2022/05/18 更新

写真a

ヒグチ シンイチ
樋口 慎一
HIGUCHI Shinichi
所属
医学部附属病院 形成外科 病院助教
職名
病院助教
外部リンク

学位 1

  1. 医学学士 ( 2005年3月 ) 

経歴 3

  1. 名古屋大学   医学部附属病院 形成外科   病院助教

    2020年7月 - 現在

  2. 名古屋市立大学   形成外科   助教

    2020年4月 - 2020年6月

  3. University of Pittsburgh   Post doctoral associate

    2017年4月 - 2020年3月

学歴 2

  1. 名古屋大学

    2016年4月 - 2021年3月

  2. 名古屋市立大学   医学部

    1999年4月 - 2005年3月

所属学協会 1

  1. 日本形成外科学会   評議員

    2007年4月 - 現在

委員歴 2

  1. 日本形成外科学会   日本形成外科学会動画審査委員  

    2021年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本形成外科学会   日本形成外科学会会誌編集委員  

    2021年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 2

  1. 国際熱傷学会日本支部会学術賞

    2016年   国際熱傷学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  2. 国際熱傷学会日本支部会学術賞

    2012年   国際熱傷学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

 

論文 3

  1. ACUTE ELUTION OF TGFβ2 AFFECTS THE SMOOTH MUSCLE CELLS IN A COMPLIANCE-MATCHED VASCULAR GRAFT.

    Furdella KJ, Higuchi S, Kim K, Doetschman T, Wagner WR, Vande Geest JP

    Tissue engineering. Part A     2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1089/ten.TEA.2021.0161

    PubMed

  2. In-vivo assessment of a tissue engineered vascular graft computationally optimized for target vessel compliance.

    Furdella KJ, Higuchi S, Behrangzade A, Kim K, Wagner WR, Vande Geest JP

    Acta biomaterialia   123 巻   頁: 298 - 311   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Acta Biomaterialia  

    Tissue engineered vascular grafts (TEVGs) have the ability to be tuned to match a target vessel's compliance, diameter, wall thickness, and thereby prevent compliance mismatch. In this work, TEVG compliance was manipulated by computationally tuning its layered composition or by manipulating a crosslinking agent (genipin). In particular, these three acelluluar TEVGs were compared: a compliance matched graft (CMgel - high gelatin content); a hypocompliant PCL graft (HYPOpcl - high polycaprolactone content); and a hypocompliant genipin graft (HYPOgen - equivalent composition as CMgel but hypocompliant via increased genipin crosslinking). All constructs were implanted interpositionally into the abdominal aorta of 21 Sprague Dawley rats (n=7, males=11, females=10) for 28 days, imaged in-vivo using ultrasound, explanted, and assessed for remodeling using immunofluorescence and two photon excitation fluorescence imaging. Compliance matched grafts remained compliance-matched in-vivo compared to the hypocompliant grafts through 4 weeks (p<0.05). Construct degradation and cellular infiltration was increased in the CMgel and HYPOgen TEVGs. Contractile smooth muscle cell markers in the proximal anastomosis of the graft were increased in the CMgel group compared to the HYPOpcl (p=0.007) and HYPOgen grafts (p=0.04). Both hypocompliant grafts also had an increased pro-inflammatory response (increased ratio of CD163 to CD86 in the mid-axial location) compared to the CMgel group. Our results suggest that compliance matching using a computational optimization approach leads to the improved acute (28 day) remodeling of TEVGs. To the authors’ knowledge, this is the first in-vivo rat study investigating TEVGs that have been computationally optimized for target vessel compliance.

    DOI: 10.1016/j.actbio.2020.12.058

    Scopus

    PubMed

  3. Covalently-Attached, Surface-Eroding Polymer Coatings on Magnesium Alloys for Corrosion Control and Temporally Varying Support of Cell Adhesion

    Chen Y.

    Advanced Materials Interfaces   7 巻 ( 15 )   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Advanced Materials Interfaces  

    DOI: 10.1002/admi.202000356

    Scopus

講演・口頭発表等 5

  1. 頭頸部再建におけるORBEYEの有用性

    樋口慎一

    日本形成外科学会総会・学術集会  2022年4月22日  大阪医科薬科大学形成外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:大阪  

  2. 微小血管吻合における術後合併症を予防するための工夫

    樋口慎一

    日本マイクロサージャリー学会学術集会  2021年12月4日  筑波大学形成外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:茨城県つくば市  

  3. 腓骨皮弁におけるドナーの選択の検討

    樋口慎一

    日本頭蓋顎顔面外科学会・学術集会  2021年11月11日  東海大学形成外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  4. 感染した補助人工心臓の洗浄中に脳空気塞栓をきたした1例

    樋口慎一

    日本創傷外科学会総会・学術集会  2021年7月16日  産業医科大学形成外科

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  5. 複数の皮弁を用いた頭頸部再建の検討

    樋口慎一

    日本形成外科学会総会・学術集会  2021年4月15日  獨協医科大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

科研費 1

  1. 神経線維腫症1型の特性から解明するScarless Wound Healing

    研究課題/研究課題番号:21K09763  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    大石 真由美, 新城 恵子, 高成 啓介, 橋川 和信, 蛯沢 克己, 神戸 未来, 樋口 慎一, 山本 周平, 亀井 譲

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究の目的は神経線維腫症1型(NF-1)の創傷治癒から瘢痕抑制のメカニズムを解明し、scarless wound healingを可能とする新規治療薬を開発することである。NF-1では手術後の瘢痕が目立ちにくく、肥厚性瘢痕やケロイドを生じにくいことが経験的に知られているが、NF-1の創傷治癒過程における過剰な瘢痕形成を抑制するメカニズムは明らかではない。現在行われている瘢痕治療の効果は限定的であり、手術や外傷後に傷あとが残ることは不可避であったが、NF-1に特有な創傷治癒メカニズムを再現することで、scarless wound healingの実現を試みる。