2022/08/19 更新

写真a

ドイ ユウヤ
土肥 侑也
DOI Yuya
所属
大学院工学研究科 物質科学専攻 ナノ解析物質設計学 助教
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 物理工学科
職名
助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2016年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 高分子物性

  2. レオロジー

研究分野 2

  1. ナノテク・材料 / 高分子材料  / 高分子物理、レオロジー、小角散乱

  2. ナノテク・材料 / ナノ材料科学  / ナノシート状高分子

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 新規固体高分子電解質の高分子ダイナミクスとイオン伝導性の相関解明

  2. 二次元シート状高分子の調製、分子特性評価と物性

経歴 5

  1. ユーリッヒ総合研究機構   ユーリッヒ中性子科学センター   博士研究員

    2019年7月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:ドイツ連邦共和国

  2. 名古屋大学   ベンチャービジネスラボラトリー   中核的研究期間研究員

    2018年4月 - 2019年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   大学院工学研究科   研究員

    2018年1月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. FORTH研究所   IESL   訪問研究員

    2017年7月 - 2017年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 京都大学   化学研究所   特定助教

    2016年4月 - 2017年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科   化学・生物工学専攻

    2011年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学部   化学・生物工学科

    2007年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 高分子学会

  2. 日本レオロジー学会

  3. 日本中性子科学会

委員歴 5

  1. 高分子学会東海支部(東海高分子研究会)   第183回東海高分子研究会講演会(夏期研究会) 幹事  

    2022年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 高分子学会東海支部(東海高分子研究会)   2021年度東海高分子研究会学生発表会 幹事  

    2021年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 高分子学会東海支部(東海高分子研究会)   第180回東海高分子研究会講演会 幹事  

    2021年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. The 14th International Workshop for East Asian Young Rheologists (IWEAYR-14)   Local Committee  

    2019年1月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. The XVIIth International Congress of Rheology (ICR-2016)   Local Committee  

    2016年8月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 2

  1. 第54回リバネス研究費東洋紡高分子科学賞

    2022年2月   株式会社リバネス/東洋紡株式会社  

    土肥侑也

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  2. 井上研究奨励賞

    2017年2月   井上科学振興財団   様々な一次構造を持つ環状高分子の調製とその粘弾性

    土肥侑也

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

 

論文 26

  1. Brownian simulations for tetra-gel-type phantom networks composed of prepolymers with bidisperse arm length 招待有り 査読有り 国際誌

    Masubuchi Yuichi, Yamazaki Ryohei, Doi Yuya, Uneyama Takashi, Sakumichi Naoyuki, Sakai Takamasa

    SOFT MATTER   18 巻 ( 25 ) 頁: 4715 - 4724   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Soft Matter  

    We studied the effect of arm length contrast of prepolymers on the mechanical properties of tetra-branched networks via Brownian dynamics simulations. We employed a bead-spring model without the excluded volume interactions, and we did not consider the solvent explicitly. Each examined 4-arm star branch prepolymer has uneven arm lengths to attain two-against-two (2a2) or one-against-three (1a3) configurations. The arm length contrast was varied from 38-2 to 20-20 for 2a2, and from 5-25 to 65-5 for 1a3, with the fixed total bead number of 81, including the single bead located at the branch point for prepolymers. We distributed 400 molecules in the simulation box with periodic boundary conditions, and the bead number density was fixed at 4. We created polymer networks by cross-end-coupling of equilibrated tetra-branched prepolymers. To mimic the experiments of tetra gels, we discriminated the molecules into two types and allowed the reaction only between different types of molecules at their end beads. The final conversion ratio was more than 99%, at which unreacted dangling ends are negligible. We found that the fraction of double linkage, in which two of the four arms connect a pair of branch points, increases from 3% to 15% by increasing the arm length contrast. We stretched the resultant tetra-type networks to obtain the ratio of mechanically effective strands. We found that the ratio is 96% for the monodisperse system, decreasing to 90% for high arm length contrast. We introduced bond scission according to the bond stretching to observe the network fracture under sufficiently slow elongation. The fracture behavior was not correlated with the fraction of double linkage because the scission occurs at single linkages.

    DOI: 10.1039/d2sm00488g

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Terminal relaxation behavior of entangled linear polymers blended with ring and dumbbell-shaped polymers in melts 招待有り 査読有り 国際誌

    Doi Yuya, Takano Atsushi, Takahashi Yoshiaki, Matsushita Yushu

    RHEOLOGICA ACTA     2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Rheologica Acta  

    We investigated the terminal relaxation behavior of entangled linear polystyrene L430 (with the entanglement number Z = M/Me ≃ 24, where M is the molecular weight and Me is the entanglement molecular weight) blended with ring R30 (MR ≃ 1.8 Me) and dumbbell-shaped D308030 (MR ≃ 1.8 Me and ML ≃ 4.7 Me) polymers. The L430/R30 blend exhibits a one-step relaxation unlike binary linear polymer blends with different molecular weights. The zero-shear viscosity η0 of the L430/R30 blend is slightly lower than that of the neat L430. These results suggest that spontaneous penetration of the linear chains into the rings occurs, but the rings do not act as entanglement cross-linkers. The L430/D308030 blend also exhibits a one-step relaxation, but its terminal relaxation is slower and broader than that for L430. This result is probably because two ring sections in D308030 are penetrated by the linear chains, and hence D308030 acts as a pseudo-entanglement point with longer characteristic time. Graphical abstract: [Figure not available: see fulltext.]

    DOI: 10.1007/s00397-022-01355-y

    Web of Science

    Scopus

  3. Structure and Rheology of Poly(vinylidene difluoride-co-hexafluoropropylene) in an Ionic Liquid: The Solvent Behaves as a Weak Cross-Linker through Ion-Dipole Interaction 査読有り 国際誌

    Aoki Kota, Sugawara-Narutaki Ayae, Doi Yuya, Takahashi Rintaro

    MACROMOLECULES   55 巻 ( 13 ) 頁: 5591- - 5600   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.2c00485

    Web of Science

  4. Effects of Slip-Spring Parameters and Rouse Bead Density on Polymer Dynamics in Multichain Slip-Spring Simulations 招待有り 査読有り 国際誌

    Masubuchi Yuichi, Doi Yuya, Uneyama Takashi

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B   126 巻 ( 15 ) 頁: 2930 - 2941   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physical Chemistry B  

    The multichain slip-spring (MCSS) model is one of the coarse-grained models of polymers developed in the niche between bead-spring models and tube type descriptions. In this model, polymers are represented by Rouse chains connected by virtual springs that temporally connect the chains, hop along the chain, and are constructed and annihilated at the chain ends. Earlier studies have shown that MCSS simulations can nicely reproduce entangled and unentangled polymer dynamics. However, the model parameters have been chosen arbitrarily, and their effects have not been reported. In this study, for the first time, we systematically investigated the effects of model parameters: fugacity of virtual springs, its intensity, and the Rouse bead density. We validated the employed simulation code by confirming that the statistics of the system follow the theoretical setup. Namely, the virtual spring density is correctly controlled, and polymer chains exhibit ideal chain statistics irrespective of the chosen parameter values. For diffusion and linear viscoelasticity, simulation results obtained for different parameters can be superposed with each other by conversion factors for the bead number per chain and units of length, time, and modulus. These conversion factors follow scaling laws concerning the number of Rouse segments between two consecutive anchoring points of virtual springs along the polymer chain. Besides, diffusion and viscoelasticity excellently agree with literature data for the standard bead-spring simulation. These results imply that the coarse-graining level for the MCSS model can be arbitrarily chosen and controlled by model parameters.

    DOI: 10.1021/acs.jpcb.2c00697

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. Rheological Properties of Ring Polymers and Their Derivatives 招待有り 査読有り 国際誌

    Doi Yuya

    NIHON REOROJI GAKKAISHI   50 巻 ( 1 ) 頁: 57 - 62   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nihon Reoroji Gakkaishi  

    DOI: 10.1678/rheology.50.57

  6. Nonlinear Shear and Elongational Rheology of Poly(propylene carbonate) 査読有り

    Yang Lixin, Uneyama Takashi, Masubuchi Yuichi, Doi Yuya

    NIHON REOROJI GAKKAISHI   50 巻 ( 1 ) 頁: 127 - 135   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Nonlinear shear and elongational rheology of entangled poly(propylene carbonate) (PPC) melts having different molecular weights with relatively narrow molecular weight distribution are examined. In shear measurements, the PPCs exhibit a typical shear thinning behavior with stress overshoot at high shear rates. In the shear rate dependence of the steady-state viscosity, the PPCs do not violate the empirical Cox-Merz rule, which is known to be valid for many other entangled polymer melts. In uniaxial elongational measurements, the viscosity growth functions of the PPCs show a weak deviation from the linear viscoelastic (LVE) envelope to the higher side at the high Weissenberg number Wid (=ετd, where ε is the elongation rate and τd is the characteristic disengagement time). The steady-state viscosity of the PPCs shows an elongational thinning as a function of ε −0.5 within an error. These results are similar to some other polymer melts such as polystyrene (PS). In addition, the normalized elongational viscosity growth functions of PPC and PS with a similar entanglement number Z, are compared. The PPC exhibits a similar viscosity growth curve to the PS at the same Wid. This result suggests that the degree of the monomeric friction reduction originated from the stretch/orientation of PPC under fast elongational flow might occur at the same level as PS.

    DOI: 10.1678/rheology.50.127

  7. Analysis of Elongational Viscosity of Entangled Poly (Propylene Carbonate) Melts by Primitive Chain Network Simulations 査読有り 国際誌

    Masubuchi Yuichi, Yang Lixin, Uneyama Takashi, Doi Yuya

    Polymers   14 巻 ( 4 ) 頁: 741 - 741   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Multidisciplinary Digital Publishing Institute (MDPI)  

    It has been established that the elongational rheology of polymers depends on their chemistry. However, the analysis of experimental data has been reported for only a few polymers. In this study, we analyzed the elongational viscosity of poly (propylene carbonate) (PPC) melts in terms of monomeric friction via primitive chain network simulations. By incorporating a small polydispersity of materials, the linear viscoelastic response was semi-quantitatively reproduced. Owing to this agreement, we determined units of time and modulus to carry out elongational simulations. The simulation with constant monomeric friction overestimated elongational viscosity, whereas it nicely captured the experimental data if friction decreased with increasing segment orientation. To see the effect of chemistry, we also conducted the simulation for a polystyrene (PS) melt, which has a similar entanglement number per chain and a polydispersity index. The results imply that PPC and PS behave similarly in terms of the reduction of friction under fast deformations.

    DOI: 10.3390/polym14040741

  8. Radial Distribution Functions of Entanglements in Primitive Chain Network Simulations 査読有り 国際誌

    Masubuchi Yuichi, Kida Takumitsu, Doi Yuya, Uneyama Takashi

    NIHON REOROJI GAKKAISHI   49 巻 ( 5 ) 頁: 337 - 345   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Society of Rheology, Japan  

    <p>Although the entanglement network among polymers has been widely investigated, the spatial distribution of entanglement nodes has been rarely discussed. In this study, we obtained the radial distribution functions (RDFs) for the entanglement nodes from the snapshots of multi-chain slip-link simulations. The model employed in this study is the primitive chain network (PCN) model, which has been validated to reproduce the entangled polymer dynamics semi-quantitatively. The statistics of captured entanglement networks were compared to those reported for the primitive path network extracted by the CReTA procedure from the full-atomistic molecular model of a polyethylene melt. In the range of distance longer than the average strand length, the network structure from PCN does not show any structural correlation, and the intra-chain correlation is close to that for Gaussian chains with non-interacting slip-links. These features are consistent with the CReTA network and the conventional assumptions made for single-chain models. Meanwhile, in the short-range, the structural correlation in PCN is much weaker than that in CReTA. This discrepancy is because the short-range structure in PCN is realized as a result of imposed fluctuations, whereas it is determined by the minimization of the primitive path in CReTA.</p>

    DOI: 10.1678/rheology.49.337

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/rheology/49/5/49_337/_pdf/-char/ja

  9. Linear Rheological Properties of Poly(Propylene Carbonate) with Different Molecular Weights 査読有り 国際誌

    Yang Lixin, Uneyama Takashi, Masubuchi Yuichi, Doi Yuya

    NIHON REOROJI GAKKAISHI   49 巻 ( 4 ) 頁: 267 - 274   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Society of Rheology, Japan  

    DOI: 10.1678/rheology.49.267

  10. Rheological properties of linear and short-chain branched polyethylene with nearly monodispersed molecular weight distribution 査読有り

    Rheologica Acta   60 巻 ( 9 ) 頁: 511 - 519   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Rheologica Acta  

    We synthesized model polyethylene (PE) samples with nearly monodispersed molecular weight distribution and different fractions of short-chain branches to investigate the influences of the branch structure on the rheological properties. The activation energy of the flow process showed linear relations with the weight fractions of comonomer and the short-chain branch. These results suggest that the friction of the chain motion is dominated by the amount of the short-chain branch. The zero-shear viscosity showed a power law to Mw with an exponent of about 3.3 for all linear and branched PEs. The branched PEs showed large entanglement molecular weights compared with the linear PEs because the introduction of the short-chain branches results in the increase of the average molecular weight per backbone unit. Moreover, the introduction of the short-chain branches has no influence on the strain-hardening under an extensional elongation process, indicating that the short-chain branches only affect the friction.

    DOI: 10.1007/s00397-021-01286-0

    DOI: 10.1007/s00397-021-01286-0

    Scopus

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s00397-021-01286-0

  11. Preparation and distorted cylindrical morphology of block copolymers consisting of flexible and semiflexible blocks 査読有り

    POLYMER JOURNAL   53 巻 ( 12 ) 頁: 1361 - 1369   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Polymer Journal  

    Diblock copolymers consisting of flexible polystyrene and semiflexible poly(n-hexyl isocyanate), P(S-b-HIC)s, were prepared by anionic polymerization, followed by size-exclusion chromatography (SEC) fractionation. Two P(S-b-HIC) samples having PHIC volume fractions (ΦPHIC) of 0.18 and 0.31, sufficiently high molecular weights (Mn,PS and Mn,PHIC are both larger than 10 kg/mol), and narrow molecular weight distributions (Mw/Mn < 1.05) were obtained. The microphase-separated structures of the two P(S-b-HIC) samples were investigated by transmission electron microscopy (TEM) and small- and wide-angle X-ray scattering (SAXS and WAXS). TEM and SAXS show that both the P(S-b-HIC) samples exhibit hexagonally packed cylindrical structures but different cross-sectional shapes; namely, P(S-b-HIC)-0.18 has a round-shaped cross-section while P(S-b-HIC)-0.31 has a distorted cross-section. From the WAXS measurements, P(S-b-HIC)-0.31 exhibits a sharp peak at q* = 3.9 nm−1, which is different from that of a nematic PHIC homopolymer that has a peak at q* = 4.6 nm−1. These results indicate that the PHIC blocks in P(S-b-HIC)-0.31 align obliquely to the interface in the columnar domain.

    DOI: 10.1038/s41428-021-00530-x

    Web of Science

    Scopus

  12. Viscoelastic Properties of Dumbbell-Shaped Polystyrenes in Bulk and Solution 査読有り

    Macromolecules   54 巻 ( 3 ) 頁: 1366 - 1374   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Macromolecules  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.0c02050

    Scopus

  13. Entanglement Molecular Weight 査読有り

    Masubuchi Yuichi, Doi Yuya, Uneyama Takashi

    NIHON REOROJI GAKKAISHI   48 巻 ( 4 ) 頁: 177 - 183   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1678/rheology.48.177

  14. Melt Rheology of Tadpole-Shaped Polystyrenes with Different Ring Sizes 査読有り

    Yuya Doi, Atsushi Takano, Yoshiaki Takahashi, Yushu Matsushita

    Soft Matter   16 巻 ( 37 ) 頁: 8720 - 8724   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>In this study, linear melt rheology of a single-tail tadpole-shaped polystyrene, ST-30/80, having ring and linear sizes of MR ~ 30 kg/mol and ML ~ 80 kg/mol, respectively was examined,...</p>

    DOI: 10.1039/d0sm01098g

    Scopus

  15. Primitive chain network simulations for the interrupted shear response of entangled polymeric liquids. 査読有り

    Masubuchi Y, Doi Y, Uneyama T

    Soft matter   16 巻 ( 28 ) 頁: 6654-6661   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0sm00654h

    PubMed

  16. Preparation, characterization, and dilute solution properties of four-branched cage-shaped poly(ethylene oxide) 査読有り

    Noda Takashi, Doi Yuya, Ohta Yutaka, Takata Shin-ichi, Takano Atsushi, Matsushita Yushu

    JOURNAL OF POLYMER SCIENCE   58 巻 ( 15 ) 頁: 2098 - 2107   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/pol.20200286

    Web of Science

  17. Conformations of Ring Polystyrenes in Semidilute Solutions and in Linear Polymer Matrices Studied by SANS 査読有り 国際共著

    Iwamoto Takuro, Doi Yuya, Kinoshita Keita, Takano Atsushi, Takahashi Yoshiaki, Kim Eunhye, Kim Tae-Hwan, Takata Shin-ichi, Nagao Michihiro, Matsushita Yushu

    MACROMOLECULES   51 巻 ( 17 ) 頁: 6836 - 6847   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.8b00934

    Web of Science

    Scopus

  18. SANS Study of Ring Topology Effects on the Miscibility of Polymer Blends 査読有り 国際共著

    Kobayashi Yuki, Doi Yuya, Rahman Siti Sarah Abdul, Kim Eunhye, Kim Tae-Hwan, Takano Atsushi, Matsushita Yushu

    MACROMOLECULES   51 巻 ( 5 ) 頁: 1885 - 1893   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.7b02359

    Web of Science

    Scopus

  19. Conformations of Ring Polystyrenes in Bulk Studied by SANS 査読有り 国際共著

    Iwamoto Takuro, Doi Yuya, Kinoshita Keita, Ohta Yutaka, Takano Atsushi, Takahashi Yoshiaki, Nagao Michihiro, Matsushita Yushu

    MACROMOLECULES   51 巻 ( 4 ) 頁: 1539-1548   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.7b02358

    Web of Science

    Scopus

  20. Re-examination of terminal relaxation behavior of high-molecular-weight ring polystyrene melts 査読有り

    Doi Yuya, Matsumoto Atsushi, Inoue Tadashi, Iwamoto Takuro, Takano Atsushi, Matsushita Yushu, Takahashi Yoshiaki, Watanabe Hiroshi

    RHEOLOGICA ACTA   56 巻 ( 6 ) 頁: 567 - 581   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00397-017-1014-3

    DOI: 10.1007/s00397-017-1014-3

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s00397-017-1014-3

  21. 環状高分子ならびにその同族体の物性 査読有り

    土肥侑也、高野敦志、高橋良彰、松下裕秀

    高分子   66 巻 ( 5 ) 頁: 229 - 232   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    その他リンク: https://main.spsj.or.jp/c5/kobunshi/kobu2017/1705.html#229

  22. Synthesis and characterization of dumbbell-shaped polystyrene 査読有り

    YuyaDoi, AtsushiTakano, YushuMatsushita

    Polymer   106 巻   頁: 8 - 1374   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.polymer.2016.10.037

  23. Synthesis and characterization of comb-shaped ring polystyrenes 査読有り

    Yuya Doi, Yutaro Iwasa, Kazuki Watanabe, Masahide Nakamura, Atsushi Takano, Yoshiaki Takahashi Yushu Matsushita

    Macromolecules   49 巻 ( 8 ) 頁: 3109 - 3115   2016年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.6b00208

  24. Melt rheology of tadpole-shaped polystyrenes 査読有り

    Yuya Doi, Atsushi Takano, Yoshiaki Takahashi, Yushu Matsushita

    Macromolecules   48 巻 ( 23 ) 頁: 8667 - 8674   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.5b01913

  25. Melt rheology of ring polystyrenes with ultrahigh purity 査読有り

    Yuya Doi, Kazuki Matsubara, Yutaka Ohta, Tomohiro Nakano, Daisuke Kawaguchi, Yoshiaki Takahashi, Atsushi Takano, Yushu Matsushita

    Macromolecules   48 巻 ( 9 ) 頁: 3140 - 3147   2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.5b00076

  26. Precise synthesis and characterization of tadpole-shaped polystyrenes with high purity 査読有り

    Yuya Doi, Yutaka Ohta, Masahide Nakamura, Atsushi Takano, Yoshiaki Takahashi, Yushu Matsushita

    Macromolecules   46 巻 ( 3 ) 頁: 1075 - 1081   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ma302511j

▼全件表示

MISC 3

  1. 中性子ユーザーの1人として 招待有り

    土肥侑也  

    波紋32 巻 ( 1 ) 頁: 40 - 40   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本中性子科学会  

  2. 研究室紹介 名古屋大学 工学研究科 レオロジー物理工学研究室

    増渕 雄一, 土肥 侑也, 木田 拓充, 畝山 多加志  

    日本レオロジー学会誌49 巻 ( 17 ) 頁: 49 - 51   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1678/rheology.49.49

  3. Conference Report for the 14th International Workshop for East Asian Young Rheologists (IWEAYR-14) in Nagoya

    Yuya Doi, Takashi Uneyama, Mikihiro Hayashi, Shogo Nobukawa, Yuichi Masubuchi  

    Nihon Reoroji Gakkaishi47 巻 ( 3 ) 頁: 123 - 125   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:会議報告等  

    DOI: 10.1678/rheology.47.123

講演・口頭発表等 67

  1. 異なる繊維長分布をもつ炭素繊維強化ポリプロピレンの定常伸長粘度

    安井翔一, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一, 伊藤景子, 寺田真利子, 山中淳彦

    プラスチック成形加工学会第33回年次大会  2022年6月16日  プラスチック成形加工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:タワーホール船堀   国名:日本国  

  2. Effect of Bentonite on Gelation of Acrylamide

    Yuya Doi, Haruka Kizu, Takumitsu Kida, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    第71回高分子学会年次大会  2022年5月27日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. PEO系高分子電解質のイオン伝導度と構造緩和時間の関係がスクシノニトリルの添加から受ける影響

    白石達也,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第71回高分子学会年次大会  2022年5月26日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. 環状くし型高分子の線形粘弾性解析

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,高野敦志,高橋良彰,松下裕秀

    日本レオロジー学会第49年会  2022年5月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  5. 絡み合い高分子系の線形粘弾性の揺らぐ拡散係数に基づく粗視化モデル

    北村仁哉, 土肥侑也, 増渕雄一, 畝山多加志

    日本レオロジー学会第49年会  2022年5月12日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  6. 回転自由度を導入したMPS法による溶液中の孤立繊維の回転運動の計算

    山脇悠矢, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第49年会  2022年5月12日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. 板状ナノクレイ/PEO/水分散液における粘度の温度依存性

    山脇悠矢, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第49年会  2022年5月12日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  8. 分子量の違う対称ABA型トリブロック共重合体で構成されるブレンド物のラメラ構造のSCF計算

    山脇悠矢, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第49年会  2022年5月12日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. ダンベル状分子のソーレ係数における粒子間ポテンシャルの引力の有無の効果

    山脇悠矢, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第49年会  2022年5月12日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  10. カルボニル鉄/シリカ粒子混合MR流体の動的粘弾性測定

    山脇悠矢, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第49年会  2022年5月12日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  11. 2成分気体中の軽い粒子の長時間に及ぶ非ガウス的拡散挙動

    仲井文明, 増渕雄一, 土肥侑也, 畝山多加志

    日本レオロジー学会第49年会  2022年5月12日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  12. ポリスチレンガラスの粘弾性の副緩和におけるエージング温度および時間の効果

    市川千陽, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第49年会  2022年5月12日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  13. 中性子散乱測定による新規固体高分子電解質の構造とダイナミクスの評価

    土肥侑也

    東大物性研短期研究会2022:中性子散乱研究会 -海外実験支援プログラムの成果報告と、再稼働したJRR-3の現在地-  2022年4月19日  東京大学物性研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  14. リキッドフォームのせん断下における降伏様挙動

    河井俊也, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会中部支部第15回修士論文発表会  2022年3月4日  日本レオロジー学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  15. 会合粒子のBrown運動からの会合状態の解析

    福永紘平, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会中部支部第15回修士論文発表会  2022年3月4日  日本レオロジー学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  16. 溶融した低密度ポリエチレン発泡体の線形粘弾性の長時間緩和

    榎本裕太, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会中部支部第15回修士論文発表会  2022年3月4日  日本レオロジー学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  17. Dynamics of dumbbell model with fluctuating diffusivity 国際会議

    Jinya Kitamura, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2021 (Pacifichem 2021)  2021年12月18日  The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:online   国名:アメリカ合衆国  

  18. Numerical analysis of dynamic behavior of fiber orientation in bounded shear flow using the moving particle simulation 国際会議

    Keigo Enomoto, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2021 (Pacifichem 2021)  2021年12月18日  The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:online   国名:アメリカ合衆国  

  19. Inter-particle potential dependence of mass and heat cross-transport coefficients in two-component fluids 国際会議

    Tatsuma Oishi, Yuya Doi, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2021 (Pacifichem 2021)  2021年12月18日  The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:online   国名:アメリカ合衆国  

  20. Single collision statistics of tracer particle in dilute hard sphere gas 国際会議

    Fumiaki Nakai, Takashi Uneyama, Yuya Doi and Yuichi Masubuchi

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2021 (Pacifichem 2021)  2021年12月18日  The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online   国名:アメリカ合衆国  

  21. シリカ粒子を混合した MR 流体の粘度の混合比依存性

    山脇悠矢, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    2021年度東海高分子研究会学生発表会  2021年12月3日  高分子学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  22. ポリスチレンガラスの粘弾性の副緩和におけるエージング時の温度の効果

    市川千陽, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    2021年度東海高分子研究会学生発表会  2021年12月3日  高分子学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  23. 気液界面上に種々の添加量で生成したSPAN65膜の界面レオロジー

    神谷恭汰, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    2021年度東海高分子研究会学生発表会  2021年12月3日  高分子学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  24. 自発運動する油滴の速度相関の油滴サイズ依存性

    鈴木海渡, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    2021年度東海高分子研究会学生発表会  2021年12月3日  高分子学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  25. 2成分流体の熱流束のミクロな定義

    大石達真, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第35回分子シミュレーション討論会  2021年11月29日  分子シミュレーション学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月 - 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山大学   国名:日本国  

  26. ビーズ上を移動する揺らぐ拡散係数を導入したRouseモデルのシミュレーション

    北村仁哉, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第69回レオロジー討論会  2021年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  27. SDSリキッドフォームの降伏的挙動

    河井俊也, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第69回レオロジー討論会  2021年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  28. 溶融したLDPE発泡体の気泡形状の緩和よりも遅い緩和モード

    榎本裕太, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第69回レオロジー討論会  2021年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  29. 回転自由度を導入した MPS 法による繊維懸濁液の流動シミュレーション

    榎本圭吾, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第69回レオロジー討論会  2021年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  30. 板状ナノクレイ/PEO/水分散液で起こるシアシックニングのPEO分子量依存性

    磯田龍矢, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第69回レオロジー討論会  2021年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  31. 異なる繊維長分布をもつ炭素繊維強化ポリプロピレンの粘度

    安井翔一, 伊藤景子, 寺田真利子, 山中淳彦, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第69回レオロジー討論会  2021年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  32. 中性子スピンエコー法によるポリエチレンカーボネート系固体高分子電解質中の高分子ダイナミクスとイオン伝導の相関評価 国際共著

    土肥侑也,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Czakkel Orsolya,Ohl Michael

    第69回レオロジー討論会  2021年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  33. PEO系ポリマー電解質に導入したスクシノニトリルの配位状態の評価

    白石達也, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第69回レオロジー討論会  2021年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  34. 会合するBrown粒子の拡散の揺らぎの解析

    福永紘平, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第14回西日本支部学生ワークショップ  2021年10月20日  日本レオロジー学会西日本支部&関西レオロジー研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  35. 熱と質量の交差輸送係数を計算する際の熱流束の定義

    大石達真, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本物理学会2021年秋季大会  2021年9月23日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  36. 二次元平面内で重心が直線上に拘束された無限に細い剛体棒の熱力学ポテンシャル

    仲井文明, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本物理学会2021年秋季大会  2021年9月21日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  37. 二次元シート状高分子の調製とキャラクタリゼーション

    土肥侑也,原光生,関隆広,畝山多加志,増渕雄一

    第70回高分子討論会  2021年9月7日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  38. 高分子基礎物性の観点から見た新規固体高分子電解質 招待有り

    土肥侑也

    第70回高分子学会年次大会  2021年5月26日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  39. 溶融したLDPE発泡体の線形粘弾性のクリープ測定

    榎本裕太, 木田拓充, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第48年会  2021年5月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  40. Nonlinear shear and elongational rheology of poly(propylene carbonate)

    2021年5月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. 環状ジブロック共重合体の相挙動

    土肥侑也,坂部直人,畝山多加志,増渕雄一,高野敦志,高橋良彰,松下裕秀

    日本レオロジー学会第48年会  2021年5月14日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  42. 高分子準希薄溶液中のトレーサー粒子の拡散における非ガウス性のシミュレーションを用いた解析

    福永紘平, 木田拓充, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第48年会  2021年5月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  43. スクシノニトリルを添加したPEO系高分子電解質の誘電緩和測定による運動性評価

    白石達也, 木田拓充, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第48年会  2021年5月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  44. 数密度の異なる繊維懸濁液の剪断による配向変化のMPSシミュレーション

    榎本圭吾, 木田拓充, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第48年会  2021年5月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  45. 2状態間で揺らぐ拡散係数を導入したダンベルモデルにおける重心拡散挙動の理論解析

    北村仁哉, 木田拓充, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第48年会  2021年5月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  46. 繊維強化プラスチックの繊維長分布がメルト状態の伸長粘度に与える影響

    安井翔一, 木田拓充, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第48年会  2021年5月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  47. 治具の表面粗さがシェービングフォームのせん断応力成長に与える影響

    河井俊也, 木田拓充, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    日本レオロジー学会第48年会  2021年5月13日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  48. WCA混合液体における質量流束と熱流束の交差輸送係数のポテンシャルパラメータ依存性

    大石達真,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    日本物理学会第76回年次大会  2021年3月13日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  49. Uniaxial elongational flow of different poly(alkylene carbonate) 国際会議

    Ynag Lixin, Yuya Doi, Takashi Uneyama, Yuichi Masubuchi

    The 21st International Union of Materials Research Societies - International Conference in Asia (IUMRS-ICA 2020)  2021年2月25日  International Union of Materials Research Societies

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chiang Mai (Online)   国名:タイ王国  

  50. Phase behavior of ring diblock copolymer evaluated by rheology and SAXS 国際会議

    Yuya Doi, Naoto Sakabe, Takashi Uneyama, Yuichi Masubuchi, Yoshiaki Takahashi, Atsushi Takano and Yushu Matsushita

    International Congress on Rheology 2020  2020年12月15日  International Committee on Rheology

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Rio de Janeiro (on-line)   国名:ブラジル連邦共和国  

  51. Ion conduction mechanism of poly(ethylene carbonate/ethylene oxide) copolymer-based electrolytes 国際共著 国際会議

    Yuya Doi, Takashi Uneyama, Yuichi Masubuchi, Juergen Allgaier, Stephan Foerster and Michael Ohl

    International Congress on Rheology 2020  2020年12月17日  International Committee on Rheology

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Rio de Janeiro (on-line)   国名:ブラジル連邦共和国  

  52. ポリエチレンカーボネート系固体高分子電解質の高分子ダイナミクス 国際共著

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael

    MRMフォーラム2020  2020年12月8日  日本MRS

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  53. 中性子スピンエコーによるポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共重合体電解質の高分子ダイナミクスの評価 国際共著

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael,Czakkel Orsolya

    日本中性子科学会第20回年会  2020年11月9日  日本中性子科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  54. ポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共重合体電解質の高分子ダイナミクスとイオン伝導性 国際共著

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael

    2020年度高分子基礎物性研究会・高分子計算機科学研究会・高分子ナノテクノロジー研究会合同討論会  2020年11月5日  高分子学会高分子基礎物性研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  55. 任意次元における理想気体中の粒子の衝突による速度変化

    仲井文明,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第13回西日本支部学生ワークショップ  2020年10月23日  日本レオロジー学会西日本支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  56. Nonlinear elongational rheology of poly(propylene carbonate)

    楊麗欣,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第13回西日本支部学生ワークショップ  2020年10月23日  日本レオロジー学会西日本支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  57. 溶融した低密度ポリエチレン発泡体のスタートアップせん断測定

    榎本裕太, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一

    第68回レオロジー討論会  2020年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  58. 相関長の異なる高分子液体のシミュレーションによる 一般化アインシュタインストークス関係の評価

    福永紘平,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第68回レオロジー討論会  2020年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  59. ポリアクリルアミドゲル化過程へのモンモリロナイト混合の影響

    木津悠,増渕雄一, 畝山多加志,土肥侑也

    第68回レオロジー討論会  2020年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  60. 断続せん断測定におけるシェービングフォームの降伏時の応力オーバーシュートのせん断速度依存性

    河井俊也,土肥侑也, 畝山多加志,増渕雄一

    第68回レオロジー討論会  2020年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  61. 任意次元における理想気体中の粒子の衝突による速度変化

    仲井文明,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第68回レオロジー討論会  2020年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  62. 過渡結合MDPD法への固体壁の導入

    広井紀彦,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第68回レオロジー討論会  2020年10月21日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  63. ポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共重合体電解質の高分子ダイナミクスの評価 国際共著

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael

    第68回レオロジー討論会  2020年10月22日  日本レオロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  64. Stress relaxation after uniaxial elongation of PPC melts

    楊麗欣,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一

    第69回高分子討論会  2020年9月16日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  65. 中性子散乱によるポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共重合体電解質のイオン伝導性と高分子ダイナミクスの評価 国際共著

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael,Czakkel Orsolya

    第69回高分子討論会  2020年9月17日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  66. 誘電緩和と粘弾性によるポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共重合体電解質のイオン伝導性と高分子ダイナミクスの評価 国際共著

    土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael

    第69回高分子討論会  2020年9月17日  高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  67. Ion-conduction of poly(ethylene carbonate/ethylene oxide) copolymer-based electrolytes 国際共著

    Yuya Doi, Juergen Allgaier, Stephan Foerster and Michael Ohl

    2020年5月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 8

  1. 単分散二次元シート状高分子の調製とキャラクタリゼーション

    2022年2月 - 2023年3月

    第54回リバネス研究費東洋紡高分子科学賞 

    土肥侑也

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

  2. 2種の高速液体クロマトグラフ法による二次元シート状高分子の単離精製

    2022年1月 - 2023年3月

    島津科学技術振興財団  2021年度研究開発助成  領域全般

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  3. 新規“Polymer in Salt”型固体高分子電解質のイオン伝導機構解明

    2022年1月 - 2023年3月

    ENEOS東燃ゼネラル研究奨励・奨学会  第41回(2021年度)研究助成 

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  4. サイズ/形状が均一な二次元シート状高分子の調製

    研究課題番号:0331116-A  2021年7月 - 2021年6月

    2021年度研究助成 

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1200000円 ( 直接経費:1152000円 、 間接経費:48000円 )

  5. 新規固体高分子電解質の調製とそのイオン伝導機構解明

    2021年4月 - 2022年3月

    矢崎科学技術振興記念財団  2020年度奨励研究助成  エネルギー

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  6. 新規固体高分子電解質の調製とそのイオン伝導機構の分子論的解明

    2021年1月 - 2021年12月

    小笠原敏晶記念財団  2020年度一般研究助成 

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:その他

    配分額:2000000円

  7. 無し

    2017年7月 - 2017年9月

    京都大学  研究連携基盤次世代研究者支援(派遣旅費支援) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  8. 環状/線状高分子ブレンドにおける貫入挙動の 解明

    2016年4月 - 2016年9月

    若手研究者スタートアップ研究費 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円

▼全件表示

科研費 4

  1. からみあい高分子系の汎用高速計算法

    研究課題/研究課題番号:22H01189  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    増渕 雄一, 畝山 多加志, 土肥 侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本研究「からみあい高分子系の汎用高速計算法」は多様なからみあい高分子系の動力学を高効率に予測解析するための手法開発を目的とする.高分子材料の高機能/高性能化と有効利用には,成形加工下の流動変形と熱運動による分子形態変化で生じる非平衡状態の予測が必要である.既存の手法は,分子動力学法のように計算コストが高い,または計算対象が極めて限定されているかである.本研究では,申請者らが独自に開発した多体スリップスプリング(MCSS)モデルに基づく,新規の計算法を提案する.従来法では対応が困難なブレンド/共重合/長鎖分岐系を計算できるようにする.

  2. 環状高分子の流動下における非平衡構造とダイナミクス

    研究課題/研究課題番号:21K14682  2021年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究

    土肥 侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    環状高分子は、分子内に末端を持たないモデル高分子であり、その構造と物性は興味深い。申請者はこれまでに高純度環状高分子試料を調製し、その平衡状態の構造とダイナミクスを中性子散乱・粘弾性の各種測定法と分子モデルに基づく理論解析から解明してきた。本研究では、申請者がこれまでに修得した環状高分子の試料調製法と物性測定法、さらに解析法を発展させ、流動下における環状高分子の力学応答とそれに伴う非平衡構造・ダイナミクスを流動-小角中性子散乱(Rheo-SANS)測定により評価・解明することを目指す。

  3. ガラス転移温度以下の温度における高分子ガラスの緩和挙動

    研究課題/研究課題番号:19H01861  2019年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    畝山 多加志, 土肥 侑也, 増渕 雄一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    ポリスチレンのような非晶性高分子は高温では流動性を示すが、冷却固化されると流動性を持たない状態(ガラス状態)になる。本研究では、このようなガラス状態中における高分子のダイナミクスをさまざまな手法を組み合わせて調べ、ガラス状態で高分子がどのように運動しているのか、どのように記述すればよいのかを明らかとする。実験的に粘弾性測定、誘電緩和測定、赤外分光測定等の複数の異なる手法を組み合わせることで分子レベルのダイナミクスを調べる。また、得られた実験結果を分子シミュレーションや理論モデル等と比較することでダイナミクスを詳細に調べる。
    高分子ガラスを記述するための理論解析および分子シミュレーションを進め、基礎的な理論を発展させた。また、理論の検証や実験との比較に用いることのできる多数のデータを得た。まず、理論として、これまで開発してきた過渡ポテンシャルの理論をより発展させ、ミクロスケールの運動方程式 (正準方程式) からメソスケールの過渡ポテンシャルを含む粗視化運動方程式を系統的に導出する手法を確立した。さらに、高分子系の運動やレオロジーを記述する理論として、からみあった高分子の溶融状態において発現する平坦部弾性率の解析等、ガラス系そのものではないが関連分野の理論を構築した。
    シミュレーションとしては高温の通常液体状態から過冷却状態まで、幅広い温度において長時間スケールに渡り粗視化分子動力学シミュレーションを行い、系統的なデータを得た。粗視化モデルや実験データとの比較のため、重心の拡散挙動 (平均二乗変位) と緩和弾性率を求めた。重心の拡散挙動は低分子ガラスのものと類似しており、既存の過渡ポテンシャルモデルによる予測と近い挙動となった。また、緩和弾性率についてはガラスに典型的とされる引き伸ばされた指数関数型緩和が見られており、しかも温度に依存して挙動が変わる様子を再現できた。
    2020年度はコロナウイルス対応のため研究室における各種活動が制限され、モデル系の測定は当初予定よりも限定された。移設・設定したレオメータを用いてポリスチレンのガラス状態を含む幅広い温度領域のレオロジーデータを測定したほか、温度可変環境下で強度の高い信号を得るための測定系の再設計を行い、測定環境を構築した。
    理論およびシミュレーションについては当初の想定以上に順調に進行していると言えるものの、実験系についてはコロナウイルス対応の制約等で十分には進展できていない。しかしながら、装置の移設や改良等は行えたため、来年度以降のデータ取得と理論やシミュレーションとの比較は可能であると期待される。
    理論・シミュレーションについては今後もさらに発展させていく。過渡ポテンシャルの理論についてはミクロスケールダイナミクスからの導出まで行えたため、基礎的には一通り決着した。今後は得られた理論的枠組みのもとで実際の実験系との比較が可能なモデルの構築を試みたり、より高度な粗視化理論につなげることを考える。また、シミュレーションデータは幅広い温度と時間スケールに渡る系統的なデータが得られたので、より幅広い条件で計算を継続する。例えば分子量を変えたり、別のモデルを用いた計算等を行う。実験系はレオロジー、誘電緩和、赤外分光について、同一のサンプルを用いて多面的・系統的に高品質なデータの取得を目指して引き続き測定を行う。

  4. 環状トポロジカル高分子の精密合成と粘弾性

    研究課題/研究課題番号:14J03393  2014年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  特別研究員奨励費  高分子・繊維材料

    土肥侑也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1700000円 ( 直接経費:1700000円 )

 

担当経験のある科目 (本学) 5

  1. 応用物理学演習3b

    2021

  2. 物理工学演習4b

    2021

  3. 応用物理学演習5b

    2021

  4. 物理工学演習4b

    2020

  5. 応用物理学演習3b

    2020