2022/03/31 更新

写真a

カシワギ カツノブ
柏木 克信
KASHIWAGI Katsunobu
所属
大学院医学系研究科 附属医学教育研究支援センター 先端領域支援部門 助教
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2011年3月   大阪大学 ) 

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 分子生物学  / エピジェネティクス

経歴 4

  1. 名古屋大学   附属医学教育研究支援センター 先端領域支援部門   助教

    2021年4月 - 現在

  2. 奈良県立医科大学   第二生理学   助教

    2015年1月 - 2021年3月

  3. Mayo Clinic   Department of Molecular Pharmacology and Experimental Therapeutics   Researcher

    2013年7月 - 2014年12月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  4. Georgia Health Sciences University   Cancer Research Center   Researcher

    2012年5月 - 2013年6月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

学歴 3

  1. 大阪大学   大学院医学系研究科   未来医療開発専攻 博士課程

    2001年4月 - 2007年3月

  2. 大阪大学   医学系研究科   医科学専攻 修士課程

    1999年4月 - 2001年3月

  3. 東邦大学   理学部   生物分子科学科

    1993年4月 - 1998年3月

所属学協会 2

  1. 日本エピジェネティクス研究会

    2016年5月 - 現在

  2. 日本分子生物学会

    2015年12月 - 現在

 

論文 6

  1. ZBTB24 is a transcriptional regulator that coordinates with DNMT3B to control DNA methylation 査読有り 国際共著

    Joyce J. Thompson, Rupinder Kaur, Carlos P. Sosa, Jeong-Heon Lee, Katsunobu Kashiwagi, Dan Zhou and Keith D. Robertson

    Nucleic Acids Research   46 巻 ( 19 ) 頁: 10034 - 10051   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gky682

  2. Acute depletion redefines the division of labor among DNA methyltransferases in methylating the human genome 査読有り

    Rochelle L. Tiedemann, Emily L. Putiri, Jeong-Heon Lee, Ryan A. Hlady, Katsunobu Kashiwagi, Tamas Ordog, Zhiguo Zhang, Chen Liu, Jeong-Hyeon Choi and Keith D. Robertson

    Cell Reports   9 巻 ( 4 ) 頁: 1554 - 1566   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.celrep.2014.10.013

  3. DNA methyltransferase 3b preferentially associates with condensed chromatin. 査読有り

    Katsunobu Kashiwagi, Keisuke Nimura, Kiyoe Ura and Yasufumi Kaneda

    DNA methyltransferase 3b preferentially associates with condensed chromatin   39 巻 ( 3 ) 頁: 874 - 888   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gkq870

  4. Comparative roles of Twist-1 and Id1 in transcriptional regulation by BMP signaling. 査読有り

    Masanori Hayashi, Keisuke Nimura, Katsunobu Kashiwagi, Taku Harada, Kunio Takaoka, Hiroyuki Kato, Katsuto Tamai and Yasufumi Kaneda

    Journal of Cell Science   120 巻 ( 8 ) 頁: 1350 - 1357   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/jcs.000067

  5. Model of vasculogenesis from embryonic stem cells for vascular research and regenerative medicine. 査読有り

    Hironori Nakagami, Namika Nakagawa, Yasushi Takeya, Katsunobu Kashiwagi, Chisato Ishida, Shin-ichiro Hayashi, Motokuni Aoki, Kunio Matsumoto, Toshikazu Nakamura, Toshio Ogihara and Ryuichi Morishita

    Hypertension   48 巻 ( 1 ) 頁: 112 - 119   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/01.HYP.0000225426.12101.15

  6. リンカーヒストンによるクロマチンリモデリングの制御

    浦聖惠、柏木克信、金田安史

    実験医学   21 巻 ( 11 ) 頁: 1413 - 1418   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC 1

  1. クロマチン 生命情報発現の拠点 発生分化に伴うクロマチン構造変換とDNAのメチル化

    浦 聖恵, 佐伯 英昭, 石田 智咲, 柏木 克信, 森田 奈亜子, 金田 安史  

    生化学74 巻 ( 8 ) 頁: 651 - 651   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. TET タンパク質による発がん防御機構の解析

    2016年4月 - 2017年3月

    奈良県立医科大学  公立大学法人 奈良県立医科大学若手研究者研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

科研費 1

  1. SWI/SNF クロマチンリモデリング因子によるクロマチン構造変 換調節機構の解明

    研究課題/研究課題番号:18K14625  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 病理病態学

    2021

  2. 基礎セミナーA

    2021

担当経験のある科目 (本学以外) 3

  1. 人体機能学 (看護学科、血液)

    2018年4月 - 2020年3月 奈良県立医科大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  2. 生理学II (医学科、腎臓の機能)

    2015年4月 - 2021年3月 奈良県立医科大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  3. 人体機能学 (看護学科、腎臓の機能)

    2015年4月 - 2016年3月 奈良県立医科大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目