2022/06/17 更新

写真a

ハラダ タカアキ
原田 敬章
Takaaki HARADA
所属
運営支援組織等 環境安全衛生推進本部 環境安全衛生管理室 准教授
大学院担当
大学院環境学研究科
職名
准教授

学位 3

  1. 博士(理学) ( 2015年7月   アデレード大学 ) 

  2. Honours of Bachelor of Science (First Class Honours in Chemistry) ( 2010年12月   アデレード大学 ) 

  3. Bachelor of Science in Chemistry (Molecular and Drug Design) ( 2009年12月   アデレード大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 安全衛生

  2. 安全教育

  3. 物理化学

研究分野 2

  1. 人文・社会 / 科学教育  / 安全教育

  2. ナノテク・材料 / 基礎物理化学  / 分光学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 事故情報解析

  2. 安全教育

  3. 化学物質管理

経歴 5

  1. 名古屋大学   環境安全衛生推進本部環境安全衛生管理室   准教授

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 沖縄科学技術大学院大学   安全衛生セクション   アドミニストレイティブスタッフ

    2017年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 沖縄科学技術大学院大学   フェムト秒分光ユニット   研究員

    2015年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 沖縄科学技術大学院大学   フェムト秒分光ユニット   特別研究学生

    2013年4月 - 2013年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. アデレード大学   Department of Chemistry   実験アシスタント

    2010年3月 - 2014年12月

      詳細を見る

    国名:オーストラリア連邦

学歴 3

  1. アデレード大学

    2011年1月 - 2015年7月

      詳細を見る

    国名: オーストラリア連邦

    備考: 沖縄科学技術大学院大学で特別研究員に着任したため、2013年4~11月の間の7か月間休学。

  2. アデレード大学

    2010年1月 - 2010年12月

      詳細を見る

    国名: オーストラリア連邦

  3. アデレード大学

    2007年1月 - 2009年12月

      詳細を見る

    国名: オーストラリア連邦

所属学協会 3

  1. Asian Conference on Safety and Education in Laboratory 2021   Local Organizing Committee

    2021年

  2. 研究実験施設・環境安全教育研究会

    2020年4月 - 現在

  3. 大学等環境安全協議会

    2016年4月 - 現在

委員歴 1

  1. 大学等環境安全協議会 編集委員会   委員  

    2021年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 3

  1. Best Poster Award

    2017年7月   Asian Conference on Safety and Education in Laboratory   Centralizing Laser User Records for Health and Safety Management

    Takaaki Harada, Jonathan M. Wells, Toshinori Tanaka

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:シンガポール共和国

  2. Third year Chemistry poster honourable mention

    2014年12月   School of Chemistry and Physics, Faculty of Science, The University of Adelaide   Femtosecond Transient Absorption of Curcumin in γ-Cyclodextrin Dimers

    Takaaki Harada

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:オーストラリア連邦

  3. Second year Chemistry poster honourable mention

    2012年   School of Chemistry and Physics, Faculty of Science, The University of Adelaide   Solvation Dynamics of Water in Octadecyl Polyacrylate Hydrogel

    Takaaki Harada

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:オーストラリア連邦

 

論文 30

  1. Eleven risk elements rationalizing laboratory accidents at universities

    Murata Shizuaki, Harada Takaaki, Hayashi Rumiko, Mishina Taiji, Tomita Kengo

    Journal of Environment and Safety   advpub 巻 ( 0 )   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Academic Consociation of Environmental Safety and Waste Management, Japan  

    <p>Accidents during research and educational activities are reported to universities in order to improve the safety management and training. This study reveals hidden risk elements involved in laboratory accidents. A handbook for safety at Nagoya University “Safety Lessons Learned from Accidents - 85 Selected Cases in Nagoya University” is a summary of over 1,500 reports of general and laboratory accidents from FY2004 to FY2017, and 66 various cases of the laboratory accidents in the handbook are subjected to the analysis. Description of each case illustrates the causes of laboratory accidents, such as inappropriate handling of hazardous materials, poor laboratory conditions, high-risk operations, and ignorance of rules. In our analysis, the causes of each laboratory accident were classified into the three risk factors: hardware, human, and software, then we rationalized the causes with the risk elements as subcategories of the risk factors. Some of the elements were frequently observed in the 66 cases, which highlight important points when improving laboratory safety. The results of our analysis also show that multiple risk elements are involved in all the cases of laboratory accidents. Increasing the number of risk elements in the laboratory also tends to result in a serious laboratory accident. In addition, the risk elements were further categorized into the three roles: inducer, initiator, and promotor. Multiple risk elements as inducers are present under the normal laboratory conditions. Involvement of initiator risk elements is considered to set unsafe conditions, and the promotor risk element amplifies the severity of accident. We suggest that the risk elements concerning especially to education and communication are important when considering of safety activities in the laboratory, such as safety training, sharing hazard information, risk assessment, laboratory inspection, and selection of personal protective equipment.</p>

    DOI: 10.11162/daikankyo.e21rp0901

    CiNii Research

  2. Improving the chemical management for non-Japanese researchers toward internationalization of university in Japan 査読有り

    Harada Takaaki, Moriyama Fumiki, Tanaka Toshinori

    環境と安全   11 巻 ( 2 ) 頁: 41 - 49   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:大学等環境安全協議会  

    Expansion of global research activities has become a critical task for Japanese universities; however, it associates with a challenge of ensuring that non-Japanese researchers comply with regulatory and safety requirements, such as the chemical management. A questionnaire survey was conducted to grasp an understanding and impression of members at an international university regarding chemical management including Japanese regulations and an electronic system. Majority of the respondents are not satisfied with regulatory information provided by the Japanese government for non-Japanese speakers. Those who have experienced in countries other than Japan show some understandings of the Poisonous and Deleterious Substances Control Act. In contrast, the results of survey show the low levels of understanding of other regulations. It reveals that non-Japanese researchers are not familiar with recording the usage of chemicals and taking the periodical medical examination for those who handle harmful chemicals. The results of survey also suggest that the electronic system available in English and Japanese is a useful tool for non-Japanese researchers to manage chemicals in compliance with Japanese regulations. Overall, we present initiatives to improve the chemical management in compliance with the regulations for non-Japanese researchers, which would promote internationalization of universities and global research collaborations in Japan.

    DOI: 10.11162/daikankyo.E20SC0201

  3. Imaging electron motion in 2D semiconductor heterojunctions 国際共著

    Man M.K.L., Deckoff-Jones S., Harada T., Laine Wong E., Margiolakis A., Bala Murali Krishna M., Madéo J., Winchester A., Lei S., Vajtai R., Ajayan P.M., Dani K.M.

    Optics InfoBase Conference Papers   Part F42-CLEO_QELS 2017 巻   頁: 1 - 2   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Optics InfoBase Conference Papers  

    Transfer of electrons through semiconductor heterojunctions is the key process in all electronics. Here we make movies of electron dynamics in InSe/GaAs through time and spectrallyresolved photoemission electron microscopy, bringing insights to this fundamental process.

    DOI: 10.1364/CLEO_QELS.2017.FTh4F.2

    Web of Science

    Scopus

  4. Optical Properties of the Atomically Precise C4 Core [Au9(PPh3)8]3+ Cluster Probed by Transient Absorption Spectroscopy and Time-Dependent Density Functional Theory 査読有り 国際共著

    Jenica Marie L. Madridejos, Takaaki Harada, Alexander J. Falcinella, Thomas D. Small, Vladimir B. Golovko, Gunther G. Andersson, Gregory F. Metha, and Tak W. Kee

    The Journal of Physical Chemistry C   125 巻 ( 3 ) 頁: 2033 - 2044   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1021/acs.jpcc.0c08838

  5. Low-Bandgap Conjugated Polymer Dots for Near-Infrared Fluorescence Imaging 査読有り 国際共著

    ACS Applied Nano Materials   1 巻 ( 9 ) 頁: 4801 - 4808   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Applied Nano Materials  

    DOI: 10.1021/ACSANM.8B01014

    Web of Science

    Scopus

  6. Terahertz-frequency magnetoelectric effect in Ni-doped CaBaCo4O7 招待有り 査読有り 国際共著

    Shukai Yu, C. Dhanasekhar, Venimadhav Adyam, Skylar Deckoff-Jones, Michael K. L. Man, Julien Madéo, E Laine Wong, Takaaki Harada, M. Bala Murali Krishna, Keshav M. Dani, and Diyar Talbayev

    Physical Review B   96 巻 ( 9 ) 頁: 1 - 6   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1103/PhysRevB.96.094421

  7. Nanosecond long excited state lifetimes observed in hafnium nitride 査読有り 国際共著

    Simon Chung, Xiaoming Wen, Shujuan Huang, Neeti Gupta, Takaaki Harada, Tak W. Kee, Gavin Conibeer, Santosh Shresth

    Solar Energy Materials and Solar Cells   169 巻   頁: 13 - 18   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Solar Energy Materials and Solar Cells  

    DOI: 10.1016/J.SOLMAT.2017.04.037

    Web of Science

    Scopus

  8. Database of regulated chemicals, pathogens, and toxins 査読有り

    Moriyama Fumiki, Abe Satoshi, Harada Takaaki, Tanaka Toshinori

    環境と安全   8 巻 ( 2 ) 頁: 65 - 71   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:大学等環境安全協議会  

    <p>We have developed a database of chemical substances, pathogens, and toxins (8,595 entries in total) that are regulated or defined in 22 Japanese statutes and guidelines. This database is equipped with a search function allowing users to search keywords such as names of statutes, chemical substances, pathogens, or toxins. In order to enhance convenience and to reduce chances of search failures, the keyword entry field is equipped with autocomplete functionality. Results of keyword searches based on chemical substances, pathogens,or toxins are displayed with the names of regulating statutes and a summary of legal restrictions/requirements. To facilitate its use by foreign researchers and students, users can search controlled substances, of interest either in Japanese or English. While extracting data regarding controlled substances from those statutes, we discovered that some provisions do not explicitly identify regulated materials,but only specify physical properties thereof. Accordingly, it is not possible to grasp the entire regulatory framework defined by the statutes based solely upon a database of regulated substances. However, development of the database allowing users to easily and quickly find out whether there are any regulations governing specific substances and the intent of such controls, even in English, should improve compliance, safety, and health at Japanese universities and research institutions.</p>

    DOI: 10.11162/daikankyo.E17SC0801

  9. Acoustic-optical phonon up-conversion and hot-phonon bottleneck in lead-halide perovskites 査読有り 国際共著

    Jianfeng Yang, Xiaoming Wen, Hongze Xia, Rui Sheng, Qingshan Ma, Jincheol Kim, Patrick Tapping, Takaaki Harada, Tak W. Kee, Fuzhi Huang, Yi-Bing Cheng, Martin Green, Anita Ho-Baillie, Shujuan Huang, Santosh Shrestha, Robert Patterson, and Gavin Conibeer

    Nature Communications   8 巻   頁: 14120   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/NCOMMS14120

    Web of Science

    PubMed

  10. Obtaining Cross-Sections of Paint Layers in Cultural Artifacts Using Femtosecond Pulsed Lasers 招待有り 査読有り 国際共著

    Takaaki Harada, Stephanie Spence, Athanasios Margiolakis, Skylar Deckoff-Jones, Rebecca Ploeger, Aaron N. Shugar, James F. Hamm, Keshav M. Dani, and Anya R. Dani

    Materials   10 巻 ( 12 ) 頁: 107 - 107   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Materials  

    DOI: 10.3390/MA10020107

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. Imaging the motion of electrons across semiconductor heterojunctions 査読有り 国際共著

    Michael K. L. Man, Athanasios Margiolakis, Skylar Deckoff-Jones, Takaaki Harada, E Laine Wong, M. Bala Murali Krishna, Julien Madéo, Andrew Winchester, Sidong Lei, Robert Vajtai, Pulickel M. Ajayan, and Keshav M. Dani

    Nature Nanotechnology   12 巻 ( 1 ) 頁: 36 - 40   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Nanotechnology  

    DOI: 10.1038/NNANO.2016.183

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. Applicability of Femtosecond Lasers in the Cross-section Sampling of Works of Art 査読有り 国際共著

    Stephanie Spence, Takaaki Harada, Athanasios Margiolakis, Skylar Deckoff-Jones, Aaron N. Shugar, James F. Hamm, Keshav M. Dani, and Anya R. Dani

    MRS Advances   2 巻 ( 33-34 ) 頁: 1801 - 1804   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MRS Advances  

    DOI: 10.1557/ADV.2017.242

    Web of Science

    Scopus

  13. Excited-state dynamics of the medicinal pigment curcumin in a hydrogel 査読有り 国際共著

    Takaaki Harada, Stephen F. Lincoln, and Tak W. Kee

    Physical Chemistry Chemical Physics   18 巻 ( 40 ) 頁: 28125 - 28133   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Chemistry Chemical Physics  

    DOI: 10.1039/C6CP05648B

    Web of Science

    Scopus

  14. Visualization of electron transport in 2D semiconductor heterojunctions 査読有り 国際共著

    Man M.K.L., Deckoff-Jones S., Harada T., Laine Wong E., Margiolakis A., Bala Murali Krishna M., Madéo J., Winchester A., Lei S., Vajtai R., Ajayan P.M., Dani K.M.

    Optics InfoBase Conference Papers   UW2A.4 巻   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Optics InfoBase Conference Papers  

    Transfer of electrons through semiconductor heterojunctions is the key process in modern electronics. We have visualized dynamics of electrons in InSe/GaAs through time and spectrallyresolved photoemission electron microscopy, which provides insight to this fundamental operating phenomenon.

    DOI: 10.1364/UP.2016.UW2A.4

    Scopus

  15. Generation of Fluorescent and Stable Conjugated Polymer Nanoparticles with Hydrophobically Modified Poly(acrylate)s 査読有り 国際共著

    Liang Yan, Xiaolin Cui, Takaaki Harada, Stephen F. Lincoln, Sheng Dai, and Tak W. Kee

    Macromolecules   49 巻 ( 22 ) 頁: 8530 - 8539   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Macromolecules  

    DOI: 10.1021/ACS.MACROMOL.6B02002

    Web of Science

    Scopus

  16. Nonlinear optical responses of protected atomically thin black phosphorus 査読有り 国際共著

    Harada T., Berggren B., Deckoff-Jones S., Renaud D.L., Winchester A., Madeo J., Weber C., Dani K.M.

    2016 Conference on Lasers and Electro-Optics, CLEO 2016   FTu4L.8 巻   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:2016 Conference on Lasers and Electro-Optics, CLEO 2016  

    We investigate nonlinear optical responses of black phosphorus in ambient conditions protected by exfoliating thin hexagonal-boron nitride on top. We observe sub-picosecond and polarization sensitive responses for few-layer black phosphorous.

    DOI: 10.1364/CLEO_QELS.2016.FTU4L.8

    Web of Science

    Scopus

  17. Observation of Hot Carriers Existing in Ag<sub>2</sub>S Nanoparticles and Its Implication on Solar Cell Application 査読有り 国際共著

    S. Lin, Y. Feng, X. Wen, T. Harada, T. W. Kee, S. Huang, S. Shrestha, and G. Conibeer

    The Journal of Physical Chemistry C   120 巻 ( 19 ) 頁: 10199 - 10205   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ACS.JPCC.6B02607

    Web of Science

  18. Ultrafast Carrier Dynamics in Methylammonium Lead Bromide Perovskite 査読有り 国際共著

    Xiaofan Deng, Xiaoming Wen, Shujuan Huang, Rui Sheng, Takaaki Harada, Tak W. Kee, Martin Green, and Anita Ho-Baillie

    The Journal of Physical Chemistry C   120 巻 ( 5 ) 頁: 2542 - 2547   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ACS.JPCC.5B11640

    Web of Science

  19. Ultrafast Spectroscopy and Drug Delivery of the Medicinal Pigment Curcumin in Molecular Assemblies 査読有り

    Takaaki Harada

    The University of Adelaide     2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

  20. Emergent photophenomena in three dimensional van der Waals heterostructures 査読有り 国際共著

    M. Bala Murali Krishna, Michael K. L. Man, Soumya Vinod, Catherine Chin, Takaaki Harada, Jaime Taha-Tijerina, Chandra Sekhar Tiwary, Patrick Nguyen, Patricia Chang, Tharangattu N Narayanan, Angel Rubio, Pulickel M Ajayan, Saikat Talapatra, and Keshav M. Dani

    Conference on Lasers and Electro-Optics     2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1364/CLEO_QELS.2015.FM3B.5

    Web of Science

  21. Engineering Photophenomena in Large, 3D Structures Composed of Self-Assembled van der Waals Heterostructure Flakes 査読有り 国際共著

    M. Bala Murali Krishna, Michael K. L. Man, Soumya Vinod, Catherine Chin, Takaaki Harada, Jaime Taha‐Tijerina, Chandra Sekhar Tiwary, Patrick Nguyen, Patricia Chang, Tharangattu N. Narayanan, Angel Rubio, Pulickel M. Ajayan, Saikat Talapatra, and Keshav M. Dani

    Advanced Optical Materials   3 巻 ( 11 ) 頁: 1551 - 1556   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Advanced Optical Materials  

    DOI: 10.1002/ADOM.201500296

    Web of Science

    Scopus

  22. Femtosecond Transient Absorption Spectroscopy of the Medicinal Agent Curcumin in Diamide Linked γ-Cyclodextrin Dimers 査読有り

    Takaaki Harada, Hamish L. McTernan, Duc-Truc Pham, Stephen F. Lincoln, and Tak W. Kee

    The Journal of Physical Chemistry B   119 巻 ( 6 ) 頁: 2425 - 2433   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/JP507272F

    Web of Science

  23. Nanoprecipitation and Spectroscopic Characterization of Curcumin-Encapsulated Polyester Nanoparticles 査読有り

    Mandy H. M. Leung, Takaaki Harada, Sheng Dai, and Tak W. Kee

    Langmuir   31 巻   頁: 11419 - 11427   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ACS.LANGMUIR.5B02773

    Web of Science

  24. Ultrafast Charge Generation and Relaxation Dynamics in Methylammonium Lead Bromide Perovskites 査読有り

    Xiaofan Deng, Xiaoming Wen, Rui Sheng, Shujuan Huang, Takaaki Harada, Tak W. Kee, Martin A. Green, Anita Ho-Baillie

    SPIE Micro+Nano Materials, Devices, and Applications   9668 巻   頁: 966848   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1117/12.2202330

    Web of Science

  25. Ultrafast Intrinsic Photoresponse and Direct Evidence of Sub-gap States in Liquid Phase Exfoliated MoS2Thin Films 査読有り 国際共著

    Sujoy Ghosh, Andrew Winchester, Baleeswaraiah Muchharla, Milinda Wasala, Simin Feng, Ana Laura Elias, M. Bala Murali Krishna, Takaaki Harada, Catherine Chin, Keshav Dani, Swastik Kar, Mauricio Terrones, and Saikat Talapatra

    Scientific Reports   5 巻   頁: 11272   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/SREP11272

    Web of Science

    Scopus

  26. The Capture and Stabilization of Curcumin Using Hydrophobically Modified Polyacrylate Aggregates and Hydrogels 査読有り

    Takaaki Harada, Duc-Truc Pham, Stephen F. Lincoln, and Tak W. Kee

    The Journal of Physical Chemistry B   118 巻 ( 31 ) 頁: 9515 - 9523   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/JP5060205

    Web of Science

  27. Delivery of Curcumin and Medicinal Effects of the Copper(II)-Curcumin Complexes 招待有り 査読有り

    Mandy H. M. Leung, Takaaki Harada, Tak W. Kee

    Current Pharmaceutical Design   19 巻 ( 11 ) 頁: 2070 - 2083   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2174/138161213805289237

    Web of Science

  28. Diamide Linked γ-Cyclodextrin Dimers as Molecular-Scale Delivery Systems for the Medicinal Pigment Curcumin to Prostate Cancer Cells 査読有り

    Takaaki Harada, Lauren Giorgio, Tiffany J. Harris, Duc-Truc Pham, Huy Tien Ngo, Eleanor F. Need, Brendon J. Coventry, Stephen F. Lincoln, Christopher J. Easton, Grant Buchanan, and Tak W. Kee

    Molecular Pharmaceutics   10 巻 ( 12 ) 頁: 4481 - 4490   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/MP400309S

    Web of Science

  29. Cooperative Binding and Stabilization of the Medicinal Pigment Curcumin by Diamide Linked γ-Cyclodextrin Dimers: A Spectroscopic Characterization 査読有り

    Takaaki Harada, Duc-Truc Pham, Mandy H. M. Leung, Huy Tien Ngo, Stephen F. Lincoln, Christopher J. Easton, and Tak W. Kee

    The Journal of Physical Chemistry B   115 巻 ( 5 ) 頁: 1268 - 1274   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/JP1096025

    Web of Science

  30. Stabilisation and Molecular Delivery of the Medicinal Pigment Curcumin to Immortalised Human Prostate Fibroblast Cells Using Diamide-Linked Cyclodextrin Dimers

    Takaaki Harada

    The University of Adelaide     2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(その他)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 17

  1. 室内で二酸化炭素消火器を使用したときの 二酸化炭素濃度の測定

    富田賢吾、原田敬章、三品太志、林瑠美子

    NPO法人研究実験施設・環境安全教育研究会第11回研究成果発表会  2022年3月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京、オンライン  

  2. 化学物質の危険有害性に関するボイスアシスタントシステムの開発

    富田賢吾、原田敬章、林瑠美子、山口佳宏、喜多敏博

    第39回大学等環境安全協議会総会・研修発表会  2021年7月16日  大学等環境安全協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山、オンライン  

  3. クラブ活動における濃厚接触者をめぐる混乱

    原田敬章, 富田賢吾

    NPO法人REHSE第12期通常総会・研究会  2021年6月4日  NPO法人REHSE

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪、オンライン   国名:日本国  

  4. 安全教育に活用するための「チラシ」の作成と展開

    富田賢吾、宇都明里、原田敬章、林瑠美子、三品太志

    NPO法人研究実験施設・環境安全教育研究会第10回研究成果発表会  2021年3月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  5. Improving Laboratory Safety Toward Internationalization of Universities in Japan 国際会議

    Takaaki Harada

    The 7th Asian Conference on Safety and Education in Laboratory  2020年12月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. Improving Laboratory Safety Toward Internationalization of Universities in Japan 国際会議

    Takaaki Harada, Fumiki Moriyama, Toshinori Tanaka, Taiji Mishina, Rumiko Hayashi, Kengo Tomita

    The 7th Asian Conference on Safety and Education in Laboratory  2020年12月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  7. Just Scan! Effective Chemical Stocktake 国際会議

    Takaaki Harada, Fumiki Moriyama, Toshinori Tanaka

    The 5th Asian Conference on Safety and Education in Laboratory  2018年11月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  8. Centralizing Laser User Records for Health and Safety Management 国際会議

    Takaaki Harada, Jonathan M. Wells, Toshinori Tanaka

    The 4th Asian Conference on Safety and Education in Laboratory  2017年7月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:シンガポール共和国  

  9. Nonlinear Optical Responses of Protected Atomically Thin Black Phosphorus 国際共著 国際会議

    Takaaki Harada

    Conference on Lasers and Electro-Optics  2016年6月  American Physical Society, IEEE Photonics Society and The Optical Society (OSA)

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

    DOI: doi.org/10.1364/CLEO_QELS.2016.FTu4L.8

  10. Femtosecond Transient Absorption of Curcumin in γ-Cyclodextrin Dimers

    Takaaki Harada

    Postgraduate Research Symposium 2014  2014年12月16日  School of Chemistry and Physics, Faculty of Science, The University of Adelaide

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストラリア連邦  

  11. Femtosecond Transient Absorption of Curcumin in γ-Cyclodextrin Dimers

    Takaaki Harada

    Postgraduate Research Symposium 2014  2014年12月16日  School of Chemistry and Physics, Faculty of Science, The University of Adelaide

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

  12. Ultrafast Dynamics of Curcumin in Hydrogel

    Takaaki Harada

    PhD final seminar  2014年11月17日  School of Chemistry and Physics, The University of Adelaide

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

  13. Femtosecond Transient Absorption of Curcumin in γ-Cyclodextrin Dimers 国際会議

    Takaaki Harada

    2013 PhysChem Conference  2013年12月  RACI Physical Chemistry Division

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストラリア連邦  

  14. Ultrafast Dynamics of Curcumin in Diamide Linked γ-Cyclodextrin Dimers

    Takaaki Harada

    2013 South Australia Physical Chemistry Symposium  2013年11月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

  15. Solvation Dynamics of Water in Octadecyl Polyacrylate Hydrogel

    Takaaki Harada

    2012 Postgraduate Research Symposium  2012年7月26日  School of Chemistry and Physics, Faculty of Science, The University of Adelaide

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストラリア連邦  

  16. Stabilisation and Delivery of Medicinal Pigment Curcumin by γ-Cyclodextrin Dimers 国際会議

    Takaaki Harada

    2011 BioPhysChem Conference  2011年12月  RACI Physical Chemistry Division and the Australian Society for Biophysics

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストラリア連邦  

  17. Stabilisation and Delivery of Medicinal Pigment Curcumin by γ-Cyclodextrin Dimers

    Takaaki Harada

    School of Chemistry and Physics Postgraduate Research Poster Celebrations  2011年7月28日  School of Chemistry and Physics, The University of Adelaide

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストラリア連邦  

▼全件表示

その他研究活動 1

  1. 大学等における化学物質及び廃棄物にかかる実地訓練の事例集の作成

    2019年10月
    -
    2021年3月

     詳細を見る

    令和元年度大学等環境安全協議会実務者連絡会プロジェクト

科研費 1

  1. 機械学習を活用した化学物質リスクアセスメントのプログラム構築

    研究課題/研究課題番号:20K22185  2020年9月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  研究活動スタート支援

    原田 敬章

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2080000円 ( 直接経費:1600000円 、 間接経費:480000円 )

    本研究は、機械学習を活用した化学物質のリスクアセスメントの手法を試みるものである。化学物質のリスクアセスメントとは、取り扱う化学物質のリスクを見積もり、その低減対策を評価することであり、事故防止の安全教育として注目されている。試験研究で用いられる多様な化学物質それぞれに対しリスクアセスメントを実施することは多くの時間を費やしてしまうため、機械学習で解析した化学物質のデータをもとに、総合的なリスクを自動で評価するプログラムを構築する。
    本研究の目的は、機械学習を用いて実験計画を解析することで、取り扱うすべての化学物質の危険有害性の特定と実験に潜むリスクの見積りを自動で行い、総合的なリスクを出力する化学物質リスクアセスメントのプログラムの構築である。2020年度の主な実績は、機械学習で用いる機器の購入と分析するデータの収集である。
    機械学習やその一種である深層学習では大量のデータを解析するため、一般的なコンピューターでは研究の進捗を妨げるほど多くの日数がかかってしまう。本学のスーパーコンピューターで解析することもできるが、研究の初期段階では試行錯誤を繰り返すため、多額の費用がかかることが予測されるだけでなく、スーパーコンピューターを利用できる環境は限られており、一般的な研究室等が利用することは難しい。よって、本研究の波及効果を考え、より安価に機械学習のデータ解析を高速で行うことにも用いられているGPU(グラフィックス プロセッシング ユニット)を搭載した深層学習向けの市販コンピューター一式を購入した。また、プログラムの構築で用いるMATLABは、購入した最新のGPUのアーキテクチャに適応したR2021aのプレリリース版をインストールした。
    化学物質の危険有害性を示すGHS区分と引火点等の性質の既知情報を機械学習で解析するため、そのデータを収集した。独立行政法人製品評価技術基盤機構が提供する「政府によるGHS分類結果」を利用し、化学物質の危険有害性を示すGHS区分の情報を得た。また追加して、アメリカ国立衛生研究所(NIH)の下の国立生物工学情報センター(NCBI)によって維持管理されている化学分子データベース「PubChem」から、引火点等の物理的及び化学的性質等の情報を得た。
    購入した深層学習向けコンピューターに搭載したGPUは、2020年度後期に発売されたGeForce RTX 3090である。本研究の申請時に想定していた同系統の従来品より2倍ほど性能が改善しており、機械学習の解析速度の向上が見込まれる。このGPUには新しいアーキテクチャ(Ampere)が採用されているため、プログラムの構築で用いる予定であった2020年度版のMATLABは完全には対応していなかった。そこで、この新しいアーキテクチャに対応しているプレリリース版のMATLAB R2021aを使用した。MATLABは、古すぎるGPUでなければ、通常、下方互換性があるため、今後のMATLABの版が変わっても問題なく使用することができる。
    機械学習で解析する化学物質の既知情報を収集した。独立行政法人製品評価技術基盤機構が提供する「政府によるGHS分類結果」を利用し、約4000件の化学物質の危険有害性を示すGHS区分の情報を得た。この情報には、GHS分類しか掲載されていないため、化学物質の物理的及び化学的性質等の情報を収集する必要があった。アメリカ国立衛生研究所(NIH)の下の国立生物工学情報センター(NCBI)によって維持管理されている化学分子データベース「PubChem」には、GHS分類だけでなく、引火点等の物理的及び化学的性質等の情報も掲載されており、そのデータ約1万件を入手した。
    2021年度は、本リリース版のMATLABを用いて機械学習のプログラム構築を開始する。2020年度に入手したデータを解析に適するようまとめ、機械学習によって解析し、化学物質の危険有害性が特定できるか試みる。
    また本研究では、当初から計画していたリスクの見積りを行うプログラムを構築する。大学等で発生した化学物質による事故報告を機械学習で解析するため、国立大学の事故情報を利用する。現在、その事故情報の更新作業が行われており、まとまり次第解析できるようプログラムの構築を進める。プログラムの構築には、既存の自然言語処理のツールを用いるため、比較的容易に行える見込みである。よって、化学物質の危険有害性を特定するプログラムの構築が困難な場合は、事故情報を解析するプログラムの構築を優先することも検討する。

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 環境リスク論

    2021

  2. 環境リスク論

    2020

 

社会貢献活動 7

  1. 高校生による環境安全とリスクに関する自主研究活動支援事業

    役割:助言・指導

    研究実験施設・環境安全教育研究会  2020年8月 - 現在

  2. 恩納村・OISTこども科学教室2019 幼児クラス

    役割:講師

    恩納村、沖縄科学技術大学院大学  恩納村・OISTこども科学教室2019  2019年8月

  3. 教室運営に関わった方からの声

    役割:寄稿

    恩納村、沖縄科学技術大学院大学  恩納村・OISTこども科学教室10周年記念誌2010-2019  2019年

  4. 恩納村・OISTこども科学教室2018 幼児クラス

    役割:講師

    恩納村、沖縄科学技術大学院大学  恩納村・OISTこども科学教室2018  2018年8月

  5. 恩納村・OISTこども科学教室2017 幼児クラス

    役割:講師

    恩納村、沖縄科学技術大学院大学  恩納村・OISTこども科学教室2017  2017年8月

  6. きみならどうする?未来のエネルギー

    役割:講師, 助言・指導

    一般社団法人シンク・ジ・アース  グリーンパワーキッズクラブ2016  2016年12月 - 2017年2月

  7. 恩納村・OISTこども科学教室2015 幼児クラス

    役割:講師

    恩納村、沖縄科学技術大学院大学  恩納村・OISTこども科学教室2015  2015年8月

▼全件表示

学術貢献活動 1

  1. 環境と安全 国際学術貢献

    役割:査読

    大学等環境安全協議会  2020年4月 - 現在

     詳細を見る

    種別:査読等