2022/04/04 更新

写真a

イチムラ ノリヒサ
市村 典久
ICHIMURA Norihisa
所属
医学部附属病院 歯科口腔外科 助教
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
助教

学位 1

  1. 博士 (医学) ( 2015年7月   名古屋大学 ) 

経歴 5

  1. 名古屋大学医学部附属病院   歯科口腔外科   助教

    2020年1月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 米国 オクラホマ大学   スティーブンソンがんセンター   研究員

    2018年9月 - 2019年12月

  3. 名古屋大学医学部附属病院   歯科口腔外科   医員 (歯科医)

    2015年5月 - 2018年8月

  4. 名古屋大学医学部附属病院   歯科口腔外科   医員 (歯科医)

    2011年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学医学部附属病院   歯科口腔外科   臨床研修歯科医師

    2010年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   細胞情報医学専攻 顎顔面外科学

    - 2015年7月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 鹿児島大学   歯学部

    - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 11

  1. 日本口腔外科学会   認定医 専門医

  2. 日本口腔科学会   認定医

  3. 日本がん治療認定医機構   がん治療認定医(歯科口腔外科)

  4. 日本口腔腫瘍学会

  5. 日本癌学会

  6. 日本頭頸部癌学会

  7. 日本有病者歯科医療学会

  8. 日本臨床栄養代謝学会

  9. 日本病院歯科口腔外科協議会

  10. 日本摂食嚥下リハビリテーション学会

  11. 日本口腔ケア学会

▼全件表示

受賞 4

  1. 日本口腔外科学会第18回学術奨励賞

    2018年11月   日本口腔外科学会  

  2. 日本口腔外科学会優秀口演発表賞(共同)

    2017年11月   日本口腔外科学会  

  3. 日本炎症・再生医学会優秀演題賞(共同)

    2016年6月   日本炎症・再生医学会  

  4. 日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 優秀ポスター賞

    2016年1月   日本口腔腫瘍学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 15

  1. A case of temporomandibular joint herniation 査読有り

    Norihisa Ichimura, Masahito Fujio, Naoto Toyama, Hirohisa Yamada, Hideharu Hibi

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   34 巻 ( 2 ) 頁: 174 - 177   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2021.08.013

  2. A Case of Low-Grade Mucoepidermoid Carcinoma with Bone Invasion of the Mandible Arising from the Sublingual Gland showing a MAML2 Gene Split 査読有り

    Hirohisa Yamada, Norihisa Ichimura, Noriyuki Yamamoto, Yuki Okumura, Masaya Nishikawa, Satoshi Yamaguchi, Shinji Uejima, Hideharu Hibi

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   34 巻 ( 2 ) 頁: 164 - 168   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2021.08.011

  3. Aneurysm of the lingual artery in a patient with fibromuscular dysplasia: A case report 査読有り

    Noriyuki Yamamoto,Satoshi Yamaguchi,Masaya Nishikawa, Norihisa Ichimura,Go Ohara,Hideharu Hibi

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   34 巻 ( 1 ) 頁: 45 - 48   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2021.06.005

  4. 集学的治療が奏効した上顎歯肉無色素性悪性黒色腫の1例 査読有り

    小原 豪,市村典久,山本憲幸,山口 聡,西川雅也, 日比英晴

    日本口腔外科学会雑誌   67 巻 ( 11 ) 頁: 655 - 660   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  5. A case of Maffucci syndrome with a buccal hemangioma harboring a mutation in IDH1 査読有り

    Norihisa Ichimura, Noriyuki Yamamoto, Naoto Toyama, Hideharu Hibi

    Oral Oncology   122 巻   頁: 105553   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.oraloncology.2021.105553

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Hyperparathyroidism-jaw tumor syndrome with bilateral ossifying fibromas in the mandible: A case report 査読有り

    Yamaguchi S. Yamamoto N. Nishikawa M. Ichimura N. Sakai K. Koma Y. Hibi H

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   33 巻 ( 4 ) 頁: 430 - 433   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2021.01.005

    Scopus

  7. Functional Blockade of E-Selectin in Tumor-Associated Vessels Enhances Anti-Tumor Effect of Doxorubicin in Breast Cancer. 査読有り 国際誌

    Yoshihiro Morita, Macall Leslie, Hiroyasu Kameyama, Ganesh L R Lokesh, Norihisa Ichimura, Rachel Davis, Natalie Hills, Nafis Hasan, Roy Zhang, Yuji Kondo, David G Gorenstein, David E Volk, Inna Chervoneva, Hallgeir Rui, Takemi Tanaka

    Cancers   12 巻 ( 3 )   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Chemotherapy is a mainstay of treatment for solid tumors. However, little is known about how therapy-induced immune cell infiltration may affect therapy response. We found substantial CD45+ immune cell density adjacent to E-selectin expressing inflamed vessels in doxorubicin (DOX)-treated residual human breast tumors. While CD45 level was significantly elevated in DOX-treated wildtype mice, it remained unchanged in DOX-treated tumors from E-selectin null mice. Similarly, intravenous administration of anti-E-selectin aptamer (ESTA) resulted in a significant reduction in CD45+ immune cell density in DOX-treated residual tumors, which coincided with a delay in tumor growth and lung metastasis in MMTV-pyMT mice. Additionally, both tumor infiltrating T-lymphocytes and tumor associated-macrophages were skewed towards TH2 in DOX-treated residual breast tumors; however, ESTA suppressed these changes. This study suggests that DOX treatment instigates de novo intratumoral infiltration of immune cells through E-selectin, and functional blockade of E-selectin may reduce residual tumor burden as well as metastasis through suppression of TH2 shift.

    DOI: 10.3390/cancers12030725

    PubMed

  8. A case of post-transplant lymphoproliferative disorders that developed ten years after living renal transplantation in the parotid gland region 査読有り

    Sato Kotaro, Hayashi Yasushi, Yamamoto Noriyuki, Ichimura Norihisa, Hibi Hideharu

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   30 巻 ( 5 ) 頁: 457 - 460   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology  

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2018.03.012

    Web of Science

    Scopus

  9. 顎下腺に発生したびまん性大細胞型B細胞リンパ腫を含むMALTリンパ腫の1例 査読有り

    市村 典久, 山本 憲幸, 西川 雅也, 山口 聡, 加納 史也, 日比 英晴

    日本口腔外科学会雑誌   64 巻 ( 8 ) 頁: 470 - 474   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    症例は67歳女性で、右側顎下部の腫脹を自覚し、経過観察となった。その後も症状の改善を認めなかった。MRI所見では、右側顎下腺内に31×24mm大の病変を認めた。T2強調STIR像では、淡い高信号で辺縁に索状の低信号域を認め、全体として分葉状の像を呈した。CT所見では、水平断で右側下顎骨内側から右側舌骨外側に及ぶ約30mm大の類円形の腫瘤性病変を認めた。矢状断では下方は舌骨下縁から上方は顎舌骨筋線付近に及ぶ約30mm大の腫瘤性病変を認めた。唾液腺シンチグラフィー所見では、99mTcO4-の右側顎下腺への集積は上方に変形して認めた。超音波断層検査所見では、右側顎下腺内に31×21×20mm大の比較的境界明瞭、内部やや不均一の腫瘤を認めた。超音波エコーガイド下にFNA(Fine needle Aspiration)生検を実施したが、良性・悪性の判断は困難であった。全身麻酔下にて右側顎下腺腫瘍摘出術を施行し、び漫性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)を一部に含むMALTリンパ腫との確定診断を得た。R-CHOP療法を施行し、右側頸部から顎下部にかけて放射線照射を行った。治療後2年1ヵ月経過した現在、経過良好で再発は認めていない。

  10. Third molar pericoronitis in neutropenia 査読有り 国際誌

    Fumiya Kano, Norihisa Ichimura, Yukiko Wakayama, Kazuto Okabe, Hiroki Sakakura, Hideharu Hibi

    ID Cases   13 巻   頁: e00419   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    We report the case of a 40 year-old woman who presented third molar pericoronitis in neutropenia. she had undergone extraction of the right third mandibular molar. This may have been due to an infection in the extraction socket or part of the crown. There was no inflammation seen after transplant of umbilical cord blood. (C) 2018 The Authors. Published by Elsevier Ltd.

    DOI: 10.1016/j.idcr.2018.e00419

    Web of Science

    PubMed

  11. Notch3 is frequently downregulated in oral cancer 査読有り

    Ichimura Norihisa, Yamamoto Noriyuki, Nishikawa Masaya, Furue Hiroki, Kondo Yutaka, Hibi Hideharu

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   29 巻 ( 6 ) 頁: 504 - 510   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology  

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2017.06.006

    Web of Science

    Scopus

  12. Aberrant activation pathway for EZH2 by IKK-E-NF-kB in colorectal cancer 査読有り

    Dohi N, Shinjo K, Hatanaka A, Ichimura N, Katsushima K, Shimizu Y, Yutaka K

    Nagoya Medical Journal   55 巻 ( 3 ) 頁: 91-103   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Targeting the Notch-Regulated Non-coding RNA, TUG1, as an Effective Treatment in Glioma 査読有り

    Katsushima K, Natsume A, Ohka F, Shinjo K, Hatanaka A, Ichimura N, Sato S, Takahashi S, Kimura H, Totoki Y, Shibata T, Naito M, Kim JH, Miyata K, Kataoka K, Kondo Y

    Nature Communications   7 巻   頁: 13616   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms13616

    PubMed

  14. HPV感染陰茎癌を併発した下顎歯肉癌の一例 査読有り

    市村典久, 山本憲幸, 西川雅也, 松下嘉泰, 山田博久, 日比英晴

      28 巻   頁: 125-128   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  15. Aberrant TET1 Methylation Closely Associated with CpG Island Methylator Phenotype in Colorectal Cancer 査読有り

    Ichimura N, Shinjo K, An B, Shimizu Y, Yamao K, Ohka F, Katsushima K, Hatanaka K, Tojo M, Yamamoto E, Suzuki H, Ueda M, Kondo Y

    Cancer Prevention Research   8 巻   頁: 702 - 712   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1158/1940-6207.CAPR-14-0306

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. An overview of spontaneous temporomandibular joint herniation, Oral Science in Japan 2021

    Norihisa Ichimura, Hirohisa Yamada, Hideharu Hibi( 担当: 共著)

    2022年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  2. Human papillomavirus related carcinogenesis in oral cancer, Oral Science in Japan 2017

    Ichimura N, Yamamoto N, Nishikawa M, Sakakura H, Kano F, Sato K, Yamaguchi S, Hibi H.( 担当: 共著)

    2018年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  3. エピゲノム異常を標的としたがん治療,実験医学

    市村典久,近藤豊( 担当: 分担執筆)

    羊土社  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

講演・口頭発表等 28

  1. 再建をともなう手術を受けた口腔癌患者の社会復帰に関する検討

    山口 聡,上之郷健人,山本憲幸,市村典久,小間義朗,甲山尚香,日比英晴

    第40回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

  2. マフッチ症候群患者に生じたIDH1遺伝子変異を伴う頰粘膜血管腫の1例

    市村典久,山本憲幸,外山直人,日比英晴

    第66回日本口腔外科学会総会・学術大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  3. 顎関節ヘルニアの1例

    市村典久,藤尾正人,外山直人,山田博久,日比英晴

    第75回日本口腔科学会学術集会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  4. 口腔癌患者の制御性T細胞における免疫チェックポイント分子の発現解析

    山田博久,山本憲幸,西川雅也,坂倉寛紀,山口聡,市村典久,甲山尚香,日比英晴

    第64回日本口腔外科学会総会・学術大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  5. Aneurysm of the lingual artery within a patient with fibromuscular dysplasia: a case report  国際会議

    Ohara Go, Yamamoto N, Yamaguchi S, Nishikawa M, Ichimura N, Hibi H

    13th Asian Congress of Oral and Maxillofacial Surgery  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:台湾  

  6. 上顎歯肉無色素性悪性黒色腫に対し免疫チェックポイント阻害薬を含む集学的治療をした1例

    小原豪,山本憲幸,西川雅也,市村典久,山口聡,日比英晴

    第61回日本口腔科学会中部地方部会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. 半導体レーザーを用いた扁平上皮癌の治療効果の検討

    山口聡,山本憲幸,西川雅也,市村典久,加納史也,日比英晴

    第63回日本口腔外科学会総会・学術大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. 舌下腺に発生し顎骨浸潤を伴った粘表皮癌の1例

    山田博久,山本憲幸,西川雅也,坂倉寬紀,山口聡,市村典久,日比英晴

    第61回日本口腔科学会中部地方部会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. 腫瘍随伴天疱瘡患者に生じた口腔内異時性多重癌の一例

    山本憲幸,市村典久,山口聡,古江浩樹,西川雅也,加納史也,日比英晴

    第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会   

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  10. 低リン血症を起こしRefeeding syndromeと考えられた口腔癌末期患者の1例

    西川雅也,山本憲幸,古江浩樹,山口聡,市村典久,坂倉寛紀,日比英晴

    第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会   

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  11. 頬部小唾液腺に生じた乳腺相似分泌癌の1例

    山口聡,山本憲幸,西川雅也,坂倉寛紀,市村典久,日比英晴

    第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  12. Notch Families are Frequently Dysregulated in Oral Cancer 国際会議

    Ichimura N, Yamamoto N, Nishikawa M, Sakakura H, Yamaguchi S, Hibi H

    4th Annual World Congress of Oral & Dental Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. 顎下腺に発生したびまん性大細胞型B細胞リンパ腫を含むMALTリンパ腫の1例 国際会議

    市村典久 山本憲幸 西川雅也 松下嘉泰 山口聡 日比英晴

    第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. HPV感染陰茎癌を併発した下顎歯肉癌の1例

    市村典久 山本憲幸 西川雅也 松下嘉泰 山口 聡 中道瑛司 山田博久 日比英晴

    第71回日本口腔科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  15. 脱メチル化関連遺伝子TET1に着目した口腔癌新規治療標的の検討

    市村典久 山本憲幸 西川雅也 山口聡 加納史也 中道瑛司 山田博久 日比英晴

    第62回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. Notch3 is frequently downregulated in oral cancer 国際会議

    Ichimura N, Yamamoto N, Nishikawa M, Furue H, Kondo Y, Hibi H

    23rd International Conference on Oral & Maxillofacial Surgery 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. MCP-1 と sSiglec-9 はマクロファージの極性変化を介して骨再生を促進する

    加納史也,山本朗仁,石川純,市村典久,日比英晴

    第62回日本口腔外科学会総会・学術大会   

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. Secreted ectodomain of sialic acid-binding ig-like lectin-9 and monocyte chemoattractant protein-1 synergistically regenerate transected rat peripheral nerves by altering macrophage polarity  国際会議

    Kano F, Yamamoto A, Ichimura N, Ishikawa J, Hibi H

    13rd World Congress on Inflammation  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  19. 半導体レーザーを用いた扁平上皮癌の治療効果についての検討

    山本憲幸,山口聡,伊藤善之,西川雅也,市村典久,加納史也,日比英晴

    日本ハイパーサーミア学会第34回大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. エピゲノムに着目した口腔がんにおけるNotch3遺伝子解析

    市村典久 山本憲幸 古江浩樹 若山博隆 山口聡 石川 純 西川雅也 日比英晴

    第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  21. 大腸がんメチル化高集積例におけるTET1 遺伝子不活化の影響

    市村典久 新城恵子 大岡史治 勝島啓佑 畑中彬良 山本英一郎 鈴木拓 近藤豊

    第73回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. 大腸がん高メチル化集積症例におけるエピゲノム解析

    市村典久 新城恵子 大岡史治 勝島啓佑 畑中彬良 東條正幸 鈴木 拓 山本英一郎 近藤 豊

    平成25年度 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域『個体レベルでのがん研究支援活動』ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. TET 遺伝子群に着目した大腸がんCIMP 症例におけるゲノム、エピゲノム解析

    市村典久 新城恵子 大岡史治 勝島啓佑 畑中彬良 山本英一郎 鈴木 拓 近藤 豊

    第8回日本エピジェネティクス研究会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. 大腸がん高メチル化集積症例におけるDNA脱メチル化酵素TET1の解析

    市村典久 新城恵子 大岡史治 勝島啓佑 畑中彬良 出口彰一 近藤豊

    第一回名古屋市立大学エピジェネティクス研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. 大腸がんにおけるCpG island Methylator PhenotypeとDNAメチル化酵素、TET遺伝子の発現様式に関する解析

    市村典久 新城恵子 大岡史治 勝島啓佑 畑中彬良 山本英一郎 鈴木拓 近藤豊

    第72回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. 大腸がんにおける高メチル化集積症例の発生機序に関する遺伝子的解析

    市村典久 新城恵子 大岡史治 勝島啓佑 畑中彬良 山本英一郎 鈴木拓 近藤豊

    平成25年度 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究『がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動』がん若手研究者ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. 腫瘍随伴性天疱瘡に併発した舌verrucous carcinomaの1例

    市村典久 古江浩樹 山本憲幸 萩原 純孝 藤尾 正人 上田 実

    第54回日本口腔科学会中部地方部会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  28. 超高齢者口腔癌患者の治療経験

    市村典久 山本憲幸 古江浩樹 萩原純孝 松本行史 水野大生 西口浩明 宇佐見一公 重冨俊雄 上田実

    第36回日本口腔外科学会中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 針生検を契機とした乳癌微小環境変化の 解明と予後改善への応用

    2018年

    公益財団法人 持田記念医学薬学振興財団 2018年度留学補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 脱メチル化関連遺伝子TET1に着目した口腔癌新規エピゲノム治療法の検討

    2017年

    公益財団法人 愛知県がん研究振興会 第42回がんその他の悪性新生物研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. Notch Families are Frequently Dysregulated in Oral Cancer.

    2017年

    公益財団法人 加藤記念バイオサイエンス振興財団 第29回加藤記念国際交流助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. Notch Families are Frequently Dysregulated in Oral Cancer

    2017年

    平成29年度日比野基金海外学術交流助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 4

  1. 歯肉癌をターゲットとした長鎖非翻訳RNA「TUG1」の抗腫瘍効果の検討

    研究課題/研究課題番号:21K10110  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    口腔癌は口腔内(舌、歯肉、頬粘膜、硬口蓋、口底)および口唇に発生する癌の総称であり、部位により癌の分子生物学的特徴や治療に対する感受性が異なることが予想される。歯肉癌は解剖的特徴から顎骨に浸潤しやすく、外科的処置では顎骨を含めた広範囲の切除と再建が必要となり、術後の整容変化や機能障害による患者の精神的・肉体的苦痛は極めて大きい。申請者はTUG1が歯肉癌において高発現し、細胞の増殖能・遊走能を制御することを見出した。本研究は歯肉癌に対するTUG1の抗腫瘍効果を明らかにし、新規エピゲノム治療法の開発へと繋げることを成果とする。

  2. 口腔癌に対するTUG1の抗腫瘍効果の検討と新規治療法の開発

    2020年9月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  研究活動スタート支援

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. TUG1を標的とした口腔癌新規エピゲノム治療法の開発

    2018年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. DNA脱メチル化を指標とした口腔がん新規エピゲノム治療法の開発

    2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者