2021/10/21 更新

写真a

アオキ マサヨ
青木 雅代
AOKI Masayo
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 社会生命科学 特任講師
職名
特任講師

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2013年12月   日本医科大学 ) 

研究分野 4

  1. ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む

  2. ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない

  3. ライフサイエンス / 形成外科学  / 形成外科学

  4. ライフサイエンス / 医化学  / 医化学一般

経歴 2

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科 環境労働衛生学

    2020年9月 - 現在

  2. 日本医科大学 大学院医学研究科 形成再建再生医学分野

    2016年4月 - 2020年8月

学歴 2

  1. 弘前大学   医学部医学科

  2. 日本医科大学大学院

受賞 1

  1. 日本医科大学医学会奨学賞

    2020年9月  

 

論文 24

  1. Development of an efficient remediation system with a low cost after identification of water pollutants including phenolic compounds in a tannery built-up area in Bangladesh

    Yuan Tian, Tazaki Akira, Hashimoto Kazunori, Al Hossain M. M. Aeorangajeb, Kurniasari Fitri, Ohgami Nobutaka, Aoki Masayo, Ahsan Nazmul, Akhand Anwarul Azim, Kato Masashi

    CHEMOSPHERE   280 巻   頁: 130959   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Chemosphere  

    Water pollution caused by tannery wastewater is an important issue in developing countries. Most studies have focused on inorganic chemicals represented by chromium as a tannery-related main pollutant. This is the first study in which pollution of water by tannery-related organic chemicals was assessed by a combination of qualitative and quantitative analyses. Our quantitative analysis showed that the maximum concentration of total phenolic compounds (phenols), consisting of phenol, bisphenol F, p-cresol and chlorocresol, in canal water in a tannery built-up area in Bangladesh was >67-fold higher than the Environmental, Health and Safety (EHS) guideline value. Mapping of our results indicated tanneries as the sources of phenols pollution. Our original depurative, a hydrotalcite-like compound consisting of magnesium and iron (MF-HT), could adsorb all kinds of phenols and exhibited the highest phenol adsorption ability (115.8 mg/g) among reported hydrotalcite-like compounds. The levels of phenols in canal water samples were reduced to levels below the guideline value by using MF-HT with assistance of a photocatalytic reaction. Moreover, the mean level of chromium (112.2 mg/L) in canal water samples was decreased by 99.7% by using the depurative. Thus, the depurative has the potential for solving the problem of tannery-related water pollution by phenols and chromium.

    DOI: 10.1016/j.chemosphere.2021.130959

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Intranasal levels of lead as an exacerbation factor for allergic rhinitis in humans and mice 査読有り 国際誌

    Xu Huadong, Ohgami Nobutaka, Sakashita Masafumi, Ogi Kazuhiro, Hashimoto Kazunori, Tazaki Akira, Tong Keming, Aoki Masayo, Fujieda Shigeharu, Kato Masashi

    JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY   148 巻 ( 1 ) 頁: 139 - +   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Allergy and Clinical Immunology  

    Background: Air pollutants are suspected to affect pathological conditions of allergic rhinitis (AR). Objectives: After detecting Pb (375 μg/kg) in Japanese cedar pollen, the effects of intranasal exposure to Pb on symptoms of AR were investigated. Methods: Pollen counts, subjective symptoms, and Pb levels in nasal epithelial lining fluid (ELF) were investigated in 44 patients with Japanese cedar pollinosis and 57 controls from preseason to season. Effects of intranasal exposure to Pb on symptoms were confirmed by using a mouse model of AR. Results: Pb levels in ELF from patients were >40% higher than those in ELF from control subjects during the pollen season but not before the pollen season. Pb level in ELF was positively associated with pollen counts for the latest 4 days before visiting a hospital as well as scores of subjective symptoms. Intranasal exposure to Pb exacerbated symptoms in allergic mice, suggesting Pb as an exacerbation factor. Pb levels in ELF and nasal mucosa in Pb-exposed allergic mice were higher than those in Pb-exposed nonallergic mice, despite intranasally challenging the same amount of Pb. Because the increased Pb level in the nasal mucosa of Pb-exposed allergic mice was decreased after washing the nasal cavity, Pb on the surface of but not inside the nasal mucosa may have been a source of increased Pb level in ELF of allergic mice. Conclusions: Increased nasal Pb level partially derived from pollen could exacerbate subjective symptoms of AR, indicating Pb as a novel hazardous air pollutant for AR.

    DOI: 10.1016/j.jaci.2021.03.019

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. The Latest Strategy for Keloid and Hypertrophic Scar Prevention and Treatment: The Nippon Medical School (NMS) Protocol. 査読有り

    Ogawa R, Dohi T, Tosa M, Aoki M, Akaishi S

    Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi   88 巻 ( 1 ) 頁: 2 - 9   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1272/jnms.JNMS.2021_88-106

    PubMed

  4. Combination Therapy Composed of Surgery, Postoperative Radiotherapy, and Wound Self-management for Umbilical Keloids. 査読有り 国際誌

    Dohi T, Kuribayashi S, Aoki M, Tosa M, Akaishi S, Ogawa R

    Plastic and reconstructive surgery. Global open   8 巻 ( 10 ) 頁: e3181   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/GOX.0000000000003181

    PubMed

  5. Direct Delivery of Apatite Nanoparticle-Encapsulated siRNA Targeting TIMP-1 for Intractable Abnormal Scars. 査読有り 国際誌

    Aoki M, Matsumoto NM, Dohi T, Kuwahawa H, Akaishi S, Okubo Y, Ogawa R, Yamamoto H, Takabe K

    Molecular therapy. Nucleic acids   22 巻   頁: 50 - 61   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.omtn.2020.08.005

    PubMed

  6. Geometric modeling and a retrospective cohort study on the usefulness of fascial tensile reductions in severe keloid surgery. 査読有り 国際誌

    Tsuge T, Aoki M, Akaishi S, Dohi T, Yamamoto H, Ogawa R

    Surgery   167 巻 ( 2 ) 頁: 504 - 509   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2019.07.028

    PubMed

  7. Gene Expression Profile of Isolated Dermal Vascular Endothelial Cells in Keloids. 査読有り 国際誌

    Matsumoto NM, Aoki M, Okubo Y, Kuwahara K, Eura S, Dohi T, Akaishi S, Ogawa R

    Frontiers in cell and developmental biology   8 巻   頁: 658 - 658   2020年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fcell.2020.00658

    PubMed

  8. The Immunosuppressant Fingolimod (FTY720) for the Treatment of Mechanical Force-Induced Abnormal Scars. 査読有り 国際誌

    Aoki M, Kondo A, Matsunaga N, Honda A, Okubo Y, Takabe K, Ogawa R

    Journal of immunology research   2020 巻   頁: 7057195 - 7057195   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2020/7057195

    PubMed

  9. Z-plasty and Postoperative Radiotherapy for Upper-arm Keloids: An Analysis of 38 Patients. 査読有り 国際誌

    Dohi T, Kuribayashi S, Tosa M, Aoki M, Akaishi S, Ogawa R

    Plastic and reconstructive surgery. Global open   7 巻 ( 11 ) 頁: e2496   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/GOX.0000000000002496

    PubMed

  10. Sphingosine-1-Phosphate Facilitates Skin Wound Healing by Increasing Angiogenesis and Inflammatory Cell Recruitment with Less Scar Formation. 査読有り 国際誌

    Aoki M, Aoki H, Mukhopadhyay P, Tsuge T, Yamamoto H, Matsumoto NM, Toyohara E, Okubo Y, Ogawa R, Takabe K

    International journal of molecular sciences   20 巻 ( 14 )   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    Wound healing starts with the recruitment of inflammatory cells that secrete wound-related factors. This step is followed by fibroblast activation and tissue construction. Sphingosine-1-phosphate (S1P) is a lipid mediator that promotes angiogenesis, cell proliferation, and attracts immune cells. We investigated the roles of S1P in skin wound healing by altering the expression of its biogenic enzyme, sphingosine kinase-1 (SphK1). The murine excisional wound splinting model was used. Sphingosine kinase-1 (SphK1) was highly expressed in murine wounds and that SphK1 mice exhibit delayed wound closure along with less angiogenesis and inflammatory cell recruitment. Nanoparticle-mediated topical SphK1 overexpression accelerated wound closure, which associated with increased angiogenesis, inflammatory cell recruitment, and various wound-related factors. The SphK1 overexpression also led to less scarring, and the interaction between transforming growth factor (TGF)-β1 and S1P receptor-2 (S1PR2) signaling is likely to play a key role. In summary, SphK1 play important roles to strengthen immunity, and contributes early wound healing with suppressed scarring. S1P can be a novel therapeutic mo

    DOI: 10.3390/ijms20143381

    PubMed

  11. Cytochrome P450 genes play central roles in transcriptional response by keratinocytes to a high-voltage alternating current electric field. 査読有り 国際誌

    Aoki M, Matsumoto NM, Okubo Y, Ogawa R

    Bioelectrochemistry (Amsterdam, Netherlands)   126 巻   頁: 163 - 171   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    The endogenous electric field (EF) of skin wounds plays an important role in the biological processes that underlie wound healing. Treatments that modulate wound-EFs promote healing. However, the mechanism(s) that underlie this effect remain unclear. Agilent-based microarrays were used to determine the transcriptomes of the keratinocyte line HaCaT, normal human dermal fibroblasts, and the human dermal endothelial cell line HMEC-1 before and after high-voltage alternating current (AC)-EF (14,000 V, 90 Hz) treatment. The keratinocytes had the most genes whose transcription was altered by EF. They included the cytochrome P450 (CYP) genes CYP1A1 and CYP1B1, HMOX1, EREG, DUSP5, and SLC7A11 (all upregulated), and DOCK8, ABCC6, and CYP26A1 (all downregulated). As shown by transcriptional-network analysis, all three CYP genes played central roles in the EF-induced changes in keratinocyte transcriptome. To the best of our knowledge, this is the first study that demonstrates that CYP genes play a key role in the transcriptional responses of human keratinocytes to EF treatment. Further investigations into the effects of EF on wound healing, aging, and regenerative medicine are likely to y

    DOI: 10.1016/j.bioelechem.2018.11.014

    PubMed

  12. The Roles of Sphingosine Kinases in Skin Aging. 査読有り 国際誌

    Aoki M, Aoki H, Mukhopadhyay P, Katsuta E, Takabe K

    The Journal of investigative dermatology   139 巻 ( 4 ) 頁: 951 - 953   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jid.2018.06.192

    PubMed

  13. Histological analysis of hyalinised keloidal collagen formation in earlobe keloids over time: collagen hyalinisation starts in the perivascular area. 査読有り 国際誌

    Matsumoto NM, Peng WX, Aoki M, Akaishi S, Ohashi R, Ogawa R, Naito Z

    International wound journal   14 巻 ( 6 ) 頁: 1088 - 1093   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/iwj.12763

    PubMed

  14. 【創傷治癒のトピックス-第5回世界創傷治癒学会連合会議-】 耳垂ケロイド組織における硝子化した膠原線維の病理組織学的検討

    松本典子, 青木雅代, 赤石諭史, 小川令

    形成外科   60 巻 ( 11 ) 頁: 1256 - 1263   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  15. 【創傷治癒のトピックス-第5回世界創傷治癒学会連合会議-】ケロイド・肥厚性瘢痕の病態とその最新治療 ケロイド・肥厚性瘢痕は治療できる!

    小川 令, 赤石 諭史, 青木 雅代, 土肥 輝之, 渡邉 真泉, 有馬 樹里, 松本 典子, 野一色 千景

    形成外科   60 巻 ( 11 ) 頁: 1240 - 1245   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:克誠堂出版(株)  

  16. Periauricular Keloids on Face-Lift Scars in a Patient with Facial Nerve Paralysis. 査読有り 国際誌

    Aoki M, Akaishi S, Matsumoto NM, Tsuge T, Kubomura K, Nishikawa M, Nomoto S, Ogawa R

    Plastic and reconstructive surgery. Global open   5 巻 ( 7 ) 頁: e1417   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1097/GOX.0000000000001417

    PubMed

  17. Experimental Rat Skin Flap Model That Distinguishes between Venous Congestion and Arterial Ischemia: The Reverse U-Shaped Bipedicled Superficial Inferior Epigastric Artery and Venous System Flap. 査読有り 国際誌

    Matsumoto NM, Aoki M, Nakao J, Peng WX, Takami Y, Umezawa H, Akaishi S, Ohashi R, Naito Z, Ogawa R

    Plastic and reconstructive surgery   139 巻 ( 1 ) 頁: 79e - 84e   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1097/PRS.0000000000002900

    PubMed

  18. Murine model of long-term obstructive jaundice. 査読有り

    Aoki H, Aoki M, Yang J, Katsuta E, Mukhopadhyay P, Ramanathan R, Woelfel IA, Wang X, Spiegel S, Zhou H, Takabe K.

    Journal of Surgical Research   206 巻 ( 1 ) 頁: 118 - 125   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  19. Sphingosine-1-phosphate signaling in immune cells and inflammation: roles and therapeutic potential. 招待有り 査読有り

    Aoki M, Aoki H, Ramanathan R, Hait NC, Takabe K.

    Mediators of Inflammation   2016 巻   頁: 8606878   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  20. Objective spectrometric measurement of keloid color in the east Asian population: pitfalls of subjective color measurements. 査読有り

    Aoki M, Akaishi S, Nakao J, Dohi T, Hyakusoku H, Ogawa R.

    Journal of Nippon Medical School   83 巻 ( 4 ) 頁: 142 - 149   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  21. Tissue inhibitor of metalloproteinase-2 suppresses collagen synthesis in cultured keloid fibroblasts. 査読有り

    Dohi T, Miyake K, Aoki M, Ogawa R, Akaishi S, Shimada T, Okada T, Hyakusoku H.

    Plastic and Reconstructive Surgery. Global Open     2015年

  22. siRNA knockdown of tissue inhibitor of metalloproteinase-1 in keloid fibroblasts leads to degradation of collagen type I. 査読有り

    Aoki M, Miyake K, Ogawa R, Dohi T, Akaishi S, Hyakusoku H, Shimada T.

    Journal of Investigative Dermatology   134 巻 ( 3 ) 頁: 818 - 826   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  23. Chest wall reconstruction of severe mediastinitis with intercostal artery-based pedicled vertical rectus abdominis muscle flap with oblique-designed skin pedicle. 査読有り

    Nguyen DT, Aoki M, Hyakusoku H, Ogawa R.

    Annals of Plastic Surgery   67 巻 ( 3 ) 頁: 269 - 271   2011年

  24. Clinical applications of basic research that shows reducing skin tension could prevent and treat abnormal scarring: the importance of fascial/subcutaneous tensile reduction sutures and flap surgery for keloid and hypertrophic scar reconstruction. 査読有り

    Ogawa R, Akaishi S, Huang C, Dohi T, Aoki M, Omori Y, Koike S, Kobe K, Akimoto M, Hyakusoku H.

    Journal of Nippon Medical School   78 巻 ( 2 ) 頁: 68 - 76   2011年

▼全件表示

講演・口頭発表等 15

  1. ケロイドとの鑑別に苦慮した皮膚平滑筋腫の1例

    野田良博, 青木雅代, 本田梓, 西川みどり, 野本俊一, 赤石諭史, 小川令

    瘢痕・ケロイド治療研究会(第12回)  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

  2. 微細針を用いた手技により発生した異常瘢痕の2例

    野田良博, 青木雅代, 本田梓, 西川みどり, 赤石諭史, 小川令

    瘢痕・ケロイド治療研究会(第12回)  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

  3. マウス肥厚性瘢痕モデルにおけるフィンゴリモド(FTY720)の瘢痕抑制効果(第1報)

    松永宜子, 青木雅代, 本田梓, 大久保ゆり, 赤石諭史, 小川令

    日本創傷治癒学会(第47回)  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

  4. ケロイドに類似したAtypical intradermal smooth muscle neoplasmの1例

    本田梓, 青木雅代, 野田良博, 西川みどり, 野本俊一, 赤石諭史, 小川令

    瘢痕・ケロイド治療研究会(第12回)  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

  5. ケロイドに特徴的な硝子化した膠原線維形成における血管関連因子の検討

    野田良博, 松本典子, 青木雅代, 小川令

    日本形成外科学会基礎学術集会(第26回)  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

  6. 高電圧電界治療に対するヒト皮膚由来細胞の転写応答

    青木雅代, 松本典子, 小川令

    日本形成外科学会基礎学術集会(第26回)  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

  7. 耳垂ケロイド組織における血管,リンパ管形成に関する免疫組織化学的検討

    本田梓, 松本典子, 青木雅代, 小川令

    日本形成外科学会基礎学術集会(第26回)  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

  8. ケロイド・肥厚性瘢痕の病態解明に向けて

    小川令, 赤石諭史, 青木雅代, 土肥輝之, 渡邉真泉, 有馬樹里, 松本典子, 野一色千景

    日本医科大学医学会総会(第85回)  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

  9. 耳垂腫瘤の鑑別診断

    加来知恵美, 松本典子, 青木雅代, 赤石諭史, 安齋眞一, 小川令

    日本医科大学医学会総会(第85回)  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

  10. 耳垂ケロイド組織における血管,リンパ管形成に関する免疫組織化学的検討

    本田梓, 松本典子, 青木雅代, 小川令

    日本医科大学医学会総会(第85回)  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

  11. マウス肥厚性瘢痕モデルにおけるフィンゴリモド(FTY720)の瘢痕抑制効果

    松永宜子, 青木雅代, 本田梓, 野本俊一, 小川令

    日本医科大学医学会総会(第85回)  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

  12. マウス肥厚性瘢痕モデルにおけるフィンゴリモド(FTY720)の瘢痕抑制効果

    松永宜子, 青木雅代, 本田梓, 野本俊一, 小川令

    谷根千形成懇話会(第16回)  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

  13. 耳垂ケロイドの鑑別疾患に関する検討

    加来知恵美, 松本典子, 安齋眞一, 青木雅代, 赤石諭史, 小川令

    谷根千形成懇話会(第16回)  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

  14. Topical Application of Sphingosine-1-Phosphate Promotes Deep Dermal Burn Healing 国際会議

    Tsuge T, Aoki M, Kubomura K, Akaishi S, Takabe K, Ogawa R

    Annual Academic Surgical Congress(The 12th)  2017年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    開催地:Las Vegas  

  15. Differential diagnosis of earlobe keloid

    Matsumoto M, Ansai S, Aoki M, Ogawa R

    日本美容外科学会(JSAPS)学術集会(第128回)  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    開催地:東京  

▼全件表示

科研費 5

  1. 糖尿病性潰瘍の予防と早期治療に関する新規応用研究

    研究課題/研究課題番号:21K09762  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    青木 雅代, 田崎 啓

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    糖尿病性潰瘍・壊疽の患者数は増加しており、生命予後は不良で、医療経済や医療・介護従事者の負担は増している。進行すると治癒は極めて困難であるため、再生医療や細胞治療などの研究が進んでいるが、適応は限定的である。一方、予防や早期治療に関する研究はあまり進んでおらず、現状ではフットケアのみが推進されている。生命予後、医療経済や医療・介護従事者の負担を考慮すると、予防と早期リカバリーは最も重要な課題である。
    末梢神経の機能改善(末梢神経障害による潰瘍の予防)、血流促進(末梢動脈疾患による潰瘍の予防・早期回復)、組織障害の進行抑制(壊疽への進行抑制)を目的に、スフィンゴシン-1-リン酸の有用性を検討する。

  2. ケロイド線維芽細胞におけるlncRNAの機能解析

    研究課題/研究課題番号:18K17005  2018年4月 - 2020年3月

    科学研究費助成事業  若手研究

    青木 雅代

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    ヒト正常皮膚およびケロイドから、初代線維芽細胞を培養した。マイクロアレイ法を用いて、遺伝子発現解析とlncRNA解析を網羅的に行った (n=2)。細胞外マトリックス分解酵素であるマトリックスメタロプロテアーゼ (MMP)-1, 3, 7, 10が発現低下を示しており、線維化の進行に関与すると考えられた。これらのMMPsはすべて、遺伝子マップ上、染色体11q22.2に位置している。そこで、染色体11q22.2付近に位置するlncRNAに絞りこんで解析を行った。正常皮膚線維芽細胞と比較して、ケロイドで発現変動の大きいlncRNAを抽出したところ、H19とLINC00900がそれぞれ23倍、7倍の発現上昇を示した。そこで、これら2つのlncRNAの線維化における役割に絞りこんで、調べていくことにした。現在、サンプル数を増やしてマイクロアレイ結果の検証を行うために、引き続き初代線維芽細胞を培養している。今後、遺伝子導入実験、遺伝子抑制実験により、これら2つのlncRNAの新たな機能を探っていく。
    今年度は、ターゲットlncRNAを絞り込むところまでを目標としていたため、おおむね順調に進展していると考えている。
    まず、サンプル数を増やし、定量的RT-PCRにてマイクロアレイ結果の検証を行う。
    ターゲットlncRNAの、ケロイドにおける発現変動が証明されれば、発現プラスミド構築へと進む。発現プラスミドを用いて、遺伝子導入実験を行う。ヒト正常皮膚線維芽細胞に過剰発現させることで、MMPsの発現変動を見る。また、MMPsの転写因子であるAP-1を介して調節している可能性が高いため、AP-1の抑制実験も組み合わせて検証していく。次に、ケロイド由来線維芽細胞を用いる。ターゲットlncRNAをsiRNAで抑制し、MMPsの発現が上昇するかを検証する。

  3. ケロイド線維芽細胞におけるlncRNAの機能解析

    2018年4月 - 2020年3月

    日本医科大学  若手研究

    青木 雅代

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

  4. スーパーカーボネートアパタイトを用いたケロイド・肥厚性瘢痕の核酸外用薬治療の確立

    2017年

    科学研究費補助金 若手研究(B) 

    青木雅代

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1200000円

  5. スーパーカーボネートアパタイトを用いたケロイド・肥厚性瘢痕の核酸外用薬治療の確立

    研究課題/研究課題番号:16K20371  2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  若手研究(B)

    青木 雅代, 松本 典子, 高部 和明, 小川 令

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    我々は、マウス肥厚性瘢痕モデルで、新たなsiRNA治療の効果を検討した。TIMP-1(コラーゲンの過剰沈着に関与する因子)の発現を抑制するsiRNA (siTIMP1) を、ナノ粒子スーパーカーボネートアパタイト(sCA) に包埋し投与した。
    siControl(siCON)-sCAまたはsiTIMP1-sCAを局所注射した。siTIMP1のグループは、siCONのグループに対して、有意な瘢痕サイズの縮小を認めた。また、siTIMP1の瘢痕で、1型および3型コラーゲンの有意なタンパク減少を認めた。 siTIMP1-sCAは、ケロイド・肥厚性瘢痕の新たな治療戦略として有望である。
    ケロイド・肥厚性瘢痕は、非常に治りにくく、罹患者数も多い。しかし、主に有色人種に発生すること、ヒトにのみ発生し動物モデルがないことなどから、未だ発生機序は不明である。現在でも特に有効な治療法がなく、治療に長期間を要するため、より有効な治療薬の開発が望まれている。
    今回我々は、特定の遺伝子発現のみをノックダウンするsiRNAを用いた新たな治療方法について検討した。ケロイダルコラーゲンと呼ばれる、ケロイド内の固い線維を1週間ほどで分解・消失させることに成功した。この治療法は、ケロイドの治療期間を大幅に短縮し、クオリティオブライフの向上が見込まれる。さらなる検討と臨床応用が期待される。