2021/07/07 更新

写真a

ドイ ユウヤ
土肥 侑也
DOI Yuya
所属
大学院工学研究科 物質科学専攻 ナノ解析物質設計学 助教
大学院工学研究科
工学部 物理工学科
職名
助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2016年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 高分子物性

  2. レオロジー

研究分野 1

  1. ナノテク・材料 / 高分子材料

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 新規固体高分子電解質の高分子ダイナミクスとイオン伝導性の相関解明

  2. 二次元シート状高分子の調製、分子特性評価と物性

経歴 5

  1. ユーリッヒ総合研究機構   ユーリッヒ中性子科学センター   博士研究員

    2019年7月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:ドイツ連邦共和国

  2. 名古屋大学   ベンチャービジネスラボラトリー   中核的研究期間研究員

    2018年4月 - 2019年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   大学院工学研究科   研究員

    2018年1月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. FORTH研究所   IESL   訪問研究員

    2017年7月 - 2017年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 京都大学   化学研究所   特定助教

    2016年4月 - 2017年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科   化学・生物工学専攻

    2011年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学部   化学・生物工学科

    2007年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 高分子学会

  2. 日本レオロジー学会

  3. 日本中性子科学会

委員歴 2

  1. The 14th International Workshop for East Asian Young Rheologists (IWEAYR-14)   Local Committee  

    2019年1月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. The XVIIth International Congress of Rheology (ICR-2016)   Local Committee  

    2016年8月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 1

  1. 井上研究奨励賞

    2017年2月   井上科学振興財団   様々な一次構造を持つ環状高分子の調製とその粘弾性

    土肥侑也

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

 

論文 15

  1. Viscoelastic Properties of Dumbbell-Shaped Polystyrenes in Bulk and Solution 査読有り

    Macromolecules   54 巻 ( 3 ) 頁: 1366 - 1374   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Macromolecules  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.0c02050

    Scopus

  2. Entanglement Molecular Weight 査読有り

    Masubuchi Yuichi, Doi Yuya, Uneyama Takashi

    NIHON REOROJI GAKKAISHI   48 巻 ( 4 ) 頁: 177 - 183   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1678/rheology.48.177

  3. Melt Rheology of Tadpole-Shaped Polystyrenes with Different Ring Sizes 査読有り

    Yuya Doi, Atsushi Takano, Yoshiaki Takahashi, Yushu Matsushita

    Soft Matter   16 巻 ( 37 ) 頁: 8720 - 8724   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>In this study, linear melt rheology of a single-tail tadpole-shaped polystyrene, ST-30/80, having ring and linear sizes of MR ~ 30 kg/mol and ML ~ 80 kg/mol, respectively was examined,...</p>

    DOI: 10.1039/d0sm01098g

    Scopus

  4. Primitive chain network simulations for the interrupted shear response of entangled polymeric liquids. 査読有り

    Masubuchi Y, Doi Y, Uneyama T

    Soft matter   16 巻 ( 28 ) 頁: 6654-6661   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0sm00654h

    PubMed

  5. Preparation, characterization, and dilute solution properties of four-branched cage-shaped poly(ethylene oxide) 査読有り

    Noda Takashi, Doi Yuya, Ohta Yutaka, Takata Shin-ichi, Takano Atsushi, Matsushita Yushu

    JOURNAL OF POLYMER SCIENCE   58 巻 ( 15 ) 頁: 2098 - 2107   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/pol.20200286

    Web of Science

  6. Conformations of Ring Polystyrenes in Semidilute Solutions and in Linear Polymer Matrices Studied by SANS 査読有り 国際共著

    Iwamoto Takuro, Doi Yuya, Kinoshita Keita, Takano Atsushi, Takahashi Yoshiaki, Kim Eunhye, Kim Tae-Hwan, Takata Shin-ichi, Nagao Michihiro, Matsushita Yushu

    MACROMOLECULES   51 巻 ( 17 ) 頁: 6836 - 6847   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.8b00934

    Web of Science

    Scopus

  7. SANS Study of Ring Topology Effects on the Miscibility of Polymer Blends 査読有り 国際共著

    Kobayashi Yuki, Doi Yuya, Rahman Siti Sarah Abdul, Kim Eunhye, Kim Tae-Hwan, Takano Atsushi, Matsushita Yushu

    MACROMOLECULES   51 巻 ( 5 ) 頁: 1885 - 1893   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.7b02359

    Web of Science

    Scopus

  8. Conformations of Ring Polystyrenes in Bulk Studied by SANS 査読有り 国際共著

    Iwamoto Takuro, Doi Yuya, Kinoshita Keita, Ohta Yutaka, Takano Atsushi, Takahashi Yoshiaki, Nagao Michihiro, Matsushita Yushu

    MACROMOLECULES   51 巻 ( 4 ) 頁: 1539-1548   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.7b02358

    Web of Science

    Scopus

  9. Re-examination of terminal relaxation behavior of high-molecular-weight ring polystyrene melts 査読有り

    Doi Yuya, Matsumoto Atsushi, Inoue Tadashi, Iwamoto Takuro, Takano Atsushi, Matsushita Yushu, Takahashi Yoshiaki, Watanabe Hiroshi

    RHEOLOGICA ACTA   56 巻 ( 6 ) 頁: 567-581   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00397-017-1014-3

    Web of Science

    Scopus

  10. 環状高分子ならびにその同族体の物性 査読有り

    土肥侑也、高野敦志、高橋良彰、松下裕秀

    高分子   66 巻 ( 5 ) 頁: 229 - 232   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    その他リンク: https://main.spsj.or.jp/c5/kobunshi/kobu2017/1705.html#229

  11. Synthesis and characterization of dumbbell-shaped polystyrene 査読有り

    YuyaDoi, AtsushiTakano, YushuMatsushita

    Polymer   106 巻   頁: 8 - 1374   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.polymer.2016.10.037

  12. Synthesis and characterization of comb-shaped ring polystyrenes 査読有り

    Yuya Doi, Yutaro Iwasa, Kazuki Watanabe, Masahide Nakamura, Atsushi Takano, Yoshiaki Takahashi Yushu Matsushita

    Macromolecules   49 巻 ( 8 ) 頁: 3109 - 3115   2016年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.6b00208

  13. Melt rheology of tadpole-shaped polystyrenes 査読有り

    Yuya Doi, Atsushi Takano, Yoshiaki Takahashi, Yushu Matsushita

    Macromolecules   48 巻 ( 23 ) 頁: 8667 - 8674   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.5b01913

  14. Melt rheology of ring polystyrenes with ultrahigh purity 査読有り

    Yuya Doi, Kazuki Matsubara, Yutaka Ohta, Tomohiro Nakano, Daisuke Kawaguchi, Yoshiaki Takahashi, Atsushi Takano, Yushu Matsushita

    Macromolecules   48 巻 ( 9 ) 頁: 3140 - 3147   2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.5b00076

  15. Precise synthesis and characterization of tadpole-shaped polystyrenes with high purity 査読有り

    Yuya Doi, Yutaka Ohta, Masahide Nakamura, Atsushi Takano, Yoshiaki Takahashi, Yushu Matsushita

    Macromolecules   46 巻 ( 3 ) 頁: 1075 - 1081   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ma302511j

▼全件表示

MISC 2

  1. 研究室紹介 名古屋大学 工学研究科 レオロジー物理工学研究室

    増渕 雄一, 土肥 侑也, 木田 拓充, 畝山 多加志  

    日本レオロジー学会誌49 巻 ( 17 ) 頁: 49 - 51   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1678/rheology.49.49

  2. Conference Report for the 14th International Workshop for East Asian Young Rheologists (IWEAYR-14) in Nagoya

    Yuya Doi, Takashi Uneyama, Mikihiro Hayashi, Shogo Nobukawa, Yuichi Masubuchi  

    Nihon Reoroji Gakkaishi47 巻 ( 3 ) 頁: 123 - 125   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:会議報告等  

    DOI: 10.1678/rheology.47.123

講演・口頭発表等 20

  1. WCA混合液体における質量流束と熱流束の交差輸送係数のポテンシャルパラメータ依存性

    大石達真,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    日本物理学会第76回年次大会  2021年3月13日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  2. Uniaxial elongational flow of different poly(alkylene carbonate) 国際会議

    Ynag Lixin, Yuya Doi, Takashi Uneyama, Yuichi Masubuchi

    The 21st International Union of Materials Research Societies - International Conference in Asia (IUMRS-ICA 2020)  2021年2月25日  International Union of Materials Research Societies

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chiang Mai (Online)   国名:タイ王国  

  3. Ion conduction mechanism of poly(ethylene carbonate/ethylene oxide) copolymer-based electrolytes 国際共著 国際会議

    Yuya Doi, Takashi Uneyama, Yuichi Masubuchi, Juergen Allgaier, Stephan Foerster and Michael Ohl

    International Congress on Rheology 2020  2020年12月17日  International Committee on Rheology

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Rio de Janeiro (on-line)   国名:ブラジル連邦共和国  

  4. Phase behavior of ring diblock copolymer evaluated by rheology and SAXS 国際会議

    Yuya Doi, Naoto Sakabe, Takashi Uneyama, Yuichi Masubuchi, Yoshiaki Takahashi, Atsushi Takano and Yushu Matsushita

    International Congress on Rheology 2020  2020年12月15日  International Committee on Rheology

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Rio de Janeiro (on-line)   国名:ブラジル連邦共和国  

  5. ポリエチレンカーボネート系固体高分子電解質の高分子ダイナミクス 国際共著

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael

    MRMフォーラム2020  2020年12月8日  日本MRS

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  6. 中性子スピンエコーによるポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共重合体電解質の高分子ダイナミクスの評価 国際共著

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael,Orsolya Czakkel

    日本中性子科学会第20回年会  2020年11月9日  日本中性子科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. ポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共重合体電解質の高分子ダイナミクスとイオン伝導性 国際共著

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael

    2020年度高分子基礎物性研究会・高分子計算機科学研究会・高分子ナノテクノロジー研究会合同討論会  2020年11月5日  高分子学会高分子基礎物性研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  8. 任意次元における理想気体中の粒子の衝突による速度変化

    仲井文明,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第13回西日本支部学生ワークショップ  2020年10月23日  日本レオロジー学会西日本支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. Nonlinear elongational rheology of poly(propylene carbonate)

    楊麗欣,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第13回西日本支部学生ワークショップ  2020年10月23日  日本レオロジー学会西日本支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  10. ポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共重合体電解質の高分子ダイナミクスの評価 国際共著

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael

    第68回レオロジー討論会  2020年10月22日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  11. 溶融した低密度ポリエチレン発泡体のスタートアップせん断測定

    榎本裕太, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第68回レオロジー討論会  2020年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  12. 相関長の異なる高分子液体のシミュレーションによる 一般化アインシュタインストークス関係の評価

    福永紘平,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第68回レオロジー討論会  2020年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  13. ポリアクリルアミドゲル化過程へのモンモリロナイト混合の影響

    木津悠,増渕雄一, 畝山多加志,土肥侑也

    第68回レオロジー討論会  2020年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  14. 断続せん断測定におけるシェービングフォームの降伏時の応力オーバーシュートのせん断速度依存性

    河井俊也,土肥侑也, 畝山多加志,増渕雄一

    第68回レオロジー討論会  2020年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  15. 任意次元における理想気体中の粒子の衝突による速度変化

    仲井文明,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第68回レオロジー討論会  2020年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  16. 過渡結合MDPD法への固体壁の導入

    広井紀彦,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第68回レオロジー討論会  2020年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  17. 誘電緩和と粘弾性によるポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共重合体電解質のイオン伝導性と高分子ダイナミクスの評価 国際共著

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael

    第69回高分子討論会  2020年9月17日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  18. 中性子散乱によるポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共重合体電解質のイオン伝導性と高分子ダイナミクスの評価 国際共著

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael,Orsolya Czakkel

    第69回高分子討論会  2020年9月17日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  19. Stress relaxation after uniaxial elongation of PPC melts

    楊麗欣,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第69回高分子討論会  2020年9月16日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  20. Ion-conduction of poly(ethylene carbonate/ethylene oxide) copolymer-based electrolytes 国際共著

    Yuya Doi, Juergen Allgaier, Stephan Foerster and Michael Ohl

    2020年5月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 5

  1. サイズ/形状が均一な二次元シート状高分子の調製

    研究課題番号:0331116-A  2021年7月 - 2021年6月

    2021年度研究助成 

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1200000円 ( 直接経費:1152000円 、 間接経費:48000円 )

  2. 新規固体高分子電解質の調製とそのイオン伝導機構解明

    2021年4月 - 2022年3月

    矢崎科学技術振興記念財団  2020年度奨励研究助成  エネルギー

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  3. 新規固体高分子電解質の調製とそのイオン伝導機構の分子論的解明

    2021年1月 - 2021年12月

    小笠原敏晶記念財団  2020年度一般研究助成 

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:その他

    配分額:2000000円

  4. 無し

    2017年7月 - 2017年9月

    京都大学  研究連携基盤次世代研究者支援(派遣旅費支援) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  5. 環状/線状高分子ブレンドにおける貫入挙動の 解明

    2016年4月 - 2016年9月

    若手研究者スタートアップ研究費 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円

科研費 2

  1. 環状高分子の流動下における非平衡構造とダイナミクス

    研究課題/研究課題番号:21K14682  2021年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  若手研究  小区分35020:高分子材料関連

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    環状高分子は、分子内に末端を持たないモデル高分子であり、その構造と物性は興味深い。申請者はこれまでに高純度環状高分子試料を調製し 、その平衡状態の構造とダイナミクスを中性子散乱・粘弾性の各種測定法と分子モデルに基づく理論解析から解明してきた。本研究では、申請 者がこれまでに修得した環状高分子の試料調製法と物性測定法、さらに解析法を発展させ、流動下における環状高分子の力学応答とそれに伴う 非平衡構造・ダイナミクスを流動-小角中性子散乱(Rheo-SANS)測定により評価・解明することを目指す。

  2. ガラス転移温度以下の温度における高分子ガラスの緩和挙動

    研究課題/研究課題番号:19H01861  2019年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  基盤研究(B)  小区分13040:生物物理、化学物理およびソフトマターの物理関連

    畝山 多加志

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    ポリスチレンのような非晶性高分子は高温では流動性を示すが、冷却固化されると流動性を持たない状態(ガラス状態)になる。本研究では、このようなガラス状態中における高分子のダイナミクスをさまざまな手法を組み合わせて調べ、ガラス状態で高分子がどのように運動しているのか、どのように記述すればよいのかを明らかとする。実験的に粘弾性測定、誘電緩和測定、赤外分光測定等の複数の異なる手法を組み合わせることで分子レベルのダイナミクスを調べる。また、得られた実験結果を分子シミュレーションや理論モデル等と比較することでダイナミクスを詳細に調べる。
    今年度は理論的にガラス状態の運動を記述するためのモデルの開発と分子シミュレーションによる過冷却状態のモデル系の運動の解析を中心に研究を行なった。過冷却やガラス状態においては分子運動が不均一になる、いわゆる動的不均一性の効果が強く発現することが各種研究において報告されている。動的不均一性は過冷却やガラス状態において重要なものであり、ガラス状態の緩和現象やレオロジーの理解のためには動的不均一性のモデル化は有用である。我々はこれまで現象論的に提唱されていた過渡ポテンシャルを持つ Langevin 方程式 (LETP) に対して、ミクロな運動方程式からのモデル導出を行なった。この研究結果により、動的不均一性を LETP を用いて簡易的に記述することが可能となった。
    また、理論やシミュレーションと合わせて、モデル高分子ガラスであるポリスチレンの実験的な測定を行い、いくらか予備的なデータを得た。ガラス転移温度より低温の状態を含む温度範囲にて、同一のポリスチレン試料の線形粘弾性と赤外吸収スペクトルを測定して比較した。線形粘弾性から分子の協同的な運動がどのような温度依存性を示すか、赤外吸収から分子の局所的な官能基の運動がどのような温度依存性を示すかを調べた。当初の予想通り両者は一致しなかった。赤外分光では複数の官能基の運動の情報を得ることができるが、温度依存性は官能基や運動モードによってそれぞれ異なっていることがわかった。今後詳細な測定と解析を行なうことで高分子ガラスの運動について有用な知見が得られそうであることがわかった。
    理論モデリング、シミュレーションについては当初の想定よりも順調に進行していると言える。特に、過渡ポテンシャルの理論 (LETP) を定式化できたことは今後の研究だけでなく関連する周辺分野の研究にも波及効果を与えるものと期待できる。一方、実験については赤外分光測定や線形粘弾性測定である程度のデータを得ることに成功しているものの、まだ測定データの品質に問題がある。また、誘電緩和測定については測定の途中である。実験装置やサンプルの調整を行い、今後高品質なデータを定常的に取得できるようにする必要がある。
    理論やシミュレーションについては今後より高度・発展的なモデリングを行なうとともに、実際の実験系と比較可能なモデル高分子ガラス系のシミュレーション等を行なっていく予定である。過渡ポテンシャルの理論はある程度の成功を収めているものの、まだ改良の余地や発展の余地が見られる。過冷却・ガラス系以外への適用も視野に入れつつ研究を進めていく。
    実験については今年度は現有する高精度なレオメータに固体状態の試料を測定するためのオプションを設置する等して、高精度な測定が行なえるようにすることを予定している。合わせて、昨年度導入した赤外分光や誘電緩和測定装置の整備、サンプルの調整方法の改善等を試みる。