2022/11/02 更新

写真a

ハナジリ リョウ
葉名尻 良
HANAJIRI Ryo
所属
医学部附属病院 血液内科 助教
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2016年3月   名古屋大学 ) 

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学

 

論文 5

  1. Downregulation of HLA class II is associated with relapse after allogeneic stem cell transplantation and alters recognition by antigen-specific T cells

    Adachi Yoshitaka, Sakai Toshiyasu, Terakura Seitaro, Shiina Takashi, Suzuki Shingo, Hamana Hiroshi, Kishi Hiroyuki, Sasazuki Takehiko, Arase Hisashi, Hanajiri Ryo, Goto Tatsunori, Nishida Tetsuya, Murata Makoto, Kiyoi Hitoshi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY   115 巻 ( 3 ) 頁: 371 - 381   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:International Journal of Hematology  

    Genomic deletion of donor–patient-mismatched HLA alleles in leukemic cells is a major cause of relapse after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation (HSCT). Mismatched HLA is frequently lost as an individual allele or a whole region in HLA-class I, however, it is downregulated in HLA-class II. We hypothesized that there might be a difference in T cell recognition capacity against epitopes associated with HLA-class I and HLA-class II and consequently such allogeneic immune pressure induced HLA alterations in leukemic cells. To investigate this, we conducted in vitro experiments with T cell receptor-transduced T (TCR-T) cells. The cytotoxic activity of NY-ESO-1-specific TCR-T cells exhibited similarly against K562 cells with low HLA-A*02:01 expression. However, we demonstrated that the cytokine production against low HLA-DPB1*05:01 expression line decreased gradually from the HLA expression level approximately 2-log lower than normal expressors. Using sort-purified leukemia cells before and after HSCT, we applied the next-generation sequencing, and revealed that there were several marked downregulations of HLA-class II alleles which demonstrated consistently low expression from pre-transplantation. The marked downregulation of HLA-class II may lead to decreased antigen recognition ability of antigen-specific T cells and may be one of immune evasion mechanism associated with HLA-class II downregulation.

    DOI: 10.1007/s12185-021-03273-w

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. A Phase I Study of CD19 Chimeric Antigen Receptor-T Cells Generated By the PiggyBac Transposon Vector for Acute Lymphoblastic Leukemia

    Nishio Nobuhiro, Hanajiri Ryo, Ishikawa Yuichi, Murata Makoto, Taniguchi Rieko, Hamada Motoharu, Nishikawa Eri, Kawashima Nozomu, Narita Atsushi, Muramatsu Hideki, Takahashi Yoshiyuki

    BLOOD   138 巻   頁: 3831 - +   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1182/blood-2021-150469

    Web of Science

  3. Composite CD79A/CD40 co-stimulatory endodomain enhances CD19CAR-T cell proliferation and survival

    Julamanee Jakrawadee, Terakura Seitaro, Umemura Koji, Adachi Yoshitaka, Miyao Kotaro, Okuno Shingo, Takagi Erina, Sakai Toshiyasu, Koyama Daisuke, Goto Tatsunori, Hanajiri Ryo, Hudecek Michael, Steinberger Peter, Leitner Judith, Nishida Tetsuya, Murata Makoto, Kiyoi Hitoshi

    MOLECULAR THERAPY   29 巻 ( 9 ) 頁: 2677 - 2690   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Molecular Therapy  

    Adoptively transferred CD19 chimeric antigen receptor (CAR) T cells have led to impressive clinical outcomes in B cell malignancies. Beyond induction of remission, the persistence of CAR-T cells is required to prevent relapse and provide long-term disease control. To improve CAR-T cell function and persistence, we developed a composite co-stimulatory domain of a B cell signaling moiety, CD79A/CD40, to induce a nuclear translocating signal, NF-κB, to synergize with other T cell signals and improve CAR-T cell function. CD79A/CD40 incorporating CD19CAR-T cells (CD19.79a.40z) exhibited higher NF-κB and p38 activity upon CD19 antigen exposure compared with the CD28 or 4-1BB incorporating CD19CAR-T cells (CD19.28z and CD19.BBz). Notably, we found that CD19.79a.40z CAR-T cells continued to suppress CD19+ target cells throughout the co-culture assay, whereas a tendency for tumor growth was observed with CD19.28z CAR-T cells. Moreover, CD19.79a.40z CAR-T cells exhibited robust T cell proliferation after culturing with CD19+ target cells, regardless of exogenous interleukin-2. In terms of in vivo efficiency, CD19.79a.40z demonstrated superior anti-tumor activity and in vivo CAR-T cell proliferation compared with CD19.28z and CD19.BBz CD19CAR-T cells in Raji-inoculated mice. Our data demonstrate that the CD79A/CD40 co-stimulatory domain endows CAR-T cells with enhanced proliferative capacity and improved anti-tumor efficacy in a murine model.

    DOI: 10.1016/j.ymthe.2021.04.038

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Generation of Norovirus-Specific T Cells From Human Donors With Extensive Cross-Reactivity to Variant Sequences: Implications for Immunotherapy 査読有り

    Hanajiri R, Sani GM, Saunders D, Hanley PJ, Chopra A, Mallal SA, Sosnovtsev SV, Cohen JI, Green KY, Bollard CM, Keller MD

    J Infect Dis   221 巻 ( 4 ) 頁: 578 - 588   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/infdis/jiz491

  5. Lupus anticoagulant-hypoprothrombinemia syndrome associated with follicular lymphoma 査読有り

    Koyama D, Hanajiri R, Kanematsu T, Ito R, Yamamoto S, Imoto N, Suzuki N, Kurahashi S, Sugiura I

    Rinsho Ketsueki   61 巻 ( 7 ) 頁: 745 - 749   2020年

講演・口頭発表等 3

  1. チサゲンレクルユーセル輸注後におけるCAR-Tの体内動態と治療成績の検討

    第11回日本血液学会東海地方会   2022年6月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  2. 造血幹細胞移植における HLA 抗体の臨床的意義 招待有り

    葉名尻 良

    第 4 回 東海北陸 HLA 研究会  2021年7月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  3. 高 IgE 症候群に併発した DLBCL の化学療法中に膿瘍を合併するもドレナージ術にて安全に治療可能であった 1 例

    葉名尻 良、川島 直実、牛島 洋子、島田 和之、石川 裕一、寺倉 精太郎、西田 徹也、村田 誠、清井 仁

    第10回日本血液学会東海地方会  2021年4月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

科研費 1

  1. 成人T細胞白血病に対する複数抗原を標的とした新規T細胞療法の開発基盤

    研究課題/研究課題番号:20K17375  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  若手研究

    葉名尻 良

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    成人T細胞白血病(ATL)に対する単一抗原を標的とした免疫療法ではATLが免疫逃避するため、その効果は不十分である。ATLは腫瘍関連抗原だけでなく、ヒトT細胞白血病ウイルス1型のウイルス抗原も発現している。そのため、これら複数抗原を同時に標的とするT細胞療法は、免疫逃避を打破し、ATLの治癒に向けた新たな治療法になりうる。したがって本研究では、ATLに高発現する複数抗原を標的としたT細胞製剤を開発する。本研究の成果は、ATLの治癒へ向けた養子免疫T細胞療法の臨床応用への基盤となるものである。さらに将来的には、他のウイルス関連腫瘍に対するT細胞療法への臨床応用を目指す。
    本研究課題では、ATLに対して複数抗原を標的とするT細胞製剤の開発を目指し研究を行った。そのために、まず、健常ドナーからNY-ESO-1抗原を含む成人T細胞白血病(ATL)に対する腫瘍特異的T細胞、またはATLウイルス抗原であるTax特異的T細胞を誘導できるかについて個別に検討した。HLA-A2陽性の成人ドナー由来の末梢血単核球から磁気ビーズにてCD8を単離した。HLA陰性の白血病細胞株K562にHLA-A2を遺伝子導入により発現させ、HLA-A02:01拘束性のNY-ESO-1(SLLMWITQC)またはTax(LLFGYPVYV)由来ペプチドを添加し、放射線照射(100Gy)後に抗原提示細胞として用いた。IL-6, IL-7, IL-12, IL-15添加下で共培養し、抗原提示細胞による刺激を週1回、合計2回繰り返した。刺激後のT細胞の抗原特異性について、細胞内サイトカイン染色にてフローサイトメトリーで評価した。今回の検討では、2回目刺激後にTax特異的T細胞でIFN-γの発現を認め、Tax特異的T細胞を誘導することが可能であった。一方、NY-ESO-1特異的T細胞ではIFN-γの産生を認めず、特異的T細胞を誘導することはできなかった。
    また追加として、腫瘍抗原と考えられるWT-1特異的T細胞の誘導を試みた。HLA-A02:01拘束性のWT-1(RMFPNAPYL)由来ペプチドを添加し同様の方法を用いた。WT-1についてもNY-ESO-1と同様に特異的T細胞の誘導はできなかった。
    したがって、本研究ではこれまでのところ、ウイルス抗原であるTax特異的T細胞は容易に誘導できるが、腫瘍抗原であるNY-ESO-1およびWT-1特異的T細胞の誘導は困難であることが判明した。
    本研究課題の現在までの進捗状況はやや遅れている。特定のHLA拘束性を有する単一抗原ペプチドでT細胞を刺激し、腫瘍抗原特異的T細胞の誘導を試みたが、この方法では特異的T細胞の誘導にやや難渋しているためである。とくにこれまで報告されている特異的T細胞誘導の際に用いるサイトカインであるIL-6、IL-7、IL-12、IL-15の使用や、我々のグループが開発したPD-L1を高発現する抗原提示細胞を用いるなどの工夫を行ったが、特異的T細胞の誘導は困難であった。そのため、当初の計画であったオーバーラッピングペプチドを用いた刺激法に移行できないでいる。
    用いた単一ペプチドは既知のHLA拘束性を有し、高親和性であると考えられたが、それでも特異的T細胞の誘導はできなかった。オーバーラッピングペプチドを用いる方法は、未知でありかつ低親和性T細胞の誘導が目的であるため、ATL抗原を標的とするT細胞作製法は、本方法を断念し別方法を試みる予定である。
    本研究課題では、複数抗原を認識するT細胞養子免疫療法を目指し、まず健常ドナー由来T細胞を用いて、腫瘍特異的T細胞の誘導を試みた。Taxは腫瘍特異的抗原であると同時に、ATL細胞に感染しているHTLV-Iウイルス抗原であるため、比較的容易に特異的T細胞が誘導可能であったと考えられた。一方、NY-ESO-1は一部自己抗原と考えられるため、NY-ESO-1に対する高親和性T細胞は胸腺で負の選択を経ていると考えられ、今回の方法では特異的T細胞を誘導することはできなかった。以上より、腫瘍抗原ペプチドを用いた特異的T細胞誘導は困難であると考えられた。
    近年、養子免疫療法の細胞源として臍帯血由来T細胞が注目されている。その理由として、臍帯血に含まれるT細胞は成人ドナーとは異なる新規の抗原エピトープを認識する可能性があり、免疫逃避を生じにくいと考えられているためである。さらに、臍帯血は低いHLA適合度が許容されるため、患者体内で拒絶されにくい可能性が挙げられる。そのため、今後は、細胞源として臍帯血由来T細胞を用いて、T細胞受容体遺伝子導入T細胞およびキメラ抗原受容体遺伝子導入T細胞について検討を進めてゆく予定である。すでにNY-ESO-1特異的T細胞コンストラクトおよびCD19特異的キメラ抗原受容体は入手しており、レトロウイルス法により遺伝子導入を行う準備ができている。