2021/04/21 更新

写真a

コンドウ マサユキ
近藤 雅征
KONDO Masayuki
所属
宇宙地球環境研究所 基盤研究部門 陸域海洋圏生態研究部 特任助教
職名
特任助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 3

  1. 博士(農学) ( 2015年9月   北海道大学 ) 

  2. Master of Science in Physics ( 2007年12月 ) 

  3. Bachelor of Science in Physics ( 2006年12月 ) 

研究キーワード 14

  1. CO2収支

  2. 統合解析

  3. 生態系モデル

  4. 炭素循環

  5. 気候変動

  6. 植生再成長

  7. 東南アジア

  8. 土地利用変化

  9. 光合成

  10. リモートセンシング

  11. リモートセンシング

  12. 数値モデリング

  13. 気候変動科学

  14. 物質循環

研究分野 5

  1. 自然科学一般 / 地球人間圏科学  / 土地利用変化

  2. 自然科学一般 / 大気水圏科学  / 物質循環

  3. 自然科学一般 / 大気水圏科学

  4. 自然科学一般 / 地球人間圏科学

  5. 環境・農学 / 環境動態解析

経歴 6

  1. 名古屋大学   宇宙地球環境研究所   特任助教

    2021年4月 - 現在

  2. 国立環境研究所   地球環境研究センター   特別研究員

    2020年4月 - 2021年3月

  3. 千葉大学   環境リモートセンシング研究センター   特任助教

    2017年4月 - 2019年3月

  4. 海洋研究開発機構   地球表層物質循環分野   地球表層物質循環分野 特任技術主事(助教相当)

    2015年4月 - 2016年3月

  5. 海洋研究開発機構   地球表層物質循環分野   地球表層物質循環分野 技術支援職

    2014年5月 - 2015年3月

  6. 福島大学   共生システム理工学類   共生システム理工学類 研究員

    2010年6月 - 2014年4月

▼全件表示

学歴 2

  1. 北海道大学   農学研究院 地域環境学分野(農学:論文博士)

    2015年9月

  2. テキサス大学ダラス校   大学院物理学科高エネルギー物理学専攻 博士課程

    2008年1月 - 2010年5月

所属学協会 4

  1. アメリカ地球物理学会

  2. アジア-オセアニア地球科学連合

  3. 日本気象学会

  4. 日本地球惑星科学連合

受賞 1

  1. Kamide Lecture Award

    2019年8月   アジア-オセアニア地球科学連合(AOGS)   The role of CO2 release and uptake induced by land use changes in recent terrestrial carbon balance

    近藤 雅征

 

論文 20

  1. Evaluation of Earth Systems Models and Atmospheric Inversions using Total Column CO2 Observations from GOSAT and OCO-2 査読有り

    Prabir K. Patra, Tomohiro Hajima, Ryu Saito, Naveen Chandra, Yukio Yoshida, Kazuhito Ichii, Michio Kawamiya, Masayuki Kondo, Akihiko Ito & David Crisp

    Progress in Earth and Planetary Science   8 巻   頁: 25   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40645-021-00420-z

    DOI: 10.1186/s40645-021-00420-z

  2. 陸域炭素収支量の推定におけるトップダウン・ボトムアップアプローチ

    近藤雅征

    PETROTECH   43 巻   頁: 1 - 5   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. State of the science in reconciling top‐down and bottom‐up approaches for terrestrial CO 2 budget 査読有り

    Kondo Masayuki, Patra Prabir K, Sitch Stephen, Friedlingstein Pierre, Poulter Benjamin, Chevallier Frederic, Ciais Philippe, Canadell Josep G, Bastos Ana, Lauerwald Ronny, Calle Leonardo, Ichii Kazuhito, Anthoni Peter, Arneth Almut, Haverd Vanessa, Jain Atul K, Kato Etsushi, Kautz Markus, Law Rachel M, Lienert Sebastian, Lombardozzi Danica, Maki Takashi, Nakamura Takashi, Peylin Philippe, Roedenbeck Christian, Zhuravlev Ruslan, Saeki Tazu, Tian Hanqin, Zhu Dan, Ziehn Tilo

    Global Change Biology   26 巻 ( 3 ) 頁: 1068 - 1084   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Global Change Biology  

    DOI: 10.1111/gcb.14917

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Land use change and El Niño-Southern Oscillation drive decadal carbon balance shifts in Southeast Asia 査読有り

    Kondo M.

    Nature Communications   9 巻 ( 1 ) 頁: 1154   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Communications  

    DOI: 10.1038/s41467-018-03374-x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. Plant Regrowth as a Driver of Recent Enhancement of Terrestrial CO<inf>2</inf> Uptake 査読有り

    Kondo M.

    Geophysical Research Letters   45 巻 ( 10 ) 頁: 4820 - 4830   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geophysical Research Letters  

    DOI: 10.1029/2018GL077633

    Web of Science

    Scopus

  6. 機械学習を用いた地上観測·衛星観測データの統合による広域陸域熱·水·炭素フラックスの推定

    市井 和仁, 渡辺 裕之, 谷口 弘智, 植山 雅仁, 近藤 雅征

    日本リモートセンシング学会誌   38 巻 ( 2 ) 頁: 114 - 120   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本リモートセンシング学会  

    <p>Using the machine learning technique with the wider availability of various observation data, the integration of ground observation data and satellite observation data has been advancing. In recent years, these techniques were applied to studies of terrestrial energy, water, and carbon cycles to estimate their spatial and temporal variations by upscaling. In this article, we provide an overview of the upscaling technique using machine learning and discuss potential applications of the dataset to terrestrial biosphere studies.</p>

    DOI: 10.11440/rssj.38.114

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  7. New data-driven estimation of terrestrial CO<inf>2</inf> fluxes in Asia using a standardized database of eddy covariance measurements, remote sensing data, and support vector regression 査読有り

    Ichii K.

    Journal of Geophysical Research: Biogeosciences   122 巻 ( 4 ) 頁: 767 - 795   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Geophysical Research: Biogeosciences  

    DOI: 10.1002/2016JG003640

    Web of Science

    Scopus

  8. Comprehensive synthesis of spatial variability in carbon flux across monsoon Asian forests 査読有り

    Kondo M.

    Agricultural and Forest Meteorology   232 巻   頁: 623 - 634   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Agricultural and Forest Meteorology  

    DOI: 10.1016/j.agrformet.2016.10.020

    Web of Science

    Scopus

  9. Regional carbon fluxes from land use and land cover change in Asia, 1980-2009 査読有り

    Leonardo Calle, Josep G. Canadell, Prabir Patra, Philippe Ciais, Kazuhito Ichii, Hanqin Tian, Masayuki Kondo, Shilong Piao, Almut Arneth, Anna B. Harper, Akihiko Ito, Etsushi Kato, Charlie Koven, Stephen Sitch, Benjamin D. Stocker, Nicolas Vivoy, Andy Wiltshire, Soenke Zaehle, Benjamin Poulter

    ENVIRONMENTAL RESEARCH LETTERS   11 巻 ( 7 ) 頁: 074011   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    We present a synthesis of the land-atmosphere carbon flux from land use and land cover change (LULCC) in Asia using multiple data sources and paying particular attention to deforestation and forest regrowth fluxes. The data sources are quasi-independent and include the U.N. Food andAgriculture Organization-Forest Resource Assessment (FAO-FRA2015; country-level inventory estimates), the Emission Database for Global Atmospheric Research (EDGARv4.3), the 'Houghton' bookkeeping model that incorporates FAO-FRA data, an ensemble of 8 state-of-the-art Dynamic Global Vegetation Models (DGVM), and 2 recently published independent studies using primarily remote sensing techniques. The estimates are aggregated spatially to Southeast, East, and South Asia and temporally for three decades, 1980-1989, 1990-1999 and 2000-2009. Since 1980, net carbon emissions from LULCC in Asia were responsible for 20%-40% of global LULCC emissions, with emissions from Southeast Asia alone accounting for 15%-25% of global LULCC emissions during the same period. In the 2000s and for all Asia, three estimates (FAO-FRA, DGVM, Houghton) were in agreement of a net source of carbon to the atmosphere, with mean estimates ranging between 0.24 to 0.41 Pg Cyr(-1), whereas EDGARv4.3 suggested a net carbon sink of -0.17 Pg Cyr(-1). Three of 4 estimates suggest that LULCC carbon emissions declined by at least 34% in the preceding decade (1990-2000). Spread in the estimates is due to the inclusion of different flux components and their treatments, showing the importance to include emissions from carbon rich peatlands and land management, such as shifting cultivation and wood harvesting, which appear to be consistently underreported.

    DOI: 10.1088/1748-9326/11/7/074011

    Web of Science

  10. The Effect of GOSAT Observations on Estimates of Net CO<sub>2</sub> Flux in Semi-Arid Regions of the Southern Hemisphere 査読有り

    Kondo Masayuki, Saeki Tazu, Takagi Hiroshi, Ichii Kazuhito, Ishijima Kentaro

    SOLA   12 巻 ( 0 ) 頁: 181 - 186   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本気象学会  

    <p>Greenhouse gases Observing SATellite (GOSAT) is the operational satellite dedicated to atmospheric CO<sub>2</sub> observations. Assimilation of data provided by GOSAT is expected to yield reliable CO<sub>2</sub> fluxes in semi-arid regions because of frequent observations owing to clear skies. Here we estimated net CO<sub>2</sub> flux over semi-arid regions of the Southern Hemisphere using the GOSAT column averaged CO<sub>2</sub> (X<sub>CO2</sub>) and surface CO<sub>2</sub> measurements. Assimilation of GOSAT X<sub>CO2</sub> indicated that semi-arid regions are integral components of recent terrestrial CO<sub>2</sub> uptake, accounting for 44% globally. Compared with estimates assimilated from surface measurements, estimates by GOSAT X<sub>CO2</sub> suggest a 50% reduction in the semi-arid CO<sub>2</sub> uptake, amounting to 1.1 Pg C yr<sup>−1</sup>. Significant estimation differences occurred for South America and South Africa, where the GOSAT makes frequent measurements but where surface CO<sub>2</sub> measurements are limited. In comparison, the two estimates varied less in Australia, where more surface measurements are available. These results suggest that GOSAT X<sub>CO2</sub> is effective at regulating excess estimates of semi-arid CO<sub>2</sub> uptake in regions that are less constrained by surface CO<sub>2</sub> measurements. To promote understanding of climate change effects in semi-arid regions, it is important to continue monitoring trends in CO<sub>2</sub> uptake with GOSAT.</p>

    DOI: 10.2151/sola.2016-037

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  11. Satellite-based detection of evacuation-induced land cover changes following the Fukushima Daiichi nuclear disaster 査読有り

    Sekizawa Ryo, Ichii Kazuhito, Kondo Masayuki

    REMOTE SENSING LETTERS   6 巻 ( 11 ) 頁: 824 - 833   2015年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/2150704X.2015.1076207

    Web of Science

  12. Comparison of the data-driven top-down and bottom-up global terrestrial CO<inf>2</inf> exchanges: GOSAT CO<inf>2</inf> inversion and empirical eddy flux upscaling 査読有り

    Kondo M.

    Journal of Geophysical Research: Biogeosciences   120 巻 ( 7 ) 頁: 1226 - 1245   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Geophysical Research: Biogeosciences  

    DOI: 10.1002/2014JG002866

    Web of Science

    Scopus

  13. Impact of anomalous climates on carbon allocation to biomass production of leaves, woody components, and fine roots in a cool-temperate deciduous forest 査読有り

    Kondo Masayuki, Ichii Kazuhito, Ueyama Masahito

    AGRICULTURAL AND FOREST METEOROLOGY   201 巻   頁: 38 - 50   2015年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.agrformet.2014.11.005

    Web of Science

  14. Recent Changes in Terrestrial Gross Primary Productivity in Asia from 1982 to 2011 査読有り

    Kazuhito Ichii, Masayuki Kondo, Yuki Okabe, Masahito Ueyama, Hideki Kobayashi, Seung-Jae Lee, Nobuko Saigusa, Zaichun Zhu, Ranga B. Myneni

    REMOTE SENSING   5 巻 ( 11 ) 頁: 6043 - 6062   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Past changes in gross primary productivity (GPP) were assessed using historical satellite observations based on the Normalized Difference Vegetation Index (NDVI) from the Advanced Very High Resolution Radiometer (AVHRR) onboard the National Oceanic and Atmospheric Administration (NOAA) satellite series and four terrestrial biosphere models to identify the trends and driving mechanisms related to GPP and NDVI in Asia. A satellite-based time-series data analysis showed that approximately 40% of the area has experienced a significant increase in the NDVI, while only a few areas have experienced a significant decreasing trend over the last 30 years. The increases in the NDVI are dominant in the sub-continental regions of Siberia, East Asia, and India. Simulations using the terrestrial biosphere models also showed significant increases in GPP, similar to the results for the NDVI, in boreal and temperate regions. A modeled sensitivity analysis showed that the increases in GPP are explained by increased temperature and precipitation in Siberia. Precipitation, solar radiation and CO2 fertilization are important factors in the tropical regions. However, the relative contributions of each factor to GPP changes are different among the models.

    DOI: 10.3390/rs5116043

    Web of Science

  15. The role of carbon flux and biometric observations in constraining a terrestrial ecosystem model: a case study in disturbed forests in East Asia

    Kondo Masayuki, Ichii Kazuhito, Ueyama Masahito, Mizoguchi Yasuko, Hirata Ryuichi, Saigusa Nobuko

    ECOLOGICAL RESEARCH   28 巻 ( 5 ) 頁: 893 - 905   2013年9月

  16. Site-level model-data synthesis of terrestrial carbon fluxes in the CarboEastAsia eddy-covariance observation network: toward future modeling efforts 査読有り

    Kazuhito Ichii, Masayuki Kondo, Young-Hee Lee, Shao-Qiang Wang, Joon Kim, Masahito Ueyama, Hee-Jeong Lim, Hao Shi, Takashi Suzuki, Akihiko Ito, Hyojung Kwon, Weimin Ju, Mei Huang, Takahiro Sasai, Jun Asanuma, Shijie Han, Takashi Hirano, Ryuichi Hirata, Tomomichi Kato, Sheng-Gong Li, Ying-Nian Li, Takahisa Maeda, Akira Miyata, Yojiro Matsuura, Shohei Murayama, Yuichiro Nakai, Takeshi Ohta, Taku M. Saitoh, Nobuko Saigusa, Kentaro Takagi, Yan-Hong Tang, Hui-Min Wang, Gui-Rui Yu, Yi-Ping Zhang, Feng-Hua Zhao

    JOURNAL OF FOREST RESEARCH   18 巻 ( 1 ) 頁: 13 - 20   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    Based on the model-data comparison at the eddy-covariance observation sites from CarboEastAsia datasets, we report the current status of the terrestrial carbon cycle modeling in monsoon Asia. In order to assess the modeling performance and discuss future requirements for both modeling and observation efforts in Asia, we ran eight terrestrial biosphere models at 24 sites from 1901 to 2010. By analyzing the modeled carbon fluxes against the CarboEastAsia datasets, the strengths and weaknesses of terrestrial biosphere modeling over Asia were evaluated. In terms of pattern and magnitude, the carbon fluxes (i.e., gross primary productivity, ecosystem respiration, and net ecosystem exchange) at the temperate and boreal forest sites were simulated best, whereas the simulation results from the tropical forest, cropland, and disturbed sites were poor. The multi-model ensemble mean values showed lower root mean square errors and higher correlations, suggesting that composition of multiple terrestrial biosphere models would be preferable for terrestrial carbon budget assessments in Asia. These results indicate that the current model-based estimation of terrestrial carbon budget has large uncertainties, and future research should further refine the models to permit re-evaluation of the terrestrial carbon budget.

    DOI: 10.1007/s10310-012-0367-9

    Web of Science

  17. 季節凍土上の半乾燥草原における陸面過程モデルによる水文過程の再現性

    宮崎 真, 萬 和明, 浅沼 順, 近藤 雅征, 斉藤 和之

    日本地理学会発表要旨集   2013 巻 ( 0 )   2013年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本地理学会  

    1.&nbsp; はじめに<br> 気候変動予測に用いられる地球システムモデル(ESM)において、陸面での熱・水・物質の交換を含む水文気象過程を計算するためのモジュールが陸面過程モデル(LSM; Land surface process model)である。LSMの性能向上はESMの予測精度向上において重要な要素の一つである。季節凍土上の半乾燥域草原におけるLSMによる水文過程の再現性についての研究は少ない。本研究は季節凍土上の半乾燥草原における土壌水分、蒸発散量等の水文過程において重要な要素についてLSMによる再現性を明らかにして、算出精度向上に必要な知見を得る事を目的とする。<br><br>2.&nbsp; 使用したモデルとデータ<br> &nbsp;使用したLSMはESMのMIROC5(Watanabe et al., 2010, JC)に組み込まれているMATSIRO(Takata et al., 2003, GPC)である。このモデルは、地表面付近の大気の熱・運動量・水の輸送、植物群落内の放射過程と植生による降水の遮断と蒸発、光合成過程、簡易型トップモデルによる水文流出過程、積雪(最大3層)・凍土(土壌水の相変化)の過程、土壌中の熱・水輸送過程(最大6-12層)が組み込まれている。<br> 本研究では陸面過程モデルにADMIP(アジア乾燥地における陸面モデル相互比較プロジェクト)による水文気象観測データを入力した。実験を行った場所は中国の半乾燥草原ではCEOP(地球エネルギー・水循環統合観測プロジェクト)によって行われた中国東北部のTongyu(北緯44.416&deg;, 東経122.867&deg;、標高:184m)ならびにRAISE(北東アジア植生変遷域の水循環と生物・大気圏の相互作用の解明)によるモンゴル東部の草原Kherlen Bayan Ulaan(KBU:北緯47.2127&deg;, 東経108.7424&deg;、標高:1235 m)である。データの期間はTongyuでは1981年1月から2005年12月、KBUは1981年1月から2009年11月である。その際、土壌の水理特性パラメータについて、グローバルなデータセットで用いられているパラメータを用いた実験(CTLラン)と現地観測を基にしたパラメータを用いた実験(OBSラン)の2つの実験を行った。葉面積指数は、Terra/MODISにより算出され、現地の観測値により補正した2003年から2011年までのLAIの平均値を用いた。LSMの検証用データとしては、TongyuおよびKBUおける地温・土壌水分・地表面熱収支のそれぞれ2002年10月~2004年12月および2002年11月~2007年4月)のデータを用いた。<br><br>3.&nbsp; 結果<br> &nbsp;OBSランの方がCTLランに比べて全ての要素において再現性が向上した。両ランともに地温、正味放射量(Rn)と潜熱フラックス(LE)のモデルによる観測値の再現性は高かった。しかし、土壌水分量(SWC)については、再現性が悪く、特に冬季の凍結時については、モデルの方が観測に比べてかなり高い値を示していた。これについては、モデルの性能だけでなく、観測ではSWCについて液体水分量のみ測定可能でモデルには含まれる凍結水分量を計測できないという観測方法の問題とも関連があると考えられる。<br> 現地は季節凍土域に属しており、土壌の凍結融解が水文過程の再現性に大きな影響を及ぼすと考えられる。土壌が凍結した際に凍結した氷は液体水より大きな熱伝導率と小さな熱容量をもつので、そこを考慮したMATSIROに凍土過程を組み込んだモデル(Saito, 2008, JGR)による実験を行ったところ、表層土壌水分の再現性は向上したが、冬季の凍結時にモデルの方が高い値を示す傾向は変わらなかった。今後、土壌パラメータの最適化等を行い、再現性向上に必要な要素についてさらに検討する必要がある。

    DOI: 10.14866/ajg.2013a.0_100133

    CiNii Article

  18. 半乾燥草原における陸面過程モデルによる水文過程の再現性 招待有り 査読有り

    宮崎 真, 萬 和明, 浅沼 順, 近藤 雅征

    水文・水資源学会研究発表会要旨集     2012年12月

  19. AsiaFlux Workshop 2010–New Challenges of Fluxnet Community to Resilient Carbon/Water Management-の報告 招待有り

    奥村智憲, 安宅未央, 近藤雅征, 望月智貴, 吉村謙一, 見竹康啓

    生物と気象   11 巻   頁: D1 - D6   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  20. 環境総合推進費の研究(14) 温室効果ガス観測衛星「いぶき」により推定された陸域二酸化炭素吸収量を陸域炭素循環モデル改善に利用する 環境研究総合推進費RF-1007 「GOSAT衛星データを用いた陸域生物圏モデル改善とダウンスケーリング」 招待有り

    市井和仁, 近藤雅征, 佐々井崇博, 植山雅仁

    地球環境研究センターニュース     頁: 8 - 10   2011年1月

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 地球規模の観測データに基づく森林環境の変化の把握

    近藤 雅征( 担当: 共著 ,  範囲: 将来気候下での世界の森林環境, 第7章)

    共立出版株式会社  2019年12月 

MISC 37

  1. Ocean uptake and land use change emissions suppressed atmospheric CO<sub>2</sub> growth in the 2015/16 El Nino

    KONDO Masayuki, LANDSCHUETZER Peter, IIDA Yousuke, HOUGHTON Richard, SITCH Stephen  

    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)2019 巻   頁: ROMBUNNO.ACG32‐06 (WEB ONLY)   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

  2. Carbon balance shifts controlled by land use change and ENSO in Southeast Asia

    KONDO Masayuki, ICHII Kazuhito, ICHII Kazuhito, PATRA Prabir K, CANADELL Joseph G, POULTER Benjamin, CALLE Leonardo, SITCH Stephen, SAEKI Tazu, SAIGUSA Nobuko  

    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)2018 巻   頁: ROMBUNNO.ACG35‐P03 (WEB ONLY)   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

  3. The role of plant regrowth in recent enhancement of terrestrial carbon uptake

    KONDO Masayuki, ICHII Kazuhito, ICHII Kazuhito, PATRA Prabir K, POULTER Benjamin, POULTER Benjamin, CALLE Leonardo  

    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)2018 巻   頁: ROMBUNNO.ACG35‐02 (WEB ONLY)   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

  4. Evaluating Terrestrial Components by Earth System Models and Offline Terrestrial Models Using Observation‐based Products

    ICHII Kazuhito, ICHII Kazuhito, ICHII Kazuhito, TAKAYAMA Hiroaki, HAJIMA Tomohiro, KONDO Masayuki, PATRA Prabir, TACHIIRI Kaoru  

    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)2018 巻   頁: ROMBUNNO.ACG35‐03 (WEB ONLY)   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

  5. 機械学習を用いた地上観測·衛星観測データの統合による広域陸域熱·水·炭素フラックスの推定

    市井 和仁, 渡辺 裕之, 谷口 弘智, 植山 雅仁, 近藤 雅征  

    日本リモートセンシング学会誌38 巻 ( 2 ) 頁: 114 - 120   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本リモートセンシング学会  

    &lt;p&gt;Using the machine learning technique with the wider availability of various observation data, the integration of ground observation data and satellite observation data has been advancing. In recent years, these techniques were applied to studies of terrestrial energy, water, and carbon cycles to estimate their spatial and temporal variations by upscaling. In this article, we provide an overview of the upscaling technique using machine learning and discuss potential applications of the dataset to terrestrial biosphere studies.&lt;/p&gt;

    CiNii Article

  6. エルニーニョ南方振動に対応した近年の陸域CO<sub>2</sub>吸収・排出傾向:地上・衛星観測に基づいた異なるプロダクトの相互比較

    近藤雅征, 高木宏志, 市井和仁, 佐伯田鶴  

    日本気象学会大会講演予稿集 ( 112 ) 頁: 244   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  7. FLUXCOM remote sensing data based CO<sub>2</sub> flux products: overview and synthesis

    ICHII Kazuhito, ICHII Kazuhito, JUNG Martin, TRAMONTANA Gianluca, CAMPS‐VALLS Gustau, SCHWALM Christopher R, KONDO Masayuki, PAPALE Dario, REICHSTEIN Markus, WEBER Ulrich, YANAGI Yuji  

    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)2017 巻   頁: ROMBUNNO.AAS04‐17 (WEB ONLY)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

  8. データ駆動型モデルで推定された陸域CO<sub>2</sub>収支の変動把握

    市井和仁, 市井和仁, 植山雅仁, 近藤雅征, 柳裕二, 三枝信子  

    日本気象学会大会講演予稿集 ( 110 ) 頁: 227   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  9. Sources and Sinks of Carbon Dioxide in Populous Asia

    PATRA Prabir K, CANADELL Josep G, THOMPSON Rona L, KONDO Masayuki, POULTER Benjamin  

    APN Science Bulletin ( 6 ) 頁: 4‐7   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

  10. Current state of terrestrial CO<sub>2</sub> exchange estimations: progresses and remaining issues

    KONDO Masayuki, ICHII Kazuhito, PATRA Prabir, SAEKI Tazu  

    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)2016 巻   頁: ROMBUNNO.ACG09‐08 (WEB ONLY)   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

  11. Synthesis of top‐down and bottom‐up estimations of terrestrial CO<sub>2</sub> budget in Asia

    ICHII Kazuhito, ICHII Kazuhito, KONDO Masayuki, PATRA Prabir, SAEKI Tazu, MAKI Takashi, NAKAMURA Takashi, NIWA Yosuke, UEYAMA Masahito, HAYASHI Masato, BORJIGIN Habura, YANAGI Yuji, SAIGUSA Nobuko  

    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)2016 巻   頁: ROMBUNNO.AAS01‐P11 (WEB ONLY)   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

  12. Data‐driven synthesis on terrestrial CO<sub>2</sub> budget changes in Asia

    ICHII Kazuhito, ICHII Kazuhito, PATRA Prabir, UEYAMA Masahito, KONDO Masayuki, SAIGUSA Nobuko  

    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)2016 巻   頁: ROMBUNNO.AAS01‐11 (WEB ONLY)   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

  13. Current status of data‐driven estimation of terrestrial carbon and energy fluxes using eddy‐covariance network and remote sensing data

    ICHII Kazuhito, ICHII Kazuhito, KONDO Masayuki, UEYAMA Masahito  

    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)2016 巻   頁: ROMBUNNO.ACG22‐14 (WEB ONLY)   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

  14. RECENT CHANGES IN TERRESTRIAL CO2 FLUXES IN SIBERIA INFERRED FROM MULTIPLE BOTTOM‐UP ESTIMATIONS

    ICHII Kazuhito, UEYAMA Masahito, KONDO Masayuki, ITO Akihiko, KATO Tomomichi, SATO Hisashi, SASAI Takahiro, KOBAYASHI Hideki, YANAGI Yuji, SAIGUSA Nobuko  

    Abstract. International Symposium on the Arctic Research (Web)4th 巻   頁: A06‐O15 (WEB ONLY)   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

  15. GOSAT L4Aプロダクトと種々のボトムアップ手法の陸域炭素フラックスの比較

    近藤雅征, 市井和仁, 植山雅仁  

    日本気象学会大会講演予稿集 ( 106 ) 頁: 163   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  16. 陸域炭素循環モデルと衛星観測データの融合実験

    市井和仁, 近藤雅征  

    国立環境研究所スーパーコンピュータ利用研究年報 平成25年度   頁: 39 - 44   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  17. C168 GOSAT L4Aプロダクトと種々のボトムアップ手法の陸域炭素フラックスの比較(温室効果ガス観測技術衛星GOSAT「いぶき」の研究成果と今後,スペシャル・セッション)

    市井 和仁, 近藤 雅征, 植山 雅仁  

    大会講演予講集106 巻   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本気象学会  

    CiNii Article

  18. 季節凍土上の半乾燥草原における陸面過程モデルによる水文過程の再現性

    宮崎真, 萬和明, 浅沼順, 近藤雅征, 斉藤和之  

    日本地理学会発表要旨集2013 巻 ( 84 ) 頁: 112   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本地理学会  

    1.&amp;nbsp; はじめに&lt;br&gt; 気候変動予測に用いられる地球システムモデル(ESM)において、陸面での熱・水・物質の交換を含む水文気象過程を計算するためのモジュールが陸面過程モデル(LSM; Land surface process model)である。LSMの性能向上はESMの予測精度向上において重要な要素の一つである。季節凍土上の半乾燥域草原におけるLSMによる水文過程の再現性についての研究は少ない。本研究は季節凍土上の半乾燥草原における土壌水分、蒸発散量等の水文過程において重要な要素についてLSMによる再現性を明らかにして、算出精度向上に必要な知見を得る事を目的とする。&lt;br&gt;&lt;br&gt;2.&amp;nbsp; 使用したモデルとデータ&lt;br&gt; &amp;nbsp;使用したLSMはESMのMIROC5(Watanabe et al., 2010, JC)に組み込まれているMATSIRO(Takata et al., 2003, GPC)である。このモデルは、地表面付近の大気の熱・運動量・水の輸送、植物群落内の放射過程と植生による降水の遮断と蒸発、光合成過程、簡易型トップモデルによる水文流出過程、積雪(最大3層)・凍土(土壌水の相変化)の過程、土壌中の熱・水輸送過程(最大6-12層)が組み込まれている。&lt;br&gt; 本研究では陸面過程モデルにADMIP(アジア乾燥地における陸面モデル相互比較プロジェクト)による水文気象観測データを入力した。実験を行った場所は中国の半乾燥草原ではCEOP(地球エネルギー・水循環統合観測プロジェクト)によって行われた中国東北部のTongyu(北緯44.416&amp;deg;, 東経122.867&amp;deg;、標高:184m)ならびにRAISE(北東アジア植生変遷域の水循環と生物・大気圏の相互作用の解明)によるモンゴル東部の草原Kherlen Bayan Ulaan(KBU:北緯47.2127&amp;deg;, 東経108.7424&amp;deg;、標高:1235 m)である。データの期間はTongyuでは1981年1月から2005年12月、KBUは1981年1月から2009年11月である。その際、土壌の水理特性パラメータについて、グローバルなデータセットで用いられているパラメータを用いた実験(CTLラン)と現地観測を基にしたパラメータを用いた実験(OBSラン)の2つの実験を行った。葉面積指数は、Terra/MODISにより算出され、現地の観測値により補正した2003年から2011年までのLAIの平均値を用いた。LSMの検証用データとしては、TongyuおよびKBUおける地温・土壌水分・地表面熱収支のそれぞれ2002年10月~2004年12月および2002年11月~2007年4月)のデータを用いた。&lt;br&gt;&lt;br&gt;3.&amp;nbsp; 結果&lt;br&gt; &amp;nbsp;OBSランの方がCTLランに比べて全ての要素において再現性が向上した。両ランともに地温、正味放射量(Rn)と潜熱フラックス(LE)のモデルによる観測値の再現性は高かった。しかし、土壌水分量(SWC)については、再現性が悪く、特に冬季の凍結時については、モデルの方が観測に比べてかなり高い値を示していた。これについては、モデルの性能だけでなく、観測ではSWCについて液体水分量のみ測定可能でモデルには含まれる凍結水分量を計測できないという観測方法の問題とも関連があると考えられる。&lt;br&gt; 現地は季節凍土域に属しており、土壌の凍結融解が水文過程の再現性に大きな影響を及ぼすと考えられる。土壌が凍結した際に凍結した氷は液体水より大きな熱伝導率と小さな熱容量をもつので、そこを考慮したMATSIROに凍土過程を組み込んだモデル(Saito, 2008, JGR)による実験を行ったところ、表層土壌水分の再現性は向上したが、冬季の凍結時にモデルの方が高い値を示す傾向は変わらなかった。今後、土壌パラメータの最適化等を行い、再現性向上に必要な要素についてさらに検討する必要がある。

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  19. The role of carbon flux and biometric observations in constraining a terrestrial ecosystem model: a case study in disturbed forests in East Asia

    Masayuki Kondo, Kazuhito Ichii, Masahito Ueyama, Yasuko Mizoguchi, Ryuichi Hirata, Nobuko Saigusa  

    ECOLOGICAL RESEARCH28 巻 ( 5 ) 頁: 893 - 905   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER JAPAN KK  

    The process of confining unnecessary freedom is a step toward advanced ecosystem modeling. This study demonstrates the importance of carbon flux and biometric observation in constraining a terrestrial ecosystem model with a simple optimization scheme. At the selected sites from AsiaFlux network, a simultaneous optimization scheme for both carbon flux and biomass was compared with carbon flux-oriented and biomass-oriented optimization schemes using the Biome-BGC model. The optimization scheme oriented to either carbon flux or biomass provided simulation results that were consistent with observations, but with reduced performance in unconstrained variables. The simultaneous optimization scheme yielded results that were consistent with observations for both carbon flux and biomass. By comparing long-term projections simulated by three schemes, it was found that the optimization oriented only to carbon flux has limited performance because misrepresented biomass significantly affected a projection of carbon exchange through heterotrophic respiration. From these experiments, we found that (1) a process model like Biome-BGC is capable of reproducing both carbon flux and biomass within acceptable proximity, (2) constraining biomass is importance not just because it is one of carbon cycle components, but also it significantly affects simulations of carbon flux. Thus, it is important to invest more effort to improve simulation of biomass as well as carbon flux.

    DOI: 10.1007/s11284-013-1072-7

    Web of Science

    J-GLOBAL

  20. 環境研究総合推進費の研究紹介(14)温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」により推定された陸域二酸化炭素吸収量を陸域炭素循環モデル改善に利用する 環境研究総合推進費RF‐1007「GOSAT衛星データを用いた陸域生物圏モデルの改善とダウンスケーリング」

    市井和仁, 近藤雅征, 佐々井崇博, 植山雅仁  

    地球環境研究センターニュース(Web)24 巻 ( 1 ) 頁: 8-10 (WEB ONLY)   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  21. 福島第一原発事故後の福島県における植生の変化

    関澤諒, 市井和仁, 近藤雅征  

    生研フォーラム 広域の環境・災害リスク情報の収集と利用フォーラム論文集22nd 巻   頁: 45 - 48   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  22. SATELLITE‐BASED VEGETATION CHANGES IN FUKUSHIMA PREFECTURE AFTER FUKUSHIMA DAIICHI NUCLEAR DISASTER

    SEKIZAWA Ryo, ICHII Kazuhito, KONDO Masayuki  

    日本リモートセンシング学会学術講演会論文集54th 巻   頁: 95 - 98   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

  23. GOSATL4Aプロダクトを利用した全球生態系呼吸量の算出

    近藤雅征, 市井和仁  

    日本気象学会大会講演予稿集 ( 102 ) 頁: 363   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  24. 半乾燥草原における水文過程の陸面過程モデルと観測値の比較検証

    宮崎真, 萬和明, 浅沼順, 近藤雅征  

    日本地理学会発表要旨集2012 巻 ( 82 ) 頁: 155   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本地理学会  

    1.はじめに &lt;BR&gt;気候変動予測に用いられる地球システム統合モデルにおいて、陸面での熱・水・物質の交換を含む水文気象過程を計算するためのモジュールが陸面過程モデル(LSM; Land surface process model)である。本研究では土壌水分、蒸発散量等の水文気象観測データとLSMの計算結果の比較検証を半乾燥域の中国とモンゴルの草原において行い、LSMによる水文過程の再現性を確認して、算出精度向上に必要な知見を得る事を目的とする。&lt;BR&gt;2.使用したとデータ&lt;BR&gt;使用したLSMはIPCC第5次評価報告書(AR5)に向けた研究用に東大AORI/国立環境研/JAMSTECが共同開発したMIROC5(Watanabe et al., 2010)に組み込まれているMATSIRO(Takata et al., 2003)である。中国の半乾燥草原ではCEOP(地球エネルギー・水循環統合観測プロジェクト)による中国東北部のTongyu(44.416 N, 122.867 E、標高:184m)における地温・土壌水分・地表面熱収支をLSMの検証用データ(2002年10月~2004年12月)として用いた。モンゴルの半乾燥草原ではRAISE(北東アジア植生変遷域の水循環と生物・大気圏の相互作用の解明)によるモンゴル東部の草原Kherlen Bayan Ulaan(KBU:47.2127 N, 108.7424 E、標高:1235 m)におけるデータを検証用データ(2002年11月~2007年4月)として用いた。&lt;BR&gt;3.結果&lt;BR&gt; 地温の再現性は高かった。凍結時期はモデルと観測の変化傾向はほぼ同じであったが、融解時期(2~3月)にはモデルの方が観測よりも地温が高く融解が早く進んでいた。より深い層の地温でも同様の傾向が見られた。正味放射量は、モデルの方が地温の上昇が早い春先の時期(2~3月)、モデルの方が観測より低くなっていた。上向き長波放射量について、モデルと観測を比較すると春先の融解時にはモデルの方が観測より高くなっていた。従って、正味放射量が春先にモデルの方が低くなったのは、地表面温度がモデルの方が高く、上向き長波放射量が高くなったためであると考えられる。土壌水分量については、再現性が悪く、特に冬季の凍結時については、モデルの方が観測に比べてかなり高い値を示していた。MATSIROでは、土壌の凍結・融解に伴う熱伝導率や透水係数の変化も考慮に入れている。潜熱フラックスは比較的再現性が高かったが、顕熱フラックスは再現性が低かった。観測値とモデル出力の違いの要因については、今後、土壌の物理係数や水理パラメータについて検討する必要があると考えられる。また、ADMIPプロジェクトの一環で他のLSMとの相互比較を行う予定で、それを通じて本研究で用いたモデルの特性や位置づけを明らかにして、再現性向上に必要な知見として活用の可能性がある。

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  25. 2000年~2010年におけるアジアの異常気象と陸域炭素循環の関係

    畠山早也夏, 近藤雅征, 市井和仁  

    日本気象学会大会講演予稿集 ( 101 ) 頁: 253   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  26. GOSAT衛星プロダクトを用いた陸域炭素循環モデルの改善に向けて

    近藤雅征, 市井和仁  

    日本気象学会大会講演予稿集 ( 101 ) 頁: 460   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  27. A358 GOSATL4Aプロダクトを利用した全球生態系呼吸量の算出(物質循環,口頭発表)

    近藤 雅征, 市井 和仁  

    大会講演予講集102 巻   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本気象学会  

    CiNii Article

  28. P227 2000年~2010年におけるアジアの異常気象と陸域炭素循環の関係(ポスター・セッション)

    畠山 早也夏, 近藤 雅征, 市井 和仁  

    大会講演予講集101 巻   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本気象学会  

    CiNii Article

  29. C411 GOSAT衛星プロダクトを用いた陸域炭素循環モデルの改善に向けて(観測手法,一般口頭発表)

    近藤 雅征, 市井 和仁  

    大会講演予講集101 巻   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本気象学会  

    CiNii Article

  30. 半乾燥草原における陸面過程モデルによる水文過程の再現性

    宮崎 真, 萬 和明, 浅沼 順, 近藤 雅征  

    研究発表会要旨集25 巻 ( 0 )   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:水文・水資源学会  

    本研究では土壌水分、蒸発散量等の水文気象観測データと陸面過程モデル(LSM)の計算結果の比較検証を半乾燥域の中国とモンゴルの草原において行い、LSMによる水文過程の再現性を確認して、算出精度向上に必要な知見を得る事を目的とする。使用したLSMはIPCC第5次評価報告書(AR5)に向けた研究用に東大AORI/国立環境研/JAMSTECが共同開発したMIROC5に組み込まれているMATSIROである。中国とモンゴルの草原では、ともに地温の再現性は高かった。凍結時期はモデルと観測の変化傾向はほぼ同じであったが、融解時期(2~3月)にはモデルの方が観測よりも地温が高く融解が早く進んでいた。より深い層の地温でも同様の傾向が見られた。正味放射量は、モデルの方が地温の上昇が早い春先の時期(2~3月)、モデルの方が観測より低くなっていた。上向き長波放射量について、モデルと観測を比較すると春先の融解時にはモデルの方が観測より高くなっていた。従って、正味放射量が春先にモデルの方が低くなったのは、地表面温度がモデルの方が高く、上向き長波放射量が高くなったためであると考えられる。土壌水分量については、Tongyu、KBUともに再現性が悪く、特に冬季の凍結時については、モデルの方が観測に比べてかなり高い値を示していた。MATSIROでは、土壌の凍結・融解に伴う熱伝導率や透水係数の変化も考慮に入れている。モデルの計算上でTongyuでは第1層(深さ0-0.05m)は11月末から1月末まで、KBUでは11月初旬から1月末まで土壌水分の全てが凍結しており、第2層(深さ0.05-0.25m)以下第4層(深さ1-2.0m)までは時期がずれていたが、凍結が見られた。土壌水分は暖候期には、モデルの方が観測値より高い値となっていた。観測値とモデル出力の違いの要因については、今後、土壌の物理係数や水理パラメータについて検討する必要があると考えられる。潜熱フラックス(LE)は、モデルと観測の間で比較的良い一致をしているが、前述の冬季における土壌凍結時にモデルではLEが0になっている期間においても、観測値は10W/㎡程度の値となっていた。一方、顕熱フラックスは、モデルと観測値の間の違いが非常に大きく、暖候期には、モデル出力は観測値の2倍程度となっていた。今後、この原因について、土壌水分や熱収支に関連するパラメータなどを含めて検討して、明らかにする必要がある。また、アジア乾燥地における陸面モデル比較(ADMIP)プロジェクトの一環で他のLSMとの相互比較を行う予定である。

    CiNii Article

  31. 大気逆解析モデルによる陸域CO<sub>2</sub>収支推定を利用した陸域炭素循環モデル改善への試み

    市井和仁, 近藤雅征, 佐々井崇博, 植山雅仁  

    日本気象学会大会講演予稿集 ( 100 ) 頁: 191   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  32. GOSAT L4Aプロダクトを利用した陸域炭素循環モデルの改善

    市井和仁, 近藤雅征, 佐々井崇博, 植山雅仁  

    日本リモートセンシング学会学術講演会論文集50th 巻   頁: 241 - 242   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  33. B371 大気逆解析モデルによる陸域CO_2収支推定を利用した陸域炭素循環モデル改善への試み(スペシャル・セッション「大気中の二酸化炭素観測手法の新たな展開とそのデータ利用」,一般口頭発表)

    市井 和仁, 近藤 雅征, 佐々井 崇博, 植山 雅仁  

    大会講演予講集100 巻   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本気象学会  

    CiNii Article

  34. Establishment of the Acceptable Parameter Range of Chlorophyll Photointeractions for Terrestrial Ecosystem Model

    KONDO Masayuki, ICHII Kazuhito  

    日本気象学会大会講演予稿集 ( 98 ) 頁: 337   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

  35. アジア域における陸域生態系モデル相互比較:初期解析結果

    市井和仁, 近藤雅征, 鈴木孝, 高橋一穂, 高橋純一, 伊藤昭彦, 佐々井崇博, 植山雅仁, 平田竜一, 三枝信子  

    日本気象学会大会講演予稿集 ( 98 ) 頁: 502   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  36. P366 アジア域における陸域生態系モデル相互比較 : 初期解析結果(ポスター・セッション)

    市井 和仁, 近藤 雅征, 鈴木 孝, 高橋 一穂, 高橋 純一, 伊藤 昭彦, 佐々井 崇博, 植山 雅仁, 平田 竜一, 三枝 信子  

    大会講演予講集98 巻   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本気象学会  

    CiNii Article

  37. D368 Establishment of the Acceptable Parameter Range of Chlorophyll Photointeractions for Terrestrial Ecosystem Model :

    近藤 雅征, Ichii Kazuhito  

    大会講演予講集98 巻   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本気象学会  

    CiNii Article

▼全件表示

講演・口頭発表等 3

  1. Global and regional CO2 budget comparison between top-down and bottom-up approaches 招待有り 国際会議

    近藤 雅征

    American Geophysical Union Fall (AGU) Meeting 2018  2018年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

  2. the role of CO2 release and uptake induced by land use changes in recent terrestrial carbon balance 招待有り 国際会議

    近藤 雅征

    Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 16th Annual Meeting  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

  3. The effect of land use changes on current terrestrial carbon cycle 招待有り 国際会議

    近藤 雅征

    the 3rd international Conference of Climate Change 2019  2019年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

その他研究活動 36

  1. メディア報道

    2019年12月

     詳細を見る

    環境情報メディア 環境展望台「千葉大など、「陸域CO2収支量」推定手法間のばらつきを解消」

  2. メディア報道

    2019年12月

     詳細を見る

    Physics.org「Estimates of ecosystem carbon mitigation improved towards the goal of the Paris agreement」

  3. メディア報道

    2019年12月

     詳細を見る

    Agenparl「Estimates of ecosystem carbon mitigation improved towards the goal of the Paris agreement」

  4. メディア報道

    2019年12月

     詳細を見る

    Pharma Jobs「Estimates of ecosystem carbon mitigation improved towards the goal of the Paris agreement」

  5. メディア報道

    2019年12月

     詳細を見る

    Science Codec「Estimates of ecosystem carbon mitigation improved towards the goal of the Paris agreement」

  6. プレスリリース

    2019年12月

     詳細を見る

    CO2の放出と吸収のより正確な推定に成功~IPCC第5次評価報告書からの進展と第6次評価報告書に向けた課題~:Kondo et al., 2019 Global Change Biologyに基づく発表(記者レク発表代表:近藤雅征)、2019年12月12日、環境省記者クラブにて報道発表(千葉大学、海洋研究開発機構、国立環境研究所、気象研究所の共同発表)

  7. メディア報道

    2019年12月

     詳細を見る

    電気新聞「千葉大などがCO2収支を精度よく推定する手法を整理」

  8. メディア報道

    2019年12月

     詳細を見る

    化学工業日報「千葉大などがCO2収支を精度良く推定する手法を整理」

  9. メディア報道

    2019年12月

     詳細を見る

    大学ジャーナルONLINE「CO2の放出と吸収、より正確に推定 千葉大など新手法」

  10. メディア報道

    2019年12月

     詳細を見る

    Bioengineer.org「Estimates of ecosystem carbon mitigation improved towards the goal of the Paris agreement」

  11. メディア報道

    2019年12月

     詳細を見る

    ScienceDaily「Estimates of ecosystem carbon mitigation improved towards the goal of the Paris agreement」

  12. メディア報道

    2019年12月

     詳細を見る

    Environmental News Network「Estimates of ecosystem carbon mitigation improved towards the goal of the Paris agreement」

  13. メディア報道

    2019年12月

     詳細を見る

    Live Science Tech「Estimates of ecosystem carbon mitigation improved towards the goal of the Paris agreement」

  14. メディア報道

    2019年12月

     詳細を見る

    Terra Daily (Australia)「Estimates of ecosystem carbon mitigation improved towards the goal of the Paris agreement」

  15. メディア報道

    2019年12月

     詳細を見る

    Eurasia Review「Estimates of ecosystem carbon mitigation improved towards the goal of the Paris agreement」

  16. メディア報道

    2019年12月

     詳細を見る

    Industry Global News24「Advancement in estimation of carbon removal by terrestrial ecosystems」

  17. メディア報道

    2019年12月

     詳細を見る

    One News Page「Estimates of ecosystem carbon mitigation improved towards the goal of the Paris agreement」

  18. メディア報道

    2019年12月

     詳細を見る

    Long Room.com「Estimates of ecosystem carbon mitigation improved towards the goal of the Paris agreement」

  19. メディア報道

    2019年12月

     詳細を見る

    SCIENMAG「Estimates of ecosystem carbon mitigation improved towards the goal of the Paris agreement」

  20. メディア報道

    2018年05月

     詳細を見る

    Climate Wire「EMISSIONS Abandoned farms are absorbing CO2」

  21. プレスリリース

    2018年05月

     詳細を見る

    2000年代の陸域CO2吸収量が過去100年間で最大!過去の大規模土地利用変化から回復した植生が原因の一つ~陸域生態系による大気CO2増加の緩和プロセスに新たな理解~:Kondo et al., 2018 Geophysical Research Lettersに基づく発表(記者レク発表代表:近藤雅征)、2018年5月16日、千葉大学工学部松陰会館にて報道発表(千葉大学、海洋研究開発機構の共同発表

  22. メディア報道

    2018年05月

     詳細を見る

    環境情報メディア 環境展望台「千葉大、2000年代における陸域CO2吸収量の変化要因を解明」

  23. メディア報道

    2018年05月

     詳細を見る

    日刊工業新聞「CO2吸収増加続く 60年代以降森林管理が奏功」

  24. メディア報道

    2018年05月

     詳細を見る

    日本経済新聞「陸上のCO2吸収最大に」

  25. メディア報道

    2018年04月

     詳細を見る

    中日新聞「地球温暖化を裏で操る」

  26. メディア報道

    2018年04月

     詳細を見る

    東京新聞「地球温暖化を裏で操る」

  27. メディア報道

    2018年03月

     詳細を見る

    時事通信、時事ドットコムニュース「強いエルニーニョで増加懸念=東南アジアCO2排出量」

  28. プレスリリース

    2018年03月

     詳細を見る

    気候の自然変動が大規模森林伐採による二酸化炭素の排出を相殺した現象を世界で初めて検出!~東南アジアの生態系によるCO2排出量が2000年代に減少した原因を解明、地球温暖化現象の理解に向けて新たな足掛かり~:Kondo et al., 2018 Nature Communicationsに基づく発表(記者レク発表代表:近藤雅征)、2018年3月20日、文部科学者会にて報道発表(千葉大学、海洋研究開発機構、国立環境研究所、気象研究所の共同発表)

  29. メディア報道

    2018年03月

     詳細を見る

    日本経済新聞「弱いエルニーニョ現象 東南アCO2排出抑制」

  30. メディア報道

    2018年03月

     詳細を見る

    日刊工業新聞「森林伐採によるCO2排出 気候変動で相殺」

  31. メディア報道

    2018年03月

     詳細を見る

    NHK NEWS WEB「気候の自然変動がCO2排出抑制 千葉大など調査」

  32. メディア報道

    2018年03月

     詳細を見る

    環境情報メディア 環境展望台「千葉大など、東南アジアの森林伐採等に由来するCO2排出とエルニーニョ現象の因果関係を解明」

  33. メディア報道

    2018年03月

     詳細を見る

    つくばサイエンスニュース「周期的自然変動がCO2排出に影響―森林伐採による増加抑制も」

  34. メディア報道

    2015年07月

     詳細を見る

    化学工業日報「陸域CO2吸収量、衛星・地上データから算出 中高緯度で整合性」

  35. プレスリリース

    2015年07月

     詳細を見る

    地上・衛星観測データが示す大気中二酸化炭素の行方~異なる2つの最新手法を相互的に評価~:Kondo et al., 2015 Journal of Geophysical Research-Biogeoscienceに基づく発表(記者レク発表代表:近藤雅征)、2015年7月16日、文部科学記者会にて報道発表(海洋研究開発機構、国立環境研究所の共同発表)

  36. メディア報道

    2015年07月

     詳細を見る

    日刊工業新聞「北半球での中高域のCO2 高確率で排出量推定」

▼全件表示

科研費 4

  1. グローバルスケールにおける林齢マップの作成に向けた手法の開発

    2019年04月 - 2021年03月

    科学研究費助成事業-基盤研究C(一般) 

    近藤 雅征

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. 機械学習を用いたアマゾン熱帯林におけるCO2吸収・排出傾向の理解に向けた研究

    2018年04月 - 2019年03月

    千葉大学学内研究推進事業 平成30年度研究費獲得促進プログラム 

    近藤 雅征

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  3. モデル―データ相互比較実験を通したアジア域の陸域炭素収支推定の不確実性低減

    2015年04月 - 2016年03月

    科学研究費助成事業-基盤研究B(一般) 

    市井 和仁

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. モデル-データ相互比較実験を通したアジア域の陸域炭素収支推定の不確実性低減

    研究課題/研究課題番号:25281003  2013年04月 - 2016年03月

    市井 和仁

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    AsiaFluxに代表される地上観測データと様々な衛星データと複数の陸域生態系モデルを用いて、モデル・データ相互比較実験を行うことで、アジア域における陸域炭素収支の変動を定量化し、その変動要因を解析した。まず、AsiaFluxデータ等のデータと衛星データを利用した経験モデルを構築し、アジア域のCO2フラックスを2000-2015年の期間で推定した。更に共通の実験設定下で複数の陸域炭素循環モデルを動作させ、様々なデータと比較した。シベリア域では経験モデルとのCO2収支推定結果と一貫性が高いことを示した。一方で、熱帯域についてはモデル間の違いや経験モデルとの違いが大きく、今後の課題として残された。