2021/05/26 更新

写真a

ハナカ テッシュウ
土中 哲秀
HANAKA Tesshu
所属
大学院情報学研究科 数理情報学専攻 数理情報モデル論 助教
情報学部 自然情報学科
大学院情報学研究科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(経済学) ( 2018年3月   九州大学 ) 

研究キーワード 6

  1. 産業連関分析

  2. パラメータ化計算量

  3. ネットワーク分析

  4. グラフアルゴリズム

  5. オペレーションズ・リサーチ

  6. アルゴリズム的ゲーム理論

研究分野 2

  1. 人文・社会 / 経済統計  / 経済統計

  2. 情報通信 / 情報学基礎論  / 情報学基礎理論

経歴 2

  1. 名古屋大学   大学院情報学研究科 数理情報学専攻   助教

    2021年3月 - 現在

  2. 中央大学   理工学部情報工学科   助教

    2018年4月 - 2021年2月

学歴 2

  1. 九州大学   経済学府   経済工学専攻

    2015年4月 - 2018年3月

  2. 九州大学   経済学府   経済工学専攻

    2014年4月 - 2015年3月

所属学協会 2

  1. 日本オペレーションズ・リサーチ学会

  2. 情報処理学会

委員歴 1

  1. 日本オペレーションズ・リサーチ学会論文誌編集委員  

    2020年5月 - 現在   

受賞 3

  1. 2017年度九州大学総長賞(学術研究表彰)

    2018年3月   九州大学  

  2. 2017年度情報処理学会コンピュータサイエンス領域奨励賞

    2017年8月   情報処理学会   On the maximum weight minimal separator

  3. 第11回情報科学ワークショップ(2015)優秀研究賞

    2015年9月   第11回情報科学ワークショップ(2015)   産業連関ネットワーク解析のための疎化処理と閾値の関係について

 

論文 34

  1. Computing L(p, 1)-Labeling with Combined Parameters 査読有り

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   12635 LNCS 巻   頁: 208 - 220   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    DOI: 10.1007/978-3-030-68211-8_17

    Scopus

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/walcom/walcom2021.html#HanakaKO21

  2. Finding a maximum minimal separator: Graph classes and fixed-parameter tractability 査読有り

    Theoretical Computer Science     2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Theoretical Computer Science  

    DOI: 10.1016/j.tcs.2021.03.006

    Scopus

  3. (In)approximability of Maximum Minimal FVS 査読有り

    Louis Dublois, Tesshu Hanaka, Mehdi Khosravian Ghadikolaei, Michael Lampis, Nikolaos Melissinos

    Proceedings of the 31st International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC 2020), Leibniz International Proceedings in Informatics (LIPIcs)     2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Schloss Dagstuhl--Leibniz-Zentrum für Informatik  

  4. Subgraph Isomorphism on Graph Classes that Exclude a Substructure 査読有り

    Bodlaender Hans L., Hanaka Tesshu, Kobayashi Yasuaki, Kobayashi Yusuke, Okamoto Yoshio, Otachi Yota, van der Zanden Tom C.

    ALGORITHMICA   82 巻 ( 12 ) 頁: 3566 - 3587   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/s00453-020-00737-z

    Web of Science

    Scopus

  5. An optimal algorithm for Bisection for bounded-treewidth graphs 査読有り

    Tesshu Hanaka, Yasuaki Kobayashi, Taiga Sone

    Proceedings of the 14th International Frontiers of Algorithmics Workshop (FAW 2020), Lecture Notes in Computer Science   12340 巻   頁: 25 - 36   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/978-3-030-59901-0_3

  6. Independent Set Reconfiguration Parameterized by Modular-Width 査読有り

    Belmonte Remy, Hanaka Tesshu, Lampis Michael, Ono Hirotaka, Otachi Yota

    ALGORITHMICA   82 巻 ( 9 ) 頁: 2586 - 2605   2020年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/s00453-020-00700-y

    Web of Science

    Scopus

  7. Graph Classes and Approximability of the Happy Set Problem 査読有り

    Yuichi Asahiro, Hiroshi Eto, Tesshu Hanaka, Guohui Lin, Eiji Miyano, Ippei Terabaru

    Proceedings of the 26th International Computing and Combinatorics Conference (COCOON 2020), Lecture Notes in Computer Science   12273 巻   頁: 43 - 55   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/978-3-030-58150-3_27

  8. Hedonic Seat Arrangement Problems (Extended Abstract) 査読有り

    Hans L. Bodlaender, Tesshu Hanaka, Lars Jaffke, Hirotaka Ono, Yota Otachi, Tom C. van, der Zanden

    Proceedings of the 19th International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS 2020)     頁: 1777 - 1779   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:International Foundation for Autonomous Agents and Multiagent Systems  

  9. Parameterized Algorithms for the Happy Set Problem 査読有り

    Yuichi Asahiro, Hiroshi Eto, Tesshu Hanaka, Guohui Lin, Eiji Miyano, Ippei Terabaru

    Proceedings of the 14th International Conference and Workshops on Algorithms and Computation (WALCOM 2020), Lecture Notes in Computer Science   12049 巻   頁: 323 - 328   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer,  

    DOI: 10.1007/978-3-030-39881-1_27

  10. Reconfiguring spanning and induced subgraphs 査読有り

    Tesshu Hanaka, Takehiro Ito, Haruka Mizuta, Benjamin Moore, Naomi Nishimura, Vijay Subramanya, Akira Suzuki, Krishna Vaidyanathan

    Theoretical Computer Science   806 巻   頁: 553 - 566   2020年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tcs.2019.09.018

  11. Two-player Competitive Diffusion Game: Graph Classes and the Existence of a Nash Equilibrium 査読有り

    Naoka Fukuzono, Tesshu Hanaka, Hironori Kiya, Hirotaka Ono, Ryogo Yamaguchi

    Proceedings of the 46th International Conference on Current Trends in Theory and Practice of Informatics (SOFSEM 2020), Lecture Notes in Computer Science   12011 巻   頁: 627 - 635   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/978-3-030-38919-2_52

    Scopus

  12. Parameterized Orientable Deletion 査読有り

    Tesshu Hanaka, Ioannis Katsikarelis, Michael Lampis, Yota Otachi, Florian Sikora

    Algorithmica   82 巻   頁: 1909 - 1938   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/s00453-020-00679-6

  13. Hedonic seat arrangement problems

    Bodlaender H.L.

    Proceedings of the International Joint Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems, AAMAS   2020-May 巻   頁: 1777 - 1779   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Proceedings of the International Joint Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems, AAMAS  

    Scopus

  14. Parameterized Complexity of (A,l)-Path Packing 査読有り

    Belmonte R.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   12126 LNCS 巻   頁: 43 - 55   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    DOI: 10.1007/978-3-030-48966-3_4

    Scopus

  15. Parameterized Complexity of Safe Set 査読有り

    Rémy Belmonte, Tesshu Hanaka, Ioannis Katsikarelis, Michael Lampis, Hirotaka Ono, Yota Otach

    Journal of Graph Algorithms and Applications   24 巻 ( 3 ) 頁: 215 - 245   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Graph Algorithms and Applications  

    DOI: 10.7155/jgaa.00528

    Scopus

  16. On the maximum weight minimal separator

    Hanaka Tesshu, Bodlaender Hans L., van der Zanden Tom C., Ono Hirotaka

    THEORETICAL COMPUTER SCIENCE   796 巻   頁: 294 - 308   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Theoretical Computer Science  

    DOI: 10.1016/j.tcs.2019.09.025

    Web of Science

    Scopus

  17. On the Maximum Weight Minimal Separator 査読有り

    Tesshu Hanaka, Hans L. Bodlaender, Tom van der Zanden, Hirotaka Ono

    Theoretical Computer Science   796 巻   頁: 294 - 308   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  18. Computational Complexity of Hedonic Games on Sparse Graphs 査読有り

    Tesshu Hanaka, Hironori Kiya, Yasuhide Maei, Hirotaka Ono

    Proceedings of the 22nd International Conference on Principles and Practice of Multi-Agent Systems (PRIMA 2019), Lecture Notes in Computer Science   11873 巻   頁: 576 - 584   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

    arXiv

  19. Independent Set Reconfiguration Parameterized by Modular-Width 査読有り

    Rémy Belmonte, Tesshu Hanaka, Michael Lampis, Hirotaka Ono, Yota Otachi

    Proceedings of the 45th International Workshop on Graph-Theoretic Concepts in Computer Science (WG 2019), Lecture Notes in Computer Science   11789 巻   頁: 285 - 297   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

  20. Industrial clusters with substantial carbon-reduction potential 査読有り

    Keiichiro Kanemoto, Tesshu Hanaka, Shigemi Kagawa, Keisuke Nansai

    Economic Systems Research   31 巻 ( 2 ) 頁: 248 - 266   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Routledge  

    DOI: 10.1080/09535314.2018.1492369

  21. Parameterized Complexity of Safe Set 査読有り

    Rémy Belmonte, Tesshu Hanaka, Ioannis Katsikarelis, Michael Lampis, Hirotaka Ono, Yota Otachi

    Proceedings of the 11th International Conference on Algorithms and Complexity (CIAC 2019), Lecture Notes in Computer Science   11485 巻   頁: 38 - 49   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/978-3-030-17402-6_4

    Scopus

  22. On directed covering and domination problems 査読有り

    Hanaka Tesshu, Nishimura Naomi, Ono Hirotaka

    DISCRETE APPLIED MATHEMATICS   259 巻   頁: 76 - 99   2019年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.dam.2018.12.012

    Web of Science

    Scopus

  23. Optimal Partition of a Tree with Social Distance 査読有り

    Masahiro Okubo, Tesshu Hanaka, Hirotaka Ono

    Proceedings of the 13th International Conference and Workshops on Algorithms and Computation (WALCOM 2019), Lecture Notes in Computer Science   11355 巻   頁: 121 - 132   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/978-3-030-10564-8_10

    Scopus

  24. Computational Complexity of Hedonic Games on Sparse Graphs

    Hanaka Tesshu, Kiya Hironori, Maei Yasuhide, Ono Hirotaka

    PRINCIPLES AND PRACTICE OF MULTI-AGENT SYSTEMS (PRIMA 2019)   11873 巻   頁: 576 - 584   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    DOI: 10.1007/978-3-030-33792-6_43

    Web of Science

    Scopus

  25. Independent Set Reconfiguration Parameterized by Modular-Width 査読有り

    Belmonte Remy, Hanaka Tesshu, Lampis Michael, Ono Hirotaka, Otachi Yota

    GRAPH-THEORETIC CONCEPTS IN COMPUTER SCIENCE (WG 2019)   11789 巻   頁: 285 - 297   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    DOI: 10.1007/978-3-030-30786-8_22

    Web of Science

    Scopus

  26. Parameterized Algorithms for Maximum Cut with Connectivity Constraints. 査読有り

    Hiroshi Eto, Tesshu Hanaka, Yasuaki Kobayashi, Yusuke Kobayashi 0001

        頁: 13 - 15   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.4230/LIPIcs.IPEC.2019.13

  27. New Results on Directed Edge Dominating Set 査読有り

    Remy Belmonte, Tesshu Hanaka, Ioannis Katsikarelis, Eun Jung Kim, Michael Lampis

    Proceedings of the 43rd International Symposium on Mathematical Foundations of Computer Science (MFCS 2018), Leibniz International Proceedings in Informatics (LIPIcs)   117 巻 ( 67 ) 頁: 1 - 16   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Schloss Dagstuhl--Leibniz-Zentrum für Informatik  

  28. Reconfiguring spanning and induced subgraphs 査読有り

    Tesshu Hanaka, Takehiro Ito, Haruka Mizuta, Benjamin Moore, Naomi Nishimura, Vijay Subramanya, Akira Suzuki, Krishna Vaidyanathan

    Proceedings of the 24th International Computing and Combinatorics Conference (COCOON2018), Lecture Notes in Computer Science   10976 巻   頁: 428 - 440   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer  

  29. Parameterized orientable deletion 査読有り

    Tesshu Hanaka, Ioannis Katsikarelis, Michael Lampis, Yota Otachi, Florian Sikora

    Leibniz International Proceedings in Informatics, LIPIcs   101 巻 ( 24 ) 頁: 241 - 2413   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Schloss Dagstuhl- Leibniz-Zentrum fur Informatik GmbH, Dagstuhl Publishing  

    A graph is d-orientable if its edges can be oriented so that the maximum in-degree of the resulting digraph is at most d. d-orientability is a well-studied concept with close connections to fundamental graph-theoretic notions and applications as a load balancing problem. In this paper we consider the d-Orientable Deletion problem: given a graph G = (V, E), delete the minimum number of vertices to make G d-orientable. We contribute a number of results that improve the state of the art on this problem. Specifically: We show that the problem is W[2]-hard and log n-inapproximable with respect to k, the number of deleted vertices. This closes the gap in the problem’s approximability. We completely characterize the parameterized complexity of the problem on chordal graphs: it is FPT parameterized by d + k, but W-hard for each of the parameters d, k separately. We show that, under the SETH, for all d, , the problem does not admit a (d + 2 − )tw, algorithm where tw is the graph’s treewidth, resolving as a special case an open problem on the complexity of PseudoForest Deletion. We show that the problem is W-hard parameterized by the input graph’s clique-width. Complementing this, we provide an algorithm running in time dO(d·cw), showing that the problem is FPT by d + cw, and improving the previously best know algorithm for this case.

    DOI: 10.4230/LIPIcs.SWAT.2018.24

    Scopus

  30. On directed covering and domination problems 査読有り

    Hanaka T.

    Leibniz International Proceedings in Informatics, LIPIcs   92 巻 ( 45 ) 頁: 1 - 12   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Leibniz International Proceedings in Informatics, LIPIcs  

    DOI: 10.4230/LIPIcs.ISAAC.2017.45

    Scopus

  31. Finding environmentally critical transmission sectors, transactions, and paths in global supply chain networks 査読有り

    Hanaka Tesshu, Kagawa Shigemi, Ono Hirotaka, Kanemoto Keiichiro

    ENERGY ECONOMICS   68 巻   頁: 44 - 52   2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Energy Economics  

    DOI: 10.1016/j.eneco.2017.09.012

    Web of Science

    Scopus

  32. まちづくりにおける意思決定モデルの構築

    土中哲秀, 德永翔太, 古橋寛子

    決断科学   ( 3 ) 頁: 23 - 34   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州大学持続可能な社会のための決断科学センター  

  33. On the maximum weight minimal separator 査読有り

    Tesshu Hanaka, Hans L. Bodlaender, Tom C. Van Der Zanden, Hirotaka Ono

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   10185 巻   頁: 304 - 318   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer Verlag  

    Given an undirected and connected graph G = (V, E) and two vertices s, t ∈ V, a vertex subset S that separates s and t is called an s-t separator, and an s-t separator is called minimal if no proper subset of S separates s and t. In this paper, we consider finding a minimal s-t separator with maximum weight on a vertex-weighted graph. We first prove that this problem is NP-hard. Then, we propose an twO( tw) n-time deterministic algorithm based on tree decompositions. Moreover, we also propose an O∗ (9tw W2)-time randomized algorithm to determine whether there exists a minimal s-t separator where W is its weight and tw is the treewidth of G.

    DOI: 10.1007/978-3-319-55911-7_22

    Scopus

  34. A Fixed Parameter Algorithm for Max Edge Domination 査読有り

    Tesshu Hanaka, Hirotaka Ono

    Proceedings of Student Research Forum Papers and Posters at SOFSEM 2015, the 41st International Conference on Current Trends in Theory and Practice of Computer Science, CEUR Workshop Proceedings   1326 巻   頁: 31 - 40   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CEUR-WS.org  

▼全件表示

MISC 1

  1. グラフの2等分割問題に対するアルゴリズムと計算複雑性 (システム数理と応用)

    小林 靖明, 曽根 大雅, 土中 哲秀  

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報119 巻 ( 314 ) 頁: 41 - 46   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

講演・口頭発表等 59

  1. Capacitated Network Design Games on a Generalized Fair Allocation Model

    廣瀬 暁之, 土中 哲秀, 小野 廣隆

    第16回情報科学ワークショップ  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. L(p, 1) ラベリングのための固定パラメータアルゴリズム

    川井 一馬, 土中 哲秀, 小野 廣隆

    第16回情報科学ワークショップ  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. 多様な部分グラフを発見するアルゴリズム

    土中 哲秀, 小林 靖明, 栗田 和宏, 大舘 陽太

    人工知能学会 第113回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI)  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. Comprehensive analysis of carbon footprint based on the relative location in the global supply chains 国際会議

    Shohei Tokito, Tesshu Hanaka, Fumiya Nagashima

    SETAC Europe 30th Annual Meeting  2020年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. Detecting Inter-Industrial Clusters in the Supply Chain Networks to Reduce Embodied Emissions 国際会議

    Fumiya Nagashima, Shohei Tokito, Tesshu Hanaka

    SETAC Europe 30th Annual Meeting  2020年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. 社会的距離に基づくグラフの安定分割

    大久保 壮浩, 土中 哲秀, 小野 廣隆

    電子情報通信学会2020年(令和2年)総合大会 COMP学生シンポジウム  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. Graph partitioning problems parameterized by vertex integrity

    儀間 達也, 土中 哲秀, 清見 礼, 小林 靖明, 大舘 陽太

    2019年度 冬のLAシンポジウム  2020年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  8. コーダルグラフ関連クラスにおける2人プレイヤー拡散競争ゲームのナッシュ均衡

    福園 菜央佳, 木谷 裕紀, 土中 哲秀, 小野 廣隆

    2019年度 冬のLAシンポジウム  2020年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  9. Packing disjoint A-paths with fixed length

    Rémy Belmonte, 土中 哲秀, 神崎 勝彰, 清見 礼, 小林 靖明, 小林 佑輔, Michael Lampis, 小野 廣隆, 大舘 陽太

    2019年度 冬のLAシンポジウム  2020年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  10. 疎グラフにおけるヘドニックゲームの計算量

    前井 康秀, 木谷 裕紀, 土中 哲秀, 小野 廣隆

    2019年度 冬のLAシンポジウム  2020年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  11. 構造的パラメータに関する最密部分グラフ問題の固定パラメータ容易性

    土中 哲秀

    情報処理学会 第176回アルゴリズム研究会  2020年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  12. グラフの2等分割問題に対するアルゴリズムと計算複雑性

    小林靖明, 曽根大雅, 土中 哲秀

    情報処理学会 第175回アルゴリズム研究会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  13. 弦グラフ関連クラスにおける 2 人プレイヤー拡散競争ゲームのナッシュ均衡について

    福園 菜央佳, 木谷 裕紀, 土中 哲秀, 小野 廣隆

    第15回情報科学ワークショップ  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  14. グラフへドニックゲームにおける総効用最大化 FPT アルゴリズム

    前井 康秀, 川井 一馬, 木谷 裕紀, 土中 哲秀, 小野 廣隆

    2019年度夏の LA シンポジウム  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  15. 最大連結カットに対するパラメータ化アルゴリズム

    江藤 宏, 土中 哲秀, 小林 靖明, 小林 佑輔

    2019年度夏の LA シンポジウム  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  16. 距離効用関数に基づく木の分割アルゴリズムの最適性・安定性

    大久保 壮浩, 土中 哲秀, 小野 廣隆

    2019年度夏の LA シンポジウム  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  17. Boosting Economic Competitiveness: The Industrial Clusters in Input-Output Networks 国際会議

    Shohei Tokito, Fumiya Nagashima, Tesshu Hanaka

    The 27th International Input-Output Association Conference  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  18. グラフへドニックゲームに対する総効用最大化 FPT アルゴリズム

    前井 康秀, 川井 一馬, 木谷 裕紀, 土中 哲秀, 小野 廣隆

    最適化とその応用-未来を担う若手研究者の集い2019-  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  19. Structural Similarity Analysis based on the Network Characteristics of Sectors 国際会議

    Tesshu Hanaka, Keiichiro Kanemoto, Sigemi Kagawa

    The 27th International Input-Output Association Conference,  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  20. Edge Clustering for Supply Chain Networks 国際会議

    Keiichiro Kanemoto, Tesshu Hanaka

    The 27th International Input-Output Association Conference  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  21. 弦グラフ関連クラスにおける 2 人プレイヤー拡散競争ゲームのナッシュ均衡について

    福薗 菜央佳, 木谷 裕紀, 土中 哲秀, 小野 廣隆

    最適化とその応用-未来を担う若手研究者の集い2019-  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  22. New Results on Directed Edge Dominating Set

    Remy Belmonte, 土中 哲秀, Ioannis Katsikarelis, Eun Jung Kim, Michael Lampis

    2018年度 冬のLAシンポジウム  2019年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  23. コーダルグラフ関連クラスにおける2人拡散競争ゲームのナッシュ均衡の存在性

    福薗 菜央佳, 土中 哲秀, 木谷 裕紀, 小野 廣隆

    2018年度 冬のLAシンポジウム  2019年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  24. 帰属分析を用いた環境経済構造の把握

    土中哲秀, 金本 圭一朗, 加河 茂美

    環太平洋産業連関分析学会 第 29 回(2018 年度)全国大会  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知  

  25. グラフ制限下のヘドニックゲームにおける安定性探索のPLS完全性

    前井康秀, 木谷裕紀, 土中哲秀, 小野廣隆

    第14回 情報科学ワークショップ  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  26. 弦グラフ関連クラスにおける拡散競争ゲームのナッシュ均衡の存在性

    福薗菜央佳, 木谷裕紀, 土中哲秀, 小野 廣隆

    第14回 情報科学ワークショップ  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  27. 社会的距離に基づくグラフ最適分割の計算量

    大久保壮浩, 土中哲秀, 小野廣隆

    第14回 情報科学ワークショップ  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  28. 有向辺⽀配集合問題の核と近似

    Remy Belmonte, 土中哲秀, Ioannis Katsikarelis, Eun Jung Kim, Michael Lampis

    第14回 情報科学ワークショップ  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  29. スプリットグラフにおける2人プレイヤー拡散競争ゲームのナッシュ均衡の存在性

    福薗菜央佳, 木谷裕紀, 小野 廣隆, 土中哲秀

    最適化とその応用-未来を担う若手研究者の集い2018-  2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城  

  30. 社会的距離に基づく木の最適分割

    大久保壮浩, 土中哲秀, 小野廣隆

    コンピュテーション研究会(COMP)  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  31. Simple-Kalahにおける勝敗確定の十分条件

    前井康秀, 木谷裕紀, 土中 哲秀, 小野廣隆

    組合せゲーム・パズルプロジェクト第13回研究集会  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  32. Simple-Kalahにおける勝敗確定の十分条件

    前井康秀, 木谷裕紀, 土中 哲秀, 小野廣隆

    組合せゲーム・パズルプロジェクト第13回研究集会  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  33. ブロックグラフにおける2人プレイヤー拡散競争ゲームのナッシュ均衡の存在について

    福薗 菜央佳, 木谷 裕紀, 土中 哲秀, 小野 廣隆

    火の国情報シンポジウム2018  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎  

  34. 社会的距離に基づく木の最適分割

    大久保壮浩, 土中哲秀, 小野廣隆

    火の国情報シンポジウム2018  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎  

  35. 席替え問題に対する安定解・最適解の実験的評価

    筒井貴之, 土中哲秀, 江藤宏, 小野廣隆

    火の国情報シンポジウム2018  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎  

  36. 三角形数を最大・最小にする三角化

    江藤 宏, 土中 哲秀, 宮野 英次, 西島 歩美, 小野 廣隆, 大舘 陽太, 斎藤 寿樹, 上原 隆平, Tom C. van, der Zanden

    2017年度 冬のLAシンポジウム  2018年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  37. ネットワークの社会的距離に基づく最適分割

    大久保壮浩, 土中哲秀, 小野廣隆

    日本オペレーションズ・リサーチ学会 九州支部 九州地区におけるOR若手研究交流会―2017 湯布院 ―  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  38. 三角形総個数最大化問題

    西島歩美, 江藤宏, 土中哲秀, 宮野英次, 小野廣隆, 大舘陽太, 斎藤寿樹, 上原隆平, Tom van der Zanden

    日本オペレーションズ・リサーチ学会 九州支部 九州地区におけるOR若手研究交流会―2017 湯布院 ―  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  39. 総流量モデルに基づく環境帰属分析

    土中哲秀, 加河茂美, 金本圭一朗, 小野廣隆

    環太平洋産業連関分析学会 第28回(2017年度)大会  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  40. 有向支配集合問題に関する考察

    土中哲秀, Nishimura Naomi, 小野廣隆

    日本オペレーションズ・リサーチ学会 九州支部 九州地区におけるOR若手研究交流会―2017 湯布院 ―  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  41. On Directed Covering and Domination Problems

    土中哲秀, Nishimura Naomi, 小野廣隆

    第13回情報科学ワークショップ  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  42. 有向グラフにおける辺支配集合問題について

    土中哲秀, Nishimura Naomi, 小野廣隆

    スケジューリングシンポジウム2017  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  43. On the Maximum Induced Subgraph Problem with the Grid and Cycle

    Hiroshi Eto, Tesshu Hanaka

    The 10th Annual Meeting of Asian Association for Algorithms and Computation-AAAC2017-  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  44. 有向辺支配集合問題に対する固定パラメータアルゴリズム

    土中哲秀, Nishimura Naomi, 小野廣隆

    WOO@つくば – 未来を担う若手研究者の集い 2017  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  45. 島おこし活動に温度差はあるか?-対馬市を対象とした実態調査

    秋保亮太, 孟憲巍, 土中哲秀, 花松泰倫

    九州心理学会第77回大会  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  46. 島おこし活動に温度差はあるか?-対馬市を対象とした実態調査-

    秋保亮太, 孟憲巍, 土中哲秀, 花松泰倫

    対馬学フォーラム2016  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎  

  47. A Clustering Approach for the Identification of Carbon-Intensive Supply Chains

    Keiichiro Kanemoto, Tesshu Hanaka, Shigemi Kagawa

    環太平洋産業連関分析学会 第27回(2016年度)大会  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  48. 産業連関分析に対する媒介中心性

    土中哲秀, 加河茂美, 小野廣隆

    日本オペレーションズ・リサーチ学会 九州支部 九州地区におけるOR若手研究交流会―2016 湯布院 ―  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  49. 辺媒介中心性に基づくサプライチェーン分析手法

    土中哲秀, 加河茂美, 小野廣隆

    環太平洋産業連関分析学会 第27回(2016年度)大会  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  50. On the Maximum Weight Minimal Separator

    土中哲秀, Hans L. Bodlaender, Tom. C. van, der Zanden, 小野廣隆

    第12回情報科学ワークショップ  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  51. On the Maximum Weight Minimal Separator

    Tesshu Hanaka, Hans L. Bodlaender, Tom. C. van, der Zanden, Hirotaka Ono

    第158回アルゴリズム研究会, 情報処理学会  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  52. Maximum Weighted Minimal Vertex Separator

    Tesshu Hanaka, Hirotaka Ono

    The 9th Annual Meeting of Asian Association for Algorithms and Computation-AAAC2016-  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  53. 最大重み極小点カット問題に対する乱択アルゴリズム

    土中哲秀, Hans L. Bodlaender, Tom. C. van, der Zanden, 小野廣隆

    WOO@つくば – 未来を担う若手研究者の集い 2016  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  54. 家庭用野球ゲームソフトを用いた最適打順の評価

    槇貴将, 土中哲秀, 小野廣隆

    火の国情報シンポジウム2016  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  55. 競技ダンスの採点システムの安定性の評価

    上原昂平, 土中哲秀, 小野廣隆

    火の国情報シンポジウム2016  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  56. 産業連関ネットワーク解析のための疎化処理と閾値の関係について

    土中哲秀, 小野廣隆, 加河茂美

    環太平洋産業連関分析学会 第26回(2015年度)大会  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  57. 産業連関ネットワーク解析のための疎化処理と閾値の関係について

    土中哲秀, 小野廣隆

    第11回情報科学ワークショップ  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  58. 産業連関ネットワーク解析のための疎化処理と閾値の関係について

    土中哲秀, 小野廣隆

    第11回情報科学ワークショップ  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  59. 産業連関ネットワーク解析のための疎化処理と閾値の関係について

    土中哲秀, 小野廣隆

    第12回ネットワーク生態学シンポジウム  2015年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

科研費 3

  1. 生物の系統・全ゲノム情報を利用した貿易を通じた種多様性・固有性評価に関する研究

    研究課題/研究課題番号:20H00651  2020年4月 - 2024年3月

    金本 圭一朗

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    私たちの消費は複雑なグローバル・サプライチェーンを通じて、消費している場所とは全く異なる場所で種を絶滅の危機に晒していることが明らかになってきた。例えば、研究代表者らが、Nature誌に掲載してきた研究によって、日本の木造住宅の建設が、日本の製材業、パプアニューギニアでの森林伐採というサプライチェーンを通じて、パプアニューギニアで多くの生物を絶滅の危機に晒していることが明らかになった。研究代表者らのこれまでの研究では、生物多様性を定量化するために、種数を使うことでサプライチェーンを通じた生物多様性への影響を明らかにしてきた。このような背景のもとで、ゲノムや系統情報を用いたさらなる研究を行う。

  2. 重み付き有向グラフに対するパラメータ化近似アルゴリズムの開発

    研究課題/研究課題番号:19K21537  2019年4月 - 2021年3月

    土中 哲秀

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

    グラフ最適化問題は工学,情報学,経済学をはじめとした様々な分野における自然な問題としてしばしば現れる.それらの多くは,現実的な時間で解を求めることが難しいと考えられているが,近似アルゴリズムやパラメータ化アルゴリズムといった高性能アルゴリズム設計手法の発展によって,ある程度効率的に解を求めることが可能になった.近年では,これらに加えて,高速高精度なパラメータ化近似アルゴリズムが注目されている.
    本研究では,一般に広く研究されている重み無し無向グラフのみならず,重み付き有向グラフなどのより記述力の高いグラフに対する高速高精度グラフアルゴリズムの設計を目指す.
    重み付きグラフや有向グラフ,重み付き有向グラフにおけるグラフ最適化問題は社会ネットワークや取引ネットワークなどの様々な実ネットワーク上の問題を定式化することができる.しかし,従来広く研究されてきた無向重みなしグラフに比べて,問題が複雑になり,アルゴリズムの性能が十分に発揮されないものも多い.本研究では,このような表現力の高いグラフに対して定義されたグラフ最適化問題に対する近似アルゴリズム,パラメータ化アルゴリズム,パラメータ化近似アルゴリズム設計を通じて,高速高精度アルゴリズム設計手法の理論構築を目指す.
    <BR>
    本年度の主な研究成果として,グラフ上で定式化される組合せ最適化問題や組合せゲームに対する近似アルゴリズム,パラメータ化アルゴリズム,パラメータ化近似アルゴリズムの設計を行った.具体的には,(1)安全集合問題,部分グラフ同型性判定問題,連結最大カット問題,独立集合遷移問題などのグラフ最適化問題に対するパラメータ化アルゴリズムの開発,及びその計算複雑性の解析,(2)グラフィカルヘドニックゲームに対するパラメータ化アルゴリズムの開発,(3)最密部分グラフ問題に対するパラメータ化近似アルゴリズムの開発などが挙げられる.特に,(2)で扱ったグラフィカルヘドニックゲームは,社会ネットワークにおける提携形成を重み付き有向グラフ上でモデル化したものである.この問題は,一般に最適な提携を求めることは難しいことが知られていたが,木幅や次数の小さな比較的疎なグラフに対しては,高速に求められる場合があることを明らかにした.
    当初の予定通り,有向グラフや重み付きグラフ上でのグラフ最適化問題に対して,近似アルゴリズム,パラメータ化アルゴリズムなどの高性能アルゴリズムの設計に成功しており,研究成果としては,順調に成果が上がっていると考えている.本年度は,Elsevier社の査読有ジャーナルTheoretical Computer Scienceから2編,Springer社の査読有ジャーナルAlgorithmicaから2編論文が出版された.さらに,計算機科学分野で認知されているSpringer社のLecture Notes in Computer Scienceから4編出版されており,関連分野の研究者にとって関心のある成果を上げていると考えられる.
    上記の通り,現在まで順調に研究成果が上がっている.よって,基本的な方針は変えずに,研究を進めていく予定である.また,すでに成果の上がっている結果については,迅速に論文として取り纏め,投稿する予定である.

  3. 重み付き有向グラフに対するパラメータ化近似アルゴリズムの開発

    2018年8月 - 2020年3月

    文部科学省  科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-若手研究(スタートアップ) 

    土中 哲秀

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2990000円