2021/03/24 更新

写真a

フクモト カズイ
福本 一生
FUKUMOTO Kazui
所属
大学院工学研究科 化学システム工学専攻 先進化学工学システム 特任助教
職名
特任助教

学位 3

  1. 博士(工学) ( 2010年3月   立命館大学 ) 

  2. 修士 ( 2004年3月   立命館大学 ) 

  3. 学士 ( 2002年3月   立命館大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 噴流火炎

  2. 燃え広がり

  3. プール火炎

研究分野 1

  1. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 流体工学

経歴 8

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科   特任助教

    2020年11月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院工学研究科   技術補佐員

    2020年9月 - 2020年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. ウォーリック大学   工学科   名誉フェロー

    2020年8月 - 2023年7月

      詳細を見る

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

  4. 合肥工業大学   土木工学科   准教授

    2017年2月 - 2019年10月

      詳細を見る

    国名:中華人民共和国

  5. ウォーリック大学   工学科   名誉フェロー

    2015年12月 - 2019年12月

      詳細を見る

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

  6. ウォーリック大学   工学科   マリーキュリーフェロー

    2013年10月 - 2015年9月

      詳細を見る

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

  7. 立命館大学   理工学部   客員協力研究員

    2013年10月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 立命館大学   理工学部   助手

    2008年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 立命館大学   理工学研究科

    2004年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 立命館大学   理工学研究科

    2002年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 立命館大学   理工学部   機械工学科

    1998年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 1

  1. 機械学会

 

論文 15

  1. Study on the role of soot and heat fluxes in upward flame spread using a wall resolved large eddy simulation approach (in print) 査読有り

    K. Fukumoto, Changjian Wang, Jennifer X. Wen

    Journal of Thermal Analysis and Calorimetry     頁: 00-00   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Numerical simulation of small pool fires incorporating liquid fuel motion 査読有り

    K. Fukumoto, J. X. Wen, M. Li, C. Wang

    Combustion and Flame   213 巻   頁: 441-454   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.combustflame.2019.11.047

  3. Experimental and numerical simulation of multi-component combustion of typical charring material 査読有り

    Y. Ding, K. Fukumoto, O. A. Ezekoye, S. Lu, C.J Wang

    Combustion and Flame   211 巻   頁: 417-429   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.combustflame.2019.10.016

  4. Large eddy simulation of a syngas jet flame: Effects of preferential diffusion and turbulence-chemistry interaction 査読有り

    K. Fukumoto, C.J. Wang, J. Wen

    Energy & Fuels   33 巻 ( 6 ) 頁: 5561-5581   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.energyfuels.9b00130

  5. Phenomenological characterization and investigation of the mechanism of flame spread over butanol-diesel blended fuel 査読有り

    M. Li, K. Fukumoto, C.J. Wang, X. Zhang, S. Yang

    Fuel   233 巻 ( 1 ) 頁: 21-28   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.fuel.2018.06.033

  6. Large eddy simulation of upward flame spread on PMMA walls with a fully coupled fluid-solid approach 査読有り

    K. Fukumoto, C.J. Wang, J. Wen

    Combustion and Flame   190 巻   頁: 365-387   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.combustflame.2017.11.012

  7. Combustion and flame spreading characteristics of diesel fuel with forced air flows 査読有り

    M. Li, C.J. Wang, S. Yang, K. Fukumoto, C. Fan

    Fuel   216 巻 ( 15 ) 頁: 390-397   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.fuel.2017.11.100

  8. Simulation of turbulent non-premixed and partially premixed flames using a look-up table 査読有り

    K. Fukumoto, Y. Ogami

    Journal of Thermal Science and Technology   9 巻 ( 1 ) 頁: 390-397   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/jtst.2014jtst0003

  9. Simulation of CO-H2-air Turbulent Non-premixed Flame using the Eddy Dissipation Concept Model with Look-up Table Approach 査読有り

    K. Fukumoto, Y. Ogami

    Journal of Combustion   2012 巻 ( 2012 ) 頁: p. 496460   2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2012/496460

  10. Combustion simulation technique for reducing chemical mechanisms using a look-up table of chemical equilibrium calculations: Application to CO-H2-air turbulent non-premixed flame 査読有り

    K. Fukumoto, Y. Ogami

    Computers & Fluids   15 巻   頁: 98-106   2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.compfluid.2012.06.001

  11. Turbulent diffusion combustion model using chemical equilibrium combined with the eddy dissipation concept for reducing detailed chemical mechanisms: An application of H2-air turbulent diffusion flame 査読有り

    K. Fukumoto*, Y. Ogami

    Heat Transfer Asian Research   39 巻   頁: 292-313   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/htj.20296

  12. Simulation of combustion by the vortex method 査読有り

    Y. Ogami, K. Fukumoto

    Computers & Fluids   39 巻 ( 4 ) 頁: 2010   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.compfluid.2009.10.008

  13. 平衡法と渦消散コンセプトモデルを組み合わせた燃焼モデルによるCO-H2-air乱流拡散火炎の数値解析 査読有り

    福本一生,大上芳文

    高温学会誌   35 巻 ( 4 ) 頁: 205-214   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7791/jhts.35.205

  14. 燃焼生成物を簡便に予測するための平衡法と渦消散モデルを組み合わせた乱流拡散燃焼モデル 査読有り

    福本一生,坂井亮人,大上芳文

    高温学会誌   35 巻 ( 3 ) 頁: 142-150   2009年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7791/jhts.35.142

  15. 詳細化学反応式を簡略化するための平衡法と渦消散コンセプトモデルを組み合わせた乱流拡散燃焼モデル(H2-air 乱流拡散火炎への適用) 査読有り

    福本一生, 大上芳文

    日本伝熱学会論文集   17 巻 ( 4 ) 頁: 133-145   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11368/tse.17.133

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. Fluid Dynamics, Computational Modeling and Applications: Simulation of H2-air non-premixed flame using combustion simulation technique to reduce chemical mechanisms

    K. Fukumoto, Y. Ogami( 担当: 共著)

    IntechOpen  2012年2月  ( ISBN:978-953-51-0052-2

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

講演・口頭発表等 9

  1. Analysis of heat flux components and their influences on flame spread over PMMA walls using a wall resolved large eddy simulation approach 国際会議

    K. Fukumoto, C.J. Wang, J. X. Wen

    27th International Colloquium on the Dynamics of Explosions and Reactive Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月28日 - 2019年8月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Beijing, China   国名:中華人民共和国  

  2. Analysis of heat flux components on PMMA wall fires and upward flame spread configuration 国際会議

    K. Fukumoto, C. J. Wang, J. X. Wen

    FM Global Open Source CFD Fire Modeling 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月5日 - 2019年6月6日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Boston, US   国名:アメリカ合衆国  

  3. Large eddy simulation of a syngas jet flame using the extended eddy dissipation concept with a non-unity Lewis number approach and detailed reaction mechanism 国際会議

    K. Fukumoto, C.J. Wang, J. Wen

    2018 International symposium on hydrogen fire, explosion and safety standard 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月6日 - 2018年7月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hefei, Anfui Province, China   国名:中華人民共和国  

  4. Large eddy simulation of upward flame spread on PMMA wall based on a fully fluid-solid coupled approach 国際会議

    K. Fukumoto, J. Wen

    International Symposium Safety Science and Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月17日 - 2016年10月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kunming, Yunnan Province, China   国名:中華人民共和国  

  5. Large eddy simulation of upward flame spread on PMMA wall 国際会議

    K. Fukumoto

    United Kingdom Consortium on Turbulent Reacting Flows 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月22日 - 2015年9月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:London, UK   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  6. Large eddy simulation of upward flame spread on a PMMA wall 国際会議

    K. Fukumoto, J. Wen

    FM Global Open Source CFD Fire Modeling Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月15日 - 2015年5月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Boston, US   国名:アメリカ合衆国  

  7. Simulation of H2-air turbulent diffusion flame by the combustion model using chemical equilibrium combined with the eddy dissipation concept 国際会議

    K. Fukumoto, Y. Ogami

    ASME 2009 Summer Heat Transfer Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月19日 - 2009年7月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Los Angeles, CA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  8. Simulation of a CO-H2-air turbulent diffusion flame by the chemical equilibrium method with a few chemical reactions 国際会議

    K. Fukumoto, Y. Ogami

    ASME 2008 Summer Heat Transfer Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月10日 - 2008年8月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Jacksonville, FL, USA   国名:アメリカ合衆国  

  9. Simulation of H2-Air turbulent diffusion flame by the partial chemical equilibrium method 国際会議

    K. Fukumoto, Y. Ogami

    Proceedings of FEDSM2007 5th Joint ASME/JSME Fluids Engineering Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月30日 - 2007年8月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. Fully coupled fluid-solid simulation of upward flame spread and fire growth

    2013年10月 - 2015年09月

    International Cooperative Research 

    Jennifer. X. Wen

      詳細を見る

    The proposed project will encompass a multitude of modelling and simulation techniques, that complement each other, bringing together fluid simulation, conjugate heat transfer, material flammability, pyrolysis, combustion, materials property and analytical methods spanning across a variety of disciplines in order to exploit the Fellow's expertise in computational fluid dynamics (CFD), combustion, chemistry and numerical analysis to a basic and yet very important engineering problem that underpins the fire safety in the built environment and transport systems. The Fellow will integrate the different modelling techniques to capture the complex physics and chemistry that underpins the complex processes of flame spread and fire growth. He will also make full use of his analytical ability to critically assess the experimental data which is abundant in quantity but presenting conflicting results, in some cases; and on this basis, select appropriate data for model validation. He will also conduct new experiments in the host's partner institution to facilitate blind validation. The Fellow will thus deliver a validated flame spread model within the frame of the open source CFD code OpenFOAM, that will be able to predict upward flame spread in different geometric configurations and complexities. He will also demonstrate the use of the powerful-state of the art predictive tool to attack flame spread in realistic fire scenarios, such as warehouse fires and fires in aircraft. The Fellow, through regular seminars, workshops and other dissemination activities, planned for the duration of this project, will also transfer knowledge directly to the European academic and engineering community as well as the industry community that is charged with the responsibility of fire safety for European citizens and business.

産業財産権 1

  1. 燃焼解析方法、燃焼解析装置、およびコンピュータプログラム

    福本 一生,大上 芳文,吉原 福全

     詳細を見る

    出願番号:2008-200129  出願日:2010年2月18日

    特許番号/登録番号:5413874  登録日:2013年11月22日 

    出願国:国内