2021/11/01 更新

写真a

サカイ トモヒサ
酒井 智久
SAKAI Tomohisa
所属
医学部附属病院 希少がんセンター 病院助教
職名
病院助教

学位 1

  1. 医学博士 ( 名古屋大学 ) 

 

論文 27

  1. Diffusion-weighted magnetic resonance imaging improves the accuracy of differentiation of benign from malignant peripheral nerve sheath tumors. 査読有り

    Koike H, Nishida Y, Ito S, Shimoyama Y, Ikuta K, Urakawa H, Sakai T, Shimizu K, Ito K, Imagama S.

    World Neurosurg.   S1878-8750 巻 ( 21 ) 頁: 01483-2 - 01483-2   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Reconstruction of the extensor mechanism augmented with reverse transferred iliotibial band after proximal tibia tumor resection and mega-prosthetic replacement. 査読有り

    Ikuta K, Nishida Y, Tsukushi S, Sakai T, Koike H, Imagama S.

    Knee.   33 巻   頁: 102 - 109   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Less-invasive fascia-preserving surgery for abdominal wall desmoid. 査読有り

    Nishida Y, Hamada S, Sakai T, Ito K, Ikuta K, Urakawa H, Koike H, Imagama S.

    Sci Rep.   11 巻 ( 1 ) 頁: 19379 - 19379   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Trends in diagnostic and therapeutic strategies for extra-abdominal desmoid-type fibromatosis: Japanese musculoskeletal oncology group questionnaire survey. 査読有り

    Murase F, Nishida Y, Hamada S, Sakai T, Shimizu K, Ueda T.

    Jpn J Clin Oncol.     頁: hyab146. - hyab146.   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Spontaneous Regression of Brown Tumor in a Patient Treated With Peritoneal Dialysis. 査読有り

    Ito K, Ikuta K, Nishida Y, Sakai T, Imagama S.

    Cureus.   13 巻 ( 8 ) 頁: el17078 - el17078   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Effect of Neoadjuvant Therapies on Soft Tissue Sarcomas with Tail-like Lesions: A Multicenter Retrospective Study. 査読有り

    Aiba H, Ikuta K, Asanuma K, Kawanami K, Tsukushi S, Matsumine A, Ishimura D, Nagano A, Shido Y, Kozawa E, Yamada K, Wasa J, Kimura H, Sakai T, Murakami H, Sakai T, Nakamura T, Nishida Y.

    Cancers (Basel).   13 巻 ( 15 ) 頁: 3901 - 3901   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Overexpression of KIAA1199, a novel strong hyaluronidase, is a poor prognostic factor in patients with osteosarcoma. 査読有り

    Ito K, Nishida Y, Ikuta K, Urakawa H, Koike H, Sakai T, Zhang J, Shimoyama Y, Imagama S.

    J Orthop Surg Res.   16 巻 ( 1 ) 頁: 439 - 439   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. 【骨・軟部腫瘍のマネジメント(その1)】診断 組織・遺伝子診断 デスモイド型線維腫症の病理組織診断におけるピットフォール CTNNB1遺伝子変異解析の有用性 査読有り

    酒井 智久, 西田 佳弘, 生田 国大, 小池 宏, 伊藤 鑑, 今釜 史郎

    別冊整形外科   ( 79 ) 頁: 55 - 57   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Comprehensive molecular and clinicopathological profiling of desmoid tumours.

    Kohsaka S, Hirata M, Ikegami M, Ueno T, Kojima S, Sakai T, Ito K, Naka N, Ogura K, Kawai A, Iwata S, Okuma T, Yonemoto T, Kobayashi H, Suehara Y, Hiraga H, Kawamoto T, Motoi T, Oda Y, Matsubara D, Matsuda K, Nishida Y, Mano H

    European journal of cancer (Oxford, England : 1990)   145 巻   頁: 109 - 120   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:European Journal of Cancer  

    DOI: 10.1016/j.ejca.2020.12.001

    Scopus

    PubMed

  10. Limitations and benefits of FDG-PET/CT in NF1 patients with nerve sheath tumors: A cross-sectional/longitudinal study. 査読有り

    Nishida Y, Ikuta K, Ito S, Urakawa H, Sakai T, Koike H, Ito K, Imagama S.

    Cancer Sci.   112 巻 ( 3 ) 頁: 1114 - 1122   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14802.

  11. Desmoid with biweekly methotrexate and vinblastine shows similar effects to weekly administration: A phase II clinical trial

    Nishida Yoshihiro, Hamada Shunsuke, Urakawa Hiroshi, Ikuta Kunihiro, Sakai Tomohisa, Koike Hiroshi, Ito Kan, Emoto Ryo, Ando Yuichi, Matsui Shigeyuki

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 11 ) 頁: 4187 - 4194   2020年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.14626

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. Is tumour location a prognostic factor for pharmacological treatment in patients with desmoid-type fibromatosis? a systematic review

    Koike Hiroshi, Hamada Shunsuke, Sakai Tomohisa, Shimizu Koki, Yoshida Masahiro, Nishida Yoshihiro

    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   50 巻 ( 9 ) 頁: 1032 - 1036   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Clinical Oncology  

    DOI: 10.1093/jjco/hyaa078

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  13. Is mutation analysis of beta-catenin useful for the diagnosis of desmoid-type fibromatosis? A systematic review

    Sakai Tomohisa, Hamada Shunsuke, Koike Hiroshi, Shimizu Koki, Yoshida Masahiro, Nishida Yoshihiro

    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   50 巻 ( 9 ) 頁: 1037 - 1042   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Clinical Oncology  

    DOI: 10.1093/jjco/hyaa080

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  14. Cardiac metastases from primary myxoid liposarcoma of the thigh: a case report

    Ikuta Kunihiro, Sakai Tomohisa, Koike Hiroshi, Okada Tohru, Imagama Shiro, Nishida Yoshihiro

    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   18 巻 ( 1 ) 頁: 227   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:World Journal of Surgical Oncology  

    DOI: 10.1186/s12957-020-02009-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  15. Risk factors of local recurrence after surgery in extraabdominal desmoid-type fibromatosis: A multicenter study in Japan

    Nishida Yoshihiro, Hamada Shunsuke, Kawai Akira, Kunisada Toshiyuki, Ogose Akira, Matsumoto Yoshihiro, Ae Keisuke, Toguchida Junya, Ozaki Toshifumi, Hirakawa Akihiro, Motoi Toru, Sakai Tomohisa, Kobayashi Eisuke, Gokita Tabu, Okamoto Takeshi, Matsunobu Tomoya, Shimizu Koki, Koike Hiroshi

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 8 ) 頁: 2935 - 2942   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.14528

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  16. Functional evaluation following deltoid muscle resection in patients with soft tissue sarcoma

    Hamada Shunsuke, Nishida Yoshihiro, Takanari Keisuke, Ota Takehiro, Urakawa Hiroshi, Ikuta Kunihiro, Sakai Tomohisa, Tsukushi Satoshi, Kamei Yuzuru, Ishiguro Naoki

    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   50 巻 ( 7 ) 頁: 772 - 778   2020年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Clinical Oncology  

    DOI: 10.1093/jjco/hyaa039

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. Efficacy of low-dose chemotherapy with methotrexate and vinblastine for patients with extra-abdominal desmoid-type fibromatosis: a systematic review

    Shimizu Koki, Hamada Shunsuke, Sakai Tomohisa, Koike Hiroshi, Yoshida Masahiro, Nishida Yoshihiro

    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   50 巻 ( 4 ) 頁: 419 - 424   2020年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Clinical Oncology  

    DOI: 10.1093/jjco/hyz204

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  18. 上腕骨近位部の骨表面に発生したグロムス腫瘍の1例 査読有り

    杉浦 喬也, 生田 国大, 新井 英介, 酒井 智久, 小池 宏, 西田 佳弘

    臨床整形外科   55 巻 ( 4 ) 頁: 385 - 388   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Targetable driver mutations in multicentric reticulohistiocytosis

    Murakami Norihiro, Sakai Tomohisa, Arai Eisuke, Muramatsu Hideki, Ichikawa Daisuke, Asai Shuji, Shimoyama Yoshie, Ishiguro Naoki, Takahashi Yoshiyuki, Okuno Yusuke, Nishida Yoshihiro

    HAEMATOLOGICA   105 巻 ( 2 ) 頁: E61 - E64   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Haematologica  

    DOI: 10.3324/haematol.2019.218735

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  20. Massively parallel sequencing of tenosynovial giant cell tumors reveals novel CSF1 fusion transcripts and novel somatic CBL mutations

    Tsuda Yusuke, Hirata Makoto, Katayama Kotoe, Motoi Toru, Matsubara Daisuke, Oda Yoshinao, Fujita Masashi, Kobayashi Hiroshi, Kawano Hirotaka, Nishida Yoshihiro, Sakai Tomohisa, Okuma Tomotake, Goto Takahiro, Ogura Koichi, Kawai Akira, Ae Keisuke, Anazawa Ukei, Suehara Yoshiyuki, Iwata Shintaro, Miyano Satoru, Imoto Seiya, Shibata Tatsuhiro, Nakagawa Hidewaki, Yamaguchi Rui, Tanaka Sakae, Matsuda Koichi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   145 巻 ( 12 ) 頁: 3276 - 3284   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Cancer  

    DOI: 10.1002/ijc.32421

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  21. MRI characteristics predict the efficacy of meloxicam treatment in patients with desmoid-type fibromatosis

    Shimizu Koki, Hamada Shunsuke, Sakai Tomohisa, Ito Shinji, Urakawa Hiroshi, Arai Eisuke, Ikuta Kunihiro, Koike Hiroshi, Ishiguro Naoki, Nishida Yoshihiro

    JOURNAL OF MEDICAL IMAGING AND RADIATION ONCOLOGY   63 巻 ( 6 ) 頁: 751 - 757   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Medical Imaging and Radiation Oncology  

    DOI: 10.1111/1754-9485.12940

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  22. Pazopanib for progressive desmoid tumours: children, persistant effects, and cost.

    Nishida Y, Sakai T, Koike H, Ito K

    The Lancet. Oncology   20 巻 ( 10 ) 頁: e555   2019年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:The Lancet Oncology  

    DOI: 10.1016/S1470-2045(19)30543-1

    Scopus

    PubMed

  23. Pazopanib for progressive desmoid tumours: children, persistant effects, and cost

    Nishida Yoshihiro, Sakai Tomohisa, Koike Hiroshi, Ito Kan

    LANCET ONCOLOGY   20 巻 ( 10 ) 頁: E555 - E555   2019年10月

     詳細を見る

  24. Low-dose chemotherapy with methotrexate and vinblastine for patients with refractory desmoid tumors: A second report of relationship between efficacy and various factors.

    Nishida Yoshihiro, Sakai Tomohisa, Shimizu Koki, Urakawa Hiroshi, Arai Eisuke, Ikuta Kunihiro, Ando Yuichi, Ishiguro Naoki

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   37 巻 ( 15 )   2019年5月

     詳細を見る

  25. Is immunohistochemical staining for beta-catenin the definitive pathological diagnostic tool for desmoid-type fibromatosis? A multi-institutional study

    Koike Hiroshi, Nishida Yoshihiro, Kohno Kei, Shimoyama Yoshie, Motoi Toru, Hamada Shunsuke, Kawai Akira, Ogose Akira, Ozaki Toshifumi, Kunisada Toshiyuki, Matsumoto Yoshihiro, Matsunobu Tomoya, Ae Keisuke, Gokita Tabu, Sakai Tomohisa, Shimizu Koki, Ishiguro Naoki

    HUMAN PATHOLOGY   84 巻   頁: 155 - 163   2019年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Human Pathology  

    DOI: 10.1016/j.humpath.2018.09.018

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  26. Immunohistochemical staining with non-phospho beta-catenin as a diagnostic and prognostic tool of COX-2 inhibitor therapy for patients with extra-peritoneal desmoid-type fibromatosis

    Sakai Tomohisa, Nishida Yoshihiro, Hamada Shunsuke, Koike Hiroshi, Ikuta Kunihiro, Ota Takehiro, Ishiguro Naoki

    DIAGNOSTIC PATHOLOGY   12 巻 ( 1 ) 頁: 66   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Diagnostic Pathology  

    DOI: 10.1186/s13000-017-0654-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  27. Heat-stimuli-enhanced osteogenesis using clinically available biomaterials

    Ota Takehiro, Nishida Yoshihiro, Ikuta Kunihiro, Kato Ryuji, Kozawa Eiji, Hamada Shunsuke, Sakai Tomohisa, Ishiguro Naoki

    PLOS ONE   12 巻 ( 7 ) 頁: e0181404   2017年7月

     詳細を見る

▼全件表示

MISC 1

  1. 多中心性細網組織球症における遺伝子解析と治療可能性 査読有り

    奥野 友介, 酒井 智久, 浅井 秀司, 村松 秀城, 村上 典寛, 西田 佳弘  

    リウマチ科65 巻 ( 2 ) 頁: 243 - 246   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等 6

  1. 左大腿軟部腫瘍の1例

    酒井 智久, 西田 佳弘, 生田 国大, 小池 宏, 伊藤 鑑, 榊原 綾子, 下山 芳恵, 今釜 史郎

    第54回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会  2021年7月16日  日整会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島   国名:日本国  

  2. 病的骨折は大腿骨転移性骨腫瘍患者の予後に影響するか -傾向スコアマッチングを用いた解析―

    酒井 智久, 西田 佳弘, 筑紫 聡, 小澤 英史, 生田 国大, 小池 宏, 伊藤 鑑, 今釜 史郎

    第94回日本整形外科学会学術総会  日整会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. 大腿骨近位部転移性骨腫瘍患者の短期予後予測 -改訂版片桐スコアとMEP scoreの有用性の検討―

    酒井 智久, 西田 佳弘, 筑紫 聡, 小澤 英史, 生田 国大, 小池 宏, 伊藤 鑑, 今釜 史郎

    第94回日本整形外科学会学術総会  日整会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. 超希少な骨・軟部腫瘍に対する全エクソーム解析の有用性と今後の展望

    酒井 智久, 西田 佳弘, 奥野 友介, 村上 典寛, 生田 国大, 小池 宏, 伊藤 鑑, 石黒 直樹

    第35回日本整形外科学会基礎学術集会  日整会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  5. Surgical dislocation of hip(Granz approach)を用いて切除を行った股関節滑膜性骨軟骨腫症の2例

    酒井 智久, 西田 佳弘, 浦川 浩, 生田 国大, 小池 宏

    第53回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術総会  日整会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  6. Phosphaturic mesenchymal tumorにおける新規融合遺伝子NIPBL-BEND2の同定

    酒井 智久, 西田 佳弘, 奥野 友介, 村上 典寛, 浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大, 小池 宏, 伊藤 鑑, 石黒 直樹

    第93回日本整形外科学会学術総会  日整会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月 - 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

▼全件表示

科研費 5

  1. 発生母地あるいはその周辺組織の硬度がデスモイド型線維腫症の病態に与える影響の検証

    研究課題/研究課題番号:20K16328  2020年4月 - 2022年3月

    若手研究

    酒井 智久

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2470000円 ( 直接経費:1900000円 、 間接経費:570000円 )

    デスモイドは特異的な挙動を示す疾患であり、予後予測因子及び有用な薬物療法はまだ確立されていない。力学的要素が発症・進展に関与することが示唆されており、本研究の目的は基質硬度がデスモイドの腫瘍進展に与える影響の検証である。デスモイド由来の培養細胞を異なる硬度の基質上で培養し、その分子生物学的意義を明らかにし、新規の予後予測因子及び治療ターゲットを探索することを目的とする。

  2. 深紫外線LEDによる横断的加齢性疾患治療の基盤構築

    研究課題/研究課題番号:17K19903  2017年6月 - 2020年3月

    挑戦的研究(萌芽)

    西田 佳弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    深紫外線の波長を限局して照射できるLED機器により、副作用の少ない波長(315nm)で、血中25(OH)D値を有意に上昇させることを明らかにした。血中25(OH)D値を有意に上昇させる最小照度・照射量の条件(週2回、1回照射照度0.16mW/cm2、照射量1 kJ/m2)を決定し、加齢モデルマウス(SAM-P6マウス)を用いて、Trabecular bone mineral densityの上昇を確認し、破骨細胞誘導が抑制されることが確認された。また筋量も有意に上昇することを確認した。波長限定LED照射により、骨粗鬆症、サルコペニアの新規治療法となる非臨床POCを得ることができた。
    骨粗鬆症に対しては有効な薬物治療は各種開発されているがコストが高く、大きな副作用が報告されている。患者の薬物に対するアドヒアランスも問題となる。またサルコペニアに対する有効な治療法はまだ確立されていない。本研究により、LED機器を使用した深紫外線照射は、ビタミンD産生上昇を介して副作用少なく骨粗鬆症とサルコペニアの新規治療法となる可能性が示された。超高齢化社会を迎える日本、世界に対して低コストで汎用性のある治療法となることが期待される。また治療機器は携帯化が可能であるため、多様な医療現場、家庭で使用できることも利点である。

  3. デスモイド型線維腫症の病態に基づく診断、新規治療開発への学際的・国際的共同研究

    研究課題/研究課題番号:17H01585  2017年4月 - 2021年3月

    西田 佳弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    (i) NG2特異的Ctnnb1ex3 conditional knockout miceを作製し、条件を変更するなど試行したがデスモイドの形成がみられなかった。研究協力者(Alman教授)との間でtroubleshootingを行い、雄のApc1638N変異マウス(ヘテロ)は6ヶ月までに45カ所ものデスモイドを形成するため、契約後譲渡。報告通り、雌よりも雄においてデスモイド腫瘍が多く自然発症することを肉眼的、組織学的に確認した。Meflin-CreマウスとCTNNB1exon3のloxPマウスを交配し、Meflin細胞特異的CTNNB1exon3欠損マウスを作製している。(ii) 培養する基質の硬さが細胞増殖に影響するとの仮説で、培養プレートを種々の硬さ(0.5, 2, 8, 16, 32, 64kPa)にして培養したところ、硬くなるほど細胞増殖は上昇し、a-SMA発現も上昇した。(iii) βカテニン免疫染色のデスモイド病理診断における意義の解析:多施設共同および中央病理診断を実施して、104例のデスモイドを解析し、βカテニンの核内濃染を認めない症例でも少なからずデスモイドであることを示した。(iv)ゲノムワイド関連解析によるデスモイド発症感受性遺伝子の同定、メロキシカムへの薬剤応答性との関連解析:疾患感受性variantの候補があり、症例数を増やす必要があり、次年度に引き続き検体採取・解析を進めることとした。(v)drug repositioningによる新規治療薬剤の検出と薬効評価:デスモイドマウスモデルがCTNNB1 exon3の欠損マウスではできなかったため、Apc1638Nマウスで薬効の評価を開始した。(vi)国際的共同研究:NIHの作成した患者報告型のアウトカム評価の和訳についいて作成者、翻訳業者との契約が完了し、翻訳が開始された。
    デスモイド自然発症モデルであるApc1638Nのノックアウトマウスについて米国からの移送に時間を要したため、このマウスを使用して実施する研究の開始が遅れた。
    患者報告型アウトカムの和訳を扱う研究協力者がcopy right transferの承認を得るのに時間がかかり、また、NIHから修正の要請があり、それを待ったため和訳業務の開始が遅れた。
    (i) Meflin-CreマウスとCTNNB1exon3のloxPマウスを交配し、作製されたMeflin細胞特異的CTNNB1exon3欠損マウスにおける腫瘍形成能を評価する。(ii)デスモイド細胞が培養プレートの硬さ(0.5, 2, 8, 16, 32, 64kPa)によって細胞増殖度、βカテニンやa-SMAの発現が変化することについてメカノレセプターであるTRPV4の発現、阻害剤を使用してメカニズムを解析する。(iii) ゲノムワイド関連解析によるデスモイド発症感受性遺伝子の同定、メロキシカムへの薬剤応答性との関連解析:疾患感受性variantの候補が挙がれば、症例数を増やして解析を続ける。(iv) 東大医科研と進めているデスモイドにおけるwhole exome sequence解析によってクラスタリングされた各群におけるGSEA解析を実施する。術後再発した vs再発しなかった群、self regressionなし vs self regressionあり群、CTNNB1 S45F vs T41A群についても同様に解析を行う。(v) drug repositioningによる新規治療薬剤の非臨床安全性評価と医師主導治験準備:Apc1638Nマウスを用いてin vivoでの薬効を評価するとともに安全性評価を行う。薬剤Xについては薬剤メーカーと話し合い、薬剤提供、PMDA相談についての方策を練る。(vi)国際的共同研究:NIHの作成した患者報告型のアウトカム評価の和訳を完成させ、各種薬剤、手術による患者評価によるアウトカム解析を実施する。

  4. 進行期骨軟部肉腫に対する細胞外マトリックス制御による新規腫瘍免疫療法の開発

    研究課題/研究課題番号:17K10963  2017年4月 - 2020年3月

    浦川 浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    骨軟部肉腫におけるヒアルロン酸を中心とした細胞外マトリックス・細胞膜上受容体・細胞内シグナル伝達のネットワークと腫瘍免疫との関係を明らかにし、これらをターゲットとした新規免疫治療の確立を目的として免疫チェックポイント分子とヒアルロン酸ネットワークの関係を評価した。骨軟部肉腫細胞においては豊富な細胞外マトリックスを認め免疫チェックポイント分子の発現との関係において一定の関係がみられ、骨軟部肉腫腫瘍組織においては豊富なヒアルロン酸発現を認め、一部の組織型において免疫細胞浸潤と免疫チェックポイント分子発現を認めた。
    腫瘍内では腫瘍免疫により抗がん剤など既存治療への抵抗性が獲得されており、骨軟部肉腫においてヒアルロン酸を中心とした細胞外マトリックス・細胞膜上受容体・細胞内シグナル伝達のネットワークが腫瘍免疫にかかわっている可能性が示唆された。細胞外マトリックスの産生・蓄積の制御、あるいはマトリックス-細胞膜上受容体の相互作用を制御することにより、骨軟部腫瘍において抗腫瘍免疫応答を引き起こすことが可能となり、新規腫瘍免疫療法の開発が期待される。

  5. プロテオーム解析を用いたデスモイド腫瘍の病態と新規バイオマーカーの探索的研究

    研究課題/研究課題番号:16K20047  2016年4月 - 2019年3月

    濱田 俊介

      詳細を見る

    担当区分:その他 

    デスモイド型線維腫症の治療予測マーカーとなり得るCTNNB1遺伝子変異型毎の分子生物学的相違とその意義について研究を行った。変異型毎に核内β-catenin蓄積や下流遺伝子の発現状態に相違が見られ、全体的な傾向としてS45F変異型細胞が全体にWNT/β-catenin系シグナルの亢進がより著しい傾向が示唆され、各学会での報告および核内β-catenin核内蓄積の違いについて論文として報告を行った。また蛋白発現の評価としてprotein microarrayを行い、TGF-βやEGFRの蛋白発現亢進が遺伝子変異型によってみられることが示唆された。
    デスモイド型線維腫症のCTNNB1遺伝子変異型は臨床的に術後再発率や薬物治療効果に影響を与えることが報告されており実際に本邦における治療アルゴリズムでも取り入れられている。本研究結果より変異型の相違が何らかの形で主にWNT/β-catenin系シグナル発現亢進を通し下流の蛋白発現に相違を及ぼしていることが示唆され、最終的に再発や薬物治療抵抗性といった臨床的予後の相違に関与していると考えられた。今後より厳密な治療マーカーとしての確立化や新たな治療標的薬の開発につながることが期待される。

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 整形外科学

    2020

     詳細を見る

    骨・軟部腫瘍について