2022/11/17 更新

写真a

ヒラヤマミキロウ
平山 幹朗
HIRAYAMA Mikiro
所属
大学院工学研究科 化学システム工学専攻 先進化学工学システム 特任助教
職名
特任助教
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2021年3月   鹿児島大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 液液抽出(溶媒抽出)

  2. CO2 分離

  3. 装置工学

  4. 物質移動

研究分野 1

  1. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 移動現象、単位操作  / 液液抽出 ガス吸収

経歴 1

  1. 名古屋大学   大学院 工学研究科 化学システム工学専攻   特任助教

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 鹿児島大学   大学院理工学研究科   総合理工学専攻

    2018年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

    備考: 2021/5-2022/3 インターンシップとして、原子力研究開発機構に所属

  2. 名古屋大学   大学院工学研究科   化学・生物工学専攻 分子化学工学分野

    2014年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   工学部   化学・生物工学科 分子化学工学コース

    2010年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 化学工学会

    2018年 - 現在

  2. 分離技術会

    2021年8月 - 現在

  3. 日本溶媒抽出学会

    2018年 - 現在

受賞 3

  1. 第37回溶媒抽出討論会ポスター優秀賞

    2018年11月   日本溶媒抽出学会   2次元泡沫モデルによる泡沫相内に導入された液の流速分布解析

    平山幹朗,二井晋,玉利真悟,加藤龍蔵,関本敦,岡野泰則

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 第33回溶媒抽出討論会ポスター優秀賞

    2014年11月   日本溶媒抽出学会   連続向流泡沫分離法によるガリウム分離―塔径拡大の影響と混酸の適用性に関する検討

    平山幹朗,二井晋,木下武彦,石垣友三,柴田信行,北川慎也

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 分離技術年会2014-奨励賞

    2014年   分離技術会   連続向流泡沫分離法によるGaの分離特性-GaAs基板からの分離

    平山幹朗,二井晋,木下武彦,石垣友三,柴田信行,北川慎也

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 4

  1. An Alternative CO2Capture with a Pressure Swing Amine Process Driven by Cryogenic Pumping with the Unused Cold Energy of Liquefied Natural Gas 査読有り

    Machida, Hiroshi; Hashiride, Ryusei,Niinomi; Ritsuka; Yanase, Keiichi; Hirayama, Mikiro; Umeda, Yoshito; Norinaga, Koyo

    ACS Sustainable Chemistry and Engineering   9 巻 ( 47 ) 頁: 15908 - 15914   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acssuschemeng.1c05892

  2. Evaluation of Mass-transfer Performance of Emulsion-flow Column with Height of Transfer Unit (HTU) and Number of Theoretical Plates, and Comparison of HTU with Column-type Extractors.

    Hirayama M, Goshima T, Mizuta K, Nii S

    Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry   37 巻 ( 6 ) 頁: 859 - 864   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2116/analsci.20P320

    PubMed

  3. Axial Mixing in Emulsion-flow Column under Iodine Extraction

    HIRAYAMA Mikiro, GOSHIMA Takashi, MIZUTA Kei, NII Susumu

    Solvent Extraction Research and Development, Japan   28 巻 ( 1 ) 頁: 11 - 19   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Association of Solvent Extraction  

    <p>Strength of axial mixing in the emulsion phase during the progress of extraction was evaluated using the Peclet number under various flow conditions. The Peclet numbers were determined with the established tracer technology which applies inert species for iodine extraction. Very little effect of operating velocities of either aqueous and organic phases was found on the Peclet numbers. This fact indicates that an almost constant degree of axial mixing was kept in this column for different flow velocities of both phases. Furthermore, the degree of axial mixing of the emulsion-flow column was compared with conventional spray and packed columns by plotting the droplet Peclet number against the droplet Reynolds number. Points of the Peclet numbers of emulsion-flow column located in the middle of the spray and the packed columns, which suggests that the strength of axial mixing in the present column is in between spray and packed columns. </p>

    DOI: 10.15261/serdj.28.11

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/serdj/28/1/28_11/_article

  4. Quantification of Iodine Mass Transfer and Height of Emulsion Phase in “Emulsion-flow” Column

    HIRAYAMA Mikiro, GOSHIMA Takashi, MIZUTA Kei, NII Susumu

    Solvent Extraction Research and Development, Japan   27 巻 ( 2 ) 頁: 125 - 133   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Association of Solvent Extraction  

    <p>“Emulsion-flow” is a unique regime of counter-current contact between aqueous and organic phases in a column extractor. The operation enables fast mass transfer as well as stable dropwise counter-current of both phases in a simple column-type apparatus. While those advantages have been reported, prediction of the column performance has been difficult because of the lack of correlation with mass transfer coefficient and interfacial area. This study suggests correlation with overall aqueous phase mass transfer capacity coefficient, <i>K</i><sub>w</sub><i>a</i> and the height of emulsion phase, <i>H</i> for various operating conditions. In iodine extraction, velocity of organic phase had a stronger effect on <i>H</i>. Furthermore <i>K</i><sub>w</sub><i>a</i> was correlated with a root of <i>H</i>. This fact suggests that the velocity of the organic phase plays a major role in mass transfer for the case of emulsion-flow. Correlations suggested in the present study are important for rational design and scaling up of emulsion-flow columns.</p>

    DOI: 10.15261/serdj.27.125

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/serdj/27/2/27_125/_article

講演・口頭発表等 1

  1. 連続向流泡沫分離法による金属イオンの相互分離

    平山幹朗,二井晋

    第44回中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2013年11月  中部化学関係学協会支部連合協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡大学浜松キャンパス   国名:日本国