2022/06/06 更新

写真a

オグラ アツシ
小倉 淳司
OGURA Atsushi
所属
医学部附属病院 消化器外科一 助教
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2019年3月   名古屋大学 ) 

経歴 8

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科 腫瘍外科   助教

    2021年11月 - 現在

  2. 名古屋大学大学院医学系研究科   腫瘍外科   病院助教

    2020年1月 - 2021年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学大学院医学系研究科   腫瘍外科   医員

    2019年7月 - 2019年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 津島市民病院   外科   医長

    2018年7月 - 2019年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. Leiden University Medical Center   Department of Surgery   Research Fellow

    2017年6月 - 2018年6月

      詳細を見る

    国名:オランダ王国

  6. がん研究会有明病院   消化器外科   レジデント

    2013年4月 - 2017年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 半田市立半田病院   外科   後期研修医

    2010年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 半田市立半田病院   初期研修医

    2008年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   腫瘍外科

    2016年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部   医学科

    2002年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 8

  1. 日本外科学会

  2. 日本消化器外科学会

  3. 日本内視鏡外科学会

  4. 日本大腸肛門病学会

  5. 日本臨床外科学会

  6. 日本消化器病学会

  7. 日本ロボット外科学会

  8. 日本癌治療学会

▼全件表示

受賞 2

  1. The Best Presenter Award in International Session

    2021年12月   日本消化器関連学会週刊   Strategy based on neoadjuvant chemotherapy (NAC) for locally advanced rectal cancer and the new predictive marker of the response; the lymphocyte ratio before and after NAC

    小倉 淳司

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  2. The Best Presenter Award in International Session

    2020年12月   日本消化器関連学会週刊   Indications for neoadjuvant treatment based on risk factors before and after neoadjuvant chemotherapy alone in patients with locally advanced rectal cancer

    小倉 淳司

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

 

論文 85

  1. Neoadjuvant (Chemo)radiotherapy With Total Mesorectal Excision Only Is Not Sufficient to Prevent Lateral Local Recurrence in Enlarged Nodes: Results of the Multicenter Lateral Node Study of Patients With Low cT3/4 Rectal Cancer 国際誌

    Ogura Atsushi, Konishi Tsuyoshi, Cunningham Chris, Garcia-Aguilar Julio, Iversen Henrik, Toda Shigeo, Lee In Kyu, Lee Hong Xiang, Uehara Keisuke, Lee Peter, Putter Hein, van de Velde Cornelis J. H., Beets Geerard L., Rutten Harm J. T., Kusters Miranda, Aalbers A. G. J., Aiba T., Akiyoshi T., Beets-Tan R. G. H., Betts M., Blazic I. M., Brown K. G., Campbell N., Choi M. H., Gollub M. J., Hanaoka Y., Kim M. K., Meershoek-Klein-Kranenbarg E., Kuroyanagi H., Maas M., Martling A., Moore J., Nieuwenhuijzen G. A., Oh S. N., Roodbeen S., Sammour T., Schaap D., Solomon M. J., Thomas M., Tomizawa K., van der Sande M. E., Suzuki C., van der Valk M. J. M., Wells T., Won D. D.

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   37 巻 ( 1 ) 頁: 33 - +   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Clinical Oncology  

    PURPOSE Improvements in magnetic resonance imaging (MRI), total mesorectal excision (TME) surgery, and the use of (chemo)radiotherapy ([C]RT) have improved local control of rectal cancer; however, we have been unable to eradicate local recurrence (LR). Even in the face of TME and negative resection margins (R0), a significant proportion of patients with enlarged lateral lymph nodes (LLNs) suffer from lateral LR (LLR). Japanese studies suggest that the addition of an LLN dissection (LLND) could reduce LLR. This multicenter pooled analysis aims to ascertain whether LLNs actually pose a problem and whether LLND results in fewer LLRs. PATIENTS AND METHODS Data from 1,216 consecutive patients with cT3/T4 rectal cancers up to 8 cm from the anal verge who underwent surgery in a 5-year period were collected. LLND was performed in 142 patients (12%). MRIs were re-evaluated with a standardized protocol to assess LLN features. RESULTS On pretreatment MRI, 703 patients (58%) had visible LLN, and 192 (16%) had a short axis of at least 7 mm. One hundred eight patients developed LR (5-year LR rate, 10.0%), of which 59 (54%) were LLRs (5-year LLR rate, 5.5%). After multivariable analyses, LLNs with a short axis of at least 7 mm resulted in a significantly higher risk of LLR (hazard ratio, 2.060; P = .045) compared with LLNs of less than 7 mm. In patients with LLNs at least 7 mm, (C)RT plus TME plus LLND resulted in a 5-year LLR of 5.7%, which was significantly lower than that in patients who underwent (C)RT plus TME (5-year LLR, 19.5%; P = .042). CONCLUSION LLR is still a significant problem after (C)RT plus TME in LLNs with a short axis at least 7 mm on pretreatment MRI. The addition of LLND results in a significantly lower LLR rate.

    DOI: 10.1200/JCO.18.00032

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Lateral Nodal Features on Restaging Magnetic Resonance Imaging Associated With Lateral Local Recurrence in Low Rectal Cancer After Neoadjuvant Chemoradiotherapy or Radiotherapy 国際誌

    Ogura Atsushi, Konishi Tsuyoshi, Beets Geerard L., Cunningham Chris, Garcia-Aguilar Julio, Iversen Henrik, Toda Shigeo, Lee In Kyu, Lee Hong Xiang, Uehara Keisuke, Lee Peter, Putter Hein, van de Velde Cornelis J. H., Rutten Harm J. T., Tuynman Jurriaan B., Kusters Miranda, Hompes Roel, Akiyoshi Takashi, Schaap Dennis, Nieuwenhuijzen Grard A., Martling Anna, van der Valk Maxime J. M., Meershoek-Klein-Kranenbarg Elma, Blazic Ivana M., Gollub Marc J., Aiba Toshisada, Aalbers Arend G. J., van der Sande Marit E., Beets-Tan Regina H., Maas Monique, Jozwiak Katarzyna, Betts Margaret, Moore James, Thomas Michelle, Sammour Tarik, Wells Tim, Solomon Michael J., Brown Kilian G., Won Daeyoun David, Kim Min Ki, Oh Soon Nam, Choi Moon Hyung, Kuroyanagi Hiroya, Hanaoka Yutaka, Tomizawa Kenji

    JAMA SURGERY   154 巻 ( 9 ) 頁: e192172   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAMA Surgery  

    Importance: Previously, it was shown in patients with low rectal cancer that a short-axis (SA) lateral node size of 7 mm or greater on primary magnetic resonance imaging (MRI) resulted in a high lateral local recurrence (LLR) rate after chemoradiotherapy or radiotherapy ([C]RT) with total mesorectal excision (TME) and that this risk was lowered by a lateral lymph node dissection (LLND). The role of restaging MRI after (C)RT with regard to LLR risk and which specific patients might benefit from an LLND is not fully understood. Objective: To determine the factors on primary and restaging MRI that are associated with LLR in low rectal cancer after (C)RT and to formulate specific guidelines on which patients might benefit from an LLND. Design, Setting, and Participants: In this retrospective, multicenter, pooled cohort study, patients who underwent surgery for cT3 or cT4 low rectal cancer with a curative intent from 12 centers in 7 countries from January 2009 to December 2013 were included. All patients' MRIs were rereviewed according to a standardized protocol, with specific attention to lateral nodal features. The original cohort included 1216 patients. For this study, patients who underwent (C)RT and had a restaging MRI were selected, leaving 741 for analyses across 10 institutions, including 651 who underwent (C)RT with TME and 90 who underwent (C)RT with TME and LLND. Main Outcomes and Measures: The main purpose was to identify the factors on primary and restaging MRI associated with LLR after (C)RT with TME. Whether high-risk patients might benefit in terms of LLR reduction from an LLND was also studied. Results: Of the 741 included patients, 480 (64.8%) were male, and the mean (SD) age was 60.4 (12.0) years. An SA lateral node size of 7 mm or greater on primary MRI resulted in a 5-year LLR rate of 17.9% after (C)RT with TME. At 3 years, there were no LLRs in 28 patients (29.2%) with lateral nodes that were 4 mm or less on restaging MRI. Nodes that were 7 mm or greater on primary MRI and greater than 4 mm on restaging MRI in the internal iliac compartment resulted in a 5-year LLR rate of 52.3%, significantly higher compared with nodes in the obturator compartment of that size (9.5%; hazard ratio, 5.8; 95% CI, 1.6-21.3; P =.003). Compared with (C)RT with TME alone, treatment with (C)RT with TME and LLND in these unresponsive internal nodes resulted in a significantly lower LLR rate of 8.7% (hazard ratio, 6.2; 95% CI, 1.4-28.5; P =.007). Conclusions and Relevance: Restaging MRI is important in clinical decision making in lateral nodal disease. In patients with shrinkage of lateral nodes from an SA node size of 7 mm or greater on primary MRI to an SA node size of 4 mm or less on restaging MRI, which occurs in about 30% of cases, LLND can be avoided. However, persistently enlarged nodes in the internal iliac compartment indicate an extremely high risk of LLR, and an LLND lowered LLR in these cases.

    DOI: 10.1001/jamasurg.2019.2172

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Pattern of programmed cell death-ligand 1 expression and CD8-positive T-cell infiltration before and after chemoradiotherapy in rectal cancer 国際誌

    Ogura Atsushi, Akiyoshi Takashi, Yamamoto Noriko, Kawachi Hiroshi, Ishikawa Yuichi, Mori Seiichi, Oba Koji, Nagino Masato, Fukunaga Yosuke, Ueno Masashi

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   91 巻   頁: 11 - 20   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Cancer  

    Background The synergistic effect of combining immune checkpoint inhibitors with radiotherapy was reported recently, but there are few studies on programmed cell death-ligand 1 (PD-L1) expression in rectal cancer treated by preoperative chemoradiotherapy (CRT). The aim of the present study was to investigate the PD-L1 expression status before and after CRT and its association with clinicopathological characteristics and recurrence in rectal cancer. Methods Immunostainings of PD-L1 and CD8 were performed in 287 patients with rectal cancer treated by CRT. PD-L1 expression on the tumour cells (tPD-L1) and on the stromal immune cells (iPD-L1) was evaluated before and after CRT. CD8+ cell density in tumour area (tCD8+) before CRT and in the stromal area (sCD8+) before and after CRT was also evaluated. Results High tPD-L1 expression was observed in only three patients (1.0%). High iPD-L1 expression significantly increased from 31.7% before CRT to 49.2% after CRT (P < 0.0001). The increase in high iPD-L1 expression after CRT was only observed in patients with tumour regression grades 1 and 2. High iPD-L1 expression was associated with high tCD8+ cell density before CRT (P < 0.0001) and sCD8+ cell density after CRT (P < 0.0001). High tCD8+ cell density before CRT was associated with better disease-free survival (DFS) (P = 0.0331), but its improved effect on DFS could be observed in patients with high iPD-L1 expression (P = 0.0081), not in patients with low iPD-L1 expression (P = 0.516). Conclusion The present study demonstrated the significant correlations between iPD-L1 expression and CD8+ cell density both before and after CRT.

    DOI: 10.1016/j.ejca.2017.12.005

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Indications for neoadjuvant treatment based on risk factors for poor prognosis before and after neoadjuvant chemotherapy alone in patients with locally advanced rectal cancer 査読有り 国際誌

    Ogura Atsushi, Uehara Kay, Aiba Toshisada, Sando Masanori, Tanaka Aya, Ohara Noriaki, Murata Yuki, Sato Yusuke, Hattori Norifumi, Nakayama Goro, Ebata Tomoki, Kodera Yasuhiro, Nagino Masato

    EJSO   47 巻 ( 5 ) 頁: 1005 - 1011   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Surgical Oncology  

    Introduction: The oncological benefit of neoadjuvant chemotherapy (NAC) alone for locally advanced rectal cancer (LARC) remains controversial. The aim of this study was to clarify the clinical risk factors for poor prognosis before and after NAC for decision making regarding additional treatment in patients with LARC. Materials and methods: We examined a total of 96 patients with MRI-defined poor-risk locally advanced mid-low rectal cancer treated by NAC alone between 2006 and 2018. Survival outcomes and clinical risk factors for poor prognosis before and after NAC were analyzed. Results: In the median follow-up duration after surgery of 60 months (3–120), the rates of 5-year overall survival (OS), relapse-free survival (RFS), and local recurrence (LR) were 83.6%, 78.4%, and 8.2%, respectively. In the multivariate analyses, patients with cT4 disease had a significantly higher risk of poor OS (HR; 6.10, 95% CI; 1.32–28.15, P = 0.021) than those with cT3 disease. After NAC, ycN+ was significantly associated with a higher risk of poor OS (HR; 5.92, 95% CI; 1.27–27.62, P = 0.024) and RFS (HR; 2.55, 95% CI; 1.01–6.48, P = 0.048) than ycN-. In addition, patients with CEA after NAC (post-CEA) ≥ 5 ng/ml had a significantly higher risk LR (HR; 5.63, 95% CI; 1.06–29.93, P = 0.043). Conclusion: NAC alone had an insufficient survival effect on patients with cT4 disease, ycN+, or an elevated post-CEA level. In contrast, NAC alone is a potential treatment for other patients with LARC.

    DOI: 10.1016/j.ejso.2020.10.038

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. What is the impact of systemic chemotherapy for lateral lymph nodes in patients with locally advanced low rectal cancer? 査読有り 国際誌

    Ogura Atsushi, Uehara Kay, Aiba Toshisada, Hattori Norifumi, Nakayama Goro, Maeda Osamu, Ando Yuichi, Kodera Yasuhiro, Ebata Tomoki, Nagino Masato

    INTERNATIONAL JOURNAL OF COLORECTAL DISEASE   35 巻 ( 11 ) 頁: 2073 - 2080   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Colorectal Disease  

    Purpose: Systemic chemotherapy (SC) before surgery is a potential treatment to improve survival in patients with advanced rectal cancer. However, the impact of SC on lateral lymph nodes (LLNs) remains unclear. Methods: A total of 78 patients with stage II/III low rectal cancer, who received 3-month oxaliplatin-based SC followed by LLN dissection (LLND) in principle, were analysed retrospectively. “Total lateral lymph node metastases (tLLNMs)” was defined as having either pathological LLNMs (pLLNMs) or lateral local recurrences (LLRs). Patients with the maximum short-axis size of LLNs ≥ 7 mm were classified into the swollen group (n = 21). Results: In the total cohort, tLLNMs included 6 pLLNMs (7.7%) and 2 LLRs (2.6%). In the non-swollen group, no patients had pLLNMs, but one had LLR (1.8%). In the swollen group, pLLNMs and LLRs were detected in 6 (28.6%) and 1 (4.8%), respectively. The swollen group was an independent risk factor for tLLNMs (P < 0.001), leading to the significantly worse 5-year relapse-free survival (RFS) of 52.4% than the others. Conclusion: For patients without swollen LLNs, SC could allow for omission both of lateral irradiation and LLND. For patients with swollen LLNs, the lateral local control was favourable after SC and LLND without chemoradiotherapy (CRT); however, oxaliplatin-based SC might be insufficient to improve survival, requiring more intensive chemotherapy. CRT should be indicated according to the other risk factors of central local recurrence, although the swollen LLNs should be removed.

    DOI: 10.1007/s00384-020-03690-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Stoma creation is associated with a low incidence of midline incisional hernia after colorectal surgery: the "fighting over the fascia" theory concerning the incision and stoma hole

    Ohara Noriaki, Uehara Kay, Ogura Atsushi, Sando Masanori, Aiba Toshisada, Murata Yuki, Mizuno Takashi, Toshio Kokuryo, Yokoyama Yukihiro, Ishigaki Satoko, Li Yuanying, Yatsuya Hiroshi, Ebata Tomoki

    SURGERY TODAY   52 巻 ( 6 ) 頁: 953 - 963   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Surgery Today  

    Purpose: Parastomal hernia (PH) develops more frequently than incisional hernia (IH) after colorectal surgery with stoma. This study evaluated our hypothesis that inward traction of the fascia when closing a midline incision widens the stoma hole and increases the incidence of PH. Methods: A total of 795 patients who underwent colorectal resection between 2006 and 2016 were retrospectively analyzed. The risk classification was constructed from IH risk factors extracted from the non-stoma group. Then, the classification was extrapolated to the stoma group for predicting midline IH and PH. Results: The incidence of IH was 5.3% in the stoma group and 12.5% in the non-stoma group (p = 0.005). PH developed in 19.6% of 97 patients with permanent stoma. The risk classification was able to predict PH without a significant difference but was well balanced in patients with permanent stoma; however, it failed to predict IH in the stoma group. Conclusion: The risk classification constructed from the non-stoma group was useful for predicting not midline IH but PH, suggesting that the stoma site was the most vulnerable for herniation. The “fighting over the fascia” theory between the midline incision and stoma hole may explain the causal relationship between the midline IH and PH.

    DOI: 10.1007/s00595-021-02434-y

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. 特集 直腸癌局所再発に挑む-最新の治療戦略と手術手技 総論 局所再発直腸癌の治療方針-臓器温存手術や遠隔転移併存症例の手術適応も含めて

    村田 悠記, 上原 圭, 小倉 淳司, 杉田 静紀, 渡辺 伸元, 砂川 真輝, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 伊神 剛, 國料 俊男, 横山 幸浩, 江畑 智希

    臨床外科   77 巻 ( 5 ) 頁: 514 - 519   2022年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1407213704

    CiNii Research

  8. 特集 内視鏡手術からみえる新しい解剖学 II. 下部消化管 6.左側結腸癌に対する腹腔鏡下大動脈周囲リンパ節郭清

    相場 利貞, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 水野 隆史, 横山 幸浩, 江畑 智希

    外科   84 巻 ( 5 ) 頁: 484 - 488   2022年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:南江堂  

    DOI: 10.15106/j_geka84_484

    CiNii Research

  9. Early volume loss of skeletal muscle after esophagectomy: a risk for late-onset postoperative pneumonia

    Nishimura Koudai, Miyata Kazushi, Fukaya Masahide, Yokoyama Yukihiro, Uehara Kay, Yamaguchi Junpei, Mizuno Takashi, Onoe Shunsuke, Ogura Atsushi, Ebata Tomoki

    DISEASES OF THE ESOPHAGUS     2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1093/dote/doac019

    Web of Science

    PubMed

  10. Role of resection for extrahepatopulmonary metastases of colon cancer.

    Mishina T, Uehara K, Ogura A, Murata Y, Aiba T, Mizuno T, Yokoyama Y, Ebata T

    Japanese journal of clinical oncology     2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/jjco/hyac045

    PubMed

  11. Increased Risk of Thyroid Dysfunction by PD-1 and CTLA-4 Blockade in Patients Without Thyroid Autoantibodies at Baseline

    Iwama Shintaro, Kobayashi Tomoko, Yasuda Yoshinori, Okuji Takayuki, Ito Masaaki, Ando Masahiko, Zhou Xin, Yamagami Ayana, Onoue Takeshi, Kawaguchi Yohei, Miyata Takashi, Sugiyama Mariko, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Wakahara Keiko, Yokota Kenji, Kato Masashi, Nishio Naoki, Tanaka Chie, Miyata Kazushi, Ogura Atsushi, Ito Takanori, Sawada Tsunaki, Shimokata Tomoya, Niimi Kaoru, Ohka Fumiharu, Ishigami Masatoshi, Gotoh Momokazu, Hashimoto Naozumi, Saito Ryuta, Kiyoi Hitoshi, Kajiyama Hiroaki, Ando Yuichi, Hibi Hideharu, Sone Michihiko, Akiyama Masashi, Kodera Yasuhiro, Arima Hiroshi

    JOURNAL OF CLINICAL ENDOCRINOLOGY & METABOLISM   107 巻 ( 4 ) 頁: E1620 - E1630   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism  

    Background: Previous studies showed that although the risk of thyroid dysfunction [thyroid immune-related adverse events (irAEs)] induced by anti-programmed cell death-1 antibodies (PD-1-Ab) was as low as 2% to 7% in patients negative for anti-thyroid antibodies (ATAs) at baseline, it was much higher (30%-50%) in patients positive for ATAs. However, whether a similar increase occurs with combination therapy using PD-1-Ab plus anti-cytotoxic T-lymphocyte antigen-4 antibody (CTLA-4-Ab) is unknown. Methods: A total of 451 patients with malignancies treated with PD-1-Ab, CTLA-4-Ab, or a combination of PD-1-Ab and CTLA-4-Ab (PD-1/CTLA-4-Abs) were evaluated for ATAs at baseline and for thyroid function every 6 weeks for 24 weeks after treatment initiation and then observed until the last clinical visit. Results: Of the 451 patients, 51 developed thyroid irAEs after immunotherapy [41 of 416 (9.9%) treated with PD-1-Ab, 0 of 8 (0%) treated with CTLA-4-Ab, and 10 of 27 (37.0%) treated with PD-1/CTLA-4-Abs]. The cumulative incidence of thyroid irAEs was significantly higher in patients who were positive vs negative for ATAs at baseline after both PD-1-Ab [28/87 (32.2%) vs 13/329 (4.0%), P < 0.001] and PD-1/CTLA-4-Abs [6/10 (60.0%) vs 4/17 (23.5%), P < 0.05] treatments. The risk of thyroid irAEs induced by PD-1/CTLA-4Abs, which was significantly higher than that induced by PD-1-Ab, in patients negative for ATAs at baseline was not statistically different from that induced by PD-1-Ab in patients positive for ATAs at baseline. Conclusions: This study showed that the incidence of thyroid irAEs was high and not negligible after PD-1/CTLA-4-Abs treatment even in patients negative for ATAs at baseline.

    DOI: 10.1210/clinem/dgab829

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. 特集 胆道癌治療の最前線 II. 各論 4.肝外胆管癌に対する手術術式と適応

    尾上 俊介, 水野 隆史, 渡辺 伸元, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 上原 圭, 山口 淳平, 宮田 一志, 砂川 真輝, 小倉 淳司, 江畑 智希

    外科   84 巻 ( 2 ) 頁: 136 - 141   2022年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:南江堂  

    DOI: 10.15106/j_geka84_136

    CiNii Research

  13. Malignant Features in Pretreatment Metastatic Lateral Lymph Nodes in Locally Advanced Low Rectal Cancer Predict Distant Metastases 国際誌

    Kroon Hidde M., Dudi-Venkata Nagendra N., Bedrikovetski Sergei, Liu Jianliang, Haanappel Anouck, Ogura Atsushi, van de Velde Cornelis J. H., Rutten Harm J. T., Beets Geerard L., Thomas Michelle L., Kusters Miranda, Sammour Tarik

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   29 巻 ( 2 ) 頁: 1194 - 1203   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Annals of Surgical Oncology  

    Introduction: Pretreatment enlarged lateral lymph nodes (LLN) in patients with locally advanced low rectal cancer are predictive for local recurrences after neoadjuvant (chemo)radiotherapy (n(C)RT) followed by total mesorectal excision (TME). Not much is known of the impact on oncological outcomes when in addition malignant features are present in enlarged LLN. Patients and Methods: A multicenter retrospective cohort study was conducted at five tertiary referral centers in the Netherlands and Australia. All patients were diagnosed with locally advanced low rectal cancer with LLN on pretreatment magnetic resonance imaging (MRI) and underwent n(C)RT followed by TME. LLN were considered enlarged with a short axis of ≥ 5 mm. Malignant features were defined as nodes with internal heterogeneity and/or border irregularity. Outcomes of interest were local recurrence-free survival (LRFS), distant metastatic-free survival (DMFS), and overall survival (OS). Results: Out of 115 patients, the majority was male (75%) and the median age was 64 years (range 26–85 years). Median pretreatment LLN short axis was 7 mm (range 5–28 mm), and 60 patients (52%) had malignant features. After a median follow-up of 47 months, patients with larger LLN (7 + mm) had a worse LRFS (p = 0.01) but no difference in DMFS (p = 0.37) and OS (p = 0.54) compared with patients with smaller LLN (5–6 mm). LLN patients with malignant features had no difference in LRFS (p = 0.20) but worse DMFS (p = 0.004) and OS (p = 0.006) compared with patients without malignant features in the LLN. Cox regression analysis identified LLN short axis as an independent factor for LR. Malignant features in LLN were an independent factor for DMFS. Conclusion: The current study suggests that pretreatment enlarged LLN that also harbor malignant features are predictive of a worse DMFS. More studies will be required to further explore the role of malignant features in LLN.

    DOI: 10.1245/s10434-021-10762-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  14. ASO Visual Abstract: Malignant Features in Pretreatment Metastatic Lateral Lymph Nodes in Locally Advanced Low Rectal Cancer Predict Distant Metastases

    Kroon Hidde M., Dudi-Venkata Nagendra N., Bedrikovetski Sergei, Liu Jianliang, Haanappel Anouck, Ogura Atsushi, van de Velde Cornelis J. H., Rutten Harm J. T., Beets Geerard L., Thomas Michelle L., Kusters Miranda, Sammour Tarik

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   29 巻 ( 2 ) 頁: 1206 - 1207   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1245/s10434-021-10935-w

    Web of Science

  15. 盲腸癌術後の大腿骨頭前軟部組織再発に対する外科治療の経験

    三品 拓也, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 村田 悠記, 神原 祐一, 鈴木 優美, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 江畑 智希

    日本大腸肛門病学会雑誌   75 巻 ( 1 ) 頁: 44 - 50   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本大腸肛門病学会  

    <p>再発大腸癌に対する完全切除は治癒や長期予後を得るために重要な治療法である.今回,解剖学的知識に疎い大腿骨頭周囲への稀な再発を,整形外科と合同で積極的に切除した経験を報告する.</p><p>症例は69歳の女性.前医で右大腿まで広範囲に膿瘍形成を伴う盲腸癌の後腹膜穿通と診断された.全身化学療法により腫瘍は著明に縮小し,2年半前に回盲部切除術,腸腰筋および右付属器合併切除が施行された.今回,大腿骨頭腹側の腫瘤を指摘され,当院での切開生検で盲腸癌再発と診断された.孤発性転移であり,整形外科と合同で関節包および大腿神経合併切除を伴う腫瘍切除を施行した.寛骨臼との剥離面に術中放射線照射を追加した.同部は病理学的検査でR1と診断された.術後難治性リンパ漏に対し,形成外科と合同で腹直筋皮弁充填術を施行した.術後1年7ヵ月の現在,脳髄膜播種再発は認めるものの局所制御は良好で,良好なQOLを保ちつつ,全身化学療法を継続中である.</p>

    DOI: 10.3862/jcoloproctology.75.44

    CiNii Research

  16. 有茎腹直筋皮弁を用いた会陰再建後に筋皮弁温存骨盤内臓全摘術を施行した1例

    村田 悠記, 上原 圭, 小倉 淳司, 相場 利貞, 三品 拓也, 神原 祐一, 鈴木 優美, 江畑 智希

    日本大腸肛門病学会雑誌   75 巻 ( 1 ) 頁: 15 - 20   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本大腸肛門病学会  

    <p>症例は75歳,男性.1年前に前医で,痔瘻癌に対する腹会陰式直腸切断術および右腹直筋皮弁による会陰再建が施行された.病理組織診断は粘液癌,pT4N0M0で,R1切除であった.今回,術後局所再発を指摘され当科を受診した.CT検査では,前立腺の右側で腹直筋皮弁の腹側に30mm大の嚢胞性腫瘤が存在し,穿刺生検で印環細胞癌を認めた.筋皮弁の主栄養血管である右下腹壁動静脈への浸潤はないと判断し,腹直筋皮弁温存の骨盤内臓全摘術を施行し,R0切除が得られた.</p><p>会陰部へ広範に進展する直腸癌や痔瘻癌では切除後に腹直筋皮弁による会陰再建が行われることは少なくない.しかし,術後に局所再発をきたせば,再手術時に筋皮弁の取扱いに苦慮することは想像に難くない.栄養血管の温存は技術的難易度が高く,時として癌に近付き根治性を損ないかねないため,適応は慎重に考慮すべきであるが,筋皮弁切除を回避できたメリットは大きかった.</p>

    DOI: 10.3862/jcoloproctology.75.15

    CiNii Research

  17. The significance of the time to arterial perfusion in intraoperative ICG angiography during colorectal surgery 査読有り 国際誌

    Aiba Toshisada, Uehara Kay, Ogura Atsushi, Tanaka Aya, Yonekawa Yoshihiko, Hattori Norifumi, Nakayama Goro, Kodera Yasuhiro, Ebata Tomoki, Nagino Masato

    SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES   35 巻 ( 12 ) 頁: 7227 - 7235   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surgical Endoscopy  

    Background: Intraoperative indocyanine green angiography (ICG-A) is a promising tool to confirm blood supply; however, the assessment is difficult without clear demarcation. In this study, the clinical impact of the time to arterial perfusion (TAP) on anastomotic leakage (AL) was evaluated, especially in patients without ICG demarcation. Methods: The TAP was assessed using ICG-A during colorectal surgery in 110 patients. ICG demarcation required changing the transection line, and the TAP was measured at the new stump. The patients were divided into marginal flow (MF) and direct flow (DF) groups according to the arterial route. Delayed TAP was defined as the third quartile or slower TAP in each group. Results: Sixty-six patients (60%) were classified into the MF group, including 64 patients who underwent rectal or sigmoid resection with high ligation of the inferior mesenteric artery. The cut-off value of the delayed TAP in the MF group was significantly slower than that in the DF group (30 and 22 s, respectively, p < 0.001). In the entire cohort, the transection line was changed in 2 patients, resulting in no AL. Nevertheless, AL still developed in 6 patients (5.4%), 5 of whom were in the MF group, and delayed TAP was found in 5 of 6 patients. Delayed TAP was significantly associated with AL in the MF group (p = 0.046). Conclusions: In patients without ICG demarcation, delayed TAP might be helpful for predicting the high-risk patients with AL in the MF group; however, performing diverting stoma or strictly careful observation might be a realistic reaction.

    DOI: 10.1007/s00464-020-08185-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  18. 増刊号 Stepごとに要点解説 標準術式アトラス最新版-特別付録Web動画 4.大腸 直腸癌-骨盤内臓全摘術

    小倉 淳司, 上原 圭, 村田 悠記, 三品 拓也, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 横山 幸浩, 江畑 智希

    臨床外科   76 巻 ( 11 ) 頁: 128 - 137   2021年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1407213500

    CiNii Research

  19. II. Treatment for Recurrent Cholangiocarcinoma

    Watanabe N., Yokoyama Y., Igami T., Uehara K., Mizuno T., Yamaguchi J., Miyata K., Onoe S., Ogura A., Ebata T.

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   48 巻 ( 10 ) 頁: 1223 - 1226   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy  

    Scopus

  20. [Ⅱ.Treatment for Recurrent Cholangiocarcinoma].

    Nobuyuki Watanabe, Yukihiro Yokoyama, Tsuyoshi Igami, Kay Uehara, Takashi Mizuno, Junpei Yamaguchi, Kazushi Miyata, Shunsuke Onoe, Atsushi Ogura, Tomoki Ebata

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   48 巻 ( 10 ) 頁: 1223 - 1226   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  21. Local recurrences in western low rectal cancer patients treated with or without lateral lymph node dissection after neoadjuvant (chemo) radiotherapy: An international multi-centre comparative study 国際誌

    Kroon Hidde M., Malakorn Songphol, Dudi-Venkata Nagendra N., Bedrikovetski Sergei, Liu Jianliang, Kenyon-Smith Tim, Bednarski Brian K., Ogura Atsushi, van de Velde Cornelis J. H., Rutten Harm J. T., Beets Geerard L., Thomas Michelle L., Kusters Miranda, Chang George J., Sammour Tarik

    EJSO   47 巻 ( 9 ) 頁: 2441 - 2449   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Surgical Oncology  

    Background: In the West, low rectal cancer patients with abnormal lateral lymph nodes (LLNs) are commonly treated with neoadjuvant (chemo)radiotherapy (nCRT) followed by total mesorectal excision (TME). Additionally, some perform a lateral lymph node dissection (LLND). To date, no comparative data (nCRT vs. nCRT + LLND) are available in Western patients. Methods: An international multi-centre cohort study was conducted at six centres from the Netherlands, US and Australia. Patients with low rectal cancers from the Netherlands and Australia with abnormal LLNs (≥5 mm short-axis in the obturator, internal iliac, external iliac and/or common iliac basin) who underwent nCRT and TME (LLND-group) were compared to similarly staged patients from the US who underwent a LLND in addition to nCRT and TME (LLND + group). Results: LLND + patients (n = 44) were younger with higher ASA-classifications and ypN-stages compared to LLND-patients (n = 115). LLND + patients had larger median LLNs short-axes and received more adjuvant chemotherapy (100 vs. 30%; p < 0.0001). Between groups, the local recurrence rate (LRR) was 3% for LLND + vs. 11% for LLND- (p = 0.13). Disease-free survival (DFS, p = 0.94) and overall survival (OS, p = 0.42) were similar. On multivariable analysis, LLND was an independent significant factor for local recurrences (p = 0.01). Sub-analysis of patients who underwent long-course nCRT and had adjuvant chemotherapy (LLND-n = 30, LLND + n = 44) demonstrated a lower LRR for LLND + patients (3% vs. 16% for LLND-; p = 0.04). DFS (p = 0.10) and OS (p = 0.11) were similar between groups. Conclusion: A LLND in addition to nCRT may improve loco-regional control in Western patients with low rectal cancer and abnormal LLNs. Larger studies in Western patients are required to evaluate its contribution.

    DOI: 10.1016/j.ejso.2021.06.004

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  22. The carcinoembryonic antigen ratio is a potential predictor of survival in recurrent colorectal cancer

    Suzuki Yumi, Ogura Atsushi, Uehara Kay, Aiba Toshisada, Ohara Noriaki, Murata Yuki, Jinno Takanori, Mishina Takuya, Sato Yusuke, Hattori Norifumi, Nakayama Goro, Kodera Yasuhiro, Ebata Tomoki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   26 巻 ( 7 ) 頁: 1264 - 1271   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Clinical Oncology  

    Background: The carcinoembryonic antigen (CEA) “value” itself is often useless in patients with a normal CEA level at initial presentation and those with tumor-irrelevant elevated CEA. Although the unified marker using CEA has been desirable for recurrent tumor staging as well as for primary tumor staging, little is known concerning its relationship with the survival of patients with recurrent colorectal cancer in particular. Methods: This retrospective historical study included patients who experienced disease relapse after curative surgery for stage I–III colorectal cancer between 2006 and 2018. A total of 129 patients with recurrent disease after curative surgery for colorectal cancer were included. We focused on the CEA “ratio” (CEA-R: the ratio of the CEA level at the time of recurrence to that measured 3 months before recurrence) and aimed to evaluate the correlation between CEA-R and survival in recurrent colorectal cancer. Results: Patients with a high CEA-R (≥ 2) exhibited significantly worse 2 year survival than those with a low CEA-R (< 2) (88.1% vs. 44.9%, P < 0.001), irrespective of the CEA value before primary resection. Multivariate analyses demonstrated that the CEA-R (HR; 3.270, 95% CI 1.646–6.497, P = 0.001) was a significant prognostic factor. Conclusion: The CEA-R is a potential marker stratifying the survival of patients with disease relapse who exhibit aggressive biology at recurrent disease foci. As a novel marker, the CEA-R would serve as a clinical guide for tailoring treatment strategies at the time of disease relapse in patients with colorectal cancer.

    DOI: 10.1007/s10147-021-01919-7

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  23. 特集 側方リンパ節郭清のすべて-開腹からロボット手術まで 手技の実際 経肛門的アプローチによる側方リンパ節郭清

    相場 利貞, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 三品 拓也, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 江畑 智希

    臨床外科   76 巻 ( 5 ) 頁: 596 - 602   2021年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1407213349

    CiNii Research

  24. 特集 専門医必携 新外科手術書-新しい手術手技のエッセンス IV. 大腸 5.剝離層を意識した腹腔鏡下低位前方切除術の手術手技

    小倉 淳司, 上原 圭, 相場 利貞, 村田 悠記, 江畑 智希

    外科   83 巻 ( 5 ) 頁: 506 - 512   2021年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:南江堂  

    DOI: 10.15106/j_geka83_506

    CiNii Research

  25. Laparoscopic surgery for sigmoid colon cancer with complicated communication between the superior and inferior mesenteric arteries 査読有り

    Kobayashi Ryutaro, Ogura Atsushi, Kawai Satoru, Takagi Kenji, Kawai Kiyotaka, Maeda Takashi, Sando Masanori, Yogo Konosuke, Nagano Natsuki, Kamiya Satoaki

    ASIAN JOURNAL OF ENDOSCOPIC SURGERY   14 巻 ( 2 ) 頁: 267 - 270   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Asian journal of endoscopic surgery  

    To perform complete mesocolic excision with central vessel ligation, it is important to recognize the vessel anomaly and the location of the tumor. For left-sided colon cancer, the variations in the course of the left colic artery and accessary middle colic artery must be recognized preoperatively. Here, we describe our experience with a 57-year-old man who was diagnosed with sigmoid colon cancer with complicated inter-mesenteric connections between the inferior mesenteric artery (IMA) and superior mesenteric artery (SMA), possibly due to median arcuate ligament syndrome. We performed laparoscopic sigmoidectomy with low ligation of the IMA to preserve the extremely enlarged left colic artery. The total operative time was 155 minutes, and the estimated total blood loss was 10 mL. The patient was discharged on postoperative day 9 without any postoperative complications. For patients with vascular anomalies in the left-sided mesocolon, preoperatively ruling out SMA stenosis by using angiography and 3-D CT might be important.

    DOI: 10.1111/ases.12844

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  26. Rectal cancer lateral lymph nodes: multicentre study of the impact of obturator and internal iliac nodes on oncological outcomes

    Schaap D. P., Boogerd L. S. F., Konishi T., Cunningham C., Ogura A., Garcia-Aguilar J., Beets G. L., Suzuki C., Toda S., Lee I. K., Sammour T., Uehara K., Lee P., Tuynman J. B., van de Velde C. J. H., Rutten H. J. T., Kusters M.

    BRITISH JOURNAL OF SURGERY   108 巻 ( 2 ) 頁: 205 - 213   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:The British journal of surgery  

    BACKGROUND: In patients with rectal cancer, enlarged lateral lymph nodes (LLNs) result in increased lateral local recurrence (LLR) and lower cancer-specific survival (CSS) rates, which can be improved with (chemo)radiotherapy ((C)RT) and LLN dissection (LLND). This study investigated whether different LLN locations affect oncological outcomes. METHODS: Patients with low cT3-4 rectal cancer without synchronous distant metastases were included in this multicentre retrospective cohort study. All MRI was re-evaluated, with special attention to LLN involvement and response. RESULTS: More advanced cT and cN category were associated with the occurrence of enlarged obturator nodes. Multivariable analyses showed that a node in the internal iliac compartment with a short-axis (SA) size of at least 7 mm on baseline MRI and over 4 mm after (C)RT was predictive of LLR, compared with a post-(C)RT SA of 4 mm or less (hazard ratio (HR) 5.74, 95 per cent c.i. 2.98 to 11.05 vs HR 1.40, 0.19 to 10.20; P < 0.001). Obturator LLNs with a SA larger than 6 mm after (C)RT were associated with a higher 5-year distant metastasis rate and lowered CSS in patients who did not undergo LLND. The survival difference was not present after LLND. Multivariable analyses found that only cT category (HR 2.22, 1.07 to 4.64; P = 0.033) and margin involvement (HR 2.95, 1.18 to 7.37; P = 0.021) independently predicted the development of metastatic disease. CONCLUSION: Internal iliac LLN enlargement is associated with an increased LLR rate, whereas obturator nodes are associated with more advanced disease with increased distant metastasis and reduced CSS rates. LLND improves local control in persistent internal iliac nodes, and might have a role in controlling systemic spread in persistent obturator nodes.Members of the Lateral Node Study Consortium are co-authors of this study and are listed under the heading Collaborators.

    DOI: 10.1093/bjs/znaa009

    Web of Science

    Scopus

  27. Malignant Features in Pre-Treatment Metastatic Lateral Lymph Nodes in Low Rectal Cancers Predict Distant Metastases and Survival, But Not Local Recurrences

    Kroon H., Dudi-Venkata N., Bedrikovetski S., Liu J., Haanappel A., Ogura A., van de Velde C., Rutten H., Beets G., Thomas M., Kusters M., Sammour T.

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   28 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: S13 - S13   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  28. The survival benefit of neoadjuvant chemotherapy for resectable colorectal liver metastases with high tumor burden score

    Yonekawa Yoshihiko, Uehara Kay, Mizuno Takashi, Aiba Toshisada, Ogura Atsushi, Mukai Toshiki, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Kodera Yasuhiro, Nagino Masato

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   26 巻 ( 1 ) 頁: 126 - 134   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Clinical Oncology  

    Background: The indications for neoadjuvant chemotherapy (NAC) in resectable colorectal liver metastases (CRLMs) remain unclear. Tumor burden score (TBS) is a prognostic tool based on tumor size and number of tumors. However, its utility in the NAC setting for initially resectable CRLM has never been investigated. Methods: TBS is a distance from the origin on a Cartesian plane to the coordinates (x, y) = (tumor size in centimeter, number of tumors). TBS < 3 was defined as “TBS-low”, whereas TBS ≥ 3 as “TBS-high”. Between 2008 and 2018, 102 patients who underwent hepatectomy for resectable CRLM were retrospectively analyzed using the Kaplan–Meier method and Cox proportional hazards regression models. Results: Among the TBS-low (n = 46) and TBS-high (n = 56) groups, baseline patient characteristics were mostly similar except for TBS-related parameters. NAC was more frequently administered in the TBS-high group (p = 0.038). The overall survival (OS) rates were similar between the two groups. Subgroup analysis showed that NAC was associated with non-significantly improved 5-year OS in the TBS-high group [76.1% with NAC and 54.9% without NAC (p = 0.093)]. In multivariate analysis, NAC was an independent prognostic factor for favorable OS only in the TBS-high group, while adjuvant chemotherapy (AC) was associated with improved OS only in the TBS-low group. Conclusion: In patients with resectable CRLM, the TBS-high population had a survival benefit from NAC, while the TBS-low population benefited from AC. TBS may serve as an indicator for patients who will benefit from NAC.

    DOI: 10.1007/s10147-020-01793-9

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  29. Pathological Complete Response to Second Line Chemotherapy in a Patient with Cervical Lymph Node Metastasis from Transverse Colon Cancer with RAS and BRAF V600E Mutations: A Case Report

    Murata Y., Uehara K., Aiba T., Ogura A., Fukaya M., Miyata K., Tanaka A., Ohara N., Jinno T., Ebata T.

    Japanese Journal of Gastroenterological Surgery   54 巻 ( 4 ) 頁: 278 - 284   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japanese Journal of Gastroenterological Surgery  

    Patients with colorectal cancer with the BRAF V600E mutation, which rarely coexists with a RAS mutation, have an extremely poor prognosis. In contrast, the outcomes of patients with a BRAF mutation and high microsatellite instability (MSI-high) have been found to be favorable. Thus, the significance of having multiple mutations remains unclear. We experienced a rare case with cervical lymph node metastasis from right-sided transverse colon cancer with RAS mutation, BRAF mutation and MSI-high, which developed 9 months after primary resection, just after completion of oxaliplatin-based 6-month adjuvant chemotherapy. As second-line chemotherapy, the patient received FOLFIRI plus aflibercept for 12 months. The tumor shrank markedly from 37 mm to 12 mm in maximum diameter and no new lesion was found; therefore, she underwent conversion surgery. Pathological findings confirmed no residual cancer cells (pathological complete response). Although the postoperative follow-up period is still <9 months, the patient has had no additional treatment after conversion surgery and is alive without recurrence. This case suggests that even in patients with metastatic colorectal cancer with the BRAF V600E mutation, aggressive surgical treatment might be an option in a situation of well-controlled systemic disease similar to that without a BRAF mutation. Further investigation of the significance of coexisting MSI-high with a BRAF mutation is required.

    DOI: 10.5833/jjgs.2020.0057

    Scopus

    CiNii Research

  30. Pelvic exenteration associated with future renal dysfunction 査読有り

    Sando Masanori, Uehara Kay, Li Yuanying, Alba Toshisada, Ogura Atsushi, Ebata Tomoki, Kodera Yasuhiro, Yatsuya Hiroshi, Nagino Masato

    SURGERY TODAY   50 巻 ( 12 ) 頁: 1601 - 1609   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surgery Today  

    Purpose: This study aimed to clarify the long-term change in the renal function after pelvic exenteration (PE) and to evaluate the risk factors for any future dysfunction. Methods: This study comprised 40 patients. A greater than 25% decline in the estimated glomerular filtration rate (eGFR) at 3 years was defined as early renal function disorder (ERFD), possibly predicting future chronic kidney disease (CKD). Results: In the entire cohort, the median eGFR decreased by 23% at 3 years, and CKD developed in 50%. The patients were divided into the ERFD (n = 16) and non-ERFD (n = 24) groups. In the ERFD group, the eGFR significantly decreased by 28% during the first 1.5 years and continued to decline after that, resulting in 81.3% of patients reaching CKD, whereas it was 4% and 37.5%, respectively, in the non-ERFD group. In a growth model analysis, late urinary tract complications (UTC) and small bowel obstruction were shown to be risk factors for ERFD. Conclusion: Although PE was associated with a high incidence of future CKD, ERFD could predict it. Close observation of the eGFR decline over 1.5 years might be beneficial to identify ERFD patients. High-risk patients with late UTC and small bowel obstruction should, therefore, be observed carefully.

    DOI: 10.1007/s00595-020-02036-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  31. The role of surgery for locally recurrent and second recurrent rectal cancer with metastatic disease 査読有り 国際誌

    Tanaka Aya, Uehara Kay, Aiba Toshisada, Ogura Atsushi, Mukai Toshiki, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Kodera Yasuhiro, Nagino Masato

    SURGICAL ONCOLOGY-OXFORD   35 巻   頁: 328 - 335   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surgical Oncology  

    Background: The role of surgery for locally recurrent rectal cancer (LRRC) with resectable distant metastases or second LRRC remains unclear. This study aimed to clarify the influence of synchronous distant metastases (SDMs), a history of distant metastasis resection (HDMR), and a second LRRC on the outcome. Methods: The long-term outcomes of 70 surgically treated patients with LRRC between 2006 and 2018 were compared by SDM (n = 10), HDMR (n = 17), and second LRRC (n = 7). Results: Among the 10 patients with SDM, 4 patients underwent simultaneous resection, whereas the other 6 underwent staged resection with distant first approach. Recurrence developed in 9 patients, of which 2 patients with liver re-resection achieved long-term survival without cancer. The patients with and without SDM had equivalent 5-year overall survival rate (40.5% vs. 53.3%, p = 0.519); however, patients with SDM had a worse 3-year recurrence-free survival rate than those without SDM (10.0% vs. 37.5%, p = 0.031). Multivariate analysis showed that primary non-sphincter-preserving surgery, second LRRC, and R1 resection were independent risk factors for overall survival. Similarly, primary non-sphincter-preserving surgery, second LRRC, SDM, and R1 resection were risk factors for recurrence-free survival. Conclusions: Patients with SDM might still be suitable to undergo salvage surgery and achieve favourable overall survival. Distant metastasectomy should be performed first, followed by a sufficient interval to avoid unnecessary LRRC resection in uncurable patients. An HDMR should not be taken into consideration when making surgical plans. Surgical indication of second LRRC should be strict, especially in referred patients.

    DOI: 10.1016/j.suronc.2020.09.001

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  32. 各科(外科、婦人科、泌尿器科)における側方リンパ節(骨盤リンパ節)郭清意義と実際 下部進行直腸癌に対する側方リンパ節郭清の意義、予防的郭清から新たなステージへ

    小倉 淳司, 上原 圭介, 相場 利貞, 山東 雅紀, 田中 綾, 小池 佳勇, 大原 規彰, 村田 悠記, 神野 孝徳, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 小寺 泰弘, 梛野 正人

    日本外科系連合学会誌   45 巻 ( 5 ) 頁: 565 - 565   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

  33. 大動脈周囲リンパ節にS状結腸癌と前立腺癌の転移を認めた同時性重複癌の1例

    神野 孝徳, 上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規彰, 村田 悠記, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 小寺 泰弘, 梛野 正人

    日本外科系連合学会誌   45 巻 ( 5 ) 頁: 655 - 655   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

  34. 局所再発直腸癌および肝転移切除後の長期生存例に発症した下行結腸ストマ部癌の一例

    村田 悠記, 上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規彰, 神野 孝徳, 佐藤 雄三, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 小寺 泰弘, 梛野 正人

    日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌   36 巻 ( 3 ) 頁: 128 - 128   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会  

  35. Neoadjuvant (chemo)radiotherapy and Lateral Node Dissection: Is It Mutually Exclusive? 査読有り 国際誌

    Ogura Atsushi, van Oostendorp Stefan, Kusters Miranda

    CLINICS IN COLON AND RECTAL SURGERY   33 巻 ( 06 ) 頁: 355 - 360   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Clinics in Colon and Rectal Surgery  

    The importance of total mesorectal excision (TME) has been the global standard of care in patients with rectal cancer. However, there is no universal strategy for lateral lymph nodes (LLN). The treatment of the lateral compartment remains controversial and has gone to the opposite directions between Eastern and Western countries in the past decades. In the East, mainly Japan, surgeons consider LLN metastases as regional disease and have performed TME with lateral lymph node dissection (LLND) without neoadjuvant (chemo)radiotherapy ([C]RT) in patients with clinical Stage II/III rectal cancer below the peritoneal reflection. In the West, neoadjuvant radiotherapy or has been the standard, and surgeons do not perform LLND assuming the (C)RT can sterilize most lateral lymph node metastasis (LLNM). Recent evidences show that lateral nodes are the major cause of local recurrence after (C)RT plus TME, and LLND reduces local recurrence particularly from the lateral compartment. Probably a combination of the two strategies, that is, neoadjuvant (C)RT plus LLND, would be needed to improve outcomes in patients with lateral nodal disease.

    DOI: 10.1055/s-0040-1714239

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  36. ICGを用いた大腸癌手術の現状と展望と創造 大腸切除術中ICG-angiographyの「時間」による評価とその課題

    相場 利貞, 上原 圭, 小倉 淳司, 田中 綾, 大原 規彰, 村田 悠記, 神野 孝徳, 鈴木 優美, 三品 拓也, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希

    日本臨床外科学会雑誌   81 巻 ( 増刊 ) 頁: 250 - 250   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  37. 高齢大腸癌患者に対する外科治療の成績

    相場 利貞, 上原 圭, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規彰, 神野 孝徳, 村田 悠記, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 江畑 智希, 小寺 泰弘, 梛野 正人

    日本消化器病学会雑誌   117 巻 ( 臨増大会 ) 頁: A717 - A717   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

  38. 局所進行・再発直腸癌に対する安全な手術手技 局所再発直腸癌の最難関"Sacroiliac recurrence"に対する挑戦と安全な手術手技

    小倉 淳司, 上原 圭, 相場 利貞, 田中 綾, 大原 規彰, 村田 悠記, 神野 孝徳, 鈴木 優美, 三品 拓也, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希

    日本臨床外科学会雑誌   81 巻 ( 増刊 ) 頁: 262 - 262   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  39. 大腸癌肺転移に対する術前化学療法の意義

    三品 拓也, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 田中 綾, 大原 規彰, 村田 悠記, 神野 孝徳, 鈴木 優美, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希

    日本臨床外科学会雑誌   81 巻 ( 増刊 ) 頁: 325 - 325   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  40. 【大腸癌術前治療up-to-date】大腸癌術前化学療法のup-to-date

    上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 村田 悠記, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 江畑 智希

    日本大腸肛門病学会雑誌   73 巻 ( 10 ) 頁: 417 - 423   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  41. Chemotherapy-free intervalを得るため積極的に手術適応としたBRAF V600E変異型盲腸癌腹膜播種再発の1例

    神野 孝徳, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 田中 綾, 大原 規彰, 村田 悠記, 鈴木 優美, 三品 拓也, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 江畑 智希

    日本大腸肛門病学会雑誌   73 巻 ( 9 ) 頁: A185 - A185   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  42. 骨盤内臓全摘術の手術手技と成績 骨盤内臓全摘術の基本と応用

    上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 田中 綾, 大原 規彰, 村田 悠記, 鈴木 優美, 三品 拓也, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 江畑 智希

    日本大腸肛門病学会雑誌   73 巻 ( 9 ) 頁: A68 - A68   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  43. 直腸癌に対する術前治療の現状と展望 下部進行直腸癌に対するpatient-adopted strategyを目指した当科の術前治療と成績

    小倉 淳司, 上原 圭, 相場 利貞, 田中 綾, 大原 規彰, 村田 悠記, 神野 孝徳, 鈴木 優美, 三品 拓也, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 江畑 智希

    日本大腸肛門病学会雑誌   73 巻 ( 9 ) 頁: A52 - A52   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  44. 大腸癌手術の精度とCMEとTMEの意義 直腸癌他臓器合併切除標本の環状切開処理によるCRMの意義

    相場 利貞, 上原 圭, 小倉 淳司, 田中 綾, 大原 規彰, 村田 悠記, 鈴木 優美, 三品 拓也, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 江畑 智希

    日本大腸肛門病学会雑誌   73 巻 ( 9 ) 頁: A41 - A41   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  45. Importance of the neoadjuvant rectal (NAR) score to the outcome of neoadjuvant chemotherapy alone for locally advanced rectal cancer 査読有り

    Mukai Toshiki, Uehara Keisuke, Aiba Toshisada, Ogura Atsushi, Tsuzuki Toyonori, Tanaka Aya, Sando Masanori, Ohara Noriyuki, Sato Yusuke, Hattori Norifumi, Nakayama Goro, Kodera Yasuhiro, Nagino Masato

    SURGERY TODAY   50 巻 ( 8 ) 頁: 912 - 919   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surgery Today  

    Purpose: The neoadjuvant rectal (NAR) score is a promising indicator of survival after preoperative chemoradiotherapy for rectal cancer. However, its effectiveness after neoadjuvant chemotherapy (NAC) alone has not been fully investigated. Methods: We analyzed data retrospectively on 61 patients with rectal cancer, who received NAC followed by surgical resection between 2010 and 2015, and evaluated the impact of the NAR score on survival. Results: The median NAR score was 14.9. Of the 61 patients, 13, 35, and 13 were classified as having NAR-low (< 8), NAR-intermediate (8–16), and NAR-high (> 16) scores, respectively. The median observation period was 49.0 months. According to the NAR score, the 3-year DFS in the NAR-low group was 100%, which was significantly better than that in the NAR-intermediate (64.8%, p = 0.041), and NAR-high (61.5%, p = 0.018) groups. When the NAR-intermediate and NAR-high groups were investigated as a single high-risk group, the 3-year DFS of the patients who received adjuvant chemotherapy was 88.7%, which was significantly better than that of the patients who did not receive adjuvant chemotherapy (53.3%, p = 0.042). Conclusions: The NAR score may predict the DFS and could serve as a favorable indicator of adjuvant chemotherapy after NAC alone.

    DOI: 10.1007/s00595-020-01964-1

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  46. 2臓器以上への同時性遠隔転移を伴うStageIV大腸癌における長期生存例の検討

    田中 綾, 上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 大原 規彰, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 梛野 正人

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: DP - 6   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  47. 難治性直腸肛門病変を有するクローン病に対する直腸切断術の検討

    服部 憲史, 中山 吾郎, 上原 圭介, 相場 利貞, 佐藤 雄介, 小倉 淳司, 山田 豪, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 梛野 正人, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 1   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  48. 局所進行直腸癌に対する術前化学療法の効果と限界

    小倉 淳司, 上原 圭介, 相場 利貞, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規範, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 梛野 正人

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 8   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  49. 大腸癌術後腹壁瘢痕ヘルニアの発生リスク因子についての検討

    大原 規彰, 上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 梛野 正人

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 3:[Y]   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  50. 大腸癌局所再発に対する外科治療【International】局所再発直腸癌の外科治療 遠隔転移の有無や既往は手術適応に影響するか(Surgical treatment for locally recurrent rectal cancer: Does the presence or history of distant metastasis affect surgical indications?)

    上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規範, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 梛野 正人

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: WS - 5   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  51. 下部進行直腸癌に対する予防的側方郭清-あり vs なし-【なし】下部進行直腸癌に対する予防的側方郭清 ありvsなし "なし派"の立場から いかに選択的に側方郭清を行っていくか?

    小倉 淳司, 上原 圭介, 相場 利貞, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規範, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 梛野 正人

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: DB - 3   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  52. 特集 大腸外科手術におけるトラブルシューティング Ⅰ.術中出血 8)骨盤内臓全摘術における術中出血の予防と対処法

    相場 利貞, 上原 圭介, 小倉 淳司, 江畑 智希, 横山 幸浩, 梛野 正人

    手術   74 巻 ( 8 ) 頁: 1131 - 1137   2020年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:金原出版  

    DOI: 10.18888/op.0000001778

    CiNii Research

  53. 局所進行直腸癌に対する放射線照射を伴わない術前化学療法の経験を踏まえた当科の術前化学放射線療法

    相場 利貞, 上原 圭介, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規彰, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 梛野 正人

    日本消化器病学会雑誌   117 巻 ( 臨増総会 ) 頁: A322 - A322   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

  54. 特集 進行直腸癌のベストプラクティス II. 各論 5.局所再発直腸癌の再発部位を意識した治療戦略

    小倉 淳司, 上原 圭介, 相場 利貞, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 梛野 正人

    外科   82 巻 ( 7 ) 頁: 742 - 748   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:南江堂  

    DOI: 10.15106/j_geka82_742

    CiNii Research

  55. 局所再発直腸癌の再発部位を意識した治療戦略 招待有り 査読有り

    ⼩倉淳司、上原圭介、相場利貞、江畑智希、横⼭幸浩、國料俊男、伊神剛、深⾕昌秀、⽔野隆史、⼭⼝ 淳平、宮⽥ ⼀志、尾上 俊介、渡辺 伸元、梛野 正⼈

    外科   82 巻   頁: 742 - 748   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  56. 特集 taTMEのすべて 経肛門的側方リンパ節郭清

    相場 利貞, 上原 圭介, 小倉 淳司, 江畑 智希, 梛野 正人

    臨床外科   75 巻 ( 5 ) 頁: 576 - 581   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1407212935

    CiNii Research

  57. Cranial-first approach for safe laparoscopic surgery in right-sided colon cancer 査読有り 国際誌

    Kobayashi Ryutaro, Ogura Atsushi, Kawai Satoru, Takagi Kenji, Kawai Kiyotaka, Maeda Takashi, Aritake Tsukasa, Nagano Natsuki, Kamiya Satoaki

    TECHNIQUES IN COLOPROCTOLOGY   24 巻 ( 5 ) 頁: 489 - 490   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Techniques in Coloproctology  

    DOI: 10.1007/s10151-020-02158-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  58. 特集 大腸癌手術におけるリンパ節郭清の理論と手技 直腸癌に対する経肛門手術による側方リンパ節郭清

    小倉 淳司, 上原 圭介, 相場 利貞, 梛野 正人

    手術   74 巻 ( 3 ) 頁: 321 - 326   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:金原出版  

    DOI: 10.18888/op.0000001579

    CiNii Research

  59. 直腸癌に対する経肛門手術による側方リンパ節郭清 招待有り 査読有り

    小倉淳司、上原圭、相場利貞、梛野正人

    手術   74 巻   頁: 321 - 326   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  60. IV.大腸癌術前化学療法のup-to-date

    上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 村田 悠記, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 江畑 智希

    日本大腸肛門病学会雑誌   73 巻 ( 10 ) 頁: 417 - 423   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本大腸肛門病学会  

    <p>本邦での遠隔転移を伴わない局所進行大腸癌の標準治療は手術+術後補助化学療法であるものの,その治療成績が満足できるものとはいい難い.一方,近年の著しい薬物療法の進歩を背景に,術前化学療法(NAC)は日常臨床の中で徐々に普及しているが,その長期成績は明らかでない.</p><p>直腸癌に対する術前化学療法(NAC)は欧米では放射線化学療法(CRT)を省略することになり,高リスク症例では受け入れられ難い.しかし,術前治療を一般的に行って来なかった本邦では,NACは単に術後補助化学療法の前倒しであり,可能な施設に限りがあるCRTと比較して,多くの施設で受け入れられやすい.</p><p>NACはCRTと比較して局所効果はやや劣るものの,生存率は遜色ない.今後は,リスク分類により個別化治療を提供していく必要がある.</p>

    DOI: 10.3862/jcoloproctology.73.417

    CiNii Research

  61. Complete Resection without Any Ostomies by Laparoscopic Extended Surgery for Locally Advanced T4 Sigmoid Colon Cancer Invading the Urinary Bladder and Ureter 査読有り 国際誌

    Ogura Atsushi, Aritake Tsukasa, Kawai Satoru, Yamamoto Shigeki, Takagi Kenji, Kawai Kiyotaka, Maeda Takashi, Kobayashi Ryutaro, Nagano Natsuki, Kamiya Satoaki

    CASE REPORTS IN SURGERY   2019 巻   頁: 9598183 - 9598183   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2019/9598183

    Web of Science

    PubMed

  62. 直腸癌局所再発・肝転移に対して積極的外科手術により得られた長期生存例に発症した下行結腸stoma部癌の一例

    小倉 淳司, 上原 圭介, 相場 利貞, 田中 綾, 山東 雅紀, 米川 佳彦, 大原 規彰, 渡辺 伸元, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 深谷 昌秀, 伊神 剛, 横山 幸浩, 江畑 智希, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 梛野 正人

    日本消化器病学会東海支部例会プログラム抄録集   131回 巻   頁: 65 - 65   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本消化器病学会-東海支部  

  63. Cranial-first approach of laparoscopic left colectomy for T4 descending colon cancer invading the Gerota's fascia 国際誌

    Ogura Atsushi, Kobayashi Ryutaro, Kawai Satoru, Takagi Kenji, Kawai Kiyotaka, Maeda Takashi, Aritake Tsukasa, Nagano Natsuki, Kamiya Satoaki

    SURGICAL CASE REPORTS   5 巻 ( 1 ) 頁: 159 - 159   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-019-0720-8

    Web of Science

    PubMed

  64. Cranial-first approach for laparoscopic surgery with splenic flexure mobilization. 査読有り

    Ogura A, Kobayashi R, Aritake T, Maeda T, Kawai K, Takagi K, Kawai S, Kamiya S

    Techniques in Coloproctology   23 巻 ( 7 ) 頁: 693-694   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Cranial-first approach for laparoscopic surgery with splenic flexure mobilization

    Ogura A., Kobayashi R., Aritake T., Maeda T., Kawai K., Takagi K., Kawai S., Kamiya S.

    TECHNIQUES IN COLOPROCTOLOGY   23 巻 ( 7 ) 頁: 693 - 694   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Techniques in Coloproctology  

    DOI: 10.1007/s10151-019-02010-0

    Web of Science

    Scopus

  66. Innovativeな大腸癌診断・治療 直腸癌に対する側方郭清の意義−術前(化学)放射線療法との比較 招待有り 査読有り

    小倉淳司、上原圭介、相場利貞、川井 覚、梛野正人

    外科   10 巻   頁: 1042 - 1049   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  67. Prognostic implications of MRI-detected lateral nodal disease and extramural vascular invasion in rectal cancer

    Schaap D. P., Ogura A., Nederend J., Maas M., Cnossen J. S., Creemers G. J., van Lijnschoten I., Nieuwenhuijzen G. A. P., Rutten H. J. T., Kusters M.

    BRITISH JOURNAL OF SURGERY   105 巻 ( 13 ) 頁: 1844 - 1852   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:British Journal of Surgery  

    Background: Lateral nodal disease in rectal cancer remains a subject of debate and is treated differently in the East and the West. The predictive value of lateral lymph node and MRI-detected extramural vascular invasion (mrEMVI) features on oncological outcomes was assessed in this study. Methods: In this retrospective cohort study, data on patients with cT3–4 rectal cancer within 8 cm from the anal verge were considered over a 5-year period (2009–2013). Lateral lymph node size, malignant features and mrEMVI features were evaluated and related to oncological outcomes. Results: In total, 192 patients were studied, of whom 30 (15·6 per cent) underwent short-course radiotherapy and 145 (75·5 per cent) received chemoradiotherapy. A lateral lymph node short-axis size of 10 mm or more was associated with a significantly higher 5-year lateral/presacral local recurrence rate of 37 per cent, compared with 7·7 per cent in nodes smaller than 10 mm (P = 0·041). Enlarged nodes did not result in a higher 5-year rate of distant metastasis (23 per cent versus 27·7 per cent in nodes smaller than 10 mm; P = 0·563). However, mrEMVI positivity was related to more metastatic disease (5-year rate 43 versus 26·3 per cent in the mrEMVI-negative group; P = 0·014), but not with increased lateral/presacral recurrence. mrEMVI occurred in 46·6 per cent of patients with nodes smaller than 10 mm, compared with 29 per cent in patients with nodes of 10 mm or larger (P = 0·267). Conclusion: Although lateral nodal disease is more a local problem, mrEMVI mainly predicts distant recurrence. The results of this study showed an unacceptably high local recurrence rate in patients with a short axis of 10 mm or more, despite neoadjuvant (chemo)radiotherapy.

    DOI: 10.1002/bjs.10949

    Web of Science

    Scopus

  68. Endoscopic criteria to evaluate tumor response of rectal cancer to neoadjuvant chemoradiotherapy using magnifying chromoendoscopy. 国際誌

    Chino A, Konishi T, Ogura A, Kawachi H, Osumi H, Yoshio T, Kishihara T, Ide D, Saito S, Igarashi M, Akiyoshi T, Ueno M, Fujisaki J

    European journal of surgical oncology : the journal of the European Society of Surgical Oncology and the British Association of Surgical Oncology   44 巻 ( 8 ) 頁: 1247 - 1253   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Surgical Oncology  

    Background and aims: Precise endoscopic assessment of complete response to neoadjuvant chemoradiotherapy before surgery is important for optimizing surgical and non-surgical treatment. We prospectively evaluated the accuracy of the newly proposed endoscopic criteria to identify complete response, using magnifying chromoendoscopy. Methods: New endoscopic criteria were created to define endoscopic complete response, near complete response and incomplete response, using magnifying chromoendoscopy. The criteria contained notable endoscopic findings, including shape of the scar, state of the ulcer, finding of white moss, presence of residual protruded nodules, regenerated pits of the scar, presence of neoplastic pit patterns, and extension of rectal wall. Seventy-nine patients with rectal cancer who received neoadjuvant chemoradiotherapy were prospectively evaluated 1–3 days before resection. Diagnostic accuracy to identify pathological complete response and interobserver agreement among a supervising colonoscopist and two trainees were investigated. Results: Pathological complete response was obtained in 17 patients (21.5%). The diagnostic accuracy of endoscopic complete response was 85%, with a sensitivity of 47%, specificity of 97%, positive predictive value of 80% and negative predictive value of 77%. The kappa-value for interobserver agreement across 3 doctors was 0.57 (standard error, 0.74; 95% confidence interval, 0.39–0.76). Conclusion: The newly proposed endoscopic criteria using magnifying chromoendoscopy achieved excellent diagnostic accuracy to determine good responders to neoadjuvant chemoradiotherapy in rectal cancer, with fair interobserver agreement. The criteria could be clinically useful to select patients for non-surgical management.

    DOI: 10.1016/j.ejso.2018.04.013

    Scopus

    PubMed

  69. Pretreatment Serum Carbohydrate Antigen 19-9 Concentration Is a Predictor of Survival of Patients Who Have Undergone Curative Resection of Stage IV Rectal Cancer. 国際誌

    Miki H, Akiyoshi T, Ogura A, Nagasaki T, Konishi T, Fujimoto Y, Nagayama S, Noma H, Saiura A, Fukunaga Y, Ueno M

    Digestive surgery   35 巻 ( 5 ) 頁: 389 - 396   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Digestive Surgery  

    Background: To evaluate whether pretreatment carcinoembryonic antigen and carbohydrate antigen (CA)19-9 are useful predictors of survival in patients with stage IV rectal cancer who have undergone curative resection. Methods: In this retrospective study, data on 73 patients who had undergone curative resection of stage IV rectal cancer were reviewed. Associations between various clinicopathological factors and survival outcomes were analyzed. Results: According to univariate analysis, elevated pretreatment CA19-9 (p = 0.0028), R1 resection (p = 0.0318), and mucinous or poorly differentiated adenocarcinoma (p = 0.0228) were significantly associated with poor overall survival (OS), and lymph node metastasis (p = 0.0211) was significantly associated with poor disease-free survival (DFS). Multivariate analyses showed that elevated pretreatment serum CA19-9 concentration (hazard ratios [HR] 3.33; 95% CI 1.24-9.42; p = 0.0174) was an independent predictor for OS and lymph node metastasis (HR 2.26; 95% CI 1.15-4.82; p = 0.0164) was an independent predictor for DFS. Among 55 patients with recurrences after curative resection, the rate of complete resection of recurrences was significantly higher in patients with normal pretreatment CA19-9 than in those with elevated CA19-9 (p = 0.049). Post-recurrence survival was significantly worse in patients with elevated pretreatment CA19-9 than in those with normal CA19-9 (p = 0.0196). Conclusions: Pretreatment CA19-9 is good predictor of survival after curative resection of stage IV rectal cancer.

    DOI: 10.1159/000480247

    Scopus

    PubMed

  70. Skeletal muscle loss is an independent negative prognostic factor in patients with advanced lower rectal cancer treated with neoadjuvant chemoradiotherapy. 国際誌

    Takeda Y, Akiyoshi T, Matsueda K, Fukuoka H, Ogura A, Miki H, Hiyoshi Y, Nagasaki T, Konishi T, Fujimoto Y, Fukunaga Y, Ueno M

    PloS one   13 巻 ( 4 ) 頁: e0195406   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    Background The impact of body composition on the short- or long-term outcomes of patients with surgically treated advanced rectal cancer after neoadjuvant chemoradiotherapy remains unclear. This study examined the correlation between low skeletal muscle mass and morbidity and survival in patients with advanced lower rectal cancer. Methods We enrolled 144 clinical stage II/III patients with advanced lower rectal cancer who underwent neoadjuvant chemoradiotherapy followed by curative resection between 2004 and 2011. The cross-sectional skeletal muscle area at the third lumbar vertebra (L3) level was evaluated by computed tomography before chemoradiotherapy, and this was normalized by the square of the height to obtain the skeletal muscle index. Low skeletal muscle mass was defined as the sex-specific lowest quartile of the L3 skeletal muscle index. The association between low skeletal muscle mass and morbidity, relapse-free survival, or overall survival was assessed. Results Low skeletal muscle mass was identified in 37 (25.7%) patients. Age and body mass index were associated with low skeletal muscle mass. By multivariate analysis, we found that low skeletal muscle mass was independently associated with poor overall survival (hazard ratio = 2.93; 95%CI: 1.11–7.71; p = 0.031) and relapse-free survival (hazard ratio = 2.15; 95%CI: 1.06–4.21; p = 0.035), but was not associated with the rate of postoperative complications. Conclusions Low skeletal muscle mass is an independent negative prognostic factor for relapse-free and overall survival in patients with advanced lower rectal cancer treated with neoadjuvant chemoradiotherapy.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0195406

    Scopus

    PubMed

  71. 頸部嵌頓により急性胆嚢炎を呈した早期胆嚢癌の1例

    宇野 雅紀, 神谷 里明, 川井 覚, 高木 健司, 前田 孝, 小倉 淳司, 松浦 晃洋

    日本臨床外科学会雑誌   79 巻 ( 11 ) 頁: 2346 - 2349   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例は64歳の女性で,心窩部痛と嘔気を主訴に受診した.右季肋部に限局する軽度圧痛があり,CTで胆嚢腫大と胆嚢壁の浮腫状肥厚を認めて,急性胆嚢炎と診断した.胆嚢頸部に腫瘤影を認め,腫瘤の頸部嵌頓が胆嚢炎の原因と考えて,まずは抗菌薬による保存的治療を開始した.しかし,入院3日目に右季肋部痛と炎症所見が増悪したため緊急開腹術を施行した.胆嚢頸部に壁外から腫瘤を触知できず,胆嚢管を総胆管合流部近傍で切離して胆嚢を摘出した.切除標本では胆嚢頸部に径3cmの軟らかい有茎性腫瘍を認めた.肉眼的には腺腫あるいは早期癌が疑われ,追加切除やリンパ節郭清は行わなかった.病理組織検査で早期胆嚢癌と診断され,胆嚢剥離面や胆嚢管断端に癌の進展を認めなかった.胆嚢癌は自覚症状に乏しく,早期癌は胆石症の手術で偶然見つかることも多い.胆嚢頸部への嵌頓により生じた胆嚢炎を契機として発見された早期胆嚢癌はまれであり,報告をする.

    DOI: 10.3919/jjsa.79.2346

    CiNii Research

  72. The significance of extended lymphadenectomy for colorectal cancer with isolated synchronous extraregional lymph node metastasis. 国際誌

    Ogura A, Akiyoshi T, Takatsu Y, Nagata J, Nagasaki T, Konishi T, Fujimoto Y, Nagayama S, Fukunaga Y, Ueno M

    Asian journal of surgery   40 巻 ( 4 ) 頁: 254 - 261   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Asian Journal of Surgery  

    Background/Objective The significance of extended lymphadenectomy for colorectal cancer with extraregional lymph node metastasis, such as para-aortic lymph node metastasis, has not been established. The purpose of this study was to evaluate the significance of extended lymphadenectomy for colorectal cancer with synchronous isolated extraregional lymph node metastasis. Methods Between July 2004 and December 2013, 16 patients with synchronous extraregional lymph node metastasis without other organ metastases underwent curative resection and extended lymphadenectomy (R0 group). The clinical characteristics and survival outcomes of the R0 group were compared with those of 12 patients with extraregional lymph node metastasis who underwent palliative surgery (control group). Results In the R0 group, the 5-year cancer-specific survival (CSS) rate was 70.3% and the 5-year relapse-free survival (RFS) rate was 60.5%. The 5-year CSS differed significantly between the R0 and control groups (70.3% vs. 12.5%; p = 0.0003). Univariate analyses revealed that the total numbers of metastatic lymph nodes and metastatic regional lymph nodes present were significantly associated with RFS (p = 0.019 for both). Conclusion Findings from our study suggest that extended lymphadenectomy for colorectal cancer with synchronous isolated extraregional lymph node metastasis might be effective in carefully selected patients.

    DOI: 10.1016/j.asjsur.2015.10.003

    Scopus

    PubMed

  73. Does the depth of mesorectal invasion have prognostic significance in patients with ypT3 lower rectal cancer treated with preoperative chemoradiotherapy? 国際誌

    Ogura Atsushi, Akiyoshi Takashi, Yamamoto Noriko, Kawachi Hiroshi, Ishikawa Yuichi, Noma Hisashi, Nagino Masato, Fukunaga Yosuke, Ueno Masashi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF COLORECTAL DISEASE   32 巻 ( 3 ) 頁: 349 - 356   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Colorectal Disease  

    Purpose: The prognostic significance of the depth of mesorectal invasion (DMI) in patients with ypT3 rectal cancer who undergo preoperative chemoradiotherapy (CRT) is unclear. The purpose of this study was to evaluate the prognostic significance of DMI in ypT3 rectal cancer. Methods: A total of 168 (y)pT3 patients were evaluated, of whom 93 received preoperative CRT and 75 underwent surgery alone. Patients were subdivided into two groups according to the DMI (T3ab = DMI ≤5 mm and T3cd = DMI >5 mm). Oncologic outcomes were compared between the T3ab and T3cd groups and the ypT3ab and ypT3cd groups. Results: Relapse-free survival was significantly different between the pT3ab and pT3cd groups (74.1 vs 38.5%, P = 0.0192) but not between the ypT3ab and ypT3cd groups (65.9 vs 61.5%, P = 0.513). Multivariate analysis showed that DMI was an independent predictor of recurrence in pT3 patients (hazard ratio [HR] = 2.980, 95% confidence interval [CI] 1.227–7.025; P = 0.0169) and that ypN+ was an independent predictor of recurrence in ypT3 patients (HR = 3.487, 95% CI 1.570–8.827; P = 0.0016). Conclusions: DMI was not a significant predictive factor for recurrence in patients with ypT3 rectal cancer who underwent preoperative CRT, and ypN+ was the only independent predictive factor for recurrence.

    DOI: 10.1007/s00384-016-2716-1

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  74. Feasibility of Laparoscopic Total Mesorectal Excision with Extended Lateral Pelvic Lymph Node Dissection for Advanced Lower Rectal Cancer after Preoperative Chemoradiotherapy. 国際誌

    Ogura A, Akiyoshi T, Nagasaki T, Konishi T, Fujimoto Y, Nagayama S, Fukunaga Y, Ueno M, Kuroyanagi H

    World journal of surgery   41 巻 ( 3 ) 頁: 868 - 875   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Journal of Surgery  

    Background: The feasibility of additional lateral pelvic lymph node dissection (LPLND) compared with total mesorectal excision (TME) alone in patients treated with preoperative chemoradiotherapy (CRT) is controversial, especially in laparoscopic surgery. This study was performed to evaluate the feasibility of adding laparoscopic LPLND to TME in patients with advanced lower rectal cancer and swollen LPLNs treated with preoperative CRT. Methods: We reviewed 327 patients with lower rectal cancer without distant metastasis who underwent preoperative CRT followed by laparoscopic TME. Laparoscopic LPLND was added in patients with swollen LPLNs before CRT. Outcomes were compared between patients with (n = 107) and without (n = 220) LPLND. Results: LPLN metastasis was found in 26 patients (24.3 %) in the LPLND group. The operation time was significantly longer, and total blood loss was significantly greater in the LPLND than TME group (461 vs. 298 min and 115 vs. 30 mL, respectively; P < 0.0001). The major complication rate was similar in the LPLND and TME groups (9.3 vs. 5.5 %, respectively; P = 0.188), and there were no conversions to open surgery. The LPLND and TME groups also showed a similar 3-year relapse-free survival rate (84.7 vs. 82.0 %, respectively; P = 0.536) and local recurrence rate (3.2 vs. 5.2 %, respectively; P = 0.569) despite significantly more patients with pathological lymph node metastasis in the LPLND than TME group (37.4 vs. 22.3 %, respectively; P < 0.0001). Conclusions: Additional laparoscopic LPLND is feasible in patients with advanced lower rectal cancer and clinically swollen LPLNs treated with preoperative CRT, with no significant increase in major complications compared with TME alone.

    DOI: 10.1007/s00268-016-3762-0

    Scopus

    PubMed

  75. 腹腔鏡下回盲部切除を施行した虫垂子宮内膜症による虫垂重積の1例

    武田 泰裕, 長嵜 寿矢, 福岡 宏倫, 小倉 淳司, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 秋吉 高志, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資

    日本大腸肛門病学会雑誌   70 巻 ( 7 ) 頁: 463 - 468   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本大腸肛門病学会  

    患者は45歳,女性,主訴は下腹部痛と下血.下部内視鏡検査で虫垂開口部に30mm径で弾性硬な粘膜下腫瘍様隆起を指摘.腹部造影CTでも同部位に造影効果を伴う充実性腫瘤を認め,原発性虫垂癌および粘膜下腫瘍を疑い,周囲リンパ節腫大もあったため診断および治療目的に腹腔鏡下回盲部切除術を施行した.切除検体の肉眼所見では虫垂体部が盲腸内腔に向かって重積様に突出し,虫垂は著明に短縮していた.病理組織学的検査で粘膜下層から固有筋層にかけて強い線維化と子宮内膜組織を散在性に認め,虫垂子宮内膜症による完全型の虫垂重積症と診断した.虫垂子宮内膜症とそれによる虫垂重積症は非常にまれであり,腸管子宮内膜症は粘膜下腫瘍様の形態をとるため術前診断は困難とされる.今回,原発性虫垂腫瘍との鑑別に苦慮し,腹腔鏡下回盲部切除術を施行した虫垂子宮内膜症による虫垂重積の1例を経験したので文献的考察を加えて報告する.

    DOI: 10.3862/jcoloproctology.70.463

    CiNii Research

  76. Pagetoid spreadを伴う肛門管腺癌に対して術前全身化学療法と化学放射線療法を行いpCRが得られた1例

    福岡 宏倫, 長嵜 寿矢, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 小倉 淳司, 秋吉 高志, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 高松 学, 上野 雅資

    日本大腸肛門病学会雑誌   70 巻 ( 2 ) 頁: 81 - 87   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本大腸肛門病学会  

    症例は50歳女性,主訴は右鼠径部腫瘤.肛門管から下部直腸にかかる隆起性病変と肛門周囲皮膚に全周性の硬結・発赤を認めた.生検で肛門管内腫瘤から高分化腺癌,肛門周囲皮膚発赤部から上皮内に浸潤する癌細胞を認めた.精査にて右側方/鼠径リンパ節転移,肛門周囲皮膚へのpagetoid spreadを伴う肛門管腺癌と診断した.術前全身化学療法と術前化学放射線療法の後,腹腔鏡下直腸切断術,右側方/鼠径リンパ節郭清,会陰創皮弁形成術を施行.術後病理所見で癌細胞は認めず,pathological complete responseだった.Pagetoid spreadを伴う肛門管腺癌はまれであり確立した治療法はなく,予後不良である.本症例は術前治療が非常に有効であり,術前病期によっては前治療を含めた集学的治療も考慮するべきである.

    DOI: 10.3862/jcoloproctology.70.81

    CiNii Research

  77. Patient-centered outcomes to decide treatment strategy for patients with low rectal cancer. 国際誌

    Honda M, Akiyoshi T, Noma H, Ogura A, Nagasaki T, Konishi T, Fujimoto Y, Nagayama S, Fukunaga Y, Ueno M

    Journal of surgical oncology   114 巻 ( 5 ) 頁: 630 - 636   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Surgical Oncology  

    Background: For patients with low-lying rectal cancer, the feasibility of anus-preserving surgery in combination with neoadjuvant chemoradiotherapy (NACRT) has been not well established from the perspective of patient-centered outcomes. Methods: We investigated 278 patients with low-lying rectal adenocarcinoma from 2005 to 2012. We compared their symptoms and QOL scores of patients who underwent anus-preserving surgery with (n = 88) and without (n = 143) NACRT according to the Wexner scale, EORTC QLQ C-30, CR29, and the modified fecal incontinence quality life scale (mFIQL). Furthermore, to assess the rationale for intersphincteric resection (ISR) with NACRT, we also compared QOL of patients who underwent ISR with NACRT (n = 31) and abdominoperineal resection (APR, n = 47). Results: The adjusted mean differences of the Wexner score estimates of the patients who underwent ISR and very low anterior resection (VLAR) with or without NACRT were 5.29 (P = 0.004) and 2.67 (P = 0.009), respectively. No significant difference was observed in the QOL scores of two treatment groups. Furthermore, there were no significant differences in the QOL or function scores of patients who underwent ISR with NACRT and APR. Conclusion: The incontinence was significantly worse in patients who receive NACRT. However, there were no significant differences in their QOL or function scores. J. Surg. Oncol. 2016;114:630–636. © 2016 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/jso.24376

    Scopus

    PubMed

  78. Safety of Laparoscopic Pelvic Exenteration with Urinary Diversion for Colorectal Malignancies. 査読有り

    Ogura A, Akiyoshi T, Konishi T, Fujimoto Y, Nagayama S, Fukunaga Y, Ueno M.

    World Journal of Surgery   2016 巻 ( 40 ) 頁: 1236-1243   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Safety of Laparoscopic Pelvic Exenteration with Urinary Diversion for Colorectal Malignancies.

    4. Ogura A, Akiyoshi T, Konishi T, Fujimoto Y, Nagayama S, Fukunaga Y, Ueno M.

    World Journal of Surgery   40 巻 ( 5 ) 頁: 1236-1243   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Safety of Laparoscopic Pelvic Exenteration with Urinary Diversion for Colorectal Malignancies. 国際誌

    Ogura A, Akiyoshi T, Konishi T, Fujimoto Y, Nagayama S, Fukunaga Y, Ueno M

    World journal of surgery   40 巻 ( 5 ) 頁: 1236 - 43   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Journal of Surgery  

    Background: Although the feasibility of laparoscopic surgery for colorectal cancer has been demonstrated, the safety of laparoscopic pelvic exenteration (PE) with urinary diversion for colorectal malignancies remains poorly studied. The present study aimed to examine the safety and feasibility of laparoscopic PE in patients with colorectal malignancies. Methods: Thirty-one consecutive patients who underwent anterior or total PE with urinary diversion for colorectal malignancies between July 2004 and April 2015 at our institution were included in the study. Perioperative outcomes were compared between patients undergoing laparoscopic (n = 13) and open (n = 18) PE. Results: There were no conversions to open surgery. The estimated blood loss (930 vs. 3003 ml; P = 0.001) and total volume of blood transfusion (0 vs. 1990 ml; P = 0.002) were significantly lower in patients undergoing laparoscopic compared with open PE. R0 resection was performed in all patients. The operation time (laparoscopic, 829 min vs. open, 875 min; P = 0.660), complication rate (laparoscopic, 61.5 % vs. open, 83.3 %; P = 0.171), and postoperative hospital days (laparoscopic, 29 days vs. open, 33 days; P = 0.356) were similar in both groups. Three patients undergoing laparoscopic PE readmitted within 30 days due to ileus, although the rate of readmission did not differ significantly (laparoscopic, 23.1 % vs. open, 5.6 %; P = 0.284). Conclusion: Laparoscopic PE performed by experienced laparoscopic pelvic surgeons should be considered as a safe and preferred option in selected patients with colorectal malignancies, with a significant advantage in terms of reduced blood loss compared with open surgery.

    DOI: 10.1007/s00268-015-3364-2

    Scopus

    PubMed

  81. Recurrent colorectal cancer after endoscopic resection when additional surgery was recommended. 査読有り

    Takatsu Y, Fukunaga Y, Hamasaki S, Ogura A, Nagata J, Nagasaki T, Akiyoshi T, Konishi T, Fujimoto Y, Nagayama S, Ueno M

    World Journal of Gastroenterology   22 巻 ( 7 ) 頁: 2336-2341   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Recurrent colorectal cancer after endoscopic resection when additional surgery was recommended. 国際誌

    Takatsu Y, Fukunaga Y, Hamasaki S, Ogura A, Nagata J, Nagasaki T, Akiyoshi T, Konishi T, Fujimoto Y, Nagayama S, Ueno M

    World journal of gastroenterology   22 巻 ( 7 ) 頁: 2336 - 41   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Journal of Gastroenterology  

    AIM: To evaluate the type of recurrence after endoscopic resection in colorectal cancer patients and whether rescue was possible by salvage operation. METHODS: Among 4972 patients who underwent surgical resection at our institution for primary or recurrent colorectal cancers from January 2005 to February 2015, we experienced eight recurrent colorectal cancers after endoscopic resection when additional surgical resection was recommended. RESULTS: The recurrence patterns were: intramural local recurrence (five cases), regional lymph node recurrence (three cases), and associated with simultaneous distant metastasis (three cases). Among five cases with lymphatic invasion observed histologically in endoscopic resected specimens, four cases recurred with lymph node metastasis or distant metastasis. All cases were treated laparoscopically and curative surgery was achieved in six cases. Among four cases located in the rectum, three cases achieved preservation of the anus. Postoperative complications occurred in two cases (enteritis). CONCLUSION: For high-risk submucosal invasive colorectal cancers after endoscopic resection, additional surgical resection with lymphadenectomy is recommended, particularly in cases with lymphoRetrospective vascular invasion.

    DOI: 10.3748/wjg.v22.i7.2336

    Scopus

    PubMed

  83. Laparoscopic anterior pelvic exenteration for advanced sigmoid colon cancer - A video vignette

    Akiyoshi T., Ogura A., Sakura M., Ueno M.

    Colorectal Disease   17 巻 ( 5 ) 頁: 454 - 454   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Colorectal Disease  

    DOI: 10.1111/codi.12928

    Scopus

  84. Endoscopic evaluation of clinical response after preoperative chemoradiotherapy for lower rectal cancer: the significance of endoscopic complete response. 査読有り

    Ogura A, Chino A, Konishi T, Akiyoshi T, Kishihara T, Tamegai Y, Ueno M, Igarashi M.

    International Journal of Colorectal Disease   30 巻 ( 3 ) 頁: 367-373   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE:
    The management of rectal cancer is a significant oncologic challenge because rectal cancer has a poor prognosis among the various types of colorectal cancer. There have been several recent reports on a nonoperative approach for advanced lower rectal cancer, and this may be best for local disease control. However, objective evaluation of tumor response after preoperative chemoradiotherapy has not been standardized. The purpose of this study is to evaluate our method of endoscopic evaluation of complete response.

    METHODS:
    This is a retrospective chart review. All patients received a long course of preoperative chemoradiotherapy (5-fluorouracil-based chemotherapy and 45-50.4 Gy) followed by radical surgical resection from May 2005 to March 2012 in The Cancer Institute Hospital of Japanese Foundation for Cancer Research. One hundred fifty-seven patients were reviewed consecutively. Criteria for endoscopic complete response were defined with a focus on the degree of ulcer healing and pit pattern without magnification.

    RESULTS:
    Endoscopic CR (E-CR) evaluation with our definitions reflected histopathologic response evaluation with an accuracy of 91.7 %, sensitivity of 27.8 %, specificity of 100 %, positive predictive value (PPV) of 100 %, and negative predictive value (NPV) of 91.4 % (p < 0.001). Our criteria of E-CR led all cases of y-clinical CR (ycCR) to pathological CR.

    CONCLUSIONS:
    Endoscopic evaluation focused on the degree of ulcer healing, and pit pattern without magnification is useful for judging ycCR.

  85. Endoscopic evaluation of clinical response after preoperative chemoradiotherapy for lower rectal cancer: the significance of endoscopic complete response. 国際誌

    Ogura A, Chino A, Konishi T, Akiyoshi T, Kishihara T, Tamegai Y, Ueno M, Igarashi M

    International journal of colorectal disease   30 巻 ( 3 ) 頁: 367 - 73   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Colorectal Disease  

    Methods: This is a retrospective chart review. All patients received a long course of preoperative chemoradiotherapy (5-fluorouracil-based chemotherapy and 45–50.4 Gy) followed by radical surgical resection from May 2005 to March 2012 in The Cancer Institute Hospital of Japanese Foundation for Cancer Research. One hundred fifty-seven patients were reviewed consecutively. Criteria for endoscopic complete response were defined with a focus on the degree of ulcer healing and pit pattern without magnification.

    DOI: 10.1007/s00384-014-2105-6

    Scopus

    PubMed

▼全件表示

MISC 151

  1. 【知っておくべき!最新の大腸外科局所解剖】結腸脾彎曲の外科解剖

    相場 利貞, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 砂川 真輝, 渡辺 伸元, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 伊神 剛, 國料 俊男, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    消化器外科44 巻 ( 9 ) 頁: 1409 - 1415   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

  2. 側方リンパ節転移陽性直腸癌に対する治療戦略 側方リンパ節転移陽性直腸癌に対する治療戦略 術前化学療法の経験からの提言

    小倉 淳司, 上原 圭, 相場 利貞, 村田 悠記, 鈴木 優美, 三品 拓也, 神原 祐一, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本消化器外科学会総会76回 巻   頁: PD4 - 7   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  3. 右側結腸癌に対する頭側先行アプローチの短期成績

    小林 龍太朗, 小倉 淳司, 川井 覚, 高木 健司, 河合 清貴, 前田 孝, 山東 雅紀, 余語 孝之助, 長野 菜月, 神谷 里明  

    日本消化器外科学会総会76回 巻   頁: P099 - 7   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  4. 切除可能同時性肝転移を有する大腸癌に対する周術期化学療法の有効性の検討

    三品 拓也, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 村田 悠記, 鈴木 優美, 神原 祐一, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本消化器外科学会総会76回 巻   頁: P010 - 3   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  5. 左側大腸癌の大動脈周囲リンパ節郭清の長期成績

    松村 卓樹, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 村田 悠記, 三品 拓也, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 佐野 力, 江畑 智希  

    日本消化器外科学会総会76回 巻   頁: P031 - 3   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  6. Paget病に対する会陰部薄筋皮弁再建後の肛門管癌に対し腹直筋皮弁再建を伴う腹腔鏡下骨盤内臓全摘術を行った1例

    鈴木 優美, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 横山 幸浩, 角田 伸行, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 江畑 智希  

    日本臨床外科学会雑誌82 巻 ( 5 ) 頁: 1031 - 1031   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  7. 下部進行直腸癌に対する術前化学療法の効果と限界

    小倉 淳司, 上原 圭介, 相場 利貞, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規彰, 村田 悠記, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 中山 吾郎, 服部 憲史, 佐藤 雄介, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本大腸肛門病学会雑誌74 巻 ( 5 ) 頁: 337 - 337   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  8. 【側方リンパ節郭清のすべて-開腹からロボット手術まで】手技の実際 経肛門的アプローチによる側方リンパ節郭清

    相場 利貞, 上原 圭, 小倉 淳司, 村田 悠記, 三品 拓也, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 江畑 智希  

    臨床外科76 巻 ( 5 ) 頁: 596 - 602   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ポイント ◆経肛門的アプローチでの側方リンパ節郭清(taLPLD)は,転移頻度の高い骨盤深部領域の郭清を目の前で,かつ解剖学的構造物に対して良好な鉗子の刺入角度で施行できる.◆しかし,本法で展開される経肛門視点の術野は独特であり,十分慣れ親しんでおく必要がある.◆また,taLPLDは,プラットフォームに対して極端に側方に位置する領域に対して単孔式腹腔鏡下手術の技術を使って行う手技であるため,技術的には決して容易ではない.

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J01539&link_issn=&doc_id=20210428590013&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1407213349&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1407213349&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  9. 【令和時代における「尾状葉」のすべて】尾状葉の解剖 肝尾状葉の胆管枝

    江畑 智希, 水野 隆史, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 山口 淳平, 伊神 剛, 上原 圭, 宮田 一志, 小倉 淳司, 横山 幸浩  

    肝胆膵82 巻 ( 5 ) 頁: 661 - 667   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)アークメディア  

  10. 当院におけるアフリベルセプトの使用経験について

    大原 規彰, 上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 村田 悠記, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 中山 吾郎, 服部 憲史, 佐藤 雄介, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本大腸肛門病学会雑誌74 巻 ( 5 ) 頁: 342 - 342   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  11. 【専門医必携 新外科手術書-新しい手術手技のエッセンス】大腸 剥離層を意識した腹腔鏡下低位前方切除術の手術手技

    小倉 淳司, 上原 圭, 相場 利貞, 村田 悠記, 江畑 智希  

    外科83 巻 ( 5 ) 頁: 506 - 512   2021年4月

  12. 大腸癌術後ストマ造設症例における腹壁瘢痕および傍ストマヘルニアの因果関係

    大原 規彰, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 村田 悠記, 神野 孝徳, 三品 拓也, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: SF - 8   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  13. 再発大腸癌における予後予測マーカーとしてのCEA比の有用性

    鈴木 優美, 小倉 淳司, 上原 圭, 相場 利貞, 大原 規彰, 村田 悠記, 神野 孝徳, 三品 拓也, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: PS - 1   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  14. 下部直腸癌術後患者の長期腎機能へ影響を与える因子の検討

    山東 雅紀, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 大原 規彰, 村田 悠記, 三品 拓也, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 川井 覚, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: SF - 5   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  15. クローン病再手術症例に対する腹腔鏡手術の検討

    服部 憲史, 中山 吾郎, 上原 圭, 相場 利貞, 佐藤 雄介, 小倉 淳司, 神田 光郎, 田中 千恵, 山田 豪, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 江畑 智希, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: PS - 2   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  16. 局所進行直腸癌における術前化学療法後の病理学的リンパ節転移奏功度の意義

    相場 利貞, 上原 圭, 小倉 淳司, 大原 規彰, 神野 孝徳, 鈴木 優美, 三品 拓也, 村田 悠記, 渡辺 伸元, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 深谷 昌秀, 伊神 剛, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: SF - 5   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  17. 骨盤内臓全摘術後のサルコペニア 内腸骨動脈血管処理に着目して

    村田 悠記, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 大原 規彰, 神野 孝徳, 三品 拓也, 鈴木 優美, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: SF - 4   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  18. 進行再発大腸癌に対する集学的アプローチの最先端 結腸癌非肝肺転移に対する外科切除の意義

    三品 拓也, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 大原 規彰, 村田 悠記, 神野 孝徳, 鈴木 優美, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: WS - 2   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  19. 進行再発大腸癌における3次治療以降の予後予測因子の検討

    神野 孝徳, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 大原 規彰, 村田 悠記, 鈴木 優美, 三品 拓也, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: SF - 7   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  20. 直腸癌同時性肝転移に対する手術治療戦略

    米川 佳彦, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 大原 規彰, 村田 悠記, 神野 孝徳, 鈴木 優美, 三品 拓也, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: PS - 8   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  21. 当科における痔瘻癌の治療経験

    稲垣 公太, 中山 吾郎, 服部 憲史, 上原 圭, 相場 利貞, 佐藤 雄介, 小倉 淳司, 山田 豪, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 江畑 智希, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集121回 巻   頁: PS - 4   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  22. Cranial-first approach for a safe laparoscopic surgery in right-sided colon cancer(和訳中)

    Kobayashi Ryutaro, 小倉 淳司, 川井 覚, 河合 清貴, 前田 孝, 有竹 典  

    日本内視鏡外科学会雑誌25 巻 ( 7 ) 頁: DP42 - 8   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  23. 直腸がんの治療戦略-内視鏡外科をどう活かすか? 骨盤拡大手術における内視鏡外科手術での後腹膜アプローチ

    上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 村田 悠記, 松村 卓樹, 三品 拓也, 大原 規彰, 鈴木 優美, 伊神 剛, 水野 隆史, 宮田 一志, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本内視鏡外科学会雑誌25 巻 ( 7 ) 頁: SSY5 - 3   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  24. 直腸癌に対するロボット支援下腹腔鏡下手術の現状と展望およびエビデンス ロボット支援下直腸癌手術の長期成績

    相場 利貞, 上原 圭, 青葉 太郎, 平松 和洋, 加藤 岳人, 小倉 淳司, 田中 綾, 大原 規彰, 村田 悠記, 鈴木 優美, 三品 拓也, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本内視鏡外科学会雑誌25 巻 ( 7 ) 頁: SY18 - 2   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  25. 【胆膵領域の臨床試験Up to date〜これを読めば世界が見える】胆管癌切除後再発予防をめざした術後補助療法

    江畑 智希, 水野 隆史, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 山口 淳平, 尾上 俊介, 深谷 昌秀, 上原 圭, 宮田 一志, 相場 利貞, 渡辺 伸元, 小倉 淳司  

    胆と膵42 巻 ( 1 ) 頁: 81 - 85   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    胆道癌の切除後の生存率は不良であり、とくに進行例に対する手術単独の効果には限界がある。このため集学的治療が必要で、そのなかでも切除後の補助化学療法に関する臨床試験の結果が重要である。最近、重要な第III相試験の結果が公開された。第一は、本邦のBCAT試験である。Gemcitabineと切除単独を比較したが、その有効性は認めなかった。第二はフランスで行われたPRODIGE-12試験で、GEMOXの切除単独群に対する有効性は認めなかった。第三は、Capecitabineの有効性を検証する英国BILCAP試験である。ITT解析では有意差を認めなかったものの、per protocol解析で有意差を認めた。これらの結果から、欧米諸国ではCapecitabineが胆道癌の術後補助化学療法として推奨されるに至った。一方、本邦では胆道癌に対して保険収載されていないため、本方針を日常診療で用いることはできない。(著者抄録)

  26. 消化管腫瘍の新展開 進行消化管癌における集学的治療の実際と課題 局所進行直腸癌に対する術前化学療法の効果と限界

    上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 大原 規彰, 神野 孝徳, 村田 悠記, 三品 拓也, 鈴木 優美, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本消化管学会雑誌5 巻 ( Suppl. ) 頁: 142 - 142   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化管学会  

  27. 下部進行直腸癌における側方リンパ節に対する術前化学療法の治療効果と限界

    小倉 淳司, 上原 圭介, 相場 利貞, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本消化器外科学会総会75回 巻   頁: O6 - 4   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  28. 局所再発直腸癌に対する骨盤内臓全摘術後の治療成績

    山東 雅紀, 上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 佐藤 雄介, 中山 吾郎, 服部 憲史, 江畑 智希, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本消化器外科学会総会75回 巻   頁: P181 - 7   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  29. 局所再発直腸癌および肝転移切除後の長期生存例に発症した下行結腸ストマ部癌の一例

    村田 悠記, 上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規彰, 神野 孝徳, 佐藤 雄三, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌36 巻 ( 3 ) 頁: 128 - 128   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会  

  30. 大腸切除術中のICG angiographyによる腸管血流描出時間の検討

    田中 綾, 上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本消化器外科学会総会75回 巻   頁: O18 - 4   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  31. 当院における進行再発大腸癌に対するAflibercept治療成績の検討

    大原 規彰, 上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 佐藤 雄介, 中山 吾郎, 服部 憲史, 江畑 智希, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本消化器外科学会総会75回 巻   頁: P128 - 3   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  32. 結腸左半切除術のコツとピットフォール

    上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規彰, 村田 悠記, 神野 孝徳, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 渡辺 伸元, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 深谷 昌秀, 伊神 剛, 國料 俊男, 横山 幸浩  

    日本外科系連合学会誌45 巻 ( 5 ) 頁: 495 - 495   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

  33. 結腸切除術における下剤+経口抗菌薬による腸管前処置法の治療成績

    相場 利貞, 上原 圭介, 小倉 淳司, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本消化器外科学会総会75回 巻   頁: P134 - 2   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  34. 当院における進行再発大腸癌に対するFOLFIRI+Ramucirumab投与症例の検討

    村田 悠記, 上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 佐藤 雄介, 中山 吾郎, 服部 憲史, 江畑 智希, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本消化器外科学会総会75回 巻   頁: P127 - 5   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  35. 大腸 症例(悪性)

    村田 悠記, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規彰, 神野 孝徳, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 江畑 智希, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本消化器外科学会雑誌53 巻 ( Suppl.2 ) 頁: 210 - 210   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  36. 肝臓 集学的治療

    米川 佳彦, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規彰, 村田 悠記, 神野 孝徳, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 江畑 智希, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本消化器外科学会雑誌53 巻 ( Suppl.2 ) 頁: 254 - 254   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  37. VA-ECMOにより骨盤内臓全摘後の激烈な敗血症から救命しえた症例から学ぶ事

    三品 拓也, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 田中 綾, 大原 規彰, 村田 悠記, 神野 孝徳, 鈴木 優美, 水野 隆史, 深谷 昌秀, 伊神 剛, 國料 俊男, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    日本外科感染症学会雑誌17 巻 ( 5 ) 頁: 430 - 430   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科感染症学会  

  38. 切除可能大腸癌肝転移症例における早期再発リスク因子の検討

    米川 佳彦, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 田中 綾, 大原 規彰, 神野 孝徳, 三品 拓也, 鈴木 優美, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本臨床外科学会雑誌81 巻 ( 増刊 ) 頁: 325 - 325   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  39. 【大腸癌術前治療up-to-date】大腸癌術前化学療法のup-to-date

    上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 村田 悠記, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本大腸肛門病学会雑誌73 巻 ( 10 ) 頁: 417 - 423   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    本邦での遠隔転移を伴わない局所進行大腸癌の標準治療は手術+術後補助化学療法であるものの,その治療成績が満足できるものとはいい難い.一方,近年の著しい薬物療法の進歩を背景に,術前化学療法(NAC)は日常臨床の中で徐々に普及しているが,その長期成績は明らかでない.直腸癌に対する術前化学療法(NAC)は欧米では放射線化学療法(CRT)を省略することになり,高リスク症例では受け入れられ難い.しかし,術前治療を一般的に行って来なかった本邦では,NACは単に術後補助化学療法の前倒しであり,可能な施設に限りがあるCRTと比較して,多くの施設で受け入れられやすい.NACはCRTと比較して局所効果はやや劣るものの,生存率は遜色ない.今後は,リスク分類により個別化治療を提供していく必要がある.(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J01146&link_issn=&doc_id=20201202370004&doc_link_id=10.3862%2Fjcoloproctology.73.417&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3862%2Fjcoloproctology.73.417&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  40. 当科におけるBRAF V600E変異進行再発大腸癌10例の検討

    神野 孝徳, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 田中 綾, 大原 規彰, 村田 悠記, 鈴木 優美, 三品 拓也, 深谷 昌秀, 伊神 剛, 國料 俊男, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本臨床外科学会雑誌81 巻 ( 増刊 ) 頁: 412 - 412   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  41. 高齢大腸癌患者に対する外科治療の成績

    相場 利貞, 上原 圭, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規彰, 神野 孝徳, 村田 悠記, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 江畑 智希, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本消化器病学会雑誌117 巻 ( 臨増大会 ) 頁: A717 - A717   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

  42. 高度肥満症例に対し"小さいが安全な術野"を連続させる腹腔鏡下大腸切除術

    村田 悠記, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 田中 綾, 大原 規彰, 神野 孝徳, 鈴木 優美, 三品 拓也, 深谷 昌秀, 伊神 剛, 國料 俊男, 横山 幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本臨床外科学会雑誌81 巻 ( 増刊 ) 頁: 357 - 357   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  43. 肝門部領域胆管癌の術式選択と治療成績 肝門部領域胆管癌に対する左三区域切除と治療成績

    水野 隆史, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 横山 幸浩, 伊神 剛, 山口 淳平, 深谷 昌秀, 上原 圭, 宮田 一志, 相場 利貞, 小倉 淳司  

    日本臨床外科学会雑誌81 巻 ( 増刊 ) 頁: 230 - 230   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  44. 傍仙骨会陰アプローチにて切除しえた坐骨直腸窩平滑筋肉腫の1例

    服部 憲史, 中山 吾郎, 上原 圭, 相場 利貞, 佐藤 雄介, 小倉 淳司, 田中 千恵, 小寺 泰弘  

    日本大腸肛門病学会雑誌73 巻 ( 9 ) 頁: A112 - A112   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  45. 大腸癌手術の精度とCMEとTMEの意義 直腸癌他臓器合併切除標本の環状切開処理によるCRMの意義

    相場 利貞, 上原 圭, 小倉 淳司, 田中 綾, 大原 規彰, 村田 悠記, 鈴木 優美, 三品 拓也, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本大腸肛門病学会雑誌73 巻 ( 9 ) 頁: A41 - A41   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  46. 有茎腹直筋皮弁による会陰部再建を伴う腹会陰式直腸切断術後の局所再発痔瘻癌の1例 筋皮弁および血管茎を完全温存した骨盤内臓全摘術

    村田 悠記, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 田中 綾, 大原 規彰, 神野 孝徳, 鈴木 優美, 三品 拓也, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本大腸肛門病学会雑誌73 巻 ( 9 ) 頁: A143 - A143   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  47. 骨盤内臓全摘術の手術手技と成績 骨盤内臓全摘術の基本と応用

    上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 田中 綾, 大原 規彰, 村田 悠記, 鈴木 優美, 三品 拓也, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本大腸肛門病学会雑誌73 巻 ( 9 ) 頁: A68 - A68   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  48. 直腸癌に対する術前治療の現状と展望 下部進行直腸癌に対するpatient-adopted strategyを目指した当科の術前治療と成績

    小倉 淳司, 上原 圭, 相場 利貞, 田中 綾, 大原 規彰, 村田 悠記, 神野 孝徳, 鈴木 優美, 三品 拓也, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本大腸肛門病学会雑誌73 巻 ( 9 ) 頁: A52 - A52   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  49. 盲腸癌術後大腿軟部組織再発例に対する外科治療経験

    三品 拓也, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 田中 綾, 大原 規彰, 神野 孝徳, 鈴木 優美, 村田 悠記, 江畑 智希  

    日本大腸肛門病学会雑誌73 巻 ( 9 ) 頁: A186 - A186   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  50. Chemotherapy-free intervalを得るため積極的に手術適応としたBRAF V600E変異型盲腸癌腹膜播種再発の1例

    神野 孝徳, 上原 圭, 相場 利貞, 小倉 淳司, 田中 綾, 大原 規彰, 村田 悠記, 鈴木 優美, 三品 拓也, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 江畑 智希  

    日本大腸肛門病学会雑誌73 巻 ( 9 ) 頁: A185 - A185   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  51. ロボット支援下直腸癌手術の手術手技と治療成績

    相場 利貞, 上原 圭介, 青葉 太郎, 平松 和洋, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規彰, 渡辺 伸元, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 深谷 昌秀, 伊神 剛, 横山 幸浩, 江畑 智希, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集120回 巻   頁: DP - 5   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  52. 骨盤内臓全摘術の術後長期的腎機能に与える影響 腹会陰式直腸切断術術後との比較検討

    山東 雅紀, 上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 田中 綾, 大原 規彰, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本外科学会定期学術集会抄録集120回 巻   頁: SF - 8   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  53. 【T4b大腸癌に対する腹腔鏡下手術 安全・確実に病変を取り除くために!】尿管・膀胱浸潤 尿管・膀胱浸潤を伴う大腸癌に対する手術

    相場 利貞, 上原 圭, 小倉 淳司, 田中 綾, 大原 規彰, 神野 孝徳, 三品 拓也, 鈴木 優美, 村田 悠記, 横山 幸浩, 江畑 智希  

    消化器外科43 巻 ( 8 ) 頁: 1223 - 1230   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

  54. 【大腸外科手術におけるトラブルシューティング】術中出血 骨盤内臓全摘術における術中出血の予防と対処法

    相場 利貞, 上原 圭介, 小倉 淳司, 江畑 智希, 横山 幸浩, 梛野 正人  

    手術74 巻 ( 8 ) 頁: 1131 - 1137   2020年7月

  55. 直腸粘膜に病巣を認めないPagetoid spreadの1切除例

    大原 規彰, 上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 佐藤 雄介, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 横山 幸浩, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本消化器病学会雑誌117 巻 ( 臨増総会 ) 頁: A316 - A316   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

  56. 【進行直腸癌のベストプラクティス】局所再発直腸癌の再発部位を意識した治療戦略

    小倉 淳司, 上原 圭介, 相場 利貞, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 渡辺 伸元, 梛野 正人  

    外科82 巻 ( 7 ) 頁: 742 - 748   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    <文献概要>局所再発直腸癌に対する治療戦略は施設間差が大きく,外科医のdecisionが患者の人生を大きく左右する可能性がある.そのため,われわれは限られた症例の中で外科治療の限界と可能性を判断し,治療戦略を決定していく必要がある.一般的に局所再発直腸癌の長期予後は不良で,特に側方再発パターンは手術の難易度も高くかつ予後がわるい.当科のデータからも,いかにして側方再発をR0切除するかが大きな課題である.そのためには坐骨神経周りの詳細な解剖の理解とピットフォールを熟知しておくことが必須である.さらに必要に応じて術中放射線療法などの追加治療を行うことによって,さらなる治療成績の向上をめざしている.

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00393&link_issn=&doc_id=20200605170008&doc_link_id=issn%3D0016-593X%26volume%3D82%26issue%3D7%26spage%3D742&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0016-593X%26volume%3D82%26issue%3D7%26spage%3D742&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  57. 【taTMEのすべて】経肛門的側方リンパ節郭清

    相場 利貞, 上原 圭介, 小倉 淳司, 江畑 智希, 梛野 正人  

    臨床外科75 巻 ( 5 ) 頁: 576 - 581   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ポイント ◆経肛門的側方郭清は転移頻度の高い骨盤深部領域の郭清を目の前で,かつ良好な鉗子の刺入角度で施行できる.◆症例によっては非常に有用なアプローチ法であり,選択肢の1つとして習得すべき手技であると考える.◆しかし,本法で展開される経肛門視点の術野は独特であり,十分慣れ親しんでおく必要がある.

  58. 【進行胆道癌・膵癌の治療限界を打ち破る-症例から学ぶ究極の治療-】動脈・門脈切除再建を伴う肝左三区域切除術 門脈変異例に対するパッチグラフトを用いた再建

    山田 美保子, 江畑 智希, 横山 幸浩, 國料 俊男, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 水野 隆史, 山口 淳平, 宮田 一志, 尾上 俊介, 相場 利貞, 渡辺 伸元, 小倉 淳司, 梛野 正人  

    胆と膵41 巻 ( 5 ) 頁: 429 - 433   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    その解剖学的特性のため、肝門部領域胆管癌は容易に肝動脈や門脈に浸潤し、非切除の要因となっていた。手術手技や周術期管理の向上に伴い、門脈切除は多くの施設で行われるようになったが、肝動脈切除については十分なエビデンスが得られていないため今でも挑戦的な手術である。当教室では、2010年に動脈・門脈同時切除を行った肝門部領域胆管癌50例の治療成績を検討した。高度な技術が必要であるが、手術関連死亡は許容範囲内で長期予後が期待できることを報告した。近年、動脈切除を伴う肝門部領域胆管癌の治療成績の報告は増加しているが、その周術期死亡率や長期予後については、いまだ良好とはいえない。教室における動脈・門脈切除を伴う肝門部領域胆管癌の手術とその選択根拠について症例を通じて解説する。(著者抄録)

  59. 【大腸癌手術におけるリンパ節郭清の理論と手技】直腸癌に対する経肛門手術による側方リンパ節郭清

    小倉 淳司, 上原 圭介, 相場 利貞, 梛野 正人  

    手術74 巻 ( 3 ) 頁: 321 - 326   2020年3月

  60. 「うけ」を意識した網嚢先行アプローチによる腹腔鏡下右側結腸手術の定型化

    小林 龍太朗, 小倉 淳司, 川井 覚, 前田 孝, 河合 清貴, 有竹 典  

    日本内視鏡外科学会雑誌24 巻 ( 7 ) 頁: MO272 - 5   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  61. 大腸技術認定医資格取得のために必要な手技 腹腔鏡下直腸手術に必要な基本手技

    上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 田中 綾, 大原 規範, 服部 憲史, 中山 吾郎, 江畑 智希, 伊神 剛, 深谷 昌秀, 水野 隆史, 宮田 一志, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本内視鏡外科学会雑誌24 巻 ( 7 ) 頁: SY18 - 5   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  62. 続発性会陰ヘルニアに対する、腹腔鏡下ヘルニア根治術におけるメッシュ固定の工夫

    河合 清貴, 川井 覚, 前田 孝, 小倉 淳司, 小林 龍太朗, 有竹 典  

    日本内視鏡外科学会雑誌24 巻 ( 7 ) 頁: MO195 - 1   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  63. 頭側アプローチ先行による腹腔鏡下脾彎曲授動の定型化

    小倉 淳司, 小林 龍太郎, 河合 清貴, 前田 孝, 有竹 典, 川井 覚  

    日本内視鏡外科学会雑誌24 巻 ( 7 ) 頁: MO279 - 2   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  64. 腹腔鏡下手術にてR0切除かつストマを回避し得た膀胱および左尿管浸潤を伴う局所進行S状結腸癌の1例

    有竹 典, 前田 孝, 川井 覚, 河合 清貴, 小倉 淳司, 小林 龍太朗  

    日本内視鏡外科学会雑誌24 巻 ( 7 ) 頁: MO280 - 2   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  65. 左肝動脈神経叢由来の神経鞘腫の1例

    有竹 典, 高木 健司, 小林 龍太朗, 小倉 淳司, 前田 孝, 河合 清貴, 川井 覚, 神谷 里明  

    日本消化器外科学会雑誌52 巻 ( Suppl.2 ) 頁: 277 - 277   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  66. 肝切除が有効であったBRAF変異型多発肝転移の1例

    田中 綾, 上原 圭介, 相場 利貞, 小倉 淳司, 山東 雅紀, 米川 佳彦, 大原 規彰, 渡辺 伸元, 尾上 俊介, 宮田 一志, 山口 淳平, 水野 隆史, 深谷 昌秀, 伊神 剛, 横山 幸浩, 江畑 智希, 服部 憲史, 中山 吾郎, 小寺 泰弘, 梛野 正人  

    日本消化器病学会東海支部例会プログラム抄録集131回 巻   頁: 65 - 65   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本消化器病学会-東海支部  

  67. 乳腺過誤腫から発生した広範な乳管内進展を伴った浸潤性乳癌の1例

    長野 菜月, 前田 孝, 有竹 典, 小林 龍太朗, 小倉 淳司, 河合 清貴, 高木 健司, 川井 覚, 神谷 里明  

    日本臨床外科学会雑誌80 巻 ( 増刊 ) 頁: 817 - 817   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  68. 胆嚢亜全摘術後の難治性胆汁漏に対しArgon Plasma Coagulation(APC)を用いた胆嚢粘膜焼灼術を施行し軽快した1例

    有竹 典, 高木 健司, 神谷 里明, 川井 覚, 河合 清貴, 前田 孝, 小倉 淳司, 小林 龍太朗, 長野 菜月  

    日本臨床外科学会雑誌80 巻 ( 増刊 ) 頁: 789 - 789   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  69. 【Innovativeな大腸癌診断・治療】直腸癌に対する側方郭清の意義 術前(化学)放射線療法との比較

    小倉 淳司, 上原 圭介, 相場 利貞, 川井 覚, 梛野 正人  

    外科81 巻 ( 10 ) 頁: 1042 - 1049   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    <文献概要>腫瘍下縁が腹膜翻転部よりも肛門側に位置する下部進行直腸癌に対して,側方郭清はこれまで日本の標準術式として行われてきた.近年,術前画像診断の質の向上とリスクに応じたテーラーメード治療の時代の中で,大腸癌治療ガイドライン2019において術前画像診断に基づき側方郭清の推奨度にはじめて強弱がつけられた.また術前(化学)放射線療法を標準とする海外でも,側方郭清の意義が注目を集めている.側方郭清と(化学)放射線療法,その双方の長所・短所を十分理解し治療戦略を組み立てていくことが重要である.

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J00393&link_issn=&doc_id=20190902150007&doc_link_id=10.15106%2Fj_geka81_1042&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.15106%2Fj_geka81_1042&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  70. 直腸癌における術前化学放射線療法とPD-L1の発現及びCD8陽性T細胞の関係性について

    小倉 淳司, 秋吉 高志, 山本 智理子, 河内 洋, 石川 雄一, 森 誠一, 大庭 幸治, 梛野 正人, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本消化器外科学会総会74回 巻   頁: P134 - 5   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  71. 胃腸炎に合併した特発性食道破裂の一例

    長野 菜月, 前田 孝, 有竹 典, 小林 龍太郎, 小倉 淳司, 河合 清貴, 高木 健司, 川井 覚, 神谷 里明  

    日本臨床外科学会雑誌80 巻 ( 7 ) 頁: 1397 - 1397   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  72. 局所進行下部直腸癌に対するCRT vs 側方郭清 多施設国際共同研究Lateral node study 下部進行直腸癌1216例における側方再発のリスク因子の検討

    小倉 淳司, 小西 毅, 上原 圭介, 戸田 重夫, 秋吉 高志, 相場 利貞, 黒柳 洋弥, 花岡 裕, 富沢 賢治, Kusters Miranda  

    日本外科学会定期学術集会抄録集119回 巻   頁: PD - 6   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  73. 頸部嵌頓により急性胆嚢炎を呈した早期胆嚢癌の1例

    宇野 雅紀, 神谷 里明, 川井 覚, 高木 健司, 前田 孝, 小倉 淳司, 松浦 晃洋  

    日本臨床外科学会雑誌79 巻 ( 11 ) 頁: 2346 - 2349   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例は64歳の女性で,心窩部痛と嘔気を主訴に受診した.右季肋部に限局する軽度圧痛があり,CTで胆嚢腫大と胆嚢壁の浮腫状肥厚を認めて,急性胆嚢炎と診断した.胆嚢頸部に腫瘤影を認め,腫瘤の頸部嵌頓が胆嚢炎の原因と考えて,まずは抗菌薬による保存的治療を開始した.しかし,入院3日目に右季肋部痛と炎症所見が増悪したため緊急開腹術を施行した.胆嚢頸部に壁外から腫瘤を触知できず,胆嚢管を総胆管合流部近傍で切離して胆嚢を摘出した.切除標本では胆嚢頸部に径3cmの軟らかい有茎性腫瘍を認めた.肉眼的には腺腫あるいは早期癌が疑われ,追加切除やリンパ節郭清は行わなかった.病理組織検査で早期胆嚢癌と診断され,胆嚢剥離面や胆嚢管断端に癌の進展を認めなかった.胆嚢癌は自覚症状に乏しく,早期癌は胆石症の手術で偶然見つかることも多い.胆嚢頸部への嵌頓により生じた胆嚢炎を契機として発見された早期胆嚢癌はまれであり,報告をする.(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J03156&link_issn=&doc_id=20181205100026&doc_link_id=10.3919%2Fjjsa.79.2346&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3919%2Fjjsa.79.2346&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  74. 人工肛門閉鎖術の腸管吻合法における三角吻合変法の有用性

    鈴木 紳祐, 福長 洋介, 福岡 宏倫, 小倉 淳司, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 上野 雅資  

    日本消化器外科学会雑誌50 巻 ( Suppl.2 ) 頁: 219 - 219   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  75. Diverting ileostomyを併施した低位前方切除後ストーマ早期合併症のリスク因子の検討

    佐々木 茂真, 藤本 佳也, 永岡 智之, 本間 理, 磯崎 正典, 松井 信平, 富永 哲郎, 南 宏典, 宮成 淳, 牛込 創, 鈴木 紳祐, 村橋 賢, 福岡 宏倫, 小倉 淳司, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 小西 毅, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本大腸肛門病学会雑誌70 巻 ( 抄録号 ) 頁: A109 - A109   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  76. 当院で原発巣切除を行った直腸肛門部悪性黒色腫7例の検討

    永岡 智之, 長嵜 寿矢, 本間 理, 佐々木 茂真, 磯崎 正典, 松井 信平, 富永 哲郎, 南 宏典, 宮成 淳, 牛込 創, 鈴木 紳祐, 村橋 賢, 福岡 宏倫, 小倉 淳司, 秋吉 高志, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本大腸肛門病学会雑誌70 巻 ( 抄録号 ) 頁: A117 - A117   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  77. 直腸neuroendocrine tumor(以下NET)の臨床病理学的検討

    牛込 創, 福長 洋介, 本間 理, 永岡 智之, 佐々木 茂真, 磯崎 正典, 松井 信平, 富永 哲郎, 南 宏典, 宮成 淳, 村橋 賢, 鈴木 紳祐, 福岡 宏倫, 小倉 淳司, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 上野 雅資  

    日本大腸肛門病学会雑誌70 巻 ( 抄録号 ) 頁: A86 - A86   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  78. 直腸癌 肛門温存 内肛門括約筋間直腸切除術における腹腔鏡下と経肛門的操作および経肛門的TMEへの発展

    福長 洋介, 上野 雅資, 長山 聡, 藤本 佳也, 小西 毅, 秋吉 高志, 長嵜 寿矢, 小倉 淳司, 日吉 幸晴, 三城 弥範  

    日本消化器外科学会総会72回 巻   頁: O2 - 6   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  79. 遠隔転移を含むR0切除し得たStage IV直腸癌の予後因子としての術前short-course radiationとCA19-9の意義

    三城 弥範, 秋吉 高志, 鈴木 紳祐, 小倉 淳司, 長嵜 寿矢, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本消化器外科学会総会72回 巻   頁: RS3 - 1   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  80. 腹腔鏡下回盲部切除を施行した虫垂子宮内膜症による虫垂重積の1例

    武田 泰裕, 長嵜 寿矢, 福岡 宏倫, 小倉 淳司, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 秋吉 高志, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本大腸肛門病学会雑誌70 巻 ( 7 ) 頁: 463 - 468   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    患者は45歳,女性,主訴は下腹部痛と下血.下部内視鏡検査で虫垂開口部に30mm径で弾性硬な粘膜下腫瘍様隆起を指摘.腹部造影CTでも同部位に造影効果を伴う充実性腫瘤を認め,原発性虫垂癌および粘膜下腫瘍を疑い,周囲リンパ節腫大もあったため診断および治療目的に腹腔鏡下回盲部切除術を施行した.切除検体の肉眼所見では虫垂体部が盲腸内腔に向かって重積様に突出し,虫垂は著明に短縮していた.病理組織学的検査で粘膜下層から固有筋層にかけて強い線維化と子宮内膜組織を散在性に認め,虫垂子宮内膜症による完全型の虫垂重積症と診断した.虫垂子宮内膜症とそれによる虫垂重積症は非常にまれであり,腸管子宮内膜症は粘膜下腫瘍様の形態をとるため術前診断は困難とされる.今回,原発性虫垂腫瘍との鑑別に苦慮し,腹腔鏡下回盲部切除術を施行した虫垂子宮内膜症による虫垂重積の1例を経験したので文献的考察を加えて報告する.(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J01146&link_issn=&doc_id=20170829220004&doc_link_id=10.3862%2Fjcoloproctology.70.463&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3862%2Fjcoloproctology.70.463&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  81. 局所進行下部直腸癌に対する術前療法の意義 下部進行直腸癌に対する術前放射線化学療法の意義

    秋吉 高志, 小倉 淳司, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 福岡 宏倫, 武田 泰裕, 村橋 賢, 宮成 淳, 鈴木 紳祐, 牛込 創, 南 宏典, 長嵜 寿也, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 布部 創也, 比企 直樹, 福長 洋介, 上野 雅資, 佐野 武, 山口 俊晴  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: WS - 7   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  82. 遠隔転移を有する大腸癌に対する治療戦略 当院における直腸癌Stage IVに対する治療戦略と予後因子の検討

    三城 弥範, 秋吉 高志, 南 宏典, 福岡 宏倫, 宮成 淳, 村橋 賢, 小倉 淳司, 武田 泰裕, 鈴木 紳祐, 牛込 創, 日吉 幸晴, 長嵜 寿矢, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: PD - 1   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  83. 術前放射線化学療法施行ypT3下部直腸癌における筋層からの浸潤距離(壁外浸潤距離)と予後の検討

    小倉 淳司, 秋吉 高志, 福岡 宏倫, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 長嵜 寿矢, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: SF - 2   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  84. 直腸癌術前CRTにおける効果予測マーカーとしての血清miR-143の有用性

    日吉 幸晴, 秋吉 高志, 徳永 竜馬, 市原 明子, 牛込 創, 鈴木 紳祐, 南 宏典, 宮成 淳, 村橋 賢, 福岡 宏倫, 武田 泰裕, 三城 弥範, 小倉 淳司, 長嵜 寿矢, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: SF - 8   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  85. 横行結腸癌に対するCVLに基づくD3リンパ節郭清を伴う腹腔鏡下横行結腸部分切除術

    福岡 宏倫, 福長 洋介, 南 宏典, 宮成 淳, 牛込 創, 鈴木 紳祐, 村橋 賢, 武田 泰裕, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 小倉 淳司, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 上野 雅資  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: PS - 5   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  86. 当院におけるcStage II/III下部直腸癌に対する治療戦略 術前CRTと選択的側方郭清

    長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 小倉 淳司, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 福岡 宏倫, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: PS - 3   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  87. Pagetoid spreadを伴う肛門管腺癌に対して術前全身化学療法と化学放射線療法を行いpCRが得られた1例

    福岡 宏倫, 長嵜 寿矢, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 小倉 淳司, 秋吉 高志, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 高松 学, 上野 雅資  

    日本大腸肛門病学会雑誌70 巻 ( 2 ) 頁: 81 - 87   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

    症例は50歳女性,主訴は右鼠径部腫瘤.肛門管から下部直腸にかかる隆起性病変と肛門周囲皮膚に全周性の硬結・発赤を認めた.生検で肛門管内腫瘤から高分化腺癌,肛門周囲皮膚発赤部から上皮内に浸潤する癌細胞を認めた.精査にて右側方/鼠径リンパ節転移,肛門周囲皮膚へのpagetoid spreadを伴う肛門管腺癌と診断した.術前全身化学療法と術前化学放射線療法の後,腹腔鏡下直腸切断術,右側方/鼠径リンパ節郭清,会陰創皮弁形成術を施行.術後病理所見で癌細胞は認めず,pathological complete responseだった.Pagetoid spreadを伴う肛門管腺癌はまれであり確立した治療法はなく,予後不良である.本症例は術前治療が非常に有効であり,術前病期によっては前治療を含めた集学的治療も考慮するべきである.(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J01146&link_issn=&doc_id=20170502290007&doc_link_id=10.3862%2Fjcoloproctology.70.81&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3862%2Fjcoloproctology.70.81&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  88. 術前化学放射線療法と全身化学療法後、腹腔鏡下に根治切除しえた傍大動脈リンパ節転移陽性下部直腸癌の1例

    南 宏典, 秋吉 高志, 宮成 淳, 牛込 創, 鈴木 紳祐, 武田 泰裕, 福岡 宏倫, 小倉 淳司, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 長嵜 寿矢, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本内視鏡外科学会雑誌21 巻 ( 7 ) 頁: DP29 - 3   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  89. 腹腔鏡下で摘出した腸間膜発生のcastleman病の3例

    宮成 淳, 福長 洋介, 南 宏典, 牛込 創, 鈴木 紳祐, 福岡 宏倫, 小倉 淳司, 武田 泰裕, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 藤本 佳也, 長山 聡, 上野 雅資  

    日本内視鏡外科学会雑誌21 巻 ( 7 ) 頁: DP31 - 10   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  90. 腹腔鏡下回盲部切除を施行した虫垂子宮内膜症による虫垂重積の1例

    武田 泰裕, 長嵜 寿矢, 宮成 淳, 村橋 賢, 牛込 創, 鈴木 紳祐, 福岡 宏倫, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 小倉 淳司, 秋吉 高志, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本内視鏡外科学会雑誌21 巻 ( 7 ) 頁: DP28 - 1   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  91. 術前メシル酸イマチニブ投与により腹腔鏡で切除し得た直腸GISTの検討

    牛込 創, 秋吉 高志, 小倉 淳司, 武田 泰裕, 日吉 幸晴, 福岡 宏倫, 三城 弥範, 長嵜 寿矢, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本内視鏡外科学会雑誌21 巻 ( 7 ) 頁: OS97 - 7   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  92. 横行結腸癌に対する腹腔鏡下手術術式の検討

    福岡 宏倫, 福長 洋介, 宮成 淳, 牛込 創, 鈴木 紳祐, 村橋 賢, 武田 泰裕, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 小倉 淳司, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 藤本 佳也, 長山 聡, 上野 雅資  

    日本内視鏡外科学会雑誌21 巻 ( 7 ) 頁: OS54 - 1   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  93. 当院での腹腔鏡下骨盤内臓摘出術の治療成績の検討

    村橋 賢, 秋吉 高志, 南 宏典, 宮成 淳, 牛込 創, 福岡 宏倫, 武田 泰裕, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 小倉 淳司, 長嵜 寿矢, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本内視鏡外科学会雑誌21 巻 ( 7 ) 頁: OS72 - 7   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  94. 大腸癌イレウスに対するステント留置後腹腔鏡下手術の治療成績

    日吉 幸晴, 藤本 佳也, 牛込 創, 鈴木 紳祐, 南 宏典, 宮成 淳, 福岡 宏倫, 武田 泰裕, 三城 弥範, 小倉 淳司, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本内視鏡外科学会雑誌21 巻 ( 7 ) 頁: OS163 - 3   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  95. こだわりの手術手技 出血はしない、させない、ひろげない(領域横断) 下部消化管における出血をさせない、広げない腹腔鏡下手術

    秋吉 高志, 小倉 淳司, 三城 弘範, 日吉 幸晴, 福岡 宏倫, 武田 泰裕, 南 宏典, 宮成 淳, 牛込 創, 鈴木 紳祐, 長嵜 寿也, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本内視鏡外科学会雑誌21 巻 ( 7 ) 頁: SS2 - 2   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  96. 大腸疾患においてReduced Port Surgeryは標準治療となるのか? 当院におけるNeedlescopic Surgeryの手術成績と技術の継承

    三城 弥範, 福長 洋介, 南 宏典, 宮成 淳, 武田 泰裕, 小倉 淳司, 牛込 創, 日吉 幸晴, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 藤本 佳也, 長山 聡, 上野 雅資  

    日本内視鏡外科学会雑誌21 巻 ( 7 ) 頁: WS5 - 4   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  97. 大腸浸潤癌に対する合併切除・再建 尿路・生殖器系臓器合併切除を要したS状結腸/直腸癌に対する腹腔鏡手術の治療成績

    長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資, 小倉 淳司, 日吉 幸晴, 三城 弥範, 武田 泰裕  

    日本内視鏡外科学会雑誌21 巻 ( 7 ) 頁: WS26 - 6   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  98. 多数回開腹手術例(Difficult Abdomen)に対する腹腔鏡下手術 How I Do it? 腹部手術複数回既往例に対する腹腔鏡下大腸切除術の安全性の検討

    鈴木 紳祐, 秋吉 高志, 牛込 創, 武田 康裕, 福岡 宏倫, 小倉 淳司, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 長嵜 寿矢, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本内視鏡外科学会雑誌21 巻 ( 7 ) 頁: RS12 - 4   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  99. 再発大腸癌に対する腹腔鏡下手術の挑戦 直腸癌局所再発に対する腹腔鏡下手術

    秋吉 高志, 上野 雅資, 福長 洋介, 長山 聡, 藤本 佳也, 小西 毅, 長嵜 寿也, 小倉 淳司, 三城 弥範, 福岡 宏倫, 日吉 幸晴, 鈴木 紳祐, 牛込 創, 宮成 淳, 武田 泰裕  

    日本内視鏡外科学会雑誌21 巻 ( 7 ) 頁: WS28 - 7   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  100. 下部進行直腸癌に対する腹腔鏡下側方リンパ節郭清のコツ 下部進行直腸癌に対する腹腔鏡下側方郭清術の手術手技

    小倉 淳司, 秋吉 高志, 宮成 淳, 村橋 賢, 牛込 創, 鈴木 紳祐, 武田 泰裕, 福岡 宏倫, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 長嵜 寿矢, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本内視鏡外科学会雑誌21 巻 ( 7 ) 頁: WS6 - 5   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  101. 進行下部直腸癌に対する補助療法の選択 術前放射線化学療法を施行した下部進行直腸癌の治療成績と今後の展開

    小倉 淳司, 秋吉 高志, 南 宏典, 宮成 淳, 村橋 賢, 鈴木 紳祐, 牛込 創, 福岡 宏倫, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 長嵜 寿矢, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本臨床外科学会雑誌77 巻 ( 増刊 ) 頁: 351 - 351   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  102. 腹腔鏡下大腸切除後の縫合不全に対する腹腔鏡下再手術の有用性

    日吉 幸晴, 藤本 佳也, 牛込 創, 鈴木 紳祐, 南 宏典, 宮成 淳, 村橋 賢, 福岡 宏倫, 武田 泰裕, 三城 弥範, 小倉 淳司, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本大腸肛門病学会雑誌69 巻 ( 抄録号 ) 頁: A55 - A55   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  103. 腹腔鏡下直腸がん手術のForefront 直腸癌に対する腹腔鏡下TMEおよびbeyond TME

    秋吉 高志, 上野 雅資, 福長 洋介, 長山 聡, 藤本 佳也, 小西 毅, 長嵜 寿也, 小倉 淳司, 日吉 幸晴, 三城 弥範, 武田 泰裕, 牛込 創, 鈴木 紳祐, 村橋 賢, 宮成 淳, 南 宏典, 福岡 宏倫  

    日本大腸肛門病学会雑誌69 巻 ( 抄録号 ) 頁: A24 - A24   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  104. 腹腔鏡補助下小腸切石術を施行した胆石イレウスの1例

    鈴木 紳祐, 長嵜 寿矢, 南 宏典, 福岡 宏倫, 宮成 淳, 村橋 賢, 武田 泰裕, 小倉 淳司, 牛込 創, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 秋吉 高志, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本大腸肛門病学会雑誌69 巻 ( 抄録号 ) 頁: A164 - A164   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  105. 膀胱全摘・尿路再建を伴う腹腔鏡下結腸・直腸切除術または直腸切断術(骨盤内臓全摘術)の治療成績の検討

    村橋 賢, 秋吉 高志, 小倉 淳司, 南 宏典, 鈴木 紳祐, 宮成 淳, 牛込 創, 福岡 宏倫, 武田 泰裕, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 千野 晶子, 斉藤 彰一, 為我井 芳郎, 長嵜 寿矢, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 五十嵐 正広, 上野 雅資  

    日本大腸肛門病学会雑誌69 巻 ( 抄録号 ) 頁: A137 - A137   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  106. 術前短期放射線療法およびdelayed surgeryにより病理学的完全奏功を得られた局所進行下部直腸癌の1例

    南 宏典, 秋吉 高志, 宮成 淳, 牛込 創, 鈴木 紳祐, 武田 泰裕, 福岡 宏倫, 小倉 淳司, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 長崎 寿矢, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本大腸肛門病学会雑誌69 巻 ( 抄録号 ) 頁: A287 - A287   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  107. 直腸癌・同時性大動脈周囲リンパ節転移に対して術前化学療法後に切除を行い病理学的完全奏功が得られた1例

    武田 泰裕, 秋吉 高志, 南 宏典, 福岡 宏典, 宮成 淳, 村橋 賢, 鈴木 紳祐, 牛込 創, 小倉 淳司, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 長嵜 寿矢, 藤本 桂也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本大腸肛門病学会雑誌69 巻 ( 抄録号 ) 頁: A174 - A174   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  108. 当院におけるcT3N0-1下部直腸癌に対する治療と今後の展開

    小倉 淳司, 秋吉 高志, 南 宏典, 宮成 淳, 村橋 賢, 鈴木 紳祐, 牛込 創, 福岡 宏倫, 武田 泰裕, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 千野 晶子, 斎藤 彰一, 為我井 芳郎, 長嵜 寿矢, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 五十嵐 正広, 上野 雅資  

    日本大腸肛門病学会雑誌69 巻 ( 抄録号 ) 頁: A114 - A114   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  109. 当院における直腸癌Stage IVの治療成績

    三城 弥範, 秋吉 高志, 南 宏典, 福岡 宏倫, 宮成 淳, 村橋 賢, 小倉 淳司, 武田 泰裕, 鈴木 紳祐, 牛込 創, 日吉 幸晴, 長嵜 寿矢, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 千野 晶子, 斎藤 彰一, 為我井 芳郎, 五十嵐 正広, 上野 雅資  

    日本大腸肛門病学会雑誌69 巻 ( 抄録号 ) 頁: A286 - A286   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  110. 当院における腹腔鏡下直腸切断術およびハルトマン術の人工肛門挙上経路の検討

    福岡 宏倫, 福長 洋介, 南 宏典, 宮成 淳, 牛込 創, 鈴木 紳祐, 村橋 賢, 武田 泰裕, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 小倉 淳司, 千野 晶子, 斎藤 彰一, 為我井 芳郎, 五十嵐 正広, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 藤本 佳也, 長山 聡, 上野 雅資  

    日本大腸肛門病学会雑誌69 巻 ( 抄録号 ) 頁: A76 - A76   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  111. 直腸LST病変に対してESDを施行し、pTisであったが2年後にリンパ節再発を来した1例

    牛込 創, 藤本 佳也, 岸原 輝仁, 鈴木 紳祐, 南 宏典, 宮成 淳, 村橋 賢, 小倉 淳司, 武田 泰裕, 日吉 幸晴, 福岡 宏倫, 三城 弥範, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 小西 毅, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資, 千野 晶子, 五十嵐 正広  

    日本大腸肛門病学会雑誌69 巻 ( 抄録号 ) 頁: A285 - A285   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  112. 下部進行直腸癌に対する腹腔鏡下側方リンパ節郭清のランドマーク

    福岡 宏倫, 秋吉 高志, 宮成 淳, 牛込 創, 鈴木 紳祐, 村橋 賢, 武田 泰裕, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 小倉 淳司, 長嵜 寿矢, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本臨床外科学会雑誌77 巻 ( 増刊 ) 頁: 486 - 486   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  113. 内臓逆位を伴った直腸癌に対し、Needlescopic surgeryで腹腔鏡下超低位前方切除術を施行した一例

    宮成 淳, 福長 洋介, 南 宏典, 村橋 賢, 鈴木 紳祐, 牛込 創, 福岡 宏倫, 武田 泰裕, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 小倉 淳司, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 藤本 佳也, 長山 聡, 上野 雅資  

    日本大腸肛門病学会雑誌69 巻 ( 抄録号 ) 頁: A291 - A291   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  114. 縫合不全ゼロをめざした消化管吻合 左側結腸-直腸癌切除、DST吻合後の縫合不全症例の解析

    日吉 幸晴, 藤本 佳也, 福岡 宏倫, 三城 弥範, 小倉 淳司, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本消化器外科学会総会71回 巻   頁: WS2 - 6   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  115. 当院における尿路・生殖器系臓器合併切除を要したS状結腸/直腸癌の治療成績

    長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資, 小倉 淳司, 日吉 幸晴, 三城 弥範  

    日本消化器外科学会総会71回 巻   頁: P3 - 1   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  116. 消化器癌におけるさらなる低侵襲手術を目指して SILS・Reduced port surgery・conventional 小切開を必要としないNeedlescopic Surgeryの手技と疼痛評価 conventionalとの比較

    福岡 宏倫, 福長 洋介, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 小倉 淳司, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 藤本 佳也, 長山 聡, 上野 雅資  

    日本消化器外科学会総会71回 巻   頁: WS25 - 4   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  117. 直腸癌に対する術前CRTの功罪 当院における術前放射線化学療法を施行した下部進行直腸癌の治療成績と今後の展開

    小倉 淳司, 秋吉 高志, 濱崎 俊輔, 長嵜 寿矢, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資, 山口 俊晴  

    日本消化器外科学会総会71回 巻   頁: WS18 - 5   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  118. 下部直腸癌に対する括約筋間切除術(ISR)の手術手技 Lap-ISRの手術手技

    藤本 佳也, 秋吉 高志, 長嵜 寿矢, 小西 毅, 長山 聡, 福長 洋介, 小倉 淳司, 上野 雅資, 齋浦 明夫, 比企 直樹  

    日本消化器外科学会総会71回 巻   頁: WS26 - 1   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  119. 同時性肝転移を伴う直腸癌Stage IVに対する治療戦略

    三城 弥範, 秋吉 高志, 福岡 宏倫, 小倉 淳司, 日吉 幸晴, 長嵜 寿也, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本消化器外科学会総会71回 巻   頁: P3 - 6   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  120. 術前化学放射線療法を施行された下部進行直腸癌症例における好中球・リンパ球比(NLR)の予後予測因子としての有用性について

    福岡 宏倫, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 福田 雄三, 宮城 幹史, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 橋爪 良輔, 濱崎 俊輔, 小倉 淳司, 高津 有紀子, 永田 淳, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本外科学会定期学術集会抄録集116回 巻   頁: PS - 2   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  121. 直腸癌術前化学放射線療法におけるPCR症例の解析

    日吉 幸晴, 秋吉 高志, 福岡 宏倫, 福田 雄三, 三城 弥範, 宮城 幹史, 小倉 淳司, 高津 有紀子, 橋爪 良輔, 濱崎 俊輔, 永田 淳, 長嵜 寿矢, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本外科学会定期学術集会抄録集116回 巻   頁: OP - 1   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  122. 当院におけるNS-APR/ISRの手術手技と治療成績

    三城 弥範, 福長 洋介, 福岡 宏倫, 福田 雄三, 宮城 幹史, 濱崎 俊輔, 橋爪 良輔, 小倉 淳司, 高津 有紀子, 日吉 幸晴, 永田 淳, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 藤本 佳也, 長山 聡, 上野 雅資  

    日本外科学会定期学術集会抄録集116回 巻   頁: PS - 1   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  123. 当院における直腸GISTの治療戦略と手術成績

    福田 雄三, 秋吉 高志, 福岡 宏倫, 宮城 幹史, 橋爪 良輔, 濱崎 俊輔, 小倉 淳司, 高津 有紀子, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 永田 淳, 長嵜 寿矢, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資, 佐野 武  

    日本外科学会定期学術集会抄録集116回 巻   頁: PS - 4   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  124. 当院における進行下部直腸癌に対する集学的治療戦略

    秋吉 高志, 上野 雅資, 福長 洋介, 長山 聡, 藤本 佳也, 小西 毅, 長嵜 寿也, 永田 淳, 小倉 淳司, 濱崎 俊輔, 高津 由紀子, 日吉 幸晴, 三城 弥範, 宮城 幹史, 福岡 宏倫, 福田 雄三, 比企 直樹, 布部 創也, 齋浦 明夫, 佐野 武, 山口 俊晴  

    日本外科学会定期学術集会抄録集116回 巻   頁: OP - 8   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  125. 横行結腸癌に対する細径鉗子を用いたNeedlescopic surgery

    永田 淳, 福長 洋介, 福岡 宏倫, 福田 雄三, 宮城 幹史, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 橋爪 良輔, 浜崎 俊輔, 小倉 淳司, 高津 有紀子, 長嵜 寿夫, 秋吉 高志, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 上野 雅資, 比企 直樹, 齋浦 明夫, 佐野 武, 山口 俊晴  

    日本外科学会定期学術集会抄録集116回 巻   頁: OP - 6   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  126. 直腸カルチノイドに対して腹腔鏡下根治切除を施行した77例の治療成績

    高津 有紀子, 橋爪 良輔, 濱崎 俊輔, 小倉 淳司, 秋吉 高志, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本外科学会定期学術集会抄録集116回 巻   頁: OP - 3   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  127. pSM直腸癌に対する内視鏡摘除後の腹腔鏡下T(S)MEの治療成績

    宮城 幹史, 秋吉 高志, 上野 雅資, 福長 洋介, 長山 聡, 藤本 佳也, 小西 毅, 長嵜 寿也, 永田 淳, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 高津 有紀子, 濱崎 俊輔, 小倉 淳司, 橋爪 良輔, 福田 雄三, 福岡 宏倫, 佐野 武  

    日本外科学会定期学術集会抄録集116回 巻   頁: PS - 6   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  128. 下部進行直腸癌に対する術前放射線化学療法併用腹腔鏡下選択的側方リンパ節郭清術の有効性

    小倉 淳司, 秋吉 高志, 福岡 宏倫, 福田 雄三, 宮城 幹史, 橋爪 良輔, 濱崎 俊輔, 高津 有紀子, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 永田 淳, 長嵜 寿矢, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資, 齋浦 明夫, 比企 直樹, 佐野 武, 山口 俊晴  

    日本外科学会定期学術集会抄録集116回 巻   頁: PS - 5   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  129. 消化器外科手術アトラス 右側結腸癌に対する腹腔鏡下結腸右半切除術 後腹膜剥離先行アプローチ法

    長嵜 寿矢, 永田 淳, 高津 有紀子, 小倉 淳司, 濱崎 俊輔, 橋爪 良輔, 秋吉 高志, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    消化器外科39 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 10   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

  130. 長期生存している直腸悪性黒色腫の2例

    福岡 宏倫, 藤本 佳也, 福田 雄三, 日吉 幸晴, 三城 弥範, 宮城 幹史, 橋爪 良輔, 濱崎 俊輔, 小倉 淳司, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 小西 毅, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本内視鏡外科学会雑誌20 巻 ( 7 ) 頁: OS229 - 5   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  131. 肛門管周囲外科解剖にもとづく下部直腸癌手術 下部直腸癌に対する内肛門括約筋間直腸剥離術および直腸切断術

    福長 洋介, 上野 雅資, 長山 聡, 藤本 佳也, 小西 毅, 秋吉 高志, 長嵜 寿矢, 三城 弥範, 小倉 淳司, 濱崎 俊輔, 橋爪 良輔, 福岡 宏倫, 福田 雄三, 宮城 幹史  

    日本内視鏡外科学会雑誌20 巻 ( 7 ) 頁: SY10 - 1   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  132. 進行大腸癌に対する腹腔鏡手術の長期成績 当院における進行大腸癌に対する腹腔鏡手術の長期成績

    長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資, 永田 淳, 高津 有紀子, 小倉 淳司, 濱崎 俊輔, 橋爪 良輔, 日吉 幸晴, 三城 弥範, 宮城 幹史  

    日本内視鏡外科学会雑誌20 巻 ( 7 ) 頁: SY20 - 6   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  133. 管腔内視鏡治療と腹腔鏡手術のコラボレーションをいかに行うか? 大腸腫瘍に対する腹腔鏡内視鏡合同手術(Laparoscopy Endoscopy Cooperative surgery;LECS-CR)の可能性

    福長 洋介, 為我井 芳郎, 千野 晶子, 上野 雅史, 五十嵐 正広, 長山 聡, 藤本 佳也, 小西 毅, 秋吉 高志, 長嵜 寿矢, 三城 弥範, 小倉 淳司, 濱崎 俊輔, 橋爪 良輔  

    日本内視鏡外科学会雑誌20 巻 ( 7 ) 頁: WS32 - 8   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  134. 家族性大腸腺腫症に対する腹腔鏡下大腸全摘術

    日吉 幸晴, 藤本 佳也, 福岡 宏倫, 福田 雄三, 三城 弥範, 宮城 幹史, 小倉 淳司, 橋爪 良輔, 濱崎 俊輔, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 小西 毅, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本内視鏡外科学会雑誌20 巻 ( 7 ) 頁: OS200 - 4   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  135. 横行結腸癌に対する当院における腹腔鏡下手術手技の定型化

    濱崎 俊輔, 秋吉 高志, 福岡 宏倫, 福田 雄三, 橋爪 良輔, 小倉 淳司, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 永田 淳, 長嵜 寿矢, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本内視鏡外科学会雑誌20 巻 ( 7 ) 頁: OS291 - 4   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  136. 大腸癌イレウスに対しステント留置後、腹腔鏡手術施行した12例の検討

    橋爪 良輔, 藤本 佳也, 福岡 宏倫, 福田 雄三, 濱崎 俊輔, 小倉 淳司, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 永田 淳, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 小西 毅, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本内視鏡外科学会雑誌20 巻 ( 7 ) 頁: OS129 - 1   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  137. 大腸癌のReduced Port Surgery 大腸癌420例におけるNeedlescopic Surgeryの手術手技と治療成績

    永田 淳, 福長 洋介, 長嵜 寿矢, 小倉 淳司, 高津 有紀子, 浜崎 俊輔, 橋爪 良輔, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 宮城 幹史, 秋吉 高志, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 上野 雅資  

    日本内視鏡外科学会雑誌20 巻 ( 7 ) 頁: SY19 - 6   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  138. 回腸カルチノイド4例の検討

    福田 雄三, 藤本 佳也, 福岡 宏倫, 橋爪 良輔, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 濱崎 俊輔, 小倉 淳司, 永田 淳, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 小西 毅, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本内視鏡外科学会雑誌20 巻 ( 7 ) 頁: OS80 - 3   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  139. 下部進行直腸癌に対する腹腔鏡下側方郭清術の要点

    小倉 淳司, 秋吉 高志, 福田 雄三, 福岡 宏倫, 濱崎 俊輔, 橋爪 良輔, 三城 弥範, 日吉 幸晴, 永田 淳, 長嵜 寿矢, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本内視鏡外科学会雑誌20 巻 ( 7 ) 頁: OS286 - 1   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  140. S状結腸癌異時性限局性腹膜播種に対して腹腔鏡下切除を施行した一例

    三城 弥範, 藤本 佳也, 福田 雄三, 福岡 宏倫, 橋爪 良輔, 濱崎 俊輔, 小倉 淳司, 日吉 幸晴, 永田 淳, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 小西 毅, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本内視鏡外科学会雑誌20 巻 ( 7 ) 頁: OS130 - 1   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

  141. 長期生存が得られた回腸カルチノイドの1例

    福田 雄三, 藤本 佳也, 永田 淳, 長嵜 寿矢, 濱崎 俊輔, 高津 由紀子, 小倉 淳司, 宮城 幹史, 三城 弥範, 福岡 宏倫, 秋吉 高志, 小西 毅, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本臨床外科学会雑誌76 巻 ( 増刊 ) 頁: 784 - 784   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  142. 直腸子宮内膜症より発生したと推察される類内膜腺癌の1例

    宮城 幹史, 小西 毅, 秋吉 高志, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 長嵜 寿也, 永田 淳, 小倉 淳司, 濱崎 俊輔, 橋爪 良輔, 高津 有紀子, 三城 弥範, 福岡 宏倫, 上野 雅資  

    日本臨床外科学会雑誌76 巻 ( 増刊 ) 頁: 1066 - 1066   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  143. Pagetoid spreadを伴う肛門管癌に対して術前化学放射線療法を行い病理学的CRを得た1例

    福岡 宏倫, 上野 雅資, 福田 雄三, 宮城 幹史, 橋爪 良輔, 小倉 淳司, 濱崎 俊輔, 高津 有紀子, 永田 淳, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介  

    日本臨床外科学会雑誌76 巻 ( 増刊 ) 頁: 869 - 869   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  144. 外腸骨リンパ節転移をきたした右側結腸癌の2例

    濱崎 俊輔, 長山 聡, 福岡 宏倫, 福田 雄三, 宮城 幹史, 橋爪 良輔, 小倉 淳司, 高津 有紀子, 永田 淳, 長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 小西 毅, 藤本 佳也, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本臨床外科学会雑誌76 巻 ( 増刊 ) 頁: 843 - 843   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  145. 下部進行直腸癌治療の展開 当院における進行下部直腸癌に対する治療戦略

    小倉 淳司, 秋吉 高志, 上野 雅資, 福長 洋介, 長山 聡, 藤本 佳也, 小西 毅, 長嵜 寿矢, 永田 淳, 高津 有紀子, 濱崎 俊輔, 布部 創也, 齋浦 明夫, 比企 直樹, 山口 俊晴  

    日本臨床外科学会雑誌76 巻 ( 増刊 ) 頁: 403 - 403   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  146. Reduced port surgeryの展開(消化管) 細径鉗子を用いた腹腔鏡下側方リンパ節郭清(NS-LPND)の手術手技と治療成績

    永田 淳, 福長 洋介, 長嵜 寿矢, 小倉 淳司, 高津 有紀子, 浜崎 俊輔, 橋爪 良輔, 秋吉 高志, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 渡邊 雅之, 比企 直樹, 齋浦 明夫, 上野 雅資  

    日本臨床外科学会雑誌76 巻 ( 増刊 ) 頁: 490 - 490   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  147. 当院における進行結腸癌に対する腹腔鏡手術の治療成績

    長嵜 寿矢, 秋吉 高志, 上野 雅資, 福長 洋介, 長山 聡, 藤本 佳也, 小西 毅, 永田 淳, 小倉 淳司, 濱崎 俊輔, 橋爪 良輔, 五十嵐 正広, 千野 晶子, 岸原 輝仁  

    日本大腸肛門病学会雑誌68 巻 ( 9 ) 頁: 691 - 691   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  148. 大腸癌に対する集学的治療 直腸 進行下部直腸癌に対する集学的治療戦略

    秋吉 高志, 上野 雅資, 福長 洋介, 長山 聡, 藤本 佳也, 小西 毅, 長嵜 寿也, 永田 淳, 小倉 淳司, 高津 由紀子, 濱崎 俊輔, 岸原 輝仁, 千野 晶子, 為我井 芳郎, 五十嵐 正広  

    日本大腸肛門病学会雑誌68 巻 ( 9 ) 頁: 595 - 595   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  149. ストーマ合併症の現状と治療 ストーマ造設の実際と合併症の治療

    藤本 佳也, 秋吉 高志, 小西 毅, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資, 長嵜 寿矢, 永田 淳, 小倉 淳司, 濱崎 俊輔, 橋爪 良輔, 高津 有紀子, 岸原 輝仁, 千野 晶子, 為我井 芳郎, 五十嵐 正広  

    日本大腸肛門病学会雑誌68 巻 ( 9 ) 頁: 600 - 600   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  150. cT3N1下部直腸癌に対する治療戦略 cT3N1下部直腸癌に対する治療戦略

    小倉 淳司, 秋吉 高志, 宮城 幹史, 橋爪 良輔, 濱崎 俊輔, 高津 有紀子, 永田 淳, 長嵜 寿矢, 岸原 輝仁, 千野 晶子, 為我井 芳郎, 五十嵐 正広, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 福長 洋介, 上野 雅資  

    日本大腸肛門病学会雑誌68 巻 ( 9 ) 頁: 626 - 626   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  151. 大腸疾患に対するReduced port surgeryの手技と工夫 適応と限界も含めて 腹部小切開を必要としない直腸癌のNeedlescopic Surgery-NS-APR/ISRの手術手技と治療成績

    永田 淳, 福長 洋介, 長嵜 寿矢, 小倉 淳司, 濱崎 俊輔, 高津 有紀子, 橋爪 良輔, 秋吉 高志, 小西 毅, 藤本 佳也, 長山 聡, 上野 雅資  

    日本大腸肛門病学会雑誌68 巻 ( 9 ) 頁: 640 - 640   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

▼全件表示

講演・口頭発表等 16

  1. Strategy based on neoadjuvant chemotherapy (NAC) for locally advanced rectal cancer and the new predictive marker for its response; the lymphocyte ratio before and after NAC.

    Atsushi Ogura, Kay Uehara, Tomoki Ebata

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  2. Watch and Wait for locally advanced rectal cancer from our experiences with neoadjuvant chemotherapy 招待有り

    Atsushi Ogura, Kay Uehara, Toshisada Aiba, Noriaki Ohara, Yuki Murata, Yumi Suzuki, Takuya Mishina, Yuichi Kanbara, Yasuhiro Kodera, Tomoki Ebata

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  3. 局所進行直腸癌に対する術前化学療法を基本とした治療戦略、total neoadjuvant therapy(TNT)と非手術治療(watch and wait strategy)の選択的導入について

    小倉淳司, 上原圭, 江畑智希

    第135回日本消化器病学会 東海支部例会  2021年12月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:名古屋  

  4. 当科における局所進行結腸癌に対する術前化学療法の臨床経験

    第75回日本大腸肛門病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

  5. 切除可能な局所進行・再発大腸癌に対するNACとしてのFOLFOXIRI療法の安全性と有効性

    小倉淳司, 上原圭, 小池佳勇, 村田悠記, 神野孝徳, 鈴木優美, 三品拓也, 神原祐一, 西村元伸, 水野隆史, 服部憲史, 中山吾郎, 横山幸浩, 小寺 泰弘, 江畑 智希

    第59回日本癌治療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

  6. 側方リンパ節転移陽性直腸癌に対する治療戦略:術前化学療法の経験からの提言

    小倉淳司,上原圭,相場利貞,村田悠記,鈴木優美,三品拓也,神原祐一,中山吾郎,小寺泰弘,江畑智希

    第76回日本消化器外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:京都  

  7. 局所進行直腸に対する新たな予後因子の検討:術前化学療法推奨の立場から日本独自のTotal neoadjuvant therapyにむけての提言

    小倉淳司,上原圭,相場利貞,大原規彰,村田悠記,神野孝徳,鈴木優美,三品拓也,松村卓樹,佐藤雄介,服部憲史,中山吾郎,小寺泰弘,江畑智希

    第94回大腸癌研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月 - 0201年1月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  8. 下部進行直腸癌に対する側方リンパ節郭清の意義、 予防的郭清から新たなステージへ

    小倉 淳司

    第45回日本外科系連合学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:福岡  

  9. 下部進行直腸癌における側方リンパ節に対する術前化学療法の治療効果と限界

    小倉 淳司

    第76回日本消化器外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:和歌山  

  10. 下部進行直腸癌に対する patient-adopted strategyを目指した当科の術前治療と成績

    小倉 淳司

    第75回日本大腸肛門病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:横浜  

  11. Indications for neoadjuvant treatment based on risk factors before and after neoadjuvant chemotherapy alone in patients with locally advanced rectal cancer

    Atsushi Ogura

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  12. 局所再発直腸癌の最難関"Sacroiliac recurrence"に対する挑戦と安全な⼿術⼿技

    小倉 淳司

    第82回日本臨床外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:大阪  

  13. 下部進⾏直腸癌に対する予防的側⽅郭清 ありvsなし "なし派"の⽴場から いかに選択的に側⽅郭清を⾏っていくか?

    小倉 淳司

    第120回日本外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  14. 局所進⾏直腸癌に対する術前化学療法の効果と限界

    ⼩倉淳司

    第120回日本外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  15. 下部進行直腸癌に対する術前化学療法の効果と限界

    小倉 淳司

    第53回制癌剤研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大津  

  16. 下部進行直腸癌に対する術前化学療法の効果と限界

    小倉 淳司

    第92回大腸癌研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 大腸癌における術前治療が与える免疫微小環境の変化と免疫チェックポイント阻害薬の新たな可能性の検証

    研究課題番号:60918755 

    ブリストルマイヤーズスクイブ(株)  ブリストルマイヤーズスクイブ(株)研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:5000000円

科研費 2

  1. 直腸癌の免疫微小環境に与える術前化学療法の影響と新規治療レジメンの開発

    研究課題/研究課題番号:20K16300  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究

    小倉 淳司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    大腸癌に対する免疫チェックポイント阻害薬の適応は、全体の5%程度のMSI-high転移性大腸癌に限られている。MSI-high患者は、増加したNeoantigenに対する免疫反応が活性化された状態であり、先行治療により同様の環境を作ることができれば、免疫チェックポイント阻害薬の適応が広がる。これまでに術前化学療法(NAC)が免疫微小環境に与える影響に関しての報告はほとんどない。本研究は、直腸癌においてNACが免疫微小環境に与える影響を解明することを目的としている。さらに、血中循腫瘍細胞を用いて、NACが免疫チェックポイント阻害薬の効果を増幅する機構とそのバイオマーカーを解明する。
    本研究は局所進行直腸癌に対して術前化学療法を積極的に行う当施設において、術前化学療法とPD-L1、CD8の発現を中心とした免疫微小環境との関連性を明らかにすることによって、術前化学療法が免疫微小環境に与える影響を解明することを目的としている。さらには免疫チェックポイント阻害薬の効果を増幅する機構とバイオマーカーの解明につながる基礎研究を行うことも目的としている。
    対象は術前化学療法後に根治手術した進行直腸癌患者とし、その生検検体と術後検体を免疫染色してImage analyzerを用いて定量化し評価することとしている。現在、症例を選択し、CD8とPD-L1の抗体を選択し、手術検体が染め終わったところであり、順次生検検体を染色している。これまで手術検体約100例に染色を行い、ほぼ全例解析可能な状態で染色できた。当初使用予定であったPD-L1抗体ab205921では擬陽性例が多く、ほぼすべての例での発現が確認されてしまったため、PD-L1の抗体をSP142へ変更して染色した。現在50例をバーチャルスライド化した。さらに画像取り込みを進めるとともに、生検検体も同様にバーチャル化する。後れを修正するために免疫染色された標本から評価を開始することとしており、現在Image analyzerによる評価を開始するところであり、初期設定を行っている。
    現在、症例を選択し、CD8とPD-L1の抗体を選択し、手術検体の免疫染色が終了したところであり、現在順次生検検体を染色している。これまで手術検体約100例に染色を行い、ほぼ全例解析可能な状態で染色できた。当初使用予定であった抗体ab205921では擬陽性例が多く、ほぼすべての例での発現が確認されてしまったため、PD-L1の抗体をSP142へ変更して染色した。現在50例をバーチャルスライド化した。さらに画像取り込みを進めるとともに、生検検体も同様にバーチャル化を開始している。
    後れを修正するために免疫染色された標本から評価を開始することとしており、現在Image analyzerによる評価を開始するところであり、初期設定を行っている。
    PD-L1 の発現パターンおよびCD8 陽性T 細胞の定量評価は、先行研究に準じて腫瘍部分(tumor PD-L1)と間質部分(iPD-L1)に分けて行う。PD-L1 発現パターンの評価:前述の関連論文や、研究代表者の行った先行研究を参考に、染色濃度を0:陰性、1:低度、2:中等度、3:高度に分類し、高発現と低発現を分類する。
    CD8 陽性T 細胞をNuclear v9 algorism を用いて陽性細胞を定量化する。範囲は先行研究と同様にTissue microarray の一般的なサイズに準じて設定し、生検検体では最もCD8 陽性細胞の多い部分0.6 mm x 0.6 mm 最大2 か所の平均値とし、手術検体では1.0 mm x 1.0 mm 2-4 か所(可能な限り4 か所)の平均とする。PD-L1 発現とCD8 陽性T 細胞の増減パターンと病理学的効果判定との関連性の解析前述した方法で分類されたPD-L1 とCD8 陽性T 細胞の発現パターンと術前化学療法の病理学的効果判定の相関を解析する。なお、病理学的効果判定はDworak らのTumor regression grade (TRG)の基準を用いて、5 段階に分類する。PD-L1 発現とCD8 陽性T 細胞の増減パターンと予後の関連性の解析を行う予定である。

  2. 直腸癌の免疫微小環境に与える術前化学療法の影響と新規治療レジメンの開発

    2020年 - 2022年

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 2020年度春学期全学教育科目

    2020

     詳細を見る

    大腸癌の診断