2022/04/12 更新

写真a

イトウ ミチコ
伊藤 美智子
ITOH Michiko
所属
環境医学研究所 ストレス受容・応答研究部門 特任准教授
職名
特任准教授

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2009年3月   東京医科歯科大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 非アルコール性脂肪性肝炎

  2. 肥満

  3. 慢性炎症

  4. メタボリックシンドローム

  5. マクロファージ

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 胎児医学、小児成育学

  2. ライフサイエンス / 実験病理学

  3. ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

経歴 3

  1. 名古屋大学環境医学研究所メタボ栄養科学寄附研究部門   特任准教授

    2021年4月 - 現在

  2. 神奈川県立産業技術総合研究所   「貼るだけ人工膵臓」プロジェクト   サブリーダー

    2019年4月 - 現在

  3. 東京医科歯科大学   大学院医歯学総合研究科 臓器代謝ネットワーク講座   特任准教授

    2018年4月 - 2019年3月

所属学協会 10

  1. 日本小児科学会

  2. 日本小児内分泌学会

  3. 日本内分泌学会

  4. 日本Cell death学会

  5. 日本炎症・再生医学会

  6. 日本肥満学会

  7. 日本糖尿病学会

  8. 日本糖尿病・肥満動物学会

  9. 日本生理学会

  10. 日本生化学会

▼全件表示

受賞 1

  1. 第41回日本肥満学会学術奨励賞

    2021年   日本肥満学会  

 

論文 7

  1. Boronic Acid Ligands Can Target Multiple Subpopulations of Pancreatic Cancer Stem Cells via pH-Dependent Glycan-Terminal Sialic Acid Recognition

    Miyazaki Takuya, Khan Thahomina, Tachihara Yoshihiro, Itoh Michiko, Miyazawa Taiki, Suganami Takayoshi, Miyahara Yuji, Cabral Horacio, Matsumoto Akira

    ACS APPLIED BIO MATERIALS   4 巻 ( 9 ) 頁: 6647 - 6651   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:ACS Applied Bio Materials  

    Eradication of cancer stem cells (CSCs) is an ultimate goal in cancer chemotherapy. Although a ligand-assisted targeting approach seems rational, the existence of subpopulations of CSCs and their discrimination from those present on healthy sites makes it a severe challenge. Some boronic acid (BA) derivatives are known for the ability to bind with glycan-terminal sialic acid (SA), in a manner dependent on the acidification found in hypoxic tumoral microenvironment. Taking advantage of this feature, here we show that the BA-ligand fluorescence conjugate can effectively target multiple CSC subpopulations in parallel, which otherwise must be independently aimed when using antibody-ligands.

    DOI: 10.1021/acsabm.1c00383

    Web of Science

    Scopus

  2. The sodium-glucose cotransporter-2 inhibitor Tofogliflozin prevents the progression of nonalcoholic steatohepatitis-associated liver tumors in a novel murine model

    Yoshioka Naoki, Tanaka Miyako, Ochi Kozue, Watanabe Akiko, Ono Kenji, Sawada Makoto, Ogi Tomoo, Itoh Michiko, Ito Ayaka, Shiraki Yukihiro, Enomoto Atsushi, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro, Ogawa Yoshihiro, Suganami Takayoshi

    BIOMEDICINE & PHARMACOTHERAPY   140 巻   頁: 111738   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Biomedicine and Pharmacotherapy  

    Background: Diabetes and obesity contribute to the pathogenesis of nonalcoholic steatohepatitis (NASH) and hepatocellular carcinoma (HCC). However, how diabetes and obesity accelerate liver tumorigenesis remains to be fully understood. Moreover, to verify the therapeutic potential of anti-diabetic drugs, there exists a strong need for appropriate animal models that recapitulate human pathophysiology of NASH and HCC. Methods: We established a novel murine model of NASH-associated liver tumors using genetically obese melanocortin 4 receptor-deficient mice fed on Western diet in combination with a chemical procarcinogen, and verified the validity of our model in evaluating drug efficacy. Findings: Our model developed multiple liver tumors together with obesity, diabetes, and NASH within a relatively short period (approximately 3 months). In this model, sodium glucose cotransporter 2 inhibitor Tofogliflozin prevented the development of NASH-like liver phenotypes and the progression of liver tumors. Tofogliflozin attenuated p21 expression of hepatocytes in non-tumorous lesions in the liver. Interpretation: Tofogliflozin treatment attenuates cellular senescence of hepatocytes under obese and diabetic conditions. This study provides a unique animal model of NASH-associated liver tumors, which is applicable for assessing drug efficacy to prevent or treat NASH-associated HCC.

    DOI: 10.1016/j.biopha.2021.111738

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. NASHにおけるクッパー細胞鉄代謝の病態生理学的意義

    金森 耀平, 田中 都, 伊藤 美智子, 越智 梢, 伊藤 綾香, 日高 勲, 坂井田 功, 小川 佳宏, 菅波 孝祥

    日本内分泌学会雑誌   97 巻 ( 1 ) 頁: 255 - 255   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

  4. Iron-rich Kupffer cells exhibit phenotypic changes during the development of liver fibrosis in NASH 査読有り 国際誌

    Kanamori Yohei, Tanaka Miyako, Itoh Michiko, Ochi Kozue, Ito Ayaka, Hidaka Isao, Sakaida Isao, Ogawa Yoshihiro, Suganami Takayoshi

    ISCIENCE   24 巻 ( 2 ) 頁: 102032 - 102032   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:iScience  

    Biological Sciences; Biochemistry; Cell Biology

    DOI: 10.1016/j.isci.2020.102032

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. Role of chronic inflammation in the pathogenesis of nonalcoholic steatohepatitis: lessons from a unique mouse model using melanocortin receptor-deficient mice

    Itoh Michiko, Suganami Takayoshi, Ogawa Yoshihiro

    ENDOCRINE JOURNAL   68 巻 ( 7 ) 頁: 743 - 749   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  6. 異所性脂肪と肝疾患

    伊藤 美智子

    外科と代謝・栄養   55 巻 ( 3 ) 頁: 133 - 136   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

     肥満人口の増大に伴って, 過栄養による肝異所性脂肪蓄積を基盤とする非アルコール性脂肪性肝疾患 (non‐alcoholic fatty liver disease:以下NAFLD) が世界的に増加している. NAFLDの中で単純性脂肪肝は一般的に予後良好であるが, 炎症・線維化を特徴とする非アルコール性脂肪性肝炎 (non‐alcoholic steato‐hepatitis: 以下NASH) は肝硬変・肝細胞癌に進展する重症型である. 単純性脂肪肝では主に細胞保護的な中性脂肪が蓄積するのに対し, NASHではコレステロールをはじめとする細胞障害性のある脂質の増加が指摘されている. これらの脂質がもたらす「脂肪毒性」は肝細胞死を誘導するだけでなく, 間質細胞における炎症・線維化促進経路を活性化することでNASHの病態形成に寄与すると考えられる. 特にマクロファージは死細胞の貪食にあたることから, 死細胞に由来する脂質がマクロファージの疾患特異的活性化を制御する可能性がある. 異所性脂肪蓄積の分子メカニズムと脂肪毒性の本態を理解することで, NASH発症機構の解明と新規治療標的の探索に繋がると考えられる.

    DOI: 10.11638/jssmn.55.3_133

  7. Role of chronic inflammation in the pathogenesis of nonalcoholic steatohepatitis: lessons from a unique mouse model using melanocortin receptor-deficient mice

    Itoh Michiko, Suganami Takayoshi, Ogawa Yoshihiro

    Endocrine Journal   68 巻 ( 7 ) 頁: 743 - 749   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人 日本内分泌学会  

    <p>Nonalcoholic fatty liver disease (NAFLD) is a clinical spectrum that encompasses simple steatosis to nonalcoholic steatohepatitis (NASH), the latter of which is characterized by chronic inflammation and fibrosis. NASH is now becoming the leading cause of cirrhosis and hepatocellular carcinoma worldwide. The pathophysiology of NASH is multifactorial and, therefore, not yet completely understood, although it is pointed out that hepatocyte death and subsequent inflammation play a central roles in disease pathogenesis. Since stromal cells dramatically change their cellular components and activation status as liver fibrosis develops, it is important to reveal the subset responsible for the disease development in each etiology. Macrophages foam crown-like structures (CLS), in which CD11c-positive macrophages surround dead hepatocytes induced by lipotoxic injury in mouse and human NASH. Hepatic CLS-constituting macrophages exhibit gene expression profiles distinct from other scattered macrophages in the liver, suggesting NASH-specific macrophages represent a subset that drives metabolic stress-induced liver fibrosis. Moreover, cancer-associated pathways are upregulated in activated fibroblasts from the liver of a mouse NASH model, suggesting that fibroblasts provide the microenvironment that promotes tumor progression. A better understanding of the upstream signals and regulatory mechanisms that drive the generation of NASH-specific macrophage and fibroblast subsets is crucial for the development of novel diagnostic and therapeutic strategies.</p>

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ21-0002

    Scopus

    PubMed

▼全件表示

講演・口頭発表等 5

  1. NASHマウスモデルの確立を通じた病態解析・治療戦略開発への挑戦 招待有り

    伊藤美智子, 小川佳宏, 菅波孝祥

    第64回日本糖尿病学会学術集会  2021年5月20日 

  2. 非アルコール性脂肪性肝炎発症におけるマクロファージのコレステロール代謝の役割 招待有り

    第98回日本生理学会大会  2021年3月30日 

  3. 新規NASHマウスモデルの開発と病態形成機構の解明 招待有り

    伊藤美智子, 菅波孝祥, 小川佳宏

    第41回日本肥満学会学術集会  2021年3月21日 

  4. NASH発症過程における死細胞貪食障害の病態生理的意義

    伊藤美智子, 金井紗綾香, 金森耀平, 田中都, 松元亮, 宮原裕二, 小川佳宏, 菅波孝祥

    第41回日本肥満学会学術集会  2021年3月21日 

  5. NASH発症における死細胞貪食・処理の病態生理的意義 招待有り

    伊藤美智子, 田中都, 小川佳宏, 菅波孝祥

    日本Cell Death学会第29回学術集会  2021年7月26日 

科研費 3

  1. 細胞死を起点とする非アルコール性脂肪性肝炎の発症機構解明と治療戦略開発

    2020年 - 2021年

    公益財団法人MSD生命科学財団  研究助成2019 -生活習慣病領域-【若手研究者】 

  2. 細胞死に対する生体応答の変容に基づくNASH・肝細胞癌発症機構の解明

    研究課題/研究課題番号:19K07475  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    伊藤 美智子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    申請者らはメラノコルチン4型受容体(MC4R: melanocortin 4 receptor)欠損マウスを用いて非アルコール性脂肪性肝炎(NASH: non-alcoholic steatohepatitis)・肝細胞癌モデルを確立し、MC4R欠損マウスとコラーゲンプロモーター下にGFP(green fluorescence protein)を発現するマウスを交配することでNASHの肝臓から活性化線維芽細胞を採取可能にした。肥満や発癌を伴わない肝線維化モデルとして四塩化炭素モデルの肝臓から採取した線維芽細胞、線維芽細胞の前駆体と考えられる肝星細胞を正常肝採取し、RNAシークエンス解析を行った。NASHの線維芽細胞では、他の2群と比較して癌関連パスウェイの活性化が認められた。その中で最も強く発現が誘導されたFGF9(fibroblast growth factor 9)に注目し、培養系における検討を行った。FGF9はTGFβ(tumor growth factorβ)やエンドトキシンでは変化がなかったが、飽和脂肪酸であるパルミチン酸によって発現が誘導された。FGF9は肝星細胞株であるLX-2において炎症性サイトカイン産生、および遊走能を亢進させた。また、肝癌細胞株であるHepG2においても遊走能亢進と抗アポトーシス効果を有していた。FGF9過剰発現LX-2とHepG2の皮下共移植実験では、FGF9によってTUNEL陽性細胞が減少し、腫瘍増大が認められた。以上から、NASHの線維芽細胞では癌関連パスウェイが既に活性化しており、肝細胞癌発症前から腫瘍促進性の微小環境を形成していることが示唆された。

  3. 疾患特異的線維芽細胞に基づくNASH・肝癌予防医療に関する研究

    2019年

    公益財団法人テルモ生命科学振興財団  2019年度 III.研究助成金 

産業財産権 1

  1. 非アルコール性脂肪肝炎モデル動物の製造方法

    菅波孝祥, 伊藤美智子, 小川佳宏

     詳細を見る

    出願番号:特願2015-122913