2021/05/29 更新

写真a

ホリ ミカ
堀 美香
HORI Mika
所属
環境医学研究所 生体適応・防御研究部門 講師
大学院医学系研究科
職名
講師
外部リンク

学位 1

  1. 博士(薬学) ( 2008年3月   北海道大学 ) 

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 病態医化学

  2. ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

受賞 1

  1. 第18回 (平成22年度) 膵臓病研究財団研究奨励賞

    2010年12月  

    堀 美香

 

論文 35

  1. Patients With <i>LDLR</i> and <i>PCSK9</i> Gene Variants Experienced Higher Incidence of Cardiovascular Outcomes in Heterozygous Familial Hypercholesterolemia.

    Doi T, Hori M, Harada-Shiba M, Kataoka Y, Onozuka D, Nishimura K, Nishikawa R, Tsuda K, Ogura M, Son C, Miyamoto Y, Noguchi T, Shimokawa H, Yasuda S

    Journal of the American Heart Association     頁: e018263   2021年2月

     詳細を見る

  2. Organoid-based ex vivo reconstitution of Kras-driven pancreatic ductal carcinogenesis.

    Matsuura T, Maru Y, Izumiya M, Hoshi D, Kato S, Ochiai M, Hori M, Yamamoto S, Tatsuno K, Imai T, Aburatani H, Nakajima A, Hippo Y

    Carcinogenesis   41 巻 ( 4 ) 頁: 490-501   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/carcin/bgz122

    PubMed

  3. The first Japanese cases of familial hypercholesterolemia due to a known pathogenic APOB gene variant, c.10580 G&gt;A: p.(Arg3527Gln).

        2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jacl.2020.05.007

    PubMed

  4. A catalog of the pathogenic mutations of LDL receptor gene in Japanese familial hypercholesterolemia.

    Tada H, Hori M, Nomura A, Hosomichi K, Nohara A, Kawashiri MA, Harada-Shiba M

    Journal of clinical lipidology   14 巻 ( 3 ) 頁: 346-351.e9   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jacl.2020.03.002

    PubMed

  5. The benign c.344G &gt; A: p.(Arg115His) variant in the LDLR gene interpreted from a pedigree-based genetic analysis of familial hypercholesterolemia.

    Hori M, Takahashi A, Son C, Ogura M, Harada-Shiba M

    Lipids in health and disease   19 巻 ( 1 ) 頁: 62   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12944-020-01252-4

    PubMed

  6. Impact of LDLR and PCSK9 pathogenic variants in Japanese heterozygous familial hypercholesterolemia patients.

    Hori M, Ohta N, Takahashi A, Masuda H, Isoda R, Yamamoto S, Son C, Ogura M, Hosoda K, Miyamoto Y, Harada-Shiba M

    Atherosclerosis   289 巻   頁: 101-108   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2019.08.004

    PubMed

  7. Humoral factors secreted from adipose tissue-derived mesenchymal stem cells ameliorate atherosclerosis in Ldlr-/- mice.

    Takafuji Y, Hori M, Mizuno T, Harada-Shiba M

    Cardiovascular research   115 巻 ( 6 ) 頁: 1041-1051   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/cvr/cvy271

    PubMed

  8. Detection of the benign c.2579C&gt;T (p.A860V) variant of the LDLR gene in a pedigree-based genetic analysis of familial hypercholesterolemia.

    Hori M, Miyauchi E, Son C, Harada-Shiba M

    Journal of clinical lipidology   13 巻 ( 2 ) 頁: 335-339   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jacl.2019.01.004

    PubMed

  9. Discontinuation of LDL apheresis with evolocumab in an FH patient with a duplication of exon 2-6 in the <i>LDLR</i> gene.

    Nose D, Hori M, Miyamoto Y, Imaizumi S, Harada-Shiba M, Saku K, Miura SI

    Journal of cardiology cases   19 巻 ( 2 ) 頁: 55-58   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2018.10.005

    PubMed

  10. No enhancing effects of plasmid-specific histone acetyltransferase recruitment system on transgene expression in vivo.

    Suzuki T, Wakao Y, Watanabe T, Hori M, Ikeda Y, Tsuchiya H, Kogure K, Harada-Shiba M, Fujimuro M, Kamiya H

    Nucleosides, nucleotides & nucleic acids   38 巻 ( 12 ) 頁: 942-949   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15257770.2019.1638514

    PubMed

  11. Pharmaceutical Research for Inherited Metabolic Disorders of the Liver Using Human Induced Pluripotent Stem Cell and Genome Editing Technologies.

    Yamashita T, Takayama K, Hori M, Harada-Shiba M, Mizuguchi H

    Biological & pharmaceutical bulletin   42 巻 ( 3 ) 頁: 312-318   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1248/bpb.b18-00544

    PubMed

  12. Fatty pancreas: A possible risk factor for pancreatic cancer in animals and humans.

    Takahashi M, Hori M, Ishigamori R, Mutoh M, Imai T, Nakagama H

    Cancer science   109 巻 ( 10 ) 頁: 3013-3023   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13766

    PubMed

  13. Activated Ductal Proliferation Induced by <i>N</i>-Nitroso<i>bis</i> (2-oxopropyl)amine in Fat-infiltrated Pancreas of KK-<i>A<sup>y</sup></i> Mice.

    Hori M, Mutoh M, Ishigamori R, Imai T, Takahashi M

    In vivo (Athens, Greece)   32 巻 ( 3 ) 頁: 499-505   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.11267

    PubMed

  14. Glucagon-like peptide-1 receptor agonists reduced the low-density lipoprotein cholesterol in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus treated with statins.

    Hasegawa Y, Hori M, Nakagami T, Harada-Shiba M, Uchigata Y

    Journal of clinical lipidology   12 巻 ( 1 ) 頁: 62-69.e1   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jacl.2017.11.006

    PubMed

  15. Coronary Artery Plaque Regression by a PCSK9 Antibody and Rosuvastatin in Double-heterozygous Familial Hypercholesterolemia with an LDL Receptor Mutation and a PCSK9 V4I Mutation.

    Shirahama R, Ono T, Nagamatsu S, Sueta D, Takashio S, Chitose T, Fujisue K, Sakamoto K, Yamamoto E, Izumiya Y, Kaikita K, Hokimoto S, Hori M, Harada-Shiba M, Kajiwara I, Ogawa H, Tsujita K

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   57 巻 ( 24 ) 頁: 3551-3557   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.1060-18

    PubMed

  16. Achilles Tendon Ultrasonography for Diagnosis of Familial Hypercholesterolemia Among Japanese Subjects.

    Michikura M, Ogura M, Yamamoto M, Sekimoto M, Fuke C, Hori M, Arai K, Kihara S, Hosoda K, Yanagi K, Harada-Shiba M

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   81 巻 ( 12 ) 頁: 1879-1885   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-0041

    PubMed

  17. Mature proprotein convertase subtilisin/kexin type 9, coronary atheroma burden, and vessel remodeling in heterozygous familial hypercholesterolemia.

    Kataoka Y, Harada-Shiba M, Nakao K, Nakashima T, Kawakami S, Fujino M, Kanaya T, Nagai T, Tahara Y, Asaumi Y, Hori M, Ogura M, Goto Y, Noguchi T, Yasuda S

    Journal of clinical lipidology   11 巻 ( 2 ) 頁: 413-421.e3   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jacl.2017.01.005

    PubMed

  18. Evaluation of the degree of pancreatic fatty infiltration by area-based assessment of CT images: comparison with histopathology-based and CT attenuation index-based assessments.

    Hori M, Onaya H, Hiraoka N, Yamaji T, Kobayashi H, Takahashi M, Mutoh M, Shimada K, Nakagama H

    Japanese journal of radiology   34 巻 ( 10 ) 頁: 667 - 676   2016年10月

     詳細を見る

  19. Proprotein convertase subtilisin/kexin 9 V4I variant with LDLR mutations modifies the phenotype of familial hypercholesterolemia.

    Ohta N, Hori M, Takahashi A, Ogura M, Makino H, Tamanaha T, Fujiyama H, Miyamoto Y, Harada-Shiba M

    Journal of clinical lipidology   10 巻 ( 3 ) 頁: 547 - 555.e5   2016年5月

     詳細を見る

  20. Association Between Cholesterol Efflux Capacity and Atherosclerotic Cardiovascular Disease in Patients With Familial Hypercholesterolemia.

    Ogura M, Hori M, Harada-Shiba M

    Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   36 巻 ( 1 ) 頁: 181 - 8   2016年1月

     詳細を見る

  21. Removal of plasma mature and furin-cleaved proprotein convertase subtilisin/kexin 9 by low-density lipoprotein-apheresis in familial hypercholesterolemia: development and application of a new assay for PCSK9.

    Hori M, Ishihara M, Yuasa Y, Makino H, Yanagi K, Tamanaha T, Kishimoto I, Kujiraoka T, Hattori H, Harada-Shiba M

    The Journal of clinical endocrinology and metabolism   100 巻 ( 1 ) 頁: E41 - 9   2015年1月

     詳細を見る

  22. Association of pancreatic Fatty infiltration with pancreatic ductal adenocarcinoma.

    Hori M, Takahashi M, Hiraoka N, Yamaji T, Mutoh M, Ishigamori R, Furuta K, Okusaka T, Shimada K, Kosuge T, Kanai Y, Nakagama H

    Clinical and translational gastroenterology   5 巻   頁: e53   2014年3月

     詳細を見る

  23. Invasive ductal carcinoma developing in pancreas with severe Fatty infiltration.

    Hori M, Onaya H, Takahashi M, Hiraoka N, Mutoh M, Kosuge T, Nakagama H

    Pancreas   41 巻 ( 7 ) 頁: 1137 - 9   2012年10月

  24. Enhancement of carcinogenesis and fatty infiltration in the pancreas in N-nitrosobis(2-oxopropyl)amine-treated hamsters by high-fat diet.

    Hori M, Kitahashi T, Imai T, Ishigamori R, Takasu S, Mutoh M, Sugimura T, Wakabayashi K, Takahashi M

    Pancreas   40 巻 ( 8 ) 頁: 1234 - 40   2011年11月

  25. Mutagenicity of secondary oxidation products of 8-oxo-7,8-dihydro-2'-deoxyguanosine 5'-triphosphate (8-hydroxy-2'- deoxyguanosine 5'-triphosphate).

    Hori M, Suzuki T, Minakawa N, Matsuda A, Harashima H, Kamiya H

    Mutation research   714 巻 ( 1-2 ) 頁: 11 - 6   2011年9月

  26. Experimental animal models of pancreatic carcinogenesis for prevention studies and their relevance to human disease.

    Takahashi M, Hori M, Mutoh M, Wakabayashi K, Nakagama H

    Cancers   3 巻 ( 1 ) 頁: 582 - 602   2011年2月

     詳細を見る

  27. Suppression of mutagenesis by 8-hydroxy-2 '-deoxyguanosine 5 '-triphosphate (7,8-dihydro-8-oxo-2 '-deoxyguanosine 5 '-triphosphate) by human MTH1, MTH2, and NUDT5

    Hori Mika, Satou Kazuya, Harashima Hideyoshi, Kamiya Hiroyuki

    FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE   48 巻 ( 9 ) 頁: 1197 - 1201   2010年5月

  28. NUDT5 hydrolyzes oxidized deoxyribonucleoside diphosphates with broad substrate specificity.

    Kamiya H, Hori M, Arimori T, Sekiguchi M, Yamagata Y, Harashima H

    DNA repair   8 巻 ( 10 ) 頁: 1250 - 4   2009年10月

  29. Involvement of specialized DNA polymerases in mutagenesis by 8-hydroxy-dGTP in human cells.

    Satou K, Hori M, Kawai K, Kasai H, Harashima H, Kamiya H

    DNA repair   8 巻 ( 5 ) 頁: 637 - 42   2009年5月

  30. Roles of specialized DNA polymerases in mutagenesis by oxidized guanine.

    Kamiya H, Satou K, Hori M, Yamaguchi A, Harashima H

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 53 ) 頁: 223 - 4   2009年

     詳細を見る

  31. UvrA and UvrB enhance mutations induced by oxidized deoxyribonucleotides.

    Hori M, Ishiguro C, Suzuki T, Nakagawa N, Nunoshiba T, Kuramitsu S, Yamamoto K, Kasai H, Harashima H, Kamiya H

    DNA repair   6 巻 ( 12 ) 頁: 1786 - 93   2007年12月

  32. Effects of overexpression and antisense RNA expression of Orf17, a MutT-type enzyme

    Hori Mika, Asanuma Taketoshi, Inanami Osamu, Kuwabara Mikinori, Harashima Hideyoshi, Kamiya Hiroyuki

    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   29 巻 ( 6 ) 頁: 1087 - 1091   2006年6月

     詳細を見る

  33. In vivo mutagenicities of damaged nucleotides produced by nitric oxide and ionizing radiation

    Hori M, Ishiguro C, Harashima H, Kamiya H

    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   28 巻 ( 3 ) 頁: 520 - 522   2005年3月

     詳細を見る

  34. Dual hydrolysis of diphosphate and triphosphate derivatives of oxidized deoxyadenosine by Orf17 (NtpA), a MutT-type enzyme.

    Hori M, Fujikawa K, Kasai H, Harashima H, Kamiya H

    DNA repair   4 巻 ( 1 ) 頁: 33 - 9   2005年1月

  35. Mutagenesis by damaged deoxyribonucleotides and its prevention by MutT-type hydrolyzing enzymes.

    Kamiya H, Satou K, Hori M, Iida E, Ishiguro C, Harashima H

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 48 ) 頁: 271 - 2   2004年

     詳細を見る

▼全件表示

MISC 51

  1. PCSK9阻害薬がLDL-C低下に有効であった小児FHホモ接合体の一例

    松木 恒太, 小倉 正恒, 山本 雅, 堀 美香, 斯波 真理子  

    The Lipid31 巻 ( 1 ) 頁: 89 - 90   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

  2. 父親の狭心症を契機に家族性高コレステロール血症と診断された1歳児

    永関 ひかる, 秋山 政晴, 堀 美香, 斯波 真理子, 井田 博幸, 宮田 市郎  

    日本小児科学会雑誌124 巻 ( 4 ) 頁: 704 - 708   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児科学会  

    1歳3ヵ月、男児。父親の脂質異常症と狭心症に加え、父方祖父の病歴から、産業医が医療機関受診を勧めたため当院へ受診となった。患児は無症状であったが、血液検査や遺伝子検査の結果から、家族性高コレステロール血症と診断された。食事指導を行うもLDLコレステロール(LDL-C)値の改善は認められなかったため、コレスチラミン製剤の内服を開始したところ、治療開始10ヵ月で総コレステロール(TC)と中性脂肪(TG)は共に245mg/dL、LDL-C値は194mg/dLに低下し、コントロール良好となった。目下は25ヵ月でTC、TGは249mg/dL、LDL-Cは185mg/dLで経過している。

  3. ヒトiPS細胞技術を用いた常染色体劣性高コレステロール血症の病態再現

    冨田 純矢, 高山 和雄, 堀 美香, 斯波 真理子, 水口 裕之  

    日本薬学会年会要旨集140年会 巻   頁: 26G - pm16S   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

  4. 家族性高コレステロール血症(Familial Hypercholesterolemia)の遺伝学的検査における大規模重複・欠損を検出目的としたMLPA法の導入

    山本 賢, 礒田 理恵子, 中西 啓美, 堀 美香, 孫 徹, 古田 賢二, 斯波 真理子, 宮本 恵宏  

    国立病院総合医学会講演抄録集73回 巻   頁: P2 - 1689   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国立病院総合医学会  

  5. 遺伝性循環器疾患に対する遺伝子解析の実践 家族性高コレステロール血症の遺伝子解析とその有用性

    堀 美香, 斯波 真理子  

    日本心臓病学会学術集会抄録67回 巻   頁: S7 - 3   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

  6. 心肺停止を伴う急性心筋梗塞を契機に診断に至った1型CD36欠損症および家族性高コレステロール血症の合併例

    西川 諒, 古橋 眞人, 伊藤 良介, 續 太郎, 小山 雅之, 村中 敦子, 國分 宣明, 堀 美香, 小倉 正恒, 斯波 真理子, 三浦 哲嗣  

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集51回 巻   頁: 1 - 3   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

  7. 家族性高コレステロール血症(Familial Hypercholesterolemia)の遺伝学的検査におけるMLPA法導入の報告

    礒田 理恵子, 山本 賢, 増田 弘明, 堀 美香, 孫 徹, 古田 賢二, 斯波 真理子, 宮本 恵宏  

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集51回 巻   頁: 1 - 4   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

  8. 家族性高コレステロール血症患者における遺伝子変異によるアキレス腱肥厚への影響

    道倉 雅仁, 堀 美香, 小倉 正恒, 斯波 真理子  

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集51回 巻   頁: 2 - 2   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

  9. 家族性高コレステロール血症ヘテロ接合体における遺伝子診断とLDLR/PCSK9遺伝子変異の分布

    堀 美香, 太田 直孝, 増田 弘明, 磯田 理恵子, 孫 徹, 小倉 正恒, 細田 公則, 宮本 恵宏, 斯波 真理子  

    日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集55回 巻   頁: 65 - 65   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床分子医学会  

  10. 脂質代謝異常症への多角的アプローチ PCSK9 家族性高コレステロール血症の病態および治療への関与

    太田 直孝, 堀 美香, 宮本 恵宏, 斯波 真理子  

    The Lipid29 巻 ( 1 ) 頁: 106 - 112   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

  11. 抗動脈硬化作用を有する間葉系幹細胞培養上清の血管内皮細胞,マクロファージに対する作用機序の解析

    高藤義正, 堀美香, 斯波真理子  

    日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web)49th 巻   頁: 290 (WEB ONLY) - 290   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

    J-GLOBAL

  12. 脂肪由来間葉系幹細胞培養上清の抗動脈硬化作用における機序の解析

    高藤義正, 堀美香, 斯波真理子  

    再生医療16 巻   頁: 369   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  13. 家族性高コレステロール血症診断・治療の新たな展開―PCSK9を中心として―

    堀美香, 斯波真理子  

    循環器病研究の進歩37 巻 ( 1 ) 頁: 81‐87 - 87   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)協和企画  

    J-GLOBAL

  14. 家族性高コレステロール血症の残余リスクとしてのHDL機能

    小倉正恒, 森本めぐむ, 太田愛美, 道倉雅仁, 堀美香, 斯波真理子  

    日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web)48th 巻   頁: 122 (WEB ONLY)   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  15. 家族性高コレステロール血症ホモ接合体Up to date

    小倉正恒, 堀美香, 槇野久士, 玉那覇民子, 斯波真理子  

    日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web)48th 巻   頁: 113 (WEB ONLY)   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  16. 間葉系幹細胞培養上清の血中投与によるLDL受容体欠損マウスにおける抗動脈硬化作用

    高橋 義正, 堀 美香, 水野 敏秀, 斯波 真理子  

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集48回 巻   頁: 255 - 255   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

  17. 脂肪由来間葉系幹細胞培養上清のLDL受容体欠損マウスへの血中投与による動脈硬化抑制効果

    高藤義正, 堀美香, 斯波真理子  

    再生医療15 巻   頁: 248   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  18. 家族性高コレステロール血症の残存リスクとしてのLDL粒子の質的評価

    小倉正恒, 道倉雅仁, 冨家千鶴, 堀美香, 森本めぐむ, 斯波真理子  

    日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web)47th 巻   頁: 171 (WEB ONLY) - 171   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

    J-GLOBAL

  19. 間葉系幹細胞培養上清(MSC‐CM)の動脈硬化性病変を形成する細胞に対する抗炎症作用

    高藤義正, 堀美香, 斯波真理子  

    日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web)47th 巻   頁: 238 (WEB ONLY) - 238   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

    J-GLOBAL

  20. 新規分子非ヘテロダイマー型60kDa PCSK9特異的ELISAの構築と血中動態

    岩崎忠雄, 石原光昭, 鯨岡健, 小川一行, 服部浩明, 堀美香, 斯波真理子  

    日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web)47th 巻   頁: 224 (WEB ONLY) - 224   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

    J-GLOBAL

  21. 動脈硬化性病変を形成する細胞に対する脂肪由来間葉系幹細胞培養上清の抗炎症作用

    高藤義正, 堀美香, 斯波真理子  

    再生医療14 巻   頁: 361   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  22. ヒト血中におけるPCSK9の分子形態の解析

    鯨岡健, 石原光昭, 岩崎忠雄, 小川一行, 服部浩明, 堀美香, 斯波真理子  

    日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web)46th 巻   頁: 1-P-104 (WEB ONLY) - 247   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

    J-GLOBAL

  23. Proprotein convertase subtilisin/kexin type9(PCSK9)非ヘテロダイマー型mature segment分子のLDL受容体分解活性

    石原光昭, 鯨岡健, 岩崎忠雄, 小川一行, 服部浩明, 堀美香, 斯波真理子  

    日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web)46th 巻   頁: 1-P-105 (WEB ONLY) - 248   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

    J-GLOBAL

  24. 超音波で測定したアキレス腱厚と頸動脈内膜中膜複合体厚の関連

    道倉雅仁, 小倉正恒, 冨家千鶴, 肥後諒, 菱田藍, 橡谷真由, 大畑洋子, 玉那覇民子, 槇野久士, 柴田映子, 堀美香, 岸本一郎, 斯波真理子  

    日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web)46th 巻   頁: 1-P-58 (WEB ONLY) - 225   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

    J-GLOBAL

  25. 肝細胞におけるGLP‐1のコレステロール代謝に及ぼす影響

    長谷川夕希子, 堀美香, 中神朋子, 斯波真理子, 内潟安子  

    糖尿病57 巻 ( Supplement 1 ) 頁: S.418 - 418   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

  26. 家族性高コレステロール血症に対するLDL‐Aの効果

    斯波真理子, 槇野久士, 堀美香, 玉那覇民子, 小倉正恒, 肥塚諒, 菱田藍, 長谷川夕希子, 岸本一郎, 南野直人  

    医工学治療26 巻 ( Supplement ) 頁: 78   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  27. ニューロメジンUの脂質代謝及び動脈硬化との関わり

    堀美香, 水野敏秀, 斯波真理子  

    日本内分泌学会雑誌89 巻 ( 2 ) 頁: 740 - 740   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

  28. 家族性高コレステロール血症患者における超音波によるアキレス腱計測の評価

    道倉雅仁, 冨家千鶴, 槇野久士, 橡谷真由, 玉那覇民子, 大畑洋子, 吉田晶子, 森本めぐむ, 柴田映子, 堀美香, 岸本一郎, 斯波真理子  

    日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web)45th 巻   頁: 1-P-63 (WEB ONLY) - 226   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

    J-GLOBAL

  29. コレステロール代謝におけるニューロメジンUの役割と動脈硬化との関連

    堀美香, 駒井仁美, 水野敏秀, 斯波真理子  

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)36th 巻   頁: 3P-0885 (WEB ONLY)   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  30. 脂肪膵の膵がんにおける意義及びCTを用いた評価方法の確立(The role of fatty infiltration on pancreatic cancer and establishment of the evaluation method using CT imaging)

    堀 美香, 高橋 真美, 女屋 博昭, 平岡 伸介, 山地 太樹, 武藤 倫弘, 金井 弥栄, 中釜 斉  

    日本癌学会総会記事71回 巻   頁: 356 - 356   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  31. 生理活性ペプチドニューロメジンUの脂質代謝及び炎症における役割

    堀美香, 斯波真理子  

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)35th 巻   頁: 4P-0548 (WEB ONLY)   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  32. ヒト膵がん発生における脂肪膵の意義(The role of fatty infiltration in the pancreas on the development of pancreatic cancer in humans)

    堀 美香, 平岡 伸介, 高橋 真美, 武藤 倫弘, 山地 太樹, 金井 弥栄, 中釜 斉  

    日本癌学会総会記事70回 巻   頁: 67 - 67   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  33. アディポネクチンが欠損したMin及びC57BLマウスにおける腸発がん促進(Enhancement of intestinal carcinogenesis in Min and C57BL mice with adiponectin deficiency)

    武藤 倫弘, 高橋 真美, 山本 真史, 堀 美香, 若林 敬二, 中釜 斉  

    日本癌学会総会記事70回 巻   頁: 290 - 290   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  34. 膵臓特異的K-ras変異体発現マウスの膵臓発がんにおけるオステオポンチンの発現上昇(Increased expression of osteopontin in pancreatic carcinogenesis in pancreas-specific K-ras mutant mice)

    高橋 真美, 石ヶ守 里加子, 堀 美香, 高須 伸二, 今井 俊夫, 武藤 倫弘, 若林 敬二  

    日本癌学会総会記事70回 巻   頁: 159 - 159   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  35. 膵がん発生における脂肪膵の意義に関する研究

    堀美香, 平岡伸介, 高橋真美, 武藤倫弘, 金井弥栄, 中釜斉  

    がん予防大会プログラム・抄録集2011 巻   頁: 71   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  36. アゾキシメタン誘発大腸aberrant crypt fociの生成に対する肥満・糖尿病の影響の検討

    伊藤久美子, 高橋真美, 堀美香, 石ケ守里加子, 武藤倫弘, 中釜斉, 太田敏博  

    がん予防大会プログラム・抄録集2011 巻   頁: 68   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  37. ハムスター膵管発がんにおけるオステオポンチンとそのスプライシングバリアントの発現上昇(Increased expression of osteopontin and its splicing variants in hamster pancreatic ductal carcinogenesis)

    高橋 真美, 石ヶ守 里加子, 堀 美香, 小宮 雅美, 武藤 倫弘, 杉村 隆, 若林 敬二  

    日本癌学会総会記事69回 巻   頁: 89 - 89   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  38. 肥満KK-AyマウスにおけるアンギオテンシンII受容体拮抗薬の大腸発がんに与える影響(Effects of an angiotensin II receptor blocker on colon carcinogenesis in obese KK-Ay mouse)

    高須 伸二, 武藤 倫弘, 寺岡 直哉, 上野 俊也, 小沼 邦重, 高橋 真美, 堀 美香, 杉村 隆, 若林 敬二  

    日本癌学会総会記事69回 巻   頁: 259 - 259   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  39. 高脂肪食によるBOP誘発ハムスター膵管発がん促進因子の検討(Promotion factors of pancreatic carcinogenesis in BOP-treated hamsters fed a high fat diet)

    堀 美香, 北橋 宗, 高橋 真美, 今井 俊夫, 石ヶ守 里加子, 高須 伸二, 武藤 倫弘, 杉村 隆, 若林 敬二  

    日本癌学会総会記事69回 巻   頁: 89 - 89   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  40. ヒトNUDT5蛋白質は様々な酸化デオキシリボヌクレオシドニリン酸を分解する

    紙谷浩之, 堀美香, 有森貴夫, 関口睦夫, 山縣ゆり子, 原島秀吉  

    生化学   頁: ROMBUNNO.3T18P-15   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  41. ヒトNUDT5蛋白質は様々な酸化デオキシリボヌクレオシド二リン酸を分解する

    紙谷 浩之, 堀 美香, 有森 貴夫, 関口 睦夫, 山縣 ゆり子, 原島 秀吉  

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集82回 巻   頁: 3T18p - 15   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

  42. マウスでのアディポネクチンの腸発がんにおける役割(Role of adiponectin in intestinal carcinogenesis in mice)

    武藤 倫弘, 飯郷 正明, 寺岡 直哉, 上野 俊也, 高橋 真美, 高須 伸二, 堀 美香, 杉村 隆, 若林 敬二  

    日本癌学会総会記事68回 巻   頁: 74 - 74   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  43. ヌクレオチドプール浄化酵素は、ヒト細胞において8-ヒドロキシ-dGTPにより誘発される変異を抑制する(Nucleotide pool sanitization enzymes suppress the mutation induced by 8-hydroxy-dGTP in human cells)

    堀 美香, 原島 秀吉, 紙谷 浩之  

    日本癌学会総会記事68回 巻   頁: 39 - 39   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  44. 哺乳動物細胞におけるヌクレオチドプール浄化酵素の8‐hydroxy‐dGTP誘発変異の抑制

    堀美香, 原島秀吉, 紙谷浩之  

    日本放射線影響学会大会講演要旨集51st 巻   頁: 87 - 87   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本放射線影響学会  

    DOI: 10.11513/jrrsabst.2008.0.108.0

    J-GLOBAL

  45. 哺乳動物細胞におけるヌクレオチドプール浄化酵素の酸化損傷ヌクレオチド誘発変異に対する影響

    堀美香, 原島秀吉, 紙谷浩之  

    生化学81回・31回 巻   頁: 4T4-8 - 8   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    J-GLOBAL

  46. UvrAとUvrBは酸化損傷ヌクレオチドにより誘発される変異を促進する

    堀美香, 石黒智恵子, 鈴木哲矢, 中川紀子, 布柴達男, 倉光成紀, 山本和生, 葛西宏, 原島秀吉, 紙谷浩之  

    日本放射線影響学会大会講演要旨集50th 巻   頁: 69 - 69   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本放射線影響学会  

    J-GLOBAL

  47. 損傷ヌクレオチドによる遺伝情報不安定性誘発とその制御 酸化ヌクレオチド誘発変異とヌクレオチド除去修復酵素UvrABCとの関連

    堀 美香, 石黒 智恵子, 中川 紀子, 倉光 成紀, 山本 和生, 葛西 宏, 原島 秀吉, 紙谷 浩之  

    日本放射線影響学会大会講演要旨集49回 巻   頁: 75 - 75   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本放射線影響学会  

  48. 酸化ヌクレオチド誘発変異とヌクレオチド除去修復酵素UvrABCとの関連

    堀美香, 石黒智恵子, 中川紀子, 倉光成紀, 山本和生, 葛西宏, 原島秀吉, 紙谷浩之  

    日本放射線影響学会大会講演要旨集49th 巻   頁: 75   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  49. ヌクレオチドプール浄化酵素Orf17のアンチセンス遺伝子導入の効果

    堀美香, 原島秀吉, 紙谷浩之  

    日本分子生物学会年会講演要旨集28th 巻   頁: 197   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  50. γ線照射,活性窒素により生じる損傷ヌクレオチドのin vivoにおける変異誘発能の解析

    堀美香, 石黒智恵子, 原島秀吉, 紙谷浩之  

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集27th 巻   頁: 634   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  51. 大腸菌Orf17蛋白質の酸化損傷ヌクレオチド分解活性

    堀美香, 藤川勝義, 葛西宏, 原島秀吉, 紙谷浩之  

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集26th 巻   頁: 946   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

▼全件表示

科研費 3

  1. 膵内分泌腫瘍モデルマウスを用いたアミノ酸代謝異常を介した発がん機構の解明

    研究課題/研究課題番号:21K08705  2021年4月 - 2024年3月

    堀 美香

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

  2. アキレス腱の軟らかさに着目した家族性高コレステロール血症・新診断法の確立

    研究課題/研究課題番号:19H00455  2019年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究  奨励研究

    道倉 雅仁, 斯波 真理子, 小倉 正恒, 堀 美香, 松木 恒太, 山本 真大

      詳細を見る

    家族性高コレステロール血症(FH)はLDL-コレステロール(LDL-C)が高値を示す遺伝的疾患である。本国でのFH診断率は0.1%程度と報告されており、FH診断率の向上は重要未解決問題である。現在の診断基準の1つであるアキレス腱の厚さに加え軟らかさも評価することによりFH検出能が向上するか研究したところ、検出能が80%から86%と向上し、アキレス腱厚が正常で従来見逃されていた患者、特に若年者や女性を診断することができた。

  3. ニューロメジンUの慢性炎症を介した動脈硬化誘発機序の解明

    研究課題/研究課題番号:24790793  2012年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    堀 美香

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    Apoe-/-Nmu-/- マウスは、高脂肪食負荷により、Apoe-/- マウスに対し血清総コレステロール値は2倍という非常に高値を示したが、動脈硬化性病変の進展は認められなかった。また、両マウスの腹腔マクロファージにおいて、酸化LDLの取り込みや酸化LDL 負荷時の炎症反応に差は認められなかった。
    Nmu-/- マウスは高脂肪食負荷により脂肪性肝炎を誘発するが、Apoe-/-Nmu-/- マウスでは肝臓中の泡沫化マクロファージが増加するのみで脂肪性肝炎の誘発は認められなかった。これらのことから、NMU はコレステロール代謝及び何らかの炎症反応において重要な役割を有することが示唆された。