歴史を修正する日本 テレビ・ラジオ番組

    英国放送協会、Radio 4  https://www.bbc.co.uk/programmes/m000dqyx  2020年1月

学術貢献活動 2

  1. Re-examining Asia-Pacific War Memories: Towards a cross-textual global dialogue

    役割:企画立案・運営等

    西野亮太、Daniel Milne, Justin Aukema, Mahon Murphy  ( 国際日本文化研究センター ) 2020年12月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  2. 比較研究と歴史学研究の視座からみる歴史教科書

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    西野亮太, Giuseppe Finaldi  2006年5月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等