2024/02/20 更新

写真a

ドイ ユウヤ
土肥 侑也
DOI Yuya
所属
大学院工学研究科 物質科学専攻 ナノ解析物質設計学 助教
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 物理工学科
職名
助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2016年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 高分子物性

  2. レオロジー

研究分野 2

  1. ナノテク・材料 / 高分子材料  / 高分子物理、レオロジー、小角散乱

  2. ナノテク・材料 / ナノ材料科学  / ナノシート状高分子

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 新規固体高分子電解質の高分子ダイナミクスとイオン伝導性の相関解明

  2. 二次元シート状高分子の調製、分子特性評価と物性

経歴 5

  1. ユーリッヒ総合研究機構   ユーリッヒ中性子科学センター   博士研究員

    2019年7月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:ドイツ連邦共和国

  2. 名古屋大学   ベンチャービジネスラボラトリー   中核的研究期間研究員

    2018年4月 - 2019年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   大学院工学研究科   研究員

    2018年1月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. FORTH研究所   IESL   訪問研究員

    2017年7月 - 2017年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 京都大学   化学研究所   特定助教

    2016年4月 - 2017年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科   化学・生物工学専攻

    2011年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学部   化学・生物工学科

    2007年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 高分子学会

  2. 日本レオロジー学会

  3. 日本中性子科学会

委員歴 8

  1. 日本中性子科学会   交流幹事  

    2023年4月 - 2025年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 研究用原子炉JRR-3 SANS-Uビームライン   2023年度IRTメンバー  

    2023年4月 - 2024年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  3. 高分子学会東海支部(東海高分子研究会)   第183回東海高分子研究会講演会(夏期研究会) 幹事  

    2022年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 研究用原子炉JRR-3 SANS-Uビームライン   2022年度IRTメンバー  

    2022年4月 - 2023年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  5. 高分子学会東海支部(東海高分子研究会)   2021年度東海高分子研究会学生発表会 幹事  

    2021年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  6. 高分子学会東海支部(東海高分子研究会)   第180回東海高分子研究会講演会 幹事  

    2021年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. The 14th International Workshop for East Asian Young Rheologists (IWEAYR-14)   Local Committee  

    2019年1月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. The XVIIth International Congress of Rheology (ICR-2016)   Local Committee  

    2016年8月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

受賞 3

  1. 第34回田中康之ゴム科学賞

    2023年2月   江野科学振興財団   環状/線状高分子ブレンドにおける分子間貫入挙動のレオロジー的解明

    土肥侑也

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  2. 第54回リバネス研究費東洋紡高分子科学賞

    2022年2月   株式会社リバネス/東洋紡株式会社  

    土肥侑也

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  3. 井上研究奨励賞

    2017年2月   井上科学振興財団   様々な一次構造を持つ環状高分子の調製とその粘弾性

    土肥侑也

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

 

論文 40

  1. Modeling for Heterogeneous Oxidative Aging of Polymers Using Coarse-Grained Molecular Dynamics 査読有り 国際誌

    Ishida, T; Doi, Y; Uneyama, T; Masubuchi, Y

    MACROMOLECULES   56 巻 ( 21 ) 頁: 8474 - 8483   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Macromolecules  

    This study presents a coarse-grained molecular dynamics simulation model to investigate the process of oxidative aging in polymers. The chemical aging effect is attributed to the autoxidation mechanism, which is initiated by radicals, leading to the chain scission and cross-linking of polymer chains. In this study, we integrate a thermal oxidation kinetic model in the oxygen excess regime into the Kremer-Grest model, thereby enabling a reactive coarse-grained molecular dynamics simulation to capture the process of oxidative degradation. Our simulation reveals that when the time scale of the characteristic reaction step of oxidative degradation is shorter than the longest relaxation time of polymer chains, the scission sites exhibit spatial heterogeneity. This innovative simulation model possesses the potential to enhance our comprehension of polymer aging phenomena, thus making noteworthy contributions to the realm of polymer science and degradation chemistry.

    DOI: 10.1021/acs.macromol.3c01708

    Web of Science

    Scopus

  2. Extension of moving particle simulation by introducing rotational degrees of freedom for dilute fiber suspensions 査読有り

    Enomoto K., Ishida T., Doi Y., Uneyama T., Masubuchi Y.

    International Journal for Numerical Methods in Fluids   96 巻 ( 2 ) 頁: 125 - 137   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal for Numerical Methods in Fluids  

    We develop a novel Moving Particle Simulation (MPS) method to reproduce the motion of fibers floating in sheared liquids accurately. In conventional MPS schemes, if a fiber suspended in a liquid is represented by a one-dimensional array of MPS particles, it is entirely aligned to the flow direction due to the lack of shear stress difference between fiber–liquid interfaces. To address this problem, we employ the micropolar fluid model to introduce rotational degrees of freedom into the MPS particles. The translational motion of liquid and solid particles and the rotation of solid particles are calculated with the explicit MPS algorithm. The fiber is modeled as an array of micropolar fluid particles bonded with stretching, bending and torsional potentials. The motion of a single rigid fiber is simulated in a three-dimensional shear flow generated between two moving solid walls. We show that the proposed method is capable of reproducing the fiber motion predicted by Jeffery's theory which is different from the conventional MPS simulations.

    DOI: 10.1002/fld.5235

    Scopus

  3. Phantom-Chain Simulations for the Effect of Node Functionality on the Fracture of Star-Polymer Networks 査読有り 国際誌

    Masubuchi, Y; Doi, Y; Ishida, T; Sakumichi, N; Sakai, T; Mayumi, K; Satoh, K; Uneyama, T

    MACROMOLECULES   56 巻 ( 23 ) 頁: 9359 - 9367   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Macromolecules  

    The influence of node functionality (f) on the fracture of polymer networks remains unclear. While many studies have focused on multifunctional nodes with f > 4, recent research suggests that networks with f = 3 exhibit superior fracture properties compared to those with f = 4. To clarify this discrepancy, we conducted phantom chain simulations for star-polymer networks varying f between 3 and 8. Our simulations utilized equimolar binary mixtures of star branch prepolymers with a uniform arm length. We employed a Brownian dynamics scheme to equilibrate the sols and induce gelation through end-linking reactions. We prevented the formation of odd-order loops algorithmically, owing to the binary reaction and second-order loops. We stored network structures at various conversion ratios (φc) and minimized energy to reduce computation costs induced by structural relaxation. We subjected the networks to stretching until fracture to determine stress and strain at break and work for fractures, ϵb, σb, and Wb. These fracture characteristics are highly dependent on φc for networks with a small f but relatively insensitive for those with a large f. Thus, the networks with small f exhibit greater fracture properties than those with large f at high φc, whereas the opposite relationship occurs at low φc. We analyzed ϵb, σb, and Wb concerning cycle rank ξ and broken strand fraction φbb. We found that ϵb, σb/φbb, and Wb/φbb monotonically decrease with increasing ξ, and the data for various f and φc superpose with each other to draw master curves. These results imply that the mechanical superiority of the networks with small f comes from their smaller ξ that gives higher ϵb, σb/φbb, and Wb/φbb than the networks with large f.

    DOI: 10.1021/acs.macromol.3c01291

    Web of Science

    Scopus

  4. Preparation and characterization of two-dimensional sheet-shaped poly(methyl methacrylate) synthesized via γ-ray polymerization in nanoclay template 査読有り 国際誌

    Doi, Y; Hara, M; Seki, T; Takano, A; Ishida, T; Uneyama, T; Masubuchi, Y

    POLYMER JOURNAL   55 巻 ( 9 ) 頁: 957 - 965   2023年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Polymer Journal  

    Two-dimensional sheet-shaped poly(methyl methacrylate) (2d-PMMA) with crosslinking only in the two-dimensional direction was synthesized via planar polymerization of MMA monomer in montmorillonite (MMT) nanolayers by using γ-ray irradiation, and the samples obtained were characterized. Size-exclusion chromatography with a multi-angle light scattering (SEC-MALS) measurements of the obtained sample showed bimodal peaks: a main peak with a longer elution time and an apparent molecular weight M w,app and radius of gyration R g in tetrahydrofuran (THF) similar to those for linear PMMA samples, and a subpeak with a shorter elution time and M w,app and R g evidently lower than those for the linear PMMA samples. This result indicated that polymers with moderate branching and crosslinking were contained in the subpeak. Atomic force microscopy (AFM) observation of the sample showed the presence of sheet-shaped molecules with a height of ca. 0.6 nm, corresponding to the thickness of one MMA monomer, and a width of several to several tens of nanometers, showing a broad distribution in molecular width. The subpeak portion was isolated via SEC fractionation, and its AFM observation showed thin circular disk-shaped molecules with relatively uniform size (i.e., a width of several tens of nanometers). However, in these molecules, two types of molecular heights (i.e., 0.6 and 1.2 nm) were identified. This result indicated that MMA monomers were filled as two layers within one MMT interlayer, and the polymerization reaction proceeded in that state. The similarity in the molecular size of 2d-PMMA observed via AFM and SEC-MALS was confirmed. These results demonstrated that the desired sheet-shaped polymers were obtained through the above synthesis and fractionation process.

    DOI: 10.1038/s41428-023-00795-4

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: https://www.nature.com/articles/s41428-023-00795-4

  5. Heterogeneities at the Onset of Reaction Acceleration during Bulk Polymerization of Methyl Methacrylate Investigated by Small-Angle Neutron Scattering 査読有り 国際誌

    Suzuki, Y; Doi, Y; Mishima, R; Mayumi, K; Matsumoto, A

    MACROMOLECULES   56 巻 ( 10 ) 頁: 3731 - 3738   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Macromolecules  

    During bulk free-radical polymerization of methyl methacrylate below the glass-transition temperature of poly(methyl methacrylate), the relative fraction of monomer and polymer changes as the reaction proceeds. The liquid monomer is eventually converted to a solid glassy polymer. In other words, polymerization-induced vitrification or glass transition occurs. This process was traced by small-angle neutron scattering (SANS). The scattering profile discontinuously changes at the vicinity of vitrification. This discontinuous change was correlated with a sudden reaction acceleration known as the Trommsdorff effect. Ornstein-Zernike analysis revealed that the intensity at q = 0 (I(0)) and the correlation length of concentration fluctuation (ξ) suddenly increase at the discontinuous change of the scattering profile. The obtained data implies that the increased heterogeneity (i.e., microscopic concentration fluctuation) is intimately related to the Trommsdorff effect.

    DOI: 10.1021/acs.macromol.3c00176

    Web of Science

    Scopus

  6. Increase in rod diffusivity emerges even in Markovian nature 査読有り 国際共著 国際誌

    Nakai, F; Kröger, M; Ishida, T; Uneyama, T; Doi, Y; Masubuchi, Y

    PHYSICAL REVIEW E   107 巻 ( 4 ) 頁: 044604   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review E  

    Rod-shaped particles embedded in certain matrices have been reported to exhibit an increase in their center of mass diffusivity upon increasing the matrix density. This increase has been considered to be caused by a kinetic constraint in analogy with tube models. We investigate a mobile rodlike particle in a sea of immobile point obstacles using a kinetic Monte Carlo scheme equipped with a Markovian process, that generates gaslike collision statistics, so that such kinetic constraints do essentially not exist. Even in such a system, provided the particle's aspect ratio exceeds a threshold value of about 24, the unusual increase in the rod diffusivity emerges. This result implies that the kinetic constraint is not a necessary condition for the increase in the diffusivity.

    DOI: 10.1103/PhysRevE.107.044604

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Phantom Chain Simulations for the Fracture of Energy-Minimized Tetra- and Tri-Branched Networks 査読有り 国際誌

    Masubuchi, Y; Doi, Y; Ishida, T; Sakumichi, N; Sakai, T; Mayumi, K; Uneyama, T

    MACROMOLECULES   56 巻 ( 5 ) 頁: 2217 - 2223   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Macromolecules  

    Effects of branch functionality on mechanical properties of polymer networks are yet to be fully elucidated, although multi-functional approaches have been mainly attempted. For instance, Fujiyabu et al. [Sci. Adv. 2022, 8, abk0010] recently reported that polymer networks made from tri-branch prepolymers exhibit superior mechanical properties to tetra-branch analogues. Although they attribute the difference to stretch-induced crystallization observed in tri-branch poly (ethylene glycol) networks, the mechanism still needs to be clarified. In this study, we performed coarse-grained molecular simulations to extract the effect of branch functionality. The prepolymers were replaced by bead-spring phantom chains, and gelation was simulated by a Brownian dynamics scheme. We subjected the resultant networks to energy minimization and uniaxial stretch by introducing breakage for elongated segments. In the stress-strain relation thus obtained, stress and strain at the break were larger for tri-branch networks than that for tetra-branch analogues, consistent with the experiment. The superiority of tri-branch networks is observed in a wide range of the conversion ratio in gelation, molecular weights of prepolymers, and polymer concentrations. The result implies that the mechanical superiority of tri-branch networks to tetra-branch ones is due to a fundamental structural difference generated during gelation.

    DOI: 10.1021/acs.macromol.3c00047

    DOI: 10.1021/acs.macromol.3c00047

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.macromol.3c00047

  8. Fluctuating diffusivity emerges even in binary gas mixtures 国際誌

    Nakai, F; Masubuchi, Y; Doi, Y; Ishida, T; Uneyama, T

    PHYSICAL REVIEW E   107 巻 ( 1 ) 頁: 014605   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review E  

    Diffusivity in some soft matter and biological systems changes with time, called the fluctuating diffusivity. In this work, we propose a novel origin for fluctuating diffusivity based on stochastic simulations of binary gas mixtures. In this system, the fraction of one component is significantly small, and the mass of the minor component molecule is different from that of the major component. The minor component exhibits fluctuating diffusivity when its mass is sufficiently smaller than that of the major component. We elucidate that this fluctuating diffusivity is caused by the time scale separation between the relaxation of the velocity direction and the speed of the minor component molecule.

    DOI: 10.1103/PhysRevE.107.014605

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Effects of attractive inter-particle interaction on cross-transport coefficient between mass and heat in binary fluids 査読有り 国際誌

    Oishi T., Doi Y., Masubuchi Y., Uneyama T.

    Molecular Simulation     2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Molecular Simulation  

    In some binary fluids, mass transport is observed under a temperature gradient. This phenomenon is called the Soret effect. In this study, we discuss the influence of inter-particle interaction. We considered equimolar binary Lennard–Jones fluids with a mass contrast, whereas the interaction was common for all the particle pairs with various cut-off lengths. We performed molecular dynamics simulations of such fluids under equilibrium to obtain the cross-transport coefficients (Formula presented.) between the fluxes of mass and heat. The simulation revealed that this quantity strongly depends on the cut-off length. Further, we decomposed the heat flux into kinetic and potential contributions and calculated the cross-correlations between decomposed fluxes and the mass flux. The result indicates that the potential contribution dominates (Formula presented.), implying that the Soret coefficient is altered by the inter-particle interaction.

    DOI: 10.1080/08927022.2023.2268730

    Scopus

  10. Relaxation Dynamics and Ion Conduction of Poly(Ethylene Carbonate/Ethylene Oxide) Copolymer-Based Electrolytes 査読有り 国際共著 国際誌

    Doi, YY; Allgaier, J; Zorn, R; Förster, S; Egami, T; Ohl, M

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   126 巻 ( 48 ) 頁: 20284 - 20292   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physical Chemistry C  

    Poly(ethylene carbonate/ethylene oxide) P(EC/EO) copolymer was synthesized from EC monomer as a new matrix component of solid polymer electrolytes (SPEs), and the correlation between polymer dynamics and ionic conductivity in the P(EC/EO)-based SPEs at various lithium salt weight fractions (wLi) was investigated by dielectric spectroscopy, rheology, and molecular dynamics (MD) simulations. With the addition of lithium salt, the molecular motions at various scales (i.e., from local to segmental and global motion scales) were found to change as follows: (i) the local motion of P(EC/EO) was slightly accelerated, and at wLi ≥ 0.22, it was separated into two relaxation modes, one faster and the other slower than that of P(EC/EO), (ii) the segmental motion of P(EC/EO) became significantly slower with the addition of lithium salt, and (iii) the global terminal relaxation became slightly slower with the increase of wLi. Thus, the motion of P(EC/EO) at various scales in SPEs changed with different trends with increasing lithium salt. It was also found that the temperature dependence of the ionic conductivity was described by a Vogel-Fulcher-Tammann-type function, which was correlated with the segmental motion, as is known in other SPE systems. Furthermore, from MD simulations, lithium ions are coordinated with the EC units more likely and with a closer distance than EO units in P(EC/EO), and the coordination number of oxygens around one lithium ion was estimated as 6-7 at the distance of 0.30 nm. These results suggest that the coordination structure of the oxygens around the lithium ion is slightly disrupted due to the presence of EC units compared to the chelating structure of pure PEO electrolytes.

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.2c06941

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.2c06941

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: https://pubs.acs.org/doi/full/10.1021/acs.jpcc.2c06941

  11. CNT Gels Formed by a Triptycene Analogue Enabling Coexistence of CNT-gelator and Intergelator Interactions 査読有り 国際誌

    Ushiroguchi Ryo, Suizu Rie, Matsunaga Yuki, Omachi Haruka, Doi Yuya, Masubuchi Yuichi, Bandow Shunji, Awaga Kunio

    CHEMISTRY LETTERS   51 巻 ( 11 ) 頁: 1070 - 1073   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemistry Letters  

    We report carbon nanotube (CNT) gels, formed by mechanically mixing CNTs, organic solvents, and a small molecule, Trip-Phz, that have a strong affinity for fullerene materials. There is a clear threshold value in the amount of Trip-Phz needed for the transition from soft to hard gels.

    DOI: 10.1246/cl.220319

    Web of Science

    Scopus

  12. Viscoelastic properties of comb-shaped ring polystyrenes 招待有り 査読有り 国際誌

    Doi, Y; Kitamura, J; Uneyama, T; Masubuchi, Y; Takano, A; Takahashi, Y; Matsushita, Y

    POLYMER JOURNAL   54 巻 ( 11 ) 頁: 1267 - 1277   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Polymer Journal  

    In this study, we examined the viscoelastic properties of a series of comb-shaped ring (RC) polystyrene samples with different branch chain lengths, i.e., the molecular weights of the ring backbone Mbb (≃ 4Me where Me is the entanglement molecular weight) and branch chains Mbr (≃ Me, 2Me, and 4Me). Even for the RC sample with the shortest branch chains, a plateau region was observed for the dynamic modulus G*(ω) in the middle angular frequency ω region, suggesting that intermolecular branch chain entanglement occurred. In the ω region between the plateau and terminal regions, G*(ω) was observed with a weaker ω dependence than the terminal relaxation. This behavior was more pronounced for RC samples with shorter branch chains and for the corresponding linear comb (LC) samples than for the RC ones. The molecular weight dependence of the zero-shear viscosity η0 and the steady-state recoverable compliance Jeo of the RC and LC samples was evaluated, and the effects of different backbone molecular structures (i.e., ring or linear) on the terminal relaxation behavior was discussed. Moreover, the G*(ω) data were analyzed with two models: the comb-Rouse model, in which the structures of the RC/LC molecules are taken into account by graph theory, and the Milner-McLeish model for entangled star-shaped polymers. The former model qualitatively described the terminal relaxation behavior of G*(ω) at low ω but failed to reproduce the plateau in the middle ω range. Conversely, the latter model described the entanglement plateau in the middle ω range, but the difference in the terminal relaxation regime for the RC/LC samples seen in the data and the comb-Rouse model disappeared.

    DOI: 10.1038/s41428-022-00686-0

    DOI: 10.1038/s41428-022-00686-0

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: https://www.nature.com/articles/s41428-022-00686-0

  13. Terminal relaxation behavior of entangled linear polymers blended with ring and dumbbell-shaped polymers in melts 招待有り 査読有り 国際誌

    Doi, Y; Takano, A; Takahashi, Y; Matsushita, Y

    RHEOLOGICA ACTA   61 巻 ( 10 ) 頁: 681 - 688   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Rheologica Acta  

    We investigated the terminal relaxation behavior of entangled linear polystyrene L430 (with the entanglement number Z = M/Me ≃ 24, where M is the molecular weight and Me is the entanglement molecular weight) blended with ring R30 (MR ≃ 1.8 Me) and dumbbell-shaped D308030 (MR ≃ 1.8 Me and ML ≃ 4.7 Me) polymers. The L430/R30 blend exhibits a one-step relaxation unlike binary linear polymer blends with different molecular weights. The zero-shear viscosity η0 of the L430/R30 blend is slightly lower than that of the neat L430. These results suggest that spontaneous penetration of the linear chains into the rings occurs, but the rings do not act as entanglement cross-linkers. The L430/D308030 blend also exhibits a one-step relaxation, but its terminal relaxation is slower and broader than that for L430. This result is probably because two ring sections in D308030 are penetrated by the linear chains, and hence D308030 acts as a pseudo-entanglement point with longer characteristic time. Graphical abstract: [Figure not available: see fulltext.]

    DOI: 10.1007/s00397-022-01355-y

    Web of Science

    Scopus

  14. Brownian simulations for tetra-gel-type phantom networks composed of prepolymers with bidisperse arm length 招待有り 査読有り 国際誌

    Masubuchi Yuichi, Yamazaki Ryohei, Doi Yuya, Uneyama Takashi, Sakumichi Naoyuki, Sakai Takamasa

    SOFT MATTER   18 巻 ( 25 ) 頁: 4715 - 4724   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Soft Matter  

    We studied the effect of arm length contrast of prepolymers on the mechanical properties of tetra-branched networks via Brownian dynamics simulations. We employed a bead-spring model without the excluded volume interactions, and we did not consider the solvent explicitly. Each examined 4-arm star branch prepolymer has uneven arm lengths to attain two-against-two (2a2) or one-against-three (1a3) configurations. The arm length contrast was varied from 38-2 to 20-20 for 2a2, and from 5-25 to 65-5 for 1a3, with the fixed total bead number of 81, including the single bead located at the branch point for prepolymers. We distributed 400 molecules in the simulation box with periodic boundary conditions, and the bead number density was fixed at 4. We created polymer networks by cross-end-coupling of equilibrated tetra-branched prepolymers. To mimic the experiments of tetra gels, we discriminated the molecules into two types and allowed the reaction only between different types of molecules at their end beads. The final conversion ratio was more than 99%, at which unreacted dangling ends are negligible. We found that the fraction of double linkage, in which two of the four arms connect a pair of branch points, increases from 3% to 15% by increasing the arm length contrast. We stretched the resultant tetra-type networks to obtain the ratio of mechanically effective strands. We found that the ratio is 96% for the monodisperse system, decreasing to 90% for high arm length contrast. We introduced bond scission according to the bond stretching to observe the network fracture under sufficiently slow elongation. The fracture behavior was not correlated with the fraction of double linkage because the scission occurs at single linkages.

    DOI: 10.1039/d2sm00488g

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  15. Structure and Rheology of Poly(vinylidene difluoride-<i>co</i>-hexafluoropropylene) in an Ionic Liquid: The Solvent Behaves as a Weak Cross-Linker through Ion-Dipole Interaction 査読有り 国際誌

    Aoki, K; Sugawara-Narutaki, A; Doi, Y; Takahashi, R

    MACROMOLECULES   55 巻 ( 13 ) 頁: 5591 - 5600   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.2c00485

    Web of Science

  16. Effects of Slip-Spring Parameters and Rouse Bead Density on Polymer Dynamics in Multichain Slip-Spring Simulations 招待有り 査読有り 国際誌

    Masubuchi Yuichi, Doi Yuya, Uneyama Takashi

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B   126 巻 ( 15 ) 頁: 2930 - 2941   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physical Chemistry B  

    The multichain slip-spring (MCSS) model is one of the coarse-grained models of polymers developed in the niche between bead-spring models and tube type descriptions. In this model, polymers are represented by Rouse chains connected by virtual springs that temporally connect the chains, hop along the chain, and are constructed and annihilated at the chain ends. Earlier studies have shown that MCSS simulations can nicely reproduce entangled and unentangled polymer dynamics. However, the model parameters have been chosen arbitrarily, and their effects have not been reported. In this study, for the first time, we systematically investigated the effects of model parameters: fugacity of virtual springs, its intensity, and the Rouse bead density. We validated the employed simulation code by confirming that the statistics of the system follow the theoretical setup. Namely, the virtual spring density is correctly controlled, and polymer chains exhibit ideal chain statistics irrespective of the chosen parameter values. For diffusion and linear viscoelasticity, simulation results obtained for different parameters can be superposed with each other by conversion factors for the bead number per chain and units of length, time, and modulus. These conversion factors follow scaling laws concerning the number of Rouse segments between two consecutive anchoring points of virtual springs along the polymer chain. Besides, diffusion and viscoelasticity excellently agree with literature data for the standard bead-spring simulation. These results imply that the coarse-graining level for the MCSS model can be arbitrarily chosen and controlled by model parameters.

    DOI: 10.1021/acs.jpcb.2c00697

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. Analysis of Elongational Viscosity of Entangled Poly (Propylene Carbonate) Melts by Primitive Chain Network Simulations 査読有り 国際誌

    Masubuchi Yuichi, Yang Lixin, Uneyama Takashi, Doi Yuya

    Polymers   14 巻 ( 4 ) 頁: 741 - 741   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Multidisciplinary Digital Publishing Institute (MDPI)  

    It has been established that the elongational rheology of polymers depends on their chemistry. However, the analysis of experimental data has been reported for only a few polymers. In this study, we analyzed the elongational viscosity of poly (propylene carbonate) (PPC) melts in terms of monomeric friction via primitive chain network simulations. By incorporating a small polydispersity of materials, the linear viscoelastic response was semi-quantitatively reproduced. Owing to this agreement, we determined units of time and modulus to carry out elongational simulations. The simulation with constant monomeric friction overestimated elongational viscosity, whereas it nicely captured the experimental data if friction decreased with increasing segment orientation. To see the effect of chemistry, we also conducted the simulation for a polystyrene (PS) melt, which has a similar entanglement number per chain and a polydispersity index. The results imply that PPC and PS behave similarly in terms of the reduction of friction under fast deformations.

    DOI: 10.3390/polym14040741

  18. Stress Tensor of Single Rigid Dumbbell by Virtual Work Method 査読有り 国際誌

    Uneyama, T; Oishi, T; Ishida, T; Doi, Y; Masubuchi, Y

    NIHON REOROJI GAKKAISHI   50 巻 ( 4 ) 頁: 313 - 322   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nihon Reoroji Gakkaishi  

    We derive the stress tensor of a rigid dumbbell by using the virtual work method. In the virtual work method, we virtually apply a small deformation to the system, and relate the change of the energy to the work done by the stress tensor. A rigid dumbbell consists of two particles connected by a rigid bond of which length is constant (the rigid constraint). The energy of the rigid dumbbell consists only on the kinetic energy. Also, only the deformations which do not violate the rigid constraint are allowed. Thus we need the dynamic equations which are consistent with the rigid constraint to apply the virtual deformation. We rewrite the dynamic equations for the underdamped SLLOD-type dynamic equations into the forms which are consistent with the rigid constraint. Then we apply the virtual deformation to a rigid dumbbell based on the obtained dynamic equations. We derive the stress tensor for the rigid dumbbell model from the change of the kinetic energy. Finally, we take the overdamped limit and derive the stress tensor and the dynamic equation for the overdamped rigid dumbbell. We show that the Green-Kubo type linear response formula can be reproduced by combining the stress tensor and the dynamic equation at the overdamped limit.

    DOI: 10.1678/rheology.50.313

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  19. Primitive Chain Network Simulations for Shear Rheology of Poly(propylene carbonate) Melts 査読有り 国際誌

    Masubuchi, Y; Yang, LX; Uneyama, T; Doi, Y

    NIHON REOROJI GAKKAISHI   50 巻 ( 4 ) 頁: 305 - 312   2022年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nihon Reoroji Gakkaishi  

    Although chemistry dependence in the non-linear rheology of polymers has been rather established for uniaxial elongations, it has not been frequently discussed for fast shear. In this study, to see the effect of orientation-dependent monomeric friction on the shear rheology, we conducted primitive chain network simulations for a few poly(propylene carbonate) melts, for which we have determined the friction model from the uniaxial data recently [Yang et al., Nihon Reoroji Gakkaishi, 50, 127–135 (2022)]. The simulation qualitatively reproduced typical non-linear behaviors, such as shear thinning and stress overshoot, under fast shears. The agreement with experimental data became better when the friction was varied according to the segment orientation. In particular, the shear rate dependence of the peak position for the stress overshoot (i.e., the peak stress and the strain at the peak) was better reproduced. This result implies that chemistry-dependent friction may probably be discussed from the stress overshoot under high shear.

    DOI: 10.1678/rheology.50.305

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  20. Rheological Properties o Ring Polymers and Their Derivatives 招待有り 査読有り 国際共著 国際誌

    Doi, YY

    NIHON REOROJI GAKKAISHI   50 巻 ( 1 ) 頁: 57 - 62   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nihon Reoroji Gakkaishi  

    Ring polymers are one of the model polymers to understand the relationship between molecular architecture and the dynamics of polymers. This review summarizes the recent rheological studies on pure ring polymers, ring/linear polymer blends, and ring polymer derivatives. Pure ring polymers exhibit different linear and nonlinear rheological properties from linear polymers owing to the absence of chain ends. The presence of linear chains in ring polymers sensitively influences the rheological properties due to the occurrence of spontaneous intermolecular ring/linear threading. This effect becomes significant when a ring and linear chains are connected in a molecule for tadpole-shaped and dumbbell-shaped polymers.

    DOI: 10.1678/rheology.50.57

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  21. Nonlinear Shear and Elongational Rheology of Poly(propylene carbonate) 査読有り 国際誌

    Yang, LX; Uneyama, T; Masubuchi, Y; Doi, YY

    NIHON REOROJI GAKKAISHI   50 巻 ( 1 ) 頁: 127 - 135   2022年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nihon Reoroji Gakkaishi  

    Nonlinear shear and elongational rheology of entangled poly(propylene carbonate) (PPC) melts having different molecular weights with relatively narrow molecular weight distribution are examined. In shear measurements, the PPCs exhibit a typical shear thinning behavior with stress overshoot at high shear rates. In the shear rate dependence of the steadystate viscosity, the PPCs do not violate the empirical Cox-Merz rule, which is known to be valid for many other entangled polymer melts. In uniaxial elongational measurements, the viscosity growth functions of the PPCs show a weak deviation from the linear viscoelastic (LVE) envelope to the higher side at the high Weissenberg number Wid (= ͘ετd, where ͘ε is the elongation rate and τd is the characteristic disengagement time). The steady-state viscosity of the PPCs shows an elongational thinning as a function of ͘ε −0.5 within an error. These results are similar to some other polymer melts such as polystyrene (PS). In addition, the normalized elongational viscosity growth functions of PPC and PS with a similar entanglement number Z, are compared. The PPC exhibits a similar viscosity growth curve to the PS at the same Wid. This result suggests that the degree of the monomeric friction reduction originated from the stretch/orientation of PPC under fast elongational flow might occur at the same level as PS.

    DOI: 10.1678/rheology.50.127

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  22. Preparation and distorted cylindrical morphology of block copolymers consisting of flexible and semiflexible blocks 査読有り 国際誌

    Doi, YY; Takano, A; Matsushita, Y

    POLYMER JOURNAL   53 巻 ( 12 ) 頁: 1361 - 1369   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Polymer Journal  

    Diblock copolymers consisting of flexible polystyrene and semiflexible poly(n-hexyl isocyanate), P(S-b-HIC)s, were prepared by anionic polymerization, followed by size-exclusion chromatography (SEC) fractionation. Two P(S-b-HIC) samples having PHIC volume fractions (ΦPHIC) of 0.18 and 0.31, sufficiently high molecular weights (Mn,PS and Mn,PHIC are both larger than 10 kg/mol), and narrow molecular weight distributions (Mw/Mn < 1.05) were obtained. The microphase-separated structures of the two P(S-b-HIC) samples were investigated by transmission electron microscopy (TEM) and small- and wide-angle X-ray scattering (SAXS and WAXS). TEM and SAXS show that both the P(S-b-HIC) samples exhibit hexagonally packed cylindrical structures but different cross-sectional shapes; namely, P(S-b-HIC)-0.18 has a round-shaped cross-section while P(S-b-HIC)-0.31 has a distorted cross-section. From the WAXS measurements, P(S-b-HIC)-0.31 exhibits a sharp peak at q* = 3.9 nm−1, which is different from that of a nematic PHIC homopolymer that has a peak at q* = 4.6 nm−1. These results indicate that the PHIC blocks in P(S-b-HIC)-0.31 align obliquely to the interface in the columnar domain.

    DOI: 10.1038/s41428-021-00530-x

    DOI: 10.1038/s41428-021-00530-x

    Web of Science

    Scopus

  23. Rheological properties of linear and short-chain branched polyethylene with nearly monodispersed molecular weight distribution 査読有り 国際誌

    Kida, T; Doi, Y; Tanaka, R; Uneyama, T; Shiono, T; Masubuchi, Y

    RHEOLOGICA ACTA   60 巻 ( 9 ) 頁: 511 - 519   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Rheologica Acta  

    We synthesized model polyethylene (PE) samples with nearly monodispersed molecular weight distribution and different fractions of short-chain branches to investigate the influences of the branch structure on the rheological properties. The activation energy of the flow process showed linear relations with the weight fractions of comonomer and the short-chain branch. These results suggest that the friction of the chain motion is dominated by the amount of the short-chain branch. The zero-shear viscosity showed a power law to Mw with an exponent of about 3.3 for all linear and branched PEs. The branched PEs showed large entanglement molecular weights compared with the linear PEs because the introduction of the short-chain branches results in the increase of the average molecular weight per backbone unit. Moreover, the introduction of the short-chain branches has no influence on the strain-hardening under an extensional elongation process, indicating that the short-chain branches only affect the friction.

    DOI: 10.1007/s00397-021-01286-0

    DOI: 10.1007/s00397-021-01286-0

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s00397-021-01286-0/fulltext.html

  24. Viscoelastic Properties of Dumbbell-Shaped Polystyrenes in Bulk and Solution 査読有り 国際誌

    Doi, Y; Takano, A; Takahashi, Y; Matsushita, Y

    MACROMOLECULES   54 巻 ( 3 ) 頁: 1366 - 1374   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Macromolecules  

    This study examined viscoeslastic properties of two flexible dumbbell-shaped polystyrene (PS) samples, D-30/120/30 and D-30/240/30, which possess the same ring size (MR ∼30 kg/mol) and different lengths of central linear chains (ML ∼120 and 240 kg/mol) in bulk and solution. In bulk, both dumbbell PS samples exhibited an extremely long entanglement plateau in dynamic oscillatory measurements, and their terminal relaxation behavior was not observed in our experimental window. In stress relaxation measurements, dumbbell samples in bulk exhibited considerably slower terminal relaxation than high-molecular-weight linear PS samples (M ∼106 g/mol), and a clear difference between two dumbbell PS samples was observed in the long time regime, i.e., terminal relaxation of D-30/240/30 is much slower than that of D-30/120/30. These results suggest that (i) the dumbbell polymer forms a characteristic "network"where two rings on both ends in a molecule spontaneously thread the ring part of other dumbbell chains and (ii) this type of interchain interaction resulting in network formation becomes more dominant than usual entanglements similar to linear chains. The network of dumbbell chains starts to relax their stress when the intermolecular threading is released, and this release process tends to occur more frequently for the dumbbell with a shorter central chain, D-30/120/30, than that with a longer one, D-30/240/30. In dioctyl phthalate (DOP) solutions of D-30/240/30, where DOP is known as a θ-solvent for PS at 22 °C, in a relatively high concentration regime (i.e., 20-30 wt %), the solutions exhibited an entanglement plateau and higher viscosity than the corresponding linear PS solutions, suggesting that the characteristic entanglement originating from intermolecular threading of dumbbell chains is still dominant in the solution. On the contrary, in a lower-concentration regime (≤8 wt %), the D-30/240/30 solutions exhibited similar viscosities to the linear PS ones, wherein the dumbbell molecules behave like unentangled/isolated chains.

    DOI: 10.1021/acs.macromol.0c02050

    Web of Science

    Scopus

  25. Linear Rheological Properties of Poly(Propylene Carbonate) with Different Molecular Weights 査読有り 国際誌

    Yang, LX; Uneyama, T; Masubuchi, Y; Doi, Y

    NIHON REOROJI GAKKAISHI   49 巻 ( 4 ) 頁: 267 - 274   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nihon Reoroji Gakkaishi  

    The linear viscoelastic properties of poly(propylene carbonate) (PPC) melts having different molecular weights and narrow molecular weight distributions were studied. Some linear viscoelasticity parameters, including the plateau modulus and zero shear viscosity of PPC, were evaluated. The entanglement molecular weight of PPC was estimated to be 5.9 kg/ mol, which is considerably lower than that previously reported for PPC with a broad molecular weight distribution.

    DOI: 10.1678/rheology.49.267

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  26. Radial Distribution Functions of Entanglements in Primitive Chain Network Simulations 国際誌

    Masubuchi, Y; Kida, T; Doi, Y; Uneyama, T

    NIHON REOROJI GAKKAISHI   49 巻 ( 5 ) 頁: 337 - 345   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nihon Reoroji Gakkaishi  

    Although the entanglement network among polymers has been widely investigated, the spatial distribution of entanglement nodes has been rarely discussed. In this study, we obtained the radial distribution functions (RDFs) for the entanglement nodes from the snapshots of multi-chain slip-link simulations. The model employed in this study is the primitive chain network (PCN) model, which has been validated to reproduce the entangled polymer dynamics semi-quantitatively. The statistics of captured entanglement networks were compared to those reported for the primitive path network extracted by the CReTA procedure from the full-atomistic molecular model of a polyethylene melt. In the range of distance longer than the average strand length, the network structure from PCN does not show any structural correlation, and the intra-chain correlation is close to that for Gaussian chains with non-interacting slip-links. These features are consistent with the CReTA network and the conventional assumptions made for single-chain models. Meanwhile, in the short-range, the structural correlation in PCN is much weaker than that in CReTA. This discrepancy is because the short-range structure in PCN is realized as a result of imposed fluctuations, whereas it is determined by the minimization of the primitive path in CReTA.

    DOI: 10.1678/rheology.49.337

    DOI: 10.1678/rheology.49.337

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/rheology/49/5/49_337/_pdf/-char/ja

  27. Melt rheology of tadpole-shaped polystyrenes with different ring sizes 査読有り 国際誌

    Doi, Y; Takano, A; Takahashi, Y; Matsushita, Y

    SOFT MATTER   16 巻 ( 37 ) 頁: 8720 - 8724   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Soft Matter  

    In this study, linear melt rheology of a single-tail tadpole-shaped polystyrene, ST-30/80, having ring and linear sizes of MR ∼ 30 kg mol-1 and ML ∼ 80 kg mol-1, respectively, was examined, and the effect of the ring size on rheological properties of tadpole polymers was discussed by comparing with the data of the previously reported tadpole samples having MR ∼ 60 kg mol-1. ST-30/80 exhibits an entanglement plateau and shows a clearly slower terminal relaxation than that of its component ring and linear polymers. When the zero-shear viscosity η0 for ST-30/80 is plotted against the molecular weight of a linear tail chain, the data point lies on the single curve of η0 for 4-and 6-arm star polymers and the single-tail tadpoles with MR ∼ 60 kg mol-1. These results suggest that the tadpole molecule in this study spontaneously forms a characteristic entanglement network, i.e., the intermolecular ring-linear threading, in the same manner as the previous tadpole samples, even though the size of the ring part is just slightly larger than the entanglement molecular weight (i.e., MR ∼ 1.8Me). This journal is

    DOI: 10.1039/d0sm01098g

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  28. Entanglement Molecular Weight 査読有り

    Masubuchi Yuichi, Doi Yuya, Uneyama Takashi

    NIHON REOROJI GAKKAISHI   48 巻 ( 4 ) 頁: 177 - 183   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1678/rheology.48.177

  29. Preparation, characterization, and dilute solution properties of four-branched cage-shaped poly(ethylene oxide) 査読有り 国際誌

    Noda, T; Doi, Y; Ohta, Y; Takata, SI; Takano, A; Matsushita, Y

    JOURNAL OF POLYMER SCIENCE   58 巻 ( 15 ) 頁: 2098 - 2107   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Polymer Science  

    A four-branched cage-shaped poly(ethylene oxide) (4C-PEO) was prepared by a coupling reaction at very dilute condition between two kinds of end-functional four-armed star-shaped PEOs having amino and N-hydroxysuccinimide groups on their four ends, followed by purification using α-cyclodextrin (α-CD). The raw coupling reaction product shows multiple peaks including various high molecular weight multimeric products in size-exclusion chromatography measurements, while the product after α-CD purification shows a single peak eluted slightly earlier than the precursor star PEOs. Moreover, the final product obtained has about twice higher molecular weight than the star precursors. These results suggest that the targeted 4C-PEO polymer was successfully isolated through the α-CD purification. Small-angle neutron scattering (SANS) measurements of the final product in dilute solution were conducted, and its chain conformation was evaluated from the scattering profile in comparison with linear and star polymers. It has been found that the cage-shaped sample exhibits a distinct peak at lower q-region in the Kratky plot, which is in strong contrast with the linear counterpart. This result must be originated from the characteristic cage-shaped architecture, that is, having branched and closed-loop configurations, and hence having higher segmental density than simple linear and star molecules. In fact, the present experimental result is consistent with the recent Monte Carlo simulation reported by Uehara and Deguchi.

    DOI: 10.1002/pol.20200286

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/pol.20200286

  30. Primitive chain network simulations for the interrupted shear response of entangled polymeric liquids. 査読有り

    Masubuchi Y, Doi Y, Uneyama T

    Soft matter   16 巻 ( 28 ) 頁: 6654-6661   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0sm00654h

    PubMed

  31. Conformations of Ring Polystyrenes in Semidilute Solutions and in Linear Polymer Matrices Studied by SANS 査読有り 国際共著

    Iwamoto Takuro, Doi Yuya, Kinoshita Keita, Takano Atsushi, Takahashi Yoshiaki, Kim Eunhye, Kim Tae-Hwan, Takata Shin-ichi, Nagao Michihiro, Matsushita Yushu

    MACROMOLECULES   51 巻 ( 17 ) 頁: 6836 - 6847   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.8b00934

    Web of Science

    Scopus

  32. SANS Study of Ring Topology Effects on the Miscibility of Polymer Blends 査読有り 国際共著 国際誌

    Kobayashi, Y; Doi, YY; Rahman, SSA; Kim, E; Kim, TH; Takano, A; Matsushita, Y

    MACROMOLECULES   51 巻 ( 5 ) 頁: 1885 - 1893   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Macromolecules  

    Highly purified hydrogenous ring poly(4-trimethylsilylstyrene) (h-PT) and deuterated ring polyisoprene (d-PI) samples as well as their linear counterparts were prepared, and the miscibility of three kinds of polymer blends, i.e., linear-linear, ring-linear, and ring-ring, denoted as L-L, R-L, and R-R, respectively, with all 50/50 vol % was evaluated by small angle neutron scattering (SANS) measurements. PT and PI are known as a miscible polymer pair with lower critical solution temperature (LCST) type phase diagram. At low-q regime of the scattering profiles, R-R blend exhibits much higher scattering intensity than L-L and R-L, while the latter two show similar profiles. Moreover, from Zimm's analysis, the spinodal temperature of R-R was estimated to be about 100 °C lower than the other two blends, L-L and R-L. These results suggest that the miscibility of R-R is considerably lower than the other two blends, which is a clear manifestation of the topological effect on the phase behavior of the present blend.

    DOI: 10.1021/acs.macromol.7b02359

    Web of Science

    Scopus

  33. Conformations of Ring Polystyrenes in Bulk Studied by SANS 査読有り 国際共著

    Iwamoto Takuro, Doi Yuya, Kinoshita Keita, Ohta Yutaka, Takano Atsushi, Takahashi Yoshiaki, Nagao Michihiro, Matsushita Yushu

    MACROMOLECULES   51 巻 ( 4 ) 頁: 1539-1548   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.7b02358

    Web of Science

    Scopus

  34. Re-examination of terminal relaxation behavior of high-molecular-weight ring polystyrene melts 査読有り 国際誌

    Doi, Y; Matsumoto, A; Inoue, T; Iwamoto, T; Takano, A; Matsushita, Y; Takahashi, Y; Watanabe, H

    RHEOLOGICA ACTA   56 巻 ( 6 ) 頁: 567 - 581   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Rheologica Acta  

    For high-molecular-weight (M) ring polymers with low contamination of linear chains, recent viscoelastic tests revealed broad terminal relaxation associated with no clear entanglement plateau. This relaxation behavior is qualitatively similar to that deduced from molecular models (double-folded lattice-animal model and the fractal loopy globule model) for entangled ring polymers, but quantitatively important differences are also noted: For example, the full terminal relaxation of those polymers is slower than the model prediction. This study re-examined the viscoelastic data of entangled high-M ring polystyrene (PS) samples (coded as R-240; M = 244×103) specifically for two points: the purity of the ring samples after the viscoelastic tests and the molecular origin of the stress. For the first point, the R-240 samples contaminated with linear chains at low but different levels were prepared by tuning either the purification efficiency or the retention time of the sample at high temperature (T) before/during the viscoelastic test. The fraction wL of the linear contaminant, determined after the viscoelastic measurement, was ranging from 0.7 to 4.9%, and the extrapolation of the modulus data to wL = 0 gave the data for the ideally pure ring melt. This pure ring melt exhibited broad terminal relaxation that started faster but completed slower compared to the model prediction, indicating that the ring relaxation is not well described by the current model(s) even in the absence of linear contaminant. For the second point, dynamic birefringence measurements were conducted for the R-240 samples with wL = 4.6 and 1.0%. These samples obeyed the stress-optical rule, and their stress-optical coefficient was indistinguishable from that for linear PS samples, revealing that the stress of the ring PS chains reflects the orientational anisotropy of the chains (as is the case also for linear chains). The relaxation behavior of pure ring PS melt is discussed on the basis of these findings, with the focus being placed on the ring-ring threading not considered in the models.

    DOI: 10.1007/s00397-017-1014-3

    DOI: 10.1007/s00397-017-1014-3

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s00397-017-1014-3

  35. Physical properties of ring polymers and their derivatives 査読有り

    Doi Y., Takano A., Takahashi Y., Matsushita Y.

    Kobunshi   66 巻 ( 5 ) 頁: 229 - 232   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Kobunshi  

    Understanding of the properties of ring polymers is one of the central subjects in polymer physics. Thanks to the development in separation and purification techniques of ring polymers, highly-purified ring polymers could be prepared, and the studies on ring polymers have progressed. In this article, we briefly summarize recent discoveries of physical properties, especially viscoelastic properties, of ring polymers and their derivatives such as tadpole-shaped polymer and dumbbell-shaped polymer.

    Scopus

    その他リンク: https://main.spsj.or.jp/c5/kobunshi/kobu2017/1705.html#229

  36. Synthesis and characterization of dumbbell-shaped polystyrene 査読有り

    YuyaDoi, AtsushiTakano, YushuMatsushita

    Polymer   106 巻   頁: 8 - 1374   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.polymer.2016.10.037

  37. Synthesis and characterization of comb-shaped ring polystyrenes 査読有り

    Yuya Doi, Yutaro Iwasa, Kazuki Watanabe, Masahide Nakamura, Atsushi Takano, Yoshiaki Takahashi Yushu Matsushita

    Macromolecules   49 巻 ( 8 ) 頁: 3109 - 3115   2016年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.6b00208

  38. Melt rheology of tadpole-shaped polystyrenes 査読有り

    Yuya Doi, Atsushi Takano, Yoshiaki Takahashi, Yushu Matsushita

    Macromolecules   48 巻 ( 23 ) 頁: 8667 - 8674   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.5b01913

  39. Melt rheology of ring polystyrenes with ultrahigh purity 査読有り

    Yuya Doi, Kazuki Matsubara, Yutaka Ohta, Tomohiro Nakano, Daisuke Kawaguchi, Yoshiaki Takahashi, Atsushi Takano, Yushu Matsushita

    Macromolecules   48 巻 ( 9 ) 頁: 3140 - 3147   2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.5b00076

  40. Precise synthesis and characterization of tadpole-shaped polystyrenes with high purity 査読有り

    Yuya Doi, Yutaka Ohta, Masahide Nakamura, Atsushi Takano, Yoshiaki Takahashi, Yushu Matsushita

    Macromolecules   46 巻 ( 3 ) 頁: 1075 - 1081   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ma302511j

▼全件表示

MISC 3

  1. 中性子ユーザーの1人として 招待有り

    土肥侑也  

    波紋32 巻 ( 1 ) 頁: 40 - 40   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本中性子科学会  

  2. 研究室紹介 名古屋大学 工学研究科 レオロジー物理工学研究室

    増渕 雄一, 土肥 侑也, 木田 拓充, 畝山 多加志  

    日本レオロジー学会誌49 巻 ( 17 ) 頁: 49 - 51   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1678/rheology.49.49

  3. Conference Report for the 14th International Workshop for East Asian Young Rheologists (IWEAYR-14) in Nagoya

    Yuya Doi, Takashi Uneyama, Mikihiro Hayashi, Shogo Nobukawa, Yuichi Masubuchi  

    Nihon Reoroji Gakkaishi47 巻 ( 3 ) 頁: 123 - 125   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:会議報告等  

    DOI: 10.1678/rheology.47.123

講演・口頭発表等 116

  1. Elongational viscosity of a poly(styrene-b-2-vinylpyridine) block copolymer forming spherical microphase-separated structure 招待有り 国際会議

    Yuya Doi, Shumpei Yamakami, Takato Ishida, Takashi Uneyama, Yuichi Masubuchi

    8th Pacific Rim Conference on Rheology (PRCR2023)  2023年5月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Vancouver   国名:カナダ  

  2. Linear viscoelastic properties of comb-shaped ring polystyrenes 国際会議

    Yuya Doi

    8th Pacific Rim Conference on Rheology (PRCR2023)  2023年5月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Vancouver   国名:カナダ  

  3. 高分子斥力相互作用を導入した希薄Tetra-PEGゲルの粗視化分子シミュレーションにおける濃度ゆらぎ

    綾口修八, 石田崇人, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第50回記念年会  2023年5月11日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京大ローム記念館(京都)   国名:日本国  

  4. 環状高分子ならびにいくつかのモデル高分子のレオロジー特性 招待有り

    土肥侑也

    日本レオロジー学会第50回記念年会  2023年5月12日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京大ローム記念館(京都)   国名:日本国  

  5. 相互作用する泡の単体と複数の場合における変形の挙動の計算

    重倉健人, 石田崇人, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第50回記念年会  2023年5月11日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京大ローム記念館(京都)   国名:日本国  

  6. 劣化温度と劣化時間を変えたときのポリスチレンのゼロ剪断年度と緩和時間の変化

    冨田京武, 石田崇人, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第50回記念年会  2023年5月11日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京大ローム記念館(京都)   国名:日本国  

  7. 固体粒子を含む流体の見かけ比粘度における固体粒子の位置依存性

    庄田琢也, 石田崇人, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第50回記念年会  2023年5月11日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京大ローム記念館(京都)   国名:日本国  

  8. 分散剤の添加がMR流体の磁場下でのレオロジー特性に与える影響

    山脇悠矢, 石田崇人, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第50回記念年会  2023年5月11日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京大ローム記念館(京都)   国名:日本国  

  9. 陽電子消滅測定を用いたPSガラスの自由体積空孔に対するエージングの効果の評価

    市川千陽, 石田崇人, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一, 萩原英昭

    日本レオロジー学会第50回記念年会  2023年5月11日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京大ローム記念館(京都)   国名:日本国  

  10. 粗視化分子動力学法による高分子の酸化劣化モデリング

    石田崇人, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第50回記念年会  2023年5月11日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京大ローム記念館(京都)   国名:日本国  

  11. A Multiple Particle Model for Bublles 国際会議

    Kento Shigekura, Takato Ishida, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The 16th International Workshop for East Asian Young Rheologist (IWEAYR-16)  2023年2月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Udon Thani   国名:タイ王国  

    その他リンク: https://iweayr.udru.ac.th

  12. Li-ion Diffusion Processes in (Succinonitrile-Doped) PEO Electrolytes 国際会議

    Tatsuya Shiraishi, Takato Ishida, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The 16th International Workshop for East Asian Young Rheologist (IWEAYR-16)  2023年2月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Udon Thani   国名:タイ王国  

    その他リンク: https://iweayr.udru.ac.th

  13. Elongational Viscosity of Carbon Fiber Reinforced Polypropylenes with Bimodal Fiber Length Distributions 国際会議

    Shoichi Yasui, Takato Ishida, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The 16th International Workshop for East Asian Young Rheologist (IWEAYR-16)  2023年2月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Udon Thani   国名:タイ王国  

    その他リンク: https://iweayr.udru.ac.th

  14. Viscoelastic and Dielectric Relaxations for Secondary Relaxation in Aged Polystyrene Glass with Narrow Molecular Weight Distribution 国際会議

    Chiharu Ichikawa, Takato Ishida, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The 16th International Workshop for East Asian Young Rheologist (IWEAYR-16)  2023年2月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Udon Thani   国名:タイ王国  

    その他リンク: https://iweayr.udru.ac.th

  15. Spinodal Decomposition of Polymer Blends Consisting of Poly(4-iso-butylstyrene) and Polyisoprene with Different Microstructures Studied by Optical Microscopy 国際会議

    Kaito Suzuki, Takato Ishida, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The 16th International Workshop for East Asian Young Rheologist (IWEAYR-16)  2023年2月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Udon Thani   国名:タイ王国  

    その他リンク: https://iweayr.udru.ac.th

  16. Time Evolution of Shear Thickening Behavior in Nanoclay/PEO/Water Suspensions Studied by Rheo-SALS 国際会議

    Ryuya Isoda, Takato Ishida, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The 16th International Workshop for East Asian Young Rheologist (IWEAYR-16)  2023年2月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Udon Thani   国名:タイ王国  

    その他リンク: https://iweayr.udru.ac.th

  17. Extensional Viscosity of Polystyrene-block-Poly(2-vinylpyridine) Block Copolymer with Spherical Microphase Separated Structure 国際会議

    Shumpei Yamakami, Takato Ishida, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The 16th International Workshop for East Asian Young Rheologist (IWEAYR-16)  2023年2月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Udon Thani   国名:タイ王国  

    その他リンク: https://iweayr.udru.ac.th

  18. Effect of Addition of Fumed Silica Particles to Magnetorheological Properties of Carbonyl Iron Suspensions with Different Carbonyl Iron Concentrations 国際会議

    Yuya Yamawaki, Takato Ishida, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The 16th International Workshop for East Asian Young Rheologist (IWEAYR-16)  2023年2月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Udon Thani   国名:タイ王国  

    その他リンク: https://iweayr.udru.ac.th

  19. Evaluation of Flow Field of Large Particle Dispersions by Moving Image Analysis: Effects of Volume Fraction of Large Particles 国際会議

    Takuya Shoda, Takato Ishida, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The 16th International Workshop for East Asian Young Rheologist (IWEAYR-16)  2023年2月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Udon Thani   国名:タイ王国  

    その他リンク: https://iweayr.udru.ac.th

  20. Change of Viscoelastic Master Curves for Thermo-Oxidized Polystyrenes 国際会議

    Kyobu Tomita, Takato Ishida, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The 16th International Workshop for East Asian Young Rheologist (IWEAYR-16)  2023年2月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Udon Thani   国名:タイ王国  

    その他リンク: https://iweayr.udru.ac.th

  21. Effects of Conformational Degrees of Freedom on Soret Coefficient of Dumbbells Obeying Langevin Equation 国際会議

    Tatsuma Oishi, Takato Ishida, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The 16th International Workshop for East Asian Young Rheologist (IWEAYR-16)  2023年2月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Udon Thani   国名:タイ王国  

    その他リンク: https://iweayr.udru.ac.th

  22. Fluctuating Diffusivity Emerges Even in Binary Gas Mixtures 国際会議

    Fumiaki Nakai, Yuichi Masubuchi, Yuya Doi, Takato Ishida and Takashi Uneyama

    The 16th International Workshop for East Asian Young Rheologist (IWEAYR-16)  2023年2月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Udon Thani   国名:タイ王国  

    その他リンク: https://iweayr.udru.ac.th

  23. Simulation of Rotational Motion of fibers in Sheared Suspensions Using Modified MPS 国際会議

    Keigo Enomoto, Takato Ishida, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The 16th International Workshop for East Asian Young Rheologist (IWEAYR-16)  2023年2月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Udon Thani   国名:タイ王国  

    その他リンク: https://iweayr.udru.ac.th

  24. Stress Overshoot in Single-Particle Transient Potential Model for Entangled Polymers 国際会議

    Jinya Kitamura, Takato Ishida, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The 16th International Workshop for East Asian Young Rheologist (IWEAYR-16)  2023年2月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Udon Thani   国名:タイ王国  

    その他リンク: https://iweayr.udru.ac.th

  25. Effects of Repulsive Inter-Molecular Interactions on the Structural Formation Process of Tetra-PEG Gels 国際会議

    Shuya Ayaguchi, Takato Ishida, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The 16th International Workshop for East Asian Young Rheologist (IWEAYR-16)  2023年2月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Udon Thani   国名:タイ王国  

    その他リンク: https://iweayr.udru.ac.th

  26. ビニルモノマーから成る二次元シート状高分子の調製と分子特性評価

    土肥侑也

    2022年度高分子基礎物性研究会・高分子計算機科学研究会・高分子ナノテクノロジー研究会合同討論会  2022年12月16日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  27. 温度勾配下におけるダンベル状分子の濃度分布の解析

    大石達真, 石田崇人, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第36回分子シミュレーション討論会  2022年12月5日  分子シミュレーション学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  28. 障害物中を運動する棒状粒子の重心拡散係数

    仲井文明, 増渕雄一, 畝山多加志, 土肥侑也, 石田崇人, Kröger Martin

    第10回ソフトマター研究会  2022年11月22日  ソフトマター研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  29. ”温度勾配下におけるダンベル状分子の濃度分布の理論解析

    大石達真, 石田崇人, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第10回ソフトマター研究会  2022年11月22日  ソフトマター研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  30. micropolar-MPS 法による繊維懸濁液の三次元シミュレーション手法の開発

    榎本圭吾,石田崇人,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    日本機械学会第35回計算力学講演会   2022年11月17日  日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  31. SANS測定によるポリエチレンカーボネート系固体高分子電解質の構造評価

    土肥侑也,Allgaier Jürgen,Förster Stephan,眞弓皓一,岩瀬裕希,高田慎一,Ohl Michael

    第22回日本中性子科学会年会  2022年10月28日  日本中性子科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張   国名:日本国  

  32. レオロジーと散乱を駆使したモデル高分子の基礎物性 招待有り

    土肥侑也

    2022KIPS若手高分子シンポジウム~未来をつくる高分子科学の最先端~  2022年10月21日  京都高分子科学研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  33. シート状高分子の調製とキャラクタリゼーション

    土肥侑也

    第70回レオロジー討論会  2022年10月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  34. 1 粒子過渡ポテンシャルモデルによるからみあい高分子系のダイナミクスのモデル化

    北村仁哉,石田崇人,土肥侑也,増渕雄一,畝山多加志

    第70回レオロジー討論会  2022年10月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  35. エージングしたポリスチレンガラスの副緩和の誘電緩和と線形粘弾性の比較

    市川千陽,石田崇人,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第70回レオロジー討論会  2022年10月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  36. 回転自由度を導入した MPS 法による繊維懸濁液の三次元配向と応力の計算

    榎本圭吾,石田崇人,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第70回レオロジー討論会  2022年10月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  37. シアシックニングを示す板状ナノクレイ/PEO/水分散液の応力緩和

    磯田龍矢,石田崇人,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第70回レオロジー討論会  2022年10月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  38. 二峰性をもつ炭素繊維強化ポリプロピレンの短繊維成分が伸長粘度に与える影響

    安井翔一,伊藤景子,寺田真利子,山中淳彦,石田崇人,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第70回レオロジー討論会  2022年10月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  39. カルボニル鉄/シリカ粒子混合MR流体のレオロジー特性におけるシリカ粒子の表面処理の影響

    山脇悠矢,石田崇人,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第70回レオロジー討論会  2022年10月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  40. 固定された針状障害物中を動く棒状粒子の拡散 国際共著

    仲井文明,増渕雄一,畝山多加志,土肥侑也,石田崇人,Martin Kröger

    第70回レオロジー討論会  2022年10月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  41. スクシノニトリル添加PEO系高分子電解質の鎖内イオンホッピングの分子動力学計算

    白石達也, 石田崇人,土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第183回東海高分子研究会講演会(夏期研究会)  2022年9月17日  高分子学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  42. ポリイソプレン/ポリ(4-iso-ブチルスチレン)相溶性ブレンドの光学顕微鏡によるスピノーダルの評価

    鈴木海渡,石田崇人,畝山多加志,増渕雄一,高野敦志,土肥侑也

    第183回東海高分子研究会講演会(夏期研究会)  2022年9月17日  高分子学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  43. 障害物中を運動する棒状粒子のシミュレーション解析 国際共著

    仲井文明,増渕雄一,畝山多加志,土肥侑也,石田崇人,Martin Kröger

    第183回東海高分子研究会講演会(夏期研究会)  2022年9月17日  高分子学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  44. ベントナイト/PEO/水分散液のシアシックニング挙動の分子量・温度依存性

    磯田龍矢, 石田崇人,土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第183回東海高分子研究会講演会(夏期研究会)  2022年9月17日  高分子学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  45. 非ガウスな通常拡散は2成分気体でも生じる

    仲井文明,増渕雄一,土肥侑也,石田崇人,畝山多加志

    日本物理学会2022年秋季大会  2022年9月13日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  46. ランジュバン方程式に従うダンベル状分子のソーレ係数に対する内部自由度の影響

    大石達真, 石田崇人, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本物理学会2022年秋季大会  2022年9月13日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  47. 環状くし型高分子の粘弾性特性

    土肥侑也

    第71回高分子討論会  2022年9月7日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  48. スクシノニトリルを添加したPEO系高分子電解質の配位構造とホッピング伝導の分子動力学計算

    白石達也,石田崇人,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第71回高分子討論会  2022年9月6日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  49. 二次元状高分子が示す物性の法則を解き明かしたい!

    土肥侑也

    超異分野学会大阪大会2022東洋紡セッション  2022年8月27日  株式会社リバネス

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  50. 異なる繊維長分布をもつ炭素繊維強化ポリプロピレンの定常伸長粘度

    安井翔一, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一, 伊藤景子, 寺田真利子, 山中淳彦

    プラスチック成形加工学会第33回年次大会  2022年6月16日  プラスチック成形加工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:タワーホール船堀   国名:日本国  

  51. Effect of Bentonite on Gelation of Acrylamide

    Yuya Doi, Haruka Kizu, Takumitsu Kida, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    第71回高分子学会年次大会  2022年5月27日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  52. PEO系高分子電解質のイオン伝導度と構造緩和時間の関係がスクシノニトリルの添加から受ける影響

    白石達也,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第71回高分子学会年次大会  2022年5月26日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  53. 環状くし型高分子の線形粘弾性解析

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,高野敦志,高橋良彰,松下裕秀

    日本レオロジー学会第49年会  2022年5月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  54. 絡み合い高分子系の線形粘弾性の揺らぐ拡散係数に基づく粗視化モデル

    北村仁哉, 土肥侑也, 増渕雄一, 畝山多加志

    日本レオロジー学会第49年会  2022年5月12日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  55. 回転自由度を導入したMPS法による溶液中の孤立繊維の回転運動の計算

    山脇悠矢, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第49年会  2022年5月12日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  56. 板状ナノクレイ/PEO/水分散液における粘度の温度依存性

    山脇悠矢, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第49年会  2022年5月12日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  57. 分子量の違う対称ABA型トリブロック共重合体で構成されるブレンド物のラメラ構造のSCF計算

    山脇悠矢, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第49年会  2022年5月12日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  58. ダンベル状分子のソーレ係数における粒子間ポテンシャルの引力の有無の効果

    山脇悠矢, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第49年会  2022年5月12日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  59. カルボニル鉄/シリカ粒子混合MR流体の動的粘弾性測定

    山脇悠矢, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第49年会  2022年5月12日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  60. 2成分気体中の軽い粒子の長時間に及ぶ非ガウス的拡散挙動

    仲井文明, 増渕雄一, 土肥侑也, 畝山多加志

    日本レオロジー学会第49年会  2022年5月12日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  61. ポリスチレンガラスの粘弾性の副緩和におけるエージング温度および時間の効果

    市川千陽, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第49年会  2022年5月12日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  62. 中性子散乱測定による新規固体高分子電解質の構造とダイナミクスの評価

    土肥侑也

    東大物性研短期研究会2022:中性子散乱研究会 -海外実験支援プログラムの成果報告と、再稼働したJRR-3の現在地-  2022年4月19日  東京大学物性研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  63. リキッドフォームのせん断下における降伏様挙動

    河井俊也, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会中部支部第15回修士論文発表会  2022年3月4日  日本レオロジー学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  64. 会合粒子のBrown運動からの会合状態の解析

    福永紘平, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会中部支部第15回修士論文発表会  2022年3月4日  日本レオロジー学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  65. 溶融した低密度ポリエチレン発泡体の線形粘弾性の長時間緩和

    榎本裕太, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会中部支部第15回修士論文発表会  2022年3月4日  日本レオロジー学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  66. Dynamics of dumbbell model with fluctuating diffusivity 国際会議

    Jinya Kitamura, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2021 (Pacifichem 2021)  2021年12月18日  The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:online   国名:アメリカ合衆国  

  67. Numerical analysis of dynamic behavior of fiber orientation in bounded shear flow using the moving particle simulation 国際会議

    Keigo Enomoto, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2021 (Pacifichem 2021)  2021年12月18日  The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:online   国名:アメリカ合衆国  

  68. Inter-particle potential dependence of mass and heat cross-transport coefficients in two-component fluids 国際会議

    Tatsuma Oishi, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2021 (Pacifichem 2021)  2021年12月18日  The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:online   国名:アメリカ合衆国  

  69. Single collision statistics of tracer particle in dilute hard sphere gas 国際会議

    Fumiaki Nakai, Takashi Uneyama, Yuya Doi and Yuichi Masubuchi

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2021 (Pacifichem 2021)  2021年12月18日  The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online   国名:アメリカ合衆国  

  70. シリカ粒子を混合した MR 流体の粘度の混合比依存性

    山脇悠矢, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    2021年度東海高分子研究会学生発表会  2021年12月3日  高分子学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  71. ポリスチレンガラスの粘弾性の副緩和におけるエージング時の温度の効果

    市川千陽, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    2021年度東海高分子研究会学生発表会  2021年12月3日  高分子学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  72. 気液界面上に種々の添加量で生成したSPAN65膜の界面レオロジー

    神谷恭汰, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    2021年度東海高分子研究会学生発表会  2021年12月3日  高分子学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  73. 自発運動する油滴の速度相関の油滴サイズ依存性

    鈴木海渡, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    2021年度東海高分子研究会学生発表会  2021年12月3日  高分子学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  74. 2成分流体の熱流束のミクロな定義

    大石達真, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第35回分子シミュレーション討論会  2021年11月29日  分子シミュレーション学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月 - 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山大学   国名:日本国  

  75. ビーズ上を移動する揺らぐ拡散係数を導入したRouseモデルのシミュレーション

    北村仁哉, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第69回レオロジー討論会  2021年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  76. SDSリキッドフォームの降伏的挙動

    河井俊也, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第69回レオロジー討論会  2021年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  77. 溶融したLDPE発泡体の気泡形状の緩和よりも遅い緩和モード

    榎本裕太, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第69回レオロジー討論会  2021年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  78. 回転自由度を導入した MPS 法による繊維懸濁液の流動シミュレーション

    榎本圭吾, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第69回レオロジー討論会  2021年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  79. 板状ナノクレイ/PEO/水分散液で起こるシアシックニングのPEO分子量依存性

    磯田龍矢, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第69回レオロジー討論会  2021年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  80. 異なる繊維長分布をもつ炭素繊維強化ポリプロピレンの粘度

    安井翔一, 伊藤景子, 寺田真利子, 山中淳彦, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第69回レオロジー討論会  2021年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  81. 中性子スピンエコー法によるポリエチレンカーボネート系固体高分子電解質中の高分子ダイナミクスとイオン伝導の相関評価 国際共著

    土肥侑也,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Czakkel Orsolya,Ohl Michael

    第69回レオロジー討論会  2021年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  82. PEO系ポリマー電解質に導入したスクシノニトリルの配位状態の評価

    白石達也, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第69回レオロジー討論会  2021年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  83. 会合するBrown粒子の拡散の揺らぎの解析

    福永紘平, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第14回西日本支部学生ワークショップ  2021年10月20日  日本レオロジー学会西日本支部&関西レオロジー研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  84. 熱と質量の交差輸送係数を計算する際の熱流束の定義

    大石達真, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本物理学会2021年秋季大会  2021年9月23日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  85. 二次元平面内で重心が直線上に拘束された無限に細い剛体棒の熱力学ポテンシャル

    仲井文明, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本物理学会2021年秋季大会  2021年9月21日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  86. 二次元シート状高分子の調製とキャラクタリゼーション

    土肥侑也,原光生,関隆広,畝山多加志,増渕雄一

    第70回高分子討論会  2021年9月7日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  87. 高分子基礎物性の観点から見た新規固体高分子電解質 招待有り

    土肥侑也

    第70回高分子学会年次大会  2021年5月26日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  88. 溶融したLDPE発泡体の線形粘弾性のクリープ測定

    榎本裕太, 木田拓充, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第48年会  2021年5月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  89. 2状態間で揺らぐ拡散係数を導入したダンベルモデルにおける重心拡散挙動の理論解析

    北村仁哉, 木田拓充, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第48年会  2021年5月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  90. 繊維強化プラスチックの繊維長分布がメルト状態の伸長粘度に与える影響

    安井翔一, 木田拓充, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第48年会  2021年5月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  91. 治具の表面粗さがシェービングフォームのせん断応力成長に与える影響

    河井俊也, 木田拓充, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第48年会  2021年5月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  92. 数密度の異なる繊維懸濁液の剪断による配向変化のMPSシミュレーション

    榎本圭吾, 木田拓充, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第48年会  2021年5月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  93. Nonlinear shear and elongational rheology of poly(propylene carbonate)

    2021年5月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  94. 環状ジブロック共重合体の相挙動

    土肥侑也,坂部直人,畝山多加志,増渕雄一,高野敦志,高橋良彰,松下裕秀

    日本レオロジー学会第48年会  2021年5月14日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  95. 高分子準希薄溶液中のトレーサー粒子の拡散における非ガウス性のシミュレーションを用いた解析

    福永紘平, 木田拓充, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第48年会  2021年5月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  96. スクシノニトリルを添加したPEO系高分子電解質の誘電緩和測定による運動性評価

    白石達也, 木田拓充, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第48年会  2021年5月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  97. WCA混合液体における質量流束と熱流束の交差輸送係数のポテンシャルパラメータ依存性

    大石達真,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    日本物理学会第76回年次大会  2021年3月13日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  98. Uniaxial elongational flow of different poly(alkylene carbonate) 国際会議

    Ynag Lixin, Yuya Doi, Takashi Uneyama, Yuichi Masubuchi

    The 21st International Union of Materials Research Societies - International Conference in Asia (IUMRS-ICA 2020)  2021年2月25日  International Union of Materials Research Societies

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chiang Mai (Online)   国名:タイ王国  

  99. Phase behavior of ring diblock copolymer evaluated by rheology and SAXS 国際会議

    Yuya Doi, Naoto Sakabe, Takashi Uneyama, Yuichi Masubuchi, Yoshiaki Takahashi, Atsushi Takano and Yushu Matsushita

    International Congress on Rheology 2020  2020年12月15日  International Committee on Rheology

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Rio de Janeiro (on-line)   国名:ブラジル連邦共和国  

  100. Ion conduction mechanism of poly(ethylene carbonate/ethylene oxide) copolymer-based electrolytes 国際共著 国際会議

    Yuya Doi, Takashi Uneyama, Yuichi Masubuchi, Juergen Allgaier, Stephan Foerster and Michael Ohl

    International Congress on Rheology 2020  2020年12月17日  International Committee on Rheology

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Rio de Janeiro (on-line)   国名:ブラジル連邦共和国  

  101. ポリエチレンカーボネート系固体高分子電解質の高分子ダイナミクス 国際共著

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael

    MRMフォーラム2020  2020年12月8日  日本MRS

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  102. 中性子スピンエコーによるポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共重合体電解質の高分子ダイナミクスの評価 国際共著

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael,Czakkel Orsolya

    日本中性子科学会第20回年会  2020年11月9日  日本中性子科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  103. ポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共重合体電解質の高分子ダイナミクスとイオン伝導性 国際共著

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael

    2020年度高分子基礎物性研究会・高分子計算機科学研究会・高分子ナノテクノロジー研究会合同討論会  2020年11月5日  高分子学会高分子基礎物性研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  104. 任意次元における理想気体中の粒子の衝突による速度変化

    仲井文明,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第13回西日本支部学生ワークショップ  2020年10月23日  日本レオロジー学会西日本支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  105. Nonlinear elongational rheology of poly(propylene carbonate)

    楊麗欣,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第13回西日本支部学生ワークショップ  2020年10月23日  日本レオロジー学会西日本支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  106. 溶融した低密度ポリエチレン発泡体のスタートアップせん断測定

    榎本裕太, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第68回レオロジー討論会  2020年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  107. 相関長の異なる高分子液体のシミュレーションによる 一般化アインシュタインストークス関係の評価

    福永紘平,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第68回レオロジー討論会  2020年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  108. ポリアクリルアミドゲル化過程へのモンモリロナイト混合の影響

    木津悠,増渕雄一, 畝山多加志,土肥侑也

    第68回レオロジー討論会  2020年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  109. 断続せん断測定におけるシェービングフォームの降伏時の応力オーバーシュートのせん断速度依存性

    河井俊也,土肥侑也, 畝山多加志,増渕雄一

    第68回レオロジー討論会  2020年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  110. 任意次元における理想気体中の粒子の衝突による速度変化

    仲井文明,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第68回レオロジー討論会  2020年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  111. ポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共重合体電解質の高分子ダイナミクスの評価 国際共著

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael

    第68回レオロジー討論会  2020年10月22日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  112. 過渡結合MDPD法への固体壁の導入

    広井紀彦,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第68回レオロジー討論会  2020年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  113. Stress relaxation after uniaxial elongation of PPC melts

    楊麗欣,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第69回高分子討論会  2020年9月16日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  114. 中性子散乱によるポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共重合体電解質のイオン伝導性と高分子ダイナミクスの評価 国際共著

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael,Czakkel Orsolya

    第69回高分子討論会  2020年9月17日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  115. 誘電緩和と粘弾性によるポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共重合体電解質のイオン伝導性と高分子ダイナミクスの評価 国際共著

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael

    第69回高分子討論会  2020年9月17日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  116. Ion-conduction of poly(ethylene carbonate/ethylene oxide) copolymer-based electrolytes 国際共著

    Yuya Doi, Juergen Allgaier, Stephan Foerster and Michael Ohl

    2020年5月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 13

  1. モデル二次元シート状高分子の調製とキャラクタリゼーション

    2024年1月 - 2024年12月

    中部科学技術センター  令和5年度学術・みらい助成(最優秀提案) 

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:600000円

  2. モデル二次元シート状高分子の高効率合成とキャラクタリゼーション

    2024年1月 - 2024年12月

    日東学術振興財団  第40回研究助成 

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

  3. モデル二次元シート状高分子の調製と精密キャラクタリゼーション

    2023年4月 - 2024年3月

    京都大学化学研究所  令和5年度国際共同利用・共同研究 

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:480000円

  4. 環状/線状高分子ブレンドにおける分子間貫入挙動のレオロジー的解明

    2023年4月 - 2024年3月

    江野科学振興財団  第34回(2022年度)田中康之ゴム科学賞 

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

  5. 新規固体高分子電解質のイオン伝導機構解明

    2022年6月 - 2023年5月

    内藤科学技術振興財団  2022(令和4)年度(第34回)研究助成 

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  6. 単分散二次元シート状高分子の調製とキャラクタリゼーション

    2022年2月 - 2023年3月

    第54回リバネス研究費東洋紡高分子科学賞 

    土肥侑也

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

  7. 2種の高速液体クロマトグラフ法による二次元シート状高分子の単離精製

    2022年1月 - 2023年3月

    島津科学技術振興財団  2021年度研究開発助成  領域全般

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  8. 新規“Polymer in Salt”型固体高分子電解質のイオン伝導機構解明

    2022年1月 - 2023年3月

    ENEOS東燃ゼネラル研究奨励・奨学会  第41回(2021年度)研究助成 

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  9. サイズ/形状が均一な二次元シート状高分子の調製

    研究課題番号:0331116-A  2021年7月 - 2021年6月

    2021年度研究助成 

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1200000円 ( 直接経費:1152000円 、 間接経費:48000円 )

  10. 新規固体高分子電解質の調製とそのイオン伝導機構解明

    2021年4月 - 2022年3月

    矢崎科学技術振興記念財団  2020年度奨励研究助成  エネルギー

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  11. 新規固体高分子電解質の調製とそのイオン伝導機構の分子論的解明

    2021年1月 - 2021年12月

    小笠原敏晶記念財団  2020年度一般研究助成 

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:その他

    配分額:2000000円

  12. 無し

    2017年7月 - 2017年9月

    京都大学  研究連携基盤次世代研究者支援(派遣旅費支援) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  13. 環状/線状高分子ブレンドにおける貫入挙動の 解明

    2016年4月 - 2016年9月

    若手研究者スタートアップ研究費 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円

▼全件表示

科研費 6

  1. 大きな具材を含む流体のレオロジー

    研究課題/研究課題番号:23K17940  2023年6月 - 2026年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    増渕 雄一, 畝山 多加志, 土肥 侑也, 石田 崇人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    「大きな具材を含む流体のレオロジー」と題する本研究の目的は,直径数ミリ以上の固体を含む液体の流動物性(レオロジー)を簡易に定量評価する手法を開発し,この分野の科学を新たに開拓することにある.我々の生活には,カレーやシチューのような食品,洗濯物が入った水,下水や土石流のように大きな固体を含有して流れる液体が多く存在する.ところが既存の測定法では定量的な流動評価が困難である.我々は画像解析とAIを組み合わせて,このような流体を定量評価する手法の開発を目論んでいる.

  2. 高分子の収縮挙動のモデル化

    研究課題/研究課題番号:23H01142  2023年4月 - 2026年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    畝山 多加志, 土肥 侑也, 増渕 雄一, 石田 崇人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    高分子材料の物性の研究は数多く行われているものの、その多くは成形性や発現する物性を制御しより良い材料を作ることを目的としている。しかし、作成した高分子材料は長い時間をかけて少しずつ変形していく。本研究では高分子材料がどのように変形していくのか、それはどのような物理に支配されているのかを明らかにすることを目的とする。
    高分子の収縮挙動の測定等の各種実験手法と分子シミュレーション計算を組み合わせて高分子材料の収縮の物理的機構を調べ、扱いやすく物理的意味のとらえやすい粗視化理論モデルを構築する。

  3. からみあい高分子系の汎用高速計算法

    研究課題/研究課題番号:22H01189  2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    増渕 雄一, 畝山 多加志, 土肥 侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    本研究「からみあい高分子系の汎用高速計算法」は多様なからみあい高分子系の動力学を高効率に予測解析するための手法開発を目的とする.高分子材料の高機能/高性能化と有効利用には,成形加工下の流動変形と熱運動による分子形態変化で生じる非平衡状態の予測が必要である.既存の手法は,分子動力学法のように計算コストが高い,または計算対象が極めて限定されているかである.本研究では,申請者らが独自に開発した多体スリップスプリング(MCSS)モデルに基づく,新規の計算法を提案する.従来法では対応が困難なブレンド/共重合/長鎖分岐系を計算できるようにする.
    本研究「からみあい高分子系の汎用高速計算法」は多様なからみあい高分子系の動力学を高効率に予測解析するための手法開発を目的とし,実施者が独自に開発しているMulti-chain slip-spring (MCSS) モデルを1)相溶ブレンド/共重合系,2)長鎖分岐系,に適用できるように拡張している. 相溶ブレンド/共重合系では,ビーズ間相互作用として液体論に基づくポテンシャルを導入して試行している.またRouseビーズの易動度と仮想バネの組み替えについてモード結合理論に基づく定式化を模索している. 長鎖分岐系においては分岐点周辺での仮想バネの組み替えアルゴリズムを検討している.
    上記1,2の検討の途上,まずモデルで対象とする粒子の粗視化レベルの特定が必要となった.粗視化レベルはモデルが含むパラメーターに依存するが,従来は計算の都合やモデルの成り立ちから直感的に選ばれた値を経験的に用いていた.そこで本年度はこれらのパラメーターを系統的に変化させて粗視化レベルとの関係を明らかにした.結果はJ Phys Chem B誌に招待論文として掲載され,表紙にも選ばれた.
    また粗視化に付随して生じる粗視化セグメントの摩擦係数の検討も行った.従来は摩擦係数は粗視化レベルのみによるとされており,上述の検討でも平衡状態であればこの従来の考え方に則していた.しかし高速流動下では低下する.これを非線形レオロジーの実験データと比較して議論し,論文2報を出版した.うち1報は国際共著論文である.
    この他,長鎖分岐高分子の計算の応用として,分岐高分子のゲル化の計算も実施し,論文を2報出版した.
    おおむね順調と評価する. 研究本来の目的である高分子ブレンドについては理論的な扱いの困難から進展が遅れている.また分岐高分子についても,分子そのものの運動が遅いため計算コストがかかっており出版には時間がかかっている. これらの状況は開始時に想定されていたことではあるが,さらに進展させていく必要があると認識している. その一方で,検討の途中に分った事柄を系統的に詰めて論文出版に繋げている.また関連テーマでも論文は出版できている. このようなことから研究全体としては順調といえる.
    計画通り進めていく.長鎖分岐系についてはデータが蓄積されてきているので,解析結果を早期に出版する.またブレンド系のモデル化において仮想バネの運動に検討が必要となり,論文を執筆している.さらに手法の汎用性を示すために,広く用いられているDPD法との比較も並行して実施しており,データが揃い次第出版する.

  4. 環状高分子の流動下における非平衡構造とダイナミクス

    研究課題/研究課題番号:21K14682  2021年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究

    土肥 侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    環状高分子は、分子内に末端を持たないモデル高分子であり、その構造と物性は興味深い。申請者はこれまでに高純度環状高分子試料を調製し、その平衡状態の構造とダイナミクスを中性子散乱・粘弾性の各種測定法と分子モデルに基づく理論解析から解明してきた。本研究では、申請者がこれまでに修得した環状高分子の試料調製法と物性測定法、さらに解析法を発展させ、流動下における環状高分子の力学応答とそれに伴う非平衡構造・ダイナミクスを流動-小角中性子散乱(Rheo-SANS)測定により評価・解明することを目指す。
    環状高分子は、分子内に末端を持たないモデル高分子であり、その構造と物性の相関解明は高分子物性学における重要課題である。本研究では当初、環状高分子の流動下における非平衡構造とダイナミクスの理解を目指したが、環状高分子中に含まれる線状鎖が粘弾性に与える影響の精査が必要であると判断し、その追究を主に行った。高分子量線状ポリスチレン(PS)に、低分子量線状PS、環状PS、ダンベル型PSをそれぞれ混合し、その粘弾性スペクトルの形状変化より、線状鎖が環状鎖中にエンタルピー 駆動で自発的に貫入する分子描像を確認した。
    環状高分子の実験的物性研究は、試料調製(特に、線状鎖不純物を含まない、高純度環状高分子試料調製)の難しさの観点から、未だ研究例は限定的である。また環状高分子中に線状鎖不純物が含まれる場合、その構造や物性が著しく変化することが知られるが、こちらも実験データの系統性に乏しく、更なる実験が必要な状況であった。今回の成果は、分子特性明確な環状およびダンベル型の高分子を線状鎖と混合することで、不純物等の不確定性が無く得られた実験結果であり、学術理解を深める知見である。

  5. ガラス転移温度以下の温度における高分子ガラスの緩和挙動

    研究課題/研究課題番号:19H01861  2019年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    畝山 多加志, 土肥 侑也, 増渕 雄一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    ポリスチレンのような非晶性高分子は高温では流動性を示すが、冷却固化されると流動性を持たない状態(ガラス状態)になる。本研究では、このようなガラス状態中における高分子のダイナミクスをさまざまな手法を組み合わせて調べ、ガラス状態で高分子がどのように運動しているのか、どのように記述すればよいのかを明らかとする。実験的に粘弾性測定、誘電緩和測定、赤外分光測定等の複数の異なる手法を組み合わせることで分子レベルのダイナミクスを調べる。また、得られた実験結果を分子シミュレーションや理論モデル等と比較することでダイナミクスを詳細に調べる。
    高分子ガラスの運動のモデル化を行うために、過渡ポテンシャルを用いた分子モデルを構築し、その性質を解析するとともに分子動力学シミュレーション等と比較し特徴的な遅い運動が再現できることを確認した。分子動力学モデルと比べて大幅に自由度を低減しているにも関わらず定性的には分子動力学と類似した挙動を再現することができ、各パラメータの物理的意味合いもわかりやすくガラス状態での緩和の理解やモデル化に有用な結果であると考えられる。過渡ポテンシャルモデル自体はより幅広い高分子の運動の記述に使えることがわかってきており、高分子ガラスの遅い緩和のような従来の粗視化モデルでうまく取り扱えなかった対象も粗視化モデルとして扱えるようになってきたと言える。
    また、実験的にはレオロジーと誘電緩和を用いて同一の試料 (ポリスチレン) のガラス転移温度以下での性質を系統的に調べた。レオロジーと誘電緩和はともに同様の緩和関数を用いて記述でき、しかも測定した温度・周波数範囲において時間温度換算則が成立した。これらは既存の報告と同様の結果である。しかし、レオロジーと誘電緩和では時間温度換算挙動に違いがあることがわかった。これは一見同じように見える高分子ガラスの粘弾性と誘電緩和に何らかの違いがあるためと解釈できる。粘弾性では応力の相関、誘電緩和では電気双極子の相関を測定しており、温度が変わった際のこれらの相関の様式に違いがあるものと考えられる。
    令和4年度が最終年度であるため、記入しない。
    令和4年度が最終年度であるため、記入しない。

  6. 環状トポロジカル高分子の精密合成と粘弾性

    研究課題/研究課題番号:14J03393  2014年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  特別研究員奨励費  高分子・繊維材料

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1700000円 ( 直接経費:1700000円 )

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 8

  1. 物理工学実験第1

    2023

  2. 応用物理学演習5b

    2022

  3. 物理工学演習4b

    2022

  4. 応用物理学演習3b

    2021

  5. 応用物理学演習5b

    2021

  6. 物理工学演習4b

    2021

  7. 物理工学演習4b

    2020

  8. 応用物理学演習3b

    2020

▼全件表示

 

社会貢献活動 1

  1. レオロジー:どろどろ/ぐにゃぐにゃ物質の科学

    役割:講師

    多治見北高校  Exploration Day with Researcher 2  2022年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業