2021/04/30 更新

写真a

ヒビノ エミ
日比野 絵美
HIBINO Emi
所属
大学院創薬科学研究科 基盤創薬学専攻 創薬分子構造学 特任助教
職名
特任助教
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 薬科学 ( 2017年3月   京都大学 ) 

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 生物物理学

経歴 2

  1. 名古屋大学   創薬科学研究科   特任助教

    2020年6月 - 現在

  2. 滋賀医科大学   神経難病研究センター   特任助教

    2017年4月 - 2020年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 京都大学   薬学研究科   薬科学専攻

    2013年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学大学院   薬学研究科

    2011年4月 - 2017年3月

  3. 京都大学   薬学部   薬科学科

    2007年4月 - 2011年3月

所属学協会 3

  1. 日本生化学会

  2. 日本蛋白質科学会

  3. 日本生物物理学会

 

論文 10

  1. Extracellular Release of ILEI/FAM3C and Amyloid-β Is Associated with the Activation of Distinct Synapse Subpopulations.

    Nakano M, Mitsuishi Y, Liu L, Watanabe N, Hibino E, Hata S, Saito T, Saido TC, Murayama S, Kasuga K, Ikeuchi T, Suzuki T, Nishimura M

    Journal of Alzheimer's disease : JAD   80 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 16   2021年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Alzheimer's disease : JAD  

    DOI: 10.3233/jad-201174

    Scopus

    PubMed

  2. FAM3C in Alzheimer's disease. A risk-related molecule and potential therapeutic target. 査読有り

    Nishimura M, Watanabe N, Mitsuishi Y, Hibino E, Nakano M, Liu L, Sugi T

    Neuroscience of Dementia     頁: in press   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  3. A novel mode of interaction between intrinsically disordered proteins 査読有り

    Hibino Emi, Hoshino Masaru

    BIOPHYSICS AND PHYSICOBIOLOGY   in press 巻 ( 0 ) 頁: 86 - 93   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本生物物理学会  

    <p>An increasing number of proteins, which have neither regular secondary nor well-defined tertiary structures, have been found to be present in cells. The structure of these proteins is highly flexible and disordered under physiological (native) conditions, and they are called "intrinsically disordered" proteins (IDPs). Many of the IDPs are involved in interactions with other biomolecules such as DNA, RNA, carbohydrates, and proteins. While these IDPs are largely unstructured by themselves, marked conformational changes often occur upon binding to an interacting partner, which is known as the "coupled folding and binding mechanism", which enable them to change the conformation to become compatible with the shape of the multiple target biomolecules. We have studied the structure and interaction of eukaryotic transcription factors Sp1 and TAF4, and found that both of them have long intrinsically disordered regions (IDRs). One of the IDRs in Sp1 exhibited homo-oligomer formation. In addition, the same region was used for the interaction with another IDR found in the TAF4 molecule. In both cases, we have not detected any significant conformational change in that region, suggesting a prominent and novel binding mode for IDPs/IDRs, which are not categorized by the well-accepted concept of the coupled folding and binding mechanism.</p>

    DOI: 10.2142/biophysico.bsj-2020012

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

  4. Lipid class composition of membrane and raft fractions from brains of individuals with Alzheimer's disease. 査読有り 国際誌

    Kawatsuki A, Morita SY, Watanabe N, Hibino E, Mitsuishi Y, Sugi T, Murayama S, Nishimura M

    Biochemistry and biophysics reports   20 巻 ( 100704 ) 頁: 100704 - 100704   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemistry and Biophysics Reports  

    DOI: 10.1016/j.bbrep.2019.100704

    Scopus

    PubMed

  5. 大脳皮質におけるILEI/FAM3CおよびAβの間質液への分泌様式に関する比較検討 査読有り

    中野 将希, 三ツ石 弥千代, 渡邊 直希, 日比野 絵美, 斉藤 貴志, 西道 隆臣, 鈴木 利治, 西村 正樹

    Dementia Japan   33 巻 ( 4 ) 頁: 514 - 514   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

  6. 天然変性タンパク質の新しい相互作用機構 招待有り 査読有り

    日比野 絵美, 星野 大

    「生物物理」誌   59 巻 ( 4 ) 頁: 202 - 204   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本生物物理学会  

    DOI: 10.2142/biophys.59.202

    CiNii Article

  7. Identification of heteromolecular binding sites in transcription factors Sp1 and TAF4 using high-resolution nuclear magnetic resonance spectroscopy 査読有り

    Hibino Emi, Inoue Rintaro, Sugiyama Masaaki, Kuwahara Jun, Matsuzaki Katsumi, Hoshino Masaru

    PROTEIN SCIENCE   26 巻 ( 11 ) 頁: 2280 - 2290   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Protein Science  

    DOI: 10.1002/pro.3287

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. Interaction between intrinsically disordered regions in transcription factors Sp1 and TAF4 査読有り

    Hibino Emi, Inoue Rintaro, Sugiyama Masaaki, Kuwahara Jun, Matsuzaki Katsumi, Hoshino Masaru

    PROTEIN SCIENCE   25 巻 ( 11 ) 頁: 2006 - 2017   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Protein Science  

    DOI: 10.1002/pro.3013

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Glutamine-rich activation domain of transcription factor Sp1-biochemical activity and structure

    Kuwahara Jun, Uwatoko Chisana, Hibino Emi, Matsuzaki Katsumi, Hoshino Masaru

    PROTEIN SCIENCE   24 巻   頁: 312 - 312   2015年10月

     詳細を見る

  10. Interaction between isolated transcriptional activation domains of Sp1 revealed by heteronuclear magnetic resonance 査読有り

    Hiramatsu Naoko, Hibino Emi, Matsuzaki Katsumi, Kuwahara Jun, Hoshino Masaru

    PROTEIN SCIENCE   21 巻 ( 10 ) 頁: 1481 - 1488   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Protein Science  

    DOI: 10.1002/pro.2137

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

▼全件表示

MISC 1

  1. Glutamine-rich activation domain of transcription factor Sp1-biochemical activity and structure

    Jun Kuwahara, Chisana Uwatoko, Emi Hibino, Katsumi Matsuzaki, Masaru Hoshino  

    PROTEIN SCIENCE24 巻   頁: 312 - 312   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Web of Science

講演・口頭発表等 13

  1. Aβ産生抑制タンパク質ILEIの活性中心の同定

    日比野 絵美, 西村正樹

    第58回日本生物物理学会年会  2020年9月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月16日 - 2020年9月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  2. The interaction between transcription factors Sp1 and TAF4 via the intrinsically disordered regions. 国際会議

    The 9th SKO Symposium Program 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  3. 転写因子Sp1とTAF4の天然変性領域を介した相互作用 招待有り

    日比野 絵美, 井上 倫太郎, 杉山 正明, 桑原 淳, 松崎 勝巳, 星野 大

    第52回日本生物物理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月26日 - 2014年9月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  4. 転写因子Sp1とTAF4の天然変性領域を介した相互作用の解析

    日比野 絵美, 桑原 淳, 松崎 勝巳, 星野 大

    第13回日本蛋白質科学会年会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月12日 - 2013年6月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鳥取   国名:日本国  

  5. Aβ産生抑制タンパク質ILEIの構造と機能の解析

    日比野 絵美

    2017年度生命科学系学会合同年次大会  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  6. 転写因子Sp1とTAF4の天然変性領域を介した相互作用の解析

    日比野 絵美, 桑原 淳, 松崎 勝巳, 星野 大

    第13回日本蛋白質科学会年会  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  7. 転写因子Sp1とTAF4の天然変性領域を介した相互作用 招待有り

    日比野 絵美, 井上 倫太郎, 杉山 正明, 桑原 淳, 松崎 勝巳, 星野 大

    第52回日本生物物理学会年会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  8. 特異な機序でアミロイドβ産生を抑制するILEI / FAM3Cとアルツハイマー病リスク

    日比野 絵美, 渡辺 直希, 西村 正樹

    第91回日本生化学会大会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  9. 天然変性領域間の相互作用の物理化学的解析

    日比野 絵美

    蛋白質異常凝集研究会  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  10. The interaction between transcription factors Sp1 and TAF4 via the intrinsically disordered regions. 国際会議

    日比野 絵美, 井上 倫太郎, 杉山 正明, 桑原 淳, 松崎 勝巳, 星野 大

    The 9th SKO Symposium Program  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  11. Structure-based analysis of ILEI/FAM3C activity to inhibit Aβ generation

    ◯Emi Hibino, Masatake Sugita, Yachiyo Mitsuishi, Naoki Watanabe, Masaki Nakano, Takuma Sugi, Masaki Nishimura

    第56回日本生物物理学会年会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  12. ILEI/FAM3C Suppresses Amyloid-β Generation by a Unique Mechanism 国際会議

    日比野 絵美

    第24回MNRC国際シンポジウム  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  13. Aβ産生抑制タンパク質ILEIの構造解析に基づく機能メカニズムの検討

    日比野 絵美

    第36回日本認知症学会学術集会  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

科研費 3

  1. アミロイドβタンパク質産生を特異的に抑制する新たな機序の解析

    研究課題/研究課題番号:18K14883  2018年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金 

    日比野絵美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. ILEIとPresenilin-1との結合構造解析に基づくアルツハイマー病分子治療薬の設計

    2018年04月 - 2019年03月

    滋賀医科大学  学長裁量経費(若手萌芽研究) 

    日比野 絵美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  3. ILEIとγセクレターゼ複合体との結合構造解析に基づくアルツハイマー病分子治療薬の設計

    2017年04月 - 2018年03月

    滋賀医科大学  学長裁量経費(若手萌芽研究) 

    日比野 絵美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金