2022/03/31 更新

写真a

ウエダ カズト
上田 一仁
UEDA Kazuto
所属
医学部附属病院 総合周産期母子医療センター 新生児部門 病院助教
職名
病院助教

学位 1

  1. M.D.

 

論文 7

  1. Intravenously delivered multilineage-differentiating stress enduring cells dampen excessive glutamate metabolism and microglial activation in experimental perinatal hypoxic ischemic encephalopathy.

    Suzuki T, Sato Y, Kushida Y, Tsuji M, Wakao S, Ueda K, Imai K, Iitani Y, Shimizu S, Hida H, Temma T, Saito S, Iida H, Mizuno M, Takahashi Y, Dezawa M, Borlongan CV, Hayakawa M

    Journal of cerebral blood flow and metabolism : official journal of the International Society of Cerebral Blood Flow and Metabolism     頁: 271678X20972656   2020年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Cerebral Blood Flow and Metabolism  

    DOI: 10.1177/0271678X20972656

    Scopus

    PubMed

  2. Establishment of a Novel Fetal Growth Restriction Model and Development of a Stem-Cell Therapy Using Umbilical Cord-Derived Mesenchymal Stromal Cells

    Kitase Yuma, Sato Yoshiaki, Arai Sakiko, Onoda Atsuto, Ueda Kazuto, Go Shoji, Mimatsu Haruka, Jabary Mahboba, Suzuki Toshihiko, Ito Miharu, Saito Akiko, Hirakawa Akihiro, Mukai Takeo, Nagamura-Inoue Tokiko, Takahashi Yoshiyuki, Tsuji Masahiro, Hayakawa Masahiro

    FRONTIERS IN CELLULAR NEUROSCIENCE   14 巻   頁: 212   2020年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Frontiers in Cellular Neuroscience  

    DOI: 10.3389/fncel.2020.00212

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Mesenchymal stem/stromal cells stably transduced with an inhibitor of CC chemokine ligand 2 ameliorate bronchopulmonary dysplasia and pulmonary hypertension

    Suzuki Toshihiko, Sato Yoshiaki, Yamamoto Hidenori, Kato Taichi, Kitase Yuma, Ueda Kazuto, Mimatsu Haruka, Sugiyama Yuichiro, Onoda Atsuto, Saito Shigeki, Takahashi Yoshiyuki, Nakayama Takayuki, Hayakawa Masahiro

    CYTOTHERAPY   22 巻 ( 4 ) 頁: 180 - 192   2020年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cytotherapy  

    DOI: 10.1016/j.jcyt.2020.01.009

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. A Novel Treatment with Stem Cells from Human Exfoliated Deciduous Teeth for Hypoxic-Ischemic Encephalopathy in Neonatal Rats

    Kitase Yuma, Sato Yoshiaki, Ueda Kazuto, Suzuki Toshihiko, Mikrogeorgiou Alkisti, Sugiyama Yuichiro, Matsubara Kohki, Okabe Yuka Tsukagoshi, Shimizu Shinobu, Hirata Hitoshi, Yukawa Hiroshi, Baba Yoshinobu, Tsuji Masahiro, Takahashi Yoshiyuki, Yamamoto Akihito, Hayakawa Masahiro

    STEM CELLS AND DEVELOPMENT   29 巻 ( 2 ) 頁: 63 - 74   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Stem Cells and Development  

    DOI: 10.1089/scd.2019.0221

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. 胎児への血流不全モデルラット作製法の確立:生殖発生毒性の横断的理解に向けて

    小野田 淳人, 北瀬 悠磨, 辻 雅弘, 上田 一仁, 早川 昌弘, 佐藤 義朗

    日本毒性学会学術年会   47.1 巻 ( 0 ) 頁: P-178   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本毒性学会  

    <p>【目的】重金属類やダイオキシン類に加え、残留性有機汚染物質やPM2.5を含む大気汚染物質など、生殖発生毒性を有する環境汚染物質は多数存在する。これらの物質の多くは、共通して胎児への血流不全を引き起こし、脳発達異常のリスク因子であることが報告されている。そこで本研究では、生殖発生毒性の横断的な理解を進めるべく、胎児への血流を抑制可能な新規動物モデルの確立を目的として行った。</p><p>【方法】吸水により膨張する血管狭窄器具(内径0.40または0.45 mm)を妊娠17日のSDラットの子宮動脈、卵巣動脈に装着した。その後、子宮内血流量の経時的変化、仔の体重推移、行動変化、組織学的変化を評価した。</p><p>【結果】子宮内血流量は、器具装着後に時間経過とともに緩徐に低下した。妊娠20日には、内径0.40 mm器具によって60%まで、内径0.45 mm器具によって70%まで低下した。仔の体重推移では、いずれの装着によっても、生後3日から22日まで、偽手術群に対して有意な体重の低下が認められた。特に、低体重個体(-1.5SD値以下)の割合が偽手術群では9%であったのに対し、0.40 mmで51%、0.45 mmでは42%であった。行動試験の結果、8~11日齢における背地走性の低下、1カ月齢における協調運動能と運動学習能の低下が、いずれの装着群においても認められた。加えて、0.40 mm群においては認知機能と空間作業記憶能の低下も認められた。行動試験で変化の認められた機能を司る大脳皮質及び海馬の組織学的解析を行った結果、神経新生の有意な減少が確認された。</p><p>【結論】本研究により、胎児への血流を緩徐かつ持続的に抑制可能な新規モデルの作製に成功した。さらに、使用する器具の内径を変えることで、血流抑制の段階的な調整が可能であることを示した。本研究で確立したモデルは、胎児への血流不全に伴う病理病態、ならびにその病態が生じる機序の解明に繋がり、生殖発生毒性のさらなる理解や新規物質の生殖発生毒の予測に貢献することが期待される。</p>

    DOI: 10.14869/toxpt.47.1.0_p-178

    CiNii Research

  6. Delayed recognition of childhood arterial ischemic stroke

    Hori Ikumi, Tsuji Takeshi, Miyake Misa, Ueda Kazuto, Kataoka Erina, Suzuki Michio, Kobayashi Satoru, Kurahashi Hirokazu, Takahashi Yoshiyuki, Okumura Akihisa, Yoshikawa Tetsushi, Saitoh Shinji, Natsume Jun

    PEDIATRICS INTERNATIONAL   61 巻 ( 9 ) 頁: 895 - 903   2019年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Pediatrics International  

    DOI: 10.1111/ped.13966

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Administration of Bone Marrow-Derived Mononuclear Cells Contributed to the Reduction of Hypoxic-lschemic Brain Injury in Neonatal Rats

    Sato Yoshiaki, Ueda Kazuto, Kondo Taiki, Hattori Tetsuo, Mikrogeorgiou Alkisti, Sugiyama Yuichiro, Suzuki Toshihiko, Yamamoto Michiro, Hirata Hitoshi, Hirakawa Akihiro, Nakanishi Keiko, Tsuji Masahiro, Hayakawa Masahiro

    FRONTIERS IN NEUROLOGY   9 巻   頁: 987   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Frontiers in Neurology  

    DOI: 10.3389/fneur.2018.00987

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 臍帯血幹細胞による細胞療法再生医療

    上田 一仁, 佐藤 義朗, 早川 昌弘

    2020年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    DOI: 10.11477/mf.1409210167

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. Problem based learning

    2020