2021/04/05 更新

写真a

アベ タカシ
阿部 考志
ABE Takashi
所属
医学部附属病院 放射線科 助教
職名
助教

学位 1

  1. 博士 ( 2016年3月   徳島大学 ) 

研究キーワード 14

  1. 画像診断

  2. 神経画像診断

  3. MRI

  4. MRスペクトロスコピー

  5. 灌流画像

  6. 血管透過性画像

  7. Dynamic susceptibility contrast perfusion image

  8. Dynamic susceptibility contrast perfusion image

  9. 血管透過性画像

  10. 灌流画像

  11. 神経画像診断

  12. MRスペクトロスコピー

  13. MRI

  14. 画像診断

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学

  2. ライフサイエンス / 神経科学一般

  3. ライフサイエンス / 放射線科学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 画像診断学の向上による医療全体の高度化・効率化

経歴 5

  1. 名古屋大学   助教

    2021年1月 - 現在

  2. 名古屋大学   病院助教

    2020年7月 - 2020年12月

  3. University of California, Los Angeles   Visiting Assistant Researcher

    2016年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  4. 徳島大学   助教

    2014年4月 - 2020年6月

  5. 徳島大学   特任助教

    2012年4月 - 2014年3月

学歴 2

  1. 徳島大学

    2012年4月 - 2016年3月

  2. 筑波大学   医学専門学群

    1998年4月 - 2004年3月

所属学協会 9

  1. 日本医学放射線学会

  2. Radiological Society of the North Ameria

  3. International Society for Magnetic Resonance in Medicine

  4. American Society of Neuroradiology

  5. European Society of Radiology

  6. 日本磁気共鳴医学会

  7. 中国四国神経放射線研究会

  8. 神経放射線研究会(通称NR懇話会)

  9. 日本放射線科医会・専門医会

▼全件表示

委員歴 2

  1. 神経放射線研究会(通称:NR懇話会)   世話人  

  2. 中国四国神経放射線研究会   世話人  

受賞 3

  1. バイエル学術症例賞国際飛躍賞

    2018年   日本磁気共鳴医学会  

  2. バイエル学術症例賞国際飛躍賞

    2015年   日本磁気共鳴医学会  

  3. レジデント優秀論文賞 病院長賞

    2010年3月   筑波大学附属病院  

 

論文 25

  1. MR spectroscopy and imaging-derived measurements in the supplementary motor area for biomarkers of amyotrophic lateral sclerosis 招待有り 査読有り

    Neurol Sci     2021年2月

  2. MR spectroscopy and imaging-derived measurements in the supplementary motor area for biomarkers of amyotrophic lateral sclerosis.

    Sako W, Izumi Y, Abe T, Haji S, Murakami N, Osaki Y, Matsumoto Y, Harada M, Kaji R

    Neurological sciences : official journal of the Italian Neurological Society and of the Italian Society of Clinical Neurophysiology     2021年2月

     詳細を見る

  3. Evaluating the Effect of Arterial Pulsation on Cerebrospinal Fluid Motion in the Sylvian Fissure of Patients with Middle Cerebral Artery Occlusion Using Low b-value Diffusion-weighted Imaging.

    Taoka T, Kawai H, Nakane T, Abe T, Nakamichi R, Ito R, Sasaki Y, Nishida A, Naganawa S

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine     2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本磁気共鳴医学会  

    <p>Purpose: Decrease in signal of the cerebrospinal fluid (CSF) on low b-value diffusion weighted image (DWI) due to non-uniform flow can provide additional information regarding CSF motion. The purpose of the current study was to evaluate whether arterial pulsations constitute the driving force of CSF motion.</p><p>Methods: We evaluated the CSF signals within the Sylvian fissure on low b-value DWI in 19 patients with unilateral middle cerebral artery (MCA) occlusion. DWI with b-value of 500 s/mm<sup>2</sup> was evaluated for a decrease in CSF signal within the Sylvian fissure including the Sylvian vallecula and lower, middle, and higher Sylvian fissures and graded as follows: the same as contralateral side; smaller signal decrease than that on contralateral side; and no signal decrease. MR angiography (MRA) findings of MCA were graded as follows: the same as contralateral, lower signal than contralateral signal, and no signal. In 15 patients, regional cerebral blood flow (rCBF) was evaluated using single-photon emission computed tomography (SPECT) studies and graded as >90%, 90%–70%, and <70% rCBF compared to contralateral. The correlations between the gradings were evaluated using G likelihood-ratio test.</p><p>Results: There was no statistically significant correlation between the MRA and low b-value DWI gradings of CSF in all areas. There were statistically significant correlations between the decreases in CBF on SPECT and CSF signals in the middle Sylvian fissure.</p><p>Conclusion: The driving force of CSF pulsation in the Sylvian sinus may be related to the pulsations of the cerebral hemisphere rather than direct arterial pulsations.</p>

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2020-0121

    PubMed

    CiNii Article

  4. Reduced Myocardial Uptake of 123I-MIBG in Congenital Insensitivity to Pain With Anhidrosis 招待有り 査読有り

        2021年

  5. Diffusion analysis of fluid dynamics with incremental strength of motion proving gradient (DANDYISM) to evaluate cerebrospinal fluid dynamics 招待有り 査読有り

    Taoka, T. Kawai, H. Nakane, T. Abe, T. Nakamichi, R. Ito, R. Sato, Y. Sakai, M. Naganawa, S.

    Jpn J Radiol     2021年

  6. Evaluating the Effect of Arterial Pulsation on Cerebrospinal Fluid Motion in the Sylvian Fissure of Patients with Middle Cerebral Artery Occlusion Using Low b-value Diffusion-weighted Imaging 招待有り 査読有り

        2021年

  7. Deep Learning for Assessment of Left Ventricular Ejection Fraction from Echocardiographic Images.

    Kusunose K, Haga A, Yamaguchi N, Abe T, Fukuda D, Yamada H, Harada M, Sata M

    Journal of the American Society of Echocardiography : official publication of the American Society of Echocardiography   33 巻 ( 5 ) 頁: 632 - 635.e1   2020年5月

     詳細を見る

  8. A Deep Learning Approach for Assessment of Regional Wall Motion Abnormality From Echocardiographic Images.

    Kusunose K, Abe T, Haga A, Fukuda D, Yamada H, Harada M, Sata M

    JACC. Cardiovascular imaging   13 巻 ( 2 Pt 1 ) 頁: 374 - 381   2020年2月

     詳細を見る

  9. A Deep Learning Approach for Assessment of Regional Wall Motion Abnormality From Echocardiographic Images. 招待有り 査読有り

    Kusunose, K. Abe, T. Haga, A. Fukuda, D. Yamada, H. Harada, M. Sata, M.

        2020年

  10. Deep Learning for Assessment of Left Ventricular Ejection Fraction from Echocardiographic Images 招待有り 査読有り

    Kusunose, K. Haga, A. Yamaguchi, N. Abe, T. Fukuda, D. Yamada, H. Harada, M. Sata, M.

        2020年

  11. Reproducibility and Variability of Quantitative Cerebral Blood Flow Measured by Multi-delay 3D Arterial Spin Labeling According to Sex and Menstrual Cycle. 招待有り 査読有り

    Otomo M, Harada M, Abe T, Matsumoto Y, Abe Y, Kanazawa Y, Miyoshi M, Kabasawa H, Takahashi Y

    The journal of medical investigation : JMI   67 巻 ( 3.4 ) 頁: 321 - 327   2020年

     詳細を見る

  12. "One line": A method for differential diagnosis of parkinsonian syndromes.

    Sako W, Abe T, Haji S, Murakami N, Osaki Y, Izumi Y, Harada M, Kaji R

    Acta neurologica Scandinavica   140 巻 ( 3 ) 頁: 229 - 235   2019年9月

     詳細を見る

  13. A reduced liver <sup>18</sup>F-FDG uptake may be related to hypoalbuminemia in patients with malnutrition.

    Otomi Y, Otsuka H, Terazawa K, Kondo M, Arai Y, Yamanaka M, Otomo M, Abe T, Shinya T, Harada M

    Annals of nuclear medicine   33 巻 ( 9 ) 頁: 689 - 696   2019年9月

     詳細を見る

  14. Utilization of Artificial Intelligence in Echocardiography.

    Kusunose K, Haga A, Abe T, Sata M

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   83 巻 ( 8 ) 頁: 1623 - 1629   2019年7月

     詳細を見る

  15. Deterministic-tractography-based approach for diagnosis and disease monitoring of amyotrophic lateral sclerosis.

    Sako W, Abe T, Izumi Y, Harada M, Kaji R

    Clinical neurology and neurosurgery   181 巻   頁: 73 - 75   2019年6月

  16. Differences in the intra-cerebellar connections and graph theoretical measures between Parkinson's disease and multiple system atrophy.

    Sako W, Abe T, Furukawa T, Oki R, Haji S, Murakami N, Izumi Y, Harada M, Kaji R

    Journal of the neurological sciences   400 巻   頁: 129 - 134   2019年5月

     詳細を見る

  17. Correlation and Characteristics of Intravoxel Incoherent Motion and Arterial Spin Labeling Techniques Versus Multiple Parameters Obtained on Dynamic Susceptibility Contrast Perfusion MRI for Brain Tumors.

    Dolgorsuren EA, Harada M, Kanazawa Y, Abe T, Otomo M, Matsumoto Y, Mizobuchi Y, Nakajima K

    The journal of medical investigation : JMI   66 巻 ( 3.4 ) 頁: 308 - 313   2019年

     詳細を見る

  18. The diagnostic ability of SPECT/CT fusion imaging for gastrointestinal bleeding: a retrospective study.

    Otomi Y, Otsuka H, Terazawa K, Yamanaka M, Obama Y, Arase M, Otomo M, Irahara S, Kubo M, Uyama N, Abe T, Harada M

    BMC gastroenterology   18 巻 ( 1 ) 頁: 183   2018年12月

     詳細を見る

  19. Diagnostic Performance of Arterial Spin Labeling for Grading Nonenhancing Astrocytic Tumors.

    Khashbat D, Harada M, Abe T, Ganbold M, Iwamoto S, Uyama N, Irahara S, Otomi Y, Kageji T, Nagahiro S

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine   17 巻 ( 4 ) 頁: 277 - 282   2018年10月

     詳細を見る

  20. Treatment of Unruptured Cerebral Aneurysms with the Mineralocorticoid Receptor Blocker Eplerenone-Pilot Study.

    Nagahiro S, Tada Y, Satomi J, Kinouchi T, Kuwayama K, Yagi K, Nakajima K, Matsushita N, Miyamoto T, Yamaguchi T, Shimada K, Korai M, Mure H, Okayama Y, Abe T, Harada M, Kitazato KT, Kanematsu Y

    Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   27 巻 ( 8 ) 頁: 2134 - 2140   2018年8月

  21. Neurologic attack and dynamic perfusion abnormality in neuronal intranuclear inclusion disease.

    Fujita K, Osaki Y, Miyamoto R, Shimatani Y, Abe T, Sumikura H, Murayama S, Izumi Y, Kaji R

    Neurology. Clinical practice   7 巻 ( 6 ) 頁: e39 - e42   2017年12月

  22. MR Spectroscopy in Patients with Hereditary Diffuse Leukoencephalopathy with Spheroids and Asymptomatic Carriers of Colony-stimulating Factor 1 Receptor Mutation.

    Abe T, Kawarai T, Fujita K, Sako W, Terasawa Y, Matsuda T, Sakai W, Tsukamoto-Miyashiro A, Matsui N, Izumi Y, Kaji R, Harada M

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine   16 巻 ( 4 ) 頁: 297 - 303   2017年10月

     詳細を見る

  23. Intra-arterial high signals on arterial spin labeling perfusion images predict the occluded internal carotid artery segment.

    Sogabe S, Satomi J, Tada Y, Kanematsu Y, Kuwayama K, Yagi K, Yoshioka S, Mizobuchi Y, Mure H, Yamaguchi I, Abe T, Yamamoto N, Kitazato KT, Kaji R, Harada M, Nagahiro S

    Neuroradiology   59 巻 ( 6 ) 頁: 587 - 595   2017年6月

     詳細を見る

  24. Spontaneous brain activity in the sensorimotor cortex in amyotrophic lateral sclerosis can be negatively regulated by corticospinal fiber integrity.

    Sako W, Abe T, Izumi Y, Yamazaki H, Matsui N, Harada M, Kaji R

    Neurological sciences : official journal of the Italian Neurological Society and of the Italian Society of Clinical Neurophysiology   38 巻 ( 5 ) 頁: 755 - 760   2017年5月

     詳細を見る

  25. Differences In High-Intensity Signal Volume Between Arterial Spin Labeling And Contrast-Enhanced T1-Weighted Imaging May Be Useful For Differentiating Glioblastoma From Brain Metastasis.

    Ganbold M, Harada M, Khashbat D, Abe T, Kageji T, Nagahiro S

    The journal of medical investigation : JMI   64 巻 ( 1.2 ) 頁: 58 - 63   2017年

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物 5

  1. MRS (頭部画像診断の勘ドコロ 第3版)

    メジカルビュー社  2021年2月 

  2. 非造影灌流画像(ASL)と急性期脳梗塞 (臨床画像2020年4月増刊号 放射線科医が知っておくべき脳血管障害診療 update)

    ( 担当: 分担執筆)

    メジカルビュー社  2020年4月 

  3. 頭部MRI:脳血管障害 (月刊 画像診断 Vol.40 No.2 )

    阿部考志

    学研メディカル秀準社  2020年4月 

  4. Hereditary diffuse leukoencephalopathy with spheroid (HDLS) (よく分かる脳MRI第4版)

    阿部考志( 担当: 分担執筆)

    学研メディカル秀準社  2020年3月 

  5. 脳梗塞超急性期の画像診断 MRI

    阿部考志 原田雅史( 担当: 共著)

    バイエル薬品株式会社  2017年 

     詳細を見る

    担当ページ:99-109   記述言語:日本語

講演・口頭発表等 16

  1. "ASL-CE mismatch": An Imaging Finding for Diagnosis of Brain Tumor, Multicenter Research

    2020年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月8日 - 2020年8月14日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  2. External validation of a machine learning algorithm for differentiating between

    Takasu M., Abe T., et al.

    2020年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月8日 - 2020年8月14日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  3. Characterization of Brain Tumors using Amide Proton and Nuclear Overhauser Effect at 3 Tesla MR Scanner.

    Kanazawa Y., Abe T., et al.

    2020年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月8日 - 2020年8月14日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  4. Chemical Exchange Saturation Transfer Imaging for Atherosclerotic Plaques

    Kanazawa Y., Abe T., et al.

    2020年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月8日 - 2020年8月14日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  5. Calculation of Concentration of Contrast Media, Relaxivity, Extracellular pH and Oxygen Extraction Fraction for Brain Tumor Characterization

    Matsumoto Y., Abe T., et al.

    2020年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月8日 - 2020年8月14日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  6. Multi-component analysis of brain using ultrashort echo time magnetic resonance imaging

    Wada Y., Takashi Abe., et al.

    ECR 2020 - European Congress of Radiology  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月15日 - 2020年7月19日

    記述言語:英語  

    国名:オーストリア共和国  

  7. Multicomponent T 1 relaxometry analysis using quantitative parameter mapping magnetic resonance imaging

    Maeda N., Abe. T., et al.

    ECR 2020 - European Congress of Radiology  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月15日 - 2020年7月19日

    記述言語:英語  

    国名:オーストリア共和国  

  8. How does synthetic MRI depict biological information? A step toward planning for deep brain stimuration (DBS)

    Matsumoto Y., Abe T., et al.

    ECR 2020 - European Congress of Radiology  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月15日 - 2020年7月19日

    記述言語:英語  

    国名:オーストリア共和国  

  9. Novel MR imaging and post-processing

    2019年10月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月18日 - 2019年10月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  10. 髄内外の脳腫瘍:テント上(転移,小児を除く)

    阿部考志

    第55回日本医学放射線学会秋期臨床大会    2019年10月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月18日 - 2019年10月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  11. Artificial intelligence (Al) in radiology. Does Al replace diagnostic radiologist 招待有り

    Takashi Abe

    24th Annual Meeting of Mongolian Society of Radiology  2019年9月13日  MONGOLIAN CONGRESS OF RADIOLOGY

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月13日 - 2019年9月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Chinggis Khaan Hotel, Ulaanbaatar   国名:モンゴル国  

  12. Advanced MRI for diagnosis of brain tumors 招待有り

    Takashi Abe

    24th Annual Meeting of Mongolian Society of Radiology  2019年9月13日  MONGOLIAN CONGRESS OF RADIOLOGY

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月13日 - 2019年9月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Chinggis Khaan Hotel, Ulaanbaatar   国名:モンゴル国  

  13. Deep Learning (画像診断を中心に) 招待有り 国際会議

    阿部考志

    NDC月例会  2017年10月28日  Nibei Foundation

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Los Angeles, California   国名:アメリカ合衆国  

    その他リンク: https://nibei.terasaki.org/

  14. 脳腫瘍診断のcutting edge: deep learningを用いた神経画像診断:脳腫瘍診断の初期経験 招待有り

    阿部考志

    第45回日本磁気共鳴医学会総会  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月14日 - 2017年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  15. 新しいMRI用造影剤「ガドビスト®」の有用性 当院での初期経験を含めて 招待有り

    阿部考志

    第31回日本診療放射線技師学術大会  2015年11月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月21日 - 2015年11月23日

    記述言語:日本語  

  16. 脳虚血の画像診断 招待有り

    阿部考志

    第32回日本画像医学会総会  2013年2月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月22日 - 2013年2月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

▼全件表示

科研費 2

  1. Deep learningを用いたFLAIR画像の合成・新手法と従来法との比較

    研究課題/研究課題番号:19K17271  2019年04月 - 2022年03月

    若手研究

    阿部 考志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    人工知能を用いて、MRI画像の新たな合成方法を開発します。MRI画像は病気の診断のために必要不可欠ですが、撮影時間が長いのが問題です。MRIにはT1強調画像(WI)、T2WI、FLAIRなど様々な画像があり、これらを別々に撮影する必要があるため時間が長くかかってしまいます。
    この研究では人工知能でT1WIやT2WIからFLAIR画像を合成し、診療の役に立つ医用画像を得ることを目的としています。T1WIやT2WIを人工知能に入力して画像合成を行い、FLAIRにより類似した画像が合成できるように人工知能を調整していきます。
    当該年度は研究の本格的な進展に向けて症例の蓄積を行った。年間を通してデータを収集し、研究で用いる元画像であるT1強調画像とT2強調画像、および、画像合成のターゲットとなるFLAIR画像に関して、研究に使用できる100例のデータを取得した。
    また、研究解析用コンピューターの整備を行った。これまでの体制では画像処理用メモリーとして12GBまでしか使用できなかったところ、24GBまで使用できる設備を整備し、より大容量データでの解析に向けての準備が整った。
    同時に、解析に用いるプログラムの整備を行った。本研究の開始前時点では、二次元の画像データに対して解析を行っていた。本研究機関において、三次元で解析するためのプログラムを整備し、次年度における本格的な研究解析に向けての準備を行った。
    当該年度は本格的な研究進展に向けての準備期間である。本期間において、順調にデータの取得や解析用コンピューターの整備、また、使用するプログラムの作成などを行った。以上により、予定通り進展していると評価した。
    本年度および次年度は、T1WIとT2WIという基本的な画像から、病変検出に優れたFLAIR画像を合成していく作業を本格的に実行していく期間に該当する。引き続き症例数を蓄積していくことに加え、整備した環境において実際に画像解析を試み、従来法に加えてより精度の高い手法を実現する。

  2. レドックス制御と神経伝達バランスに関するMRIを用いたバイオマーカーの開発

    研究課題/研究課題番号:15K09926  2015年04月 - 2018年03月

    原田 雅史

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    脳内環境の評価手法として通常のMRSとMEGA-PRESS法を用いて、治療効果や病態の指標となる定量的なパラメータを検討した。測定対象とした代謝物は抗酸化ストレス物質であるグルタチオン(GSH)、抑制系神経伝達物質であるγ-アミノ酪酸(GABA)及び興奮系神経伝達物質であるグルタミン酸(Glu)とその代謝物であるグルタミン(Gln)等である。GSHの評価では、喫煙者は非喫煙者にくらべて有意に低値であり、喫煙における酸化ストレスの増加が示唆された。慢性疼痛患者では、Glu及びGlnが健常者にくらべて有意に低値で、GABAは高値の傾向がみられ、抑制神経系の過剰な反応があることが推察された。