2021/08/11 更新

写真a

リン ハオシェン
林 昊升
LIN Hao-Sheng
所属
大学院工学研究科 化学システム工学専攻 材料化学 助教
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 マテリアル工学科
職名
助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 2

  1. 博士(工学) ( 2020年9月   東京大学 ) 

  2. 修士(理学) ( 2017年6月   中国科学技術大学 ) 

研究キーワード 3

  1. フラーレン

  2. 有機化学

  3. 太陽電池

研究分野 2

  1. 自然科学一般 / 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理  / 有機化学

  2. エネルギー / 地球資源工学、エネルギー学  / 太陽電池

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 高性能太陽電池用カーボンクラスター材料

経歴 4

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科   助教

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. マサチューセッツ工科大学   化学工学部   研究員

    2019年9月 - 2020年1月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  3. 東京大学   大学院工学研究科   研究員

    2020年9月 - 2021年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 東京大学   大学院工学研究科   研究員

    2020年4月 - 2020年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 東京大学   大学院工学系研究科   機械工学

    2017年9月 - 2020年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 中国科学技術大学   化学系研究科   有機化学

    2014年9月 - 2017年6月

      詳細を見る

    国名: 中華人民共和国

所属学協会 2

  1. フラーレン•ナノチューブ•グラフェン学会

    2017年10月 - 現在

  2. 日本化学会

    2017年10月 - 現在

 

論文 1

  1. Cationic nitrogen-doped graphene as a p-type modifier for high-performance PEDOT:PSS hole transporters in organic solar cells

    Lin Hao-Sheng, Kaneko Takuhei, Ishikawa Soma, Jeon Il, Chae Sangwoo, Yana Takumi, Saito Nagahiro, Matsuo Yutaka

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   60 巻 ( 7 )   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japanese Journal of Applied Physics  

    This research paper reports the enhanced hole-transporting ability of widely utilized poly(3,4-ethylenedioxythiophene)-poly(styrenesulfonate) (PEDOT:PSS) achieved by applying cationic nitrogen-doped graphene (CNG) as a p-type modifier for efficient organic solar cells (OSCs). The power conversion efficiency (PCE) of the CNG-coated PEDOT:PSS-applied OSC reaches 2.76%, which is an increase of 40% compared to that of the pristine PEDOT:PSS-applied OSC (1.96%). The significantly enhanced performance is contributed by the increased hole-transporting ability, and the improved interfacial morphology of PEDOT:PSS, which affords high-quality active layers.

    DOI: 10.35848/1347-4065/ac00fc

    Web of Science

    Scopus