2021/09/28 更新

写真a

カネコ マサヒロ
金子 真大
KANEKO Masahiro
所属
大学院工学研究科 化学システム工学専攻 先進化学工学システム 助教
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 マテリアル工学科
職名
助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2020年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 6

  1. 磁性ナノ粒子

  2. がん治療

  3. 代謝

  4. バイオマテリアル

  5. 生物電気化学

  6. 高分子化学

研究分野 3

  1. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / バイオ機能応用、バイオプロセス工学

  2. ライフサイエンス / 生体材料学

  3. ナノテク・材料 / 高分子化学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. レドックスリン脂質ポリマーを用いたがん細胞死誘導

  2. ポリマー被覆型磁性ナノ粒子を用いたがん温熱療法

経歴 2

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科   助教

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 日本学術振興会 特別研究員 (DC2)

    2018年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 4

  1. 東京大学   工学系研究科   マテリアル工学専攻

    2017年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   工学系研究科   応用化学専攻

    2015年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東京大学   工学部   応用化学科

    2013年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  4. 東京大学   教養学部   理科一類

    2011年4月 - 2013年3月

所属学協会 2

  1. 化学工学会

  2. 日本生物工学会

受賞 7

  1. 化学工学会第52回秋季大会 注目講演

    2021年9月   化学工学会   酸化還元活性リン脂質ポリマーによるがん細胞の免疫原性細胞死誘導

    山口明生、金子真大、井藤彰

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  2. Best Poster Presentation, Student and Young Investigator Section (SYIS) 1st Prize

    2019年10月   Tissue Engineering & Regenerative Medicine International Society - AP Chapter and the 7th Asian Biomaterials Congress  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:オーストラリア連邦

  3. Excellent Poster Presentation Award

    2017年8月   The 4th International Symposium of Materials on Regenerative Medicine  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:台湾

  4. 第66回高分子学会年次大会 パブリシティ賞

    2017年5月   高分子学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  5. 2016年度HMTメタボロミクス先導研究助成 大賞

    2016年11月   ヒューマンメタボロームテクノロジーズ株式会社  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 第37回日本バイオマテリアル学会大会 ハイライト発表

    2015年11月   日本バイオマテリアル学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  7. 第5回CSJ化学フェスタ2015 優秀ポスター発表賞

    2015年10月   日本化学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 8

  1. Anticancer Activity of Cell-Penetrating Redox Phospholipid Polymers 査読有り

    Masahiro Kaneko, Masahito Ishikawa, Shuji Nakanishi, Kazuhiko Ishihara

    ACS Macro Letters   10 巻   頁: 926 - 932   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsmacrolett.1c00336

  2. Redox‐Active Polymers Connecting Living Microbial Cells to an Extracellular Electrical Circuit 招待有り 査読有り

    Masahiro Kaneko, Kazuhiko Ishihara, Shuji Nakanishi

    Small   16 巻 ( 34 ) 頁: 2001849   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/smll.202001849

  3. Extracellular electron transfer mediated by a cytocompatible redox polymer to study the crosstalk among the mammalian circadian clock, cellular metabolism, and cellular redox state 査読有り

    Masahito Ishikawa, Kazuki Kawai, Masahiro Kaneko, Kenya Tanaka, Shuji Nakanishi,Katsutoshi Hori

    RSC Advances   10 巻   頁: 1648-1657   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c9ra10023g

  4. Cell-Membrane Permeable Redox Phospholipid Polymers Induce Apoptosis in MDA-MB-231 Human Breast Cancer Cells 査読有り

    Masahiro Kaneko, Masahito Ishikawa, Kazuhiko Ishihara, Shuji Nakanishi

    Biomacromolecules   20 巻   頁: 4447-4456   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.biomac.9b01184

    PubMed

  5. The endogenous redox rhythm is controlled by a central circadian oscillator in cyanobacterium Synechococcus elongatus PCC7942 査読有り

    Kenya Tanaka, Masahito Ishikawa, Masahiro Kaneko, Kazuhide Kamiya, Souichiro Kato, Shuji Nakanishi

    Photosynthesis Research   142 巻   頁: 203-210   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11120-019-00667-0

  6. Specific Interaction between Redox Phospholipid Polymers and Plastoquinone in Photosynthetic Electron Transport Chain 査読有り

    Kenya Tanaka, Masahiro Kaneko, Masahito Ishikawa, Souichiro Kato, Hidehiro Ito, Toshiaki Kamachi, Kazuhide Kamiya, Shuji Nakanishi

    ChemPhysChem   18 巻   頁: 878-881   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cphc.201700065

  7. Molecular design of cytocompatible amphiphilic redox-active polymers for efficient extracellular electron transfer 査読有り

    KAuthor links open overlay panelMasahiro Kanek,Masahito Ishikawa, Kazuhito Hashimoto, Shuji Nakanishi

    Bioelectrochemistry   114 巻   頁: 8-12   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bioelechem.2016.11.001

  8. Cathodic supply of electrons to living microbial cells via cytocompatible redox-active polymers 査読有り

    Masahiro Kaneko, Masahito Ishikawa, Jieun Song, Souichiro Kato, Kazuhito Hashimoto, Shuji Nakanishi

    Electrochemistry Communications   75 巻   頁: 17-20   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.elecom.2016.12.002

▼全件表示

MISC 2

  1. 機能性磁性ナノ粒子の開発と医療分野への応用

    金子真大、井藤彰  

    化学工業72 巻 ( 4 ) 頁: 268 - 274   2021年4月

  2. 細胞内レドックス状態の制御を実現するレドックスリン脂質ポリマーの創製

    金子真大  

    化学工学会バイオ部会ニュースレター ( 52 ) 頁: 3 - 7   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

講演・口頭発表等 9

  1. がん温熱療法のためのミトコンドリア標的型磁性ナノ粒子の開発

    山﨑裕永、金子真大、井藤彰

    化学工学会 第52回秋季大会  2021年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  2. 酸化還元活性リン脂質ポリマーによるがん細胞の免疫原性細胞死誘導

    山口明生、金子真大、井藤彰

    化学工学会 第52回秋季大会  2021年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  3. エチレンビニルアルコール製マクロカプセル化バイオ人工膵臓の機能評価

    森口 浩聡、金子 真大、綾野 賢、川越 雅子、藤田 明士、小林 悟朗、井藤 彰

    化学工学会 第52回秋季大会  2021年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  4. 磁性ナノ粒子を用いたがん温熱療法における免疫チェックポイント阻害剤の効果

    鈴木 悠太郎、金子 真大、 西川 安美、井藤 彰

    化学工学会 第52回秋季大会  2021年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  5. レドックスリン脂質ポリマーによるがん治療法の開発

    金子真大、山口明生、井藤彰

    化学工学会 第52回秋季大会  2021年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. ハイパーサーミアに向けたミトコンドリア指向性マグネタイトの開発

    金子真大、山﨑裕永、井藤彰

    第34回東海ハイパーサーミア研究会  2021年7月10日  東海ハイパーサーミア研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. 細胞内レドックス状態の制御に向けたレドックスリン脂質ポリマーの創製 招待有り

    金子真大

    2020年度未来の化学工学を創る会講演会  2021年1月26日  化学工学会東海支部 未来の化学工学を創る会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  8. 磁性ナノ粒子を用いた生体組織の凍結保存

    中井友規、金子真大、堀江正信、井藤彰

    化学工学会 第51回秋季大会   2020年9月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  9. 磁性ナノ粒子を用いたハイパーサーミア -基礎研究の新展開 招待有り

    井藤 彰、金子真大

    日本ハイパーサーミア学会第37回大会  2020年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. オルガネラ標的磁性ナノ粒⼦によるがん温熱治療

    2021年2月 - 2022年3月

    公益財団法人 上原記念生命科学財団  研究奨励金

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

  2. 電力利用CO2固定微生物の創出と気相反応システムの構築による大気CO2資源化技術の開発

    2020年11月 - 2023年3月

    ムーンショット型研究開発事業 受託研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. がん治療を指向した酸化ストレス誘導レドックスポリマーの創製

    2020年11月 - 2022年3月

    公益財団法人 日東学術振興財団 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

  4. 細胞内酸化還元状態への摂動に基づくがん細胞死誘導法の創出

    2020年4月 - 2021年3月

    公益財団法人 立松財団  一般研究助成

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円 ( 直接経費:1500000円 )

科研費 3

  1. リン脂質ポリマーの精密重合に基づく高機能性磁性ナノ粒子の創製とその医療応用

    研究課題/研究課題番号:21K14469  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究

    金子真大

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

  2. 腫瘍滞在性電子輸送ポリマーを用いた新規がん治療法の創出

    研究課題/研究課題番号:20K22465  2020年10月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  研究活動スタート支援

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2860000円 ( 直接経費:2200000円 、 間接経費:660000円 )

  3. 生細胞代謝の制御を実現する電子輸送ポリマーの開発

    2018年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. 先端物理化学演習2

    2020

  2. マテリアル工学科 学生実験2

    2020

  3. マテリアル工学科 学生実験1

    2020

  4. 先端物理化学演習1

    2020