2023/09/28 更新

写真a

ハナジリ リョウ
葉名尻 良
HANAJIRI Ryo
所属
医学部附属病院 血液内科 助教
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2016年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 7

  1. 造血幹細胞移植

  2. 血液内科学

  3. 細胞療法

  4. 免疫療法

  5. 免疫学

  6. キメラ抗原受容体

  7. CAR-T

研究分野 4

  1. ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学

  2. ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学

  3. ライフサイエンス / 内科学一般

  4. ライフサイエンス / 免疫学

経歴 2

  1. 名古屋大学医学部附属病院   血液内科   助教

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   血液内科   医員

    2019年7月 - 2021年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 5

  1. 日本造血・免疫細胞療法学会

  2. 日本輸血・細胞療法学会

  3. 日本血液疾患免疫療法学会

  4. 日本血液学会

  5. 日本内科学会

受賞 2

  1. 優秀演題賞

    2022年6月   第11回日本血液学会東海地方会  

    葉名尻 良

  2. 研究費助成

    2022年4月   2021年度堀科学芸術振興財団  

    葉名尻 良

 

論文 11

  1. Antibody response after third dose of COVID-19 mRNA vaccination in allogeneic hematopoietic stem cell transplant recipients is comparable to that in healthy counterparts 査読有り

    Takagi Erina, Terakura Seitaro, Fujigaki Hidetsugu, Okamoto Akinao, Miyao Kotaro, Sawa Masashi, Morishita Takanobu, Goto Tatsunori, Ozawa Yukiyasu, Nishida Tetsuya, Fukushima Nobuaki, Ozeki Kazutaka, Hanajiri Ryo, Saito Kuniaki, Murata Makoto, Tomita Akihiro, Kiyoi Hitoshi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY   118 巻 ( 4 ) 頁: 462 - 471   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Hematology  

    To determine the efficacy of SARS-CoV-2 mRNA vaccination for allogeneic hematopoietic stem cell transplantation (allo-HSCT) recipients, we measured antibody titer serially in 92 allo-HSCT patients. Among the evaluable 87 patients, median age at vaccination was 53 years (range, 18–75). The average time between allo-HSCT and vaccination was 3.3 years (range, 0.5–15.7). One month after the second dose, 70 patients (80.5%) had a positive response, whereas 17 patients (19.5%) had a negative response (< 20 U/mL). Only patients older than 44 years had a negative response. Low IgM level was the only significant predictor of vaccine failure in elderly patients. When antibody response before and after the third vaccination was examined in 47 patients, antibodies increased significantly from a median of 18.3 U/mL to 312.6 U/mL (P < 0.01). The median antibody titer after the third vaccination of healthy individuals (n = 203) was 426.4 U/mL, which was comparable to that of patients (P = 0.2). The antibody titer after the third mRNA vaccination increased even in patients whose first two mRNA vaccinations failed. These findings suggest that allo-HSCT recipients should receive the mRNA vaccine regularly.

    DOI: 10.1007/s12185-023-03648-1

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Risk factors for CAR-T cell manufacturing failure among DLBCL patients: A nationwide survey in Japan 査読有り

    Jo Tomoyasu, Yoshihara Satoshi, Okuyama Yoshiki, Fujii Keiko, Henzan Tomoko, Kahata Kaoru, Yamazaki Rie, Takeda Wataru, Umezawa Yoshihiro, Fukushima Kentaro, Ashida Takashi, Yamada‐Fujiwara Minami, Hanajiri Ryo, Yonetani Noboru, Tada Yuma, Shimura Yuji, Nishikii Hidekazu, Shiba Norio, Mimura Naoya, Ando Jun, Sato Takayuki, Nakashima Yasuhiro, Ikemoto Junko, Iwaki Keita, Fujiwara Shin‐ichiro, Ri Masaki, Nagamura‐Inoue Tokiko, Tanosaki Ryuji, Arai Yasuyuki

    British Journal of Haematology   202 巻 ( 2 ) 頁: 256 - 266   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    For successful chimeric antigen receptor T (CAR-T) cell therapy, CAR-T cells must be manufactured without failure caused by suboptimal expansion. In order to determine risk factors for CAR-T cell manufacturing failure, we performed a nationwide cohort study in Japan and analysed patients with diffuse large B-cell lymphoma (DLBCL) who underwent tisagenlecleucel production. We compared clinical factors between 30 cases that failed (7.4%) with those that succeeded (n = 378). Among the failures, the proportion of patients previously treated with bendamustine (43.3% vs. 14.8%; p < 0.001) was significantly higher, and their platelet counts (12.0 vs. 17.0 × 10⁴/μL; p = 0.01) and CD4/CD8 T-cell ratio (0.30 vs. 0.56; p < 0.01) in peripheral blood at apheresis were significantly lower than in the successful group. Multivariate analysis revealed that repeated bendamustine use with short washout periods prior to apheresis (odds ratio [OR], 5.52; p = 0.013 for ≥6 cycles with washout period of 3–24 months; OR, 57.09; p = 0.005 for ≥3 cycles with washout period of <3 months), low platelet counts (OR, 0.495 per 105/μL; p = 0.022) or low CD4/CD8 ratios (<one third) (OR, 3.249; p = 0.011) in peripheral blood at apheresis increased the risk of manufacturing failure. Manufacturing failure remains an obstacle to CAR-T cell therapy for DLBCL patients. Avoiding risk factors, such as repeated bendamustine administration without sufficient washout, and risk-adapted strategies may help to optimize CAR-T cell therapy for DLBCL patients.

    CiNii Research

  3. Risk factors for CAR-T cell manufacturing failure among DLBCL patients: A nationwide survey in Japan 査読有り

    Jo T., Yoshihara S., Okuyama Y., Fujii K., Henzan T., Kahata K., Yamazaki R., Takeda W., Umezawa Y., Fukushima K., Ashida T., Yamada-Fujiwara M., Hanajiri R., Yonetani N., Tada Y., Shimura Y., Nishikii H., Shiba N., Mimura N., Ando J., Sato T., Nakashima Y., Ikemoto J., Iwaki K., Fujiwara S.i., Ri M., Nagamura-Inoue T., Tanosaki R., Arai Y.

    British Journal of Haematology   202 巻 ( 2 ) 頁: 256 - 266   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:British Journal of Haematology  

    For successful chimeric antigen receptor T (CAR-T) cell therapy, CAR-T cells must be manufactured without failure caused by suboptimal expansion. In order to determine risk factors for CAR-T cell manufacturing failure, we performed a nationwide cohort study in Japan and analysed patients with diffuse large B-cell lymphoma (DLBCL) who underwent tisagenlecleucel production. We compared clinical factors between 30 cases that failed (7.4%) with those that succeeded (n = 378). Among the failures, the proportion of patients previously treated with bendamustine (43.3% vs. 14.8%; p < 0.001) was significantly higher, and their platelet counts (12.0 vs. 17.0 × 104/μL; p = 0.01) and CD4/CD8 T-cell ratio (0.30 vs. 0.56; p < 0.01) in peripheral blood at apheresis were significantly lower than in the successful group. Multivariate analysis revealed that repeated bendamustine use with short washout periods prior to apheresis (odds ratio [OR], 5.52; p = 0.013 for ≥6 cycles with washout period of 3–24 months; OR, 57.09; p = 0.005 for ≥3 cycles with washout period of <3 months), low platelet counts (OR, 0.495 per 105/μL; p = 0.022) or low CD4/CD8 ratios (<one third) (OR, 3.249; p = 0.011) in peripheral blood at apheresis increased the risk of manufacturing failure. Manufacturing failure remains an obstacle to CAR-T cell therapy for DLBCL patients. Avoiding risk factors, such as repeated bendamustine administration without sufficient washout, and risk-adapted strategies may help to optimize CAR-T cell therapy for DLBCL patients.

    DOI: 10.1111/bjh.18831

    Scopus

    PubMed

  4. Myelodysplastic syndrome with trisomy 8 presenting periodic fever and multiple MEFV gene variants outside exon 10: a case report 査読有り

    Takahashi Noriyuki, Hanajiri Ryo, Suzuki Masashi, Anan Chise, Inagaki Atsushi, Kishida Dai, Ozawa Shohei, Kohri Sho, Kamiya Nobuhide, Sato Motoki, Sato Juichi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   85 巻 ( 1 ) 頁: 195 - 203   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Nagoya Journal of Medical Science  

    Myelodysplastic syndrome is associated with the development of autoinflammatory conditions, such as recurrent fever, polymyalgia, arthralgia, and erythema. Trisomy 8 is a common chromosomal abnormality in patients with myelodysplastic syndrome. Myelodysplastic syndrome with trisomy 8 involves autoinflammatory conditions, especially Behçet’s disease-like symptoms with intestinal mucosal damage. MEFV variants, particularly those in exon 10, are pathogenic in familial Mediterranean fever, the most common autoinflammatory disease, presenting typical symptoms such as periodic fever and pleuritis/pericarditis/ peritonitis. MEFV variants outside exon 10 are common in Japanese patients with familial Mediterranean fever and are associated with atypical symptoms, including myalgia and erythema. MEFV variants in myelodysplastic syndrome with trisomy 8 have rarely been investigated, although myelodysplastic syndrome with trisomy 8 might develop autoinflammatory conditions similar to those in familial Mediterranean fever. We encountered a 67-year-old man who had myelodysplastic syndrome with trisomy 8 and multiple MEFV variants outside exon 10. He presented with periodic fever, as well as chest/abdominal pain, myalgia, and erythema, although the symptoms did not fulfill the diagnostic criteria of familial Mediterranean fever. We discussed the possibility that these symptoms are modified by MEFV variants outside exon 10 in myelodysplastic syndrome with trisomy 8

    DOI: 10.18999/nagjms.85.1.195

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. 急性リンパ性白血病に対するtisagenlecleucel製造結果 査読有り

    城 友泰, 平安山 知子, 富澤 大輔, 吉原 哲, 加畑 馨, 藤原 実名美, 奥山 美樹, 柴 徳生, 藤井 敬子, 梅澤 佳央, 山﨑 理絵, 武田 航, 葉名尻 良, 福島 健太郎, 三村 尚也, 池本 純子, 岩木 啓太, 米谷 昇, 藤原 慎一郎, 李 政樹, 長村 登紀子, 田野﨑 隆二, 新井 康之

    臨床血液   64 巻 ( 5 ) 頁: 331 - 337   2023年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本血液学会  

    <p>実臨床におけるB細胞性急性リンパ芽球性白血病に対するキメラ抗原受容体T(CAR-T)細胞製造成否の状況を明らかにするため,tisagenlecleucel(tisa-cel)製造を実施された81症例を解析した。アフェレーシス時年齢中央値は13歳(1~25),男性47例(58.0%),前治療数の中央値4(1~9),同種移植歴とinotuzumab ozogamicin,blinatumomabの使用歴は,それぞれ51例(63.0%),26例(32.1%),37例(45.7%)に認めた。アフェレーシス時末梢血芽球比率,CD3陽性細胞数は中央値0%(0~91.5),611/µ<i>l</i>(35~4,210)で,出荷されたCD3陽性細胞数は中央値2.2×10<sup>9</sup>個(0.5~8.3)であった。濃厚な前治療歴のある症例が含まれたが,製造失敗は見られなかった。引き続き製造失敗の状況を注視する必要がある。</p>

    DOI: 10.11406/rinketsu.64.331

    PubMed

    CiNii Research

  6. Tisagenlecleucel治療を受けたびまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者におけるCAR-Tの短期的な体内動態と治療成績 査読有り

    葉名尻 良, 古川 勝也, 中島 麻梨絵, 牛島 洋子, 島田 和之, 石川 裕一, 寺倉 精太郎, 村田 誠, 清井 仁

    臨床血液   64 巻 ( 3 ) 頁: 167 - 174   2023年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本血液学会  

    <p>キメラ抗原受容体遺伝子導入T細胞(CAR-T)療法後1ヶ月以内の短期的なCAR-Tの体内動態と治療成績の関係は解明されていない。今回,tisagenlecleucel療法を行った再発難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者13例において,CAR-T輸注後1ヶ月までのCAR-Tの体内動態をフローサイトメトリー法と定量PCR法を用いて定量的に測定し,治療成績との関係について解析した。CAR-T全体の解析では,短期的なCAR-Tの体内動態と治療成績について明らかな関連を認めなかった。しかし,CD4/CD8サブセットに着目すると,CD4<sup>+</sup> CAR-Tが治療反応良好例で増加することが認められた。一方,CD8<sup>+</sup> CAR-Tは治療反応不良例で増加していた。また,サイトカイン放出症候群を生じた症例では,CAR-Tの増殖が顕著であった。したがって,CAR-Tの治療反応性を予測するためには,輸注後早期のCD4<sup>+</sup> CAR-Tの増殖が重要であることが示唆された。</p>

    DOI: 10.11406/rinketsu.64.167

    PubMed

    CiNii Research

  7. Downregulation of HLA class II is associated with relapse after allogeneic stem cell transplantation and alters recognition by antigen-specific T cells 査読有り

    Adachi Yoshitaka, Sakai Toshiyasu, Terakura Seitaro, Shiina Takashi, Suzuki Shingo, Hamana Hiroshi, Kishi Hiroyuki, Sasazuki Takehiko, Arase Hisashi, Hanajiri Ryo, Goto Tatsunori, Nishida Tetsuya, Murata Makoto, Kiyoi Hitoshi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY   115 巻 ( 3 ) 頁: 371 - 381   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Hematology  

    Genomic deletion of donor–patient-mismatched HLA alleles in leukemic cells is a major cause of relapse after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation (HSCT). Mismatched HLA is frequently lost as an individual allele or a whole region in HLA-class I, however, it is downregulated in HLA-class II. We hypothesized that there might be a difference in T cell recognition capacity against epitopes associated with HLA-class I and HLA-class II and consequently such allogeneic immune pressure induced HLA alterations in leukemic cells. To investigate this, we conducted in vitro experiments with T cell receptor-transduced T (TCR-T) cells. The cytotoxic activity of NY-ESO-1-specific TCR-T cells exhibited similarly against K562 cells with low HLA-A*02:01 expression. However, we demonstrated that the cytokine production against low HLA-DPB1*05:01 expression line decreased gradually from the HLA expression level approximately 2-log lower than normal expressors. Using sort-purified leukemia cells before and after HSCT, we applied the next-generation sequencing, and revealed that there were several marked downregulations of HLA-class II alleles which demonstrated consistently low expression from pre-transplantation. The marked downregulation of HLA-class II may lead to decreased antigen recognition ability of antigen-specific T cells and may be one of immune evasion mechanism associated with HLA-class II downregulation.

    DOI: 10.1007/s12185-021-03273-w

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. A Phase I Study of CD19 Chimeric Antigen Receptor-T Cells Generated By the PiggyBac Transposon Vector for Acute Lymphoblastic Leukemia

    Nishio Nobuhiro, Hanajiri Ryo, Ishikawa Yuichi, Murata Makoto, Taniguchi Rieko, Hamada Motoharu, Nishikawa Eri, Kawashima Nozomu, Narita Atsushi, Muramatsu Hideki, Takahashi Yoshiyuki

    BLOOD   138 巻   頁: 3831 - +   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1182/blood-2021-150469

    Web of Science

  9. Composite CD79A/CD40 co-stimulatory endodomain enhances CD19CAR-T cell proliferation and survival 査読有り 国際誌

    Julamanee Jakrawadee, Terakura Seitaro, Umemura Koji, Adachi Yoshitaka, Miyao Kotaro, Okuno Shingo, Takagi Erina, Sakai Toshiyasu, Koyama Daisuke, Goto Tatsunori, Hanajiri Ryo, Hudecek Michael, Steinberger Peter, Leitner Judith, Nishida Tetsuya, Murata Makoto, Kiyoi Hitoshi

    MOLECULAR THERAPY   29 巻 ( 9 ) 頁: 2677 - 2690   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Molecular Therapy  

    Adoptively transferred CD19 chimeric antigen receptor (CAR) T cells have led to impressive clinical outcomes in B cell malignancies. Beyond induction of remission, the persistence of CAR-T cells is required to prevent relapse and provide long-term disease control. To improve CAR-T cell function and persistence, we developed a composite co-stimulatory domain of a B cell signaling moiety, CD79A/CD40, to induce a nuclear translocating signal, NF-κB, to synergize with other T cell signals and improve CAR-T cell function. CD79A/CD40 incorporating CD19CAR-T cells (CD19.79a.40z) exhibited higher NF-κB and p38 activity upon CD19 antigen exposure compared with the CD28 or 4-1BB incorporating CD19CAR-T cells (CD19.28z and CD19.BBz). Notably, we found that CD19.79a.40z CAR-T cells continued to suppress CD19+ target cells throughout the co-culture assay, whereas a tendency for tumor growth was observed with CD19.28z CAR-T cells. Moreover, CD19.79a.40z CAR-T cells exhibited robust T cell proliferation after culturing with CD19+ target cells, regardless of exogenous interleukin-2. In terms of in vivo efficiency, CD19.79a.40z demonstrated superior anti-tumor activity and in vivo CAR-T cell proliferation compared with CD19.28z and CD19.BBz CD19CAR-T cells in Raji-inoculated mice. Our data demonstrate that the CD79A/CD40 co-stimulatory domain endows CAR-T cells with enhanced proliferative capacity and improved anti-tumor efficacy in a murine model.

    DOI: 10.1016/j.ymthe.2021.04.038

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Generation of Norovirus-Specific T Cells From Human Donors With Extensive Cross-Reactivity to Variant Sequences: Implications for Immunotherapy 査読有り

    Hanajiri R, Sani GM, Saunders D, Hanley PJ, Chopra A, Mallal SA, Sosnovtsev SV, Cohen JI, Green KY, Bollard CM, Keller MD

    J Infect Dis   221 巻 ( 4 ) 頁: 578 - 588   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/infdis/jiz491

  11. Lupus anticoagulant-hypoprothrombinemia syndrome associated with follicular lymphoma 査読有り

    Koyama D, Hanajiri R, Kanematsu T, Ito R, Yamamoto S, Imoto N, Suzuki N, Kurahashi S, Sugiura I

    Rinsho Ketsueki   61 巻 ( 7 ) 頁: 745 - 749   2020年

▼全件表示

MISC 9

  1. CAR-T療法不応であったMCD type CD5陽性DLBCLに対してチラブルチニブが奏効した1例

    竹内 裕貴, 葉名尻 良, 牛島 洋子, 島田 和之, 石川 裕一, 後藤 尚絵, 寺倉 精太郎, 村田 誠, 冨田 章裕, 清井 仁  

    臨床血液63 巻 ( 8 ) 頁: 964 - 965   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

  2. チサゲンレクルユーセル輸注後におけるCAR-Tの体内動態と治療成績の検討

    葉名尻 良, 古川 勝也, 中島 麻梨絵, 牛島 洋子, 島田 和之, 石川 裕一, 寺倉 精太郎, 村田 誠, 清井 仁  

    臨床血液63 巻 ( 8 ) 頁: 965 - 965   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

  3. びまん性大細胞型B細胞リンパ腫を発症した1型高IgE症候群の孤発例

    鈴木 由以佳, 棚橋 華奈, 伊藤 靖敏, 葉名尻 良, 高間 寛之, 渡辺 大輔, 秋山 真志  

    日本皮膚科学会雑誌132 巻 ( 5 ) 頁: 1370 - 1370   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

  4. CD19 CAR-T細胞療法のための白血球アフェレーシス

    村田 誠, 岩田 哲, 竹内 裕貴, 吉山 聡一, 鈴木 奈瑠子, 佐合 健, 古川 勝也, 中島 麻梨絵, 葉名尻 良, 牛島 洋子, 島田 和之, 石川 裕一, 寺倉 精太郎, 長井 りさ, 古村 恵理, 松下 正, 清井 仁  

    日本輸血細胞治療学会誌68 巻 ( 2 ) 頁: 301 - 301   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本輸血・細胞治療学会  

    J-GLOBAL

  5. CD37CAR-T細胞のスペーサ長を微調整して得られる最適シグナル【JST・京大機械翻訳】|||

    安達慶高, 奥野真吾, 奥野真吾, 寺倉精太郎, JULAMANEE Jakrawadee, 堺寿保, 宮尾康太郎, 梅村晃史, 村瀬篤史, 島田和之, 葉名尻良, 西田徹也, 村田誠, 清井仁  

    日本血液学会学術集会抄録(Web)83回 巻   頁: OS2 - 3   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

  6. ヒトCAR-T細胞増殖を調節する遺伝子を同定するためのゲノムワイドCRISPR-Cas9スクリーニング【JST・京大機械翻訳】|||

    安達慶高, 寺倉精太郎, 奥野友介, 佐藤好隆, 尾崎正英, 今井奏衣, 梅村晃史, 堺寿保, 葉名尻良, 西田徹也, 村田誠, 清井仁  

    日本血液学会学術集会抄録(Web)83回 巻   頁: PL - 6   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

  7. 急性リンパ芽球性白血病に対するpiggyBacトランスポゾン媒介CD19:CAR-T治療の第I相試験【JST・京大機械翻訳】|||

    西尾信博, 西尾信博, 葉名尻良, 石川裕一, 寺倉精太郎, 西田徹也, 村田誠, 濱田太立, 西川英里, 川島希, 奥野友介, 成田敦, 村松秀城, 高橋義行  

    日本血液学会学術集会抄録(Web)83回 巻   頁: OS2 - 4   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

  8. 抗HLA抗体の意義と治療戦略 造血幹細胞移植 造血幹細胞移植におけるHLA抗体の臨床的意義

    葉名尻 良  

    MHC: Major Histocompatibility Complex28 巻 ( 2 ) 頁: 133 - 133   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本組織適合性学会  

  9. 高IgE症候群に併発したDLBCLの化学療法中に膿瘍を合併するもドレナージ術にて安全に治療可能であった1例

    葉名尻 良, 川島 直実, 牛島 洋子, 島田 和之, 石川 裕一, 寺倉 精太郎, 西田 徹也, 村田 誠, 清井 仁  

    臨床血液62 巻 ( 7 ) 頁: 859 - 859   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    J-GLOBAL

▼全件表示

講演・口頭発表等 10

  1. チサゲンレクルユーセル輸注後におけるCAR-Tの体内動態と治療成績の検討

    第11回日本血液学会東海地方会   2022年6月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  2. 造血幹細胞移植における HLA 抗体の臨床的意義 招待有り

    葉名尻 良

    第 4 回 東海北陸 HLA 研究会  2021年7月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  3. 高 IgE 症候群に併発した DLBCL の化学療法中に膿瘍を合併するもドレナージ術にて安全に治療可能であった 1 例

    葉名尻 良、川島 直実、牛島 洋子、島田 和之、石川 裕一、寺倉 精太郎、西田 徹也、村田 誠、清井 仁

    第10回日本血液学会東海地方会  2021年4月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. Generation of Zika Virus-Specific T-Cells for Adoptive Immunotherapy

    Ryo Hanajiri, Michael D. Keller, Gelina M. Sani, Patrick J. Hanley, Esper G. Kallas, Catherine M. Bollard

    BIOLOGY OF BLOOD AND MARROW TRANSPLANTATION  2019年3月  ELSEVIER SCIENCE INC

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語  

  5. Quantitative Assessment of TCR Repertoire and Allo-Reactivity of Human Acute Gvhd Tissue-Infiltrating T Cells

    Daisuke Koyama, Makoto Murata, Ryo Hanajiri, Shingo Okuno, Sonoko Kamoshita, Erina Takagi, Jakrawadee Julamanee, Kotaro Miyao, Reona Sakemura, Tatsunori Goto, Seitaro Terakura, Tetsuya Nishida, Hitoshi Kiyoi

    BLOOD  2017年12月  AMER SOC HEMATOLOGY

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語  

    0

  6. The Synergistic T-Cell Signal By CD79A/CD40 Costimulatory Endodomain Enhances CD19 Chimeric Antigen Receptor T-Cell Proliferation and Survival

    Jakrawadee Julamanee, Seitaro Terakura, Reona Sakemura, Kotaro Miyao, Shingo Okuno, Sonoko Kamoshita, Erina Takagi, Daisuke Koyama, Tatsunori Goto, Ryo Hanajiri, Tetsuya Nishida, Makoto Murata, Hitoshi Kiyoi

    BLOOD  2017年12月  AMER SOC HEMATOLOGY

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語  

    0

  7. 当院における限局期精巣原発悪性リンパ腫の臨床的検討

    野口瑛美, 岡元るみ子, 葉名尻良, 永田安伸, 下山達, 佐々木栄作, 小室泰司, 前田義治, 比島恒和, 佐々木常雄, 佐々木常雄

    日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集  2009年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

  8. 臍帯血移植後再発したimatinib抵抗性慢性骨髄性白血病の急性転化に対するdasatinibと化学療法の併用療法

    森甚一, 大橋一輝, 澤田武志, 葉名尻良, 菊池拓, 永田安伸, 大西千恵, 田岡謙一, 若林志穂子, 小林武, 山下卓也, 秋山秀樹, 坂巻壽

    臨床血液  2009年  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語  

  9. 当院におけるMDSの移植成績について

    永田 安伸, 小林 武, 葉名尻 良, 菊池 拓, 名島 悠峰, 櫻井 千裕, 武藤 秀治, 山本 正英, 山下 卓也, 大橋 一輝, 秋山 秀樹, 坂巻 壽

    臨床血液  2008年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

  10. 移植前治療における静注ブスルファン(iv Bu)と経口ブスルファン(Bu)の移植成績についての後方視的検討

    菊池 拓, 山下 卓也, 葉名尻 良, 永田 安伸, 名島 悠峰, 櫻井 千裕, 植木 俊充, 武藤 秀治, 山本 正英, 小林 武, 大橋 一輝, 秋山 秀樹, 坂巻 壽

    臨床血液  2008年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

▼全件表示

科研費 2

  1. CRISPR-Cas9スクリーニング法による初回治療抵抗性を克服するCAR-T細胞療法の最適化

    研究課題/研究課題番号:23K15323  2023年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  若手研究

    葉名尻 良

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対するキメラ抗原受容体遺伝子導入T細胞(CAR-T)療法において、初回治療抵抗性を示す症例があることが臨床上の問題となっています。本研究では、①HLA発現欠損リンパ腫細胞でのゲノムワイドCRISPRライブラリースクリーニング、②CAR-T療法抵抗性遺伝子異常の同定および臨床成績の検討、③CAR-Tの細胞内シグナル伝達ドメイン改変、の3点をすすめることにより、HLA欠損リンパ腫細胞のCAR-T初回治療抵抗性となる分子機構を解明します。これにより、リンパ腫細胞の遺伝子異常プロファイルに基づいた新たなCAR-T個別化医療の開発基盤を構築したいと考えています。

  2. 成人T細胞白血病に対する複数抗原を標的とした新規T細胞療法の開発基盤

    研究課題/研究課題番号:20K17375  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    葉名尻 良

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究課題では、ATLに対して複数抗原を標的とするT細胞製剤の開発を目指し研究を行った。そのために、まず、健常ドナーからNY-ESO-1抗原を含む成人T細胞白血病(ATL)に対する腫瘍特異的T細胞、またはATLウイルス抗原であるTax特異的T細胞を誘導できるかについて個別に検討した。HLA-A2陽性の成人ドナー由来の末梢血単核球から磁気ビーズにてCD8を単離した。HLA陰性の白血病細胞株K562にHLA-A2を遺伝子導入により発現させ、HLA-A02:01拘束性のNY-ESO-1(SLLMWITQC)またはTax(LLFGYPVYV)由来ペプチドを添加し、放射線照射(100Gy)後に抗原提示細胞として用いた。IL-6, IL-7, IL-12, IL-15添加下で共培養し、抗原提示細胞による刺激を週1回、合計2回繰り返した。刺激後のT細胞の抗原特異性について、細胞内サイトカイン染色にてフローサイトメトリーで評価した。今回の検討では、2回目刺激後にTax特異的T細胞でIFN-γの発現を認め、Tax特異的T細胞を誘導することが可能であった。一方、NY-ESO-1特異的T細胞ではIFN-γの産生を認めず、特異的T細胞を誘導することはできなかった。
    また追加として、腫瘍抗原と考えられるWT-1特異的T細胞の誘導を試みた。HLA-A02:01拘束性のWT-1(RMFPNAPYL)由来ペプチドを添加し同様の方法を用いた。WT-1についてもNY-ESO-1と同様に特異的T細胞の誘導はできなかった。
    したがって、本研究ではこれまでのところ、ウイルス抗原であるTax特異的T細胞は容易に誘導できるが、腫瘍抗原であるNY-ESO-1およびWT-1特異的T細胞の誘導は困難であることが判明した。